Issuu on Google+

Volume 8 Issue 2 Number 21 Winter 2012-2013

Academy News エキスポ・ボランティア  2012年度の九州ETJエキスポで は、レインボーブリッジ英語学院の 生徒のみなさん15名、福岡周辺から 10名が、ボランティアとして活躍さ れました。

ウェブサイトが新しくなりました! レインボーブリッジ英語学院の 新しいウェブサイトで、学院の 最新ニュース、イベント情報、 英語学習教材を一気に手に入れる ことが可能になりました。学院の

いて、新しい友達をみつけたり、先 生たちと楽しく話したりすること ができました。保護者の方、スタ ッフ、先生も、お互いをもっとよく 知るいい機会を持つことができたと 思います。参加してくれた人の多く

Kyushu ETJ Expo: At the Rainbow Bridges display

Fun at the Christmas Party

Easter Eggs

YouTube・Facebook・Twitterペ ージへのアクセスも、ここからワンク リックでOK。サイトの更新にも、こ れまで以上に力を入れていく予定です ので、期待してくださいね。

が、このときメキシコ料理初体験で したね。アメリカ土産の賞品がつい た当てっこゲームでは、大人も子ど もも最高に盛り上がりました。

 今年度は、全参加者が200名にの ぼり、様々な英語教育教材の展示・ 販売、英語教育についてのプレゼ ンテーションや討論会が行われまし た。また、九州はもちろん、日本各 地から参加された先生たちの情報交 換の場・交流の場となりました。  ボランティアで参加してくれたレ インボーブリッジ英語学院の生徒の みなさんは、参加者のみなさんに、 英語を使ってコーヒーや朝ご飯、ラ ンチを提供する仕事を手伝ってくれ ました。

クリスマスパーティー 12月に開催したクリスマスパーテ ィーでは、小さいお子さんから大人 の生徒さん、また保護者の方で、会 場となった赤坂のメキシコ料理店は 満員状態!店を丸ごと貸し切ったの で、生徒さんたちは自由に店内を動

お花見&イースターエッグハント 3月31日(日) 今年も舞鶴公園で、お花見をしなが らのイースターエッグハントをおこ ないます。ぜひご参加ください。お 友達を作り、異文化に触れ、これま でに培ってきた英語のスキルを活か す、またとないチャンスです。

What is it? 1

Winter

2

3

4

Rewriting Tradition: The ABC Song for EFL 伝統を書き換える:「ABCのうた」 「ABCのうた」は、子どもたちのあ いだで最も人気のある英語の歌のひと つです。楽しくて、よく知られ、伝統 的でもあります。ですが、当学院のカ リキュラムには「ABCのうた」は入 っていません。なぜでしょう。

 それは、教育的観点に立ったと き、この歌は実用的ではなく、学 習の役に立つとはいえないからで す。Aなら「エイ」Bなら「ビー」と 英語のアルファベットの名前を読み 上げただけのシンプルな歌なのです が、アルファベットの名前というの

はアルファベットそれ自体が持つ発 音の一部でしかなく、英語学習の初 級者たちにとっては、それがしばし ば混乱のもととなります。もちろん アルファベットの順序を覚える助け にはなりますが、発音、聞き取り、 読み、書きやそのほかの英語でのコ


うことが、実際の子ども向けカリキュ ラムを通じて、わたしたちにはわかっ ています。ですから、わたしたちは子 どもたちが流暢に読んだり書いたりで きるようになるまでは、アルファベッ トの名前を一切使用せず、フォニック スのみで表現しているのです。  ここ日本で英語を学ぶ子どもたち のために、わたしたちは「ABCのう た」に代わる楽しくて理解しやすい歌 を使っています。子どもたちはアルフ ァベットの名前の代わりにフォニッ クスと、便利な会話表現を利用して学 ぶのです。こうした歌を通して交流 し、読み方や書き方を学び、レッスン に動きを与えます。『New Finding Out』のそれぞれのレベルのテキスト ブックに付属している「My CD」に も、こうした歌が挿入されています。 車や家で、このような楽しくてために なるCDをお子さんと一緒に聴いてく ださい。お子さんの学習の助けにもな りますし、なにより楽しいこと間違い なしです!

Festival in the Winter Cold of Canada 記事:ダーシー・パルマー 訳:高津文

  カナダ人ではない人にカナダの イメージを聞くと、たいてい「寒 い」とか「雪」といった言葉が返っ てきます。カナダはそうした人たち が思うほど寒くはないのですが、ほ とんどの地域(寒さが穏やかで湿 度の高いバンクーバーを除いて)で 冬の寒さが非常に厳しいというのは 事実です。多くのカナダ人はできる だけ室内で冬を過ごすようにし、も し屋外に出かける場合でも、可能な 限りたくさん重ね着をするようにし ます。ところが、冬のもっとも寒い 時期でさえ、カナダ人は屋外のお祭 りを楽しむのです。カナダの多くの 都市では2月に大きなお祭りが催さ れ、なかでも、ケベック・シティ と、わたしが以前住んでいたウィニ

ペグのものが最大規模となっていま す。ウィニペグのお祭りでは、氷の 彫刻コンテストが開催され、川でス ケートをして遊び、温かいココアを 飲みながら伝統的な粘り気のあるメ ープルシロップのお菓子を楽しみま す。人々はヨーロッパから最初にや ってきた開拓者“ヴォイアジャー ズ”の仮装をして、毛皮のコートを 着込み、色とりどりの“サッシュ” をベルトのように腰に巻き付けま す。夜になっても、ドラム缶の焚き 火でかじかんだ手を暖めながら、伝 統的なフランスの音楽を聴いてお祝 いは続きます。カナダの寒い冬を恋 しいと感じることはありませんが、 国の個性が強く表れるこうしたお祭 りの日々は懐かしく、郷愁を誘われ てしまいます。

Famous Quotations When it is dark, you can see the stars. PERSIAN PROVERB dark: at night; a difficult time Persian: From Persia (Iran) proverb: a saying

www.rainbow-bridges.com

Festival of the Traveller © Travel Manitoba

Winnepeg is in the south of Canada

Study Hint 英語では、書き言葉が発音を表します。宿題で英語を書くとき は、声に出して書いた文章を読んでみましょう。1文字だけ書い た場合でも、a-apple、c-cat、x-boxというように、その文字 の名前ではなく音を声に出して練習してみるのです。もし正しい 発音が思い出せないというときには、テキストブックについてい るCDや、レインボーブリッジのYouTubeチャンネルでチェック してみましょう。

1. It’s an octopus. 2. It’s a fish. 3. It’s a train. 4. It’s an ostrich.

になります。  フォニックスでは、よく使う短母音 「ă」を「appleのa」と表し、「ABC のA」という呼び方はしません。発音 はそれ単体で理解したり実際に音にし てみるのは難しいですが(日本語には ない概念ですから)、「『apple』と 同じ発音から始まる」という結びつき を作って「anchor」という単語を覚 えてもらうことにより、より理解しや すく誘導しているのです。  「ABCのうた」のようにアルファ ベットの名前にだけ焦点を当てると、 英語を話したり聞いたり書いたりする ときに、難しいと感じてしまいます。 なぜなら、学習者の多くは、綴り全体 が表す発音ではなく、アルファベット の名前(しばしばカタカナ発音で)で 考えてしまうからです。こうしてアル ファベットの名前で思考しながら単語 を思い出そうとするのは、フォニック スを使って音素を組み合わせるよりず っと難しく、間違いを犯しやすいこと なのです。アルファベットの名前を使 うと子どもたちの書く力を妨げるとい

What is it?

ミュニケーションに役立つことには ならないのです。  アルファベットの名前は、それ自体 が持つ発音をすべて表すわけではない ので、混乱を招きます。ひらがなは日 本語特有のもので、それぞれの文字に はひとつの読み方しかありません。し かし、英語はその書き方のシステムを まったくの異言語であるラテン語から 拝借しているため、26のアルファベ ットは、およそ44ある英語の音素( 基本的な発音)をカバーするのに十分 とはいえません。ですから、英語では ひとつのアルファベットが複数の発音 を持ち、さらに複数のアルファベット を組み合わせたものも、特定の発音を 持つことになったのです。少し煩雑で すが、整理されたこれらアルファベッ ト上のコードを“フォニックス”と呼 び、話し言葉としての英語の発音を表 すときに使用します。フォニックスを 学ぶのにはたくさんの練習が必要です が、これによって、聞き取りや会話の 学習を助け、英語を読んだり書いたり する時間を大幅に短縮することが可能

〒814-0101 福岡市城南区荒江1-22-28 レインボーブリッジ英語学院 092 851 7668 info@rainbow-bridges.com The Bridge © 2013 Rainbow Bridges English Academy


2012年度(冬) The Bridge