Page 1

ANNIVERSARY


ANNIVERSARY


The MAGAZINE

African & Caribbean Culture through Art, Music and Fashion

日本語 英語

Vol 11

September Take Free!

Culture

Does black youth still know the philosophical origins of the contemporary music they

Cover Girl

Monique Dehaney from Jamaica

like?

MARTINIQUE MADININA, THE ISLAND OF FLOWERS

1

African & Caribbean Culture through Art, Music and Fashion

日本語 英語 Vol 7

April

Take Free!

Honor and glory to the Heroes of the African continent in the London 2012 Olympics !

Year

Concert

Country of the Month

ANNIVERSARY

Kingdom of Swaziland

Culture

Shinto Matsuri in Kanamura

ART

Julia Calderon Kawasaki Exclusive Interview

Country of the Month Republic of Senegal

Music

Omar GaindeByfall Interview

The MAGAZINE

The MAGAZINE

African & Caribbean Culture through Art, Music and Fashion

African & Caribbean Culture through Art, Music and Fashion

Vol 4 December

Vol 3 November

Take Free!

Take Free!

日本語 英語

Special Edition Mixed-Race

Japanese - african

Merry Christmas and Happy New Year Inside “A Celebration of Light and Sharing”

Inside Claude Chronicles “Blood Type”

Claude Chronic les “cristmas” Tomohiko Yanagisawa & his Masai Shop

AFRICAN Proverbs Kamakura the other side

Foods

Mr Solomon & his Ethiopian

Joice “exclusive interview”

Restaurant “Queen Sheba”

“African Proverbs”

Music The world music ffits in a room

“Light” by Pascale “let’s share it”

EL SUR Records Salsa from Cali Colombia

日本語 英語

The MAGAZINE

African & Caribbean Culture through Art, Music and Fashion

The MA GAZ INE

Afri

can

Ins id 日本語 英語 Th e eK OR AA WA RD SW

Aw ilo L Gu O N es G Re t of H O M on Gu nd o B e e

GABON

Special Summer Issue

July / August

thro

ugh

ER

o eT Pre our us en Ent stigMea i k o & J o i c e 2011 Asie serv “ sS ight seeing” e e ice rta s inm lect ent AF R by Pa IC tric A kN N sala PR nga OV ER BS

Ma

“No the sy Be Isla ” nd Ne o

b Tak Vol. 1 er eF ree!

by C

gas

Food H car

fP x arf Alb t mo “Rendez-Vous Live Tour” ms NY ert M nth g“Cote ud’Ivoire Cuisine” Ka AMA artin uests ram KA by Chef Koffi Gerard oko NTE (USA Ca (Guin ) ma Sep e a ra a celebration of color tem ) A

October Vol. 2 Take Free!

ure

INN

Tra v da el

“The last African Eden Garden”

Pascale batori

cult

r z-V ous Rend A ez Liv V

travel

Awilo Longomba

ean

Ro st Art ute ma ist p

Albert Martin

Claude Ngbanzi

ribb

fasion

Inside

Music

art

& Ca

(Gui rtis nea) t In AFRICAN PROVERBS Ma terv Patrick Nsalanga cka iew ru S Tab lim fi ffin u N gure gon Prestige Select Entertainment go

o wFas ear hio Lip n uta

ow t

lau

de

Art

NG

BA

NZ

I

Art,

Mus

ic &

Fash

ion


ANNIVERSARY


AN


NNIVERSARY

LAWSON Ticket

Convenience Store

L Code: 70356 http://l-tike.com


Honor and glory to the Heroes of the African continent in the London 2012 Olympics !


島の豊かな歴史と文化と同様、食べ物や飲み物もアフリカ、 イン ド、 フランスや中国のスパイスで美味しく味付けされています。 イ ンドとアフリカのスパイスをミックスしたコロンボと肉(ポーク、チ キン、 ラムや魚) と野菜(ポテト、にんじんなど)がここでのもっとも 有名な伝統的料理です。 マルティニークのラムは世界で一番と言われています。15種類 以上の銘柄があり、 そのうちいくつかは日本でも売られています。 これらの絶品のラムには、以前はフランスのチーズとワインのみ に与えられていた“アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ”(AOC) の認証が与えられました。様々な国の人々がマルティニークのラ ムを味わいにやってきます。

# 11 Rendez-Vous en Asie The MAGAZINE 17


# 11 Rendez-Vous en Asie The MAGAZINE 18


Non official flag 非公式の旗

マルティニークの非公式の旗(フランスの海外県なので)には この島に生息するフェルドランス毒蛇が描かれています。 マルティニークは一言で言うと、異なる文化、景色そしてテイ ストのるつぼです。 フランスとカリブがミックスしたライフスタ イルがそこにはあります。マディニーナをぜひ十分に体感して 下さい。 カリブの”宝石”を見つけることができるでしょう。 この記事を通してマルティニークの概観をお伝えしました。今 後は、 カーニバル、Tour des yoles rondes(マルティニーク の伝統的なボートレース)、伝統音楽、伝説、有名なアーティ スト( Nouvelle scène creole)へのインタビューなど、歴史的 そして文化的なポイントをについて詳細をお伝えしたいと思 っています。マルティニークは私の眼には宝物の様に映りま す。RVMAの読者の皆さんがこの島に訪れたいと思っていた だけることを願っています。

Non official flag of Martinique (since it’s a French department) with fer-de-lance vipers, snake that is native of the island. Martinique is, to sum up, a perfect melting pot of cultures, landscapes and tastes. French and Caribbean mix of lifestyles. Madinina is something you need to experience fully, you are going to discover one of the “jewels” of the Caribbean. I tried to give you an overview of Martinique through this article. I plan to give you more details about some historical and cultural points such as the Martinican Carnival, the Tour des yoles rondes ( Martinican traditional boat competition), traditional music and legends and interview some of the new famous artists here ( Nouvelle scène creole) . Martinique is a treasure to my eyes and I wish all the readers of RVMA would want to visit us here.

# 11 Rendez-Vous Asie TheMAGAZINE MAGAZINE # 10 Rendez-Vous enen Asie The 1919


ANNIVERSARY

http://l-tike.com


ANNIVERSARY ANNIVERSARY


フォトストーリー

Photo Story

吉祥寺の井の頭公園のボートの上でのロマンチックなデートの後、マリコとハウィルはもう一度会うことにし ました...今回、2人は横浜のパシフィックホテルの前で待ち合わせをしました。 しかしマリコはハウィルが彼女 を驚かそうとしていることをまだ知りません。以前2人が会った際に言っていた通り、ハウィルはドレッドヘアを 10年ぶりに切ったのです!全く想像していなかったマリコにとってそれはとても衝撃的でした...みなとみらい を歩いた後、2人は大さん橋で夕日を見ることにしました... After their romantic boat ride in Inokashira Park in Kinchijoji, Mariko and Hawil decided to do it again... This time the two friends set up their appointment in Yokohama in front of the Pacific Hotel, but Mariko didn’t know yet that her friend Hawil would have carried out his promise. As he suggested during their last meeting, Hawil cut his hair after more than ten years having dreadlocks! It was a real shock for Mariko who didn’t expect it... After a nice walk in Minatomirai, the two friends decided to end their rendezvous watching a romantic sunset on the roof of Osanbashi Pier...

Mariko

Joice # 11 Rendez-Vous en Asie The MAGAZINE 30

Hawil


ANNIVERSARY


ANNIVERSARY

http://l-tike.com


Monique Dehaney, a Jamaican-born reggae-soul singer emerged on to the music scene in Japan in 2005. Since then she has done a variety of work ranging from wedding performances and live Jazz Bar gigs to singing back up for artistes such as Nakajima Mika, Atsushi (from Exile) and Boys to Men. After relocating to Tokyo in 2007, Monique began reinforcing her musical skills with a vocal coach as well as guitar and piano lessons. Following in the footsteps of artistes such as Nina Simone, Mariah Carey and Chrisette Michele, Monique hopes to establish herself as a strong female performer with the potential to move audiences with her melodious mezzo voice. Her love of singing and performing, cultivated at a very early age by her parents, keeps her motivated and head-strong as she continues her musical journey. Monique’s jazzy-soulful tone is infused with a dancehall reggae background, which distinguishes her voice from her contemporaries. Currently, Monique is hard at work on her debut album featuring original songs, “Look of Love” which is set to a dancehall rhythm and “Scarlett Letter” which has a sultry R&B vibe. Her hope is to have these singles in rotation sometime this year before the release of her album.  Passionate about music and the entertainment industry, Monique has already positioned herself as a prominent entertainment figure within the Tokyo Entertainment scene. Her eclectic energy and mesmerizing voice is sure to make waves world-wide.

モニーク・デヘーニー ジャズ、 レゲエ、R&Bシンガ ーであり作曲家 ジャマイカ生まれのレゲエ・ソウ ルシンガーのモニーク・デヘーニーは、2005 年に日本の音楽シーンに登場した後、結婚披露宴 のゲストシンガー、 プロのミュージシャンのバック アップシンガー、 ジャズバーでのライブ出演など、 歌手として幅広い活動を行ってきました。今まで バックアップシンガーを務めたミュージシャンに は、中島美嘉、ATSUSHI(EXILE) 、ボーイズ・II・メ ンなどがいます。2007年に東京に移住して 以降、モニークはボーカルトレーニン グ、 ピアノ、 ギターのレッスンを受講し、音楽スキルを補強し ています。ニーナ・シモン、マライア・キャリー、 クリ セット・ミッシェルといったアーティスト たちを手 本にしながら、モニークは自らを、美しく深みのあ る中高音の声をもって観客に感動させる力のあ る、強い魅力を持った女性シンガーとして確立し ようとしています。 モニークの歌うことと演じること への愛情は彼女のごく幼少期に両親によって育 まれ、今も彼女を動機づけ、強い意志をもって音 楽の旅を続ける原動力になっています。モニーク のジャジーでソウルフルな声色はダンスホール・ レゲエの経験が生んだもので、 これが彼女の歌声 を同年代の他のシンガーの歌声より際立ったもの にしています。現在、モニークはオリジナル曲を集 めたデビューアルバムの作成に熱心に取り組んで います。 そのうち 「Look of Love」はダンスホール・ レゲエのリズムを持った曲で、 「Scarlett Letter」 は官能的なR&Bの雰囲気の曲です。 モニークはこ のアルバムのリリース前にこれらの曲を順番に披 露したいと願っています。

Monique official home page www.lovemoniquemusic.com # 11 Rendez-Vous en Asie The MAGAZINE 38


ANNIVERSARY


ANNIVERSARY

http://l-tike.com


African & Caribbean African & Caribbean Restaurant in Tokyo

Restaurant in Tokyo


ANNIVERSARY

http://l-tike.com


Open Hours: Mon~Fri : 12pm-9pm Sat : 12pm 12am Sun : 4pm~9pm

Please Call 03 3479 2295 / 090 2545 9524


Tel: 03-3469-5211 http://www.sakura-hotel.co.jp/hatagaya Address: 1-32-3 Hatagaya Shibuya-ku Tokyo Japan 151-0072


Event Report

Ghanaian students at the Matsuri The Festival held on August 25th - 26th in Yoyogi Park shouldn’t have been missed under any pretext... It was under a blazing sun, dressed in traditional kimonos and dancing perfected by choreographers, that 90 teams paraded for the delight of thousands of spectators and lucky tourists passing by at the right time... But for “Rendez-Vous in the Asia Magazine” the most interesting moment of the festival was when special guests joined the festival: Ghanaians students and friends in Tokyo! Soon after the announcement of the African group, the public who were not used to seeing large numers of black people attending the festival, came closer to see them. After greeting the audience, a DJ hiding behind a van carrying loudspeakers started to raise the volume of the sound. It was the same feeling as when you walk down Princess Street in Abidjan or go to Maquis (Bar Club outdoors) competing with other sound systems by turning the volume to its maximum. Dressed with yellow T-shirts with the words GHANA printed on it and black pants, the group of Ghanaian students showed up led by one of the students carrying a flag of their country. The drums followed them, like they do back in their countries; you were able to feel the energy and a sense of rhythm that attracted a large number of people along the 100 meters road. The public was completely seduced by the rhythms and people were clapping their hands, jumping up etc... At the end of the parade, two young Ghanaians made few dance steps called Azondo (urban dance from Ghana). Once the speakers were turned off the students surrounded one of them who continued to play djembe... African people are definitely the kings of the party !

# 11 Rendez-Vous en Asie The MAGAZINE 50


イベントレポート

ガーナ人の学生が祭りへ

8月25日~26日に代々木公園で開催された祭りを見逃し てはいけません...焼けつく太陽の下、90ものチームが多 数の観客や幸運にもちょうどそこを通りすがった観光客 の前で、着物をまとい、完璧な振り付けでダンスを踊って いました... “Rendez-Vous en Asie Magazine”読者の皆さん、 この お祭りの中で最も興味深かったのはスペシャルゲストで ある東京のガーナ人の学生や友人たちがこのお祭りに 参加した瞬間でした!アフリカ人グループが通るというア ナウンスが流れた直後、観客たちは彼らを見に集まって 来ました。彼らは観客にあいさつした後、 スピーカーを積 んだバンの中に隠れていたDJが音楽のボリュームを上 げました。 それはまるでコートジボワールの首都アビジャ ンのプリンセスストリートやMaquis(野外クラブ) でサウ ンドシステムを競い合い、ボリュームを最大限に上げて いる光景を目の当たりにしているのと同じ様な感覚でし た。 ガーナと書かれた黄色いTシャツと黒いパンツをはい て、 ガーナ国旗を持った学生を先頭にガーナ人の学生た ちは現れました。 そこはまるでガーナになったかの様にド ラムの音が続きました。 そこではエネルギーとリズムを感 じることができ、 たくさんの観客を魅了しました。人々は完 全にそのリズムの虜になり、手を叩いたりジャンプしたり していました...パレードの最後には2人のガーナ人学生 がアゾント (ガーナで流行っているダンス)のステップを 披露しました。 スピーカーからの音楽が消えるとすぐにミュージシャンた ちがジェンベを演奏し続けました。 アフリカの人々は間違 いなくパーティーのキングです!

# 11 Rendez-Vous en Asie The MAGAZINE 51


September Issue of Rendez Vous en Asie the Magazine  

Dear readers, here is the digital version of your magazine. Inside this September issue: “Rendez Vous en Asie the Magazine 1 Year Anniversar...

Advertisement