Issuu on Google+

大阪歯界広報               第6 8 5号  (昭耶0年10月別種郵便物認可) 1 ・ 平成22年(2010) 4月5日

別\るい民主的な歯科医師会づくり

第685号

電話86(6772)8885 WWW Ode.or JP

発行人・市原 聡

大阪歯界広報 ゆとりのある医院経営への活性化

毎月l回5日発行購読料釦那4剛税送料共)

みのりある会員福祉への飛躍

夜間緊急歯科診療

3月末までの延べ患者数

3万5干名を超える (平成1 6年6月1日∼平成22年3月31日)

中央後援会を設置し全面的に支援する旨を発表した。

とすることを発表したoこれを受けて臼歯連盟は'

て'東京で開業する西村まさみ氏を比例区公認候補

3月3日'民主党は今年7月の参議院選挙に向け

力的に展開'民主党歯科医療議員連盟会長も務めて

氏は長年にわたり歯科に関する質疑を国政の場で精

える∼」と題して医道高揚講演会を開催した。横井

「社会保障ニューディール政策∼歯科医療が日本を変

3月18日、府歯は樫井充参議院議員を講師に迎え、

3月2・訪日の両日へ府歯は社会保険講習会(点 数葦を開催した。

4'043億円を計上している0

労省関係は27兆5、561億円で、診療報酬には9兆

され成立した。1般会計S!兆2㌧992億円の内'厚

3月g;日、国会において平成22年度予算案が可決

した0

領が懸案の医療保険改革法案に署名し'同法が成立

3月お目午前(日本時間凶日未明)、オバマ米大統

おり'要点を掴んだ明快かつ痛快な講演を行った。

3月6日、府歯は第212回代議員会を開催'平

成22年度事業計画、1般会計収支予算'特別会計収 支予算の全議案が可決承認された0 3月8日'厚労省は高齢者医療制度改革会議を開

催'後期高齢者医療制度を廃止Lt防歳以上の高齢 者が市町村国保に加入した場合の財政影響などの試 算を公表したo

3月11・12日の両日、臼歯第165回代議員会が

開催され'平成S3年度の事業計画や1枚会計収支予 算など12議案が可決桑認された.予定されていた第

2号議案「臼歯殊遇規則の1部改正について」は' 府歯理事会の見解を受け取り下げられた。

歯科医療の環境改善は

一隅に一燈を照らす実績

第21-国府歯代議員会

支差街が前回調査よりも

疾病休業補償制度

昨年の衆議院選挙にお

明に映し出されている。

歯科界の厳しい状況が鮮

更に減少し、あらためて

附属専門学校

いて'民主党による歴史

④平成21年度会計中間報

議 事

医事賠償

的な政権交代がなされ、

き'重ねて心から厚-お 本日の重要な議案をど

会長賞

特別会計収支予算 弔慰・見舞 ら、第212回代議月余

うか十分にご検討、ご審

第1号議案 平成22年度

障害者診療

(通常) が本会大ホール

議いただ-ことをお願い

事業計画

礼を申し上げる。

において開催された。

申し上げる」と挨拶した。

藤本議長の開会等盲、

長年に亘り続けられた理

念無き社会保障費の抑制

休日・夜間緊急診療

続いて'21名の会員表

収益事業

レセプトオンライン義務化の実質的撤回

社会保障費2'200億円削減の撤廃

学術専門団体としての確

との信頼関係を確立Lt

えた。政権与党の民主党

に対し'大きな影響を与

第3号議案 平成22年度

1般会計収支予算

太田副会長の開会のこと

われ'報告'議事へと進行 したo上程された第1号

彰、5名の職員表彰が行 の開催にあたり'御多用

議案から第3号議案まで

ばの後'岡会長は'「本

の中'出席をいただいた

すべて可決承認された。

たり温かいご指導ご協力

日頃何かと会務遺骨にあ

①平成21年度会務中間報

報 告

「医療問題について」  のシェアは今や7・3%

協 議       費の概況において'歯科

強い提言を行っていると

フェッションとしての力

固たる信念に基き'プロ

診療報酬10年ぶりのプラス改定

を頂戴していることは、

②時局対策本部会報告

説 明 し た 。           昨 年 6 月 の 医 療 経 済 実 態

「平成19年度国民医療 調査の結果から'損益収

ころだ。

誠にありがた-存じてい

委員会報告

③定款・諸規程改正特別

近森専務が提案理由を まで落込んでいるoまた る。お蔭様で大過な-会

2面につづく

務運営をさせていただ

お礼を申し上げるoまた'

ことに'まずもって厚く

日は第212回代議員会

第2号議案 平成㍊年度

3月6日世丁後2時か

府歯5600会員のエネルギーと団結の成果

Ej頃の会務運営に対する協力に謝意を述べる同会長

` -. l 手 ', =‥黒

ゆたかな歯科医療への前進

平成22年度事業計画・予算を満場一致で可決


-面からつづく

ルの状況では、非常に有 また社会保険の診療報

難いことである。

求義務化については、患 酬に対する事業税の非課

レセプトオンライン請

者の大切な医療情報の漏 税措置は存続となった。

岡会長の適確なリーダーシップと 府歯執行部の努力に感謝の声

ないと本会が先頭に立ち

ころ同会長が情報をい

ついては'期限間際のと

の指定業種の追加指定に

さらに「緊急保証制度」

○歯科医療界は疲弊に痕 は'岡会長の素晴らし

代議員発言     改善として現れた0.)れ

る意見が相次いだo   大きな変化が我々の環境

行部の活動を高-評価す べられたように'本当に

代議員からは、岡執 9月以降'今'専務が述

長年問題碇起し反対して ち早-察知され、直ちに

点から'絶対に容認でき

ント等も加味された改正

歯中枢等への様々な授案

きたが'パブリックコメ

臼歯に働きかけ追加指定

弊を重ねてきたが、昨年 いリーダーシップと役員 各位の尽力の賜物だ。日

省令が告示され'事実上 を受けることができた。

意味もない」という言葉

「対応が遅くなれば何の

Oその活動の背景にある

願いしたいo

ためにさらなる尽力をお

た我々会月の歯科医業の

B

423L518

16

623

592 田CR

1月

田3"

690

653

田S

2月

410

鼎cr

434

鼎#"

5.804 " 6.448 澱

588 鉄S

347 12月

Rテ

ようやく抜け出した思い

歯科界が長い・Lンネルを

o今回のプラス改定は'

ているおかげだと考えるo

として'献身的に実践し

した地域保健事業を社団

緊急歯科診療をはじめと

後も尽力をお願いしたい。

伴うものになるように今

回の2・09%が結果の

を忘れてはならないD今

スZ・8%であったこと

727億円'実にマイナ

費は対前年度比マイナス

定で'結果的に歯科医療

しくも政権交代と重なっ

能であると指摘した。奇

ないので'覆すことが可

れは省令であり法律では

い段階から'同会長はこ

が厚労省から出された早

務化の問題に閲し、これ

○レセプトオンライン義

員会は終了した。

閉会の言葉により'代議

最後に高松副会長から

しが本当に間違いなかっ

同会長の長期的な見通

たということもあるが'

たということである。

だo Lかし平成18年の改

第2号議案「日歯殊遇規則の一部改正に

ついて」取り下げに大久保会長が深謝 白歯第165回代議員会

3-11・12

オンライン義務化が撤回 これらは日頃からの会

を重ね'ここまでこれた

長の臨機応変の対応と示

と我々は感謝申し上げ

されるに至った。最後ま

平成22年4月の診療報

のもと'執行部一丸とな

民の歯科医療の充実'ま

酬改定率が決まりー医療 り全国に先駆け時局に対

境のなかl隅に一燈を照

のは'執行部が厳しい環

費全体の改定は10年ぶり

応している。

らすを合言葉に'全国で

506

418 鼎CR 435 b

鼎SR

初めて、また唯一の夜間

.l30日 5.694 一日平均 6.8 合計

465

田s"

姪b縱 7.6 冤7.ll8.3 1日平均14.5

2

645

鼎c

にo・19%のプラス改

鼎S鉄途

551

鉄 656 8月

鉄 438 鼎3 3月

6.245 澱緜ビ 小計 釘紊

11月

493 鼎32 10月

SS

田#b 鼎

鉄#b 497 s2 9月

鼎S 52 SSCR 7月

75 459467 3R 6月

医療問題について協議

田#r

定となったo歯科は2・

36

頂き'忌伸のない貴重な

5月

09%である。現在の日

3月末で延べ3万5,694人

意見を賜りたい」。

夜間緊急歯科診療の患者数

本経済のデフレスパイラ

鉄C

ると確信している。

で諦めずに反対活動を展

452

るo今後ともリーダーシ

533

ップを強く発揮して'府

620

唆の結果であり、当初か

405

開してきたことによる快

425

「チェンジはチャンス」

408

ら会長が言われている

買#

挙であり、何より国民に

月別(3月31 劔日現在)

とっては大きな福音とな

600 鉄c 469

670

R 鼎 511 4月

買 僣18 H16Hー7

玉利代議員

出や地域医療の崩壊の観

大阪歯界広報            第685号 (酬川年朋3柑那脚使物鮒) 平成22年(2010) 4月5日


して'民主党参議院議員 安心して生活されること

「我々は地域の皆様が

歯科と医科との相互理解の必要性を訴える横井充氏

した。

I

1

8

躍して頂きたい」と挨拶

ひ政治の場でますます活

お世話になっている。ぜ

い関心と深い理解を頂き

日頃歯科医療に対して強

と考える。樺井先生は'

権を支援する必要がある

は'路線を変更した現政

められてきた我々として

なき医療施策に長年苦し

廃等が実現された。理念

オンライン完全義務化撤

酬プラス改定'レセプト

政権交代により診療報

た。

おほめの言葉をいただい

備と体制に対して過分な

療を行っている。その設

として、夜間緊急歯科診

医道高揚講演会   3

師に迎え'平成21年度医

道高揚講演会が開催され たo

岡本常務の司会のもと

で民主党歯科医療議員連 を念願して'そのひとつ

冒頭、岡会長は、

盟会長の棟井充氏を講

が日本を変える∼」と題

ディール政策∼歯科医療

ルにて「社会保障ニュー

後3時から、本会大ホー

平成22年3月18日㈱午

歯科医療が日本を変える

第6 8 5号 (耶30年10月30E横3種動駒認可)

大阪歯界広報 3 ・ 平成22年(2010) 4月5日

険適用'歯痛に対するロ

今後は'全身の予防医

制定に向け、取り組んで

おいた「歯科保健法」の

の時間をオトバーして講

楼井氏は講演で'エコ

演会を終了したo

い-ことを明言Lt予定

の可能性を理解し、医科

(当日の講演内容は大阪

し'これからの歯科医療

たoまた、膝下障害を有

との相互理解と連携をと

府歯科医師会雑誌5月号

学の進んでいる歯科に対

クー氏の資料をはじめ、 する患者に対する身体障

必要があるとした。その

り'組織立てて対応する

に掲載予定)

キソニンやボルタレンな

数々のエビデンスから自

害者手帳発行に際する歯

上で'予防歯科に重点を

どの保険適用を実現し

民党政権の失政を示した。

政府に働きかけている。

科医師の診断書作成等を

ノミストのリチャード・

また、英国のブレア政権 の実例を挙げ、医療への

合級平成22年度予算等を承認

財政投入による国家経済

氏は、今までに、睡眠

のメリットを解説した。

時無呼吸症候群に対する スリープスプリントの保

2月27日出午後3時か

の開会のことばに続き'

点呼の後'樋口副理事長

長の開会宣言で始まり、

1年度第3回組合会(通常)を開催

ら'本会大ホールにおい

理事長挨拶となった。

酢  平成2

て平成21年度第3回組合

岡理事長は、日頃の

(要旨)

会(通常)を開催。

組合運営やご厚誼に対し

平成21年度の補正予算

正並びに'平成22年度の

をはじめ'規約の一部改

「レセプトオンラインの

てのお礼を述べた後、

挙げ方式に改められた。

請求義務化が実質的に手

事業計画'歳入歳出予算 れたo

等の9議案が承認可決さ

会議は'定刻に垣内議


大阪歯界広報           第685号 (剛30年l脚0日那脚使物認印`4

平成22年(2018) 4月5日

誓薯撃宝島3*3多数の関係者を迎え卒業式を挙行

改正点を詳細に解説

、33

*%& _・

芳志藷壷来回

専門学校第3 3回卒業式

さ え じ田賓卒

'工U :豆.・二

4,000名の会員が熱心に受講

o大多歯本が ホ数科冊 3 1の大歯月 ル関学副11

社会保険講習会(点数改定)

式典は'赤根専務理事

による開式のことばに始

まり'国歌、校歌の斉唱

後'植野校長から卒業生

指名1人ひとりに卒業証

書が手渡された。

3-27・28

健康診査(事業所歯科健

4月1日からの「歯科

診)」の取扱いは出来な

住所・氏名変更について

住民票の住所や氏名の

くなりますのでご注意く

祝いの言葉を代読した。

その後、来賓祝辞'在

つど変更が必要となりま

変更があった時は、その

校長告辞後の賞状授与

では、成績優秀者をはじ

校生送辞と進み'卒業生

tJF集華

め'皆勤・精勤質に合わ

きましたら、変更届をご

ださい。

送付させていただきます

すので'組合までご連絡

意を答辞で読み上げる

ので、住民票(3カ月以

い'2年間の学友との思

と'会場の全員が感動に

2年に一度の診療報酬

代表が師への感謝の思

太田理事長の式辞で

包まれ式典は垂尚潮に達

内)を添付の上'郵送にて

せて63名が表彰されると

は、卒業生に柑し

した。蛍の光を斉唱後、

組合までご送付願います。

下さい。お電話をいただ

「Dendstryis.aworkof

出席者の温かい拍手に送

今回の2・09%の上

改定の春を迎えた。

い出や、また未来への決

love」〃歯科医療は愛の仕

大阪府歯科医師国民健康

積みは、我々が十分満足

できる数字ではないにし

った。

事である″といわれた内

られ卒業生が退場'全日

保険組合 m肪I677

2 ト 8 3 0 6

ても、昨今の日本の経済

情勢'国家予算の緊迫状

態を考えれば'政府は、

少ない予算の中で我々の

仕事に対して一定の評価

る。

をしたものと考えられ

2・09%の上積みを

我々が本当に感じられる

ことを期待しょう。

いう素晴らしい結果であ

村鑑三先生の言葉をはな

程が終了した。

ましの言葉が贈られ'続

険組合から'平成15年度

いて橋本副会長が'「本

介護保険料変更について

より契約してまいりまし

事業所歯科健診契約解除

介護保険料が4月分保

た「歯科健康診査(事業

校において修得された知

従事者として1層精進さ

住民の期待に応える医療

険料(5月控除分)から

所歯科健診)」を平成22

のお知らせ

れるとともに'より高い

200円増額の月額3、

年3月31日付けで解除し

お知らせ

教養と情操に富む歯科衛

000円となります。乙

たい旨の申入れがござい

識・技能を十分に日常臨

生士として'立派に成長

種組合員の方々にもご伝

ました。

トヨタ販売連合健康保

されるよう念願してい

達お願い致します。

床の場で生かされ、地域

る」との同会長からのお

熱心に聴講する会員

むけとし期待と温かい励

卒業証書を授与される卒業生

会務の動き 平成22年3月 (国) 大阪術歯科医師国民健康保険組合 (学)大阪府歯科医師会附属歯科衛生士専門学校 (育) 大阪府歯科医師青色申告会連合会 (府) ・大阪府学校歯科医会 (市) 大阪市学校歯科医会

(府)常務会/(府)総会/(響)理事会 税掛目酸/大阪府生涯歯科保健推進事業二次医療圏代表 者会議 伊藤松尾深E]津田理事/大阪市高齢者訪問歯科 23E]㈹ r漕.了聖,+.1.・=二`-∴L二TJTH ":-: 二∴. ∴ I-: 診療事業検討委員会/大阪市高齢者訪問歯科診療事業並   1

I --:

「8020連動推進特別事業」報告会/(早)卒業式/窮 24日㈱ 1 65匡旧歯代髄鼻会 E]歯代桝、市原予備代敬具、木田理事.   大阪府医療相艶等連絡協戟会 田。常務 欄拝広報部Ji/民事調停委員会 岡本常務/大阪糖尿病対策  25日㈹

推進会議山口糊               大阪府歯科医療安全管理体制推進協議会/歯科医療安全 12日(金)

管理に関する講習会/障害者歯科診療医局会/(市)紘

大阪歯科大学卒業式ならびに大学院学位認証式 会長/   会/近畿地方社会保険医療協蔑会大阪部会 垣内常務 大阪歯科大学第58期卒業生謝恩会 会長/第1 65回日  訪日㈲ 歯代議鼻会 日成代執ji、市原予備代現員.木田理事・福井広報部

大阪市地域碍祉推進委鼻会 太田副会長

27日仕)

理事会/代議員会談長 副議長打合会

早/(国)全協通常総会 河鹿専務

すこやか大阪2 1推進協議会調査分析活用分科会 伊藤理

(市)支部長会/岸和EE]市支部総会・懇親会 絹本副会長・

LU口 古川#斯/吹EB市支部総会 懇親会 橋本副会長・深田

田口常務、 (園)牧野副理事長

理事

法律相敢/警察歯科対策推進室員会/公衆歯科衛生部常

伯井俊明次期大阪府医師会長当選祝賀会 金魚EEl口常滑 任部会/公衆歯科衛生部会/大阪府歯科医療安全哲理体 15E](月) 制推進協勝会作業部会/産業歯科保健対策推進室員会/    会務打合会/近畿地方社会保険医療協読会総会 垣内常持 (市)理事会/新規個別指導 垣内常梢、草間 林 天羽理事/ 16日㈹ (国)全歯遠退常総会 河島再発 理事会/広報部会/(国)理事会/(国)常務会/大阪府歯 科技=士試験要員会 太田 高松副会長

社会保険嗣習会(点数改定)/生野区支那総会 懇親会

社会保険講習会(点数改定)/歯の健康相談会 松尾理事

会務打合会/大阪市高齢者施策推進委員会 松尾理事

理事会/(育)理事会/大阪口腔衛生協会「重度陣がい者 等8020運動推進特別事業」に係る報告会

保険相談/第21 2回代議鼻会/第l O8回総会 三師会 会長、近蘇専精/民事調停委員会 岡本常務 疾病休業補償$lJ度運営委員会

El歯対内広報小委員会 市原理事/臼歯税務委員会 久山 理事/大阪市地域包括支援センター運営協議会 松尾理 辛/大阪大学歯学部附属病院臨床研修管理委員会 山口常 務

18日㈹

臼歯社会保険委員会 垣内常務/都道府県歯科医師会社会 保険担当理事連絡協議会 坦内常群、草間 林 天羽理事

医事法制部第1小部会/医事法制部第2小部会/医事法 制部会/大阪府学校歯科連合会理事会/医道高揚講演会

(学)教務会/(学)教員会


2204kouhou