Page 1

偉大なる最終場面における啓示

1


2

2014 年第 2 期


For the first 2014

Revelation of the Great Final Scenes

偉大なる最終場面における啓示

3


4

2014 年第 2 期


偉大なる最終場面における啓示

Author: Alfonso Reto Rueda, Peru Review and editing of content by the General Conference Ministerial Department Translation, editing, and design by the General Conference Publishing Department 偉大なる最終場面における啓示

5


6

2014 年第 2 期


偉大なる最終場面における啓示

Revelation of the Great Final Scenes まえがき ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 08 14 課 04/05

大いなる叫びと反対 ・・・・・・・・・・・・・・10

15 課 04/12

大いなる叫びの結果 ・・・・・・・・・・・・・・14

16 課 04/19

恩恵期間の終わり ・・・・・・・・・・・・・・・19

17 課 04/26

最初の災い ・・・・・・・・ ・・・・・・・・・23

世界総会伝道奉仕部からの伝道報告・・・・・・・・・・・・・・27 18 課 05/03

災いの中の神の教会 ・・・・・・・・・・・・・・29

19 課 05/10

六番目の災いの場面 ・・・・・・・・・・・・・・33

20 課 05/17

第七の災いと悪人 ・・・・・・・・・・・・・・・37

21 課 05/24

勝利への奮闘 ・・・・・・・・・・・・・・・・・41

22 課 05/31

バビロンの刑罰と地の状態 ・・・・・・・・・・・46

23 課 06/07

神の民のための冠と喜び ・・・・・・・・・・・・50

24 課 06/15

千年期の悪人の裁き ・・・・・・・・・・・・・・54

25 課 06/21

執行猶予 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・59

26 課 06/28

神の王国での生活 ・・・・・・・・・・・・・・・64

スリランカからの伝道報告・・・・・・・・・・・・・・・・・・68 偉大なる最終場面における啓示

7


まえがき 聖書を預言的観点からみるとき、将来の出来事とそれが人生に及ぼす影響に 対して知ることを望む人々がいる。弟子たちもイエスが預言に関して語られる のを聞いて質問した。「どうぞお話しください。いつ、そんなことが起るので しょうか。あなたがまたおいでになる時や、世の終りには、どんな前兆があり ますか」 (マタイ 24:3)。 他方救い主ご自身がこの世とその住民に起こることに関して御自分の僕た ちに示された。神の預言者は次のように言っている。「まことに主なる神はそ のしもべである預言者にその隠れた事を示さないでは、何事をもなされない」 (アモス 3:7)。これは人間の好奇心を満たすためではなく、暗い道を通り抜け るための光を与えるためである。主は御言葉を通して驚くべき預言を表された。 では、私たちはイエスの再臨前に起こる最後の場面に対する預言的啓示をどの ように扱うのであろうか?使徒パウロは私たち自身の益と神のみ言葉に注意 するすべての者たちの益のためにこの預言に特別な注意を注がなければなら ないということを記録している。「こうして、預言の言葉は、わたしたちにい っそう確実なものになった。あなたがたも、夜が明け、明星がのぼって、あな たがたの心の中を照すまで、この預言の言葉を暗やみに輝くともしびとして、 それに目をとめているがよい」 (ペテロ第二 1:19)。 すべての者たちがこのような光を受けるのではない。それは聖なる特権であ り祝福である。「預言の鎖を探る時、私たちの時代のために啓示された真理は 明白に表され説明されたものである。私たちは私たちが享受している特権と私 たちの道を照らす光に対して責任がある。過去の世代に生きた者たちは彼らに 照らされることが許されたその光に対して責任を負った。彼らの心は、彼らを 試みた聖書の異なる点に関して訓練された。しかし彼らは私たちが理解してい る真理を理解しなかった。彼らは彼らが所有することができなかった光に対し て責任を負っていない。彼らも私たちのように聖書を持っていたが、世界歴史 の最後の場面に関連した特別な真理の啓示は、地上に住む最後の世代に属した 者である。 」―教会への証 2 巻 p.692,693. 大きな災いが世界各地で急速に起きている。ほぼ毎週地震や洪水が起き、多 くの国と民が困難と苦しみにあっているというニュースを聞く。兄弟姉妹方、 これは子供が長い間はなれていた家族に会う事を待つように、喜びをもって救 い主を迎えるために準備しなさいという信号である。私たちの救い主は次のよ うに勧告しておられる。「このようにあなたがたも、これらの事が起るのを見 たなら、神の国が近いのだとさとりなさい。」 「あなたがたも用意していなさい。 思いがけない時に人の子が来るからである」(ルカ 21:31; 12:40) 。 「神のみ言葉の真理を悟られた兄弟姉妹方、この世界歴史の終結する舞台で、 あなたはどんな役割を演じるのでしょうか。あなたはこれらの厳粛な事実に気 づいておられるでしょうか。天と地で進められている準備の大事業を、認識し ておられるでしょうか。光を受け入れたすべての者、預言を読み、また聞く機

8

2014 年第 2 期


会があった者は、その中に書かれている事柄に注意を払わなければなりません。 『時が近づいているからである。』われわれの世界における、あらゆる不幸の 原因である罪に、だれもかかわってはなりません。これ以上無気力で、鈍く無 関心な状態でいてはなりません。あなたの魂の運命を、不確実な状態のままに しておいてはなりません。自分が完全に主の側にいることを確認しなさい。真 実な心と、おそれおののく唇をもって、『だれが、その前に立つことができよ うか』と尋ねなさい。あなたはこの大切な恵みの期間の最後の時に、品性建設 のための最善の努力をしてきたでしょうか。あなたの魂を、あらゆる汚れから 清めてきたでしょうか。あなたは与えられた光に従ってきたでしょうか。あな たの信仰の告白に相当した行いをあなたはしてきたでしょうか。」―教会への 勧告 p.421,422. 今回の上半期の安息日学校教課の主題は「偉大なる最終場面における啓示」 です。私たちがイエスの再臨に対する各自の準備と使命に対して真摯に考え悟 るきっかけとなっていただきたいという望みをもってこの教課を準備しまし た。すべての信徒たちと救いの真理を知ることを願う魂たち、そしてこの教課 を学ぶすべての読者たちがこの主題を心に留め、大いなる祝福のために祈り、 最後のテストを充分に通過することのできる準備を整え、栄光の主を喜びをも って迎える皆さんとなりますように心からお祈りいたします。 世界総会の兄弟姉妹より

偉大なる最終場面における啓示

9


Lesson 14

大いなる叫びと反対

2014.4.05

「しかし神は、まだバビロンの中にご自分の民を持っておられる。そして、 神の刑罰が下る前に、これらの忠実な人々を呼び出して、彼らがその罪にあ ずからず、『その災害に巻き込まれないように』しなければならないのであ る。そこで、この天使―天から下って来、栄光をもって地を照らし、力強い 声でバビロンの罪を知らせる天使―によって象徴されているところの運動 が起こる。この天使のメッセージと関連して、『わたしの民よ。彼女から離 れ去れ』という呼びかけが聞かれる。これらの布告は、第三天使の使命とと もに、地上の住民に与えられる最後の警告なのである。」―各時代の大争闘 下巻 p.372.

1. 黙示録 18 章の天使と第三天使の時期における宗教界の状態はどのようになります か?黙示録 14:8; 黙示録 18:2,3.

「ここに、宗教界の恐るべき状態が描かれている。真理を拒否するごとに、 人々の心はますます暗く、ますますかたくなになり、ついには不信にこりか たまってしまう。彼らは、神がお与えになった警告を無視して、十戒の戒め の一つをふみにじりつづけ、ついには、それをきよく守る人々を迫害するよ うになるのである。キリストは、彼の言葉と彼の民とに浴びせられた侮辱に よって、無視されている。心霊術の教えが教会に受け入れられるに従って、 肉の心の抑制が取り除かれ、信仰の表明は、最も卑しい不正を隠すためのお おいとなるであろう。霊の現われを信じることは、惑わす霊と悪霊の教えに 対して扉を開くことになり、こうして、悪天使の影響が教会内に及んでくる。」 ―各時代の大争闘下巻 p.372. 2. 世とクリスチャンと主張する人々に対するこの使命の理由は何ですか?イ ザヤ 24:5; ローマ 1:21,25.百年以上前、聖霊によって啓発された筆は何を 書きましたか?

「神の霊は徐々に、しかも確実に、地上から取り去られつつあるのである。

10

2014 年第 2 期


災いと審きは、神の恵みを軽べつする者たちの上に、既に降りかかってい る。 ・・・ 悪の力は、その勢力を結集し、強化している。最後の大危機に対して、彼 らは力を増強しているのである。間もなく一大変化が、この世界に起こるの であり、しかも最後の動きは急速である。 世界情勢は、困難な時が切迫していることを示している。日々の新聞は、 近い将来に、恐ろしい戦争が起こることを示す徴候で満ちている。大胆な強 奪犯罪は頻発し、ストライキはありふれた事件となった。窃盗や殺人は至る 所で行われている。悪鬼につかれた人間が、男や女や幼い子供たちの生命を 奪っている。人類は罪悪で逆上しており、あらゆる種類の悪事が行き渡って いる。」―教会への証 9 巻 p.11.

3. まだ堕落した教会の中にいる誠実な神の子たちになされる緊急な召請は何 ですか?黙示録 18:4; 第二コリント 6:17,18.

「この預言に示された時のバビロンについて、『彼女の罪は積り積って天 に達しており、神はその不義の行いを覚えておられる』と宣言されている(黙 示録 18:5)。バビロンはその罪のます目を満たし、破滅するばかりになって いる。しかし神は、まだバビロンの中にご自分の民を持っておられる。そし て、神の刑罰が下る前に、これらの忠実な人々を呼び出して、彼らがその罪 にあずからず、『その災害に巻き込まれないように』しなければならないの である。そこで、この天使―天から下って来、栄光をもって地を照らし、力 強い声でバビロンの罪を知らせる天使―によって象徴されているところの 運動が起こる。この天使のメッセージと関連して、『わたしの民よ。彼女か ら離れ去れ』という呼びかけが聞かれる。これらの布告は、第三天使の使命 とともに、地上の住民に与えられる最後の警告なのである。」―各時代の大 争闘下巻 p.372.

4. 獣とその像は全世界をどのようにする計画を立てていますか?反面、神は地の住 人たちにどんな熱心な警告の使命を送られますか?黙示 録 13:15-17 ; 14:9-11.

偉大なる最終場面における啓示 11


「世界は、恐ろしい結果をもたらす問題に直面しようとしている。地の権 力者たちは、合同して神の戒めに逆らって戦い、『小さき者にも、大いなる 者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々 に』、偽りの安息日を守ることによって教会の習慣に従うよう命じるのであ る(黙示録 13:16)。これに従わない者はすべて、法律上の刑罰を受ける。そ して、ついには、彼らは死刑に値する者であると宣告される。他方、創造主 の安息日を守ることを命じる神の律法は、それに対する服従を要求し、その 戒めを犯すすべての者に神の怒りを警告する。」―各時代の大争闘下巻 p.374. 5. 人々を欺くために偽りの牧師たちによってどんな強烈な働きがなされるよ うになりますか?第二コリント 11:13-15; 列王記上 22:23-25.

「このメッセージを聞いた多くの人々は―非常に多くの人々は―この厳 粛な警告を認めないであろう。多くの人々は、品性のテストである神の掟に 対して不誠実であることが明らかになるであろう。主の僕たちは、狂信家扱 いにされるであろう。牧師たちが人々に耳を貸さないように警告するのであ る。神の霊に用いられたノアは、人々が聞いても、あるいは聞かなくても、 メッセージを宣べ伝えたので、人々から同じような扱いを受けた。 『平和だ無事だ』(テサロニケ第一 5:3) 『すべてのものは天地創造の初め からそのままであって、変ってはいない』 (ペテロ第二 3:4)と言っている偽 りの教師たちを驚愕させるキリストの再臨の時がやって来る。霊感の言葉は、 『突如として滅びが彼らをおそって来る』と述べている。それは忍び寄る盗 人のようにやって来る。『このことをわきまえているがよい。家の主人は、 盗賊がいつごろ来るかわかっているなら、目をさましていて、自分の家に押 し入ることを許さないであろう』(マタイ 24:43) 。絶えず目を覚ましている 事が、唯一の安全な方法である。その日が盗人のように私達を襲うことがな いように、常に備えていなければならない。」―牧師と福音宣伝者への証 p.233

6.神はその大いなる憐れみのうちに、何をなされますか?神は暗黒の中の民 をそのままにされますか?黙示録 18:1.

「しかし、真理が人の心と良心に明らかに示され、そしてそれが拒否され た上でなければ、だれ一人として神の怒りを受けることはない。現代に対す

12

2014 年第 2 期


る特別の真理を聞く機会がこれまでになかった者が大勢いる。第四条の戒め に従うべきことの真の意味が、まだ彼らに示されていない。すべての人の心 を見ぬき、あらゆる動機を探られるお方は、真理を知りたいと願っている者 をだれ一人として、争闘の論点について欺かれるままにしてはおかれない。 法令は、盲目的に人々に強制されることはない。すべての者は、賢明な決断 を下すに十分なだけの光が与えられるのである。」―各時代の大争闘下巻 p.374. 7. 最後の警告において何がなお使命の中心となりますか?ローマ 3:24-26; 黙示録 14:12.

「キリストの義に対する使命は主の道を準備するために地のこの先から あの先まで響き渡るであろう。これが神の栄光であり、その栄光で第三天使 の働きが終わるようになる。」―教会への証 6 巻 p.19. 「安息日は、特に論争点となっている真理であるから、忠誠の大試金石と なる。最後の試練が人々を襲う時、神に仕える者と神に仕えない者の区別が 明らかになる。第四条の戒めに反して、国家の法律に従って偽りの安息日を 守ることは、神に敵対する権力に忠誠を尽くすという表明であり、一方、神 の戒めに従って真の安息日を守ることは、創造主に対する忠誠の証拠である。 一方は、地上の権力に服従するしるしを受け入れることによって、獣の刻印 を受け、他方は、神の権威に対する忠誠のしるしを選んで、神の印を受ける のである。 」―各時代の大争闘下巻 p.375. 瞑想のために 詩篇126:5,6; 黙示録3:21; 雅歌 6:10. 「『教会は月のように美しく、太陽のように輝き、恐るべきこと旗を立て た軍勢のよう』に輝かなければならず、また輝くであろう。神のしもべたち は、キリストと共に働くことによって、教会をはなはだしくなまぬるい状態 に導いた呪いを取り去らねばならない[黙 3;15-19 引用]。懲らしめは改革の 希望を示している(20,21 節引用) 。」―(手紙 130,1902) SDA・バイブル・ コメンタリー7 巻 p. 966. 「教会はキリストの義の武具をまとって、最後の争闘を始めなければなら ない。『月のように美しく、太陽のように輝き、恐るべき事、旗を立てた軍 勢のよう』に、教会は全世界に出て行って、勝利に勝利を収めなければなら ない(雅歌 6:10)。 」―国と指導者下巻 p.326.

偉大なる最終場面における啓示 13


Lesson 15

大いなる叫びの結果

2014.4.12

「各地に散在する地の住民のなかには、バアルにひざをかがめない者があ る。夜だけ現れる空の星のように、これらの忠実な人々は、暗きが地を覆い、 やみがもろもろの民を覆うときに輝き出るのである。異教のアフリカ、ヨー ロッパ、南米のカトリックの国々、中国、インド、海の島々、地のあらゆる 暗黒の隅々に、神は、なお、暗黒のただ中に輝き出る選ばれた人々の星空を 保っておられる。彼らを通して背信した世界に、神の律法に従うとき得られ る人格を改変する力を、明瞭に示しておられるのである。彼らは今でさえ、 あらゆる国民、国語、民族のなかにあらわれている。そしてサタンが、 『小さ き者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴 隷にも、すべての人々に』 、違反者は死刑に処すると言って、偽の休日に対す る忠誠のしるしを受けさせる最も暗黒な時に、これらの忠実な人々は、 『責め られるところのない純真な者となり・・・・傷のない神の子』として、 『星のよう にこの世に輝いている』(黙示録 13:16,ピリピ 2:15)。夜が暗ければ暗いほど 彼らは明々と輝くのである。」―国と指導者上巻 p.156.

1. サタンに扇動され、カトリック、背信した信教、そして市民の力は何をする ようになりますか?どんな立場を神の子供達はとるようになりますか?黙 示録 12:17; 第一ペテロ 5:9; ルカ 10:19,20.

「使命に伴う力は、それに反抗する人々を怒らせるだけである。牧師たち は、その光が彼らの群れの上に輝かないようにと、ほとんど超人的な力で、 それをさえぎろうとする。彼らは、あらゆる手段に訴えて、これらの重大な 問題に関する討論を圧迫しようとする。教会は、政権の強大な権力に訴える。 そして、この働きにおいて、カトリックとプロテスタントは提携する。日曜 休業運動が、ますます大胆に、ますます断固として推進されるにつれて、戒 めを守る人々に対して法令が発布される。彼らは、罰金や投獄をもって脅か される。そして、ある者は有力な地位によって、また他の者は報賞や便宜の 提供によって、信仰を放棄するよう勧誘される。しかし彼らは、断固として、 『われわれが誤っていることを神の言葉によって示してほしい』と答えるの である。これは、同様の状況の下でルターが行ったのと同じ訴えである。法 廷に呼び出された者たちは、真理の力強い弁明をする。そして、それを聞く

14

2014 年第 2 期


者の中には、神のすべての戒めを守るという立場をとるように導かれる者が 出てくる。こうして、他の方法ではこれらの真理を知ることができない幾千 という人々の前に、光がもたらされるのである。」―各時代の大争闘下巻 p.377.

2. イエスの信仰を受けいれなかった家族に何が起きますか?マタイ 10:21,22; 第二テモテ 3:12.

「神の言葉に良心的に従うことは、反逆と見なされる。サタンに目をくら まされた親は、信仰を持つ子供を残酷無情に扱う。主人や女主人は、戒めを 守るしもべを虐げる。愛情は、冷ややかになる。子供たちは勘当されて、家 から追い出される。パウロの言葉は、文字通り成就する。『キリスト・イエ スにあって信心深く生きようとする者は、みな、迫害を受ける』(Ⅱテモテ 3:12)。真理の擁護者たちが、日曜安息日を尊ぶことを拒む時、投獄される 者もあれば、追放される者もあり、また奴隷として扱われる者もいる。人間 的に考えて、今そうしたことはありえないように思われる。しかし、神の霊 の抑制が人々から除かれ、彼らが神の戒めを憎むサタンの支配下に陥る時、 異様な事態が展開するのである。神に対する恐れと愛が取り除かれる時、人 の心は、はなはだ残酷になりうるのである。」―各時代の大争闘下巻 p.377.

3. 神の民は恩恵期間の最後に真理のために誰の前に立たなければなりません か?マタイ 10:16-20.

「あなた方はどんな責任の地位に召されるかわかりません。またどんなと ころへ呼び出されて、真理について証しをしなければならないかわかりませ ん。立法会議の前に立たねばならない人もたくさんいます。ある者は王たち の前や世の学者たちの前に立って、自分の信仰について答えをしなければな らないでしょう。 」―青年への使命 p.182. 「誰でも一人で立たなければならないという事が今の私たちには可能な 事のようには見えない。しかし神がわたしを通して語ってこられたのが事実 ならば、私たちが議会の前に呼び出されて、彼の名のために数千人の人々の 前に立つようになる時が来、各人はその信仰の理由を提示しなければならな いであろう。その時は真理を擁護するために取ったすべての主張に対して最 も激しい批判が加えられるであろう。それだから私たちは私たちが主張する 偉大なる最終場面における啓示 15


教理を信じる理由を知るために神の御言葉を研究する必要がある。」―レビ ュー・アンド・ヘラルド 1888 年 12 月 18 日) 最後の出来事 p.209.

4. 神が後の雨の下、主の器として使われる働き人たちの資格は何ですか?ロー マ 8:35-39; ピリピ 2:13; ピリピ 2:15.

「第三天使の使命も、このようにして宣布される。それが非常な力で伝え られる時が来るならば、主は謙遜な器を通して働かれ、主の奉仕に献身した 人々の心を導かれる。働き人は、学歴ではなくて、聖霊を注がれることによ って資格を与えられる。信仰と祈りの人は、聖なる熱意に燃えて出て行き、 神から与えられる言葉を宣言せざるをえなくなる。バビロンの罪は暴露され る。教会の法令を政権によって強制することの恐るべき結果、心霊術の侵入、 法王権のひそかではあるが急速な発展などが、みな暴露される。これらの厳 粛な警告によって、人々は動かされる。」―各時代の大争闘下巻 p.376. 5. 神のブドウ園の労働者たちに加えて他に誰が、後の雨の下の旗手として召さ れますか?どんな他の人が、使命を宣布するために主に歩調を合わせるよう になりますか?列王記上 19:18; マタイ 20:6,7; マルコ 10:13-16.

「子供たちも聖霊の感動によって天から受けた使命を宣布するであろう。 聖霊はその勧告に従うすべての魂に与えられるであろう。そのようにして彼 らは全ての人間的な機関を投げ捨て、束縛する制度と用心深い方法からはな れて、聖霊の力に力付けられて、真理を宣布するであろう。多くの民が信仰 を受け入れエホバの軍隊に加わるであろう。」―(レビュー・アンド・ヘラ ルド 1895 年 6 月 23 日) 福音宣伝 p.700. 「神のしもべたちは、きよい献身の喜びに顔を輝かせ、天からの使命を伝 えるために、ここかしこと奔走する。全世界の幾千の声によって、警告が発 せられる。奇跡が行われ、病人はいやされ、しるしと不思議が信じる者に伴 う。サタンもまた、偽りの不思議を行い、人々の前で天から火を降らすこと さえする(黙示録 13:13 参照)。こうして、地上の住民は、立場を明らかに しなければならなくなる。」―各時代の大争闘下巻 382,383.

16

2014 年第 2 期


6. 第三天使の大いなる叫びはどれくらい遠くにまで広がりますか?黙示録 18:1.

「第三天使の使命の宣布に協力する天使は、その栄光で全地を照らすので ある。ここに、全世界的で比類のない力を持った働きが予告されている。1 840年から44年に至る再臨運動は、神の力の輝かしいあらわれであった。 第一天使の使命は、世界の各伝道地に伝えられた。そしてある国々において は、16世紀の宗教改革以来どの国にもなかったような大いなる宗教的関心 が引き起こされた。しかし、第三天使の最後の警告下における大運動は、こ れをはるかに超えるものとなるのである。」―各時代の大争闘下巻 p.381. 「それからまた、もう一人の力の強い天使が、地上へくだって第三天使と 声をあわせ、その使命に力と勢いを与えるように、任務を受けているのが見 られた。この天使には大いなる力と栄光がさずけられた。彼がくだっていく と、地上はその栄光に照らされた。」―初代文集 p.448. 7. 大いなる叫びの結果はどうなりますか?ヨハネ 15:8; 黙示録 7:3; イザヤ 53:11(初句).

「待ち望んでいる人々の上にそそがれていた光は、至る所に輝きわたった。 諸教会の中で、幾らかでも光を持っている人々や、三重の使命を聞いてこれ を拒まなかった人々は、呼び声に応じて、堕落した教会を離れた。・・・全 部の者がこの使命によって試みられ、とうとい者たちが宗教団体から呼び出 されるはずだった。正直な人たちは、やむにやまれぬ力に動かされた。神を 信じない肉親の者や友人たちは、神の力のあらわれを見て恐れ、自制し、神 の霊の働きを感じた人々を妨害しようとする気持ちも、またその力もなかっ た。最後の招きの手は、貧しい奴隷にまでさしのべられた。彼らの中の敬虔 な者たちは、幸福な救いの予想に歓喜の歌をばくはつさせた。・・・その働 きの中には、神がおられた。そして、聖徒たちはみな、結果を恐れることな く、自己の良心の確信にしたがって、神のすべての戒めを守っている人々と 1つとなった。そして彼らは、第三天使の使命を広く力強く叫んだ。」―初 代文集 p.449,450.

偉大なる最終場面における啓示 17


瞑想のために ハバクク 2:3; マタイ 5:14-16; イザヤ 41:18; マタイ 16:18. 「かつては真理を喜んだところの、才能ある雄弁な人々は、その力を用い て他の人々を欺き迷わす。彼らは、以前の兄弟たちにとって、最も苦い敵と なる。安息日遵守者が法廷に呼び出されて、信仰について答える時に、これ らの背教者たちは、サタンの最も強力な手先となって、彼らを中傷し非難す る。そして、偽りの報告やあてこすりによって、彼らに対する権力者たちの 怒りをかき立てる。 この迫害の時に、主のしもべたちの信仰が試みられる。彼らは、神と神の 言葉だけに頼って、忠実に警告を発してきた。神の霊が彼らの心を動かして、 彼らに語らせたのである。彼らは、聖なる熱意と神の強い力に刺激されて、 主が彼らに与えられた言葉を人々に語ることの結果などは少しも考えに入 れずに、彼らの義務の遂行に取りかかった。」―各時代の大争闘下巻 p. 378.379.

18

2014 年第 2 期


Lesson 16

恩恵期間の終わり

2014.4.19

「至聖所においてイエスが立たれ、御自分の仲保の服を脱がれて祭司の衣 の代わりに報復の衣を着られるときに罪人のための働きは終わる。その時に 次のような命令が下される時が来るであろう。『不義な者はさらに不義を行 い、…義なる者はさらに義を行い、聖なる者はさらに聖なることを行うまま にさせよ。見よ、わたしはすぐに来る。報いを携えてきて、それぞれのしわ ざに応じて報いよう。』」―教会への証 2 巻 p.691.

1. 印する天使が彼の使命を完成させる時、何が起きますか?その時イエスは 何と宣言なさいますか?エゼキエル 9:11; 黙示録 21:6; 黙示録 22:11.

「わたしは天使たちが、天をあちこちと飛びまわっているのを見た。墨入 れを持った一人の天使が、地上から帰ってきて、自分の働きの終わったこと を報告した。そこで聖徒の数がかぞえられて封印された。すると、それまで 十戒の納められている箱の前で奉仕しておられたイエスが、香炉を投げ捨て られるのをわたしは見た。彼は両手をあげて、大きな声で、『事はすでに成 った』と言われた。イエスが『不義な者はさらに不義を行い、汚れた者はさ らに汚れたことを行い、義なる者はさらに義を行い、聖なる者はさらに聖な ることを行うままにさせよ』と厳粛に宣告されると、天使の万軍は冠をぬい だ。 」―初代文集 p.452. 2. 恩恵期間が終る時、イエスキリストの何が与えられますか?ダニエル 7:14; ルカ 1:32,33; 黙示録 11:15.

「各人の判決は生か死かのいずれかにきまっていた。イエスが聖所で奉仕 しておられた間に、審判は死せる義人から次に生ける義人へとつづけられて いたのである。キリストは、ご自身の民のために贖いをなして彼らの罪を消 し去り、み国を受けておられた。み国の民はもうできあがっていた。小羊な るキリストの婚姻は終わった。『国と・・・・・・全天下の国々の権威とは』みな イエスと救いを継ぐ者とに与えられ、イエスは王の王、主の主として治めら 偉大なる最終場面における啓示 19


れることになった。」―初代文集 p.452. キリストは、天において日の老いたる者のもとに来られるのであって、そ れは、彼の仲保者としての働きが終わるときに与えられる「主権と光栄と国」 とをお受けになるためである。」―各時代の大争闘下巻 p.211.

3. 古代イスラエルの奉仕において、一度聖所が清められるのなら何が起きまし たか?救い主の仲保の働きが終る時、義人の罪は誰の上におかれますか?レ ビ記 16:10; レビ記 16:20-22.

「大祭司は、罪祭の血によって、聖所から罪を除去した時に、それをア ザゼルのやぎの上においた。キリストが、彼の務めの最後に、ご自身の血 によって、天の聖所からご自分の民の罪を除去される時、彼はそれをサタ ンの上におかれる。サタンは、審判の執行において、最終的な刑罰を負わ ねばならない。アザゼルのやぎは、人里離れた地へと追い払われ、イスラ エルの宿営には二度と帰って来なかった。そのように、サタンは、神と神 の民の前から永遠に追放される。そして、罪と罪人の最終的な滅亡の時に 消し去られるのである。」―各時代の大争闘下巻 p.137.

4. 恩恵期間の終わりの悪人たちの経験はなんですか?黙示録 16:1.

「イエスが至聖所から歩いてこられると、衣の鈴が鳴るのが聞こえた。そ して外へ出られると、暗黒の雲が地上の住民をおおった。その時は、もう、 不義な人類と神の怒りとの間には仲保者がおられない。イエスが神と不義な 人類との間に立っておられた時には、地上の住民は抑制されていた。しかし イエスが、人類と天父との間からしりぞかれた時に、その抑制はとり除かれ、 サタンは、最後まで悔い改めない人々を完全に支配するようになった。イエ スが聖所の中で奉仕しておられる間は、七つの災害を地上に注ぐことはでき なかった。しかし聖所におけるイエスの働きが終わり、その執り成しが終わ ると、もう神の怒りをとどめる何ものもなく、それは、これまで救いを軽ん じ、譴責を憎んできた不義な罪人の、おおいなき頭上にはげしく破裂した。」 ―初代文集 p.452,453.

20

2014 年第 2 期


5. この恐ろしい状況において、悔い改めない人々は何を求め、探しますか?ア モス 8:11,12.

「神のみ言葉を尊んでいなかった人々が、海から海へ、北から東へとさす らいながら、神のみ言葉を求めて、あちらこちらへと急いでいた。天使は言 った。『あの人たちは、神のみ言葉を見つけることができない。地にはきき んがある。それは、食物に飢え、水にかわくききんではなくて、神のみ言葉 を聞くことのできないききんである。彼らは、神からただ一言のおほめのこ とばをいただくことさえできるなら、何ものも惜しまないだろう。しかし彼 らは飢え渇きつづけねばならない。彼らは来る日も来る日も救いを軽んじ、 天の宝や勧めよりも、この世の富やこの世の快楽を大事にしていた。彼らは イエスをこばみ、彼の聖徒たちをあざけった。けがれたものはいつまでも、 けがれたままなのだ』と。 」―初代文集 p.454,455. 6. それから何が神の恵みを拒絶する人々の間で聞こえますか?ルカ 6:25.

「災害の結果に苦しんで、悪人たちの多くは怒りに燃えた。それは恐ろし い苦悶の光景だった。親は子供たちを激しく非難し、子供たちは親を、兄弟 は姉妹を、姉妹は兄弟を非難していた。『あなたがわたしに真理を信じさせ まいとしたのだ。そうでなければ、こんな恐ろしい目に会わずにすんだもの を』と言って、大声で泣きわめくのが、四方から聞こえた。人々は、激しい 憎しみをもって牧師たちに向かい、『あなたは、わたしたちに警告してくれ なかった。あなたは、全世界の人が悔い改めて救われる時が来ると言ったで はないか。あなたは、平和だ、平和だと叫んで、恐怖心の起きるたびに、そ れを静めてしまって、こんなことになるとは言わなかったではないか。わた したちに警告する人があると、あれは狂信者で、わたしたちを滅ぼす悪い人 たちだと、あなたは言ったではないか』と言って、彼らを責めた。しかしわ たしは、牧師たちも神の怒りをまぬかれないのを見た。彼らの苦しみは、人々 の苦しみよりも十倍も激しかった。」―初代文集 p.455.

7. 主の偉大な愛における私たちの主の希望は何ですか?それゆえ主と共に永 遠の生命を楽しむために彼はどんな召しを広げますか?第二ペテロ 3:9; 黙 示録 3:20,21; マタイ 11:28-30.

偉大なる最終場面における啓示 21


「しかし、今日、恵み深い神は、罪人に訴えておられる。『主なる神は言 われる、わたしは生きている。わたしは悪人の死を喜ばない。むしろ悪人が、 その道を離れて生きるのを喜ぶ。あなたがたは心を翻せ、心を翻してその悪 しき道を離れよ。イスラエルの家よ、あなたはどうして死んでよかろうか』 (エゼキエル 33:11)。悔い改めない者に今日語りかける声は、愛する都を見 て心を痛め、『ああ、エルサレム、エルサレム、預言者たちを殺し、おまえ につかわされた人々を石で打ち殺す者よ、ちょうどめんどりが翼の下にひな を集めるように、わたしはおまえの子らを幾たび集めようとしたことであろ う。それだのに、おまえたちは応じようとしなかった。見よ、おまえたちの 家は見捨てられてしまう』と叫んだかたのみ声である(ルカ 13:34,35)。イ エスは、エルサレムが、ご自分の恵みを拒み、さげすんだ世界の象徴である のをごらんになった。かたくなな心の者よ、イエスはあなたのために涙を流 されたのである。イエスが山上で涙を流されたその時でさえ、エルサレムは 悔い改めるならば破滅をのがれることができたのであった。いましばらくの 間、天の賜物なるイエスは、エルサレムがご自分を受け入れるのを待ってお られた。そのように、ああ人の心よ、キリストはあなたに、愛の口調で今も 語りかけておられる。」―祝福の山 p.188. 瞑想のために マタイ 13:24-30,47-50; 25:31-46. 「毒麦のたとえもこの網のたとえもともに、悪人が全部神に立ち帰る時の こないことを明らかに教えている。麦と毒麦とは、収穫の時まで一緒に育つ のである。よい魚も悪い魚も、一緒に岸に上げられて、最後のより分けが行 われるのである。 次に、これらのたとえは、審判の後には、恩恵の期間がないことを教えて いる。福音の働きが終わると、直ちによいものと悪いものが区別され、それ ぞれの運命が永遠に決定されるのである。―キリストの実物教訓 p.101.

22

2014 年第 2 期


Lesson 17

最初の災い

2014.4.26

※世界総会からの伝道報告をお読みください。 「憐れみの天使が間もなくこの世を去り、最後の七つの災いが降り注がれ るであろう。…神の忍耐と憐れみはいつまでも待ちつづけないであろう。… 神の怒りの稲妻が間もなく下り、神が違反者たちを処罰され始められる時、 それは終わりまで猶予期間はないであろう。」―牧師と福音宣伝者への勧告 p.182.

1. 恩恵期間が閉じた時、地に何がおとずれますか?黙示録 15:8; 黙示録 16:1.

「それから、すべての者の運命が、救いかまたは滅びかに決定されるまで、 イエスは至聖所から出られないこと、また、イエスが至聖所における働きを 終了し、彼の祭司の服を脱いで、報復の衣をまとわれるまでは、神の怒りが 下らないことを、わたしは見た。その時イエスは、天父と人間との間から退 かれる。そして神は、沈黙を破って、ご自分の真理を拒否した人々に、神の 怒りを注がれるのである。国々の怒り、神の怒り、そして死者を裁く時など は、全く別の事件であって、相次いで起こるものであり、また、ミカエルは 立ち上がっておらず、かつてなかったほどの悩みの時はまだ始まっていない ことを、わたしは見た。今、国々は怒りつつあるが、われわれの大祭司が、 聖所における働きを終えられて立ち上がり、報復の衣をまとわれる時に、い よいよ最後の七つの災いが注がれるのである。」―初代文集 p.96,97. 2. 地の四隅の四人の天使たちはそれから何を解き放ちますか?黙示録 7:1-3.

「天使たちは、きたるべき運命について世界に警告し終わるまでは風を吹 かせないように、いま戦争の風をひきとめている。しかし、あらしは迫り、 いまにも地上に吹き荒れようとしている。神が、天使たちに風をひきとめて いる手をゆるめるようにお命じになるその時、そこには筆にも口にも表わし 得ない戦乱の光景が展開するであろう。」―教育 p.212. 「その時サタンは、地の住民を大いなる最後の悩みに投げ入れる。神の天 偉大なる最終場面における啓示 23


使たちが人間の激情の激しい風を抑えるのをやめると、争いの諸要素がこと ごとく解き放たれる。全世界は、昔のエルサレムを襲ったものよりもっと恐 ろしい破滅に巻き込まれる。」―各時代の大争闘下巻 p.386.

3. 獣の刻印を受け、その像を拝む人々に 最初の災いで何がおとずれますか? 第二の災いで海に何が起きますか?黙示録 16:2,3.

「キリストが聖所における彼のとりなしをやめられる時、獣とその像を拝 み、その刻印を受ける者たちに警告された、混ぜもののない怒りが注がれる (黙示録 14:9,10 参照)。神がイスラエルを救い出そうとされた時に、エジプ トにくだった災いは、神の民の最後の救出の直前に世界にくだるもっと恐ろ しくもっと広範囲に及ぶ刑罰と類似した性格のものであった。黙示録の記者 は、その恐ろしい災いを描写して次のように言っている。『獣の刻印を持つ 人々と、その像を拝む人々とのからだに、ひどい悪性のでき物ができた。』 『海 は死人の血のようになって、その中の生き物がみな死んでしまった。』 」―各 時代の大争闘下巻 p.403.

4. 三番目のわざわいによって何が影響を受けますか?悪人たちは純粋な水が 不足するので、彼らの渇きをいやすために何を飲みますか?なぜですか?黙 示録 16:4-7.

「『川と水の源と(は)・・・・みな血になった。』このような刑罰は恐ろしいも のであるが、神の正義は完全に擁護されるのである。神の天使は、次のよう に叫ぶ。『このようにお定めになったあなたは、正しいかたであります。聖 徒と預言者との血を流した者たちに、血をお飲ませになりましたが、それは 当然のことであります」(黙示録 16:2-6)。彼らは、神の民を死に定めること によって、彼ら自身の手で血を流したのと全く同じ罪を犯したのである。同 様に、キリストは、彼の時代のユダヤ人に、アベルの時代からのすべての聖 徒たちの血を流した罪があると言われた。それは、彼らが、預言者たちを殺 した人々と同じ精神を持ち、同じことをしようとしていたからである。」― 各時代の大争闘下巻 p.403.

24

2014 年第 2 期


5. 第四のわざわいの結果、人々はどのような害を受けますか?自然はどのよ うに影響を受けますか?黙示録 16:8,9; ヨエル 1:10-12; ヨエル 1:17-20.

「それに続く災いにおいて、『太陽は火で人々を焼くことを許された。 人々は、激しい炎熱で焼かれた』(同 16:8,9)。預言者たちは、この恐るべき 時の地上の状態を次のように描写している。『地は悲しむ。これは穀物が荒 れはて・・・・るためである。・・・・野のすべての木はしぼんだ。それゆえ楽しみ は人の子らからかれうせた。』 『種は土の下に朽ち、倉は荒れ・・・・る。・・・・い かに家畜はうめき鳴くか。牛の群れはさまよう。彼らには牧草がないから だ。・・・・水の流れがかれはて、火が荒野の牧草を焼き滅ぼしたからである。』 『「その日には宮の歌は嘆きに変り、しかばねがおびただしく、人々は無言 で こ れ を 至 る 所 に 投 げ 捨 て る 」』 と 主 な る 神 は 言 わ れ る 」 ( ヨ エ ル 1:10-12,17-20,アモス 8:33)。 これらの災いは、全世界的なものではない。さもないと、地上の住民は全 く滅ぼされてしまうであろう。しかし、それでもこれは、人類史上かつてな かった恐ろしい災いである。」―各時代の大争闘下巻 p.403,405.

6.

恐ろしい第五のわざわいは特にどんな群に降りかかりますか?黙示録 16:10,11.

「重要な事実がこの証によって提示されている。災いは一度で全てを滅ぼ すわけではない。第一の災いででき物によって苦しめられた人々は、五番目 の鉢がかたむけられるときに依然生きていてその苦しみのため自分の舌を かむであろう。この鉢に関する描写は出エジプト記 10:21-23 に見いだされ る。この鉢は獣の王座、すなわち法王権にかたむけられるであろう。獣の座 とは今までもそうであり、今からもそうであるが、それは疑う余地なく教皇 が位置する所、ローマを指す。『獣の国』とはどこであろうと教皇を擁護す るすべてのキリスト教の民を含んでいる。」―ユライヤ・スミス、ダニエル 黙示録研究 1944,pp.690,691.

偉大なる最終場面における啓示 25


7. 悔い改めない罪人たちに起こることを学んでみる時、神が求め、感じられる ことは何であると思いますか?ローマ 1:16,17; 第一ヨハネ 4:9; 第二コ リント 6:1,2.

「憐れみ深い神にとって、刑罰のわざは不思議な行為である。『主なる神 は言われる、わたしは生きている。わたしは悪人の死を喜ばない。むしろ悪 人が、その道を離れて生きるのを喜ぶ』(エゼキエル 33:11)。主は、 『あわれ みあり、恵みあり、怒ることおそく、いつくしみと、まこととの豊かなる 神、・・・・悪と、とがと、罪とをゆるす者』であるが、『罰すべき者をば決し てゆるさ』ない(出エジプト 34:6,7)。神は刑罰を喜ばれないが、神の律法を 犯す者には刑罰を与えられる。地の住民が全く腐敗して滅亡することを防ぐ ために、神はやむをえずこれをなさらなければならない。神は、いくらかの 人々を救うために、罪にかたくなになった人々を滅ぼさなければならない。 『主は怒ることおそく、力強き者、主は罰すべき者を決してゆるされない者』 である(ナホム 1:3)。主は、義をもって恐ろしいことを行い、彼のふみにじ られた律法の権威を擁護される。主が刑罰の執行を延ばしておられること自 体が、神の刑罰を招いた罪の恐ろしさと、罪人に臨もうとする報復のきびし さを証明している。」―人類のあけぼの下巻 p.297,298. 瞑想のために エゼキエル 3:16-21; 33:11-14; ルカ 23:28-31. 「恩恵期間の終了する前に人々の上にくだった刑罰には、憐れみが混じっ ていた。キリストのとりなしの血によって、罪人はその罪にふさわしい罰を 受けずにすんだのである。しかし、最後の刑罰においては、憐れみを混じえ ずに怒りが注がれるのである。 なんの準備もせずに、最後の恐るべき争闘に当面するこれらの自称キリス ト者たちは、絶望して、激しい苦悶の叫びをあげて彼らの罪を告白する。そ して悪人たちは、彼らの苦悩をながめて勝ち誇るのである。このような告白 は、エサウやユダの告白と同じ性質のものである。これをなすものは、罪そ のものではなくて、罪の結果を悲しむのである。彼らは真の悔い改めをして おらず、悪に対する嫌悪感がない。彼らは刑罰を恐れて罪を認めるのである。 そして、昔のパロのように、刑罰が取り除かれるとまた天に反抗するのであ る。 」―各時代の大争闘下巻 p.394.

26

2014 年第 2 期


世界総会伝道奉仕部からの伝道報告 2014 年 4 月 26 日にお読みください。 特別安息日学校献金は 2014 年 5 月 3 日にあつめられます。 初代教会の教父として知られているパピアス(Papias)とエイレナイオス (Irenaeus)によると、マタイが福音書を記録する時、ヘブル語を使ったとい うことです。今日に至るまでマタイの福音書の写本は約30余種に至ると知ら れ、ギリシャ語の原稿は実はヘブル語から翻訳されたものであったということ を証明しています。 ヘブル語のマタイの福音書の最後の三つの聖句は数種に翻訳されたが、その うちの一つは次のように書かれています。 18:イエスは彼らに来て言われた。 「わたしは、天においても地においても、 いっさいの権威を授けられた。 19:それゆえに、あなたがたは彼らのところに行って、 20:彼らを世話してあなたがたに命じておいたいっさいのことを守るように せよ。見よ、わたしは世の終りまで、いつもあなたがたと共にいるのである」 。 ここでキリストは彼の弟子と指導者と福音伝道者に向かって語っておられ ます。魂を信徒の群に連れてくるだけでなく、彼らを世話しなければならない と言っておられます。聖句に書いてある「彼ら」とは新しい信徒や新しくキリ ストの弟子となったものを指しています。 「世話」という言葉は親が自分の子供を世話することや、医師や看護師が病 人やけが人を世話することとして理解されます。しかし教会の指導者や教師は この意味を少し異なって理解することでしょう。子供を世話し、病人やけが人、 または学生を世話する目的は、彼らをいつまでも幼子、病人、学生のままにし ておくということではなく、将来彼らが他の人の幸福と健康に寄与する人とな るように助ける事です。彼らが育ち、親となったり、福音伝道者や医療専門者 となったりするためなのです。 これがマタイの福音書の最後の聖句で示していることなのです。「彼らを世 話してあなたがたに命じておいたいっさいのことを守るようにせよ。 」 今日ほど情報が重要視される時代はありませんでした。しかしほとんどの世 の情報はキリストから遠ざけさせる物であり、イエスが弟子たちに命じられた ことを守らせるようなことのできる情報ではありません。信徒たちが福音伝道 と医療伝道のために働くように準備させようと教会は働いていますが、しなけ ればならないことや準備しなければならない追加的な資料も多くあるのです。 私たちは子供と青年、そして親と教師たちのために最高の資料と書籍、CD、 DVDを準備しようとしています。また子供たちをどのように主の訓戒の中で 育てることができるかということに関するセミナーを開催しようと計画して います。また、どのように地域社会で成功裡に奉仕活動をする事ができるか、 病気と苦痛から離れるためにすべきこととしてはならないこと、小冊子と印刷 物を配布する方法などに関してもセミナーを開催したいと思っています。 偉大なる最終場面における啓示 27


次週の安息日に捧げられる特別安息日学校献金は、より多くの教会が霊感を 受けて奉仕活動に専念し、この働きのために青年から老年に至るまでの全ての 信徒を準備させるための資料を作成する目的で使われます。 献金を捧げる時に神が皆様に与えられた時間と才能、そして影響力までも共 に捧げてくださることをお祈りいたします。私たちが持っているすべての物を どのようにすれば神の栄光のために使うことができるのか、そしてどのように 使用することを神は望まれるのかをたずねましょう。私たちの考えと時間と才 能を他の者たちに霊的賜物として分け合うために使うならば、私たちは主が与 えられる喜びの中で成長するようになることでしょう。この重要な働きのため に献身する皆様の助けに感謝し、イエスが永遠に共におられることをお祈りい たします。

世界総会伝道奉仕部長 ラリー・ワッツ

28

2014 年第 2 期


Lesson 18

災いの中の神の教会

2014.5.03

※安息日学校特別献金は世界総会伝道部のために捧げられます。

「主はしえたげられる者のとりで、なやみの時のとりでです。み名を知る 者はあなたに寄り頼みます。主よ、あなたを尋ね求める者をあなたは捨てら れたことがないからです。…主よ、わたしをあわれんでください。死の門か らわたしを引きあげられる主よ、あだする者のわたしを悩ますのをみそなわ してください。 」―詩篇 9:9,10,13.

1. 恩恵期間が閉じられる時、聖徒たちは何をしますか?この困難の時何が彼ら を支えますか?イザヤ 26:20; イザヤ 33:15,16.

「わたしは、聖徒たちが都会や村を去り、互いに共同して団体をつくり、 人里離れた場所に生活するのを示された。悪人たちが飢えと渇きに苦しんで いる時に、天使たちは聖徒たちに食物と水をあたえた。」―初代文集 p.456. 「恐ろしい試練の日にも彼は『さあ、わが民よ、あなたのへやにはいり、 あなたのうしろの戸を閉じて、憤りの過ぎ去るまで、しばらく隠れよ』と言 われる。彼らが隠れるへやとは何か?それはキリストと聖なる天使たちの保 護を意味する。この時に神の民たちは皆同じ場所にいるのではない。彼らは 異なる仲間と共におり、地上のあらゆる場所にいるであろう。」-マラナタ p.270. 2. ユダヤ人にたいする布告を求めた時の彼の計画は何でしたか?同様に悪人 たちの激憤の中、だれが標的となりますか?エステル 3:8-15; 黙示録 13:15.

「次にわたしが見たのは、地上の有力な人たちが一緒に相談しているまわ りを、サタンと悪天使たちが忙しく飛びまわっている光景だった。わたしは また、聖徒たちがその特殊な信仰を捨て、安息日をやめて、週の初めの日を 守らなければ、一定期間の後には、だれでも彼らを自由に殺してもよいとい う命令が書かれ、その写しが各地にばらまかれるのを見た。しかしそうした 試練の時にも、聖徒たちは神を信頼し、のがれるべき道が備えられるという 偉大なる最終場面における啓示 29


神の約束にすがって、冷静に落ちついていた。ある土地では、その法令が実 施される時期よりも前に、悪人たちが聖徒を殺そうとして襲いかかったが、 天使たちが兵士の姿をとって聖徒たちのために戦った。」―初代文集 p.456. 3. 悪人たちは聖徒たちに反抗するためにどんな議論を使いますか?特に北ア メリカでどんな力が神の民にたいする訴訟で顕著となりますか? ヨハネ 11:49,50; 黙示録黙示録 13:1,2; 黙示録 13:11; 黙示録 13:14-17.

「教会の制度と国家の法律に反対の立場をとる少数者は許すべからざる 者であり、全世界が混乱と無法の状態に陥るよりも、彼らが苦しみを受ける ほうがよいと主張される。同じ議論が1800年前〔注・著者の執筆当時か ら〕に、『民の役人たち』によってキリストに対してなされた。陰険なカヤ パは、『ひとりの人が人民に代って死んで、全国民が滅びないようになるの がわたしたちにとって得だ』と言った(ヨハネ 11:50)。この議論は決定的な ものに思われ、ついに、第4条の戒めにある安息日を聖とする者に対して法 令が発せられ、彼らは最も重い刑罰に相当する者として非難される。そして 人々は、一定期間ののちには彼らを殺してもよい自由が与えられる。旧世界 のカトリック教と新世界の背教的新教とは、神の戒めの全部を尊ぶ者たちに 対して、同じような手段をとるであろう。」―各時代の大争闘下巻 p.387,388.

4. 神の子供たちはこの時どんなテストに直面しますか?なぜ彼らにとってこ れを通過することが必要なのですか?エレミヤ 30:5-7; ヤコブ 1:12.

「まもなくわたしは、聖徒たちが非常な心の苦しみに会うのを見た。彼ら は地上の悪い住民にとりかこまれているように見えた。どこを見ても、何も かも彼らに敵対していた。聖徒のある者は、神がついに自分たちを悪人の手 に滅ぼされるがままにまかせられたのではないかと心配しはじめた。しかし、 もし彼らの目が開かれさえしたら、彼らは自分たちのまわりが、神の天使た ちによってとりかこまれているのを見ることができたであろう。次に、怒り 狂った悪人の群れが、それからまた、その悪人たちに聖徒を殺させようと飛 びまわる悪天使の群れがやってきた。しかし彼らが神の民に近づくには、ま ずこの力の強い聖天使たちの間を突破しなければならなかった。これは不可 能だった。神の天使たちは、悪人たちを追いはらい、押し寄せて来る悪天使 たちを撃退していた。」―初代文集 p.457.

30

2014 年第 2 期


5. 主は彼の民を清めるためにどんな方法をとられますか?黙示録 3:10; マラ キ 3:2-4.

「それは聖徒たちにとって、恐ろしい苦悩の時だった。夜も昼も、彼らは 神に救いを求めて叫んだ。見たところ、とてものがれるすべはなかった。悪 人たちは、すでに勝利しはじめて、「お前たちの神はなぜ、われわれの手か らお前たちを救い出さないのか。天へのぼって行って、自分の生命を救った らどうだ」と叫ぶのだった。しかし聖徒たちは、悪人たちには目もくれなか った。彼らは、ヤコブのように、ひたすら神と格闘していた。天使たちは彼 らを救いたいという思いに駆られたが、もうしばらく待たねばならなかった。 神の民は杯を飲み、バプテスマを受けねばならなかった。天使たちは、任務 を忠実に守って、見張りをつづけた。神はご自身の名が異教徒から辱しめら れるのをお許しにならない。神がご自身の偉大な力をあらわして、聖徒の輝 かしい救済を成し遂げられる時がほとんど来ていた。神は、ご自身のみ名の 栄光のために、神を忍耐づよく待ち望み、その名を生命の書にしるされた一 人一人を、お救いになるのである。」―初代文集 p.457,458.

6. もしヤコブのように祈りにおいて神と格闘するなら、今日、また悩みの時に どんな結果となりますか?ホセア 12:4; イザヤ 63:9.

「突然、一つの手が彼の肩におかれた。彼は、敵が彼の生命をねらってい るのだと考える。そして、必死になって敵と闘う。夜が明けようとする時、 この見知らぬ人は超人的な力をあらわす。彼が触れると、頑強なヤコブはま ひしたようになる。そしてヤコブは力を失って倒れ、この不思議な敵の首に すがって、涙ながらに懇願する。ヤコブは、今、自分が闘っていたお方が、 契約の天使であられることを知る。…彼は自分の罪のために、長い聞悩み、 自責の念にかられ、苦しみに耐えてきた。今彼は、それが許されたという確 証を得なければならない。天からの来訪者は、今にも立ち去ろうとするよう に見える。しかしヤコブは、彼にすがって、祝福を求める。天使は、『夜が 明けるからわたしを去らせてください』と言うが、ヤコブは、『わたしを祝 福してくださらないなら、あなたを去らせません』と叫ぶのである。なんと いう確信、なんという堅忍不抜の精神が、ここにあらわされていることであ ろう。…エサウの手からの救出を熱心に祈り求めたヤコブの苦悶の夜(創世 記 32:24-30 参照)は、悩みの時の神の民の経験をあらわしている。」―各時 偉大なる最終場面における啓示 31


代の大争闘下巻 p.389,388.

7. ヤコブの奮闘と勝利の結果は何でしたか?神の民に何が起き、そしてヤコブ のように勝利するなら、どんな名が与えられますか?創世記 32:27,28; 黙示 録 3:12.

「彼の勝利の証拠、そして彼の模範にならう他の人々への励ましの証拠と して、彼の名が、彼の罪を思い起こさせるものから、彼の勝利を記念するも のへと変えられた」―各時代の大争闘下巻 p.617. 「神の民は、目を天に向けて、エホバのロから出る言葉が、すさまじい雷 鳴のひびきのように天地にひびき渡るのを聞いた。まことに荘厳そのものだ った。一節の切れ目ごとに聖徒たちは、『ハレルヤ、栄光あれ』と叫んだ。 彼らの顔は神の栄光に照らされ、ちょうどモーセがシナイ山から降りてきた 時にそうだったように、栄光に輝いていた。悪人たちは栄光にうたれて彼ら の顔を見ることができなかった。神の安息日を清く守って神をあがめた人々 の上に、つきることのない祝福が宣告されると、獣とその像に対する勝利の 叫びが高らかにあがった。」―初代文集 p.461. 瞑想のために 詩篇 37:39; ヘブル 11:1,2,6; 詩篇 91:3-10. 「もしあなたがたが患難の時を耐えたいのならば、キリストを知り、悔い 改めた罪人に与えてくださる主の義の賜物を自分の物としなければならな い。 」―(レビュー・アンド・ヘラルド 1892 年 11 月 22 日) セレクテッド・ メッセージ 1 巻 p.363. 「キリスト再臨直前の悩みの時にも、義人たちは天のみ使いたちの奉仕に よって守られるのである。しかし、神の律法を犯すものは安全ではない。天 使たちは、神の戒めの1つでも無視する者を保護することはできないのであ る。 」―人類のあけぼの上巻 p.292. 「地上の全ての住民を試みるために全世界に迫る試練の時期に固く立つ ためには、今日、信仰の教訓を学ばなければならない。私たちは英雄たちの 勇気と殉教者たちの信仰を所有しなければならない。」―(手紙 14, 1884 年 1 月 18 日)上を見上げて p.32.

32

2014 年第 2 期


Lesson 19

六番目の災いの場面

2014.5.10

「敵が彼らを牢獄に投げ入れても、土牢の壁は彼らの魂とキリストとの交 わりを断ち切ることはできない。彼らのあらゆる弱さを見、あらゆる試みを 知っておられるお方は、地上のすべての権力にまさっておられる。そして天 使は寂しい独房に彼らを訪れ、天よりの光と平安を伝える。牢獄は宮殿のよ うになる。それは信仰に富む者がそこに住んでいて、パウロとシラスがピリ ピの獄屋の中で真夜中に祈りをささげ賛美の歌声をあげた時のように、陰う つ な 壁 が 天 の 光 で 照 ら さ れ る か ら で あ る 。」 ― 各 時 代 の 大 争 闘 下 巻 p.401,402.

1. 六番目の天使が鉢を空にするときに何が起きますか?どんな力がユウフラ テ川によって象徴されていますか?黙示録 16:12.

「この鉢がかたむけられたユウフラテ川とは何か?ある見解は実際的な ユウフラテ川を指し示すという。また他の見解はこの川が流れる領域の国家、 すなわちトルコを象徴するという。いくつかの理由により後者の見解がもっ と望ましい。… 黙示録16:12節の後半を見るとユウフラテ川はトルコの勢力を象徴すると いう事を認めざるを得ない。」―ダニエルと黙示録の預言p.691,693.

2. この文脈においてユウフラテ川は文字通りの川と考えるべきですかあるい は、比喩として考えるべきですか?言葉を象徴的に使う時に水は何を表して いますか?黙示録 17:15.

「ユウフラテ川を実際の川と見なすことに対するこのような反対意見を 考慮する時、これは象徴的に解釈されなければならない。ユウフラテ川の水 が枯れ始める時、川が流れていた地域で力を保持していた権力を象徴する。 この権力がトルコであるという事実にみな同意する。それだから私たちはこ の預言の具体的な成就がトルコ国家に確実な影響を及ぼすこと探し出され 偉大なる最終場面における啓示 33


る。 ユウフラテ川はトルコの権力を象徴する。… このような意味で川が枯れるという事はトルコの勢力が弱くなる事と国 境がどんどん収縮することを表す。この事は実際に成就された。… 何世紀もの間、パレスチナとユウフラテ川渓谷の領域は、イスラム教の統 治者の管理下であり、彼らはトルコ国家に服従した。であるから論理的に見 る時、トルコの終末は地の王たちが軍隊を率いてこの地域に押し寄せてくる 以前に訪れるであろう。トルコの終末はハルマゲドン戦争の道を開くであろ う。 」―ダニエルと黙示録の預言 p.692,693,698.

3. 他のどんな実体が六番目の災害の間世界で活動しますか?黙示録 16:13.

「ヨハネは神の戒めを無効にするために地上に住んでいる者たちが結束 すると黙示録に記録している。『彼らは心をひとつにしている。そして、自 分たちの力と権威とを獣に与える。彼らは小羊に戦いをいどんでくるが、小 羊は、主の主、王の王であるから、彼らにうち勝つ。また、小羊と共にいる 召された、選ばれた、忠実な者たちも、勝利を得る。』 (黙示録 17:13,14) 『ま た見ると、龍の口から、獣の口から、にせ預言者の口から、かえるのような 三つの汚れた霊が出てきた。』(黙示録 16:13)」―セレクテッド・メッセージ 3 巻 p.423. 4. どんな欺瞞的な目的と恐ろしい迫害のために彼らは全地の王の所に出かけ ていきますか?黙示録 16:14.

「これらの霊が出る三つの源は彼らが三つの大きな部類の宗教団体で活 動することを指す。龍と獣と偽預言者は異教徒、ローマ・カトリック教会、 背信したプロテスタント教会 を象徴する。」―ダニエルと黙示録の預言 p.700. 「悪霊たちは地の王たちのところと全世界とに出て行って、彼らを欺瞞の 中に閉じ込め、天の統治に対するサタンの最後の闘争に加わるようにかり立 てる。これらの手先によって、為政者も国民も一様に欺かれる。自分はキリ ストであると称する者たちが現れ、世の贖い主のものである称号と礼拝とを 要求する。彼らは不思議ないやしの奇跡を行い、聖書のあかしとは相反する 啓示を天から受けたと公言する。」―各時代の大争闘下巻 p.398.

34

2014 年第 2 期


5. 悪の軍隊が彼らの破壊的な働きを完成するためにどこで会いますか?黙示 録 16:16; ヨエル 3:2; ヨエル 3:9-12.

「悪の勢力が戦うことなく降服することはないであろう。しかし、神はハ ルマゲドンの戦いにおいて行動するための役割を担っている。黙示録18章に 出てくる天使の栄光で地が明るくなる時に、善悪の宗教団体が眠りから覚め、 生ける神の軍隊が戦いを主導するであろう。」―マラナタp.257. 「ヨハネもキリストの再臨の徴(しるし)として起こる恐ろしい場面を目 撃した。彼は軍が戦争のために集結し、人々が恐怖で気絶するのを見た。」 ―勝利されるキリストp.316. 6. 真理と神の民に反対し破壊するために、悪人たちが破壊的計画を実行するこ とを主は許されますか?この恐ろしい瞬間に関して何が預言されています か?ヨエル 3:12(後句); ヨエル 3:14; 黙示録 16:15(前句).

「神の民を抑圧し滅ぼそうと計る者たちの上に、神の刑罰がくだる。悪人 に対して神が長い間忍耐されたので、人々は大胆に罪を犯している。しかし、 彼らに刑罰がくだるのが長い間延ばされているということは、その刑罰が確 実なものでないとか、恐るべきものでないという理由には決してならない。 『主はペラジム山で立たれたように立ちあがり、ギベオンの谷で憤られたよ うに憤られて、その行いをなさる。その行いは類のないものである。またそ のわざをなされる。そのわざは異なったものである』(イザヤ 28:21)。憐れ み深いわれらの神にとって、罰するということは異なったわざである。『主 なる神は言われる、わたしは生きている。わたしは悪人の死を喜ばない』(エ ゼキエル 33:11)。主は『あわれみあり、恵みあり、怒ることおそくいつくし みと、まこととの豊かなる神、・・・・悪と、とがと、罪とをゆるす者』である。 しかし主は、『罰すべき者をば決してゆるさず』、『主は怒ることおそく、力 強き者、主は罰すべき者を決してゆるされない者』である(出エジプト 34:6,7, ナホム 1:3)。主は、ふみにじられたご自分の律法の権威を、義の恐るべきわ ざによって擁護される。罪人を待ち受けている報復がどんなに厳しいもので あるかは、主が刑罰の執行に気が進まれないことから判断することができる。 主が長く忍ばれ、神の御目にその罪悪の升目が満たされるまではお打ちにな らない国民も、ついには憐れみの混じらない怒りの杯を飲むのである。」― 各時代の大争闘下巻 p.402,403. 偉大なる最終場面における啓示 35


7. 複雑な状況にもかかわらず、この時神の子供達はどんな祝福を経験します か?黙示録 16:15(中句).

「ヨハネの黙示録 16 章で最後の大争闘に世を終結させる奇跡を働く力に ついて述べた後、象徴は下げられ、ラッパがもう一度明らかな音を出すよう になる。『見よ、わたしは盗人のように来る。裸のままで歩かないように、 また、裸の恥を見られないように、目をさまし着物を身に着けている者は、 さいわいである』(黙示録 16:15) 。 」―最後の出来事 p.249. 瞑想のために ハバクク 3:17-19; 詩篇 121:1-8; イザヤ 33:14-16. 「エジプトで偶像礼拝者たちに囲まれていたヨセフをお忘れになっただ ろうか。イゼベルがエリヤをバアルの預言者と同じ運命にすると誓って彼を 脅かした時、主はエリヤをお忘れになっただろうか。牢獄の暗く陰うつな穴 にあったエレミヤをお忘れになっただろうか。火の炉の中の三人の人物を、 あるいはライオンの穴の中のダニエルを、お忘れになっただろうか。… 聖書を熱心に研究し、真理の愛を受けたものだけが、世界をとりこにする 強力な惑わしから守られる。聖書のあかしによって、これらの者は欺瞞者サ タンの変装を見破る。すべての人に試みの時がやってくる。試みのふるいに よって、ほんもののキリスト者が明らかにされる。神の民は、自分の感覚的 証拠に屈しないほど、今神のみ言葉に固く立っているだろうか。こうした危 機においても、彼らは聖書に、しかも聖書だけにすがりつくだろうか。サタ ンは、できることなら、彼らがその日に立つ備えをするのを妨げようとする。」 ―各時代の大争闘下巻 401,400.

36

2014 年第 2 期


Lesson 20

第七の災いと悪人

2014.5.17

「人々は世界に起ろうとする事を思い、恐怖と不安で気絶するであろう。 もろもろの天体が揺り動かされるからである。そのとき、大いなる力と栄 光とをもって、人の子が雲に乗って来るのを、人々は見るであろう。」―ル カ 21:26,27 「彼が来られるのを忍耐して待つ者たち、その名が命の書に記されてい る者たちの救出は、実に輝かしいものとなる。」―各時代の大争闘下巻 p.411.

1. 七番目の天使が鉢を傾けた時天の聖所からどんな大きな声が響きました か?この声が天で聞こえている間、何が地上で起きますか?黙示録 16:17.

「七番目の鉢を傾ける時のことを研究する必要がある。悪の勢力が戦うこ となく降服することはないであろう。」―マラナタ p.257. 「神が御自分の民を救うためにその力をあらわされるのは、真夜中である。 太陽がその力強い光を放って現れる。しるしと不思議とがあとからあとから 現れる。悪人たちはこの光景を恐れと驚きとをもってながめる。一方義人た ちは自分たちの救いの前兆を厳粛な喜びで迎える。自然界の万物はそれぞれ の軌道からはずれたように見える。川の流れは止まる。黒い厚い雲が現われ て、互いに衝突する。この怒ったような天の真ん中に、一カ所言うに言われ ぬ栄光に満ちた澄んだ空間があって、そこから神のみ声が、多くの水の音の ように聞こえてきて、 『事はすでに成った』と告げるのである(黙示録 16:17) 。」 ―信仰によって私は生きる p.182.

2. 第七の災いの間に地上で何が起きますか?黙示録 16:18.

「地震で倒れた都市や村々の廃櫨がうず高くなっていた。山々がうつり去 った跡には、大きな穴が口を開いていた。海から打ち寄せられたり、地が裂 偉大なる最終場面における啓示 37


けてころがり出たごつごつの岩石が、あちらにもこちらにもころがっていた。 大きな木が根こそぎになって、地面に吹き倒されていた。」―初代文集 p.467. 3. 数百年前、天と地の両方においてだれがこれらの出来事について話しました か?ハガイ 2:6; イザヤ 24:20; ヨエル 3:16.

「その声が天と地とを震動させる。大地震が起こる。『それは人間が地上 にあらわれて以来、かつてなかったようなもので、それほどに激しい地震で あった』(同 16:18)。大空は、開いたり、閉じたりするように見える。」―各 時代の大争闘下巻 p.414. 「このようにみ声をもって地を揺り動かされた主は、今、宣言しておられ る。 『わたしはもう一度、地ばかりでなく天をも震わそう』(ヘブル 12:26)。 また、聖書はこうしるしている。『主は高い所から呼ばわり、その聖なるす まいから声を出し』、 『天も地もふるい動く』(エレミヤ 25:30,ヨエル 3:16)。 来たるべきその大いなる日に、天そのものも『巻物が巻かれるように』姿を 消す(黙示録 6:14)。すべての山々島々は、その場所を動かされる。『地は酔 いどれのようによろめき、仮小屋のようにゆり動く。そのとがはその上に重 く、ついに倒れて再び起きあがることはない』(イザヤ 24:20)。 」―人類のあ けぼの上巻 p.401.

4. あわれみをまじえない神の怒りはだれに襲いかかりますか?黙示録 16:19.

「神のみ座からの栄光が、ひらめき渡るように見える。山々は、風にゆら ぐ葦のように揺れ、ゴツゴツした岩があたり一面に飛び散る。嵐が近づいて いるようなうなり声がする。海は荒れ狂っている。強風のかん高い音が、破 壊行為に従事している悪鬼らの声のように聞こえる。全地は海の波のように 隆起し揺れ動く。地の表面は砕け散る。地の基そのものが崩れつつあるよう に見える。山脈は沈下していく。人々の住んでいる島々が消えていく。罪悪 に満ちてソドムのようになってしまった海港は、怒った水にのまれてしまう。 神は大いなるバビロンを思い起こし、『これに神の激しい怒りのぶどう酒の 杯を与えられ』る。」―各時代の大争闘下巻 p.414.

38

2014 年第 2 期


5. どんな破壊的な力で七番目の災いは終わりますか?黙示録 16:20,21.

「黙示録の記者は、『大きな声が聖所の中から・・・・「事はすでに成った」』 と宣告するときに起こる破滅について書いている。彼は、『一タラントの重 さほどの大きな雹が、天から人々の上に降ってきた』と言っている(黙示録 16:17,21)。 」―人類のあけぼの下巻 p.136. 「『一タラントの重さほど』の大きな雹が、破壊の働きをしている(黙 16:19,21)。おごり高ぶっていた地上の諸都市が低くされる。世の偉大な人 たちが、自分たちに栄光を帰するために巨額の富を費やして建てた堂々たる 宮殿が、彼らの目の前で崩れ去る。牢獄の壁は砕けて落ち、信仰のためにつ ながれていた神の民が解放される。」―各時代の大争闘下巻 p.414,415.

6. それからどんな心の状態が地の住民に訪れるようになりますか ?ハガイ 2:7(初句); ルカ 21:26.

「ヨハネもまたこの最も恐るべきこの啓示の証人であった。彼は海と波が 猛り狂い、恐怖のために人々が気を失うのを見た。彼は地が動き、山々が海 のただなかに移り(これは文字通り成就される) 、その海水が荒れ狂い、山々 が隆起しながら揺れ動くのを見た。疫病と災害と飢饉と死がその恐ろしい使 命を果たすのがヨハネに示された。 」―牧師と福音宣伝者への証 p.445,446. 7. 父なる神は悪人に何を宣言なさいますか?詩篇 50:6; 詩篇 119:142.

「このような聖なる信頼の言葉が神のみもとにのぼって行く間に、雲は退 き、両側の暗い怒ったような大空とは対照的に、言うに言われぬ栄光に輝く 星空が見えてくる。天の都の栄光が、開かれた門から流れ出る。そのとき、 折りたたんだ二枚の石の板を持った手が、空中に現れる。『天は神の義をあ らわす、神はみずから、さばきぬしだからである』と預言者は言っている(詩 篇 50:6)。シナイ山から雷鳴と炎の中で、人生の指針として宣言された神の 義であるあの聖なる律法が、今やさばきの規準として人々に示される。その 偉大なる最終場面における啓示 39


手が石の板を開くと、火のペンでしるされたかと思われる十戒の言葉が見え る。その言葉は、はっきり書かれていて、だれでも読むことができる。記憶 が呼びさまされ、すべての人の心から迷信と異端の暗黒が払いのけられて、 簡単で理解しやすく、権威に満ちた神の十の言葉が、地上の全住民の前に示 される。 」―各時代の大争闘下巻 p.417. 瞑想のために 詩篇 7:11; イザヤ 33:14; ヨブ 40:11,12; 詩篇 94:2; 119:21. 「神の律法の最も小さな条文をただ一度犯しても、罪であることに変わり はない。そのような罪に対してでさえ、罰を執行しなければ、神の政府にお ける犯罪となるであろう。神は裁判官、正義の報復者であられる。正義は神 のみ座が存在する場であり、基礎である。神は彼の律法を省く(はぶく)こ とはできず、罪の要求に応じたり、罪を許したりするためにその最も小さな 条項を取り除くことはおできにならない。律法の公正、正義、道徳的卓越性 は、全天や罪を知らない諸世界の前で維持され、擁護されなければならない。」 ―(原稿 145,1897 年 12 月 30 日)SDA・バイブル・コメンタリー7 巻 p.951. 「しかし、神の審判のラッパを聞いても、神の子らには恐れをいだく理由 がない。 『主はその民の避け所、イスラエルの人々のとりでである』(ヨエル 3:16)。神の律法を犯す者に恐怖と滅亡をもたらすその日が、従順な者には 『言葉につくせない、輝きにみちた喜び』を与える(Ⅰペテロ 1:8)。 」―人類 のあけぼの上巻 p.402,403.

40

2014 年第 2 期


Lesson 21

勝利への奮闘

2014.5.24

「神の民は、独房の中にいる者たちもあれば、森林や山々の寂しい隠れ家 にいる者たちもあるが、なおも神の保護を求めて祈っている。一方、いたる ところで、武装した集団が悪天使の軍勢にかりたてられて殺害の準備をして いる。絶体絶命の今こそ、イスラエルの神が、ご自分の選民を救うために手 を下されるのである。主は言われる。『あなたがたは、聖なる祭を守る夜の ように歌をうたう。また・・・・主の山にきたり、イスラエルの岩なる主にまみ える時のように心に喜ぶ。主はその威厳ある声を聞かせ、激しい怒りと、焼 きつくす火の炎と、豪雨と、暴風と、ひょうとをもってその腕の下ることを 示される』(イザヤ 30:29,30)。」―各時代の大争闘下巻 p. 412,413.

1.神の試練を受けた子供たちの救出に加えて、七番目の災いの最中に神のどん な御声がもたらされますか?ダニエル 12:1,2; イザヤ 49:24,25.

「しるしと不思議が短時間につづいて起こった。何もかもが自然の軌道か らはずれてしまったように思えた。川の流れはとまった。暗い濃い雲があら われて互いにぶつかり合った。しかし、ひとところだけ栄光の輝く晴れ渡っ たところがあって、そこから神のみ声が、流れの音のように、天地をふるわ せて聞こえてきた。大地震が起こった。墓が開かれた。そして、第三天使の 使命を信じ、安息日を守って死んだ人々が、栄化された姿で土の寝床から現 れた。彼らは、神がご自身の律法を守った人々と結びたもう、平和の契約を 聞くのであった。 」―初代文集 p.460. 2. み父は彼の民に何を宣言なさいますか?いつ神はこれをなさいますか?マ ルコ 13:32.

「天は、開いたり閉じたりして揺れ動いた。山々は風の中の葦のように揺 れ、ごつごつした岩をあたり一面に投げとばした。海は湯わかしの湯のよう に沸きたって、石を陸地へ投げあげた。そして、神が、イエスのおいでにな る日時を告げ、ご自身の民に永遠の契約を宣言なさるとき、神は一節ずつ区 偉大なる最終場面における啓示 41


切りながら、一語一語天地にひびきわたるような声でお語りになった。神の 民は、目を天に向けて、エホバのロから出る言葉が、すさまじい雷鳴のひび きのように天地にひびき渡るのを聞いた。まことに荘厳そのものだった。一 節の切れ目ごとに聖徒たちは、『ハレルヤ、栄光あれ』と叫んだ。彼らの顔 は神の栄光に照らされ、ちょうどモーセがシナイ山から降りてきた時にそう だったように、栄光に輝いていた。悪人たちは栄光にうたれて彼らの顔を見 ることができなかった。」―初代文集 p.460.

3. それからどんな驚くべき素晴らしい方法で、かつてなかった最も偉大な出来 事が起きますか?黙示録 19:11-16; ルカ 21:27.

「まもなく、人の子の乗っておられる大きな白い雲が現れた。その雲は、 空の遠くに現れた時には初め小さく見えた。天使は、それが人の子のしるし だと告げた。その雲が地上に近づくと、わたしたちは、勝利を収めるために こられるイエスの、欠けるところのない栄光と権威を目の当たりに見ること ができた。きらきら輝く冠を頭の上にいただいた供奉の聖天使たちが、イエ スの道を護衛していた。それは、どんなことばにも言いあらわすことのでき ない荘厳な光景だった。尊厳と無上の栄光につつまれた生ける雲はいよいよ 近づき、イエスの美しいお姿がはっきり見えた。イエスの額には、いばらの 冠とはちがって、栄光の冠がのせられていた。イエスの衣とももには、『王 の王、主の主』という名前が書かれていた。イエスのお顔は、真昼の太陽の ように輝き、その目はほのおのようにみえ、そのみ足は輝く真鍮のようだっ た。イエスのお声は多くの楽器のようにひびいた。地はその前に揺れ、天は 巻き物をまくように去っていき、山々と島々はその所を離れた。」―初代文 集 p.461,462. 4. 神の御子は再臨なさる時に誰を受けいれますか?黙示録 14:1; イザヤ 25:9.

「『その日、人は言う、 「見よ、これはわれわれの神である。わたしたちは 彼を待ち望んだ。彼はわたしたちを救われる。これは主である。わたしたち は彼を待ち望んだ。わたしたちはその救を喜び楽しもう」と (イザヤ 25:9) 。 』 イエスは来られる!しかし、人類の悲哀に耳を傾けたり、罪を犯した罪人 の罪の告白を聞いたり、彼に許しを与えるためにではない。その時すべての 者は生か死に決定しているからである。罪のうちに生涯を過した者は永遠に 罪人のままである。聖所でイエスに彼らの罪を告白し、イエスを彼らの友と

42

2014 年第 2 期


し、彼の出現を愛した人々は彼らのすべて罪の許しが書かれている。そして、 『真理に従うことによって』自らの魂を清めている彼らは永遠に純潔で聖な るままである。 」―彼を掲げよ p.379.

5. イエスキリストが来られる時、悪人たちに何がおきますか?黙示録 6:15-17; 第二テサロニケ 1:8,9.

「ちょっと前までは、神の忠実な子らを地上から滅ぼそうとしていた人々 は、神の子たちの上におかれた栄光をまのあたりに見た。そして、あらゆる 恐怖のさなかに、彼らは、聖徒たちがよろこびの調べにあわせて、『見よ、 これはわれわれの神である。わたしたちは彼を待ち望んだ。彼はわたしたち を救われる』と叫ぶ声をきいた。」―初代文集 p.286. 「王の王は、燃える炎に包まれて、雲に乗って降りて来られる。天は巻物 が巻かれるように消えていき、地は、王の王の前に震え、すべての山と島と は、その場所から移されてしまう。『われらの神は来て、もだされない。み 前には焼きつくす火があり、そのまわりには、はげしい暴風がある。神はそ の民をさばくために、上なる天および地に呼ばわれる』(詩篇 50:3,4 )。 」― 各時代の大争闘下巻 p. 420.

6. それから他のどんな特別な出来事が起きますか?贖われた人々はどこで彼 らの救い主に加わり、どこに行きますか?第一テサロニケ 4:16,17; ヨハネ 17:24.

「地がよろめき、いなずまがひらめき、雷がとどろく真っただ中で、神の み子の声が、眠っている聖徒たちを呼び起こす。イエスは義人たちの墓をご らんになり、それから両手を天のほうへ上げて、『目ざめよ、目ざめよ、目 ざめよ。ちりの中に眠る者たちよ、起きよ』と呼ばれる。地の全面にわたっ て、死者はその声を聞き、聞く者は生きる。そして、全地に、あらゆる国民、 部族、国語、民族からなる大群の足音が鳴り響く。 『死よ、おまえの勝利は、 どこにあるのか。死よ、おまえのとげは、どこにあるのか』と叫びながら、 彼らは死の獄屋から、不死の栄光をまとって現われる(Ⅰコリント 15:55)。 そして、生きていた聖徒たちとよみがえった聖徒たちとはともに声をあわせ 偉大なる最終場面における啓示 43


て、勝利の長い喜びの叫びをあげる。」―各時代の大争闘下巻 p.423,424.

7. 贖われた 14 万 4 千人の特権は何ですか?あなたは心からそこに入りたいと 望みますか?あなたは他の人々もこの群れの一部になってもらいたいとい う望みのために何をしていますか?黙示録 15:2,3.

「み座の前の、水晶のように透きとおった海、あの、火のまじったガラス の海―神の栄光でまばゆく輝いているところ―の上に、『獣とその像とその 名の数字とにうち勝った人々が』集まっている。シオンの山の小羊とともに、 人々の間から贖われた彼ら、すなわち、14万4千が、『神の立琴を手にし て』立つのである。また、大水のとどろきのような、激しい雷鳴のような、 『琴をひく人が立琴をひく音』のようなものが聞こえる。そして、彼らは、 み座の前で新しい歌をうたう。この歌は、14万4千以外のものは、だれも 学ぶことができない。それは、モーセと小羊の歌、すなわち、救いの歌であ る。14万4千のほかは、だれもその歌を学ぶことができない。なぜなら、 それは彼らの体験―他のどの群れもしたことのない体験―の歌だからであ る。 『小羊の行く所へは、どこへでもついて行く。』彼らは、地上から、生き ている者の間から、天に移された者たちで、『神と小羊とにささげられる初 穂』とみなされる(黙示録 15:2,3,14:1-5)。」―各時代の大争闘下巻 p.430. 喜ばしい勝利をおさめた多くの群 8. 14 万 4 千人に加えて神の栄光と永遠の生命を喜ぶようになる贖われた人々 の休みについてわたしたちは何を知っていますか?黙示録 7:9.

「み座のいちばん近くには、かつてサタンの業に熱心であったが、火の中 からの燃えさしのように取り出されて、深い熱心な信仰をもって救い主に従 ってきた者たちがいる。その次には、虚偽と不信仰のただ中にあってキリス ト者の品性を完成した者たち、キリスト教界が神の律法は無効であると宣言 した時にも律法を尊重した人たち、さらに、各時代にわたり、信仰のために 殉教した無数の人たちがいる。そしてその向こうには、『あらゆる国民、部 族、民族、国語のうちから、数えきれないほどの大ぜいの群衆が、白い衣を 身にまとい、しゅろの枝を手に持って、御座と小羊との前に』立っている(黙 示録 7:9)。彼らの戦いは終わり、彼らの勝利は獲得された。彼らは走るべき

44

2014 年第 2 期


行程を走り、ほうびをもらった。彼らの手にあるしゅろの葉は勝利の象徴で あり、白い衣は、今は彼らのものとなっているキリストの汚れなき義を示し ている。 」―各時代の大争闘下巻 p.450. 瞑想のために 第一コリント 1:18,24; テトス 3:5-7; 第一ペテロ 2:9,10; 黙示録 1:5,6. 「限りない知恵を持っておられる神は、われわれの救いのためには、み子の 死よりほかに方法を考え出すことがおできにならなかった。この犠牲に対する 報いは、きよく幸福で不死の身となって贖われた者たちを、地に住まわせると いう喜びである。救い主が悪の権力と戦われた結果は、贖われた者たちに与え られる喜びであり、永遠にわたって神にみ栄えを帰することである。魂にはこ のように大きな価値があるので、天父は、払われた価に満足される。そして、 キリストご自身も、その大きな犠牲の実をごらんになって満足されるのであ る。 」―各時代の大争闘下巻 p.434. 「信仰によって、御座の回りにある虹を見上げよう。その後ろには告白した 罪の雲がある。契約の虹はへりくだり、悔い改め、信じる魂にとって、彼の命 がキリストの命と一つであり、キリストが神と一つであるという確証である。 神の怒りは、キリストの内に避け所を求める魂の上にはくだらない。神ご自身 がこのように宣言された。『わたしはその血を見て、あなたがたの所を過ぎ越 すであろう。』 『にじが雲の中に現れるとき、わたしはこれを見て、……永遠の 契約を思いおこすであろう』(出エジプト 12:13; 創世記 9:16)。」―神の驚く べき恵み p.70.

偉大なる最終場面における啓示 45


Lesson 22

バビロンの刑罰と地の状態

2014.5.31

「見よ、主はこの地をむなしくし、これを荒れすたれさせ、これをくつが えして、その民を散らされる。…地は全くむなしくされ、全くかすめられる。 主がこの言葉を告げられたからである。…地はその住む民の下に汚された。 これは彼らが律法にそむき、定めを犯し、とこしえの契約を破ったからだ。 それゆえ、のろいは地をのみつくし、そこに住む者はその罪に苦しみ、また 地の民は焼かれて、わずかの者が残される。」―イザヤ 24:1,3,5,6.

1. 神がその民を 束縛から解放する時バビロンに何が起きますか? 黙示録 18:5-10.

「『あわれみを行わなかった者に対しては、仮借のないさばきが下される』 (ヤコブ 2:13)。やがて、彼らは、全地の裁判官の前に立って、神の嗣業であ る民の肉体と魂とを苦しめたことについて申し開きをしなければならない。 彼らは、今、神の働きをしている人々を偽って訴え、あざけることであろう。 神を信じる人々を牢獄に入れ、鎖につなぎ、流刑や死刑に処することであろ う。しかし、このようなすべての苦痛と悲嘆に対して、彼らは神に申し開き をしなければならない。神は彼らの罪に二倍の罰をお与えになる。神は、刑 罰を下す天使たちに向かって、背教した教会の象徴であるバビロンについて 言っておられる。『彼女の罪は積り積って天に達しており、神はその不義の 行いを覚えておられる。彼女がしたとおりに彼女にし返し、そのしわざに応 じて二倍に報復をし、彼女が混ぜて入れた杯の中に、その倍の量を、入れて やれ』(黙示録 18:5,6)。 」―キリストの実物教訓 p.160. 「これが、神の怒りの日に、バビロンにくだる刑罰である。バビロンの悪 は満ちた。その時は来た。滅亡の時は熟した。」―各時代の大争闘下巻 p.436. 2. 悪人はどのように義人を扱いますか?神とその働きに反対し、悪を喜んでき た人々に何が起きますか?詩篇 11:2; 詩篇 64:2-4; 詩篇 11:5,6.

「悪人たちは、無念の思いに満たされる。それは、彼らが神と同胞とを無

46

2014 年第 2 期


視した罪深さのためではなく、神が彼らに勝利されたためである。彼らは、 結果がこうした状態であることを悲しむ、しかし、彼らは、その罪悪を悔い るのではない。彼らは、できれば勝利を収めようとして、ありとあらゆる手 段を講じるのである。 世の人々は、彼らが嘲笑、愚弄し、撲滅しようとしたその当人たちが、疫 病、嵐、地震にも耐えてなんの害も受けないのを見る。神の律法を犯す者に は焼きつくす火であられるかたが、神の民にとっては安全な隠れ場なのであ る。 」―各時代の大争闘下巻 p.437. 3. 神とその群に対して偽りの牧師たちは何をしましたか?あまりも遅いにも かかわらず、彼らは何を見ることになりますか?エゼキエル 13:22; エレミ ヤ 6:14; エレミヤ 23:1; エレミヤ 25:34,35.

「人々の歓心を得るために真理を犠牲にした牧師は、今、自分の教えがど んな性質のもので、どんな影響を及ぼしたかを見る。彼が講壇に立った時も、 道を歩いた時も、人生のさまざまな場合に人々と交わった時も、全能の神の 目が彼とともにあったことが明らかになる。人々を偽りの避難所に休ませる ように導いたすべての心の思い、書いたすべての文字、語ったすべての言葉、 すべての行動は、種まきであった。そして今、哀れな失われた魂にとりかこ まれて、彼はその収穫を見るのである。・・・ 牧師たちと人々は、自分たちが神との正しい関係を持ってこなかったこと を悟る。彼らは、自分たちが、すべて公正で義である律法の創始者に反逆し てきたことを知る。神の戒めを破棄したことが、無数の罪悪、不和、憎悪、 不正の原因となり、ついに地上は一大戦場、腐敗の巣くつとなった。これが、 真理を拒み、誤りを信じることを選んだ者の目に写る光景である。神に従わ ず、忠誠を保たなかった人々が、永遠に失ったもの、すなわち永遠の生命に 対して感じる渇望は、言葉では表現することができない。」―各時代の大争 闘下巻 p.437,438.

4. 預言者は恩恵期間が終った時の悪人の罰についてなんと書きましたか?ゼ カリヤ 14:12,13; エレミヤ 25:33.

「『主はそのおられる所を出て、地に住む者の不義を罰せられる。地はそ の上に流された血をあらわして、殺された者を、もはやおおうことがない』 偉大なる最終場面における啓示 47


(イザヤ 26:21)。 『エルサレムを攻撃したもろもろの民を、主は災をもって撃 たれる。すなわち彼らはなお足で立っているうちに、その肉は腐れ、目はそ の穴の中で腐れ、舌はその口の中で腐れる。その日には、主は彼らを大いに あわてさせられるので、彼らはおのおのその隣り人を捕え、手をあげてその 隣り人を攻める』(ゼカリヤ 14:12,13)。自分たち自身の激しい怒りによる争 いと、神の、あわれみを混じえない怒りの恐るべき降下によって、地の悪し き住民たちは、聖職者も為政者も民衆も、金持ちも貧乏人も、地位の高い者 も低い者も、倒れてしまう。『その日、主に殺される人々は、地のこの果か ら、かの果に及ぶ。彼らは悲しまれず、集められず、また葬られずに、地の おもてに糞土となる』(エレミヤ 25:33)。 」―各時代の大争闘下巻 p.440.

5. 悪人が罪の報いを受けた後、地上に何が起きますか?黙示録 19:17,18.エレ ミヤ 4:23-26.

「地上は荒れはてて荒野のように見えた。地震で倒れた都市や村々の廃櫨 がうず高くなっていた。山々がうつり去った跡には、大きな穴が口を開いて いた。海から打ち寄せられたり、地が裂けてころがり出たごつごつの岩石が、 あちらにもこちらにもころがっていた。大きな木が根こそぎになって、地面 に吹き倒されていた。」―初代文集 p.467.

6. 荒廃した地上にだれが残りますか?聖句にある底知れぬ所の意味は何です か?黙示録 20:1,2; 創世記 1:2.

「ここがサタンと悪天使たちにとって、1000年間の住居になるのであ る。ここに彼は閉じこめられて、その荒れはてた地上をさまよい歩き、神の 律法に対する自分の反逆の結果を見せられる。彼は、自ら招いたわざわいの 結果を、1000年の間、存分に味わうことができる。この地上から外へは 出られないサタンは、他世界を飛びまわって、堕落したことのないその住民 を誘惑したり、妨害したりすることは許されない。この期間中、サタンは極 度に苦痛をおぼえる。堕落して以来、彼の悪の能力はたえず働いていた。し かし今、彼はその能力をとりあげられ、放置されるままに、堕落以来自分の 果たしてきた役割について回顧し、また恐怖すべき自分の将来を、恐れとお

48

2014 年第 2 期


ののきをもって待ちうけねばならない。その恐るべき将来において、彼は自 分がこれまでやってきたすべての悪について、裁きをうけ、また彼が人に犯 させたすべての罪について処罰をうけねばならないのである。」―初代文集 p.467.

7. 大いなる救いの賜物を受け入れなさいとの神のみ声がわたしたちを招待し ている間、私達は今何をすべきですか? 第一テモテ 2:4; ヘブル 3:13-15.

「すべての人が救いの道を悟ることができるように、神の霊が豊かに与え られている。こうして『まことの光』であられるキリストは、『すべての人 を照』らされる(ヨハネ 1:9)。人は、生命の賜物を故意に拒否することによ って、救いを受け損じるのである。」―各時代の大争闘上巻 p.333. 「私たちが私たち自身と私たちの子供たちを世から汚れなく保存すべき 時は今である。私たちが私たちの品性の衣を洗って小羊の血で白くすべき時 は今である。私たちが傲慢と情欲と霊的怠惰を克服するべき時は今である。 私たちが目を開き品性のバランスのために決定的な努力をするべき時は今 である。 『だから、聖霊が言っているように、 「きょう、あなたがたがみ声を 聞いたなら、…あなたがたの心を、かたくなにしてはいけない。」 』(ヘブル 3:7,8)」―教会への証 5 巻 p.215,216. 瞑想のために 黙示録 18:6-10; マタイ 25:34; イザヤ 40:1-5. 「私たちは最後の大いなる争闘は、サタンが自分の目的を果たすため断固 とした努力となることを知っている。彼はほえたける獅子としてだけでなく 美しい光の衣で罪をまとった誘惑者として人々をその罠の中に入れるため に来るであろう。 」―上を見上げて p.152. 「『この世の君が来るからである。だが、彼はわたしに対して、なんの力 もない』とイエスは言われた(ヨハネ 14:30)。イエスの中にはサタンの詭弁 に応ずるものは何もなかった。イエスは罪に同意されなかった。一つの思い においてさえ、彼は試みに負けたまわなかった。われわれもそうなれるので ある。キリストの人性は神性と結合していた。イエスは聖霊の内住によって 戦いに備えられた。しかもイエスはわれわれを神のご性質にあずかる者とす るためにおいでになったのである。われわれが信仰によってキリストにつな がっているかぎり、罪はわれらの上に権をとることはできない。」―各時代 の希望上巻 p.135. 偉大なる最終場面における啓示 49


Lesson 23

神の民のための冠と喜び

2014.6.07

「わたしは、すぐに来る。あなたの冠がだれにも奪われないように、自分 の持っているものを堅く守っていなさい。勝利を得る者を、わたしの神の聖 所における柱にしよう。彼は決して二度と外へ出ることはない。そして彼の 上に、わたしの神の御名と、わたしの神の都、すなわち、天とわたしの神の みもとから下ってくる新しいエルサレムの名と、わたしの新しい名とを、書 きつけよう。」―黙示録 3:11,12.

1. 贖われた者たちが天に入る時、どんな聖書の約束が成就しますか?第一ペテ ロ 5:4; 黙示録 3:11.

「その時わたしは、天使の大群が、都から、輝く冠を持って来るのを見た。 それは聖徒たちの一人一人に与えられる冠で、各人の名前が書きこまれてい た。イエスが冠を求められると、天使たちはそれをイエスのみ前にささげた。 イエスは冠を右手で受けとられると、それを聖徒の頭にやさしく置かれた。 同じように、天使たちが立琴を持ってきた。イエスはそれもまた聖徒たちに お与えになった。天使の中の指揮者たちが、まず最初の調べを奏した。する とみんなが声をあげて感謝と喜びの歌をうたい、その手はたくみに立琴の糸 をあやつり、そのメロデーは豊かな、完全な調べとなって流れた。」―初代 文集 p.464.

2. あがなわれた者たちは天のどこに住みますか?私たちの救い主イエス・キリ ストは何に満足されますか?黙示録 21:10; イザヤ 26:2; イザヤ 53:11.

「それからわたしは、イエスが、救われた人々の群れを、都の門に導かれ るのを見た。イエスは門に手をかけて、そのきらめく蝶番のついた扉をさっ と開き、真理を守った諸国民に、中に入るように命じられた。都の中には目 を楽しませるあらゆるものがあった。彼らは至る所に豊かな栄光を見た。そ れからイエスは、贖われた聖徒たちをごらんになった。彼らの顔は栄光に輝

50

2014 年第 2 期


いていた。イエスは、彼らの上にじっとやさしい目をそそいで、豊かな美し い声でこう言われた、『わたしは、自分の魂の辛苦を見ることができて満足 だ。この豊かな栄光は永久にあなた方のものだ。あなた方の不幸は終わった。 もはや死もなく悲しみ嘆きもなく、また苦しみもないのだ』。わたしは、贖 われた人々の群れが、身をかがめ、そのきらめく冠をぬいで、イエスの足も とに置くのを見た。そして、イエスが手をのばして、やさしく彼らを起こさ れると、彼らは黄金の立琴を鳴らし、小羊にささげる歌と、豊かな音楽の調 べで全天を満たした。」―初代文集 p.464,465.

3. どんな神のみ約束が成就されますか?エデンのように新しい地には何が豊 富ですか?黙示録 2:7; 黙示録 22:2; エゼキエル 47:12.

「それからわたしは、イエスが民をいのちの木につれて行かれるのを見た。 もう一度、イエスのやさしいお声が、これまで人間の耳に聞こえたどんな音 楽の調べよりも美しく聞こえた。 『この木の葉は、人々をいやすためにある。 だれでもそれを食べなさい』と、イエスはおっしゃった。命の木には大そう 美しい実がなっていた。聖徒たちはそれを自由に食べることができた。都の 中には栄光に満ちたみ座があって、そこから水晶のように透き通った命の水 の川が流れ出ていた。この川の両側にいのちの木があった。川岸には、その 他にも美しい木々があって、食べるのによい果実をつけていた。… 命の木の実、マナ、あめんどう、いちじく、ざくろ、ぶどう、その他多く の果物をわたしは見た。 」―初代文集 p.465,69.70.

4. あがなわれた人々が贖い主と共にいる時にどんな祝賀がなされますか?す ばらしい晩餐で誰が給仕してくださいますか?黙示録 19:9; マタイ 26:29; ルカ 22:28-30.

「この神殿は、光り輝く真珠をちりばめた、透き通る黄金の七つの柱に支 えられていた。わたしは、そこで見た数々の驚くべきものを、描写すること ができない。ああ、わたしにカナンの言葉が話せたならば、少しは天国の栄 光を語ることができるだろうに。わたしはそこで、14万4千の人々の名が 黄金の文字で刻まれた石の板を見た。神殿の栄光を見てから、われわれは外 偉大なる最終場面における啓示 51


に出た。イエスは、われわれをそこにおいて、都に行かれた。間もなく『わ たしの民よ、来なさい。あなたがたは、大いなる患難に会い、わたしの意志 を行い、わたしのために苦しみを受けた。夕食に入って来なさい。わたしは 帯をしめて給仕をしよう』という彼の麗しい声がもう一度聞こえた。われわ れは、『ハレルヤ!栄光があるように!』と叫んで、都の中に入った。わた しは純銀のテーブルを見た。それは、何マイルもあるものであった。しかし、 われわれの目は、それをずっと見渡すことができた。」―初代文集 p.70.

5. この世において神の偉大な愛と贖いの計画を十分につかみとる事が出来ま すか?将来のためのどんな約束がありますか?ローマ 11:33; 申命記 29:29; 第一コリント 13:9,10; 第一コリント 13:12.

「この世においては、われわれは、贖いという驚嘆すべきテーマについて ほんの初歩のことしか理解できない。辱しめと栄光、いのちと死、公平と憐 れみとが、十字架において出会ったことを、われわれの有限な理解力でどん なに熱心に探り調べてみても、そしてわれわれの知力のかぎりを尽くしてみ ても、われわれはその意味を十分につかむことはできない。贖いの愛の長さ、 広さ、深さ、高さは、かすかにしか理解されない。贖いの計画は、贖われた 者たちが、見られているように見、知られているように知る時においてさえ、 十分には理解されない。そして、永遠にわたって、新しい真理がたえず示さ れて、心は驚きと喜びに満たされるのである。地上の嘆き、痛み、誘惑は終 わり、その原因は除かれても、神の民は、自分たちの救いのためにどんな価 が払われたかということについて、はっきりした理解を持ち続けるのであ る。 」―各時代の大争闘下巻 p.433. 6. 贖われた者たちの家においてだれが彼らの教育を導きますか?この教育の 主な主題は何ですか?イザヤ 54:13; ヨハネ 6:45; エペソ 1:20,21.

「キリストの十字架は、永遠にわたって、贖われた者たちの科学となり歌 となる。栄光につつまれたキリストのうちに、彼らは、十字架につけられた キリストを見る。広大な空間に、数えきれないほどの諸世界を、その力によ って創造し、支えておられるお方、神の愛するみ子、天の大君、ケルビムや 輝くセラピムが喜んであがめるお方、そのお方が、堕落した人類を救うため に身を卑しくされたことは、決して忘れられることがない。また彼が、罪の

52

2014 年第 2 期


苦痛と恥とを負われ、天父からはそのみ顔を隠されて、ついには失われた世 界の苦悩がその心臓を破裂させて、カルバリーの十字架上でその命を絶たれ たことは、決して忘れられることがない。諸世界の創造者、すべての運命の 決定者が、人類に対する愛から、ご自分の栄光を捨てて、ご自分を卑しくさ れたことは、いつまでも宇宙の驚嘆と称賛の的となる。救われた諸国民が、 贖い主を見て、そのみ顔に天父の永遠の栄光が輝いているのをながめる時、 また、永遠から永遠にいたるイエスのみ座をながめ、イエスのみ国には終わ りがないことを知る時、彼らはどっと歓喜の歌声をあげて、『ほふられた小 羊、ご自身の尊い血によって、わたしたちを神に贖って下さったおかたは、 賛美を受けるにふさわしい、賛美を受けるにふさわしい』と叫ぶのである。」 ―各時代の大争闘下巻 p.433,444.

7. あがなわれた者たちのために準備された王国の栄光と偉大さを記述したり、 想像したりすることは可能ですか?第一コリント 2:9; イザヤ 28:5.

「言葉というものはあまりに貧弱で、天国の光景を描写することができな い。天国の光景がわたしの前に現れるにつれて、わたしはただ驚嘆するより ほかはない。そのすぐれた壮麗さと、そのすばらしい栄光に心を奪われたわ たしは、筆を投げて叫んだ。 『ああ、なんという愛! なんという驚くべき愛 ぞ』と。どんなことばでほめたたえてみても、天の栄光と比類のない救い主 の愛の深さを描写することはできない。」―初代文集p.199.

瞑想のために イザヤ 53:7-11; ピリピ 2:6-11; ルカ 1:31-33. 「神は有限な人間に高貴な真理の宝を委託された。これらの宝は清潔で純 潔であって、聖なる器に入れて人々に提供される美しい実のような物なので、 彼らは喜びの心をもってその実を受け、神に栄光を帰すようになるであろ う。 」-(原稿 1902 年 127) 福音宣伝 p.346. 「イエスは、白い衣とどの君主もこれまでに額につけたことがないほど豊 かな栄光の王冠、また、王子たちの栄誉にまさる称号を与えてくださる。キ リストへの奉仕にささげられた人生に対する報いは、人間の想像が及ぶいか なるものよりもすぐれている。」―彼を知るために p.91.

偉大なる最終場面における啓示 53


Lesson 24

千年期の悪人の裁き

2014.6.15

「『だから、主がこられるまでは、何事についても、先走りをしてさばい てはいけない。主は暗い中に隠れていることを明るみに出し、心の中で企て られていることを、あらわにされるであろう』(Ⅰコリント 4:5)。ダニエル は、日の老いたる者がきて、 『いと高き者の聖徒のために審判をおこなった』 と言っている(ダニエル 7:22)。この時義人は、王、また祭司として支配する。 ヨハネは、黙示録の中で次のように言っている。『また見ていると、数多く の座があり、その上に人々がすわっていた。そして、彼らにさばきの権が与 えられていた。 』 『彼らは神とキリストとの祭司となり、キリストと共に千年 の間、支配する」(黙示録 20:4,6)。パウロが、 『聖徒は世をさばく』と予見 したのは、この時のことを指しているのである(Ⅰコリント 6:2)。 」―(マラ ナタ p.335.)各時代の大争闘下巻 p.444.

1. 二人の預言者はルシファーに関する過去と将来とを見て何と記録しました か?イザヤ 14:12-17; 黙示録 20:1-3.

「預言者イザヤは、サタンが滅びるときを予見して、次のように叫んでい る。『黎明の子、明けの明星よ、あなたは天から落ちてしまった。もろもろ の国を倒した者よ、あなたは切られて地に倒れてしまった。あなたはさきに 心のうちに言った、「わたしは天にのぼり、わたしの王座を高く神の星の上 におき、・・・・いと高き者のようになろう。」しかしあなたは陰府(よみ)に 落され、穴の奥底に入れられる。あなたを見る者はつくづくあなたを見、あ なたに目をとめて言う、『この人は地を震わせ、国々を動かし、世界を荒野 のようにし、その都市をこわし、捕えた者を、その家に解き帰さなかった者 であるのか、』 」(イザヤ 14:12-17)。… 黙示録の記者は、サタンが追放されることと、地が混乱した荒廃状態にな ることを預言し、この状態が千年続くことを宣言している。主の再臨の光景 と悪人の滅亡について述べたあとで、預言には、続いてこう言われている。 『またわたしが見ていると、ひとりの御使が、底知れぬ所のかぎと大きな鎖 とを手に持って、天から降りてきた。彼は、悪魔でありサタンである龍、す なわち、かの年を経たへびを捕えて千年の間つなぎおき、そして、底知れぬ 所に投げ込み、入り口を閉じてその上に封印し、千年の期間が終るまで、諸

54

2014 年第 2 期


国民を惑わすことがないようにしておいた。その後、しばらくの間だけ解放 さ れる こと にな って いた」 ( 黙示 録 20:1-3) 。」 ―各 時代 の大 争闘 下巻 p.442,443,441.

2. 聖書は悪人の裁きについてなんと言っていますか?だれがこの裁きに参加 しますか?黙示録 20:4; 第一コリント 6:2.

「第一と第二の復活の間の千年間に、悪人の審判が行なれる。使徒パウロ は、この審判を、再臨に続いて起こる事件として指し示す。…ダニエルは、 日の老いたる者がきて、『いと高き者の聖徒のために審判をおこなった』と 言っている(ダニエル 7:22)。この時義人は、王、また祭司として支配する。 ヨハネは、黙示録の中で次のように言っている。『また見ていると、数多く の座があり、その上に人々がすわっていた。そして、彼らにさばきの権が与 えられていた。 』 『彼らは神とキリストとの祭司となり、キリストと共に千年 の間、支配する」(黙示録 20:4,6 )。パウロが、 『聖徒は世をさばく』と予見 したのは、この時のことを指しているのである(Ⅰコリント 6:2)。彼らはキ リストと共に悪人を審き、その行為を法規の書すなわち聖書と照らし合わせ、 それぞれのなしたわざに従って、すべての者に判決を下す。その時、悪人は、 それぞれのわざに応じて、受けねばならない苦しみが定められる。そして、 それが、死の書の彼らの名のところに記録される。」―各時代の大争闘下巻 p.444. 3.

誰がこの審判を担当しますか?第二テモテ 4:1; ヨハネ 5:22.

「それからわたしは、イエスと救われた聖徒たちが、み座にすわっている のを示された。聖徒たちは、王としてまた神の祭司として統治した。キリス トは、ご自分の民とともに、死せる悪人を裁かれた。彼らは、悪人たちの行 為を、法令の書すなわち聖書に照らしあわせて、その行ったわざにしたがっ て各々に判決をくだした。それから彼らは、悪人たちがそのわざにしたがっ て受けねばならない運命を各々に割りあて、それを死の書の各目の名前のと ころに記入した。 」―初代文集 p.468.

偉大なる最終場面における啓示 55


4. この法廷で他に誰が裁かれますか?なぜサタンは最も重い刑を受けます か?第一コリント 6:3; 第二ペテロ 2:4; ユダ 6.

「サタンと悪天使たちも、キリストとその民によってさばかれる。パウロ は、 『あなたがたは知らないのか、わたしたちは御使をさえさばく者である』 と言っている(同 6:3)また、ユダは、 『主は、自分たちの地位を守ろうとはせ ず、そのおるべき所を捨て去った御使たちを、大いなる日のさばきのために、 永久にしばりつけたまま、暗やみの中に閉じ込めておかれた』と言っている (ユダ6)。 」―各時代の大争闘下巻 p.444. 「サタンと悪天使たちもまた、イエスと聖徒たちによって裁かれた。サタ ンの刑罰は、彼が欺いた者たちの刑罰よりもはるかに重かった。サタンの苦 しみは、比べものにならないほど彼らよりも大きかった。サタンは欺かれた 人々がみな滅びてしまった後まで生き残って、長い間苦しみつづけるのであ る。 」―初代文集 p.468.

5. 天において千年の終わりにどんな出来事が続きますか?イエスはどのよう に聖なる都の場所をこの地に準備なさいますか?黙示録 21:2; ゼカリヤ 14:4.

「千年期の終わりに、キリストは再び地上に帰ってこられる。主は贖わ れた大群衆を伴い、天使たちを従えてこられる。… キリストはオリブ山におくだりになる。そこはキリストが復活後昇天さ れた場所であり、また天使たちが、主の再臨について約束をくりかえした ところである。預言者はこう言っている。 『あなたがたの神、主はこられる、 もろもろの聖者と共にこられる。』『その日には彼の足が、東の方エルサレ ムの前にあるオリブ山の上に立つ。そしてオリブ山は、非常に広い一つの 谷によって、東から西に二つに裂け、』『主は全地の王となられる。その日 には、主ひとり、その名一つのみとなる」(ゼカリヤ 14:5,4,9)。新エルサ レムが、目もくらむばかりに光り輝いて天からくだり、きよめられて受け 入れ準備の整った場所に落ち着くと、キリストは、ご自分の民や天使たち と と も に 、 そ の 聖 な る 都 に お 入 り に な る 。」 ― 各 時 代 の 大 争 闘 下 巻 p.369,370.

56

2014 年第 2 期


6. 誰が二番目の復活において生き返りますか?第一と第二の復活にはどんな 違いがありますか?黙示録 20:5(初句),6; ヨハネ 5:28,29.

「千年の終わりに第二の復活がある。その時に、悪人はよみがえらせられ る。そして、『記された審判』の執行を受けるために、神の前に現れる。こ うして、黙示録の記者は、義人の復活を描写したあとで「それ以外の死人は、 千年の期間が終るまで生きかえらなかった」と言っている(黙示録 20:5)。そ してイザヤは、悪人について、『彼らは囚人が土ろうの中に集められるよう に集められて、獄屋の中に閉ざされ、多くの日を経て後、罰せられる』と宣 言しているのである(イザヤ 24:22)。 」―各時代の大争闘下巻 p.445. 「それから、イエスと供奉の聖天使たちの全員およびすべての聖徒たちは、 都を出発した。天使たちは総指揮官のイエスをかこんで道中を護衛し、救わ れた聖徒たちの隊列がこれにつづいた。それから、恐るべき大いなる荘厳さ のうちに、イエスは死せる悪人たちを呼び起こされた。彼らは墓に入った時 と同じ病弱な体をもって現れた。」―初代文集 p.469. ― 7. 義人の復活を望む人々に主は何と言われていますか?第一ヨハネ 5:11,12; 第二ペテロ 3:9; 第二ペテロ 3:11; 第二ペテロ 3:13,14.

「神の祝福を受けた者として、理性の力、知性、判断力を持っている私達 全ては、神に対する私達に与えてくださった人生に対して、神聖な責任があ り、その一瞬といえどもいい加減に扱うべきではない。なぜなら、私達はさ ばきの記録の中において、再びそれに相対さなければならないのである。私 達の生活が天の書には写真家の感光板の上に写し出された写真のように、正 確に記録されているのである。私達は自分がしたことに対して責任を負うば かりでなく、私達がしないで放っておいたことに対しても責任を負わなけれ ばならないのである。」―(レビュー・アンド・ヘラルド 1891 年 9 月 22 日) 彼を知るために p.93. 瞑想のために ユダ 14,15; 第一ペテロ 4:18,19; 詩篇 37:9; 黙示録 5:11,12,13. 「だれもがみな人の子を仰いで見た。キリストをあざけり軽んじた人々 偉大なる最終場面における啓示 57


も、その聖なる額にいばらの冠をかぶせた人々も、彼を葦打ちたたいた人々 も、みな王者の威厳をそなえられたキリストを仰いで見た。審判の庭でイ エスにつばをはきかけた者は、いまイエスの刺し通すような眼光とみ顔に 顔をそむける。イエスの手と足に釘を打ちこんだ者は、いまそのはりつけ の跡を目の前に見る。イエスのわき腹をやりで刺した者は、そのお体に自 分たちの残酷な跡を見る。」―初代文集 p.470. 「悪人たちは、墓に下った時と同じに、キリストに対する憎悪と反逆精 神をもって現われてくる。彼らは、過去の生涯の欠点を除くための新しい 恩恵期間を与えられるのではない。たとえ与えられても、なんの益もない であろう。 」―各時代の大争闘下巻 p.447. 「天使たちと救われた聖徒たちの勝利の叫びが、幾万の楽器を奏する音 のようにひびきわたるのをわたしは聞いた。彼らは、これから後サタンに 苦しめられたり、誘惑されたりすることはなくなるのである。また他世界 の住民たちも、サタンの存在と誘惑から救われるのである。」―初代文集 p.468.

58

2014 年第 2 期


Lesson 25

執行猶予

2014.6.21

「裁きが開始され、すべての人が天の書の記録に従って裁かれる時、神の 律法の権威は、現在のキリスト教が見ているのとは全く異なった光の中で見 られるであろう。サタンは、彼がアダムとエバの目を見えなくさせ、混乱さ せ、罪に導いたように、人々の目をくらまし、彼らの理解を混乱させている。 エホバの律法は、その創始者が偉大なお方であるのと全く同じように大いな るものである。裁きにおいて、それはそのすべての要求が聖であって、正し く、法を犯す者は、神との決算にあたって、支払うことの困難な勘定書を持 っていることに気づくであろう。なぜなら、神の要求は断固たるものだから である。 」(レビュー・アンド・ヘラルド 1901 年 5 月 7 日)SDA・バイブル・ コメンタリー7 巻 p.986.

1. 悪人たちの復活の後、サタンの態度はどのようなものですか?どんな種類の 人々が彼の命令によって攻撃にとりかかりますか?黙示録 20:3(後句); 黙 示録 20:7.

「イエスと聖天使たちが、すべての聖徒たちをしたがえて、ふたたび都の 中に入ると、あたりの空気は、死の運命に定められた悪人たちの嘆き悲しむ 声に満たされた。その時わたしは、サタンがふたたび働きはじめるのを見た。 彼は人々の間を走りまわって、弱っている者を力づけ、自分や部下の天使た ちは力があるのだと告げた。彼はよみがえった無数の群衆を指さした。その 中には戦闘に熟練し、国々を征服した強力な戦士や王たちがいた。またそこ には、戦いに一度も負けたことのない大いなる巨人たちもいた。そこには、 接近しただけで諸国をふるえあがらせた、高慢で野望に満ちたナポレオンも いた。そこにはまた、征服欲にかられて戦争を起こした堂々たる体格とりっ ぱな容貌の人々もいた。彼らは、死んだ時と同じ考え方をもったまま、墓か ら出てきていた。 」―初代文集 p.470,471. 2. サタンはイエスと贖われた人々に対する戦いに加わるようにどのように 人々に確信させますか?ヨハネ 8:44(後句); 黙示録 20:8.

偉大なる最終場面における啓示 59


「今やサタンは、主権をめざして最後の大いなる戦いの準備をする。力を 奪われ、欺瞞の働きができないようにされていた間は、悪の君は、みじめな、 意気消沈したありさまであった。しかし今、悪人たちがよみがえり、しかも その大群が自分の味方であることを知って、彼は望みをとりもどし、大争闘 に負けてはならないと決心する。彼は、滅びる者たちの全軍を自分の旗下に 集め、彼らを通して自分の計画を遂行しようとする。悪人たちはサタンのと りこである。キリストを拒んだことによって、彼らは反逆の指導者の支配を 受け入れたのである。彼らは簡単にサタンのそそのかしを受け入れ、その命 令に従う。しかもサタンは、昔と変わらないずるさで、自分がサタンである とは認めない。彼は、自分がこの世界の正当な君であるのに無法にもその継 承権を奪われたのだと主張する。彼はその欺いた部下に対して、自分が贖い 主であると主張し、彼らを墓からよみがえらせたのは自分の力であって、自 分は残酷な暴政から彼らを救い出そうとしているのだと言う。キリストのお 姿が見えなくなると、サタンはこれらの主張を裏書きするために不思議な業 を行う。彼は、弱い者を強くし、すべての者に彼自身の精神と力を吹き込む。」 ―各時代の大争闘下巻 p.447.448.

3. サタンと悪人たちは権力を得る為にどこに向かって行進しますか?黙示録 20:9(前句)

「サタンは、彼らを指揮して聖徒たちの陣営を襲い、神の都を占領しよう と提案する。彼は悪魔らしい大満悦をもって、死からよみがえらされた無数 の大群衆を指さし、その指導者として、聖都を破壊し王座と王国を奪還する ことが十分できると宣言する。… サタンは悪天使たちと相談し、それからさらに王侯、征服者、有力者たち と相談する。彼らは、味方の勢力と数をながめて、これにくらべれば聖都の 中の軍勢は少数だから打ち負かすことができると断言する。彼らは新エルサ レムの富と栄光を手に入れようと計画をたてる。全員は直ちに戦闘準備を開 始する。熟練した技術者たちは兵器の製作にとりかかる。作戦成功で有名な 軍事指導者たちは、好戦的な群衆を指揮していくつもの軍団に分ける。」― 各時代の大争闘下巻 p.448,449. 4. 神が全知全能であられることや、自分が敗北したのを十分に知っているにも かかわらず、サタンはそれを認めますか?サタンとその軍隊はどこに到達し ますか?ダニエル 10:13; 黙示録 20:9(中句)

60

2014 年第 2 期


「ついに進軍命令が出され、無数の大軍が行進を開始する。これは地上の どんな征服者によっても召集されたことのない大軍であり、この地上で戦争 が始まって以来各時代の軍勢を合わせてもなお比較することのできないほ どの大軍である。最も強力な戦士であるサタンは自ら先頭の軍を率い、悪天 使たちもこの最後の戦いに勢力を集中する。王侯や将軍がサタンにつづき、 群衆は大軍団となって従い、各軍団にはそれぞれ指揮官が任命されている。 密集した部隊は、軍隊らしく秩序整然として、破壊されてでこぼこになって いる地上を神の都に向かって進軍する。イエスのご命令によって新エルサレ ムの門は閉じられ、サタンの大軍は都を包囲して、突撃の態勢をとる。」― 各時代の大争闘下巻 p.449.

5. どんな預言がその時成就しますか?悪人たちは何を見ますか?コロサイ 3:4.

「イエスとすべての天使軍、および、すべての聖徒たちは、彼らの頭に輝 かしい冠をいただき、都の城壁の上に立つ。イエスは、威厳をもって、『お 前たち、罪人よ。義人の報いを見よ。わたしに贖われた者よ、悪人の報いを 見よ』と言われる。大群衆は、城壁の上の輝かしい一団を見る。そして、彼 らが、この人々の輝かしい冠と、彼らがイエスの姿を反映して、顔を栄光に 輝かせているのを見、また王の王、主の主であられるイエスの、比類のない 栄光と威厳とを見る時に、彼らは、勇気を失ってしまう。彼らは、自分たち がどんな宝と栄光を失ったかを実感し、罪の支払う報酬は、死であることを 知るのである。彼らは自分たちが軽べつしていた清く幸福な一団が、栄光と 誉れと不死と永遠の生命を着せられているのを見る。一方、自分たちは、あ らゆる卑しい憎むべきものと共に都の外にあることを見るのである。」―初 代文集 p.472.

6. 無数の悪人の大軍にその時なにが起きますか?すべてのこれらのことを知 る時、私達は何を完全に学ぶ必要がありますか?黙示録 20:9,10; 第一ヨハ ネ 3:4; ローマ 6:23(初句)

「サタンはキリストの栄光と威厳とを見てまひしたようになる。かつては 守護のケルブであった彼は、自分がどこから落ちたかを思い出す。光り輝く 偉大なる最終場面における啓示 61


セラフ、『黎明の子、明けの明星』が、なんと変わり、なんと堕落したこと であろう。かつては尊敬されていた会議から、彼は永遠に除外されてしまっ たのである。彼は、今は別の天使が神の栄光をおおって天父のそばに立って いるのを見る。彼は、背が高く威厳に満ちた容姿の一人の天使がキリストの 頭に冠をのせるのを見、この天使の高い地位に自分が立つはずであったこと を知る。 」―各時代の大争闘下巻 p.455. 「サタンは、部下の者たちの中にとびこんで行って、群衆に行動を起こさ せようとする。しかし天から彼らの上に火がくだって、大いなる人、力ある 人、高貴な人や卑賎な人の区別なく、すべての者が焼き尽くされる。ある者 は、速やかに焼きつくされたが、長く苦しむ者もあるのを、わたしは見た。 彼らは、それぞれの行為に従って罰せられた。ある者は焼きつきるのに何日 間もかかった。まだ焼け尽きていない部分がある限り、苦痛感も残っている のであった。『生命の虫は死なない。わずかでも焼き尽くすものが残ってい るかぎり、火は消えない』と天使は言った。 」―初代文集 p.473.

7. 神は地をどのように清め、救われた人々はどんな喜びを永遠に楽しみます か?誰が地上の唯一の支配者となりますか?マラキ 4:2,3; ゼカリヤ 14:9; ルカ 1:31-33.

「『サタンは根であって、彼の子供たちは枝である。彼らは、今、根も枝 も焼き尽くされた。彼らは永遠に死んだのである。彼らは復活することはな い。そして、神は、清い宇宙を持たれるのである』と天使は言った。そして、 わたしは、悪人たちを焼き尽くした火が、不用のものを焼いて、地を清める のを見た。わたしが、もう一度見たところ、地は清められていた。そこには、 のろいのあとは一つもなかった。裂けたり、でこぼこのあった地球の表面は、 今、平坦で広々とした平野になった。神のすべての宇宙は清まり、大争闘は、 永遠に終わりを告げた。どこを見ても、何を見ても、すべては美しく聖であ った。そして、贖われたすべての人々は、老いも若きも、大なる者も小なる 者も、彼らのきらめく冠を贖い主の足もとに投げ出して、彼の前にひれ伏し て彼をあがめ、永遠に生きておられる方を礼拝した。栄光に輝く美しい新し い地球は、聖徒たちの永遠の嗣業であった。国と主権と全天下の国々の権威 とは、いと高き者の聖徒たちに与えられた。そして、彼らは、それをいつま でも、永遠に所有するのであった。」-初代文集 p.474.

62

2014 年第 2 期


瞑想のために イザヤ 34:2; 詩篇 11:6; 第二ペテロ 3:7; 黙示録 15:3,4. 「全世界の悪人たちは、天の政府に対する大反逆という罪名のもとに神の 法廷に告訴される。彼らを弁護する者もなければ、言いわけの余地もない。 こうして永遠の死の宣告が彼らに下される。… 地の表面は、ちょうど溶けたかたまり、巨大な沸騰する火の池のように見 える。それは神を敬わない者たちの、刑罰と滅びの時である。『主はあだを かえす日をもち、シオンの訴えのために報いられる年をもたれる』(イザヤ 34:8)… 律法の刑罰は全部くだり、正義の要求は果たされた。天と地はこれを見て、 主の義を宣言する。」―各時代の大争闘下巻 p.454.459.

偉大なる最終場面における啓示 63


Lesson 26

神の王国での生活

2014.6.28

※スリランカからの伝道報告をお読みください。 「また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、『見よ、神の幕屋が人と共 にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、 人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫 びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである』。すると、 御座にいますかたが言われた、 『見よ、わたしはすべてのものを新たにする』 。 また言われた、『書きしるせ。これらの言葉は、信ずべきであり、まことで ある』。 」―黙示録 21:3-5.

1. いったん悪が根絶されるのなら、地に何が起きますか?この素晴らしい遺産 をだれが受け取りますか?イザヤ 65:17; 第二ペテロ 3:13; 黙示録 21:5-7.

「地は滅亡の火をもって包まれたが、義人は聖都の中に安全にいた。第一 の復活にあずかった者たちには、第二の死はなんの力もない。神は悪人たち にとっては焼き尽くす火であるが、神の民にとっては日であり、盾である(黙 示録 20:6,詩篇 84:11 参照)。 『わたしはまた、新しい天と新しい地とを見た。先の天と地とは消え去り、 海もなくなってしまった』(黙示録 21:1)。悪人たちを焼き尽くす火が地をき よめる。あらゆる災いの跡は一掃される。地獄の火が永遠に燃え続けて、贖 われた者たちの前に罪のおそるべき結果をいつまでも示す、などというよう なことはないのである。」―各時代の大争闘下巻 p.460. 「柔和な者に約束された地は、死の陰とのろいで暗くなったこの地上のよ うなところではない」―祝福の山 p.21. 2. 贖われた者に払われた値を思い出させるものとして代々どんな傷跡が残り ますか?ゼカリヤ 13:6.

「思い出させるものがただ一つある。われわれの救い主は、永遠に十字架 の傷跡をとどめられるのである。主の傷ついたみ頭に、その脇腹に、その手 と足に、罪の残酷なしわざの唯一の跡がある。預言者ハバククは栄光のキリ

64

2014 年第 2 期


ストを見て、『その光は彼の手〔脇腹―英語訳〕からほとばしる。かしこに その力を隠す』と言っている(ハバクク 3:4)。人類を神に和らがせる真紅の 血潮がほとばしり出た、主の突き通された脇腹―そこに救い主の栄光があり、 そこに主の力が隠れている。主は贖いの犠牲によって、 『救いを施す力ある』 おかたとなられたので、神のあわれみをあなどった者たちに対しては、強い 態度でさばきを執行されたのである。救い主の屈辱のしるしこそは、救い主 の最高の栄誉である。カルバリーの傷跡は永遠にわたって、主への賛美を示 し、主の力を宣言する。」―各時代の大争闘下巻 p.462.

3. 誰が義と平和の王国に移される喜びを得ますか?コロサイ 1:12-14; 詩篇 37:29.

「『羊の群れのやぐら、シオンの娘の山よ、以前の主権はあなたに帰って くる』(ミカ 4:8)。炎の剣によってアダムとエバがエデンからしめ出されて 以来、聖徒たちが待ちこがれていたところの、『神につける者が全くあがな われ』る時がきた(エペソ 1:14)。もともと人にその王国として与えられた のに、サタンの手に売り渡され、長い間強力な敵に占領されてきた地が、大 いなる贖いの計画によって再びもどされたのである。罪によって失われたい っさいのものは回復された。『天を創造された主、すなわち神であってまた 地をも造り成し、これを堅くし、いたずらにこれを創造されず、これを人の すみかに造られた主はこう言われる』(イザヤ 45:18)。地上が贖われた者た ちの永遠のすみかとなる時、地を創造された時の神の最初の目的が達成され る。 『正しい者は国を継ぎ、とこしえにその中に住むことができる』(詩篇 37:2 9)。 」―各時代の大争闘下巻 p.462.

4. 神の子供たちはそこでどんな経験をしますか?どんな数え切れない活動に 彼 ら は 参 加 し ま す か ? イ ザ ヤ 65:18,19; イ ザ ヤ 65:24,25; イ ザ ヤ 65:21-23.

「キリストの十字架は、永遠にわたって、贖われた者たちの科学となり歌 となる。栄光につつまれたキリストのうちに、彼らは、十字架につけられた キリストを見る。 」 ―マラナタ p.362. 偉大なる最終場面における啓示 65


「そこでは、不死の者たちが、創造力の驚異、贖いの愛の奥義を、永遠に 尽きない喜びをもって研究する。人を誘惑して神を忘れさせるような、残酷 で欺瞞的な敵はもういない。すべての才能が発達し、すべての能力が増大す る。知識を獲得するのに、頭脳を疲れさせたり、精力を使いきってしまった りするようなことはない。そこではどんな大きな企画も実行され、どんな遠 大な抱負も達成され、どんな大望も実現される。そしてそれでもなお、越え るべき新しい高いところ、感嘆すべき新しい驚異、理解すべき新しい真理、 頭と心と体の能力を呼び起こす新たな対象が現われてくる。」―各時代の大 争闘下巻 p.466.

5. どんな特別な日に贖われた者たちは神を礼拝するために集まりますか?詩 篇 111:7,8; イザヤ 66:22,23.

「救われた人々は神の律法のみを知るようになるであろう。全ての人々が 賛美と感謝の衣をまとい、家族となって幸福に生きるであろう。明の星が共 に歌い神の息子たちが喜び叫ぶであろう。 ・・・ 『新月ごとに、安息日ごとに、すべての人はわが前に来て礼拝する』 、 『こ うして主の栄光があらわれ、人は皆ともにこれを見る』、 『主なる神は義と誉 とを、もろもろの国の前に、生やされる』、 『その日、万軍の主はその民の残 った者のために、栄えの冠となり、麗しい冠となられる』であろう。 ・・・ 天と地が存続する限り安息日は創造主の力の象徴として残るであろう。そ のようにしてエデンが再び地上で回復されるときに神の聖なる安息日は日 の下にいるすべての人によって尊ばれるであろう。『安息日ごとに』栄化さ れた新しい地の住民たちが『わが前に来て礼拝する』 、 『と主は言われる』 (イ ザヤ 66:23) 。」―マラナタ p.371. 6. 愛と恵みの永遠の政府の首都は何ですか?黙示録 21:10,11; 黙示録 21:24.

「婚宴は、キリストがみ国をお受けになることを意味している。み国の首 都でありその代表である聖なる都、新エルサレムは、『小羊の妻なる花嫁』 と呼ばれている。… そこには栄化された新しい地の首都、新エルサレムがある。それは『王の 手にある麗しい冠』『あなたの神の手にある王の冠』である(イザヤ 62:3)。 『その都の輝きは、高価な宝石のようであり、透明な碧玉のようであった。』

66

2014 年第 2 期


『諸国民は都の光の中を歩き、地の王たちは、自分たちの光栄をそこに携え て来る』(黙示録 21:11,24)。 『わたしはエルサレムを喜び、わが民を楽しむ』 と主は言われる(イザヤ 65:19)。 『見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と 共にすみ、人は神の民となり、神自ら人と共にいま』す(黙示録 21:3)。 」― 各時代の大争闘下巻 p.142,464,465. 7. なぜ、またどのようにこの地は永遠に高められますか?宇宙はどこから支配 されますか?黙示録 21:3; ローマ 5:20,21.

「あがないの働きは完成される。罪の充満していたところに神の恵みがも っと充満する。サタンが自分の働き場所として主張していたこの地上そのも のも、ただあがなわれるばかりでなく、また高められるのである。罪ののろ いのために神の輝かしい創造における一つの汚点となっていたわれわれの この小さな世界が、神の宇宙のどんな他世界にもまさってあがめられる。神 のみ子が人のかたちをとり、栄光の王が生活し、苦難を受け、死なれたこの 地上―ここに神が万物を新たにされる時、『神の幕屋が人とともにあり、神 が人とともに住み、人は神の民となり、神みずから人とともにいま』すので ある(黙示録 2:3)。そして永遠にわたって、あがなわれた者は、神の光の中 を歩むとき、言いあらわしようのない神の賜物であられるインマヌエル―神、 われらと共にいます―について神を賛美するのである。」―各時代の希望上 巻 p.13. 瞑想のために イザヤ 9:6,7; 33:14-17; 35:10; 第一コリント 13:12,13. 「くもりのない目をもって、彼らは創造の栄光を見つめる。すなわち、も ろもろの太陽や星や天体が、おのおのその定められた軌道を通って、神のみ 座の周囲を運行しているのを見るのである。最も小さなものから最も大きな ものに至るまで、すべてのものの上に、創造主のみ名が書きしるされ、すべ てのものらの中に神の力の富が示されている。… 神のみ言葉の教えを受け入れる者は、天のすまいについて全く無知ではな い。しかもなお、『目がまだ見ず、耳がまだ聞かず、人の心に思い浮びもし なかったことを、神は、ご自分を愛する者たちのために備えられた』のであ る(Ⅰコリント 2:9)。人間の言葉では、義人の受ける報いを十分に描写する ことはできない。それは見るものだけがわかるであろう。限りある人知では、 神のパラダイスの栄光を理解することができない。」―各時代の大争闘下巻 p.463,466. 偉大なる最終場面における啓示 67


スリランカからの伝道報告 2014 年 6 月 28 日にお読みください。 特別安息日学校献金は 2014 年 7 月 5 日に捧げられます。 スリランカはインド洋の北側に位置する島国で、南部アジアのインド亜大 陸から 22 マイル(約 35 キロメートル)ほど離れたところに位置しています。 1972 年まではセイロン(Ceylon)という国名を使用していました。古代、香料 などを運ぶためにシルクロードのような交易路として重要な地理的要件を 備えていたためこの国は 3000 年以上にわたる歴史を持っています。ソロモ ン王やネブカドネザル王のような君主たちが多くの宝石の原石や香料を得 るために交易関係を結んだことでも知られています。 スリランカは 2009 年に政府軍の勝利で終わった 30 年間の内戦によって多 くの苦痛を経験してきました。この内戦で多くの人々が命を失い、教会も多 大な被害を受けました。 スリランカは熱帯気候で暑く、年間平均気温が約 28~31 度程度でありま す。国際通貨基金(IMF)によると、スリランカの一人当たり年間所得は 2877 ドル程度であり、最近の記録によると、国内総生産率は 8.3%の成長傾向を見 せているようです。特に南部アジア地域は最も高い成長率です。 スリランカはまた人口の 99%が生活において宗教が重要であると信じてい るため、世界で 3 番目に信心深い国と呼ばれています。総人口 2030 万人の うち 70.2%が仏教で 12.6%がヒンズー教、9.7%がイスラム教、7.4%がキリス ト教(このうち 82%がカトリック)を信じています。識字率は 92.5%で、若者 たちでは 99%程度です。これは政府が無償教育を提供しているためであり、 健康保険も無償で提供されています。 1904 年にセブンスデー・アドベンチスト教会がスリランカに初めて入り、 改革運動は 1980 年に入りました。1983 年にタミル族とスリランカ政府軍と の内戦が勃発し、流血騒動が起こり、数多くのタミル族たちが命を失いまし た。この事件によって教会の成長が多大な損失をこうむりました。この内戦 のために私たちの教会の信者たちは離散し、多くの兄弟たちがカナダ、アメ リカ、ヨーロッパなどに移住しました。 現在は再び平和が回復されてはいるものの、仏教の過激主義者たちがキリ スト教会を攻撃しています。実際にこのような仏教徒のために家々を訪れて 伝道することはほとんど不可能であり、文書伝道も同じ理由で難しい状況で あります。私たちが、自由に働くことができる地域は北部と北西部です。今 までここに二つの教会を建て、信徒の大部分がこの地域に居住しています。 スリランカにはバプテスマを受けた 31 人の信者と約 20 人余りの求道者たち が毎安息日三カ所において礼拝しています。まだ有給の働き人がいないため に兄弟たちが奉仕で全ての仕事をしています。

68

2014 年第 2 期


信者たちは忠実に什一と諸献金を捧げており、現在本部を建てることので きる土地を購入しました。ここは国際空港から 15 キロメートル、商業都市 であるコロンボからも 15 キロ離れたところに位置しています。キリスト教 徒が多く居住する地域で、教会を建てるのに安全な場所でもあります。しか し、政府が教会の正式な登記を許さなかったため、教会の名義で土地を購入 することは不可能です。それで「改革の声出版協会」という名前の機関とし て政府に正式に登録し、ここですべての冊子を出版しています。この機関の 名義で土地を購入し、教会堂もこの名義で建築しようと計画しています。 スリランカにおける私たちの働きには多くの困難があります。皆さんがお 祈りしてくださり、豊かな献金を捧げてくださいまして、礼拝堂と本部ビル を建てるための助けを与えてくださいますようにお願いいたします。 この国に速やかに福音が伝えられるために皆さんの助けを願います。神様 の祝福が皆様に豊かにございますよう心からお祈り申し上げます。 スリランカ総理及び世界総会会計 ダグラス・フランシス

偉大なる最終場面における啓示 69


全国各地の日没表 札

名 古 屋

鹿 児 島

4/5

18:05

18:03

18:06

18:17

18:22

18:34

18:42

18:40

18:48

12

18:13

19

18:21

18:10

18:11

18:22

18:16

18:17

18:28

18:27

18:39

18:47

18:44

18:51

18:33

18:45

18:52

18:49

18:55

26

18:29

18:23

18:23

18:34

18:39

18:50

18:57

18:54

18:58

5/3

18:37

18:29

10

18:29

18:39

18:44

18:56

19:03

18:59

19:02

18:45

17

18:53

18:36

18:35

18:45

18:50

19:01

19:08

19:04

19:06

18:42

18:40

18:51

18:55

19:07

19:13

19:08

19:10

24

19:00

18:48

18:46

18:56

19:00

19:12

19:18

19:13

19:13

31

19:06

18:53

18:51

19:01

19:05

19:16

19:23

19:17

19:17

6/7

19:11

18:58

18:55

19:05

19:09

19:20

19:27

19:21

19:20

14

19:15

19:01

18:58

19:08

19:12

19:24

19:30

19:24

19:23

21

19:18

19:03

19:00

19:10

19:14

19:26

19:32

19:26

19:25

28

19:18

19:04

19:01

19:11

19:15

19:27

19:33

19:27

19:26

月/ 日

IMS・セブンスデー・アドベンチスト教会 〒905-0412 沖縄県国頭郡今帰仁村字湧川 1300-1 Tel: 0980-56-3278 携帯: 080-3906-2369(SoftBank) Email : sda1888@live.jp http://www.sda1888.com/ ※わたし達の印刷物は皆様の献金によって支えられています。 より多くの人々に福音を伝える為に皆様の惜しみない献金を宜しくお願いたします。 郵便振替:10310―37040581 アイエムエス・エスディ―エー教会

70

2014 年第 2 期


偉大なる最終場面における啓示 71


72

2014 年第 2 期

安息日学校教課2014年第2期  

最後の偉大な場面の啓示(続)

Advertisement