Page 1

  ト  私 し じ

も 、 は じ め は 気 が つ き ま せ ん で し た 。 人 事 評 価 制 度 が リ ー ダ ー 、 と く に 現 場 を 預

て い る ク ラ イ ア ン ト で す 。

つ は 、 C 社 の よ う な 成 長 を 実 現 し て い る の が 、 私 が 人 事 評 価 制 度 の 運 用 を サ ポ ー

と い う の が 実 態 な の で は な い で し ょ う か ?

﹁ 手 の つ け 方 が わ か ら な い ﹂

﹁ 手 を つ け た く て も 余 裕 が な い ﹂

要  な し い か 、 し や 、 り 本 た 書 く を な 手 い に と し 考 て え い て る い み る な わ さ け ん で も は そ な う い だ で と し 思 ょ い う ま 。 す が 、 リ ー ダ ー の 育 成 が 必

ー  を ど 育 ん て な る 社 の 長 は に ど 聞 こ い も て 難 も し 、 い ﹁ よ リ う ー で ダ す ー 。 の 育 成 は 重 要 だ ﹂ と 答 え ま す が 、 理 想 の リ ー ダ

育  成 ほ で か き の て 9 い 割 な の い 会 か 社

ら で す 。

が 成 長 で き な い 理 由 。 そ れ は 、 次 の ス テ ー ジ を 支 え る リ ー ダ ー を

  順 調

に C 社 の よ う な 成 長 を 果 た す の は 、 1 割 に 満 た な い で し ょ う 。

 10


山 元 浩 二

を 価    決 制 し 本 意 度 か 来 し を し は ま 、 、 こ て の し 世 こ れ や リ た の の で み ー 。 中 、 完 ま ダ の ﹁ 結 中 中 す せ ー 小 小 る ん た 。 ち 企 企 つ 業 業 も が 元 の が り 気 社 ム で 長 リ し に な に な た 伝 く 。 れ ば え 確 、 な 実 日 け に 本 れ リ ば ー は ! ダ も   ー っ と と の 元 い 育 気 う 成 使 を に 命 実 な 感 現 る は で で 、 き ず 。 本 る 書 ﹂ の 人 執 事 筆 評

    そ 中 う 小 信 企 じ 業

11 はじめに

で は 具 体 的 な 事 例 を 豊 富 に 盛 り 込 み 、 実 践 編 と し て 編 集 し ま し た 。

言 し ま し た 。 第 2 作 ﹃ ﹁ 一 生 懸 命 ﹂ な ﹁ ま じ め ﹂ 社 員 を ﹁ 稼 げ る ﹂ 人 材 に 育 て る 法 ﹄

経  営 私 計 自 画 身 書 の

と 連 動 し た 人 事 評 価 制 度 、 ﹁ ビ ジ ョ ン 実 現 型 人 事 評 価 制 度 ﹂ の 必 要 性 を 提

は じ め て の 著 書 ﹃ 小 さ な 会 社 は 人 事 評 価 制 度 で 人 を 育 て な さ い ! ﹄ で は 、

評 価 制 度

を 徹 底 し て 運 用 す る と 、 リ ー ダ ー が 劇 的 に 成 長 す る の で す 。

か る リ ー ダ ー を 成 長 さ せ る こ と に 。 し か し 、 ど ん な 会 社 も 経 営 計 画 書 と 連 動 し た 人 事


て  、 そ C の 社 結 は 果 さ 、 ら 新 な 規 る 客 発 を 展 継 を 続 と 客 げ に る し こ 、 と さ が ら で に き 圧 た 倒 の 的 で な す フ 。 ァ ン に な っ て も ら う 流 れ が で き

え  あ こ げ う ま し し て た C 。 社 す は る 、 と 多 、 忙 着 な 実 リ に ー 社 ダ 員 ー 全 に 員 あ が え レ て ベ 新 ル た ア な ッ 目 プ 標 し と 始 役 め 割 ま を し も た た 。 せ 、 徹 底 し て 鍛

提  発 社  供 そ 展 長 C す こ す と 社 る で る 幹 は た 、 に 部 、 め リ は が 組 に ー 、 セ 織

は 何 を や れ ば よ い の か を 明 確 に し 、 実 践 を リ ー ダ ー に 任 せ ま し た 。

ダ ー と 一 緒 に 経 営 戦 略 を 考 え 、 増 え 続 け る 顧 客 に 質 の 高 い サ ー ビ ス を

ま ず リ ー ダ ー の 育 成 が 必 要 だ と い う こ と に 気 づ き ま し た 。

ミ ナ ー や 研 修 に 自 ら 参 加 し 、 懸 命 に 学 び ま し た 。 そ の な か で 、 組 織 が

が さ ら に 成 長 す る た め に は 、 人 材 育 成 の 仕 組 み が 必 要 だ と 考 え ま し た 。

利  益 投 を 資 生 し

み 出 す ど こ ろ か 、 借 金 と 赤 字 を つ く っ た だ け で し た 。

た 生 産 ラ イ ン の 稼 働 率 は ど ん ど ん 低 下 し 、 設 備 と コ ン サ ル タ ン ト へ の 投 資 は

の キ ャ ン セ ル が 相 次 ぎ ま し た 。

太 し 刀 て 打 き

ち で き ま せ ん 。 B 社 が 受 注 し て い た 顧 客 に ま で 営 業 攻 勢 を か け ら れ 、 オ ー ダ ー

た の で す 。 資 金 面 や 組 織 の 規 模 で B 社 を 凌 駕 す る D 社 。 も ち ろ ん 、 価 格 面 で も

 8


に 突 き 当 た っ て 維 持 す る の が 精 一 杯 と い う 状 況 の と こ ろ が ほ と ん ど で す 。

で  す そ 。 の 両 な 社 か の で よ 気 う づ に い 悲 た 惨 こ な と 状 は 況 、 で A は 社 な や い B に 社 し に て 近 も い 、 中 一 小 度 企 、 業 売 が 上 圧 や 倒 利 的 益 に が 多 伸 い び と る い も う 、 こ 壁 と

9 はじめに

ら  、 私 試 は 行 、 錯 創 誤 業 を 以 く 来 り 12 か 年 え 間 し 、 、 コ 研 ン 究 サ ・ ル 開 タ 発 ン を ト 進 と め し て て き 中 ま 小 し 企 た 業 。 の 人 材 育 成 に か か わ り な が

C B A も 社 社 社 う      お リ コ リ わ ー ン ー か ダ サ ダ り ー ル ー で の タ の す 育 ン 採 ト 用 ね 成 に と に 。 投 設 投 得 資 備 資 ら に れ 投 た 資 利 益 の 使 い 方 の ち が い で す 。

   

そ の 結 果 、 ﹁ リ ー ダ ー が 成 長 し た か ど う か ﹂ が 明 暗 を 分 け ま し た 。

ち  が 絶 い 好 は 調 な か ん ら だ ど っ ん た 底 の を で 味 し わ ょ っ う た ? A 社 ・ B 社 と 、 ス テ ー ジ ア ッ プ を 果 た し た C 社 。 そ の

成 長 を 続 け る 企 業 は リ ー ダ ー を 育 成 し て い る


そ の 後 、 成 長 を 維 持 で き た の は 、 3 社 中 た っ た 1 社 だ け で し た 。

し か し 、 ﹁ 次 の 一 手 ﹂ が 明 暗 を 分 け ま し た 。

社  C B A 長 こ 社 社 社 な の      ら 絶 マ 独 ヒ 、 好 ー 自 ッ 誰 調 ケ の ト も の テ 技 商 が 3 ィ 術 品 う 社 ン で を 業 連 ら は グ 界 発 や 、 の 仕 の 、 ま い 組 注 売 し ず み 目 上 い れ が を 、 と も う 浴 利 思 前 ま び 益 う 年 く 注 と で 比 い 文 も し 、 き が 急 ょ 10 、 殺 増 う 倍 新 到 。 以 規 、 上 客 1 年 の が あ 先 利 と ま 益 を で を 絶 の 残 た 受 す な 注 こ い を 確 と 保 が

ま ず 、 あ る 中 小 企 業 3 社 で 実 際 に 起 こ っ た で き ご と を ご 紹 介 し ま す 。

成 長 軌 道 に 乗 っ た と き 、 〝 次 の 一 手 〟 で 将 来 が 決 ま る

は じ め に

で き ま し た 。

 6


し か し 、 そ の シ ス テ ム が 完 成 し た と き 、 競 合 の D 社 が B 社 を 上 回 る 質 の 製 品 を 開 発

分 を 大 幅 に 前 倒 し し て 納 品 で き る め ど が 立 ち ま し た 。

ま  に そ 、 の 思 コ い ン 切 サ っ ル た タ 投 ン 資 ト を は 行 効 な 率 い 化 ま の し た た め 。 の そ 設 の 備 か や い シ あ ス っ テ て ム 生 を 産 提 回 案 数 し の 、 半 B 減 社 に は 成 言 功 わ 、 れ 受 る 注 ま

7 はじめに

コ  ン B サ 社 ル は タ 、 ン 抱 ト え に た 生 受 産 注 性 残 向 を 上 で の き た る め だ の け 改 前 革 倒 を し 依 で 頼 さ し ば ま い し て た 、 。 さ ら に 売 上 を 伸 ば そ う と 、

売  上 2 も 年 社 後 員 に 数 は も 、 小 い

さ な 組 織 に な っ て し ま い ま し た 。

っ た ん 増 え た 社 員 も 次 々 に 辞 め て 、 ヒ ッ ト 商 品 が 生 ま れ た 当 初 よ り 、

た 商 品 は ど ん ど ん 売 れ な く な っ て い き ま し た 。

リ  リ と ー こ ス ろ さ が れ 、 て 彼 い は ま 1 せ 年 ん 足 。 ら そ ず れ で ど 退 こ 職 ろ す か る 、 こ 既 と 存 に 商 な 品 り の ま 販 す 促 。 も そ 不 の 十 間 分 、 で 新 、 商 ピ 品 ー は ク ひ を と す つ ぎ も

売 れ る 仕 組 み も つ く っ て く れ る だ ろ う と 期 待 し た の で す 。

グ  会 A 社 社 を は 通 、 じ 同 て 業 採 の 用 大 し 手 ま 優 し 良 た 企 。 業 前 で 職 商 で 品 の 開 実 発 績 に を 携 見 わ 込 っ み て 、 い 新 た 商 人 品 材 を を ど 、 ん ヘ ど ッ ん ド 生 ハ み ン 出 テ し ィ 、 ン


リーダーが人事評価制度に取り組み、収益に貢献できる人材となったこ とで、会社と社長も成長できた。 解説

評価基準にもとづいた行動、チャレンジ制度で PDCA を徹底することにより、自身の目標を達 成し続け課長に昇進。 課長になってからも前任者を大きく上まわる実績 を継続して残した。部長となってからは統括する 部署、部門の目標達成に大きく貢献し続け、会社 にはなくてはならない人材に。 グレード、3段階昇格。 役職、主任⇒課長⇒部長

社長の声 私が部門長を兼任していた営業部門をマネジ メントできる人材に育ってくれた。やはり、 部門戦略にもとづいた評価制度があったから こそ、彼も部門を牽引していくことができた のだと確信している。 中島君が部門を統括してくれることで、私自 身が会社の経営や戦略を考えられるようにな り、組織的な営業活動や顧客サービスを提供 できるようになった。顧客からの評価はアッ プし、取引継続期間が大きく伸び、収益にも 貢献。 彼が成長してくれたおかげで、私と会社も大 きく成長でき、次の成長イメージが描けるよ うになった。

解説

社長の声

店舗では店長からのアドバイスをまじめに愚直に 実践、休日を利用して接遇や店舗運営に関する自 己啓発(ビジネス書や研修参加)に積極的に取り 組み、1年で店長(L2、2 段階昇格)へ昇進。 きめ細やかな管理と指導で顧客の信頼を勝ち取 り、業績 1 番店に育てる。さらにその 1 年後に は 5 店舗を指導・統括するエリア長となる。 グレード、4 段階昇格。 役職、一般⇒リーダー⇒店長⇒エリア長

リーダーとなって、アクションプランにかか わるようになって大きく成長した。 女性ならではの視点でアイデアや発想力には すばらしいものがあり、店長時には全社的戦 略立案、推進にも積極的に参加、彼女の考え た戦略で競合にはないブランド力をもった店 舗を開発することができた。 これからの自社の成長にはなくてはならない 人材となってくれた。近い将来、取締役はま ちがいないだろう。

解説 人事評価制度導入前は評価者ではなかったが、よ り部下の納得性を高めるために、グループの評価 を任せる。 部下の仕事ぶりを細かく観察するようになり、指 導力がアップすると同時に、細かな点も気づくよ うになり、収益に貢献する改善や企画までできる ようになった。 課長に昇進後はアクションプランにもかかわるよ うになり、部門業績に大きく貢献。今では製造部 門全体の運営を推進。 グレード、2 段階昇格。 役職、係長⇒課長⇒次長⇒部長

社長の声 村田君の成長が大きな会社の発展にもつな がった。 彼の自主的かつ前向きな姿勢が、周りを刺激 し、若手中堅社員が大きく成長してくれてい る。 また、製造部門を任すことができる人材と なってくれることで元製造部長を常務とする ことができ、経営視点をもった役員に育てる ことができた。 こうしたリーダーの成長で、私自身の視野も 広がり、海外進出の足がかりもできた。今後 のグローバル展開も彼にプロジェクトを任せ てがんばってもらおうと思っている。

 4


人事評価制度で成長したリーダーたち ■広告・印刷業 営業部 中島君の場合 導入直後(2009 年)

導入後(2013 年)

グレード

L1

M2

役職

主任

部長

■飲食業 本部 林さんの場合 導入直後(2011 年)

導入後(2013 年)

グレード

S2

M2

役職

一般社員 (店舗 接客)

エリア長

■製造業 製造部門 村田君の場合 導入直後(2007 年)

導入後(2013 年)

グレード

L2

M2

役職

係長

部長

5 人事評価制度で成長したリーダーたち


リーダーが主導する理想の組織になるまで

目 標 ・ 役 割 の 明 確 化 に 取 り 組 む 。

リ ー ダ ー 主 体 で 、 戦 略 の 実 行 計 画 や 部 門 ・ 個 人 の

リ ー ダ ー が ア ク シ ョ ン プ ラ ン ・ 評 価 基 準 づ く り に 取 り 組 む

リーダーが自分自身 の役割を理解する

リ ー ダ ー が 戦 略 の 実 行 ・ 推 進 を 宣 言 す る 。

社 長 が 会 社 の 理 念 や ビ ジ ョ ン を 打 ち 出 す 。

会 社 の 理 念 や ビ ジ ョ ン を 発 表 す る

リーダーが自ら変わ らなければならない と気づく

を 社 長 と リ ー ダ ー で 作 成 。

﹁ A 3 ﹂ 1 枚 の 経 営 計 画 書 、 ﹁ ビ ジ ョ ン 実 現 シ ー ト ﹂

経 営 計 画 書 づ く り に リ ー ダ ー ︵ と く に 現 場 の リ ー ダ ー ︶

と 取 り 組 む

リーダーが会社の方 向性や戦略を理解す る

 2


着全 実社 に員 成が 長ビ しジ てョ いン く実 組現 織に と向 なけ るて

決 し な が ら 組 織 を 引 っ 張 っ て い く

全 社 目 標 の 達 成 に 向 け て 、 リ ー ダ ー 自 ら 課 題 を 解

リ ー ダ ー が ア ク シ ョ ン プ ラ ン ・ 評 価 基 準 の 改 善 ・ 推 進 を 主 導 す る

リーダーが部下を正 しい方向へ導くこと ができるようになる

3 リーダーが主導する理想の組織になるまで

に 取 り 組 む 。

リ ー ダ ー 主 体 で 、 戦 略 の 推 進 ・ 部 下 の 計 画 的 育 成

リ ー ダ ー が ア ク シ ョ ン プ ラ ン ・ 評 価 に 取 り 組 む

リーダーの部下指導 力が向上する


Reverse njk 2  
Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you