Page 1

presented by Readyfor


Guest

-------◎森隆一郎(nagisato 主宰/フリーランス文化事業プロデューサー) アートやカルチャーで社会の境目をクリエイティブにする「nagisato」主宰 / 墨田区文化振興財団(業務委託)/ 東京シティ・バ レエ団アドバイザー / 文化の朝活 東京アーツのれん会主宰ほか。 これまでの仕事は、江東区文化センター事業担当、ティアラこうとう制作担当、いわき芸術文化交流館アリオスマーケティング マネージャー、アーツカウンシル東京 PR ディレクターなど。 ◎石神夏希(劇作家、The CAVE 共同設立者/共同ディレクター) 1999 年より劇団・ペピン結構設計を中心に劇作家として活動。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了。 近年は横浜を拠点に国内各地や海外に滞在し、都市やコミュニティを素材にサイトスペシフィックな演劇やアートプロジェクト を手がける。 また NPO 法人『場所と物語』理事長、伊勢佐木町で遊休不動産を活用したクリエイティブ拠点『The CAVE』の立ち上げなど、 空間や都市に関するさまざまなプロジェクトに携わる。 ◎今野真理子(アーツカウンシル東京 企画助成課シニア・プログラムオフィサー) 東京芸術大学大学院美術研究科(版画)修了後、英国ウォーリック大学大学院 欧州の文化政策と運営学ディプロマ修了。 ダンス・カンパニーでの制作アシスタントを経て、国際文化交流機関、国際舞台芸術祭、国際美術展、公共劇場等にて文化事業 の企画制作運営や助成プログラム運営に関わる。 2014 年 4 月より現職、担当業務は助成プログラム運営、調査、企画立案等(主に舞踊分野)。

Timetable

19:30 20:00:基調講演 「" ファンド " を捉え直すことから、ファンドレイズの新潮流を考える思考実験」 森 隆一郎氏 20:00 20:20:セミナー 「クラウドファンディングのいま∼アート団体が活用する際に押さえるべきこと」 小谷菜美(Readyfor キュレーター) 20:20 21:20:トークセッション 「クラウドファンディングの実体験を起点に考える、この " 先 " の資金調達」 石神夏希氏 × 今野真理子氏 モデレーター:廣安ゆきみ (Readyfor キュレーター)


Moderator

廣安ゆきみ Yukimi Hiroyasu キュレーター 準認定ファンドレーザー 広島出身。東京大学文学部(美学芸術学専修)を卒業したあと、出版社で雑誌編集者を経験し、 READYFOR へ。中でも、いちばん関心があるのは、本や芸術など「文化」にこれからもお金がまわる ためには……?と考えること。 # 歴史 # お酒 # 広島 小谷菜美 Nami Kotani チーフキュレーター 法政大学社会学部 ( メディア社会専攻 ) 卒業。学生時代は、広告・社会学を学びながら映像制作を。社 会人になってからは、WEB ディレクター / 編集として経験を積む。並行して NPO のプロボノとしてク リエイティブサポートを続け 5 年目 ... 気が付けば キュレーターとして READYFOR 株式会社に参画。 # ソーシャル #アート # プロダクト

会社概要

2011 年 3 月 東京大学発ベンチャー オーマ株式会社にて日本初のクラウドファンディングとして Readyfor をリリース 2012 年 6 月 政策投資銀行主催第1回女性起業家コンペティションにて「未来へチャレンジ賞」受賞 2013 年 11 月 第8回マニュフェスト大賞にて審査員特別賞を受賞 2014 年 7 月 READYFOR 株式会社創業 2014 年 11 月 オーマ株式会社から Readyfor を事業譲受し、READYFOR 株式会社にて Readyfor の運営を開始 2015 年 1 月 10 億円の流通額を記録 2016 年 2 月 本社を東京都文京区本郷に移転

-------2011 年 3 月 29 日、日本初のクラウドファンディングサービスとして Readyfor は誕生しました。 2018 年 3 月 29 日までに、7950 件のプロジェクトのスタートをご支援させていただき、日本で最大級のクラウドファンディング サービスとし て成長を続けさせていただいています。Readyfor で生まれたプロジェクトのひとつ、ひとつは、実行者の皆様の想いや情熱、アイディアから生 まれたかけがえのないものです。 そしてその想いを支援者の皆様が応援してくださり、実現することができています。 これからも Readyfor は想いの乗ったお金を届ける架け橋として、実行者の皆様の最初の一歩をサポートし続けていきます。


A T プロの楽団ながら、これまで会員制度や名簿を持っていませんでした。「初の海 外公演」という点をフックに、一般向けのファンドレイジングに挑戦。 楽団員ひとりひとりが呼びかけの主体となっての地道な資金調達でしたが、広 島という地元愛の強い地域性にも支えられ、「みんなで」ファンを可視化してい くプロジェクトとなりました。結果的に大きな額が集まり、公演も大成功だっ たので、「みんなに支えられている」楽団だというブランディングにも繋がった のではと思います。


A T 日本フィルと落合陽一さんの「掛け合わせ」が、企画としても、ファンディングと しても、妙を生んだプロジェクト。会場のキャパの問題で席数に限りがあり、単な る「チケット販売」とは異なる「純粋な応援層」の取り込みが課題でした。 ファンディング期間中に仕込みを行ったメディアが、イベント後もさまざまレポー ト記事・番組を発表してくださり、PR としても機能したクラウドファンディング の一例です。


A T 東京藝大と READYFOR が提携して立ち上げたプログラムの中の一プロジェクト。 こちらもコラボレーションが奏功した例で、アートアニメーション側のファンと、 室内楽側のファンそれぞれからの支援が合わさりました。 北九州の方々向けには、ネットを通さない(銀行振込ベースの)支援体制も用意し ました(地方拠点のプロジェクトでは、「ネットは分からないけれど支援したい」層 の取り込みもポイント)。


Reference information

今野真理子(アーツカウンシル東京 ) 

◎全国の助成制度を検索できる(公的・民間ともに): CANPAN  http://fields.canpan.info/grant/ 助成財団センター  http://www.jfc.or.jp メセナ協議会 カルファン https://culfun.mecenat.or.jp/ 東京都の文化振興 ウェブサイト ( 助成制度のリンク ) http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/katsu_shien/0000000211.html パブリックリソース財団 http://www.public.or.jp/ アーツカウンシル東京   東京芸術文化創造発信助成(長期・単年)  東京地域芸術文化助成  芸術文化による社会支援助成  Tokyo Tokyo FESTIVAL 助成  https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/what-we-do/support/grants/ ◎海外の助成金(アジア・欧州間の芸術文化活動の移動費・渡航費に特化したプログラム): ASEF(Asia Europe Foundation アジア欧州基金)の Mobility First! http://www.asef.org/index.php/projects/themes/culture/4400-mobility-first!--asef-cultural-mobility-initiative-2018 ◎そのほかのアジア∼欧州の助成プログラム(主に移動費)を見つけることができるサイト: Mobility Funding Guides https://culture360.asef.org/resources/mobility-funding-guides-international-cultural-exchange-asia-and-europe

◎寄付制度に取り組んでいる芸術団体の例: 室伏鴻アーカイブ(寄付の窓口を開設。英語対応あり。) https://ko-murobushi.com/jpn/ 新人H!ソケリッサ (寄付の窓口を開設。パフォーマンス活動の収益構造に投げ銭形式(募金・寄付)を採用。手探りでもファンドレイジングに取り 組もうとしている) http://sokerissa.net/ NBS(公益財団法人日本舞台芸術振興会:東京バレエ団、海外オペラ・バレエの招聘など) (寄付の窓口の多様化。使途別・目的別にしている。例:ポワント基金) https://www.nbs.or.jp/fundraising/fundraising-menu.html 特定非営利活動法人 芸術家のくすり箱  (寄付・会員制度、協賛窓口を設けている) http://www.artists-care.com/aboutus/supporter/ 特定非営利活動法人 芸術資源開発機構(ARDA) http://www.arda.jp/ (寄付制度を設けている。決算報告を公開している)

◎寄付制度開設サービスの例 Give One(パブリックリソース財団が運営している寄付のポータルサイト。開設することもできる) http://www.giveone.net/cp/pg/TopPage.aspx Syncable(最近立ち上がったサービス。寄付サイトを無料で作ることができる) https://syncable.biz/about/associate


Readyfor ART  Facebook 誕生!

今後はこちらで情報を UP していきます。ぜひ、いいね! チェックをお願いします!

Readyfor Art vol.0  

アートとお金 @3331アーツ千代田 イベント冊子

Readyfor Art vol.0  

アートとお金 @3331アーツ千代田 イベント冊子

Advertisement