Page 1

V O L U M E

10.3


W E L C O M E

Culture and the arts are at once reflections of our

 文化と芸術は、私たちのルーツの表れであり、 自己再発見の過程でも

roots and stages for reinvention. The notions of

あります。独自の多民族文化を持つハワイでは、歴史や伝統を継承し、

preservation and transformation unite with special

進化させていく様々な取り組みが行われています。

force in Hawai‘i, a place of convergence for so many different traditions. This edition of Living explores the dynamics

Ulrich Krauer General Manager Halekulani

今号のハレクラニリビングでは、伝統と時代の変化についてその関 係を探求しています。 これらのストーリーを通して、過ぎ去った時代や

between change and tradition. In these stories,

島々の祖先たちとの絆が今も大切にされているハワイならではの魅力

cherished links back to the islands’ ancestors

に触れられることでしょう。

and bygone eras reveal what makes this place

ハレクラニは、様々な芸術、文化や歴史に触れることのできるハワイ

uniquely Hawai‘i.

As a leading proponent of the arts in the Hawaiian

Islands, Halekulani highlights the islands’ most veritable institutions to experience its history and

の優れた美術・文化施設を積極的に支援しています。現在、 ホノルル美 術館で開催中の展示は、 カラカウア王時代の芸術品を通じて、激動の 時代を迎えていた当時のハワイ王国に新しい視点を与える非常に興味

culture. The Honolulu Museum of Art’s reorientation

深く画期的な内容となっています。 またビショップ博物館では、 これまで

of artwork created during King Kalākaua’s reign

ロサンゼルス郡立美術館で展示されていた美しいハワイアン・フェザー

is informative and groundbreaking. At the Bernice

ワークをご覧いただけます。本誌ではその芸術的なデザインに秘められ

Pauahi Bishop Museum, get a detailed look at exquisite Hawaiian featherwork with a back-of-thehouse reveal of designs formerly displayed at the Los Angeles County Museum of Art.

たストーリーについてもご紹介しています。 またホノルルを活動拠点とするドナ・ミヤシロさんとトクナリ・フジバ ヤシさんが手がける藍染めブランド 「ハワイアンブルー」 についてもフィ

Also featured are textile artists Donna Miyashiro

ーチャーしています。 日本で何百年も続く藍染めの技法とハワイ産の藍

and Tokunari Fujibayashi of the Honolulu-based

を原料に用いたハワイならではのユニークな藍染めを作り出すハワイ

brand Hawaiian Blue. The two devotedly develop

アンブルーの商品は現在、 ハレクラニ

indigo with plants grown in the islands and employ this to make end products found only in Hawai‘i.

In the beauty scene, the ancient wisdom of botanical

healing is reimagined by Hawai‘i-based skincare

り扱っています。 美容についてのストーリーでは、古代から伝わる植物由来成分によ るヒーリングや美容効果を用いたハワイ生まれのスキンケアブランド、

brands JK7 and Pure Mana. The luxuriousness of

「JK7」 と 「ピュア・マナ」 に焦点を当て、伝統と安らぎに満ちた美と健康

their products is reminiscent of that of our own spa,

のオアシス、 スパハレクラニを彷彿とさせるこれらの贅沢なスキンケア

SpaHalekulani.

製品についても詳しくご紹介いたします。

Halekulani’s history is also one of preservation and transformation. While, over more than a century, Halekulani has grown from a two-story bungalow into a 453-room property and has grown into a

ハレクラニの歴史もまた伝統の継承と進化の賜物といえます。2階 建てのバンガローであった時代から、453室を擁するハワイを代表する 一流リゾートへと生まれ変わった現在に至るまで、 ハレクラニでは1世

splendid enterprise, we aim to maintain the genuine

紀以上にわたり一貫して変わらないエレガンスとおもてなしの心でお

hospitality. Please take this complimentary copy of

客様をお迎えしています。 ご帰国の際には是非、 ハワイの旅の思い出と

Living with you to keep.

して本誌をお持ち帰りください。

We hope that you enjoy your time at Halekulani and feel both rooted and renewed.

Warmly, Ulrich Krauer General Manager

ハレクラニでのご滞在が、安らぎと癒しに満ちたひとときとなります ようスタッフ一同心から願っております。

ハレクラニ総支配人 ウーリック・クラワー

Halekulani

2

ブティックでも数量限定にて取

Halekulani Living


W E L C O M E

Halekulani Living

3


ALA MOANA CENTER ROYAL HAWAIIAN SHOPPING CENTER


M A S T H E A D

HA L E K U L ANI C O R PO R ATI O N

CHI E F O PE R ATI NG O F F I C E R

G E NERAL M AN AGER,

P E T E R SHAI NDL I N

HAL EKULAN I U L R I CH KRAUER H ALEKULAN I.COM

CHI E F EXEC U TI VE ADVI SO R

DI R ECTOR OF SALES &

1- 808- 923- 2311

PAT R I CI A TAM

MAR K ETIN G

2199 KALIA RD.

G EO FF PEARSON

H ON OLULU, H I 96815

CHI E F E XEC U TI VE O F F I C E R

C R E AT IVE DIRECTOR

PUBLISH ED BY

J AS O N CU TI NE L L A

AR A LAYLO

CHI E F C R E ATI VE O F F I C E R

C HI E F REVEN UE OFFICER

LI SA YAMADA-SO N

JO E V. BOCK

N M G N ETWORK

LI SA@ N MG NE TWO R K.C O M

JO E @ N M GN ETWORK.COM

36 N. H OTEL ST., SUITE A H ON OLULU, H I 96817 N M GN ETWORK.COM

© 2018–2019 by Nella Media Group, LLC. All rights reserved. No part of this publication may be reprinted without the written consent of the publisher. Opinions are solely those of the contributors and are not necessarily endorsed by NMG Network.

14

Halekulani Living


15


T A B L E

The artisans of Hawaiian Blue infuse island-style indigo into hand-dyed creations.

34

O F

C O N T E N T S

ARTS

CITY GUIDES

24

100

Re-exposing Kalākaua

Fashion: A Day

34 Mood Indigo

at Liljestrand

114 Explore: For the ‘Ohana

ハワイアンブルーの職人は 藍染めにハワイ産の藍を 使用している。

CUISINE

44

126

Merry Mochi-Making

Explore: Man About Town

CULTURE

134

56

Spotlight: Hildgund

Plume of Time WELLNESS

72 Stay Blessed

84 The Alchemists

100

At the Liljestrand House, masterful design and bronzetoned fashions converge.

リジェストランドハウスの 卓越したデザインに映える ブロンズ系のファッション

ABOUT THE COVER:

16

Daylight spills through the Liljestrand House. Model Sophie Wall, photographed by Mark Kushimi.

Halekulani Living


T A B L E

O F

C O N T E N T S

目次

72

In search of wholeness and good fortune, a writer visits three distinct temples on O‘ahu.

ARTS

100

明かされるカラカウア王の真実

ファッション:リジェストランド

34 魅惑のインディゴ

心の安らぎと幸運を求め、 オアフ島にある3つの 仏教寺院を巡る

CUISINE

114 家族で楽しむ

126

幸運を呼ぶ餅つき

街を愛する人

CULTURE

134

時を超えた羽

WELLNESS

72 清められて

84 錬金術士

56

From its grand and resplendent capes to brilliant bands for woven hats, the Hawaiian art of featherwork endures.

豪華なマントから色鮮やかな ハットバンドまで、継承される ハワイのフェザーワークの伝統

ABOUT 午後の木漏れ日が降り注ぐリジェストランドハウスにて、 モデルのソフィー・ウォールさん。マーク・クシミ氏撮影。

表紙について:

18

で過ごす一日

44

56

THE COVER:

CITY GUIDES

24

Halekulani Living

スポットライト:ヒルガンド


Halekulani Living

19

ROYAL HAWAIIAN SHOPPING CENTER AL A MOANA CENTER

FENdI.COM


W H A T

T O

W A T C H

MOOD INDIGO 魅惑のインディゴ

Living TV is designed to

The artisans of Hawaiian Blue infuse island-style

complement the understated

indigo into hand-dyed creations.

elegance enjoyed by Halekulani guests, with programming

ハワイ産の藍を使った職人技の手染め 「ハワイアンブルー」

focused on the art of living well. Featuring captivating imagery and a luxurious look and feel, Living TV connects guests with

MERRY MOCHI-MAKING

the arts, style, food, and people

幸運を呼ぶ餅つき

of Hawai‘i.

客室内でご視聴いただけるリビング TVは、 ハレクラニでのご滞在をお楽し

Whether created at home or purchased from a shop, mochi binds families together in the islands. 家族の絆を深めるハワイの餅文化

みいただくため、 より豊かで健康的な ライフスタイルをテーマにした番組を ご提供しています。魅力的な映像と豪 華な演出を通して、 アートやファッショ ン、食文化、 ハワイの人々について紹介 しています。

PLUME OF TIME 時を超えた羽

From its grand and resplendent capes to brilliant helmets, the Hawaiian art of featherwork endures. 豪華絢爛なマントからヘルメットまで、 ハワイアンに 受け継がれる羽毛の芸術

watch online at:

halekulaniliving.tv

MAGNIFICENT MEZZO 麗しのメゾソプラノ

Hawai‘i’s own opera star Blythe Kelsey dazzles audiences with her captivating vocals. 魅惑のヴォーカルで観客を圧倒するハワイのオペラ歌手、 ブライス・ケルシー

HOUSE ON A HILL 丘の上の家

Perched above Honolulu, the Liljestrand House is regarded as the pinnacle of architect Vladimir Ossipoff’s work. 建築家ウラジミル・オシポフ氏によるモダン建築の傑作、 ホノルルを見渡す高台に建つリジェストランドハウス


www.brunellocucinelli.com

H uman P rivacy

International Market Place - 808.439.6229

Ala Moana Center - 808.949.3680


A RT BY J O S E P H S T RO N G


A R T S


A R T S

T EXT BY T RAV IS HA N CO CK

IM AG E S CO U RT E SY O F H ON OLU LU MU S E U M OF A RT

文=トラヴィス・ハンコック 写真=ホノルル美術館提供

RE-EXPOSING KALĀKAUA 明かされるカラカウア王の真実

A groundbreaking exhibition at the Honolulu Museum of Art pushes viewers to ho‘oulu, or increase, their scope of admiration for Hawai‘i’s most recent king. 近代を生きたハワイ王の名誉を取り戻す 『ホオウル・ハワイ:カラカウア王の時代』展 ホノルル美術館にて開催中

right: Kingdom telephones

Unthink everything you think you know about King

circa the late 19th century

Kalākaua. That was the advice of Native Hawaiian

and Kalākaua’s Around the

scholar Keanu Sai to his cousin Healoha Johnston

World medal. Photo by Jesse

when she told him that her master’s thesis would

W. Stephen, Bishop Museum;

focus on the king. Sai feared the young scholar would

Bishop Museum Archives.

be misled by the archive of colonialist propaganda

previous spread: Honolulu

that famously distorted Kalākaua’s image—framing

Harbor, 1836 by Joseph

him as a tyrant, a drunk, a spendthrift, a blemish on

Strong. This oil on canvas

his kingdom. But when Johnston explained that she

was painted in 1886 to depict

thought Kalākaua was brilliant, Sai exclaimed, “OK,

the year of Kalākaua’s birth.

then keep thinking!”

Photo by Shuzo Uemoto,

Hawai‘i State Archives.

sitting at the Honolulu Museum of Art across from

Ten years later, in 2015, Johnston found herself

then-director Stephan Jost, interviewing to be the first Arts of Hawai‘i curator in the museum’s 90year history. Jost asked her, “If you could curate any exhibition, what would it be?” She answered that it would be an exhibition of works from King Kalākaua’s 右: ハワイ王国で使用されてい

カラカウア王について今まで教えられたことは全て忘れたほうがいい。

た電話機(19世紀後半)とカラ

それはネイティブハワイアンの学者のケアヌ・サイさんが、 カラカウア

カウア王の世界一周メダル。

王を修士論文の題材にしようとしていた従兄弟のへアロハ・ジョンス

写真:ジェシー・W・スティーブ

トンさんに与えた忠告だった。 サイさんは若い学者のジョンストンさん

ン、© Bishop Museum

が、植民地主義のプロパガンダによって 、酔っ払いの暴君で浪費家

ビショップ博物館古文書館

であり、 ハワイ王国の汚点であったかのように歪められた一般的に知

前ページ見開き:1836年の

られるカラカウア王のイメージに惑わされるのではないかと危惧した

ホノルル・ハーバー。 ジョセフ・

のである。 カラカウア王は聡明な君主だったと思う、 というジョンストさ

ストロング作。1886年にキャン

んの言葉を聞いたサイさんは 「それならやってごらん!」 と諸手を挙げ

バスに油絵でカラカウア王の

て賛同してくれた 。

誕生年の風景を描いた作品。

 それから10年後の2015年、 ジョンストンさんは90年におよぶホノ

シュウゾウ・ウエモト撮影、

ルル美術館の史上初のアート・オブ・ハワイ・キュレーターになるため、

ハワイ州立資料館

当時の館長であったステファン・ジョスト氏と面接することとなった。

24

Halekulani Living


Pā‘ū Rider, c. 1890. Photo by J.A. Gonsalves and

パウライダー、1890年。J.A.ゴンサルベスとマリア・ラモス

Maria Ramos, Bishop Museum Archive.

撮影。 ハワイ州立資料館

25


A R T S

opposite: Lantern slide of

reign, from 1874 to 1891. Jost was surprised but

King Kalākaua of Hawai‘i,

intrigued, and when he ultimately handed her the job,

c. 1880. Photo by Shuzo

he asked, “So that Kalākaua show—when do you want

Uemoto, Honolulu Museum

to do it?”

of Art.

Sipping an Americano in her office in 2018,

Johnston looks over a paper mockup of the museum’s largest exhibition space, filled with cut-out miniatures 向かいのページ:カラカウア王 のスライド写真、1880年。

of the eclectic works that make up the exhibition

なテーマにしますか?」 と尋られた彼女は、1874年から1891年にかけ てのカラカウア王時代のアート展だと答えた。 その答えに驚きながらも 関心を持ったジョスト氏は、結果的にジョンストンさんを採用し、開口 一番に 「それで、 カラカウア王の展示はいつにしようか?」 と聞いた。  そして2018年の今、 ジョンストンさんはオフィスでコーヒーを飲みな

Ho‘oulu Hawai‘i: The King Kalākaua Era. “Everything

がら、 中に沢山の作品の縮小版の切り抜きが並べられている美術館最

I love about contemporary art was happening at that

大の展示スペースの紙模型を眺めている。 「この時代には、私が大好き

シュウゾウ・ウエモト撮影、

time,” she says. “It was experimental. It was fearless.”

ホノルル美術館

She opens the book that tandems with the

exhibition, flips past images of oil paintings and Hawaiian featherworks, and lands at a photograph from Kalākaua’s 1886 birthday jubilee. The king, styled in a cool white suit, strides down the steps of ‘Iolani Palace, Queen Kapi‘olani at his side, followed

な現代アートの全てがありました。 それは実験的であると同時に、 とて も大胆な表現でした」。  ジョンストンさんは、今回の展示の内容と連動している歴史資料を開 くと、 さまざまな油絵やハワイアンの羽細工といった写真に続いて、 カラ カウア王の誕生日を祝う1886年撮影の祝賀会の写真で手を止めた。

by his sister Lili‘uokalani and her husband John

涼しげな白のスーツに身を包み、 カピオラニ女王とともにイオラニ宮殿

Dominis. The photographer, one of many working

の階段に降り立つ王に、妹のリリオオカラニと夫のジョン・ドミニスが続

in the nation, framed the royal procession between a background of decadent Corinthian columns

く。 当時の王国には多くの写真家がいたが、 この写真に写っている王族

festooned with masterful textiles, including a

たちの背後には、 ハワイの旗や紋章といった立派な装飾品が並べられ

monumental Hawaiian flag and coat of arms, and

たコリント様式の柱、前景にはエジソン発明の電球がついた電柱が堂

a foreground prominently featuring an electrified lamp post containing an Edison light bulb. “It’s all these symbols of ali‘i, nationhood, and technology,” Johnston says.

Throughout the gallery, photography refracts

and magnifies the meaning of older media. On the frontmost wall of the gallery hangs a large quilt that

々と捉えられている。 ジョンストンさんはこの写真家の意図について 「こ れらは全てハワイの王族と国家を象徴するもので、 当時のハワイ王国の 洗練された文化と高度な技術を周知させるために意図的に映されてい るのです」 と教えてくれた。  ギャラリーの各所に展示されている写真からは、 レイやキルト、勲章

features an image of Queen Emma. For the first time,

や油絵といった当時の芸術に込められた作者の意図を汲み取ることが

the quilt is paired with the photograph it is based

できる。 ギャラリーの一番手前の壁には、 エマ女王の姿が縫いこまれた

on—a tiny three-and-a-half-inch-wide lantern slide that Johnston excavated from the museum’s vaults.

大判のキルトが掛けられている。 その横には、 キルトのデザインの元と

“It shows how these artists, these creatives, were

なった初公開の女王の写真が並んでいる。 その写真は幅9センチに満

using all these different forms of image-making and

たない小さなスライドで、美術館の書庫からジョンストンさんが見つけ

reappropriating them within their given practice,” she explains.

During his unprecedented worldwide voyage,

Kalākaua consistently donned his full regalia and

26

その席でジョスト氏に 「もしあなたが美術展を企画するとしたら、 どん

たものだ。 「これは当時のアーティストや職人たちが、独自の芸術手法 を使ってさまざまな形で自由かつ大胆に表現していたことを表していま す」 と説明する。

Halekulani Living


27


A R T S

opposite: Two female hula

royal orders to sit for photographers, effectively

 当時、一国の長としては初の世界航海に出たカラカウア王は、 どの写

dancers; Hawai‘i, c. 1858,

disseminating visions of his power to international audiences. On the gallery walls, these photographs

真にも王族の礼服や勲章を身につけた正装で写っている。 これには国

Bishop Museum Archives. previous spread:

become historic windows with the shutters blown

Honolulu Harbor, 1886 by

open as the eye connects his kingly accoutrements

れらの写真や王の衣服と並んで飾られたメダルや勲章が輝くディスプ

Joseph Strong. Photo by

to the staggering, glimmering display of medals and

レイからは、 これまで明かされてこなかった歴史の一面を察することが

Shuzo Uemoto, Hawai‘i

royal orders nearby. As in his domestic parades, the

State Archives.

Merrie Monarch’s culturally fortified optics in the gallery are augmented by the attendant visions of

反対ページ:ハワイの女性フ ラダンサーの二人。

際社会へ王の権威を示す狙いがあった。 ギャラリーの壁に飾られたこ

できる。 メリーモナーク (陽気な王様) として親しまれ、伝統文化の復興 に尽力したカラカウア王が、 ハワイという王国の文化水準の高さを世界

proud hula dancers and strong wāhine equestrians,

に知らしめる目的で開催した王国内のパレードや、誇らしげなフラダン

known as pā‘ū riders for their bloomer-like skirts.

サーやパウ (ブルマ風のスカート) を履いた颯爽とした女性騎馬隊のパ

Dropped into this dynamic milieu, visitors discover

ウライダーを撮影した写真も展示されている。

1858年、 ビショップ博物館

a fully formed, prismatic Kalākaua suffused with

古文書館

the brilliant light and color of his time. And they can

 会場には、 プリズムの光と色で当時の姿を見事に再現したカラカウ

leave with a piece of this light, too, by stepping into

ア王の姿もある。来館者は、 ギャラリー内にあるフォトブースでは、世紀

an in-gallery photobooth that mimics the textures and

末の渦中にあった激動の時代を感じさせる写真を撮影して持ち帰るこ

前ページ見開き:1886年の ホノルル・ハーバー。 ジョセフ・ストロング作。 シュウゾウ・ウエモト撮影、 ハワイ州立資料館

colors of fin-de-siècle development process.

Ho‘oulu Hawai‘i might be the first exhibition ever

to put equal emphasis on Hawaiian-language text. In

 『ホオウル・ハワイ』展は、英語と同等にハワイ語を使った初の展示で

putting together this exhibition, Johnston espoused

あるかもしれない。監修にあたりジョンストンさんは、 イオラニ宮殿やハ

the distinctly Hawaiian ethos of community reliance, gathering a large number of works from ‘Iolani Palace, Hawai‘i State Archives, and Bishop Museum.

ワイ州立資料館、 ビショップ博物館から多数の展示品を集めた。 コミュ ニティの中で助け合うハワイアンの理念に基づいた未だかつてない規

This unprecedented collaboration mirrors the spirit

模のコラボレーションは、 カラカウア時代の実験的かつ大胆な表現の

of experimentation of Kalākaua’s era. “It represents

精神を象徴している。 「それはこれまでのハワイの歴史的解釈を問い正

a shared vision across these museums to interrogate the way Hawaiian history has been interpreted,”

そうというこれらの博物館が共有するビジョンの表れなのです」。

Johnston says.

 今回の展示には、ハワイ州立資料館の協力により、1886年のカラ

カウア王の誕生日の祝賀パーティーのためにジョセフ・ストロング氏が

Collaboration with the Hawai‘i State Archives led

to the inclusion of two long-cloistered panoramic oil paintings of Honolulu Harbor by Joseph Strong, also produced for the king’s 1886 jubilee. A kind of before-

ホノルル港の風景を描いた2枚のパノラマの油絵が公開されている。長 い間眠っていたこの二連画の一枚目には静かで落ち着いた雰囲気の

and-after diptych, the set first depicts the harbor

1836年の港の風景、 そしてもう一枚には1886年の賑やかな港町が描

in 1836, imagined as a calm, placid space. “Then in

かれ、近代化の前と後で大きく姿を変えた港の様子が分かる。 「このア

the 1886 [painting] it’s this hustle-bustle port city,” Johnston says. “The sky is very busy, and it’s the artist’s way of portraying Hawai‘i as an epicenter of

ーティストは、賑やかな空を描写することで、 ハワイを太平洋の商業の 中心として描いています。 そこにはカラカウア王の治世下における王国

commerce within the Pacific. Kalākaua’s narrative

の繁栄を帝国主義の列強諸国に知らしめる狙いがあったのです」 とジ

of growth over his lifetime is depicted in a way that

ョンストンさんは説明する。

empires would understand.”

30

とができる。

Halekulani Living


31


A R T S

The Royal Feather Cordon of King Liloa of Hawaii, 1890 by Ella Smith Corwine, Bishop Museum Archives.

ハワイのリロア王の羽で 作られた王族の綬章。 1890年、 エラ・スミス・ コーウィン、 ビショップ 博物館古文書館

Passing these two paintings and exiting the

gallery, the visitor inevitably steps into the complex tableau of concrete, steel, and palm trees that is modern Honolulu, a crown jewel in America’s empire.

鉄筋とヤシの木の混在する世界が待っている。 それは現代のホノルル であり、 アメリカの資本主義帝国に輝く宝石のようである。 来館者はこ

And perhaps it is only at this point that one feels the

こで初めて、1893年にカラカウア王が強制的に退位させられるまでに

oppressive weight of the elephant in the room—

至った、 当時の資本主義による弾圧を実感できるであろう。 カラカウア

the forceful shuttering of the House of Kalākaua

王の名誉回復を図るジョンストンさんの画期的な展示からその歴史は

in 1893. In Johnston’s grand, restorative vision, this rupture was intentionally cropped out. “To

意図的に省かれている。 その理由についてジョンストンさんは 「ハワイ王

understand how bad the overthrow was, you have

朝の転覆がいかに悲惨な歴史であったかを知るためには、 それ以前の

to know how great it was before,” she says. “This

ハワイがどれだけ素晴らしいものであったかを知る必要があります。今

is really looking at Kalākaua with an incredible amount of pride and honor.”

32

 この2枚の絵を通り過ぎギャラリーを出ると、 そこにはコンクリートと

回の展示は、 カラカウア王の生涯と歴史に誇りと名誉を取り戻すもの なのです」 と語った。

Halekulani Living


A R T S

T EXT BY NATA L IE S CHACK

IM AG E S BY M A RIE E R I E L HO B RO

文=ナタリー・シャック 写真=マリー・エリエル・ホブロ

MOOD INDIGO 魅惑のインディゴ

The artisans of Hawaiian Blue infuse island-style indigo into hand-dyed creations. ハワイの藍にこだわった藍手染の 「ハワイアンブルー」

Halekulani Living

34


A R T S

The water in the pail is a heavy, moody blue. It is

バケツの中には、 どろっとした深みのある紺色の液体が入っている。 オイ

deep and opaque. Effervescent like oil, its multitude

ルのように艶やかで濃淡のあるコバルト色が年輪のように何層にも広

of shades shimmer and pool outward like rings within a dynamic cobalt tree. Donna Miyashiro peers

がっている。 ドナ・ミヤシロさんは慣れた目つきで中の液体を覗き込み、

into it with a practiced eye, occasionally poking at

青い線が何重にも染みついた木製の棒で、時折その液体を掻き混ぜ

the mixture with a wooden stick stained halfway up

る。 そこには腐敗し発酵した植物の鼻をつくような臭いが漂っている。

with overlapping layers of ever-deepening blues. Hovering over the scene is the unapologetically earthy scent of fermentation, the virile stench of

 「トクと私はこういう匂いを嗅いでは 『いいねー』 と言って喜ぶの。臭 いが強ければ強いほどいい染料ができていたりするのよ。 ラナ・レーン

plants becoming something entirely new.

の工房のみんなはいい迷惑よね。何の匂い?とよく聞かれるわ」 とミヤ

シロさんは笑う。

“Toku and I are so funny smelling it, like,

‘Ooooh,’” Miyashiro says. “Because sometimes when it’s smelly, it means you got a good batch. At Lana

 ミヤシロさんとトクナリ・フジバヤシさんは、 オーガニックのハワイ産

Lane, we would drive people crazy. They’d be like,

藍を使った手染め製品を製作するホノルル発のブランド 「ハワイアンブ

‘What is that smell?’”

ルー」 を手がける職人だ。 カカアコで活動するアーティストグループのス

Miyashiro and Tokunari Fujibayashi are the

two halves of Hawaiian Blue, a Honolulu-based brand that produces organic Hawaiian indigo-dyed

タジオ 「ラナ・レーン」 が彼らの作業場となっている。 ミヤシロさんは 「ト クと初めて出会ったのは織物のワークショップだったわ。彼は京都で伝

creations out of Lana Lane, an artists’ collective

統織物業を営む家系の13代目で、 ハワイならではの藍染めを作るため

in Kaka‘ako. “I actually met Tokunari at a weaving

に来ていたの」 と話す。

workshop,” Miyashiro says. “He’s from like 13 generations of a textile family in Japan. He had come here and wanted to do an indigo dye that was just

んは、 それを持ち帰り、栽培し始めた。 ミヤシロさんは、 「ハワイの天然の 藍は、濃い紺色に染まる日本の藍とは全く違ったの。 トクは、 ハワイの空

from here.” When

 ハワイの山中にひっそり生えている野生の藍を見つけたフジバヤシさ

Fujibayashi

found

indigo

growing

wild and unnoticed in the Hawai‘i mountains, he collected it and started propagating it. “This is really

や海のような色に染まる藍を作りたいと考えていたのよ」 と説明する。 濃く濁った紺色をしたバケツに入った染料とは対象的に、 ハワイアンブ

different from the Japanese indigo,” Miyashiro

ルーのバッグやポーチは優しいアクアマリンやベビーブルーのうっとり

explains. “Japanese you get a really deep blue, and he

するような色合いだ。

wanted an indigo that reflected the sky and the ocean in Hawai‘i.” In contrast to the deeply pigmented drama of the rich indigo dye in the pail, the colors

 今日、 ミヤシロさんはアイエアの自宅で作業をしている。強い匂いを 放つ植物の葉を使った染料の入ったバケツが、 ベランダのスライドドア

of Hawaiian Blue bags and pouches are the soft,

の前に並べられている。 中庭に差し込む太陽にあたって濃縮された色

dreamy hues of a light beryl or lilting baby blue.

素から余分な水分が分離し、上澄みができている。 アーティストのミヤ

Today, Miyashiro is working from her home in

‘Aiea. Buckets of mesmerizing fresh-leaf dye are set

シロさんの自宅はアートスタジオのようだ。藍染を作る以前は、 ウェディ

against the sliding door to her lānai, the watery excess

ングドレスや洋服を作っていたという彼女の部屋には、 日本の織物をし

separating from the concentrated, thick pigment in

ていた頃の名残りで織機が置かれている。部屋の壁には織物が吊るさ

the sun of her courtyard. Miyashiro is an artist, and

れ、村上春樹の小説がそこらじゅうに積み上げられた書物の中から顔

she takes her work home. Before indigo creations, she was making wedding dresses and clothing, and the loom from her foray into Japanese weaving sits in

を覗かせる。正面の壁にはフリーダ・カロの作品を連想させるカラフル な椅子が置かれている。

her back room. Textiles hang on her walls, a Haruki Murakami novel peeks out from one of the piles of tomes scattered about, and a multicolored, painted chair reminiscent of Frida Kahlo’s artwork rests by the front wall.

36

Halekulani Living


Hawaiian Blue fashions an exclusive line of bags, pouches, and

ハワイアンブルーは、藍染めのバッグやポーチやスカーフを

scarves centered on indigo.

限定数生産している。

37


A R T S

“ You can never reproduce the color. It’s always a surprise,” Miyashiro says of the indigo-dying process. “ There are no constants.”

藍染についてミヤシロさんは、 「同じ色を再現することはでき ないの。不確定要素ばかりで常 に驚きの連続よ」 と語る。

Miyashiro demonstrates how to plunge the

 ミヤシロさんは、色あせたように見える“ぼかし”と呼ばれる手法を使

scarves into the dye just so to create a bokashi, or fade

ったスカーフの染め方を見せてくれた。彼女は仕事場となっている自宅

effect. She bounces from spot to spot in her home: the dining room table, with its bundles of cloth and buckets of dye ready for dipping; the patio, with its

ったバケツが並ぶダイニングテーブルから、 扱いの難しい発酵中の藍の

precious heater that keeps persnickety fermenting

染料を適温に保つためのヒーターがあるパティオへ移動し、勝手口か

indigo at just the right temperature; the side yard, where she points out unassuming indigo bushes that in two months grow from seed to harvest. Her

ら外に出ると今度はわずか2ヶ月で種から収穫できるまでに成長すると いう低木のタデ科の植物の藍を見せてくれた。麻や絹の染色を何度も

nails have a pleasant, denim-like wash to them from

繰り返す彼女の爪もまた美しいデニム色に染まっている。

dipping linen and silk in and out of the dye, over and

 藍の性質を左右するのは何と言っても発酵である。 それは時間のか

over and over.

Indigo is all about fermentation, which is a time-

かる工程で、 ミヤシロさんはゆっくりと時間をかけて丹念に染料を作

consuming process. Miyashiro makes the dyes slowly

る。 この植物の葉に秘められた色素を最大限に引き出し、独特の輝きを

and deliberately, plumbing the depths of the scrubby

放つ鮮やかな色合いを生むためだ。藍染め染料を生成するには2つの

little plant to create something brilliant, vivid, and bursting with potential. There are two processes that can be used to create indigo dye, she explains. One, the fresh-leaf technique, which is quick but fleeting,

38

の中を行ったり来たりする。 布の束と染めの準備ができている染料の入

方法があるという。 まず一つは、新鮮な葉を使った方法で、作業に要す る時間は短いが、一度しか使うことができない。葉が完全に水に浸かっ た状態で24時間置いて作る染料は、吸収性のある生地に適していて、 Halekulani Living


A R T S

requires fully submerging the leaves in water and

淡い色合いに仕上がるのだそうだ。 もう一つは、葉を温かい水に長時間

leaving them to soak for 24 hours, and is appropriate

つけて、日本では 「藍花」 と呼ばれる花の蕾のような泡ができるまで発

for lighter effects and more absorbent fabrics. The other is a long fermentation in a warm-water bath

酵させる方法だ。気候などの条件によって10日から2週間かかる。泡と

that takes 10 days to 14 days, depending on conditions,

泡が合わさって濃くて深い色の花を咲かせるのだが、 この花が艶やかで

to form a foamy, blossom-like puff Miyashiro says is

鈍い輝きを帯びて来ると藍染の染料ができた証拠である。 この発酵染

called an aibana, the Japanese word for flower. When the foam and bubbles come together to form this dense, deeply colored bloom, which sometimes has

料はあらゆる生地に使用できるが、常に手入れをし、育てていかなくて はならない。 「染料は子供のようなもの」 というミヤシロさんは、発酵過

a coppery sheen, the indigo is ready. This fermented

程を促進させるため、染料に酒や蜂蜜を与える。現在彼女が今育てて

dye can be used on any fabric, but it needs constant

いる染料には、全ての染料に共通で使用している藍染の“藍”を含んだ 「

nurturing. “They’re like children,” says Miyashiro of the indigo vats. She “feeds” them sake and honey to encourage the fermentation process. Her current vat

アイタ」 という名前がつけられている。  彼女は布をアイタにつけては取り出しすすぐという工程を、理想の濃

is named Aita, inspired (as their vat names always

さになるまで何度も繰り返す。 同じ染料を使っても仕上がりは常に変化

are) by the Japanese word for indigo, ai.

に富んでいて、時には透き通るような空の青やグレーがかったクールな

She dips and dips cloth in Aita, then rinses

and rinses, then dips and dips again, over and over, until she gets the depth of color she wants. The

ブルーに染まる。 「同じ色を再現することはできないの。不確定要素ば かりで常に驚きの連続よ」 とミヤシロさんは語る。

shade, however, is always changing, sometimes an

 ハワイアンブルーのバッグやポーチ、 スカーフはカカアコにあるセレク

airy sky blue, sometimes a steely slate. “You can

トショップ 「Fishcake」 で販売されている。一つ一つ手作りされている

never reproduce the color. It’s always a surprise,” Miyashiro says. “There are no constants.”

Hawaiian Blue bags, pouches, and scarves are

sold at Fishcake. The company’s output is small due to the time and labor it takes to sew and do the numerous rounds of rinsing and dyeing for each piece. But that hasn’t stopped people from hunting

ハワイアンブルーの製品は、縫製に時間と労力がかかり、染めとすすぎ の工程を何度も繰り返すので、生産量が限られている。 それでもこの二 人の作品を求め、 大量の注文をする人やコラボレーションや新しいプロ ジェクトを提案する人が後を絶えない。二人はこれまでにカカアコのカ フェ 「Arvo」 と組んで2色使いのネットバッグを作ったり、靴メーカーの

the duo down every now and then to place a large

「OluKai」 と藍染のキャンバス生地を使ったスリッパなどを製作してき

order, propose a collaboration, or even invite them

た。 だが基本的に、量産のために質に妥協したくないと考えるミヤシロ

to work on a new product. Sometimes they have taken these offers on—they partnered with Kaka‘ako café Arvo to create two-tone netted bags and shoe

さんは、 このビジネスを小規模のまま維持したいのだという。  「私は時間をかけて何かをすることが好きなの。 日々の生活では全て

company OluKai to make dyed-canvas slip-ons—

があっという間に過ぎてしまうでしょう? 」 とミヤシロさんは言う。 「日

but generally, for Miyashiro, the risk of sacrificing

本の人たちは時間を惜しまず丁寧な物作りをするわね。 お弁当屋さん

quality for quantity makes her content to keep things as small as possible.

“I like the slow process, because, when you look

at life, everything is so fast,” she says. “Look at the

一つをとってもそうよ。15個の弁当を細部までこだわって完璧に作り、 それが売り切れたら終わり。時間をかけて丹念に仕事をする彼らの精 神って本当に素晴らしいと思うの」。

Japanese and their sense of how everything takes time: The person who makes bentos, they’ll make 15 bentos, and make them perfect. And when they’re sold out, they’re gone. There’s something about that slow, focusing-on-the-details mentality.”

40

Halekulani Living


The dyes produced from Hawai‘i-grown indigo are a dreamy, light

ハワイで育った藍で作られた染料は、 まるでハワイの空や海のような

blue intended to reflect the sky and ocean of the island landscape.

優しいアクアマリンやベビーブルーの色合いに染まる。

41


IM AG E BY J O HN HO O K


C U I S I N E


C U I S I N E

T EXT BY C ATH ER I N E TOT H F OX

IM AG E S BY JOH N H O O K

文=キャサリン・トス・フォックス 写真=ジョン・フック

MERRY MOCHI-MAKING 幸運を呼ぶ餅つき

Mochi binds families together at the start of a new year. Gathering around its chewy goodness, whether to make it or to eat it, is a tradition for many in the islands. ハワイのローカル家庭で家族の絆を深める伝統となっている正月の餅つきや餅を食べる習慣

The Nisshodo Candy Store nears its 100th year of serving mochi to the Hawai‘i community.

ハワイで餅を作り続けている ニッショードー・キャンディ・ ストアは、 もうすぐ創業100年 を迎える。

Just after 6 a.m. on a chilly December morning in Wahiawā, a rural community in the middle of O‘ahu that was once the pineapple capital of the world, a few older men dressed in short-sleeved happi coats

て栄えたオアフの中心にある田舎町のワヒアワでは時計が午前6時を まわったところだ。裏庭では半袖の法被を羽織り、鉢巻をした初老の男

and hachimaki (Japanese headbands) steam sweet

性たちが、 ガスコンロの上に積まれた竹製の蒸し器でもち米を蒸してい

mochi rice in bamboo boxes over propane stoves in

る。 ガレージの中にテーブルを並べている人たちもいる。 数時間後には、

a backyard. Others set up the tables in the garage. In a few hours, dozens of members of the local Uesugi family will gather to shape the cooked and

ここに地元に住むウエスギ家の親戚が数十人集まり、餅つきが始まる。 炊きたてのもち米をつき、 できた餅をさまざまな大きさに丸め、 つぶしあ

pounded rice, or mochi, into balls of various sizes,

んやチョコレート、 ヘーゼルナッツクリーム、 クッキーバターなどを中に

filling them with tsubushian (azuki bean paste),

詰めていく流れ作業だ。

chocolate-hazelnut spread, and even cookie butter.

44

12月の冷え込んだある朝、 かつてパイナップルの世界的な生産地とし

Halekulani Living


C U I S I N E

Once eaten solely by Japanese emperors and nobles, mochi is now often enjoyed by the masses as a casual snack.

日本では季節の変わり目やお祝 い事に縁起の良い食べ物として 食べられていた餅は、今日のハ ワイでは日常的なおやつとして 食べられている。

Making mochi, by hand and at home, is a

 自宅で餅を手作りする習慣は、 ハワイでは何世代も前から続く正月

New Year’s tradition that goes back generations

の伝統であるが、今ではごく少数の家庭でしか見られない光景となっ

in Hawai‘i, though very few families still prepare mochi this way. Older folks in the Uesugi family

た。 ウエスギ家の年配の人たちによれば昔は木製の杵と石臼のみを使

remember pounding hot glutinous rice using kine

って餅をついていたそうだが、今日では蒸したてのもち米をステンレス

(wooden mallets) in an old stone usu (large mortar),

製の機械を通して柔らかいペースト状にしてから杵でつく。若い男性た

but the usu has long been missing. Today, young boys pound the freshly steamed rice with kine as it enters a stainless-steel machine that churns and

ちがついた餅を、残りの家族が手に取って平たい丸形に整えていく。 できあがった餠は、鏡餅にして供えたり、 力のつく縁起物として昆布とと

massages it until it’s a soft and pliable paste. When

もに雑煮に入れて食べる。

this process is complete, the rest of the family takes

  2人の息子が10代の頃から毎年決まって正月に餅をついているとい

the mochi and shapes it into smooth discs. These will be used as offerings or put into ozoni, a soup

うショーン・ウエスギ・ナカモトさんは、 「私の一家は、私の知る限りずっ

full of ingredients that have significance in Japanese

と餅つきを続けています。我が家の餅つきの伝統は、 これからも大切に

culture like konbu (seaweed) for long life and mochi

守り続けたいと思います。子供たちにとっても楽しい経験で、家族全員

for good fortune and strength.

が毎年楽しみにしているのですから」。

“My family has been doing this for as long as I

can remember,” says Shawn Uesugi Nakamoto. Her two sons have pounded mochi every new year since they were teenagers. “It’s just always been our family tradition that nobody wants to let go of. It’s a fun time for our kids. We all really look forward to it.”

46

Halekulani Living


Nisshodo sells around 40,000 pieces of its best-selling chichi

ニッショードーの 「ちちだんご」 は、週に4万個も売れる人気商品だ。

dango every week.

47


49


C U I S I N E

During the holiday season,

Nisshodo goes through

Year’s celebrations as fireworks and champagne

more than 500 pounds of

toasts. The food comes from Japan, where it has

mochi rice.

been made for at least 13 centuries. Once eaten

ホリデーシーズンになると、 ニッショードーでは230キ ロ近くの餅米を使い切る。

In Hawai‘i, mochi is as much a part of New

 ハワイでは、餅は花火やシャンパンと同様、新年のお祝いに欠かせな いものである。少なくとも13世紀以上前から日本で作られている餅は、 かつては皇族や貴族の間でしか食べられていなかったが、神道の儀式

exclusively by emperors and nobles, mochi came to

に使われるようになって普及し、 日本の正月に長寿と健康のシンボルと

be used in religious offerings at Shinto rituals and,

して食べられるようになったという。

during the Japanese New Year season, took on the symbol of long life and wellbeing.

Today, no matter the time of year, mochi is

 今日、 ハワイでは餅の入ったスープやきなこ餅、磯辺焼き、 あんこやピ ーナッツバター入りのものやいちご大福など様々な餅が一年を通して

dropped in soups, dusted in kinako (soybean flour),

食べられている。 コンビニエンスストアでも売られているし、 ローカルが

grilled and dressed in a sugary shoyu sauce, or

大好きなシェイブアイスのトッピングになっているほど身近な食べ物で

stuffed with a variety of fillings ranging from lima bean paste to peanut butter to whole strawberries.

ある。 だが新年のお祝いに作られる餅ほど特別なものはないだろう。丸

In Hawai‘i, mochi is also consumed year-round,

くて平たい白餅を2つ重ね、葉の付いたみかんがのった鏡餅は、神々へ

found on shelves in convenience stores and atop

の供え物として祭壇や家の中に飾ると新年に幸運を招くとされている。

bowls of shave ice.

But the mochi made for New Year’s celebrations

is special: It is always left white, the color of the

 ウエスギ家の人たちのように、伝統的な大福餅を普通の家庭で作る のは至難の技である。故に地元の人たちは、 カリヒにある倉庫街にひっ

rice, and shaped into discs. Often, two large ones

そりと店を構える創業97年のニッショードー・キャンディ・ストアに足

are stacked and then topped with a mikan (Japanese

を運ぶのである。 この店では毎年、正月だけでも何千個もの餅を作って

orange) with its leaf attached. This is kagami mochi (mirror mochi), an offering to the gods, which is

いる。 ホリデーシーズンには230キロ近くの餅米を使い切り、 ピーク時

placed on the family altar or somewhere in the home

には、客からの需要に応えるため、 スタッフは朝5時に出勤するが、 それ

to bring good fortune in the coming year.

でも間に合わないという。 「繁忙期には店の外まで行列ができ、 お客様

Traditional daifuku mochi (mochi stuffed with sweet filling), which is too difficult for most people to make at home the way the Uesugis do, is

から不満の声もあがるのですが、 どうすることもできないのです」 と説明 するのは銀行を定年退職し、家族経営のニッショードーを3代目オーナ

what people clamor for at the 97-year-old Nisshodo

ーとして支えるマイク・ヒラオ (68歳) さんだ。

Candy Store housed in an unassuming warehouse in

  繁忙期は年末から正月にかけてであるが、一年を通してニッショー

Kalihi. Each year, it churns out thousands of pieces of fresh mochi for New Year’s alone, going through

ドー・キャンディ・ストアで一番の人気を誇る商品は 「ちちだんご」 だ。求

more than 500 pounds of mochi rice during the

肥を使った柔らくてほの甘いピンクと白の餅は、店内で毎日ほぼ全て手

holiday. At the peak of the season, its workers clock

作業で作られ、週に4万個ほど売れるという。 またこの店は、 オアフ島で

in at 5 a.m. to try to meet everyone’s needs. Even this is sometimes not enough. “The line goes out

今もひな祭り用の菱餅を作っている数少ない店でもある。

the door and there’s a lot of complaining,” says Mike Hirao, 68, a retired banker and third-generation owner of the family-run store. “But cannot help.”

Though the shop is busiest on the days leading

up to New Year’s, its best-selling mochi is chichi dango, a soft, sweet confection made fresh daily onsite. The shop sells around 40,000 pieces of the pink and white mochi—made from scratch and mostly by hand—every week. The shop is also one of the few on O‘ahu that makes the specialty

50

Halekulani Living


Mochi varies in flavor, texture, topping, and filling.

餅には様々な味や食感、 トッピングやフィリングの入ったものがある。

51


C U I S I N E

Hand-pounding mochi is a New Year’s custom in Hawai‘i with origins in Japan. Kagami mochi, a two-tiered variety, is traditionally set out in the home as an offering to the gods in exchange for good fortune in the coming year.

日本の餅つきは、 ハワイの新年 の習慣として定着している。 地元の家庭でも新年の幸福を 祈り、鏡餅を神々への供え物と して祭壇や家の中に飾る。

hishi mochi, a three-layer, diamond-shaped mochi

 ニッショードー・キャンディ・ストアが一年で一番忙しいのは何といっ

dessert, for Girl’s Day, or Hinamatsuri, in March.

ても新年だ。祭壇に餅を飾り、元旦にお雑煮に入れて食べる習慣の中

Still, the busiest holiday for Nisshodo Candy

Store is New Year’s. Hirao understands the

で育ったヒラオさんは今も、正月になると自宅の台所のカウンターの上

sentiment. He grew up placing mochi on family

に鏡餅を飾ってその伝統を守っている。 「僕たちが子供の頃から続いて

altars and eating it in soup on New Year’s Day.

いる習慣を今も大切にしています。 それは我が家の伝統ですから」 とヒ

Though he doesn’t have an altar in his own home,

ラオさんは語る。

he still honors the custom, placing the kagami mochi on the stove in his kitchen. “This is how we grew up, it’s what we do,” he says. “And to this day, we still do that. It’s tradition.”

52

Halekulani Living


pure Hawaii

HAWAII OAHU Halekulani Hotel The Kahala Hotel and Resort

MAUI Four Seasons Resort at Hualalai Mauna Lani Bay Hotel Mauna Kea Beach Hotel Four Seasons Resort Maui at Wailea

www.hildgund.com


IM AG E BY J O HN HO O K


C U L T U R E


A R T S

56

Halekulani Living


C U L T U R E

T E X T BY N ATA LI E S CHACK

I MAG E S BY J O HN HO O K & S K Y E YO N A MI N E

文=ナタリー・シャック 写真=ジョン・フック&スカイ・

PLUME OF TIME 時を超えた羽

From its grand and resplendent capes to brilliant bands for woven hats, the Hawaiian art of featherwork endures. 豪華絢爛なマントから帽子を粋に彩るハットバンドまでハワイアンに脈々と受け継がれる羽毛を使った芸術、 フェザーワーク。

ヨナミネ

Halekulani Living

57


C U L T U R E

Early Hawaiian settlers brought the art of featherwork with them from older parts of Polynesia. Previous: The mahiole (helmet) of Kalani‘ōpu‘u. Opening spread: A detail of the feathered ‘ahu ‘ula (cape) of Kalani‘ōpu‘u on display at the Bernice Pauahi Bishop Museum. The impressive garment is made of 4 million feathers.

鳥の羽を使ったフェザーワー クは、初期のハワイ入植者たち が古くからあるポリネシアの島 々から持ち込んだ。前ページ: カラニオプウの使用したマヒオ レ (ヘルメット)。最初ページの 見開き:バーニース・パウアヒ・ ビショップ博物館に展示され ている羽でできたカラニオプウ のアフウラ (マント)。400万本

The 19th century was in its infancy. Princess

19世紀初期のことであった。 マウイ島とハワイ島における上流階級で

の羽毛でできている。

Nāhi‘ena‘ena, descended from the ali‘i and most

あり、 アリイ (王族) の子孫のナヒエナエナ王妃は、今日までその美しさ

elite echelons of Maui and Hawai‘i Island society, was still only a child when she was gifted a feather pā‘ū so magnificent that its fame lives on today. Creating the pā‘ū was a massive undertaking. The skirt consists of 1,000,000 tiny feathers bundled and tied to a netted base by the people of Lahaina over what could have been a mere year,

が語り継がれるほど豪華な羽毛でできたパウ (スカート) を贈られた当 時、 まだ幼い子どもであった。  このパウの製作は壮大なプロジェクトであったという。 ラハイナの人 々が一年かけて集めた100万本もの小さな羽毛を束ね、網状の生地に 結びつけて作られたスカートなのだと、現在この美術品が収蔵されてい

says Marques Marzan, the cultural advisor at the

るバーニス・パウアヒ・ビショップ博物館の文化顧問、 マルケス・マルザ

Bernice Pauahi Bishop Museum, where the skirt

ン氏は教えてくれた。何より見事なのはその鮮やかな色である。全体が

now lies. Especially remarkable is its color, which is almost entirely yellow. This hue required the

黄色に輝くこのスカートには、 すでに絶滅しているオーオーと呼ばれる

rarest of the feathers to be taken from a small tuft of

ハワイ固有の鳥の首の部分から採取される最も希少な金色の羽毛が

golden plumage at the neck of the now extinct ‘ō‘ō.

使われている。膨大な数の羽が必要とされるため 、 「キア・マヌ」 と呼ば

The sheer volume of plumage required kia manu, or bird catchers, to venture in groups into the forests for days to pluck precious, wee feathers from the

れる鳥捕獲隊は、 この小さくて貴重な羽を求め、臆病で森の中に隠れて いるミツスイを何日もかけて探し回らなければならなかった。

evasive honeyeaters.

58

Halekulani Living


Today, lei from the practitioners of Kahailimanu are comprised of

今日、 カハイリマヌの文化継承者が作るレイには、 キジや孔雀、鶏など

feathers like Chinese golden pheasant, peacock, and chicken.

の羽が使われている。

59


C U L T U R E

The feathers of the mamo, ‘ō‘ō, and ‘i‘iwi were gathered by skilled hunters. This lei, right, from the Bernice Pauahi Bishop Museum, features yellow feathers of the mamo bird, a now-extinct black honeycreeper with small tufts of goldenrod feathers beneath its wings. These feathers were some of the rarest.

マモやオーオー、 イイヴィといっ た鳥の羽は熟練した捕獲者た ちによって集められた。 バーニー ス・パウアヒ・ビショップ博物館 にある写真右のレイには、 ハワ イ島のマモの黄色の羽が使用 されている。 すでに絶滅している 黒いミツドリのマモの翼の下側 に生えている鮮やかな黄色をし た小さな羽の房は、 最も希少な 羽のひとつである。

Featherwork can actually be seen all across the Pacific and the world. Early Hawaiian settlers brought the art with them from their homes in older parts of Polynesia, says Marzan, and over time the

 鳥の羽を使ったフェザーワークは、実は太平洋や世界全域でみられ る。 マルザンさん曰く、 その芸術は初期のハワイ入植者たちによってポリ ネシアに古くからある彼らの故郷から持ち込まれ、時代とともに独自の

practice evolved in slight, distinct ways. The type of

進化を遂げてきたという。 たとえば、伝統的なハワイの手工芸品の網状

net backing used in traditional Hawaiian handiwork,

の裏地には、“オロナ”というハワイにしかない繊維が使われている。 もと

for example, was made of olonā, a fiber found only in Hawai‘i. Originally, he explains, both making featherwork, as well as wearing it, was reserved for

もとフェザーワークを作り、 身につけることは王族階級のみが許されて いた。 ビショップ博物館のコレクションには、王族の象徴である黄色と

the chiefly class. The Bishop Museum’s collection

赤の豪華なマントや三日月形の羽の装飾が施されたヘルメット、 上品な

houses everything from magnificent cloaks in royal

フェザーレイ、羽毛で覆われた神像などがある。

yellow and red shades and iconic, crescent-shaped feathered helmets, to elegant lei and fierce, feathercoated god effigies. Today, mother-and-son team Lehuanani and Kaimana Chock, who craft traditional feather lei and hat bands under the name Kahailimanu, are part

 カハイリマヌというフェザーワーク工房を手がける親子のレフアナニ さんとカイマナ・チョックさんは、伝統的な手法でフェザーレイと帽子に つけるハットバンドを作っている。二人は、先祖代々伝わるハワイアンの 芸術を今日へと受け継ぐ数少ないフェザーワーク職人である。

of a small community of artisans carrying on this artistic legacy of their ancestors. “I learned when I was 16, dancing hula, loved it, and always kept making lei,” says Lehuanani. Everyone in her hālau had to make their own

60

Halekulani Living


Lehuanani Chock, the kumu at Kahailimanu, teaches a class on how

カハイリマヌのクム (講師) のレフアナニ・チョックさんは、伝統的であり

to make a traditional Hawaiian feather lei with a modern aesthetic.

ながらモダンなデザインのハワイアンフェザーレイ作りを教えている。

61


“ We very much still make them in the same manner that it was made for generations. We’re not learning from a book—we learn from a kupuna. That’s what makes it Hawaiian to me.” — Kaimana Chock, lei hulu practitioner of Kahailimanu

「先祖代々伝わる方法で今も作り続けています。 フェザーレイ作りは、本から学ぶのではなく、先祖から習い、人から人へ伝えていくもので す。僕にとっては、 それが本当の意味でのハワイアンの伝統なのです」 ー カハイリマヌのレイ・フル職人のカイマナ・チョックさん


C U L T U R E

The Bernice Pauahi Bishop Museum houses everything from magnificent cloaks to elegant lei in royal yellow and red shades.

バーニース・パウアヒ・ビショッ プ博物館のコレクションには、 王族の象徴である黄色と赤の 豪華なマントや上品なフェザー レイなどがある。

lei sets—thus proving their commitment and dedication—in order to participate in the Merrie Monarch Festival. “Then, when I got married, my husband’s grandmother would make lei with her

素晴らしさに魅了されて以来、 ずっと作り続けています」 とレフアナニさ んは言う。彼女のハラウ (フラスクール)の誰もがメリーモナークフェス

sisters. As each sister passed away, I would inherit

ティバルに出場するため、 自ら身につけるレイ一式を手作りしなければ

all of their feathers. She wanted me to keep on. She

ならなかったのだそうだ。 レイ作りは、 フラへのコミットメントと献身の

wanted to make sure the art didn’t die.” Now, as interest in Hawaiian culture grows,

証でもある。 「私が結婚した時、夫の祖母は、彼女の姉妹たちと一緒に

so does interest in feather making, according to

私たち二人のためにレイを作ってくれました。 姉妹が亡くなると、 彼女た

Kaimana. “I think there’s a resurgence,” he says.

ちの持っていたフェザーレイを全て私に譲ってくれたのです。祖母はフ

“There was a time period when it was only a really small community making the lei.” Lehuanani teaches feather-making classes at their home in

ェザーレイ作りの伝統が途切れることのないよう、私に受け継いでほし いと願っていました」 と語った。

Pearl City, bringing together groups of women

 ハワイ文化への関心が高まっている今日、 フェザーアートに興味を持

and the spare man for two hours a week to devote

つ人も増えているという。カイマナさん曰く、 「一時はフェザーレイを作

themselves to slow-going work and tiny stitches. The Chock home is filled with the fruits of

る人の数がほんの一握りになったこともありましたが、今では復活の兆

lifetimes spent doing such work: kāhili (handheld

しを見せています」。 レフアナニさんは、 パールシティの自宅でフェザー

standards); hakupapa-style hat bands; lei kāmoe,

レイ作りのレッスンを開催している。女性が大半のグループが週一回2

which features feathers that lie flat, like they would on a bird; and lei poepoe, which feature feathers standing up, making for a fluffier effect.

64

 「フラを踊っていた私は16歳のとき、 レイの作り方を習いました。 その

時間のクラスに集まり、細かい縫い目を繰り返す時間のかかる作業に 熱心に取り組んでいる。

Halekulani Living


Marques Marzan, the cultural advisor at the Bernice Pauahi

バーニス・パウアヒ・ビショップ博物館の文化顧問、 マルケス・マルザン

Bishop Museum, with a feathered cape believed to have belonged

氏とカウアイの酋長のものであったとされる羽でできたマント。

to a Kaua‘i chief.

65


C U L T U R E

The mother and son team Lehuanani and Kaimana Chock are part of a small community of artisans carrying on this artistic legacy of their ancestors.

親子のレフアナニさんとカイマ ナ・チョックさんは、先祖代々伝 わるハワイアンの芸術を今日へ と受け継ぐ数少ないフェザーワ ーク職人である。

The feathers of ancient times, gone with the

 チョック家の自宅には、膨大な時間を費やして手作りされたフェザー

endangered or extinct birds, have been replaced

ワークの作品がところ狭しと飾られている 。 そこには王族の象徴である

by others such as pheasant, with its almond-like pattern, or brilliant peacock, with its iridescent sheen. The Chocks even source feathers from home-

というハットバンド、羽を平らに寝かせたデザインの 「レイ・カモエ」 と羽

raised chickens.

を立ち上げてふわふわに仕上げた 「レイ・ポエポエ」 の2種類のフェザー

While the materials have changed since the princess received her pā‘ū, the methods of creating featherwork pieces remain the same. “We very

レイなどがある。昔は絶滅種あるいは絶滅に瀕した鳥たちの羽が使用 されていたフェザーレイに、現在では、 アーモンドのような模様のキジ

much still make them in the same manner that it

の羽や、鮮やかな孔雀の羽が使用されている。 チョック家では、 自宅で

was made for generations,” Kaimana says. “There’s

飼っている鶏の羽を使うこともあるという。

that person-to-person transmittal of the practice. We’re not learning from a book—we learn from a kupuna. That’s what makes it Hawaiian to me.” They still process, cut, and tie or stitch every single feather with intention and purpose, infusing it with a bit of themselves. “In old Hawaiian thought, because lei is something that goes on your

 ナヒエナエナ王妃がパウを贈られた頃のフェザーワークはその材料 こそ変わったものの、作り方は昔と変わらない。 「先祖代々伝わる方法 で今も作り続けています。 フェザーレイ作りは、本から学ぶのではなく、 先祖から習い、人から人へ伝えていくものです。僕にとっては、 それが本 当の意味でのハワイアンの伝統なのです」 とカイマナさん。

body, it automatically gets your mana and part of

  一枚一枚の羽を処理し、切って、結びつけたり、縫い付けたりする一

your energy,” Kaimana says. “Think how much of

連の工程が今も全て手作業で行われるフェザーワークには、 目的と意

you goes into the final product—you've tied each of the thousand feathers, taken three stitches or three

66

「カヒリ」 とよばれる羽飾りのついたポールや帽子につける 「ハクパパ」

識を持って作業する作り手の心が込められてる。

Halekulani Living


Lei poepoe feature feathers standing up, whereas lei kāmoe are

フェザーレイには、羽を立たせてふんわりと仕上げた 「レイ・ポエポエ」

composed of feathers that lie flat. These lei, shown here, were

と羽を平らに寝かせたデザインの 「レイ・カモエ」 がある。写真はカハイ

created by Kahailimanu.

リマヌ製作の作品。

67


C U L T U R E

The rare design of this cloak features upturned feathers and is the only one of its kind.

上向きの羽を使った珍しいデ ザインのマント。 この世に一つ しかない。

times around with your piece of thread—all of that.” Adds Lehuanani, “So that when you’re giving it, it’s almost like giving them a little bit of you.” What featherwork represents today has

「古くからのハワイアンの間では、体に身につけるレイには、 その人のマ ナやエネルギーが自然に入り込むと考えられています。手作りしたレイ に作り手の心がどれだけ込められているか考えてみてください。1000

changed considerably, according to Marzan. In

枚の羽を一枚ずつ結んでは3針縫ったり、 糸を3回巻いたりする作業を

the past, the material culture produced served as

繰り返すのですから」 とカイマナさんは言う。 レフアナニさんは 「自分で

a visually understood symbol, a vestment of the chief and their station. “Today, it serves more of a purpose of holding onto cultural practices,”

作ったレイを人に贈るということは、 あなた自身の一部を捧げているの と同じなのです」 と加えた。

Marzan explains, a symbol of your commitment to

 マルザン氏によれば、今日のフェザーワークが意味するものは以前と

preserving this knowledge. “It’s about committing

は違っているという。 ネイティブ文化に根付くこれらの芸術は、昔は王

your time and energy to the creation of a piece and observing all of the things you see in the process.” The intention behind modern-day featherwork

族とその側近を象徴する視覚的なシンボルであった。 マルザン氏は 「今 日のフェザーワークは、伝統文化を守るために受け継がれるべき芸術

practitioners is still to celebrate and honor, but it’s

として、 ハワイの人々のコミットメントのシンボルとなっています」 と説明

now not just to uplift a social class of people, but

する。 「制作に多くの時間やエネルギーを費やすことで、色々なことを感

instead an entire people.

じ、考え、見えてくるプロセスこそが大切なのです」。 フェザーワーク職 人たちが伝統を受け継ぎ、讃えることに今も変わりはない。 ただ昔と違 うのは、 それが一部の特別階級の人たちのためではなく、 すべての人た ちのためであるということなのだ。

68

Halekulani Living


Ho‘oulu Hawai‘i

The King Kalākaua era ON VIEW THROUGH JANUARY 27, 2019

Uniform of Walter Murray Gibson 19th century (detail) Cotton, wool, gold thread, and metal buttons Hawai‘i State Archives 210

Lisa Reihana: Emissaries MARCH 1–JULY 14, 2019

Lisa Reihana, detail in Pursuit of Venus [infected], 2015–17, Ultra HD video, colour, 7.1 sound, 64 min. Image courtesy of the artist and New Zealand at Venice. With support of Creative New Zealand and NZ at Venice Patrons and Partners.

Rethink history class.

MUSEUMS • CAFÉS • THEATER • SHOPS

900 S Beretania St • 808.532.8701 honolulumuseum.org


IM AG E BY J O HN HO O K


W E L L N E S S


W E L L N E S S

T EXT BY EUNIC A E S CA LA N T E

IM AG E S BY JOH N H O O K

文=ユーニカ・エスカランテ 写真=ジョン・フック

STAY BLESSED 清められて

In search of wholeness and good fortune, a writer visits three distinct Asian temples on O‘ahu. 心の安らぎと幸運を求め、オアフ島の3つの仏教寺院を訪れる

Buddhism was brought

It’s a Saturday afternoon and I’m deep in Pālolo

to the Hawaiian Islands

Valley learning how to breathe. About 10 of us are

in the late 1800s with the

gathered in a room at Mu-Ryang-Sa Temple for

wave of Asian immigrants

a session on vipassanā meditation. Leading the

coming to work at

class is a slight, bald man by the name of Gregory

sugarcane plantations.

Pai. He has been the temple’s resident meditation instructor for a decade. He sits with his back straight, eyes closed. If inner peace exists, I’m sure this man has found it.

Pai begins by striking a tuning fork against the

ground. Its tinny note centers our focus. “Feel the sensation of your breath in your body,” he says as we draw in air. “Use it as an object to ground you.” His measured tone guides us deeper into the calm. A soft breeze filters through the doors. Incense sweetens the air.

仏教は1800年代後半、 ハワイ

土曜日の午後、 パロロ渓谷の奥深くにあるムリャンサ寺院に呼吸法を

のサトウキビ農園で働くため

学びに来ている。10人ほどが集まった部屋では、 ヴィパッサーナ瞑想

に海を渡った多くのアジア移

のセッションが行われている。 この寺院で10年間、瞑想のインストラク

民によってハワイ諸島へもたら

ターを務めているという細身で髪の薄いグレゴリー・パイさんが指導し

された。

てくれる。彼は背筋をまっすぐに伸ばし、 目を閉じたまま座っている。心 の平穏というものがあるとすれば、 パイさんはとっくの昔に見つけてい るに違いない。  パイさんが音叉を地面に打ちつけると、 レッスンは始まった。 その甲 高い音色が私たちの意識を集中させてくれる。深呼吸する私たちに向 かって 「体の中で呼吸を感じてください。呼吸に意識を集中して、心を 落ち着かせましょう」彼の規則的な口調が私たちを穏やかな気分にさ せてくれる。 ドアを抜けて入ってくるそよ風に乗って、線香の香りがほの かに漂う。

72

Halekulani Living


Tokens of good fortune located around the grounds.

境内にはあらゆるご利益のあるお守りが売られている。

73


W E L L N E S S

The anticipation of spiritual renewal draws visitors to Hawai‘i’s Buddhist temples each new year.

毎年、新年になると祈祷やお祓 いのために多くに人がハワイの 仏教寺院を訪れる。

Once dismissed as a hokey New Age notion,

meditation’s

popularity

is

experiencing

a

reawakening through digital upgrades and the self-care movement that makes it appealing to

 宗教的なイメージがあり敬遠されつつあった瞑想は、 テクノロジーの 進化とセルフケアへの関心の高まりにより、最近では特にミレニアル世 代の間で人気だ。 マインドフルネス (意識を集中させ心をこめて物事を

millenials. Mindfulness gurus liken its effects to

行える状態) を謳う人たちの中には、 その効果をクリスタルヒーリングや

other buzzy wellness methods like crystal healing

デジタルデトックスのような話題の健康法に例える人もいる。 だがムリ

and digital detoxes. But at Mu-Ryang-Sa, meditation isn’t just another trend—it is a practice steeped in the history of Buddhism. And as I sit cross-legged, surrounded by its sacred design, I feel the weight of centuries of culture.

It’s an experience that I thought required

traveling—perhaps to a monestary atop Nepal’s misty peaks or to ruins deep in the jungle. But the

ャンサで体験する瞑想は単なる流行ではなく、仏教の伝統に根付いた 習慣である。神聖な神器に囲まれて座禅を組めば、誰もが何十世紀に もおよぶ歴史と文化の重みを肌で感じることができるだろう。

 それは霧に包まれたネパールの山頂にある僧院や、ビルマのジャ

ングルにある秘境の地などに旅しなければ得られない経験だと思って いた。 だが本物は必ずしもエキゾチックである必要はないのだ。 『Eat,

authentic does not always have to be exotic. An Eat,

Pray, Love(食べて、祈って、恋をして)』 という2010年公開のアメリカ

Pray, Love journey to spiritual self-discovery can be

映画に出てくるようなスピリチュアルな自己探求の旅はここハワイに

found right here in Hawai‘i.

Buddhism was brought to the Hawaiian Islands

あった。

in the late 1800s with the wave of Asian immigrants coming to work at Hawai‘i’s sugarcane plantations.

74

Halekulani Living


Byodo-In Temple on O‘ahu’s windward side is a small-scale

オアフ島のウィンドワード側にある平等院テンプルは、950年の歴史を

replica of a 950-year-old temple in Uji, Japan that has been

誇りユネスコの世界文化遺産に登録されている日本の宇治市にある

designated a United Nations World Heritage Site.

平等院を縮小したスケールモデルである。

75


W E L L N E S S

The first temples were just single-story, wooden

 仏教は1800年代後半、 ハワイのサトウキビ農園で働くために海を渡

structures built within the plantations. Some, like

った多くのアジア移民によってハワイ諸島へもたらされた。最初の寺院

the Honpa Hongwanji Mission along Pali Highway, which is more than 100 years old, are still in

は、 プランテーション内に建てられた1階建ての木製の建物であった。

operation today. Over the years, as the religion’s

築100年を超えるパリ・ハイウェイ沿いにある本派本願寺をはじめ、 い

popularity grew, so did its temples.

くつかの寺院は今も健在である。仏教は年を経てハワイに広まり、寺院

Mu-Ryang-Sa’s sprawling estate is the largest

Korean Buddhist temple outside of Korea. Ensconced at the end of a winding, climbing drive, the temple

の数も増えていった。  広大な敷地のムリャンサ寺院は、韓国国外で最大の韓国仏教寺で

boasts a view of the lush valley below. Through its

ある。 曲がりくねった坂を登りきった先にひっそりと佇む寺院の目下に

gate, which is guarded by the towering statues of

は、青々とした谷が広がっている。 四天王像が両脇に立つ門をくぐって

the Four Heavenly Kings, the tumult of town life dissipates. As one of the lesser-known temples on

中に入ると、街の喧騒が一気に遠のく。 オアフ島でもあまり知られてい

O‘ahu, Mu-Ryang-Sa is often devoid of crowds. One

ないこの寺院は閑散としていて、美しい中庭や優美に装飾された回廊

can roam its picturesque courtyard and intricately

を一人静かに歩き回ることができる

decorated halls in solitude.

For visitors hesitant about meditation sessions,

insight can still be garnered from the temple’s

 瞑想には抵抗があるという人でも、韓国独自の建築形式を楽しめる この寺院は十分に訪れる価値があろう。 ホノルル市郡の建築基準に基

unique architecture. After exceeding the City and

づく規定の高さを越えてしまったこの寺院は、仏教様式では通常尖っ

County of Honolulu’s limits on building height, its

ているはずの屋根の棟が削られて平らになっている。 それに由来して

ridge, meant to be pointed in the typical Buddhist style, had to be leveled. Soon after, it was renamed

この寺院は、 「壊れた棟の寺」 を意味する 「ムリャンサ」 と呼ばれるよう

Mu-Ryang-Sa, which roughly translates to “Broken

になった。

Ridge Temple.”

 「それは仏の教えにもある逸話です」 とムリャンサの住職であるドゥヒ

It’s an anecdote taken directly from Buddha’s

teachings, says Dohyun Gwon, Mu-Ryang-Sa’s abbot. “Buddha teaches that in order to reach the

ョンさんは教えてくれた。 「ブッダは悟りの境地に達するためには、私た ち自身の内にある無知の砦を打ち砕かなくてはならないと教えていま

true heights of enlightenment, we must shatter our

す。 この寺の棟を壊さなければならなかったこともそれと同じです」。

own structures of ignorance,” he says. “Much like

 ある夏の午後、 オアフ島にあるもう一つの寺院には大勢の人が集ま

the shattering of our temple’s ridge.” On a summer afternoon, crowds flock to another

っている。 コオラウ山脈のふもとのカネオヘにある無宗派の仏教寺院、

O‘ahu temple. Tucked at the foot of the Ko‘olau

平等院テンプルは、 ハワイで最も人気のある観光スポットの一つであ

mountain range, Byodo-In, a nondemonimational

る。1日あたり何百人もの訪問者がこの寺院を見学しに訪れる。先祖の

Buddhist temple, is one of Hawai‘i’s most popular sites. On an average day, hundreds of visitors tour the temple grounds. And tonight is no exception, as

霊を迎えて供養する迎え盆にあたる今夜も例外ではない。  寺院の入り口にある橋に沿って一列に吊るされた提灯が灯ってい

it is the eve of Obon, a Buddhist festival celebrating

る。 中庭には、揚げ菓子やお守りの出店がたくさん並んでいて、太鼓のリ

the return of ancestors from the spirit world.

ズムにあわせて踊る人たちや、寺の池に生息する黒鳥や孔雀を一目見

A string of glowing lanterns light the bridge

at the temple’s entrance. Stands lined across the

ようと敷地内を散歩する人たちで賑わっている。寺の敷地の角には、 山

courtyard offer good luck charms and fried snacks.

から水が流れ出る水が小さな滝となって注ぐ鯉の泳ぐ池があり、人里

Attendees dance to the beat of taiko drums. Other

離れた風情のある小道を散策することができる。

visitors stroll its meandering pathways, hoping for a chance encounter with the temple’s resident black swans or possibly even its elusive peacock. Alcoves beckon them to explore off the beaten path, like the corner behind the temple that hides a miniature

76

Halekulani Living


At Shinto shrines, visitors divine their luck by drawing omikuji, or

ハワイの神社でも参拝者の多くは、 おみくじを引いたり、 お守りを買って

randomly drawn fortunes written on pieces of paper, and secure

開運を祈願する。

it by buying omamori, or good-luck amulets.

77


W E L L N E S S

Luck is a subject in which Daijingu, a temple on the leeward side, specializes.

オアフ島のリーワードにある ハワイ大神宮は幸運の神様 として知られる。

waterfall emptying fresh mountain water into a

 平等院テンプルは1968年、 ハワイの日系移民100周年を記念し、

koi pond.

宗教や宗派を問わないメモリアルパークの 「バレー・オブ・ザ・テンプル

Byodo-In was built in 1968 within the Valley

of the Temples, a memorial park home to various other theologies, in commemoration of the 100-

で全てが、 日本の宇治市にある平等院を縮小したスケールモデルであ

year anniversary of the first Japanese immigrants’

る。2018年にこの寺院は建立50周年を迎え、記念イベントが開催され

arrival in Hawai‘i. From its bell house to the main structure housing the nine-foot Buddha statue, it is a small-scale replica of a temple in Uji, Japan. In

た。 山の向こうに夕日が沈み、数十人の拝観者が敷地内に廻らされた水 路に灯篭を流すと、水面を照らす灯篭の灯りで平等院はまるで暗闇の

2018, the temple celebrated its 50th anniversary. As

中で燃え立っているかのようであった。

the sun disappeared behind the mountains, dozens

 コオラウ山脈のリーワード側にあるハワイ大神宮。質素な外見の大

of attendees placed lanterns on the waterway that winds through the grounds. Their flames

神宮は、 ハワイで最も古い神社の一つである。1900年代に建立され、

illuminated the water as they floated around

激動の時代を経た今もハワイで神道を信仰する人々の拠り所となって

the temple. Amid dusk’s waning light, Byodo-In

いる。第二次世界大戦中、 日系移民が強制収容された際には、大神宮

appeared to be ablaze.

Nestled on the leeward side of the Ko‘olau

mountain range is Daijingu Temple. Humble in appearance, Daijingu is one of Hawai‘i’s oldest

78

ズ」 に建立された。鐘楼から2メートル70センチの仏像を収めた本堂ま

の元の建物も押収され、米国政府によって競売にかけられたという。 そ れでも神主たちの信仰心が揺らぐことはなかったとハワイ大神宮の岡 田章宏宮司はいう。戦後、大神宮は現在のヌウアヌ渓谷に再建された。 Halekulani Living


Mu-Ryang-Sa, the largest Korean Buddhist temple outside of

緑豊かなパロロ渓谷の奥深くにあるムリャンサ寺院は

Korea, is nestled in lush Pālolo Valley.

韓国国外で最大の韓国仏教寺である。

79


“Buddha teaches that in order to reach the true heights of enlightenment, we must shatter our own structures of ignorance.” — Dohyun Gwon, abbot of Mu-Ryang-Sa

「ブッダは悟りの境地に達するためには、私たち は自身の内にある無知の砦を打ち砕かなくては ならないと教えています」 ー ムンリャサ住職のドゥヒョンさん


W E L L N E S S

temples. Established in the 1900s, the temple

 地元のコミュニティに信心深い氏子のいるハワイ大神宮は、年末年

has remained a stronghold for Hawai‘i’s Shinto

始には新年の祈祷やお祓いに大勢の住民で賑わう。幸運の神様として

practitioners even through tumultuous times. During the Second World War, as people of Japanese

知られる大神宮の境内のテーブルや棚には、縁結びから交通安全まで

ancestry were forcibly interned, Daijingu’s original

あらゆるご利益のあるお守りが並ぶ。年始の初詣に厄除け祈願に訪れ

temple was seized and auctioned off by the

る人も多い。

U.S. government. But according to the temple’s reverend, Akihiro Okada, the faith of the monks was never shaken. After the war ended, they rebuilt

 岡田宮司は 「マインドフルになることは大切です。一年の終わりにお 祓いをしないと次は1年後まで待たねばなりません。 すると悪運は倍に

the temple in Nu‘uanu Valley, where it stands today.

なるのです」 という。 中にはこのような考えを受け入れがたいと考える人

もいるかもしれないが、実際にこの場所を訪れたのなら、 そのご利益に

Within the local community, the temple has

garnered a devoted following. Residents flock to its grounds during the holiday season when the temple provides blessings for the new year. Luck is

あやからずに去ってしまうのは惜しい。 岡田宮司は別れを告げようとす る私を呼び止め、 お祓いしてくれるという。大麻(おおぬさ) を振ってお

something in which Daijingu specializes. Its tables

祓いする宮司をじっと見つめる私の心に、何重にも重なって聞こえる祈

and shelves are lined with omamori, or amulets, for

りの声が次第に一つの和音になって響く。祈りは前触れもなく始まり、

everything from having a lucky love life to blessing a new car. During hatsumode, the first shrine visit of the new year, visitors shed a year’s worth of bad

終わった。 そして私は心が軽くなったような気分で歩き出した。運が良 くなっていることを祈りながら。

luck through a purification ceremony.

“It is very important to be mindful,” Okada

says. “If they miss the purification, they must wait one whole year until the next one. Then it is double the bad luck!”

Some may dismiss the temples’ beliefs as

mysticism, but within their walls, it is hard not to indulge. As I bid farewell to Okada, he stops me to ask if he can give me a blessing. I nod yes and watch wide-eyed as he wields his onusa (wand) to cleanse me of my bad luck. His chants flow into one another until they become a collective hum. It ends as suddenly as it began. I walk away lighter in spirit and, hopefully, better in luck.

82

Halekulani Living


Mu-Ryang-Sa is often devoid of crowds. One can roam its

ムリャンサ寺院は閑散としていて、美しい中庭や優美に装飾された

picturesque courtyard and intricately decorated halls in solitude.

回廊を一人静かに歩き回ることができる。

83


W E L L N E S S

T EXT BY RA E S OJ OT

IM AG E S BY JOH N HO O K A N D C OURT E SY O F PU RE MA N A 文=レイ・ソジョット 写真=ジョン・フック、 ピュア・マナ提供

THE ALCHEMISTS 錬金術士

By dipping into bountiful botanicals that bestow dewy glows and promises of eternal youth, two Hawai‘i skincare lines are creating treasured cosmetics. 植物の効能を最大限に引き出し、艶やかで若々しい肌へと導くハワイの極上スキンケアブランド

At all-natural and local

Ancient Egyptians celebrated beauty as a pleasure,

beauty companies like

a responsibility, and a direct link to the divine. As

JK7 and Pure Mana,

the world’s original skincare enthusiasts, they

laboratory, science

were well-versed in harnessing nature’s healing

and the dreaminess of

properties: pressing sumptuous oils from olives and

alchemy converge.

almonds to keep skin supple or extracting essences from rose, lotus, and myrrh to elevate the spirit. Five thousand years later, the power of plant-based botanicals endures. In Hawai‘i, two companies tap into nature’s bounty.

上:JK7や ピュア・マナのような

古代エジプト人は喜び、責任、神との繋がりとして 「美」 を崇めた。世界

ハワイの天然化粧品メーカーで

で最も古くからスキンケアにこだわっていた彼らは、 オリーブやアーモ

は、研究、科学、 そして錬金術の

ンドを絞って皮膚を保湿するオイルを作ったり、 バラや蓮、没薬などか

夢が一つになる。

ら精神力を高めるエッセンスを抽出するといった自然に秘められた癒 しの効果を引き出す方法を熟知していた。 それから5千年以上たった今 も、植物由来の成分が持つ豊かな力は変わっていない。 ここで自然の恵 みを活かしたスキンケア製品を提供しているハワイの天然化粧品ブラ ンド2社を紹介する。

84

Halekulani Living


“We like to say our products are from our soil to your soul,” says Pure Mana founder Kollette Stith.

「『私たちの大地からあなたの心へ』 が私たちの製品のコンセプトです」 とプア・マナ創設者のコレット・スティスさん。

85


W E L L N E S S

turning botanicals to gold

植物を金に変える

Jurgen Klein’s laboratory is an exercise in eclectic,

オアフ島ノースショアにある丘の中腹の広大な敷地に、 ユルゲン・クラ

scientific delight. Housed in a vintage carriage house on his hillside estate on O‘ahu’s North Shore,

インさんの邸宅は建っている。 その豪華なエステートの一角にあり、薬

the working space channels apothecary, fairytale

局と本格的な化学実験室を兼ね合わせたおとぎ話に出てくるコテージ

cottage, and proper chemistry lab all at once. Atop

のような趣のある研究室では、科学に基づいた様々な実験が日々行わ

sleek countertops, beakers and flasks find tidy place among burettes and burners, scales and stills. An array of laboratory equipment lines exterior shelves

れている。 カウンターの上には、 ビュレットやバーナー、秤や蒸留器に混 ざって、沢山のビーカーとフラスコが並ぶ。壁を一周する棚の上には様

while an imposing steel apparatus holds court in a

々な実験器具が所狭しと置かれ、部屋の隅には巨大な鉄製の実験装

far corner.

置が構えている。

Across the room, a softer side of science

emerges. Orderly rows of glass jars reveal botanical curiosities of all kinds: dried yarrow flower and

  部屋の向こう側では、様々な種類の植物を使った実験が行われてい る。干したノコギリソウやクローバーの花、粉末状の甘松の根やイラク

clover blossoms, powdered spikenard root and nettle

サの葉などが入ったガラスの瓶が整然と並び、 その近くの棚には淡い蜂

leaf. On a nearby shelf, vials with hues ranging from

蜜色や深い琥珀色をした金の液体のエッセンシャルオイルの入ったい

pale honey to deep amber glow with the liquid gold of essential oils. Each distillate is cataloged in neat shorthand and prepped for possible inclusion in JK7,

くつもの小瓶が置かれている。蒸留液には簡略化された識別ラベルが それぞれ貼られ、 「JK7」 の成分に適しているかテストされる。JK7は世

one of the most exclusive —and expensive—luxury

界で最もエクスクルシブで高価な高級スキンケアラインの1つである。

skincare lines in the world.

 ドイツ出身のクラインさんは、森の近くに住んでいたこともあり、幼い

Growing up in Germany, Klein was enthralled

by nature, often exploring the forests near his home.

ことから森の中を探検し、 自然に触れて育った。彼が自然療法を初めて

It was through his grandparents that young Klein

学んだのは祖父母からであった。 「私は幼い頃から、祖母が庭で採れた

discovered the medicinal power of plants. “I used

野菜やハーブを使って民間療法の薬を作るのを手伝っていました。私

to help my grandmother process veggies from our

の祖父は馬が負った大きな傷や骨折をヒレハリソウやキンセンカで治し

gardens and herbs for folk medicine,” Klein recalls. “My grandfather could heal large wounds and broken

ていました」 という。 クラインさんは化学者であるが、化学的な手段を用

bones on horses with comfrey and calendula.”

いて様々な物質をより完璧なものに精錬しようと試みる錬金術師でも

Though a chemist by profession, Klein remains an

ある。 「現代医学と化学の基礎を築いたパラケルススやヤン・バプティス

alchemist at heart. “No chemist would exist today without the curiosity and endless trials and errors of alchemists working and discovering nature,” Klein

タ・ファン・ヘルモント、 アヴィセンナといった学者による功績をはじめ、 歴代の錬金術師による自然への探求心と数え切れない試みと失敗なし

says, citing the works of scholars such as Paracelsus,

では、現在の化学者は存在しません」 と彼は力説する。

Jan Baptist van Helmont, and Avicenna who laid

 錬金術や生物科学に基づき、科学的にも証明された効能の高いハー

groundwork for modern medicine and chemistry.

In creating JK7, Klein has again embraced a

botanical challenge: developing an organic skincare

ブをベースにしたこれまでになく贅沢な自然化粧品のJK7を開発する ため、 クラインさんは再び植物への挑戦に取り組んだ。数十年前に 高

line that maximizes a plant’s life force. Having

品質のオーガニックスキンケア製品「ジュリーク」 を開発し、 自然療法分

founded the successful organic skincare line Jurlique

野のパイオニアとして成功させた経験を持つクラインさんは、 そのよう

decades earlier, Klein is no stranger to the meticulous, laborious process required. His dedication to quality

な製品の開発は、気の遠くなるほど几帳面で手間のかかるプロセスで

in research, ingredients, and sourcing practices

あることを誰より理解していた。研究、原料、調達における品質管理に

remains paramount. Drawing upon his chemistry

徹底してこだわるクラインさんは、化学的専門知識に基づき、植物の持

expertise, Klein scrutinizes a plant’s bioavailability

つバイオアベイラビリティー(生物学的利用能) や、 その成分が他の植

and the ways its derivative interacts with those of other plants. He experiments with these results until a refined, potent product emerges.

物の成分とどのように相互作用するかを精査する。 こうして出来上がっ た成分の実験を何度も繰り返すことで完成度を高め、有効とみなされ たものを製品化していく。

86

Halekulani Living


Essential oils and extracts are vital components to the

エッセンシャルオイルや植物由来の抽出物は、 ハレクラニスパで使用

rejuvenating products found at HalekulaniSpa.

されているスキンケア製品に欠かせない重要な原料である。

87


W E L L N E S S

Creators of Pure Mana, Sue Mandini and Kollette Stith, are involved with every level of production, from farm to the customer’s hands.

ピュア・マナを手がけるスー・マ ンディーニさんとコレット・ステ ィスさんは、農場での栽培から 商品が顧客の手に渡るまで、 全工程に携わっている。

Today, Klein, with the help of his wife, Karin,

 現在、 クラインさんは妻のカリンさんの助けを借りて、21種類の製

has curated a collection of 21 products. Capturing

品からなるスキンケアコレクションをプロデュースしている。 自然の力

nature’s power in a bottle is expensive, and potency does come with a price. The signature JK7

をボトルに閉じ込めるため、多大な労力と時間を費やして開発された

Rejuvenating Serum Lotion, a cult favorite among

製品は、高い効能と価格にも反映されている。最高級化粧品を嗜好す

those with tastes for luxury beauty, is priced at

る女性たちの間で絶大な支持を得ているシグネチャー製品、 「JK7リジ

$1,800 for a 30-milliliter bottle.

ュビネーティング・セーラム・ローション(30ml)」 の価格は一本1,800

It’s not uncommon to find Jurgen tinkering

away late into the night when he and Karin are at

ドルである。

their North Shore estate. That’s what alchemists do.

 ノースショアのエステートではユルゲンさんとカリンさんの二人が夜

Recently, he received a call about his natural skincare

遅くまで研究を続けていることは珍しくない。 それが錬金術師というも

from an Australian colleague. “Jurgen, you have not made gold from crude metals,” he recalls the modern alchemist telling him. “But you have made gold from water and natural oils.”

のだ。JK7のスキンケアについて知った同じく錬金術師のオーストラリ アの友人からの電話で、 「ユルゲン、君は粗金属から金を作れなかった けど、水と天然油から金を作ることに成功したね」 と言われたとユルゲ ンさんは話す。

88

Halekulani Living


Discover our elegantly packaged premium shortbread cookies. Indulge in Aloha with island-inspired flavors like Pineapple, Mango, Kona Coffee, and much more!

OAHU

Ala Moana Center Hilton Hawaiian Village Hyatt Regency Waikiki International Market Place OHANA® Waikiki Malia by Outrigger®

Outrigger Waikiki Beach Resort Royal Hawaiian Center Sand Island Retail Store Waikiki Beach Marriott Waikiki Beach Walk®

MAUI

Front Street The Shops at Wailea Whalers Village

LAS VEGAS

The LINQ Promenade Grand Canal Shoppes at The Venetian | The Palazzo

GUAM

Micronesia Mall The Plaza Shopping Center

For the Very Best, Look for the Pineapple Shape® honolulucookie.com

1-866-333-5800

The pineapple shape of the cookie is a federally registered trademark of the Honolulu Cookie Company. November 2018 - February 2019. Living Halekulani. ©2018 Honolulu Cookie Company. All Rights Reserved.


W E L L N E S S

the promise of the land

大地の恵み

An experience is a collection of a thousand details.

無数のディテールが作り上げるもの。 ハワイのラグジュアリースキンケ

For Sue Mandini and Kollette Stith, creators of luxury skincare line Pure Mana, it’s about the intention behind these details.

ト・スティスさんは、一つ一つのディテールに込められた思いを大切に

している。

“We are involved at every level of production,

from farming and harvesting to processing and packaging,” Stith explains. At her farm, Mahina Mele Farm, the bounty of its macadamia orchards

 「私たちは栽培から収穫、加工、包装まで、 すべての生産工程に携わ っています」 とスティスさんは説明する。 彼女の所有するマカダミア農園

is transformed into the primary base of Pure

「マヒナ・メレ・ファーム」 で収穫されるナッツが、 ピュア・マナ製品のベ

Mana’s elixirs. During twice-yearly macadamia

ースに欠かせない原料となっているのだ。年2回のマカダミアナッツの

nut harvests, the two women can be found under the orchard’s leafy canopy, combing the ground

収穫期には、2人は緑の葉に覆われた木の下に落ちた黄褐色で丸いマ

for tawny, spherical nuts. Once sorted, the nuts are

カダミアナッツを拾う。実の選別が終わると殻をむき、割って中身を取

painstakingly husked, cracked, dehydrated, and

り出して乾燥させ、圧搾してオイルを取り出す。 ここまで全ての工程が手

pressed for oil—all by hand. The farm, nestled in the tropical uplands of Kealakekua on Hawai‘i Island, is the only certified organic macadamia nut farm in the

作業である。 ハワイ島ケアラケクアの熱帯高地にあるこの農場は、米国 で唯一オーガニック認定されているマカダミアナッツ農園だ。

United States.

 「私たちの製品のコンセプトは、 『私たちの大地からあなたの心へ

(From our soil to your soul)』 です 」 とスティスさん。 マカデミアナ

“We like to say our products are from our

soil to your soul,” Stith says. Macadamia nut oil is recently in vogue in the cosmetics industry due to its significant amount of squalene, an organic

ッツオイルは、皮膚を保護して栄養を与える有機化合物の美容成分で あるスクワランを豊富に含むため、化粧品業界で最近注目を集めてい

compound that protects and nourishes the skin.

る。 スクワランには植物性と動物性の両方があり、化粧品の保湿剤とし

Found in both plants and animals, it is used as a

て使用されている。

moisturizing base in cosmetics.

“Strangers would ask what we were using,”

 マンディーニさんとスティスさんが、毎日の肌の手入れに自宅で搾っ

Mandini recalls of the early days when she and

たオイルを使い始めた頃のことだ。 「初めて会う人たちから、肌に何を使

Stith began using home-pressed oil as part of their

っているの?と聞かれるようになったんです。友人たちも私たちの肌の

daily beauty regimes. “Our friends noticed our ‘glow.’” As the compliments continued, the pair realized that the shared interests that had shaped

輝きに気づきました」 とマンディーニさん。 しばらく同じようなことが続 き、子育てや家事、 ハワイでの環境に配慮したサステイナブルなライフ

homesteading,

スタイルといった価値観を共有する二人は、共通の夢であったビジネス

sustainable island living—could also support the

を立ち上げることにした。 こうして生まれたのが、 ハワイ産の高級オーガ

their

friendship—motherhood,

creation of a dream business: an organic, Hawai‘ibased luxury skincare line.

Pooling their skills, time, and talents, Mandini

ニックスキンケアライン 「ピュア・マナ」 だ。   マンディーニさんとスティスさんは、 これまでに培ったスキルと才能

and Stith debuted Pure Mana in 2015 as a respite

を発揮し、多くの時間を費やして2015年、 大量生産された合成化粧品

from synthetic, mass-made cosmetics. Instead

ではない 「ピュア・マナ」 をデビューさせた。人工的な結合剤や乳化剤、

of artificial binders, emulsifiers, and colors, the collection takes inspiration—and ingredients— directly from nature.

90

アブランド、 「ピュア・マナ」 を手がけるスー・マンディーニさんとコレッ

色素は一切使用しない製品ラインナップは、 自然から直接インスピレー ションと原料を得ているという。

Halekulani Living


Botanicals function as anti-aging, brightening, luminizing, and

植物由来成分は、 アンチエイジングや美白、 角質ケアやクレンジングに

cleansing agents. They eschew artificial ingredients, opting

効果がある。彼らは人工的な成分を使用せず、 オーガニックな原料を

instead for organics.

使用している。

91


W E L L N E S S

Pure Mana uses oil extracted from nuts harvested from the only certified organic macadamia nuts farm in the United States.

ピュア・マナは、米国で唯一 オーガニック認定されている マカダミアナッツ農園のナッツ から採れるオイルを原料に 使用している 。

Today, the recursive beauty of a mandala is

コレクションの上品な包装には、美しい曼荼羅模様がデザインされ、容

found on the collection’s elegant packaging. Specialty

器にはオイルの生命力を保つために特殊なバイオレットフレームと呼ば

violet-flame glass bottles preserve the vitality of the oils. Inside the Soul Serum, ethereal notes of tuberose and Hawaiian sandalwood surround a single, delicate

浄化作用とエネルギーを高めるクリスタルの効能を含み、 月下香とハワ

crystal. Such details are among the multitude that

イアンサンダルウッドの優美な香りが特徴のセーラムだ。 ピュア・マナの

go into creating Pure Mana products. For the two friends, each facet is part of a lovely process.

92

れるガラス製のボトルが使用されている。 「ソウル・セーラム」 は、優れた

製品に込められた多くの手間やディテール、 その全てが2人にとっては 愛しいプロセスなのだという。

Halekulani Living


IM AG E BY MA R K K U S HI MI


E X P L O R E


A DAY AT L I L JE STR AND リジェストランドで過ごす一日

Perched above Honolulu, the Liljestrand House is considered the pinnacle of Vladimir Ossipoff’s work. Among the modernist architect's masterful design, bronze-toned fashions and polished jewelry converge. ホノルルの高台に建つリジェストランドハウスは、 ハワイを代表する建築家 ウラジミール・オシポフによるモダン建築の傑作である。 その卓越したデザインに ブロンズを基調にしたファッションと洗練されたジュエリーが映える。

I MAGE S BY MA RK K U S HI MI

S T Y LE D BY A RA LAY LO

HA I R + MA K E U P BY RI SA HO S HI NO

MO D E LE D BY S O P HI E WA LL

写真=マーク・クシミ スタイリング=アラ・レイロー ヘア&メイク=リサ・ホシノ モデル=ソフィー・ウォール

101


Dress, The Row; velvet loafer, Gucci; bag, Nancy Gonzalez, all from Neiman Marcus; Tiffany & Co. Schlumberger rope ring with diamonds and Croisillon bracelet in 18k gold, Paloma’s Melody ring in 18k gold and five-band bangle in 18k rose gold with diamonds, Tiffany HardWear ball hook earrings and graduated link necklace in 18k gold, all from Tiffany & Co.


Shirt, blazer, trousers, necklace, all from Brunello Cucinelli; earrings, We Are Iconic; bag, velvet loafer, Gucci; optical frames, Tom Ford; Nancy Gonzalez, all from Neiman Marcus; Tiffany Fleur de Lis bangle in 18k white gold with diamonds, Tiffany Keys wire oval bracelet in 18k rose gold, Tiffany Metro bangle in 18k white gold, Atlas 3-Hand 37.5 mm watch in stainless steel and 18k rose gold, all from Tiffany & Co.


Dress, The Row; Tiffany HardWear ball hook earrings and graduated link necklace in 18k gold, all from Tiffany & Co.


105


opposite: Sweater and striped pleated midi skirt, Kenzo, from Neiman Marcus; Tiffany Metro women’s watch in 18k rose gold with diamonds, Paloma’s Melody five-band ring in 18k gold and five-band bangle in 18k rose gold with black spinels, all from Tiffany & Co.

this page: Vintage trouser and Ozma reversible top, from Here. The Store; Rachel Comey dismount earrings, from We Are Iconic.


opposite: Nanushka Prya denim jumpsuit, We Are Iconic; Apres Ski earrings, Ozma 1930s silk bandana, and Community Marfa hat from Here. The Store; Tiffany East West watch in 18k rose gold and Tiffany HardWear ball dangle ring in 18k gold, both from Tiffany & Co.

this page: Cardigan, Missoni, sunglasses, Gucci, both from Neiman Marcus. Bandana, Here. The Store; Tiffany & Co. Schlumberger diamond earrings in 18k gold and platinum, Tiffany & Co.


this page: Akris punto turtleneck and francoise jersey pants, Frame velvet blazer, Fendi optical frames, all from Neiman Marcus; Atlas watch in stainless steel and 18k rose gold, Tiffany & Co. Schlumberger ring with diamonds, and Elsa Peretti Diamonds by the Yard earrings in 18k rose gold, all from Tiffany & Co.

opposite: Velvet vest with belt, Brunello Cucinelli; Tiffany T Two open horizontal bar pendant in 18k rose gold with diamonds, Elsa Peretti Diamonds by the Yard pendant, earrings, and sprinkle necklace in 18k rose gold, all from Tiffany & Co.


ESCAPE THE ORDINARY, FIND THE CENTER OF PARADISE Step into The Royal Grove and discover the rich legacy of Helumoa, Waikīkī’s historic coconut grove in the heart of Royal Hawaiian Center. We invite you to enjoy our celebration of dance, music and Hawaiian traditions while you shop our 110 distinctive stores and 30 unique dining destinations.

One Unforgettable Experience


110 Distinctive Stores 30 Unique Dining Destinations One Unforgettable Experience

Apple Store Cartier Fendi Harry Winston Hermès Jimmy Choo kate spade new york LOUIS VUITTON

Omega Boutique Salvatore Ferragamo Tiffany & Co. Tory Burch Valentino DEAN & DELUCA

Doraku Sushi Il Lupino Trattoria & Wine Bar Island Vintage Wine Bar Noi Thai Cuisine P.F. Chang’s Waikīkī Restaurant Suntory The Cheesecake Factory Tim Ho Wan TsuruTonTan Udon Noodle Brasserie Wolfgang’s Steakhouse partial listing

Open Daily 10am –10pm Kalākaua Avenue and Seaside Waikīkī 808.922.2299

RoyalHawaiianCenter.com @RoyalHwnCtr FREE WIFI


C I T Y

G U I D E S

FAS HI O N F O R T HE ‘ O HA N A M A N A B O U T TOWN T HE S P OT L I G HT

T EXT BY KYL IE YAMAU CHI

F O R T HE ‘ O HANA 家族で楽しむ

IM AG E S BY JOH N H O O K

Family man Duane DeSoto, a waterman who aims to raise appreciation for and awareness of the ocean, shares his sun and surf favorites for all ages.

文=カイリー・ヤマウチ

ハワイの海の安全や環境保護を啓蒙するウォーターマンで、 7児の父のデュエイン・デソトさんが

写真=ジョン・フック

ファミリー向けのオアフ島のおすすめスポットを紹介する

Nā Kama Kai is a nonprofit

Duane DeSoto frequents the ocean more than most

デュエイン・デソトさんは、誰より多くの時間を海で過ごしている。 オア

focused on educating the

people. The Mākaha local has earned the respected title

islands’ keiki about ocean

of waterman through years of competing on the World

フ島西海岸のマカハで育ったデソトさんは、世界のトップサーファーが

awareness and safety.

Surf League Longboarding Tour and voyaging on the illustrious Polynesian seafaring canoe Hōkūle‘a. As the

ナー・カマ・カイは、 ハワイの 子供達に海の安全についての 教育を行う非営利団体だ。

って出場し、 ポリネシア伝統航海術で世界を旅するホクレア号の航海

CEO and founder of Nā Kama Kai, a nonprofit he formed

に参加するなど、 ハワイのウォーターマンとして一目置かれている存在

in 2008 to teach Hawai‘i’s keiki about ocean safety,

だ。2008年にハワイの子供達に海の安全について教える非営利団体

DeSoto can be found leading monthly beach clinics around O‘ahu. One of the purposes of these clinics is to introduce keiki to water activities like canoe paddling

「ナー・カマ・カイ」 を設立し、 オアフ島のビーチで月一回のビーチクリ ニックを行なっている。 この団体は、子供達にカヌーパドリングやサーフ

and surfing through which they can gain a greater

ィンといったマリンアクティビティを教え、 その体験を通して海への関

respect and understanding for the ocean. The father of

心と認識を高めることを目的としている。 7児の子を持つ父であるデソ

seven shared with Living his recommended spots for all members of the ‘ohana (family) to enjoy the ocean, land, and community on O‘ahu’s south shore.

114

集う 「ワールド・サーフ・リーグ・ロングボードツアー」 に何年にもわた

トさんが、家族で楽しめるオアフ島サウスショアでおすすめのスポット を教えてくれた。


115


C I T Y

G U I D E S

There’s fun to be had for the entire family across Waikīkī’s beaches and surf breaks.

ワイキキのビーチやサーフブレ イクには、家族揃って楽しめる スポットがたくさんある。

Canoes Surf Break

カヌーズ・サーフ・ブレイク

Marked by the iconic Duke Kahanamoku statue,

デューク・カハナモクの銅像が目印となっている 「カヌーズ」 と呼ばれる

the surf break called Canoes offers a longboarding

サーフブレイクは、多くのローカルや旅行者がロングボードを楽しんで

experience for locals and visitors. The waters upon

いる人気スポットだ。1900年代にデューク・カハナモクさんによって広

which Kahanamoku pioneered the art of surfing in

まったサーフィン発祥の地でもあるこのスポットの波は乗りやすく、初

the early 1900s provide fun waves that are perfect for beginners. As its name suggests, this break attracts outrigger canoes, which for more than a century, and to this day, have the right of way on its waves. For DeSoto, surfing here is following in the legacy of Kahanamoku and the beachboys who pioneered surfing and ocean safety. “Take a surf lesson to get to know our modern beach boys,” he says. Some surf

116

心者向けだ。 その名の通り、 このサーフブレイクには多くのアウトリガー カヌーが集まり、一世紀以上前から現在に至るまで、波の優先的があ るのは常にカヌーと決まっている。 デソトさんにとって、 この場所で波に 乗ることは、 カハナモクさんをはじめ、 サーフィンとオーシャンセーフテ ィの先駆者であるワイキキの“ビーチボーイズ”によって培われた伝統 を受け継ぐことを意味するという。 「現代のビーチボーイズの教えるサ ーフレッスンを一度受けてみては?」 とデソトさん。 ビッグウェーブ・デー

schools like Big Wave Dave Surf Company, Faith

ブ・サーフ・カンパニーやフェイス・サーフ・スクール、 ワイキキ・スター・

Surf School, and the Waikiki Star Beachboys offer

ビーチボーイズといったサーフィンスクールでサーフボードのレンタル

surfboard rentals.

が可能だ。

Kalakaua Avenue & Uluniu Avenue

Kalakaua Ave. & Uluniu Ave.


117


C I T Y

G U I D E S

Duke Kahanamoku Beach is named in honor of the the father of modern surfing.

「近代サーフィンの父」 とされ るデューク・カハナモクさんに ちなんで名付けられた デューク・カハナモクビーチ。

Duke Kahanamoku Beach The beach “has an incredible view of Diamond Head and offers all the luxury you expect to see in Waikīkī,” DeSoto says. The partially enclosed beach has views

デューク・カハナモク・ビーチ 「デューク・カハナモク・ビーチからは、美しいダイアモンドヘッドと華や ぐワイキキの街並みが見えます」 とデソトさん。部分的に防波堤で囲ま

of the entire Waikīkī strip. Every Friday night, the

れている穏やかなビーチからは、 ワイキキの目抜き通りからダイアモン

calm waters reflect a dazzling display of colors from a

ドヘッドのクレーターまでを一望できる。毎週金曜の夜には、色とりど

fireworks show.

りの光が静かな水面を鮮やかに彩る花火のショーも楽しめる。

At the end of Fort DeRussy Beach Park boardwalk

フォート・デ・ルッシー・ビーチ公園の遊歩道の終点

Koko Head Cafe This brunch spot amid a collection of eateries near Wai‘alae Avenue in Kaimukī offers DeSoto’s favorite fusions of local and Asian cuisine. “Gotta try the

カイムキのワイアラエ通り周辺に集まるレストランの中で、 デソトさんの

Dumplings All Day Wong,” DeSoto says, referring to

お気に入りはアジアとローカル料理のフュージョンを楽しめるこのブラ

the dish named for chef Lee Anne Wong. Wong, who

ンチレストランだ。 「“ダンプリング・オール・デイ・ウォン”は必食です」 と

is from New York, experiments with beloved Hawai‘i

いうデソトさん。 この料理の名前は、 ニューヨーク出身のリー・アン・ウォ

foods to create dishes like the Koko Moco (a play on the local dish loco moco), which features a beef patty,

ン・シェフにちなんで付けられている。 メニューには、牛肉のパティにガ

garlic rice, mushroom gravy, a sunny-side-up egg, and

ーリックライス、 マッシュルームのグレービー、 目玉焼きとアクセントに

tempura kimchi for a touch of spice. For those craving

揚げたキムチを乗せたウォンシェフ流のロコモコ“ココモコ”もある。地

a dish typically not served during brunch, the Mama’s

元産のキャベツとたまねぎ、 ネギにベーコン、半熟ゆで卵と鰹節ののっ

Udon with local cabbage, onions, scallions, bacon, and a soft poached-egg bonito is available all day. 1145 12th Ave.

118

ココヘッドカフェ

た“ママズ・ウドン”といったブランチでは通常食べられないメニューが 一日中注文できるのも嬉しい。 1145 12th Ave.


SPECIALTY GIFTS • DELICATESSEN • COFFEE • PASTRY • FINE FOOD

DEAN & DELUCA HAWAII EXCLUSIVE PRODUCT Featuring carefully curated international flavors while highlighting local Hawaiian ingredients and tastes. Our products includes Hawaiian coffee, Hawaiian pancake mix, and Hawaii-exclusive tote bags.

R O YA L H A W A I I A N C E N T E R

|

2 2 3 3 K A L A K A U A AV E .

808.492.1015

|

|

BUILDING B, LEVEL 1

7 : 0 0 a m – 1 0 : 0 0 p m D A I LY

|

|

D E A N D E L U C A - H AWA I I . C O M

@ D E A N D E L U C A H AWA I I


C I T Y

G U I D E S

Hiking Diamond Head is one of O‘ahu’s most popular attractions. Image by Christian Navarro.

ダイアモンドヘッドでのハイ キングは、 オアフ島で最も 人気のあるアクティビティの 一つである。 写真=クリスチャ ン・ナヴァッロ

Diamond Head State Monument

ダイアモンドヘッド州立自然記念公園

DeSoto enjoys the easily accessible hike up Diamond

お勧めのトレイルは他にもあるが、 デソトさんはアクセスしやすいダイア

Head Crater, or Lē‘ahi, which is popular with tourists and locals alike. The trail transitions between cement, rock, and stairs, and takes visitors to a railed-in lookout

モンドヘッドクレーターのハイキングが気に入っているという。 ハワイ語 で“レアヒ”と呼ばれるこのトレイルは、旅行者やローカルの間でも人気

point with stunning views of Honolulu and surf at

だ。 セメント舗装の道から、岩場の山道、階段へと変化に富み、手すりで

south-shore breaks like Tonggs. The well-marked trail

囲われた展望台まで登ると、頂上からはホノルルの見事なパノラマを

is perfect for beginners but also attracts experienced

一望できる。 サウスショアのサーフブレイク“トングス”の波をチェックで

hikers who run the entire incline. Visitors should bear in mind that this normally crowded trail (and its small parking lot) will test their patience. But all good things take time, and the view from the top is worth the wait.

きるのもサーファーにとってはプラスだ。道中には標識が沢山あるので 初心者向けだが、上り坂を一気に駆け登る上級者も多い。駐車場が狭 く、常に混雑するトレイルなので、旅行者は待たされる覚悟で望む必要 があるが、頂上から見える景色は、十分にその価値があろう。

Diamond Head Road & 18th Avenue

120

Diamond Head Road & 18th Avenue


© Nic Lehoux

1.808.380.1226 www.parklanealamoana.com


Hale Moana is a place for life, laughter, relaxation, and the best vantage point for taking in breathtaking ocean views. Introducing Hale Moana, the premier and only remaining Grand Penthouse at Park Lane Ala Moana. Experience the comfort, privacy and security of a single-family estate and the relaxed refinement of a cosmopolitan oasis, right in the heart of Honolulu. HALE MOANA 4 Bedrooms | 4.5 Bathrooms | 6,273 S.F. Interior | 845 S.F. Lanais


Hale Leahi represents a single-family home experience in the sky. Featuring incredible mauka (mountain) and makai (ocean) views, Hale Leahi offers an estate-home chef's kitchen and an owner's suite flooded with natural light. The quintessential “U-shape� design of this residence envelops a deep, covered lanai, making the outdoor space a true extension of the home. HALE LEAHI 3 Bedrooms | 3.5 Bathrooms + den and private garage | 3,252 S.F. Interior | 362 S.F. Lanais


A Residential Resort The Park Lane lifestyle is the best of all worlds, featuring the amenities of a world-class resort and the benefits of an estate home. Situated on seven tropical acres of private, secluded grounds with direct access to Ala Moana Center, Hawaii’s premier luxury shopping desination, Park Lane offers its owners the rare opportunity to enjoy a full-amenitized spa, exclusive outdoor entertaining cabanas, tree-lined walkways perfect for an afternoon stroll, and a world-class art collection—all steps from home. A comprehensive array of lifestyle offerings awaits, all maintained by Park Lane Residential Services: a team dedicated to making each day as effortless and carefree as possible.

Disclaimer: Park Lane Ala Moana (the “Project”) is a proposed project that does not yet exist. It is estimated that the Project will be completed in December of 2017. All figures, facts, information and prices are approximate and subject to change at any time. All renderings, maps, site plans, photos, simulated views, floor plans, graphic images, drawings and all other information depicted in this brochure are illustrative only, and are provided to assist the purchaser in visualizing the residences and the Project and may not be accurately depicted and may be changed at any time. Photos and drawings and other visual depictions of the Project and residences contained in this brochure are artist renderings and should not be relied upon in deciding to purchase a residence. The Developer makes no guarantee, representation or warranty whatsoever that the residences depicted in this brochure will ultimately appear as shown. To the extent permitted by law, the Developer disclaims all liability that may arise out of errors or omissions in the content of this brochure, including any claims for actual or consequential damages. This is not intended to be an offering or solicitation of sale in any jurisdiction where the Project is not registered in accordance with applicable law or where such offering or solicitation would otherwise be prohibited by law. Exclusive Project Broker: Heyer & Associates, LLC. RBO-17416 | Courtesy to qualifying brokers; see project broker for details. 1288 Ala Moana Blvd. Suite 206 | Honolulu, HI 96814. Photographs by Nic Lehoux, Daniel deMoulin, and Andrea Brizzi.


C I T Y

G U I D E S

FAS HI O N F O R T HE ‘ O HA N A M A N A B O U T TOWN T HE S P OT L I G HT

T EXT BY NA Z K AWA K A MI

MA N A B O U T TOWN 街を愛する人

IM AG E S BY KA INOA R E P O N T E

Grant Fukuda, an accomplished skateboarder, DJ, and the owner of Golden Hawaii Barbershop in Kaimukī, shares his perfect day in Honolulu.

文=ナズ・カワカミ

スケーターでDJ、 カイムキの理髪店「ゴールデン・ハワイ・バーバーショップ」 オーナーの

写真=カイノア ・レポンテ

グラント・フクダさんが案内するホノルルでの1日の過ごし方

Grant Fukuda is a founder

Growing up in Hawai‘i in the ’70s and ’80s in Pālolo,

コオラウ山脈の麓にあり、 カイムキの街に隣接した谷、 パロロ。70年代

of Golden Hawaii

a valley carved out of the Ko‘olau mountain range

と80年代にかけてこの場所で育ったグラント・フクダさんは、 スケート

Barbershop in Kaimukī.

that opens up onto the neighborhood of Kaimukī,

Fukuda’s favorite places to

Grant Fukuda spent his days skateboarding and

frequent are rich in local

digging through crates of vinyl records for his

flavor with hints of nostalgia.

local favorites. Since then, Fukuda has channeled

ボードと地元アーティストの掘り出し物のレコード探しに明け暮れる日 々を過ごした。現在、 フクダさんはこれらの趣味を生かした事業で成功 を収めている。2009年には 「グラントズ・ゴールデン・ブランド・ポマー

his eclectic interests into successful businesses,

ド」 を立ち上げ、2017年にはカイムキに 「ゴールデン・ハワイ・バーバー

カイムキの理髪店「ゴールデン・

founding Grant’s Golden Brand Pomade in 2009

ショップ」 という理髪店をオープンした。 この数十年間、 オアフの劇的な

ハワイ・バーバーショップ」 創始

and Kaimukī’s Golden Hawaii Barbershop in 2017.

者のグラント・フクダさんの通い つけの場所は、地元の味わいと ノスタルジックな雰囲気に 満ちている。

126

Fukuda has watched O‘ahu change dramatically over the decades, and while some of his favorite places are no longer around, they’ve been replaced with new ones. We caught up with Fukuda to find out what he considers a perfect day on his home island.

変化を目の当たりにしてきたフクダさんは、馴染みの店が消えていく一 方、新たな行きつけの店も生まれたという。 そんなオアフ出身のフクダ さんに、理想的な1日の過ごし方を聞いた。


127


C I T Y

G U I D E S

The hapa fried rice from Kaimuki Superette.

カイムキ・スーパレットのハパ・ フライドライス。

9 a.m.: breakfast in kaimukī

午前9時、 カイムキで朝食

Kaimukī is Fukuda’s favorite neighborhood, and in

カイムキはグラント・フクダさんの大好きな街だ。最近では、 コーヒーシ

recent years, he’s been happy to witness its economic resurgence—especially its new abundance of coffee and breakfast spots. He likes to start his day at Kaimuki Superette, which is located on Waialae

ョップや朝食を提供するレストランが増え、 街が活況を取り戻しつつあ ることをフクダさんは喜んでいる。1日の始まりに、 ワイアラエ通り沿い の9thアベニューと10thアベニューの間にある 「カイムキ・スーパレッ

Avenue between 9th and 10th avenues. Fukuda’s

ト」 で朝食を摂る。 フクダさんの一押しメニューは、 「ハパ・フライドライ

favorite dish is the hapa fried rice, a delectable heap

ス」 だ。 ポルトガルソーセージとタアサイ、 ミックスグリーンとご飯を炒め

of steamed rice fried with Portuguese sausage, tatsoi, and mixed greens, topped with avocado and two poached eggs. For his morning coffee, Fukuda has a couple of favorites too. “Coffee Talk is a neighborhood

た大盛りの炒飯に、 アボカドと2つの半熟卵がのった一品だ。行きつけ のコーヒーショップは2軒あり、香り高いハンドドリップコーヒーが楽し める 「ザ・カーブ」、 そして 「コーヒー・トーク」 は 「学生時代によく宿題を

staple where I used to do homework,” he says, and

していた地元の人たちが通う店」 という。 ともにカイムキ・スーパレット

he likes the pour-over coffee at The Curb. Both are

から歩いで数ブロックの距離にある。

within a few blocks of his breakfast stop.

128

Halekulani Living


home goods and apparel from around the world

do something different and find something interesting Chinatown

1 N. Hotel St.

Honolulu, Hawaii

808.536.7435

@echoandatlas


C I T Y

G U I D E S

Palace Saimin is one

10:30 a.m.: surf session on the south shore

午前10時半、 サウスショアでのサーフセッション

of Honolulu’s best-

After a hearty breakfast and a caffeine jolt, some mid-

美味しい朝食とコーヒーの後には決まってサーフィンを楽しむ。 ビーチ

kept secrets.

morning surfing is in order. For a leisurely beach day, Fukuda heads north to his childhood favorite beach, Ka‘a‘awa, which promises perfect sand and warm water. But when it comes to waves, he often

ホノルルの知る人ぞ知る 名店、 パレス・サイミン。

でのんびり過ごしたい日には、 オアフ島を北上し、幼い頃から足を運ん でいる砂浜が綺麗で水温の温かいカアアヴァビーチへと向かう。 サーフ ィンをしたい時には、 ワイキキにあるサーフスポットの”ライスボウル”を

heads to the surf break Rice Bowls in Waikīkī. “If

訪れるという。 「コンディションが良い時には、 かなりの確率で“グリーン

conditions are right, you’re guaranteed some time in

ルーム”に入れますよ」 とフクダさん。 グリーンルームとは、波のバレルの

the greenroom,” he says, which is surfer slang for the

中で完璧なポジションに入った状態を指すサーファースラングだ。

sweet spot within a perfect, barreling wave. 1 p.m.: lunch at kalihi’s hidden gem, palace saimin

午後1時、 カリヒの知る人ぞ知る老舗「パレス・サイミン」 でランチ

Having worked off the fried rice and coffee, Fukuda

炒飯とコーヒーのカロリーを燃焼しきってお腹の空いたフクダさんは、

recharges at Palace Saimin, a small hole-in-the-

キングストリートにある小さなレストラン 「パレス・サイミン」 へ。 「僕はい

wall restaurant that is one of King Street’s best-

つも特大サイズのサイミンとマスタードを大盛りで注文します。 ワンタ

kept secrets. “I get an extra-large order of their saimin, always with extra mustard,” he says, “but you can’t go wrong with the wonton saimin either.” Palace Saimin has been in business for more than 70 years, and it isn’t hard to see why. “Great prices,

ンサイミンも美味しいですよ」 とフクダさん。 「値段も量も申し分ないし、 懐かしさを感じさせる席やメニューの看板、 それに地元の常連がいるこ の雰囲気が何より好きなんです」 と説明する。 この店が70年以上続い ている老舗だというのも納得だ。

great portions,” Fukuda explains, “and I love the space, from the seating to the price sign to their local neighborhood customers.” 2 p.m.: classic vinyl from honolulu’s vintage stores

午後2時、 ホノルルのビンテージストアでレコード探し

Fukuda isn’t afraid to get his fingers dusty sifting

掘り出し物を求めてレコードの入った埃だらけの木箱を物色するフク

through crates of vinyl records. In fact, he’s an avid

ダさんの目は輝いている。 ハワイアン音楽とスラックギターのレコード

collector of Hawaiian and slack-key records—the

の熱心なコレクターである彼の経営する理髪店の壁には、 お気に入り

walls of his barbershop are even decorated with the covers of his favorite albums. For the thriftiest finds, Fukuda recommends exactly that: your local thrift store. “You have to realize people are throwing out their entire collections to these stores,” Fukuda

130

のアルバムの表紙が勲章のように飾られている。破格の掘り出しものが 見つかるのは、地元のリサイクルショップだという。 フクダさんは 「誰か が何年もかけて集めた貴重なコレクションが捨てられるのは大抵リサ イクルショップなのです」 と熱心に語る。 それがたった 2ドル50セントで

says. Prices are usually between $2 and 50 cents.

売られているのだから興奮するのも無理はない。 「僕みたいなレコード

“For vinyl junkies like myself, finding the diamonds

中毒にとっては、 まるで数セントで売られているダイヤモンドを見つけた

for pennies is what makes the hunt most satisfying.”

ような満足感があるんです」。

Halekulani Living


131 Waikiki R OYA L H AWA I I A N Downtown S TA N G E N WA L D

C E N T E R · 2 2 3 3 K A L A K A U A AV E N U E , N O . 3 0 1 · H O N O L U L U , H I 9 6 8 1 5 · 8 0 8 .9 2 2 . 07 7 7 B U I L D I N G · 1 1 9 M E R C H A N T S T R E E T, N O . 1 0 0 · H O N O L U L U , H I 9 6 8 1 3 · 8 0 8 . 5 2 3 . 7 70 0


C I T Y

G U I D E S

Chips, salsa, and a round of margaritas at Los Chaporros.

ロス・チャッポロスにて チップス、 サルサとマルガリータ で乾杯。

5:30

p.m.: a solo sunset

As the day winds down, Fukuda likes to take a moment

一日が終わりに近づくと、 フクダさんは辺りが黄金に染まる夕暮れの

to relax with the company of a golden dusk. At sunset,

ひとときを一人で満喫するのだという。 夕暮れ時には、 ダイヤモンドヘ

you can find him perched on a roadside wall at Diamond Head lookout or sitting on a west-facing bench at Ala Moana Beach Park. Or he may be on the east side of the island, high up on the cliffs. “I like to

ッド・ルックアウトの道端の石塀やアラモアナ・ビーチパークのベンチ に座っている彼の姿を見かけるかもしれない。 フクダさんは、 オアフ島 の東側にあるポートロックの崖の上から夕日を眺めるのが好きなのだ

watch the sunset from spots like Portlock,” he says.

そうだ。

7 p.m.: margarita nightcaps with friends

午後7時、友達とマルガリータで乾杯

At the end of a long day of surfing, eating, and scoring

サーフィンを楽しみ、食事をして、“カラパナ”の全ディスコグラフィーを

Kalapana’s entire discography for less than a tenner, there’s only one thing left for Fukuda to do, and that is have a drink. The spot of the evening is Los Chaparros on Beretania Street, where the margaritas are delicious, the prices are great, and a burrito could feed

132

午後5時半、一人で夕日を眺める

バーゲンで手に入れる。 そんな充実した1日の締めくくりには友人や家 族とお酒を楽しむのが一番だ。今夜はベレタニア通りにある 「ロス・チ ャッポロス」 というメキシコ料理屋に来ている。美味しいマルガリータ と手頃な値段が魅力のこの店の料理は、 ブリトーを一つ注文すればテ

a whole table. However, what really makes the night

ーブル全員でシェアすることができるほどのボリュームだ。 フクダさん

for Fukuda are the friends and family with whom he

にとっては、友人や家族と一緒に過ごす時間が何より幸せなひととき

spends it.

だという。

Halekulani Living


S P O T L I G H T

FAS HI O N F O R T HE ‘ O HA N A M A N A B O U T TOWN T HE S P OT L I G HT

IM AG E C O U RT E SY O F H IL D G U N D

HI LDG U N D: F L AWL E SS SI NC E 1 8 73 創業1873年の至高のジュエリーブランド、 ヒルガンド

Hildgund has served the people of Hawai‘i, including her majesty Queen Lili‘uokalani and her royal court, for 145 years as one of the first jewelers in the state. Hildgund(ヒルガンド) は、 ハワイで初の宝石商の一つとして、 リリウオカラニ女王や王室をはじめ、 ハワイの人 々に145年間にわたり愛されている高級ジュエリー専門店。

At Hildgund, you’ll find exotic colored gems that

ヒルガンドでは、 タヒチや南洋のブラックパール(黒蝶真珠)、世界中

are certified, natural, and unheated, from around

から買い付けた認定証付きの非加熱で天然のエキゾチックな色の宝

the globe, along with Tahitian, South Sea pearls. In addition, there is an extensive collection of natural fancy yellow diamonds and limited edition jewelry

石のほか、天然のファンシーイエローダイヤモンドの豊富なコレクシ ョンや限定品のジュエリー、美しいハンドメイドのナイフといった男性

and collectible accessories for men, such as

向けのコレクターアイテムも扱っている。 スタッフの親切丁寧な対応

beautifully handcrafted knives. The comfort and

で、安心して快適なショッピングを楽しむことができる。

care that staff members provide to customers make them feel like they’re buying from a trusted friend. Hildgund is located on the first floor of Halekulani and

ヒルガンドはハレクラニ1階にあり、午前9時から午後10時まで営業 しています。詳しくは、hildgund.comをご覧ください。ペ

is open from 9 a.m.–10 p.m. For more information, visit hildgund.com.

134

Halekulani Living


Halekulani, the most internationally acclaimed of all Hawai‘i hotels, blends serenity and understated elegance with exceptional service to create an oasis of tranquility.

ハワイを代表するホテル、 ハレクラニは、 オアシスのような 安らぎと上質なエレガンス、 一流のサービスでお客様を お迎えしています。

136


H A L E K U L A N I

G U I D E


H A L E K U L A N I

G U I D E

LEGACY レガシー

Halekulani’s beachfront location has welcomed people since 1883, when the original owner, Robert Lewers, built a two-story bungalow on the site of what is now the main building. ハレクラニの建つワイキキのビーチフロントは、1883年にロバート・ルワーズ氏が現在のメインビルディングのある場所に2階建てのバンガローを建てて以来、多くの人々を迎えてきました。

The fishermen of the area would bring their canoes onto the beach

ルワーズ一家が、邸宅前のビーチにカヌーを引き揚げて休憩するワイキキの漁師たちを歓迎

in front of the property to rest. So welcomed were they by the

したことから、地元の人たちはこの場所を 「天国にふさわしい館」 という意味の

Lewers family that the locals named the location “house befitting

ハレクラニと呼ぶようになりました。

heaven,” or Halekulani. In 1917, Juliet and Clifford Kimball purchased the hotel, expanded

1917年にジュリエット&クリフォード・キンバル夫妻によって購入、拡張されたこのホテル

it, and established it as a stylish resort for vacationers, giving it the

は、 バカンス旅行者のための洗練されたリゾートとして生まれ変わり、地元の人たちによって

name the locals originally bestowed on it, Halekulani. The hotel

つけられた 「ハレクラニ」 と命名されました。1962年、 キンバル夫妻の死去を機に売却

was sold following the passing of the Kimballs in 1962. Almost 20

されたホテルは、 ほぼ20年後、現在ホノルルに拠点のあるハレクラニ・コーポレーションに

years later, it was purchased by what is now the Honolulu-based Halekulani Corporation. The hotel was closed and rebuilt as the existing 453-room property.

よって購入され、一時閉館すると、改築工事を経て、現在の453室あるハレクラニに生まれ 変わりました。

Today, Halekulani’s staff, location, and hospitality reflect the

ハレクラニでは、歴史あるワイキキのビーチフロントで、 現在も昔と変わらないハワイ

original Hawaiian welcome that defined the property.

ならではのおもてなしの心で、 スタッフ一同お客様をお迎えいたします。

138


139


H A L E K U L A N I

G U I D E

DINING ダイニング

At Halekulani’s Waikīkī restaurants, awardwinning chefs create signature dishes from Hawai‘i’s freshest ingredients. ハレクラニのレストランでは、数々の受賞歴を誇るシェフによる、 ハワイの新鮮な素材を使ったオリジナル料理をご用意しています。

Each of Halekulani’s restaurants celebrates its own distinct style of

ハレクラニのレストランでは、美しいオーシャンビューとともに、 それぞれに特徴のある

cuisine, and all offer stunning views of the sea.

多彩な料理の数々をお楽しみいただけます。

Select from La Mer for fine dining, Orchids for more casual elegance, or House Without A Key for a relaxed ambience.

ファインダイニングの 「ラ メール」、 カジュアルでエレガントなレストラン 「オーキッズ」、 くつろぎの時間をご提供する 「ハウス ウィズアウト ア キー」 など、 その日のご気分や オケージョンに合わせてお選びいただけます。

140


+

141


H A L E K U L A N I

G U I D E

SPAHALEKULANI スパ ハレクラニ

SpaHalekulani intertwines authentically crafted Polynesian therapeutic rituals with today’s purest products and proven techniques, elevating the spa experience to be both immersive and rejuvenating. 数々の賞を受賞しているスパハレクラニでは、 オーガニックなプロダクトと施術師の確かな技術に、本格的なポリネシアの治療法を取り入れた、 心身に活力を与える深い癒しのスパトリートメントをご提供しています。

The award-winning spa is renowned for a commitment to

心と身体の調和バランスを取り戻し、豊かなポリネシア文化の香るスピリチュアルな

harmoniously restoring the mind, body, and spirit of guests with a

安らぎのひとときをお楽しみください。

respite that is spiritual, cultural, and emotional.

142


143


IM AG E C O U RT E SY O F HA L E KU L ANI

A

H U I

H O U

Subtitles command the respect of the audience it’s reaching out to.

144


V009.Living  

The in-room magazine that represents the lifestyle of Halekulani.

V009.Living  

The in-room magazine that represents the lifestyle of Halekulani.