Issuu on Google+

ー、蹂、 )、 t l やし くぅちぃた く写ちゃぃの l e マ

` … き ろ ま っ tへ ユ ぃ 久 P(3げ Ⅲ ☆ ざ ∬ 」 tt%。 1lξ l∫ ヵtソ ン た う0キい 戒 達 ど媒 ),■ 1 :る 1 〔 毅 導 ` ` たりたけ ■`ミ 人1 1 1 ポ リディギ7 ギ い書, たち― 亀 一 ⑤豪リ

ゆ うや

二 持 t t よ じt i 奪 仁 ・ t t t i T H E

' 思ズ 表し・ │と ぎっ ち― 実い暴れら力 ち1 晨ヽ た りさ電 ■36春争がtミあっ 夕二3` D螢 ぜや ` t ざさ′ も の″ こ な 実はなき: 薄λt P 4 o0Tふ ョ ヽ め ョ│ キ4 x 二 l し ぜt よよ( 育くt t み( 燥 、 けし 。 葉周重盛= †さいなのにれ が, 帰, はたらめ勢 輩くな, 2 て すo た 景 わ 熱 P い ` tす tま し丘 )ど 春のう ■o 9 7 与r t 。( 霧サヒ ♂ か( 賞 が, も み っヽさ ) ) 復 ざゝ ' "ぽ

ズ 箕t=[:∫ ぜ :〔 lじ llti繋 ξ 富′ 〔 [卸::i[4 ず1鷺

ツソt 、 ヽ、もらか―t ヽ V あ, たか―ぃτたさ患, 廓徒たの在r t tけ tZ(な こυ まをi l ゃ

7.動

省      ′

祭  ヾ    。﹁´

″ 勧 ” 性 狂勒勁争 Щ

(1冨 ;」 III(≧ 「 ξ III∫ I:毒 ょ ミ iぶ 1き │:111:::黒 古 tlli`い 貞 itil 〕 ■ ` ` なゆ 1↓ 11キ う て ラ ;t(こ や し )(b01 れ ユ ⑨ i :l:lllど :本 t(I年 1)lよ 「 '°


がけがえ0なぃ著ソ岬奏0神 鴫 亀雪ユ鯖 句 伸 管

1 二 1 人 l 二 籠 朝‖ 、ほ

自.,翼 伽宙鶉 、ユ い畿、暴l18[詩 字 ャ.ヵ まれ れば ざま 手 これ I.。 ざ たぃ ば今日中に回はし

こと 、 えrr t、

三 ∵:iillト電 ぽ 朦 し 颯oρρ 貞 [1、 、 「 、 ilTttiltiル 現 =き が す '高 醜り》 ご ぎ れ ti

t見

くうちゃ/_・ 木争 多ゃん と…3

しり= ヽ、 卜卸セヒ て、為口、 式李ハ脅tR 4ム て廓││バ

■ 手

☆た か7 ♯

∫鰺 ゛ 」

L。懇嗜撃li資 Ⅲ協ォlゞ

ぃ 、 聟ご

tlけ 書け (聖ム)

ゆ うや き, 有一 ちゃる4

盤 ゴ寧和ご 出

ttヒ

め濤

0'3.tじ十ム =」EL夏

lnく 1■ ぜ ァ マ ンr トt,メ

]アキム _二圭 住鉦二麗翅fゼ

す篇P

〃茅ι みIJ卜 Jかメ 〆

tナい1や た_盛 盟重童重

ブ. 1:ゥ 11_pメ 鵬 み子 々子∼

みっ ち _山 上 場・弔れt渾 麟f

・ ぢェあハ_血 励闊■左進ノ封 七ηl きき , ` ・ /t/1ぃ

ナスマt'∫

よう■ちゃん

l・ f

つ r

,岬獅 1

3二 出 リコ 盤イ皿 ∫ り 4議み44薯 ` ん ゃ i l l D v三

Ar..

1、 りし

よゆ夕 三 ゆ亡二 . もえ

汁し

ミョ. ン十二

す <

仁げ

多ヒ、 │ れ

1.1

峙二ちや電ェ

fし

ヽヽ

卒ゆけ 」 勘 並 夕ヽ同廓 曇l h 為 ル めお い` ルし1 在4 ろ ∼ご

f

れを1

Lハ

エツ _・ H・ 性早士め r こん くみ'ユ

しヽ 1 ` ゼ

毛・ ダ″F Jャ ヤーバ璃Jが

■亨ヽく

笙 珂

1=

nl

ッシ. リ

Lt`沖 崎 1 民JJI・ J えF『

ぃ れ 上為し て 『 . 生

.ハLみ 摯 ll卜

希 _掌 軍キ 伝 t感 外 筑穴,


たのなぃ言人7書0仲 間たぢえ がLIが

° 、 ム 百 :政 覆 Tノ i御 │ェ メ パ ittД [「 17:iそ 、 iす li[1ヽ 祝 メi;ど ル 碁 渉 しくれた1 る行が すι 1 策デ てビιろ フ しC t フ ‐ こと、御 臼ξ七、足 ぃ 虫、暴 霧 、 告 臼 、, ぇャ ´丈タ そ の 管 イス1 人t C 魔 傷H 、伝 が c c ヽ

マ 償 喧れ ト くうちゃん ズ9 リ

史た上ナ。ナ入の人生│ ネ

木写 ちゃん .

■ 争

` へ ヽ うt■ いブ t

´ tヽ い ″e七 去 二 ´ ノ ′ヵ 在 ^・ ` ・ リヘ ′V 、 ,「 プ : 手、 L`` γ入 ンク 椰 │■イラ ■ なイメージ L残 な が 夕 惜 ι 支 え zく た 告 。 9戦

/″

と 一 る __イ

:

v、 ´

月 、1■ ′ =

Zいブt

ヽ /―lレとくれ`4χこなの足と 秦っ 叶なド5` 本う ,す/1‐ド ーユタ じkな ぃA渡 ∼ ζtt ttつ も渦力ヽヽ

` 奉場だをか″ υ 3ぃ ら かTだ 重 臭デ。れて ☆欠 _おもし 雛尋t

ミ た ぃ モ 丈 謝う ユ t4な ′ .」

′ ザプι令拝 し く航たよ・ グ ∵ ま ゎ 希丈購 rな た′た外墜 力きグ 5′ カツ科 il― 1此耳ム "Ч 'し trけ 在け (聖人)ネ h、Ifr tttι 懇魚 多。 オうK林 笠tに t,ご ′ゞゴ支たιもJttlし た イ/ ヽ o ゆうや st.t kO岬 にヽ り t_グタtみ 1久籐やIかよいt、 C,`1ヽ が 'い す多七.嗜 だれ││ま oたτ 考えτみ。末aイし 唯 9イ lYlで たなこし夕 きっも一 k着し ´ iltク Gつ ちス∩ tき月階翡尻んオじlな 外るマiltク り リlン の歌 す ′すoltrノ スじ八 ,■ ′ こう

型 ≒ 鶉影鳳魃 難 奏 審 だ 議鍛辞 殿fム 量輩轟 十 ` ド夕 ヽ簑 ヽ だイ 0か缶1た

∠ 、聾 キ ゴァ

t:ゃ し ん 「し

` 。でt今 供 彙A子ン る ■移 Z〕 t」 し 力 〔 ち夫Jクきι ォ ハゥ ぅ た紳たっ た′

主 主 `

ヽり。メ′ 覧礁 あt吹 aべ_LIミ みっ す ち _ゝι 局事これたて て tム)1。趙t tt口 、υ υ診してず、

ぢ ェあ ぺ 亘 並 蜂 鼻 塾 主 堕 」 璽 上 墨 生 止 ■ っ: ∩ ネ

in

貿│ヽイ■■

リ′ pれ レ の よらこちやん_オ

・ 女♂Й(1に イた盤 f

` タしい 。 生)買斉力すIネ

ゅオろK漆うにてtο ttη

′ (uFい ミョンナ理 ■ 主 型 」く壽t 。 瓦 てめ噛 P う い へ° f i 勁, 0 0 ゴ ね 、 し品、 ・ アι竹ン

lみ さく ゆ さ

もえ

雉警 ポ推勢 │

` とやご, ■′ ノ 卜「 ち

碩 ¬ 171=帯 万 覆 フ ‐ Mな 運 ル ■ lt三 じ _老 L杯 ′ 力 角扇i下 ‐ ′ι 覆 ¬ 砧 て‐1名}て

助求せ負ぞ `t

ヽ め り,3_な た 名 K″xt、、 ゆvん 薇 セρ4盤 ゃ`

多託 い イ L左

∫サルレ %│ミ ″魏 Й ` 童 互グ 多 勘 )ι ゎ 。打t C cttiてtヵ

キrttk

υ ヽ tヽ ′ ∼ ` レ 9ゎ _tま

エックご上 豊 有0 アイ降 θt t p H ? 哺 k に t た( ■h η茸ゃ驀 蒸 再 z 「てぃ″ /ぅ _ ′ 1■ 瓦 ξ コ=ュ≒ タつ 二 注 _.≒ t ど くみにん 冥│ふ むで4a夕 .θ で` もそ人 ク商.ご

ヽ ``レ 、 α す と 11二 ,ぃ i豊 ゴ 宅 L些 互 正 li=ギ ヽ う 増 lifl子 IIテ lttl¥生 11『 l単 響 : 三 ′ │す た し ‐ ル ζ “ 侵 ヽ 嗜bぇ気11 ぶ ちろ _傷 θ 主 321で3`だ ぅ を3.れ,.シ く ょ

キっ η

傷:夕過 lJ_ノ 1■

物鰺鞣 燕ホ │ そ去ちや呼翅 l ェ .

ン娘 ´πF´ _ _i

ヽ ド 9__羞ゝ ュ

色 .n

」 を

``

ず み:1

(― √か,た│: そ 未К冷でま 者‐

― 読がbl措〒 マ

` :卜■ゎ ヘ チ ■ │ミ ,1レ t` IIく へ,ヾ 、 、 しく、 運 ょ 燿 姉ヽ ぃ寺nにな,fく ち こ し 、 ′ C‐ かりあヽ ,こ 逸 り

:1::

鍛t 緩 1古


脚有

‐ 08-11-20112119PM;本田競研 ( ■ L丁小 ■9ゲ ぃ

広li部

# 1/ 1

TF●1に ,LHH 八 Ttt g'・

、ム、暴島 、 iCヽ こと、個 自発 、鳥 し 告 自、, ヤ‐■亨 その り 1ス1ムt=花 群H、ィスえ「 ・ . メぎれヴ 今日中に'夏 こ書ぃ1 1` の管 し 三れ工 などなご自由L こ 青バF ■ 回iェ し た`, 、 ぃ ご 二 、 日 申 さ し 」 ぽ れ 十 f T れ ル t 獅 ャ顧 し ムぜすヵ λうな魂 幕 t i l … ゃL 旱つ で ぴ 『 J■0ざすヤ が` 占. 工│に ・ ヤ争ざざ5。ごう。し″ 車く ■■lI くうちゃん す手卜て 胃

V′

1ハ

し゛

!ハ

.」

運L 1 4 1 、

1乙

t(い

ヽ し

、 W口

● TJ`

′‐

V`

本写 ちゃん と一名

☆た かソ ♯

ギ 細 ヘ☆ タ イム ☆ " 〔 ●` r,ち 1,し

´管J書昴像、 た1=ごrハ=や卜

"

tヨ f ttヽ ぃヒ=3島 り■f3ヽ 、 、 け(聖た,喜撃暑が ■め■_走 tl tlた ′丼frr゛ っ` ゎ、 ゆ うや きっ古― ちゃろう の1 、 t じせ ヨアキム

レIい 手 1■4ル●

` 1+J‐ し fo寸 √:′ デ ( 7

oし ,い 力 I争 ●

i ` ゛ 力

ヽ に 人r`わ 。

.に っl ■ ヽメ ■ . 千二 .レ ` ・

゛き ぽず ノモ:` を■ヂせヽ tl丁き 有f .あ` ・ ク 1′ ゛´1峰tザ ツ ′ 1卜. ′ め、 レЪYo-1.も` 七゛ ′ ふ、

、 ■罰イ 警=黒 cっら・」、 ″お要静ず "

み ゥ古

なこあ八

ミョンナ

輌 ^ro

`TEふ ・,111 +輸 1 卜Ofご ・ G)=

ちも ,t島 鰻t,1れ,1

いうやた tナ

よう1ちやん

卜lr.

e

ヽ`: ' ユ 中

ソヽレ1て 1

fo

`● 上 い ご 中 口`や で い

17

票 ャ ■ ●′ _・ ご ! = 卜 , ■ ■身 嘱Gハ ギ … "ち

4 マ ¬ ゴ桟 ` 計手 ー

Ψ 軍メr榛肩

よゆみ さ( ゆき もユ リ,こ がゆ vん

エツ 上 くみ"さ r[ん まゆ ね`

■ろろ■

11

甲 '

I瓦 豪雇

葛 高 高 ボ : : 1二 1=¬

峙ムちゃ叱

海 rt.

、 f∫ IT賭 層 ぷ l明 μ .1縄 I竃 l『 〒 言 魂 輩 ゞ l:1 撓 ち 11 I:ギiiVI[::‐


RI「]I

ヨアキム

最初の行けてなかつた時に、メールもらつて.すごく励まされてたのを覚えてるよ. 行けなくつて、とでも不安だつたから。 すごい感謝資本 当にありがとう 1:!

ユ ハ リンパーということで、結構絡みがあったね∼ ー けいちゃんは、音の背が高し 【 ザいちゃん いい舞台慮1れたよね☆ けいちゃんの優しさに癒されてたよ‥

みつち一

し、みゃち―にはかなり支えられた∼ 同い年だし、話し易し` みつち一の優しさ.忘れないよ☆ 職場も近いし、飲もうぜ ∼

わ ♪ い ヽ カ コ し ヽ 1 が く ツ 思 強 べ あち よ装 ヨ 」 担 第 守 緊 〒 ‐ ・ しかつたよ ンコノtの で か:サ か い∼ も∼とにかくかわ い :! ホ

件 、話し

てくれて、ちょ 嬉

きき

可量い韻 に、セクシーボイス士 てた :ききは話し易いし、実麓がとてもいいから、これからもその実顔、 感性 何 か、とても近くに「 ‐ 絶やさずにいてね 一

りりい

てもらつてました。 りりい見ると、表情が緩続 .いつも支えて助:サ 鰻静だけど、本は強く素敵な大人の女性☆ 憧れるよ、りりtヽ …

ようこ

かわいいフェイスと│ま 裏腹に、ガッツがあり.カッコいいようこ. でも思いやりもあるし、おなた│よ 最高 ‐ に乗敵てした 1 ‐ ・…A 犠プラも一結で、本 当良かった・ ‐ すごい可憐な見た 目に反して、竹を割つたようなさつばり感があるミョンナ☆

み ん ょ な重 し か っ た 費 Iデ 百 督 [て 恥 ね♪ 楽 皇 絡 事 も いし く 家 近

まゆみ

、董医者も行 わ∼

年上だが 、年下のような放つて灘けない純粋な女性、まゆみ。 T緒 にドライブしたのがきつかけで、距離庫 なつたよね☆ また、色々請そう∼ ♪ レ [ンロ調)で呼んじゃう。 も",さ くちゅわ ―ん (′

さ く 盤 の と 掲 て く て ご お 鳥 踊 ッ し た : 、 す く ホ を 党 え て る り が と ナ れ 。 あ う 島 ど警 轟 覇 心が澄んでて、本当に気持ちがキレイなさく☆ずっとそのままで却 ね∼さ…ん ::と思れず呼んじゃう色気の持ち主.

ゆ き 葦 厭 ゴ 寝 暦 ぜ 電 暑 墓 ヒ L象 驚 筆 織 上 こ

し か っ たか 嬉

今後もオンナップリ げて ね、ゆき :飲もう★

もえ

ンみたいなやんちゃな感じもするけどt女のこも[_ぃ カッコも似膏うし鳴かわい まるでピ…ター′堤 い癬 ‐ ^ さつぱりしてるけど、熱いもえ★素敵です ―

P.02


1:ill

★青 のメンパーヘメッセージ☆ かわいい笑館に、見事なプロ魂☆ れた、クウチヤン☆ くうちゃん 舞台へ翌む姿勢を思い出させてく 皆を引つ張●てくれて、ありがとう :色 々心配かけたれ ∼.ほんと感翻☆☆

梅ちゃん

ム ハ かわいい集順に、愛ある 我らが衣装部★うめちゃん … 色々相談に乗つてくれて、ありがとう 1 彙ある写真のプレゼントは、本当嬉しかつたよ∼ ♪

と一る

スーッ姿かつこいい :スタイル良い 1: あ詐り話せなかつたけど、色々サポートしてくれてる姿勢に感動してました. ありがとう∼ :!

王子

ました. チケットから、腰のサポートまで、何でもかんでもお世話になつちゃしヽ 何でそんなに優しいんじや∼つて位.まさに身も心も王子☆★よ II 憲も近 いし、飲んだりしましょ″

星矢

ちょつと不思議なところもあり、済んだ美しい声の持ち主、とつても魅力的なせいやさん。 ちゅそんの義つてことば、分かるな∼って思うわ. Gプ ラでも、他のことでも色々めつちや支えれらた∼ あリカ(とう☆

カッ

我らが、リーダー☆権力者☆★最初の頃、飲みに誘つつたな∼ 相談色々のつてくれて、ありがとう!I あの時│ま カッがいたから、ここまで頑張れたって思う。 サイコー :ll すごい、量が溢れてるカツ│よ し、また触 もうね ♪ 家 も返 tヽ

た た け け骨 鵬謝1据濯 ゆうや

い せ ん ざ ま , 叩 IFご 鮮 劇電

優しいゆうや★ カッコいいダンスを踊り、彼女に1ま H酔 │ま てだ魏 し、色々犠江 くれてありがとう∼ lJlめ ヤニメンバーも忘れないわ☆ちなと末永くお幸せにね ♪

きっち一

弟分働ような母性ホ能をくすぐ螂れたきつち―.ひたむきで、一生懸命で.将来いい男になるん だ碑 な。 ィングプランナー、私も憧れた★頑張つてね !: 楽しみ カウェT‐

ちゃる

Gプラもそう、腰のことにしてもそう。超支えられたね l 」てくれたこの歌、一生忘れないよりちやるの歌声も` ちゃるの作― ライブとかあつたら、絶対行く∼ ♪

めぶお

うまいし ,1 見事な投菅魂☆☆喜連者だし、歌│ま ど、タールな部分もあり.思いやりがとてもあるのぶお. 熱い│す ―フェクトなの“ どこまでノく

P`ll


」 d年 11月 1側欄,20呼 89,懸 :]:34329711

い 賄:僻)い 蛹

R:791

rbの 機 ち 主 な ★ 持 こ 鞭蘇 つ み 三 荘 童 千ア 1音 冨 暑 f曹 著 卿ⅢⅢ 卿 醤[ 髪鶉

く み

島鷺 棚

t t ウ 島 加聯 叫 ☆ 甘

馨 経、 ぜ 喜 署 紫 よ 警 督 里 奪 ぉ 鼎 〔 て 顛 見 故か 何 ホ ッ と し ち た か ゃ っ ら な ん だ よ ね 。 ―

ありがとね "

い に、 的 な にも 、 み ん ま か ど な ゆ 素 二 掘 驚 ォ 亀 雫∼ 電 :繕 梶 1島 護響費響留才「 警 Fし も ま る

継嫉島 襲 晒 罫 是 認犀 宅 竜 だ :言 臨

=ニ ュ ト

カッコ良かった !パプヮとぉ似合tヽ 姿勢:ま です☆ や綿 ゃん 薫永覇撃蟹議種舌}`

ストラツプ、大業にします∼

青大陸‐ 高精誓百毒帥

害くちゃん 、くみ

遅くなつて本当にごめん │::締め切り、勘津ぃしてたよ。本当、ごめるね :

また、 用議なんだけど枠が定り なかつためで:選 毎輝夢岸t魏

青打ちLlfiや ろうね )

鵬パー で 激は0 3 1 - デ す 。

i

P.o3


108年 11月 1 6 ヨI D 7 : 0 3 P M

FAX 薔 電: 0430854199

キ クチ

P=│

がけが えo な ぃ奪 人 T 姜働仲 閣 たち二載百針

口自託 、鳥 ぃ虫、暴島 , 為 白、ナ 菫T . た す

μl 人t 3 奪 有のり 〈 などなど會申t i 脅

ム 」 :精ボ識覆T版 卵i跡 1ヽ

ごムリケル 島4 のt ` 下ヵ

:)、 ■ ヒ油3功 t'あ 世豊

llヽ せもヽⅢ し 1

型笠J止 くうちやん 」

輔 峰 ん L幽 5ξ み 難藁動厄墜菫誼童題墓轟謹蓬菫正面通菫五亜亜

'とら。_ ノ し出ニハ7■_ヽ ハ1、 1-圭117鼻 7ビ :いf―nぃぅ+′ 構 `の 椛轟 停ュ てく軌tt hA静 デ〕 薔ヾ

緯 書ゃん

艶b工 :轟 』墨五曇聾がコ趾去壺堕L���J 艶釜ュ董壁I壺ニュ L子 勉 」 撞麹髪盤L■ ☆ た 上壺l農 蜃L=至L虚■五色」生.LLh盪 _量上遇 ―

か ソ♯

麗 施 艶 整 L豊

■韮

」 聾 量 ゴ ム 上

(聖 た)たし たtナ し た。熱い=大人な毒二望霊立主Jl ti t† すたけ士 聾菫量圭` 」LJ立1逃 llヽ あり ま t・ Sうや 」 量数麗壁豊曇聾塩滅量量摯選豊嵐巨』翌日国萱主主_____― ・ ‐ 魚ぜJ

きヮ│―

証‐ ちぶ る 腱 縮 五 ]鰹臨 血 並 盤 逃 出 塾 上 皿 盤 ‐1量 動 艶 L o 4 議じせ亀ム艇壁経宣量土豊麗義盤担畳超壷塩墨壺旦豊豊当遭幽墨二豊L i 適壺電璽五覇 ]ァ ヤム

ti_ス毒

1 たし の男

` ち上あ凡 Jヾ 竜ょ』 五 ■ムユか 、 日7● Ho

0 ノ彎 9 ヽ

守 お

に ︺鋤 い 中 打

0ど ザょ

ソツc 、 =主 £ ゞ コ L 盤 」 よう■ちゃんL豊 彊聾上張塁 二 重 ぎ丁

きョレ

い十二埼 v喝

1 ヽ

てぃ

:` としヽっ ヽ

きええ ん

ユtltl圭の17■ がlrl vん 旦 んチ

亡んめ

e■ エザⅢご上に て‐ 3じ れ 翌 く1と くみ にF‐ 空L駐 畳亡 饂1 血■1 1常l と │

ヽ :が,f_ 星堂予1,み ` ー キ l t 、 旦メ ロ ■ し た

の、 スIP'Ll

Liゝ 捕黎.なた ふレトt

いて■ ■1,

T‐ l 恥享

LI些旦ユJl■

、 4詢 ヒtt

ユ │

11

Li4ゝ iム r...コ i

lゃ “l■牟 '3プ ‐ ‐ ・ ・ゞ の t■

主もら 撃S亜 壺 重 L `‐

や二ちや電

注ヒ的

やい ヽ食

坐 I中 い ス

■■

・暉

0

仁L ン 、

士上 itイ

よ いし 世l■ 哄 ,マ、 有導lう 源 lit)の か囲,t″うネ.

1碍tしヽ1 ・L「 り考ヽ

め国結力と脅0れt〔 ゝ t孝 il■ 外当l■ 寺ホ甦Lで 胸「 かT丼 T■ますl 竜 発り│■ )、 翠 製 量 塾 二 豊 銭 LLttRI任

ン電対―神J上

, o M 二 卸 穐」L t t L J 書 ﹂

趣 l両

7ち ―


雑にL

/■

仄″, ぃ ´

がけがえのなぃ言人7書0仲 間たぢえ ス1 人t 3 ベツH 、 こと、御 臼:七、几 ぃ 虫、承霧 、 c、 告 臼 、,ぇャ _史タ 者の皆 イ ° こ看スf在の などなど`自由し ム :御 ねぶ∬tttTノ i鼎 手、 舌 ど ぃ のごすが ムリケル ili[1ヽ 易/ ) に 渉メ IL毛

力 イ 盆たょ パとう 。 あソ とぃう 10如 ′ 欺し tl.()ち め健い 躊 )た 午品L“こに嚢で せ .れこん彩大焼 f〕 くうちゃん ガL卜 `/ タ 木後 5ゃ ゝ 鱒o宮瀕 バぇ気のネ Юοg間 腸リカセ う。木へのう夫│ちは ンoお だち。これうぢモよろしく一 。 ヾι ― メ _ と一る 塾 正 堕 壺 璽 強 崖 亘 菫 童 堕 週 塑 塾 立 盪 曇 勘 塑 幽 直 墨 `あ ■ 争

☆欠

ヽ 椰 農ぶ と 吹#は静 ぶ13秘,青ta庁′ っ 為 成未商だ │た わ助 ゝ 論 に 」 tti唾 塾にな多わ。ン からおね。 駁 待はづ mμ ぜゲ,0。 ど通整登壺cLすたぼ元 :り t C tれに † ナC人 )裾 く生き3,て t ttt縛 こ どヒ え先か,し し ご;た∼。 'け ψょ 、 が √ ゆ うや 〕 ≧ θ θ士,そ 〕 た ― ´ も ち の はみ, 5tQスマ う きっも一 力

` ソ

t・ 熟虎っCt`だ ″二

ちそろろ じ 色の, の 月、 tじ さん のお

,7疑 こ 六た。 tち:

tろヽ If卜Ч。 〃朱tさだ 〔 ′寂ζttitな

] ア キム tか 、ちゃん 〔 ■Itfを は は、 8党避 こ 駄戯災要ざ息を3と 仲鐵.メ 費 わrCtt歳 スはtヽ ′ 気日●ぃな緊ぽ み っち

の ぢェあ八 栄年は僣

卦 1■己zA(ぃら こ 働ぃる L認 ,知 P ヽ 、 、 快めむぎ へ ttel、 。

2〔 ヽ tくごり 型ムt■ す だ│■。な よう■ちやん 平00/籠鵞おっ

めて ミョンナ とに

なイビ許7)ヌタイじ Bら

皇0鮨駐 在tち■■ プけ9 `景 │ 力 年 マ 難 曖 けどc F `

じ ひt( J[才 贅こ′

、 ラは?清 りに a/話ι ι ぼ― ご

レ私爆.滅 , ク eだ トQ′ 援 摯 6ご 費、 ふ 4磁ぞ `` みぇ (重 い (4蟷 メ Ь 5uツ Ⅳ (澪 ご【 推 よゆタ υ =こトリ 。 ハt“ →耳 "の 表 2¥効 ,んはか 秀ι さ< ,/L

′‐

._ ^

`

`

ξ重 董 琵 ξ 壷 罪 当 雲 材

ル. 島 k ζ 餞爵じ / 炒し

ン rι 繁あ ♂ 苑ぅ 誘し ィ (覇、 摯イ摯1処 江 "[耳

げ ど壼仕メ み %こ 壺 ・& 犠 。 しま 梯 u 墨 ダぃ の業 t i 膚け在, ぉ '3… e ヴ て i 為 ら障 濁 筑 ` 19{≧33t理静 〔 中v、運 ヾ痛 、 ゃ こ ′ 力 程 陪1

tヒ よろろん の や れぼ 群 各喜在. 4 致郡っ ・ ぉ千, 誘 は 篭 l 部が l ヶ _ ・. 立 、 3‐ _ 斗 ^ _ . ` や たよち 空 ぉtiぷ JttRa ttμ 、

1 ド P=亀 喜ヽ …

鷹 ′ ま、 毛 頃… 1音 の噴 い輛 武 │よ社 イ +澪 軍 1ゴ玉 塩 参 11られ ぞし、注 。 'ゝ こ い ″ う )クネυQ Q モョロ ゴ 求碑。

0


‐ 0仲 ぢ え☆☆ た Lす え の が が なぃ言人▼ 奏 「 ° ム 11ヽ │二 1衡 t iグt翠 パ=き ilttД [「 負 ′ 1 1こ11そ “ 、 、 lキ 志 i,4iル ■ そ 5メ 文 、御 臼オを、足 ぃ 虫、承 霧 、 告 白 、, ぇャ ´史タ 者 の 管 ( み1 人t 3 死 ヴH 、イスが = t 、 な どな ど の ごすが

■・ ″面 にりも, 製 くうちゃん _ エレヽ

木纂 ちゃん と一ろ

_

■争

各ζ _な ぜ各、´ιぃじめ■ヤゐ.

☆欠 カツ 科

tCけ た け (聖た) ゆ うや

きっも一 ちやろろ

七 ン リ立 いL 二 _ _ _

りL′ 、Tヽ

の パ、 tじ きた

]ァキム __影 襲立塗 笠生麓墜´二 ずヽ 量 に――, tナいちやん 以 っち ちェあ八

″ π マッタ″ ′ しヽフ しヽ (7

さき

二______― ″ │′

ンt/t

レ■ し多

、 ソリ に

よら■ちやん ミョンナ

よゆタ さく

つt

t`

ゆさ

・レ ■ ■ ″

もえ

t

ケD3___ル 納 トレ ゆソん や`

カレ3

工t/ゃご土 くみにん___ ■ ゆ わ`__ヽ

t ヽく

くつηン ヽフ

よろろん__%ヽ

たよちや唯 町 メン t i

プノたβち仁 一 へ9アタrシ ち` ―´ ス、

―――


えのなぃ言人▼ がLIが ,閣 たぢえ 書のく

を、几 い虫、承Z 、 告臼、, ぇ こと、 御 臼オ 者の リ イス1 人t 3 ベ ツ潤、イスが = c 、 ャ´史タ

、 ム ね :御 ザ識貌T′ [「 ょ鞘渉´ 17:iili[1ヽ 、 1ヽ 志、 視 :ル i;方 ■ Tメ くうちゃん 木後 ちゃん と一る ■ 争

` う多

うグ

` リ ぐ多 .われルはその /ヽ ″ンラ/κ′々んんんろ^、 ガ しク う。 たたタ 7/ろレ を 物分(売れルタ イ %“″′ 発刀ク/ι イ4/― イた/7/, ″グレし′ たん。κa雑"ノ /たう オリ ノ lあ 効lし う″多分ρ ″孫り

☆欠 か ソ科

1ル リ ヽ レ〃ん∼` 負け(聖人)人ν レフ ,レ あ 嗜ι わし ウよ み。1珍 多たたしレ剋″4/ メレ tC t† レタ 艦尾 そ グレ ィ ゆ うや ら 夕 々しは力t延レタ `″ レタサカ1 う′ ・ ` tζ 七フうな クいうとし4 力 ヽ も 多レ唯琢ι″っぃる 務ィろ4ん 。あろ%仁t ち ι プの 力多だυら.移 り%か 、イィ

3 ■荻 ″ と多λクЯ

れや

ヨアキム し , ぃ ちゃた み

燿の

´ ′ 姦′ ″モ a

レス慮″L夕 /1,/ブ レ ノ ク4 /望 そ膠クル 多 tうグぶ Z

仁rあ/ぅなの ″イズク たズ1 ク 月 И レクタタ 多〆人ハ ´

りもの

` γ γ 〕 こ ち やん よう

葺「 彰蕩市

に )/1 ミョガ坐 ∠ ど こ 4月 、

″夕 ′

よゆみ だ /レ4,多 さく

″ ″卜 多 多 `薦

多 /れ ρ スト んπ レ廷 ;44レ ブレ″′ ιη力い 多″ みあ ヽ タルの絵え 易グ│だが 多多了

多アイ´.

ず 太

さき

イグの Йり´777ワ

ゆきィ

資些

″セ

タ 4イ レ 者χ杉 ク玄彦 っ ヒ多%ι∠υ"ん ″Ъ 1.%レ ク イ,ι 、 り ,た`″プ ′ ″″ろ 為,多 :ズη %ジt″日の ″ι レカ│

´

´

1

■ .:l′

,

たの″

tえ

//Aル ト笠 t 了 こ /欲 男/1々 り' 3 2“攪 の すルタ歿彩L Z I t t :Z[茅 =:7フ '菱 ラ 芳 万 蔵 ″ 弊 ` 鰤 ズ 十 午 午 ≠ 4 字 劣 t″ lκ ゃゆvん /%多ズ./ヵ グ /′ ノ 行′ムゎ レ燿/衛 グん イ.

弓 易百 フ 孫可 レ 瓦 鍔: 仰笏藁 亜 蒻 芭 産 栃 移 'ラ

V王 ′ く rこ み 22二 kι 1 ヒ ≦ ■ゅい 子 じ L二 イ ) ″φ ち 部; ん立を 久 ″ レ す 三 7 ′ Ξ ι ffi`Lfi`I::7 l 二 i l l i t 、 ,撃 [`ifil`L`LLi:1立 :77Fttζ 猪 :う 7::: 14-//_/ヱ よろろん_象` 堂 ス″久ィ″ん復多多れ″ クタ ヵ′ ぅ_危ガ嫁 ′ _

ェックご 土 くみ に ん

″″ ″ ″

`い イ たよちやレ タタ多

_

′′ ノ

_

´

殊ィ ,ψ タ擁劾/スタ ッフ

/ク 多二 │ヽ

ク ルチ′脇′ グ万瓦アラグア覇理=両 イ

んん.2んう夕・ んイルタレ //リ タ・


` が えの ぃ な 言 人 7 奏0 仲 閣 たぢ二舗 ■L す 告白、, 夏 伽自: 七t 鳥 いま、暴能 、 tと 、 、 ャ_ ■プ その管 { 人1 人t 3 縄 響村、ほ えr t こ ・ 上 0メダ多′ に国にし ぃ11、 基の管tl各 なご自 由に脅八β など` 、 ` 1 年 fi全 fFヶ l ρti 、 され i 今 日ヤぽ , r 高 tf‐ で・ t■ 「 TH C)´ 風1 ` f t t l , な場 合 t i l 、 ゃ、旱っ 1 ヽ .l 11 螺 ``■ ジぼ ′ て(最 プ ■ レし 気ヽづ 楔毛 `Tヽ 囁中が顆 堕`` 翌響 EI型 │キの くうちゃた 鷺ぬで `員

塾=罐 聾 轟 : : だ三 憚証面 ト と_ る

ス 釈 rn 3t℃

魂 帆つ い

■ 争

☆た かソ♯

c ヽ 詳 も ミ、 手 通 の要

曖 曖 極 副 ル

‐ ■03 tiけ負け (聖た)キ こ中にヽ

も し/ 猛

tラ5鳩 υ

い 9繊 〕

ゆ うや

きっも一 ちゃろろ

いヒ瑠kい

` き戸町ごて

■tヽ ETftttヽ

に 尋うし■′ )メ)Q夏 デうち

ヨアキム け ぃうゃた

■し ・撃及 │

ヒ23t健 宅 ャ

tY

々 ら丼 町ずきゝ

み っも

ち二あ八 Qセ ンス ヽ いう し ヽ人¨_Ctt t よら■ちやん_三

ヽ く lもい=ζお い村ゝ 上 3ハ じ二

│ヽ しル つ 。

Gけ バ'

士 )く 、

ミ 慮 {

。 もや 伝

で 三 二 )。

4′ 式崎 ぢ 乞

もえ

幹 「パざち>I"ぃ η,こ ぜ ゴち ヒ ・ ` ゃ ゆ vん

甘素 σ憂

ェッゎご主生

∪一 ︺

くみ r t ん ` まゆ わ

ゼ鴇 ヽ 」 、 鉢 鷹

ヘー ミI I ―

りわ

`・ ゴ げJ韓 'ゝ 本〔

町、 Jめ, I

MR

多 爵 いて

主ろろ∼

議 し、 嗜ゴ`っ そよちや電 墜昼ニリ7)で

ごニバLにせ( ι

ヽ■

響 携11 tr宵 曇 哲くなさにへa鼎 卜 .蒙藤確 ノ 、 100/1001d

60880τ

88:ヤI 半/0こ/11/800Z


がえのない青六陸の仲間たちえ☆☆ bvち ゃろ tll■ 「 暉開嘘Lの 皆、一人―スに感謝、伝えたいここ 面白話、思い出、最露、告白、漢字―文字0こ など、 自由Jに書いτ下されよ♪

くぅちゃん

たくさん美つて たくさん泣く もうどうにも止まらない 鼓職♪くう動♪コモビとコモビに目わる人を愛してるのが伝わる、感謝 :

梅ちゃん

いつも見守つてくれてる、マザーうめちゃん.衣装、最後まで迷惑かけました :まだ付き含いたてのカツプルに兄えますか?美

と―る

その鬼コーチぶりからドSかと思いきやドMら しい。あはんあはん♪ もつと絡みたい ! KEEP Regular」 KEEPを通したことない「

王子

(議 )で乗り切りました。。美 本当にありがとう ! 必ずベストコンデイシヨンになる栄養ドリ:Zレ」 本番の二日間は王子から菫つた「

☆矢

僕のケータイにウンコばつかり送つてくる心の美しい女性です。80年 代アイドルのような美声の持ち主.夢を叶えよう♪

カツ丼

圧倒的な存在感と戦争シーンの鬼気迫る演技は議にも翼似空 ない6かつけぇ。永遠の権力者カツ。これが始まりだね。

たけたⅨ ■人 )

たけ兄と行つたsJsaBarは 良き思い出♪つながつてる書じ: カッコ良さと可愛さを併せ持つ熱血漢。大陸を越えて10期 を奉ヨl。

ゆうや

赤ん坊のような笑顔で腹筋■れまくりつて反則だYO:な 夢追い人。今後もお互い顧張ろうね♪毎日半歩でも前進 :

きつち―

ちゃるる

“ の力を出し切つていないようだね、もつと頑張りなさい.音楽とダンスの目綸をうまく回せたら、良き人生になるだろう。 自分

のふをじさん

芸+饉 =顔 のオーラ。経験キャストの鏡。毎日の変顔は芸の記やした。たわした、ワタシだ !

ヨアキム

貴骨なたたず蹴い眸職目時代の武士か茶人か、はたまた宣教師か?い え私はマサトの前世です。 一緒にて慶く箔ち着きます。

けいちゃん

ひぶほぶ真面目に藉つたらこうなるんだYO:を 見せてくれた、けいちゃん。裏表のない、実直な所が好きです。

みつち

うつかりさんかと思いきやしつかりさんの友情厚人。皆に愛される。one for dl.あなたの真つ直ぐな言葉にやられました。

ちょあベ

でしようか?笑 議」 小さい体から生み出されるバンチのある歌声や言動に強さを感じる。あべちよの中の僕はまだ「

苺書

りlJぃ

―打 卜に きつち―カラオケ なんなんだこれは !籠絆すぎるぜ.錦愛すぎるぜ。もすこし気楽にいこう♪何より優しい人。

良き出会いに感謝してるよ♪

_

員に なしのひとつ0と つが美しい。お互い、本当に出れて良かつた。皆に感麟。この経験は今後の人生の口となる ! 「もんじゃ」 お好み」 どっちも来い来い :マジで上手。菫しい人の胃袋を目め ! 青大嘩.影 のフ相 ワー♪そして、THE焼 き奉行。「

ミョ″

職田力 200(亀 ■人を上回る)でも会社帰りは大人の女。そのギャツプが素晴らしい。いつも本気でぶつかつてくれて、ありがとう。 包書力」♪ 息子ちやるO■ tラ設定の話合いで う∼ん、どうやつて育てようかしう?」の一言は男性陣のハー隆 貫いた。『

まゆみ

素直に回る人だなあ」その素直さに方向性が定まつた時、前進する力は計り知れない。 側転まわした時の印象。「

さく

あなたの考えも迷いも決断も。青大陸の心を映し出したもの。だからこそ、皆がさくを必要としていたんです.

ゆき

寄障のうながりを大切にしたい.気品の中からはみ出した想定外の面白さが魅力的 :ヨかい日で見守つてくれて、ありがとう♪

もえ

レノン.感性がアーテイストに近い。見たこと固いたこと感じたこと。これからもいつばい伝えて欲しい ♪ 眼鋼かけるとジヨン・

みつこ

元気の題。自分の状況はどうであれ、同目を実顔に‐ る饉力を持つ。冷静な部分があるからこそ安心礎 る人.感謝で一杯 ♪

かゆりん ‐

G+復 活してくれた時は最高に着しかつた。かゆりんのおかげで作品に■が入つた感じ。かけがえのない経験を全て+にしよう!

エリカさま

自分を常に向上させようという姿勢が、ダンスにもまれている。キラキラしているのは、内面が充実してるから。広島出身好き !

くみたん

前世はインディアン?つてくらい轟鮨りがお似含い。くみの忍耐強さは優しさそのもの。皆が認めてるよ。祖■ヶ谷会決行 :

まゆか

はもつとカツコイイ。腹が据わることのカツコ良さだと思う♪ HIPHOPを目るまゆかはカツコイイ。「Super Thank You Time!」

まるるん

まるが抱えていた葛藤も、素晴らしい仲間に恵まれてきたからこそ.その仲間を大切にして、自分を広Lfrいこう.

やまちゃん

柔らかい雰日気から生まれる言���や掛け声は天才的.非 日常へのスイツチを持つている。ミーマイも楽しみにしてるよ♪

ようこちゃん

最饉に―宮。

00日 ´緒に彙り た′ 層 バじ 着え ). L本当にあリ ・ ・ ・ ト イ.ェぶォ む :・ レ 吉 ハ イ 薔│ガ 燎 蔵レ 腫 れが 調 ル tt Fれ べ枠′ち″ろ ル″ご・↓


コモビ