Page 1

小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る政治資金規正法違反事件は、日本政界最大の実力者の 命運にもかかわる事態として、海外メディアも強い関心を寄せている。  中国各紙は今回の事件を、小沢氏本人と鳩山政権の危機として大々的に報じている。昨年末に国会議員143人を 含む大型訪問団を引き連れて訪中した小沢氏のことを「中国を理解している大物政治家」 (中国外交筋)として期待 する胡錦濤政権の関心も反映しているとみられる。  19日付「中国国防報」は、 「小沢氏は12月の訪中で、 (夏の参院選について) 『日本全国を解放し、最後に全面 的な勝利を勝ち取る』と自信満々で語っていた。だが今となってはその言葉を実現できるかどうか、疑問を抱かざる を得ない」と、事件の進展次第で小沢氏の影響力が大きくそがれる可能性があると指摘した。  ある中国紙記者は、 「対中傾斜を図る日本の政治家は失脚することが多いのではないか。田中角栄元首相もロッキー ド事件で足をすくわれた」と述べ、 「小沢氏が失脚するようなことがあれば、日中接近の流れにブレーキがかかるか もしれない」との見方を示した。  一方、21日付「参考消息」は、 「小沢氏が行くところカネがついて回る」などと指摘し、抜群の資金力を背景に 影響力を拡大してきた政治家と解説している。 (北京 関泰晴)           ◇  20日付台湾有力紙「自由時報」は「高慢な小沢氏は第二の田中角栄になるか」と題する記事を掲載。 「親中国路 線で米国をいらだたせている」など、小沢氏が内外で批判を浴び苦境に立たされていると報じた。(台北 源一秀) 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る政治資金規正法違反事件は、日本政界最大の実力者の 命運にもかかわる事態として、海外メディアも強い関心を寄せている。  中国各紙は今回の事件を、小沢氏本人と鳩山政権の危機として大々的に報じている。昨年末に国会議員143人を 含む大型訪問団を引き連れて訪中した小沢氏のことを「中国を理解している大物政治家」 (中国外交筋)として期待 する胡錦濤政権の関心も反映しているとみられる。  19日付「中国国防報」は、 「小沢氏は12月の訪中で、 (夏の参院選について) 『日本全国を解放し、最後に全面


的な勝利を勝ち取る』と自信満々で語っていた。だが今となってはその言葉を実現できるかどうか、疑問を抱かざる を得ない」と、事件の進展次第で小沢氏の影響力が大きくそがれる可能性があると指摘した。  ある中国紙記者は、 「対中傾斜を図る日本の政治家は失脚することが多いのではないか。田中角栄元首相もロッキー ド事件で足をすくわれた」と述べ、 「小沢氏が失脚するようなことがあれば、日中接近の流れにブレーキがかかるか もしれない」との見方を示した。  一方、21日付「参考消息」は、 「小沢氏が行くところカネがついて回る」などと指摘し、抜群の資金力を背景に 影響力を拡大してきた政治家と解説している。 (北京 関泰晴)           ◇  20日付台湾有力紙「自由時報」は「高慢な小沢氏は第二の田中角栄になるか」と題する記事を掲載。 「親中国路 線で米国をいらだたせている」など、小沢氏が内外で批判を浴び苦境に立たされていると報じた。(台北 源一秀) 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る政治資金規正法違反事件は、日本政界最大の実力者の 命運にもかかわる事態として、海外メディアも強い関心を寄せている。  中国各紙は今回の事件を、小沢氏本人と鳩山政権の危機として大々的に報じている。昨年末に国会議員143人を 含む大型訪問団を引き連れて訪中した小沢氏のことを「中国を理解している大物政治家」 (中国外交筋)として期待 する胡錦濤政権の関心も反映しているとみられる。  19日付「中国国防報」は、 「小沢氏は12月の訪中で、 (夏の参院選について) 『日本全国を解放し、最後に全面 的な勝利を勝ち取る』と自信満々で語っていた。だが今となってはその言葉を実現できるかどうか、疑問を抱かざる を得ない」と、事件の進展次第で小沢氏の影響力が大きくそがれる可能性があると指摘した。  ある中国紙記者は、 「対中傾斜を図る日本の政治家は失脚することが多いのではないか。田中角栄元首相もロッキー ド事件で足をすくわれた」と述べ、 「小沢氏が失脚するようなことがあれば、日中接近の流れにブレーキがかかるか もしれない」との見方を示した。  一方、21日付「参考消息」は、 「小沢氏が行くところカネがついて回る」などと指摘し、抜群の資金力を背景に


影響力を拡大してきた政治家と解説している。 (北京 関泰晴)           ◇  20日付台湾有力紙「自由時報」は「高慢な小沢氏は第二の田中角栄になるか」と題する記事を掲載。 「親中国路 線で米国をいらだたせている」など、小沢氏が内外で批判を浴び苦境に立たされていると報じた。(台北 源一秀) 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る政治資金規正法違反事件は、日本政界最大の実力者の 命運にもかかわる事態として、海外メディアも強い関心を寄せている。  中国各紙は今回の事件を、小沢氏本人と鳩山政権の危機として大々的に報じている。昨年末に国会議員143人を 含む大型訪問団を引き連れて訪中した小沢氏のことを「中国を理解している大物政治家」 (中国外交筋)として期待 する胡錦濤政権の関心も反映しているとみられる。  19日付「中国国防報」は、 「小沢氏は12月の訪中で、 (夏の参院選について) 『日本全国を解放し、最後に全面 的な勝利を勝ち取る』と自信満々で語っていた。だが今となってはその言葉を実現できるかどうか、疑問を抱かざる を得ない」と、事件の進展次第で小沢氏の影響力が大きくそがれる可能性があると指摘した。  ある中国紙記者は、 「対中傾斜を図る日本の政治家は失脚することが多いのではないか。田中角栄元首相もロッキー ド事件で足をすくわれた」と述べ、 「小沢氏が失脚するようなことがあれば、日中接近の流れにブレーキがかかるか もしれない」との見方を示した。  一方、21日付「参考消息」は、 「小沢氏が行くところカネがついて回る」などと指摘し、抜群の資金力を背景に 影響力を拡大してきた政治家と解説している。 (北京 関泰晴)           ◇  20日付台湾有力紙「自由時報」は「高慢な小沢氏は第二の田中角栄になるか」と題する記事を掲載。 「親中国路 線で米国をいらだたせている」など、小沢氏が内外で批判を浴び苦境に立たされていると報じた。(台北 源一秀) 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る政治資金規正法違反事件は、日本政界最大の実力者の 命運にもかかわる事態として、海外メディアも強い関心を寄せている。


中国各紙は今回の事件を、小沢氏本人と鳩山政権の危機として大々的に報じている。昨年末に国会議員143人を 含む大型訪問団を引き連れて訪中した小沢氏のことを「中国を理解している大物政治家」 (中国外交筋)として期待 する胡錦濤政権の関心も反映しているとみられる。  19日付「中国国防報」は、 「小沢氏は12月の訪中で、 (夏の参院選について) 『日本全国を解放し、最後に全面 的な勝利を勝ち取る』と自信満々で語っていた。だが今となってはその言葉を実現できるかどうか、疑問を抱かざる を得ない」と、事件の進展次第で小沢氏の影響力が大きくそがれる可能性があると指摘した。  ある中国紙記者は、 「対中傾斜を図る日本の政治家は失脚することが多いのではないか。田中角栄元首相もロッキー ド事件で足をすくわれた」と述べ、 「小沢氏が失脚するようなことがあれば、日中接近の流れにブレーキがかかるか もしれない」との見方を示した。  一方、21日付「参考消息」は、 「小沢氏が行くところカネがついて回る」などと指摘し、抜群の資金力を背景に 影響力を拡大してきた政治家と解説している。 (北京 関泰晴)           ◇  20日付台湾有力紙「自由時報」は「高慢な小沢氏は第二の田中角栄になるか」と題する記事を掲載。 「親中国路 線で米国をいらだたせている」など、小沢氏が内外で批判を浴び苦境に立たされていると報じた。(台北 源一秀) 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る政治資金規正法違反事件は、日本政界最大の実力者の 命運にもかかわる事態として、海外メディアも強い関心を寄せている。  中国各紙は今回の事件を、小沢氏本人と鳩山政権の危機として大々的に報じている。昨年末に国会議員143人を 含む大型訪問団を引き連れて訪中した小沢氏のことを「中国を理解している大物政治家」 (中国外交筋)として期待 する胡錦濤政権の関心も反映しているとみられる。  19日付「中国国防報」は、 「小沢氏は12月の訪中で、 (夏の参院選について) 『日本全国を解放し、最後に全面 的な勝利を勝ち取る』と自信満々で語っていた。だが今となってはその言葉を実現できるかどうか、疑問を抱かざる を得ない」と、事件の進展次第で小沢氏の影響力が大きくそがれる可能性があると指摘した。


ある中国紙記者は、 「対中傾斜を図る日本の政治家は失脚することが多いのではないか。田中角栄元首相もロッキー ド事件で足をすくわれた」と述べ、 「小沢氏が失脚するようなことがあれば、日中接近の流れにブレーキがかかるか もしれない」との見方を示した。  一方、21日付「参考消息」は、 「小沢氏が行くところカネがついて回る」などと指摘し、抜群の資金力を背景に 影響力を拡大してきた政治家と解説している。 (北京 関泰晴)           ◇  20日付台湾有力紙「自由時報」は「高慢な小沢氏は第二の田中角栄になるか」と題する記事を掲載。 「親中国路 線で米国をいらだたせている」など、小沢氏が内外で批判を浴び苦境に立たされていると報じた。(台北 源一秀) 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る政治資金規正法違反事件は、日本政界最大の実力者の 命運にもかかわる事態として、海外メディアも強い関心を寄せている。  中国各紙は今回の事件を、小沢氏本人と鳩山政権の危機として大々的に報じている。昨年末に国会議員143人を 含む大型訪問団を引き連れて訪中した小沢氏のことを「中国を理解している大物政治家」 (中国外交筋)として期待 する胡錦濤政権の関心も反映しているとみられる。  19日付「中国国防報」は、 「小沢氏は12月の訪中で、 (夏の参院選について) 『日本全国を解放し、最後に全面 的な勝利を勝ち取る』と自信満々で語っていた。だが今となってはその言葉を実現できるかどうか、疑問を抱かざる を得ない」と、事件の進展次第で小沢氏の影響力が大きくそがれる可能性があると指摘した。  ある中国紙記者は、 「対中傾斜を図る日本の政治家は失脚することが多いのではないか。田中角栄元首相もロッキー ド事件で足をすくわれた」と述べ、 「小沢氏が失脚するようなことがあれば、日中接近の流れにブレーキがかかるか もしれない」との見方を示した。  一方、21日付「参考消息」は、 「小沢氏が行くところカネがついて回る」などと指摘し、抜群の資金力を背景に 影響力を拡大してきた政治家と解説している。 (北京 関泰晴)


◇  20日付台湾有力紙「自由時報」は「高慢な小沢氏は第二の田中角栄になるか」と題する記事を掲載。 「親中国路 線で米国をいらだたせている」など、小沢氏が内外で批判を浴び苦境に立たされていると報じた。(台北 源一秀) 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る政治資金規正法違反事件は、日本政界最大の実力者の 命運にもかかわる事態として、海外メディアも強い関心を寄せている。  中国各紙は今回の事件を、小沢氏本人と鳩山政権の危機として大々的に報じている。昨年末に国会議員143人を 含む大型訪問団を引き連れて訪中した小沢氏のことを「中国を理解している大物政治家」 (中国外交筋)として期待 する胡錦濤政権の関心も反映しているとみられる。  19日付「中国国防報」は、 「小沢氏は12月の訪中で、 (夏の参院選について) 『日本全国を解放し、最後に全面 的な勝利を勝ち取る』と自信満々で語っていた。だが今となってはその言葉を実現できるかどうか、疑問を抱かざる を得ない」と、事件の進展次第で小沢氏の影響力が大きくそがれる可能性があると指摘した。  ある中国紙記者は、 「対中傾斜を図る日本の政治家は失脚することが多いのではないか。田中角栄元首相もロッキー ド事件で足をすくわれた」と述べ、 「小沢氏が失脚するようなことがあれば、日中接近の流れにブレーキがかかるか もしれない」との見方を示した。  一方、21日付「参考消息」は、 「小沢氏が行くところカネがついて回る」などと指摘し、抜群の資金力を背景に 影響力を拡大してきた政治家と解説している。 (北京 関泰晴)           ◇  20日付台湾有力紙「自由時報」は「高慢な小沢氏は第二の田中角栄になるか」と題する記事を掲載。 「親中国路 線で米国をいらだたせている」など、小沢氏が内外で批判を浴び苦境に立たされていると報じた。(台北 源一秀) 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体による土地購入を巡る政治資金規正法違反事件は、日本政界最大の実力者の 命運にもかかわる事態として、海外メディアも強い関心を寄せている。  中国各紙は今回の事件を、小沢氏本人と鳩山政権の危機として大々的に報じている。昨年末に国会議員143人を

test  

this is test document.