Page 1


W E L C O M E

Halekulani remains an important and integral part

ハレクラニは、 いつの時代も、 ハワイのレガシーを語る上で欠かせない

of the legacy of Hawai‘i. The curious and discerning

特別な場所です。好奇心旺盛で見識のある一昔前の旅行者は、美しい

traveler of years past was drawn to Waikīkī not only because of the pristine beaches and spectacular sunsets, but also lured by its historical significance.

が、 その魅力は以前にも増しています。都会的なライフスタイルと美し

however, the allure is so much more. Waikīkī can be

い景観が調和したユニークで素晴らしい体験のできるワイキキは、世

cosmopolitan life, yet is rich with so many stories

General Manager Halekulani

訪れました。今日も同じ理由で多くの旅行者がワイキキを訪れています

Today’s travelers are attracted for the same reasons; an amazing experience with a wonderful blend of

Ulrich Krauer

ビーチや壮大な夕日のみでなく、 その豊かな歴史に惹かれてワイキキを

代を超えて語り継がれる多くのストーリーに溢れています。

passed from generation to generation. これまでハレクラニは、文化や文学、音楽の分野で活躍する多くの著名

Over the decades, Halekulani has served as a wellspring of inspiration for cultural, literary, and musical icons. In the 1920s, for example, novelist Earl Derr Biggers stayed in a low-slung bungalow on the

人にとってインスピレーションの源となってきました。1920年代、 ハレ クラニの敷地内にあった当時「グレイズ・バイ・ザ・ビーチ」 として知られ た平屋のバンガローに滞在し、 キアヴェの木陰で探偵小説の傑作『ザ

property, then known as Gray’s by the Beach, and it

ハウス ウィズアウト ア キー』 を執筆した作家のアール・デア・ビガーズ

was here, beneath the shade of the kiawe tree, that

氏もその一人です。

Derr Biggers would write his well-known crime novel The House Without a Key.

今号のリビングでは、語り継がれるハレクラニの歴史に加えて、 人文科

This issue of Living celebrates the hotel’s storied

学や芸術を追求し続ける情熱的なクリエーターたちにも焦点を当てて

history and

creative

います。古書に新しい存在意義を与えるアーティストや個人の芸術表

individuals who remain steadfast in their pursuits

現を尊重する独立系出版社、 また70年代のハワイの音楽の魅力を現

the

passions

of

several

of humanities and the arts. Stories include an artist culling new meaning from old books, and an independent publisher preserving individual, artistic

代に伝えるドキュメンタリー製作者や異国的なサウンドを存続させて いる一風変わったバンドについてもご紹介しています。過去と現代の

voices. This issue also pays a visit to a documentarian

ハワイの音楽と物語をテーマにした興味深いストーリーをお楽しみく

preserving Hawai‘i music from the ’70s, and a quirky

ださい。

band perpetuating exotic sounds of the islands. All these features tell of the sounds and stories of Hawai‘i, old and new.

本誌を通して、天国にふさわしい館、 ハレクラニの魅力に触れていただ き、 またいつの日かハワイならではのおもてなしでお客様をお迎えでき

We hope that you enjoy this edition of Halekulani

ますことをスタッフ一同心待ちにしております。

Living and are drawn into the allure of our “House Befitting Heaven,” which only those who visit time and again know, and we look forward to one day welcoming you back “home.”

総支配人 

Warmly,

ウーリック・クラワー

Ulrich Krauer General Manager Halekulani

2

Halekulani Living


W E L C O M E

Halekulani Living

3


M A S T H E A D

HA L E KU L ANI C O R PO R ATI O N

CHI EF O PE R ATI NG O F F I C E R

GENERAL MANAGER,

P E T ER SHAI NDL I N

HALEKULAN I U LRICH KRAUER H ALEKULAN I.COM

CHI EF E XEC U TI VE ADVI SO R

DIRECTOR OF SALES &

1- 808- 923- 2311

PAT R I C I A TA M

MARKETIN G

2199 KALIA RD.

G EOFF PEARSON

H ON OLULU, H I 96815

CHI EF E XEC U TI VE O F F I C E R

C R EATIVE DIRECTOR

J AS O N C U TI NE L L A

AR A FEDUCIA

PUBLISH ED BY

CHI EF C R E ATI VE O F F I C E R

C HIEF REVEN UE OFFICER

LI SA YAMADA-SO N

JO E V. BOCK

N ELLA M EDIA GROUP

LI SA@NE L L AME DI AG RO U P.C O M

JO E@N ELLAM EDIAGROUP.COM

36 N. H OTEL ST., SUITE A H ON OLULU, H I 96817 N ELLAM EDIAGROUP.COM

© 2017 by Nella Media Group, LLC. All rights reserved. No part of this publication may be reprinted without the written consent of the publisher. Opinions are solely those of the contributors and are not necessarily endorsed by Nella Media Group.

12

Halekulani Living


13


T A B L E

The late musician Don Ho is shown here with Hawai‘i’s Ambassador of Aloha Duke Kahanamoku. Image courtesy of Adrienne Liva Sweeney.

ハワイのアロハ親善大使、 デューク・カハナモクさんと 映るミュージシャンの 故ドン・ホーさん。 エイドリアン・リヴァ・ スウィーニーさん提供。

42

O F

C O N T E N T S

ARTS

CITY GUIDES

20

106

Telling Tales

Itinerary: Quiet Spaces

32

126

Between Two Seas

Hear: Hawai‘i Music

CULTURE

132

42 A Tale of Two Dons

58 Soul Searching CUISINE

78 A Storied Culinary History EXPLORE

88 For the Love of It

32

Image from Peggy and The Roadrunners, a book of photos released by independent publisher Deuxmers.

独立系出版社ドゥメールから 出版された写真集 「ペギー&ザ・ロード・ランナーズ」 からの一枚。

ABOUT

In this image by Mark Kushimi, model Mudra Josephson relaxes with a good book in a

THE COVER:

Mānoa Valley home. The neighborhood has a high concentration of homes listed on the National Register of Historic Places, and once a year, the nonprofit organization Mālama Mānoa holds walking tours through some of these historic properties.

14

Halekulani Living

Spotlight: Chanel

136 Halekulani Guide


T A B L E

O F

C O N T E N T S

目次

Explore quiet spaces

106

perfect for settling in with a good book, like Queen Emma Summer Palace,

ARTS

CITY GUIDES

20

106

語りかける芸術

探索:静かな場所

32

shown here.

2つの海の間 良書を楽しむのに最適な

CULTURE

静かな場所を探して。写真は

42

クイーンエマ・サマー・パレス

2つのドンの物語

58 自分探し

CUISINE

78 奥深い料理の歴史

EXPLORE

88 愛しのレコード

88

Music stores are sacred shared spaces for exploring, listening to, and loving music in its physical forms.

音楽店は人々が交流しながら物理的 に音楽を楽しむことのできる 神聖な空間。

ABOUT

マーク・クシミ氏撮影の写真に映っているのは、 良書とマノアヴァレーの邸宅でくつろぐモデルのムドラ・ジョセフソンさん。

THE COVER:

マノアは米国の歴史登録材に指定されている歴史的な住宅が数多く集中するエリア。非営利団体の 「 マラマ・マノア」 は、

表 紙について:

年に一度、 マノアの歴史ある住宅を巡る散策ツアーを主催している。

16

Halekulani Living

126 ハワイの音楽を楽しむ

132 シャネルブティック

136 ハレクラニ


Halekulani Living

17


A RT BY J A R E D YA MA N U HA


A R T S


A R T S

T EXT BY BRIT TA N Y LY T E

IM AGE S BY JOHN HOOK & C OURT E SY O F JAC QU E LI N E R U S H LE E

文=ブリタニー・ライト

TELLING TALES 語りかける芸術

Jacqueline Rush Lee layers new meaning using old books. 古本に新たな命を吹き込むジャクリン・ラッシュ・リー

top: Lorem Ipsum I

In 2013, standing in her backyard at the misty base

(Summer Reading Series),

of the Ko‘olau mountain range, Jacqueline Rush Lee

2010, manipulated books,

lowered a kiln-fired sculpture of screwed-together

book components. bottom:

telephone books into the empty hollow of a tree. The

Strata, 2016, transformed

mass of heat-warped pages sank into the gap of the

books, found and applied

tree stump like a perfectly fashioned puzzle piece.

inks. Images by Brad Goda.

A year later, Lee retrieved the whorl of deconstructed books from the tree. The sculpture, now black with mold, had stiffened into a new state of matter. Much like petrified wood, the pages Lee had so

(上) 「ローレム・イプサム I:

intricately fused and fashioned into coils and ribbonlike waves had become hard and sturdy. She rapped a

フロム・ザ・サマー・リーディン

finger against her cylindrical work, delighting in the

グ・シリーズ」2010年製作。

hollow twang that sounded.

加工した本、本の表紙や ページ。 (下) 「ストラータ」 : 変形した本、既存のインク、 塗布したインク。2016年製作。 ブラッド・ゴーダ氏撮影

Ever the experimentalist, Lee was full of glee. Her probe to discover how insects and the elements might transform a sculpture of books was finally complete. “[That final moment] was like Christmas,” says Lee, 2013年、 ジャクリン・ラッシュ・リーさんは霧に包まれたコオラウ山 脈麓の裏庭で作業していた。電話帳を組み合わせて窯で焼いたもの を切り株の洞の中に入れると、熱によって変形したページの塊がパ ズルのようにぴったりと収まった。 それから一年が経ち、 リーさんは渦巻き状の本のアートを木の中か ら取り出した。 カビに覆われて黒くなったその物体は全く新しい性 質を持った一つの塊になっている。複雑に組み合わさってコイルや 波打つリボンのような形をしたページは石化した木のように硬く頑 丈だ。その円筒状の作品を軽く指で叩くと響くビーンという鋭い音に 彼女は歓喜した。  かねてからの実験主義者であるリーさんはご機嫌である。昆虫や 自然の要素が本のオブジェに及ぼす変化を見る実験がついに終わ ったのだ。北アイルランド出身のリーさんはその瞬間を振り返り 「そ れはもうクリスマスが来たみたいな嬉しさでした。その物体は完全に

20

Halekulani Living


Jacqueline Rush Lee is a pioneer of the altered book medium,

ジャクリン・ラッシュ・リーさんは、加工した本を素材とするアーティス

transforming old pages into sculptural works of art imbued with

トの草分け的存在だ。古い本のページから新しい意味を持つ芸術作品

new meaning.

を製作している。

21


A R T S

Jacqueline Rush Lee, Silenda (Black Sea Book), 2015, transformation of Ovid’s The Poems of Exile: Tristia and the Black Sea Letters, manipulated book, inks, and graphite. Image by Paul Kodama.

ジャクリン・ラッシュ・リーさん は、加工した本を素材とする アーティストの草分け的存在 だ。古い本のページから新しい 意味を持つ芸術作品を製作し ている。

who hails from Northern Ireland. “Here I had this

変質していて叩くと響くような音がしました。 まるで本が昔の形に戻

totally transformed object. You could tap it, and it

ろうとしているかのように、それはふたたび木のようになっていたん

would knock at you. It almost became like the tree again, like these books were returning to their earlier form. I did some research, and apparently, this has to

があるようです」。2016年、彼女はハワイ大学マノア校のキャンパス

do with the termites encasing it and spitting on it.” In

でこの実験を再び行うことにした。時間の経過が本に及ぼす影響を

2016, Lee replicated her experiment on the grounds

記録するためだ。2017年9月、彼女はこの作品を木の中から回収

of the University of Hawai‘i at Mānoa. Recording the effects that the passage of time have had on the

することになっている。

books, she will retrieve the sculptures from the trees

 加工した本をアート素材に用いるアーティストの草分け的存在で

in September 2017.

あるリーさんの芸術は表現力豊かで抽象的であり、時として暴力的

A pioneer of the altered book medium, Lee’s art is expressive, abstract, and sometimes violent. Though her work includes books sanded into the

22

です。私が調べたところ、唾液で土を固めて巣を作るシロアリと関係

である。中には美しい花のような形をしたものもあるが、彼女の作 品の多くは、生々しい傷口、化石、骨の残骸といった不気味なものを

comely shape of a flower, many of her pieces evoke

連想させる。巻き寿司や赤い溶岩に似たものもある。本の芸術とい

more macabre subjects, such as open wounds, fossils,

うコンセプトを奇異に感じるかもしれないが、 リーさんの生み出す

Halekulani Living


Whorl (Elemental Series), 2014, transformed book sculpture. Image by Brad Goda.

「渦巻き」(元素シリーズ)、変形した本のオブジェ。2014年製作。 ブラ ッド・ゴーダ氏撮影

23


A R T S

Cube, 2001, soaked, dried, scraped, manipulated book components, in the Allan Chasanoff Book Under Pressure Collection, Yale. Image by Paul Kodama.

「キューブ」 :水に浸してから 乾燥させ、表面をやすった本。 エールのアラン・シャサノフ・ブッ ク・アンダー・プレッシャー・コレ クションから。2001年製作。 ポール・コダマ氏の撮影

and even skeletal remains. Others bring to mind a

アートは、既成概念の枠から逸脱したモダンな作品で、 どれも本に

sushi roll or red molten lava. The concept of book art

は見えない。

might seem quaint, but Lee boasts a body of work that is fiercely aberrant and modern. Almost none of her work appears book-like.

は彼女の作品への批評に対抗した作品だという。 ラテン文学の名作

“Right now I’m making something with The Art of

『変身物語』を用いた、女性の卵巣の解剖学的構造に似た前作品

War, and it’s very violent,” says Lee, who was spurred

「ザ・ファースト・カット」についての批評だ。 この作品があるブログ

to create this work after a blog described a piece she had made, The First Cut—which employed Ovid’s

で皮肉たっぷりに 「素敵だ」 と評されたことについて 「これにはとても

Metamorphoses and resembled an anatomical slice of

腹が立ちました。私の作品は素敵とは程遠いものなのですから」 と

a woman’s ovary—as “lovely.” Lee recalls the moment,

リーさんはその時のことを思い返しながら、 「 私の作品を性差的に

explaining, “That made me very angry because my work is far from lovely. … There’s this whole gendered response to my work that I find infuriating. I kind of

24

「『孫子』を使って製作中の作品はとても暴力的な作品です」。それ

捉える人たちに憤りを感じます。それに対抗して今年はそんな既成 概念を叩きこわすような比喩的な作品を作りたいと思っています」

want to start metaphorically smashing up the china a

と意気込む。

little bit this year in response to that.”

 本とその中に込められた言葉の持つ力に惹かれるという彼女は、

Halekulani Living


A R T S

Detail of Strata, 2016, transformed book, found and applied inks. Photo by Jacqueline Rush Lee.

「ディテール・オブ・ストラータ」 変形した本、既存のインク、塗布 したインク。2016年製作。 ジャクリン・ラッシュ・リーさん による撮影

Lee, who reveres books and the power in the words they contain, explains that her attraction to artmaking with volumes that range from Mao Tsetung’s Little Red Book to the Bible is rooted in the idea

の芸術に魅せられる理由について 「本という媒体には何層もの物語 が秘められています。全ての本には作家が書いたストーリーだけでな

that the book, as a medium, offers opportunity for

く、以前の所有者の物語やページの注釈のひとつひとつに素敵なス

layered storytelling. Of course, every book contains

トーリーやルーツがあるのです」。

the story conceived by its author, but embedded

 「古い本を素材として使うのが好きです。誰かの所有物だったこ

within its pages are also the stories of its previous owners, fascinating tales and origins that can be deciphered in the marginalia. “I use old books because I really like that the books have belonged to someone else,” Lee says. “It’s sort of like their mana, or energy, is in the book, and it’s in my work. You have the author who writes the

26

毛沢東の『毛主席語録』から聖書まで様々な本を素材に用いる。本

とに魅力を感じます。 これらの本には持ち主のマナ (エネルギー)が 宿っていて、それが私の作品にも表れるのです。そこには本の作者の メッセージ以外にも、ページの余白に個人的なメモやスケッチが残 されていたり、あるいはその本を手放した見知らぬ誰かの写真がペ ージの間に潜んでいたりします。そしてそれらのストーリーと歴史の

content of the book, and then you have this other

全てが注ぎ込まれたのが私の作品です」。

very deeply personal content in the form of notes and

 デザイナーがデザインを理解するために着物を解くのと同じで、 リ

Halekulani Living


Paintures Series, 2007, acrylic and oil paint over armatures, in the collection of Elizabeth Rice Grossman. Image by Paul Kodama.

「ペインチャーズ・シリーズ」 ワイヤーフレームにアクリルと油絵具。エ リザベス・ライス・グロスマンのコレクションから。2007年製作。ポー ル・コダマ氏の撮影。

27


“I use old books because I really like that the books have belonged to someone else. It’s sort of like their mana, or energy, is in the book, and it’s in my work.” 「誰かの所有物だった古い本を使うのが好きです。 これらの本には持ち主のマナあるいはエネルギーが宿っていて、 それが私の作品に表われるのです」。


A R T S

Lee’s attraction to books is rooted in the idea that the book, as a medium, offers an opportunity for layered storytelling.

アートの素材としての本に魅せ られる理由についてリーさん は、本には何層もの物語が秘め られているからだという。

sketches in the margins, or photographs hidden or

ーさんは本を解体して曲げたり、金槌で叩いたり、ペンキを塗って燃

saved in the pages from unknown people who maybe

やしたり、液体に浸したりして、それらを新しい視覚的ストーリーを

were given these books and discarded them. And then you have my work, which is informed by all of that content and history.” Just as a dressmaker deconstructs a gown in order to understand its design, Lee bends, hammers, paints, burns, and submerges her books, transforming them

持った芸術のもととなるブロックに変える。 「 古い本ほどロマンチッ クで素晴らしいものはないと思います。ユニークな芸術的プロセスを 使えば、全く違うストーリーを持つ新しい命を創造することができる のですから」 と語る。

into elemental building blocks that fit together to tell a new visual story.

詳細は、jacquelinerushlee.comをご覧ください。

“An old book is this amazing, poetic object that you can use unusual artistic processes to completely recreate,” she says. “And in doing that, you’re left with something that tells a whole different narrative.” For more information, visit jacquelinerushlee.com.

30

Halekulani Living


A R T S

T EXT BY KEL L I MI L L E R

IM AGE S BY JOHN HOOK & C OURT E SY O F D E U X ME R S

文=ケリー・ミラー

BETWEEN TWO SE AS 2つの海の間

In an ever-evolving digital media landscape, independent book publisher Deuxmers remains relevant by staying small. 絶え間なく進化するデジタルメディアの世界で、小規模の利点を生かして時代のニーズに応える独立系出版社「Deuxmers」

Pluck each word off with your teeth

あなたの歯で言葉をひとつひとつ摘み取って

like a plump sweet grape

甘くふっくらとしたブドウのように

see how it feels in your mouth let it burst and flood your lips your tongue

どんな感触か口に入れてみて

let its dark fragrant juice run down your chin

はじけさせて唇と舌の上にあふれる

stain your shirt

その濃い香りのジュースで顎を濡らして

your heart. “how to eat a poem,” michael sanders, american

あなたのシャツと 心を汚して

crabgrass: two seas volume i 『詩を食べる方法』 マイケル・サンダース、 アメリカン・クラブグラス:

The image poet Michael Sanders paints is vivid. I can taste the fruit, feel the wetness of juice running down

二つの海  第一巻

my chin—my pulse beats uptempo with excitement. I imagine Turkish photographer and publisher Omer

イメージ詩人のマイケル・サンダース氏の描写は鮮やかだ。私はそのフ

Kursat felt similarly the first time he read Sanders’

ルーツを味わうことができ、甘い液体が私の喉を伝って降りるのを感じ

“How to Eat a Poem.” It was writers like Sanders, Elsha Bohnert, and Peter Shaindlin who inspired

る。期待に胸が膨らみ鼓動が早くなる。 トルコ人の写真家で出版社のオ

Kursat to found his Waimānalo-based publishing

メル・クルシャットさんがサンダースの 『詩を食べる方法』 を初めて読ん

company, Deuxmers Publishing, in 2011. A software

だ時も同じような感覚を覚えたはずだ。彼がワイマナロにドゥメール・

developer by trade, Kursat dove into the book business idealistically, as a personal artistic endeavor and a way to preserve individual voices, including his own.

パブリッシングという出版会社を設立したきっかけは、 サンダース 氏や エルシャ・ボーナート氏、 ピーター・シェインドリン氏といった作家との

The first book he published under Deuxmers

出会いだった。 ソフトウェア開発を本職とするクルシャットさんは、個人

(French for “two seas”) sprung out of a photography

的な芸術活動として自らの作品をはじめ個々の価値観を尊重するため

exhibition he had at Thirtyninehotel, a den of creativity in Honolulu’s Chinatown district in the early 2000s. This show, a collection titled Over the Pali,

に書籍ビジネスをスタートさせた。  ドゥメール (フランス語で2つの海の意味) が初めて出版した本

2:00 AM, No Pork, featured six candid photographs he

は、2000年代初めにホノルルのチャイナタウンにあったアーティスト

had taken in Chinatown between 2006 and 2011. Next

たちの隠れ家「Thirtyninehotel」 での写真展から生まれた。 それは

was Peggy & The Roadrunners, a collection of found images of the late Peggy Ferris, one of the first female journalists to arrive in Honolulu after World War II,

2006年から2011年にかけて彼がチャイナタウンで撮影した 「オーバ ー・ザ・パリ」、 「2:00 AM」、 「ノー・ポーク」 といったタイトルの6枚のス

followed by Young Turks, which features portraits

32

Halekulani Living


Omer Kursat dove into the book business idealistically, as a

オメール・クルシャットさんは個人的な芸術活動として、 また個々の価

personal artistic endeavor and a way to preserve individual voices.

値観を尊重するために書籍ビジネスをスタートさせた。

33


A R T S

Young Turks features portraits Kursat took of friends in the Turkish cities of Ankara and Izmir in the mid-1970s.

『ヤング・タークス』 は、1970 年代半ばにトルコの都市、 アンカラとイズミルでクルシャ ットさんが友人らの肖像を撮影 したもの

Kursat took of friends in the Turkish cities of Ankara

ナップ写真の展示だった。続いて第2次世界大戦後、 ホノルルにやって

and Izmir in the mid-1970s.

きた初の女性ジャーナリストの1人である故ペギー・フェリスさんの写

Kursat’s photography and publishing pursuits are the natural results of being the son of a journalist. Ege Ekspres (“Aegean Express” in English) was

コの都市、 アンカラとイズミルでクルシャットさんが友人らの肖像を撮

the name of Kursat’s father’s newspaper, which he

影した写真集『ヤング・タークス』 が出版された。

started in a dangerous time. Originally from Crete,

 ジャーナリストだった父を持つクルシャットさんが写真や出版に目覚

the Kursat family was forced to move to Turkey in the early 1920s as a result of the population exchange

めたのはごく自然なことであった。 『エーゲ・エクスプレス』 は、彼の父が

between Greece and Turkey during the Turkish War

激動の時代に始めた新聞の名前だ。 クレタ島出身のクルシャットさん一

of Independence. The partitioning of the Ottoman

家は、 トルコ独立戦争中のギリシャとトルコの住民交換により1920年

Empire forced emigration between the two evolving nations via staggering violence. “My father was a very free-thinking, liberal person. It even landed him in

代初めトルコに強制移住させられた。 オスマン帝国の分割は激しい暴 力を生み、二国間の移住を余儀なくした。 「私の父は非常に自由な思考

jail for six months for writing a column that criticized

を持つリベラルな人でした。 当時政権を握っていた政党を批判するコラ

the political party that was in power at the time,”

ムを書いたために6ヶ月間拘留されたこともあります」 とクルシャットさ

Kursat reflects. “He is the reason I am the way I am. His influence shaped my perspective in life.” Kursat’s father passed away in 1988, and it has been years since Kursat has returned to his hometown

34

真集『ペギー・アンド・ザ・ロード・ランナーズ』 や1970年代半ばにトル

ん。 「父のおかげで今の私がいます。彼が私の人生観を形成したと言っ ても過言ではありません」 と振り返る。  クルシャットさんの父は1988年に亡くなり、故郷のイズミルにはもう Halekulani Living


Deuxmers has published works of fiction, poetry, and photography

これまでに小説や詩集、写真集などを出版しているドゥメールは、

and is set to release a second volume of found photographs taken

第2次世界大戦後ホノルルにやってきた初の女性ジャーナリストの一

by Peggy Ferris, one of the first female journalists to arrive in Honolulu after World War II.

人、故ペギー・フェリスさんの写真集の第2弾をリリース予定だ。

35


A R T S

of Izmir, yet his father’s influence continues to fuel his

何年も帰っていないというが、父の影響は今も作家とのコラボレーショ

interest in collaborating with authors and producing

ンや書籍制作の情熱へと彼を駆り立て続けている。交際関係や出版物

books. His relationships and chosen works have all been a result of coincidence encounters. “I really do not

はすべて偶然の出会いから生まれているというクルシャットさんは、 「自

want to know or analyze why I do what I do—it’s sort of

分がしようとしていることを分析したり、 その意味について考えることは

giving my consciousness a secondary role in awareness

敢えてしません。意思決定のプロセスからなるべく意識を排除したいか

of the decisions that I make,” Kursat explains. “With

らです。何を出版するか選ぶ際にも特定の基準は設けず、人々との出会

this in mind, I have no explicit criteria in selecting what to publish, most of it is due to coincidences that

いを通して自然に起こる偶然から直感的に選ぶようにしています。 もち

come about in an organic manner in the course of social

ろん気に入るかどうかが大前提です」 とクルシャットさん。

interactions. … Obviously, I have to like the content.”

 ドゥメールから最近リリースされた作品には、 マイケル・サンダース氏

Kursat’s recent releases include The Evil That Men Do, a collection of contemporary fairy tales for adults by Michael Sanders, and The Swans of

による大人のための現代版おとぎ話集『The Evil That Men Do』 や ピーター・シェインドリン氏によるテッド・ヒューズの詩集『Tales From

Pergusa, a reinterpretation by Peter Shaindlin of

Ovid』 の再解釈『Pergusa of Swans』 などがある。 ペギー・フェリス写

Ted Hughes’ Tales From Ovid. Deuxmers’ works in

真集の第2巻のほか、1950年代のアヴァンギャルドなトルコ文学集

progress include a second volume of Peggy Ferris photographs, and a collaboration with Shaindlin to

『ザ・セカンド・ニュー』 をシェインドリン氏とのコラボレーションで翻訳

translate a collection of poems by The Second New,

した詩集を現在製作中である。 ハレクラニの最高執行責任者のシェイ

an avant-garde Turkish literature collective from the

ンドリン氏はドゥメールを代表する才能ある作家の一人で、 これまでに

1950s. Shaindlin, who is Halekulani’s chief operating officer, has grown to be one of Deuxmers’ premier literary talents, authoring three works of poetry and

詩集と小説3作品を執筆している。 「文学に精通しているピーターは、 プ ルーストやジョン・クレア、 ボードレールといった巨匠の作品から難なく

fiction. “Peter’s immense knowledge of literature is

引用したりします。 それもフランス語で!私が素晴らしいと思うのは、彼

amazing,” Kursat says. “He can quote from Proust,

の作品には何百年分もの文学知識と現代的なセンスが混じり合ってい

or John Clare, or Baudelaire—in French!—on a whim, so his own work becomes so important to me,  knowing that it carries with it the knowledge

るからなのです」 とクルシャットさんは語る。  電子書籍やブログが台頭する時代にあっても、 トレンドとニーズをし

of hundreds of years of literature, compounded by

っかり掴んでいるドゥメール。大学や公立図書館の書籍の山から拾い

contemporary works.”

読みする。 そんな人生の素晴らしい体験が彼の原動力になっていると

Even with the rise of e-books and blogs, Deuxmers has managed to remain relevant and in demand. For

いう。彼は 「詩や本は思考プロセスに働きかけるものだと思います。私

Kursat, its driving force is that wonderful human

たちが世界についての考えや理解を深めることができるように」 と語っ

experience of browsing stacks of books at a college

ている。

or city library for the perfect read. “I think poetry and books were meant to trigger thought processes,” he says, “for us to reflect on our understanding and

詳しくは、deuxmers.comをご覧ください。

comprehension of the world.” For more information, visit deuxmers.com.

36

Halekulani Living


“I think poetry and books were meant to trigger thought processes,” Kursat says, “for us to reflect on our understanding and comprehension of the world.”

「詩や本は思考プロセスに働きかけるものだと思います。私たちが 世界についての考えや理解を深めることができるように」 と語る クルシャットさん。

37


A R T S

Whispered Sotto voce Good morning love eyes eiderdowned and skin still night-scented. Linger while I watch the coda of your shallow breath, feathered its melody as singular to me as your fingerprint. Linger. The world soon enough will be yours like a shopkeeper opening his store.

F ROM A M E R I C A N C R A B G R A S S B Y M I C H A E L SA N DE RS

Proserpina Torched isle Mouth of lava Scorched heavens Skin of Sicily Dry and shattered — Turned to dust Typlon rising Rains upon the warming seas Catanians, Siracusans Washed away; Pluto vanquished Swans of Pergusa — They knew only spring

F ROM T H E S WA N S O F P E RG U S A B Y P E T E R S H A I N DL I N

38


KA PA BY RO EN HU F F O RD


C U L T U R E


C U L T U R E

T EXT BY RA E S O J OT

IM AGE S BY JOHN HOOK & C O U RT E SY O F A D R I E NNE L IVA SWE E N E Y

文=レイ・ソジョット

A TALE OF TWO DONS 2つのドンの物語

How late musician Don Ho and contemporary musical group Don Tiki have created and perpetuated the sounds of the islands. ハワイのサウンドを生んだ故ドン・ホーとコンテンポラリー音楽グループのドンティキ

Don Ho, center, and his backing group, The Aliis, comprised of Joe Mundo, Benny Chong, Manny Lagodlagod, Rudy Aquino, and Al Akana, in 1966. Image courtesy of Adrienne Liva Sweeney.

1966年に撮影されたドン・ホ ーさん (中央) と彼のバンド 「ザ・ アリイズ」。 当時のメンバーは、 ジョー・ムンド氏、 ベニー・チョ ン氏、 マニー・ラゴッドラゴッド 氏、 ルディー・アキノ氏、 アル・ア カナ氏で構成されていた。 エイ ドリアン・リヴァ・スウィーニー さん提供。

PART I, DON HO

第1章:ドン・ホー

Among the many glittering constellations that make up

ハワイの音楽史に名を残すスターたちの中でもひときわ明るく輝く星

Hawai‘i’s musical legacy, one star shines the brightest. In 1965, San Francisco radio host Jim Lang played

サンフランシスコのラジオ番組の司会ジム・ラングさんは、1965年の当

a soundtrack from a Hawaiian singer relatively

時、 ハワイ以外ではあまり知られていないハワイのある歌手のサウンド

unknown beyond Hawai‘i’s shores. As Don Ho’s voice crooned over the airwaves, the station’s switchboards lit up in a flurry of flashing lights.

の交換台ではランプがひっきりなしに点滅し、 「今の歌手は誰ですか?

Calls flooded in. “Who was that singer?” listeners

」 という視聴者からの問い合わせが殺到した。 この放送によってドン・

wanted to know. With this broadcast, Don Ho’s star

ホーさんは、一気に太平洋中に旋風を巻き起こすスターとなり、 この後

blazed its bright trail across the Pacific, heralding the beginnings of an incredible 50-year musical career in the islands and worldwide.

42

トラックの一曲を流した。 ドン・ホーの声がラジオで流れるなり、放送局

50年にわたるハワイをはじめ世界中での驚異的な音楽キャリアをスタ ートさせた。

Halekulani Living


C U L T U R E

Born in 1930, Donald Tai Loy Ho was the second

 1930年、 ハワイアン、 中国、 ポルトガル系一家の6人兄弟の2番目に

of six children in a Hawaiian-Chinese-Portuguese

生まれ、 オアフのウィンドワードで育ったドナルド・タイ・ロイ・ホーさん

family. Growing up on O‘ahu’s windward side, Ho was proud of his country roots. Upon graduating

は、 田舎育ちのルーツを誇りに思っていた。 カメハメハ・スクールズを

from Kamehameha Schools, Ho headed to Springfield

卒業した彼は、 フットボール奨学金でスプリングフィールド・カレッジに

College on a football scholarship, returning a year

入学。 その後、 ハワイ大学マノア校を卒業し、高校時代からの恋人、 メ

later to complete his studies at University of Hawai‘i

ルバ・メイさんと結婚するため1年後にハワイに戻った。 まもなく彼は軍

at Mānoa and to marry his high school sweetheart, Melva May. Soon after, he enlisted in the military

隊に入隊し、 テキサスとカリフォルニアでジェット機の空軍パイロットと

and served as an Air Force pilot, flying jets in Texas

なった。元来のアイランドボーイであった彼は、 やがて愛しい故郷のハ

and California. However, Ho was an island boy at

ワイへ戻った。

heart, and Hawai‘i ultimately called its son home. Ho’s nascent path into the entertainment industry began at his parents’ small restaurant and

 ホーさんのエンターテインメントの才能は、彼の両親が経営する小 さなレストランバー「ハニーズ(Honey's)」 で開花した。彼の父親が商売

bar, Honey’s. His father, who hoped to rejuvenate

を活気づけようと、若いホーさんに友人と即席でバンドを組むよう勧め

the business, encouraged the young Ho to form a

たのがきっかけだった。 ここでふたたびマジックが起きる。 ホーさんはあ

makeshift band with friends. Magic ensued. Ho soon found himself the charismatic fulcrum of a lively,

っという間に カニカピラ と呼ばれるライブ感に満ちた即興スタイルの

kanikapila brand of entertainment. Crowds were

エンターテインメントのカリスマ的存在となった。人々は彼独特の語り

regaled with his stories and adored his ain’t-no-

を面白がり、 その悠然とした態度に惹かれた。 観客たちもステージに呼

big-thing attitude. Audience members were cajoled into letting loose, singing, and dancing, often on the stage itself. Word spread of the rollicking good times

ばれ、羽目を外して一緒に歌ったり、踊ったりした。 その大盛況ぶりが評 判となり、 ホーさんのショーを一目観ようと、 この小さな田舎のバーに

had at the little country bar, and people streamed in

はハワイ中から多くの人たちが押しかけた。1964年、 ハワイのアロハ親

from across the island to take part in the revelry. In

善大使のデューク・カハナモクさんから、彼の名を冠したナイトクラブ

1964, Duke Kahanamoku, Hawai‘i’s Ambassador of Aloha, asked Ho to play at his namesake supper club. Kahanamoku and Ho had fostered a warm friendship

への出演を依頼されたホーさんは、 ビーチボーイ時代からの旧友であ ったカハナモクさんからの誘いを光栄に思い、 受け入れた。 カネオヘで

since their beach-boy days, and Ho considered the

のショーで成功を収めたホーさんと彼のバンドを待っていたのは、流行

invitation a great honor. Packing up their Kāne‘ohe

りのナイトクラブの集まるワイキキの大舞台だった。

show, Ho and his band headed for the big lights: O‘ahu’s nightclub hotspot, Waikīkī.

  あらゆるポリネシア文化を体験しようとワイキキを訪れる旅行者が急

It was the early 1960s, and Waikīkī was welcoming

増した1960年代初頭。 航空輸送が拡大し、 ハワイが米国の一州となっ

a robust influx of tourists eager to experience all things

たニュースが流れると、 オアフは瞬く間に夢のデスティネーションとなっ

Polynesia. Burgeoning air travel and widespread coverage of Hawai‘i’s recent statehood secured O‘ahu’s status as a dream destination. By day, Waikīkī offered

た。 昼間のワイキキはポストカードのままの揺れるヤシと白い砂浜の景 色が広がり、 夜になるとライブ音楽で賑わう数多くのラウンジで輝いて

postcard-perfect swaying palms and white sand

いた。 ホーさんの 「ハパハオレ」 音楽は、 ワイキキの観客を大いに楽しませ

beaches. By night, it glittered with a bevy of lounges

た。 ハワイ語と英語の歌詞を交互に交え、 ウクレレやスチールギターなど

brimming with musical acts. Ho’s “hapa haole” music struck a golden chord with Waikīkī crowds—its

のハワイの楽器を使った多様なカルチャーと活気に満ちたトロピカルサ

blend of Hawaiian and English verse, accompanied

ウンドとして一躍ヒットした。 彼の音楽を通して誰もがハワイを身近に感

by Hawaiian instrumentation like ‘ukulele and

じることができた。 「ハワイアンであることは彼の誇りでした。 ショーにハ

steel guitar, served as a tropical soundtrack for the island’s vibrant and diverse culture. Ho made Hawai‘i accessible to everyone. “Don was proud to be

ワイアナを取り入れ、 観客と一緒にハワイ語の歌を歌い、 発音まで教えて いました」 と語るのは、 ドン・ホー・トラスト理事であり1968年から1975

Hawaiian,” says Adrienne Liva Sweeney, Ho’s personal

年までホーさんの秘書を務めたエイドリアン・スウィーニーさん。

secretary from 1968 to 1975 and a trustee of the Don Ho

 ホーさんの成功の秘訣は、何よりも彼持ち前の人懐っこさであった。

Trust. “He incorporated Hawaiiana into his shows and

44

Halekulani Living


C U L T U R E

would have people singing Hawaiian songs, teaching

気さくで飾らない性格のホーさんは、 ハニーズ時代と変わらず、 その場

the words phonetically.”

のノリにまかせたフリースタイルなショーを続けた。決まった曲の演奏

But it was Ho’s penchant for people that was his lodestar. With his insouciant charm and ease of

はせず、台本なしで進行する彼のショーでは、観客が歌のリクエストや

rapport, Ho calibrated his shows with the same loose

メッセージをカクテルナプキンに書いてステージに届けた。観客の心の

approach he had cultivated at Honey’s. Rather than

掴み方を心得ているホーさんは、冗談を言ったり、 ユーモラスな話をし

a formal set of musical numbers, the show flowed

て彼らを楽しませた。 シーヴァス・リーガルのスコッチを片手に、 ハモン

unscripted—attendees would scribble song requests and messages, sending them to the stage via cocktail

ドオルガンの前に座って年配者たちに優しく歌いかけ、軍隊の兵士たち

napkins. A master at connecting with the audience,

を讃え、観客のお気に入りの一曲を演奏するホーさん。時には新婚旅

Ho knew how to tease, humor, and inspire his guests.

行中のカップルをからかってホテルの部屋へ早く戻れるよう時間通りに

From his seat behind his Hammond chord organ, with a Chivas Regal scotch in hand, he’d serenade grandmothers, recognize military servicemen, and,

ショーを終える約束をしてショーを盛り上げた。  ハニーズでのライブと同じように、 ホーさんはステージで一緒に歌っ

a perennial favorite of the crowd, slyly promise

て踊るよう観客に呼びかけ、 ユーモアあふれるジョーク交じりのパフォ

honeymooners to end the show on time so they could

ーマンスで客席を笑いの渦に包み込んだ。 この唯一無二のエンターテ

return to their hotel rooms. Just as he did at Honey’s, Ho called upon audience

イナーとの最初の出会いについてビッグウェーブサーフィンのパイオニ

members to join him onstage in song and dance, and

アのピーター・コールさんはこう語る。 サンセットビーチで開かれた初の

his gift for comic enterprise could work the crowd

デューク・カハナモク・インターナショナル・サーフィン選手権で、 コール

into fits of laughter. Big wave surf pioneer Peter Cole fondly recalls his first brush with the inimitable entertainer. At the inaugural Duke Kahanamoku

さんと彼の仲間はカハナモクさんから、 その夜ホーさんが出演するワイ キキのショーに誘われたという。 ヒョロっとした背の高いサーファーに

International Surfing Championship held at Sunset

向かって、 したたかな笑みでステージに手招きするホーさん。 コールさ

Beach, Kahanamoku invited Cole and his pals to join

んは思い出し笑いをしながら 「想像できるかい?ノースショアのサーフ

him in Waikīkī later that evening for Ho’s show. There, Ho beckoned the tall, lanky surfer to the front with a wily grin. “Can you imagine?” Cole says, chuckling at

ァーの僕らにステージでフラを踊らせたんだ」 と話す。見るだけのショー でなく、観客がショーの一部になってしまうそんなショーだった。

the memory. “He had us up there, a bunch of North

 「ザ・ドン・ホー・ショー」 はワイキキで最も人気のあるショーとな

Shore surfers, trying to do the hula on stage.” At Ho’s

り、300席のショールームは常に満席で、一晩に3回、週7日でショーを

shows, such larks were expected: You didn’t just watch the show, you became part of it.

するほどの盛況ぶりだった。 20世紀の多くの著名ミュージシャンのマ

The Don Ho Show was a wildly popular Waikīkī

ネージャーだったシェップ・ゴードンさんは 「一つとして同じショーはな

feature, its success marked by a consistently packed

かった。 ドンは究極のパフォーマーだったよ」 という。彼は友人と連れ立

300-seat house, three shows a night, seven nights a week. “No two shows were ever the same,” says Shep Gordon, a talent manager for many of the last

ってこのショーを何十回も見に行ったという。 その後50年にわたって、 ザ・ドン・ホー・ショーは成功を収め、 ホーさんはワイキキのトップエンタ

century’s well-known musicians, who estimates that

ーテイナーの座を確固たるものにした。

he and his friends went to the show dozens of times.

 ホーさんは、 テレビのゲスト出演やラジオのバラエティ番組ホスト、

“Don was the consummate performer.” Over the next five decades, the show flourished, and Ho cemented his position as Waikīkī’s top entertainer. The musician went on to achieve international acclaim (his 1967 hit song “Tiny Bubbles” became an eponymous anthem) through guest appearances on television, his own on-air variety show, records, and

レコード発売や米国本土でのショーなどを通じて世界的に有名になっ た。1967年のヒットソング 『タイニー・バブルス』は彼の代表作である。 ショーの後は決まってファンに挨拶し、 サインをしながら彼らの話に耳 を傾けた。 「ドンは毎晩、 ショーを通して人々を幸せで楽しい気分にさ せ、心に残る思い出を作るために一生懸命でした」 と語るのはこのショ

engagements at large mainland venues. After each

ーの長年のプロデューサーでソロダンサーのハウメア・ホーさん。 ホー

performance, he greeted his fans, signed autographs,

さんは2006年に彼女と結婚している (前妻のメルバ・メイさんは1999

and listened to their stories. “Don’s mission every

46

Halekulani Living


Don Ho’s wildly popular namesake show was a must-see for any visitor

ドン・ホーさんの名を冠したショーは、 フランク・シナトラさんの長女ナ

to the islands, including Frank Sinatra’s eldest daughter, Nancy, shown

ンシーさんをはじめ、 ハワイを訪れる旅行者にとって見逃すことのでき

here in 1972. Image courtesy of Adrienne Liva Sweeney.

ない大人気のショーであった。1972年の写真。 エイドリアン・リヴァ・ス ウィーニーさん提供。

47


C U L T U R E

night was to make people happy, feel good, and to

年に他界)。 「ショーが終わって帰る頃には、誰もが彼と親友になったよ

create memories they’d never forget,” says Haumea

うな気分がしたものよ。 ドンは彼らのハワイの兄弟だったの」。生涯を

Ho, the show’s longtime executive producer and dance soloist, whom Ho married in 2006 (Melva May

“No two shows were ever the same,” says Shep Gordon, a talent manager for many of the last century’s well-known musicians. “Don was the consummate performer.”

passed away in 1999). “Everyone would leave the show

2日前までワイキキの様々な会場で彼のトレードマークとなっているシ

feeling like he was their best friend. … Don was their

ョーを続けた。

Hawai‘i brother.” Ho remained a dedicated performer,

 ホーさんが亡くなって10年たった今も彼のレガシーは一層その輝

continuing his trademark show at various Waikīkī venues up until two days before his death in 2007.

りに及んでいる。人懐っこいホーさんの性格について 「彼に会ったこと

continues to shine bright, stretching beyond music

のある人は、誰もがそれぞれの 『ドン・ホー・ストーリー』 を持っている

and into the realm of something deeper and more pure: a celebration of human connection. “Everyone who met him has a ‘Don Ho’ story,” says Sweeney

の」 とスウィーニーさん。今年、 ドン・ホー・トラストはデジタル化して保 存するため、75箱におよぶ写真と録音、 フィルム映像をハワイ大学西

of Ho’s love for people. This year, the Don Ho Trust

オアフ校に寄付した。 それは将来の世代に、大きな心で何百万人もの

gifted nearly 75 boxes of photos, recordings, and film

人々を魅了したドン・ホーという人物について知る機会を与えてくれる

footage to the University of Hawai‘i West O‘ahu to be

シャンのマネージャーだったシ

preserved and digitized. Future generations will now

て同じショーはなかった。

きを増し、 その影響は音楽の枠を越えてより深く純粋な人と人の繋が

In the decade since his passing, Ho’s legacy

20世紀の多くの著名ミュージ

ェップ・ゴードンさんは 「一つとし

通して真のパフォーマーであり続けたホーさんは、2007年に亡くなる

have access to a man who reached millions through his extraordinary generosity of spirit. For those who dreamed of Hawai‘i, or visited

ドンは究極のパフォーマーだっ

the islands and attended his show, Ho made paradise

たよ」 という。

personal. “When you think of Hawai‘i, you think of

ことだろう。  ハワイを夢見る人や島を訪れて彼のショーを見た人たちにとって、 「パラダイス」 を身近なものにしたホーさん。 「ハワイについて思い浮か べるとき、 ダイアモンドヘッドやパールハーバーと並んでドン・ホーの名 前が頭に浮かぶの」 とハウメアさんは語る。

Diamond Head, you think of Pearl Harbor,” Haumea says, then pauses. “And you think of Don Ho.” PART II, DON TIKI This exotica music group is like the sound it creates—

第2章、 ドンティキ 一風変わった感覚的で独特のユーモアに満ちたエキゾチカ音楽の グループ

strange and sensuous, with a zany sense of self-awareness. Lloyd Kandell’s baptism in exotica’s eternal font took place when he was 10 years old. It was the

ロイド・カンデルさんがエキゾチカという音楽ジャンルの洗礼を受けた のは10歳の時だった。60年代初頭、 アメリカでティキが一世を風靡し

early ’60s, and tiki fever was sweeping the United

ていた時代だ。 中流階級のアメリカ人たちはこぞって髪を下ろし、誰も

States, enticing middle-class Americans to let their

が ネイティブ になることに憧れていた時代だ。 カンデルさんの両親も

hair down and “go native.” Embracing the craze, Kandell’s parents paid homage the way most of its disciples did: by throwing backyard tiki parties. The

また、 当時流行していたティキパーティーを裏庭で開いた。 それは偽物 のトロピカルムードに酔いしれるような演出のパーティだった。 男性は

faux tropical fetes made for an intoxicating mise en

糊付けされたシャツを脱ぎ捨て、一張羅のウォルター・クラークのアロ

scene. Men eschewed starched shirts for their best

ハウェアに着替え、女性はカラフルなミニのムームーに身を包んだ。 ゲ

Waltah Clarke alohawear, and women slipped into colorful mini mu‘umu‘u. Donning fake flower lei,

ストたちは、造花のレイを身につけ、精一杯ポリネシア料理に見立てた

guests passed trays of rumaki—suburbia’s attempt

アペタイザーの ルマーキ を食べ、紙製の傘が飾られたトロピカルカク

at Polynesian fare—and sipped tropical libations

テルを飲んだ。 その間もずっと背景には巨匠ミュージシャンのマーティ

adorned with paper umbrellas. All the while, a background of the jungle jazzy sounds of musician Martin Denny wafted through the air. Nearly five decades later, the tiki torch still burns bright. Today, Kandell and Kit Ebersbach are

ン・デニーさんの野性的なジャズサウンドが流れていた。  あれから50年ほどたった今も、 ティキの灯はまだ明るく燃えている。 今日、 カンデルさんとキット・エバースバッハさんは、 ハワイの神秘的な 音楽を21世紀のサウンドとして再現するネオ・エキゾチカ音楽のグルー

the creative forces behind Don Tiki, a neo-exotica

48

Halekulani Living


Lloyd Kandell and Kit Ebersbach, who moonlight as “Fluid Floyd” and “Perry Coma” respectively, are the creative forces behind Don Tiki, a neo-exotica music group summoning the mysterious sounds of the islands into the 21st century.

「フルイド・フロイド」 と 「ペリー・コマ」 というアーティスト名で活動するロイド・カンデルさん とキット・エバースバッハさんは、 ハワイの神秘的な音楽を21世紀のサウンドとして再現する ネオ・エキゾチカ音楽グループ 「ドンティキ 」 のクリエーターである。

49


C U L T U R E

music group summoning the mysterious sounds of

プ 「ドンティキ (Don Tiki)」 のクリエーターである。 ドンティキはこの二

the islands into the 21st century. With Kandell and

人を核に、 ベースでボーカルのヘジュンさんやボーカル兼ダンサーのシ

Ebersbach at its core, Don Tiki consists of a wide assemblage of talents, such as bassist and vocalist

ェリー・シャオリンさんとバイオレッタ・ベレッタさん、 パーカッションの

Hae Jung, vocalists and dancers Sherry Shaoling and

ロパカ・コロンさんといった幅広い才能を持つアーティストで構成され

Violetta Beretta, and percussionist Lopaka Colon.

ている。 (ロパカさんは、著名パーカッショニストのオーギー・コロンさん

(Lopaka is the son of Augie Colon, the percussionist

の息子でデニーさんと共演したこともあるパーカッショニスト。鳥のさ

and birdcall extraordinaire who played with Denny.) The group’s signature live shows are found on stages

えずりをまねる バードコール の非凡な才能を持つ。) このグループが

both low and highbrow, with venues ranging from La

行うライブショーは、 ラ・マリアナやホノルルシンフォニー、 ラスベガスの

Mariana and the Honolulu Symphony to Las Vegas

ショールームやベルリン音楽祭、 ウォルト・ディズニー・コンサートホー

showrooms, a Berlin music festival, and Walt Disney Concert Hall. With five albums produced, and a foray into the Japan market currently in the works,

ルなど、 その会場も様々だ。 これまでに5枚のアルバムが制作され、今後 は日本市場へも進出を予定している。 ドンティキ特有のユーモアのある

Don Tiki’s zany, subculture allure attracts an ever-

サブカルチャーに惹かれ、 メンバ一になりたいと願うゲストミュージシ

changing roster of guest musicians, vocalists, and

ャンやボーカリストやダンサーは後を絶たない。 「出演キャストは数千

dancers eager to join the Don Tiki tribe. “A cast of thousands,” Kandell quips. America’s

fascination

with

Polynesia

first

emerged after World War II, as servicemen returned from their South Seas outposts with heady tales of paradise found. It was the perfect antidote for a warweary nation, and Americans became besotted with

人だよ」 とカンデルさんはおどけてみせる。  アメリカ本土でのポリネシアブームの火付け役となったのは、第二 次世界大戦後に南太平洋の駐屯地から帰還した兵士たちだった。彼ら が広めた魅惑の楽園物語は、戦争に疲弊していた国にとってこれ以上 ない特効薬であり、 アメリカ人は熱帯のエデンの園といったイメージの

escapist visions of a tropical Garden of Eden. Savvy

理想郷への逃避を夢見るようになった。賢明な経営者のドン・ザ・ビー

proprietors like Don the Beachcomber and Trader Vic

チコマー氏やトレーダー・ヴィック氏はこれをビジネスに活かし、 ティキ

capitalized on this intrigue, debuting restaurants and lounges replete with carved tikis, shell lamps, and signature drinks. Soon, faux island motifs surfaced

の彫刻や貝殻のランプが飾られ、 トロピカルなドリンクを提供するレス トランやラウンジをオープンさせた。 まもなくして建築や芸術、料理から

in everything from architecture and art to food and

ファッションに至るまで、 あらゆるものに見せかけのハワイアンモチー

fashion. Exotica music became the consummate

フが取り入れられるようになった。 自らの新たな野生的な一面を楽し

soundtrack and a barefoot ethos supplanted bobby sox, as Americans gleefully granted themselves permission to tap into their primal sides. Though the tiki craze reached its zenith 50 years ago, it never quite disappeared. Its over-thetop aesthetic avoids extinction thanks to pockets of die-hard tikiphiles worldwide, while exotica

むようになったアメリカ人たちにとって、 エキゾチカ音楽はこの上ない サウンドトラックとなり、 ボビーソックスに取って代わって裸足がトレン ドとなった。  50年前に流行のピークに達したティキは、 その後も完全に姿を消す ことはなく、 その特徴的なスタイルと世界中にいる一部のハードコア

music’s amaranthine appeal sates curious music

なティキファンのおかげで絶滅を免れている。 その間、衰えを知らない

heads seeking fringe genres. Kandell, influenced by

エキゾチカ音楽は、 ニッチな音楽ジャンルを求める好奇心旺盛な音楽

the trifecta of exotica greats—Martin Denny, Les Baxter, and Arthur Lyman—met the big kahuna

愛好家の欲求を満たした。 マーティン・デニーさん、 レス・バクスターさ

himself, Denny, at a Steinway piano performance.

ん、 アーサー・ライマンさんという3名の偉大なエキゾチカ奏者に影響

The serendipitous encounter convinced Kandell,

を受けたカンデルさんは、 スタインウェイのピアノ演奏会で巨匠のデニ

then 44, that a career in music, albeit begun late, could be a career nonetheless. After all, Denny had been in his 40s when “Quiet Village” became a hit

ーさんに出会った。 この偶然の出会いにより、 当時44歳だったカンデル さんは遅いスタートながらも音楽のキャリアを追求することにしたとい

in 1959. Meanwhile, Ebersbach was looking for

う。1959年に 「静かな村(Quiet Village)」 がヒットした頃のデニーさん

something new to round out his musicianship, having

もまた40年代だったのだ。 同じ頃、 すでにレコーディングや作曲も手が

already recorded, composed, and played music all

50

Halekulani Living


C U L T U R E

his life. His professionally trained ear appreciated

け、常に音楽に携わっていたエバースバッハさんは、楽才を磨くための

exotica’s sumptuous composition—tribal percussion

新しいインスピレーションを探していた。 プロの音楽家である彼は、 ビブ

punctuating the resplendent tones of a vibraphone, sultry vocals backed by birdcalls. A particular favorite

ラフォンの奏でる華麗なトーン、 リズミカルな種族のパーカッション、鳥

of Ebersbach was the sweet chrome undulations of

の鳴き声が引き立てる官能的なヴォーカルといったエキゾチカの壮麗

the kyi waing, a Burmese gong circle he arranged to

な構成の音楽に魅了された。 エバースバッハさんが特に気に入ったの

have smuggled to Hawai‘i (allegedly, of course). With

は、彼がハワイに隠し持ち込んだ (とされる) ミャンマー伝統の真鍮のゴ

Denny’s blessing and mentorship, Don Tiki became a 21st century offering to the exotica gods of yore. Kandell and Ebersbach conceived the group as a studio project, planning to merely produce good music and then dispense it. They weren’t even certain who would listen. “We never wanted to be a retro or tribute band, we were just genuinely

ング、 「チーワイン」 の美しい響きだ。 デニーさんの指導と導きにより、 ド ンティキはエキゾチカの21世紀サウンドとなった。  カンデルさんとエバースバッハさんは、 このバンドをスタジオプロジェ クトと捉え、単に良い音楽を作って販売するつもりだった。彼らの音楽 を誰が聞くのかすら分からなかった。 ケンデルさんは 「レトロやトリビュ

inspired by the music,” Kandell says. “We were

ートバンドになりたいとは思ってなかった。心から音楽にインスパイア

two older guys, not interested in doing a tour or

されただけのことさ。僕たちは2人とも年をとっていたし、 ツアーやライ

live show thing.” But exotica music, like an exotic animal, is best let loose. After the success of their

ブショーには興味がなかったんだ」 という。 エキゾチカ音楽はエキゾチ

first album, The Forbidden Sounds of Don Tiki,

ックな動物のように自由であることが最も大切だ。1997年にリリース

released in 1997, Don Tiki went live.

された1stアルバム 『The Forbidden Sounds of Don Tiki』 がヒット

Pooling their day-job talents (Kandell runs an advertising agency and Ebersbach heads a music studio), the pair enlisted a 12-member corps of

すると、 ドンティキはライブショーを始めることにした。  広告代理店を経営するカンデルさんと音楽スタジオ代表のエバース

musicians and vocalists for the band’s first gig in, of

バッハさんは、昼間の仕事を活かし、 オハイオでの初ギグのために12名

all places, Ohio. “We had no idea what to expect,” says

のミュージシャンとボーカルを募集した。 「どんなショーになるのか想像

Kandell. As it turned out, the venue, the Kahiki, was a massive, canoe-shaped restaurant, a Polynesian palace of kitsch, and a veritable tiki mecca. Staged

もつかなかったよ」 とケンデルさん。会場となった 「カヒキ」 は巨大なカヌ ー型のレストランで、 ゴテゴテしたポリネシア宮殿のようなまぎれもな

in front of a gigantic stone tiki with glowing red

いティキのメッカだった。赤い目が光る巨大な石製のティキと大きく開

eyes and a roaring fireplace mouth, the music set

かれた暖炉の口の前のステージで、 デニーさんからの歓迎の挨拶の録

commenced with a pre-taped welcome from Denny. Seated at the helm of his grand piano, Denny played

音とともに演奏は始まった。 グランドピアノの前に座ったデニーさんが 「

the first notes of “Quiet Village” before Don Tiki

静かな村」 の最初の音符を演奏すると、 そこにドンティキがライブで加

joined in live. “It was legendary,” says Kandell,

わる。 その時の感動を思い出して 「それは伝説に残るほど素晴らしいシ

marveling at the memory. Buoyed by this debut, Kandell and Ebersbach (who moonlight as “Fluid Floyd” and “Perry Coma”

ョーだったよ」 とカンデルさん。  このデビューで勢いに乗ったカンデルさんとエバースバッハさんは (そ

respectively) maintained Don Tiki’s upward trajectory

れぞれアーティスト名は 「フルイド・フロイド」 と 「ペリー・コマ」 ) 、 地元での

with small local gigs and a second album. Ebersbach

小さなギグと2枚目のアルバムを通して、 ドンティキの人気を持続させた。

recalls the first inkling of the band’s burgeoning impact in 2001. While writing a track for Magic of

エバースバッハさんは、 2001年にバンドがヒットし始めた頃のことを覚

Polynesia, a popular Waikīkī stage show, Ebersbach

えている。エバースバッハさんが人気のあるワイキキのステージショー 『

was approached by renowned choreographer Tunui

マジック・オブ・ポリネシア』 の曲を書いていると、 著名な振付師のトゥヌ

Tully. Tully was intrigued by this new music he had come across. “Do you know Don Tiki?” he asked Ebersbach, who laughed before replying, “You’re

イ・タリーさんが彼に尋ねた。 「最近耳にして関心を持った新しい音楽が あるんだ。 ドンティキってバンドを知っているかい?」 と聞く彼に、 「君の目

looking at him.” Tully became an integral part of the

の前にいるよ」 と答えるエバースバッハさん。 以来、 タリーさんはドンティ

Don Tiki team, increasing the live show’s wow factor

キに欠かせない存在となり、 彼の華やかな衣装や振り付けは、 このショー

with dazzling displays of costumes and choreography.

52

Halekulani Living


A R T S

54

Halekulani Living


Exotica music became the consummate soundtrack of Hawai‘i, as Americans gleefully granted themselves permission to tap into their primal sides. 自らの野生的な一面を楽しむようになったアメリカ人たちにとって、 エキゾチカ音楽はこの上ないハワイのサウンドトラックとなった。

Halekulani Living

55


C U L T U R E

“It was unlike any Polynesian show,” says Alaana

に観客をあっと言わせる多くの要素を加えた。 「それはどんなポリネシア

Seno, a professional dancer and veteran Don Tiki

のショーとも違う、 観客をうっとりさせるショーだったわ」 とプロダンサー

performer. “It was euphoric.” With an ever-increasing following of showgoersturned-converts, Don Tiki’s fanbase carries the tiki

 彼らのショーを見てファンとなる人たちは着実に増え続け、人気絶頂

torch high into 2017. Cheeky self-awareness also

のドンティキの勢いは2017年に入ってもとどまるところを知らない。 自

helps the group skirt any cultural appropriation

らの特異な性質を自覚しているこのグループは、文化的に正しい描写

controversy. Kandell notes the very different tiki paradigms at play: one, the authentic tiki, or ki‘i, the

であるかといった論争に巻き込まれることもない。 カンデルさんはショ

reverent god forms of Polynesian culture; and the

ーに登場するまったく異なる2つのティキについて説明する。一つはポ

other, Don Tiki’s tiki, the highly stylized mascots of

リネシア文化の精神的な神「キイ」 を模した本物のティキ。 もう1つは、

exotica’s glib pop culture. Recognizing the “art” in artificial, Don Tiki then gleefully elevates it. This is not to say that Don Tiki isn’t blithe

エキゾチカの軽薄なポップカルチャーの高度に様式化されたマスコッ ト、 ドンティキのティキだ。 ドンティキは作り物の世界を独特にアレンジ

about critical perceptions. Moments before its

して、 アートとして楽しませてくれる。

debut at Hawaiian Hut 15 years ago, Kandell, Don

 ドンティキは批判的な評価に対して無関心というわけでもない。 15

Tiki’s congenial host, peeked out at the audience from behind the curtain, and panicked upon seeing

年前、 ハワイアン・ハットでショーをデビューさせた際、袖幕から客席を

esteemed cultural practitioner Manu Boyd among the

覗き込んだドンティキのホストのカンデルさんは、 ハワイ文化の伝道者

crowd. Would Boyd condemn the show as yet another

として尊敬されているマヌ・ボイド氏の姿を見つけてパニックした。 ボイ

lewd perpetuation of Hawaiian stereotypes—the hula maidens, grass huts, and tribal beats? When asked about that night, Boyd laughs. Obviously, the

ド氏はフラを踊る女性たちや茅葺の小屋、部族ビートのこのショーを、 ハワイのステレオタイプで品のないパフォーマンスだと非難するだろう

show was not an authentic portrayal of Polynesian

か?ショーについて尋ねられたボイドさんは笑いながら 「このショーが

culture, he explains. It was pure romanticism,

本物のポリネシア文化の描写でないことは言うまでもない。純粋なロマ

fantastical stuff. “Don Tiki is what it is,” Boyd says. “Just a lot of fun.” Fun indeed. More camp than kitsch, Don Tiki’s

ン主義で幻想的な作品さ。 それはドンティキでしかない。 とにかく楽し いショーだったよ」 と語った。

tongue-in-cheek manner is apparent even in its

 それは実に楽しいショーである。 ドンティキの遊び心あふれるスタイ

own name. When asked its origin, Kandell chuckles.

ルは、 その名前にも象徴される。 ドンティキという名前の由来を尋ねら

Don Tiki is a play on Kon-Tiki, the 1947 Norwegian ocean raft expedition that attempted to prove that

れたカンデルさんは笑いながら、1947年に太平洋を航海したノルウェ

South Americans populated Polynesia. Explorer

ーの筏「コンティキ号」 をもじってつけた名前だという。 ポリネシア人の

Thor Heyerdahl’s theory was decried by Polynesian

先祖が南米から海を渡って渡来したという説を証明しようとしたこのノ

scholars who pointed to Polynesian cultures’ highly sophisticated, star-based navigation system. “So we decided to set the story straight,” Kandell says,

ルウェーの探検家トール・ヘイエルダールの理論は、 ポリネシア文化の 星を利用した高度な航海術を例に挙げるポリネシアの学者たちに非難

deadpan. “It wasn’t the Kon-Tiki. It was Don Tiki, as

された。 カンデルさんは真面目な顔で 「僕らはこの謎を明かすことにし

in Don Ho, navigating via mai tais.”

たんだ。 コンティキではなく、 ドンティキのマイタイを頼りにした航海さ。

It’s not too hard to imagine the great Don Ho, fellow Hawai‘i entertainer, raising a toast to such

ドン・ホーのようにね」 と言う。

a tale, with one minor correction: He would have

 もしハワイのエンターテイナーの巨匠ドン・ホーさんがこの話を聞い

navigated with a Chivas Regal, not a mai tai. Suck

ていたら、彼らに乾杯していたことだろう。 おそらくそれはマイタイでは

’em up, suck ’em up!

56

でドンティキのベテランパフォーマーのアラアナ・セノさんは言う。

なく、 シーヴァス・リーガルであったはずだ。乾杯!

Halekulani Living


C U L T U R E

T EXT BY M ATT HE W DE K N E E F

IM AGE S BY RO G E R & L E IM O MI B O N G 文=マット・デニーフ

SOUL SEARCHING 自分探し

Since 2010, Roger Bong has been sharing the soulful side of Hawai‘i’s musical landscape with his label, Aloha Got Soul, which features rare and relatively obscure tunes from the 1970s and ’80s. 2010年以来、 ソウルに満ちたハワイの音楽シーンを紹介するロジャー・ボンと 70年代と80年代のレアな曲を フィーチャーしたレーベル 「Aloha Got Soul」

“My intention is to record my art so that when I pass on, my children and my grandchildren will know, ‘She was a musician, she had a message,’” says Hilo musician Alice Wise, a kanikapila artist with only one recorded song to her name and who is featured in the Aloha Got Soul documentary.

ヒロのカニカピラ・ミュージシャ ンのアリス・ワイズさんは、 「私 の音楽を録音することで、 自分 がいなくなった後も子供や孫た ちに 『ミュージシャンとしてメッ セージを伝えていた』 ことを知っ てもらえる」 という。 彼女の名前で録音された唯 一の曲は、 アロハ・ガット・ソウ ルのドキュメンタリーにも登 場する。

58

Halekulani Living


“The Lord keeps you ticking, he gives you a lot of material and energy. He gives you purpose and meaning, and the songs just come,” says Kirk Thompson, the founding keyboardist of Kalapana and creator of legendary band Lemuria.

「神様は我々に限られた時間と多くの物とエネルギーを与え、生きる 意味や目的を授けてくれる。 そして歌は自然に湧いてくるものだ」 と 「カラパナ」 の結成メンバーのキーボード奏者で、 のちに伝説的なバンド 「レムリア」 を立ち上げたカーク・トンプソンさんは語る。

59


C U L T U R E

shown clockwise from top

Seven years ago, deejay and vinyl-record collector

7年前、DJでレコードコレクターのロジャー・ボンさんは、 あるブログを

left: Kit Ebersbach, owner

Roger Bong started a blog to chronicle his crate-

始めた。1970年代と80年代を代表するソウル、 ファンク、 ディスコ、 ジャ

of Pacific Music Productions

digging finds of albums and artists who fashioned

studio; Ward Yamashita,

the signature soul, funk, disco, jazz, Hawaiian,

owner of Hungry Ear Records;

world-fusion sound synonymous with the 1970s and

Robin Kimura, leader of the

’80s in Hawai‘i. In the years that followed, Aloha

1970s band Greenwood

Got Soul, as Bong named his blog, blossomed into a

and organizer of the 1970s

digitized archive of music otherwise destined to be

Nightclub Reunion concert

forgotten in dust-covered bins across the islands; his

series that began in the early

mix tapes on Soundcloud featuring these discoveries

れらの曲をまとめた彼のミックステープは、 サウンドクラウド上で何千

2000s; and Edie Bilke, friend of

have been listened to and shared thousands of times.

回も再生され、共有されている。 ボンさんは音楽の著作権とライセンス

the late Frank Tavares, a Maui-

Navigating the meticulous maze of music copyrights

based musician who recorded

and licensing, Bong created a label to re-issue 17

an obscure experimental LP in the mid-1970s entitled Na Mele A Ka Haku.

vinyl records of rediscovered albums and singles.

りにあるスタジオ、 パシフィック・ ミュージック・プロダクションズ のオーナーのキット・エバースバ ッハさん、 ハングリー・イヤー・ レコードのオーナーのワード・ ヤマシタさん、 70年代のバンド、 「グリーンウッド」 のリーダーで

ぶってい忘れられていた音楽の立派なデジタルアーカイブとなった。 こ

という難関を乗り越え、掘り出しもののアルバムやシングルから17枚の レコードを再リリースするためにレーベルを立ち上げた。 またDJとして、

ルやシカゴ、 ロンドンなどでレコードを回している。 ボンさんが掘り出し

from Honolulu to Chicago to London. Bong is getting at a time. Now, Aloha Got Soul is making a film. Pedro Rämos, a Brazilian film producer and avid record collector, read of Bong’s label in 2013 in Wax Poetics, a cult music magazine for crate-diggers.

た一枚一枚のレコードが、世界中にグルーヴを巻き起こしている。  現在、 アロハ・ガット・ソウルは映画を製作中である。  ブラジルの映画プロデューサーであり熱心なレコードコレクターのペ ドロ・ラモスさんは、2013年にレコード収集家のためのカルト音楽誌『 ワックス・ポエティクス』 を読んでボンさんのレーベルについて知った。

The article praised his Soul Time in Hawaii mix tape,

その記事は、心地よいアル・ノブリガの 「ラハイナ」 やオーラの足踏みデ

which featured some of Aloha Got Soul’s most notable

ィスコ曲、 そしてマッキー・フェアリーの知る人ぞ知る 「マッキー・フェア

finds, like the feel-good song “Lahaina” by Al Nobriga, foot-stomping disco gems by Aura, and Mackey Feary’s lesser-known Mackey Feary Band. “My mind was blow away,” Rämos says. “I didn’t

いるセブンティーズ・ナイトクラ

the ’70s and ’80s. My perception of Hawai‘i is hula dancers and only that, not this funk and soul sound. I thought, man, this is a whole universe.” Six months later, Rämos reached out to Bong

故フランク・タヴァレス氏の友人

to see if he was interested in exchanging vinyls:

で、 1970年代半ばに 「ナ・メレ・

Brazilian bossa nova from Rämos’s country for

ア・カ・ハク」 というタイトルのあ

グはそれから数年の間に、 ハワイの至るところで箱に入ったまま埃をか

parties, spinning Hawai‘i funk and disco in cities

know Hawai‘i was doing this kind of music back in

ズ主催者のロビン・キムラさん、

『Aloha Got Soul(アロハ・ガット・ソウル)』 と名付けられたこのブロ

ハワイのファンクやディスコ音楽のダンスパーティを毎月開催し、 ホノル

2000年代初めから開催されて

ブ・リユニオン・コンサートシリー

やアーティストの中から、彼が見つけたレアな曲について綴ったものだ。

And monthly, the deejay hosts vinyl-centric dance

the world back into the groove, one unearthed record 左上から時計周り:ヌウアヌ通

ズ、 ハワイアン、 ワールドフュージョンの影響を受けたハワイのアルバム

Hawaiian soul from Bong’s home islands. The pair

リー・バンド」 など、アロハ・ガット・ソウルの発掘した最も注目すべき曲 がフィーチャーされているミックステープ 「ソウルタイム・イン・ハワイ」 を絶賛していた。  「衝撃的で言葉も出なかったよ。70年代と80年代のハワイにこんな 音楽があったなんて。フラダンサーの印象しかないハワイに、 ファンク やソウルなサウンドがあるとは思いもよらなかった。 それは全く別の宇 宙を発見したようだったよ」 と語るラモスさん。  その6ヵ月後、 ラモスさんはボンさんと連絡をとり、 レコードを交換し ないかと誘った。 それ以来、二人はブラジルのボサノバとハワイアンソウ

happily swapped records. Then, in 2016, Rämos

ルのレコード交換を通して友好を深めた。2016年にラモスさんは、 この

まり知られていない実験的LPを

approached Bong about making a film documenting

ユニークなジャンルのハワイ音楽についてのドキュメンタリー映画を制

製作したマウイのミュージシャ

this genre of Hawaiian music. The two had never met

ン、 エディー・ビルクさん。

60

in person, had no funds and no formal script, and only had a three-week window for filming. Reluctant

作してはどうかとボンさんに持ちかけた。2人は一度も会ったことがな く、資金も脚本もなく、撮影に費やせる時間は3週間しかなかった。渋り

Halekulani Living


61


C U L T U R E

“Hawaiian music, a lot of it was recorded for tourists and it was just distributed here. The only way we were heard is if someone happened to be here and heard it, and then made it known somewhere else,” says longtime Honolulu entertainment writer John Berger.

「ハワイアンミュージックの多く は観光客のために作られたもの で、 ハワイでしか普及していなか った。 ハワイを訪れた人が偶然 耳にした音楽を気に入って持ち 帰った場合を除き、 ハワイ以外 でその音楽が聞かれることはな かった」 と長年にわたるホノルル のエンターテイメント作家の ジョン・ベルガー氏はいう。

but intrigued, Bong agreed, taking what he saw as a

ながらも興味をそそられたボンさんは、 ひとまず何とかなると信じてや

leap of faith.

ってみることにした。

Rämos

enlisted

filmmaker

Filipe

Zapelini

and assistant producer Pedru Carvalho for the production. The trio traveled to Honolulu, where they

プロデューサーのペドル・カルバホさんに撮影の協力を依頼した。

met Bong, and then together, they island-hopped to

3人はホノルルへ飛んでボンさんと合流し、撮影のため共にハワイ島の

Hilo on Hawai‘i Island to shoot the documentary. The

ヒロへと渡った。全ては順調に進み、 クルーはハワイ島の素晴らしい景

process unfolded organically, with the crew shooting interviews with 15 musicians, backed by the raw and

観を背景に、15名のミュージシャンとのインタビューを撮影した。 パワ

awesome sights of Hawai‘i Island. Volcanoes and

フルで民族色の強いロバート・"エオロス"・マイヤーズの 『ジャングル・

waterfalls are paired with a booming soundtrack

ラブ』 のような低音の効いたサウンドトラックと火山と滝の映像が見事

featuring songs like Robert “Aeolus” Myers’s “Jungle Love,” a powerful ambient track with indigenous influences not typically associated with the islands.

に合わさっている。彼らは、 アロハ・ガット・ソウルのアーティスト作品を 紹介するハーモニーに満ちた25分間のドキュメンタリー映画を目下

Combined, the filmmakers aim to complete a

製作中だ。

harmonious 25-minute experience that delves into

 各時代の独創性に富んだアーティストに焦点を当てたこの映画につ

the work of notable artists featured on Aloha Got Soul. “It will make the world aware of the diversity of music made and still being made in Hawai‘i, and

62

 ラモスさんは、映画制作者のフィリペ・ザペリーニさんとアシスタント

いて、 「この作品を通して、 ブログや言葉では表現しきれない現代と過去 のハワイ音楽の多彩な魅力を世界にアピールできればと思っています」

Halekulani Living


“Aloha is not just a Waikīkī greeting line, it really is a mindset. The

「『アロハ』 は、 ワイキキで使われる挨拶だけではなく、考え方そのものです。 アロハの

acceptance, the gentleness—it should be taught in class. It’s the

根底にある受容と優しさを授業で教えるべきです。 それは生き残るために必要な唯

only survival skill that we should learn,” says Pierre Grill, owner of Rendez-vous Recording, which welcomes aspiring artists looking to cut their first recording.

一のスキルなのですから」 と語るのは、 レコードデビューを目指すアーティストを育成 するランデブー・レコーディングのオーナーのピエール・グリルさん。

63


C U L T U R E

“Music can be taught in a public school no matter how rural it is, and it can be successful. That would be the legacy I’d like to leave behind. I’ve taken this small community and made the very

「音楽はどんな田舎の公立学校でも教えることが でき、立派なミュージシャンを育てることができる。 そんな伝統を残したいと思っています。私はこの小

best of it, for the community and the state,

さなコミュニティで最大限の成果を挙げ、地域社

setting an example,” says Gary Washburn, who

会と州のために素晴らしい前例を作りました」 と話

has led Honoka‘a High School’s jazz band for

すのは、40年近くにわたりホノカア・ハイスクール・

nearly four decades and has recorded three jazz fusion albums.

ジャズ・バンドを指揮し、 これまでに3枚のジャズフ ュージョンアルバムを製作したゲリー・ウォッシュ バーン氏。

64

Halekulani Living


“There’s so many terrible things happening. If

ハワイ島のミュージシャンのハワード・シャピロ氏

we interact with each other as loving human

(写真は妻のマーシャ・ヒーさんと) は 「世界には多

beings, then there’s peace. It radiates out. That’s what my music has been about over

くの悲惨な出来事が起きています。互いに愛情深い

the years,” says Howard Shapiro (shown with

人間同士として接すれば、平和がもたらされ、 それ

his wife, Marsha Hee), a Hawai‘i Island-based

は広がっていきます。 それがこの何年間にもわたっ

musician whose band ‘Āina has addressed

て私が音楽で伝えようとしてきたことです」 という。

social and cultural issues.

「アイナ」 という彼のバンドは社会問題や文化をテ ーマにした音楽活動に取り組んでいる。

65


C U L T U R E

“In Hawai‘i, not as many of the subgenres get as much appeal … There’s a lot of amazing jazz cats, amazing blues cats, hip-hop heads. [But] they end up performing for themselves or their friends in a small group, and yet these musicians are super talented,” says Nicholas Kaleikini, the grandson of legendary entertainer Danny Kaleikini.

「サブジャンルはハワイではそれ ほど人気がありません。 ジャズや ブルース、 ヒップホップの素晴ら しいアーティストは大勢いて、 ま たその多くが素晴らしい才能を 持ってるのに、友人同士や小さ な観客の前で演奏する機会し かないのが現実です」 と伝説の エンターテイナー、 ダニー・カレ イキニさんの孫のニコラス・カレ イキニさんは語る。

in ways that can’t be expressed through the blog or

と語るボンさん。 フィーチャーされているのは、 「カラパナ」 を脱退後、 グ

in words,” Bong says. The documentary spends time

ルーヴィーかつフリーソウルな 「レムリア」 を立ち上げたカーク・トンプ

with the era’s seminal artists, like Kalapana member Kirk Thompson, who went on to form the jazzy, boundary-pushing Lemuria; engineer Pierre Grill, the

るエンジニアのピエール・グリルさん、1979年に録音されたハワイアン

man behind the longest-running recording studio in

ファンクの超レアなLP盤「リズム・オブ・ライフ」 がアロハ・ガット・ソウル

Hawai‘i; and dynamite musician Mike Lundy, whose

の金字塔となっているマイク・ランディさんなどだ。 また70年代のレジェ

1979 LP The Rhythm of Life is considered a “holy grail” by Aloha Got Soul standards for its rarity and

ンドの影響を受けているマリアン・イトーさんやニック・カレイキニさんと

Hawaiian funkiness. It also features contemporary

いった現代のミュージシャンたちも登場する。

musicians like Maryanne Ito and Nick Kaleikini, who

 この映画の中で最も印象的なのは、 アーティストが新しい世代の観客

draw on the influences of the ’70s-era legends. In the film’s most enduring moments, artists perform their original songs in the presence of a new

の前でオリジナルの曲を披露する場面だ。 それはアロハ・ガット・ソウル が最も得意とする、 昔の音楽の良さを新たに再発見すること。 ミュージ

generation, showcasing what Aloha Got Soul is best at:

シャンたちはインターネットによって、 彼らの音楽が想像以上に多くの人

making the old new again. The musicians light up at the

々に知られるようになったことを喜んでいる。 彼らが録音した当初には

thought of how far-reaching their songs have become in the age of the Internet—a means of distribution unfathomable when they first recorded them.

66

ソンさんやハワイで最も長い歴史を持つレコーディングスタジオを支え

想像もつかなかった流通手段だ。 映画の出演について 「まだ夢を見てる みたいだよ。 今も波に乗っているような気分さ」 と語るランディさん。

Halekulani Living


“The generation that’s coming up, they’re introducing new sounds and new ideas. On top of that, within the past few years, I’ve seen a lot of new faces coming into the islands. Our strength

「これからの新しい世代は、新しいサウンドと新し いアイディアを取り入れています。 この数年間で多く の新しいアーティストがハワイにやってくるのを目に

lies here in the music scene,” says Maryanne Ito, an

しました。 ハワイの強みは音楽シーンにあるのだと

up-and-coming jazz and soul singer who frequently

確信しています」 とホノルルのチャイナタウンで

performs in Honolulu’s Chinatown scene.

活躍する注目のジャズ&ソウル歌手のマリアン・イト ーさんは語る。

67


C U L T U R E

The upcoming Aloha Got Soul documentary “will

ハワイの70年代と80年代の音楽のデジタルアーカ

make the world aware of the diversity of music

イブ 「アロハ・ガット・ソウル」創始者のロジャー・ボ

made and still being made in Hawai‘i, and in ways that can’t be expressed … in words,” says

68

ンさんは、近日公開されるアロハ・ガット・ソウルの

Roger Bong, who founded Aloha Got Soul to

ドキュメンタリー映画について、 「ブログや言葉では

serve as a digitized archive of music synonymous

表現しきれない現代と過去のハワイ音楽の多彩な

with Hawai‘i in the 1970s and ’80s.

魅力を世界にアピールする作品」 だという。 Halekulani Living


Brazilian film producer Pedro Rämos (shown top

ブラジルの映画プロデューサーのペドロ・ラモスさん (右

right), who approached Bong to create the Aloha

上) は、 ボンさんにアロハ・ガット・ソウルのドキュメン タリ

Got Soul documentary, enlisted the help of filmmaker Filipe Zapelini (shown bottom), and assistant

ーの製作を持ちかけ、映画製作者のフィリペ・ ザペリーニ

producer Pedru Carvalho (shown top left) for the

さん (下) とアシスタントプロデューサーのペ ドル・カルバ

production. “My perception of Hawai‘i is hula dancers,

ホさん (左上) に撮影の協力を依頼した。 「フラ ダンサーの

not this funk and soul sound,” Rämos says. “I thought,

印象しかないハワイに、 こんなにファン キーでソウルフル

man, this is a whole universe.”

なサウンドがあったなんて。 それは 全く別の宇宙を発見し たようだったよ」

69


C U L T U R E

“Musicians and artists and comedians become light gatherers because we walk through dark times, but to be able to express it is to let everyone know that you are not alone in this, we are all walking through some darkness,” says Hawaiian harpist Momi Riley.

「多くの苦難を経験する音楽家 や芸術家やコメディアンは、希 望を求めて集まります。 それを 表現することは、 それを経験し ているのがあなただけではない ことをみんなに知らせということ。 アーティストの誰もが何かしら の苦悩を抱えているのです」 と ハワイアンハーピストのモミ・ラ イリーさんは語る。

The heart of the narrative centers on these scenes, and a theme emerges as the camera follows the musicians in and out of recording studios and as they go about their daily lives. The documentary, now

 これらのシーンを中心に構成され、 レコーディングスタジオに出入り するミュージシャンたちの日常を追うドキュメンタリー映画は、 レアでソ ウルに満ちたハワイのサウンドシーンを形成した現在60代や70代のア

in post-production and set to be finished in summer

ーティストたちの話を深く掘り下げた初の作品となる。 ボンさんによれ

2017, easily represents the most time a film has spent

ば 「ミュージシャンと彼らの経験や人生観を軸に、人生、精神、 アロハ、

covering these artists, many of whom are now in their

そして音楽について語る作品」 だという。 このドキュメンタリー映画は無

60s and 70s, who shaped this Hawaiian soundscape. “A lot of the story is going to revolve around the

事撮影を終え、2017年夏には完成する予定だ。

musicians, their experiences, and ultimately, their life’s purpose,” Bong says. “It talks about life, spirit, aloha, and it talks about the music, too.”

70

Halekulani Living


IM AGE BY J O N AS MAO N


C U I S I N E


A R T S

78

Halekulani Living


C U I S I N E

T E X T BY R AY S O J OT

I MAG E S BY

A STORIED CULINARY HISTORY 奥深い料理の歴史

写真=ジョナス・マオン、 ゲーブ・

At Halekulani’s exquisite culinary destinations, discover links to history, literature, and art.

エステヴェス、 ハレクラニ提供

歴史、音楽、文学、芸術に縁のあるハレクラニのレストラン。

J O N AS M AO N & GABE ESTEVEZ

文=レイ・ソジョット

Halekulani Living

79


C U I S I N E

An experience is a collection of a thousand details.

数え切れないディテールが作り上げる体験。ハレクラニの「ラ メー

Such is the case at Halekulani, where lovely,

ル」、 「オーキッズ」、 「ハウス ウィズアウト ア キー」 では、 きめ細やか

intimate, and sometimes unexpected details add rich dimension to the premier dining experiences found

なおもてなしと時として思いがけないディテールがダイニングに豊

at La Mer, Orchids, and House Without a Key. With

かな彩りを添えます。歴史、音楽、文学、芸術と関わりの深いハレク

storied links to history, music, literature, and art,

ラニのレストランでは、様々な逸話にちなんだアミューズブーシュを

each restaurant offers an assortment of anecdotal

提供しています。

amuse-bouches to be enjoyed. A Source of Inspiration

創造の源

Evoking the casual charm of Waikīkī’s yesteryear,

古き良きワイキキのカジュアルなエレガンスをたたえるハレクラニの

reservations are never needed at the House Without a Key, Halekulani’s storied seaside restaurant. Guests are invited to stop in and step back in time to enjoy

海辺のレストラン 「ハウス ウィズアウト ア キー」は、予約なしでいつ でも気軽にご利用いただけます。ハレクラニ伝統のハワイアン音楽と

the hotel’s proud tradition of Hawaiian music, hula,

フラ、 カクテルを楽しみながら、昔のワイキキへタイムスリップしたよ

and cocktails—best taken in during the sunset hour,

うな優雅なひとときをお過ごしください。あたり一面が金色に染まる

when all is gilded in gold. In the 1920s, novelist Earl Derr Biggers stayed

夕暮れ時は心を奪われる美しさです。

in a cozy, low-slung bungalow on the property, then

 1920年代、小説家のアール・デア・ビガーズ氏が、当時、敷地内に

known as Gray’s by the Beach. As the story goes,

あった「グレイズ バイ ザ ビーチ」 という平屋のバンガローに滞在し

when Biggers checked in, he asked the proprietress, Mrs. Gray, for a key. “What key?” She replied. “No one locks their doors in Waikīkī.” Biggers found grand inspiration under the property’s majestic kiawe tree during afternoon drinks with Halekulani hotel owner Clifford Kimball and Honolulu sheriff Arthur Morgan. Biggers was captivated by Morgan’s riveting tales of the crime-

た時の話。チェックインの際、鍵はあるかと聞くビガーズ氏に経営者 のミセスグレイは「鍵?ワイキキでは誰もドアに鍵をかけたりしない わ」 と返事をしたといいます。  ビガーズ氏は、ハレクラニホテルのオーナーのクリフォード・キン バル氏とホノルル保安官のアーサー・モーガン氏とアフタヌーンドリ ンクを交わしながら、ハレクラニのキアヴェの大樹の下で多くのイン

fighting exploits of Detective Chang Apana, a

スピレーションを得たといいます。 ビガーズ氏は、恐れを知らない有

Chinese police officer renowned for his fearlessness

能な鞭使いとして知られた中国人警察官、チャン・アパナ刑事の犯罪

and talented employ of a bullwhip. In 1925, Biggers published The House Without a Key, a mystery set in

捜査の功績について話すモーガンさんの興味深いストーリーに魅了

Honolulu featuring a Chinese detective named Charlie

されました。1925年にビガーズ氏はチャーリー・チャンという中国

Chan. The novel became a sensational hit, spurring a

人探偵が主人公のホノルルを舞台にしたミステリー小説『ザ ハウス

series of books and films. Named after the novel, House Without a Key evokes the simpler times of Hawai‘i that Biggers

ウィズアウト ア キー』を出版。 この小説は爆発的なヒットとなり、 こ れをもとに一連の本や映画が誕生しました。

delighted in, and brings the romance and ease of

 小説にちなんで名付けられた「ハウス ウィズアウト ア キー」は、

Waikīkī’s past into the present.

ビガーズ氏が愛したハワイが質素な魅力にあふれた時代を彷彿と

Flowing Faculties As Waikīkī’s only AAA Five Diamond and Forbes Five

させる、ロマンティックで居心地の良い昔のワイキキを今に再現し ています。

Star restaurant, La Mer is an exquisite exercise in fine dining, gracious service, and elegant ambiance. Situated on the second floor of the hotel’s historic main building, guests are treated to unfettered

80

ドラマチックなダイニング体験 ワイキキで唯一、フォーブスの5つ星と5ダイアモンドを獲得してい

views of Waikīkī’s fabled shoreline. An attentive wait

る 「ラ メール」は、ハレクラニの気品に満ちたエレガンスをもっとも

staff elevates hospitality to an art, while the award-

讃えるファインダイニング。歴史薫る本館2階に位置し、有名なワ

Halekulani Living


The cuisine at Orchids, prepared by chef de cuisine Christian Testa,

シェフ・ド・キュイジーヌのクリスチャン・テスタが手がけるオーキッズの料理は、

celebrates the sophisticated flavors of the coastal Mediterranean

イタリア沿岸部独自の洗練された味が特徴です。 写真は、 地元産カフク海老

regions. Shown here is the homemade lasagnette featuring freshly made pasta, local Kahuku prawns, scallops, and avocado.

と帆立、 アボカドを使った新鮮な自家製パスタのラザニエッテ。

81


C U I S I N E

In the 1920s, Earl Derr Biggers found inspiration under the property’s majestic kiawe tree for his novel The House Without a Key.

1920年代、小説家のアール・デ ア・ビガーズ氏は、 ハレクラニの キアヴェの大樹の下で、彼のミ ステリー小説『ザ ハウス ウィズ アウト ア キー』 のインスピレー ションを得たといいます。

winning neo-French haute cuisine features local

イキキの海岸線が望めるオーシャンフロントのレストランでは、地

tropical ingredients. As a result, La Mer emerges as

元の食材を活かし、数々の賞に輝く洗練されたフランス料理と細部

Hawai‘i’s ultimate romantic dining experience. Ensconced like a jewel within elegantly carved

まで行き届いた心からのおもてなしでお客様をお迎えいたします。

wooden screens, La Mer’s signature cocktail lounge,

ラ メールはハワイ屈指のロマンティックなレストランとしても知ら

L’Aperitif, glitters as an extension of the restaurant’s

れています。

l’esprit

 フレンチレストラン 「ラ メール」内にあるカクテルラウンジ「ラペリ

français.

Capturing

the

glamour

and

allure of La Belle Époque, or “the beautiful era,” of Western European history between 1871 to 1914, the

ティフ」は、繊細な彫刻が施された木製スクリーンの奥に隠れた宝石

cocktails, like the posh interior, are sophisticated.

のような輝きを放ちます。1871年から1914年にかけて西ヨーロッ

Colin Peter Field of the esteemed Bar Hemingway

パがもっとも華やかだったラ・ベル・エポック時代の煌びやかさを再

at the Ritz Paris, who has twice been named “Best Barman in the World” by Forbes magazine, guided the lounge’s reinvention of French cocktail classics.

現した官能的なカクテルを大人の夜にふさわしい上質な空間でお楽 しみいただけます。 フォーブス誌によって世界のベストバーマンと2

Accordingly, absinthe—the bohemian drink of choice

回も称賛された有名なホテル リッツ パリの「ヘミングウェイ バー」

for many artists and writers who flourished during

のコリン・ピーター・フィールド氏の監修によるクラシックなフレンチ

the decadent era—is offered the traditional way, la louche, employing a ritual that dilutes the absinthe by cold-water drip to an opalescent green. And like La Mer, L’Aperitif does romance especially well: For women, each cocktail is accompanied by a rose. An Artful Experience Harmony meets hospitality at Orchids, where light

カクテルのラウンジには、退廃的な時代に活躍した多くの芸術家や 作家が好んだボヘミアンドリンク 「アブサン」の伝統的な飲み方で、 冷水を注いだ乳白緑色の「ラ・ルーシュ」を再現したメニューもあり ます。 ラ メールと同様、ロマンティックな夜をお過ごしいただけるラ ペリティフでは、女性のお客様のカクテルに一輪のバラを添えてお 出ししています。

tradewinds, white-on-white décor, and open seaside

82

Halekulani Living


The Chang Apana cocktail, shown left, is named after the real

写真左のカクテル 「チャン・アパナ」 は、 この小説に登場する主人公のチャーリ

life Honolulu detective who inspired the fictional character,

ー・チャンのもととなったホノルルの中国人警察官、 チャン・アパナ刑事の名前に

Charlie Chan, and is made with fresh watermelon and a teaspoon of olive oil. The Hemingway Old Fashioned, shown

ちなんでつけられました。 新鮮なスイカと小さじ一杯のオリーブオイルを使った

right, is named after the famed author who stayed at the

オリジナルカクテルです。 「ヘミングウェイ・オールド・ファッションド」 は、 1940

Halekulani in the 1940s.

年代、 ハレクラニに滞在した有名な作家ヘミングウェイに由来しています。

83


C U I S I N E

The cuisine at Orchids is artfully prepared, including the lobster salad, which is made with succulent Kona Maine lobster.

オーキッズでは、 コナ産のメイン ロブスターを使用したロブスタ ーサラダをはじめ、 ハワイの旬 の食材を活かした芸術的で繊 細な料理の数々をお楽しみいた だけます。

spaces give the restaurant a bright and airy feel. Breakfast,

巧みな技で感動を添えて

lunch, and dinner (as well as the famous Sunday brunch)

白を基調にしたインテリアとそよ風が心地よいオーシャンサイドの

are served in chic areas that seamlessly transition from indoors to outdoors. Complementing Orchid’s

レストラン「オーキッズ」は、屋内と屋外席のある明るく開放的な空

oceanfront aesthetic is chef de cuisine Christian Testa’s

間でブレックファスト、 ランチ、ディナーと1日を通してご利用いただ

culinary vision: fresh interplays of local island flavors

けます。日曜のサンデーブランチも有名です。総料理長クリスチャ

and Mediterranean-inspired, coastal Italian cuisine. The dishes are elegant, lighter fare, complementing the island’s balmy climate. Although decadent, even Orchid’s signature coconut cake seems to float. As suggested by its name, sprays of orchids are placed throughout the restaurant. Looking beyond Orchid’s dining room, guests can also see the restaurant’s signature flower at a grander scale,

ン・テスタによる地元の新鮮な食材を存分に生かした地中海風イタ リア料理を見事なオーシャンフロントの眺めとともにお楽しみくだ さい。ハワイの穏やかな気候に合うエレガントで上品な料理の数々 と、ふんわりと軽いおいしさのオーキッズ特製ココナッツケーキをご 賞味ください。  オーキッズの店内にはその名にちなんで美しい蘭の花が一面に飾

as a shimmering 82-foot mosaic at the bottom of the

られています。蘭のモチーフは、オーキッズのダイニングルームのほ

hotel’s pool. Created during Halekulani’s renovation

か、ハレクラニのプールの底に光り輝く25mのモザイクにも採用され

in the 1980s, the mosaic was an intricate artistic endeavor, and no easy feat. More than one million

ています。1980年代の改築工事で施されたこの繊細なモザイク芸

South African glass tiles were imported—each tile

術の製作は容易ではありませんでした。南アフリカから輸入された

numbered—and then painstakingly installed piece

100万枚以上のガラスタイルには一枚ずつ番号が付けられ、 ひとつ

by piece. Showcasing a white cattleya orchid in an ever-changing prism of blues, the mosaic mirrors the restaurant’s aesthetic, a tableau of beauty and light.

ひとつ手作業で丁寧に施工されました。絶え間なく変化する青いプ リズムに浮かび上がる白いカトレアの蘭のモザイクは、ハレクラニの シンボルであり、光と美の織りなす芸術作品です。

84

Halekulani Living


IM AGE BY J O HN HO O K


E X P L O R E


E X P L O R E

T EXT BY ERIC CO R DE I RO

IM AGE S BY JOH N HO O K , J O N AS M AON, RO G E R B O N G & L EI MO MI B O N G

文=エリック・コルデイロ

FOR THE LOVE OF IT 愛しのレコード

Music stores, here and gone, are sacred shared spaces for exploring, listening to, and loving music in its physical forms. 消えゆく音楽店、 それは人々が交流しながら音楽を楽しむことのできる神聖な空間

The public experience of

Listening to music is often a private affair.

buying music from record

Headphones tune out the din of the world, providing

stores, many of which are

a transcendent, solitary space. But in decades past,

now long gone, informed

the act of buying music was a public one, a sign of

how listeners related to the

your commitment to the tunes you love. Kevin Koga, a

music they purchased.

local deejay and record enthusiast, reminisces about going to the local music shop in Wahiawā, which, at the time, specialized in early urban and hip hop

今や数少ないレコード店で 音楽を買うという行為は、 購入する音楽についてリスナ

records. “I would ditch school on Tuesdays and head down to Choice Cuts, because I knew what time the mail would drop off the new records,” he says. Music from tinny overhead speakers was punctuated by

ーがどう感じているかを教え

the clacking of upright plastic security cases holding

てくれた。

CDs. “What year did this album drop? Who played on that?” strangers would ask, as they passed each other

音楽を聴くことは個人的な行為である。 ヘッドフォンを使えば、 周りの喧 騒は排除され自分だけの世界に浸ることができる。 だが数十年前まで 音楽を買うという行為は、 好きな音楽へのコミットメントを公にアピール するものだった。 ローカルのDJでレコード愛好家のケイン・コガさんは、 ワヒアワのレコード店に通った日々を思い返す。 この店では当時、 初期の アーバンサウンドやヒップホップのレコードを専門に扱っていた。 「火曜 日になると学校をさぼっては 『チョイス・カッツ』 へ行ったものだよ。 新入 荷レコードが配達される時間を知っていたんだ」 と言う。 頭上の小さな スピーカーから流れる音楽。 CDの入ったプラスチックケースがぶつかる カチャカチャという音。 アルファベット順に棚の並ぶ通路を行き交う、 見 ず知らずの他人同士の 「このアルバムは何年に出たんだっけ?どのアー ティストかな?」 という会話。 そんな交流のある音楽店では、 購入する音 楽についてリスナーがどう感じているかを知ることができた。

88

Halekulani Living


For many record seekers on O‘ahu, Jelly’s was the destination for

オアフの多くのレコード収集家にとって、 「ジェリーズ」は音楽をはじめ、

delving into music, along with collectibles, comics, and books.

コレクターアイテム、漫画や書籍の掘出し物が見つかる場所だった。

Today, Jelly’s, now operating as Idea’s Music and Books, remains the largest record store on the island.

89


E X P L O R E

in alphabetized aisles in search of that same rush

 CDに焼かれた音楽から現在のデジタルな音楽に移行したことで、

of discovery. This public retail experience informed

レコード店は存続意義を失ったと言う人は多い。それは取り扱う商

how listeners related to the music they purchased. Many would argue that the shift of music to its present state—that of existing online as a series

流場というレコード店の根本を揺るがす変化であった。今日の音楽

of ones and zeros—served as the death blow for

の販売方法は、完全に視聴体験の一部となっている。 ある程度のテク

the record store. This shift destabilized not only

ノロジーを持っている人なら誰でも簡単に新曲を試聴して評価した

the items that such stores sold, but also the very foundation on which the establishments were built: connecting to music—and others—in a real and

り、 クリック一つで購入したり、 ワークアウトのプレイリストにも瞬時 に追加できる。 こうして音楽を物理的に楽しめる場所はほとんど姿を

meaningful way. Music retail today is completely

消してしまった。

integrated into the listening experience. Anyone

 ハワイの音楽店はユニークで脆弱だ。 どの業界のビジネスにとって

with the right technology can now hear something new, give it a thumbs up, click to buy, and have it in their workout mix in a matter of seconds. Because

も人口の少なさが制約となるハワイ。オアフのレコードショップや音 楽店は、変化し続ける市場で生き残るために適応するか、撤退するか

of this, the physical location of music has become

を迫られる困難な局面に直面している。

nearly obsolete.

 「ハングリー・イヤー・ミュージック(Hungry Ear Music)」は30

Music stores in Hawai‘i are unique and fragile. The state’s population size has always been a limiting factor for any market, and O‘ahu record shops and

年以上前にカイルアにオープンした。新品と中古のあらゆる形態の音 楽を扱い、様々なローカルバンドの音楽をリリースしたこの店は、 ウィ

music stores have faced the challenge of enduring

ンドワードに住むレコード愛好者にとってオアシスであった。 だがこ

in a changing marketplace, one that forces them to

の10年間で人気の観光地となったカイルアの街は開発が進み、移転

adapt, or face the inevitable.

を強いられたハングリー・イヤーは2014年にホノルルへ移った。 ユ

Hungry Ear Music opened in Kailua more than three decades ago. Selling new and used music in all formats, and releasing local music by a variety

ニバーシティ・アベニューに店を構えてからわずか2年後、今度は入 居していた建物がハワイ大学マノア校の学生寮建設のために取り壊

of bands, it was an oasis for record lovers on the

されることとなり閉店。賃料の高いハワイで、ハングリー・イヤーは今

windward side. In the last decade, however, Kailua

も手頃な小売スペースを探している。

has developed into a sprawling tourist mecca, forcing Hungry Ear to relocate to Honolulu in 2014 in order to survive. After only two years at its University

 オアフの多くのレコード収集家にとって、 アイエアとカカアコに店を持 つ 「ジェリーズ(Jelly's)」は、 ハワイ最大の音楽コレクションをはじめ、 コ

Avenue location, the property that housed the store

レクターアイテム、漫画や書籍の掘出し物が見つかる場所だった。90年

was demolished to make way for University of

代には、他局では放送されることのない地元アーティストの最新の曲を

Hawai‘i at Mānoa student dorms. Space in Hawai‘i, retail or otherwise, is costly; Hungry Ear is still searching for an affordable place to call home.

流す 「ラジオフリー」 の視聴者が集まる場所でもあった。2015年、 ジェ リーズはアイエア店を閉店してカカアコ店と統合。 その後一時的に閉店

For many record seekers on O‘ahu, Jelly’s,

し、1年後カカアコに 「アイディアズ・ミュージック&ブックス」 としてリオ

with its locations in ‘Aiea and Kaka‘ako, was the

ープンした。 この店は今もハワイ最大のレコードストアであるが、変わり

destination for delving into the island’s largest

90

品だけでなく、本来の音楽とのつながりや音楽を通じた人同士の交

ゆく消費者の嗜好や時代の変化への適応は遅い。 Halekulani Living


Although the shift to digital may have rendered the pilgrimage to

デジタルへの移行は、 レコード店への巡礼という消費者行動を変えたも

record stores obsolete, it didn’t sate the desire for music. Music

のの、 音楽への欲求自体を満たしてはくれなかった。 今日、 音楽の消費量

consumption today is as unbridled as ever. Image by Roger Bong.

の増加傾向はとどまるところを知らない。 ロジャー・ボン氏による撮影

91


Record stores gave people a public square to explore their beloved music. They were meeting places where fans championed the music they loved. レコード店は、人々に大好きな音楽を楽しめる共有スペースを提供してきた それはファン同士で集まり、音楽への情熱を分かち合える場所であった。


E X P L O R E

To address changing consumer tastes, John Friend and Kevin Cruze debuted the transient pop-up Secret Record Store in 2013, transporting crates of music to various locations so that generations of music fans could continue the hunt.

ジョン・フレンドさんとケビン・ クルーズさんは変化する消費者 の嗜好に応えるため、 あらゆる 世代の音楽ファンが従来のよう にお気に入りの一枚を探せるよ うに、 箱に入ったレコードを様 々な場所で販売する移動式の ポップアップ 「シークレット・レコ ード・ストア」 を2013年にオー プンした。

collection of music, along with collectibles, comics,

 デジタルへの移行は、 レコード店への巡礼という消費者行動を変

and books. In the ’90s, it was the meeting place for

えたものの、音楽への欲求自体を満たしてはくれなかった。今日、音

anyone who listened to Radio Free, which played new music by local artists who might not have received airtime otherwise. In 2015, Jelly’s closed its ‘Aiea

楽の消費量の増加傾向はとどまるところを知らない。2016年のニー ルセン音楽調査によれば現在、消費者による音楽の視聴やインタラ

location, consolidating its supply into the Kaka‘ako

クションの主な手段はPandoraやSpotifyなどの音楽ストリーミン

shop, which closed briefly before opening a year later

グアプリだ。Pandoraは、2016年10月、 月間7,790万人のアクティ

as Idea’s Music and Books. Idea’s remains the largest record store on the island, but it is slow to adapt to changing tastes and consumption methods. Although the shift to digital may have rendered the pilgrimage to record stores obsolete, it didn’t sate the desire for music. Music consumption today is as unbridled as ever. According to a 2016 Nielsen music report, music-streaming apps, like Pandora and Spotify, now comprise the main method for

ブリスナーを記録した。 ストリーミングというプラットフォームへの移 行に伴い、今ではデジタル音楽の売上が減少し、物理的なアルバムの 売上の市場シェアが回復してきているという。2016年のレコード売 上は11年連続の増加という予期せぬトレンドが生まれている。  ジョン・フレンドさんとケヴィン・クルーズさんは、 あらゆる世代の音 楽ファンが従来のようにお気に入りの一枚を探せるように、 いくつも の箱に入ったレコードを様々な場所で販売する移動式のポップアップ

listening to and interacting with music. In October

「シークレット・レコード・ストア」 を2013年にオープンした。 「レコー

2016, Pandora had 77.9 million monthly active

ドを選びに来る人たちは他のどんな店とも違う独特の打ち解け方を

listeners. As this shift to music streaming platforms occurs, digital sales have decreased, giving physical

するんだ」 と語るのは1985年、15歳の時にジェリーズで働きだした

album sales back market share. This has revealed an

フレンドさん。現在も彼とクルーズさんは、 カカアコの 「ベヴィー」 やチ

unexpected trend: In 2016, vinyl sales marked their

ャイナタウンの 「ダウンビート・ダイナー」などで、一枚一枚カバーをめ

11th straight year of growth.

94

Halekulani Living


95


E X P L O R E

Hungry Ear Music opened in Kailua more than three decades ago, but was forced to move to Honolulu in 2014. After only two years at its University Avenue location, shown here, the property that housed the store was demolished to make way for student dorms. Image by Leimomi Bong.

「ハングリー・イヤー・ミュージ ック」 は30年以上前にカイルア にオープンしたが、2014年にホ ノルルへの移転を強いられた。 ユニバーシティ・アベニューに店 を構えてから (写真) わずか2年 後、今度は入居していた建物が 学生寮建設のために取り壊され ることとなった。 レイモミ・ボン さんによる撮影

John Friend and Kevin Cruze debuted the transient pop-up Secret Record Store in 2013, transporting crates of music to various locations so that generations of music fans could continue the hunt. “People [browsing through records] open up

くってレコードを探し当てることのできるポップアップのレコード店を 開催している。開催日は店頭のポスターで告知されている。  テクノロジーによって音楽の利便性が向上し、 アクセスが容易にな るにつれ、場所と人とアートが交わって作り上げるノスタルジアは希

in a way different than any other retail space,” says

薄になった。ハングリー・イヤー、 ジェリーズ、 ザ・ビート、 スタイラス・

Friend, who started working at Jelly’s in 1985, when

ハワイなどの多くのレコード店は、人々に大好きな音楽を楽しめる共

he was 15. Today, he and Cruze continue to haul records for their ephemeral shop to places like Bevy in Kaka‘ako and Downbeat Diner in Chinatown,

有スペースを提供してきた。それはファン同士で集まり、音楽への情 熱を分かち合える場所であった。昔のように音楽に恋することができ

where posters announce the dates to stop in and

る場所を提供したい、そんな熱い思いを抱く少数のグループによって

thumb through vinyl covers.

それは今も支えられている。

As technology allows for greater convenience and access to music, the amalgam of physical place, people, and art is becoming a rarefied thing. Hungry Ear, Jelly’s, The Beat, Stylus Hawaii, and many other record stores gave people a public square to explore their beloved music. They were meeting places where fans championed the music they loved. Today, this resource is stewarded by a small but passionate group determined to provide listeners a place to fall in love with music all over again.

96

Halekulani Living


IM AGE BY MA R K K U S H I MI


C I T Y

G U I D E S


C I T Y

G U I D E S

EXPLORE

HEAR

SPOTLIGHT

QUIET SPACES

HAWAI‘I MUSIC

CHANEL

IM AG E S BY M A RK K U S HI MI

EXPLORE: QUIET SPACES 探索:静かな場所

S TYL E D BY

Pick up a good read, and escape from the bustle of the city at these serene places.

A RA F E DU CI A

都会の喧騒を逃れ、静かな場所で読書を楽しむ

H A IR A N D MA K E U P BY H M B SA LO N

M OD E L E D BY M U D R A J O S E P HS O N

写真=マーク・クシミ スタイリスト=アラ・フェデュシア ヘア&メイクアップ=HMBサロン モデル=ムドラ・ジョセフソン

106


Foster Botanical Garden This 14-acre respite in the middle of urban Honolulu is the perfect spot for getting into a good read. Relax under the shade of sprawling trees, check out the outdoor butterfly garden, or learn about an impressive collection of tropical plants in the conservatory.

フォスター植物園 ホノルルの真ん中にある14エ ーカーの植物園庭園は読書を 楽しむのに最適なスポットだ。 そびえ立つ木々の木陰でくつろ ぎ、屋外の蝶ガーデンを散策し たり、温室内の豊富な熱帯植 物のコレクションについて学ぶ のもいい。

Derek La m 10 Crosby e m b ro i d e r y s h i r t a n d Lo e f f l e r R a n d a l l t a s s e l s n e a ke r s , In t e r m i x ; ’ S Ma x Ma r a q u i l t e d j a c ke t a n d We e ke n d Ma x Ma r a g e o m e t r i c t ro u s e r s , Bloom in g d a le’s.

107


C I T Y

Foster Botanical Garden traces its beginning to 1853, when Queen Kalama leased a small area of land to William Hillebrand, a young German doctor. A botanist as well as a physician, Hillebrand built his home in the upper terrace area of property and began planting trees.

フォスター植物園は、 カラマ女王が1853年、彼女の 所有する土地の一画を若い ドイツ人医師のウィリアム・ヒル ブランド氏に貸したことから始 まる。熱心な園芸家だったヒル ブランド氏は、 その敷地内の丘 の上に家を建てると周りに木を 植え始めた。

108

G U I D E S


The conservatory at Foster Botanical Garden houses a world-class collection of orchids. It even holds one of the world’s largest and most rare flowering plants, the corpse flower, which can take up to seven years to bloom.

フォスター植物園の温室内に は、世界有数の蘭のコレクショ ンが栽培されている。 ここでは 開花するのに7年かかることも ある世界最大の花「死体の花」 を目にすることができる。

Fa i t h f u l l shirtdress, Ec h o and Atlas.

109


C I T Y

G U I D E S

Foster Botanical Garden 180 N. Vineyard Blvd. Chinatown

Fa i t h f u l l s u n k i s sed pl ays u it , Ec h o a n d At la s .

110

Halekulani Living


Fa i t h f u l l s h i r t d re s s , Ec h o a n d At la s .

111


C I T Y

G U I D E S

ALOHA,

A buried family secret, a mysterious death, a damsel

葬られた一家の秘密、謎の死、悲嘆にくれる乙女(のように見える)。 『ア

LADY BLUE

in distress (or so it would seem)—Aloha, Lady Blue

ロハ、 レディー・ブルー』 には優れた犯罪小説に欠かせない要素が詰ま

『アロハ、 レディー・ブルー』

has all the trappings of a good crime novel. Based, in part, on author Charley Memminger’s experiences as a former crime and investigative reporter at a Honolulu

A riveting crime novel with

newspaper, Aloha, Lady Blue follows the story of

a good cause.

Stryker McBride, a washed-up journalist seeking to

動物愛護に寄与する

uncover the mystery of what happened on Kahala

傑作ミステリー小説

Road—a road that doesn’t exist on any map.

っている。 ホノルルの新聞社の犯罪捜査記者だった著者、 チャーリー・ メミンジャー氏の実体験に一部基づくこの作品は、 地図上に存在しない 「カハラロード」 で起こった謎の事件を解明しようとする元新聞記者の ストライカー・マクブライドを追うストーリーだ。  何年も前の彼の情報源の一人の死に責任を感じていたマクブライド

McBride, who feels responsible for the death of

は、朝食にバドワイザーを飲みながら、彼が 「神様」 と呼ぶ2匹のジャー

one of his sources years ago, would be content to spend

マンシェパードのカネとロノと 「トラヴィス・マクギー」 という彼のボート

the rest of his days with “the gods,” as he calls them, two German shepherds named Kane and Lono, sipping Budweisers for breakfast while dry-docked on his boat,

の甲板で過ごす穏やかな生活に満足していた。 ところがある日、 プナホ ウ高校の同級生だった美女のアンバー・カラニアナオレ・キャムから、彼

the Travis McGee. But he has little time to wallow after

女の叔父のワイ・ロー・ファットの謎の死について調べてほしいと助け

his help is enlisted by the beautiful Amber Kalanianaole

を求められ、感傷に浸ってもいられなくなる。 それは中国のシンジケー

Kam, a former Punahou classmate, who asks McBride to look into the mysterious death of her uncle Wai

トとのつながりを喚起する名前だったからだ。 それが存在するとすれば

Lo Fat—a name that conjures up ties to the Chinese

の話だが。 こうしてカハラロードに隠された真実とそこで起きた事件の

syndicate if there ever was one. What follows is an

真相が明らかにされるまで読者の心を掴んで離さないアクション満載

action-packed storyline that will leave you hanging on until the truth behind Kahala Road and what took place there is revealed. A riveting whodunit for those familiar with Hawai‘i, as well as those who aren’t, Aloha, Lady Blue delivers visual soliloquies that take readers past sweeping taro fields and heart-stopping mountain ranges, while incorporating factual elements with panache.

のストーリーが始まる。  『アロハ、 レディー・ブルー』 はハワイに詳しい人もそうでない人も楽 しめる面白いミステリー小説だ。 ありのままの事実を交えながら、 どこ までも広がるタロ畑や息を呑むほど美しい山脈といった主観的かつ豊 かな描写で物語の舞台となるハワイへと読者を誘ってくれる。本の中で 著者は、 「平和と豊饒の神、 ロノの再来でないと知ったハワイアンによっ

Readers get a quick lesson in Hawaiian history, from

て殺されたキャプテン・クック」 や 「熱帯の炎天下で働くため異国への1

Captain Cook—“whacked” after Hawaiians realized he

万マイルの航海を決意した中国系プランテーション労働者たちの母国

wasn’t the manifestation of the god Lono—to Chinese plantation workers, for whom McBride tries to imagine

での生活がどれだけ荒んだものであったかと思いを巡らすマクブライ

“how bad life in your own country would have to suck

ド」 といったハワイの興味深い歴史にも触れている。

before it seemed like a good idea to sail ten thousand

 本書はもともとセントマーティンズ・プレスから2013年に出版され

miles to work in a strange foreign land under the hot tropical sun.” The book was originally published by St. Martin’s

たもので、2015年にはペーパーバックが発売された。著者は登場キャ ラクターの犬たちにちなんで、本書の印税を全額ハワイアン・ヒューマ

Press in 2013 and was released in paperback form

ン・ソサエティに寄付するとしている。1995年に一家にとって初のペッ

in 2015. In a tribute to the book’s canine characters,

トでボーダーコリーの雑種犬「ブーマー」 の里親になって以来、 同団体

Memminger has pledged to donate all author royalties from its book sales to the Hawaiian Humane Society. “I

のサポートに関心を持つようになったというメミンジャー氏は 「犬や猫

realized what an important job the Hawaiian Humane

の里親探しや保護された様々な動物のケアを行なっているハワイアン・

Society has, not just putting dogs and cats up for

ヒューマン・ソサエティの仕事がいかに大切かということに気づきまし

adoption, but taking care of all the animals in its care,” writes Memminger, who first became interested in

た」 と語っている。

helping the Humane Society after adopting his family’s first pet, Boomer, a poi dog with a strong hint of border collie, in 1995.—lisa yamada-son

『アロハ、 レディー・ブルー』 はハワイの書店や書籍取扱い店、 Amazon、bookshawaii.netなどで販売されています。

Aloha, Lady Blue is available in bookstores around Hawai‘i, as well as on Amazon and bookshawaii.net.

112

Halekulani Living


113


C I T Y

G U I D E S

le ft : L a c a u s a v i n t a g e t e e a n d t ro u s e r, Ec h o an d At la s .

top r i g h t : Ma r k D. Si kes m ax i d re s s a n d Eu g e n ia Ki m s t r aw h a t , In t e r m ix.

114

Halekulani Living


Citizen Steele In this novella by Peter Shaindlin, published by Deuxmers (read more on page 32), reclusive attorney Richard Jason Steele probes questions of his existence after committing a violent crime and facing execution. In his growing anguish, Steele examines the work of French author Michel Houellebecq: “Not everything can be explained. There is thought and so there is reason, and so there is hope but inevitably, despair. An inanimate idea would be the perfect expression of infinity as a conscious state of mind ... a parallax portal by which one could stop living momentarily in organic terms, perhaps long enough to exchange ideas with God.”

シティズン・スチール ドゥメールから出版された ピーター・シェインドリン氏の 小説(詳細は32ページ) は、 凶悪犯罪を犯し、処刑を前に隠 遁生活を送る弁護士のリチャ ード・ジェイソン・スティールが 自らの存在意義について問うス トーリー。

115


C I T Y

G U I D E S

Queen Emma Summer Palace From 1857 to 1885, the Queen Emma Summer Palace served as the summer retreat of Hawai‘i’s royal family, Queen Emma Kaleleonālani Rooke, her husband, Kamehameha IV, and their son, Prince Albert Edward.

クイーン・エマ・サマー・パレス 1857年から1885年まで、 クイーン・エマ・サマー・パレス はハワイ王室のエマ・カレレオ ナラニ・ルーク女王と夫のカメ ハメハ4世とその息子のアルバ ート・エドワード王子の夏の 別荘であった。

Queen Emma Summer Palace 2913 Pali Hwy. Honolulu Mark D. Sikes maxi dress and Eugenia Kim straw hat, Intermix.

116

Halekulani Living


117


C I T Y

G U I D E S

THE VALUE OF

Though it was published in 2014, The Value of Hawai‘i

o ppo sit e: Alexis mini flare

HAWAI‘I 2

2: Ancestral Roots, Oceanic Visions, co-edited by Aiko

skirt, Marissa Webb organza

Yamashiro and Noelani Goodyear-Ka‘ōpua, remains

blouse, and Castañer denim

relevant in prompting dialogue on some of Hawai‘i’s

wedge, all from Intermix.

『バリュー・オブ・ハワイ2』

most pressing ecological and social issues. A series of essays

The follow-up to The Value of Hawai‘i: Knowing

encourages dialogue

the Past, Shaping the Future (which was published by

issues in Hawai‘i that will

University of Hawai‘i Press in 2010), the book is compiled

affect future generations.

of a series of essays written by 40 different authors.

ハワイの環境と社会問題につ いての対話を促す 『バリュー・オ ブ・ハワイ2』。

Canoe captain and educator Bonnie Kahape‘a Tanner tells sea tales about the voyaging canoe Kānehūnāmoku and the lessons it imparts to keiki. Jeffrey Tangonan Acido discusses the capacity of faith as a tool of equality in the Philippines and urban Honolulu. “We know that our children and grandchildren will carry the full weight of ecological and social problems, such as climate change, growing economic inequality, and erosion of public safety net services, which have been left to us to address,” write Yamashiro and GoodyearKa‘ōpua. The way they address those issues is through stories of hope, work, and joy.—sonny ganaden The Value of Hawai‘i 2: Ancestral Roots, Oceanic Visions is available at uhpress.hawaii.edu. アイコ・ヤマシロさんとノエラニ・グッドイヤー・カオプアさんの共同編 集で2014年に出版された 『バリュー・オブ・ハワイ2:先祖のルーツ、海 洋のビジョン』 は、 ハワイの深刻な環境と社会問題への早急な取り組み を呼びかけるものである。  『バリュー・オブ・ハワイ:過去を知り、未来を作る』 (2010年にユニバ ーシティ・オブ・ハワイ・プレスより発行) の続編にあたる本書は、40名 の著者によるエッセー集だ。航海カヌー「カネフナモク」 の航海物語とそ れが子供たちに与える学びの機会について語るカヌーキャプテンで教 育者のボニー・カハペア・タナーさんのストーリーやジェフリー・タンゴ ナン・アシードさんによるフィリピンやホノルルを平等な社会にするため の 信じること の力についての話など、 ハワイの人々のために今すべきこ とについて考えさせられる一冊である。  「このままでは地球の温暖化や経済の不均衡、公的セーフティネット の崩壊といった環境や社会問題の負担を私たちの子供や孫たちに強い ることになります。 これは私たちの世代が解決しなくてはならない問題 です」 と語るヤマシロさんとグッドイヤー・カオプアさんは、希望や仕事、 人生の喜びについて綴ったストーリーを通してこれらの問題解決のヒ ントを探っている。 (評者:ソニー・ガナデン)

『バリュー・オブ・ハワイ2:先祖のルーツ、海洋のビジョン』 は、 uhpress.hawaii.eduで購入できる。

118

Halekulani Living


119


Mānoa Valley Although the lush neighborhood of Mānoa is most commonly known as being home to the University of Hawai‘i, it is also filled with a high concentration of historic homes listed on the National Register of Historic Places. Once a year, Mālama Mānoa holds walking tours of some of the area’s historic homes. The tour includes at least eight interior visits along a 2-mile route of more than 60 homes built in the 1920s and ’30s. For more information, visit malamaomanoa.org.

マノアヴァレー 主にハワイ大学の拠点として 知られる緑豊かなマノアは、 国立歴史登録材に指定され ている歴史的な住宅が集中し ている場所でもある。マラマ・ マノアは年1回、 このエリア歴 史的家屋を巡るウォーキング ツアーを開催している。 このツ アーでは、3.2キロのルートに 沿って建つ1920年代と30年 代に建設された 60軒以上の 住宅のうち、少なくとも8軒の 内部を見学することができる。 詳しくは、malamaomanoa. orgまで。

121


C I T Y

BA RBAR IAN DAYS 『バーバリアン・デイズ』

A Pulitzer Prize-winning

G U I D E S

It seems odd at first that William Finnegan, when

ウィリアム・フィネガンさんの書いた回想録が、 サーフィンに関するもの

writing his memoir, chose to center it upon surfing.

であることを不思議に思うかもしれない。2016年にピューリッツァー

Finnegan’s work as a war correspondent flung him to fascinating and perilous corners of the world. Yet,

賞を受賞した 『バーバリアン・デイズ:一つのサーフィンライフ』 は、世界

Barbarian Days: A Surfing Life, which won a Pulitzer

中の魅惑的で危険な地域を旅していた戦争特派員のフィネガンさん自

autobiography.

Prize in 2016, is about his experience in—and

身の海での体験や海との絆について書かれたものだ。

ピューリッツァー賞受賞作品。

connection to—water.

 ボード一つで波に乗るサーフィンというシンプルな行為を追求するこ

For Finnegan, the dedicated study of one simple thing—the way a body and a board move across the face of a wave—lends itself to the study of much more

そして何よりも 変化 といったものを理解する上で重要な鍵を握ってい

complicated, even maddening, things: wars, apartheid,

るとフィネガンさんはいう。

uprisings, human nature, and above all else, change. Born in California, Finnegan’s story begins with his family’s relocation to Hawai‘i in 1966. At

サーフィンを始めた。毎朝スクールバスの時間まで家から歩いてすぐの 「クリフス」 で波に乗り、波のラインナップに並ぶ年上の地元サーファー

イに生まれた私たちをもノスタルジックな気持ちにさせてくれる。

the older, better, cooler local guys in the line-up. His

 フィネガンさんは家族とともにハワイを離れると、最初は未開の波を

even in those born in an entirely different era of Hawai‘i’s history.

a n d Lo e f f l e r R a n d a l l t a s s el s n e a ke r, a l l f ro m Intermix .

たちを見ながら腕を上げていった。彼の回想録は全く違う時代のハワ

surf Cliffs, where he’d hone his skills while studying recollection is enough to trigger a lingering nostalgia

and Bone denim pants,

もにハワイへ移住する。 オアフのダイアモンドヘッドの麓で13歳の時に

Head Crater, he began a lifelong surfing practice. he would walk down the path fronting his house to

f l o u n c e d s l e eve t o p, R ag

 カリフォルニア州で生まれたフィネガンさんは、1966年に家族とと

age 13, beneath the shadow of O‘ahu’s Diamond In the mornings, before catching the bus to school,

op p os i t e: Se l f- Po r t r a i t

とが、 はるかに複雑で悲惨な戦争やアパルトヘイト、暴動、人間の本質、

Finnegan left Hawai‘i with his family and traveled the world, first as a young man in search of undiscovered waves, then as a reporter, and later, as a seasoned surfer on holiday from his stable, professional life. Over the course of this time, surfing became an

追い求める若者として、 また記者として、後には安定した仕事の合間に 休暇を楽しむ熟練サーファーとして世界中を旅した。 その間、 サーフィ ンは産業として成長し、 サーフブレイクは商業化されていった。 がら空 きだったラインナップが混み合うようになり、 静かな町や村は開発され て観光地となった。 そこにはあるパターンがあった。未開の地を求めて 旅していたフィネガンさん自身、 その場所のあるべき姿を変えてしまっ

industry; breaks were commercialized, empty line-

ていたのだ。

ups filled, and quiet towns and villages developed into

 ある一節でフィネガンさんは、 ポルトガル沖にあるマデイラ諸島の美

tourist destinations. A pattern emerged. As much as anyone else, Finnegan was altering the very landscape he longed for. In one particularly moving passage, Finnegan mourns the death of a beautiful break in Madeira, off the coast of Portugal, ruined by the construction of a seaside roadway along the town of Jardim do

しいブレイクがジャルディン・ド・マールという町沿いの海岸道路の建設 により台無しになってしまったことを嘆いている。 「何が失われ、何を得 られたかが問題なのではなく、昔からあるサーフスポットがこのように 急変してしまうことは深刻な問題だと思います」 とフィネガンさん。環境 の変化どころか、歳をとるとともに自分の体に起こる変化すら止めるこ

Mar. “Beyond the loss or gain,” Finnegan writes, “I

とができないことは十分承知している。 それでも最高のライドができた

found these sudden changes to established surf spots

波、空洞なバレルの波、絶え間ない海の動きには癒しがあるという。 フィ

profoundly unsettling.” As he ages, the author accedes that even his body has begun to change without his

ジーや南アフリカ、 マウイ島のホノルア湾で出会ったサーフブレイクに

permission. Still, there is solace in an expertly ridden

ついても詳細に記録している 『バーバリアン・デイズ』 は単なるサーフィ

wave, a hollow barrel, and the constant movement

ン本ではない。 それは時間や物理学、 そして深い海の底からのエネルギ

of the sea. For all its painstakingly detailed accounts of encountering surf breaks in Fiji, South Africa, or Honolua Bay on Maui, Barbarian Days is about much

ーが陸にぶつかる力によって形作られたサーフィンライフの物語だ。 (評者:ティナ・グランディネッティ)

more than just surfing. It’s about a life molded by time, physics, and the force of deep-water energy

本書はオンラインや書店で購入できます。

crashing into land.—tina grandinetti Available online and wherever books are sold.

122

Halekulani Living


i Ed

to

r’s

Pi

ck

123


C I T Y

KILOMETER 99 『キロメートル99』

Find escape in the waves

G U I D E S

It starts with a near perfect barrel ride at a Salvadoran

この物語はエルサルバドルのサーフブレイクでの完璧に近いバレルライ

surf break, closed out in a heap of whitewash and a

ドから始まる。 そこから白波となって一気に崩れ落ちクローズアウトす

heavy dose of foreshadowing. With short chapters that pile on quickly and often end with a cliffhanger,

る波は不吉な予兆を感じさせる。 ハラハラさせられるスピード感のある

Kilometer 99 is a fast-paced read about a young Peace

展開と短い章でさくっと読むことのできる 『キロメートル99』 は、 ホノル

of El Salvador.

Corps engineer from Honolulu. The no-fuss writing

ル出身の若い平和部隊エンジニアが主人公の小説だ。読みやすい文章

エルサルバドルの波への逃避

suggests a charming beach read; however, it is no

なのでビーチでの読書向きだが、 その内容はエルサルバドルへの旅のす

delightful traveler’s escape to El Salvador, no feel-good Eat, Pray, Love. Local writer Tyler McMahon’s prose instead swiftly builds the setup for an adventure that

い。 ハワイ在住の作家、 タイラー・マクマホンさんの作品は、次々と悲劇

tragically devolves shortly after the scene is set.

的な展開をみせる冒険の世界へ読者をあっという間に引き込んでいく。

The plot centers on Malia, nicknamed “Chinita,” a Peace Corps volunteer who headed to El Salvador for a chance to see the world. Instead, she finds herself

に反して彼女を待ち受けていた多くの試練。大規模な地震によって国 は大打撃を受け、彼女の水資源プロジェクトも完成間近で崩壊してし

トリップに出ようとするがその矢先、突如として現れた謎の外国人に引

them into increasingly shady deals.

き止められ、次々と不可解で危険な出来事に巻き込まれていく。

sessions, the vividness of El Salvador, and the intense moments when things get progressively worse that

 サーフセッションの描写や生き生きとしたエルサルバドルの情景、二 人が次第に窮地に追い込まれていく緊迫した場面では、 マクマホンさ

McMahon’s writing shines. When a second earthquake

んの卓越した文章が一際光っている。 パスポートと所持金を盗まれ、 エ

hits El Salvador after Malia’s passport and money

ルサルバドルが2度目の地震に襲われると、 マリアはサーフボードを拾

have been stolen, she picks up a surfboard and heads for the ocean. “I realize then, or remember perhaps, that the surfer’s idea of perfection is different from

い上げて海に向かい 「 その時、 サーファーにとっての 完璧 という概念 が普通の人とはまるで違うことに気づいたの。 それか忘れていただけか

everyone else’s,” Malia narrates. “It isn’t abstract or

もしれない」 と語る。 「それは抽象的でも正体不明な何かでもない。完

inscrutable, some shadow on the wall of a cave. We

璧 というものがどんな感覚でどんな音がするものかをサーファーは知

know what it feels like—perfection—how it looks and the sound it makes.” McMahon, a professor of English at Hawai‘i Pacific University who was a Peace Corps volunteer in El Salvador, creates an engaging narrative spiced with convincing details, from local Salvadoran food and architecture to the types of characters found in a

っているの」。  ハワイパシフィック大学の教授で自らエルサルバドルの平和部隊ボラ ンティアだった経験を持つ著者は、 エルサルバドルの地元料理や建築 物から、 コカインが蔓延した海辺の町に住む登場キャラクターに至るま で説得力のあるディテールで描き、魅力的なストーリーを作り上げてい

seaside town awash in cocaine. In this quick read, El

る。 エルサルバドルの景色が車窓を流れるような感覚の 『キロメートル

Salvador flashes by the window. Kilometer 99 is more

99』 は、現実離れした夢の世界ではなくデスティネーションへと誘って

destination than escape—it’s a novel, after all—and one worth visiting.—anna harmon Kilometer 99 is available online and wherever books are sold.

124

まう。 マリアと彼女のボーイフレンドはすべてを忘れ、南米を巡るサーフ

waylaid by a mysterious bumbling foreigner who pulls It’s in McMahon’s descriptions of the surf

g ow n , Ec h o a n d At la s .

ルへ向かう 「チニータ」 という愛称のマリアを取り巻くストーリーだ。意

racks the country, her nearly completed water project and take a surf trip around South America, only to get

a n d Ni g h t c a p s e a s h e l l

 この本は、世界を見るため平和部隊ボランティアとしてエルサルバド

faced with widespread destruction after an earthquake destroyed. She and her boyfriend decide to cash out

op p os i t e : L a c a u s a d re ss

すめでも 『食べて、祈って、恋をして』 のような自分探しの旅物語でもな

くれる小説であり、 一読に値する一冊だ。 (評者アナ・ハーモン)

『キロメートル99』 は、 オンラインや書店で購入できます。


125


C I T Y

G U I D E S

ITINERARY

HEAR

SPOTLIGHT

QUIET SPACES

HAWAI‘I MUSIC

CHANEL

TE X T BY ANNA HARMON & S ON N Y G A N A DE N

HEAR: SOUNDS OF HAWAI‘I ハワイの音楽を楽しむ

Three contemporary Hawai‘i musicians worth a listen. IM AG E S BY JOH N HO O K

おすすめのコンテンポラリーハワイアン・アーティスト

文=アナ・ハーモン&ソニー・ ガナデン

For more information, visit kalanipeamusic.com.

詳しくは、kalanipeamusic. comをご覧ください。

Kalani Pe‘a

カラニ・ペア

Kalani Pe‘a has a lot of reasons to smile these days. At this

カラニ・ペアさんは、 ハワイの音楽界でもっとも注目されているアーティ

year’s 59th annual Grammy Awards, Pe‘a’s debut album, E Walea (which means to be exuberant), took home the award for best regional roots album. This win marked

目の開催となったグラミー賞でネイティブハワイアンのアーティストと

the first time a Native Hawaiian artist has received

しては初めて、最優秀リージョナル・ルーツ・アルバム賞を受賞した。 マ

the award for this category. Pe‘a, who is an educator at

ウイ島のカメハメハ・スクールズの教師でもあるペアさんは、幼い頃か

Kamehameha Schools on Maui, learned Hawaiian at a young age and began singing at 4 years old. His style reflects his love for the islands, and is influenced by

らハワイ語を習得し、4歳の頃から歌い始めた。 ハワイへの愛情が込め られた彼の音楽は、 ハワイアン、 コンテンポラリー、 ソウル、R&Bといっ

Hawaiian, contemporary, soul, and rhythm and blues

た幅広いジャンルをカバーしている。 ペアさんは、 「私たちはハワイアン

music. “It is through Hawaiian music and poetry that we

ミュージックと詩でモオレロ (ストーリー) を伝えています。教育とハワイ

share our mo‘olelo (stories),” Pe‘a says. “I want to leave ho‘oilina (legacies) for my family, my students, and the communities we serve through higher education, and through creating Hawaiian music.”

126

ストの一人だ。 ペアさんのデビューアルバム 「E Walea」 は、今年59回

アンミュージックを通して、家族や生徒たち、 そして地域社会のための ホオイリナ (遺産) を残したいと考えています」 と語っている。


C I T Y

G U I D E S

For more information, visit kamakakehau.com.

詳しくは、kamakakehau.com をご覧ください。

Ryan Kamakakehau Fernandez

ライアン・カマカケハウ・フェルナンデス

At six weeks old, Ryan Kamakakehau Fernandez, who

アーカンソー州リトルロックで生まれたライアン・カマカケハウ・フェ

was born in Little Rock, Arkansas, was adopted by Robyn Nae‘ole. Raised on Maui, Fernandez attended Ke Kula Kaiapuni ‘o Kekaulike, the Hawaiian language

ルナンデスさんは生後6週間の時、 ロビン・ナエオレさんの養子とな りマウイ島で育った。 キング・ケカウリケ高校でハワイ語集中プログ

immersion program at King Kekaulike High School,

ラム 「ケ・クラ・カイアプニ・オ・ケカウリケ」 を修了し、 プロの歌手を目

and spent his spare time learning to be a professional

指して空き時間を音楽の勉強に費やしていたというフェルナンデスさ

singer. While he is not Native Hawaiian, Fernandez’s talent in leo ki‘eki‘e, or Hawaiian falsetto singing, preclude any questions of his authenticity. Though

んは、 ハワイ語も堪能でネイティブハワイアンも顔負けのレオキエキエ (ハワイアン独特のファルセット歌唱法) の才能を持つ。習得するの

people who sing in this style usually begin at a young

に幼い頃からの訓練が必要とされるこの歌唱スタイルをフェルナン

age, Fernandez started in 2003, when he was 18 years

デスさんは18歳の時、2003年から歌い始めた。天性の才能を持つ

old. But he was a natural, and within the first year, he won the Ho‘opi‘i Falsetto Contest. In 2013, the singer won a Nā Hōkū Hanohano Award for his EP, Wahi

彼は、その1年以内に栄誉ある 「ホオピイ・ファルセット・コンテスト」 で優勝、2013年には「Wahi Mahalo」 というレコードで、 ナ・ホク・

Mahalo. Though his falsetto is hauntingly pristine,

ハノハノ賞を受賞している。聴く者の心を虜にする美しいファルセッ

Fernandez also enjoys performing neo-soul and

トボイスを持ちながら、 ネオソウルやゴスペルスタイルの歌も得意と

gospel styles. “There are so many places I’d like to

するフェルナンデスさんは、 「色々なスタイルに挑戦したり、音楽を通

take my music,” he says. “This is just the beginning.”

してやりたいことが沢山あります。 これは僕にとってほんの始まりに過 ぎません」 と意気込みを語る。

128


C I T Y

G U I D E S

For more information, visit kimieminer.com.

詳しくは、kimieminer.comを ご覧ください。

Kimié Miner

キミエ・マイナー

In 2016, Kimié Miner won a Nā Hōkū Hanohano

2016年、 自らの名を冠したアルバムでナ・ホク・ハノハノ・アワードの

Award for best contemporary album for her self-titled album. “Since I could talk, I could sing,” Miner says. “I always loved anything music.” At 14 years old, as

「言葉を話せるようになった頃から歌を歌っていました。常に音楽が

a boarder at Kamehameha Schools on O‘ahu, Miner

大好きでした」 という彼女の音楽活動は、14歳の時、オアフ島にある

began her musical journey by singing from her diary

カメハメハ・スクールズの学生寮で、買ったばかりの新しいギターを

and playing along with her new guitar. Last year, she was also chosen to participate in the Creative Lab Hawaii Music Immersive, a mentorship initiative

弾きながら日記を歌にして歌ったことから始まった。昨年、彼女はハ ワイ州経産業経済発展観光局の指導プログラム 「クリエイティブ・ラ

founded by the State of Hawai‘i Department of

ブ・ハワイ・ミュージック・イマーシブ」 の参加者にも選ばれた。 このプ

Business, Economic Development, and Tourism that

ログラムは、優秀なミュージシャンをプロの音楽業界関係者やプロデ

offers select musicians the rare opportunity to work directly with top industry professionals and music executives. “As a Hawaiian, it makes me so proud to

130

最優秀コンテンポラリーアルバム賞を受賞したキミエ・マイナーさん。

ューサーとアーティスト活動を行う機会を提供するもの。 マイナーさ んは、 「音楽を通じて私たちの文化をこれまでにない多くの人たちと

have this opportunity to share our culture through

共有できることを一人のハワイアンとして心から誇りに思います。そ

music on a much bigger scale,” Miner says. “To me,

れはハワイアンミュージックの新しいレガシーを創り上げることを意

we’re creating a new legacy for Hawaiian music.”

味しているのですから」 という。


C I T Y

G U I D E S

ITINERARY

HEAR

SPOTLIGHT

QUIET SPACES

SOUNDS OF HAWAI‘I

CHANEL

IM AG E S CO U RT E SY O F CHANEL

SPOTLIGHT: CHANEL ALA MOANA CENTER スポットライト:アラモアナセンターのシャネルブティック

Designed by renowned New York-based architect Peter Marino, Chanel’s two boutiques at Ala Moana Center evoke a vibrant sense of luxury inspired by local Hawaiian culture.

著名なニューヨークの建築家 ピーター・マリノ氏によって設計 されたアラモアナにある2つの シャネル ブティックは、 ハワイ 文化のエッセンスを取り入れた 高級感あふれるデザインだ。

“Give a girl the right shoes, and she can conquer

 「ふさわしい靴を与えれば女の子は世界を征服することだってでき

the world,” Marilyn Monroe has been quoted. The

る」 という有名な言葉を残し、寝る時にシャネルのNo.5のみを身につ

iconic star, who famously wore only Chanel No. 5 to bed, would certainly have reveled in the unveiling of Chanel’s redesigned boutiques at Ala Moana Center,

のシューズ専門のブティックが加わり、 リニューアルしたアラモアナセ

including its first freestanding boutique in the United

ンターのシャネルブティックのオープンを大いに喜んだことだろう。

States devoted exclusively to shoes.

 著名なニューヨークの建築家ピーター・マリノ氏によって設計され

Designed by preeminent New York-based architect Peter Marino, the two boutiques marry signature

た2つのブティックは、パリのカンボン通りにあるマドモアゼル・ココ・

elements inspired by Mademoiselle Coco Chanel—

シャネルの有名なアパルトマンの視覚的要素にハワイらしさを取り入

including visual nods to her legendary Paris apartment

れたデザイン。息を呑むようなハワイの夕焼けをイメージしたピンク

on Rue Cambon—with hints of Hawai‘i. Electric hues of pinks and purples, inspired by the breathtaking sunsets found in the isles, are set against a backdrop of minimalist black, white, and gold accents. Marino

132

けていたことで知られるマリリン・モンロー。彼女のことなら、全米初

とパープルの刺激的な色合いが、金をアクセントにしたミニマリスト な黒と白の背景に映えている。 マリノ氏は両ブティックの設計に、地 元の職人によって手作業で塗られたベネチア製の漆喰など、 アラモア


C I T Y

G U I D E S

Chanel’s two-story shoe boutique, a sophisticated black and white space illuminated by bright, textural decor, is accented by a custom 24-karat gold leaf display wall.

2階建のシャネル シューズ ブテ ィックは、洗練された黒と白の 空間に明るい豊かな質感のイン テリアが映え、 カスタムデザイン された24Kゴールドのリーフデ ィスプレイが美しいアクセントと なっている。

designed both spaces using materials and finishes

ナセンターブティックだけの特徴的な素材と質感を取り入れている。

exclusive to the boutiques at Ala Moana Center,

 2016年11月にオープンしたこれらのブティックは、 シャネルと

including Venetian plasters that were hand-applied by local artisans.

ハワイの長年にわたる結びつきとハワイ市場の活力を象徴してい

The boutiques, which opened in November 2016,

る。1983年にオープンしたワイキキ店は同社の米国進出一号店でも

represent Chanel’s longstanding ties to Hawai‘i,

ある。 シャネル シューズ ブティックには、 スペクテイターやサドルシュ

and the vitality of the state’s market. The company’s

ーズの豪華コレクションをはじめ、パールトリムサンダル、バレエフラ

foray into the United States began with the opening of the Waikīkī location in 1983. In addition to the

ット、象徴的なツートーンのシャネルパンプスなどが豊富に揃う。

shoe boutique—which houses a dizzying collection of

また2階建てのメインブティックでは、 レディトゥウェア コレクション、

spectator and saddle shoes, pearl-trimmed sandals,

ハンドバッグ、腕時計、高級ジュエリーを扱っている。

ballet flats, and iconic two-tone Chanel pumps— the main two-story boutique offers ready-to-wear collections, and a selection of handbags, watches, and fine jewelry. For more information, visit chanel.com.

134

詳細は、chanel.comをご覧ください。


Halekulani, the most internationally acclaimed of all Hawai‘i hotels, blends serenity and understated elegance with exceptional service to create an oasis of tranquility.

ハワイを代表するホテルとして、 世界的に有名なハレクラニは、 オアシスのような安らぎ と上質なエレガンス、一流の サービスでお客様をお迎えし ています。

136


H A L E K U L A N I

G U I D E


H A L E K U L A N I

G U I D E

LEGACY レガシー

Halekulani’s beachfront location has welcomed people since 1883, when the original owner, Robert Lewers, built a two-story house on the site of what is now the main building. ハレクラニの建つワイキキのビーチフロントは、1883年にロバート・ルワーズ氏が現在のメインビルディングのある場所に2階建ての家を建てて以来、多くの人々を迎えてきました。

The fishermen of the area would bring their canoes onto the beach

ルワーズ一家が、邸宅前のビーチにカヌーを引き揚げて休憩するワイキキの漁師たちを歓迎

in front of the property to rest. So welcomed were they by the Lewers

したことから、地元の人たちはこの場所を 「天国にふさわしい館」 という意味の

family that the locals named the location “house befitting heaven,” or Halekulani.

ハレクラニと呼ぶようになりました。

In 1917, Juliet and Clifford Kimball purchased the hotel, expanded

1917年にジュリエット&クリフォード・キンバル夫妻によって購入、拡張されたこのホテル

it, and established it as a stylish resort for vacationers, giving it the

は、 バカンス旅行者のための洗練されたリゾートとして生まれ変わり、地元の人たちによって

name the locals originally bestowed on it, Halekulani. The hotel was sold following the passing of the Kimballs in 1962. Almost 20

つけられた 「ハレクラニ」 と命名されました。1962年、 キンバル夫妻の死去を機に売却

years later, it was purchased by what is now the Honolulu-based

されたホテルは、 ほぼ20年後、現在ホノルルに拠点のあるハレクラニ・コーポレーションに

Halekulani Corporation. The hotel was closed and rebuilt as the

よって購入され、一時閉館すると、改築工事を経て、現在の453室あるハレクラニに生まれ

existing 453-room property.

変わりました。

Today, Halekulani’s staff, location, and hospitality reflect the original Hawaiian welcome that defined the property.

ハレクラニでは、歴史あるワイキキのビーチフロントで、 現在も昔と変わらないハワイ ならではのおもてなしの心で、 スタッフ一同お客様をお迎えいたします。

138


139


H A L E K U L A N I

G U I D E

DINING ダイニング

At Halekulani’s Waikīkī restaurants, awardwinning chefs create signature dishes from Hawai‘i’s freshest ingredients. ハレクラニのレストランでは、数々の受賞歴を誇るシェフによる、 ハワイの新鮮な素材を使ったオリジナル料理をご用意しています。

Each of Halekulani’s restaurants celebrates its own distinct style of

ハレクラニのレストランでは、美しいオーシャンビューとともに、 それぞれに特徴のある

cuisine, and all offer stunning views of the sea.

多彩な料理の数々をお楽しみいただけます。

Select from La Mer for fine dining, Orchids for more casual elegance, or House Without A Key for a relaxed ambience.

ファインダイニングの 「ラ メール」、 カジュアルでエレガントなレストラン 「オーキッズ」、 くつろぎの時間をご提供する 「ハウス ウィズアウト ア キー」 など、 その日のご気分や オケージョンに合わせてお選びいただけます。

140


+

141


H A L E K U L A N I

G U I D E

SPAHALEKULANI スパ ハレクラニ

SpaHalekulani intertwines authentically crafted Polynesian therapeutic rituals with today’s purest products and proven techniques, elevating the spa experience to be both immersive and rejuvenating. 数々の賞を受賞しているスパハレクラニでは、 オーガニックなプロダクトと施術師の確かな技術に、本格的なポリネシアの治療法を取り入れた、 心身に活力を与える深い癒しのスパトリートメントをご提供しています。

The award-winning spa is renowned for a commitment to

心と身体の調和バランスを取り戻し、豊かなポリネシア文化の香るスピリチュアルな

harmoniously restore the mind, body, and spirit of guests with a

安らぎのひとときをお楽しみください。

respite that is spiritual, cultural, and emotional.

142


143


IM AGE CO U RT E SY O F H AL E KU L ANI

A

H U I

H O U

Subtitles command the respect of the audience it’s reaching out to.

144


V004.Living  

The in-room magazine that represents the lifestyle of Halekulani.

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you