Page 38

京都市上下水道局と龍谷大学が連携し、 京都の水道水のおいしさとクオリティをPR 龍大生が水を使ったメニューを考案し、 をオープン 園祭で 「京(みやこ)の水カフェ」 経営学部藤岡ゼミが、京都市上下水道局と連携し、京都の水道水のお いしさとクオリティの高さ (安全・安心、低価格、環境にやさしい) をPR するため、 園祭期間中に 「京(みやこ) の水カフェ 龍谷大学」 を開催。 「京(みやこ)の水カフェ」 とは、京都市上下水道局が実施する 「おいし い!大好き!京(みやこ) の水キャンペーン」 の一環として開設するカフェ で、協賛企業の小川珈琲株式会社から本格的な技術指導を受けて、学 生がメニューを考案。店内外の装飾、展示、接客も学生が担当し、 園 祭の期間中、多くの方々に京都の水道水のおいしさとクオリティを改め て知っていただく機会となった。

「地球がキャンパスだ」 プログラムを開催 本学で学んでいる交換留学生に、 自国の言語や文化を本学の日本人学

理工学部生が公共広告CM学生賞で奨励賞 公益社団法人ACジャパンが主催する 「第10回ACジャパンCM学生

生や他国から来た留学生に紹介してもらう、言語・文化交流プログラム。

賞」 で、理工学部情報メディア学科3年生の佐藤遥さん (写真左) と土屋

2013年度から国際センターで開始したプログラムで、毎回各国の留

汐里さん (写真右) のグループが、 『「僕」 と 「私」』 という作品で奨励賞を

学生がトピックを独自に設定し、 レクチャーしている。

受賞。今回は全国各地の大学から176作品の応募があり、本学として

6月17日には、 スロバキアからの交換留学生により 「スロバキアの言葉

は昨年度に引き続き4度目、理工学部情報メディア学科としては3度目

や文化」 をテーマに行われた。

の受賞となった。

「 園祭ごみゼロ大作戦」 に龍大生が参加、 リユース食器の導入で、 ごみゼロをめざして活動 「

園祭ごみゼロ大作戦」 は、 園祭に出店する屋台から排出されるご

みをゼロにすることを目的とした活動で、再利用(リユース)食器を使う ことにより、食品トレーや紙コップをはじめとするごみの排出量を減ら すプロジェクト。約60万食分の使い捨て食器を、洗って再利用できるリ ユース食器に切り替える、 日本初であると同時に、世界初の試みだ。 2014年の 園祭から初めて実施され、本学学生も、政策学部の学生 を中心に約260名が参加し、期間中ごみゼロをめざして積極的に取り 組んだ。

36

¦ News & Topics : 最新情報

広報誌「龍谷」 No.78  

本学の教育・研究・社会貢献活動や、学生・卒業生・教職員の活躍等、特色ある取組や最新情報を、卒業生や在学生の保護者・教育機関等の幅広い層に、紹介している大学広報誌です。

広報誌「龍谷」 No.78  

本学の教育・研究・社会貢献活動や、学生・卒業生・教職員の活躍等、特色ある取組や最新情報を、卒業生や在学生の保護者・教育機関等の幅広い層に、紹介している大学広報誌です。