Issuu on Google+


1


三天使の使命を 経験せよ

第3章 敬虔な畏れを経験せよ


第3章「敬虔な畏れを経験せよ」

「わたしは、もうひとりの御使が中空を飛ぶのを見た。彼は地 に住む者、すなわち、あらゆる国民、部族、国語、民族に宣べ伝 えるために、永遠の福音をたずさえてきて、大声で言った、『神 をおそれ、神に栄光を帰せよ。神のさばきの時がきたからである。 天と地と海と水の源とを造られたかたを、伏し拝め。』」―黙示 録 14:6,7

敬虔な畏れが要求される 第一天使は「神をおそれ、神に栄光を帰せよ。・・・天と地と 海と水の源とを造られたかたを、伏し拝め」(黙示録 14:7)と大声 で語っている。その理由は、 「神のさばきの時がきたからである。」 再び強調するが、この天使の使命は経験が要求される使命である。 「第三天使のメッセージを受け入れた人々の多くは、前の二つ のメッセージの経験を持っていなかった。サタンは、これを知っ ていて、その邪悪な目を光らせて、彼らを陥れようとした。…そ れらを理解して信じた人々は、サタンの多くの欺瞞に押し流され ないように守られるのである。」―初代文集 p.417 ある人々は現代の人々に対しておそれのない世代だと言う。良 い意味として解釈できるかもしれないが、このように語られる本 当の理由は、この最後の時代の人々は生意気で傍若無人、そして 1


何が礼儀なのかを知らないと思われているからである。目上の人 を尊敬する時代は過ぎ、礼儀と道徳心は地に落ちてその価値を知 ることができず、家庭では父の権威までが失われてしまったこの 世代は、畏れが何であるかを知らない世代のようである。「しか し、このことは知っておかねばならない。終りの時には、苦難の 時代が来る。その時、人々は自分を愛する者、金を愛する者、大 言壮語する者、高慢な者、神をそしる者、親に逆らう者、恩を知 らぬ者、神聖を汚す者、無情な者、融和しない者、そしる者、無 節制な者、粗暴な者、善を好まない者、 裏切り者、乱暴者、高 言をする者、神よりも快楽を愛する者、 信心深い様子をしなが らその実を捨てる者…」(第二テモテ 3:1-5)。このような人々は 神に対する畏れ、また罪を犯すことに対する恐れが無い。 今日世の中がこのような状態になったのは神を畏れず、塩の味 を失ってしまったクリスチャンに責任がないわけではない。神を 畏れると言う言葉の意味は怖がってぶるぶると震えることであ るなどと誤解してはならない。この意味は神の御名にふさわしい 栄光を帰すこと、尊敬と清い畏れをもつことを意味している。 第三天使の使命者は神を畏れても、世をおそれない信仰の人で なければならない。なぜならこの世が存在してから今まで人間が 聞いたことのない、最もおそろしく厳粛な使命を伝えなければな らならず、最後の大争闘において獣とその像と戦わなければなら ない強い信仰が要求されるからである。この信仰は命が危険にさ らされても律法を守る神を畏れる者だけが持つことができる信 仰である。 「イエスは、聖所における奉仕を終わり、至聖所にはいって、 2


神の律法を納めた箱の前に立たれたときに、世界に対する第三の 使命をたずさえたもうひとりの力強い天使を、お送りになった。 天使の手には、羊皮紙が渡された。そして、彼は、力と威光とを もって地に下り、これまで人類に伝えられたことのない、恐怖す べき威嚇をもった恐るべき警告を発した。このメッセージは、神 の民の前にある試みと苦悩の時を彼らに示して、彼らに用心させ るためのものであった。『彼らは、獣とその像と激しく戦わなけ ればならない。彼らが永遠の生命を得る唯一の希望は、堅く立つ ことである。彼らは、その生命が危機にひんしても、真理に固く 立たなければならない』と天使は言った。」―初代文集 p.414 「第三天使の使命を証する厳粛な働きに従事する者は確信を 持って働き、神の霊と能力でおそれずに真理を伝え、真理が前進 できるようにしなければならない。彼らは真理の標準を高め、 人々にその標準に到達するようにと勧めなければならない。暗闇 と罪悪の状態に置かれている人々にあわせるために真理の標準 があまりにもたびたび低くなった。・・・キリストの再臨のため に民を目覚めさせ準備させてくれる厳粛でおそろしい使命を伝 えるように神から委託された僕は明らかな証をしなければなら ない。私たちの真理はまるで天が地より高いように、名前だけの 公言者が持っている真理よりずっと厳粛なものである。」―教会 への証 1 巻 p.248,249 信仰の不足 神に対する畏れのない説教者たちは名目的な信者からの好意 3


を得るために彼らの標準に合う説教をして偽の平安を与えてい る。説教者たちは人気を失うことを恐れるあまり聖書にある明ら かな真理を語るよりも、彼らの耳を楽しませる言葉を伝える。な ぜなら彼らの心には神に対する畏れが欠けているからである。彼 らはおそれおののいて自分の救を達成しようとする謙遜な信者 を信仰が足りない者と考える。なぜならこのような説教者たちは 神の愛を体験しないために起こる不安の恐れと、真の畏れを区別 できないからである。真の自由と平安は第一天使が伝えた真理に よって罪からの自由を経験した人のみが得ることができるもの である。第一、第二、第三天使が伝える使命は真におそろしく驚 くべき使命であるが、この使命によって神を畏れるようになる者 は決して多くはいない。 「主は、ご自分の民が彼を信頼し、彼の愛に安んじていること を望まれる。だがそれは、我々が何も畏れず、気にかけないとい うことではない。ある人々は、もし人が神の裁きに対する健全な 畏れを持っているなら、それは彼には信仰がない証拠であると思 うようであるが、そうではない。」―RH1890 年 10 月 21 日 「牧師たちは、世俗的信仰者に迎合して、耳あたりのよいこと を語る。彼らは、イエスのことや聖書の鋭い真理を説教しようと しない。もしそうすれば、これらの世俗的信仰者たちは、教会に 残っていないであろう。しかし、彼らの多くは金持ちであるため に、サタンや彼の天使たちと同様に全く不適当な者であるにもか かわらず、教会に留めておかなければならない。これは、サタン が望むところのことである。イエスの宗教は、一般に受けがよい ものにされ、世間的に尊敬を受けるものにされている。信仰を告 4


白する者は、世の中から一層尊敬されると人々は言い聞かされて いる。このような教えは、キリストの教えとは、非常にかけ離れ たものである。キリストの教えと世の中とは、相容れないもので あった。彼に従うものは、世を捨てなければならなかったのであ る。こうした当たりのいいことは、サタンと彼の天使たちにその 源を発している。彼らが計画をたてて、名目だけの信仰者たちが それを実行するのである。耳あたりのよい作り話が語られて、 人々は、それをすぐに受け入れた。そして、偽善者と公然たる罪 人たちが教会に加わった。もし真理が、その純粋なままで説教さ れたならば、すぐにこの種の人々を追放してしまったのであろう。 しかし、キリストの信者であると自称する者たちとこの世との間 には、なんの違いもなかった。」―初代文集 p.376,377 「わたしは、第一、第二、第三の天使による三段階の使命を示 された。わたしにつきそっていた天使は言った。『この使命をす こしでも変える者はわざわいだ。この使命を本当に理解すること が非常に大切だ。魂の運命は、この使命をどう受け入れるかにか かっている。』」―初代文集 p.420 おそろしく厳粛な使命 主が再び来られると言う使命は実におそろしく驚くべき使命 であり、主にお会いするということは喜びに先立って実に厳粛で おそろしいことである。再び来られるキリストに会うとはどのよ うな経験なのだろうか?キリストは以前のような姿ではなく栄 光の姿で来られるのである。 5


1844年当時、「まじめな信者たちは、あたかも死の床にあっ て、あと数時間で地上に別れを告げるかのように、心の思いと感 情を注意深く吟味した 。」―各時代の大争闘下巻 p.72 「自分たちの背信を認めて、悔い改めの激しい涙と、魂の深刻 な苦悩とによって、神の前に謙虚になった。そして、神の霊が彼 らの上に宿って、彼らは、『神をおそれ、神に栄光を帰せよ。神 のさばきの時がきたからである』という叫びをあげるのに加わっ た。」―初代文集 p.384,385 彼らは再臨という永遠の運命が決定される厳粛でおそろしい 事件を目前にして、自らの心を深く探る時間を持ったのであった。 再臨信徒よ!今日の私たちの経験はどうであろうか?私たち はどれほど厳粛に今日と言う日を生きているのであろうか?そ の当時の再臨信徒たちはイエスが来られる日を知っていたので、 罪を悔い改め、心を深く探って告白することができたのだと反論 するかもしれない。もちろんそうである。イエスが再臨なさる日 時を知ることができたら、それは実に厳粛なことであり、私たち を準備させる力になるのは事実である。しかしみ言葉には… 時期よりも強い使命 「第三天使の使命は、時の力以上に強力なものである。この使 命は、それ自体の基盤の上に立つことができるもので、時によっ て強化される必要がないことを、また、きびしく、すみやかにな しとげられることを、わたしは見た。 」―初代文集 p.156 今日私たちはどれくらい厳粛な心で神に栄光を帰しながら生 6


きているであろうか?イエスが来られる日時を知ることができ ないので、私たちは彼らのように厳粛で畏れを感じることができ ないのであろうか?しかし第三天使の使命はイエスが来られる 日時を知ることよりももっと厳粛で力のある使命であるという 事実を知ることは私たちの特権であり義務である。なぜ私たちは 厳粛さと、畏れの中で生きなければならないのだろうか?それは 神に栄光を帰すためである。第一天使は大声で「神をおそれ、神 に栄光を帰せよ」と叫んでいる。私たちが神に対して当然はらう べき尊敬と畏れがないなら、神に栄光を帰すことができないので ある。 「第一天使は、『神をおそれ、神に栄光を帰せよ、』神を天地 の創造主として礼拝せよと、人々に呼びかけている。 」―各時 代の大争闘下巻 p.155 「『神のさばきの時がきた』という告知は、人類の救いのため のキリストの務めの最後の働きを指している。…人々に審判に立 つ準備をさせるために、メッセージは、『神をおそれ、神に栄光 を帰せよ。』『天と地と海と水の源とを造られたかたを、伏し拝 め』と彼らに命じている。」―各時代の大争闘下巻p.154 天の法廷に係留中の事件 「神をおそれ、神に栄光を帰せよ。神のさばきの時がきたから である。」―黙示録 14:7 再臨信徒よ!今、天で私たちの審判が行われていることを知っ ているであろうか?あなたは裁判に参加してみた経験があるだ 7


ろうか?この世の裁判でさえその雰囲気は非常に厳粛であり、被 告人はもちろん全ての傍聴人までも圧倒してしまうようなもの である。検察官の論告と弁護士の弁護、裁判長の宣告など被告人 にはどの一言も聞き逃すことのできない厳粛でおそろしいもの である。そして法廷に立つ被告人は一つの言葉と行動、表情、服 装、顔つきなどいずれも軽率にできないのは、それらが被告人の 運命を決定付ける最後の宣告に影響を及ぼすものだからである。 もし被告人が濃い化粧に流行の派手な服装で裁判官の前に立ち、 不遜で冗談の混じった話し方で答えるなら、その宣告に哀れみを 期待することはできないであろう。 1844年から天の法廷の被告人の席に私たちの名前が書か れた訴訟事件が係留中である事を再臨信徒たちは忘れてはなら ない。正義によって私たちの生涯は調査され、一つの言葉と行動 でさえ、まるでこの世にたった一人しかないように調査されてい ると言うことを信じるなら、皆おそれおののいて救を達成するよ うになるはずである。第一天使はこの出来事の厳粛さについて私 たちに大声で叫んでいるのである。 審判は行われている 「審判が指定されていた時、すなわち、2300日の終わる1 844年に、調査と罪の除去の働きが始まった。これまでにキリ ストの名をとなえたことのある者はすべて、この厳密な審査を受 けなければならない。生きている者も死んだ者もともに『そのし わざに応じ、この書物に書かれていることにしたがって』裁かれ 8


る。」―各時代の大争闘下巻 p.219 「救い主の仲保の恵みにあずかりたいと思うものは、神を畏れ つつ聖潔を完成していくというその義務を、何ものにも妨げられ てはならない。貴重な時間は、快楽や虚飾、または利益の追求に 費やすのではなくて、真理の言葉を熱心に、祈りとともに研究す るために用いなければならない。聖所と調査審判の問題は、神の 民によってはっきりと理解されねばならない。すべての者は、自 分たちの大いなる大祭司キリストの立場と働きについて、自分で 知っている必要がある。そうしなければ、この時代にあって必要 な信仰を働かせることも、神が彼らのために計画しておられる立 場を占めることもできなくなる。ひとりびとりの魂は、救われる か、滅びるか、そのどちらかなのである。各自は、今、神に裁か れようとしている。各自は大いなる審判者と顔を合わせなければ ならない。とするならば、審判が始まり、かずかずの書物が開か れる厳粛な時のことを、ダニエルとともに、定められた日の終わ りに立って、自分た���の分を受けねばならない厳粛な時のことを、 たびたび瞑想することは、すべての者にとってどんなにか重要な ことであろう。」―各時代の大争闘下巻 p.221,222 「1844年に私たちの大祭司は天の至聖所に入られ、調査審 判の働きを始められました。死んだ義人の裁きが神の前に取り上 げられています。その働きが終わると、生きている者に審判が宣 告されます。この厳粛な時は、本当にかけがえのない重要な時で す。私たち一人ひとりが、天の法廷における決定を待っているの です。私たち一人ひとりが、この世で行ったことに従って裁かれ ます。」―セレクテッド・メッセージ 1 巻 p.162 9


「大裁判が開かれていて、それはしばらく前から続いている。 主は今、聖所とそこで礼拝している人々を測りなさいと言われる。 あなたが仕事で道を歩いている時、神があなたを測っておられる ことを覚えなさい。あなたが家事に従事している時も、誰かと会 話している時にも、神はあなたを測っておられるのである。・・・ 最後の日に立つことができる者を調べるために、聖所とそこで礼 拝している人々を測る継続的な働きがここにある。固く立つ人々 は、我々の主と救い主イエス・キリストの王国に確実に入るので ある。我々が働く時、我々の精神を見守っているお方がおられる ことを覚えなさい。」―SDA バイブル・コメンタリー7 巻 p.972(ス タディー・バイブル黙示録 11:1) 天の裁判所 「わたしが見ていると、もろもろのみ座が設けられて、日の老 いたる者が座しておられた。その衣は雪のように白く、頭の毛は 混じりもののない羊の毛のようであった。そのみ座は火の炎であ り、その車輪は燃える火であった。彼の前から、ひと筋の火の流 れが出てきた。彼に仕える者は千々、彼の前にはべる者は万々、 審判を行う者はその席に着き、かずかずの書き物が開かれた。」 ―ダニエル 7:9,10 「審判において、記録の書が開かれるときに、イエスを信じた すべての人の生涯が神の前で調べられる。われわれの助け主であ られるイエスは、この地上に最初に生存した人々から始めて、各 時代の人々のためにとりなし、現在生きている人々で終わられる。 10


すべての名があげられ、すべての人の事情が詳しく調査される。 受け入れられる名もあれば、拒まれる名もある。もしだれかが、 罪を悔い改めず、許されないまま、記録の書に残しておくならば、 彼らの名は、いのちの書から消されて、彼らの善行の記録も神の 覚えの書から消される。」―各時代の大争闘下巻 p.215 「これは、なんと厳粛な思想であろう。毎日毎日が永遠の中に 過ぎ去り、その日のことが天の書に記録される。一度口に出した 言葉、一度行なった行為は、二度と取り返すことができない。天 使は、善悪ともに記録しているのである。この世のどんなに偉大 な征服者でも、ただ一日の記録さえ取り消すことはできない。わ れわれの行動、言葉、そして極秘の動機でさえも、みな、われわ れの運命を禍福いずれかに決定する重要な役割を持っている。た とえわれわれが忘れていても、それらは、義とするかそれとも罪 に定めるかの、証言を立てるのである。 芸術家のよく磨かれた金属板に、人間の顔かたちが正確に反映 されるように、人の品性も天の書物に、そのまま描写されている。 にもかかわらず人々は、天の存在者たちに見られねばならないそ の記録について、憂慮することのなんと少ないことであろう。も し、見える世界と見えない世界とをへだてている幕が取り除かれ て、人々が、審判において再び直面しなければならないすべての 言行を、天使たちが記録しているのを見ることができるならば、 日ごとに語られるどれだけ多くの言葉が、語られずにすみ、どれ だけ多くの行為が、なされずにすむことであろう。」―各時代の 大争闘下巻 p.219,220 「贖罪の働きが終結しようとするときの光景は、実に厳粛であ 11


る。そこには、実に重大な意義が含まれている。審判は今、天の 聖所において進行中である。長年にわたって、この働きは続けら れてきた。間もなく―その時がいつかはだれも知らないが―生き ている人々の番になる。神のおそるべき御前で、われわれの生涯 が調査されねばならない。・・・調査審判の働きが終わるとき、 すべての人の運命は、生か死かに決定されてしまっている。」― 各時代の大争闘下巻 p.224,225 徹底的な悔い改めと変化が要求される 「愛する者たちよ。わたしたちは、このような約束を与えられ ているのだから、肉と霊とのいっさいの汚れから自分をきよめ、 神をおそれて全く清くなろうではないか。」―第二コリント 7:1 「天使たちを支配し、隠れている思いと欲望と気質に純潔性を 要求し、『世々かぎりなく』(詩篇 111:8)存在するこの律法によ って、全世界に速かに近づいている神の日に審判を受けるように なるであろう。」―セレクテッド・メッセージ1巻 p.220 「思いにおいてさえ、神のご意志に服従し、感情は理性と宗教 の支配下に入れなければならない。わたしたちの想像力は、何の 抑制や規律の努めもなく、暴走して行くままに任されるために与 えられているのではない。もし、考えが悪ければ、感情も悪いも のとなる。考えと感情とは、一緒になって道徳的品性を形作る。」 ―天国で 6 月 6 日 「私たちの品性の短所と不完全をもって天国に入ることはで きないので、今恵みの時期を通して天国にふさわしくならなけれ 12


ばならない。」―レビュー・アンド・ヘラルド 1892 年 2 月 15 日 「神は被造物に神の意志と一致する事を求められる。品性の不 完全さは、罪である。そして罪は、律法の違反である。品性の、 あらゆる義の属性は、完全な、全体に調和のとれたものとして、 神の中に宿っている。キリストを個人的救い主として受け入れる すべての者は、これらの特性を持つ特権がある。これが神聖の科 学である。」―彼を知るために 5 月 5 日 「だれも全能になることはできないが、自分を肉体と精神の汚 れから清め、主を恐れつつ、神聖を完成することはできる。神は 全ての魂が純潔で神聖になることを望まれる。私たちは生まれつ きの悪い傾向がある。これはだれも持ち歩く必要のない自我の一 部分である。品性の本性的な特徴によって利己心を育てることは 人類の弱さである。しかし全ての利己心をなくし自我を釘付けに しないならば、私たちは決して神が神聖であられるように神聖に なることはできない。」―信仰によって生きる p.140 「(イエスが再臨なさる時)彼は私たちの罪を清め、私たちの 品性の欠点を取り除き、私たちの性質と性格の弱点を直しに来ら れない。このことが私たちになされなければならないとしたら、 その前(再臨の前)になされなければならない。主が来られると 聖なる者はさらに聖なる者となるであろう。彼らの体と精神を清 潔と聖化と尊さで保存した者はその時不滅の仕上げをされるで あろう。しかし不義で、聖化されず、汚れた者はそのまま残るで あろう。その時に欠点を取り除き清い品性を与えられることはな いであろう。精錬される方が精錬の働きを再び行われて罪と腐敗 を取り除かれることはされない。この全てのことは恵みの期間の 13


間になされなければならない。私たちにこの働きがなされなけれ ばならない時間は今である。」―教会への証 2 巻 p.355 「その来る日には、だれが耐え得よう。そのあらわれる時には、 だれが立ち得よう。彼は金をふきわける者の火のようであり、布 さらしの灰汁のようである。彼は銀をふきわけて清める者のよう に座して、レビの子孫を清め、金銀のように彼らを清める。そし て彼らは義をもって、ささげ物を主にささげる。」―マラキ 3:2,3 「あなたはまだ肉的であり、堕落しており、罪の品性を持って いながら第三天使の使命を伝えることができると考えるのだろ うか?・・・毎日あなたの心の中の罪を空にせず、真理を通して 聖化されないならばあなたは神の使命に関係しないほうがまし である。」―レビュー・アンド・ヘラルド 1892 年 3 月 29 日 神に栄光を帰しなさい 「大声で言った、『神をおそれ、神に栄光を帰せよ。』」―黙 示録 14:7 第一天使は畏れをもって神に栄光を帰しなさいと叫んでいる。 再臨信徒たちよ、私たちはいかにして神に栄光を帰すことができ るのであろうか?何をもって神のみ前に歩むのなら彼が喜ばれ るのであろうか?何をしたら神の栄光になるのであろうか?そ して神が喜ばれる栄光とは何なのだろうか?「『わたしは何をも って主のみ前に行き、高き神を拝すべきか。燔祭および当歳の子 牛をもってそのみ前に行くべきか。主は数千の雄羊、万流の油を 喜ばれるだろうか。わがとがのためにわが長子をささぐべきか。 14


わが魂の罪のためにわが身の子をささぐべきか。』人よ、彼はさ きによい事のなんであるかをあなたに告げられた。主のあなたに 求められることは、ただ公義をおこない、いつくしみを愛し、へ りくだってあなたの神と共に歩むことではないか」 (ミカ 6:6~8)。 神が私たちに要求されるのは公義と哀れみを愛し、謙遜に神と 共に義を行うことである。自らのとがと罪を悲しんで十字架の下 にひざまずく時、神は喜ばれる。神の品性の写しである律法を愛 しその原則によって義を行う時、神に栄光を帰すようになる。私 たちが神に栄光を帰すことができるのはキリストのような品性 のみである。 「キリストの栄光はその律法の中に表されている。その律法は 彼の品性の写しである。」―SDA バイブル・コメンタリー6 巻 p.1096 「神に栄光を帰すということは私たちの中にある神の品性を 表すことである。このような方法で彼を世に知らせるのである。」 ―SDA バイブル・コメンタリー7 巻p.979 品性は生活に表されなければならない 「この品性は、キリストの生涯に表された。主は、ご自身の模 範によって、肉にある罪をとがめるために、罪深い肉の姿を、ご 自身にお取りになった。絶えず主は、神の品性を見つめ、絶えず この品性を世に表された。キリストは御自分に続く者が、生活に これと同じ品性をあらわす事を望まれる。」―彼を知るために 5 月5日 「聖霊は私たちの生活において義を表すように教える。この世 15


で私たちがすることのできる最も大きな働きはキリストの品性 を生活に表すことによって神に栄光を帰すことである。神は自我 を捨てた者だけを完全にされるであろう。」―SDA バイブル・コメ ンタリー6 巻 p.1109 「私たちの品性をキリストの姿に変化させられると言われた 方は聖霊であられる。そしてその働きがなされるまで私たちは主 の栄光を鏡のように反射するであろう。」―SDA バイブル・コメン タリー6 巻 p.1097 「神のみかたちが人間のうちに再現されるのである。神の栄え、 キリストの栄光は、神の民の品性の完成に含まれている。」―各 時代の希望下巻 p.157 「彼らが神のかたちに似たものとされ、み霊によって支配され るときはじめて、神は信仰を告白する者たちによってあがめられ ることができる。そして後、救い主の証人として彼らは、彼らの ためになされた神の恵みを知らせることができる。」―患難から 栄光へ下巻 p.262,263 私たちが理解すべきことは、キリストの品性を私たちの生涯に 表し、神の御品性を世に証すること、この事よりも神に栄光を帰 す事のできる道はないということである。 今日サタンは神の御品性の栄光が表されないようにするため にあらゆる偽の福音と偽の教理によって人々を惑わしている。敬 虔の形はあるが敬虔の力のない福音が伝えられている。私たちに 力と能力を与えることのできる力ある教理(真理)は忘れられ、 弱い人間のレベルに合わせて標準を低くした聞きやすい使命だ けが伝えられている。 16


約束されたみ言の中には創造の力が臨在しているが、これを体 験することができず、信仰とは望んでいる事がらの実相であるは ずなのに標準はとても低い。 愛する再臨信徒よ!第一天使の力ある使命を信仰によって体 験してみようではないか?信仰は望んでいる事がらの実相であ る。今も力ある天使は中空を飛んでいる。今はまだ恵みの時、救 いの日である。

・・・第二編に続く。

17


18


三天使の使命を経験せよ1編3章