Page 1

“Playnick” な く 使 っ て い ま し た ね 。 ニ ュ ー ヨ ー ク フ ィ

が メ ト ロ ポ リ タ ン 歌 劇 場 に い た 頃 は 間 違 い

ボ た 席 い の N K ル ね の る オ I を シ 。 デ 、 ー C 使 ィ 例 ケ K っ ョ ( ス ル え ス に て ニ ク ば ト 注 い ュ ア ・ シ ラ る ー メ ア ュ で 目 。 が ヨ リ ル ト ベ そ ー カ ト ゥ ー 集 れ ク ま マ ッ ム で フ で ン ト シ り 俄 ィ も も ガ ス ま 然 ル 、 使 ル テ し フ 首 ア っ ト ム た レ 席 ン ) ソ て 放 を 。 ン が ニ い 送 使 ド チ 、 ー ま 響 っ イ 用 彼 ・ し 首 て ツ の マ ク ギ ル

か ら 来 日 す る 有 名 プ レ イ ヤ ー た ち も N I C

ゲ ス や ロ マ ン ・ ギ ュ イ オ と い っ た フ ラ ン ス

し た 。 と こ ろ が そ の う ち 、 パ ス カ ル ・ モ ラ

ド イ ツ ク ラ リ ネ ッ ト の 世 界 に 限 ら れ て い ま

で も す ぐ に 広 ま り ま し た が 、 評 判 は 当 初 、

ル ・ フ ッ ク ス が 使 い 出 し た と い う 話 は 日 本

| | オ ッ テ ン ザ マ ー 親 子 や ヴ ェ ン ツ ェ

と N I C K を 使 い 続 け て い ま す 。

苦 労 し な い で 済 む 」 と 思 っ て 、 以 後 は ず っ

し た ら 、 と て も 具 合 が 良 く 「 こ れ だ っ た ら

い ま し た 。 送 ら れ て 来 た マ ウ ス ピ ー ス を 試

や リ ー ド の セ ッ テ ィ ン グ に と て も 苦 労 し て

が ヨ ー ロ ッ パ と 全 然 違 う の で マ ウ ス ピ ー ス

う の も 、 そ の こ ろ 私 は 、 日 本 の 湿 度 や 気 候

本 か 送 っ て く れ る よ う に 彼 に 頼 ん だ 。 と い

後 い ろ い ろ 改 良 さ れ た と 聞 い て 、 日 本 に 何

の と き は ピ ッ タ リ 来 な か っ た け れ ど 、 そ の

初 め て 吹 い て み た の は ウ ィ ー ン で す 。 そ

い 出 し て 評 判 に な り 、 そ の 後 フ レ ン チ 用 も

独 特 の 心 地 よ い 抵 抗 感 !

| | 何 が こ れ ほ ど 広 く 使 わ れ て い る 理 由 す 。 こ の マ ウ ス ピ ー ス は 息 を 絶 妙 に 受 け 止

作 る よ う に な っ た 。

の あ る マ ウ ス ピ ー ス の 方 が 吹 き や す い ん で

切 だ け れ ど 、 奏 者 に と っ て は あ る 程 度 抵 抗

好 き じ ゃ な い 。 も ち ろ ん 楽 に 響 く こ と は 大

ェ ル ・ フ ッ ク ス や オ ッ テ ン ザ マ ー た ち が 使

ピ ー ス か ら 作 り 始 め て 、 そ の う ち ヴ ェ ン ツ

て 。 最 初 は ジ ャ ー マ ン シ ス テ ム 用 の マ ウ ス

て く れ た ん で す 、 「 と っ て も い い よ 」 っ

井 上 京 さ ん ほ か 、 何 人 か が 使 っ て い る 。

る 。 日 本 で も 、 名 古 屋 フ ィ ル の 僕 の 同 僚 の

ィ ー ザ も 使 っ て い る と ニ ッ ク は 言 っ て い

ル で は パ ス カ ル ・ マ ル テ ィ ネ ス ・ フ ォ ル テ

は 、 プ ッ と 吹 い て す ぐ に 鳴 る よ う な も の は

だ と 思 い ま す ( N か 抵 抗 I ? 感 C ) K が に あ は る 独 ん 特 で の す 心 よ 地 。 よ 私 い レ ジ ス タ ン ス

フ ィ ル の 首 席 を し て い る 親 し い 友 人 が 教 え

ボ ル シ ョ ス

Robert BORSOS セルビア共和国出身。9 歳からクラリネットを始め、10 歳でベ オグラードのコンクールに優勝。12 歳でノヴィ・サド国際コン クール優勝。ノヴィ・サド音楽院でニコラ・スラディッチ教授に 師事した後、1996 年にオーストリア国立グラーツ音楽大学に入 学、ベーラ・コヴァーチ教授に師事。在学中にオランダ、ロシ ア、ハンガリー、ルーマニア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナでソ ロコンサートを開催。2003 年同大を首席で卒業。さらにゲラル ト・パッヒンガー教授(ウィーン交響楽団首席)に師事しながら ベオグラード・フィル、グラーツ交響楽団、ウィーン交響楽団、 グラーツ室内歌劇場、イェーテボリ歌劇場、オーフス交響楽団に 客演する。2008 年にはヴェンツェル・フックス、ペーター・シ ュミードルのマスタークラスを受講。2006 年ベオグラード・フ ィル、2007〜09 年兵庫芸術文化センター管弦楽団のクラリネ ット奏者。2010 年に名古屋フィルに入団し現在は首席奏者。

( 2 0 0 1 年 )

で す か ら ね 。 い ま ミ ュ ン ヘ ン

出 し た の は 知 ら な か っ た 。 ず っ と 後 の 話

ボ ル シ ョ ス で も 彼 が マ ウ ス ピ ー ス を 作 り

| | そ う な ん で す か 。

絶こ 妙の にマ 受ウ けス 止ピ めー てス くは れ心 る地 。良 い 抵 抗 感 で 奏 者 の 息 を

か ら 、 彼 を よ く 知 っ て い た 。

ツ 国 立 音 大 ( オ ー ス ト リ ア )

で 勉 強 し た 仲 だ

ニ ッ ク ・ ク ッ ク マ イ ヤ ー と は 一 緒 に グ ラ ー

ボ ル シ ョ ス も う 何 年 も 前 か ら 。 製 作 者 の

出 し た の は い つ 頃 か ら ?

| | 「 N I C K 」 の マ ウ ス ピ ー ス を 使 い

◎ 記 事 協 賛 : 株 式 会 社 グ ロ ー バ ル

ボ ル シ ョ ス 氏 に そ の 人 気 の 秘 密 を 聞 い た 。

早 く か ら こ の マ ウ ス ピ ー ス を 愛 用 す る ロ バ ー ト ・

ま で 浸 透 し て い る こ と を ご 存 知 で す か ?

ニ ュ ー ヨ ー ク フ ィ ル な ど ア メ リ カ の 名 手 た ち に

モ ラ ゲ ス や ロ マ ン ・ ギ ュ イ オ 、 さ ら に は

カ ー ル ・ ラ イ ス タ ー は じ め フ ラ ン ス の パ ス カ ル ・

ヴ ェ ン ツ ェ ル ・ フ ッ ク ス や オ ッ テ ン ザ マ ー 親 子 、

オ ー ス ト リ ア 生 ま れ の マ ウ ス ピ ー ス が

R o b e r t B O R S O S

ロ バ ー ト ・ ボ ル シ ョ ス

首 席 ク ラ リ ネ ッ ト 奏 者

文中で NICK と表記したのは 「Playnick(プレイニック) 」が正式名称。 B♭クラリネット用マウスピースには「PlayEasy」 (B1、B2、B3)と「Traditional」 (SolistM) の4種類のモデルがある。

名 古 屋 フ ィ ル ハ ー モ ニ ー 交 響 楽 団

人い 気ま “ をN 得I てC いK る ” 理が 由世 界 的 な


“Playnick”

「NICK」が世界的に人気を得ている理由 ◎ ロバート・ボルショス(名古屋フィル首席) ー ム シ ス テ ム が 一 般 的 で す 。 私 は 生 ま れ は

ボ か で ル ? す | シ が | ョ 、 ボ ス ベ ル ー シ セ ム ョ ル シ ス ビ ス さ ア ん テ は や ム ハ セ で ル ン 始 ビ ガ め ア リ た の ー の ご で で 出 は ベ す 身

の 人 た ち の 間 で す で に 有 名 で す 。

オセ ール スビ トア リに ア生 にま 留れ 学、 大 学 2 年 目 に

も 相 性 が ぴ っ た り で 、 こ れ は 日 本 で も 一 部

ェ ー ル の ソ プ ラ ノ サ ク ソ フ ォ ン の リ ー ド と

い 。 ほ か に 、 面 白 い こ と に N I C K は レ ジ

な ど 、 初 心 者 に は と て も 良 い か も 知 れ な

3 に レ ジ ェ ー ル の リ ー ド と い う 組 み 合 わ せ

リ ー ド と も 相 性 が 良 い の で す が 、 例 え ば B

N I C K は レ ジ ェ ー ル の シ ン セ テ ィ ッ ク

ル で B 2 を 選 ん だ ば か り な の に ( 笑 ) 。

に 入 っ て し ま っ た 。 2 週 間 前 に も グ ロ ー バ

S o l i s t M を 改 め て 試 し て み た ら 、 と て も 気

合 う よ う で す 。 実 は 今 日 の 取 材 前 に

ー ン の リ ー ド は S o l i s t M と も と て も 良 く

レ私 ジが ェ主 ーに ル使 のっ シて ンい セる テの ィは ッ「 クP リl a ーy E ドa とs y も」 の 相B 性2 が。 良 い 。

コ て リ ボ い も が モ S ナ ス ) い ー ル で | 多 出 デ o l i ー 。

の 「 エ ヴ ォ リ ュ ー シ ョ ン 」 の 4 番 。 ケ

ド と 通 常 の ケ ー ン の リ ー ド を 使 ( い 旧 分 リ け

ま す 。 ケ ー ン の 方 は ダ ダ リ オ

シ す | く ョ か ボ 使 ス ? ル わ シ れ ョ て レ ス い ジ さ る ェ ん よ ー は う ル リ で の ー す シ ド 。 ン は セ 何 テ を ィ お ッ 使 ク

て 来 て 、 フ ラ ン ス の プ レ イ ヤ ー な ど に

ル の み 。 フ レ ン チ 用 も 最 近 と て も 人 気

s t M は 、 も と も と ジ ャ ー マ ン 用 は こ の

や 初 級 者 に は ぴ っ た り だ と 思 い ま す 。

適 度 な 硬 さ の リ ー ド を 付 け れ ば 、 ビ ギ

れ セ に に た セ が り ク し 先 に 普 ボ ざ の プ て り ー ュ 村 た お タ り で の た ボ で ) | を レ 来 し バ タ の 。 願 ー 、 ク ラ 頃 ル す | 師 留 と ル ら 、 ー か 生 町 通 ル っ | ル

先 生 か ら は 何 を 学 び ま し た か ?

| コ ヴ ァ ー チ ( 1 9 3 7 年 生 ま

覚 え て ま す 。

コ ー ダ ー の 録 音 ボ タ ン を 押 し た

て ビ ッ ク リ ( 笑 ) 。 慌 て て テ ー

ま す 」 と い う ア ナ ウ ン ス が 流 れ

ー の ク ラ リ ネ ッ ト 協 奏 曲 を お 送

ー ミ ッ ツ と モ ー ツ ァ ル ト 、 ウ ェ

ロ ベ ル ト 君 の リ ク エ ス ト 曲 、 シ

そ し た ら あ る 日 「 こ れ か ら × ×

い し ま す 」 と 電 話 を か け て み

ミ ッ ツ の ク ラ リ ネ ッ ト 協 奏 曲 を

子 供 だ っ た 私 も 恐 る 恐 る 「 シ ュ

ラ シ ッ ク 音 楽 を 流 す 番 組 が あ

ジ オ 局 が リ ス ナ ー の リ ク エ ス ト

で す 。 毎 週 月 曜 に ベ オ グ ラ ー ド

シ か | 事 ョ ? 子 し ス 供 ま の し C 頃 た D の 。 な 音 ど 楽 は 環 ま 境 だ は 無 ど か う っ だ っ た の と は ほ と ん ど 知 ら な か っ た ( 笑 ) 。 前 に も

ボ ル シ ョ ス

を 今 は 感 じ て い ま す 。                 ■

増 え た と 同 時 に 、 家 族 と 一 緒 に 暮 ら す 幸 せ

そ う で す 。 そ れ ま で 日 本 の こ

管 弦 楽 団 に 入 団 し た 時 が 初 来 日 ?

結 婚 し て 可 愛 い 娘 も で き た こ と で 、 責 任 が

学 し 、 有 名 な ベ ー ラ ・ コ ヴ ァ ー チ 教 授

| | 2 0 0 7 年 に 兵 庫 芸 術 文 化 セ ン タ ー れ ま で は 独 身 で 気 楽 に 暮 ら し て い た の が 、

き に オ ー ス ト リ ア の グ ラ ー ツ 国 立 音 大

ビ ア の 音 楽 大 学 に 入 り 、 1 年 目 を 終 え

ど ん ど ん 上 達 し て 行 き ま し た 。 17 歳 で

ゲ ー ム 感 覚 で い ろ ん な こ と に 挑 戦 し な

ル に 優 勝 す る と モ チ ベ ー シ ョ ン も 上 が

っ た 。 10 歳 で 首 都 ベ オ グ ラ ー ド の コ ン

に 恵 ま れ て ク ラ リ ネ ッ ト を 吹 く の は 楽

の 音 楽 学 校 に 通 い ま し た 。 と て も 良 い

の 学 校 に 行 き な が ら 週 に 2 日 間 、 午 後

シ と | ビ ョ 教 ど ア ス え う で て い す 9 く っ が 歳 だ た 、 で さ 勉 両 ク い 強 親 ラ 。 を は し ハ リ て ン ネ 来 ガ ッ ら リ ト れ ー を た 人 始 の 。 め か 、

の 先 生 で す 。

も 人 間 も あ れ 以 上 の 人 は い な い と 思 う ほ ど

た 。 と て も シ ャ イ な 人 で す が 、 演 奏 も 指 導

ゲ ラ ル ト ・ パ ッ ヒ ン ガ ー も 素 晴 ら し か っ

も う 一 人 の 先 生 、 ウ ィ ー ン 交 響 楽 団 首 席 の

ー マ ン と ベ ー ム が 半 々 で し た 。 私 が 習 っ た

テ ム に 移 っ た 人 で す 。 ク ラ ス の 学 生 は ジ ャ

ャ ー マ ン シ ス テ ム で 始 め 、 後 に ベ ー ム シ ス

り ず っ と 良 く な っ て い た 。 コ ヴ ァ ー チ は ジ

が が ( 、 コ 驚 ヴ く ァ べ ー き チ 氏 こ は と 60 に 代 私 ) が 音 習 色 っ は て そ い れ た ま 頃 で の よ 方

り 、 私 の 生 活 は ガ ラ リ と 変 わ り ま し た 。 そ

よ く に ど な 人 ボ た 。 そ 高 。 人 々 ル | う く も た も シ | だ と 、 ち ち み ョ 日 、 し み ろ は ん ス 本 2 の て ん ん い な 0 い な オ な 親 食 第 1 る 真 ー い 切 べ 一 0 の 剣 ケ ん で 物 印 年 象 は に ス 、 に 素 練 ト じ 世 が は ゃ 名 美 ? 晴 習 ラ 界 古 ら し の な に 味 い 屋 し し て レ こ フ い ベ ベ か れ い ィ こ ス ル と 以 ! ル と ト も 思 上 ( に で を 非 う 親 笑 す 尽 常 ほ 切 ) 移

問い合わせ:株式会社グローバル 03-5389-5111

ま し た 。

影 響 を 受 け ま し た 。 彼 は 天 才 的 な 人 で し た

ボ ル シ ョ ス

で 佐 渡 ( 裕 ) さ ん の オ ー デ ィ シ ョ ン を 受 け

と 思 っ た 。 そ れ で 録 音 を 送 り 、 ミ ュ ン ヘ ン

音 の と て も 美 し い 人 で 大 き な て 、 そ ん な 中 で 演 奏 す る の は 楽 し い だ ろ う

メ ン バ ー は み ん な 若 く て 国 際 的 だ と 聞 い

か ら 受 け て み な い か 」 と 誘 わ れ た ん で す 。

兵 庫 の オ ケ に い て 、 彼 か ら 「 席 が 一 つ 空 く

話 が 出 た ミ ュ ン ヘ ン フ ィ ル の 友 人 が 当 時 、

「PLAYN I C K 」 B♭クラリネット用マウスピース PlayEasy B1 ………¥25,000(税別) ティップオープニングがやや狭く、レス ポンスに優れるが、適度な抵抗感も伴う 伝統的なスタイルのモデル。レジェール のリードとの相性も良い。

ボ ル シ ョ ス

す 。 N I C K の サ ウ ン ド は と て も 美 し い の

せ る し 、 さ ら に 暗 く 柔 ら か い 音 も 出 せ ま

ん で し ょ う ね だ 。 と 思 い ま す 。 も ち ろ ん 、 リ

の ク ラ リ ネ ッ ト 奏 者 た ち に 好 ま れ る 理 由 な

| | そ れ が 、 サ ウ ン ド 以 外 で も フ ラ ン ス

出 せ る マ ウ ス ピ ー

長 ( ニ は め フ ン テ ) ェ グ ィ 、 イ が ッ 楽 シ 大 プ に ン き オ 音 グ め ー を は で プ

あ る モ デ ル 。 B 3

ズ で は 最 も 人 気 の

ー ド の 組 み 合 わ せ を 変 え れ ば 明 る い 音 も 出

で 楽 に コ ン ト ロ ー ル で き ま す 。

が 、 N I C K で は 高 音 域 も 落 ち 着 い た 響 き

P l a y E a s y シ リ ー

グ ド め で ー の ( レ リ フ ン ー ェ の ド イ B が シ 40 フ ) ン に ィ 近 ッ い ト テ し ィ ま ッ す プ 。 オ B ー 2 プ は ニ バ ン ン グ は 中 程 度

あ り 、 高 音 域 も 甲 高 い 音 に な り が ち で す

マ ウ ス ピ ー ス は 往 々 に し て 均 質 性 に 問 題 が

音 が 出 せ る の も そ の せ い で す 。 フ ラ ン ス の

ド が バ タ つ き や す く な る 。 そ の 点 N I C K

ー ル の 細 い 一 般 的 な マ ウ ス ピ ー ス で は リ ー

い ン て み ッ の 幅 ウ レ え = い と プ マ だ ス そ ー る オ ま ま の ウ と ピ の ル 。 ー す ろ レ ス 思 ー 心 ス 。 や ー ピ う ス 地 が ト こ か ル ー 。 の 良 太 リ れ さ も ス N フ い い ア は を 太 よ I ェ 抵 と ン 私 も め り C イ 抗 リ ・ た 。 も K シ を ー サ の ら こ こ は ン 作 ド 大 ウ し れ の 一 グ っ が ン 好 、 が 幅 般 部 て 暴 き ド 音 サ が 的 分 い れ の な を ウ 太 な の る ま 特 ジ 均 ン い フ レ の せ 長 ャ 質 ド 。 ラ ー は ん と ー に に テ ン ル 、 。 も マ し 厚 ィ ス の マ レ

め て く れ ま す 。

や で で ボ 狭 、 す ル く テ 。 シ ( ィ B ョ フ ッ 1 ス ェ プ イ オ は 私 シ ー フ が ン プ レ 主 グ ン は ニ チ に ン 使 や 用 や グ の っ て 短 が め ほ 最 い 初 ) か る 、 よ の の モ 少 り は し も デ B 硬 や ル 2

き に な っ て ど ん な 違 い を 感 じ ま す か ? 。

M 」 の 4 種 類 の モ デ ル が あ り ま す が 、 お 吹

ボ ル シ ョ ス

す 。 低 音 域 か ら 高 音 域 ま で ム ラ な く 均 一 な

安 心 し て 美 し い ピ ア ニ シ モ も 出 せ る ん で

で は 音 が き ち ん と ホ ー ル ド さ れ る 。 だ か ら

ボルショス氏は4本の PlayEasyB2 をリードの具合によって使い分けている。

「 P l a y e a s y 」 の B 1 、 B 2 、 B 3 と 「 S o l i s t

| | N I C K の フ レ ン チ 用 に は

レ ジ ェ ー ル ・ リ ー ド と も 相 性 が 良 い

拡 が る で し ょ う ね 。

よ う に な っ て 、 こ れ か ら は 日 本 で も も っ と

が 多 か っ た 。 グ ロ ー バ ル が 代 理 店 を 務 め る

心 で は な く 、 今 ま で N I C K を 知 ら な い 人

PlayEasy B2 ………¥25,000(税別) フレンチ用のベストセラーモデル。豊か な響きを持ち、レスポンスにも優れる。 通常のケーンのリードを使う人が多い が、レジェール・リードとの相性も良 い。 PlayEasy B3 ………¥25,000(税別) 広いオープニングを持ち、楽に息を吹き 込める。音量も大きくフレキシブルなマ ウスピース。レジェール・リードとの相 性も良い。 Solist M ……………¥23,000(税別) 非常に豊かな響きを持ち、国を問わず人 気が出ているモデル。 通常のケーンの リードを使う人が多いが、レジェール・ リードとの相性も良い。

ニ ッ ク 本 人 は 宣 伝 に あ ま り 熱

る と 面 白 い と 思 い ま す 。

| | ヴ ィ ル シ ャ ー 愛 用 者 も ぜ ひ 試 し て み

と て も 似 て い る と 思 う 。

レ ー ル の 太 さ な ど コ ン セ プ ト や ア イ デ ア は

ボ ル シ ョ ス

に 似 て い ま せ 詳 ん し か く ? は 分 か ら な い け れ ど 、

が 、 ヴ ィ ル シ ャ ー も 傾 向 と し て は N I C K

シ 外 で ャ で | 、 ー は | 室 ( 、 一 内 オ 日 般 楽 ー 本 的 で ス で な 効 ト リ は フ 果 ア ア ラ 的 製 レ ン に ) キ ス 使 も サ の う 人 ン マ 人 気 ダ ウ も が ー ス い あ ・ ピ ま り ヴ ー す ま ィ ス ね す ル 以 。

Pipers, October 2015  
Pipers, October 2015  
Advertisement