Page 1

t s e g Di


小坂 諒 Ryo Kosaka 略歴 1991 年 : 自然豊かな富山県に生まれる

幼少期 : ハリウッド映画とプラモデルに夢中になる 2009 年 : 富山工業高等専門学校 機械工学科 中退

2016 年 : 京都工芸繊維大学 工芸科学部 造形工学課程 意匠コース 卒業 2018 年 : 京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 デザイン学専攻

Photo by Daisuke Horii


CONTENTS 004

016

028

038

048

056

Under Development


2013.10 - 12

おもちゃ箱 + バランスバイク =

好きな物は、愛車に詰め込もう。 近頃、よく見かけるバランスバイク。

バランス感覚を養い自転車へのステップアップを容易にする。 記念すべき初めての乗り物なのに

体が成長すれば、もう使えない。

最初の一台は、思い出の一台であってほしい。

004

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


005


仕舞うのではなく、積む 調査の結果、子育ての一番大きなストレスは「子供がおも ちゃを片付けない」ということ。片付けという躾はもちろ ん必要。とはいえ、遊びが本業である子供たちの邪魔をし たくない。もっと無意識に、もっと自発的に片付けを覚え させたい。おもちゃ箱に愛着を持たせれば片付けを促せる のではないだろうか?

006

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


007


008

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


インドアでもアウトドアでも 室内で使うときは、お気に入りのおもちゃを積んで家の中 で遊び、外へ遊びに行ったときはヘルメットや上着を入れ て実際のバイクの荷台と同じように使える。

009


子供っぽくしない 70 年代のレーサーバイクやカフェレーサーなどを参考にした。バイクらし

さを損なわないために、セパレートハンドル、シートカウルは欠かせない。 未塗装の木材で作られているので、子供が自由に塗装などのカスタムを加

えていける。成長してサイズが合わなくなっても、ハンドルとシートの革 や、公園でついた汚れなどの経年変化は思い出として残り、インテリア兼 収納として子供と成長していく。

010

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


011


350

200 400

300

150 RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS

950

650

480

18 0

300 012


成形合板の型は2種類

コスト面から考えて、成形合板の型はおもちゃ箱の本体と、その蓋の2種類のみにす ると決めた。また、曲げることができる方向は一方向のみなので三次曲面は作り出せ ない。この2つのことから、形を考える際に大きな縛りがあった。

013


014

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


015


2015.4 - 2016.1

アウトドア用天気予報デバイス

FitzRoy 好奇心が天気を教えてくれる 未来の動向も見せてくれる温湿気圧計と天気管があれば

自然に対する好奇心が天気予報を受け取るキッカケとなる 自然の中で義務のようにスマホで調べる天気予報ではなく 自然を見つめ自然と触れ合うための天気予報の提案

Movie available on Vimeo

016

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


017


道具を通して自然を見る 自然を通して天気を知る アウトドアにおいて、「天気を調べる」という行 為は決して欠かすことができない。もちろんスマ ホで調べれば必要な情報は全て手に入るし、それ でいいと思う人も多いだろう。しかし、画面では

なく目の前に広がる自然を通して天気が知れたら、 今まで以上に自然との距離は縮まるはず。

018

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


天気を知るキッカケは 自然の中にある

気温

「寒いな」「なんだか蒸し暑くなってきたな」 「ペットボトルがパンパンだ」こういう五感

で感じることの出来る変化から天気を知れた ら自然と会話するかのような天気予報になる

ex

のではないだろうか?

au 4G

75%

1028.6hPa 12/22 22:00

7℃ 12/22 22:00

88% 12/22 22:00

12/23

Trend

Setting

FitzRoy

FitzRoy

for iOS

micro USB

RGB LED

e-ink display sensor

storm glass

button outer case

シンプルな機構 アウトドアという特殊な環境で使われる道具なので、シンプルな機構で あることが重要だった。電子機器である以上なにかしらのスイッチは必 要になるが、スイッチを外部に露出させずに内部に組みつつ無理なく作 動させる機構で、見た目も操作方法もシンプルになった。

019


天気管で感覚的に天気を知る

天気管とは 19 世紀にヨーロッパで使われていた天気を知

るための道具で、雨が降りそうなら試験管に封入された薬 品に結晶が現れ、晴れなら薬品は透明になる。精度はいま いちだが、単純明快で感覚的に使える道具。天気管がネッ

トに繋がったら感覚的にかつ正確な天気予報を受け取るこ とができないだろうか?

020

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


色と動きで伝える オンライン天気管 薬品が封入された本来の天気管とは異なり、RGBLED

を内蔵している。それぞれの天気に合わせた色と動き でユーザーに天気を知らせる。誰でもすぐに感覚的に 理解できるという、天気管ならではの利点が失われな いような色と動きを目指してプログラムされている。

片手でも両手でも ズボンのポケットに入れていても、バックパック のサイドポケットにいれていても、首から提げて いても、テントの中で吊り下げていても、どんな

状況でもすぐに天気を確認できるスイッチの機構

を目指した。天気管そのものがスイッチになって いるので、天気管に触れて動かすだけでいい。

021


未来・現在・過去を見せる オンライン温湿気圧計 なんてことのない温湿気圧計の背景に、それぞれの動向がわ かるグラフを使うことで、現在の値を知ると同時にグラフの 傾きから今までの動きと今後の動きが瞬時に把握できる。

022

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


Layer 2 : 気圧計

→ 現在 984.82hPa

Layer 1 : 気圧グラフ

→ 今後低下していく 天気管

→ 6 時間後は雨

023


024

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


収める

電子ペーパーのディスプレイは時間と 技術の関係でダミーになってしまった

が、唯一の入力装置であるスイッチと、

天気管の検証だけはやりたかったので、 RGBLED、バッテリー、arduino、タク

トスイッチなど全てのパーツを内部へ

組み込み実働させるための設計をした。

025


026

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


027


2016.4 - 8

音があれば、デスクはサーキット。 ミニカーには、エンジンは無いけれどエンジン音はある。 頭の中で響き渡るエンジン音を、

子供の頃は口に出して遊んでいた。

デスクの片隅で埃を被ったまま飾られているミニカーに もう一度あの音を授けよう。

Movie available on Vimeo

Ryo Kosaka

スタイリング 回路設計

モデル制作

プログラミング(Arduino)

プログラミング(Processing)

028

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS

Yosuke Higuchi

プログラミング(Arduino)


029


埃の被ったミニカーに 再びエンジン音を授けよう 子供の頃はミニカーにエンジン音はあった。デスクの 上で埃が被ったまま飾られているミニカーもその音を

秘めている。大人だってミニカーを思いっきり走らせ たっていいじゃないか。再びエンジン音を授けよう。

030

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


シリアル通信

Arduino

Proessing

アクセル

圧力センサー

ブレーキ

圧力センサー

Arduino

Adafruit Metro Mini 328 アクセル

光学式マウスのセンサー

手の動きと、握る強さに応じて エンジン音やブレーキ音が鳴る

使い方は簡単。手に装着したらミニカーを持って走らせるだけ。 それに合わせてエンジン音が鳴り響く。スピーカーに繋いで親 子で楽しむもよし、ヘッドフォンを着けて深夜にこっそりと爆 音を聞いてもよし。子供のようにミニカーで遊ぶだけ。

031


プログラマーとの共同作業 最初のプロトタイプを作り、プログラマーに作りたい 物と、やりたい事を理解してもらった上で、それを実

現するプログラムを書いてもらった。実機調整をする のは自分の役割だったので、デザイナーである自分も プログラムをしっかり理解している必要があった。か

なり未熟ではあるがプログラミングの知識があった おかげでスムーズな意思疎通ができた。

3 秒間のエンジン音 エンジン音にはシフトチェンジからシフトチェンジ

までの 3 秒しかない音源のみを使用している。この 音源をループ再生させながら再生速度を変化させる ことでリアルなエンジン音を再現している。

Arduino = エンジン

Processing = マフラー 

エンジンを再現する 手を動かす速度と完全に合わせてエンジン音を鳴ら

すと、びっくりするほど楽しくなかった。どうやら、 頭の中で鳴り響くエンジン音はミニカーの速度と一

致していないようだった。そこで、プログラマーと 相談して手の動きを基に仮想的なエンジンを生成す ることにした。

032

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


仮想エンジンをセンサーで操作して

その回転数を、シリアル通信で Processing に送信

Arduino

仮想エンジン エンジン音と手の動きを完全に連動させると

音の変化が激しすぎてリアルさが失われてしまう 圧力センサー(人差し指)か

アクセル

マウスのセンサーに反応あり 圧力センサー(親指)に反応あり

ブレーキ

どのセンサーも反応なし

エンジンブレーキ

Arduino から信号を受け取り

使用する音源と再生速度を決定して再生する

Processing

ループ再生 ループ再生している音源の再生速度を

変化させることでエンジンの回転数の違いを再現 仮想エンジンの回転数が0

再生速度も 0(無音)

仮想エンジンの回転数が最大

再生速度も最大

033


モックアップではなく 使えるプロダクトを作る 音がメインのプロダクトだから、CG を描いてシー ンの画を見せても何も伝わらない。プレゼンする ときに最も簡単な方法は、実際に使えるプロダク トを使って見せることだった。

034

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


あえて、手に装着する

当初は車の形をしていても良いんじゃない かという考えもあったが、それだと音の出る ミニカーになってしまう。自分が持っている

ミニカーに再び音を授けるというコンセプ トに基づき装着するタイプにした。

035


036

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


037


038

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


2014.6 - 7

誰でも作れるチェアとテーブル

今までの生活に “ ものづくり ” をプラスする。 今まで “ものづくり” と縁がなかった人を

ターゲットにした組み立て式チェアとテーブルのキット。

材料の調達、パーツの切り出し、組み立ての全てをユーザーができるようにし、 その一連の流れを通してユーザーに “ものづくり” の楽しさを伝える。

Movie available on Vimeo

039


ものづくり初心者には、 元となるデータが必要なのでは? ものづくりというのは楽しくて抜け出せないループであり、一度

このループを体験してしまうと抜け出すのは難しい。このルー プの速度はデジタルファブリケーションツールのおかげで高速に なった。多くの人にこのループを体験してほしい。そのためには

まずデータをダウンロードしてもらってループの入り口に立って

もらう必要がある。最も身近なプロダクトの1つである「チェア」 と「テーブル」は元のデータとしては絶好のプロダクト。作った だけで終わりという DIY でありがちなパターンも起こりにくい。

Download

Buy Customize

Use

Go FabLab

楽しくて抜け出せない ものづくりのループ

Go Outdoor

040

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS

Cut

Assemble


組み立て式で持ち運べる

FabLab のようなオープンスペースから、すぐに持

ち出して使うことができるように絶対にコンパク

トに収める必要があった。初期案は自転車のフレー

ムにぶら下げれるデザインだったため、サイズの 関係で仕方なく座椅子のようなデザインにしてい たが、組み立てが楽しくないだろうということで 荷台に付けるサイズへとスケールアップして、一 般的なイスのスタイルへ。

041


作る楽しさ

材料をレーザーカッターで切断すれば、すぐにイ スが完成というのはつまらない。プラモデルを組

み立てるような感覚で作る楽しみを味わってほし

い。必要なのはボンドだけ。ケガをする心配も無く、 子供でも簡単に組み立てることができるチェア。

042

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


QR コードと組立図 組立図を彫刻することで、説明書を無くす心配や組み立て

方を忘れる心配も無くなる。また図面データに繋がる QR コードをレーザー彫刻することで、パーツの紛失や破損に ユーザーが自ら対応することができる。

1枚から1脚をつくる

1820mm × 910mm というホームセンターに行けば必ず

置いてあるサイズを基準に設計したので、1 枚あれば1脚 をムダ無く作ることができる。また、ケースは座面とテー

ブルの脚になるように設計して、無駄なパーツを切り出す ことも持ち運ぶ事も無いように配慮した。

043


044

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


045


046

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


047


048

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


2014.10 - 12

本として使うラジオ

本にすれば、ラジオはもっと身近に。 ネットでラジオを聴くのが当たり前になった現代。

失われつつあるラジオのふるまいと、失われないであろう本のふるまい。 ふるまいを見直せば、「もの」としてのラジオはもっと身近になる。

Movie available on Vimeo

049


ラジオを聴くときの “ ふるまい ” デジタルチューニングや radiko の登場で、ノイズを聴きながら周波数を合わせる機会はめっきり減った。ノイズか ら徐々にクリアな音声に変えていくというアナログチューニングのラジオならではのふるまいは失われつつある。

本を読むときの “ ふるまい ” 本を手に取って、どうやって使うのかと悩む人はいない。本をパラパラめくりざっと目を通していき、好きなページ だけ読むというふるまいにおいては、いくら電子書籍が発達しても紙の本より便利になるということは無いだろう。

050

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


ページ数を周波数に

本をパラパラめくるときに目が行く1つのポイントとして ページ数がある。これを周波数に置き換えることで、本と全 く同じように扱えるラジオになる。

開いて、置く

誰もがやった経験がある、本を開いて置くというふるまい を、ラジオを聴くときのふるまいに重ねあわせることで直 感的に使うことが可能になる。

051


ラジオを知らなくても操作に迷わない

本という存在を知っていれば、ラジオという存在知らなかろうと本だと思っ

て手に取ろうと、老若男女問わず、直感的に何不自由無く使うことができる。

1. 開く

開くと電源が入る。この時点でユーザーは、これが音のでるもの だと認識できる。

2. めくる

パラパラめくると音が変化し、あるページで止めると雑音が消え

音声や音楽が聞こえるので、ユーザーはページをめくることで チューニングができるのだと認識できる。

3. 聴く

周波数をあわせた状態で、聴き続けるにはこの本を開いたままに しなければならないとユーザーは既に気付いているので、本を開 いて逆さにして置く。

4. 閉じる

聴くのを止めたくなったら閉じるだけ。開いて音が鳴った時点で ユーザーは音の止め方を知っている。

052

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


どうつくるか?

ページ1枚に合わせて、1つの周波数を用意して実動モ デルをつくるのは無理があるので、本の中央に穴を開け

てそこに設置した光センサーで本を前後どちらの方向 にめくっているのかと、めくっているスピードを測って ラジオのチューニングを制御することにした。これで擬 似的ではあるが、動作を検証することができる。

053


054

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


055


2016.10 -

紙と小型 3D プリンターで作る オープンな電子ドラム

Instructions available on instructables

056

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


開 発 中 057


058

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


電子ドラムをオープンに バケツや鍋の底を叩いて演奏するストリート

ミュージシャンがいる。技術の進歩で自分の手で 1 から作ることができる楽器の幅が大きく広がっ

ている。バケツや鍋の代わりに自作の電子楽器を

作ることができる時代が来ている。そんな時代の 為のオープンな電子ドラム。

小型の 3D プリンターで

まだ 3D プリンターを持ってる人はそんなに多く ない。いずれ今より普及したとしても、家庭用

のプリンターで A2 が印刷できないように、大き なパーツを出力できる 3D プリンターが普及する ことはなさそうだ。大きなパーツを小さなパー ツから作れるように設計した。より多くの人が 作れるような設計を目指した。

059


強引な作り方だと 誰も作ろうと思わない 全てのパーツを 3D プリンタで出力して 1 つ の素材だけで作るようなデータを作るのは

非常に簡単だが、そんな強引な作り方だと 誰も作ろうとは思わない。各パーツに合っ た道具と素材を選んだ。 060

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


データだけでなくて手順も 公開しないとオープンにはならない

データだけ公開してもオープンとは言えない。そのデータの使い方と詳 細な手順を公開して初めてオープンなハードウェアと言えるはず。

061


8 Inch Pad - PLA

8 Inch Pad - PLA 062

RYO KOSAKA PRODUCT DESIGN WORKS


10 Inch Pad - PLA

10 Inch Pad - PLA 063


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

//RYO KOSAKA //PRODUCT DESIGN WORKS //Ver.6.0 Digest ////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////// //Ver 1.0 2014 Jul. //Ver 2.0 2014 Nov. //Ver 3.0 2014 Dec. //Ver 3.5 2015 Apr. //Ver 4.0 2015 Jul. //Ver 5.0 2016 Jun. //Ver 6.0 2017 Jan.

//Copyright (C) 2017 Ryo Kosaka All Rights Reserved. //thank you for reading!!!!!

Product Design WORKS - Ver.6.0 digest  

Ryo Kosaka Product Design WORKS

Product Design WORKS - Ver.6.0 digest  

Ryo Kosaka Product Design WORKS

Advertisement