PiNK Spring 2017

Page 40

今この瞬間に集中できる。 ガーデニングは、土を触ったり、風が頬を撫でるのを感じたり、 バラの香りを嗅いだり、シャベルに乗せた土を持ち上げるときの筋肉にかかる力を感じたり 、摘 んだばかりのベリーを味わったりと、さまざまな形で私たちの感覚を刺激してくれます。こういっ た刺激によって、その瞬間に意識を向けさせてくれるのです。過去や将来の心配は、土を掘って いる間にすぐに忘れてしまいます。身体で触れることのできる、実体を持つものに触れるガーデ ニングは、今この瞬間にすべてのエネルギーを注ぎ込むことができるのです。

生命の源と繋がることができる。 自然の中で美の育成と新たなる成長を支え、地 球の恵みが花開く手伝いをすることで、宇宙の 壮大な計画の一部して動いているのです。地球 が必要としていることに応えてあげると、地球 はご褒美をくれるのです。ラルフ・ワルド・エ マーソンがかつて書いていますが、 「 大地は花の 中に笑う(Earth laughs in flowers)」のです 。

堆肥のメンテナンスから、 汚いところからも美しいも 新たな成長のためには、不必要なものを

省く。 マインドフルネスでも、役に立たない、不要

のは生まれることを学ぶ。 これは辛いときに覚えておくべき視 点です。生ゴミの中にいるのではな

な考えを取り除くことを教えられますが、ガーデニン

いかと思うほど、ネガティブなこと

グも同じことです。マインドフルネスを実践するたび

ばかりあったとしても、時間と忍耐

に、少しずつ改善され、自分の心も、外見も花開くの

と内省によって、ポジティブな変化

です。

が起きるのです。

創造性を育てる。 景色は色、感触、形から成り立っています。ガーデニングによって 生まれる創造性は、花壇を美しく作り上げることにとどまりません。感覚をフルに活用する ことで、ガーデニングは右脳の創造性を呼び覚ますのです。ガーデニングによってもたらさ れる、落ち着き、より開かれた心を育み、クリエイティブなアイディアが生まれ、問題解決 が可能になります。宇宙は私たちに何かを生み出して欲しいのです!

何もかもコントロールしなければなら ないという欲求を解き放つ。 私の大好き

なガーデンライターであるマーガレット・ローチ の次の言葉は、まさに私の言いたいことを表して います。 「 自分や耳を傾けてくれる人に繰り返し 話しているのは、30 年間ガーデニングを学び、実 践してきた中で唯一分かっているのは、生きてい るものはいずれ必ず死ぬということ」。ガーデニ ングをする人たちは、何事も永遠には続かないと いうことを受容し、学ぶ一方で、春は必ず再び訪 れることも理解しているのです。

27

PiN K • SPRIN G 2 0 1 7

ガーデニングは雨降りの日でも、 予想の美しさに出会える。 雨がな

ければ何も成長しないのです。些細な部分 にでも目を向ければ、キラキラするような 美しさを見つけることができるでしょう。