Issuu on Google+

1983年 神奈川県横浜市生まれ

2006年 武蔵野美術大学視覚伝 達デザイン学科卒業

2008年 東京芸術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了 展覧会キュレーション会社を経て、 フリーランスに転身

現在、展示企画、 イラスト、 デザイン、映像の仕事をしつつ、作品制作を行っている。

展示経歴:

2005年 グループ展「新宿サービスエリア」 (新宿眼科画廊) 2006年 修了展示「OS1」 (東京芸術大学)

2011年 グループ展「銀河鉄道の夜」 (ギャラリーCOMMON)      「亀山アート2011」 (三重県亀山市)

2012年 グループ展「擬態」 (ギャラリーCOMMON)

2013年 「有馬温泉路地裏アートプロジェクト2013」 (兵庫県神戸市)


東京芸術大学 大学院 修了作品

Out of sight, out of mind 望遠鏡の仲を除くと、正方形のパーツで構成された風景を見る事ができ る。中央の赤いフレーム内のみ現在の景色が写されており、その他は全て 過去にこの望遠鏡を利用した人たちが残していった過去の風景である。 来場者の視点が重層されることで、モニタ上に時間軸の異なるパッチ ワーク状の景色が形成されていく。位置情報は同じくも時間や環境が全 て異なるパーツでできた風景は、来場者が置いて行った記憶の痕跡を視 角化した、通常では見る事のできない景色となっている。

望遠鏡からの風景

望遠鏡上部は 上下左右に回転できる

鑑賞者は現在自分が見ている風景(赤い枠の部分)を 右のボタンで保存する事ができ、過去の利用者の残し た風景の中に自分の視点を加える事ができる。


グループ展「銀河鉄道の夜」での出品作品。 宮沢賢治の同作品をテーマとした展示内容となっており、本作品では主人 公ジョバンニのその後を抽象的に表現した作品である。 親友カムパネルラが亡くなった後も、写植の内職を続けているであろう彼 の心境を写植板や廃材、小説の一節を組み合わせたオブジェとし、鉄道用 カンテラがオブジェを照らした先に映る影は電車の形をしている。


「テーラー今田の50年」 三重県亀山市アートイベント 「アート亀山2011」展示作品。商店街の各店舗に作品を飾るこのイベントで、展示場所として紹介されたテーラー のご主人から店の歴史を伺い、半世紀にわたって町を支えた店の記憶を形にした。 ジャケットは3種の苔で創り、50個の緑の糸巻とつながって いる。亀山の、 山と緑に囲まれた土地で変わらず積み重ねられた時間をイメージしている。


厚顔 グループ展「擬態」出品作品。 能面のもつバランスのとれた表情は、時に怒りを表し、時に悲しみを 内包している。その幅広い心情表現はまさに女性の胸のうちと本音を 隠した鉄の表情ともとらえられる。テーマ「擬態」を前提に、「そとづ ら」「うちづら」の概念を表現した。


たまもの

有馬温泉アートプロジェクト「路地裏アート」出展作品  有馬の土地を生かし、土地の持つイメージから想起した作品を2点作成した。 見えないけれど確かにあるもの とい うことをテーマに、温泉地である本地 での来所者の気持ちや思い出、湯気、泡、温泉卵など が空へと上って行く様子を表現した。   もうひとつは、地面に女の子の顔半分のオブジェを 設置、地面を水面とみたて、お湯の中 に顔をうずめている女性を表現する。目 は伏し目がちで汗か涙が流れてお り、女性のアンニュイで不安定な感情 を漂わせている。つらいときや疲れたとき、気持ちを癒す ときにお湯につか って心をあたためるという誰もが経験 した行動を作品に反映している

湯子


4面大型プロジェクション

4m

「シャガールを巡る旅」 (6分40秒)

4m

2013年春から全国5会場巡回の展覧会「シャガール展」の作品展

示室内特設ブースで展開した3面+天井スクリーン投射の映像。高

さ4Mの巨大壁面に、オペラ座の天井画、ランス教会のステンドグ

ラス等、シャガールが手がけた世界中のモニュメント写真をラヴェ ルの曲に合わせ、まるで世界を旅したかのような臨場感あふれる

4m

映像空間を制作した。

3m

5.2m


武蔵野美術大学卒業制作作品。 日本の祭礼や神事をテーマに、和太鼓と映像のパフォーマンスを行った。 太鼓は、 日本の歴史と伝統に密接に結びついて来た最古の楽器であり、 また人々の願いを神へと伝える伝達器具ともされている。 日本の民 俗学やリズムのルーツを調べ、 日本ならではの高揚感を呼び起こす音と絵の表現を考察し、約5分×3本の映像にまとめた。当日は、生の演 奏とともに3×8mの大きさの映像を壁に投影、鑑賞者の多くは下から映像を見上げる形になり、そのまま吹き抜けの建物の空へと視点が 移ることで、 より臨場感のある空間に仕上がった。


ワークショップPR用映像 (5分25秒)

「ウルトラマン•アート!」展 展示室内用イメージ映像(4分24秒)


サッポロビール2014広告 特設web用イラスト


日本橋 木屋 222周年記念Tシャツデザイン

久米繊維 sustainable line Tシャツデザイン


「フィランドのくらしとデザイン」展示(宇都宮美術館)広報物デザイン B2ポスター

チケット

A4チラシ(A3二つ折り) 関連イヴェント

⩌㍣Ḓਫ৹ਥ੒ੁ਌৻ਖੂ ‫ۂ‬ਬ৺੊ੀ੊ਠেᗦ੒⣆ⷼু㚚ᰫেඕஓঝ

この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この 文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章 はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサ ンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。

6月25日 (月)

開演:午後7時[開場:午後6時30分] [会場]宇都宮市文化会館 小ホール 全席指定3,000円

۟ਊ੊਌੓ਟ੒ਘਈਚਟৗসৈຊ඼ৄৡৣ॰᪦Ꮪে⻒⻋থ⁗ᦔু ৃৣৗল㫃༏੒Ⴄ㖄ৣ㫄 ۟ণ࿊ঝ༊২঴9*1㫃ፀ㋜፠⣆ⷼ㜼㫄 9*1㫃ፀ㋜፠ᒵᦈ๝ஓ㜼㫄

2

3

3 1 2

Ꭽძ᜺ᴾ ᯌে፨੆੓ਆ਎ਾਚਮ ‫࣮࣮࣮ۂ‬৫ா়ি㜞০ট

਻੊ਤ⩌㍣ਟ੓ਆ㫁ਊ੊਌੓ਟ ‫ۂ‬ਬ৺੊ੀ੊ਠে㚢দ

8月5日 (日) 

開演:午後2時[開場:午後1時30分] [会場] 宇都宮美術館 講義室[定員]先着170名

2. アンティ・ファヴェン 《夏至祭の踊り》 1911年 メリタ美術財団 ©Art Foundation

Merita/3. アクセリ・ガレン=カレラ 《ヴァイナミョイネンとアイノ》 1890年 個人蔵

午後1時半∼4時 [会場]宇都宮美術館 プロムナード・ ギャラリー[定員]20名 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルで す。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプル です。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプ ルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサン プルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサ ンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章は サンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章 はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文 章はサンプルです。

[参加費]  企画展鑑賞券をお求めのうえ、 材料○ ○○円を別途ご用意ください [応募方法]  氏名・年齢・参加人数・郵便番号・住 所・電話番号を記入のうえ、 「往復はがき」 または 「ファクシミリ」 にて下記までお送りください。 電話・ 電子メールでは応募できません。 定員を超えた場 合は抽選となりますので、 ご了承ください。 〒320-0004栃木県宇都宮市長岡町1077番地 宇都宮美術館 学芸課「森の家ワークショップ」 係 FAX.028-643-0895 ※応募締切7月○○日 (○) 必着 ※お問い合わせTEL.028-643-6845 (宇都宮美術館 学芸課)

結実させたところにあります。 言い換えると、 本当の意味での 「ユニヴァーサル・デザイン」 イン」 (すべ すべての人々にとって、 あらゆる観点 から 「よい」 デザイン) の達成です。 また、 今も昔も、 「スオミの森」 (スオミ:フィンランド語で ンド語で 「フィ ィンランド」 の意) をキー をキーワードに、

6 : 26

6 : 50

6 : 44

6 : 46

7 : 10

7 : 06

7 : 30

8 : 28

1. アンニカ・リマラ 《生地 「ケイダス」 のドレス (カシノ) 》 生地デザイン:1967年 衣装デザイン:1967年 フィンランド・デザイン・ ミュージアム ©Marimekko Corporation/2. マイヤ・イソラ《生地「ウニッコ」》現行製品(デザイン1964年)©Marimekko

今回は、 このような特質を持つフィンランドの美術・建築・デザインについて、 インについて、 19世紀末から20世紀初頭、 19世紀末から20世 ミッド・センチュ センチュリー、

Corporation/3. ヘルシンキ広域交通 《各種ピクトグラム》©HSL/4. アアルト大学建築学部木工コース 《Luukku House 完成予想 レンダリング》 2010年 ©Aalto University, Department of Architecture, Wood Programme/5.アルヴァ・アアルト+アルテック社

《2nd Cycleプロジェクトで収集したスツール》 プロジェクト開始2007年 ©Artek/6.イオナ・イロットゥ+ペトリ・サルメラ+

エーヴァ・シヴラ (切手デザイン) 《フィンランド郵政切手シリーズ 「フィンランド・デザイン:クラシック編」 》 2000年 フィンランド

展観いたします。

土・日・祝日運休

6 : 24

6 : 20

8 : 31

郵便博物館 ©Post Museum, Helsinki / Itella Corporation/7.サンナ・タスキネン (切手デザイン) 《ミニチュア・シート切手 「カイ・

2

㔡㜼གᓸ⼇ᘋᏚ

フランク生誕100年」 》 2011年 フィンランド郵便博物館 ©Post Museum, Helsinki / Itella Corporation/

9 : 37

9 : 45

10 : 12

10 : 25

10 : 52

10 : 49

10 : 55

11 : 22

11 : 15

11 : 42

11 : 45

12 : 12

11 : 40

12 : 07

12 : 15

12 : 42

13 : 15

13 : 42

13 : 50

14 : 17

14 : 15

14 : 42

14 : 50

15 : 17

15 : 05

15 : 32

15 : 35

16 : 02

16 : 22

16 : 32

16 : 59

17 : 12

17 : 15

17 : 42

17 : 49

17 : 55

18 : 22

18 : 00

18 : 27

18 : 30

18 : 57

18 : 45

19 : 12

19 : 15

19 : 42

20 : 50

21 : 17

21 : 19

21 : 43

21 : 30

21 : 54

21 : 56

22 : 20

1

ਬ৺੊ੀ੊ਠেনৢরুਞ਍৻੊

8 : 58

9 : 10

9 : 42 10 : 22

9 : 07

3

美術や音楽など、 領域を超えた創造活動と結び合いながら、 常に 「豊かで幸せな生活」 で幸せ 活」 の実現を目ざしてきました。 の実現を目 した。 そして2000年代の三つの時代、 それぞれの時代を代表する作家、 家、作品・取り組みに焦点を絞 取り組みに焦点を絞り、約350点の作品群 約350点の作品群により

美術館  宇都宮駅

6 : 00

㫗ু঺ধ৹੓ਟ੒ਠ਄਼ਸ੊ਟ㫙९15 : 55 : 45 ഗছ৥㪼‫ۂ‬ഗু㕉ে⸍⇝⤌স঺ 16 17 : 22 7月21日 (土)∼9月17日 (月・祝)

近・現代の建築・デザイン史のなかで、 フィンランドのモダン・デザインは、 独自の位置を確立しています。 それは、 フィンランドの 自然と風土に根ざし、 自国だけではなく、 世界の 「ものづくり産業、 人々のくらし、 そして多様な社会に還元されるデザイン」 様 を

交通案内

9 : 15

ラー・シリーズ》 現行製品 (プロトタイプ1955年)©Iittala/6. アルヴァ・アアルト 《ペンダント・ランプNo.A330S》 現行製品 (プロトタイプ1939年)©Artek

㔡㜼གᓸ⼇ᘋᏚ

●JR東京駅から東北新幹線 「JR宇都宮駅」 下車 [約50分] 、 JR宇都宮駅西口5番バス乗り場から関東バス 「豊郷台・帝京大学 経由 宇都宮美術館」 行き終点下車 [約25分] 、 またはタクシー [約20分] ●東北自動車道 「宇都宮インターチェンジ」 から約10km、 「鹿沼インターチェンジ」 から約14km、 北関東自動車道 「上三川イン ターチェンジ」 から約19km

8 : 00

ロトタイプ1979-1980年)©Iittala/4. アルヴァ・アアルト 《アームチェアNo.402》 現行製品 (プロトタイプ1933年)©Artek/5. カイ・フランク 《タンブ

਷੓ਸ਼੊থற৙ᯌে⊄Ṗ

会期中の毎土曜日 午後2時∼ ※企画展鑑賞券をお求めのうえ、中央ホールにお集まりください

8 : 40

4

ਬ৺੊ੀ੊ਠেনৢরুਞ਍৻੊

៥ᖓጪ⪵ྏৄৡ৤ਅ਺ੀੁ੓੒ਟ੓ਆ

日・祝日運休

チェア 「パイミオ」 》 1932年 アルヴァ・アアルト美術館 photo ©Maija Holma / Alvar Aalto Museum/3. カイ・フランク 《 「ティーマ」 シリーズ》 現行製品 (プ

4

8月10日 (金)

宇都宮駅  美術館

1. アルヴァ・アアルト 《木工レリーフ》 1947年 アルヴァ・アアルト美術館 photo ©Maija Holma / Alvar Aalto Museum/2. アルヴァ・アアルト 《アーム

5

※企画展鑑賞券をお求めのうえ、 講義室にお集まりください

9 : 55

※詳細は栃木県立美術館にお問い合わせください TEL: 028-621-3566

トロム 《ポホヨラ保険会社ビルディング:正面入口 (アレクサンテル通り側) 》 竣工 1901年

この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルで す。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプル です。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプ ルです。 この文章はサンプルです。

路線バス時刻表

5

ヤルネフェルト 《スオミの風景》 1903年 フォータム美術財団/5. ゲセリウス・リンド

グレン・サーリネン建築設計事務所 彫刻:ヒルダ・フローディン 入口扉:エリック・エルス

開演:午後5時[開場:午後4時30分] [会場]宇都宮美術館 講義室[定員]先着170名

10 : 22

栃木県立美術館のご案内 開館40周年記念企画 復興祈念ԧ

photo ©Finnish National Gallery/Central Art Archives/Hannu Aaltonen/4. エーロ・

᭢ᐬፖ▦ਂ੊ਝ੃੒ਸ਼਼੓ਏਚਆ੒ ੆੓ਆ਎ਾਚਮ‫ۂ‬ਬ৺੊ੀ੊ਠে㛳

7月15日 (日)

6

1. ペッカ・ハロネン 《冬の松》 1908年 メリタ美術財団 ©Art Foundation Merita/

この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルで す。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 ���の文章はサンプ ルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサ ンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章はサンプルです。 この文章 はサンプルです。

਷੓ਸ਼੊থற৙ᯌে⊄Ṗ @ᧆB@ᧆB

6 7

休館日●毎週月曜日[但し7月16日(月・祝)は開館、翌17日(火)休館] 開館時間●午前9時30分∼午後5時[入館は午後4時30分まで

〒320-0004 栃木県宇都宮市長岡町1077

Tel:028-643-0100 Fax:028-643-0895 HP: u-moa.jp

[主催]宇都宮美術館、 下野新聞社 ※本展開催日の8月7日 (火) ∼8月19日 (日) [休館日を除く] の12日間は午後7時 [入館は午後6時30分] まで開館します [特別協力]フィンエアー [協力]アルテック社、 イッタラ (フィスカース・グループ) 、 株式会社スキャンデックス、 観覧料金●一般800円 (640円) 、 大学生・高校生500円 (400円) 、 中学生・小学生300円 (240円)※ (  ) 内は20名以上の マリメッコ社、株式会社ルック、株式会社タトル・モリ・エイジェンシー、社団法人日本 団体料金 ※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者手帳の交付を受けている人と、 同伴介護者1名は無料 ※宇都宮 フィンランド協会、小海フィンランド協会、株式会社竹尾、東日本旅客鉄道株式会社 市内に住んでいるか、 市内の学校に通学している高校生以下の方は無料 ※6月17日 (日) ・7月15日 (日) ・8月19日 (日) の [企画協力]株式会社キュレイターズ [後援]フィンランド大使館、 フィンランドセンター 「家庭の日」 は、 高校生以下の方を含む家族の場合、 一般・大学生は半額、 高校生以下は無料

3 1.トーヴェ・ヤンソン ンソン 《シャンデリアとご先祖様を見上げるムーミン》 《シャンデ ーミン》 (挿絵原画) 1957年 タンペレ市立美術館 ムーミン谷コレク

ション ©photo by Jari Kuusenaho Ku / Tampere Art Museum m Moominvalley ©Moomi ©Moomin Characters/2. トーヴェ・ヤンソン

《若い女性 (自画像)》 》 1942年 スオミ相互保険会社 photo ©Rauno 19 o Träskelin / ©Estate of T Tove Jansson /3. トーヴェ・ヤンソン 1

2

《一家の写真:1878年、 ヘルシンキにて (書籍 『ムーミン谷の冬』 』 のための挿絵原画) 》 制作・初版 1957年 タンペレ市立美術館 ムーミン谷コレクション ©photo by Jari Kuusenaho / Tampere Art Museum Moominvalley ©Moomin Characters

4

5


A4鑑賞ガイド(A32つ折)

A4鑑賞ガイド(巡回第五会場、兵庫県立美術館用 A32つ折)

「フィンランドのくらしとデザイン」展プレイベント (Bunkamura Gallery)広報物デザイン DM

A5チラシ(A4二つ折り)


作家のアトリエ展(ベルナール•ビュフェ美術館)チラシ、ポスター、DM


「日本画逍遥-北海道立近代美術館コレクション選」展(名古屋ボストン美術館)カタログデザイン


「シャガール」展 (2013 年 7 月∼北海道立近代美術館は じめ全国5会場巡回) オリジナルグッズデザイン


「M.C.エッシャー」展(帯広美術館ほか) グッズ


「レオナール•フジタ」展(上野の森美術館ほか)オリジナルグッズデザイン


鎌倉•東慶寺 グッズデザイン


有機農業ポータルサイト チラシ、ポスターデザイン

舞台「砂漠人魚と盗人王子」チラシ


萱野家、遠藤家 ウエディング用各種紙媒体デザイン

招待状

引き出物カタログカード

タイムテーブル

席次表、 メニュー


「ARABIA ART&DESIGN 森と湖の国フィンランドのアトリエから」展示 2013年12月7日 (土)∼2014年1月13日 (月・祝) 三菱地所アルティアム

企画担当

「松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて- ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム」 2013年10月26日 (土)∼2014年1月26日 (日)神奈川県立近代美術館 葉山 企画協力


R-onozaki