Page 1

1

SAARISELKÄ • IVALO • INARI • UTSJOKI

探してください:www.saariselansanomat.fi

オンラインで読む

オーロラを追って

Saariselän Sanomat

2013-2014

極夜が12月にサー リセルカを訪れる PHOTO:MARKKU INKILÄ

12月初旬、サーリセルカの上に極夜の青い夕暮れが落 ちる。太陽は独立記念日の前夜に沈み、公現祭まで地 平線の上に昇ることはない。 極夜は闇ではない 太陽が昇らないからといって、極夜が完全な闇を意味す るわけではない。自然は雪が反射する月と星とオーロラ の青い光に包まれるのだ。 ここの極夜は南部のような漆黒ではない。実際に、昼で も夜でも、他の光源を持たずに外を歩けるのだ。 太陽は地平線の下から出て来ないが、その光線はサー リセルカまで届く。雲のない澄み切った日なら、異なる色 相の青と赤に染まった美しい空を楽しむことが出来る。 それを山から見れるのなら言うことなしだ。多くの人は極 夜を、静謐な季節に訪れる落ち着いた時間だと感じる。 春の訪れを街ならが、自分の時間を過ごし、趣味に没頭 するのだ。 極夜は野外活動の邪魔をするものではない。サーリセル カでは、極夜が始まる頃には、既にスキーコースやスキ ー場は既に開いており、しっかりと照明が備えられたコ ースと斜面なら、問題なくスキーができるのだ。

近年の大気の変動は、ラップランドにオーロラハンティン グという一つの新しいホビーを生みました。このホビーは あっという間に何百、何千ものファンを魅了し、その中に は世界中の愛好家やラップランドを訪れる観光客なども います。その中の多くは、オーロラ観賞を何年も夢見て きました。 このホビーのスペシャリストの一人がイナリ出身のオーロ ラ ハンター、マルク・インキラ(Markku Inkilä)で、彼のオ ーロラの写真はイギリスとアメリカの有名な海外雑誌で見 かけられます。 「一人の日本人客が日本の雑誌やテレビで私の写真を 見たことがあると話してくれました」とマルク・インキラは言 います。 オーロラハンティングは典型的なカメラ撮影のホビーで、 優れたカメラ、防寒着、寒さに耐える能力、そしてかなり の忍耐が必要です。このホビーは年齢・性別を問わず、 誰にでもできますが、全てのホビーと同様に、オーロラハ ンティングも精通するには実践するのみです。 マルク・インキラは写真撮影というホビーを15年間も経験 しているので、オーロラの写真撮影に必要な機器や写 真撮影に最適な場所、オーロラを見つける時期につい て教わるには適任です。 「最近のカメラはとても優れているので、大抵のカメラで 素晴らしい写真が撮れますが、おそらく高速レンズを搭 載したシステムカメラを選択するのがベストでしょう。頑丈 な三脚も夜間撮影には極めて重要なアイテムです」とイ ンキラは語り始めました。 それでは、オーロラを見つけられるのはいつですか? 「9月中旬と春3月中旬が最高な時期です。天候は澄み

渡っていて、周りに電灯の光がないことです。小さなオ ーロラは街灯の光があると見かけることさえできません。 人口密集地から離れなければいけませんね。私自身、 観光客を例えばパーツショキ(Paatsjoki)とイナリヤルビ (Inarijärvi)に連れていきます」とネッリミ(Nellimi)のエラ ホテッリ(Erähotelli)ホテルでオーロラ撮影のお客のガイ ドを務めるインキラは説明します。 「空を眺めるのに一番いい時間は夕方8時から夜中の3 時ですが、時折、夕方の早い時間帯にオーロラを見られ ることもあります。写真はうまい具合に撮れるかどうかは 全くわかりません。その理由に、オーロラを常に見つける ことができるとは限らないこと、またオーロラが見えても、 一瞬だけしか見えないこともあれば数時間も見えること もあることが挙げられます」とオーロラハンターは説明し ます。 今年のオーロラの予測はどんな感じですか? 「NASAの研究によると、この秋に太陽の黒点が最大に 達したので、おそらくこの冬はオーロラの当たり年になる と思います」とマルク・インキラは嬉しそうに言います。 オーロラの写真家マルク・インキラは彼自身のホビーを やりがいのあることだと思っています。それは、ラップラン ドの冬はオーロラの有無にかかわらず、いつも絵のよう に美しく、写真の被写体は変化するからです。 「多くの観光客が特に一生に一度の旅行としてこの空に 繰り広げられるドラマを見にここを訪れます。そしてオー ロラが現れると、みんなの顔に笑みが広がります。私は 写真がうまく撮れると活力を得ます。オーロラ色の爆発に 決して飽きることはありません」とオーロラハンター、マル ク・インキラは太鼓判を押します。

公現祭に太陽が昇るとき、それが空に留まるのは僅か一 時間だ。しかし、それからは日中時間は速いペースで長 くなっていく。2月の中旬には、日の出から日没まではも う7時間になっている。3月の中旬には約12時間、4月に は16時間以上となる。そして、5月の最後の週に、白夜 が始まるのだ。

Lumihiutale (雪花)ホテル

カウニスパー高原の南斜面への建設が提案されている Lumihiutale ホテルのプランが着々と進行しています。で きる限り周辺環境に融合させることを目標に、建物の最初 のイメージが建築家によって設計されました。 エリアプランは年内終了が予定され、現在技術的な部門 で、道路計画のための地形モデルの作成を行っていま す。–すべてが予定通りに進むならば、最後の雪が泉に 溶けるころには着工できるでしょう、と技術ディレクターの Arto Leppäさんは語ります。


2

12月、 ダックファミリー はラップランドを冒険 ダックバーグからの噂によると、ドナルド・ダック誌12 月号はラップランド特集を予定している模様。ダッ クファミリーは今年フィンランド中を旅行していたの で、今回の噂は真実かもしれません。ダック誌の発 表によると、ダックファミリーの世界の国々へのツア ーは6つのエピソードからなり、ラップランドも含まれ るとのこと。 ダックファミリーは、馴染み深い地元の北部山地ま ではるばるやってこれるでしょうか? わくわくしますね。

サーリセルカの冬季ダウンヒ ルスキー サーリセルカのダウンヒルスキーのゲレンデは、カーモスジ ャズフェスティバル開催中の2013年11月23日にオープン し、労働の日の2014年5月4日にシーズン終了となります。 ここ数年の間、ダウンヒルスキーセンターは、メンテナンスや 人工雪の製造、また競技を行いやすいようゲレンデのプロ フィールを変え、それに伴い経費の削減も実現できるよう取 り組んできました。ゲレンデを村により近接させ、サーリセル カの村の中央にスキー・センターが配置されるようなエリア プランも計画されています。 「ダウンヒルスキーセンターの外観は一新され、ゲレンデの レストランSport Bistro Pilkkuは完全改装されました。地域 のすべての建物は改修および再塗装され、ゲレンデのプロ フィールも調整されました。 照明施設の追加、新しい人工 雪製造ラインの改良が行われ、すべてのスキーリフトは慎 重に調整点検されました。スキーのレンタルサービスは3年 のローテーションに達し、そりは2014年から、新しいものと徐 々に入れ替えられます」と、スキー・サーリセルカ・スポーツ・ リゾートのLea Kontturiビジネスダイレクターは、最近行われ た改装や変革の長いリストを挙げて説明します。 サーリセルカのダウンヒルスキー場は、フィンランドにある73

LOMATÄHDET Holidaystars TALVEN TAIKA… Tasokkaita kelomökkejä Saariselän keskustan alueella 4-16 hlölle. Kohteita myös Levin, Sallan ja Ylläksen hiihtokeskuksissa. Ajankohtaiset tarjouksemme kotisivuiltamme! p. 050 586 7215 info@lomatahdet.fi www.lomatahdet.fi

のダウンヒルスキー場(そのうちの 20 は北フィンランドに位置します)のうちの1つです。 昨 年Suomen hiihtokeskusyhdistys (フィンランド・スキー・エリア・アソシエーション)が市場 調査会社TNS Gallupに依頼した調査によると、Levi、Ylläs、Pyhä、Tahkoに続き、サーリセ ルカのスキー場は7番目に有名なスキー場としてランク付けされました。 「昨シーズン、サーリセルカスキー場はスキーリフト・セールスにおいて、フィンランドで第16 位となりました。今後のゴールはトップ10に入ることです」と、ビジネスダイレクター Kontturi は目標を語ります。 「私たちは、サーリセルカをフィンランドの「ダヴォス」としてよく話題にするのですが、それこ そがまさに私たちが狙っているポジションなのです。 ここにはユニークな自然環境があり知名度も高く、機能的なサービスインフラが整っている うえに、空港も近くにあります。またこの地域は、国際的にも人気があります。サーリセルカ スキー場は、国内の家族向けスキー場ではありますが、日々国際化が進んでいるといえる でしょう。近郊のムルマンスクでは、多数のスキースクールの指導員を見かけます。これなど は、海外からのスキー客グループが多く滞在していることを示す好例です」と、自分の労働 環境の変化についてビジネス・ダイレクターは語ります。 サーリセルカのゲレンデは、自治体から責任を引き継ぐ新しいオーナーを探しています。 Lea Kontturiによると、会社の貸借対照表の鍵となる数字は一般的なビジネスでの同程度 の数値に相当し、いくつかの点で平均値以上とのことです。 サーリセルカスキー場は、直接的な競合他社がないため非常に有利であり、高収益を上げ る中規模のビジネスに成長するチャンスがあると彼女は考えます。 「会社を売却する可能性についてこれまで尋ねられたことはありませんが、これに関して私 は次のように考えます;会社を売却することで一時的に収入を得ることができますが、開発 途上でよく維持管理された会社は、納税者のためにも継続して利益をもたらします。そ し て、フィンランド・スキー・エリア・アソシエーションが後援する産業研究に基づいて、収益 性を改善し、より活発なマーケティング活動で売上増加が見込めるという可能性があるの で、これに関心を持つ人々が必ず存在すると信じています」ビジネス・ダイレクター・Lea Kontturiはこのように考えます。

Teerenpesä

Tel. +358 16-668 001 www.teerenpesa.fi

Village Pub


3

Eight steps from the street to Restaurant LUMI, Saariselkä. We have opened a Champagne Bar. You can enjoy champagne by the glass from our extensive selection. Also Dom Pérignon 2004! Take a glass of champagne and enjoy by the open fireplace.

RestauRant

U

lumi

I

s a a R i s e l k ä

高原地帯の最新ニュースが全部わかる情報誌サーリ セラン サノマット

Taste the Spirit of Lapland ® Restaurant LUMI, Saariselkä Raitopolku 1. Tel+358 (0)207 350 660 • reservations@ravintolalumi.fi Open in winter season from 11 a.m. to 10 p.m. or later • www.ravintolalumi.com

馬に乗って雪で覆われた 森へ誘われましょう

フィンランド産馬は雪道コースを行くには頼もしく耐寒性の良 き旅仲間です。 Jouko Iivari氏は、昨秋、サ ーリセルカ(Saariselkä)の 中心地近郊の国道4号線 の西のLaanilan Kievari( ラーニラン・キエヴァリ)に 隣接するように馬小屋を 建てました。この開放式の 保護施設(シェルター)に は、Sälli、Ansku、Topi、Aku、 LakiおよびPurjeという6頭のフ ィンランド産馬が飼育されて おり、他にも3頭がロヒニヴァ (Lohiniva)の馬屋に暮らして います。最盛期には、Iivari氏 は16頭の馬を所有していたこ とから、氏は動物および事業 運営にかなりの経験を持って います。 「フィンランド産馬は、初心者 であれ上級者であれ、乗馬 に非常に適しています。ここ

にいるのは人を怖がることが ない耐寒性の馬たちですか ら、乗る人は不安がらずに難 関なコースでも安心して乗馬 を楽しめるはずです」とJouko Iivari氏は保証します。 Saariselän Luontoratsastus( サーリセラン・ルオントラサスト ゥス)は、馬やそりに乗って厳 寒の森を探検するツアーを催 行しています。 「でも、そりに乗るよりも馬の 背中の方が絶対に暖かいは ずだから、乗馬をお薦めしま すね」とIivari氏は言います。 Jouko Iivari氏は、冬ならでは の特別な経験を提供できな いかと考えた結果、馬を購入 して運営事業を立ち上げる ことになったのですが、この あたりを氏の口から聞いてみ

ました。 「2000年に入って間もない頃 ですが、夜遅くまで近くの丘 まで馬に乗っていたのです が、ちょうど満月で木々の樹 冠が雪でびっしり覆われ、辺 り一面は見事なまでの静寂 に包まれていました。たくさん の星が煌めき、まん丸の月の 光が雪で覆われた木々を照 らし、凍えるような寒さで地面 に積もった雪がガサゴソと音 を立てました。その光景は見 事なまでに印象的で、以来、 他の人にもこうした経験を味 わって欲しいと考えるようにな り、馬を購入し、現在に至っ ているわけです」と、2005年よ りクロスカントリー・コースを運 営してきたJouko Iivari氏は言 います。 サーリセルカ(Saariselkä)で は、馬やそり用のトレイルは 古代のルイジャ(Ruija)の小 道が使用されますが、ボス ニア湾(Bothnian Bay)から 北極海沿岸のサーリセルカ (Saariselkä)フェル(fells)を通 ってルイジャ(Ruija)海岸まで の重要な道路として20世紀初 めまで使われてきました。ツア ー参加に際しては各自の要 望等を考慮してくれます。 --Saariselän Luontoratsastus( サーリセラン・ルオントラサスト ゥス) - クロス・カントリー乗馬 およびそり乗り(毎日営業)。

Santa’s Restaurants

tel. +358 16 681 501 | www.tunturihotelli.fi

ラップランドの野鳥を発見 野鳥観察は世界的なホビー です。国際的に活動している BirdLife(バードライフ)組織 は100以上もの国々に会員協 会をもち、連帯して世界最大 の環境保護協会ネットワーク を結成しています。 野鳥は環境の状態を知る重 要なバロメーターです。野鳥 の生息数の変化は環境の変 化に反映しています。自然界

の生物多様性が減少する一 方で、世界の人口増加や地 球温暖化が人類を脅かす最 大の危機となっています。野 鳥観察家は活動地域の野鳥 の生息数の推移を監視し、野 鳥の個体数維持に効果がで るよう努めています。 鳥の生息数の減少はその他 の種と生態系全体にとっての 脅威を示すものであり、最終

的には人類にとっての脅威を 示すものとなります。フィンラ ンドの野鳥の90 % が、生息環 境の破壊や環境汚染、過剰 狩猟などの脅威にさらされて いる国外で冬を越します。野 鳥が毎年春に戻ってこられる よう、私達は国際的な広範囲 の協力関係を必要としていま す。世界に生息する約10,000 種の鳥類のうち、1,313種が

絶滅の危機に直面していま す。フィンランドでは59種の鳥 類が絶滅危惧種で、30種が 厳重に監視する必要のある 鳥類となっています。 LaanilaのSavotta caféの庭に

は、鳥の餌台が設置されてい る場所が数か所あり、ラップラ ンドの鳥類を観察できます。 「Siberian Jay(アカオカケス) というラッキーバードはここの 常連で、珍しいGray-headed

Chickadee(シベリアコガラ) も見つかります。餌台には一 度に8~10種の野鳥がいるこ ともあります」と、Savottaの女 主人カイサ・サルケラ(Kaisa Särkelä)は言います。


4

意見

自然はフィンランドのラ グジュアリー製品 10月初頭、スウオミのリサーチマネージャー、Työn Liitto( フィンランド労働協会)とJokke Eljalaは、フィンランドが 高級製品で成長市場を開拓できていないという事実に ついて、Kauppalehti 紙の記事「Suomi tarvitsee omia luksustuotteita」(フィンランドには独自の高級製品が 必要)の中でその懸念を表明しました。この記事の中で Eljalaは、フィンランドの企業は自国の強みをベースに豪 華さを体験する旅行プランをデザインし、総合的なラグジ ュアリーサービスコンセプトを開発するべきだと述べてい ます。私は、その意見に全面的に賛成です。 彼はまた、 フィンランドの企業がほとんどラグジュアリービジネスに参 入していないことを指摘しています。その懸念は当然のも のと感じます。 ラグジュアリービジネスの導入は難しい課題です。今こ そ、フィンランドから「ラグジュアリー」をどのように引き出す かを考える時でしょう。しかしラグジュアリーという言葉自体 が、「極めて高価な製品」などの間違った印象を多くの人 々に与えているようです。フィンランドの文化とフィンランド 人の特質として、あらゆる人工的な贅沢さを避け、きらび やかさや成金主義には難色を示す傾向があります。それ は私達にとって「ラグジュアリー」ではないのです。 ラグジュアリーとは、時間あるいはお金を代償にしてでも 手に入れたいと思う何かを意味します。そこに大きな価値 を認めることができるものなのです。では、フィンランド人 にとってラグジュアリーとは何なのでしょうか?この質問に 対する答えは、ほとんどの場合、大きなボートとか、素晴ら しい時計とか、夢のような家などの物質的なものとなるでし ょう。と同時に多くの人々にとってラグジュアリー(贅沢さ) とは、何か根本的に違うもの、美しい列島、湖、あるいは 高原の景色等を意味する可能性もあります。 フィンランド人は、気づかぬうちにそんな贅沢さに囲まれ て暮らしているのです。日本人や中央ヨーロッパの人々に 同じ質問をすると、多くの人々の夢のリストのトップ3に、「 美しい自然」がランクインします。私達フィンランド人にとっ て、澄んだ空気や手付かずの自然はあまりにも当たり前 のことなので、自然それ自体を正当に評価しているとはい えないのです。 フィンランドでは自然に関連した多くの企業が既に存在し ています。宿泊施設は、その大きな図面の中のほんの一 部分にすぎません。レジャーとキャビンに関連するほぼ全 てをラグジュアリー製品とみなすことができます。カヌーコ ース、ガイド付きのネイチャーツアー、乗馬、ダウンヒルス キーなど、よく考えてみると全てがラグジュアリー製品と言 えるのです。 フィンランド文化に関連したその他のビジネスチャンスは、 ある種の羨望のもと多くは放置された状態にあります。私 達は、自分に関連のないビジネスチャンスや、自分のビジ ネスのこと以外は無関心でいます。サイロの時代は過ぎ 去りました。ビジネス間でのコラボレーションが実現されれ ば、ラグジュアリーのコンセプトをフィンランドブランドの製 品とサービスに盛り込むことが可能でしょう。 ラグジュアリーについての通常の印象がたとえどんなもの であろうとも、きれいな空気、静けさと美しい自然は、フィン ランドが持つ最も大きな贅沢品です。恵まれた自然に感 謝し、それに関連した輸出製品をどのように作り出してい くかを考えましょう。静かな空港を閉鎖して物質のみに価 値を見出すなら、まさに「木を見て森を見ず」のことわざ通 り大局を見失うことにもなりかねません。 Juha-Pekka Olkkola

クリスマスディナーにはそれ ぞれの文化がある フィンランドのクリスマスディナーのメインディッシュはクリスマス ハムで、 それと一緒にスウェーデキャセロール、人参キャセロ ール、じゃがいもとレバーのキャセロール、ロソーリ(rosolli:伝統 的なビートルートサラダ)、カレリアン(Karelian)シチュー、ルー テフィスク(lutefisk:干し魚)が出されます。多くのクリスマステー ブルにはニシン、魚卵、塩漬け魚、薫製魚、これらと一緒に食 べるプラムデザートクリームとライスプリンなどがずらりと並べら れています。コーヒーのおともに、ジンジャーブレッドクッキー と プルーンジャムペイストリーもどうぞ。 - サンタホテル トゥントゥリ(Santa’s Hotel Tunturi)の料理長で あるペトリ・セランデル(Petri Selander)はこう語っています。「トゥ ントゥリ(Tunturi)ホテルのクリスマスディナーは、ハム、人参キャ セロール、スウェーデキャセロール、ニシン、魚卵、そして当然 『ロソーリ(rosolli)』ですね。じゃがいもキャセロールとルーテフ ィスクはもうクリスマスディナーの一部ではなく、ライスプリンもも う違います。デザートにはプルーンジャムペイストリー、チーズ、 ベリー類、レイヤーケーキなどがあります。 フィンランドのクリスマスのごちそうは、国境を越えてノルウェー 側に入るともう違っています。」 - ノルウェーでクリスマスを祝ったセランデルは私達にこう語っ ています。「ベーコンとラムチョップはノルウェーのクリスマスディ ナーの一部ですが、ハムは違います。 ノルウェーのクリスマスディナーにもスウェーデピューレ、ニシ ン、魚卵、塩漬け魚、茹でじゃがいも、ポークソーセージがあり ます。さらにこのディナーには、濃い塩水で茹でてベーコンで 味付けした絶品のルーテフィスクがあるんです。」 「サンタホテル トゥントゥリの大半のクリスマス客はイギリス人です が、オーロラを見に訪れた日本人も何人かいます。ロシア人がト ゥントゥリに到着するのはクリスマス後の大晦日とエピファニー( キリスト教祭日)です。 特にイギリス人の子供にはフライドポテト、ハンバーグ、ホットドッ グ、ラザニアを用意する必要があり、またイギリス人の大人には 肉や魚で作ったパテやテリーヌをお出ししました。イギリス人は ニシンは食べませんが、クリスマスハムはすでにお気に入りで、 キャセロールとサーモンも同様です。 イギリス人には、猟の獲物をスモークしたお料理をお出ししない 限り、ルーテフィスクやトナカイをお出しする必要がありません。 日本人は出されたものを全て食べてくれ、食べられなかったとし ても味見はしてくれます。一方、ロシア人は最初のメニューから 全ての食べ物が同時に食べられるビュッフェ式ディナーが好き です。」とセランデルは語っています。 ラップランドのクリスマスには ノルウェーとフィンランドの食べ物 がある - サーミ族博物館シーダ(Siida)のレストラン サーリティ(Sarriti) のオーナーであるリトバ・アイキオ(Ritva Aikio)はこう思ってい ます。「サーミ族の人々の大半はクリスマスにローストしたトナ カイを用意しているので、ハムやキャセロールを食べる人はあ まりいませんね。トナカイのローストとともに、クリスマスディナ ーにはトナカイのスープ、トナカイの骨、そして『クンプクシア (kumpuksia)』(小麦粉、牛乳、トナカイの血で作った伝統料理) や塩漬けマスなどがあります。 イナリ(Inari)湖周辺に住んでいたサーミ族の人々にとって、クリ スマスは 一年の中で最も重要な祝賀行事でした。トナカイの骨 やトナカイのローストなど、クリスマス用の食べ物はもう 秋のうち

からトナカイのチーズとライ麦パンとともに蓄えられました。シー ダのウェブページに、クリスマス用の魚は 12月初旬にだけ、後 に産卵場所となる特別な『クリスマスの魚の湖』から捕っていたと 載っています。」 -子供の頃にケッシブオノ(Kessivuono)に住んでいたエラ・サ レ・ネッリミスタ(Ella Sarre Nellimistä)は記憶を確かめています。 「トナカイの肉はとても特別なクリスマス料理で、焼いたり、他の 方法でも食べました。クリスマスディナーには塩漬けの白身魚 か塩漬けマス、それとキャセロールもありました。クリスマス当日 に食べた魚は、捕ってきた魚でした。」サレは、クリスマスの一部 としてジンジャーブレッドクッキー、プラムジャムタルト、カルダモ ンパンとカルダモンケーキがあったことも覚えています。 サレの母親はノルウェー出身なので、彼女の家族のクリスマス ディナーにはライスプリンとベリースープがありました。秋にはノ ルウェーに赴き、 無精白の穀物、マーガリン、バターを調達し てきました。これらは時々ジャムと交換しました。普段はネッリミ (Nellimi)で買い物をしました。 - サベッテヤルビ(Savettijärvi)出身のオルガ・セメノフ(Olga Semenoff)は スコルト・サーミ族(Skolt Sami)の料理についてこ う語っています。「クリスマスには魚も肉もそのまま食べました。 トナカイの肉は茹でたり、串焼きにすることもありました。リンゴン ベリーとクラウベリーは魚か肉の脂身と混ぜて食べました。」 -「私たちはよく脂身のスープで脂肪分を摂っていて、それに冷 たいベリー類を混ぜて食べていました。とってもおいしかったで すよ。」彼女は私達にこう語っています。 この村に嫁いできた、女主人で宿泊施設の企業家であるトイ ニ・サニラ(Toini Sanila)はこう語っています。「スコルト・サーミ族 の食べ物は常にシンプルでしたが、ノルウェーとフィンランドの 影響を受け始めたのは、サベッテヤルビに移住してからです。 スコルト族にはクリスマスに関する食の伝統は特にありません。 昔のサニラ家では、1980年代に伝統的スタイルで全ての食べ 物をまだ戸外のストーブで焼いていました。 - クリスマス前はルーテフィスクをノルウェーから調達 していまし たが、それをクリスマスイブの前か後に食べていました。 スコルト族は魚をたくさん使用していたので、冬の魚釣りは重要 でした。また、魚は乾燥もさせました。ベリー類は食事の一部で したし、トナカイの肉のスープは 素晴らしいごちそうでした。 サニラ 家では、トナカイのローストと塩漬けサーモンか塩漬けマ スはいまだにクリスマスディナー の一部です。」 ヘレナ・サハビルタ(Helena Sahavirta)

五感で楽しむスキー&ウォーキング

国立公園の自然の中でのエクササイズ 一日しか滞在できない時、サーリセルカで何をするか?新し い発見をするにはどこへ行けばいいのか?サーリセルカが旅 慣れた旅行者や初めてのビジターに提供するものは? 自然の中でのエクササイズとは、手付かずの自然や部分的に 整備された環境の中を自分自身の足で移動することを意味 します。 自然の中での ウォーキング は、 周辺環境を五感全 てで体験できます。静けさ、自然の音、遠くの水平線、足元に 感じるフットパスやスキートラックの感触が一斉に語りかけてき ます。 冬の 自然の中でのウォーキング は、ある種のチャレンジとも いえるでしょう 。入念な計画を立てれば、ウィンターマジックを 楽しみ、日ごろの ストレス から開放されたひと時が過ごせます 。体温を保持できるよう配慮してください。適切な衣類を準備 することは、トレッキング計画の重要な部分です。慎重な計画 はまた、バックパックのオーバーロードを回避するのに役立ち ます。十分に計画を立てれば、 重い荷物に苦しむことなく、素 晴らしい風景を楽しむことができます 。

良く整備されたスキートラック/標識付きの自然歩道で自然を 楽しむ 適切に標識された自然歩道は安全です。コーンのシンボルの 付いた自然歩道は、サーリセルカ出発ゲート、キロパー高原の 中心部、 および タンカバーラのコイッリスカイラビジターセンタ ーからアクセスできます 。この自然歩道は夏の伝統的なハイキ ングに適していますが、 初雪が舞い降りるころでも、また冬に はスノーシューズでウォーキングを楽しめます 。 冬になると、静かな森は魅力的です。ラップランドには冬の鳥、 カラフトライチョウ、ベニヒワ、シジュウカラが生息しています。キ ャンプファイヤーサイトに、北の幸運の鳥、カケスがやってくる かもしれません。飛んでくる野鳥の他にも、動物や鳥の足跡や 糞を見つけることもあります。野生動物がえさを求めて過ごす、 ある冬の一日を物語っているようです。ネイチャー ウォーキン グ は 、フィットネスばかりでなく、自然の事象を観察し、精神を リフレッシュする良い機会となるでしょう。


5


6

イヴァロからムオニオまでの犬ぞりレース ラップランドの犬ぞり事業者たちの組合がイヴァロでスタート し、ムオニオでゴールする犬ぞりレースの計画を立てている。 イナリ自治体の技術委員会はレースに自治体が整備してい る道と走路を使うことを許可したが、その決定には、レース側 が、安全、権利、そして、道と走路の他の利用者に対してしっ かり手配することが条件とされた。 レースは4月10日にイヴァロでスタートし、13日にムオニオの Jerisjärvi湖の湖畔にゴールラインが引かれる。ポッカーとヘ ッターの二つの町がレース中の休息所としてデザインされて いる。

ウルホ・ケッコネン(Urho Kekkonen)国立公園のキャビン:

ルーランピ (Luulampi)は改装、ハン マスコタ (Hammaskota)はアースロ ッジに建て替え PHOTO: PETTERI POLOJÄRVI

デイキャビンを訪ねたり、アースロッジをのぞいて見たり、貸し キャビンで一夜を過ごしたりしたことはありますか?ウルホ・ケ ッコネン国立公園には、ハイカー用のキャビンがフィンランドの 他のどの国立公園よりも多く備えられています。キャビンには、 予約のできない原野の山小屋、 宿泊の予約ができる貸しキャ ビン、そして2~6人用の平穏で趣のあるアースロッジや山小屋 があります。原野の山小屋は 1~2泊用で、最初に到着した人 が新しく到着する人に部屋を譲ります。心地よいアースロッジ、 原野の山小屋、 貸しキャビンは、冬でも夏でも旅するハイカー をサポートします。 キャビンと山小屋には薪とガスが備わって いて、貸しキャビンにはマットレスと枕も備えてあります。一番 小さいアースロッジ、ラーッパナ(Raappana) とボーインゴイバ (Voingoiva) には調理用コンロがなく、鉄ストーブのみとなって います。原野の中に出ている時に住むところがあるというのは、 なかなか気分の良いものです。少なくとも、ハイキング中に時 折、装備を乾かせるのはいいことです。原野の山小屋と貸しキ ャビンは、標識のあるコースから離れているので、ハイカーは 必ず地図とコンパスの使い方を把握している必要があります。 近隣のデイキャビン サーリセルカ(Saariselkä)とキーロパー(Kiilopää)の周辺には、 スキー走路と夏のコースに沿って、例えば、休憩してコーヒー を作ったり、ストーブや調理用コンロで料理ができるデイキャビ ンがあります。デイキャビンは宿泊には向いていません。また、 利用者は他のハイカーもそのキャビンを利用することを忘れな いようにしてください。デイキャビンのひとつはルーマクルン・キ ャンパ(Rumakurun kämppä)で、おそらく1930年に建てられた もので、国立公園で最も古いキャビンでしょう。 原野の真っただなかに少し寝転んでみよう! ウルホ・ケッコネン国立公園は、キャビンや山小屋、そしてそ の他のものに関しても、広範囲のネットワークをもち、原野ハイ カーに人気の旅行先となっています。9月の間は、ルイロヤル ビ (Luirojärvi)湖畔のサウナが常時熱くしてあります。また、スーデンペーサ(Sudenpesä)とムオ ラバーラッカ(Muorravaarakka)のアースロッジでは、1年前からも予約を受け付けています。しか し、もし原野での感覚が楽しめればよいというのであれば、このような遠くに行かなくても大丈夫 です。一番近場の原野の山小屋はキービパー(Kivipää)で、サーリセルカ(Saariselkä)の旅行セ ンターからわずか11キロメートルのところです。山小屋には鉄ストーブと調理用コンロがあります が、寝台にはマットレスがありません。山小屋には 2~3個のケトルとフライパンがひとつ備えてあり ますが、開放されている山小屋から物が時々紛失するので、ハイカーは自分の調理器具を用意 してください。貸しキャビンのケトルとフライパンが紛失することはあまりありません。 遠くの真珠 国立公園にあるすべての山小屋とキャビンを訪れることは、なかなか魅力的なことです。原野 の平穏さをお探しであれば、最も人気の旅行先を避け、東へ向かってください。平穏をお求 めであれば、特にサブコスキ(Savukoski)川沿いに、たくさんの宿泊場所を見つけることができ ます。原野と森の真っただなかの雰囲気のターボン・トゥーパ(Tahvon tupa)、シウランロウクト (Siulanruoktu)、カルフオイヤ・オーツェ(Karhuoja ooze)。原野では忙しいという感覚がなくな り、2週間の旅行期間でさえも短く感じることでしょう。以前は、他のハイカーのためにキャビンに 食べ物を置いていくことができましたが、最近ではネズミやモグラがでるためお勧めしていませ ん。 貸しキャビンのご予約は、コイリスカイラ(Koilliskaira)観光案内所、パルベルピステ・キエヒネ ン(Palvelupiste Kiehinen)のサービスポイント、またはオパストゥスケスクス・コルバトゥントゥリ (Opastuskeskus Korvatunturi)のインフォメーションセンターでできます。現地でも、お電話やE メールでも簡単にご予約できます。カスタマーサービスポイントでは、原野地域の最新ニュース やその時点での警告情報を聞くことができます。


7

サンタの小さな助っ人 ヤンネ・プトコネン(Janne Putkonen)は年間を通して従 事している典型的なスキーセ ンターの従業員です。この種 の職業にはチャンスを見つけ たらそれをつかみ取る能力が 必要とされます。休暇シーズ ン中はチャンスがよくあるの で、働き者でも仕事に事欠く ことはありませんが、オフシー ズンにはいろいろな想像力が 必要です。そしてヤンネ・プト コネンにはいかにも想像力が ありそうです。 サーリセルカ(Saariselkä)で は、タクシーのハンドルを握 っているプトコネンをよく見か けますが、旅行者の接客も担 う貸し切りバスの運転手とし てもっとよく見かけるようにな ります。 「ショーは続いていかなけれ ばならない」と、プトコネンは エンターテイナーとしての自 分の立場について自分自身 に言いきかせます。 Saariselkäに休暇でお客が来 るようになったこと、また、あち こちにバスで移動するという 事実から、自分の仕事は運転 手でありエンターテイナーで もあると彼は説明します。 「それではなぜ旅行がどこか の退屈な旅として行楽客の思 い出に残ってしまう必要があ るのでしょうか?でも、ちょっ とした楽しいことで皆を元気 づけることができます。また運 転手でもそうです。笑いに包 まれると旅も速く感じます」と、 プトコネンは説明します。 クリスマスシーズン中、プトコ ネンは赤い服を着て運転席 をLED電球で装飾し、彼自 身をサンタの小さな助っ人と して自己紹介しています。サ ンタの小さな助っ人は体重が 151キログラムもあるので、こ の自己紹介だけでも乗客は すぐに笑います。 「周りの鮮やかな自然と壮大 な景色を見ているのに、なぜ 車の中で黙ってボーっとして いる必要があるのでしょうか。 バス旅行はこの休暇の一部 でもあるので、工夫次第で、

サンタに手助けが必要な 時は、SaariselkäのJanne Putkonenが手を差し伸べ ます。

みんなが元気になるいい方 法はあります」と、サンタの小 さな助っ人は言います。 高原での仕事は山ほどある ヤンネ・プトコネンには年間 を通してSaariselkäで行う仕 事があります。運転手の仕事 に加え、公共スペースの装飾 も企画しています。映画セッ トの専門教育も受けているの で、装飾関連の技能があり、 現在はHoliday Clubのロビー とレストランエリアの改装をし ている最中です。 彼は10代の若者たちとの活 動にも参加しています。若 者たちとのやり取りに関する 研修も受けていますが、この 活動参加の最も大切な理由 は、彼自身にも子供がいるか らです。 「昨年の冬、10代の若者たち とVuokattiに行って2~3日間 のスポーツキャンプをしまし た。この旅行のために地域の 企業家から寄付金を募って 準備を行い、私たち大人が連 携して10代の若者たちのた めの旅行を手配しました。冬 の間、ホリデイ・キャビンを掃 除しに行ったり、雪かきをした り、そり用の場所から放置され たそりを集めて一ヵ所にまと めたりします。私たちはこの作 業の報酬を私たちの共有資 金に入れて、何かふさわしい

ことが持ち上がった際に、そ の資金を共通ゴールのため に使います」と、よろず屋ヤン ネ・プトコネンは語ります。 プトコネンは、近隣地域で撮 影に適した場所を必要とする 映画プロジェクトにも数件参 加しているので、彼の作業ス ケジュールは夏になってもペ ースが落ちません。 「映画撮影は資金提供による のですが、それにはまず下準 備が必要です」と、プトコネン は言います。おそらく彼の最 も意外な試みは、スキーレー スの分野にあるでしょう。 彼 はスキーのテストを受けた結 果、現時点のフィンランド内 の一番速いダウンヒル競技 スキーとなっています。テスト は、昨年の冬に国の代表チ ームのスキー選手用キャンプ で、スキー選手たちがダウン ヒルでスキーやワックスがけ の調子を試している時に行 われました。 テストでトップだ ったのはSotšの伝統的スキー ルートのタフな挑戦者、Sami Jauhojärviでしたが、プトコネ ンの番が終わると時計が0.04 秒も速い記録をさしていたの です。 「今ただの塊が良質なものに 替わったと私は言ったんで す」と、フィンランド最速のダウ ンヒル・スキーヤー、 ヤンネ・ プトコネンは皮肉を込めて言 います。

サーリセルカ(SAARISELKÄ)で必要な

全てが 1か所で揃います!

航空券 • 宿泊プログラム • サービス 応予 年中無休24時間対

A.CO 約 — SAARISELK

RECEPTION: Reception:HONKAPOLKU Honkapolku2, 2,SAARISELKÄ SaariSelkäFI-99890 Fi-99890 P.p.+358 +35816 16554 5540500, 0500,NORTHVILLAGE@SAARISELKA.COM nortHvillage@SaariSelka.com

秋のサンタクロース (Santa Claus)のオフィス

サンタ(Santa)とトナカイたちも、秋の時期は、色々な作業に明 け暮れていました。その成果が、慌ただしい冬に先駆けて、ス パ(Spa)の傍らにサンタ(Santa)のゴージャスなオフィスが誕生 したのです。

Saariseläntie 12, 99830 Saariselkä

M


8

サーリセルカにエルビスが戻 タリヤ・マンニネン(Tarja ってきた Manninen) :- 旅行者を魅了する 近年、ますます人気上昇中のエルビス – クリスマ スコンサート, がサーリセルカのセントポール礼 拝堂(Pyhän Paavalin Kappeli)で企画されていま す。このコンサートでは、エルビスのクリスマスソ ングやスピリチュアルソングをまるでエルビス自身 が歌っているかのように感じられる素晴らしさをお 届けします。 ユハ・レッパネン(Juha Leppänen)は、アロン (Aron)というアーティスト名で、ゴスペルミュージ ックの教会コンサートを築き上げ、とても評判に なっています。味のあるコンサートでは、エルビ

スソングでいろいろな世代を越えた体験をお届 けします。気楽に教会を訪れて、エルビスの数々 の有名なヒット作、人々から愛されているクリスマ スソング、感動的なスピリチュアルソングをお楽し みください。 --『エルビス – クリスマスコンサート』 演奏:Aron & Cool Company、場所:サーリセルカ、セントポー ル礼拝堂(Pyhän Paavalin Kappeli)、日時:2013 年12月27日(金) 19:00

北部ラップランド タリヤ・マンニネン(Tarja Manninen)は、イナリ‐サー リセルカ マトカイル(Inari Saariselkä Matkailu)の旅行 事業を専門とするマーケティ ング代理店のマーケティング 部長で、昨年の8月にこの役 職に就任した。彼女にとって 地域はすでに若い頃からな じみのあるところであったが、 その任務については新しかっ た。私たちは、彼女がこの有 利な立場を旅行事業に利用 し、どのようにその任務に精 通するようになったのかを知 ることができた。彼女の仕事 の範囲は、旅行者を魅了す る、この広大な北部ラップラン ドである

マンニネンさん、仕事のなか で驚いたことは何ですか? - 1990年代に、サーリセルカ (Saariselkä)で5年間働いて、 イナリ(Inari)に住んでいたの で、もうすでにこの地域は知 っていたんです。仕事では、 イナリ‐サーリセルカ地域全 体がとても国際化していること に驚きました。とりわけ、イナ リの人気については嬉しい驚 きでした。

ARE

WE

N OPYE DAY! R

EVE

RENT Quality gear for your own trips!

BOO

SAFA K ONL R I S INE!

オフィス/現場での日常はど うですか? - 毎日が違っています。私の 仕事には、会員会社と一緒に 行うイメージ・マーケティング の企画というものがあり、旅行 主催者、提携パートナー、企 業家、メディアとの連絡を行 います。オフィスでは、企業家 とともにメディアと旅行主催者 グループに向けて、慣れ親し んでいただくためのプログラ ムを計画します。そして、これ らのグループに地域周辺のツ アーを提供します。この地域 がタンカバーラ(Tankavaara) からヌオルガム(Nuorgam)ま で及ぶため、私の仕事には 車での移動が多く含まれま す。会員会社を訪問すること も、 私がISMの最新ニュース と現行課題について話し、企 業家の考えを聞くために周 る、秋から開始する地域の会 員会社の夜会に出席すること も重要です。この地域は、多 くの旅行開発プロジェクトに 含まれており、これらのプロジ ェクトに参加することも重要な 私の仕事の一部なのです。 フィンランド人または海外の 顧客ともっと交流を図りたい ですか? - もちろん、もっと海外の方と です。世界中のワークショップ やその他のセースルイベント を周ると、例えば、メディアグ ループがその地域を訪れると きに、そこに立ちすくんで待 っているのが私だけという感 じですね。

Tarja Manninen.

どの国の人たちが来ますか? - 最大の顧客グループは日 本で、オーロラや北極圏の自 然に驚嘆しています。その次 に大きな顧客グループはイギ リス人で、クリスマスや自然ア クティビティに魅了されてい ます。その後に、ドイツ、ロシ ア、フランスと続きます。 ラップランドへの興味が増大 したような国はありますか? - 最近到着するのが中国 で、2~3年のうちにトップ顧客 グループになる勢いが期待さ れています。この冬、この地 域での最初の中国人グルー プの到着となります。 顧客が特に興味をもっている ことは何ですか? - この信じがたいほど見事な 北極圏、未開の自然、オーロ ラ、サーミ族文化です。自然 が己を人に触れさせる機会を 与え、いかに人に強い影響 を与えているか、時折自分で も驚いてしまいます。特に、 海外の方には自然での体験 を楽しんでいただくためにツ アーガイドが必要です。宿泊 施設やレストランの様々な可 能性により、都会の方々でも ここでの時間を楽しんでいた だけることが保証されることで しょう。 もっと徹底して、さらに重点を 置きたいことは何ですか? - 電子市場と認知度です。全 ての企業はそれぞれのウェブ サイトを更新するべきです。ウ ェブサイトを作ってそれで終 わりにしてしまっては十分で はありません – ウェブサイトは 庭園のようなもので、常に更 新して最新にしていなければ

なりません。 この地域に改めなければなら ないようなウィークポイントは ありますか? - 航空便の乗り継ぎは信じら れないほど困難なことで、毎 日直面しています。 到達可 能性は、旅行事業の成功要 因です。もしこれをおろそか にすれば、成功の妨げにな ります。 企業/企業家はそれぞれの 活動のどの問題を重視すべ きですか? - 個性を出し、個人対応のサ ービスと心の温まるサービス を提供して、その流れに乗る ことです。サービスに地方色 を出すことは、海外の方には 特に重要です。 あなたのご意見として、旅行 事業の今後の方向性はどうで しょうか? - 旅行事業は成長しています し、大きなチャンスです。私た ちにはこの北部の原野地域 が周りにありますが、その一 方で、他の国々では居住空 間が人口の増加で小さくなっ ています。団体旅行よりも個 人旅行の方が増加していま す。人々はインターネットで直 接情報を検索し、インターネ ットを通して製品を購入して います。人々は旅行先を選択 するときに、ソーシャルメディ アで他の人がそれぞれの場 所をどう評価したかを最初に 読みます。その後に、旅行先 のビデオを視聴し、地図から その場所についての情報を 得ます。このような理由から、 この地域が電子社会でもっと 目立つ必要があるのです。


9

Laadukkaat, kohtuuhintaiset tuotteet vapaa-aikaan ja ulkoiluun

Laadukkaat, kohtuuhintaiset tuotteet ulkoiluun ja vapaa-aikaan

High quality, nice price

Laadukkaat, kohtuuhintaiset tuotteet ulkoiluun ja vapaa-aikaan

TAX FREE

SIULA


10 4

RESTAURANT

LUMI

U

航空券予約 (年中無休24時間対応) 宿泊 プログラム・サービス オンライン・ホリデー・ショップ:

SKI BUS -STOP

I

S A A R I S E L K Ä

SAARISELKA.COM

Honkapolku 2, 2, SAARISELKÄ SaariSelkäFI-99890 Fi-99890 HONKAPOLKU p. +358 +358 16 16 554 554 0500 0500 P. nortHvillage@SaariSelka.com NORTHVILLAGE@SAARISELKA.COM

14

10

12

TAX FREE

14 Map:

c

オーロラ観賞

Kan

2

E TI TY

Uuv

ENT IE

ana

1km以上のタボ ガン滑走場

13

E

Kunteus

Vuorsa

Laadukkaat, kohtuuhintaiset tuotteet vapaa-aikaan ja ulkoiluun

ÄRIN TE

Kaarnatie

M

e äll pä

ÄN

IE HIT TUO U LK PO VU I KO

kkö

I AT

J TA KA

SITIE KUU

is un Ka

KO IVU TIE

Ivalo 32km

ETE L

KAUNISPÄÄ

Sieli

erva

Vuonelo

スキーセンター

SU

O

Urakka

Kermikkä

PU

NK

E TI

IE

NT

EE

INT

AR

AL

IT

Vasa

7

SKI BUS -STOP

Kosatus Hirvas

Laadukkaat, kohtuuhintaiset tuotteet ulkoiluun ja vapaa-aikaan

23

スポット

SKI BUS -STOP

AN

OJ HT

U HU

IE

AN

LL

KU

教会

5 Laadukkaat, kohtuuhintaiset tuotteet ulkoiluun ja vapaa-aikaan

2

GIELAS

eläntie

20

Saaris

Shopping centre Siula

Lunch cafe

2

18

4

24

7

U

SKI BUS -STOP TEEREN-

eläntie

PANIMO

SKI BUS -STOP

11

SKI BUS -STOP

10

Saaris

PESÄ

Shopping centre Kuukkeli

23

3

KELOTÄHTI

6

9

SKI BUS -STOP

Restaurant LUMI

21

Tunturi Hotel

LUTONT

IE

HOTELLI KIEPPI

9

RAIT OPO

LKU

JOKOSTIE POLK

2

IE

APOLK

HONK

RIEKONLINNA 12

REVONTULENT

スキーコース口

U

KIVELIÖNT

IE

19

Holiday Club Hotel

TAX FREE

SKI BUS -STOP

SKI BUS -STOP

KELOTIE

11

POLKU

SEITA

SAAJO

TIEVAPOLKU

VAHTAMANTIE

20

13

URKIN

TIE

ice skating Rescue centre

VANHASELÄNTIE

dog park

VISK

2

ITIE

LAA

VU

TIE

LAPIN KUTSU

TIE RTIN ASPI HIRV

KUKSATIE

AN

LUPPOTIE

IE NT

ILA

Sami village Laanilan kievari Sateenkaaren pää

JÄKÄLÄTIE

SUK

SIPO

1

MON

LKU

OPO

LKU TI E

3

J TÄ HIIH

SKI BUS -STOP

ÄN

VIS

IE KIT

HOTEL LAANIHOVI

SAVOTTAKAHVILA

17 Rovaniemi 260km Kiilopää 16km Kakslauttanen 10km Santa´s Resort 14km SKI BUS -STOP

19

Urho Kekkonen National Park

LA

1

19

Huskybar, Huskyfarm

Kiilopää 8 , Hotel Kakslauttanen 22

ALKO/LIQUOR STORE APARTMENTS ART GALLERY PHYSICAL TREATMENTS CAFÉ CENTRAL BOOKING OFFICE DOCTOR, NURSE EQUIPMENT RENTAL GIFTS, HANDICRAFT, SOUVENIRS GROCERY STORE HOTEL NATIONAL PARK INFORMATION OUT&INDOOR FASHION PHARMACY POST RESTAURANT SAFARIS & PROGRAMS SKI SAARISELKÄ TAXI THE PYHÄN PAAVALIN CHAPEL TOURIST INFORMATION

18 18,2 2 24 1, 2,14,17,18 4 2 3, 4, 12, 23 2,14,18 2,18 3,8,9,11,12,17,21 2 2,19 18 18 1,2,3,7,9,10,11,12,14, 17,18 1, 3, 6, 20, 23 13 18 5 2

SKI-BUS 23.11.2013 - 27.4.2014

SKI BUS

21

6

8

nikamax TAX FREE

18

22

24

3


11

最高の クオリティー

59,(69,-) Suunto Ambit 2 S 多用途のリストコンピ ュータ。フィンランド 製。599より

Marttiini ナイフ各種 フィンランド製高級ナイ フ。29,90より

Fjällräven Kånken クラシックなバックパック (耐久性の高い素材を使用。 各種カラーあり。59よ

TAX FREE

66 North 暖かいフェルト毛皮のキャッ プ(女性用)。ホワイトもあ り。69より

北極光‐オーロラ散策路 サーリセルカ(Saariselkä)に は、小さなオーロラ散策路も あり、森の中に発光する帯 状の誘導灯があるので道に 迷うこともありません Pyhän Paavalin kappeli(聖ポール礼

拝堂)のすぐ隣から入るこの 散策路は森の中に続いてい て、やがて小さな空地にたど り着きます その空地は観賞 の妨げとなるリゾート施設の 電灯がないのでオーロラ観賞

が楽しめます 散策路は500 メートルほどなので、子供で も散策を楽しむことができま す 散策路の誘導灯は林業 委員会が責任をもって管理し ています

In case of emergency 112

Sorel Caribou 耐水ゴムを先端に用いた暖かいシュー ズ(ユニセックス)。別モデルあり。159 より

Canada Goose Expedition Parka 男性用のとても暖かいダウンコート(トッ プメーカー製)。女性用モデルもあり。819 より

Saariselkä Honkapolku 3 | Open from May to November: workdays 10–18, Sat 10–15 and from December to April: workdays. 9–19, Sat–Sun 10–16. | Tel. +358 20 7760750 | www.partioaitta.fi

Polarnight Basketball (ポーラーナイト・バスケットボール) Saariselän Sanomat(サーリセラン・サノマット)は、12月20日 金曜日の15~17時に、サーリセルカ公共広場にて第1回 Polarnight Basketball(ポーラーナイト・バスケットボール)イベン トを開催します。多くの人と愉快にバスケットボール大会を楽し むことができます。イベントの趣旨は、ラップランドのポーラーナ イト(極夜)でも楽しく過ごせることを来場者に普及することで、 マイナス20度の太陽も顔を出さないような極寒の中でもバスケ ットボールを満喫できるイベントで、参加は無料です。 イベントには、サンタの忠実な働き者の小さなトナカイの Rudolph the Red-Nosed Reindeer(ルドルフ・ザ・レッド・ノーズ ド・レインディア)も参加します。同時に、公共日リ馬のシェルタ ーではホットジュースが振る舞われます。お子様向けの宝探し ゲームも開催され、16時からバスケットボールのスローイング大 会が始まります。先着で登録いただいた20名の方が大会に参 加できます。登録手続はサイトにて受け付けております。 スローイングの成績優秀者には、Saariselän Sanomat(サーリセ ラン・サノマット)および事業パートナーより寄贈の賞品が授与 され、賞品には、Angry Birds(アングリー・バーズ)パーク2名 様分チケットや2名様分のHoliday Club(ホリデー・クラブ)スパ のチケットなどの素敵な賞品が満載です。ショッピングセンタ ーSiula(シウラ)の運営企業からは、Galleria Lumikko(ギャレリ ア・ルミッコ)のフィンランド産ハンドメイド・チョコレート、Angry Bird(アングリー・バーズ)特製のビーニー帽、Hippupuoti(

ヒッププオティ)の高級フィンランド製デザインのスキーウェ ア、Niesta(ニエスタ)の2名様分のランチ券などが提供されま す。さらに、Partioaitta(パーティオアイッタ)の手、脚、身体用 ウォーマーは極寒に重宝する優れモノです。ショッピングセン ターKUUKKELI(クーッケッリ)からはお子様だけでなく大人に も人気のスイーツが賞品として寄贈されます。 それでは、12月20日の15時に、Holiday Club Spa(ホリデー・ク ラブ・スパ)ホテル正面のサーリセルカ(Saariselkä)公共広場で お目にかかりましょう!


12

レストランHuippu(フィップ)のヒッ ト商品クロウベリー・ケーキ フレッシュチーズと(ラップランド (Lapland)ではkaarnikkaとも呼ば れる)熟していないクロウベリーか ら作られるケーキの存在は、カウ ニスパー(Kaunispää)にあるレスト ランHuippu(フィップ)に非常に多 くの客を引き込んでいる人気スイ ーツで、まさにヒット商品と呼ぶに 相応しいスイーツです。 正確なレシピは部外秘となってい ますが、料理長(chef de cuisine) を務めるJorma Lehtinen氏は、ケ ーキのフィリング(中身)は冷温圧 搾したクロウベリー・ジュースを凝 固させたものである、と明かしてく れました。フィンランド製のクッキ ーを下地にしたこのケーキにはク ロウベリーのシロップソースが頂 上部に添えられています。 このレストランは、その他にも、ク ロウベリー・クオーク・パイやブル ーベリー・ラズベリー・パイといっ たベリーをあしらったペイストリー も用意しています。それに、忘れ てはならないのが、Huippu(フィッ プ)自慢の世界的に名高いドー ナツです。 さらにHuippu(フィップ)では、グ ルテンが入っていないクラウドベ リーのドーナツやブレッドも楽しむ ことができ、2月には、中身がゴー ジャスな告解パン(shrove buns) を堪能することができます。 Huippu(フィップ)のペイストリー 類は全て、最初の段階からその 場で製造されており、毎日焼きた てのペイストリーを食することが できます。 Huippu(フィップ)の「kurniekka」 は、スコルト・サーメ(Skolt Sami) の伝統料理をアレンジした魚の パイで、背脂肪は含まれていま せん。「Kurniekka」は焼き上げて エン麦の生地状にし、中にコクチ マス(ホワイトフィッシュ)、サーモ

ン、冷燻サーモンを詰め込み、バ ター味のパテを添えて温かい状 態で提供されます。 Huippu(フィップ)のペイストリー・ キャビネットには、スタッフド・サン ドイッチ、新鮮なサーモンを使っ た甘味のサーモン・サンドイッチ などが挙げられますが、ピザ・スラ イスもHuippu(フィップ)のキッチ ンで焼き上げられています。 冬の間の人気のランチメニュー としては、サーモンのスープ、ト ナカイのソテー、イナリ(Inari)ホ ッキョクイワナ、ならびにスモーク したトナカイの肉とフィンランド産 のスクウイーク・チーズ(squeaky cheese)がたっぷり入ったクリー ムソース和えの牛ヒレ肉である Huippu(フィップ)特製エスカロ ップなどです。また、その他のス ープ類や嬉しいサラダ・ビュッフ ェもランチタイムの名物となって います。 ディナー時ですが、Huippu(フィ ップ)は注文ベースの営業となり、 しばしばウェディングや家族での 催しの場として利用されます。さ らに、カーモスヤツ(Kaamosjazz)

やタントゥリブルズ(Tunturiblues) といった時期には様々なイベント が開催されます。レストランには3 品の直火メニュー、5品のディナ ー用メニューおよびビュッフェが ありますが、こうした時期には特 別メニューにて営業されます。 「Viime Hetket Tunturissa」(「フ ェルの最期(Final Moments by the Fell)」と呼ばれるブランチで すが、飛行機が離陸する前の朝 9時から昼12時までの間に、注文 方式で食することができます。とり わけ、フェル(fells)での日の出は サーリセルカ(Saariselkä)を訪れ る観光客には素敵な思い出とな るはずです。 Huippu(フィップ)の隣にある Tuliaistupa(トゥリアイストゥパ)は ギフトやお土産を扱うギフトショッ プで、レンメンヨキ川(Lemmenjoki River)産の暖かいウールや毛皮 製品、ゴールドなどを購入する ことができます。春の初旬から開 放されるテラスには観光客向け に100席以上のシートが用意さ れます。

Teerenpesä Gourmet Platter に魚とトナカイをご提供 ラップランド・グルメプレート (Lapland Gourmet Platter) – マスのマリネ、コールドスモ ークサーモンのタルタル、タ ラコ、ティピーのロースト、トナ カイのリエット – はレストラン Teerenpesä の最新の 前菜 料理です。お料理は、ホスト ファミリーが地元にぴったりな 居間へ変身させたサロンで夜 遅くまでお楽しみいただけま す。Teerenpesä はほぼ年中 無休営業で、秋と冬のシーズ ン中は毎日正午から翌朝4時 まで営業しています。 レストランのメニューでは、シ ンプルなトナカイのヒレ肉か ら、とろ火でよく煮込んだトナ カイのシチューまで様々な種 類のトナカイ料理をご用意し ています。 前菜とメイン料理の後には、 デザートメニューから、例えば ラップランドの伝統的なフィン ランド絶品チーズ、ラップラン ドのベリー類を使用した美味 しいチョコレートやデザートな どを注文できます。 - 食材がいいと料理が楽しい ですね、とシェフのユハ・ルタ ネン(Juha Rutanen)は笑みを 浮かべます。 Teerenpesäで は地元の食材に力を入れて います:魚はイナリ湖、トナカ イの肉はIvalo に近いTolonen 村 、ベリー類とキノコ類は地

Teerenpesäでは、 ラップランド・グルメプレートを楽しめるほ か、 メニューからその他の料理もお選びいただけます。 元のベリー摘み取り人から仕 入れています。 - ここで最も人気のある伝統 料理はトナカイのフライとイ ナリ湖の白身魚です、と女主 人のアルミ・ルタネン(Armi Rutanen)は語ります。昼食は 毎日昼12時から午後4時まで となっていて、常時美味しい サーモンスープが食べられま す。味は常にシェフの保証済 みだそうです。 Teerenpesäのメニューはとて も幅広く、パブメニューからは ファヒータ、ハンバーガー、チ キンウィングが注文でき、お 食事しながら3つのスクリーン でスポーツチャンネルが見ら れます。ゲームをしたい気分 でしたら、ダーツかビリヤード が選べます。

レディーズ・ナイト(女性が男 性をダンスに選ぶ)は既に Teerenpesä の伝承的イベント で、常連客もいます。地元の Zorbasというバンドが音楽を 担当。いつも入場無料です。 レディーズ・ナイトは昔から変 わらず火曜日と木曜日に開 催されています。 多い日には400人近いお客 様で賑わったこともあります、 とアルミ・ルタネンは言いま す。 またTeerenpesäでバンド演奏 がない日は、いつもカラオケ・ ナイトが催されます。カラオケ は7000曲近くから選曲できま す。DJがお客様の「ご希望」 に沿って、懐かしの曲から新 しいパーティーヒット曲までを 深夜まで流し続けます。

LUMIではグラスシャンパン、神戸ビ ーフ、 タラバガニをご用意 レストランLUMI (『雪』) では、 新しい冬シーズンが始まる直 前にレストランをリフレッシュし ました。ダイニングホールの装 飾をきれいにし、お客様用トイ レ設備は改装、そして特にバ ーエリアは広くしました。拡大 したバーエリアには新しくオー プンしたシャンパン・バーがあ り、レストランの豊富なワインリ ストからグラスシャンパンを楽し めます – ワインリストの中には Dom Pérignon 2004も! シャンパンとご一緒に、おいし いドリンク、タパスまたはプチフ ールにも合うスイーツや塩味の スナックが楽しめます。 シャンパン・バーの隣には、暖 炉があり、119席あるダイニング ホール全体から見える暖炉の 火を眺めて楽しめます。やわら かなぬくもりのある暖炉を、毎 日午前11時から夜遅くまで楽 しめます。 レストラン LUMIは、神戸ビー フメニューのある、フィンランド でも数少ないレストランのひと つです。和牛の神戸風ビーフ またはビーフヒレ肉は、認可を 受けてニュージーランドで育 てられた雄牛で、もともとは日 本の神戸雄牛。専門家の話で は、神戸ビーフの秘密は、そ の霜降り肉に隠されていて、雄 牛の食欲を増加するためにビ ールを与え、日本酒 によるマ ッサージと日本の俳句の読み

聞かせで育てているという事に あるのだそうです。神戸ビーフ は、十六大角豆‐ベーコンロー ル、Lumiのスパイスバターグレ ービーソース、ニンジンピュー レと一緒にお出しします。 たいへん好評の北極海タラバ ガニはレストランの冬メニュー として続けます。タラバガニは ノルウェーのVarangerfjord領 域の北極海から捕獲しており、 レストランのメニューに毎日あ ります。 「タラバガニは常に最新の捕獲 シーズン、つまり10月~11月 のものです。レストランのキッチ ンで全ての調理工程を行いま す」と、レストランの支配人カイ ヤ・ルタネン(Kaija Rutanen)は

話します。 冬シーズン中、メニューには、 トナカイの挽肉で作ったトナカ イのフォルシュマークがまだあ ります。レストランでは、トナカイ のフォルシュマークと一緒に、 ハウスポテト・フラットブレッド、 ピクルス、ビートルート、サワー クリームをお出しします。レスト ランの一品料理メニューにも、 伝統的なラップランドのごちそ うがたくさん並んでいます。 レストランLUMIは、毎日午前 11時から少なくとも夜10時まで 営業しています。昼食と夕食の ビュッフェテーブルは団体のお 客様のみとさせていただいて おり、ご利用にはご予約が必 要です。

レストラン LUMIはこの冬シーズンを新しい外観でオープン。 写真はレストランの新しいシャンパン・バー。

サウナの後はKiilopääの Kammi でステーキとワイン 地元のトナカイ、近くの水辺か らの魚、その年のベリー類など の美味しいごちそうは、Suomen Latu Kiilopääのステーキハウス 兼レストラン・カフェ Pihvitupa Kammiで楽しめます。 Pihvitupa Kammiのメニューテ ーマはラップランドからアイデ アを得ています。 『Vaeltajan erikoinen』 (『バックパッカー・ス ペシャル』) には、テンダーロイ ンビーフと一緒にスモークしたト ナカイとブルーチーズグレイビ ーソースまたはゴートチーズと洋 ナシと赤ワイングレービーソース があります。トナカイ放牧者のペ ッパーステーキにはコニャックペッパー-クリームグレービーソ ース、地元トナカイのヒレ肉には クリーミーな猟の獲物肉グレー ビーソースを一緒に食べます。 お肉の代わりにハーブ添えのサ ーモンかイナリの白身魚のロー ストがあります。 Kammiには独自のワインリストが あり、サロンホステスがお客様の ワイン選びをお手伝いします。 レストランのランチにはスープが 用意され、ビュッフェは昼12時 から午後2時までとなっていま す。夕食時間はビュッフェにス ープ、サラダ、お肉、お魚、ベジ タリアン料理、ドリンク、デザー ト、コーヒーが用意され、夕方6 時から8時までとなっています。 カフェテリアでもその日のお魚 かステーキ、サーモンスープ、ト ナカイのソテー、トナカイのヒレ 肉が用意されています。メニュ ーリストにはお客様の希望でフ

Kiilopääの Pihvitupa Kammiでジューシーなステーキをお 楽しみください。 ライドポテト、トナカイの肉、卵が 並ぶLapinpannu (『ラップランド 鍋』) も用意します。 Kiilopääのペイストリーはクラウド ベリー、リンゴンベリー、ブルー ベリーで作っています。ハイシ ーズン中は、パン職人が朝食用 のベーグル、パイ、ドーナツを用 意します。 カフェテリアではトレッキング用 のサンドイッチパックが買えま す。ロビーのMinimarketには 食料雑貨、衣料、土産品があ ります。 Maahiskammiは泥炭で覆われて いて、独自の特別注文メニュー があり、そこではソーセージを炒 めたりパンケーキを焼いたりで きます。ここは100席もの広さが あります。 Suomen Latu Kiilopääのスモー クサウナでは毎週木曜日に皆さ

んを入浴とお食事にご招待して います。このプログラムパッケー ジにはSaariselkä-Kiilopää間の 送迎、Kuurakaltioのスモークサ ウナと水泳用の湖面の氷の穴、 サウナの後の Pihvitupa Kammi でのステーキディナーが含まれ ています。木曜の他に、火曜日 もスモークサウナが熱くされて います。水曜日と金曜日は午 後3時から午後8時までとなって います。 Kiilopääでは、アウトドアファンの 方が濡れた服を掛けて乾燥でき るよう2つの乾燥用キャビネットを ロビーに設置してあります。スキ ーの後などの寒気にはロビーに ある毛布をお貸しします。 2014 年は Suomen Latu Kiilopääの50周年記念ですの で、その内容はメニューやイベ ントでもお目にかかれます。


13

PetronellaとPirkon Pirtti ではラップランドの 最高のごちそうをご用意 いかがでしょうか。 Petronellaは4月末まで毎日午後5時から午後11時まで営業してい ます。 クリスマスの時期には、12月24日に伝統的なクリスマスビュッフェを ご用意いたします。あらかじめテーブルのご予約をされるようお勧 めいたしますが、それ以外は通常通り営業しています。

レストランPetronellaは、1989年からすでにラップランドで最も人気 のレストランのひとつとなっています。 今日まで15 年近く、この趣のある環境でお客様にラップランドのご ちそうを楽しんでいただいています。 この冬のメニューは主に有機栽培の食材と地元の食材から作られ ています。北欧の森と水は食材の素晴らしい源で、その食材で食 欲をそそる料理を作っています。トナカイはここの最も有名な食べ 物で、トナカイの肉でおいしい前菜とメイン料理を作ります。 メニューの中で一番人気の狩猟鳥は、通常ラップランドのカラフト ライチョウです。Petronellaでは、カラフトライチョウとトナカイのごち そうの両方を同じプレートでご提供しています。例えば、カラフトラ イチョウの胸肉の炙り焼きとトナカイ子鹿のローストなどです。 レストランでは趣のある夕食に素敵なワンシーンをご提供します – 暖炉のそばで仲間と楽しく、並んだごちそうを食す夜というのは

レストランPirkon Pirttiの企画は良い食べ物をできるだけシンプル にという感じと素敵な雰囲気を基にしています。昨年の夏、レストラ ンの模様替えをして、それが今、新鮮な息吹とともにラップランド精 神を映し出しています。 ダイニングルームの暖炉が夜の楽しい炎 をつとめます。温かく心地良い雰囲気のPirkon Pirtti へご来店くだ さい。故郷に帰ってくるような感じです。 レストランのメニューには全てラップランドのおなじみのごちそうが 並んでいますが、新しいメニューも入っています。ペッパーサーモ ンまたはトナカイのヒレ肉のカルパッチョは、かなり食べ歩いている 食通でさえ舌をうならせることでしょう。 メイン料理には、ラップランドの最高の魚であるサーモン、白身魚、 北極イワナが同じプレートに並んでいる北欧魚セレクションをぜひ お試しください。 他にもトナカイのフライやトナカイのヒレ肉があり ます。 Pirkon Pirttiにはピザもあり、ピザのトッピングにもラップランドの食 材が使われています。お子様用メニューもご用意いたします。 Pirkon Pirttiは4月末まで毎日午後3時から午後11時まで営業して います。 この2件のレストランで、ラップランド精神を体験して、北の素晴らし い思い出をお持ち帰りください。

Spa Rakka では地元のごちそうをご提供

Rakka のマスのフライは 、ニンジンプリン、 レモン風味のマッシュポ テト、 タルタルソース、 ディルが付いてきます。 Holiday Club SaariselkäinのレストランRakka で最も有名な料理は、ト ナカイのフライと窯で焼いた子羊のロースト『robber’s roast(泥棒のロ ースト)』です 。トナカイのフライには、ハウスのマッシュポテト、リンゴン ベリージャム、小キュウリが付いてきます。Rakkaでは、トナカイの肉は Utsjokiから、robber’s roastの子羊肉はMeri-Lappiから仕入れていま す。この子羊肉の料理には薬味として温野菜、ガーリックポテト、リンゴ ンベリージャム、赤ワインソースが付いてきます。

Rakkaでは地元の食材として、イナリ湖の白身魚、マス、北極海のサー モンなども取り揃えています。白身魚のフライには ニンジンプリン、ポ テトグラタン、バターとオニオンソースが付いてきます。マスにはニンジ ンプリン、レモン風味のマッシュポテト、タルタルソース、ディルが付い てきます。 ラップランド・プレートには、冷たいスモークサーモンとトナカイ、イナリ のシャントレル茸、ディルクリーム、ブラックカラント・ゼリー、ライ麦パン のフライといった料理が並びます。 トナカイは、サーロインヒレ肉、またはシャグマアミガサ茸とスモークした トナカイのスープでもお楽しみいただけます。 その他の人気の Rakka メニュー はミニッツ(薄切り)ステーキとグリルス テーキです。 レストランではピザとハンバーガーもあり、人気のGuksiピザはスモーク したトナカイ、オニオン、パイナップル、ブルーチーズをトッピングしたも のです。ピザはテイクアウトもできます。 レストラン Rakkaは、12月初旬からエピファニー(キリスト教祭日で2014 年は1月6日)までのハイシーズン中は 毎日昼12時から夜10時まで営 業しています。 Spa Restaurant Revontuliでの夕食はビュッフェとなっていて、ハイシー ズン中は毎日夕方5時から8時までお食事ができます。ビュッフェでは サラダのほか、温かい肉料理と魚料理、野菜、スープ、デザート、コー ヒーを提供しています。 Spa Pool Barでは、ドリンクとオニオンリング、ハラペーニョ、モツァレラス ティック、いろいろなディップの入ったバスケットなど、美味しいアペタイ ザーが注文できます。 HS

新旧のテイストが見事に融合するラーニラン・キエヴァリ ラーニラン・キエヴァリ(Laanilan Kievari)に暮らす人々は賑やかで活 気に満ちた冬を恋い焦がれています。昼食のスープはもちろん、その 日に必要な料理や調理を夕方4時までに済ませると、その後はアラカ ルトの料理を楽しむ時間となります。中でも、直火で調理したホワイトフ ィッシュ(白身魚)、一晩かけてとろ火で煮込んだトナカイのガスキン( すね肉)、クロライチョウの肉は人気の品です。あらゆる料理にはラップ ランド(Lapland)ならではの伝統的な味がアクセントとして重用されてお り、地元ならではの食材が多用されています。キエヴァリ(Kievari)の人 々にとって、地元の料理や新鮮な食材こそ充実した食体験を作りだし てくれる重大な要素なのです。 - ところが、彼らにとって一番大切なのは、ゆったりと、友人や家族と美 味しい料理を味わうひとときなのです。最近は、慌ただしく、一息入れ ようとせずにお腹に食べ物をかき込む人々も多く見かけますが、キエヴ ァリ(Kievari)では、喧噪とは無縁に、素晴らしい料理を味わう至福を堪 能していただけます。 レストランですが、キエヴァリ(Kievari)には多彩な体験ができるはずで す。田園地方にはサウナが2軒あり、ともに30人程度を収容できる広さ があります。サウナでは、氷湖のプールに浸ることもでき、冬ならでは の、そして本格的なフィンランド文化を味わうことができます。さらに、10 人程度が入浴できる温水プールもあり、スキーを楽しんだ後に北極光 (Areola Borealis)を堪能したり、満天の星が輝く夜を優雅に過ごしたり するには最適で、おまけに筋肉の疲れや痛みも癒やされるはずです。 キエヴァリ(Kievari)の新参者であるNyytiとTuutikkiという2匹のトナカイ は群れからはぐれているところを保護されました。この2匹は田園部の

牧草地に暮らしており、たくさんの観光客が一目見ようと訪れており、 好物の地衣類を直接餌付けすることも可能です。キエヴァリ(Kievari) には、2匹のトナカイの他に、冬になるとやってくる4匹のアヒルも良きゲ ストであり、彼らが毎週泳ぎに出掛ける様子を見るのは微笑ましく、そ んな時は、キエヴァリ(Kievari)名物のクロウベリーを使ったホット・トディ をすするのが最高の贅沢でしょう。 キエヴァリ(Kievari)では、毎週木曜日に「サースデー・プルーヴィ (Thursday Pruuvi)」が開かれ、多彩なワインを堪能したり、スパークリ ングワインとシャンパンの違いを楽しんだりすることができます。また、 毎週日曜日の12時から夕方6時までの人気のサンデー・ブランチも要 チェックです。

小腹が空いた時にお手頃価 格で楽しめるハンバーガー サーリセルカ(Saariselkä)には、気軽にお手頃価格で小腹を満たすこ とのできるダイニング・スポットが数多くあります。こうしたスポットでは、 自家製料理やグリル料理のみならず、トナカイやサーモンといった、あ りとあらゆるラップランド(Lapland)の珍味を多彩な料理にて楽しむこと ができます。 Muossi Grill(ムオッシ・グリル) Plaza by the Spa(プラザ・バイ・ザ・スパ)内にあるMuossi Grilli(ムオッ シ・グリル)では、ありとあらゆるファストフードを楽しむことができ、20種 類以上のミートパイ地のハンバーガーが目玉です。 1番の人気は「Rykimähampurilainen」[rykimä とはトナカイの発情期とい う意味] と呼ばれる、冷燻トナカイ、赤身100%のステーキ、ベーコン、チ ーズ、フライドエッグ、サラダを使ったハンバーガーです。 トナカイの肉を使ったハンバーガーですが、100%赤身のステーキ、冷 燻トナカイの刻み肉、チーズ、サラダ、サーモンのハンバーガーには、 ローストしたサーモン、タルタルソース、サラダが使われています。さら に「Äijähampurilainen」[「マッチョ・ハンバーガー」] の中身は100gのス テーキ3枚、チーズ、サラダとなっています。 また、ライ(Rye)ハンバーガーを除き、ハンバーガーには粒粉ベーグ ルが使われているのが特徴で、ベーコン、ステーキ、フライドエッグ、サ ラダをライ麦のベーグルが挟み込んでいます。 ミートパイの中身ですが、赤身100%ステーキ、チーズ、ソーセージ、ウィ ンナー(フランクフルト・ソーセージ)から選ぶことができます。例えば、 「Lapikas」[伝統的なラップランド・ブーツ] は冷燻トナカイの肉、チー ズ、パイナップルが詰まったミートパイです。 Muossi Grill(ムオッシ・グリル)では、牛肉を薄くスライスしたものにフレ ンチフライとサラダが添えられた料理、あるいはトナカイのソーセージ、 ポテトウェッジ、サラダが盛られた「Poropeukalo」 [具器用な人という意 味で、poro とはトナカイを指す] も堪能することができ、コーヒー、ジュ ース等のドリンク類も充実しています。 座席数は20で、営業時間ですが、午後4時から午前2時で、シーズンに よっては午前4時までとなっています。 Lunch café Niesta(ランチ・カフェ・ニエスタ) Lunch café Niesta(ランチ・カフェ・ニエスタ)は、ビジネスセンターであ るLiikekeskus Siula(リーケケクルス・シウラ)の2階にあり、テイクアウト 用のテーブルが毎日ランチ提供の場となっており、メインコース、スー プ類、サラダ、ブレッド、ドリンク、コーヒーや紅茶なども楽しむことがで きます。 Lunch café(ランチ・カフェ)の目玉は、店内のキッチンで作られる自家 製料理で、メニューは毎日変わります。スープ類には、挽肉スープ、野 菜スープ、魚のスープ、ほうれん草のスープ、トマトのスープなどがあり ます。毎週木曜日にはエンドウ豆のスープが加わります。 温料理としては様々なグレイビー(ソース)やソースで和えた豚肉料理 からチキン、キャセロール(鍋料理)まで多彩で、サイドメニューには、 ポテト、ライス(ご飯)、野菜類などがあります。 Lunch café(ランチ・カフェ)のキッチンでは、毎日、トナカイの肉のソテ ーやサーモンのスープなどが調理されており、とりわけ観光客に人気 のメニューとなっています。また、ランチメニューにはトナカイの挽肉ス ープ、トナカイのソーセージ、サーモンのキャセロール(鍋料理)をは じめ、トナカイの肉やサーモンを使った多様な料理も用意されていま す。季節や収穫によるものの、地元の魚を使った料理も味わうことがで きます。 さらに、Lunch café(ランチ・カフェ)ではコーヒーや紅茶のお供に、塩 味や甘味のバンやパイといったペイストリーも注文可能です。 Lunch café Niesta(ランチ・カフェ・ニエスタ)の座席数は50で、営業時 間は11月9日より毎日午前11時~午後6時です。 Cáfe-Restaurant Kuukkeli(カフェ・レストラン・クーッケリ) 自家製料理が目玉のCáfe-Restaurant Kuukkeli(カフェ・レストラン・ク ーッケリ)はショッピングセンターKauppakeskus Kuukkeli(カウッパケス クルス・クーッケリ)に隣接し、ランチの営業時間は午前11時~午後1 時、ディナ-は午後1時~8時半となっており、共にビュッフェ形式にて サラダとコーヒーを楽しむことができます。 常に人気の高いラップランド(Lapland)料理として挙げられるのがトナ カイの肉のソテーですが、同時にサーモンのキャセロール(鍋料理)、 サーモンのスープ、スモークしたトナカイのキャセロール(鍋料理)、ト ナカイの挽肉ステーキ等も試す価値があります。また、日本人客には 特製料理が用意されています。 1番人気の高いハンバーガーと言うとやはりトナカイのハンバーガー で、特製ピザにはトナカイとサーモンが使われており、さらに15種類か ら気に入ったトッピングを選べるピザもあります。ピザとハンバーガーは テイクアウト可能ですが、50席がある店内で食べることもできます。同時 に、ランチやディナーの料理もテイクアウト可能です。 Cáfe-Restaurant(カフェ・レストラン)に隣接するのがホーム・ベーカリー およびホーム・キッチンで、様々な焼きたてのブレッド、バン、塩味の軽 食類を購入することができます。スモークしたトナカイとポテトのフラッ トブレッド添え、クラウドベリーのドーナツとトナカイ肉のパイやミートパ イ、ジャイアント・ドーナツは自慢の逸品で、一方のホーム・キッチンの 人気メニューはトナカイ肉のソテーのマッシュポテト添え、ならびにスモ ークしたトナカイのキャセロール(鍋料理)です。 このカフェはビール類の酒類販売許可を取っており、最新の目玉商品 が特製コーヒーです。 Cáfe-Restaurant Kuukkeli(カフェ・レストラン・クーッケリ)およびホーム・ ベーカリーとホーム・キッチンの営業時間ですが、年中無休で午前9時 から午後9時です。


14

ArcticQueen®はデザイ ンセンターの商標です

Angry Birds™ © 2009 - 2013 Rovio Entertainment Ltd.

ピルヨ・カルボネンとユハ・コイビストはサーリセルカでの起業家として10年目を始めた。

POLARNIGHT Basketball Saariselkä

N! I W

Rudolf the Reinde er

Fri 20th DEC at 3-5

pm

e! juic t o H Fun!

Saariselkä Marketplace Angry Birds(アングリー・バーズ)アクティビティ・パーク&ス in front of Angry Birds activity park パ正面の市場 Organize: Saariselkä News in cooperation with Joiku Kotsamo Safaris, Galleria Lumikko, Ski Wear, Holiday Club Angry Birds activity park, Partioaitta, Lunch restaurant and cafe Niesta, Hippupuoti, Design Center, Kuukkeli supermarket, Sportia Ivalo

9年前のサーリセルカでは、デザイン製品の 専門店を始めるというのは未知の世界に飛 び込むようなものだった。その彼らが、一年前 に自分たちの服飾のコレクションを創りだした のも同じような挑戦だったと言えるだろう。し かし、ピルヨ・カルボネン(Pirjo Karvonen)とユ ハ・コイビスト(Juha Koivisto)は正しいアイデア が浮かんだ時には決して躊躇わない。 ArcticQueen®(アークティッククイーン)のコレ クションは、客が店のフロントドアを開ける度に 忍び込んでくる冷たい風から生まれた。ピル ヨ・カルボネンが自分のために編んだ長いレッ グウォーマーに、客が興味を持ったのだ。 - 買いたいという人がいて、レッグウォーマー がリストウォーマーになり、ネックウォーマーに なりました。 次に彼女が編んだのは、店で働くのに最適な 短いポンチョだった。店の客はまたしても興味 を抱いた。素早く着られて、脱げるというシン プルなアイデアを元にしていたからだ。 関心が高まるなか、彼らは適した生地を探し 始める。彼らの知るイタリア人が、一つの織布 工場についての手がかりを与えてくれた。イタ リアへの旅にて、彼らはそこからもう一つの小 さな工場に導かれることになった。 - 私たちにはパートナーとなる工場が必要で した。その工場は私たちのデザインしたパタ ーンそのままに布地を織ることができ、またそ れをいつでも供給できなければいけません、 とカルボネンは言う。 モノクロームのウール生地に加えて、今では、 花柄、水玉柄、丸柄の生地も生産ラインに乗 っている。これらの生地も前述の工場で作ら れているのだ。 昨年の冬、ArcticQueen®のコレクションの需 要は爆発した。ピルヨ・カルボネンは日中は店 で時間を過ごし、夜は客が注文した商品を編 んだ。ユハ・コイビストも出来ることを手伝った のだ。最大の成功を収めたのは、カドルケー プ(Cuddle Cape)だ、このケープはちょうど恋 人の手が入るだけの大きさの穴が開けられて いる。また、レッグウォーマーやネックウォーマ ーのような小品の売れ行きも好調だ。 今までのところ、 ArcticQueen®は大きな投 資なしにやってきた。ファミリー内に最初から 縫い手が存在したからだ。しかし、2014年度 には国際電子商取引の計画があるため、将 来的には、他の縫い手が必要になるかもしれ

ない。それには迅速な納入が必要になるか らだ。 トレードマークとトレードドレス - 実は、衣類のサイズは一つだけなんです。 だからプレゼントやおみやげにとても向いて いると思います。でも、例えばヨーロッパ人と 日本人を見てみれば分かるように、国によっ て身長は変わってきますから、私たちにも違 うサイズが必要になってきます、カルボネンは 言う。今では、コレクションは子供向けも提供 している。 ArcticQueen®のサマーコレクションは2013年 の7月に発表された。生地にはモノクロームの リネンコットンを使い、現在、コレクションはカド ルケープ、ポンチョ、ドレス/チュニック、クロッ プドパンツ、そして調整可能になっているロン グパンツから成っている。生地には太陽と砂と 水の香りがある。 ArcticQueen®の商標は昨夏に登録さ れ、2013の10月にトレードドレスとしての登録 も受けた。衣類に穴を開けることでトレードドレ スの登録を得たことは、カップルを面白がらせ たが、ここには深刻な意味も含まれている。私 たちはMarimekkoの盗作スキャンダルを思い 出さざるを得ない。 - ウクライナのアーティストが描いた本からイ ラストをコピーするのは、デザイナーにとって 大きな間違いでしたね、とユハ・コイビストは言 う。しかし、彼は陶器からコピーしたと言われ ている干し草畑と空の風景が盗作だとは思っ ていない。それは十分に異なるし、「干し草畑 は干し草畑」だからだ。 - 自分で物をデザインするというのはエネル ギーを与えてくれます。たとえ、それが生産過 程に入る前にものすごい時間を必要とすると してもです。忙しくない時間に自分の店で、成 功するような構想を練って、それをテストする のはそれほど難しいことじゃありません。 将来的には、デザインセンター(Design Center)の服の販売は自身のArcticQueen® コレクションが中心になるだろう。店は今でも Marimekko、Pentik、Aarikkaの製品、Lahtisen によるフェルトシューズ、Töysänの靴、10人の 宝石職人による宝石など、多くの商品を扱っ ている。 更に、彼らは自分たち自身のバッグと宝石の コレクションも計画しているのだ・・・

サーリセルカ・サノマトは北ラップランドの旅行専門雑誌です!


15

SAFARIS

SAFARIS


16

Inari

Piepaljärvi wilderness church Nature track

Luontopolun lähtöpaikka/ päätepiste

1 2

Nuorgam

168 km

Oravala

Utsjoki

7

124 km Sevettijärvi

111 km Karigasniemi

Activity Services Services || Accommodation Accommodation Activity 0400 948 948 210 210 || Utsjoki Utsjoki || poronpurijat.fi poronpurijat.fi 0400

98 km

7

Ekorrensaari

Ojansuu

Kaamanen

Uhoniemi

6

en tie

Ka am

8

Lammassaari

em

4 ase

Kirkkoniemi airport 186km

Hautausmaa

vin i

E75

Sar

An ge li

nti e

28 km

nti e

Lake Inari

Vuopaja

4

Oi Juutua! -nature track 7,5 km

Juutuanvuono

Vuopajanniemi

lliontie

Huutoka

1

n-

a atam Kalas tie Oi Juutua! -nature track 7,5 km

Varissaaret Pappilanniemi

5

ne

lla

nti e

Kitti

Pe tro

Kalanvilj.

3

ntie

län tie

ut

Honkaniemi

2 Paa n

neti

e

Inarin tie

E75

Lehtolantie

ua

nti e

4

Karhunpesäkivi

Ven täjä

Kitti

Siulatie

e Itkosenti

Pa ht aju

955

e Postimatinti

3

ntie eta

Kultamiehentie

tie

u ats nr

500 m

eke Kat

M

ntie nvaara

e

en

e nti ske iko r a Sa

Uruniemi Camping

1 Kirkkoranta

Juutua

8

Ranta-Antintie

Juutuanjoki

6

Inarintie

sty e Py rvati ko tie en rv sjä

17 km Ivalo

5

40 km

Lemmenjoki

45 km

Saariselkä

75 km Nellim

80 km

mm

en

Lemmenjoki nationalpark

4

joe

nti e

Ivalo airport 47 km

9551

Tourist information

sports field

church

campfire place

Airport

Camping area

SIIDA, Sami museum

gas station

grocery

5

SAJOS, Sami cultural centre

marina

Hotel

6

Tunturin taidetupa

7

Poronpurijat

Nature track

Restaurant

8

Inarin Kultahovi

attraction

Cafe

1

Safari office & Inari Aurora Resort

2

Holiday Village Inari

3

Sami church

4

skiresort

© Ukko Media Oy 2013

Le

Kitti

Ravadas waterfall

län tie

955


17

イナリはサーミ文化とアルチザ ン(職人)の村です。 イナリ村は、アルチザンの村になりました。数十年に渡りこの村 にワークショップを持つ経験豊かな職人ばかりでなく、新しく入 村した若い見習い職人を見かけます。 彼らは村のSaamelaisalueen koulutuskeskus(またはSAKKサー キ;サーミ地区の職業訓練センター)に特別に配属され、硬質 と軟質の素材を用いた伝統的な手工芸技術を学んでいます。 職人達がこの村に集中するもう一つの理由:北部地域は昔か らショップが遠くほぼあらゆる物を手作りしていたため、常に手 工芸の訓練が必要でした。また、多くの原料が近郊で手に入る こと、例えばトナカイの牧畜はこの地域で盛んで毛皮の入手が 容易であることなどが理由に上げられます。 古い小学校が職人のために再び開かれることになり、職人の 重要性がより高まりました: 職人の多くがその建物ですでに働いており、サーミ・ドゥオチ( サーミ人の手工芸品を扱う組織)登録手工芸協会アドバイス・ センターも階下に開かれます:総合素材センターとしてばかり でなく職業訓練と作業のための施設です。 サーミ芸術工芸作家、Petteri Laitiさんは、AteljéSamekの改築 工事を避け作業台を古い学校へすでに移動させました。手工 芸学を卒業したサーミのAslak Laitiさんは、父親の見習い職 人として家で訓練を受けています。また、ルーツと銀のジュエ リー作家Elle Valkeapääさんと銀のジュエリー作家Neeta Inari Jääsköläさんは、家の中に作業場を持っています。 今、ショップと展示のためのスペースを階下にとることができ ないかと検討中です、とPetteri Laitiさんは話します。古い小 学校は、村の中心のSaamelaismuseo Siida(サーミ博物館)と Saamelaiskulttuurikeskus Sajos(サーミ文化センター)の中間 の便利な場所にあります。将来長期的な安定が見込めれば、 職人達は家の中から外へとその活動を拡大していくこともでき るのです。 大人気の手工芸品 ジュエリーの需要に製作が追いつきません!とPetteri Laitiさ んは話します。 サヨスでサーミ・ドゥオチのショップを管理するAune Mustaさん によると、ありとあらゆる工芸品が飛ぶように売れているそうで す。 - 大部分はジュエリーですが、バッグ、ポーチ、CDばかりで なく、サーミの伝統的なドレスなどの一部も売れ行きが好調と Mustaさんは話します。すでに若いジュエリー作家が創作を始 めていますが、残りの工芸品は職人がいないため品薄となっ ています。

Aune Musta. - Laitiさんによると、名人と呼ばれる手工芸作家達は年をとっ てきており、靴、トナカイの毛皮のコートや帽子、そしてトナカイ の毛皮のレッグウォーマーなどの職人が不足しているそうです Petteri Laitiさんは銀から家庭用品などを巧みに作ります。か つては動物の骨から作られていましたが銀のほうが長持ちす る上に、最近は、利用可能な動物の骨よりも手に入れるのが簡 単です。 - 素材を生かした、価値があり耐久性のあるもの、Laitiさんは 自分の工芸品製作の基本をここに置いています。そして他の 職人達は、手工芸が依然としてひとつのライフスタイルであるこ とを固く信じています。 ただし伝統的なサーミの手工芸品は決して安価ではありませ ん – 機械で製造されたり、安く製造する国からの輸入品とは比 較すべくもありません。 その素材の性質上、伝統的なサーミ手工芸品が機械で加工 されることはほとんどありません。毛皮のブーツを作る時のよう に、Paulanauha(サーミの衣装用の伝統的なリボン)を織るには 非常に時間がかかり、機械で織ることはできませんと、Mustaさ んは説明します。 Helena Sahavirta

スノーシューズ(かんじき)は、山歩きを楽しむ 人々を魅了する便利な装備

スノーシューズウォーキング は、あらゆる年代とフィットネス レベルにあった簡単で楽しい スポーツです。スノーシューズ ウォーキングを始めるには、ト レーニングコースに参加する のが最も手っ取り早いでしょ う。(スオメンラツ・野外レクリエ ーションスポーツ協会主催の スノーシューズキャンプなど) スノーシューズは、スキーより 早く発明されています。フィン ランドでは、100年以上に渡り スノーシューズが使用されて おり、主に伐採現場や国境 警備隊などで使用されてい ます。 ここ十数年でスノーシューズウ ォーキングは、愛好者の増加 にともないスポーツとして確立 され、独自の協会とトレーニン グシステムを持つようになりま した。Latu & Polku 誌の大規

模なアウトドアに関する調査 において、その18%もの読者 がスノーシューズウォーキング を趣味にしていると回答して います。 スノーシューズウォーキング は、大きな費用をかけずに始 められる総合的な筋力増強に 役立つフィットネススポーツで す。大人、子供、運動不足の 人、熱心なフィットネス愛好家 など、スノーシューズウォーキ ングは誰にでも気軽に始めら れます。 このスポーツの秘密は、その 簡単さにあります。歩くことが できる人なら誰でもスノーシュ ーズを使用できます。スノーシ ューズウォーキングの難易度 をあげるのはあなた次第:スピ ード、強度、距離を自分の体 力に合わせて調整できます。 ただし正しいテクニックを身 に着けるには、トレーニングコ ースに参加することをお勧め します。 スノーシューズキャンプ Lumikenkäleiri ( スオメン・ラ ツ・キロパー 11月27日から30 日催行)では、単独行のスノー シューズウォーキング技術を 習得できます。コースの期間 中、参加者はスポーツとして のスノーシューズウォーキング を学びます。その内容は、旅 程の組み方、スノーシューズ 装備の選び方や使い方、スノ

ーシューズウォーキングに必 要な実用的な技術など多岐に 渡ります。キャンプは、素晴ら しい景色に恵まれたウルホ・ケ ッコネン (UKK) 国立公園への デイトリップを含みます。コー

スのインストラクターは、スノー シューズウォーキングのエキス パート、ノルウェー人の HansOle Homelien さんと、キロパー からのフィットネスインストラクタ ー、Maria Tölli さんです

サーメ文化と北の自然の窓口!

サーメ人博物館・自然センター

www.siida.fi

シーダ(Siida)Inarintie 46, FI-99870 Inari 電話 +358 400 898 212 観光情報 +358 40 168 9668 レストラン サッリット(Sarrit)電話 +358 40 700 6485 営業時間 9/20~5/31 火~日10時~17時、月曜定休


18

2014年 ハッピー・ニュー・イヤー! 1月1日 新年の初スキーブーツダンス、Oiva & Zorbas、 Hotel Laanihovi 14:00-17:00 1月6日 – 4月13日 毎週水曜日、ディナー、Restaurant Kota 18:00 1月12日 – 13日 The Billheet – ミニ展覧会&フェア(ケータリング業界の プロと学生向け)、Santa’s Hotel Tunturi 1月17日 – 18日 Tunturiblues、Santa’s Hotel Tunturi 1月18日 Tunturiblues デイタイムコンサート、 Restaurant Kaunispään Huippu 14:00 1月23日 – 27日 Skábmagovat – 先住民の映画祭、テーマ  北極圏の人々、Inari 2月22日 – 5月1日 スキーブーツダンス、Hotel Laanihovi 3月4日 パンケーキ火曜祭リ、Tankavaara 3月10日 – 4月20日 お笑いショー、Santa’s Hotel Tunturi 3月24日 – 4月20日 Tepee カラオケ、月曜日 – 火曜日、木曜日 – 金曜日 3月10日 – 15日 ガーリック・ウィーク、Restaurant Kaltio 3月24日 『On paikka rauhaisa』 コンサート、Anu Hälvä & Jouni Somero、Saariselkä Chapel 19:00 3月25日、4月1日、4月8日 北の味わいビュッフェ、Restaurant Siula 3月27日、4月3日、4月10日 金鉱掘りのビュッフェ、Restaurant Siula 3月29日 – 30日 フィンランドクロスカントリースキー短距離選手権( ヤングリーグ)、Inari 3月31日 – 4月5日 アスパラガス・ウィーク、Restaurant Kaltio 4月5日 Huuli & Harppuフェスティバル20周年記念コンサー ト、Kultahippu、Ivalo 4月5日 – 6日 トナカイレース、Inari 4月7日 Valoon コンサート、Arja Koriseva & Jouni Somero、 Saariselkä Chapel 19:00 & 21:00 4月10日 Hymyilevä Apollo コンサート、Saariselkä Chapel 19:00 4月18日 Vaskoolihiihto(スキーマラソン)、Saariselkä 4月25日 – 27日 Golden Bottle of Inari コンテスト、50周年記念、Inari 4月30日 Gold MuseumのWappurieha(メイデイ祭り)、Tankavaara

展覧会 『Towards the Arctic Ocean』 展覧会、Siula House、Saariselkä 『Päivi and Jessica Suomi』 美術展、Hotel Laanihovi 2013年6月14日 – 2014年5月26日 Eálli biras – ライブ環境展覧 会、Siida、Inari 2013年7月10日 – 12月31日 Urho Kekkonen国立公園30周年記念展覧 会、Koilliskaira Visitor Centre、Tankavaara 2013年9月6日 – 12月31日 『Kultajoki Kertoo』 展覧 会、Kultamuseo、Tankavaara 2013年8月29日 – 12月31日 Timo Huttuの油絵芸術作品展、Koilliskaira Visitor Centre、Tankavaara 2013年10月3日 – 2014年2月2日 『Sarvilakki ja Samsara』 展覧 会、Siida、Inari 2013年10月11日 – 2014年2月9日 『Arktisia Mielenmaisemia』 写真 展、Siida、Inari 2014年1月20日 – 5月30日 探鉱者のプロファイル、Gold Museum、Tankavaara

スキースクールにサボりなし どういうわけか、スクールというとあまり人を寄せつけない場所 だが、運の良いことに例外もあります。その一つがスキースクー ルで、ラップランドのどの スキーリゾートにもあります。サーリセ ルカ(Saariselkä)にあるスキースクールの今シーズン最初のリ ーダーはミッラ・ロッシ(Milla Rossi)で、この見慣れた山々で4 回目の冬を迎えたばかりです。 - サーリセルカのゲレンデは本当に素晴らしく、いくつかの上 級者コースや他にもいろいろなコースが全てのレベルのスキー ヤーのために用意されています。このスキーリゾートには2つの 山があり、スキーリフトでどちらにも上がれます。また、上級者で したら、ゲレンデ外のパウダースノーの中を滑ってくることもで きます。サーリセルカのスキースクールの校長であるミッラ・ロッ シはこう語ります。 フィンランド南部出身のミッラ・ロッシがスキーを始めたのは5歳 の時でした。運よく近くにスキーのゲレンデがあったため、彼女 の職業選択はすぐにはっきりしたものとなりました。 - 子供の頃から、スキーインストラクターになることが理想の仕 事だと思っていました。後にラップランドに夢中になって、北部 に仕事を見つけた時は一石二鳥という気分でした。 こうミッラ は語ります。 スキースクールは普段どんな感じですか? - コースは 午前10時から始まって遅くても午後5時には終わり ます。一日にコースがいくつかあって、それぞれ違うスタイルで 行っています。それは、普通にスキー滑降をしたい人もいれば スノーボードをしたい人もいますし、中にはテレマークスキーを したいという人もいるからなんです。全ての違ったスタイルには それぞれにインストラクターがいて、サーリセルカでは顧客の 国籍によって数ヵ国語で指導もできます。一番多い言語は誰 もがよく使う英語ですけどね。スキースクールの校長はこう挙げ ました。 スキースクールの生徒はどこの国々の人たちですか? - シーズン中は、スキースクールで何千人もの生徒を指導して いますが、本当にインターナショナルですね。シーズンの初め は大半の生徒がヨーロッパや極東などの海外からの人たちで、 春の時期だけは生徒の中にフィンランド人を見かけます。イン ストラクターは生徒をそれぞれの母国語で指導できるので、ア ドバイスもきっと理解していただいていると思います。ミッラ・ロッ シはこう語ります。 スキースクールではどのようなことを指導していますか? - スキースクールでは、それぞれの生徒がそれぞれのレベル に沿って個々に教わっていますが、初心者を教え始める場合 は、基本を習っていただくことが常に最も重要なことです。ま

スキースクールの講師がラップランドのスキーリゾートでスキ ーの秘訣を教えてくれます ず、スキー用具になれていただいてから、スキーリフトの乗り方 とゲレンデ内の安全について習います。そして そこで初めて 初心者向けのゲレンデに行くことができます。そこでは、シュテ ム(先端を内側にハの字形にして制動する)、ターン、安全な 転び方を練習していただきます。これらの動作を正しく覚えて いただくため、この練習も大切です。ミッラはスキースクールで の指導についてこう語ります。 ですから、スキースクールは、それぞれの人がどんな用具や技 術をもっているとしても、スキーを習うのに優れた安全な方法 なのです。インストラクターは全員が試験に合格した人たちで すし、また生徒の全員にはレッスン中の万が一の怪我に備え て保険がかけられています。そして通常のスクールとは対照的 に、生徒がスキースクールにいることを楽しんでいて、いつもニ コニコとしています。時には、レッスンが終わっても生徒がゲレ ンデから離れたくないということさえあります。 - それはいいサインですね。なぜなら、スキースクールがその 目的を果たしたということだからです。サーリセルカのスキース クールの校長ミッラ・ロッシはこうも言っている。

サーリセルカ (Saariselkä)のスキー場の売却 イナリ(Inari)の自治体はサーリセルカ(Saariselkä)のスキー 場事業の売却の準備を進めており、同委員会は、10月初 旬、スキー場の運営を行うSki Saariselkäの最低推奨総株価 を700,000 €(ユーロ)との結論を下しました。加えて、自治体 の委員会は、自らが借入資本の保証人となるべく、買主から 600,000 €相当の銀行保証を求めています。本年度末までに スキー場事業が新たな所有者に移転されることを目指してい ます。 生活サービス(livelihood services)担当で、インダストリー・マネ ージャー(industry manager)であるElinkeino & kehitys Nordica のJanne Seurujärvi氏は、売却の正式発表や引き合い段階 の前にもスキー場購入に関心を持った人々がいた、と言いま

In case of emergency 112

SAARISELKÄとINARIのイベント 12月10日 『Elämän kipunoita』 詩と音楽ショー、Café Savotta 19:00 12月11日 歌の集い、Café Savotta 19:00 12月14日 クリスマスイベント 14:00-16:00、Siida、Inari 12月20日 極夜バスケットボールイベント、 Saariselkä Market Square 15:00-17:00 12月21日 – 26日 オリジナル・フィンランド・クリスマスディナー、 Tankavaara 12月21日 展覧会ガイダンス(要入場券)、フィンランド語 12:30、Siida、Inari 12月23日 展覧会ガイダンス(要入場券)、英語 12:30、Siida、Inari 12月24日 フィンランドの伝統的クリスマス・ディナー、サンタクロースによる 訪問あり、Restaurant Siula 12月24日 Kaunispään Huippuでソリに乗るクリスマス平和宣言、 Holiday Club出発 10:00-11:30 12月24日 フィンランドの伝統的クリスマス・ディナー、 Hotel Laanihovi 18:00-21:00 12月24日 フィンランドの伝統的クリスマス・ディナー、 Restaurant Petronella 15:00-18:00 &19:00-22:00 12月24日 クリスマス平和宣言、 伝統行事、Restaurant Kaunispää 11:55 12月25日 インターナショナル・クリスマス・ディナー、Restaurant Siula 12月25日 Oiva Suutariによる歌とクリスマスソングへのご招待、 Hotel Laanihovi 14:00 12月26日 展覧会ガイダンス(要入場券)、英語 12:30、Siida、Inari 12月26日 ボクシング・デーのスキーブーツダンス、 Oiva & Zorbas、Laanihovi 14:00-17:00 12月27日 エルビス – クリスマスコンサート、演奏 Aron & Cool Company、Saariselkä Chapel 19:00 12月28日 – 1月4日 Nordic Hillsの神父Eija Kemppi、Saariselkä Chapel 12月29日 展覧会ガイダンス(要入場券)、英語 12:30、Siida、Inari 12月31日 新年のお迎え、Tankavaara 12月31日 大晦日のお祝いディナー、Restaurant Siula、 Saariselkä花火大会 12月31日 展覧会ガイダンス(要入場券)、英語 12:30、Siida、Inari 12月31日 大晦日祭、Riekonlinna 12月31日 インターナショナル新年祭、Hotel Laanihovi

す。Seurujärvi氏によると、10月中旬までには数組の見込み購 入者がいたそうです。 また、売却の要件としては、所有者(購入者)は、とりわけ様々 な規模の新しい建築物と構造物について予定されているサー リセルカ(Saariselkä)のスキー場敷地に準ずる、イナリ(Inari)自 治体とMetsähallitus(「森林局」)との間で基本合意書(LOI)を 締結することが規定されています。 「Metsähallitusと同自治体との間で締結する基本合意書(LOI) では、スキー場事業がサーリセルカ(Saariselkä)の集客要素の 1つとしてスキー場に展開されることが合意されます。これに付 随する手順や方策については、見込購入者との話し合いにて 詳細に煮詰められます」と、Seurujärviは説明します。

Saariselän Luontoratsut


19

Sajos(サヨス)はサーミ (Sami)人の拠点にして北 部最大規模の交流施設です

Sajos(サヨス)の漆黒の雨戸にはモミ材が使われています。屋内でも大きな窓から自然を楽しむ ことができます。 周囲を松林で覆われたユートゥアン・ラピッズ(Juutuanjoki Rapids)の川岸に佇むSajos(サヨス)は、北部ラップランド (Northern Lapland)におけるフィンランドのサーミ(Sami)人の行 政と文化の中心地であると同時に、会議および交流の中心とな っています。 Sajos(サヨス)は多目的に変化する建物で、メインのホール は、400人収容のホールから瞬時に2つの小規模ホール、1室の 講堂(オーディトリウム)および会議室に様変わりします。レストラ ンGalla(ガーラ)に隣接した好立地にある会議室は、備品や設 備を備え付けることで、すぐさま大規模または小規模のダイニン グ・ホールに変身し、講堂(オーディトリウム)のステージは必要 に応じて拡張あるいは縮小可能です。 Sajos(サヨス)の建設作業は、イナリ(Inari)の行政区村落にて 2012年に完了し、完成には1年ちょっとの歳月を要しましたが、 それまでには10年間に及ぶ資金確保を巡っての厳しい交渉、 設計段階および建築の請負者を決めるコンペが繰り広げられま した。最終的には、オウル(Oulu)のHALO Arkkitehdit Oyが建 築を請け負うことに決まりました。建設費総額1500万ユーロ、建 設者および所有者はSenaattikiinteistötで、イナリ(Inari)自治体 がSajos(サヨス)のための用地と自治区の公益事業の無償提供 および設置を行いました。 サーミ(Sami)文化は、Sajos(サヨス)の外観に明確に見てとれま すが、建物の曲線の枝分かれしたフォームは、トナカイの椎骨を イメージしていますが、同時に、(赤緑黄青のとんがりを持つ)民 族帽子Four Winds Hat またはトナカイの皮も思い起こさせてくれ ます。サーミ(Sami)の手工芸はあらゆるホールにあしらわれてお り、議会ホールの丸みはrisku(サーミ(Sami)の伝統的な宝石類)

SAARISELÄNTIE 1 Tel. +358 (0) 16 668 741

Sajos(サヨス) とは、 イナリ (Inari)のサーミ (Sami) 語で位置(position) また は拠点(base) という意味 です。

、講堂(オーディトリウム)の卵形はkiisa(箱)に由来します。屋内 については、地元の松林およびその他の淡い色の木製品が目 を惹きます。 壁には、Nils Aslak Valkeapää氏の絵画2点、Marja Helander 氏による写真、Outi Pieski氏による装置型のアート作品である Virta、Emo、Maaといったサーミ(Sami)人の芸術家によるアート 作品が展示されており、サーミ(Sami)の美術館であるSiida(シー ダ)はSajos(サヨス)からわずか200mの場所にあり、壮大なコレク ションが展示されています。 Sajos(サヨス)の大きな窓は、建物内に自然の森林を直接取 り込めるように設計されており、漆黒の雨戸はモミ材が使わ れ、kuntta(林床植生の移植)で敷き詰められた庭園(ヤード)と ともに、建物を周囲の自然と一体化させるのに寄与しています。 Sajos(サヨス)の運営を行うのは、サーミ議会(Sami Parliament) であるSaamelaiskäräjät、建物内の議会ホールおよび管理エリ アで、同時にSajos(サヨス)内には、工芸品ショップであるSami Duodji ry、Sami Library of the Municipality of Inari(イナリ自治体 サーミ・ライブラリ)、ラップランド(Lapland)の地区州行政府の拠 点およびSami Education Institute(サーミ教育協会)もあります。 さらに、数多くのサーミ(Sami)協会がSajos(サヨス)内に窓口を 設けています。Sami Archives(サーミ・アーカイブズ)およびサー ミ議会(Sami Parliament)の数多くのプロジェクト、The Indigenous Peoples’ Film Center(先住民フィルム・センター)、Indigenous Peoples’ Music Centre(先住民音楽センター)、Sami Children’s Culture Center(サーミ児童文化センター)、Sajos(サヨス)のカン ファレンス(Conference)およびイベント(Events)サービス等も建 物内にあります。 HS

概要: 多目的に変換可能な会議室 - 最大430人収容可能の会議/交流目的の部屋。 - 195~430人を収容できるメインホールは、Auditorio DollaおよびDollagaddiホールに分離可能。 - パフォーマー用のグリーン・ルーム(green room)が講堂 (オーディトリウム)に隣接。 - 議会(Parliament)ホールSoljuは60人収容。 - 会議(Meeting)室Silbaは10人、Nástiは15人収容。2部屋を 連結したSilbanástiは25人収容。 - 会議室Sistiの収容人数は16~20人。 - 付加的なクラスルーム(class rooms)。 - レストランGalla(ガーラ)は50人収容、会食の設定応相談。

Sami Duodji ry工芸品ショップはカンファレンス開催中営業 しています。

音声映像(視聴覚)スタジオ - 音楽スタジオではレコーディング可能。スタジオ施設には スタジオ、歌唱ブース、ボイスコントロール室、ライブ編集室 があります。 - ビデオスタジオにはマルチカメラ・システムをはじめ各種機 器が完備しており、ライブ編集室党の編集室もあります。

www.kukkolanbussit.com


20

TAX FREE

サーリセルカ・サノマト (Saariselkä News)  

サーリセルカ・サノマト は北ラップランドの旅行専門雑誌です!