Page 1

Portfolio

Oguma Design

&

Taichi

Other

Works


小熊 汰一

Oguma Taichi

Bi rth 1996/ 07/ 26 札幌 市 立 大 学 デ ザ イ ン 学 部 コン テ ン ツ デ ザ イ ン コ ー ス 3 年

A b o ut Me 大学では主にグラフィック系のデザインを学んでいます。中でも映像制作 に 興 味 が あ り、大 学 三 年 時 に 映 像 制 作 会 社 で の イ ン タ ー ン シ ッ プ も 経 験 し ま し た。 ま た 大 学 か ら 始 め た ス ト リ ー ト ダ ン ス に の め り 込 み 、学 内 の サ ー ク ル で は 副 代 表 を 務 め、学 外 で も 多 く の ダ ン ス バ ト ル や コ ン テ ス ト と 言 っ た イ ベ ン ト に 参 加 し ま し た。三 年 時 に は 北 海 道 学 生 ダ ン ス 連 盟 主 催 の 舞 台 公 演 に て イ ン ス ト ラ ク タ ー を 務 め、振 り 付 け か ら 照 明、衣 装 な ど の 演 出 ま で 多くの経験をしました。

趣味 ス トリートダンス、ファッション 、 ゲ ー ム 、 映 像 制 作

スキル Af ter E ffe ct s

Pre mi ere

Uni t y

Ci ne ma 4D

I llu s t ra t o r

Photoshop


INDEX 1

Graphic Design

P4-10

札幌コンサートホール Kitara

ポスター、フライヤー

20th Anniversary Logo

Movie

2

3

Programing

P12-18

Tap Behaviour 2018

スマートフォン向け VR ゲーム

Mr.Virtual Water

POP CONE

Other Design & Works

P20-24

北海道学生ダンス連盟 SPARK 主催

札幌市立大学 第 11 回大学祭 桑芸祭

Dream vol.8

Web サイト  Knock


Graphic Design


Sapporo Concert Hall Kitara 20th Anniversary Logo

Type : Logo

5


札幌コンサートホール キタラさんの 20 周年記念ロゴコンペに応募し、グランプリをいただいた作品で す。コンサートホールを実際に見学させていただいた際に内装に曲線が非常に多いと感じたこと、キタ ラさんのロゴが感動の輪が広がっていく様子を表しているというお話を伺ったことから、円を上手く 使ったロゴを作れないかと考え制作しました。加えてあらかじめ 20 周年のキャッチフレーズとして「未 来につなぐハーモニー」というものが定められていたので、ハーモニーの 調和 という意味から全体 のバランスを強く意識しました。図 1 のように四つの円を組み合わせた図形の各ポイントを通るように 20 の数字を表現しています。期日ギリギリまでアドバイスをいただきながらブラッシュアップを重ねら れた作品であり、自分自身の成長に繫がった制作だったと感じています。 図1

6


SCU Street Dance Circle VOLUME 2017 年度新入生勧誘ポスター

Type : Graphic

大学入学からこれまで、多くのポスター、フライヤーの制作を経験してきました。中でも趣味のストリー トダンスの関係でお仕事をいただけることが多く、舞台公演のパンフレットやチケット、T シャツ等の アパレル物のグラフィックなども経験してきました。一つ媒体に縛られずに様々な媒体でのグラフィッ クデザインのスキルを磨くことができた貴重な機会だったと感じます。

舞台公演 Dream vol.7

Updraft vol.11

Dream Tee

HOUSE Unit Long Sleeve Tee 7


Twilight Town -37th placeデジタルフライヤー       

Type : Graphic

Twilight Town -39th placeデジタルフライヤー       

Type : Graphic 8


Street Dance Circle VOLUME 卒業式 OP https://youtu.be/j7-jNaZl20Y https://youtu.be/cKSa94za9uU https://youtu.be/sjtByUZmSpk

  

Type : Movie

所属するストリートダンスサークルの卒業パーティの OP 映像を三年間担当しました。毎年グループで 制作にあたり、一年目は撮影と編集の一部を担当し、二年目以降はリーダーとしてディレクションを含 めた多くのパートを担当しました。一、二年次は撮影やカメラの知識が浅く、撮影した素材に拙い部分 が多々あり編集で誤魔化す必要がありましたが、三年次にインターンシップで TVCM の制作を経験した 際に様々な知識を得た事で、撮影の段階で編集しやすい素材を撮ることができ、インターンシップで得 た知識活かせた体験の一つになりました。またディレクションの面では、絵コンテから作業の割り振り、 スケジュール管理と事務的な面で苦労する点も多かったですが映像制作の楽しさを改めて実感する機会 でした。 9


10


Programing


Tap Behaviour 2018 Mr.Virtual Water

Type : Application

13


What is Tap Behaviour ? 札幌市立大学デザイン学部講師の福田大年、デザイナー、エンジニアの川名宏和両名主催のイベント。 日常生活の中でも身近なツールとなったスマートフォン、タブレットに指以外の操作や演出、ストーリー を加えることで、どのような新しい体験を生み出すことができるかと言う体験のデザインをテーマとし ている。授業の一環でこのイベントに参加し、体験型のコンテンツを提案しました。

https://www.youtube.com/watch?v=KjPHAnj5UWk

展示台の制作や会場の設営、ライティング等も学生自身で行い、展示する作品だけでなく、その作品の 魅せ方などを最後まで考えることができたと感じています。デザイナーの方や新聞社の方に自分たちの 作品をプレゼンテーションする貴重な体験になりました。なお、イベントの内容は北海道新聞、ニュース、 VODERMAGAZINE などのウェブサイトで取り上げていただきました。次ページにて実際に制作したイ ンタラクティブコンテンツの紹介、解説を行なっています。

14


Concept

水で体験を作り出す 精密機械に水をかけるという一般常識では考えられない行為から、どの様な体験を生み出すことができ るかというテーマのもと、制作しました。普段、指やタッチペンで操作するタブレットに対して水をか けるという行為をアフォードする為に、5 つのゲーム性のあるアプリケーションと装置を作成しました。 グループで制作にあたり、私は主にアプリケーションと BGM などを担当しました。アプリケーション の開発には Unity を用いました。

詳しい遊び方を Youtube にて解説しています。 https://www.youtube.com/watch?v=3W9uUMptdr8 15


水をかけると ...

このように水をモチーフにしたアクションが起こ り、従来の指を使った操作とは異なる体験をするこ とができます。

ブラッシュアップの過程

初期のコンセプトは、黒く着色した水を音符に見立ててタブレット状に落とすことで音楽になる、とい うものでしたが、水をタブレットに落とすということ自体がこの体験の面白さの肝になっているのでは と考え、余分な要素を削いでいった結果、現在の形に落ち着きました。大学の教授陣や、デザイナーの方々 には、今後も突き詰めてブラッシュアップを重ねていけば大きく化ける可能性を秘めているというお話 を頂いたので、継続して制作に取り組んみ、コンペなどに出したいと思っている作品の一つです。 16


スマートフォン向け VR シューティングゲーム POP CONE

    Type : Application

17


大学のヴァーチャルリアリティという講義の中で、スマートフォン向けの VR シューティングゲームを 制作しました。スマートフォンのみで他にコントローラー等を必要としない VR ゲームをメインのコン セプトとして、モデリングから BGM の制作、プログラミングと全て一人で行いました。

制作するにあたり、スマートフォンのジャイロを利用できないかという点をはじめに考えました。加え て、プレイヤーの VR 世界への没入感を高めるために一人称視点のコンテンツ、というところからシュー ティングゲーム形式のものが向いているのではという結論にいたりこのような形式を取りました。一般 的に見られる VR ゲームではヘッドマウントディスプレイに加えて通常の家庭用ゲームで見られるよう な手に持つタイプのコントローラーを用意し、プレイヤーの移動などの動作を行うものが多いと感じま す。しかしコントローラーによる入力で移動を行ってしまうと、現実世界のプレイヤーは移動していな いのに、ゲーム内の視点は移動しているという状況が発生し、没入感が薄れるのではと感じました。そ こでプレイヤーの移動は行わず、スマートフォンのジャイロ入力を利用した視点の回転のみでゲームを 完結させられないかと考えコンテンツを制作しました。なお両眼立体視に対応させる為、画面を二分割 した仕様になっています。 遠くを攻撃 近くを攻撃

18


Other Design & Works


北海道学生ダンス連盟 SPARK 主催 舞台公演 Dream vol.8

    Type : All Direction

北海道学生ダンス連盟 SPARK 主催の舞台公演 Dream vol.8 にてインストラクターを務めさせていただ きました。半年間にわたり舞台に向けて週三回ほどのレッスンを行い、振り付けの他に舞台構成、衣装、 照明案と舞台に関わるほぼ全てを経験させていただきました。出演者には小さい頃からダンスを習って きた人、大学からサークルで始めたという人と様々で、教え方にもとても気を使いました。多くの人を まとめ上げ一つの舞台を作り上げる大変さに加え、見えない部分での事務作業も多く、大学やアルバイ トとの両立はとても大変でしたが、千人を超えるお客さんの前で自分の作品を発表できる喜びはとても 大きかったです。一生に一度あるかないかの貴重な体験、経験になったと感じています。

21


北海道学生ダンス連盟 SPARK 主催 舞台公演 Dream vol.8 フライヤー

     Type : Graphic

22


第 11 回 札幌市立大学 大学祭 Knock

Web Site

        

Type : Web

大学 2 年次に、大学祭実行委員会の広報部として活動し、主に Web ページの制作を担当しました。ス ライド式の Web 版パンフレットを実装した点や、次年度以降の大学祭ホームページ作りに活かすため にアクセス解析を実装するなど、限られた時間の中で可能なことはなんでもやろうという気持ちで制作 に取り組むことができました。アクセス解析の結果として 7 割程度がスマートフォンからの閲覧だとい うことがわかり、次年度以降の広報部にスマートフォン向けのサイト構成にした方が良いかもしれない というアドバイスを残すことができた点もこの制作の成果になったと感じています。また、制作以外の 面でも他部門との情報の共有やデータの受け渡しといったチーム制作ならではの苦労を経験する貴重な 機会になったと感じています。

http://faculty1.scu.ac.jp/scuf/2017/index.html サイトは学内サーバーを使用していたため、現在は第 12 回の Web サイトになってしまっていますが、 第 12 回の Web サイトに関してもアドバイザーとして少しだけ関わらせていただきました。

23


TOP PAGE PAMPHLET

OVERVIEW PAGE

24


Thank you.


Mail : kumanoďŹ le@gmail.com Phone : 080-4047-4389

Portfolio  

My Portofolio.

Portfolio  

My Portofolio.

Advertisement