Page 14

地域貢献型メガソーラー発電所 「龍谷ソーラーパーク」を開設

研究

特色ある研究の推進 本学の特色を活かした研究センターとして、2015年度から「世界 仏教文化研究センター」を設置すべく、全学的な検討を進めてい ます。ここでは世界レベルでの国際的な仏教研究の拠点形成を めざすとともに、本学独自の研究成果を創出し、それらを世界に 向けて発信していくことを計画しています。

研究者データベースの構築 本学が有する教育研究資源を、学内外に広く開示し、様々な分 野で役立ててもらうことを目的に、研究者データベースを構築し ました。この結果、本学に所属する教員とその研究分野、業績 が簡易に検索することが可能となりました。

東日本大震災の発生とそれに伴う諸問題の現状を踏まえ、中長 期的な課題解決に資する社会貢献方策を検討した結果、再生可 能エネルギーを活用した事業モデルとして、全国初となる地域貢 献型メガソーラー発電所「龍谷ソーラーパーク」を整備しました。 これは、本学と和歌山県印南町、 (株)京セラソーラーコーポレー ション、 (株)PLUS SOCIAL及びトランスバリュー信託(株)の 5者が連携してメガソーラーを建築し、その運用を通じて生じる 売電収益の一部を地域へ還元する地域貢献型事業モデルです。 2013年度の後期から稼働し、既に売電収益を和歌山県及び京 都府の地域社会や市民活動の資金として提供しています。

社会貢献

地域との多様な連携を推進する「社会連携推進会議」 「社会連携支援室」を設置 龍谷大学が従来から取り組んできた地域貢献活動や社会連携活 動に関わる6組織(REC、ボランティアNPO活動センター、矯正・ 保護総合センター、地域公共人材・政策開発リサーチセンター、 京都産業学センター、地域協働総合センター)を横断し、地域 貢献を推進する組織として「社会連携推進会議」を設けるととも に、その事務を処理し、対外窓口としての機能を担う「社会連携 支援室」を設置しました。これにより、地域の多様なニーズや課 題に対し、迅速かつ的確に対応することが可能となりました。

地域連携の拠点として深草町家キャンパスを設置 町家の利活用を通じて、教育・研究上の成果や学内資源を地域 に還元し、地域に開かれた大学として、地域社会と共に発展する ことを目的に、新たに「深草町家キャンパス」を設置しました。

地域貢献型メガソーラー発電所

エコキャンパスの実現 に向けた取組

深草キャンパス 2 号館屋上

本学は「温室効果ガス等、環 境への負荷低減がはかられ たキャンパスで、将来世代に向け全ての学生・教職員が環境問題 への取組を実践し、 その意識を醸成する場」をめざすべきエコキャ ンパスの姿として位置づけ、地球温暖化対策を実施展開していま す。2013年度は2005年度と比較し、建物1㎡当たりの原油換算 値で△8.65%、 CO2排出量で△12.22%を達成しました。 またソー ラーパネルを設置するなど、再生エネルギーの積極的活用を行っ ています。

■地域貢献型メガソーラー スキーム図

京セラソーラーコーポレーション 協力・協働

龍谷大学

社会的責任投資 (信託) 配当 (元本償還 20 年)

設置 ・運営

関西電力

トランスバリュー 信託株式会社 配当 信託

売電収入 (20 年固定 買取契約)

信託事業体 返済

融資

金融機関

14

第5次長期計画 第1期中期計画総括

龍谷 ソーラーパーク

売電

事業会社 (株)PLUS SOCIAL 配当

協力・協働

利潤 寄付

印南町

助成

公益財団法人など

地域の NPO 社会福祉施設 学校/幼稚園

信託

Ryukokuvision2020 1  
Ryukokuvision2020 1