Issuu on Google+


編 集 協 力

発 行

8 2 2 2

理 事 長 | 佐 東 範 一

N P O 法 人 ア ー ト N P O リ ン ク

ア ス タ く に づ か 4 番 館 4 階

神 戸 市 長 田 区 久 保 町 6 丁 目 1 番

〒 6 5 3

代 表 | 大 0 谷 0 燠 4 1

-

〒 6 0 4

-

京 都 市 中 京 区 観 音 堂 町 4 6 8 番 地 3 階

N P O 法 人 ダ ン ス ボ ッ ク ス

坂 田 太 郎 ︵ N P O 法 人 ア ー ト N P O リ ン ク ︶

内 山 幸 子

編 集 ・ 文 責

樋 口 貞 幸

イ ン タ ビ ュ ア ー

企 画 協 力

横 堀 ふ み ︵ N P O 法 人 ダ ン ス ボ ッ ク ス ︶

樋 口 貞 幸 ︵ N P O 法 人 ア ー ト N P O リ ン ク ︶

大 谷 燠 ︵ N P O 法 人 ダ ン ス ボ ッ ク ス ︶

企 画

全 国 ア ー ト N P O フ ォ ー ラ ム in 神 戸

2 0 1 4 年 2 月   発 行

神 戸 ・ 長 田   イ ン タ ビ ュ ー 集

全 国 ア ー ト N P O フ ォ ー ラ ム in 神 戸 ﹃ こ れ か ら の 10 年 を 考 え る ﹄

104


全国アートNPOフォーラムin神戸 これからの10年を考える 日程

2013年11月8日¦金 ̶ 9日¦土 ̶10日¦日

会場

ArtTheater dB 神戸|神戸市立地域人材支援センター

[1]11月8日 まちあるき「神戸・新長田まちあるき」 [2]11月9日 基調講演「ゆるゆる多文化、いとをかし」   金 千秋 活動プレゼンテーション「神戸を拠点に活動する市民団体・企業等の活動紹介と、市民活 動を支える仕組み」   おかんアート|音遊びの会|NPO法人ダンスボックス| NPO法人J-heritage|近畿タクシー株式会社|TOA株式会社 ¦¦ 荻原康子 [3]11月10日 分科会「世界の表現活動・市民活動とつながる結節点̶あたらしいプラットフォームの可 能性」   AAFネットワーク実行委員会|アジア・アートマネジメント会議| NPO法人エフエムわいわい|野菜食堂堀江座 ¦¦ 横堀ふみ 専門分科会「アーティスト・イン・レジデンスのいま̶求められるネットワークとは」    神山アーティスト・イン・レジデンス実行委員会| 城崎国際アートセンター開設準備事務局|NPO法人ダンスボックス| 公益財団法人滋賀県立陶芸の森|NPO法人S-AIR ¦¦ 菅野幸子|日沼禎子 専門分科会「これからの子どもを取り巻く環境を考える̶アートと子どもの現場から」    一般社団法人AISプランニング|NPO法人いわてアートサポートセンター| ENVISI|トヨタ・子どもとアーティストの出会いin石川実行委員会| NPO法人前橋芸術週間|NPO法人子どもとアーティストの出会い| NPO法人アスクネット|NPO法人ハート・アート・おかやま|NPO法人鳥の劇場| はれんちしまんとプロジェクト|NPO法人BEPPU PROJECT ¦¦ 大澤寅雄 全体フォーラム「これからの10年を考える」   参加者全員 ¦¦ 久保田テツ

103


10年が経ち「全国アートNPOフォーラム」が神戸に帰って来ます。 皆様、それぞれの10年があったと思います。ダンスボックスも大きく変化した10年でした。 大阪から神戸・新長田に拠点を移し、4年半が経過したなかで、実に多様な人たちと出会い対 話を重ね、時には協働してきました。 地域社会が抱える課題はこの10年でゆるやかに或いは急激に変化してきました。これらの 課題の解決にアートはどのように関与できるのか。10年を振り返りながら、これからの10年 を、 〈アート〉や〈NPO〉を軸に置きながら読み込んでいく機会になればと思います。 NPO法人ダンスボックス 大谷 燠

主催

NPO法人ダンスボックス NPO法人アートNPOリンク

共催

神戸市 AIRネットワーク準備会[専門分科会] トヨタ・子どもとアーティストの出会い[専門分科会]

協賛

アサヒビール株式会社 TOA株式会社 トヨタ自動車株式会社 神戸ビエンナーレ2013提携事業 「KOBEデザインの日」記念イベント2013

協力

AAFネットワーク実行委員会 NPO法人淡路島アートセンター NPO法人エフエムわいわい 公益社団法人企業メセナ協議会 NPO法人芸術と計画会議(C.A.P.) 新長田まちづくり株式会社 NPO法人たかとりコミュニティセンター

後援

神戸市教育委員会 神戸商工会議所 神戸新聞 神戸大学大学院国際文化学研究所

102


▲ 全国アートNPOフォーラムin神戸「これからの10年を考える」

101


100


多 い で す ね 。

よ う に 行 わ れ る の か 課 題 は

査 と 評 価 が 人 に よ っ て ど の

る こ と な ど を 考 え る と 、 審

行 き が 危 う く な っ て き て い

ジ デ ン ス へ の 支 援 事 業 は 先

方 都 市 単 位 の 連 携 か ら 志 向

役 割 を 国 家 単 位 で は な く 地

形 成 し て 、 ア ー ト が 果 た す

の 関 係 者 と ネ ッ ト ワ ー ク を

共 同 制 作 も 含 め て 、 国 内 外

で 創 出 し た 芸 術 文 化 を 国 際

99

た ア ー テ ィ ス ト ・ イ ン ・ レ

方 で 2 0 1 1 年 度 に 始 ま っ

に 通 り ま し た 。 し か し 、 一

ダ ン ス ボ ッ ク ス も 今 年 こ れ

堂 活 性 化 事 業 ﹂ が 始 ま り 、

れ を 踏 ま え て ﹁ 劇 場 ・ 音 楽

き た よ う な 気 が し ま す 。 こ

策 定 さ れ て ひ と つ の 芯 が で

が 、 昨 年 い わ ゆ る 劇 場 法 が

る し く 変 わ っ て き ま し た

で そ す れ ね か 。 ら ロ ー カ ル な 単 位

形 成 す る こ と を め ざ し た い

地 域 の ア イ デ ン テ ィ テ ィ を

に 寄 り 添 い す ぎ ず 、 新 し い

自 性 を 学 習 し な が ら 、 地 域

域 の コ ミ ュ ニ テ ィ が も つ 独

し た い と 思 っ て い ま す 。 地

た ち に 愛 さ れ る 劇 場 を め ざ

こ だ わ り な が ら 、 地 域 の 人

し た い と 思 い ま す 。

な が ら 、 今 後 の 活 動 を 展 開

と 。 そ の よ う な こ と を 考 え

生 的 な 社 会 を 実 現 す る こ

様 な 価 値 観 を 認 め 、 相 互 共

ト を 通 じ て 個 性 を 伸 ば し 多

を 受 け て い る 人 た ち に ア ー

  文 化 庁 の 助 成 金 は め ま ぐ

く れ ま し た 。

し て い く 予 定 で す か ?

新 長 田 と い う ロ ー カ ル に 代 社 会 の な か で 差 別 や 排 除

き も 15 人 く ら い 実 際 に 来 て

ル ー ジ ョ ン の 視 点 か ら 、 現

  ま た 、 ソ ー シ ャ ル イ ン ク

ワ ー ク シ ョ ッ プ を や っ た と   今 後 は ど の よ う な 活 動 を し た い と 思 っ て い ま す 。


組 ん で い き ま し た 。

談 を し な が ら プ ロ グ ラ ム を

の ア ー テ ィ ス ト 、 先 生 と 相

る 課 題 が 異 な る の で 、 講 師

で も 地 域 に よ っ て 抱 え て い

施 し ま し た 。 同 じ 神 戸 市 内

学 校 で ワ ー ク シ ョ ッ プ を 実

育 ﹂ で 神 戸 市 内 の 5 つ の 小

称 ﹁ コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 教

大 阪 に は 1 0 0 以 上 の 小 劇

で す が 、 ア テ が 外 れ ま し た 。

場 料 収 入 を 見 越 し て い た ん

大 阪 の と き と 同 じ よ う に 会

家 も 借 り て い ま す 。 当 初 は

ら ゲ ス ト ハ ウ ス と し て 一 軒

て い ま す 。 そ れ か ら 民 間 か

に 、 地 下 に ス タ ジ オ も 借 り

が 、 助 成 金 に 頼 る ほ か あ り

う の が 必 須 に な っ て き ま す

的 資 金 の 継 続 的 な 獲 得 と い

す 。 継 続 す る た め に は 、 公

が 大 き な 課 題 に な っ て い ま

い て い て 、 経 営 的 に は そ れ

も あ り ま す が 、 ま だ ま だ 空

ビ の 吉 本 の ラ イ ブ 撮 影 な ど

れ ま す 。 神 戸 市 職 員 向 け の

署 の 人 が 直 接 こ こ に 来 て く

れ て い ま す が 、 い ろ ん な 部

文 化 の 部 署 も い く つ か に 別

し て く れ る と こ ろ で す ね 。

局 が 横 断 的 に 関 わ っ て 協 議

は 、 課 題 が あ っ て も 市 の 部

  昨 年 度 か ら は 文 科 省 の 通

る の も 定 例 化 し て い ま す 。

高 校 で ワ ー ク シ ョ ッ プ を す

し て い て 、 こ の 場 所 の ほ か

は 、 そ こ と 使 用 契 約 を 交 わ

理 運 営 し て い ま す 。 私 た ち

新 長 田 ま ち づ く り 会 社 が 管

ま し た 。 地 元 ロ ー カ ル テ レ

て く れ る ケ ー ス も 増 え て き

の 方 が パ ー テ ィ な ど に 使 っ

1 回 く ら い 。 ま た 、 地 元

り 、 バ ン ド の ラ イ ブ が 月 に

イ ブ ハ ウ ス だ っ た こ と も あ

上 が っ て き ま し た 。 あ と ラ

で 活 動 す る 劇 団 の 利 用 率 が

し と 芸 生 大 た い 術 ・ 阪 。 う 創 活 新 造 性 市 と し ・ 化 い 創 に 決 制 作 寄 定 的 度 支 与 が 援 す に 違 で 助 る う き 成 文 の ま ﹂ 化

と こ ろ 、 昨 年 度 ﹁ ま ち の 再

思 い 、 市 に 提 案 を し て き た

度 を つ く る こ と が 必 要 だ と

ば 、 一 定 の 継 続 性 の あ る 制

テ ィ ス ト が 地 元 の 小 学 校 や

ま た 、 海 外 か ら 来 た ア ー

じ て 作 品 を つ く り ま し た 。 り ま す か ?

劇 場 の あ る こ の 場 所 は 、

験 者 へ の イ ン タ ビ ュ ー を 通

ン は 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 の 体

カ 人 の テ ィ フ ァ ニ ー ・ チ ュ

招 聘 し た ベ ト ナ ム 系 ア メ リ

あ っ た と 思 い ま す 。

と っ て も 、 大 き な 成 果 が

最 近 は 、 神 戸 よ り 西 の 地 域

満 た な い ん で す 。 そ れ で も

戸 は そ の 1 0 0 分 の 1 に も

文 化 の 育 成 を 考 え る な ら

助 成 は あ り ま す が 、 地 域

  運 営 す る う え で 課 題 は あ

受 け 入 れ て い ま す 。 昨 年 度   こ の 事 業 は 子 ど も た ち に 団 が 活 動 し て い ま す が 、 神

ま 旧 せ 来 ん の 。 公 募 制 の 文 化 事 業 98


雇 用 対 策 の 一 環 で 、 ア ー

な か っ た こ と も あ り 、 緊 急

の と き は 、 予 算 が ま っ た く

マ ン ス を 企 画 し ま し た 。 こ

ボ レ ー シ ョ ン 企 画 を 実 施 し

若 い ア ー テ ィ ス ト と の コ ラ

風 景 を 実 際 に 見 学 し た り 、

ん と 一 緒 に い く つ か の 稽 古

に 思 っ て い ま す 。

シ ー す る よ い 企 画 だ と 勝 手

私 が こ の 街 の こ と を リ テ ラ

人 の 海 外 の ア ー テ ィ ス ト を

ス 事 業 を 受 託 し て 、 毎 年 3

テ ィ ス ト ・ イ ン ・ レ ジ デ ン

の 歴 史 、 記 憶 が よ み が え り 、  

97

鑑 賞 船 の 船 上 で も パ フ ォ ー  

市 か ら 依 頼 を 受 け て ア ー ト

  神 戸 ビ エ ン ナ ー レ で は 、

た り し ま し た 。

で も パ フ ォ ー マ ン ス を や っ

地 下 鉄 湾 岸 線 の 車 両 の な か

へ ん 好 評 で し た 。 ほ か に も 、

と は 違 う 試 み を し て 、 た い

談 を や っ た り と 、 い ま ま で

や っ た り 、 丸 五 市 場 で は 講

街 で 金 粉 パ フ ォ ー マ ン ス を

も ら い ま し た 。 地 元 の 商 店

高 校 生 や 親 子 に も 参 加 し て

テ ィ ス ト た ち の み な ら ず 、

ジ ェ ク ト で は 、 プ ロ の ア ー

ス in 新 長 田 ﹄ と い う プ ロ

行 っ て も ら っ て 仕 事 に し て

テ ィ ス ト に ハ ロ ー ワ ー ク に

し て き ま し た 。

し い 発 見 が 生 ま れ る 試 み を

て い た だ く こ と で 相 互 に 新

に 行 っ て 出 会 い 、 取 材 さ せ

を し て い る 人 た ち の 稽 古 場

サ ー な ど 、 い ろ ん な ダ ン ス

ミ ュ ニ テ ィ の 人 た ち の エ イ

美 会 館 で の 舞 踊 、 沖 縄 人 コ

や 奄 美 出 身 の 方 々 が 集 う 奄

お ば ち ゃ ん た ち の 日 本 舞 踊

︵ 仮 称 ︶ ﹂ で は 地 元 商 店 街 の

  ま た ﹁ 新 長 田 ダ ン ス 事 情

謝 礼 を 払 う な ど し ま し た 。

気 に な る 人 と の ほ ろ 酔 い 対

ク イ ク 酔 行 記 ﹂ は 地 域 の

え ば 、 私 が 担 当 し て い る ﹁ イ

ペ ー ジ を も っ て い る 。 た と

は 基 本 的 に 自 分 が 担 当 す る

モ ッ ト ー 。 参 加 し て い る 人

け ず に 手 間 を か け る の が

い 仕 事 の ひ と つ 。 お 金 を か

ま す 。 こ れ は 、 か な り 楽 し

ボ ラ ン テ ィ ア で 制 作 し て い

ボ ッ ク ス の ス タ ッ フ と 市 民

子 ﹁ 長 田 ル ン バ ﹂ は ダ ン ス

田 と ダ ン ス を つ な げ る 小 冊

ま 関 よ き 一 す わ う て 昨 。 り な も 年 も こ ら か よ と っ ら り か て 深 ら い 文 化 く も ま 庁 な 地 す っ 域 。 の ア て と こ い の の ー

が あ れ ば し ょ っ ち ゅ う 出 て

し ま し た が 、 現 在 で は 催 事

田 B 級 グ ル メ を 販 売 し た り

店 に 出 店 し て も ら っ て 新 長

の ロ ビ ー に 、 丸 五 市 場 の お

た 。 旗 揚 げ 公 演 で は 、 劇 場

市 民 劇 団 も 旗 揚 げ し ま し

ま し た し 、 40 歳 以 上 に よ る

ス の 理 事 に も 入 っ て も ら い

T の 理 事 長 に ダ ン ス ボ ッ ク

今 年 は 5 年 目 で 、 お 客 さ 談 。 長 田 で 過 ご し て い る 人

ま ま し た た 、 。 昨 年 か ら 始 め た 長 K O B E 鉄 人 P R O J E C

  地 元 の 肉 屋 さ ん の 専 務 で


り ま し た 。

な が り や す い と い う の も あ

て い た こ と か ら 、 地 域 と つ

田 ま ち づ く り 会 社 ﹄ が 入 っ

P R O J E C T ﹄ と ﹃ 新 長

ロ ア に は 、 ﹃ K O B E 鉄 人

着 き ま し た 。 ま た 、 同 じ フ

た こ と も あ り 、 こ こ に 落 ち

も と も と ラ イ ブ ハ ウ ス だ っ

件 が 合 致 し た こ と 、 さ ら に

り て ほ し い と い う 双 方 の 条

な 活 動 を し て い る 団 体 に 借

え る と い う こ と と 、 公 共 的

に 、 隣 の 鷹 取 に ﹃ F M わ ぃ

て も 多 い こ と で す 。 ほ か

意 識 を も っ て い る 人 が と

は 、 震 災 か ら の 復 興 と い う

が 増 え ま し た 。 興 味 深 い の

で 、 い ろ ん な 人 と 会 う 機 会

ち の 話 を 聞 い て 回 る な か

し た 。 商 店 街 や 市 場 の 方 た

田 を フ ィ ー ル ド ワ ー ク し ま

で 、 学 生 た ち と 一 緒 に 新 長

授 業 を 担 当 し て い ま し た の

る 前 の 年 か ら 、 神 戸 大 学 で

や っ て い ま す ね 。 こ こ に 来

ん で き た の で 、 こ こ に 来 て

い ろ ん な ネ ッ ト ワ ー ク を 育

し て 特 区 に な っ て い る こ と

こ の 建 物 の 避 難 指 定 場 所 と

し た 。 さ ら に こ の 場 所 は 、

に 劇 場 を も つ こ と に な り ま

﹁ ア ス タ く に づ か 4 番 館 ﹂

す の が た か 関 、 活 ? わ こ 動 り こ を は 新 さ 意 長 識 田 れ さ で て れ も い て 地 ま い 域 し ま と た

大 阪 の と き よ り も 濃 密 に

し か 強 震 に い 率 い じ た た こ た で さ 災 お 地 が ま て ち り こ 。 き と か も 域 人 す 映 が 、 に た 、 ら し で 口 。 像 ワ ベ 拠 ら 多 の ろ 、 の 長 を ー ト い 様 復 さ そ 8 田 つ ク ナ 点 を い な 興 を う % 区 く シ ム も な 人 の 感 い と は っ ョ 人 つ と 々 気 じ う か 外 た ッ の 思 と 持 ま 多 な 国 り プ 子 前 か い な ち す 様 り 人 し を ど ら ま に の 性 高 比 て 通 も 。   り き る も 作 ラ ア あ 校 な ま に の 継 品 フ ー る と こ 地 せ は で 続 を ァ ト ﹃ は と 域 ん こ す し つ ー ス を の 、 で の が て く の ペ さ 方 ニ し よ 、 交 っ 余 ー れ 々 ュ て と た う 大 流 た 越 ス ー 。 な 阪 が り 保 の い は こ に 続 、 子 コ ﹄ ヨ ま ど と い い 現 さ レ と ー す の は た て 在 ん オ い ク か よ あ と い で と グ う に ? う KITCHEN

  ﹃ コ ン テ ン ポ ラ リ ー ダ ン

も あ り 、 安 く 提 供 し て も ら

こ と も あ り 、 最 終 的 に こ の   大 阪 で は 地 域 性 を 意 識 し

活 動 や 母 語 教 室 を や っ て い

外 国 人 の 方 々 に 向 け た 支 援

ワ ー ク を も っ て い て 、 在 日

こ は 在 日 ア ジ ア 人 の ネ ッ ト

ラ ジ オ が あ る ん で す が 、 そ

わ ぃ ﹄ と い う コ ミ ュ ニ テ ィ

迎 し て く れ ま し た 。 野 田 高

く 来 て く れ ま し た ! ﹂ と 歓

部 の 先 生 が 来 て く れ て ﹁ よ

く に あ る 野 田 高 校 の ダ ン ス

て い た だ く こ と が で き 、 近

す ぐ 地 元 の 新 聞 に も 掲 載 し 96


さ に い な 新 っ 長 た 田 経 に 緯 拠 を 点 教 を え 持 て つ く こ だ と

場 を 再 生 で き な い か と い う

N P O に 提 供 す る こ と で 、

遊 休 化 し て い る 空 き 店 舗 を

き 店 舗 だ ら け で し た 。 そ の

が 入 居 す る 時 点 で す で に 空

構 造 に な っ て い て 、 私 た ち

大 赤 字 に な ら ざ る を 得 な い

ゲ ー ト は 、 施 設 そ の も の が

ま り ま す 。 フ ェ ス テ ィ バ ル

設 に 招 聘 さ れ た こ と に は じ

バ ル ゲ ー ト ﹂ と い う 商 業 施

ン に 基 づ い て ﹁ フ ェ ス テ ィ

の 文 化 芸 術 ア ク シ ョ ン プ ラ

し た 。 2 0 0 2 年 、 大 阪 市

場 を 構 え て 活 動 を し て い ま

ユ ネ ス コ の ﹁ 創 造 都 市 ﹂ を

な り ま し た 。 大 阪 市 は 当 時 、

と い う 理 由 で 、 そ の 場 所 に

て い る も の が そ こ し か な い

の な か で 耐 震 を ク リ ア ー し

ん 持 っ て い る の で す が 、 そ

化 状 態 の 公 共 施 設 を た く さ

な り ま し た 。 大 阪 市 は 遊 休

勤 労 セ ン タ ー に 移 る こ と に

が 出 さ れ 、 新 大 阪 の 東 淀 川

所 を 斡 旋 す る ﹂ と コ メ ン ト

て い る ﹂ の で ﹁ 暫 定 的 に 場

N P O の 事 業 を 高 く 評 価 し

﹁ フ ェ ス テ ィ バ ル ゲ ー ト の

ま し た 。 当 時 の 市 長 か ら

ル ゲ ー ト の 売 却 を 決 定 し

や せ な い と 、 フ ェ ス テ ィ バ

阪 市 は 、 こ れ 以 上 赤 字 を 増

い ろ い ろ と 場 所 を 探 し ま し

り も あ り ま す の で 、 大 阪 で

ま し た し 、 大 阪 へ の こ だ わ

く こ と に な り ま し た 。

年 末 に は 契 約 が 切 れ 出 て 行

な っ て し ま い ま し た 。 そ の

ン タ ー の 話 は 途 端 に な く

室 が 解 散 に な り 、 ア ー ト セ

こ ろ が 、 4 月 に は 経 営 企 画

に 移 る こ と に し ま し た 。 と

と 2 0 0 8 年 の 1 月 に そ こ

た め 、 私 た ち も そ れ な ら ば

想 が あ る と い う こ と だ っ た

セ ン タ ー に し た い と い う 構

が 、 そ こ は 将 来 的 に ア ー ト

1 年 契 約 で は あ り ま し た

場 所 を 探 し て く れ ま し た 。

当 者 が 熱 心 に 探 し て く れ た

お ら れ ま し た 。 神 戸 市 の 担

で 活 動 で き る よ う に 考 え て

た の で 、 同 じ よ う な こ と に

ト の こ と も よ く ご 存 知 で し

者 は 、 フ ェ ス テ ィ バ ル ゲ ー

あ り ま し た 。 神 戸 市 の 担 当

入 れ て 行 こ う と い う 姿 勢 が

り 、 か な り 芸 術 文 化 に 力 を

ン 部 門 を 取 っ た こ と も あ

ユ ネ ス コ の 創 造 都 市 デ ザ イ

か か げ 、 2 0 0 8 年 の 秋 に

成 都 市 と い う コ ン セ プ ト を

95

  ず っ と 大 阪 で 活 動 し て き な ら な い よ う 長 期 的 に 神 戸

も と も と 、 大 阪 市 内 に 劇

  し か し 、 2 0 0 7 年 に 大

思 惑 も あ っ た と 思 い ま す 。

阪 市 長 直 属 の 経 営 企 画 室 が

狙 っ て い た こ と も あ り 、 大

ま か た ど た 神 し り 矢 う 。 戸 た 、 先 し な 市 。 場 、 た か と 所 神 も な を 戸 の か し 斡 市 か 見 て は 旋 か と つ し ら 思 か 、 文 て 声 っ ら 化 く が て 創 れ か い ず 、


ア ス タ く に づ か 4 番 館 4 階

http://www.db-dancebox.org

神 戸 市 長 田 区 久 保 町 6 ︱ 1  

イ ン タ ビ ュ ー  

大 谷 燠

ダ ン ス ボ ッ ク ス

特 定 非 営 利 活 動 法 人

94


93


う い う こ と 。 企 業 の 資 源

密 着 企 業 っ て い う の は 、 そ

知 り 合 い な ん で す よ 。 地 域

が 来 る の は 、 大 方 、 森 崎 の

く る わ け で す 。 電 話 で 注 文

分 の 本 業 に も 注 文 が 入 っ て

活 か さ れ て い く 。 そ れ で 自

て 、 つ な ぐ っ て い う 機 能 が

を 描 い た コ ー ス を 利 用 し

ら 、 一 筆 書 き み た い に 導 線

と い っ て も 点 在 し て ま す か

て 5 0 0 メ ー ト ル ぐ ら い や

が 感 じ ら れ る よ う な 関 係 っ

の 見 え る 関 係 と い う か 、 息

ら い な ん で す 。 お 客 様 の 顔

ぜ い 半 径 5 0 0 メ ー ト ル ぐ

え が あ る エ リ ア っ て 、 せ い

ろ が 、 フ ァ ン づ く り で 手 応

ト や ! と 思 い つ い た 。 と こ

ロ が う ち の 地 域 、 マ ー ケ ッ

ね 。 あ る 時 、 会 社 か ら 2 キ

域 交 通 っ て 言 っ て ま し た

ら な い で す け ど ね 。

い ま す 。 会 社 の 規 模 は 変 わ

る 前 と い ま と で は 、 全 然 違

り ね 。 だ か ら 、 地 域 に 関 わ

育 つ っ て い う こ と も あ っ た

ん で す よ 。 褒 め ら れ て ま た

た 。 し か も 、 褒 め て く れ る

も っ て 気 づ か せ て く れ ま し

な こ と を 、 地 域 の 目 線 で

身 っ て 何 や っ た ん か み た い

ま れ る ん で す 。 観 光 ル ー ト   昔 は 地 域 を 知 ら ず に 地 り ま し た 。 自 分 の 本 業 の 中

こ こ に は 必 ず 人 の 流 れ が 生

で 、 地 域 と 地 域 を つ な い で 。

い で 、 企 業 と 地 域 を つ な い

が 本 業 で す 。 人 と 人 を つ な

手 な ん で す 。

ン パ ク ト な 地 域 交 通 の 担 い

シ ー は 、 広 域 じ ゃ な く て コ

持 ち に 関 わ っ て い く 。 タ ク

て か ら 、 そ う い う 思 い に な

  タ ク シ ー っ て 、 つ な ぐ の す ね 。 で も 、 最 後 は 人 の 気

ん ﹂ っ て 。

け ど 、 う ち は 不 営 利 で す ね

ロ フ ィ ッ ト っ て 非 営 利 で す

ち は 明 確 に 地 域 を 入 れ て ま

報 と よ く 言 い ま す け ど 、 う

は 、 カ ネ ・ モ ノ ・ ヒ ト ・ 情

す る ル す ら な ま 。 よ で よ 学 と ち う よ 。 校 。 と な う 実 か そ 関 配 や 際 ら の 車 く に 、 な わ る が 満 5 全 か よ で 足 0 部 に う き い 0 あ 、 る た メ る 病 に な ん だ ー ん 院 っ で け ト で か

92


こ だ け で 決 め ら れ へ ん ﹂ っ

し た ら 、 ﹁ い や 、 そ れ は こ

⋮ ﹂ っ て 説 明 し ま し た 。 そ

そ ん な 怒 る な ん て 、 そ ん な

え な 。 出 入 り の 業 者 や の に

た ら 、 ﹁ あ ん た 分 を わ き ま

  ま さ に 、 ﹁ 踊 る ま ち ﹂ で ら 言 う ん で す よ 。 ﹁ ノ ン プ 91

え っ て 言 う ん で す ね 。 だ か

た け ど 、 じ つ は こ う こ う で   家 に 帰 っ て 嫁 さ ん に 話 し

に ﹁ み な さ ん 、 後 先 に な っ

か ? 頼 む わ ∼ ﹂ っ て 。 す ぐ

言 う た の に 、 誰 も 知 ら ん の

て 迎 え て く れ ま し た 。

う や っ て も ら い ま し た ﹂ っ

て 、 拍 手 で ﹁ い や い や 、 よ て く れ た ん で す 。 僕 の や る

ら っ た 。

ね 。 思 う 通 り 踊 ら せ て も

レ ー ヤ ー に な れ た ん で す よ

こ と 全 部 。 そ れ で 僕 は プ

か も 、 N P O や っ た ら え

な ん の 力 も な い 。 役 所 な ん

入 っ て も 、 は っ き り 言 っ て

り き れ な い 。 森 崎 個 人 で

  企 業 っ て 地 域 の 一 員 に な

な か っ た ん で す 。

て な か っ た 。 根 回 し で き て

こ の 時 は ま だ み ん な に 言 う

る し 、 音 的 に も い い 。 で も 、

意 味 不 明 な 言 葉 が 印 象 に 残

け ど 、 長 田 の ソ ウ ル フ ー ド 。

け ﹂ っ て あ り ふ れ た 食 材 だ

も ら っ た ん で す 。 ﹁ ぼ っ か

か け ﹂ の 商 品 開 発 を し て

援 す る と 掛 け 合 っ て ﹁ 、 ぼ っ

M C C 食 品 さ ん に 街 中 が 応

ろ う っ て 、 数 日 前 に 地 元 の

こ と で よ ろ し い か ﹂ と な っ

こ こ は み ん な が 動 く と い う

も た 。 そ し た ら ﹁ 、 ま あ ま あ 、

て 、 む ち ゃ く ち ゃ 言 う て し

⋮ 、 情 け な い で す よ ! ﹂ っ

こ の ま ち や と 思 っ て る か ら

し ゃ ! っ て 走 っ て い く の が

で す よ 。 勘 を 働 か せ て よ っ

か 。 い ま が チ ャ ン ス な ん

で す か ! あ と 何 手 残 っ て る

段 階 踏 ん で い く よ う な ま ち

怒 っ た ん で す よ 。 ﹁ そ ん な

て 言 う た も ん や か ら 、 僕 、

し い て ね ぇ ! 全 部 受 け 止 め

う ん で す よ 。 そ れ が ね 、 嬉

の 者 に な れ た な ぁ ﹂ っ て 言

や っ た な ぁ 、 よ う や く ま ち

さ ん 、 こ な い だ え ら い 剣 幕

た ら ね 、 み ん な が ﹁ 森 崎

て ⋮ 。 そ れ で 次 の 会 に 行 っ

お っ た の に ね 、 え ら い 怒 っ

事 長 や 正 岡 さ ん 、 み な さ ん

か ら 顔 合 わ せ ら れ へ ん 。 理

僕 も 後 悔 し た ん で す 。 こ れ

ん で ﹂ っ て 言 わ れ ま し て ね 、

分 に 合 わ ん こ と し た ら あ か

な っ た 。

社 に 活 か し て い け る よ う に

ど 、 こ の 経 験 を よ う や く 会

タ ク シ ー と 言 わ れ て ま す け

で す か ら 。 い ま ア イ デ ア ・

よ 。 僕 は 踊 り 子 ︿ そ の 1 ﹀

部 長 が ﹁ み ん な 応 援 す る

役 割 は な ん で し ょ う か ?

  地 域 社 会 に お け る 企 業 の

  そ う 、 踊 る ま ち な ん で す

す ね


の 言 う 通 り や ﹂ っ て 、 奇 跡

こ と い っ ぱ い あ る 。 こ の 人

て 、 ﹁ ほ ん ま や 、 伝 え た い

店 主 が い き な り 立 ち 上 が っ

番 難 し そ う な 顔 を し て い た

て 言 っ た ら 、 見 た と こ ろ 一

伝 え な あ か ん こ と あ る ﹂ っ

い こ と い っ ぱ い あ る け ど 、

ほ ん ま や ﹂ っ て 。 ﹁ 忘 れ た

萬 の 伊 東 さ ん も ﹁ ほ ん ま や

や な い か ﹂ っ て 言 う と 、 味

正 岡 健 二 さ ん が ﹁ お も ろ い

を さ れ た ん で す 。 け れ ど 、

ん ね ん ﹂ み た い な 怪 訝 な 顔

と し て ﹁ コ イ ツ 、 何 言 う と

て 言 う と 、 皆 さ ん キ ョ ト ン

出 て ﹁ ま ち づ く り や ろ う ﹂ っ

そ し た ら 正 岡 さ ん が ﹁ 牛 耳

す ﹂ っ て 言 っ た ん で す よ 。

す べ て 牛 耳 ら せ て も ら い ま

畿 タ ク シ ー 、 観 光 タ ク シ ー

あ い な り ま し た ら 、 こ の 近

で す ! こ れ で 観 光 の ま ち に

な い も ん や か ら ﹁ も ち ろ ん

す 。 そ れ で ね 、 後 先 考 え て

も ら わ ん と ﹂ っ て 言 う ん で

ん や っ た ら 、 は っ き り し て

会 社 に 何 か 得 な こ と が あ る

生 懸 命 や る ん や 。 タ ク シ ー

い の に 、 な ん で そ な い に 一

﹁ あ ん た は ま ち の 者 で も な

か ? っ て 思 う で し ょ ︵ 笑 ︶ 。

会 社 が 入 る 余 地 が あ る の

こ と や 。 儲 け に な ら ん ま ち

あ ん た を 儲 け さ せ へ ん っ て

光 地 や な ぁ ﹂ ﹁

ク シ ー 乗 ら ん で も 行 け る 観

こ な い ね ん け ど な ぁ ﹂ ﹁ タ

こ の 観 光 、 タ ク シ ー 使 う と

そ れ で 、 最 後 に こ う 言 う ん

手 を あ げ て く れ ま し て ね 。

か ? ﹂ っ て 諮 る と み ん な が

さ ん に 任 せ る の で よ ろ し い

た ら 独 占 的 に 近 畿 タ ク シ ー

﹁ 皆 さ ん 、 観 光 の ま ち に な っ

肉 屋 や っ た な と ︵ 笑 ︶ 。

た ら 、 そ う や 、 正 岡 さ ん は

ん で す 。 何 の こ と か と 思 っ

れ で 決 ま り や な ﹂ っ て 言 う

す よ ね 。 ほ な 、 土 産 物 つ く

  ま 空 ん す 観 気 な か 光 伝 ん ? 地 わ こ だ り れ 土 っ ま ? 産 た す ﹂ 物 ら よ っ が 何 ね て い が 。 周 り い り の ま り

で す ﹁ 。 と こ ろ で 、 森 崎 さ ん 。

商 売 人 の ま ち で す か ら ね 、

て 入 っ て 来 た ん で す よ ﹁ 。 な

﹁ で き た で 森 崎 さ ん ! ﹂ っ

部 長 さ ん が 会 合 の 途 中 で

あ り ま し た 。 M C C 食 品 の

か っ た と 思 う ん で す 。

こ ま で 打 ち 解 け て は く れ な

ま す み た い な こ と で は 、 こ

す よ 。 儲 け の 10 % を も ら い

た め の 通 行 手 形 や っ た ん で

す 、 こ の 按 配 が 地 域 に 入 る

に な ら ん や ん か っ て 落 と

う に 上 げ と い て 、 で も 儲 け

こ の ま ち は

  そ の う ち に こ ん な こ と が

会 議 の 最 後 に 正 岡 さ ん が

す 店 始 よ 主 め 。 、 の い 頃 わ 、 ゆ 地 る 域 人 の 材 会 発 合 掘 に で  

ま の ほ し よ ら た う 、 。 な 盛 そ り こ 上 に が タ り ク を シ み ー せ て 言 う と 、 伊 東 さ ん が ﹁ こ   自 分 を 儲 け に 走 ら せ る よ

る っ て こ と は 牛 の 耳 か ﹂ っ へ よ う こ そ ! ﹂ っ て 。

90


す 。 そ れ ま で は 、 ま ち づ く

災 か ら 5 年 後 に 始 め た ん で

入 れ 難 い 気 持 ち も あ っ た ん

で 来 る の は 、 ち ょ っ と 受 け

も ﹁ ま さ か 、 ラ ジ オ に 出 る

ラ イ ズ で す か ら 、 校 長 先 生

お も し ろ い ス ー パ ー ス タ ー

る よ う な こ と を 言 っ て ね 。

89

み た り 。 そ う い う こ と を 震

C C 食 品 さ ん に 掛 け 合 っ て

長 田 名 物 ﹁ ぼ っ か け ﹂ を M

よ う ぜ ﹂ っ て 声 を か け た り 、

田 の ま ち を 観 光 の ま ち に し

ん だ ﹂ っ て 。 そ こ か ら ﹁ 長

よ ? で も ﹁ ま ち づ く り す る

な ん て し た こ と な い ん で す

立 っ た ん で す 。 ま ち づ く り

く り や る ん だ ﹂ っ て 思 い

災 の 翌 日 に ﹁ よ し 、 ま ち づ

で す か ら 、 阪 神 ・ 淡 路 大 震

た ん で す 。

﹁ 観 光 ﹂ が あ る な っ て 思 っ

自 分 が 持 っ て い る 機 能 に

ク シ ー を や っ て い た の で 、

光 だ ﹂ っ て 。 う ち は 観 光 タ

思 い つ い た ん で す よ 、 ﹁ 観

人 の 修 学 旅 行 。 そ の と き に

六 年 生 児 童 が 1 人 だ け の 3

け ま し て ね 。 校 長 と 担 任 、

学 校 の 修 学 旅 行 ツ ア ー を 受

熱 海 の 向 か い に あ る 島 の 小

や げ に 渡 し て ね 。 全 部 サ プ

て 、 収 録 し た テ ー プ を お み

し た か ? ﹂ み た い な 話 を し

た ね ぇ 、 こ の ま ち は ど う で

ら っ た 。 ﹁ よ く 来 ら れ ま し

先 生 と 児 童 に 出 演 し て も

F M わ ぃ わ ぃ の 30 分 番 組 に

ろ 、 そ こ を 拠 点 に し て い た

基 地 ﹂ っ て 呼 ば れ て い た こ

と り 教 会 が ま だ ﹁ 鷹 取 救 援

そ れ で 、 カ ト リ ッ ク た か

で す よ ! ﹂ っ て ウ キ ウ キ す

﹁ み な さ ん が 観 光 名 所 な ん

も う 語 り 尽 く す ま で 語 る 。

イ ル 。 中 学 生 と か が 来 る と 、

マ ニ ュ ア ル な し の 観 光 ス タ

て も ら っ て 、 そ こ で 話 す 。

す 。 商 店 主 に 語 り 部 に な っ

が だ い た い 固 ま っ た ん で

  被 災 し た ま ち に 物 見 遊 山

い も の が あ る と 。

取 、 新 長 田 界 隈 だ っ た も ん   震 災 か ら 5 年 目 の 年 に 、 に 伝 え て い か な い と な ら な

で 、 生 ま れ 育 っ た の は 鷹

き っ か け に な っ た の は ?

事 業 所 も 住 ま い も 長 田 区

  森 崎 社 長 が ま ち と 関 わ る

も 身 近 に い な か っ た 。

う い う こ と を 考 え て い る 人

関 わ り 方 も わ か ら な い 。 そ

き っ か け が な く 、 地 域 と の

り を や り た い と 思 っ て も

を し た ん で す 。 子 ど も た ち

じ ゃ な い か ﹂ と 、 問 い か け

ど 、 伝 え た い こ と も あ る

は 忘 れ た い こ と も あ る け

だ け ど 、 そ の と き ﹁ ま ち に

よ す ち で 営 ん れ い と そ 。 ご ゃ う 業 が か い 思 い ん ど さ 戸 ら で っ の 修 臨 の ん れ 板 大 し て 学 場 話 を て に 正 ょ な 旅 感 聞 い ト 筋 う か が い 食 た タ の 、 っ 行 で あ て べ か ン う こ た る さ て ら を ど れ ﹂ イ メ ん 。 、 、 置 ん ?   っ ー で も お そ い 屋 す の ば こ て さ そ て ジ 。


満 面 の 笑 み で そ う 語 る 森 崎 清 登 さ ん に 、 民 間 タ ク シ ー

そ う 思 っ て た ん じ ゃ な い ん で す ﹂

で も 、 僕 は そ こ を 大 切 に し た い 。 と 言 っ て も 、 当 初 か ら

負 し て る け ど 、 世 の 中 的 に は 公 共 と 思 っ て も ら え な い 。

  ﹁ タ ク シ ー っ て 、 認 可 事 業 。 だ か ら ﹃ 公 共 ﹄ 機 関 っ て 自

神 戸 市 長 田 区 上 池 田 5 ︱ 5 ︱ 18

http://www.kinkitaxi.com/

会 社 が ま ち と 関 わ る こ と の 意 味 に つ い て う か が い ま し た 。

イ ン タ ビ ュ ー  

森 崎 清 登 さ ん

近 畿 タ ク シ ー 株 式 会 社 88


幅 に つ く り 直 す こ と だ っ て

わ せ て 照 明 か ら 音 響 か ら 大

イ デ ア が 出 れ ば 、 そ れ に 合

場 で 子 ど も た ち か ら 良 い ア

い う 意 欲 が 出 て く る 。 そ の

﹁ も っ と こ う し た い ﹂ っ て

ら れ る 。 そ の 環 境 の な か で

テ ー ジ に 上 っ て 照 明 が 当 て

ハ ー サ ル で は 、 実 際 に ス

も 高 ま っ て い く 。 直 前 の リ

に 向 か っ て ど ん ど ん 集 中 力

と 思 っ て ま す 。

わ る よ う に す る た め に あ る

る 人 に そ の 力 が 最 大 限 に 伝

ラ ム 構 成 や 演 出 は 、 見 て い

こ と も 多 い ん で す 。 プ ロ グ

我 々 が 子 ど も た ち か ら 学 ぶ

う な ス ゴ い 力 を 発 揮 す る 。

テ ィ ス ト も び っ く り す る よ

き る 場 を 作 っ た ら 、 ア ー

リ エ イ テ ィ ビ テ ィ を 発 揮 で

る の は 大 人 の 方 。 信 じ て ク

ス 体 験 が あ る こ と で 、 そ こ   子 ど も を 過 小 評 価 し て い

ぱ り こ う い う ク ラ イ マ ッ ク

じ ゃ な い で す か 。 で も 、 や っ

と し な い も の が 多 か っ た

過 程 を 重 視 し 、 公 演 を 前 提

な る 。 ワ ー ク シ ョ ッ プ っ て

が 、 急 に ク リ エ イ テ ィ ブ に

ら れ る ん で す よ 。

て い う 保 護 者 も け っ こ う お

ち の 子 じ ゃ な い み た い ﹂ っ

い ﹂ っ て 言 う 先 生 や 、 ﹁ う

な 表 情 、 学 校 で 見 た こ と な

子 ど も た ち を 見 て 、 ﹁ あ ん

▲ 2013 年度公演より  「10 本の人差し指のためのポリリズム」

87

き 直 り も あ る ん で し ょ う   本 番 の ス テ ー ジ 上 に い る

い か ら 顔 つ き が 変 わ る 。 開 あ り ま す 。


り 、 体 験 し た 子 ど も た ち が

た と 感 じ て い ま す 。 何 よ

業 イ メ ー ジ は 変 わ っ て き

ま す が 、 活 動 を 通 し て 企

  1 9 9 8 年 か ら 続 け て い

立 ち 上 げ ま し た 。

ト を 実 施 す る プ ロ グ ラ ム を

音 楽 を 創 作 し て 、 コ ン サ ー

テ ィ ス ト を 招 い て 、 一 緒 に

い と 。 だ か ら 、 プ ロ の ア ー

出 し て い く 体 験 を し て ほ し

ど も た ち 自 ら が 音 楽 を 生 み

は 、 そ の 機 会 を 活 用 し 、 子

ま す 。 で も 、 T O A の 場 合

ど 、 い わ ゆ る 業 務 を 体 験 し

験 、 接 客 体 験 、 資 材 整 理 な

で す 。 多 く の 生 徒 は 販 売 体

会 体 験 を す る 制 度 が あ る ん

か ず に 近 隣 企 業 や 施 設 で 社

は 、 生 徒 が 一 週 間 学 校 に 行

嬉 し い こ と で す よ ね 。

が 増 え て き た 。 も の す ご く

い ! ﹂ っ て 言 う 子 ど も た ち

A で ワ ー ク シ ョ ッ プ し た

よ 。 そ れ が い ま で は ﹁ T O

ん ﹂ っ て 言 わ れ て た ん で す

な ん て 名 前 も 場 所 も 知 ら へ

る 。 以 前 は 地 元 で ﹁ T O A

T O A フ ァ ン に な っ て く れ

▲ TOA Meet! Music! Concept シンボルマーク

で 30 分 の 舞 台 を や り き っ た

ン ド ア ー ト 、 即 興 演 奏 だ け

ろ で す よ 。 民 族 音 楽 や サ ウ

す 。 音 楽 ジ ャ ン ル も い ろ い

に す る こ と も 意 識 し て い ま

作 品 と し て お も し ろ い も の

も 毎 年 見 た く な る よ う な 、

け で な く 、 保 護 者 で な く て

姿 を 保 護 者 に 見 て も ら う だ

か ら 、 子 ど も た ち の 頑 張 る

毎 年 来 ら れ る 人 も い る 。 だ

員 も 。 リ ピ ー タ ー も 多 く 、

ま す 。 も ち ろ ん 、 う ち の 社

1 0 0 人 以 上 来 て く だ さ い

と オ ド オ ド し て 、 水 曜 く ら

に そ ん な こ と 出 来 ん の ? ﹂

青 ざ め て 、 火 曜 は ﹁ ホ ン マ

月 曜 に 企 画 の 全 容 を 知 っ て

で す か ら 。 子 ど も た ち は 、

金 曜 日 の 夜 に 公 演 を す る ん

め て 出 会 っ た 子 ど も た ち と

必 死 。 だ っ て 、 月 曜 日 に 初

ア ー テ ィ ス ト と ス タ ッ フ も

子 ど も た ち も 必 死 で す が 、

打 ち 上 げ も す る ん で す よ 。

始 め て 、 最 終 日 は ち ゃ ん と

さ へ ん か ら ね ﹂ っ て 言 っ て

は 、 君 た ち を 中 学 生 と 見 な

    本 番 に は 、 地 域 の 方 々 が ら い た い 。 初 日 に ﹁ 期 間 中

と し て の 自 覚 を 体 験 し て も

と 企 じ ⋮ 画 ゃ し な て く 発 て 表 、 ま コ で ン し サ ち ー ゃ ト う を だ か ら 子 ど も た ち に も プ ロ

全 て プ ロ 。 機 材 も プ ロ 用 。

ア ー テ ィ ス ト 、 ス タ ッ フ は

  音 楽 を 創 作 し て 終 わ り こ と も あ り ま す 。 も ち ろ ん 86


が 一 気 に 進 ん だ 印 象 で す 。 社 会 に 対 し て 訴 え て い く 必

社 内 や 、 株 主 の 皆 さ ん や 、 れ て い る ん で す か ?

ス ト の 出 会 い ﹂ と 協 働 で 実

P O 法 人 子 ど も と ア ー テ ィ

の か 、 そ の た め に T O A は

ど も に な ぜ ア ー ト が 必 要 な

い と ダ メ で す 。 そ も そ も 子

ん じ ゃ な い か と 思 い ま す

す ご く 大 き な 意 味 を 持 っ た

と い う 点 で も 、 こ の 調 査 は

ウ ィ ー ク ﹂ の 2 つ は 、 ﹁ N

学 生 向 け の ﹁ ト ラ イ や る ・

お 話 た 小 学 生 向 け ﹂ の と ﹁ 、 中

  フ ァ ン づ く り や 波 及 効 果

タ で 有 効 性 を 訴 え て い か な

い 。 あ わ せ て 客 観 的 な デ ー

な 訴 え だ け で は 通 用 し な

れ ま し た よ ね

ビ デ ン ス ベ ー ス で 裏 打 ち さ

れ て い な か っ た も の が 、 エ

て い る こ と 。 う ち 、 先 ほ ど

別 々 の プ ロ グ ラ ム を 実 施 し

ま で を 4 つ の 世 代 に 分 け 、

と わ か っ て い て も 、 主 観 的

よ 。 感 覚 的 に は 素 晴 ら し い

  な ん と な く で し か 把 握 さ 特 徴 は 、 小 学 生 か ら 大 学 生

す る 意 味 も 大 き い で す ね 。

ん で す よ 。 そ の 思 い に 受 賞

い う 思 い は 以 前 か ら あ っ た

で も ﹁ 何 か 貢 献 し た い ﹂ と

価 し た と い う か 。 営 業 部 門

  ま い す て 意 ね も 識 長 調 年 査 取 や り 活 組 動 ま 評 れ 価 て に い つ

根 拠 に 乏 し い と 思 う ん で す

ま す 。 メ セ ナ 活 動 っ て 説 明

た め で す ね 。

査 も 実 施 し て い る の は そ の

や し た い 。 保 護 者 の 意 識 調

る だ け 検 証 と 発 信 の 軸 を 増

が な い 。 そ の た め に 、 で き

者 全 員 が 同 じ 価 値 観 の わ け

た と こ ろ で フ ァ ン づ く り を

市 場 で も あ り ま す 。 そ う し

校 は T O A に と っ て 大 き な

頭 で も お 話 し ま し た が 、 学

活 動 を 展 開 し て い ま す 。 冒

  と ﹁ い う 総 称 で 、 次 世 代 育 成 ﹂

2 0 0 7 年 か ら や っ て い

要 が あ る と 思 い ま す 。 関 与

Meet! Music! Concept

85

そ の 他 、 ど ん な 活 動 を さ

ど ん な 役 割 を 果 た し 、 ど ん

TOA

兵 庫 県 の 公 立 中 学 校 に

施 し て い ま す 。

そ れ を ︿ 見 え る 化 ﹀ し 、  

な 結 果 に な っ た の か 。

Music Workshop

が 火 を つ け て 、 マ ッ チ ン グ


ナ に 参 加 す る 意 義 は 何 で

わ れ ま す が 、 従 業 員 が メ セ

ね 、 仲 間 と 表 現 す る っ て お

い ね 、 表 現 す る っ て 楽 し い

は ﹁ 音 楽 & ダ ン ス っ て 楽 し

Music Workshop

TOA

し ょ う か ?

プ ロ ジ ェ ク ト で あ ﹂ る 。 ﹁ こ れ

た と え ば 、 小 学 校 向 け の

り が と う ﹂ っ て 書 い て あ る

と 、 黒 板 に 子 ど も の 字 で ﹁ あ

終 え て 控 室 に 戻 っ て く る

り ま す 。 ワ ー ク シ ョ ッ プ を

こ と を 肌 で 感 じ る 機 会 に な

か ら 親 し ま れ て い る と い う

あ ら た め て 自 社 活 動 を 再 評

ら 、 一 緒 に や ろ う ! ﹂ っ て

す ね 。 ﹁ そ ん な 良 い モ ン な

官 賞 ﹂ 受 賞 は 大 き か っ た で

ア ワ ー ド 2 0 1 0 文 化 庁 長

き っ か け と し て 、 ﹁ メ セ ナ

社 内 で の 共 有 っ て よ く 言  

と が で き ま し た 。

に メ セ ナ 大 賞 を 受 賞 す る こ

て 、 そ の 活 動 で 1 9 9 5 年

る 音 楽 も 自 主 公 演 し て い

ア ー ト や 、 前 衛 的 と 言 わ れ

を 模 索 す る た め に サ ウ ン ド

と 。 だ か ら 、 ﹁ 新 し い 音 ﹂

る 開 か れ た 場 に し た か っ た

の ? ﹂ み た い な こ と を 考 え

の 音 っ て ど う な っ て い く

な に ? ﹂ と か 、 ﹁ こ れ か ら

は 音 の 会 社 な の で ﹁ 音 っ て

か っ た と 思 い ま す 。 T O A

先 は あ り ま せ ん ね 。

る 。 こ ん な に 頼 も し い 協 働

を 扱 う ス キ ル を 持 っ て い

ち 、 一 人 ひ と り が 音 響 機 器

に 営 業 車 な ど の 機 動 力 を 持

ト ワ ー ク を 持 ち 、 そ れ ぞ れ

で 、 日 本 全 国 に 拠 点 と ネ ッ

員 を か か え る 部 門 の 一 つ

業 部 門 は 社 内 で も 多 く の 人

協 働 ﹂ の お か げ で す ね 。 営

セ ナ 部 門 の 、 い わ ば ﹁ 社 内

す 。 こ れ は 、 営 業 部 門 と メ

動 参 加 は 盛 ん だ と 思 い ま

れ て い ま す よ 。

し て 体 育 館 を 駆 け 回 っ て く

輪 に 入 っ て 、 一 緒 に ダ ン ス

ト 、 本 番 で は 子 ど も た ち の

材 輸 送 、 会 場 設 営 の サ ポ ー

調 整 窓 口 や 、 人 員 送 迎 や 機

営 業 部 門 は 現 地 の 学 校 と の

超 え ま し た 。 こ の 活 動 で は 、

数 は 、 全 国 で 6 0 0 0 人 を

シ ョ ッ プ で 、 体 験 し た 児 童

こ と を 体 験 す る 出 張 ワ ー ク

も し ろ い で し ょ ﹂ と い っ た

ま で う と こ す も し 一 う 。 生 た 日 し か 関 で た さ 係 出 協 れ は 来 働 て 、 て が い き し 実 く っ ま 現 と と う す 思 本 。 る い 業 そ

頼 関 係 づ く り が 、 メ セ ナ だ

ま れ る こ と も 大 事 で す 。

に コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 生

に 、 学 校 と 営 業 担 当 者 の 間

を 感 じ る 瞬 間 で す ね 。 そ れ

ま せ ん か ら 。 自 社 へ の 誇 り

の 企 業 活 動 で は ま ず あ り え

ん で す 。 そ ん な 経 験 、 日 常

T O A が 学 校 や 子 ど も た ち  

  活 動 に 参 加 す る こ と で 、

  営 業 だ と 何 日 も か か る 信

め に ﹂ と い う こ と で は な   T O A で は 、 従 業 員 の 活

84


ナ ウ ン ス の 音 源 も 1 0 0 %

山 手 線 の ホ ー ム で 流 れ る ア

ば 、 9 割 以 上 が T O A で す 。

ニ ケ ー シ ョ ン ︾ に 貢 献 す る

間 社 会 の ︽ 音 に よ る コ ミ ュ

を 大 事 に し て い ま す 。 ﹁ 人

も つ な が っ て い ま す 。

知 や 自 社 の ブ ラ ン ド 向 上 に

す 。 結 果 と し て 、 本 業 の 認

に 力 を 入 れ て い る と 言 え ま

う 自 社 ホ ー ル が 建 設 さ れ ま

き 、 ジ ー ベ ッ ク ホ ー ル と い

ト ア イ ラ ン ド に 本 社 が で

1 9 8 9 年 。 こ の 年 、 ポ ー

  企 業 の 資 源 っ て 、 モ ノ だ し た 。 た だ 、 ﹁ メ セ ナ の た 83

な か で も 国 内 の 空 港 に 限 れ  

の T O A シ ェ ア は 約 5 割 。

で す 。 こ う し た 音 響 分 野 で つ い て 教 え て く だ さ い

や は り ﹁ T O A ら し さ ﹂

特 に 芸 術 に 関 係 す る メ セ ナ   転 機 に な っ た の は 、

れ る 大 型 ス ピ ー カ ー も 得 意

リ ー ナ と い っ た 場 所 で 使 わ

  T O A の 社 会 貢 献 活 動 に か ら 社 会 貢 献 の な か で も 、

い ﹁ 音 楽 ﹂ が 主 で す ね 。 だ

T O A ︶ に つ い て お 聞 か せ

あ れ も T O A で す 。 学 校 関

カ ン コ ン ♪ っ て い う や つ 。

学 校 の チ ャ イ ム 。 キ ン コ ン

T O A 。 身 近 な と こ ろ で は 、

と 。 T O A に は 音 響 機 器 や

社 会 貢 献 で も 実 現 し よ う

は も ち ろ ん 、 同 じ 目 的 を

の 企 業 目 的 で す が 、 本 業

国 際 企 業 を め ざ す ﹂ が 当 社

な 資 源 を 活 用 す れ ば 、 お の

で す 。 そ う い っ た さ ま ざ ま

で 、 い ろ ん な も の が あ る ん

ワ ー ク 、 技 術 や ノ ウ ハ ウ ま

け じ ゃ な く て 、 人 、 ネ ッ ト

の 案 内 放 送 設 備 な ど で す

商 業 施 設 の 全 館 B G M 、 駅

難 誘 導 放 送 を 流 す 商 品 や 、

が 起 き た と き に 自 動 的 に 避

す 。 た と え ば 、 ビ ル で 火 災

映 像 機 器 の 専 門 メ ー カ ー で

多 く な い で し ょ う ね 。

で 、 社 名 ま で ご 存 じ の 方 は

で 使 わ れ る 商 品 で は な い の

ち に あ る ん で す が 、 ご 家 庭

う ち の 商 品 は 探 せ ば あ ち こ

の 需 要 が あ る 市 場 で す ね 。

ク ︵ メ ガ ホ ン ︶ な ど 、 多 く

係 は 校 内 放 送 や ハ ン ド マ イ

ン ル は 、 資 源 と 親 和 性 の 高

こ と が 基 本 で す 。 活 動 ジ ャ

た 資 源 を 生 か し て 活 動 す る

ジ ー ベ ッ ク が あ る 。 そ う し

制 作 を 担 う グ ル ー プ 会 社 、

あ る 。 加 え て 、 現 場 運 営 や

自 社 ホ ー ル と い っ た 資 源 が

い ま す 。

社 ら し い 活 動 ﹂ だ と 思 っ て

あ る 活 動 に な る 。 そ れ が ﹁ 自

ず と 他 社 と は 違 う 独 自 性 の

  か 始 ? め T た O の A は さ い ん が つ 社 か 会 ら 貢 で 献 す を

く だ さ い

ね 。 コ ン サ ー ト ホ ー ル や ア

T O A は 、 業 務 用 音 響 ・

T O A 株 式 会 社 ︵ 以 下 、


会 貢 献 活 動 と 市 民 団 体 と の 協 働 事 例 に つ い て 、 お 話 を 伺

同 社 の 社 会 貢 献 を ご 担 当 さ れ て い る 吉 村 真 也 さ ん に 、 社

に 渡 り お つ き 合 い さ せ て い た だ い て い る T O A 株 式 会 社 。

  第 1 回 全 国 ア ー ト N P O フ ォ ー ラ ム in 神 戸 か ら 、 10 年

神 戸 市 中 央 区 港 島 中 町 7 丁 目 2 ︱ 1

http://www.toa.co.jp/

い ま し た 。

イ ン タ ビ ュ ー  

吉 村 真 也 さ ん

T O A 株 式 会 社

82


81


で き る わ け で す よ ね 。 お 客

種 の 新 し い ブ ラ ン ド を 提 案

ん に 対 し て そ の 会 社 は あ る

付 き 商 品 で あ れ ば 、 お 客 さ

カ タ チ で す 。 さ っ き の 寄 付

に と っ て も メ リ ッ ト が あ る

し ま す ﹂ で は な く て 、 企 業

い と こ 。 一 方 的 に ﹁ お 願 い

と ん ね ん ﹂ と 門 前 払 い も い

﹁ て ご の い も 寄 ご こ 時 う 、 ﹁ 付 世 と く 何 で 思 ア だ す っ さ ホ か て な い ら い こ ﹂ っ 、 ま と て 企 す 言 言 業 。 う っ に こ

企 業 さ ん に ア プ ロ ー チ し て

業 、 中 小 も 含 め て い ろ い ろ

説 明 責 任 は き ち ん と 果 た さ

タ ビ リ テ ィ と か 、 そ う い う

す か ら 、 い わ ゆ る ア カ ウ ン

の 公 ︵ お お や け ︶ の お 金 で

個 人 の 寄 付 も 、 広 い 意 味 で

ら な と 思 っ て ま す 。 一 方 で 、

ね 、 い ろ い ろ ご 提 案 で き た

そ れ こ そ 商 店 街 な ん か に も

思 っ て い ま す 。 大 き い 企 業 、

い と 思 う し 、 大 事 だ ろ う と

て も ら う の も 僕 は あ っ て い

そ う い う 計 算 で 企 業 に 動 い

客 層 を 開 拓 で き る と い う 、

す よ ね 。 そ う い う 新 し い 顧

で す か 。 特 に 女 性 は 敏 感 で

人 の 方 が 最 近 多 い じ ゃ な い

お 金 だ け じ ゃ な い 計 画 の 立

口 も 出 す 。 資 金 獲 得 の 方 法 、

で す 。 だ か ら お 金 も 出 す し

長 し て ほ し い と 思 っ て る ん

通 じ て 組 織 と し て 成 熟 ・ 成

す け ど 、 そ れ を 使 う こ と を

ズ に も 応 え て い き た い ん で

金 は 、 も ち ろ ん 日 々 の ニ ー

て 短 期 間 。 僕 ら が 出 す 助 成

金 っ て い う の は 、 宿 命 と し

き っ こ な い で す よ ね 。 助 成

度 。 10 年 も 継 続 な ん か で

か 、 せ い ぜ い 2 ∼ 3 年 が 限

る お 金 っ て い う の は 単 年 度

で す ね 。 ま た 、 財 団 が 出 せ

き た い な と 思 い ま す 。

い う お 金 の 出 し 方 を し て い

い ん で し ょ う け ど ね 。 そ う

の 事 業 を や る な か で で も い

の 事 業 に お 金 を 出 し て 、 そ

深 い で す ね

み と い う の は 、 と て も 興 味

と 高 く て も 買 う わ ﹂ と い う

会 的 価 値 の 方 が 、 ﹁ ち ょ っ

も し れ な い け ど 、 新 し い 社

さ ん に と っ て は 値 上 が り か

報 告 も 二 人 三 脚 だ と 思 う ん

に 、 フ ィ ー ド バ ッ ク と か ご

人 三 脚 で 行 う の と 同 じ よ う

集 め る の を 財 団 と 現 場 が 二

な け れ ば な ら な い 。 お 金 を

か と 。 そ れ は も ち ろ ん 何 か

か 、 3 年 間 で 強 化 し ま せ ん

そ う い っ た も の を 1 年 間 と

長 期 の ビ ジ ョ ン の 作 り 方 。

て 方 、 戦 略 の 立 て 方 、 中 ・

こ れ か ら 神 戸 の 地 元 の 企

参 加 意 識 を 醸 成 す る 仕 組

80


ま す か ?

寄 付 を 集 め る 事 業 っ て あ り

  ﹁ 共 感 寄 付 ﹂ 以 外 に も 、

会 社 も や ろ う と い っ て 、 同

け に や ら せ る の は あ か ん 、

い う シ ス テ ム で す 。 社 員 だ

金 額 と 同 額 を 会 社 も 出 す と

り 。 そ れ ら を 通 し て 社 会 貢

た り お 客 さ ん の 力 で あ っ た

ル 、 た と え ば 、 社 員 で あ っ

の 持 っ て る 色 々 な チ ャ ン ネ

と や っ て る や ん 。 俺 も 毎 月

く が ﹁ う ち の 会 社 も エ エ こ

そ う じ ゃ な く て 、 社 員 の 多

社 員 は ほ と ん ど 知 ら な い 。

し て い た だ い た 社 員 の 方 の

ん 。 住 友 ゴ ム さ ん は 、 賛 同

に 本 社 の あ る 住 友 ゴ ム さ

す 。 た と え ば 、 1 つ は 神 戸

考 の お 手 伝 い を し て い ま

ど 、 そ の 間 の ア レ ン ジ や 選

P O に 直 接 助 成 す る ん だ け

た り 、 あ る い は 企 業 か ら N

だ い て 、 N P O に 助 成 を し

方 で 、 企 業 の ご 寄 付 を い た

お 客 さ ん の 力 そ の も の で は

は 、 お 客 さ ん の 力 な ん で す 。

ジ ャ パ ン さ ん か ら の ご 寄 付

よ ね 。 別 の 例 で す と 、 損 保

社 員 の 皆 さ ん の 力 な ん で す

も 、 企 業 の 力 だ け じ ゃ な く 、

ら 企 業 の 社 会 貢 献 と い っ て

ム さ ん の や り か た 。 だ か

成 に 使 う と い う の が 住 友 ゴ

い ま す 。 そ れ を N P O の 助

じ 額 で 倍 に し て い た だ い て

の 気 持 ち を つ な ぎ た い と い

に 、 お 金 だ け じ ゃ な く て 人

て る ん で す ね

貢 献 の 寄 付 と し て 流 れ て き

づ く り で す よ ね 。

献 を す る 。 い わ ゆ る 仕 組 み

我 が 事 に な っ て 、 自 分 も 関

2 0 0 円 出 し て ん ね ん ﹂ て 、

と 思 っ て い ま す 。

79

  こ れ も さ っ き 言 っ た よ う く り を 、 や っ て い き た い な

う い う 気 持 ち の つ な が り づ

参 加 意 識 は す ご く 大 事 。 そ

﹁ 参 加 し て ん ね ん ﹂ て い う

  い ろ ん な と こ ろ か ら 社 会 ら い た い 。 ご く 一 部 だ け ど

わ っ て る ん だ と 実 感 し て も

市 民 活 動 セ ン タ ー 神 戸 の

ん な で 支 え よ う と 。

は 市 民 の 善 意 と か 社 会 、 み

上 が り ま す ね 。 そ う い う の

ら 得 に く い 活 動 は 優 先 度 が

が 参 加 し て い て 、 集 ま っ た

全 社 員 の う ち の 数 十 % の 方

参 加 は も ち ろ ん 任 意 で す 。

寄 付 を い た だ い て い ま す 。

給 料 か ら 毎 月 2 0 0 円 ず つ

を 求 め る の で は な く 、 会 社

に 、 会 社 に ば か り 社 会 貢 献

と し い ま す 。 こ れ は 要 す る

第 一 号 を 何 と か 開 発 し よ う

の 商 品 が あ る 。 僕 ら も そ の

な い ん で す け ど 、 寄 付 つ き

円 使 っ て ま す ﹂ て 言 っ て も

﹁ 我 が 社 が 年 間 1 0 0 0 万

理 解 し て い な い で す よ ね 。

と 、 社 会 貢 献 担 当 者 し か

た ら 、 そ の 会 社 の 経 営 陣

う の と 同 じ 。 会 社 だ け だ っ


り ま す ね

る に は 様 々 な チ ャ ネ ル が あ

N P O の 活 動 資 金 を 準 備 す

あ る い は 行 政 の お 金 と か 、

う 部 分 、 仮 に フ ァ ン ド レ イ

の 気 持 ち で 支 え る よ 、 と い

は や っ ぱ り 得 ら れ な い 、 人

で す 。 対 価 、 売 上 の 収 入 で

て い け ば い い と 思 っ て る ん

行 政 、 マ ス コ ミ 、 税 理 士 、

は 外 部 の 方 で す 。 金 融 機 関 、

私 た ち の 財 団 の 理 事 長 以 外

り 、 き ち ん と 選 考 も し ま す 。

ま せ ん 。 選 考 委 員 会 も つ く

全 県 を 対 象 に 、 分 野 は 問 い

う で す し 、 D V 被 害 者 を 支

さ に ﹁ い の ち の 電 話 ﹂ が そ

落 ち ま す 。 そ れ よ り も 、 ま

と い う と こ ろ は 、 優 先 度 が

に 事 業 収 益 で ま か な え る な

り 、 ソ ー シ ャ ル ビ ジ ネ ス 的

時 間 効 率 だ け を 考 え る と 効

の 申 請 書 を 1 件 書 く 方 が 、

お 金 な い け ど 他 の 形 で 何 か

か っ た と し て も 、 ﹁ ご め ん 、

ズ と し て は あ ま り 集 ま ら な

N P O ス タ ッ フ で す 。

援 し て る 活 動 と か 、 要 す る

に 対 価 を 当 事 者 、 利 用 者 か

確 か に 、 委 託 金 や 助 成 金

  助 成 金 と か 寄 付 や 会 費 、 そ れ は そ れ で ど ん ど ん 伸 び

ビ ジ ネ ス と い う の も 、 私 は

ピ ー ル し て い く 、 そ ん な 存

二 人 三 脚 で 活 動 を 社 会 に ア

れ を 中 間 で つ な ぐ 我 々 と が

な い 。 そ れ じ ゃ 現 場 と 、 そ

や っ て 、 な か な か ゆ と り が

分 野 は 命 に 関 わ る 活 動 も

一 杯 で す 。 そ れ こ そ 、 福 祉

ね 。 最 近 流 行 の ソ ー シ ャ ル

と 思 っ て い ま し た 。 お 金 以

な か に は あ る ん じ ゃ な い か

資 金 を 集 め る と い う こ と の

の が 、 細 か く 多 く の 人 か ら

か 、 そ れ で は 得 ら れ な い も

も 、 そ れ で 失 わ れ る と い う

率 的 と も 言 え る 。 け れ ど

ね こ 活 。 と 動 や に ろ は う 、 と 忘 思 れ う た ん ら で あ す か よ ん

が 、 や っ ぱ り N P O や 市 民

鳴 し て も ら う と い う こ と

し て も ら っ た り 。 共 感 、 共

応 援 す る か ら ﹂ っ て 、 共 感

団 体 は 公 募 で す か ?

第 二 期 は 公 募 し ま し た 。 必 要 と し て い る こ と 。 つ ま

た し 在 。 合 に っ な て れ 準 た ら 備 な し と て 、 き 皆 ま で し 話

業 が 、 寄 付 を 集 め る こ と を

ね 。 そ れ か ら 提 案 さ れ た 事

な ん か も 本 質 は 同 じ で す よ

外 に 、 ボ ラ ン テ ィ ア の 参 加

  ﹁ 共 感 寄 付 ﹂ に 掲 載 す る い る と い う の が 一 つ で す よ

社 会 的 に 非 常 に 求 め ら れ て

ま あ こ れ は 当 然 で す け ど 、

容 が 社 会 的 に 意 義 が あ る 。

り ま す 。 ま ず 、 そ の 活 動 内

  評 価 基 準 、 選 考 基 準 が あ

  ま す ど か う ? や っ て 選 考 さ れ て い 78


て い な か っ た の で す が 、 そ

助 成 す る と い う こ と は で き

  ど の よ う な プ ロ グ ラ ム を

仕 組 み が 整 っ て き た 。 私 た

を 集 め て 市 民 活 動 に つ な ぐ

定 N P O 法 人 に な り 、 寄 付

民 活 動 セ ン タ ー 神 戸 ﹂ が 認

す 。 2 0 1 0 年 の 秋 に ﹁ 市

や 研 修 を し て い る 団 体 で

ト 支 援 と し て 、 ア ド バ イ ス

普 段 、 N P O の マ ネ ジ メ ン

備 を し て き ま し た 。 我 々 は

て 、 こ の 2 年 間 、 設 立 の 準

6 つ の 団 体 が 中 心 と な っ

わ ゆ る 中 間 支 援 と 言 わ れ る

で き ま せ ん よ ね 。

で き た 。 も う 人 の せ い に は

一 応 、 制 度 は 立 派 な も の が

も 実 際 に 動 き 始 め て る し 、

に 根 付 き 始 め た ば か り 。 で

す る 行 為 は 、 ま だ 日 本 社 会

ち ろ ん 自 分 で 選 ん で 寄 付 を

ど 、 も う で き へ ん よ と 。 も

は 周 り の せ い に で き た け

で い る か ら と か 。 い ま ま で

仕 組 み づ く り が 非 常 に 進 ん

寄 付 文 化 、 寄 付 の し や す い

制 度 が な い と 。 ア メ リ カ は

で す よ ね 。 そ の 文 化 が な い 、

社 会 の せ い に し て き た わ け

年 の 春 に 第 二 期 を 募 集 し

年 10 月 に ス タ ー ト さ せ 、 今

を 始 め ま し た 。 第 一 期 を 去

ら 、 ﹁ 共 感 寄 付 ﹂ と い う の

で し ょ う ね

気 持 ち を お 持 ち の 方 も 多 い

組 み で す 。

助 成 金 と し て 出 す と い う 仕

使 っ て 、 寄 付 を い た だ き 、

セ ン タ ー 神 戸 の 認 定 資 格 を

ま す 。 こ れ は 、 市 民 活 動

も 付 き ま す よ と 紹 介 し て い

ね 。 そ し て そ こ に 寄 付 控 除

ぐ 寄 付 の カ タ ロ グ な ん で す

ト は 寄 付 者 と N P O を つ な

に ま と め ま す 。 パ ン フ レ ッ

ン フ レ ッ ト と ウ ェ ブ サ イ ト

付 を 求 め て ま す よ ! ﹂ と パ

ま し た 。 ﹁ こ ん な 団 体 が 寄

ん 目 の 前 の こ と で 本 当 に 精

ち ょ っ と 酷 だ ろ う と 。 皆 さ

そ れ だ け を 取 り 上 げ る の は

は あ る と 思 い ま す 。 で も 、

い 。 個 々 の 団 体 の 努 力 不 足

情 報 開 示 も 十 分 で き て な

な 発 信 と か 、 お 誘 い と か 、

し て N P O 側 か ら の 積 極 的

ら ん 、 選 べ な い 。 そ れ に 対

こ に 寄 付 し た ら い い か わ か

日 常 的 に 接 点 が な い し 、 ど

付 し た い 。 で も 、 N P O と

円 で も 人 の 役 に 立 つ な ら 寄

77

  だ 団 さ の ひ い 設 ょ 立 う の ご 経 コ 緯 ミ を ュ 教 ニ え テ て ィ く 財

ち は お 金 を 社 会 か ら 集 め て

  そ う で す ね 。 千 円 、 二 千

市 民 活 動 を 支 援 す る 、 い

関 し て は 、 我 々 N P O は 、  

る な と 。 い ま ま で 、 寄 付 に

展 開 し て い る の で す か ?

去 年 の 2 0 1 2 年 の 秋 か 世 界 に 触 れ て み た い と い う

こ が そ ろ そ ろ 求 め ら れ て い

の お 仕 事 や 家 庭 以 外 の 別 の

  人 の 役 に 立 ち た い 、 普 段


秋 毎 ビ ル 3 階

http://hyogo.communityfund.jp/

神 戸 市 中 央 区 元 町 通 6 ︱ 7 ︱ 9  

イ ン タ ビ ュ ー  

実 吉 威 さ ん

ひ ょ う ご コ ミ ュ ニ テ ィ 財 団

公 益 財 団 法 人

76


た だ け で 展 示 と か な に も し

ま だ そ の 話 を 聞 く 機 会 を 得

て 。 う れ し か っ た で す ね 。

ひ 来 て く だ さ い ﹂ っ て 言 っ

か ? ﹂ っ て 言 う か ら 、 ﹁ ぜ

け に こ て た な が い 兵 た 。 ﹁ っ 隊 ら て わ さ し し た ん く と ら の 、 も か 宿 戦 入 お 舎 時 れ 話 み 中 る を た は ん 聞 い こ

可 能 性 を こ れ か ら も 模 索 し

社 会 に 向 け て 発 信 す る 力 ・

は ア ー テ ィ ス ト が こ れ か ら

の プ ロ ジ ェ ク ト で す 。 芸 法

地 域 住 民 ・ 団 体 と の 共 同 で

ク ト を 進 行 し て い き ま す 。

ら 長 期 に 渡 っ て の プ ロ ジ ェ

小 國 | 角 野 邸 で は 、 こ れ か

ん が 小 学 生 の 頃 に 遊 び に 来

ろ い な ぁ ﹂ っ て 。 お じ い さ

ほ ん ま 久 し ぶ り や な 、 お も

と こ ろ が に ぎ わ っ て る の は

﹁ 懐 か し い な 、 角 野 さ ん の

ら い い で す ね 。

と を ア ー ト で や っ て い け た

か で つ な が っ て る と い う こ

ら そ こ を 頼 れ ﹂ と か 、 ど っ

﹁ こ う い う や つ ら が お る か

ま す ね ん ﹂ っ て 言 っ た ら 、

ん な こ と や ろ う と 思 っ て

こ に は ⃝ ⃝ が い る ﹂ と か 、

災 に な っ た と き に 、 ﹁ あ そ

ん が 尋 ね て 来 た 。 ﹁ い ま こ   こ れ か ら は 、 た と え ば 震

た ら 80 歳 ぐ ら い の お じ い さ

や っ て る ん で す け ど 、 そ し

あ っ た の か な っ て 。

け で や ろ う と し た 意 味 は

  月 1 回 、 こ こ で 交 流 会 を て な い ん で す け ど 、 そ れ だ

ま 続 す け 。 、 チ ャ レ ン ジ し て い き

75


に か ス タ ッ フ で 完 結 す る こ

う や と か 。 で も 、 い つ の 間

か 、 ギ ャ ラ リ ー や っ て み よ

つ く っ た ら お も し ろ い と

ろ い ん ち ゃ う か 、 ロ ボ ッ ト

ん な 公 募 展 あ っ た ら お も し

て こ な か っ た ん で す よ 。 こ

も と あ り ま す し 、 場 所 性 で

ん で す よ ね 。 地 域 性 は も と

ご く 良 か っ た な っ て 思 っ た

援 セ ン タ ー で や っ た の が す

五 市 場 だ と か 、 地 域 人 材 支

考 え て み た ら 、 新 長 田 の 丸

小 國 | ル ー ツ を 掘 り 下 げ て

ン ジ し て も ら い た い し 、 そ

テ ィ ス ト に は も っ と チ ャ レ

う 機 会 が 多 く な り 、 ア ー

し な い 人 た ち に も 見 て も ら

以 前 よ り も ア ー ト に 関 係

ス だ な っ て 思 っ た ん で す 。

と っ て す ご い 重 要 な プ ロ セ

り ま し た 。

よ う や く 住 め る ぐ ら い に な

除 か ら 。 最 近 、 1 階 部 分 が

か っ た 場 所 な ん で 、 ま ず 掃

す 。 10 年 以 上 も 使 っ て な

良 い よ と い っ て く れ た ん で

術 に 興 味 が あ る か ら 使 っ て

と 、 や り た い こ と し か や っ  

と 、 自 分 た ち が 好 き な こ

い は ぐ て 思 る ん し し 立 い て 違 ら み っ に で た た ち ま 。 う い た て は 、 い 。 上 に な か 。 ギ ど ア っ ア げ な っ ら で ャ う ー て ー に っ て 、 も ラ し テ い テ 関 て こ や 、 リ た ィ う ィ わ 思 と っ 去 ー ら ス の ス っ い に ぱ 年 を い ト は ト た 起 気 り の 運 い を あ を り こ が こ 途 営 か 育 っ 応 し す つ れ 中 し と て た 援 ま  

で す か ?

取 り 組 ま れ よ う と し て る ん

味 で 挑 戦 。 ア ー テ ィ ス ト に

す る っ て い う の は 、 あ る 意

分 の 作 品 を 組 み 込 ん で 表 現

し た 状 態 で 、 そ の な か に 自

も や っ て い た ら し く て 、 芸

が 、 パ ト ロ ン み た い な こ と

そ こ の 曾 祖 父 か お じ い さ ん

た い に な っ た 変 わ っ た 家 。

で て に コ す い な ミ 。 こ る ュ う よ ニ っ う テ て な ィ 考 何 再 え か 生 直 を の し つ 手 た く 伝 ん っ い

れ か ら は ま ち づ く り と か 、

度 、 二 人 で 話 し を し て 、 こ

年 の 途 中 ぐ ら い に 、 も う 一

と に 留 ま っ て た 。 2 0 1 2

史 や ル ー ツ を ち ゃ ん と 理 解

を 考 察 し て 、 そ の 場 所 の 歴

ア ー テ ィ ス ト が 場 所 の 特 性

ね 。 あ え て も と も と 色 が

い 環 境 と 言 え ば そ う で す よ

べ た ら 展 示 を す る に は 難 し

て い た り 、 ギ ャ ラ リ ー に 比

あ っ た り と か 。 建 物 も 汚 れ

が 洋 館 で 北 側 が 日 本 家 屋 み

駒 ケ 林 に あ る 一 軒 家 で 、 南

田 村 | 角 野 邸 は 、 新 長 田 の

て る ん で す 。

︵ か く の て い ︶ に と り か か っ

す 。 そ れ で い ま ﹃ 角 野 邸 ﹄

て ほ し い な っ て 思 っ て い ま

の な か で 客 観 性 を 見 い だ し

こ れ か ら ど う い う こ と に

つ い て い る よ う な 場 所 で 、

74


神 戸 市 内 の 象 徴 的 な 建 物 を

︵ 笑 ︶ 。 あ と 、 ア ク リ ル 板 で

転 換 で き な い ん で す け ど ね

進 ん で 行 く ん で す よ 。 方 向

し た 。 振 り 子 の 原 理 で 前 に

セ ン タ ー の 広 場 に 展 示 し ま

2 台 つ く っ て 地 域 人 材 支 援

の で っ か い の と 小 さ い の を

年 、 実 際 に 高 さ 3 ㍍ ぐ ら い

れ が 通 っ て し ま っ た ⋮ 。 翌

ロ ボ ッ ト の 案 な ん で す け

な か っ た で す け ど ね ︵ 笑 ︶ 。

れ た ん で 、 そ れ ど こ ろ じ ゃ

態 で プ レ ゼ ン し た ら 採 用 さ

る か ど う か も わ か ら な い 状

た の か な っ て 。 当 時 は で き

ま 考 え る と 少 し 利 己 的 だ っ

よ か っ た な と 思 い ま す 。 い

ち ょ っ と 冷 静 に 考 え た 方 が

い う 自 覚 と い う か 、 も う

小 國 | 神 戸 市 の お 金 だ と

に 、 こ れ か ら 活 動 を 長 期 的

と い う の も あ っ て 。 そ れ

と 行 政 側 も 委 託 し に く い

あ っ た り と か 、 任 意 団 体 だ

ん で す よ 。 助 成 金 の 問 題 で

政 か ら の 委 託 が 多 く な っ た

わ け で は な く て 、 企 業 や 行

P O に し よ う と 思 っ て い た

れ ぐ ら い か ら 。 も と も と N

居 留 地 に あ る ギ ャ ラ リ ー の

ぐ ら い さ せ て も ら っ た り 、

交 流 会 み た い な こ と を 1 年

い う 、 簡 単 に 言 え ば 異 業 種

そ れ で ﹁ 神 戸 ○ ⃝ 会 ﹂ っ て

て い ろ い ろ 考 え ま し た ね 。

考 え て 行 く べ き な の か な っ

身 も ど う い う ふ う に 今 後 を

本 大 震 災 を き っ か け に 僕 自

再 現 し た 台 を つ く り ま し  

73

  N P O 法 人 に し た の も そ 田 村 | 2 0 1 1 年 は 、 東 日

は な い か な と 。

ト を つ く る っ て い う ハ チ ャ

わ れ 、 二 足 歩 行 す る ロ ボ ッ

﹁ 案 を 考 え て ほ し い ﹂ と 言

緒 に や っ て る 企 画 会 社 か ら

P R 事 業 で し た 。 い ま も 一

ん で す 。

け か な っ て い う 疑 問 は あ る

が 作 り た い も の を 作 っ た だ

な っ て い た の か 、 自 分 た ち

て み る と 、 そ れ が P R に

だ っ た ん で す ⋮ 。 い ま 考 え

局 は 3 台 つ く る の で 限 界

れ を プ レ ゼ ン し て 、 で も 結

す ﹂ み た い な 案 で し た 。 そ

三 宮 の 商 店 街 を 行 進 し ま

て を 格 。 持 を っ も て っ 務 て め し た っ い か な り と と 考 意 え 識

こ と だ か ら 、 や っ ぱ り 法 人

を さ せ て も ら っ て い る っ て

く っ て 、 市 民 の 税 金 で 仕 事

メ チ ャ な 案 を 出 し た ら 、 そ

て み て も 無 責 任 だ っ た の で

ビ エ ン ナ ー レ 2 0 1 1 ﹂ の

わ る 頃 に 受 け た の が ﹁ 神 戸

公 募 展 を や っ た 。 そ れ が 終

仕 掛 け に し て 。

た 。 手 を か ざ す と 街 が 光 る

で は 、 ﹁ 15 台 の ロ ボ ッ ト が

だ っ た ん で す よ 。 企 画 資 料

ど 、 最 初 は 15 台 つ く る 予 定

か 。 神 戸 市 か ら お 金 い た だ

信 頼 も 必 要 じ ゃ な い で す

に や っ て い く っ て な る と

  た だ 、 い ま と な っ て 考 え


北 校 舎 が あ っ た 。 ﹁ こ こ も

車 場 に な っ て い る と こ ろ に

て も ら え た ん で す 。 い ま 駐

さ れ る 前 に 小 学 校 を 使 わ せ

域 人 材 支 援 セ ン タ ー が 改 装

さ ん が 管 理 し て お ら れ る 地

そ れ で 、 い ま N P O ふ た ば

わ ! ﹂ み た い な 感 じ で ︵ 笑 ︶ 。

た い こ り ら ん に 会 で 言 社 、 ﹁ す っ が ほ け て あ な ど ﹁ り 、 ⋮ 廃 ま 電 ﹂ 校 す 話 っ で よ し て や ね た 言 り 。 る っ た そ

責 任 感 が ア ー テ ィ ス ト の な

甘 え が あ っ た ん で す よ ね 。

ん で す 。 で も 実 際 、 そ こ に

け に は い か な い と 思 っ て た

ア ー テ ィ ス ト か ら も ら う わ

金 し な が ら や っ て ま し た 。

だ っ た ん で す 。 そ れ こ そ 借

と き は 全 部 自 分 の 持 ち 出 し

田 村 | 2 0 0 3 年 に 始 め た

け に イ ベ ン ト 運 営 を 任 せ る

経 験 の 浅 い ア ー テ ィ ス ト だ

発 注 だ っ た の で 、 や っ ぱ り

小 國 | 当 時 は 仕 事 と し て の

く り し て い ま し た 。

な り 、 そ れ で な ん と か や り

な 仕 事 が 入 っ て く る よ う に

シ ョ ッ プ や 工 作 教 室 み た い

と か で 子 ど も 向 け の ワ ー ク

タ ー や 行 政 企 画 の イ ベ ン ト

い か ら 、 シ ョ ッ ピ ン グ セ ン

賞 ﹂ っ て い う 賞 金 も デ カ い

2 0 1 0 年 に は 、 ﹁ 芸 法 大

交 流 会 を や っ て ま し た ね 。

年 に 1 回 。 あ と 、 毎 月 1 回

向 け る よ う に な り ま し た 。

で き る か と い う こ と に 目 を

て 、 そ れ を ど う し た ら 実 現

で お も し ろ い 企 画 を 考 え

け ど 、 芸 法 の コ ア ス タ ッ フ

テ ィ ス ト が 参 加 す る ん で す

き ま し た 。 も ち ろ ん ア ー

ア ー テ ィ ス ト と の 展 覧 会 は

く に づ か に 新 長 田 ま ち づ く

は 忘 れ ま し た け ど 、 ア ス タ

た 。 何 が き っ か け だ っ た か

や り た い ね っ て 話 を し て

れ る よ う に な っ て 、 廃 校 で

小 國 君 が 企 画 に 関 わ っ て く

き 合 い は 。 2 0 0 9 年 か ら

か ら で す ね 、 長 田 と の お つ

て く れ た り し ま し た ね 。

て 。 か つ て の 校 長 先 生 も 来

し て 、 展 覧 会 さ せ て も ら っ

い し て 。 後 片 付 け し て 掃 除

さ せ て く だ さ い ﹂ っ て お 願

の で 、 ﹁ 全 部 使 っ て 展 覧 会

う 取 り 壊 す か ら ﹂ っ て い う

で す け ど 、 2 0 0 9 年 く ら

た 。 持 ち 寄 り で は あ っ た ん

だ い て や る よ う に し ま し

と し て 1 万 円 ぐ ら い い た

開 し た と き は 年 間 参 加 費 用

ら 、 ま た ち ょ っ と 変 わ っ て

田 村 | 2 0 1 0 年 ぐ ら い か

り ま し た 。

と し て 請 け 負 う か た ち で や

  で す 活 か 動 ? 資 金 は ど う し て た ん

ま か そ し に れ た な で 。 く 、 て 、 2 0 い 0 ろ 8 い ろ 年 に あ 再 り と か コ ア な ス タ ッ フ で 仕 事

思 っ た ん で す 。 そ れ で 、 僕

の に は リ ス ク が あ る な と 72


や っ た イ ベ ン ト を 最 後 に 、

わ っ た 。 2 0 0 4 年 7 月 に

を や っ て み て 難 し さ を 味

き 合 っ た ん で す が 、 展 覧 会

お 互 い に こ れ か ら プ ロ に な

た 。 ユ ル さ は あ る ん だ け ど 、

テ ィ ス ト を し っ か り と 分 け

織 と し て ス タ ッ フ と ア ー

に な り ま し た 。

て 、 企 画 と し て 関 わ る よ う 五 市 場 の 理 事 長 さ ん に 話 を

展 覧 会 を や り ま し た 。 そ こ 71

通 し て も ら っ て 丸 五 市 場 で

に 初 め て ア ー テ ィ ス ト と 付

ベ ン ト を し ま し た 。 そ の 時

ギ ャ ラ リ ー で 展 覧 会 と か イ

い で 京 阪 神 の カ フ ェ と か

ん で す 。 そ れ で 、 20 名 ぐ ら

な に か 助 け た い な と 思 っ た

で す よ 。 そ の 子 た ち を み て 、

を 描 い て る 子 た ち が い た ん

て い た ら 、 路 上 で 何 人 か 絵

た め に 三 宮 の 駅 前 を 徘 徊 し

た ん で す が 、 モ デ ル 探 し の

ま 2 し 0 た 0 。 8 年 の と き は 、 組

2 0 0 8 年 に 再 ス タ ー ト し

や っ て み よ う っ て な っ て 、

で す よ 。 そ れ で も う 1 回

な い ? ﹂ っ て 言 わ れ た ん

間 違 っ て な か っ た ん じ ゃ

を 聞 い て 、 ﹁ あ の や り 方 は

こ ろ で 活 躍 し て る よ っ て 話

映 像 作 家 と し て い ろ ん な と

て た 高 校 三 年 生 の 女 の 子 が

テ ィ ス ト と し て じ ゃ な く

が あ り 、 2 年 目 か ら は ア ー

ト デ ィ レ ク シ ョ ン と か 企 画

加 し ま し た 。 も と も と ア ー

と し て 芸 法 の イ ベ ン ト に 参

す 。 最 初 は 、 ア ー テ ィ ス ト

を し て い る 友 達 の 紹 介 で

は 、 神 戸 を 拠 点 に 作 家 活 動

た い な っ て 話 が あ っ て 、 丸

田 村 | 長 田 の 商 店 街 で や り

ん で す か ?

き は ど こ で 展 覧 会 を さ れ た

な っ て 考 え て ﹁ 芸 法 ﹂ っ て 。

あ と は 何 が 当 て は ま る か

を や っ て み た い と い う 思 い

  2 0 0 8 年 に 再 開 し た と

  芸 法 に 関 わ っ た き っ か け ﹁ 芸 ﹂ は 絶 対 入 れ た か っ た 。

小 國 陽 佑 さ ん ︵ 以 下 、 小 國 ︶

| な と 思 っ て た の と 、 芸 術 の

か っ た ん で す 。 漢 字 が 良 い

教 え て く だ さ い  

田 村 孝 次 さ ん

も と も と 美 容 ︵ 師 以 を 下 、 や 田 っ 村 ︶ て | 会 し た と き に 、 当 時 参 加 し

そ の 時 の メ ン バ ー と 偶 然 再

ら い か な 、 別 の イ ベ ン ト で

し た の は そ の 時 で す ね 。

ん で す 。 小 國 さ ん と お 会 い

し く や ろ う っ て こ と に し た

け ど 、 深 い 意 味 っ て 特 に な

田 村 | よ く 聞 か れ る ん で す

  で も 、 2 0 0 7 年 の 夏 ぐ 識 し て 、 甘 え を な く し 、 厳 う 思 い で つ け た ん で す か ?

  芸 法 の 立 ち 上 げ の 経 緯 を 一 度 離 れ た ん で す 。

る と す る 初 め の 段 階 だ と 意   芸 法 と い う 名 前 は ど う い


▲田村孝次さん(左)と小國陽佑さん(右)

http://www.geiho.com/

イ ン タ ビ ュ ー  

小 國 陽 佑 さ ん  

田 村 孝 次

芸 法

特 定 非 営 利 活 動 法 人

さ ん

70


で す ね 。

69

だ と 思 っ て も ら え る と い い

多 く の 人 に 産 業 遺 産 が 大 事

る 。 広 く 知 っ て も ら っ て 、

る し 、 観 光 の ツ ー ル に も な

遺 産 の 活 用 提 案 も 共 有 で き

ア ー カ イ ブ が あ れ ば 、 産 業

し て い ま す 。 産 業 遺 産 の

ト を つ く ろ う と 財 団 に 申 請

え る よ う な 、 ポ ー タ ル サ イ

て 、 一 般 の 人 に も 見 て も ら


さ れ ず に 済 ん だ 遺 産 が あ っ

ま く 共 有 さ れ て い れ ば 、 壊

も 共 通 し て い る 。 情 報 が う

た 。 し か も 抱 え て い る 問 題

ケ ー プ が あ る 。 あ れ だ け の

こ で し か 見 れ な い ル イ ン ス

か る と 思 う ん で す よ 。 あ そ

が る の か は 、 な ん と な く わ

活 用 連 絡 協 議 会 に は 教 育 委

思 い ま す 。 全 国 近 代 化 遺 産

方 を や ら な い と い け な い と

ル 的 に も し っ か り し て い

  そ の た め に も 、 ビ ジ ュ ア

な い か な と 思 っ て い ま す 。

い っ て こ と に 気 が つ き ま し   な ぜ 軍 艦 島 に 人 が 行 き た

ら 、 各 地 に す ご い 逸 材 が い

入 っ て く れ ま し た 。

保 市 教 育 委 員 会 が 後 援 に

を 考 え て い ま す か ?

ミ ク ロ と マ ク ロ 、 そ の 両 光 や 産 業 振 興 と も つ な が ら

る の に 、 誰 も つ な が っ て な

も 活 用 で き る と 思 う し 、 観

土 壌 が な い と 無 理 。 教 育 に

    こ れ か ら は ど う い う 活 動 え て も 、 そ れ を 受 け ら れ る

を 活 用 す る と い う こ と が 大

と 全 国 近 代 化 産 業 活 用 連 絡

話 題 の 場 所 で し た 。 長 崎 市

で 、 タ イ ム リ ー だ っ た し 、

に 推 薦 す る 動 き が あ っ た の

い と 思 っ た か ら な ん で す 。

力 が ど う い う も の か 考 え た

て も ら っ た の は 、 こ の 吸 引

つ く っ て い か な い と い け な

事 だ と 思 え る よ う な 意 識 を

れ と 、 市 民 が 産 業 遺 産 を 大

産 業 遺 産 を 巡 り は じ め た 協 議 会 に 参 加 し て い る 佐 世

い で す ね 。 国 が 仕 組 み を 変

事 に な っ て い ま す ね

ジ ェ ク ト を や っ て い ま す 。

を 探 る 意 味 で も ア ー ト プ ロ

遺 産 ﹂ を ユ ネ ス コ 世 界 遺 産

ト ﹂ 。 ﹁ 明 治 日 本 の 産 業 革 命

し た ﹁ 長 崎 産 業 遺 産 サ ミ ッ

キ ー マ ン の 人 た ち に 集 ま っ

遺 産 の 保 存 に 関 わ っ て い る

引 力 が あ る 。 今 回 、 産 業

ら せ る こ と が で き る し 、 吸

に 仕 組 み を 変 え て い く 。 そ

産 を う ま く 活 用 で き る よ う

い ま す 。 国 の 制 度 と か 、 遺

て い か な い と い け な い と 思

保 存 だ け で は な く 、 遺 産

が 残 っ て い て 、 そ こ の 活 用

い た 購 買 会 と い う ス ー パ ー

山 が 閉 山 す る 前 に 使 わ れ て

度 で 3 年 目 に な り ま す 。 鉱

ダ ル ジ ャ ン 芸 術 祭 ﹂ も 今 年

う と 思 い ま し た 。

な か っ た の で 、 そ れ を や ろ

げ る こ と を し て い る 人 が い

た の に っ て 思 い ま す 。 つ な

そ 、 過 去 の 記 憶 や 思 い を 巡

り ま す 。 ボ ロ ボ ロ だ か ら こ

廃 墟 景 観 に 圧 倒 的 な 力 が あ

と こ ろ っ て な い で す よ ね 。

規 模 の 廃 墟 が 集 ま っ て い る

い な が ら 、 発 言 力 を 強 く し

事 を し っ か り や ら せ て も ら

す が 、 そ う い う と こ ろ の 仕

る 。 う ち も そ の メ ン バ ー で

員 会 が た く さ ん 参 加 し て い

  そ れ が 、 今 年 9 月 に 開 催

68


か 検 挙 さ れ る ん じ ゃ な い

ら な い 人 も 出 て き た 。 い つ

2 0 0 9 年 12 月 に N P O

67

の ル ー ル み た い な も の も

特 別 な 趣 味 だ っ た し 、 暗 黙

ら い 。 最 初 は 盛 り 上 が っ て   あ と 、 朝 来 市 と 一 緒 に

は 、 そ の こ ろ 7 ∼ 9 年 目 ぐ

  ﹁ 鉱 石 の 道 ﹂ と い う 事 業

ま だ 知 る 人 ぞ 知 る み た い な

よ 。 S N S が 始 ま る 前 は 、

サ イ ト が 閉 じ 始 め た ん で す

思 う ん で す が 、 多 く の 廃 墟

  ち ょ う ど そ の 頃 だ っ た と

織 を つ く れ な い か な と 。

が あ っ た の で 、 そ う い う 組

ジ ツ ー リ ズ ム ﹂ と い う 言 葉

信 頼 度 が 高 ま り ま し た 。

仕 事 を や っ た と い う こ と で

が あ っ た ん で す 。

か ら 手 伝 っ て ほ し い と 連 絡

り た い と 申 請 を し ま し た 。

産 業 遺 産 の ア ー カ イ ブ を や

の 事 業 が あ っ た の で 、 県 に

﹁ 鉱 石 の 道 ﹂ と い う 兵 庫 県

か い く つ か あ る ん で す が 、

明 延 鉱 山 、 神 子 畑 選 鉱 所 と

た 。 生 野 鉱 山 の 周 辺 に は 、

ア ピ ー ル で き た し 、 行 政 の

で ま た 、 っ ら た 、 ん 30 で ∼ す 40 の よ 人 。 存 そ ぐ 在 の ら 感 成 い も 功 集

で 有 名 な 人 た ち に 声 を か け

墟 マ ニ ア や 産 業 遺 産 の 世 界

が い い と 提 案 し ま し た 。 廃

る な ら 特 別 ツ ア ー に し た 方

ン ス や と 思 っ て 、 人 を 集 め

か っ た と こ ろ に 入 れ る チ ャ

J-heritage

や っ て い る ﹁ 生 野 ル ー ト ・

あ っ た け ど 、 広 く 知 ら れ る

で す 。 当 時 す で に ﹁ ヘ リ テ ー

だ な と 思 う よ う に な っ た ん

く 知 っ て も ら う こ と が 大 事

      ま し が テ い 人 を す と 可 か う し た い ィ 。 と 相 。 い を そ ? い N た ら て ・ 知 か 手 こ け 得 ん う P 。 い 、 ビ り 任 に れ な て な 活 O い そ ジ 合 意 し か い 、 こ に 動 っ の ネ い て ら ち 団 い は と ゃ と を な て 人 ス も っ し て 教 が に に 体 く 行 思 ん あ て か え N 詳 コ じ か 政 っ と っ い ら て P し ミ ゃ ら や た し て ま は く O い ュ 厳 、 企 ん な 、 れ に 人 ニ し 個 業 で い 許 す ど

い た ん で す が 、 だ ん だ ん 注

よ う に な っ て 、 ル ー ル を 守

し ば ら く し て 観 光 の 担 当 者

ん な と こ ろ に 連 絡 し ま し   僕 ら は 、 い ま ま で 入 れ な

よ う に し た い し 、 も っ と 広

ち ゃ ん と 許 可 を 得 て 行 け る

と い う こ と を 知 り ま し た 。

思 う ん で す よ ね 。

も そ れ っ て 、 や り 逃 げ だ と

か っ て 辞 め て し ま っ た 。 で

見 学 さ せ て ほ し い っ て い ろ

も 行 け る だ ろ う と 思 っ て 、

ま で 行 け な か っ た と こ ろ に

N P O に な っ た か ら 、 い ま

法 人 の 認 証 を う け ま し た 。

い と 依 頼 さ れ ま し た 。

バ ス ツ ア ー を 企 画 し て ほ し

ら な い か ら 、 モ ニ タ リ ン グ ・

れ で 、 ど う し て い い か わ か

目 さ れ な く な っ て い た 。 そ


大 な 工 場 や 本 山 製 錬 所 も

ら め っ ち ゃ す ご か っ た 。 巨

か っ た ん で す け ど 、 行 っ た

と こ ろ だ か ら 期 待 し て な

科 書 に も 載 っ て い る よ う な

た こ と も 大 き い で す ね 。 教

公 害 を 克 服 し た 煙 突 。 そ の

る ん で す ね 。 日 本 で 初 め て

の 真 ん 中 に 煙 突 が 残 っ て い

昔 の ま ま に な っ て い て 、 島

が 、 人 は 住 ん で な い 。 街 は

は 一 部 稼 動 し て い る ん で す

ん で す ね

る だ け じ ゃ な く な っ て い く

し て く れ ま し た 。

解 体 す る こ と に な っ た と 話

行 っ た と き か な 。 い ま は も れ な い も の が 壊 さ れ て い く

  兵 庫 県 に あ る 明 延 鉱 山 に せ い で 、 残 っ て い た か も し

  そ の と き 、 廃 墟 マ ニ ア の

  そ れ か ら 足 尾 銅 山 に 行 っ て も ら い ま し た 。 ま だ 工 場

  な る ほ ど 、 た だ 廃 墟 を 巡 て い る の を 本 社 の 人 が 見 て

真 が 廃 墟 サ イ ト に 掲 載 さ れ

な っ た ん で す 。

か っ て 疑 問 を 感 じ る よ う に

国 は そ ん な 施 設 を 壊 す の

な 刑 務 所 を つ く っ た 。 こ の

る た め に 、 観 光 地 に 近 代 的

る っ て 諸 外 国 に ア ピ ー ル す

す 。 囚 人 の 人 権 も 保 障 し て

チ ャ ー タ ー し て 島 を 一 周 し

を 一 目 見 よ う と 釣 り 舟 を

思 っ て 、 製 錬 所 が あ っ た 島

い 廃 墟 に 行 っ て み た い と

れ て い た の で 、 誰 も 行 け な

る の は マ ニ ア の 間 で は 知 ら

け ど 、 瀬 戸 内 海 に 廃 墟 が あ

う に な り ま し た 。

な に か し な い と ! と 思 う よ

て 、 ま だ 漠 然 と で し た け ど 、

場 所 も 壊 さ れ て い く の を 見

も 壊 さ れ 、 公 害 を 克 服 し た

た っ て 。 で も 、 侵 入 し た 写

か っ て た か ら 残 し た か っ

場 が 観 光 の 目 玉 に な る と わ

い う に は 、 地 元 の 人 は 、 工

ま し た 。 そ の ガ イ ド の 人 が

  初 め て 公 害 が 起 き た 場 所 だ い て 見 学 す る こ と が で き

所 だ っ た っ て わ か っ た ん で   い ま は 犬 島 と か 有 名 で す

確 に 意 識 し て つ く っ た 刑 務

ら 、 日 本 が 初 め て 人 権 を 明

て た の で 、 あ と で 調 べ た

か ! っ て 。 勉 強 せ ず に 行 っ

り し ま し た 。 こ れ を 壊 す の

か せ な い の か な と 。

す ら モ ニ ュ メ ン ト と し て 活

う 教 科 書 に 載 る よ う な 場 所

体 が 決 ま っ て い て 、 こ う い

残 っ て い ま し た 。 そ こ も 解

ば れ て い た ん で す 。

る 技 術 者 と し て そ の 島 に 呼

人 が 、 今 度 は 公 害 を 克 服 す

で 、 そ の 製 錬 所 を つ く っ た

で 初 め て 公 害 が 起 き た 場 所

ん で す 。 足 尾 製 錬 所 は 日 本

煙 突 は 、 公 害 克 服 の 原 点 な

ガ イ ド の 方 に 案 内 し て い た

れ て い た ん で す が 、 坑 道 は

た 時 に は す で に 建 物 は 壊 さ

し て い る ん で す 。 僕 が 行 っ

残 っ て い て 、 観 光 に も 活 用

鉱 山 の 坑 道 や 一 円 電 車 が

う 閉 山 し て い る ん で す が 、 66


際 に つ な が れ た 。 実 は 劣 等

参 加 し て 、 い ろ ん な 人 と 実

す る よ う に な り 、 オ フ 会 に

か で 廃 墟 マ ニ ア の 人 と 交 流

  か で ? 廃 北 墟 京 が オ 解 リ 体 ン さ ピ れ ッ る ク ん の で 影 す 響 に 撮 る と か 、 僕 は 出 遅 れ て

つ け る と か 、 写 真 を キ レ イ

き 、 建 物 が す ご く て び っ く

長 崎 刑 務 所 ﹄ に 行 っ た と

65

く 、 誰 も 知 ら な い 廃 墟 を 見   解 体 が 決 ま っ て い た ﹃ 旧

よ ね 。 た く さ ん の 物 件 に 行

た ト す そ 。 が が の 一 、 う 番 変 ち 生 な に 話 命 、 、 力 軍 ミ に 艦 ク 溢 ア シ れ パ ィ と て ー

シ ョ ン で 囲 ま れ て い た ん で

し た 。 周 り は 新 し い マ ン

そ の 時 が ピ ー ク で し た 。

響 も あ っ て 、 廃 墟 の 解 体 も

で の 北 京 オ リ ン ピ ッ ク の 影

番 盛 り 上 が っ て い た 。 中 国

と あ っ て 、 第 2 、 3 次 が 一

第 2 次 、 第 3 次 、 第 4 次 ⋮

ち も ど っ か に あ っ た ん で す

れ に 逆 ら い た い と い う 気 持

ラ を 買 っ た け れ ど 、 そ の 流

ア ッ プ し て い く 。 僕 も カ メ

撮 っ て 、 サ イ ト に ど ん ど ん

な っ た 。 か っ こ い い 写 真 を

き っ か け は ?

  N P O に し よ う と 思 っ た

た ス 頼 。 テ が ッ あ プ っ ア た り ッ 、 プ い で い き 感 ま じ し で

ら そ の あ だ 名 が 付 い て い ま

軍 艦 み た い に 見 え た こ と か

で す が 、 増 築 を 繰 り 返 し て

営 ア パ ー ト だ っ た と 思 う ん

こ と で す ね 。 日 本 最 古 の 府

た ﹃ 軍 艦 ア パ ー ト ﹄ を 見 た

た 経 緯 を 教 え て く だ さ い  

き っ か け は 、 大 阪 に あ っ

  廃 墟 を め ぐ る よ う に な っ

で も て め 自 も か の 感 廃 す つ い て 分 な っ 廃 が 墟 。 な る 、 も か た 墟 あ が 全 が サ っ り サ っ ブ る 国 ん イ た 、 イ た ー よ の が ト ん 人 ん ム う 廃 ん を で と ト で っ に 墟 動 つ 。 の を す て な マ い く そ つ 持 よ 、 第 っ ニ て り れ な っ 。 1 た ア 回 は か が て 自 次 ん と っ じ ら り な 分 、     ら 行 義 が ン ね 用 ら い く 。 第 進 ピ 。 が 。 大 に か ど 1 む ッ だ ま 鉄 量 は み れ 次 か ク か か く に 、 た だ ブ も で ら な ず 鉄 ア い け ー し 産 今 え を が ー な 多 ム れ 業 度 売 必 ト 。 く は ま 遺 の た れ 要 ん 性 第 の 、 せ 産 東 ば に が 3 廃 物 ん の 京 で 解 な 強 次 墟 件 。 解 オ す 体 る く ぐ に 主 体 リ よ 費 か を 手 伝 っ て ほ し い と い う 依

出 版 社 に も 注 目 さ れ て 、 本

れ も あ っ て 目 立 っ て き た 。

る で 叩 か れ も し た け ど 、 そ

で す よ ︵ 笑 ︶ 。 2 ち ゃ ん ね

墟 と 仏 像 っ て マ ッ チ す る ん

撮 っ た り し て い ま し た 。 廃

の マ ス ク を 被 っ て 写 真 を

だ か ら 、 廃 墟 に 行 っ て 大 仏

る か ら 、 そ れ に は 勝 て な い 。


前 畑 洋 平

J-heritage

特 定 非 営 利 活 動 法 人

さ ん

http://j-heritage.jimdo.com/

イ ン タ ビ ュ ー  

64


で す ね 。

63

い う の が 、 い ま 一 番 の 課 題

な く 継 続 し て い け る か っ て

ス を と り な が ら 、 ど う 無 理

織 化 し て い く 。 そ の バ ラ ン

さ を 保 ち つ つ 、 あ る 程 度 組

だ と 思 い ま す 。 内 容 の 豊 か

勢 い を 維 持 す る の か が 問 題

う や っ て そ の エ ネ ル ギ ー や

こ と を し て い く と き に 、 ど


す や 緒 。 っ に て 分 良 か か ち っ 合 た え な た と と 思 き い ま は 、

ろ こ び み た い な と こ ろ を 一

ね 。 で も 音 楽 の 根 源 的 な よ

ろ ん な 時 が あ る ん で す け ど

て た り 、 即 興 演 奏 だ か ら い

ね 。 い き い き し た り 、 だ れ

き は 非 常 に う れ し い で す

て く れ て る な っ て 感 じ る と

観 客 が そ の 価 値 観 を 共 有 し

と の 即 興 演 奏 を 披 露 し て 、

と 思 う 。

と と も に 作 っ て い く も の だ

き ゃ な ら な い 。 公 演 は 観 客

客 が ど う 見 る か も 考 え な

奏 し て 楽 し い っ て こ と を 観

い う と 、 自 分 た ち が 即 興 演

め た ら そ れ で い い の か っ て

じ ゃ あ 、 彼 ら が 舞 台 で 楽 し

が 作 っ て る と こ ろ も あ る 。

め る よ う に ミ ュ ー ジ シ ャ ン

い な が ら 、 子 ど も 達 が 楽 し

る ん で す ね 。 同 じ 地 平 と い

こ れ だ け 認 知 し て い た だ い

る の か も わ か ら な か っ た 。

リ ー 映 画 が 本 当 に 公 開 さ れ

か っ た し 、 ド キ ュ メ ン タ

ま ず 8 年 も 続 く と 思 っ て な

も 思 っ て な か っ た ん で す 。

ら れ る よ う に な る と は 夢 に

方 も そ う 。 常 に 何 か 新 し い

し ま い ま す 。 意 志 決 定 の 仕

な も の で は 続 か な く な っ て

れ な い ん じ ゃ な い か っ て 。

て も お も し ろ い こ と は 生 ま

思 う の で 、 安 定 し て し ま っ

  か と い っ て 、 た だ 不 安 定

を お 聞 か せ く だ さ い

こ ん な に 音 遊 び の 会 が 知 が あ っ て 生 ま れ て く る っ て

と す る 力 っ て 何 か の ひ ず み

に く い 。 ク リ エ イ ト し よ う

  最 後 に 、 こ れ か ら の こ と エ イ テ ィ ブ な も の が 生 ま れ

う か 不 安 定 さ が な い と ク リ

す わ ミ く ら 理 た 実 。 り ュ っ こ 解 ﹂ 際 が ー て そ し っ に 本 ジ い 音 て て 障 当 シ う 楽 も 言 が ャ 文 ら っ に ン こ 化 え て い と 大 た を を な も 切 ち が 作 い や 持 な と 必 っ 。 っ っ ん の 要 て だ ぱ た 人 で 関 で い か り 、   は は す が を と 者 お ミ 。 一 ど 観 と 障 客 ュ あ 番 の 客 、 が さ ー る 苦 よ 。 ア い ん ジ 意 心 う こ ー を と シ 味 の テ 持 い ャ で す に ィ つ う ン 、 る 維 4 ス 人 部 に 障 と 持 者 ト と 分 と が こ す の と 、 も っ い ろ る 関 、 保 あ て 者 で か 係 あ 護 い ぱ て 。 り 言 そ う れ 人 だ も と い 活 ま 動 す が が 続 、 か や な っ

か 。 観 客 な ん て い ら な い っ

楽 っ て あ る 程 度 自 由 さ と い

結 び つ い て る と 思 う ん で す

し て こ な か っ た 理 由 は 、 音

よ 。 N P O の よ う な 組 織 に

視 点 が あ る じ ゃ な い で す   音 楽 と 組 織 の あ り 方 っ て

人 の ア ー ト っ て 、 い ろ ん な

そ う だ け ど 、 障 が い を 持 つ

こ そ で す よ ね 。

が あ り 、 継 続 し て き た か ら

  ア ウ ト サ イ ダ ー ア ー ト も た の は 、 色 々 な 人 の 関 わ り 62


す ね 。 そ う 、 ゲ ス ト と し て シ ョ ッ プ と 公 演 活 動 、 公 開

き た い っ て い う の が あ り ま

者 と の 音 楽 活 動 を 考 え て い

つ 、 い ま 考 え ら れ る 障 が い さ れ て い る ん で す か ?

活 動 は 、 月 2 回 の ワ ー ク

き の 音 楽 文 化 を 取 り 入 れ つ

思 っ て い る し 、 常 に そ の と

  普 段 は ど の よ う な 活 動 を

な 要 素 を 取 り 入 れ た い と

く 入 っ た 人 も い ま す 。 新 鮮

関 わ っ て く れ て い て 、 新 し

シ ョ ン も し て い ま す 。

ん な 人 た ち と の コ ラ ボ レ ー

器 の 小 日 山 拓 也 さ ん 、 い ろ

て く れ た り 、 学 生 が 手 伝 っ

に ミ ュ ー ジ シ ャ ン が 参 加 し

金 も な か っ た の で 、 自 発 的

続 け た い っ て 。 そ の 頃 は お

ち も ミ ュ ー ジ シ ャ ン た ち も

と 思 っ て い た ら 、 子 ど も た

だ っ た の で 、 そ れ で 終 わ る

パ ン は 半 年 間 の プ ロ グ ラ ム

う い う 所 が す ご く 良 か っ

と 。 福 祉 施 設 の 人 に も ﹁ 、 こ

ズ ム の あ る 音 楽 が し た い

ね 。 も っ と メ ロ デ ィ ー や リ

ら な い ﹂ っ て 言 う ん で す よ

保 護 者 は ﹁ 即 興 音 楽 は わ か

法 と し て や っ た と し て も 、

楽 セ ッ シ ョ ン っ て 、 音 楽 療

61

人 タ 入 ミ 。 ッ れ ュ フ 替 ー で わ ジ 残 る シ っ の ャ て で ン る 、 は の 初 ず は 期 っ と 1 ス

加 わ り ま し た 。 学 生 の 方 は

続 い て い て 、 4 名 が 新 し く

す が 、 そ れ 以 外 は だ い た い

て き っ ぱ り 辞 め た 子 が い ま

ひ と り だ け ﹁ 飽 き た ! ﹂ っ

か な 。 12 ∼ 13 人 で は じ め て 、

堀 尾 寛 太 さ ん 、 手 づ く り 楽

す 。 舞 台 表 現 の な か で 自 分

り の こ と も よ く 見 て る ん で

い て 、 メ ン バ ー ひ と り ひ と

者 と の 関 係 を す ご く 考 え て

富 。 観 客 と の 関 係 や 障 が い

ん は ア イ デ ア が す ご く 豊

し た 。 テ ニ ス コ ー ツ さ ん 、

す る の が と て も 上 手 な 人 で

の 思 想 み た い な こ と を 表 現

  今 年 で 9 年 目 に な っ て る 来 て い た だ い た 梅 田 哲 也 さ

ま ん が と な こ 還 を ワ 柱 ワ エ す な い 考 人 う 元 も ー で ー イ ね 人 者 え と い す ら ク や ク ブ 。 が だ て 共 う る っ シ っ シ ル 参 け や 有 ノ こ て ョ て ョ 加 じ っ で ウ と い ッ ッ ・ ア し ゃ て き ハ も る プ い プ ー て な い た ウ 重 の は ま と ト く く ま ら を 要 で 、 す い れ て す い い だ 地 助 。 う ・ ジ て い 。 い ろ し 域 成 公 3 ャ い ろ 障 な ん に 金 開 本 、       し 日 都 田 し て こ て 間 芸 哲 そ た く 障 と い い の 術 也 れ 。 れ が は ま ま 公 セ さ と た い ? ま で す 演 ン ん 、 り を で 。 の タ 等 C し 持 て っ 印 D ー が D V で 関 1 続 た 象 い 人 的 D 行 わ 枚 を っ っ と て と だ 販 た て 、 き の っ 売 2 京 梅 ま 音 た


に 考 え て お ら れ ま し た 。 養

よ ? ﹂ み た い な こ と を 非 常

う い う 意 味 で 新 し い ん だ

い っ て 決 め る ん だ よ ?

い 音 楽 を や る 。 ﹁ 誰 が 新 ど し

き な い 相 手 と 、 し か も 新 し

  で フ た す ィ こ そ ね ー と う ド を や バ 音 っ ッ 遊 て 悩 ク し び ま て の れ い 会 て る に 考 ん も え 言 っ た り 、 千 野 さ ん も ﹁ い

み な す 主 体 は 誰 な ん だ ﹂ と 多 い ん で す か ?

さ ん が ﹁ こ の 場 合 に 音 楽 と   続 け て 参 加 し て い る 方 が

テ ィ ン グ し て ま し た 。 大 友

ん で す よ ね 。 話 す こ と が で

て 、 は じ め に す ご く 考 え る

目 指 す べ き な ん だ ろ う ? っ

と な の か 、 ど う い う 音 楽 を

る っ て い う の は ど う い う こ

か 。 障 が い の あ る 人 と や

ン ﹂ っ て な る じ ゃ な い で す

的 障 が い 者 と ミ ュ ー ジ シ ャ

て い ま し た 。

社 ︶ っ て 本 を 読 ん で 勉 強 し

片 岡 祐 介 著 、 あ お ぞ ら 音 楽

ど う や る の ? ﹂ ︵ 野 村 誠 +

緒 に 出 し た ﹁ 即 興 音 楽 っ て

て い る 方 が 野 村 誠 さ ん と 一

音 楽 活 動 を か な り 経 験 さ れ

介 さ ん と い う 、 障 が い 者 と

さ な 音 を 出 す よ 。 で き る だ

音 し か 鳴 ら な い 。 ﹁ 次 、 小

誤 し て 、 週 に 何 回 も ミ ー

な い と か 。 み ん な で 試 行 錯

て 言 う ん だ け ど 、 何 に も 出

や っ た ら 、 声 を 出 す よ ﹂ っ

ね 。 森 本 ア リ さ ん も ﹁ こ う

り も 大 き な 音 が 出 た り と か

や る ん で す け ど 、 さ っ き よ

け ち っ ち ゃ な 音 だ よ ﹂ っ て

つ け て い っ た 。

表 現 を ミ ュ ー ジ シ ャ ン が 見

だ っ た と か 、 一 人 ひ と り の

か 、 今 日 は 誰 が い い 調 子

に 任 せ た ら い い ん だ な と

指 揮 が す ご く う ま く て 、 彼

ン バ ー の 子 が 子 ど も た ち の

く う ち に 、 永 井 君 と い う メ

す ね 。 言 葉 に し ち ゃ う と ﹁ 知  

は す ご い 悩 ま れ た み た い で

と き の 反 応 は ?

い ろ い ろ 。 大 友 良 英 さ ん

千 野 秀 一 さ ん は 、 片 岡 祐

も そ こ で 考 え た よ う で す 。

音 遊 び の 会 の 趣 旨 に つ い て

や っ て い る の か を 見 た り 、

行 っ て 、 実 際 に 先 生 が ど う

て や っ た ら ホ ワ ワ ー ン っ て

音 を 出 す よ 、 み ん な ! ﹂ っ

み る ん で す け ど 、 ﹁ 大 き な

﹁ 指 揮 を す る ん だ ﹂ っ て 試

ク シ ョ ッ プ で 、 大 友 さ ん が

  ミ ュ ー ジ シ ャ ン を 誘 っ た 護 学 校 の 音 楽 ク ラ ス を 見 に   そ う で す ね 。 は じ め ワ ー

し こ い で が て ろ い た と ﹂ 楽 あ い ん ろ 。 を と し っ い な い 言 む て 。 音 ん な ろ っ 音 も 一 楽 い た 楽 い 人 の こ ろ り が い で 楽 と を 考 、 あ し 楽 し え 根 っ 、 し み 試 し て 源 て み む が て い 的 も ん 音 あ い ま な い な 楽 っ 60


と 一 緒 に や っ た ら 豊 か な 音

う あ る 。 も し 彼 ら が 音 楽 家

ン に 出 く わ す こ と が け っ こ

か だ っ た り し て す ご い シ ー

照 ら し て み る と 、 表 現 が 豊

そ の 音 楽 を 即 興 音 楽 文 化 に

れ る の で す ね 。 で も 実 際 、

楽 は そ の 過 程 と し て 捉 え ら

は 治 療 の 目 的 が あ っ て 、 音

あ る ん で す が 、 音 楽 療 法 で

に な る よ う に し て 、 目 標 を

い を 持 つ 人 が だ い た い 同 数

て 、 ミ ュ ー ジ シ ャ ン と 障 が

な ミ ュ ー ジ シ ャ ン を 含 め

ス で 演 奏 し て る 即 興 の 得 意

ま し た 。 地 元 の ラ イ ブ ハ ウ

ミ ュ ー ジ シ ャ ン を お 呼 び し

興 の 得 意 な 7 名 の ゲ ス ト ・

一 さ ん を は じ め と す る 、 即

て 、 大 友 良 英 さ ん 、 千 野 秀

12 ∼ 13 名 く ら い 一 般 募 集 し

由 に い ろ ん な こ と を 試 せ る

﹁ 遊 び ﹂ を ﹁ 自 発 的 に 、 自

意 味 が あ り ま す よ ね 。 私 は 、

さ れ て い ま す が 、 い ろ ん な

験 ﹂ で 、 ﹁ 体 験 の 場 ﹂ と 訳

た 言 の 。 う ﹁ モ デ は ル 、 邦 か 訳 ら 書 取 で り は ま ﹂ ﹁ 体 し と

名 前 の 由 来 は 、 音 楽 療 法

あ り 、 や り た い こ と で す 。

び の 会 で や っ て き た こ と で

い く っ て い う こ と が 、 音 遊

楽 や 福 祉 の あ り 方 を 考 え て

錯 誤 を し な が ら 、 い ま の 音

ア イ デ ア を 出 し 合 っ て 試 行

The Field of Play

59

Play

楽 が 生 ま れ る ん じ ゃ な い か

ジ シ ャ ン も 楽 し ん で い る 。

ま れ る っ て こ と を 、 ミ ュ ー

予 定 調 和 じ ゃ な い 表 現 が 生

い 名 前 で す よ ね

け ど 、 い ろ ん な 刺 激 が あ る 。

か な か っ た り も す る ん で す

私 は 、 認 定 音 楽 療 法 士 で も  

み た い と 思 っ て い ま し た 。

あ り 方 を 一 か ら 考 え 直 し て

即 興 音 楽 を 通 し て 、 音 楽 の

た ん で し ょ う か ?

私 は 、 知 的 障 が い 者 と の

う い っ た 経 緯 で 立 ち 上 が っ

  音 遊 び の 会 は 、 い つ 、 ど

で 金 オ パ 月 始 音 と そ す に ン ン に め 楽 思 こ 。 受 ス の エ ま を い か テ ﹁ イ し 追 、 で っ ー エ ブ た 究 大 、 て ジ イ ル 。 す 学 知 始 ﹂ ブ ・ 2 る 院 的 め と ル ア 障 ー 0 場 生 ら い ・ を の が ア ト 0 5 一 仲 れ う い ー ・ 者 た 助 ト ジ 年 緒 間 ん 成 ・ ャ 9 に と を   た プ ん プ し 表 ﹁ ん 名 で ロ た 現 即 わ で を す ジ 。 を 興 か す ﹁ が ェ そ 開 表 り や 。 音 、 ク の 拓 現 遊 そ ト と し を す び の ﹂ き よ 通 く て の 後 と は う じ 会 、 呼 ﹁ ﹂ て 、 ﹂ グ ん 音 と 新 か に ル で 遊 し し わ し ー た び ま い い 持 っ て き た も の が う ま く い

し 、 ミ ュ ー ジ シ ャ ン た ち が

か 言 え な か っ た り も す る

た り 。 子 ど も は 何 を し た い

こ と を 会 に 持 ち 込 ん で く れ

ち も 、 自 分 が や っ て み た い

だ か ら 、 ミ ュ ー ジ シ ャ ン た

が 音 楽 の 喜 び に つ な が る 。

こ と ﹂ と 捉 え て い て 、 そ れ


沼 田 里 衣

音 遊 び の 会

さ ん

E-mail otoasobinokai@gmail.com

http://otoasobi.main.jp/

イ ン タ ビ ュ ー  

58


で す け ど ね 。

57

よ ね と い う 面 も 出 て く る ん

度 は 、 昔 の 方 が 良 か っ た と

き ま し た 。 そ う し た ら 、 今

に 、 状 況 と と も に 変 わ っ て

理 者 と し て 入 る と い う よ う

人 格 を と り 、 次 に は 指 定 管

暫 定 利 用 の た め に N P O 法

ま で に な っ て ⋮ 。 私 た ち も

た ら 国 に 働 き か け て く れ る

に 評 価 が 高 ま り 、 気 が つ い

生 ま れ ま し た 。 そ し て 、 徐 々

る 人 が い た か ら チ ャ ン ス が

に 寛 容 な 人 、 信 頼 し て く れ

た と 思 い ま す 。 役 所 の な か

ら 、 こ の 建 物 も つ ぶ れ て い

使 わ せ な い と な っ て い た

え て い る か わ か ら な い か ら

ア ー テ ィ ス ト な ん て な に 考


施 設 な の で 、 建 物 ��� 目 的 が

財 産 使 用 料 条 例 に 該 当 す る

支 払 っ て い る ん で す 。 行 政

た っ て ﹁ 目 的 外 使 用 料 ﹂ を

が 、 実 は カ フ ェ を や る に あ

き ま し た 。 こ の 物 件 に は 、

援 も あ っ て 借 り る こ と が で

な と 総 局 の 方 の 友 好 的 な 支

の 国 際 交 流 課 の 担 当 者 や み

国 の 管 理 物 件 で し た が 、 市

し て も ら い ま し た 。 そ こ は

い た 物 件 を 代 替 場 所 に 斡 旋

な と 総 局 の 事 務 所 が 入 っ て

2 0 0 8 年 の 1 年 間 は 、 み

好 き な 人 も い る 毒 気 の あ る

い 。 大 嫌 い な 人 も い て 、 大

お も し ろ い も の は 出 て こ な

で も 公 平 な 芸 術 活 動 で は 、

さ れ ま す 。 一 方 で 、 だ れ に

す か ら 、 公 平 性 が 一 番 重 視

こ と は 、 税 金 を 使 う わ け で

HOUSE

い っ て 実 現 し た の が

半 年 間 だ け 使 え な い か と

た 。 そ の 隙 を 突 く よ う に 、

え る か ら と ス ト ッ プ し ま し

き に 、 市 長 が な に か に つ か

物 を 壊 す と い う 話 が 出 た と

は そ う で し た か ら 。 こ の 建

カ フ ェ も 運 営 し て い ま す   ま た 、 改 修 期 間 中 だ っ た 度 が な く な る と い う ⋮

行 政 の 事 業 を す る と い う

う は い き ま せ ん 。

思 い ま す が 、 現 実 的 に は そ

す る と い う こ と に な る か と

や り 、 そ れ の 赤 字 分 を 補 填

ち の 予 算 で 自 主 的 な 事 業 を

イ ベ ン ト を 開 催 し 、 自 分 た

委 託 費 で は 無 料 の 展 覧 会 や

想 的 な こ と を 言 う と 、 管 理

と 考 え て い ま す 。

た め に は 、 カ フ ェ が 必 要 だ

つ に フ ュ ー ジ ョ ン し て い く

術 交 流 の 3 つ の 事 業 が ひ と

移 民 ミ ュ ー ジ ア ム / 国 際 芸

こ と も あ り 、 外 国 人 支 援 /

て い た の を 経 験 し た と い う

す ん で 。 か は を で 、 き Q な 2 い で イ や ベ っ ン て ト い や ま な

運 営 し て い ま す 。 こ こ Y 3

Q 2 ﹄ と 名 付 け 、 引 き 続 き

政 の も っ て い る リ ソ ー ス や

や 施 設 委 託 方 式 で は な く 、

︱ 行 政 の 枠 の な か で は 自 由

す 違 さ 。 う が こ あ と る に だ な け る で と ず の 思 い と い ぶ き ま ん

CAP HOUSE

。 も し あ の と き 、

ノ ウ ハ ウ を 提 供 で き る 寛 容

と し て い る 人 の た め に 、 行

な に か や り た い 人 、 や ろ う

で や る こ と に な り ま す 。 理

自 分 た ち の 活 動 は 、 予 算 外

を つ な ぐ 重 要 な 役 割 を も っ

時 代 、 カ フ ェ が 人

CAP

規 定 さ れ て い ま す か ら 、 カ

HOUSE

フ ェ 営 業 は 目 的 外 に な る

言 う と 家 賃 で す ね 。

て い る の で 、 ﹃

と い う 管 理 番 号 つ け ら れ

﹁ 神 戸 港 新 港 突 堤 上 屋 Q 2 ﹂

CAP CLUB

た め 、 使 用 料 を 支 払 う 必

CAP

要 が あ る ん で す 。 簡 単 に

で か よ 行 す か う 政 よ ら な 主 。 は 作 導 生 品 の ま は 事 れ 、 業 て 公 委 こ 平 託 な 性 方 い の 式 ん な 56


う う ︱ か え 拠 ? で 点 の を 課 継 題 続 は 的 な に ん 運 で 営 し す ょ る

の 言 葉 が 示 す 通 り 、 ﹃ 管 理 ﹄

と も 世 の 中 に な く て は い け

ン の も と に 始 め る と い う こ

え て 10 年 と か 50 年 の ビ ジ ョ

な い 。 指 定 管 理 の 期 間 を 超

で 、 短 期 的 な 評 価 方 法 し か

間 が 定 め ら れ て い ま す の

い ま に 至 る の も 、 普 通 の 評

験 だ っ た 活 動 が 継 続 さ れ て

1 9 0 日 間 限 定 の 芸 術 的 実

え な く て 良 か っ た 。 当 初

て い た の で 、 行 政 評 価 を 考

事 業 資 金 を も ら わ ず に や っ

は ず い ぶ ん 違 い ま す 。

を 確 保 し て い る と い う の と

ス ト た ち は 、 た だ ア ト リ エ

ま す 。 ス タ ジ オ の ア ー テ ィ

の 展 覧 会 し か で き ま せ ん 。 55

  指 定 管 理 の 下 で は 、 無 料

指 定 管 理 者 制 度 に は 、 そ

ね た い 。 ら う で ミ き ッ な シ か ョ っ ン た あ で り し き ょ だ う っ

ア ー ト セ ン タ ー を つ く る と

続 い て い る と い う 状 況 は 、

た 人 と 話 を す る こ と が 毎 日

て 、 そ こ で た ま た ま 出 会 っ

を や っ て い る 人 が 自 然 に い

た 。 な に か お も し ろ い こ と

く 話 を す る よ う に な り ま し

う な 事 業 は 、 そ う い っ た 評

事 業 、 何 か を 育 て て い く よ

で も 、 創 造 に 関 わ る よ う な

的 な 評 価 に な っ て き ま す 。

来 場 し た か と い っ た 、 定 量

第 一 で 、 事 業 を し た ら 何 人

管 理 が で き た か と い う の が

ま す 。 ま ず 、 い く ら で こ の

項 目 も お の ず と 決 ま っ て き

管 理 を 基 準 に す る と 評 価 の

な い も の が あ り ま す よ ね 。

と て 葉 以 感 そ を 前 じ ぐ 考 の ま わ え す な た 。 い と の き で に は 、 な 果 い た は か し 、

方 か ら 、 創 造 拠 点 と い う 言

管 理 と い う 言 葉 や 評 価 の 仕

で は な い で し ょ う か 。 指 定

が 描 け な い と い う の は 問 題

重 要 な の か と い う ビ ジ ョ ン

せ ん が 、 実 際 に な に が 一 番

弊 害 も 出 て く る か も し れ ま

う こ と が や り に く い 制 度 に

な い と 思 い ま す が 、 そ う い

ジ オ で す 。 ス タ ジ オ で 制

  イ ン 事 業 は 、 オ ー プ ン ス の タ メ

な っ て い ま す 。 も ち ろ ん 、

し て い く 予 定 で す か ?

︱ 今 後 、 ど の よ う な 活 動 を

か ら ﹂ と い う も の で し た 。

な 、 ﹁ あ い つ ら 頑 張 っ て る

価 項 目 で は 表 せ な い よ う

の う え 、 3 年 と い う 委 託 期

と い う 疑 問 が あ り ま す 。 そ

価 だ け で 果 た し て 良 い の か

を 通 し て 実 現 し て い

を 、 ア ー テ ィ ス ト 自 ら が

か ら 出 て き た ア イ デ ィ ア

作 し て い る ア ー テ ィ ス ト

CAP STUDIO Y3

が メ イ ン と い う 考 え 方 が あ

C.A.P.

り ま す 。 し か し 実 際 に は 、

CAP HOUSE

管 理 で き る も の と 、 そ う で


が 出 て き ま し た 。 建 物 と

け る な か で 、 こ の 建 物 の 話

で す 。 5 年 く ら い 議 論 を 続

書 を つ く っ た の が 原 点 な ん

か ら の 美 術 館 ﹂ と い う 提 案

ス ト た ち が 集 ま っ て ﹁ こ れ

対 し て 疑 問 を も つ ア ー テ ィ

は 、 神 戸 市 の 美 術 館 構 想 に

り 、 全 然 知 ら な い 人 も や っ

か が い る と い う 場 所 に な

め 、 こ こ に 来 た ら い つ も 誰

掃 除 を す る と こ ろ か ら 始

経 緯 で す 。

を 持 つ と い う こ と に な っ た

て 始 め ま し た 。 そ れ が 場 所

い る の で 、 地 域 の 人 と も よ

  1 0 0 人 ぐ ら い で 一 緒 に

す す ト 長 ね が も い 。 常 、 こ に 入 と 40 れ こ 人 替 こ く わ で ら り 活 い は 動 は あ し い り て ま ま

の 主 催 事 業 に は お 金

は 、 担 当 部 署 が 文 化 で は な

シ ョ ン も 高 か っ た 。

場 所 だ っ た の で 、 モ チ ベ ー

自 分 た ち で 作 り 上 げ て き た

し ょ う か ?

い う こ と が 起 こ っ た ん で

︱ 拠 点 を も っ た こ と で ど う

を と 験 囲 、 的 で な 、 こ ま と ず を は や 半 の っ 年 一 て く の 環 み ら と 事 よ い し 業 う 実

自 分 た ち の 責 任 の 持 て る 範

も う ひ と つ 良 か っ た こ と

  そ も そ も

の 活 動

ん と か 許 可 を と り な が ら も  

こ と を 自 分 た ち の お 金 で 、

し た 。 ボ ロ ボ ロ の 建 物 を な

求 心 力 の あ る 空 間 に な り ま

で き て い く と い う 、 す ご く

こ に 一 つ の コ ミ ュ ニ テ ィ が

自 分 た ち の 活 動 を し て 、 そ

分 た ち の つ く っ た 空 間 で 、

す 合 る 。 い か は も 大 し き れ な ま 違 せ い ん が が あ 、 り 意 ま 味

変 わ っ て い な い よ う に 見 え

ら み て も 活 動 内 容 は 以 前 と

な ら な く な り ま し た 。 外 か

で す 。 い ま ま で 考 え て い た

は 、 基 本 的 に 月 1 回 の ミ ー

関 わ る 前 の

し て 、 外 と の チ ャ ン ネ ル も

画 の イ ベ ン ト だ け だ っ た ん

と い う 市 民 参

テ ィ ン グ と 年 1 ∼ 2 回 の

人 ぐ ら い だ っ た ア ー テ ィ ス

と 広 が っ て い き ま し た 。 10

増 え 、 コ ミ ュ ニ テ ィ が ぐ っ

C.A.P.

も 出 さ な い か わ り に 口 も 出

CAPARTY

さ な い と い う 状 況 だ っ た こ

CAP HOUSE

と で す 。 い ま は 市 の 国 際 芸

CAPARTY

術 交 流 に 関 す る 事 業 に 対 し

C.A.P.

て 、 企 画 申 請 を し て 、 終 わ っ

C.A.P.

く 、 国 際 交 流 だ っ た の で 、

た ら 報 告 を 提 出 し な け れ ば

の 活 動 て く る よ う に な っ た 。 そ う 54


年 か ら は ﹁ N P O 法 人 ︶ ﹂ 芸 が 術

ブ ラ ジ ル 移 住 1 0 0 周 年 に

な り ま し た 。 2 0 0 8 年 の

施 設 管 理 を 請 け 負 う こ と に

国 人 の 生 活 支 援 、 国 際 芸 術

す る ミ ュ ー ジ ア ム と 在 日 外

計 画 を 変 更 し 、 移 住 を 紹 介

︵ 以 下 、 交 流 セ ン タ ー ︶ に

住 と 文 化 の 交 流 セ ン タ ー ﹄

し た が 、 神 戸 市 が ﹃ 海 外 移

は 博 物 館 を つ く り ま せ ん で

係 の 深 い 川 崎 重 工 の グ ル ー

伯 協 会 、 ブ ラ ジ ル 移 民 と 関

に で き た と い う 財 団 法 人 日

つ て こ の 建 物 を つ く る た め

テ ィ ︵ C B K ︶ の ほ か 、 か

関 西 ブ ラ ジ ル 人 コ ミ ュ ニ

ら 一 緒 に や ろ う と し て い た

う 楽 し み が 大 き か っ た 。 自

好 き に つ く っ て い け る と い

よ り も 、 自 分 た ち の 場 所 を

ア ト リ エ を 得 ら れ た と い う

テ ィ ス ト に し た ら 、 自 分 の

ロ ボ ロ の 状 態 で し た 。 ア ー

木 も 生 え て い て 、 と て も ボ

53

い う こ と に な り 、 2 0 0 2

ろ 、 建 物 の 保 全 に 役 立 つ と

わ せ て も ら っ て い た と こ

ち が 清 掃 し 、 ス タ ジ オ に 使

同 然 だ っ た こ の 建 物 を 私 た

た 。 1 9 9 9 年 当 時 、 廃 墟

1 9 2 8 年 に 建 て ら れ ま し

の 移 住 者 の 収 容 所 と し て

し て い ま し た 。

で は な く 国 際 交 流 課 が 管 理

展 示 と い う こ と で 、 文 化 部

ち な み に 、 海 外 移 住 の 資 料

の 管 理 だ け だ っ た ん で す 。

市 か ら あ っ た 要 望 は 、 建 物

こ を 運 営 す る に あ た っ て 、

と に な り ま し た 。 当 時 、 こ

ま す よ ね 。 そ れ で 、 当 初 か

を も っ た 団 体 が 必 要 に な り

ま れ て い た の で 、 専 門 知 識

と い っ た 専 門 的 な 内 容 が 含

活 支 援 や ビ ル メ ン テ ナ ン ス

れ ま し た 。 在 日 外 国 人 の 生

て 、 指 定 管 理 団 体 が 公 募 さ

タ ー が 開 館 す る に あ た っ

の 条 例 施 設 と し て 交 流 セ ン

い 。 改 修 前 は 、 カ ビ が 生 え 、

壁 に 色 を 塗 る こ と も で き な

し ま っ た 。 釘 も 打 て な い し 、

  結 局 、 い ろ い ろ あ っ て 国

  い ま は と て も 整 備 さ れ て

う 点 は あ り ま す か ?

  改 修 前 と 後 で は な に か 違

に な り ま し た 。

こ の 建 物 は 、 ブ ラ ジ ル へ

  立 経 緯 を 教 え て く だ さ の い 設

3 階 、 4 階 を 借 り 受 け る こ

り 住 定 、 資 的 料 に 室 こ に の 建 す 物 る の こ は と 1 2 に 階 を 階 、 な 移

CAP HOUSE

向 け て 、 海 外 移 住 を 紹 介 す

C.A.P.

る 国 立 博 物 館 を つ く る 構 想

CAP STUDIO Y3

と 計 画 会 議 ︵

が 立 ち 上 が り 、 神 戸 市 は 暫

ま 的 交 そ し と 流 し た す と て 。 る い 、 セ う ン 3 2 0 タ つ 0 ー の 8 を 事 年 設 業 に 立 を し 目 市 が 連 携 共 同 し 、 指 定 管 理 者

コ ー ポ レ ー シ ョ ン の 4 団 体

を 専 門 と す る 川 崎 ラ イ フ

プ 会 社 で ビ ル メ ン テ ナ ン ス


神 戸 市 中 央 区 山 本 通 3 ︱ 19 ︱ 8

http://www.cap-kobe.com/

イ ン タ ビ ュ ー  

下 田 展 久 さ ん

芸 術 と 計 画 会 議 ︵

特 定 非 営 利 活 動 法 人

C.A.P.

神 戸 市 立 海 外 移 住 と 文 化 の 交 流 セ ン タ ー 内

52


思 う よ う に な り ま し た 。

51

来 な い こ と に 関 わ り た い と

と 直 接 的 に 、 自 分 に し か 出

残 り の 人 生 も 少 な い し も っ

で は 埒 が あ か ん と い う か 、

と 言 っ て ね 。 た だ そ れ だ け

も 何 と な く ﹁ 改 革 を や れ ﹂

て い ま し た 。 そ こ で も い つ

員 な ど 、 大 き な 組 織 に 属 し

員 や 神 戸 芸 術 文 化 会 議 の 委

海 文 堂 時 代 に は 商 店 街 の 役

よ ︵ 笑 ︶ 。 も ち ろ ん 私 も ね 、

  私 、 地 べ た 主 義 な ん で す

ら こ そ で し ょ う か ?

路 大 震 災 の 経 験 が あ っ た か


さ ん が 立 ち 上 げ ま し た 。

活 動 セ ン タ ー 神 戸 の 実 吉 威

業 が い て 市 民 が い て 。 寄 付

く さ ん で き て 、 官 が い て 企

地 方 自 治 体 が 制 度 と し て 行

て 、 毛 細 血 管 が あ る 。 国 や

  や っ ぱ り そ れ は 阪 神 ・ 淡

テ ィ 財 団 で す 。 こ れ は 市 民

財 団 法 人 ひ ょ う ご コ ミ ュ ニ

生 し て 誕 生 し た の が 、 公 益

い ま す 。 そ し て こ こ か ら 派

て い く と い う 流 れ が 育 っ て

て 、 市 民 が 芸 術 文 化 を 支 え

3 0 0 万 円 と 拡 大 し て き

年 間 1 0 0 万 円 か ら 年 間

ト し ま し た 。 助 成 規 模 も

文 化 支 援 基 金 と し て ス タ ー

年 に は 、 公 益 財 団 法 人 神 戸

の 残 余 金 を 寄 付 、 2 0 1 1

純 子 文 化 基 金 を 終 了 し 、 そ

足 す る に あ た り 、 こ の 亀 井

法 人 神 戸 文 化 支 援 基 金 が 発

て 、 2 0 1 0 年 に 一 般 財 団

る よ う に な り ま し た 。 そ し

ね の を こ 。 は 立 う す ち い ば 上 う ら げ て も し い の い っ が こ た 地 と と 域 や い に し う た

ひ ょ う ご コ ミ ュ ニ テ ィ 財 団

ち 上 げ る 経 験 の な か か ら 、

実 吉 さ ん が う ち の 財 団 を 立

で 蒔 い た 種 が ��� っ て き た 。

い う こ と で す よ ね 。 こ れ ま

で こ う し た 展 開 が 大 事 だ と

え て い く と い う 流 れ の な か

市 民 的 な レ ベ ル で 社 会 を 支

ニ テ ィ 財 団 を 立 ち 上 げ た 。

フ ァ ン ド ・ ひ ょ う ご コ ミ ュ

今 度 は 彼 が コ ミ ュ ニ テ ィ

が 担 当 し た ん で す 。 そ し て

基 金 の 公 益 財 団 法 人 化 も 彼

た の が 印 象 的 で し た

の 役 割 ﹂ と お っ し ゃ っ て い

さ ん が ﹁ 私 た ち は 毛 細 血 管

寄 付 す る と か ね 。

か ら ね 。 還 付 さ れ た ら ま た

が 還 付 さ れ て く る と 嬉 し い

な お か つ 寄 付 の 半 額 く ら い

持 っ て も ら う こ と 。 そ れ が

て い る ん だ と い う 意 識 を

て 、 自 分 た ち も 社 会 を 支 え

そ こ が 公 正 に 運 営 さ れ て い

が 多 様 に あ る と い う こ と 。

を し た い 人 に 対 す る 選 択 肢

い い か わ か っ て い る 。 そ こ

北 で い ま ど こ を 応 援 し た ら

経 に あ た る と こ ろ ま で 、 東

に 、 そ れ を 受 け る ﹁ ア ー ツ

し 支 援 し た い と 思 っ た 時

市 民 の 皆 さ ん が 寄 付 先 を 探

活 動 は 静 脈 や 動 脈 。 そ し て

P O エ イ ド ﹂ な ど の 実 際 の

ア ー ト N P O や ﹁ ア ー ト N

そ れ に 対 し て 東 北 を 支 え る

は 、 た と え ば 筋 肉 に あ た る 。

や 企 業 が 行 う 社 会 貢 献 活 動

う も の 、 企 業 メ セ ナ 協 議 会

が あ っ て 、 動 脈 静 脈 が あ っ と で す ね 。

  人 間 は 骨 格 が あ っ て 筋 肉 毛 細 血 管 の 役 割 だ と い う こ

に お 金 を 届 け る と い う の が

  東 日 本 大 震 災 の 後 、 島 田 血 管 だ と 。 そ こ は 指 先 の 神

エ イ ド 東 北 ﹂ の 役 割 が 毛 細

ア ー テ ィ ス ト た ち を 支 援 す   実 は 、 私 ど も の 神 戸 支 援

50


な か 、 わ り と 平 易 な 言 葉 で

現 代 詩 は 難 解 だ と 言 わ れ る

る 人 た ち は 自 分 の 役 割 を 問

な 状 況 こ そ 、 ア ー ト に 携 わ

た ち の 思 い で す よ 。 作 曲 家

接 的 に 伝 え た い と い う 詩 人

で す ね 。 そ れ は 何 よ り も 直

復 興 基 金 ﹂ と い う か た ち で

文 化 基 金 で は 、 ﹁ 神 戸 文 化

受 け て 、 公 益 信 託 亀 井 純 子

49

た 。 そ の 詩 集 が 反 響 を 呼 び 、  

枠 を 越 え て 皆 で 詩 集 を 出 し

ん で す け ど 、 同 人 誌 と い う

詩 集 ﹂ と い う の を 三 冊 出 す

ん じ ゃ な い で し ょ う か

テ ィ ス ト た ち を 勇 気 づ け た

た ら 、 不 思 議 と 第 一 集 な ん

読 会 に 使 わ れ る も ん と い っ

も の で 、 歌 曲 に な っ た り 朗

で す ね 。 だ か ら 本 当 に い い

う か 。 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 を

で 、 2 5 0 回 く ら い で し ょ

開 催 し て い ま す 。 10 年 間

化 交 流 サ ロ ン 的 な 催 し を

い わ ば 、 そ う い う 危 機 的

ぐ く 人 読 に れ た す る ち る 、 ﹁ こ が こ 阪 と 本 と 神 に 当 に 淡 感 に よ 路 激 聞 っ 大 す き て 震 る 入 会 災   。 っ 場 す て の   ア ー ト エ イ ド 神 戸 が ア ー 意 味 で は 弱 く な っ て い く ん   そ う で す ね 。 主 と し て 文

た 人 た ち も 、 自 分 の 詩 を 朗

る 。 詩 人 は 無 力 だ と 言 っ て

う 感 じ で ね 。 両 方 が 涙 し て

だ さ っ て あ り が と う ﹂ と い

な が フ ラ ッ ト 。 ﹁ 聴 い て く

い な 。 そ う で は な く て み ん

ら ﹁ 聴 い て く だ さ い ﹂ み た

い う か 、 ス テ ー ジ の 上 か

か と い う と 上 か ら 目 線 と

ク の 人 た ち は 、 普 段 ど ち ら

と い う こ と が あ り ま す ね 。

い う こ と に 繋 が っ て い っ た

行 動 を 始 め る と か ね 。 そ う

詩 人 協 会 を つ く っ て 一 緒 に

い た 人 た ち が 、 兵 庫 県 現 代

し て い く 。 た こ つ ぼ 化 し て

曲 を 作 っ た り 、 そ れ を 発 表

家 た ち が 曲 を 作 っ た り 合 唱

な り ま し た 。 そ こ か ら 音 楽

ら 朗 読 会 と い う の が 盛 ん に

詩 の あ り 方 が 変 り 、 そ れ か

自 分 の 心 情 を 伝 え る よ う に

三 集 に な っ て い く と 、 あ る

の 力 も 、 こ れ が 第 二 集 、 第

方 が な い 。 そ う い っ た 言 葉

す 。 こ れ は も う あ る 程 度 仕

だ ん だ ん 薄 れ て い く ん で

み ん な 原 点 回 帰 を し た と い

け で ね 。 そ う い う 意 味 で は

と 価 値 が な い と も 言 え る わ

が 届 か な か っ た ら 、 も と も

発 見 す る 。 逆 に 自 分 の 表 現

い 直 す し 、 自 分 の 居 場 所 を

た ん で す か ?

た あ と 、 活 動 内 容 も 変 わ っ

タ ー 神 戸 ﹂ に 名 称 を 変 更 し

  ﹁ ア ー ト サ ポ ー ト セ ン

う か 。 た だ そ う い う の も ね 、

か も し れ な い で す ね 。

あ る 意 味 で 致 し 方 が な い の

物 が 入 っ て く る と い う の は

日 常 性 の な か で い ろ ん な 雑

で も そ う で す よ ね 。 そ れ は

で も そ う で し ょ う し 演 劇 家


た 。 さ ま ざ ま な ジ ャ ン ル の

起 こ っ て 、 す ぐ に 動 け ま し

成 金 を た だ 配 っ て い る だ け

出 す こ と で す 。 も ち ろ ん 助

  当 時 を 振 り 返 っ て 、 記 憶 ご く 感 動 的 で ね 。 ク ラ シ ッ

会 を 3 度 開 催 し ま し た 。 す

基 盤 が あ っ た の で 、 震 災 が

ク も あ り ま し た 。 そ う い う

  現 場 を 支 援 す る 助 成 金 を

ン ル に 閉 じ な い ネ ッ ト ワ ー

や 文 学 と い っ た 特 定 の ジ ャ

活 動 を さ れ た ん で す か ?

ま っ て 、 当 初 は ど ん な 支 援

ン 活 動 も 続 け て い て 、 美 術

ン サ ー ト や 講 演 会 な ど サ ロ

  ア ー ト エ イ ド 神 戸 が は じ

活 動 を 始 め ま し た 。 ま た コ

活 動 に 助 成 金 を 出 す と い う

金 を 設 立 し て 、 さ ま ざ ま な

に 公 益 信 託 亀 井 純 子 文 化 基

だ い た ん で す 。 1 9 9 2 年

ぞ 使 っ て く だ さ い ﹂ と い た

に 、 1 0 0 0 万 円 を ﹁ ど う

い う 女 性 が 亡 く な ら れ た 際

い ま し た 。 亀 井 純 子 さ ん と

テ ィ ス ト 支 援 活 動 を や っ て

堂 ギ ャ ラ リ ー を 拠 点 に ア ー

と い う こ と で す ね 。

集 ま り や す く 、 展 開 で き た

い う こ と で い ろ ん な お 金 も

た 。 な お か つ 、 災 害 支 援 と

た か ら 目 立 つ 活 動 に な っ

時 と 違 う パ ワ ー を 必 要 と し

ま た ま 震 災 に 直 面 し 、 通 常

部 連 続 し て あ る 。 そ れ が た

ら 私 の 意 識 の な か で は 、 全

エ イ ド 神 戸 ﹂ で す 。 で す か

員 会 を 作 っ た の が ﹁ ア ー ト

人 た ち に 声 を か け て 実 行 委

た サ ポ ー ト も 可 能 で し た 。

ク が あ っ た の で 、 そ う い っ

で す 。 専 門 家 の ネ ッ ト ワ ー

バ ッ ク ア ッ プ も 付 い た 助 成

宣 伝 協 力 な ど ソ フ ト 面 で の

で も な く て 、 ア ド バ イ ス や

は あ り ま す か ?

に 残 っ て い る エ ピ ソ ー ド 等

と を や っ て き ま し た ね 。

集 を 出 し た り 、 い ろ ん な こ

う の を 三 集 ま で 出 し た り 画

出 て い ま す 。 震 災 詩 集 と い

た 。 ち ゃ ん と し た 記 録 集 も

岡 、 釧 路 な ど で 開 催 し ま し

ア ー ト ウ ィ ー ク を 東 京 、 福

を 自 分 た ち が 紹 介 す る 兵 庫

か ら 震 災 で 生 ま れ た ア ー ト

に 直 接 支 援 し ま し た 。 そ れ

ほ ど の 助 成 金 を 色 々 な 活 動

の 音 楽 家 た ち ﹂ と い う 音 楽

朝 日 ホ ー ル で ﹁ 翔 た け 神 戸

に ﹂ と 言 う 。 そ ん な な か 、

よ 。 亡 く な っ た 人 も い る の

よ 、 練 習 な ん か で き ま せ ん

と て も 音 な ん か 出 せ ま せ ん

け た 音 楽 家 な ん か 、 ﹁ 家 で

な い 。 私 が そ の 当 時 声 を か

ち が な か な か ふ る い 起 こ せ

く と い う こ と に 対 す る 気 持

う 壊 滅 状 態 の な か で 詩 を 書

  7 年 間 で 、 4 0 0 0 万 円 は 無 力 で あ る ﹂ と 。 そ う い

る 頃 で し た 。 詩 人 は 、 ﹁

い 、 避 難 所 に 人 が 溢 れ て 詩 い

  ま だ 仮 設 住 宅 に も 移 れ な

も と も と 震 災 前 か ら 海 文

48


ん で す か

ギ ャ ラ リ ー を つ く り ま し

47

況 っ て ど う い う も の だ っ た

  35 年 前 の 神 戸 の 美 術 の 状

な こ く 私 。 こ る た 10 ん ち 年 で は く す が 書 ら 、 店 い そ の の れ な こ は か と ま に か あ  

聞 か せ く だ さ い

神 戸 を 立 ち 上 げ た 経 緯 を お

ア ー ト サ ポ ー ト セ ン タ ー

で す か ?

ど の よ う に ス タ ー ト し た の

  ﹁ ア ー ト エ イ ド 神 戸 ﹂ は

い て 教 え て く だ さ い

13 年 目 に な り ま す 。

て オ ー プ ン し て か ら 今 年 で

ラ リ ー 島 田 ﹂ と 名 称 を か え

離 れ 、 こ こ 北 野 町 に ﹁ ギ ャ

2 0 0 0 年 に 海 文 堂 書 店 を

と し て ス タ ー ト し ま し た 。

階 に ﹁ 海 文 堂 ギ ャ ラ リ ー ﹂

に あ っ た 海 文 堂 書 店 の 2

し た ね 。 も と も と は 元 町

古 い ギ ャ ラ リ ー に な り ま

す 。 結 果 的 に は 神 戸 で 一 番

な 画 廊 が 神 戸 に も 生 ま れ て

わ ゆ る 現 代 ア ー ト の 専 門 的

本 画 系 と か 写 真 系 と か 、 い

だ ん 個 性 化 し て い っ て 、 日

き た 。 そ の 貸 し 画 廊 が だ ん

対 象 に 貸 し 画 廊 が 生 ま れ て

ち が 増 え 、 そ う い っ た 人 を

も 絵 を 描 く 、 書 を 書 く 人 た

か に な っ て 、 プ ロ で な く て

た 。 一 般 的 な 生 活 文 化 が 豊

い う 伝 説 の 画 廊 が あ り ま し

元 町 の あ た り に 神 戸 画 廊 と

は 消 え て い く 状 態 。 鯉 川 筋 、

廊 が ち ょ こ ち ょ こ 生 ま れ て

ね の ロ 。 拠 ン 点 活 を 動 つ と か く 文 っ 化 た 発 ん 信 で 活 す 動

私 は こ こ で ギ ャ ラ リ ー と サ

い 。 画 廊 に 専 念 し よ う と 、

見 る と い う の は 非 常 に 難 し

店 と 画 廊 、 両 方 一 緒 に 面 倒

よ う な 感 じ で す 。 た だ 、 書

ね 、 い ま に 至 っ て る と い う

そ れ が お も し ろ く な っ て

サ ロ ン 、 交 流 拠 点 に な る 。

ま る 場 に な っ た ん で す ね 。

り や す い 。 た く さ ん 人 が 集

ろ で す か ら 、 誰 も が 立 ち 寄

え た ん で す ね 。

け な い と い う こ と で 、 こ こ

た 考 え 方 に 転 換 し な い と い

7 年 経 っ て 、 未 来 を 意 識 し

縛 ら れ て し ま う ん で す ね 。

で あ る 1 9 9 5 年 の 震 災 に

で す か ら 、 ど う し て も 原 点

い う こ と で 立 ち 上 げ た 活 動

だ 、 震 災 か ら の 文 化 復 興 と

げ 、 7 年 間 続 け ま し た 。 た

ト エ イ ド 神 戸 ﹂ を 立 ち 上

1 9 9 5 年 の 2 月 に ﹁ ア ー

ポ ー ト セ ン タ ー 神 戸 ﹂ に 変

へ 移 っ た と き に ﹁ ア ー ト サ

今 年 で 35 周 年 に な り ま

  ﹁ ギ ャ ラ リ ー 島 田 ﹂ に つ   35 年 前 と い え ば 色 々 な 画 た 。 書 店 は 人 が 集 ま る と こ   阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 直 後 、


リ ラ ン ズ ゲ ー ト B 1

http://gallery-shimada.com/

神 神 戸 市 中 央 区 山 本 通 2 ︱ 4 ︱ 24  

イ ン タ ビ ュ ー  

島 田 誠 さ ん

ギ ャ ラ リ ー 島 田

46


45


な い ん で す が 、 こ こ で お 年

  い ま は 予 算 が な く て で き

し て い る み た い で す 。

言 葉 も で き な い か ら 、 我 慢

の 反 面 寂 し い こ と も あ る 。

で る な ナ 住 る 。 い ム む 。 病 し に の 院 、 帰 は も 子 っ い 日 ど て い 本 も も け の の 仕 れ 方 負 事 ど が 担 も 、 進 に で そ ん な き

け て 生 活 で き る け ど 、 ベ ト

が あ る か ら 、 生 活 保 護 を 受

ば っ か り 。 日 本 は 福 祉 制 度

ら な い か ら 、 退 屈 す る こ と

寄 り は 電 車 の 乗 り 方 も わ か

す の 金 生 ね 気 。 活 。 持 ほ で ち と き じ ん な ゃ ど な ボ い い ラ ぐ と ン ら 無 テ い 理 ィ の で ア お

い ま す 。 ス タ ッ フ も 普 通 に

動 は 助 成 金 や 寄 付 に 頼 っ て

あ り ま す け れ ど 、 こ こ の 活

行 っ て あ げ ら れ な い 。 お 年   や り た い こ と が い っ ぱ い

お 年 寄 り を ど こ に も 連 れ て い で す よ ね 。

  家 族 は 仕 事 で 忙 し く て 、

で き た ら と 思 っ て い ま す 。

て い ま す け ど 、 も っ と 何 か

す 。 遠 足 と か も で き た ら い

を 作 り た い と 思 っ て い ま

寄 り の 活 動 が で き る 居 場 所

44


す 。 お 母 さ ん が ベ ト ナ ム 語

が 課 題 に な っ て い る ん で

内 で の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン

ん で す よ ね 。 そ れ で 、 で き

と 家 事 で な か な か 来 れ な い

も あ っ た ん で す け ど 、 仕 事

ナ ム 語 教 室 じ ゃ な く て 、 母

て 言 っ て 来 ま す け ど 、 ベ ト

の 子 ど も も 教 え て ほ し い っ

バ ラ の 小 学 校 か ら 。 日 本 人

と か 、 病 院 で の 通 訳 は や っ

ね 。 す で に 、 巡 回 健 康 相 談

寄 り と 何 か や り た い で す

増 え て 来 て い る の で 、 お 年

43

間 が あ ま り な い か ら 、 家 庭   親 に 日 本 語 を 教 え た こ と

学 校 に 行 っ て 親 と 過 ご す 時

う に 上 達 し な い 。 子 ど も は 、

ま う か ら 、 日 本 語 が 思 う よ

ベ ト ナ ム 語 で し ゃ べ っ て し

な い し 、 ベ ト ナ ム 人 同 士 は

も 、 工 場 で は 日 本 語 を 使 わ

は 何 十 年 日 本 に 住 ん で い て

の レ ベ ル が 一 緒 ぐ ら い 。 親

ル と 、 子 ど も の ベ ト ナ ム 語

ら な い 。 親 の 日 本 語 の レ ベ

子 ど も は ベ ト ナ ム 語 が わ か

と 思 っ て は じ め ま し た 。

ナ ム 語 を 勉 強 し た ら い い な

れ る よ う に 、 子 ど も が ベ ト

コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を は か

す よ ね 。 だ か ら 、 お 互 い が

い い ん で す け ど 、 難 し い で

で す か 。 日 本 語 が わ か れ ば

状 況 は わ か ら な い じ ゃ な い

て く れ る け ど 、 家 庭 の 経 済

は 学 力 に 応 じ て 進 学 を 薦 め

か な い 。 で も 、 学 校 の 先 生

ら い い な と 思 っ て い ま す 。

し み な が ら 学 ん で も ら え た

し 、 勉 強 だ け じ ゃ な く 、 楽

国 か わ か っ て ほ し い で す

い ま す 。 ベ ト ナ ム が ど ん な

ト ナ ム 語 の 両 方 の 言 葉 が で

た い 。 や っ ぱ り 日 本 語 と ベ

社 会 の 役 に も 立 っ て も ら い

に 行 っ て 、 日 本 に 住 ん で 、

教 育 を 受 け て も ら っ て 大 学

5 年 生 が 10 人 。 み ん な バ ラ   そ う で す ね 、 お 年 寄 り も

が 参 加 し て い ま す か ?

い ま は 小 学 校 2 年 生 か ら を や っ て い き ま す か ?

  母 語 教 室 に は ど う い う 人

    こ れ か ら は ど う い う こ と

き た ら い い な と 思 い ま す 。

る 日 本 語 が わ か ら な い し 、  

で す 。 親 は 子 ど も が し ゃ べ

の 遊 び と か 本 と か も 教 え て

文 化 と か 習 慣 と か 、 子 ど も

こ と が な か な か で き な い ん

な る と 難 し い か ら 話 し 合 う

の 相 談 と か 、 進 学 の 相 談 と

す ﹁ 子 で う 進 。 る ど わ 路 さ も ー も っ い は 聞 と 、 ! 学 き し ﹂ っ 取 ゃ 校 て れ べ に な な っ 任 る い た せ る ん か ら で ら 、 し

ト ナ ム 語 だ け じ ゃ な く て 、

を 勉 強 し て も ら お う と 。 ベ

る だ け 子 ど も に ベ ト ナ ム 語

ま ナ か 語 子 す ム 、 教 ど 。 人 両 室 も の 親 だ た 子 の か ち を ど ら に 対 ち 、 は 象 ら ベ ち に か ト ゃ し が ナ ん て ベ ム と い ト 人


ベ ト ナ ム 夢 K O B E で

こ と も あ り ま す 。

休 日 手 当 が つ か な い と い う

い と か 。 土 日 残 業 し て も 、

り し て 手 取 り は す ご く 少 な

て い て も 、 家 賃 を 引 か れ た

で は 1 時 間 い く ら っ て な っ

会 社 は ま だ あ る 。 書 類 の 上

見 て い ま す 。 で も 、 ヘ ン な

と 法 律 に 沿 っ て や っ て る か

合 が あ る か ら 組 合 が ち ゃ ん

か っ た ん で す よ 。 い ま は 組

の 未 払 い と か ト ラ ブ ル が 多

に な り ま す 。 以 前 は 、 賃 金

に パ ス ポ ー ト を 預 け る こ と

れ て 相 談 を 受 け 付 け て い ま

電 話 だ っ た り 事 務 所 に 来 ら

す 。 生 活 相 談 が 多 い で す ね 。

し た 支 援 活 動 を し て い ま

い あ ま と す 、 。 不 定 期 な ん で す が 、   ま す 母 。 語 い 教 ま 室 は に 二 力 世 を が 入 多 れ い て か い

し て 通 訳 す る 活 動 も や っ て

す 。 た と え ば 、 病 院 に 同 行

ほ し い と い う よ う な 、 細 か

料 金 の 支 払 い の 確 認 を し て

い う の も あ り ま す が 、 電 気

更 新 を ど う し た ら い い か と

翻 訳 で す 。 在 留 資 格 と か 、

び 寄 せ る た め の 書 類 と か の

出 す る 書 類 と か 、 親 戚 を 呼

切 り 替 え や 入 国 管 理 局 に 提

が 、 新 し い 在 留 カ ー ド へ の

法 が 去 年 か ら で き た ん で す

が 多 い で す ね 。 新 し い 入 管

す 。 特 に 、 書 類 関 係 の 相 談

役 立 つ 情 報 を 掲 載 し て い ま

な ど 、 ベ ト ナ ム 人 に と っ て

時 間 い く ら か と い っ た 情 報

院 は ど こ と か 、 通 訳 料 は 何

ま た 、 通 訳 派 遣 の で き る 病

て 紹 介 し た り し て い ま す 。

り ま し た と 変 更 点 を ま と め

と き は 、 こ ん な こ と が 変 わ

す 。 入 管 の 法 律 が 変 わ っ た

ス レ タ ー の 発 行 も し て い ま

本 語 と ベ ト ナ ム 語 で ニ ュ ー

2 ∼ 3 ヶ 月 に 1 回 く ら い 日

に わ か る ん で す け ど 、 将 来

簡 単 な 日 常 会 話 な ら お 互 い

た ち は 日 本 語 の 方 が 上 手 。

が 、 日 本 に 産 ま れ た 子 ど も

語 で し ゃ べ っ て い る ん で す

段 、 家 の な か で は ベ ト ナ ム

ケ ー シ ョ ン が 取 れ な い 。 普

ん 実 で は す 、 。 家 庭 で コ ミ ュ ニ

よ う に 、 ﹁ 言 葉 ﹂ が 課 題 な

き ま し た 。 さ っ き も 言 っ た

な 。 孫 世 代 の 三 世 も 増 え て

ム か ら 研 修 に 来 る と 、 会 社

り ま し た 。 実 習 生 が ベ ト ナ

  主 に ベ ト ナ ム 人 を 対 象 に し い 会 話 が で き な い ん で

ん で す け ど 、 読 み 書 き や 難

  か い ? う 生 活 活 動 相 を 談 の さ ほ れ か て に い は ま ど す う

生 っ て 言 っ て い た 制 度 が あ

て 言 う ん で す が 、 昔 は 研 修

れ て い ま す か ?

は 、 い ま ど う い う 活 動 を さ

  日 常 会 話 は な ん と か な る

い こ と も 多 い で す 。

す 。

42


人 を 募 集 し て 、 ボ ラ ン テ ィ

な い 。 そ こ で 、 通 訳 で き る

か わ か ら な か っ た 。 長 田 は

い か ら 、 ど こ で 働 い て い い

で す か ?

ど う い う 状 況 で 働 い て い る

  他 に は 、 い ま は 実 習 生 っ 41

書 い て い る 。

し 、 張 り 紙 を 見 て も わ か ら   み な さ ん 言 葉 が わ か ら な

送 を 聞 い て も わ か ら な い

葉 だ っ た そ う で す 。 災 害 放

災 時 に 一 番 困 っ た の は 、 言

た と こ ろ で は 、 外 国 人 が 震

な か っ た ん で す け ど 、 聞 い

よ う で す 。

て 長 田 に 集 ま っ て 来 ら れ た

て 、 そ こ か ら 就 職 口 を 求 め

路 に 難 民 セ ン タ ー が あ っ

難 民 の 方 が 多 い で す ね 。 姫

す い ん で す よ 。

も 助 け て く れ る か ら 住 み や

ま す し 、 区 役 所 で も 学 校 で

長 田 に は 外 国 人 支 援 が あ り

が 無 い け れ ど 、 恥 ず か し い

い か ら 難 し い 。 本 当 は 国 籍

ま す 。 み ん な 正 社 員 じ ゃ な

か 取 れ な い 人 も い っ ぱ い い

  ベ ト ナ ム か ら 来 た 人 は 、 り あ え ず ベ ト ナ ム 国 籍 っ て

か ら み ん な 書 類 の 上 で は と

し を 災 ん 当 た 支 を で 時 。 援 き い 、 す っ て 私 る か 、 は 活 け 阪 ま 動 に 神 だ が ベ ・ こ 始 ト 淡 こ ま ナ 路 に り ム 大 い ま 人 震  

ん 住 ん で い る ん で す か ?

ト ナ ム か ら 来 た 人 が た く さ

で い る と 思 い ま す 。

く ら い の ベ ト ナ ム 人 が 住 ん

で 、 い ま は た ぶ ん 9 0 0 人

ち ゃ ん と 働 い て 、 税 金 払 っ

す け ど 、 帰 化 す る た め に は

う と す る 人 も 出 て 来 た ん で

最 初 に 来 た の は ベ ト ナ ム   増 え て い る ん で す よ ね 。 て な い と 下 り な い 。 な か な

に は 、 ベ ト ナ ム 人 が 多 く 住

  長 田 区 に は 、 以 前 か ら ベ 8 0 0 人 ち ょ っ と だ っ た ん   子 ど も の た め に 帰 化 し よ

ん で す け ど 、 以 前 の 統 計 で き る ん で す け ど ね 。

K O B E ﹄ で す 。 こ の 地 域

さ れ た ﹃ N G O ベ ト ナ ム in

が で き た 。 そ れ が 最 初 で す 。  

︵ 現 ベ ト ナ ム 夢 K O B E ︶

で ベ ト ナ ム に 帰 る こ と は で

な い ん で す よ 。 難 民 証 明 書

お 聞 か せ く だ さ い

前 身 は 2 0 0 1 年 に 設 立 N G O ベ ト ナ ム in K O B E

ん な 活 動 を や っ て い っ て 、

た 。 そ れ か ら 少 し ず つ い ろ

  団 体 の 設 立 経 緯 に つ い て ア と し て 活 動 し て も ら っ

ん え ベ 場 靴 正 で あ ト は 工 確 す え ナ 言 場 な 。 る ム 葉 が 数 か 人 が 有 ら 同 わ 名 字 は 仕 士 か で わ 事 で ら す か が 仕 な よ で 事 く ね ら な き を て 。 い た 教 も 工 な い 。 パ ス ポ ー ト も 持 っ て

ム 人 で な い し 、 日 本 人 で も

ら 無 国 籍 な ん で す 。 ベ ト ナ

  み ん な 難 民 で 来 て い る か


▲竹内恭敬さん(左)とズオン・ゴック・ディエップさん(右)

た か と り コ ミ ュ ニ テ ィ セ ン タ ー 内

神 戸 市 長 田 区 海 運 町 3 ︱ 3 ︱ 8

イ ン タ ビ ュ ー  

ズ オ ン ・ ゴ ッ ク ・ デ ィ エ ッ プ さ ん

ベ ト ナ ム 夢 K O B E

40


思 い ま す ね 。

39

て い く こ と が 必 要 だ っ た と

な か っ た ら 聞 き な が ら や っ

ら ず 苦 労 し ま し た 。 わ か ら

の 書 類 に し て も 書 式 が わ か

せ 忙 し か っ た 。 ま た 本 庁 へ

成 し な く て は な ら ず 、 な ん

貸 室 の 申 請 書 な ど も 考 え 作

具 や 設 備 を 揃 え 、 な お か つ

た の で 、 運 営 に 必 要 な 文 房

設 も 机 も 何 も な い 状 態 で し

た 。 職 員 も 新 規 採 用 で 、 施

る の は 、 非 常 に 大 変 で し

集 ま っ て 施 設 を 管 理 運 営 す

縁 型 の N P O で す 。 素 人 が

目 的 の み で 立 ち 上 が っ た 地

ン タ ー を 運 営 し た い と い う

す れ 管 。 か 理 ら 者 必 の 要 ネ に ッ な ト る ワ と ー 思 ク い が ま こ

の 施 設 を 管 理 し て い る 指 定

の 共 有 と か も 含 め て 、 公 立

の 情 報 の シ ェ ア だ と か 経 験

う い う 意 味 で は 、 運 営 面 で

違 う と 思 う ん で す よ 。 そ

方 で し た け ど 、 他 所 は ま た

様 。 う ち で は こ う い う や り

設 の 指 定 管 理 の 形 も 多 種 多

あ っ た と 思 い ま す 。 公 共 施

だ か ら 、 相 手 方 に も 不 安 が

地 縁 型 N P O が 受 託 し た の

は あ り ま し た 。 経 験 の な い

ら お 聞 か せ く だ さ い

N P O 法 人 ふ た ば は 、 セ て い ま し た が 、 解 釈 の ズ レ

も 、 協 定 書 に 則 っ て 実 施 し

  施 設 運 営 や 指 定 管 理 料


た 。 難 色 を 示 す 商 店 主 さ ん で は 、 何 か ス キ ル を 持 っ て の 団 体 が 入 居 し て お ら れ ま な か で の 苦 労 が あ り ま し た

る 案 を 商 店 街 に 出 し ま し   そ れ か ら 、 ﹃ 楽 ら く 講 座 ﹄   こ の 施 設 に は 、 い く つ か   3 年 間 指 定 管 理 を 続 け る

は 商 店 街 で 使 え る 金 券 に す

1 5 0 0 円 の う ち 5 0 0 円

い の ? っ て 。 そ こ で 参 加 料

た ち の 防 災 教 育 で す ね 。

た い の は 震 災 学 習 と 子 ど も

が 、 も ち ろ ん 一 番 力 を 入 れ

い い で す よ 。

と 仲 が い い で す よ 。

出 て や っ た ら い い ん じ ゃ な

ん で は な く て 、 商 店 街 に も

す 。 た だ し 、 閉 鎖 的 に や る

て も い い か な と 思 っ た ん で

と い う 事 業 に 組 み 込 ん で み

ら 、 青 少 年 の 居 場 所 づ く り

シ ョ ン の ひ と つ の 方 法 だ か

た ち の 多 様 な コ ミ ュ ニ ケ ー

た ん で す よ 。 こ れ も 子 ど も

て 、 は じ め は 難 色 を 示 し て

ト を さ せ て ほ し い と 言 わ れ

う 会 社 か ら コ ス プ レ イ ベ ン

ト 。 滋 賀 県 の コ ス メ ル と い

す そ 。 れ か ら コ ス プ レ イ ベ ン

す い ニ き 地 周 ら で て 商 こ 来 た い ね い ー て 域 知 集 に 垂 店 う る ら ろ 。 ん ク 波 の に ま な れ 街 利 の 毎 じ な 及 ひ も る っ 幕 が で 回 い ﹁ 益 ゃ 事 効 と の て を が 、 2 繋 ろ な 例 果 に が で い 作 コ あ 商 0 や ス い の も も っ 、 ま っ っ 店 0 っ か 1 あ 認 て セ す た プ レ て 街 人 て と つ る 知 い ン 。 り 歓 。 に ぐ い 思 と し さ ま タ 全 す 最 も ら 迎 ま い し 、 れ す ー 国 る ﹂ 近 け い す ま て ユ て の か ま っ は っ が 。

も い た ん で す が 、 や っ て み

も つ な が り ま す し 、 こ れ は

い ま す が 、 稼 働 率 ア ッ プ に

援 の 枠 組 み の な か で 考 え て

座 を や っ て い ま す 。 人 材 支

ク 、 デ ジ カ メ 教 室 な ど の 講

ラ ワ ー や ス ク ラ ッ プ ブ ッ

し て 、 セ ン タ ー で ア ー ト フ

す 。 現 在 12 名 の 先 生 が 独 立

い っ て お す す め す る ん で

自 分 で 講 座 を 開 い て く だ さ

講 座 が 軌 道 に 乗 っ た ら 、 ご

み は 、 最 初 は 支 援 し ま す が 、

い ま す 。 楽 ら く 講 座 の し く

い る 地 域 の 方 が 講 師 に な っ

て 行 い ま す 。 館 内 の 皆 さ ん

等 は セ ン タ ー 全 部 が 関 わ っ

力 も し ま す 。 ま ち の 文 化 祭

そ こ で 課 題 も 出 し 合 っ て 協

情 報 交 換 を 行 っ て い ま す 。

1 回 セ ン タ ー 会 議 を 行 っ て

す 。 こ れ ら の 団 体 と は 毎 月

O 法 人 ふ た ば が 行 っ て い ま

り 、 全 体 の 管 理 運 営 を N P

が 管 轄 し て い る 部 分 が あ

地 域 連 携 長 田 セ ン タ ー な ど

援 セ ン タ ー や 神 戸 学 院 大 学

局 、 神 戸 常 磐 大 学 子 育 て 支

楽 し く 学 ぶ 機 会 を 提 供 し て   産 業 振 興 局 や 保 健 福 祉

て 、 踊 り や コ ー ラ ス な ど を

す ね

38


お 伝 え す る こ と を 積 み 重 ね

に 、 き ち ん と 活 動 の 流 れ を

や 防 災 教 育 を 伝 え る っ て い

は 、 子 ど も た ち の 震 災 学 習

因 を 丁 寧 に 掘 り 下 げ て い き

か い な い ん で す よ 。 そ の 原

継 承 し て い く 人 材 が な か な

ダ ー は 大 体 70 歳 代 ぐ ら い 。

ん だ イ ベ ン ト に な っ て い ま

街 や い ろ ん な 団 体 を 巻 き 込

P O が 展 示 を し た り 、 商 店

た り 、 屋 台 を 出 し た り 、 N

37

て く れ る い ろ ん な 方 た ち

思 い ま す 。 と に か く 支 援 し

  最 初 に 提 案 書 に 書 い た の

O ま で 立 ち 上 が っ た ん だ と

え て き た 。 だ か ら こ そ N P

持 っ て い ま す か ?

タ ー は ど の よ う な 役 割 を

み ん な が 自 分 の も ん だ と 考

て い い ん で す よ 。 要 す る に

  現 在 、 地 域 人 材 支 援 セ ン

き ま し た 。 反 対 意 見 も あ っ

い く と い う か た ち を 続 け て

を み ん な で 協 力 し て や っ て

も ら い 、 結 論 を 出 し た こ と

に 提 案 を し て 意 見 を 揉 ん で

思 い ま す 。

は 、 や っ ぱ り 素 敵 だ な っ て

わ っ て い る 施 設 っ て い う の

れ ま す 。 地 域 の 皆 さ ん が 関

テ ー シ ョ ン を 組 ん で 来 て く

  す よ ね っ 提 て 言 う と ま み れ な た さ 施 ん 設 の な 意 ん 志 で に

  事 務 局 で は 、 検 討 委 員 会 作 っ て 、 3 人 1 組 の ロ ー

い の ピ ン ク の エ プ ロ ン を

ラ ン テ ィ ア さ ん が 、 お そ ろ

る ﹁ こ ぶ し の 会 ﹂ の 清 掃 ボ

人 会 の 方 々 で 結 成 さ れ て い

と な る 文 化 祭 で 、 セ ン タ ー

て い ま す 。 地 域 の 方 が 主 体

ち の 文 化 祭 を い ま も 継 続 し

地 域 活 性 化 。 年 に 1 回 、 ま

す 。 こ の 施 設 を 拠 点 に し た

  地 域 活 性 化 事 業 が あ り ま

れ て い ま す か ?

  他 に ど の よ う な 活 動 を さ

  い ま も 毎 日 、 長 田 区 の 婦

な が ら オ ー プ ン し ま し た 。

等 の 生 涯 学 習 施 設 の よ う な

う こ と や 、 地 域 の 歴 史 講 座

ま グ や る す ラ す と 。 ム い 次 を の の 考 か リ え 、 ー て い ダ 実 ろ ー 践 ん が し な 生 て プ ま い ロ れ

な が ら 、 ど の よ う に 解 決 す

し 踏 き か す 的 て 条 た 人 メ 設 イ 自 た ま な 発 。 に 、 例 。 材 ー の メ 治 。 え 事 掘 地 沿 そ っ 地 支 ジ 名 ー た 業 が 域 っ こ て 域 援 の 称 ジ 体 事 で こ リ て に い 人 セ ﹁ は で や 業 、 の ー 事 示 う 材 神 、 し 各 展 急 セ ダ さ の 支 ン 何 た 団 開 遽 ン ー 業 れ が 援 タ 戸 と 。 市 体 を を そ タ の て あ セ ー も で の 考 れ ー 育 行 い り ン ﹂ 立 硬 も リ え ら の 成 い る ま タ で 地 い 、 ー ま を 大 と ま 目 し ー し 域 イ 施 の テ ナ ン ト が ブ ー ス を 出 し

て い ま す 。


う セ ン タ ー に し た い の か を

て 、 や っ ぱ り 地 域 で ど う い

ン ト を せ な あ か ん な と 思

と か 、 集 約 す る よ う な イ ベ し て た ん で す か ?

ら セ ン タ ー の 運 営 に 携 わ っ

を 受 け て 、 平 成 22 年 11 月 か

ま っ て も ら っ た ん で す ね

活 用 案 を 出 す に あ た っ ね 。 そ こ で き っ か け づ く り

と 続 か な い と 思 っ た ん で す

  3 年 間 の 運 営 資 金 は ど う そ し て 指 定 管 理 の 随 意 契 約

た ば を 立 ち 上 げ た ん で す 。

燃 え て い て も 、 2 年 、 3 年

も ら っ て 。

に も オ ブ ザ ー バ ー に 入 っ て

を 立 ち 上 げ ま し た 。 長 田 区

二 葉 小 学 校 活 用 検 討 委 員 会

て 、 全 団 体 で 平 成 19 年 に 旧

し ょ う ﹂ っ て こ と に な っ

し て 次 の 会 議 で ﹁ 残 し ま

合 っ て も ら っ た ん で す 。 そ

て 、 そ れ ぞ れ の 団 体 で 話 し

そ の ま ま 持 ち 帰 っ て も ら っ

工 事 な の で す か ら 。 最 初 は

億 と い う 税 金 を か け た 耐 震

多 大 な お 金 が 必 要 だ し 、 何

の 報 告 を 行 い ま し た 。

プ へ の 参 加 呼 び か け や 内 容

活 用 を 考 え る ワ ー ク シ ョ ッ

え し て い く と 。 旧 二 葉 小 の

が あ っ て も 住 民 の 方 に お 伝

伝 え 、 そ の 都 度 、 ど ん な 話

か 。 委 員 会 の 内 容 を 住 民 に

号 が 21 号 だ っ た で し ょ う

を 3 年 間 や り ま し た 。 最 終

に 全 戸 配 布 す る と い う こ と

婦 人 会 を 通 じ て 5 0 0 0 軒

討 委 員 会 だ よ り ﹄ を 作 っ て 、

い で す か ら ね 。 そ こ で ﹃ 検

考 え て い か な く ち ゃ な ら な

た ん で す よ 。 1 階 か ら 3

と バ ケ ツ を 持 っ て 集 ま っ

1 0 0 人 く ら い 、 ぞ う き ん

た 。 そ う し た ら 地 域 の 人 が

掃 除 の 呼 び か け を し ま し

い 、 検 討 委 員 会 だ よ り で お

た バ つ 最 。 ッ 出 初 ク し は ア 合 み ッ っ ん プ な し て も て 、 、 く 区 市 れ 役 に ま 所 お し も

資 金 は 、 各 団 体 か ら 少 し ず

近 隣 の す べ て の 団 体 に 集   最 初 の 1 年 間 は み な さ ん

た い な 話 を し た り 。

は こ ん な こ と し た で え ﹂ み

て 、 手 す り を 触 っ て は ﹁ 俺

た 。 約 1 0 0 0 人 が 集 ま っ

に 2 回 文 化 祭 を 開 催 し ま し

と 言 っ て 、 3 年 間 の あ い だ

ち の 文 化 祭 ﹄ を し ま し ょ う

真 を 撮 っ て 。 そ れ か ら ﹃ ま

て 、 最 後 に み ん な で 記 念 写

階 ま で 手 分 け し て 掃 除 し

成 22 年 4 月 に N P O 法 人 ふ

検 討 委 員 会 の メ ン バ ー が 平

が で き な い と い う こ と で 、

任 意 団 体 な の で 、 施 設 運 営

で も 検 討 委 員 会 と い う の は

い け な い と 思 っ た ん で す 。

と は 、 責 任 を 取 ら な く ち ゃ

た ち で 残 し た い と 決 め た こ

ん で す け ど 、 や っ ぱ り 自 分

願 い し た ら い い と 思 っ て た

  委 員 会 や イ ベ ン ト の 運 営 36


学 校 は 解 体 し て 跡 地 に マ

て 新 校 舎 を つ く り 、 二 葉 小

し た 。 長 楽 小 学 校 を 解 体 し

小 学 校 の 統 廃 合 の 話 が 出 ま

成 16 年 に 二 葉 小 学 校 と 長 楽

に 児 童 数 も 少 な く な り 、 平

の あ と 、 人 口 の 減 少 と と も

は 地 域 住 民 を 対 象 に し た ア

ん も ほ ろ ろ で 。 平 成 18 年 に

を 提 出 し ま し た 。 最 初 は け

存 続 の た め の 最 初 の 要 望 書

い う 3 つ の 婦 人 会 が 、 校 舎

二 葉 婦 人 会 、 長 楽 婦 人 会 と

平 成 17 年 に 駒 ケ 林 婦 人 会 、

こ と で 、 地 域 の 方 が 残 し た

興 に も 時 間 が か か る と い う

災 後 人 口 も 戻 ら な い し 、 復

い が あ っ た と 思 い ま す 。 震

る 施 設 で あ れ ば ﹂ と い う 思

﹁ 地 域 の 活 性 化 の 拠 点 と な

方 針 を 転 換 し た 理 由 に は 、

ま す か ﹂ っ て 伺 い ま し た 。

ん で す が 、 皆 さ ん ど う 思 い

続 す る と お っ し ゃ っ て い る

会 の プ レ ゼ ン で 、 市 長 が 存

集 ま っ て も ら っ て 、 ﹁ 婦 人

な ど 、 近 隣 の 25 団 体 の 方 に

O B E 鉄 人 P R O J E C T

35

  そ れ が 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 き る 機 会 が あ る ん で す が 、  

と で 、 こ の 地 域 に と っ て は

が 土 地 を 提 供 し た と い う こ

昔 建 設 に あ た っ て 地 域 の 方

し た 。 こ の 二 葉 小 学 校 は 、

人 材 支 援 セ ン タ ー が で き ま

葉 小 学 校 を 改 修 し て 、 地 域

年 に 1 回 市 長 に 直 接 要 望 で

的 に も 婦 人 会 の 力 が 強 く 、

て き ま し た 。 神 戸 市 は 歴 史

残 し た い と い う 声 が 上 が っ

地 域 の 方 か ら 二 葉 小 学 校 を

階 で 、 婦 人 会 や 自 治 会 な ど

す 。 と こ ろ が 計 画 が 進 む 段

源 に す る 計 画 だ っ た よ う で

案 を 出 し ま し た 。

と で す か ら 、 大 慌 て で 活 用

は 、 存 続 を 決 め る と い う こ

耐 震 工 事 を す る と い う こ と

方 が ど う 思 っ て い る か が 大

て い た 私 と し て は 、 地 域 の

  で す 市 ね 長 が 方 針 転 換 さ れ た ん

忘 れ も し ま せ ん 。 市 長 が 店 街 組 合 長 、 N P O 法 人 K

思 い 出 深 い 学 校 な ん で す 。

A 、 青 少 年 育 成 協 議 会 、 商

に 相 談 し て 、 自 治 会 、 P T

で 、 長 田 区 連 合 婦 人 会 会 長

事 だ と 思 っ た ん で す 。 そ こ

を 教 え て く だ さ い

支 援 セ ン タ ー に な っ た 経 緯

の で 、 マ ン シ ョ ン に し て 財

で 財 政 的 に 苦 し い 折 だ っ た

と 。 神 戸 市 は 大 震 災 の 影 響

ン シ ョ ン を 建 て ま し ょ う

し ょ う と 言 っ た ん で す ね 。

年 に 市 長 が 耐 震 工 事 を し ま

た ん で す 。 そ し た ら 平 成 19

ン ケ ー ト を し て プ レ ゼ ン し

昭 和 4 年 に 建 築 さ れ た 二

旧 二 葉 小 学 校 が 地 域 人 材

し な 活 営 い 婦 た い 性 す と 人 。 か 化 る 言 会 と に 施 っ の お 寄 設 て 事 っ 与 で 、 務 し で あ 地 局 ゃ き れ 域 を っ る ば の 担 て の 、 方 当 い で 地 で し ま は 域 運


http://futabasyo.jp/

神 戸 市 長 田 区 二 葉 町 7 ︱ 1 ︱ 18

イ ン タ ビ ュ ー  

向 恵 子 さ ん

︵ 特 定 非 営 利 活 動 法 人 ふ た ば ︶

地 域 人 材 支 援 セ ン タ ー

神 戸 市 立

34


い る と こ ろ で す 。

33

ク ト が で き な い か 検 討 し て

神 戸 大 学 と も 研 究 プ ロ ジ ェ

思 う ん で す よ ね 。 ほ か に も 、

い ぶ 活 動 も 変 わ っ て く る と

く こ と も で き て く れ ば 、 だ

よ っ て ま た 、 外 に 出 し て い

見 い 出 し て も ら い 、 そ れ に

別 の 側 面 か ら 資 料 の 価 値 を

そ う い う 外 部 機 関 の 方 に 、

人 間 で も な い こ と も あ り 、

し 、 ア カ デ ミ ッ ク な 世 界 の

当 に 少 人 数 で や っ て い ま す

な っ て い ま す 。 私 た ち は 本

も ら え て い る と い う 関 係 に

が 研 究 に よ っ て 引 き 出 し て

こ が 持 っ て い る 資 料 の 価 値

ク シ ョ ン し て い る の で 、 こ


さ れ て い な い と は い え 、 貴

ず そ こ か ら で す よ ね 。 整 理

が あ る か を 検 討 す る の は ま

の 資 料 に ど う い う 活 用 方 法

タ ベ ー ス 化 で す 。 そ れ ぞ れ

を ち ゃ ん と 把 握 す る 。 デ ー

い ん で す 。 持 っ て い る 資 料

ブ 事 業 に 対 し て お 金 が 欲 し

動 よ り も 、 本 当 は ア ー カ イ

れ ば 、 そ れ を 貸 し 出 す こ と

す 。 貴 重 な も の を 復 元 で き

は た い へ ん お 金 が か か り ま

必 要 が あ り ま す 。 で も 復 元

状 態 の フ ィ ル ム に 復 元 す る

い ま す よ ね 。 だ か ら 安 全 な

で も あ っ た ら 、 傷 ん で し ま

こ か で か け て 映 写 ト ラ ブ ル

き な い し 貸 し 出 せ な い 。 ど

う か 、 資 料 館 と し て の 未 来

で 、 す り 切 れ る だ け っ て い

だ け や っ て も 自 転 車 操 業

い ま す 。 イ ベ ン ト を ど ん

そ の 上 映 や イ ベ ン ト だ と 思

と で す ね

専 念 し て い け た ら と い う こ

か な り 幻 灯 フ ィ ル ム を コ レ

な っ て い る ん で す 。 安 井 は

研 究 プ ロ ジ ェ ク ト の 題 材 に

う 装 置 な ん で す が 、 そ れ が

を つ け な が ら 見 せ る っ て い

ス ラ イ ド と い う か 、 写 真 の

ク ト 。 幻 灯 フ ィ ル ム っ て 、

  そ れ が ベ ー ス に あ っ て こ れ を 投 影 し て ナ レ ー シ ョ ン

紙 芝 居 み た い な も の で 、 そ

う て 助 ⋮ 団 成 体 金 が を 疲 受 弊 け し る て こ い と く に と よ い っ

資 料 館 と し て は 、 上 映 活 よ う な も の は 簡 単 に 上 映 で

ル ム で 、 そ の 1 本 し か な い

    こ れ か ら は ア ー カ イ ブ に 灯 フ ィ ル ム の 研 究 プ ロ ジ ェ

が 、 早 稲 田 演 劇 博 物 館 の 幻

  良 く わ か り ま す

や っ た 方 が と ⋮

た ら 小 さ く て も 自 分 た ち で

り に な る こ と も 。 そ れ や っ

え っ て し ん ど い こ と ば っ か

た よ う な 非 常 に 貴 重 な フ ィ

し て い ま す 。 戦 前 に 作 ら れ

ニ ュ ー プ リ ン ト を 作 っ た り

原 版 と し て 提 供 し て 、 国 が

術 館 の フ ィ ル ム セ ン タ ー に

な い プ リ ン ト を 国 立 近 代 美

と え ば 、 安 井 し か 持 っ て い

は わ か っ て い る ん で す 。 た

重 な も の が あ る と い う こ と

で す ね 。

い い 案 っ て い う の が な い ん

で す け ど 、 打 開 策 と い う か 、

い け る か っ て 考 え て い る ん

カ イ ブ 事 業 を 民 営 で や っ て

ん 。 だ か ら 、 ど う や っ て ア ー

は 自 分 た ち に は あ り ま せ

て い て も 、 復 元 す る 資 金 力

で お 金 に な る こ と が わ か っ

た い で す ね 。

や っ て い く た め の 道 を 探 り

構 築 の た め と か 、 引 き 続 き

資 料 整 理 と か ア ー カ イ ブ の

す 。 映 画 上 映 は セ ー ブ し て

ン ス を 見 な が ら や っ て い ま

は な い で す ね 。 い ま は バ ラ

方 向 性 か な と 思 っ て い る の

  い ま 現 在 進 行 中 で 、 こ の

32


た の は ど う い う 思 い で ?

心 だ と 、 地 域 の 人 た ち と 接

れ て い な い 映 画 の 上 映 が 中

ナ ス 面 と し て 、 一 般 に 知 ら

言 い ま し た が 、 そ れ の マ イ

で は の 企 画 を や っ て い る と

す ね 。 そ う い う こ と を 、 こ

関 係 性 が ぐ っ と 近 く な り ま

願 い し ま す ﹂ っ て 言 っ た ら

こ と を し た い ん で ご 協 力 お

ま い ま す 。 ﹁ 私 た ち こ ん な

の は 独 り よ が り に な っ て し

地 域 貢 献 を し ま す ﹂ と 言 う

  ﹁ 映 画 を 通 じ て こ う い う

す る と 、 会 場 費 な ど の 経 費

プ ラ ネ ッ ト で 助 成 金 を 申 請

な こ と で 、 た と え ば 、 神 戸

ど う 得 る の か は や は り 大 き

き く 違 い ま す 。 開 催 費 用 を

さ っ て い る と 、 信 頼 度 が 大

実 行 委 員 会 に 入 っ て く だ

で も 、 こ れ だ け 地 域 の 方 が

の で 、 無 理 し て や っ て か

ど 、 経 費 の 2 分 の 1 助 成 な

対 す る 助 成 が あ る ん で す け

考 え た い 。

も ふ ま え て ど う し て い く か

人 の 資 産 な の で 館 長 の 意 向

台 に あ る 資 料 は 、 館 長 の 個

31

  あ と 、 映 画 の 企 画 上 映 に

さ き ほ ど 小 さ な 場 所 な ら

  地 域 の 方 に 入 っ て も ら っ で す し 。

く よ う な こ と も 大 事 な こ と

加 し て も ら っ て 。

に 携 わ っ て い る 人 た ち に 参

り も 、 こ の 地 域 で 文 化 事 業

画 の 専 門 家 っ て い う こ と よ

に な っ て も ら い ま し た 。 映

E C T の 正 岡 さ ん ら に 委 員

ん 、 K O B E 鉄 人 P R O J

域 人 材 支 援 セ ン タ ー の 向 さ

ボ ッ ク ス の 大 谷 さ ん や 、 地

員 会 形 式 に し て 、 ダ ン ス

の 記 録 や 映 像 を 継 承 し て い

後 に あ る 場 所 や か ら 、 震 災

す 。 た と え ば こ こ は 震 災 の

と 地 域 性 は 両 輪 だ と 思 い ま

カ イ ブ 施 設 と し て 、 希 少 性

ぱ り い か な い 。 地 域 の ア ー

え え や ん っ て わ け に は や っ

き の 人 に は 知 ら れ て る か ら

遠 方 の 人 や 、 全 国 の 映 画 好

点 が 持 ち に く い ん で す よ 。

よ の 場 う い 皆 ま メ 実 て れ あ ね 連 合 い ! さ す ン 行 い ま と 。 携 、 う ﹂ ん け タ 委 た で 、 っ ジ 文 っ の ど リ 員 の の 助 て ャ 化 て 力 、 ー 会 で 活 す ン 芸 。 を パ 成 っ 映 に 、 動 金 ご ル 術 地 貸 画 し こ の の く を 活 方 し と せ 祭 て の な 申 大 超 動 都 て え を ﹁ 映 か 事 え を 市 く や ド 画 で 請 へ な で た 行 で だ ��� っ キ 祭 感 ど す 横 う こ さ て ュ は じ 。     き と 員 は か の す 問 い も 会 計 な も 私 よ 題 助 で 瑣 な 上 い ね た ね は 成 す 末 ら で ど 制 と 、 ち ね な 可 き 。 そ 、 こ 度 。 よ 能 ま で ろ 任 も の う 。 せ も そ 意 苦 使 で そ ん 、 ろ 団 慮 い 実 う が こ 考 体 し に 際 い 実 て く こ え と は う 行 の て い い さ 大 こ 委 土 い う ま の


こ ち ら も 映 写 機 と か 欲 し や っ て い ま す か ?

を 受 け た ん で す 。

ル に 置 い て あ っ た の を 寄 贈

  映 画 上 映 は ど う い う の を

に 置 い て あ る の も 古 い ホ ー

ル 上 映 で す か ら ね 。 あ そ こ

あ り ま す 。 映 画 館 も デ ジ タ

取 っ て ほ し い と い う 依 頼 も

い で し ょ う ね 。

複 数 台 は 持 っ て い た 方 が い

か で き ま す よ ね 。 や っ ぱ り

に 部 品 と し て 修 理 に 使 う と

て い る 映 写 機 が 壊 れ た と き

で 、 良 く 知 ら れ て い る よ う

が 強 く な っ て き ま し た の

い っ た 方 が い い と い う 思 い

に 、 こ こ の 特 色 を 出 し て

の 人 に 興 味 を 持 っ て も ら え

の と か 、 そ ん な に た く さ ん

館 で は 上 映 し な い 珍 し い も

な 作 品 よ り も 、 一 般 の 商 業

で し た 。 去 年 か ら は 実 行 委

神 戸 プ ラ ネ ッ ト の 単 独 主 催

5 年 目 で す 。 最 初 の 3 回 は

画 祭 は 、 毎 年 1 回 、 今 年 で

  神 戸 ド キ ュ メ ン タ リ ー 映

も た く さ ん あ り ま す ね

映 画 館 か ら 映 写 機 を 引 き る ん で 、 た と え ば 、 い ま 使 っ   い ろ い ろ や っ て い る う ち

  さ 画 い 祭 神 に 戸 つ ド い キ て ュ お メ 聞 ン か タ せ リ く ー だ 映

  資 料 館 の 入 口 に は 映 写 機

あ り ま す 。

フ ィ ル ム な ん か も た く さ ん

文 化 映 画 と か 、 教 材 用 の

か み た い な 話 も あ り ま す 。

そ っ と 受 け 入 れ て く れ な い

て き た の で 、 フ ィ ル ム を ご

フ ィ ル ム の 需 要 が な く な っ

デ ジ タ ル に 移 行 し て い て 、 い の は 欲 し い ん で す が 、 も

写 機 自 体 生 産 が 終 わ っ て い

う 感 じ も あ る ん で す が 、 映

て も ど な い す ん ね ん っ て い

写 機 が そ ん な に 何 台 も あ っ

は も ら え な い ん で す ね 。 映

よ 。 で す か ら 、 ホ イ ホ イ と

ん な お 金 が か か る ん で す

運 び 入 れ る だ け で も た い へ

し た し 、 と て も 重 い の で 、

う 置 き 場 が な く な っ て き ま

や っ て き ま し た 。

6 年 の 間 に 模 索 し な が ら

類 。 そ の バ ラ ン ス を 、 こ の

た い 大 き く 分 け て そ の 3 種

む と か し て い ま す ね 。 だ い

と 交 渉 し て プ ロ グ ラ ム を 組

作 の 映 画 は 、 直 接 監 督 さ ん

て 上 映 し て い ま す 。 自 主 制

配 給 会 社 さ ん か ら 借 り て 来

作 品 の 上 映 、 新 作 で す と 、

す と る 。 い こ う と 考 が え あ る で ん や じ っ ゃ て な い い ま か

小 さ い 場 所 だ か ら こ そ で き

こ 38 席 し か な い で す し ね 。

い こ う と 思 っ て い ま す 。 こ

う か っ て い う の を 重 視 し て

も 足 を 運 ん で く れ る ん ち ゃ

な 作 品 だ け ど 、 遠 く か ら で

  収 蔵 作 品 で あ る 古 典 的 な な い か も し れ な い マ イ ナ ー 30


も あ っ て 、 安 全 な 倉 庫 を 探

で 、 一 階 に あ り ま し た 。 台

ん で す が 、 そ こ は 海 の 近 く

は 、 尼 崎 に 倉 庫 を 借 り て た

  で た 館 し 開 ん を た 館 で 作 。 は す ろ 2 。 う っ 0 て 0 7 こ と 年 に の 3 な っ 月

化 事 業 を 活 用 し て 映 画 資 料

と い う 話 に な り 、 県 の 活 性 運 営 し て い ま す 。

  映 画 に 関 す る あ ら ゆ る も  

全 部 わ や に な る と い う こ と

風 と か 津 波 が 来 た ら 資 料 が

の が あ る ん で し ょ う か ?

    映 画 資 料 に は ど う い う も

ら ど 上 以 最 い 、 っ 上 近 。 正 て 、 確 言 雑 は に う 誌 、 把 て や フ 握 本 ィ で る は ル き ん 1 ム な で 万 か い す 冊 ら ぐ け 以 29

す 。 フ ィ ル ム は 8 0 0 0 本

に な っ て き た ん で す 。

何 カ 所 も 借 り る よ う な 状 態

ま し て 、 倉 庫 も 大 阪 府 内 で

に 、 そ の 資 料 が 膨 大 に な り

を 始 め ま し た 。 そ の う ち

1 9 7 0 年 代 か ら 資 料 集 め

ム を 自 分 で 購 入 す る な ど 、

会 を し た り 、 上 映 フ ィ ル

阪 で 仲 間 た ち と 自 主 上 映

場 所 を つ く っ て く れ な い か

を 楽 し ん で も ら え る よ う な

に 還 元 と い う か 、 映 画 文 化

だ け じ ゃ な く て 、 地 域 の 人

ん だ っ た ら 、 収 蔵 庫 と し て

そ う い う 貴 重 な も の が あ る

に 乗 っ て も ら っ て い た ら 、

く り 会 社 の 社 長 さ ん に 相 談

ま っ た ん で す け ど 、 ま ち づ

借 り た い と い う こ と か ら 始

館 が 一 体 と な っ て 自 主 的 に

プ ラ ネ ッ ト と 神 戸 映 画 資 料

し て い ま し た 。 い ま は 神 戸

が 受 託 者 と し て こ こ を 運 営

間 、 私 た ち 神 戸 プ ラ ネ ッ ト

間 と 合 わ せ て 最 初 の 3 年

社 が 受 け 皿 と な り 、 準 備 期

て 新 長 田 ま ち づ く り 株 式 会

な ど で す ね 。 運 営 主 体 と し

こ こ に 開 館 す る 直 前 ま で

  ん ︵ な 笑 ん か ︶ 。 も い う っ ⋮ ぱ ⋮ い わ あ か り ら ま へ

  か ? 何 点 く ら い あ る ん で す

ね ほ タ 。 ん ー と 、 に 看 あ 板 ら み ゆ た る い も な の も で す の 、

  館 長 の 安 井 喜 雄 が 、 大 初 め は 、 安 全 な 収 蔵 庫 を

人 に 教 え て も ら い ま し た 。

い い と こ ろ が あ る よ っ て 知

ね 。 そ れ か ら 映 写 や 撮 影 の

な の は フ ィ ル ム で し ょ う

  神 戸 映 画 資 料 館 の 開 設 の し て い た な か で 、 新 長 田 に

  す い か う 県 ? 支 の 援 活 を 性 受 化 け 事 ら 業 れ で た は ん ど で う

  設 備 や 無 料 上 映 会 の 開 催 本 、 雑 誌 、 ス チ ー ル 、 ポ ス

経 緯 を お 聞 か せ く だ さ い

機 材 も あ り ま す 。 あ と は 、

の な ん で す け ど 、 一 番 重 要


▲安井喜雄さん(左)と田中範子さん(右)

神 戸 市 長 田 区 腕 塚 町 5 ︱ 5 ︱ 1

http://kobe-eiga.net/

ア ス タ く に づ か 一 番 館 北 棟 2 F 2 0 1

イ ン タ ビ ュ ー  

田 中 範 子 さ ん

神 戸 映 画 資 料 館

28


27


が 、 継 続 の 大 き な サ ポ ー ト

て 使 わ せ て も ら っ て る こ と

を 建 て 直 し た 後 も こ う や っ

は 入 っ て い な い け ど 、 教 会

こ と で す よ 。 い ま 公 的 支 援

直 し て く れ た 。 あ り が た い

使 え る こ と を 想 定 し て 建 て

地 域 活 動 を 続 け る 人 た ち が

た と き 、 信 者 だ け で は な く 、

教 会 を 建 て 直 す こ と に な っ

ま で や る っ て 言 っ て た の 。

て 直 す け ど 、 10 年 は こ の ま

の 人 が 復 興 し た ら 教 会 を 建

い 。 で も 、 そ れ じ ゃ あ マ イ

メ ン ト で や っ て い く し か な

た い な 感 じ で エ ン タ ー テ イ

ス メ デ ィ ア の ミ ニ チ ュ ア み

か ら 、 認 可 を 得 た も の の マ

日 本 は そ う い う 制 度 が な い

的 資 金 が 入 る ん で す け ど 、

に 必 要 な メ デ ィ ア と し て 公

い ん で す 。 外 国 で は 、 地 域

そ も 経 済 的 に 成 り 立 ち に く

コ ミ ュ ニ テ ィ ラ ジ オ は そ も

プ 事 業 化 し た か と い う と 、

︵ フ ァ シ ル ︶ 、

の 多 言 語 セ ン タ ー

わ ぃ わ ぃ と 、 通 訳 / 翻 訳

の 。 だ か ら 、 た か と り コ

ン タ ー の な か は 進 化 し て る

に た か と り コ ミ ュ ニ テ ィ セ

だ け ど 、 そ ん な ふ う に 、 常

私 が 全 部 は 紹 介 で き な い ん

し て い る 団 体 が い る か ら 、

ン タ ー に は い ろ ん な 活 動 を

す に 訳 録 ど 雇 し 組 を す て た 。 コ 通 し が 用 て み 翻 よ 成 ー 訳 て フ し い に 訳 。 り か と デ メ い ァ て ま し 通 だ 立 ィ ン る シ い す て 訳 か っ り ネ バ 約 ル る 。 グ 事 ら て コ ー ー 8 の 10 こ ル 業 社 い ミ ト を 0 職 人 こ ー が 会 か ュ し 案 0 員 は に プ 支 貢 な ニ て 件 名 で ほ 常 事 え 献 い テ ィ い ご の 、 と 勤 業 る 活 ん ま と 翻 登 ん で 化 仕 動 で セ

ノ リ テ ィ に 使 え る 道 具 と し

で す よ ね 。

の 成 熟 に つ な が る と 思 う ん

で す 。 そ の プ ロ セ ス が 社 会

ら か に な ら ざ る を 得 な い ん

て い く と い う こ と は 、 お お

ん な 違 い を 感 じ な が ら や っ

ミ ュ ニ テ ィ セ ン タ ー は こ う

い 。 人 が 柔 軟 に な っ て い ろ

じ ゃ な い と や っ て い け な

だ か ら 楽 し い 、 ゆ る ゆ る

ね 。 多 文 化 っ て 、 ゆ る ゆ る

10 年 経 っ た 2 0 0 5 年 に に し ま し た 。 な ん で グ ル ー

キ ャ ッ チ フ レ ー ズ に し た の

て い ま し た 。

ら っ た 仮 設 の な か で 活 動 し

ラ ン テ ィ ア の 人 に 建 て て も

そ れ で 私 た ち も 、 ず っ と ボ

キ ュ ー ブ ﹄ と い う グ ル ー プ

グ ル ー プ 事 業 化 し て ﹃ プ ロ

ル ド キ ッ ズ コ ミ ュ ニ テ ィ を

ク ︶ を 中 心 に 活 動 す る ワ ー

ゆ る 多 文 化 い と を か し ﹂ を

た パ ン フ レ ッ ト は 、 ﹁ ゆ る

づ く り 。 あ た ら し く 作 っ

い る の は 多 文 化 共 生 の ま ち

Re:C

に な っ て ま す ね 。

2 0 0 7 年 か ら は 、 F M

FACIL

︵ レ ッ

ん だ け ど 、 大 き く 目 指 し て

で す 、 と な か な か 言 え な い

26


後 は ど の よ う な 動 き が あ っ

ア で 活 動 す る の は 疲 弊 し て

に 、 い つ ま で も ボ ラ ン テ ィ

し 始 め て い た 。 そ の う ち

じ て グ ル ー プ を 作 っ て 活 動

す 。 そ れ ぞ れ の 団 体 が そ れ

て 形 が 作 ら れ て い く ん で

ん な ふ う に し て 団 体 と し

人 が 参 加 し て く れ た り 。 そ

ち 上 げ た ん で す 。 た か と り

ミ ュ ニ テ ィ セ ン タ ー ﹄ を 立

に ﹃ N P O 法 人 た か と り コ

事 を 構 成 し て 、 2 0 0 0 年

ら 、 ボ ラ ン テ ィ ア の 人 た ち

す る 仕 組 み を つ く ろ う と 。

ジ ネ ス と し て き ち ん と 自 立

い く か ら 、 コ ミ ュ ニ テ ィ ビ

て い っ て 、 偶 然 い ま こ の 形

ぞ れ の 規 模 と や り 方 で 進 め

代 表 の 神 田 裕 さ ん は 、 ま ち

教 会 の 神 父 で 、 セ ン タ ー の

25

た の で し ょ う か ?

が プ レ ハ ブ の ス タ ジ オ を 建

正 式 開 局 が 決 ま っ て か

ん で す 。

年 1 月 17 日 に 正 式 開 局 し た

ち ょ う ど 1 年 目 の 1 9 9 6

ア メ ー バ の よ う に 必 要 に 応

集 ま っ た ボ ラ ン テ ィ ア が 、

も 落 ち 着 い て 、 救 援 基 地 に

後 に 始 ま っ た い ろ ん な 活 動

立 の た め の プ ロ ジ ェ ク ト の

ま っ た り 、 ア ジ ア 女 性 の 自

か し よ う と す る 活 動 が 始

と 受 け ら れ な い 状 況 を 何 と

が 萎 縮 し た り 教 育 が ち ゃ ん

た か と り 教 会 の 人 た ち で 理

ね っ て い う の で 、 自 治 会 や

を み ん な で 取 れ ば 使 え る

制 定 さ れ た で し ょ 。 法 人 格

正 式 に ラ ジ オ を 開 局 し た

  1 9 9 9 年 に N P O 法 が

を し た 。 そ し て 、 震 災 か ら

た り 、 み ん な で 認 可 の 申 請

類 を 書 く の に 協 力 し て く れ

テ ィ ア に い て 、 そ の 人 が 書

ラ ジ オ に 詳 し い 人 が ボ ラ ン

ん で す 。 偶 然 、 コ ミ ュ ニ テ ィ

た ち と で 会 議 を 持 ち 始 め た

ど う か 、 在 日 コ リ ア ン の 人

て い た か ら 、 本 当 に や る か

し よ ト か に 絵 ン て 一 た う ン ら マ を テ て 方 。 な カ 、 ト イ 描 ィ く な チ ン ク い ア れ で か の を て の た 、 で 大 カ 立 。 人 の そ ン 放 き て 掘 た 。 の 送 な ト 頃 ン て っ ち そ し 音 カ や 建 と れ に て が っ て 一 に は ン 震 い す と て 小 緒 ボ ま る た 屋 に ラ 災 、   り の 住 と い ち み そ 、 技 外 し ラ く ょ た こ 外 術 国 て ジ ん っ い か 国 を 人 機 オ で と に ら 出 学 の 能 は す ず な で 身 ぶ 支 し こ 。 つ っ す の 教 援 て の 団 て よ 子 室 と い な 体 い 。 ど が か く か に る ア も で 、 し の な な メ た き I 、 道 っ か ー ち た T 定 具 て で バ な 変 遷 が あ る ん で す ね

け れ ど 、 そ れ ぞ れ に い ろ ん

  震 災 を 期 に た ち あ が っ た

な い の よ ね 。

タ ー っ て 何 か 、 一 言 で 言 え

か と り コ ミ ュ ニ テ ィ セ ン

に な っ て い る 。 だ か ら 、 た


に な っ た ん で す 。

﹃ F M わ ぃ わ ぃ ﹄ と い う 形

と F M ユ ー メ ン が 合 流 し 、

し て 、 民 団 の F M ヨ ボ セ ヨ

言 語 放 送 も 始 ま っ た 。 そ う

人 た ち に 情 報 を 提 供 す る 多

ん で す け ど 、 い ろ ん な 国 の

き 出 し の ベ ー ス で も あ っ た

あ り 、 救 援 物 資 の 配 給 や 炊

ボ ラ ン テ ィ ア の ベ ー ス で も

ま る ん で す 。 こ こ の 基 地 は 、

で F M ユ ー メ ン の 放 送 が 始

英 語 、 日 本 語 も と 、 5 言 語

語 、 タ ガ ロ グ 語 も 必 要 だ し 、

ま す 。 そ の ほ か に ベ ト ナ ム

い た の で ス ペ イ ン 語 が で き

く れ ま し た 。 こ こ に は 私 が

方 た ち が 機 材 を 持 っ て 来 て

か ? ﹂ っ て 在 日 コ リ ア ン の

て 、 3 月 28 日 か ら 試 験 電 波

ら 、 し ば ら く み ん な で 考 え

や れ る と 思 っ て な か っ た か

で ラ ジ オ な ん て 自 分 た ち で

ジ だ っ た ん で す ね 。 そ れ ま

流 す も の だ っ て い う イ メ ー

も の だ し 、 ラ ジ オ は 音 楽 を

デ ィ ア と い う の は 受 け 取 る

ジ を 持 っ て い な か っ た 。 メ

分 た ち が 使 う と い う イ メ ー

を 情 報 提 供 の 道 具 と し て 自

オ を 立 ち 上 げ た ん で す ね

な か っ た コ ミ ュ ニ テ ィ ラ ジ

や っ ち ゃ お う っ て 。

た 。 と り あ え ず 緊 急 的 に

い く な ん て 考 え て も な か っ

ニ テ ィ ラ ジ オ と し て 続 け て

探 り で す よ 。 そ れ が コ ミ ュ

で 放 送 を 始 め た ん で す 。 手

の 人 も 来 た の 。 最 初 止 め ろ

局 だ っ た か 、 当 時 の 郵 政 省

て い う こ と を 認 知 し て も ら

提 供 す る 必 要 が あ る ん だ っ

お か げ で 、 多 言 語 で 情 報 を

ア に 取 り 上 げ ら れ た 。 そ の

た ! ﹂ っ て た く さ ん メ デ ィ

言 語 で ラ ジ オ 局 を 立 ち 上 げ

語 、 英 語 、 日 本 語 の 5 言 語

語 、 タ ガ ロ グ 語 、 ベ ト ナ ム

の は 4 月 16 日 。 ス ペ イ ン

研 修 を 受 け た り 。 開 局 し た

て た の で 、 そ こ を 見 学 し て

は 生 野 区 で ミ ニ F M を や っ

材 を 調 達 し て く れ た 人 た ち

を 流 し ま し た 。 ラ ジ オ の 機

が 公 的 な 力 を 借 り ず に 、 多

セ ー シ ョ ン だ か ら 、 ﹁ 市 民

る な ん て 、 も の す ご く セ ン

す 。 素 人 が 多 言 語 で 放 送 す

て 社 会 に ア ピ ー ル し た ん で

も の が 世 の 中 に 必 要 だ ﹂ っ

開 局 か ら ず っ と ﹁ こ う い う

だ っ た ん で す よ ね 。 で も 、

ら っ て 言 っ て く れ て 。

け な い け ど 、 手 伝 い ま す か

分 厚 い 書 類 を 書 か な い と い

可 を 取 っ て く だ さ い ﹂ っ て 。

ひ コ ミ ュ ニ テ ィ ラ ジ オ の 認

だ と 理 解 し て い る か ら 、 ぜ

い う 活 動 の 必 要 性 が わ か っ

  そ の と き に は も う 、 こ う

  私 た ち 立 派 な 海 賊 放 送 け ど 、 ﹁ 社 会 に と っ て 大 事

と 言 わ れ る と 思 っ た ん で す

  国 内 で は ま だ 普 及 し て い そ し た ら 近 畿 電 気 通 信 管 理

う こ と に つ な が っ た の ね 。

か ら ﹁ ラ ジ オ を 使 い ま せ ん   で も 、 は じ め は メ デ ィ ア

24


と り 教 会 ﹄ が 86 人 の 子 ど も

災 が き っ か け で 、 た か と り

し つ 域 ま に 地 し 大 て ラ 映 実 ベ 10 そ た な 、 っ 地 域 た 黒 、 ン 像 行 ン 日 の 。 が 市 て 域 の ん 公 夏 テ 記 委 ポ 間 る 民 、 に 多 で 園 祭 ィ 録 員 ス に 後 と 活 た 住 様 す で り ア な 、 タ 渡 、 阪 い 動 か な 。 大 も ど 地 の っ 神 う に と む 人 祭 き か た に 域 の 子 た ・ 経 関 り 人 た に な ね ち 関 お ど 公 淡 験 わ 教 た ち は 送 て が わ 年 も 演 路 を る 会 ち 、 、 別 近 集 っ 寄 た の 大 し 人 と も さ こ 会 く ま た ち 後 ま が 地 集 ら の を の っ ボ り や 、 震 、   い 文 か 日 た く め 長 定 以 者 り 地 リ ダ そ 化 ら 系 。 さ に 田 住 降 さ 教 域 ア メ の だ 、 南 90 ん ベ の 促 に ん 会 だ は ー 教 っ 教 米 年 移 ト 靴 進 は が も っ 外 ジ 会 た 会 人 以 り ナ 産 セ 、 多 在 た 国 を が ん の も 降 ム 業 ン 姫 い 日 ん 出 受 、 で 信 加 に 住 の に タ 路 。 コ で 身 け 震 す 者 わ は ん 人 従 ー に 1 リ す の た 災 よ さ っ 、 で た 事 を あ 9 ア 。 人 と で ね ん て そ こ ち す 経 る 8 ン た が 知 す 。 も 。 こ ら が る 難 0 の か 多 っ ご 多 だ に れ た た て 民 年 信 と い 、   後 放 M 30 日 方 危 歴 人 が に 教 ら 紹 、 送 ヨ 日 本 々 惧 史 た 原 関 な 会 ボ 介 こ を ボ に 大 が し が ち 因 東 っ が ラ さ う 始 セ 韓 韓 、 た あ が で 大 て ボ ン れ い め ヨ 国 民 新 在 っ 虐 多 震 い ラ テ る う 語 国 長 た 殺 く 災 っ ン ィ と と ま と と 民 田 日 の さ の の た テ ア 、 き し い 日 団 の コ で れ 朝 と ん ィ が ま は た う 本 ︶ 民 リ 、 た 鮮 き で ア 集 た 正 。 ラ 語 で 団 ア そ と 半 に す の ま 全 し そ ジ で 1 ︵ ン れ い 島 デ 。 基 り 国 い の オ F 月 在 の を う の マ 地 、 か

て 、 あ の と き つ な が っ た 人 情 報 を 流 さ な い と い け な い 23

は こ こ 、 ﹃ カ ト リ ッ ク た か

で 招 聘 し た ん で す 。 神 戸 で

団 体 ら が 実 行 委 員 会 を 組 ん

ニ テ ィ 活 動 で 、 日 本 の 市 民

た ち の 自 立 を 助 け る コ ミ ュ

ど 多 様 な 背 景 を 持 つ 子 ど も

し て 孤 児 や モ ロ ッ コ 移 民 な

日 し ま し た 。 サ ー カ ス を 通

ス タ 子 ど も サ ー カ ス ﹂ が 来

年 に ス ペ イ ン か ら ﹁ ベ ン ポ

に な る ん で す が 、 1 9 9 3

す 。 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 の 前

な っ た 背 景 を お 伝 え し ま

た ち を 受 け 入 れ た ま し た 。

立 ち を 教 え て く だ さ い

ミ ュ ニ テ ィ セ ン タ ー の 成 り

ア と し て 関 わ っ た ん で す 。

ペ イ ン 語 の 通 訳 ボ ラ ン テ ィ

事 を し て い た の で す が 、 ス

私 は 、 そ の と き 領 事 館 の 仕

で す け ど 、 も と も と こ の エ

の 活 動 が 展 開 さ れ て い く ん

盤 と な る ﹃ 鷹 取 救 援 基 地 ﹄

コ ミ ュ ニ テ ィ セ ン タ ー の 基

た 。 そ の 活 動 が メ デ ィ ア で

ボ ラ ン テ ィ ア が 集 ま り ま し

ん で す 。 本 当 に た く さ ん の

た ち が ま た 教 会 に 集 ま っ た

私 が こ こ に 関 わ る よ う に

は じ め に 、 た か と り コ


ン タ ー の 常 務 理 事 を 務 め て お ら れ る 吉 富 志 津 代 さ ん に 伺

﹁ た か と り コ ミ ュ ニ テ ィ セ ン タ ー ﹂ の 発 足 の 経 緯 を 、 同 セ

  さ ま ざ ま な 活 動 を 行 う 10 の 市 民 団 体 が 拠 点 と し て い る

神 戸 市 長 田 区 海 運 町 3 ︱ 3 ︱ 8

http://www.tcc117.org/

い ま し た 。

イ ン タ ビ ュ ー  

吉 富 志 津 代 さ ん

た か と り コ ミ ュ ニ テ ィ セ ン タ ー

特 定 非 営 利 活 動 法 人

22


21


ん ア ー ト を つ な げ て 、 伝 承

チ ク チ ク の マ マ 世 代 と お か

ミ ュ ニ テ ィ が あ る ん で す 。

て 呼 ん で い て 、 す で に コ

手 芸 の こ と を ﹁ チ ク チ ク ﹂ っ

が 、 20 ∼ 30 代 の マ マ 世 代 も

歳 以 上 の 方 が 多 い ん で す

ま 作 品 を 作 っ て い る の は 70

す こ け 。 と れ が ど 礼 、 儀 お だ 店 と で 思 は っ 物 て を い 買 ま う

済 効 果 は な い か も し れ な い

て い ま す 。 1 回 ぐ ら い で 経

店 の 人 は 喜 ば な い の を 知 っ

き で お 店 を 巡 る だ け で は お

売 人 の 子 な ん で 、 ま ち あ る

と を 推 進 し て い こ う と し て

メ ー ジ が 先 行 し 過 ぎ だ し 、

う 。 神 戸 は お し ゃ れ な イ

て 、 そ れ 自 体 が 芸 術 だ と 思

動 が ス ッ と 入 り 込 ん で い

文 化 も あ る ん だ 、 と い う こ

こ う い う も っ さ り か わ い い

  日 常 生 活 の な か に 創 作 活

ま し に な お す て な っ か 。 い っ た ん き て り ア た い 、 ー い く ど ト な よ ん も と う ど 同 思 な ん じ っ 活 主 。 て 動 体 い い を 者

身 が ツ ア ー を 組 む 主 体 に

で す よ 。 私 も 伊 藤 さ ん も 商

と か 持 ち 出 し で や っ て る ん

と が あ る ん で す が 、 材 料 費

や っ て く だ さ い 言 わ れ る こ

と か 、 手 芸 教 室 を 無 料 で

ン テ ィ ア で や っ て く だ さ い

か も な っ て 思 い ま す 。

然 湧 い て く る 。 そ れ が 大 事

う の ? ﹂ っ て い う 思 い は 当

だ ﹁ 、 こ な い し た ら え ん ち ゃ

る わ け で も な い で す よ 。 た

ち ゃ ん た ち に ス ケ ベ 心 が 出

3 0 0 人 ぐ ら い の 人 た ち 自

住 民 や ま ち あ る き で 訪 れ る

な っ て 思 っ て い ま す 。 地 域

が 、 つ な が っ て い け ば い い

さ せ て も ら う 人 た ち 同 士

い な と 思 っ て い ま す 。

が 中 心 に な っ て で き た ら い

ろ で 展 覧 会 を お ば ち ゃ ん ら

ま す 。 あ と 、 い ろ ん な と こ

る よ う に し な い と 、 と 思 っ

く と も 小 遣 い ぐ ら い に は な

ス を つ く っ た り し て 、 少 な

も 、 作 品 を 売 る た め の ブ ー

ね と と 。 は い 知 っ っ ぱ て い も あ ら る い ん た だ い っ で て す こ

あ る ん で す 。 選 択 肢 は も っ

い け れ ど 、 こ う い う 文 化 も

シ ャ レ じ ゃ な い と は 言 わ な

  ま ち あ る き ツ ア ー を ボ ラ て い ま す 。 そ れ で 別 に お ば

  ま ち あ る き ツ ア ー で 訪 問 で き た ら い い な と 思 っ て い   だ か ら お か ん ア ー ト 展 で い ま す 。 お ば ち ゃ ん が オ 20


と 思 う ん で す よ ね !

ま っ て 、 す ご い 発 掘 が 進 む

ま る ん で す 。 す ご い 数 が 集

が 、 今 年 は 9 区 全 部 か ら 集

長 田 区 の お か ん 中 心 で し た

か ん ア ー ト 展 ﹂ は 兵 庫 区 と

化 で す よ 。 い ま ま で の ﹁ お

き た ん で す ね 。 そ の 間 に ﹁ ダ

で 、 1 0 0 人 ぐ ら い 発 掘 で

た 。 2 年 間 活 動 を す る な か

ト た ち の 発 掘 に な り ま し

に そ れ が お か ん ア ー テ ィ ス

ト だ っ た ん で す が 、 結 果 的

お も し ろ く す る プ ロ ジ ェ ク

発 掘 し て 長 田 区 と 兵 庫 区 を

ら っ た ん で す 。 地 域 人 材 を

て い る 伊 藤 さ ん と 話 し 合 い

険 ﹂ と か ね 。 本 は 一 緒 に や っ

リ ン グ で つ く る キ テ ィ は 危

リ ン グ で 作 る の で ﹁ 、 フ ィ ー

キ ャ ラ ク タ ー も の も フ ィ ー

こ を も っ さ り さ せ る ﹂ と か 。

に 置 い て も 、 一 瞬 に し て そ

﹁ い く ら お し ゃ れ な と こ ろ

の も 考 え ま し た 。 た と え ば 、

今 年 は 、 ハ ー バ ー ラ ン ド

や っ て い き た い で す か ?

19

  こ れ か ら ど う い う こ と を

こ れ は や っ ぱ り 神 戸 の 文

て く れ ま し た 。

で 、 サ ポ ー ト し た い と 言 っ

る じ ゃ な い ? っ て 。 婦 人 会

と を 、 引 き 継 い で く れ て い

が 十 年 前 ま で や っ て い た こ

  は 出 ﹁ ? 版 す お る か こ ん と ア に ー な ト っ ﹂ た の 理 本 由 を

  兵 庫 県 か ら 助 成 金 を も ア ー ト ﹂ の 定 義 み た い な も

が 表 立 っ て 出 な く て い い の

  本 に 合 わ せ て ﹁ お か ん 作 品 な ん で す よ 。

そ れ を み て い て 、 自 分 た ち

る 人 も い ま し た 。 婦 人 会 は

け ど 、 も ち ろ ん 所 属 し て い

作 品 を 作 っ て い る 人 も い る

て た 。 婦 人 会 に 所 属 せ ず に

ま し た 。

一 週 間 開 催 す る こ と に な り

月 31 日 か ら 11 月 5 日 ま で 、

デ ュ オ ギ ャ ラ リ ー II で 、 10

の デ ュ オ 神 戸 に あ る 地 下 の

ま れ て も い な い の に ︵ 笑 ︶ 。

プ ロ デ ュ ー ス で き る か 。 頼

ち ゃ ん 、 お ば ち ゃ ん た ち を

り 。 と に か く ど れ だ け お っ

堂 に ミ ラ ー ボ ー ル を つ け た

す よ 。 小 学 校 を 借 り て 、 講

ン ス パ ー テ ィ ー の 略 な ん で

し ま し た 。 ダ ン パ っ て 、 ダ

ン パ & お か ん ア ー ト 展 ﹂ を

歳 の お ば あ ち ゃ ん が 作 っ た

て い る キ テ ィ ち ゃ ん は 、 92

よ 。 そ う そ う 、 表 紙 に 使 っ

し て く れ て い る み た い で す

く れ ま し た 。 け っ こ う 熟 読

た ら 、 す ん な り 受 け 入 れ て

ク シ ョ ン が あ る か な と 思 っ

ち ゃ ん た ち か ら ど ん な リ ア

な が ら 作 り ま し た 。 お ば


さ ん の ⃝ ⃝ 教 室 ﹂ み た い に

室 を 開 い て い ま す 。 ﹁ ⃝ ⃝

ち の 作 品 を 展 示 し た り 、 教

庫 区 と 長 田 区 の お 母 さ ん た

は 、 ど う や ら 女 性 参 政 権 時

力 が 強 い 。 婦 人 会 の 歴 史

持 っ て い る ん で す ね 。 組 織

婦 人 会 が め ち ゃ く ち ゃ 力 を

帰 っ て 教 え 合 っ て い く 。 そ

リ ー ダ ー た ち が 地 域 に 持 ち

す 。 そ し て 、 そ れ を 覚 え た

ト ﹂ っ て い う 切 り 口 で や っ

を 知 ら ん と ﹁ お か ん ア ー

い た ら し く 、 私 ら は そ れ

と な り ま す 。 そ こ で は 、 兵

ち は カ タ カ ナ の ﹁ オ カ ン ﹂

の は 知 っ て い た の で 、 私 た

と か ネ ッ ト で 使 わ れ て い た

で ト 田 て そ 実 す が 区 、 の は 。 多 や な 本 い 兵 ん を 、 の 庫 で つ も か 区 神 と 調 に 戸 く も べ お の る と て か 、 に 神 み ん 特 あ 戸 た ア に た っ ん ー 長 っ て

う 本 を 出 版 し た ん で す が 、

  ﹁ お か ん ア ー ト ﹂ っ て い

番 に 手 芸 を 教 え 合 う ん で

集 ま っ て 各 区 持 ち 回 り で 順

リ ー ダ ー が 毎 月 婦 人 会 館 に

手 芸 リ ー ダ ー が い て 、 そ の

す が 、 各 区 に 7 人 ぐ ら い の

は 9 つ の 区 に 分 か れ る ん で

の が わ か り ま し た 。 神 戸 市

実 行 委 員 会 と い う の が あ る

そ の 婦 人 会 の な か に 手 芸

す 。 そ れ ま で は 毎 年 や っ て

貨 店 で や っ て た ら し い ん で

く ら い 前 ま で か な 、 大 丸 百

な ん で す ね 。 い ま か ら 十 年

を ず っ と 開 催 し て い た そ う

腕 く ら べ 展 ﹂ と い う 手 芸 展

会 は 昭 和 38 年 か ら ﹁ マ マ の

を 伺 っ て い た ら 、 実 は 婦 人

お 父 さ ん の こ と は ﹁ お と ん ﹂

こ と に し ま し た 。 ち な み に

か ん ﹂ っ て ひ ら が な で 呼 ぶ

じ ゃ な く 、 下 町 ら し く ﹁ お

申 し 出 て く れ ま し た 。 お 話

う 言 葉 を ﹁ 2 ち ゃ ん ね る ﹂

た 。 ﹁ オ カ ン ア ー ト ﹂ と い ん な の で す か ?

を 開 催 す る よ う に な り ま し  

毎 年 1 回 ﹁ お か ん ア ー ト 展 ﹂

神 戸 は お か ん ア ー ト が 盛

り な ん で す 。

そ う な の で 、 す ご く 筋 金 入

れ の な か で 婦 人 会 が で き た

か ら 婦 人 会 も 協 力 し た い と

催 し て い た ん で す が 、 今 年

で ﹁ お か ん ア ー ト 展 ﹂ を 開

て い っ た ん で す が 、 そ の 流   こ れ ま で は 、 自 分 た ち

で 点 ち そ す を 、 し 。 当 お て じ て る ち 、 よ ゃ 2 う ん 0 に た 1 な ち 0 っ に 年 た も か ん 焦 ら じ で す 。

⃝ さ ん の 野 菜 ﹂ み た い な 感

ば 、 ス ー パ ー で 見 か け る ﹁ ⃝

固 有 名 詞 を つ け て 。 た と え

動 を 推 進 す る た め に 啓 蒙 し

Q が 女 性 の 権 利 や 公 民 権 運

ん で す よ 。 戦 後 す ぐ に G H

代 の 運 動 に つ な が っ て い る

隅 々 ま で 浸 透 し て い る 。

か ら 神 戸 は お か ん ア ー ト が

は な い ん じ ゃ な い か な 。 だ

の 仕 組 み っ て 他 の と こ ろ に 18


訪 問 さ せ て い た だ く こ と も

だ い た り 、 個 人 の お 宅 を

や 技 能 と か を 披 露 し て い た

ん じ ゃ な く て 、 店 主 の 知 恵

店 を 回 っ て 食 べ 歩 き を す る

ね 。 ま ち あ る き は 、 た だ お

の 方 を 発 掘 し て き ま し た

で 3 0 0 人 く ら い の 地 域

す が 、 誰 が 作 っ た の か 作 者

ろ ん な お 店 に 出 没 す る ん で

も ど こ に で も !  

あ る し 、 工 場 に も 、 銀 行 に

店 だ け じ ゃ な く て 、 家 に も

が 飾 っ て あ る ん で す よ 。 お

も ユ ル ∼ い 感 じ の 手 芸 作 品

る ん で す が 、 ど こ に い っ て

ま っ た く な い 。 こ つ こ つ

と か 有 名 に な ろ う っ て 気 は

で 作 っ て い て 、 儲 け た ろ う

ん で す よ 。

て 、 こ つ こ つ と 作 っ て い た

画 を ア ト リ エ み た い に し

通 の 主 婦 の 人 た ち が 家 の 一

気 が つ い た ん で す 。 ご く 普

創 作 活 動 を し て た ん だ っ て

ん が 、 す ご い ス ト イ ッ ク な

ら 、 実 は 、 隣 近 所 の お ば さ

は じ め た ん で す ね 。 そ し た

の つ な が り を 元 に 、 発 掘 し

3 0 0 人 を 超 え る 地 元 の 方

作 っ て い る お ば ち ゃ ん た

で 、 ま ち だ け じ ゃ な く て 、

み よ う と 思 い ま し た 。 そ れ

先 だ っ た の で 、 こ れ も 一 つ

た ら い い な と 思 っ て い た 矢

を レ ト ロ や ね っ て 転 換 で き

ら 、 ボ ロ い っ て 言 わ れ る 町

ラ イ ト を 当 て て い き な が

も し ろ い と こ ろ に ス ポ ッ ト

い っ ぱ い あ る 。 こ う い う お

場 所 も だ し 、 人 も モ ノ も

る ﹂ 。 ほ ん ま に お も し ろ い

い ん じ ゃ な く て ﹁ 意 外 と あ

て 言 う ん で す け ど 、 何 も な

17

作 品 は い

  作 っ て い る 人 た ち は 無 心 の 下 町 の 文 化 と し て 捉 え て

き を し て い ま す 。 5 年 ほ ど

り 、 月 に 1 回 ほ ど ま ち あ る

に 、 下 町 の 地 図 を 作 成 し た の き っ か け は ?

ま ち を 歩 い て い る と わ か

に 兵 庫 区 と 長 田 区 を 中 心

ち 上 げ ま し た 。 会 で は 、 主

レ ト ロ に 首 っ 丈 の 会 ﹂ を 立

藤 由 紀 さ ん の 2 人 で ﹁ 下 町

2 0 0 5 年 か ら 、 私 と 伊

た ず わ 。 っ れ と る 回 。 っ そ う て い 見 う て と き こ ま ろ し を

お か ん ア ー ト と の 出 会 い

  い 会 ﹁ ﹂ の 下 活 町 動 レ を ト 教 ロ え に て 首 く っ だ 丈 さ の

い て 、 住 商 工 混 在 地 域 と 言

は 住 宅 と 工 場 が 入 り 組 ん で

あ り ま し た ね 。 こ の あ た り

あ り ま す 。 工 場 見 学 と か も

す て な は ま 。 い っ わ る て か ち の い ら あ か た な る 探 の い し で 。 き て 、 ず で み 誰 っ で た が と き ん 作 気 た で っ に は ﹁ 何 も な い と こ ろ や ﹂ っ

き し て い る と 、 地 元 の 人

す 。 長 田 や 兵 庫 を ま ち あ る

美 し い な っ て 思 っ た ん で

作 っ て い る の が 、 た だ た だ


http://citamatiretro.com/

イ ン タ ビ ュ ー  

山 下 香 さ ん

下 町 レ ト ロ に 首 っ 丈 の 会 16


を 今 後 も 収 集 し て い き な が

真 や 生 活 道 具 、 そ う い う の

ま だ 知 ら れ て な い こ と が 多

の 歴 史 っ て い う の は 、 ま だ

15

い ど が あ れ ば 、 教 え て く だ さ

写 真 展 で 集 ま っ て き た 写 テ ィ の 人 た ち が 暮 ら す 地 域

始 め て ま す け ど 、 マ イ ノ リ

も よ う や く 研 究 者 が 研 究 し

と は た く さ ん あ り ま す よ 。

く つ も り で す 。 や り た い こ

へ の 聞 き 取 り な ど も し て い

フ ィ ー ル ド ワ ー ク 、 高 齢 者

め て 、 セ ミ ナ ー 以 外 に も

会 で い ろ ん な テ ー マ を 決

我 々 の 活 動 に つ い て も そ

上 げ た い と 思 っ て い ま す 。

年 春 を 目 処 に 新 長 田 に 立 ち

ひ と つ の 新 し い 活 動 体 を 来

ニ テ ィ ・ カ フ ェ も 併 設 し た 、

に 交 流 拠 点 と し て の コ ミ ュ

と ﹁ 長 田 在 日 大 学 ﹂ 、

い と だ め な の で 、 そ こ は 本

る 。 や は り 我 々 が 発 信 し な

る こ と に 対 す る 危 機 感 も あ

が ど ん ど ん 風 化 し て い っ て

し 、 そ の な か で 我 々 の 問 題

は 目 の 前 に は っ き り と あ る

今 後 の ビ ジ ョ ン や 課 題 な

あ っ た 朝 鮮 人 集 落 に つ い て

う だ し 、 あ る い は 大 橋 に

思 っ て い ま す ね 。

当 に 我 々 自 身 の 課 題 だ と

す ね 。 も ち ろ ん 運 営 委 員

セ ミ ナ ー を や っ た ぐ ら い で

で す ︵ 笑 ︶ 。 こ れ ま で 3 回

で す け ど 、 全 然 す ご く な い

て る な っ て 注 目 さ れ て る ん

て 、 め ち ゃ す ご い こ と や っ

ア ン の 教 育 ・ 文 化 活 動 さ 支 ら 援

で 取 り 組 ん で き た 在 日 コ リ

す 。 ま た そ の 前 に 、 こ れ ま

に 作 り た い と 考 え て い ま

き る 資 料 館 を 新 長 田 あ た り

ら 記 録 保 存 し 、 常 設 展 示 で

さ れ な い ま ま 来 て い る 課 題

り す る ん だ け ど 、 こ の 地 で

点 か ら 長 田 は よ く 語 ら れ た

わ ゆ る 多 文 化 共 生 と い う 視

る で し ょ う ね 。 震 災 後 、 い

い 。 研 究 課 題 は い っ ぱ い あ

生 き て き た 者 と し て 、 解 決


法 事 の や り 方 も 違 う わ け で ん で ね 。 観 に 来 て く れ た ん ち に な り ま し た 。 知 ら な い   名 前 だ け が 一 人 歩 き し

の 祝 い 方 で あ っ た り と か 、  

り 、 日 本 人 と は 違 う 誕 生 日

う で し た か ?

そ れ が 、 す ご い 反 響 を 呼 も っ と 知 り た い と い う 気 持

結 婚 式 の 民 族 衣 裳 で あ っ た

え て く る ん で す 。 た と え ば

た の か っ て い う こ と が 、 見

  写 真 展 を 開 催 し て み て ど

メ ン バ ー が 、 や は り も っ と

も そ う で す け ど 、 関 わ っ た

す る な か で 、 私 た ち の 世 代

る の で す か ?

う の は 定 期 的 に 開 催 し て い

  ﹁ 長 田 在 日 大 学 ﹂ っ て い

年 、 2 0 1 2 年 と 2 回 開 催

何 を 大 切 に 我 々 は 生 き て き

気 持 ち が 出 て 来 る 。 そ し て

自 分 の こ と を 知 ろ う と す る

親 と 子 の 対 話 が で き る し 、

あ っ て 、 そ う い う と こ か ら

な か に も た く さ ん の 物 語 が

ど 、 普 通 に 家 に あ る 写 真 の

な か で 知 る の も 必 要 だ け

な あ と 思 っ て 。 本 や 教 育 の

れ が す ご く い い 勉 強 に な る

と 見 え て き た ん で す よ 。 こ

に 写 っ て い な い 事 柄 が 色 々

な 人 や っ た ん か と か 、 写 真

写 っ て る 。 そ し た ら 、 ど ん

た ギ 長 。 ャ 田 ラ 勤 リ 労 ー 市 に 民 展 セ 示 ン し タ ま ー し の

の な か の 1 0 0 枚 ほ ど を 新

枚 数 の 写 真 が 集 ま っ て 、 そ

な い ん だ け ど も 、 か な り の

2 0 0 も 集 ま っ た わ け じ ゃ

族 単 位 で 言 っ た ら 1 0 0 も

く さ ん 持 っ て い ま し た 。 家

ど 、 持 っ て る 人 は 本 当 に た

い 集 ま る か 心 配 だ っ た け れ

災 が あ っ た の で 、 ど れ く ら

の な か で 語 ら れ て い る 。 震

す よ ね 。 そ れ ら が 写 真 一 枚

し て な に よ り 、 2 0 1 0

あ っ た よ う な ん で す ね 。 そ

の が 日 本 人 の な か に す ご く

て 、 改 め て 実 感 し た と い う

ち ﹂ と い う の を 写 真 で 見

た 、 す ぐ そ ば の 在 日 の 人 た

と も に こ の 町 を 作 っ て き

﹁ 同 じ 時 代 を 生 き て き た 、

育 っ て き た わ け で し ょ う ?

を 見 て 、 彼 ら も 自 分 た ち も

て く れ ま し た 。 同 じ 街 並 み

本 人 の 人 た ち が た く さ ん 来

な く て 、 こ の 地 域 に 住 む 日

は 、 在 日 コ リ ア ン だ け じ ゃ

開 し て い ま す 。

活 動 に 結 び つ い て 、 い ま 展

が ﹁ 長 田 在 日 大 学 ﹂ と い う

な の な か に 出 て き た 。 そ れ

た い っ て い う 気 持 ち が み ん

の 地 域 を 掘 り 起 こ し て い き

の か と か 、 も っ と も っ と こ

ち が ど う や っ て 生 き て き た

か 、 一 人 一 人 の 在 日 の 人 た

活 に リ ン ク し て い る の か と

な か で そ れ が ど の よ う に 生

は 知 っ て て も 、 こ の 地 域 の

う こ と 。 本 で 読 ん で お よ そ

こ と が た く さ ん あ っ た と い 14


な こ と 思 っ て な い で す よ と

で す よ と か 、 他 の 親 は そ ん

か っ た 。 こ こ は 日 本 の 学 校

委 員 会 と 話 し 合 う の で す

で も 作 っ て ほ し い と 、 教 育

阪 に あ る よ う な 教 室 を 神 戸

が ら 。 だ か ら 、 そ う い う 大

た ん で す 。 隣 同 士 で あ り な

方 、 神 戸 に は 一 つ も な か っ

す し れ が ね 支 に 下 。 援 対 か し し ら だ て 作 し 後 っ た か て と ら い い 行 っ う 政 て 形 が 、 で 少 そ

あ る わ け で は な く 、 親 た ち

違 っ て 一 定 の 制 度 的 な 形 が

や っ と 2 つ 。 そ れ も 大 阪 と

で す よ ね 。 大 阪 に 比 べ た ら 、

に だ い ち 小 学 校 に で き た ん

に 蓮 池 小 学 校 、 2 0 1 0 年

ボ ニ の な ヂ お か お ば で じ あ 育 い ち っ ち ゃ た ゃ ん か 。 ん や ハ が ハ ル ど ラ モ

を し て い て 、 ど う い う 風 景

こ で 生 ま れ て 、 ど ん な 生 活

自 分 た ち の 先 祖 が 朝 鮮 の ど

か 答 え ら れ な い わ け で す 。

世 ぐ ら い に な る と 、 な か な

ま す よ ね 。 そ し た ら 親 も 三

当 然 、 家 に 帰 っ て 親 に 聞 き

に 、 ハ ラ ボ ヂ や ハ ル モ ニ が

や ら 、 旅 行 に 行 っ た と き な

く と 、 結 婚 式 や ら 、 誕 生 日

の 家 庭 に あ る ア ル バ ム を 開

し ま し た 。 そ れ ぞ れ の 在 日

や っ て き た 仲 間 た ち に 提 案

真 展 を や ろ う よ と 、 一 緒 に

自 分 の こ と を 知 ろ う と 、 写

(

が 、 全 然 理 解 し て も ら え な

(

)

) 13

な い で す か 。 そ の 家 族 写 真

ど の 写 真 が 残 っ て い る じ ゃ

あ る ん じ ゃ な い か な 。 一

大 阪 府 全 体 で 2 0 0 く ら い

1 0 0 以 上 が や っ て い て 、

市 立 の 小 中 学 校 だ け で も

た ん で す ね 。 現 在 は 大 阪

ぶ 民 族 学 級 と い う の が あ っ

の 民 族 の 文 化 と か 言 葉 を 学

以 上 も 前 か ら 放 課 後 に 自 分

で す 。 で 、 大 阪 に は 、 60 年

す 。 い ま は 、 そ の 5 分 の 1

の ﹃ オ リ ニ ソ ダ ン ﹄ で す 。

り 組 み と し て 始 め た の が こ

き な い と 、 親 の 自 主 的 な 取

て い く 。 も う 待 つ こ と は で

も 、 子 ど も は ど ん ど ん 育 っ

突 破 口 を 見 出 せ な い な か で

に ひ ど か っ た で す ね 。 全 然

き ま せ ん と か 、 当 初 は 本 当

か 、 一 人 の た め の 教 育 は で

も 、 い ま は ほ と ん ど が 四 世 。

在 日 コ リ ア ン の 子 ど も た ち

自 分 の ル ー ツ 調 べ を し よ う

で 、 6 年 生 く ら い に な る と

て い ま す か ?

ど の よ う な こ と を 感 じ ら れ

の 年 だ っ た の で 、 と に か く

国 併 合 1 0 0 年 と い う 節 目

と い う 勉 強 を や る ん で す 。  

な っ て い て ⋮ 。

い 。 そ の こ と が ず っ と 気 に

て 、 ど こ に 住 ん で 、 ど う い

来 た の か 。 日 本 に や っ て 来

  そ し て や っ と 2 0 0 4 年

2 0 1 0 年 が ち ょ う ど 韓

  私 た ち の 取 り 組 み の な か い る の か 、 親 自 身 が 知 ら な

う 暮 ら し を し て い ま こ こ に

  活 動 を 続 け ら れ て 、 現 在 う い う 経 緯 で 日 本 に や っ て


か ら か っ た 子 を 叱 る 。 だ け

﹁ す み ま せ ん ﹂ と 言 っ て 、

し た 。 教 師 に 話 を す る と 、

て い う 思 い が 強 烈 に あ り ま

年 経 っ て も 一 緒 や な い か っ

分 の 子 ど も の 学 校 と 、 何 十

が 通 っ て い た 頃 の 学 校 と 自

国 語 し ゃ べ れ ﹂ と か 。 自 分

の 学 校 に 行 け 。 韓 国 人 は 韓

へ ん の や と 思 い ま し て 、 と

た ち の こ と を 全 然 わ か っ て

ど も も 、 そ し て 教 師 も 、 私

で す よ ね 。 そ れ で 、 親 も 子

言 葉 が 飛 び 交 っ て い る か ら

れ は 家 で も 普 通 に そ う い う

葉 が な ぜ 出 て く る の か 。 そ

セ ン ! ﹂ と か 、 そ う い う 言

も か ら ﹁ キ ム 、 キ ム 、 チ ョ ー

よ う に な り ま し た 。 そ の 頃 、

ど も 、 教 師 も 勉 強 し に 来 る

に 日 本 人 の 子 ど も や 私 の 子

い な の を 始 め ま し た 。 そ こ

校 で 、 韓 国 朝 鮮 語 教 室 み た

当 時 子 ど も が 通 っ て い た 学

は じ め た 頃 、 毎 週 土 曜 日 に

か な 、 土 曜 日 が 休 み に な り

と 、 確 か 1 9 9 1 年 く ら い

が 2 5 0 0 人 弱 お っ た ん で

の 韓 国 朝 鮮 籍 の 子 ど も た ち

で し た 。 神 戸 市 の 小 中 学 校

野 区 に 次 い で 全 国 で 2 番 目

鮮 籍 の 住 民 数 が 、 大 阪 市 生

  当 時 の 長 田 区 は 、 韓 国 朝

れ ら れ た の で し ょ う か

  活 動 は す ん な り と 受 け 入

チ ョ ー セ ン 。 韓 国 人 は 韓 国   小 学 校 1 、 2 年 生 の 子 ど 初 め や っ た ん で す 。 そ れ

ら か わ れ る 。 ﹁ キ ム 、 キ ム 、

が 、 毎 日 の よ う に 名 前 で か

立 の 学 校 に 入 れ た ん で す

こ う と 。 本 名 で 育 て て 、 公

し っ か り 民 族 名 で 育 て て い

き た の で 、 自 分 の 子 ど も は

な 民 族 意 識 を 持 っ て 育 っ て

な と 思 っ た ん で す ね 。

育 全 体 に 関 わ る 問 題 な ん だ

景 が あ り 、 日 本 の 社 会 や 教

題 だ け じ ゃ な い 。 歴 史 的 背

同 時 に 、 こ れ は 一 教 師 の 問

な る じ ゃ な い で す か 。 た だ

れ は 違 う や ろ ﹂ っ て こ と に

ら っ た ん で す 。 そ れ が 一 番

生 た ち の 前 で 話 を さ せ て も

ど も が 通 っ て い る 学 校 の 先

わ け で す ね

そ う で す ね 。 ま ず は 、 子

す ア い よ ね ン る う 。 保 の な 護 が 経 者 、 緯 の ﹁ で 会 神 い ﹂ 戸 ま の 在 に 活 日 至 動 コ っ で リ て

る よ う に な り ま し た 。 そ の

委 員 会 や 学 校 現 場 で 話 を す

  夫 婦 と も に そ う い う 卑 屈 か ん よ ﹂ な ん で す よ 。 ﹁ そ

  そ れ で 行 動 を 起 こ さ れ た 取 り 組 ん で い こ う と 、 教 育

連 絡 を と っ て 、 全 体 と し て

も あ り ま す 。

て く る よ う に な り だ し た の

の 嫌 が る こ と を 言 う て は あ

ど も そ の 指 導 の 仕 方 が ﹁ 、 人

ま し た 。

に か く 知 っ て ほ し い と 思 い

た 親 た ち が い た の で 、 横 の

同 じ よ う な 悩 み を 抱 え て い 12


い ろ ん な と こ ろ で マ ダ ン が

た で す ね 。 90 年 代 は 日 本 の

出 会 い か ら 入 る 子 が 多 か っ

や 、 チ ャ ン グ な ど 楽 器 と の

に き ま す ね 。

た い ! ﹂ み た い な の が 第 一

は 、 ﹁ 韓 国 語 が 上 手 に な り

も 、 あ の 時 の 教 師 の 言 葉 が

さ せ ら れ た ん で す 。 そ の 後

で す 。 社 会 の こ と も わ か っ

る な か で 、 い ろ い ろ 悩 む ん

と な ど も よ く 議 論 し ま し

も あ っ て 、 祖 国 や 統 一 の こ

が 軍 事 独 裁 政 権 だ っ た こ と

く こ と が 多 か っ た し 、 韓 国

体 験 か ら 民 族 に 目 覚 め て い

す よ 。 私 ら 二 世 は 、 被 差 別

て 、 世 代 で 特 徴 が あ る ん で

ま す し 。 い ま の 子 ど も た ち

こ な か っ た と い う の が あ り

教 育 や 民 族 教 育 を 保 障 し て

た 。 戦 後 、 ア イ デ ン テ ィ テ ィ

大 事 な こ と が い っ ぱ い あ っ

あ っ た け れ ど 、 そ れ よ り も

は 恥 ず か し い と い う 思 い は

ち は 、 韓 国 語 が で き な い の

欲 っ て い う の が 強 い 。 私 た

ら 、 ハ ン グ ル に 対 す る 意

と か が 結 構 あ る 世 代 。 だ か

ま 来 災 立 を 自 す 年 の ち ス 分 。 で 前 上 タ の ち の が ー 民 ょ 年 っ ト 族 う で た さ と ど し の せ の 20 た が 、 出 年 。 94 会 会 に な 年 自 い な の 、 体 っ り で 震 が 、   か た ま も 開 、 い 。 で 1 か 親 ま 長 9 れ の の 田 9 て 韓 子 マ 0 い 流 は ダ 年 ま ド 、 ン ∼ し ラ K が 2 た マ ポ あ 0 。 の ッ り 0 神 影 プ ま 3 戸 響 と し 年 で

て ね 、 校 長 室 で 試 験 を 受 け

け な い と 誓 約 書 を 書 か さ れ

も 、 最 初 に 学 校 に 迷 惑 を か

験 で し た 。 神 戸 に 転 校 し て

言 わ れ た の が 被 差 別 の 原 体

人 、 ど う し ょ う も な い ﹂ と

て も 、 所 詮 、 朝 鮮 人 は 朝 鮮

﹁ 神 戸 の よ う な 都 会 に 行 っ

が 、 転 校 す る 日 に 担 任 か ら

ら 神 戸 に 転 校 し た ん で す

し た 。 小 学 校 の 時 に 下 関 か

の 学 校 教 育 を 受 け て 育 ち ま

か の ぼ る ん で す 。 私 は 日 本

卒 で 修 理 工 場 で 働 く 姿 を 見

屋 で 働 い た り 、 兄 た ち が 中

母 が 体 を 壊 し な が ら も ゴ ム

名 乗 ろ う と 決 意 し た の は 。

わ り 頃 か ら で す ね 、 本 名 を

的 な 時 代 で し た 。 高 校 の 終

ま だ ま だ そ ん な 認 識 が 支 配

戦 後 20 年 経 っ て い た け ど 、

れ は よ か っ た な ぁ ﹂ っ て 。

ら 友 だ ち も ﹁ ほ ん ま か 、 そ

言 う ん で す よ ね 。 そ う し た

名 前 つ け て も ら っ て ん ﹂ と

し く て 、 友 だ ち に ﹁ 日 本 の

)

(

11

つ の た り 若 。 者 80 な は ∼ ん 、 90 か マ 年 で ダ 代 の ン 当 民 時 族 民 の 文 族 三 化 ま 世

  す な か き オ ? っ リ か ニ け ソ で ダ 始 ン ま は っ ど た の の よ で う

  実 は 、 私 自 身 の 経 験 に さ な り ま し た 。 そ の と き は 嬉

で ﹁ 金 村 ﹂ と 名 乗 る よ う に

前 を つ け て く れ と 頼 み 込 ん

学 の と き に 母 親 に 日 本 の 名

ず っ と 心 に 残 っ て い て 、 中


自 分 た ち の 民 族 の 文 化 を 学

ル ー ツ を 持 つ 子 ど も た ち が

校 を 拠 点 に 、 朝 鮮 半 島 に

校 が 水 曜 日 、 こ の 二 つ の 学

学 校 が 土 曜 日 、 だ い ち 小 学

つ ま り 寺 子 屋 で す 。 蓮 池 小

お 堂 の ﹁ 堂 ﹂ で ﹁ 書 堂 ﹂ 、

直 訳 し た ら 書 物 の ﹁ 書 ﹂ に

の は ﹁ 子 ど も ﹂ 、 ソ ダ ン は

す 。 90 年 代 初 め 頃 か ら 活 動

子 ど も た ち の 多 く は 四 世 で

せ て 40 名 ち ょ っ と く ら い 。

ソ ダ ン が 27 名 ほ ど で 、 合 わ

だ い ち ソ ダ ン が 15 名 、 蓮 池

す 。 今 年 の 参 加 児 童 数 は 、

ン プ な ど も 実 施 し て い ま

学 ん だ り 、 料 理 実 習 や キ ャ

チ ャ ン グ な ど の 伝 統 楽 器 を

え て く だ さ い

韓 国 語 で オ リ ニ っ て い う ハ ン グ ル の 学 習 を 中 心 に 、

営 を 担 う と い う 形 で す ね 。

校 が 主 催 し 、 私 た ち は 運

  オ リ ニ ソ ダ ン の 活 動 を 教 ぶ 教 室 を 開 い て い ま す 。 学

イ ン タ ビ ュ ー  

金 信 鏞 ︵ キ ム シ ニ ョ ン ︶

オ リ ニ ソ ダ ン

さ ん

10


か や れ て い る 状 態 で す 。

業 か ら の 支 援 な ど で な ん と

く 。 会 員 さ ん の 年 会 費 や 企

た び に 赤 字 が 膨 ら ん で い

で も な い の で 、 事 業 を や る

補 助 だ け で ま か な え る わ け

な か な か 難 し い 。 1 0 0 %

で も あ る ん で す が 、 こ れ が

が 自 立 し て 動 く こ と が 目 的

き た い 。 本 来 は 、 そ れ ぞ れ

助 が あ る 間 に 自 立 を し て い

し て く れ る 。 そ や け ど 、 補

ざ ま な 公 的 機 関 が サ ポ ー ト

自 の も の も あ り ま す 。 さ ま

合 も あ り ま す し 、 商 工 会 独

い た り 。 国 の 支 援 が あ る 場

う だ け の 話 。 そ や け ど 、 民

行 政 の サ ポ ー ト が あ る と い

提 や と 思 う ん で す 。 そ こ に

間 主 導 っ て い う の が 絶 対 前

あ く ま で 地 域 住 民 で す 。 民

し ょ う 。 地 域 の 担 い 手 は 、

地 域 の 文 化 や 人 も 資 源 で

う い う も の だ け と ち ご て 、

寺 社 仏 閣 と か 思 う け ど 、 そ

す 。 地 域 資 源 っ て 言 う た ら

活 か し て い る だ け な ん で

地 域 の 特 性 と か 地 域 資 源 を

い う け れ ど 、 も と も と あ る

こ と 。 新 し く 立 ち 上 げ る と

力 を 取 り 出 し て い る だ け の

は 、 ま ち に 潜 在 し て い る 魅

タ ー で や っ て い ま す 。

ダ ー の 研 修 を 地 域 人 材 セ ン

い て は 、 コ ミ ュ ニ テ ィ リ ー

い と 思 っ て ま す 。 こ れ に つ

ま ち づ く り を や っ て 行 き た

情 報 共 有 を は か り な が ら 、

ミ ュ ニ テ ィ を 先 進 事 例 に 、

進 歩 的 に や っ て い る 地 域 コ

声 か け て 、 健 全 な か た ち で

か ん と 思 っ て 、 自 治 会 に も

の あ り 方 も も っ と 考 え な あ

や っ ぱ り 地 域 コ ミ ュ ニ テ ィ

な 街 と 安 心 な 街 と は 違 う 。

に し て し ま う け ど 、 安 全

計 画 的 に 対 応 で き る 仕 組 み

う か な 。 だ か ら 、 普 段 か ら

り 方 を 考 え な あ か ん の ち ゃ

そ う い う コ ミ ュ ニ テ ィ の あ

け 合 い や っ て い く 仕 組 み 、

を 取 り 、 困 っ た と き に は 助

良 く い ろ ん な か た ち で 連 携

コ ミ ュ ニ テ ィ が 普 段 か ら 仲

よ っ て 助 け 出 さ れ た 。 地 域

半 は 、 隣 近 所 の 人 た ち に

は 2 ∼ 3 % な ん で す よ 。 大

や 警 察 に 助 け ら れ た ケ ー ス

淡 路 大 震 災 の と き に 、 消 防

な か で 考 え て お く 。 阪 神 ・

た と き 、 独 居 老 人 の 移 動 を が あ る と 思 っ て い ま す 。

9

  た と え ば 、 災 害 が 起 こ っ を 考 え て つ く っ て い く 必 要

商 工 会 議 所 が 窓 口 に な っ て

て い る も の も あ れ ば 、 県 や

地 域 の 安 全 安 心 と 一 括 り ポ ー ト し よ う ﹂ と か 地 域 の

事 業 は 、 区 が 窓 口 に な っ づ く り を お 聞 か せ く だ さ い

僕 の 場 合 は 、 ま ち の 魅 力  

動 を し て い ま す 。

  正 岡 さ ん に と っ て の ま ち

協 力 し な が ら ね 。

や か ら 、 も ち ろ ん 行 政 と も

間 だ け で は 担 わ れ へ ん わ け

ら ﹁ あ の 人 は こ の 3 人 で サ

で す 。 そ や か ら 、 普 段 か

助 け る の に 、 一 人 で は 無 理


く て 、 駅 前 広 場 を 想 定 し て る 費 用 も 約 3 0 0 0 万 円 く

  当 初 は 、 い ま の 場 所 や な メ ー ト ル の 高 さ や と 埋 設 す

直 接 お 願 い し よ う と 。

で 、 改 め て 試 算 し た ら 18

ら し い ん で す ね 。 そ れ な ら 、   場 所 の 目 処 も 立 っ た ん

も 、 結 局 は 北 海 へ 発 注 す る

手 メ ー カ ー さ ん で 受 け て

レ ス の 技 術 に 関 し て は 、 大

に 優 秀 な 技 術 力 が あ る 。 プ

さ な 会 社 な ん で す け ど 非 常

の 岸 和 田 に あ る 会 社 で 、 小

ト ッ プ メ ー カ ー や と 。 大 阪

術 は 北 海 製 作 所 が 世 界 の

て み た ら 、 プ レ ス 加 工 の 技

は っ た ん で す 。 理 由 を 尋 ね

く ら い の 値 段 を 言 う て き

け ど 、 北 海 製 作 所 の 約 2.5 倍

部 に 見 積 り を 取 っ た ん で す

た ん で す 。 と い う の は 、 全

所 に お 願 い す る こ と に な っ

す が 、 結 果 的 に は 北 海 製 作

た ん で す 。

ま し ょ う と い う こ と に な っ

の で 、 じ ゃ あ そ ち ら に 建 て

と い う 計 画 が 浮 上 し て き た

園 を 防 災 公 園 に 整 備 し 直 す

う し て い る う ち に 、 若 松 公

い も の を 建 て よ う よ と 。 そ

ら 、 や は り で き る だ け 大 き

で は イ ン パ ク ト が な い か

ら 設 置 可 能 で し た が 、 そ れ

で す 。 6 メ ー ト ル く ら い な

事 の ボ リ ュ ー ム も 大 き い ん

ね 。 大 き い も の だ と 埋 設 工

の 地 下 は 駐 車 場 な ん で す

も ご 存 知 の 通 り 、 駅 前 広 場

プ ラ ン を 出 し た ん で す 。 で

見 え て る 部 分 が 50 ト ン 、

言 い 方 し て る ん で す ︵ 笑 ︶ 。

う 言 い 方 せ ず に 身 長 と い う

せ や か ら 、 ぼ く は 全 長 と い

と き の 想 定 は 18 メ ー ト ル 。

ト ル 。 で も 、 立 ち 上 が っ た

ル に し て 、 全 長 は 15 ・ 3 メ ー

屈 め て 、 構 え て い る ス タ イ

イ ン に な っ た ん で す 。 腰 を

い て い た だ き 、 い ま の デ ザ

て 、 い く つ か パ タ ー ン を 描

の 速 水 仁 司 さ ん に お 願 い し

ほ ん で 、 カ リ ス マ 造 形 作 家

で す 。 そ れ は ま た し ん ど い 。

ら い 余 分 に か か る と い う ん

ト ・ オ ー ガ ニ ゼ ー シ ョ ン ︶

M O ︵ タ ウ ン ・ マ ネ ジ メ ン

会 社 、 株 式 会 社 神 戸 長 田 T

か 、 新 長 田 ま ち づ く り 株 式

心 市 街 地 活 性 化 協 議 会 と

た ら 10 名 く ら い で す ね 。 中

パ ー ト タ イ ム の 職 員 を い れ

の ス タ ッ フ が い ま す 。 あ と 、

局 長 以 下 、 い ま 8 名 ぐ ら い

す 重 れ 埋 よ み て 設 。 で 1 し 上 5 て を 0 る 支 ト の え ン が て と 、 い 、 鉄 る 3 筋 ん 倍 も で の 入

そ れ を 支 え る よ う に 地 下 に

ン で 一 緒 に ま ち づ く り の 活

ら が 中 心 に な っ て ま ち づ く

O J E C T も 同 じ ポ ジ シ ョ

で す が 、 K O B E 鉄 人 P R

り 協 議 会 を 構 成 し て い る ん

  岡 田 誠 司 さ ん と い う 事 務

か 人 C ? が T 関 の わ メ っ ン て バ ー い は る ど ん う で い す う

  K O B E 鉄 人 P R O J E 8


に 強 か っ た 。 さ ら に 横 山 先 決 め た ん で す か ?

ル と い う 設 定 と し 、 神 戸 市 う ん か と い う 話 や っ た ん で 7

と で 、 神 戸 へ の 想 い が 非 常

で 甲 南 に 通 う て た と い う こ

  大 き さ は ど の よ う に し て  

話 そ で ん す な 。 こ と で 、 18 メ ー ト に お 願 い す る の が 筋 と ち ゃ

が あ り ま す ね 。 本 来 、 そ こ

息 子 さ ん も 中 学 か ら 大 学 ま

し 、 い ま 社 長 を 務 め て い る

妹 さ ん は 神 戸 の 出 身 や っ た

ン の 社 長 だ っ た 横 山 先 生 の

す 。 当 時 、 光 プ ロ ダ ク シ ョ

か ﹂ と 連 絡 を し て み た ん で

れ な ら 神 戸 で で き ひ ん の

市 の 職 員 が 察 知 し て 、 ﹁ そ

前 か ら お 願 い し て い た の を

記 念 館 を つ く り た い と 随 分

こ ろ へ 、 川 崎 市 が 横 山 光 輝

い う こ と に な り ま し た 。

い 大 き い も ん に し よ う や と

る ん や っ た ら 、 ど こ に も な

た だ し 、 モ ニ ュ メ ン ト つ く

ら で き る や ろ う ﹂ と 考 え た 。

言 っ て 、 ﹁ モ ニ ュ メ ン ト な

で き る こ と か ら 始 め よ う と

う で 資 金 の 目 処 が た た ず 、

物 に 10 億 円 く ら い か か り そ

く ろ う と し た ん で す が 、 建

ん で す 。 最 初 は 記 念 館 を つ

名 前 を 正 太 郎 に し た だ け の

の 大 投 手 だ っ た 金 田 正 一 の

東 京 ヤ ク ル ト ス ワ ロ ー ズ ︶

員 で 、 国 鉄 ス ワ ロ ー ズ ︵ 現

生 の 親 父 さ ん が 旧 国 鉄 の 職

う 少 年 も 、 た ま た ま 横 山 先

を 操 縦 す る 金 田 正 太 郎 と い

ロ ー ル ボ ッ ク ス で 鉄 人 28 号

て 28 に し た そ う 。 コ ン ト

つ け る た め の イ メ ー ジ と し

は 、 空 襲 に き た B 29 を や っ

で で た の も そ す い こ 自 、 う 。 ろ と 分 新 い い も の 長 う ろ あ 活 田 経 盛 っ 動 界 緯 り て の 隈 が 上 、 場 を あ が 長 に 青 っ っ 田 し 春 た た 周 て 時 と ん 辺 い 代 の 手 助 け に な る の な ら ば と

の よ う に あ っ た か ら 、 長 田

と が 心 の な か に ず っ と 荷 物

神 戸 に 何 も で き な か っ た こ

で は 曖 昧 な ん で す け ど ね 。

し ま し た 。 で も 、 漫 画 ︵ 原 作 ︶

そ れ を 根 拠 に 18 メ ー ト ル と

メ ー ト ル ﹂ と 出 て た の で 、

た な で 9 し ル か 経 く 神 の と 神 。 っ き 0 ��� と け 産 れ 戸 3 か 戸 て る 0 し し て 局 た 市 分 か に 建 や 0 た て 、 と の さ の っ は 造 ろ 万 。 建 震 か で ん 1 た う は 災 国 、 が ん 大 を と な 残 て 復 の ほ 予 、 4 で 手 り は い ん た 興 機 か 算 5 す の じ う と 3 い の 関 に 決 0 け 建 め こ か 分 と シ に も 定 0 ど 造 ま と 捻 の 交 ン 声 近 し 万 。 会 社 し に 出 2 渉 ボ を 畿 て を そ 、

ま し た 。 実 際 は 、 も う ち ょ っ

く ら い か か る こ と が わ か り

ら っ た ら 、 1 億 3 5 0 0 万

快 く 引 き 受 け て く だ さ っ た   鉄 人 28 号 の 28 っ て 言 う の

生 も 、 震 災 の と き に 地 元 ・   テ レ ビ 放 映 1 作 目 で ﹁ 18 の 方 で 建 造 費 を 試 算 し て も


誌 に ﹁ 鉄 人 28 号 ﹂ の 漫 画

生 が ﹁ 少 年 ﹂ と い う 漫 画 雑

は 2 0 0 6 年 。 横 山 光 輝 先

C T 発 起 人 会 が 発 足 し た の

大 池 町 の ご 出 身 な ん や け ど

い た り 。 横 山 先 生 は 須 磨 区

て 何 か や ろ う と コ ラ ム を 書

仲 間 や 同 級 生 た ち が 集 ま っ

生 の 偉 業 を 連 載 さ れ た り 、

え て く だ さ い

K O B E 鉄 人 P R O J E 2 0 0 5 年 に 神 戸 新 聞 が 先

ま だ 69 歳 で し た 。 そ の 後 、

突 然 亡 く な ら れ た ん で す 。

C T が は じ ま っ た 経 緯 を 教 生 の ご 自 宅 で 火 事 が あ り 、

  K O B E 鉄 人 P R O J E た 。 2 0 0 4 年 、 横 山 先

http://www.kobe-tetsujin.com/

を 掲 載 し て 50 年 の 年 で し

イ ン タ ビ ュ ー  

正 岡 健 二 さ ん

K O B E 鉄 人 P R O J E C T

特 定 非 営 利 活 動 法 人

6


全国アートNPOフォーラムin神戸

88

82

76

70

64

58

52

46

40

34

28

22

16

10

6

特 定 非 営 利 活 動 法 人

近 畿 タ ク シ ー 株 式 会 社

T O A 株 式 会 社

公 益 財 団 法 人

特 定 非 営 利 活 動 法 人

特 定 非 営 利 活 動 法 人

音 遊 び の 会

特 定 非 営 利 活 動 法 人

ギ ャ ラ リ ー 島 田

ベ ト ナ ム 夢 K O B E

神 戸 市 立

神 戸 映 画 資 料 館

特 定 非 営 利 活 動 法 人

下 町 レ ト ロ に 首 っ 丈 の 会

オ リ ニ ソ ダ ン

特 定 非 営 利 活 動 法 人

ダ ン ス ボ ッ ク ス

さ ん

さ ん

| 実 吉 威 さ ん

芸 法 | 小 國 陽 佑 さ ん

/ 田 村 孝 次 さ ん

| 前 畑 洋 平 さ ん

| 沼 田 里 衣 さ ん

芸 術 と 計 画 会 議 ︵

C.A.P.

| 大 谷 燠

| 森 崎 清 登

| 吉 村 真 也

ひ ょ う ご コ ミ ュ ニ テ ィ 財 団

J-heritage

94

︶ | 下 田 展 久 さ ん

| 島 田 誠 さ ん

| ズ オ ン ・ ゴ ッ ク ・ デ ィ エ ッ プ さ ん

地 域 人 材 支 援 セ ン タ ー / 特 定 非 営 利 活 動 法 人

ふ た ば | 向 恵 子 さ ん

| 田 中 範 子 さ ん

た か と り コ ミ ュ ニ テ ィ セ ン タ ー | 吉 富 志 津 代 さ ん

| 山 下 香 さ ん

| 金 信 鏞 さ ん

K O B E 鉄 人 P R O J E C T | 正 岡 健 二 さ ん


現 の 実 践 ﹀ を 、 こ こ に 書 き 留 め て お き た い 。

3

に 、 未 来 、 10 年 先 を 考 え 続 け る た め に も 、 こ れ ら 多 彩 な ︿ 表

創 造 的 に 課 題 解 決 に 向 け て 取 り 組 む 姿 に 敬 意 を 表 す と と も

あ る 。 複 雑 さ を 増 す 現 代 社 会 の 課 題 に 向 き 合 い 、 力 強 く 、

さ ま ざ ま な 実 践 者 に イ ン タ ビ ュ ー し 、 そ れ を ま と め た も の で

開 催 に あ わ せ 、 会 場 の 神 戸 ・ 長 田 周 辺 で 取 り 組 ま れ て い る

日 こ 々 の の イ 営 ン み タ に ビ 息 ュ づ ー く 集 ︿ は 創 、 造 全   * 的 国   な ア * ー * 表 現 ト の N 実 P 践 O ﹀ フ ォ を ー 知 ラ ら ム し in め 神 た 戸 。

せ て く れ た 。 そ し て 、 市 民 の 手 に よ る ︿ ア ー ト の 日 常 化 ﹀ は 、

の ︿ 表 現 ﹀ が 、 か け が え の 無 い 、 唯 一 無 二 の も の だ と 気 づ か

放 っ て 見 え る よ う に な っ た と 同 時 に 、 わ た し た ち ひ と り ひ と り

  ︿ り ア 技 は ー / 、 テ わ ア ィ ざ ー ス ﹀ ト ト で の の あ 意 巧 り 味 み ︿ さ さ 術 え に / よ す も っ べ 変 て ﹀ 容 、 で さ 日 あ っ せ 常 た 、 生 と ア 活 思 ー が い ト 一 起 が 層 こ 日 の さ 々 を 輝 せ る き 。 営 を む

ロ ジ ェ ク ト を 実 施 す る よ う に な っ た 。 ア ー ト の 担 い 手 の 広 が

し 、 専 門 家 で は な い 市 民 が 、 自 ず か ら 先 駆 的 な ア ー ト ・ プ

に 対 し 、 い ま や 誰 し も が 我 が 事 と し て 意 見 す る よ う に な っ た

な さ れ 、 手 の 届 か な い も の と 考 え ら れ て い た 公 共 文 化 政 策

  た し か に 、 そ れ ま で 専 門 家 、 あ る い は 知 識 人 の も の と み


う に 変 わ っ た の だ ろ う 。

  あ れ か ら 十 年 が 経 ち 、 ア ー ト を 取 り 巻 く 環 境 は 、 ど の よ

る な ど 、 さ ま ざ ま な 活 動 が つ な が り あ っ て い っ た 。

は 、 培 っ た 知 識 を 、 活 動 を は じ め た ば か り の N P O に 提 供 す

い と い う こ と に 、 勇 気 づ け ら れ も し た 。 経 験 を 積 ん だ N P O

人 々 と 出 会 い 、 交 流 を 深 め 、 課 題 を 共 有 し た 。 ひ と り じ ゃ な

P O フ ォ ー ラ ム を 通 し て 、 同 じ よ う に 地 域 を 舞 台 に 活 動 す る

  地 域 で 孤 軍 奮 闘 し て い た ア ー ト の 担 い 手 た ち は 、 ア ー ト N

現 手 法 ﹀ と が 出 会 っ た 瞬 間 だ っ た 。

理 念 を 体 現 す る ︿ あ た ら し い 仕 組 み ﹀ と 、 ア ー ト と い う ︿ 表

幕 開 け を 予 感 さ せ る に 十 分 だ っ た 。 N P O と い う 市 民 自 治 の

論 を 交 わ し た こ と は 、 日 本 の ア ー ト シ ー ン に あ ら た な 時 代 の

い る と 言 い 難 い 状 況 の な か 、 全 国 か ら 多 く の 人 々 が 集 い 、 議

が 始 ま っ た 。 当 時 、 ﹁ N P O ﹂ と い う 言 葉 が 広 く 認 識 さ れ て

  2 0 0 3 年 10 月 、 こ こ 神 戸 か ら 全 国 ア ー ト N P O フ ォ ー ラ ム

神 戸 ・ 長 田   イ ン タ ビ ュ ー 集 に よ せ て

全 国 ア ー ト N P O フ ォ ー ラ ム in 神 戸 ﹃ こ れ か ら の 10 年 を 考 え る ﹄

2


1


神戸・長田 集 Interviews


神戸・長田 インタビュー集