Issuu on Google+

■平成25年度日韓スカウト交歓計画の実施(報告) これまでに、日本と韓国のスカウトたち が約3,000人交流し,本年度で15周 年を迎える日韓スカウト交歓計画。 本年度は、1月10日(金)から20日 (月)までの11日間で開催されています。 韓国スカウト連盟からの参加者41人は、 福岡で日韓スカウトフォーラムとホーム ステイ、山口での23WSJ会場視察と県庁表敬訪問、長崎では平和学 習が行われています。

No.

36

2014 年 1 月 16 日 Headline 1. 平成25年度日韓スカウト 交歓計画

2. 会議・委員会報告

期 間:1月10日(金)~20日(月)11日間 参 加 者:韓国スカウト連盟よりスカウト35人、指導者6人、 合計41人 訪 問 先:福岡、山口、長崎

■平成25年度日韓スカウトフォーラム(報告) 日韓スカウト交歓計画の一環として、1月11日(土)から13日(月) までの2泊3日間、福岡市内で日韓スカウトフォーラムが次のとおり開 催されました。 期 間:1月11日(土)~13日(月)3日間 参 加 者:129人(内訳)韓国スカウト35人、 日本スカウト49人(38県連盟) 韓国指導者6人、日本スタッフ39人 会 場:福岡・博多都ホテル

1


平成25年度日韓スカウトフォーラム採択文 私達、平成25年度日韓スカウトフォーラム参加者は、青少年が世界 と良き交流を行うことで良き関係を作り上げ、今後共生・共存をしてゆ くことが出来ると考えるので、「より良き理解明るい世界」を実現させ るために自分の目で見てゆくことを採択文として決定します。また、日 韓の友好の“約束”として次の五か条を定めます。 1.スカウトは見返りを得ずに行動する 2.スカウトは自分の利益ではなく皆の利益を追求する 3.スカウトはメッセージを伝える鳩の役割をする 4.スカウトは相互の補完関係を維持する 5.スカウトは団結の意志でいかなる壁ものり超える さらに、「より良き理解、明るい世界」の実現のため、私達フォーラ ム参加者一同は以下の3項に取り組みます。 1.世界共通語能力

~英語によるプログラムの実施~

私達は「より良き理解、明るい世界」の 実現、特にお互いの意図を理解するために はコミュニケーションが第一に重要だと 考えます。コミュニケーションのためには 会話をすることが一番の近道であり、その ためには共通の言語が必要となります。私 達はそのような言語の一つとして、英語能 力の向上に努めます。具体的には、世界ジャンボリーに向けて各団で英 会話に取り組み、キャンプやプロジェクト等、日常のスカウト活動を英 語のみによって行い、実際の世界ジャンボリーを想定した取り組みをし ます。 2.国際交流

~日韓交流プログラムの継続~

英語能力向上の実践の場として、私達は この日韓スカウトフォーラムのようによ り良き歴史を創る素晴らしい交流の場と して日韓交流プログラムの継続をします。 具体的には23WSJから4年毎に行わ れる世界ジャンボリーにおいて“日韓友好 デー”を設け、日本隊・韓国隊参加者によ る交流会を行います。また、今後日韓交流 会から世界のスカウトを交えた交流会に発展していきます。両国の郷土 料理を互いに持ち寄り、芸能を披露しあい、文化的な交流を推進し、日 韓の仲間の“絆(友情の輪)”をより強固なものとします。 2


3.相互理解

~日韓両国の友好が末永くあるために~

私達は日韓両国の友好を強く切望し、 互いの文化を受け入れます。世界ジャ ンボリーを軸とした両国の交流の中で、 互いの衣食住の文化、宗教の多様性な どについてともに考え、理解し、実践 します。全国各地で行われている朝鮮 通信使の再現行列など、他国の文化を 享受することができるイベントやお祭りへスカウトとして積極的に参 加します。また、自国の文化についても見識を豊かにし、自らが中心と なってその発信に努めます。これらの取り組みの積み重ねは日韓両国の 新しい友好の歴史となり“共生”の強固な礎となります。 私達は以上の五か条の約束と三点の実践をここに誓い、15年間の日韓 スカウト交歓計画の締めくくりとして、日韓両国の友好を未来永劫のも のとする、新たな始まりとしてここにこれを採択します。 2014年1月13日

日韓スカウトフォーラム参加者一同

■日韓両国連盟の表彰(報告) 今回の日韓スカウト交歓計画は、15年 間の最後の事業となり、1月11日(土) の 日 韓ス カウ ト フ ォー ラ ム開 会直 前に 15年間の記念式典と両国連盟の表彰式 が行われました。 日 場 表

時:1月11日(土)14:00~15:00 所:福岡・博多都ホテル 彰:<日本連盟表彰> 「たか章」 ジョン・ボッヒョン韓国連盟チーフコミッ ショナー シン・サンホ韓国連盟国際コミッショナー 「かっこう章」 キム・キドック韓国連盟事務総長 「国際親善章」 チョウ・ヨンタク韓国連盟国際部長 <韓国連盟表彰> 「無窮花金章」 奥島孝康 日本連盟理事長 「無窮花銀章」 鈴木令子 日本連盟理事・国際委員長 「無窮花銅章」 片寄 朗 日本連盟国際委員 「無窮花銅章」 高武辰行 福岡県連盟理事長 …………………………………………………………………………………

3


●会議・委員会報告お知らせ ■臨時理事会の開催(報告) 日 時:1月14日(火)14:00~15:40 場 所:東京・ボーイスカウト会館 出 席 者:奥島理事長、他理事20人、監事3人、参席3人 協議事項:1.平成25年度臨時評議員会の議題について 2.そなえよつねに共済諸規程の制定について 3.評議員の交代について 4.第16回日本ジャンボリーの決算について 5.土地の寄贈を受けることについて 6.名誉役員の交代について 7.平成26年度事業計画について 8.平成26年度予算について 9.平成25年度決算見込みについて 10.BVS、CS部門の規程改正について 11.ユニフォームの改定について ………………………………………………………………………………… 本日発行のニュースは4頁です。 ………………………………………………………………………………… ボーイスカウト日本連盟 http://www.scout.or.jp/ Facebook http://www.facebook.com/scout.or.jp Twitter https://twitter.com/#!/ScoutingJapan …………………………………………………………………………………

4


SAJNEWS Issue36