Page 8

Summary of RYUKOKU Vision 2020

02. RESULT これまでの事業概要と主な取組・成果 ませんでした。しかし、全体の78.2%にあたる43件の事業が進 段階③(60%)以上となっており、第1中計の事業全体の3/4 以上が事業展開を図っている状況にあります。

第1期中期計画の総括

第1中計では、 「教育」 「研究」 「社会貢献」 「大学運営」 「財政・ 施設整備計画」の5つの分野において、全学で55の事業を展開 しました。これらの事業については、それぞれの進 状況を6 種5段階に定義し、全体の進 管理を行いました(表1. 事業段 階の種類と進 割合の定義参照)。 進 の見られない、あるいは実施展開が難しいと判断し、事業 中止や執行部預かりとなった事業が5件、進 段階が20%に留 まった事業が4件、実施案としてとりまとめるに至らなかった進 段階40%の事業が3件、合計12件の事業が成案化するに至り

表1. 事業段階の種類と進

割合の定義

種類

計画・立案

段階①

段階②

実施準備・環境整備

段階③

実施展開

段階④

段階⑤

評価・改善

表2. 事業全体の進

概要

20%

実施案の「計画立案」段階に留まっている場合 実施案の「意思決定」段階に至っている場合

40%

(大学執行部へ上程し審議中の案件を含む) 意思決定を経て、事業の実施展開に向け、

60%

「実施準備・環境整備」の段階にきている場合

80%

実施展開へ移行し、改革が現在進行形で進んでいる場合 事業を実施した結果・成果が現れ始めている場合

100%

事業が完了し、評価及び改善段階に至っている場合

状況比率

事業分野

事業数

1

教育

27

2

研究

6

3

社会貢献

6

4

大学運営

11

5

財政・ 施設整備計画

5

総事業数

55

事業数比率

8

段階

意思決定

結果・成果

また、事業分野ごとに見ると、 「社会貢献」 、 「大学運営」 、 「財政・ 施設整備計画」など、大学執行部が一定のイニシアティブをとり 事業推進支援を行った事業は概ね80% ∼ 100%程度の事業進 状況になりました。一方で、 「教育」分野では70.4%、 「研究」 分野では50%の進 状況に留まっており、事業推進に課題を残 す結果とりました(表2. 事業全体の進 状況比率参照)。

第5次長期計画 第1期中期計画総括

第1段階

第2段階

第3段階

第4段階

第5段階

検討停止

20%

40%

60%

80%

100%

預かり

2

3

6

10

3

3

19

7.4%

11.1%

22.2%

37.0%

11.1%

11.1%

70.4%

2

0

3

0

0

1

3

33.3%

0%

50%

0%

0%

16.7%

50%

0

0

0

6

0

0

6

0%

0%

0%

100%

0%

0%

100%

0

0

0

5

6

0

11

0%

0%

0%

45.5%

54.5%

0%

100%

0

0

0

3

1

1

4

0%

0%

0%

60%

20%

20%

80%

4

3

9

24

10

5

60%以上の総事業数

43

7.3%

5.5%

16.4%

43.6%

18.2%

9.0%

60%以上の事業比率

78.2%

第3段階 以上の比率

補足説明

7割の進 度だが、第1段階に留まる事 業も3件ある 事業の実施展開が計画の半分に留まっ ている 全てが実施展開段階に至り、 ほぼ事業を達成した ほぼ、全ての事業を達成した 執行部預かりの1事業を除き、 ほぼ事業を達成した

Ryukokuvision2020 1  
Ryukokuvision2020 1