Issuu on Google+

“健康”ズームアップお医者さんに聞く paprika

Home doctor

今月のテーマは『胸やけ』 平林医院 院長 / 医学博士

平 林 淳 朗

◎どうして「胸やけ」は起こるの? 飲み過ぎや食べ過ぎたあと、みぞおちから胸の辺りに感じる胸 やけ、ムカムカしたり熱く感じるあの不快感を経験した方は多 いと思います。原因は胃液が食道に逆流して、食道の粘膜に炎 症を起こしているからです。不快感はムカつきだけでなく喉の 違和感や咳、気管支炎、耳の痛みを訴える人もいます。私たち の体には食道と胃の間に弁の働きをする括約筋があって、通常 は逆流しないようになっています。これが、加齢による筋力の 低下、食生活の欧米化による脂っこい食事や刺激の強い食べ物 の摂り過ぎ、飲み過ぎ、妊婦さんや腰の曲がったお年寄り、ベ ルトの締め過ぎなど腹部を圧迫する腹圧などで起こりやすくな るのです。 ◎「胸やけ」を起こさないために ここ10年ほどで急増している胸やけですが、生活習慣を見直す 52

ことで随分緩和することができます。まず食事は腹八分目で脂っ こいもの、刺激の強いものは避け、規則正しくゆっくり食べましょ う。食後はすぐに横にならない、就寝直前の食事も控えましょう。 姿勢を正し、重い物を無理して持ち上げない、肥満に注意するな ど、お腹の締め付けに気をつけることが大切です。就寝はお腹か ら頭にかけて少し高めにすることも効果的です。胸やけが起こっ てしまったら、ガムなどを噛んで唾液を増やしたり、牛乳や水を 飲むと治まります。一時的な胸やけは心配ありませんが、1ヶ月 以上続く、胃もたれや胸の痛みも伴う、胃液がこみあげるなどの

ワンポイント (     アドバイス ) 「胸やけ」の原因である胃液の逆流を防ぐポイ ントは食生活、姿勢、腹圧の 3 つ。何より食 べ過ぎないこと。嗜好品や香辛料の摂り過ぎ にも注意が必要です。背筋を伸ばし、無理な 姿勢は極力避けてお腹の圧迫にも気を付けま しょう。ストレスも胃液の分泌を促進するの で、ストレス解消を心がけることも大切です。

症状がある場合は医師に相談してみましょう。

平林医院

院長 平 林 淳 朗

長野県安曇野市明科東川手 418-3 TEL.0263-62-2227 明科高校 至松本

AM 9:00 ∼ 11:30 PM 3:00 ∼ 5:30 休診日:土曜日午後、日曜日、祝日

国道19号線

明科駅

潮 潮バス停

至長野


docter_201001