Page 1

“健康”ズームアップお医者さんに聞く paprika

Home doctor

今月のテーマは『インフルエンザ』 平林医院 院長 / 医学博士

平 林 淳 朗

インフルエンザどんな病気?  インフルエンザはインフルエンザウイルス(A型・B型・C型) を病原体とし、くしゃみや咳などの飛沫感染によって発症する 病気です。冬に流行するのは、インフルエンザウイルスが低温 で乾燥している環境を好むためです。さらに、私たちの喉や鼻 の粘膜が弱っていることも原因と言われています。  毎年 12 月下旬から 3 月頃流行るインフルエンザですが、そ のほとんどがA型かB型です。去年は A 型に属する新型インフ ルエンザが猛威をふるったのは記憶に新しいところです。ウイ ルスの潜伏期間はおよそ 1 日∼ 3 日。症状は 38 ∼ 40 度の急な 発熱、筋肉痛や倦怠感などの全身症状が 3 ∼ 4 日程続きます。 気管支炎や肺炎などを併発しやすく、重症化すると命にも関わ る病気です。一方、一見似た症状の風邪ですが、感染はウイル スの手から手への接触感染が主です。感染力も弱く、鼻汁、咳、 くしゃみ、喉の痛みなどのほか熱も出ますが、インフルエンザ ほどの高熱にはなりません。

ワンポイント (     アドバイス ) インフルエンザの症状は、一見風邪と似てい るように思われがちですが、甘くみていると 命にもかかわる怖い病気です。風邪に比べ症 状も重く、感染力が強いのが特徴です。 1. 予防接種は予防の基本。

予防について

2.「手洗い、うがい、快眠」でウイルスを寄

 インフルエンザの流行は小学校で始まると考えられています。

せつけない。

それが家庭で感染し、拡大していくようです。まずは流行前に

3. 熱が下がっても、うつす可能性あり。で

予防接種を受けましょう。但し、予防接種を受けたからインフ

  きるだけ安静にし、外出を控えましょう。 …以上 3 点を忘れずに。

ルエンザにかからないのではなく、かかりにくくする、かかっ ても軽くて済むという理解が必要です。予防接種はアレルギー のある方、体力が落ちている場合や基礎疾患のある方は受けら れない場合があるので医師とよく相談してみてください。

平林医院

 日常生活でも予防はできます。流行している時は極力人ごみ を避ける。出かける時はマスクをかけ、帰宅時には手洗いとう

院長 平 林 淳 朗

がいを励行する。抵抗力をつけるためにバランスのとれた食事 を心掛け、十分な睡眠をとることも大切です。またインフルエ ンザウイルスは湿度を嫌うので、室内の湿度を 50 ∼ 60%に保 つことも有効です。その際は、換気に気をつけましょう。  そして、周囲でインフルエンザが流行る中、急に高熱が出た、 筋肉痛や倦怠感があるなどの症状がある場合はインフルエンザ

安曇野市明科東川手 418-3 TEL.0263-62-2227 AM 9:00 ∼ 11:30 PM 3:00 ∼ 5:30 休診日:土曜日午後、日曜日、祝日

の疑いがあります。自己判断で市販の薬を飲むなどせずに、す 注意してください。

明科高校 至松本

ぐ受診しましょう。特に高齢者や幼児は合併症を併発するので

国道19号線

明科駅

54

潮 潮バス停

至長野

docter_201010  

54

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you