Page 1


年も経つと、 〝ここはいいなぁ〟と いう感じになり、ジャパニーズタヒ チアンになっちゃって。  ホテルのセールスマーケティング を担当していたので欧米、日本と世 界中に行くじゃないですか。日本に 帰ってくると必ず2週間ぐらいは滞 在したのです。ところが、帰国する たびに必ずタヒチに帰りたくなるん ですよ。しかもどこへ行っても 日 目に必ず帰りたくなる(笑) 。住め ば都で、タヒチには何もないけれど、 文化や人がいい。雨季といっても日 本みたいに不快な湿気はなくて(湿 度が高い日もありますが) 、雨も毎 日降るわけじゃない。年間降水量は ハワイより少ない。 月のクリスマ ス頃から3月ぐらいまで山も青々と しているし、海中には魚も増えてダ イビングにもいいんですよ」

ランギロアの 海のキレイさにびっくり!  待ってました!とばかりにタヒチ に行くことになった経緯やタヒチ愛 をほとばしる泉のごとく語り出した

前に広がるラグーンを見た時ね、本

当にこの色がきれいで。あり得ない ことですが、誰かが色を付けている のかなって思ったほど。確かめよう と膝が浸かるぐらいまで海に入って いったんですけど、足が全部見える。 本当に透明なんですよ、海が。こん なきれいな海は初めて見ました。ラ ンギロアのホテルは水上レストラン がウリだったのですが、 年間、レ ストランで食事をするたびに毎回感 激していました。離れ島にソバージ ュがあって、そこに泊まりがけで行 った時も、朝早く起きて、 ビーチの 目の前にある椅子に座ってラグーン を眺めて……。よくいわれることで すが、人生観が変わります。今まで 経験したことのない、普通では味わ えない経験をさせてもらいました」

短期間で行けて リーズナブルなタヒチ島の 海がおもしろい  どんな逆境にも立ち向かい、現地 に溶け込んでいるジャックさん。去 年タヒチ島での研修旅行で、信じら れない光景を目の当たりにしたのだ という。 「ダイビングというとランギロアや ファカラバといったツアモツ諸島の 島々が有名ですよね。自分はダイバ ーではないのですが、去年 月の研 修旅行の時も参加者にファカラバ、 離島が有名だが、タヒチ島でも 透明度は高く、海は青く、ダイ バーの好きな大型のサメも多い

PROFILE

ジャック・ウエノヤマさん。 「初めてランギロアに行って、目の

20

12

東京で生まれ。アメリカ生まれの母の勧めで高校卒 業後、アメリカの大学に入学。1年後ベトナム戦争 の激しい中、徴兵される。有色人種は最前線へとい う噂があったため、日本に帰国。日本の大学を卒業 後1973年、外資系の会社に入社。取引先の会社が タヒチにリゾートを持っていて、現地のGM職を与 えられ、タヒチへ。2015年まで20年間タヒチ在住。 その後、日本に帰国した際にタヒチ在住の経験を生 かせると、タヒチ観光局のGMとして迎えられる。

10

タヒチ在住 年 何もないけれど豊かな自然と 文化、それに素敵な人がいる 「 年前、タヒチに異動辞令が出た 時に、帰宅して地球儀を見たんだけ ど、どこにあるかわからない。小さ すぎて。アメリカに1年半いたこと もあったので、そんな海外経験を生 かせるなら1回だけ行ってみようと 思ったのです。フランス領というこ と自体知らず、高級な世界をイメー ジしていました。タヒチに行ってみ たらどっこい、全然違う。さらに仕 事先のランギロアに着いた時にまた びっくり。空港からして普通の空港 の体をなしていない、小さな木造の 小屋だし、ホテルといってもビルデ ィングタイプじゃない。そういうの を期待して行ったのに。その当時、 週3回は六本木に飲みに行ったりす る生活だったから、タヒチに住み始 めた時は結構きつかったです。何度 も一人で夜の空を眺めながら、どう しようかなぁ、もう帰ろうかなぁ… と。言葉も英語ならともかくフラン ス語。何度も帰ろうと思いましたが、 気づくと6年くらい経っていて (笑) 。 10

12

20

そうするとまあいいやとなって、

ランギロアでダイビングをしてもら ったんです。最後にパペーテ(タヒ チ島にある中心地)に滞在すること になっていたのですが、ドルフィン ウオッチングに行こうとなった。び っくりです。パペーテの港を出てす ぐ、ファアア空港のそばからイルカ が現れた。あいにくの天気だったの に、イルカがいっぱいいて。水中で 遊べるかもと、スノーケリングに挑 戦しました。1度目はすぐに逃げら れちゃったのですが、キャプテンに また飛び込め!と言われ飛び込んだ ら、2頭のイルカが重なって自分の ほうに向かってきたんです。目測で たぶん5㍍ぐらい。そんなに離れて いたのですけど、見えたのですよ。 うれしかったね~。聞けばシーズン によってはタイガーシャークも出る という。  タヒチ島は離島のように国内線に 乗り継ぐ必要はないからバジェット も抑えられますし、日程も短くてす みます。タヒチ島滞在のダイビング は、ダイバーの皆さまに非常にいい んじゃないかと考えたわけです」  おかげで、今月号の巻頭にタヒチ 島特集を組むことができた。遠くに 行かなくても超ド級のタイガーシャ ークなど大型ザメに会えるのはスゴ イことだ。本当にタヒチ島、おもし ろそうだ。 「日本が夏の時は南太平洋は冬なの ですが、南極からザトウクジラが北 上してきてね、島から見ることもで きるし、水中でクジラが鳴いている のを聴くこともできるし、運が良け れば一緒に泳ぐことだってできる。 タヒチは本当にすごい海なんですよ」

  ㌻から始まる特集を読んでいた だき、ぜひ皆さまにも体験してきて いただきたい。

10

23

タヒチ観光局

ジェネラルマネージャー

ジャック・ウエノヤ マ

General Manager, TAHITI TOURISME

Jack Uenoyama

「タヒチに行ったことがある人は誰もが"また行きたい南の島"と言ってくれるのですが、 そもそもタヒチを知らない人が多いのではないでしょうか?」 そう語るのは南太平洋タヒチ・フレンチポリネシアのPR活動を繰り広げている《タヒチ観光局》の ジャック・ウエノヤマさん。 でも、ダイバーはタヒチには通じているほうだとは思うけれど、まだまだ知らないことも多い。 そんなタヒチの海と島の魅力を伺った。

本誌創刊 50 年記念

Vol.10

ANNIVERSARY

ファカラバやランギロアもすごいけど タヒチ島に注目してほしい

■写真/原田雅章 ■構成/本誌・後藤

4


『La SCUBA&MARINEDIVING』の インスタに投稿された写真を紹介するこのコーナー。 毎日すてきな写真がどんどんUPされて、 見ているだけで癒されちゃう♥ 今回も、海でのんびりしたくなるような 写真がいっぱい 構成・文/ 『ラ・スクーバ』 編集部

@divernogさん #佐賀県 #唐津

@mika_2ndさん #沖縄県 #伊平屋島

@ryu.ymさん #三浦半島 #城ヶ島

まるで時が止まったかのような穏やかで優しい海 MD べた凪! 優しい海に、包まれたい

この子を見た瞬間、萌え。黄色いお家がポイントです!! MD パステルカラーがかわいすぎます!

離島TRIPで出会えた水鏡の世界 MD 芸術的  吸い込まれてしまいそう……

のんびり歩いていくウミウシさん。癒されます MD どこに向かっているのかな?

@3r1hsさん #沖縄県 #ムーンビーチ

@akky_underwaterさん #東京都 #御蔵島

@watianxiufuさん #東伊豆 #川奈

@shellnaaaさん #沖縄県 #竹富島

ハイビスカス越しのサンセット MD ハイビスカスも、サンセット色に染まってる!

イルカと目が合う! 向こうはなんて思っているのかな MD イルカの優しい目に癒されます

ガラにもなくメルヘンチックにしてみました MD 色合いがメルヘンですね! ふんわり、お花みたい

竹富島で出会えた、歩いていける幻の浜 MD 裸足で浜まで歩くの、気持ちよさそう

@into_theoceanさん #東京都 #御蔵島 御蔵島は豊かな海ときれいな空が出会う場所 MD 優しい色の空にいつまでも見とれていたいですね

@no_ocean_no_lifeさん  #沖縄県 #西表島 西表島のバラス近辺のサンゴが大復活して最高でした! MD 元気なサンゴ礁! 大復活うれしいですね

@norika_213_oceanさん #沖縄県 #宮古島 見晴らしサイコー! MD 頂上で、ご機嫌そうなイシガキカエルウオ♪

:福田朋夏さん Model

@yuko_wataraiさん #沖縄県 #水納島

@chiipicturesさん #沖縄県 #ケラマ諸島 フリーダイバー福田朋夏さんと遊びで撮った一枚 MD 光のシャワーがすてき。まるで絵のよう

海と島が大好きな女性に贈る旅マガジン

好評 発売中!

女性ダイバーに贈る一冊。国内外おすすめの海と島の旅情報のほか、 SUP、ドルフィンスイムのススメ、一押しインスタ・スポットな どを紹介。 A4ワイド判 定価1000円 問水中造形センター 販売部 ☎03-3222-0316

マリンダイビングショップ

@ayaka.323さん #三重県 #尾鷲 海の中の華。大好きな生えもの MD 魔法の植物みたい! かわいらしいです

5

@reina507878さん #沖縄県 #ケラマ諸島 何度見ても飽きない、大好きなウチザンの根です MD イソバナが咲き乱れて、きれい  迫力満点です。

検索

SNSも要チェック! 「♯lascuba」、または 「@lascubamag」をタグ付けして投稿してね。 今後も誌面でご紹介していきます。

@lascubamag


地球の海 2019 カレンダー

予約受付中!

地球の海のとっておきのシーンを集めた作品が、 月替わりで楽しめる 「地球の海カレンダー2019」。 インテリアとして飾るのに最適なサイ ズで、 いつでも海を感じることができます。

1月 フィリピン/サウスレイテ

2月 タイ/タオ島

3月 沖縄/石垣島

4月 パラオ/ゲメリスエリア

5月 沖縄/座間味島

6月 モルディブ/アリ環礁

7月 パプアニューギニア/キンベ湾 8月 サイパン/ラウラウビーチ

9月 メキシコ/ラパス

10 月 タヒチ/ファカラバ

11月 ニューカレドニア/イル・デ・パン 12 月 伊豆半島/伊東

マリンダイビングクラブ 新規入会キャンペーン カレンダーをプレゼント !! 2018 年 11 月 25 日お申し込み分まで お求めはネットショップをご利用ください

SHOP マリンダイビング SHOP

http://shop.marinediving.com/

カレンダー仕様(仕様および写真は予定です) ●写真:舘石昭、原田雅章、齊藤靖行 ●大判サイズ(タテ 500 ㍉ × ヨコ 370 ㍉)で、  写真も大きく迫力満点 ●撮影地、作品解説、潮見表、六曜を掲載。  翌月分カレンダーも収録

 全 13 枚つづり(表紙含む)/価格 1,800 円   (別途、梱包発送手数料 600 円)  ※カレンダーの発送は 11 月下旬以降になります

デザインはイメージです。

shop@marinediving.co.jp

マリンダイビング SHOP


12

2 018 December N o . 6 47

      創 刊 5 0 年   特 別 企 画 ANNIVERSARY

4

本誌創刊 50 年記念

S P E C I A L

TOP INTERVIEW

118

Vol.10 ファカラバやランギロアもすごいけど タヒチ島に注目してほしい タヒチ観光局 ジェネラルマネージャー ジャック・ウエノヤマ

C O N T E N T S 26

ダイバーなら一度は見たい撮りたい夢のシーン

ネイチャーウオッチング 83

SELECT 50

「マンタステーション」 本誌初公開! 久米島に発 見された新マンタスポットを 取材するために《久米島ダイ ビング安全対策協力会》の 皆さまと連日「マンタステーシ ョン」を取材させていただきま した。普通に白いマンタもい るけれど、日本ではかなり珍 しいブラックマンタもお目見 え。新たなムーブメントの予 感をひしひしと味わいました。

10

72 18

ニコン D800 シーアンドシー MDX-D800 シーアンドシー YS-D1 f14 1/250 秒 ISO250 表紙写真/齊藤靖行 コメント/後藤ゆかり 表紙デザイン/鈴木知也

74 32

106 アンケートはがきを 送って当てよう!

80

読者プレゼント

38

応募は 106 ~ 107㌻の間の アンケートはがきから!

67 7 1,000 円クーポンで お得にガンガン潜ろう !!!

86

本誌カメラマン・はらだまのフォトクリニック30(最終回)

これだけは覚えておきたい、5 つのコツ! 88

世界最大規模の水中写真の公募展 第 20 回地球の海フォトコンテスト 2019 作品募集‼⇒応募票は 107 ~ 109㌻へ

89

ビギナーも大歓迎! グループで気軽に参加!!

90

地球の海フォトコンテスト 2019 開催! フォトコン応募のための第一歩 Vol.3

92

地球の海フォトコンテスト 2019 賞品一覧

水中写真を始めるなら今! 水中撮影機材ガイド

久米島の奇跡 Fiji で見つけた幸せ Dive リゾート

ボリボリ Beach Rsort

海の KING たちと接近遭遇

93

海の生き物の不思議 112

96

こんにちは赤ちゃん 78

102

お魚好きもフォト派もメロメロ♪ セブ島最南端の奇跡の海

リロアン

ダーウィンにGO! 熱海 東京湾の威力を見た! 房総 波左間

66

童心を取り戻せ in

97

E Q U I P M E N T

103 104

基本情報から、㊙テクニックまで

ドライスーツの使い方講座

105

冬の海を潜るなら 《スキューバプロショップ大井町店/富戸店》へ行こう! 安全ダイビングにはオーバーホールが必要不可欠!

くすみ姐さんのスキルアップ倶楽部 25

82

年齢にかかわらず、生涯楽しめる!

ダイバーデビューするなら、今でしょ♪ 海を舞台に働こう!

インストラクターになりたい‼

203

ホエールウオッチングの季節がやって来る !! 浮遊性のウミウシ、アオミノウミウシ/奥谷喬司 名前の由来はもちろん人気のあの海です/ケラマハナダイ

知っているようで知らない サメの魅力 69 沼口麻子

世界初のアクティビティコンテンツ!? 学生主催のサメ教育イベント 「シャークにアタック!」とは 連 載

64

ワクワクドキドキが止まらない

&

⇒応募票はは 119 ~ 120㌻へ

84

ボリボリ発 リゾート & ダイブ Guide

U P

新設 ショップ部門

C R E AT U R E S

ブレイク寸前! 久米島最新情報

※本誌で掲載している料金・価格は特別な記載がない限り、すべて税別です。 ※本誌で特集している情報は 2018 年 10 月上旬のものです。予告なく変更になることもあります。 Ⓒ本誌掲載の写真、イラストの無断転載を禁じます。

9

短期連載 Vol.4 水中VR映像を360° カメラで楽しもう! 360° カメラ購入手取り足取りガイド

98

初公開! 新マンタスポット

70

100

50

マンタのクリーニングステーション新発見!

S K I L L

63

vol.13

誌上水中写真上達スクール作品発表

Dauin, Negros Is.

60

P H O T O

94

選べるタヒチ島 ダイブ&トラベルガイド

マクロ&マックダイブで生き物礼賛!

特別付録

U W

シャークダイブ in タヒチ島

44

2019 海を旅する カレンダー

&

La SCUBA Instagram Album by the sea

イルカにクジラにサメ三昧 直行便で行ける大物天国

魚も生き物もわんさか! 鉄板の海 LILOAN Info.

58

MD 読者のダイビングサービス体験記 OKINAWA ver.

A R E A

76

54

5

『マリンダイビング』と「私」のエピソード Vol.3 D I V I N G

久米島

モニターに見事当選♪

C A M E R A

本誌創刊 50 年特別企画

F E AT U R E

110 112 114 116 121 122

リレー連載 Vol.24(最終回) 名ガイドが惚れる名ガイドたち 海のガイド名鑑 ダイブ & トラベル大賞 2019 投票受付中! ⇒応募は 66 ~ 67㌻の間のはがきから DIVE NEWS メキシコ観光省大臣来日 タイ国政府観光省 副大臣がツーリズム EXPO ジャパン 2018 に 学生ダイビングサークル活動記 12 1 年生ダイバー大集合 海ガール×海ボーイ vol.107 マリンダイビングクラブ通信 145 Dr. 山見の減圧症教室 最終回 山見信夫 おさらいスペシャル 減圧症 Q&A 耳鼻咽喉科領域の潜水医学 北島尚治 Vol.14 第 5 章 鼻・副鼻腔疾患 情報コーナー MIMINUKI バックナンバー/定期購読のご案内 次号予告 ※『生涯楽しめる趣味、見つけた♪』は都合によりお休みします。

こっちもチェック! マリン ダイビ ン グ ウェブ

https://marinediving.com


イルカにクジラにサメ三昧 直行便で行ける大物天国

シャークダイブ in タヒチ島

イルカやウミガメ、海鳥も襲う雑食性 のサメ、タイガーシャーク (イタチザメ) 。 体の縞模様がはっきり出ているのは 比較的若い個体だそうで、体長は2〜 3㍍から、大きいものは7〜8㍍にも なる(Photo/Michel Bègue)


TA H I T I

南太平洋きっての大物天国タヒチ(フレンチポリネシア)。今月の舞台は、日本からの直行便が降りる

タヒチ本島。タイガーシャークとの遭遇率が9割という注目の海だ。スリリングなシャークダイブにド ルフィンウオッチング、バラエティに富んだダイブサイトが一年中楽しめる上、シーズン(8〜11月)

にはザトウクジラが繁殖に訪れるタヒチ島。今度の海外ダイビング、ここで決まりじゃありません? Special thanks to TAHITI TOURISME, AIR TAHITI NUI Thanks to Manava Suite Resort Tahiti, Vanira Lodge, FLUID Tahiti Dive center, Tahiti Iti Diving, South Pacific Transport Photographs by Masaaki Harada(Marine Diving) Text by Shigeko Nishikawa

11


Dolphin Watching タヒチ島の西では、ドルフィンウオッ チングのツアーも盛ん。野性のハシナ ガイルカの群れを観察した後は、小さ なサメやウミガメ、エイがいるスポッ トでスノーケリングも楽しい(Photo /FLUID)

サメ+魚群、哺乳類のプリミティブな海 タヒチ島から目が離せない!

Various Marine life シャークダイブで行くホワイトバレー (14㌻)は魚影が濃く、潜り応え抜群。 潮流に乗るドリフトダイビングならタ ヒチでおなじみヒメフエダイの赤い群 れやヨスジフエダイの群れが固まって 迎えてくれてフォトジェニック!

Marine Diving(マリンダイビング) - 2018年12月号  

This is a free sample of Marine Diving(マリンダイビング) issue "2018年12月号" Download full version from: Apple App Store: https://itunes.apple.com/us...

Marine Diving(マリンダイビング) - 2018年12月号  

This is a free sample of Marine Diving(マリンダイビング) issue "2018年12月号" Download full version from: Apple App Store: https://itunes.apple.com/us...

Advertisement