Page 1

Tobii Studio

ユーザーマニュアル

1


目次:

はじめに ................................................................................................................................... 7 ハードウェア・セットアップ .....................................................................................................................................................7 TobiiStudio ソフトウェアのインストール.................................................................................................................................8 TobiiStudio の起動 .............................................................................................................................................................8 プロジェクトの管理 ...............................................................................................................................................................9 プロジェクトの作成........................................................................................................................................................9 既存のプロジェクトを開く ...............................................................................................................................................9 既存のプロジェクトの削除 .............................................................................................................................................9 プロジェクト名の変更 ..................................................................................................................................................10 プロジェクトのエクスポート、インポート .........................................................................................................................10 エクスポート ........................................................................................................................................................10 インポート ........................................................................................................................................................... 11 マージ................................................................................................................................................................. 11 調査の追加・削除 .......................................................................................................................................................12 プロジェクトへ調査の追加 ....................................................................................................................................12 調査の削除.........................................................................................................................................................12 調査の名前変更..................................................................................................................................................12 調査のアンロック .................................................................................................................................................12

調査のデザインとレコーディング .............................................................................................. 13 調査のデザイン .................................................................................................................................................................13 調査リストメニュー .............................................................................................................................................................14 セットアップメニュー............................................................................................................................................................14 Manage Participants(被験者の管理) ........................................................................................................................14 被験者の追加 .....................................................................................................................................................14 被験者の編集 .....................................................................................................................................................15 被験者の削除 .....................................................................................................................................................15 被験者データのエクスポート ................................................................................................................................15 分類コードの追加 ................................................................................................................................................15 Coding Scheme(イベントの作成) ..............................................................................................................................16 イベントの追加 ....................................................................................................................................................16 Verify Calibration(キャリブレーションの確認) .............................................................................................................16 Show Live Viewer(ライブビューアの表示) .................................................................................................................17 Show Track Status(トラックステータスの表示) ...........................................................................................................17 Minimize to system tray(タスクトレイに最小化)..........................................................................................................17 Settings(設定) ..........................................................................................................................................................18 Screen and Video Capture(スクリーンとビデオ・キャプチャー) ...................................................................................18 Video Source(ビデオソース) ..............................................................................................................................18 2


Eye Tracker(アイトラッカー).......................................................................................................................................20 Calibration(キャリブレーション) ..................................................................................................................................21 Regular calibraton(通常のキャリブレーション) ....................................................................................................21 Manual calibration(マニュアル キャリブレーション) .............................................................................................21 Infant calibration(乳幼児キャリブレーション) .......................................................................................................22 Fixation Filters(停留フィルタ) ....................................................................................................................................25 その他(Miscellaneous) .............................................................................................................................................26 ワークスペース ..................................................................................................................................................................27 調査の作成・追加 .......................................................................................................................................................28 複数の静止画を追加(スライドショー) ...................................................................................................................28 視覚刺激の設定変更..................................................................................................................................................29 視覚刺激の削除.........................................................................................................................................................29 視覚刺激のランダム提示 ............................................................................................................................................29 視覚刺激の設定 ................................................................................................................................................................30 Instruction(イントロダクション)....................................................................................................................................30 Image(静止画)..........................................................................................................................................................31 Movie(動画) .............................................................................................................................................................33 Web ..........................................................................................................................................................................34 ExternalVideo(外部ビデオ) .......................................................................................................................................35 SceneCamera(シーンカメラ) .....................................................................................................................................37

レコーディング(記録) .............................................................................................................. 40 被験者名・分類コードの設定 ..............................................................................................................................................41 トラッキングステータスの確認.............................................................................................................................................41 キャリブレーション..............................................................................................................................................................42 キャリブレーションの方法 ............................................................................................................................................42 キャリブレーション結果 ...............................................................................................................................................42 キャリブレーションの再利用 ........................................................................................................................................42 レコーディング開始 ............................................................................................................................................................43 レコーディングの終了.........................................................................................................................................................43

リプレイ(視線の再生) ............................................................................................................. 44 レコーディングの再生.........................................................................................................................................................44 イベントの確認 ..................................................................................................................................................................45 調査リストメニュー .............................................................................................................................................................45 セグメントメニュー ..............................................................................................................................................................46 エクスポートメニュー ..........................................................................................................................................................46 Movie Export(動画のエクスポート) ............................................................................................................................46 Text Expot(テキストエクスポート)...............................................................................................................................48 エクスポートされるデータ .....................................................................................................................................49 3


Validity Codes(有効度)......................................................................................................................................51 Recordings(レコーディングリスト)......................................................................................................................................52 レコーディングリストの表示設定 ..................................................................................................................................52 レコーディングリストの並び替え...................................................................................................................................52 レコーディングの削除 .................................................................................................................................................52 Events(イベントリスト) ......................................................................................................................................................53 表示するイベントの選択..............................................................................................................................................53 UserCam(ユーザーカメラ) ................................................................................................................................................54 コントロールボタン .............................................................................................................................................................54 Segments(セグメント)........................................................................................................................................................54 セグメントの作成 ........................................................................................................................................................54

自動生成........................................................................................................................................................55 手動生成........................................................................................................................................................56 セグメント名の変更.....................................................................................................................................................56 セグメントの繰り返し再生 ............................................................................................................................................56 セグメントの削除 ........................................................................................................................................................56 セグメントのエクスポート .............................................................................................................................................57 Scene(シーン)...................................................................................................................................................................57 シーンの作成 .............................................................................................................................................................57 シーン名の変更..........................................................................................................................................................57 シーン画像の変更 ......................................................................................................................................................58 シーンのコピー ...........................................................................................................................................................58 シーンの削除 .............................................................................................................................................................58 シーンに割り当てられたセグメントを削除 .....................................................................................................................58 設定(Setting) ...................................................................................................................................................................58 タイムラインの拡大・縮小 ...................................................................................................................................................59 Replay 画面のリサイズ......................................................................................................................................................59

ビジュアリゼーション ................................................................................................................ 60 メディアリスト(Media List) .................................................................................................................................................61 Web グループ化ツール ..............................................................................................................................................61 URL ...................................................................................................................................................................61 レコーディングリスト(Recordings)......................................................................................................................................62 フィルタリング ....................................................................................................................................................................62 フィルタリング ....................................................................................................................................................................63 フィルタの作成............................................................................................................................................................63 フィルタの編集と削除..................................................................................................................................................64 興味領域リスト(Aria of Interest)........................................................................................................................................64 調査リストメニュー .............................................................................................................................................................64 エクスポートメニュー ..........................................................................................................................................................65 4


ゲイズプロット.............................................................................................................................................................65 ヒートマップ ................................................................................................................................................................66 クラスター...................................................................................................................................................................67 AOI 定義ツール .........................................................................................................................................................68 ビジュアリゼーションメニュー ..............................................................................................................................................68 ゲイズプロット ....................................................................................................................................................................69 データの選択 .............................................................................................................................................................69 ゲイズプロットの時間分割 ...........................................................................................................................................69 静止画ファイルとして保存 ...........................................................................................................................................70 停留点の色の変更 .....................................................................................................................................................70 設定...........................................................................................................................................................................70 ヒートマップ .......................................................................................................................................................................71 データの選択 .............................................................................................................................................................71 ヒートマップの時間分割 ..............................................................................................................................................71 静止画ファイルとして保存 ...........................................................................................................................................72 設定...........................................................................................................................................................................72 Color ..................................................................................................................................................................72 ビースワーム .....................................................................................................................................................................73 データの選択 .............................................................................................................................................................73 コントロールボタン ......................................................................................................................................................73 保存...........................................................................................................................................................................74 ドロップアウト分析 ......................................................................................................................................................74 設定...........................................................................................................................................................................74 クラスター..........................................................................................................................................................................75 設定...........................................................................................................................................................................75 クラスターをデータ分析に使用 ....................................................................................................................................75 AOI 定義ツール.................................................................................................................................................................76 AOI の作成 ................................................................................................................................................................76 AOI の名前の変更 .....................................................................................................................................................77 AOI の削除、コピー、貼り付け.....................................................................................................................................77 統計ツール........................................................................................................................................................................78 表/グラフの作成 .........................................................................................................................................................78 Chart(グラフ) ............................................................................................................................................................79 Summary Settings(集計設定)...................................................................................................................................79 Table(表)..................................................................................................................................................................80 Variables(表示データ)...............................................................................................................................................80 Rows and Columns(行と列) .....................................................................................................................................81 設定...........................................................................................................................................................................81

AppendixⅠ トラブルシューティング ....................................................................................... 82 5


画面の問題 ................................................................................................................................................................82 TET サーバーの問題 .................................................................................................................................................83 視覚刺激の問題.........................................................................................................................................................84

Appendix Ⅱ エディションによる機能の制限 .......................................................................... 85

6


はじめに TobiiStudio は Tobii アイトラッカーから視線データを取得し、解析するソフトウェアです。 50 シリーズ(1750、2150、x50)、T/X シリーズ(T60、T120、x120)の Tobii アイトラッカーで使用することが可能です。

ハードウェア・セットアップ さまざまなハードウェアセットアップ例について、TobiiStudio オンラインヘルプとシステムリコメンテーションを参照して下さい。 TobiiStudio を実行するコンピュータが、最低限必要なスペックを満たすものであるかを確認して下さい。システムリコメンテーションに ついては、お問い合わせ下さい。 コンピュータに Tobii アイトラッカーのケーブルを接続して下さい。これは、TobiiStudio のインストール後に行ってもかまいません。 ケーブルの接続方法は、Tobii アイトラッカーのクイックスタートガイドに記載されています。

画面解像度と画面の色 コンピュータのリソースのために、グラフィックの設定を最適化することは重要です。 アイトラッカーのモニタとオペレータのモニタは解像度と画面の色の設定を常に同じ状態で使用することを推奨します。 !ワイドスクリーンを使用しないで下さい。

1.

ご使用になるコンピュータの設定 → コントロールパネルを選択します。

2.

画面をダブルクリックし、設定タブを開きます。

3.

画面解像度が 1024x768 または 1280x1024 であることを確認して下さい。

4.

パフォーマンスとハードディスクの負荷を低下させるために、画面の色では、中(16 ビット)を選択して下さい。

より高い品質の画面の色を必要とする調査の場合は、推奨するシステムよりも高性能のコンピュータを使用して下さい。

7


TobiiStudio ソフトウェアのインストール 1.

TobiiStudio ソフトウェアが格納されている CD を挿入した際、CD の内容が自動的に示されない場合は Windows のスタート メニュー → マイコンピュータ → CD/DVD ドライブで右クリックして下さい。そして、CD の内容を表示するために、エクスプ ローラを選択します。Studio-x.msi(x はバージョン番号)の上で右クリックし、インストールを選択します。インストールウィザード に従い、インストールを行ってください。(詳細は、インストールマニュアルを参照して下さい)

2.

TobiiStudio と共に使用するアイトラッカーが 50 シリーズ(1750、2150、X50)の場合、Tobii Eye Tracker (TET) Server をインス トールする必要があります。TET Server Installation Files フォルダに移動して下さい。TETServer-x.msi(x はバージョン番号) をダブルクリックし、インストールします。

TobiiStudio の起動 1.

スタートメニューより、プログラム → Tobii → Studio → TobiiStudio を選択します。TobiiStudio が起動します。

2.

最初の起動時のみ:ライセンスキーを入力します。(パッケージに書かれています。)

3.

最初の起動時のみ:使用する Tobii アイトラッカーを選択します。T60、T120、X120 の場合は、Tobii T/X シリーズを選択します。 1750、x50、2150 の場合は、Tobii 50 シリーズを選択します。モデルとシリアル番号は、アイトラッカー本体のラベルに記載され ています。

後でアイトラッカーに接続する場合は、TobiiStudio の Tools → Setting → Eye Tracker タブで、アイトラッカーリストの中から使用するアイトラッカーを 選択して下さい。

4.

Welcome to Tobii Studio ダイアログが表示されます。

8


プロジェクトの管理 プロジェクトは調査の集合です。1つのプロジェクトに複数の異なる種類の調査を含めることが出来ます。また、被験者は同じプロジェ クト内の調査で共通です。

プロジェクトの作成 新しいプロジェクトを作成するには、Welcome to Tobii Studio ダイアログの Create New Project をクリックするか、TobiiStudio の File → New Project で行います。

Create New Project ダイアログが開きます。プロジェクトに名前を付け、Create をクリックします。 (Creater(作成者)はオプションです。必要な場合は入力して下さい。)

プロジェクトに含める最初の調査の名前を入力し、OK をクリックします。デフォルトの調査名は、Unnamed Test です。

既存のプロジェクトを開く 既存のプロジェクトを開くには、Welcome to Tobii Studio ダイアログの Open Project をクリックするか、TobiiStudio の File → Open Project で行います。 プロジェクトを選択し、Open をクリックします。

既存のプロジェクトの削除 既存のプロジェクトを削除するには、TobiiStudio の File → Open Project で、Open Project ダイアログを開き、削除するプロジェクト を選択し、Delete クリックします。現在、開かれているプロジェクトは削除することが出来ないことに注意して下さい。 9


プロジェクト名の変更 既存のプロジェクト名を変更するには、TobiiStudio の File → Open Project で、Open Project ダイアログを開き、削除するプロジェ クトを選択後、F2 キーを押下し、新しい名前を入力します。確認のダイアログが表示されますので、OK をクリックします。

プロジェクトのエクスポート、インポート プロジェクト全体あるいは調査ごとのエクスポート・インポートは、Welcome to Tobii Studio ダイアログの Export/Inport Project を クリックするか、TobiiStudio の File → Export and Inport で行います。 Export/Inport ダイアログが開きます。

エクスポート Export/Inport ダイアログで、Export タブをクリックします。 エクスポートするプロジェクトを選択すると、プロジェクトに 含まれる調査・レコーディングの一覧が、右側に表示されます。

エクスポートする調査・レコーディングをチェックし、 Export Project をクリックします。

エクスポートされたファイルはTobiiStudioファイル (拡張子nas)形式のファイルとして保存されます。

10


インポート Export/Inport ダイアログで、Inportタブをクリックします。 Browse をクリックし、インポートするファイル(TobiiStudio ファイル(拡張子nas)形式)を選択します。

ファイルに含まれる調査・レコーディングの一覧が表示され ます。インポートする調査・レコーディングをチェックし、 Inport Project をクリックします。

マージ 複数のコンピュータで行った調査は、以下の作業によりマージすることが出来ます。

1.

TobiiStudio でスタディを作成します。

2.

File → Export and Import で、調査をエクスポートします。

3.

他のコンピュータへ調査をインポートします。

4.

異なるコンピュータ上で調査(レコード)を行います。調査をマージした後、レコーディングを区別することが出来るように、 レコーディングには異なる名前を付けてください。また、調査の名前は変更しないで下さい。

5.

解析を行う 1 台を除く、全てのコンピューターから調査をエクスポートします。

6.

他のコンピュータから解析を行うコンピュータに調査をインポートします。これは、File → Export and Import で行います。

7.

解析コンピュータ上ですべての調査を確認することが出来ます。

11


調査の追加・削除 プロジェクトへ調査の追加 現在開かれているプロジェクトへ調査を追加するには、File → Add Test をクリック します。Create New Test ダイアログが表示されますので、調査名を入力し、Create を クリックします。

調査の削除 現在開かれているプロジェクトの、現在開いている調査を削除します。File → Delete Test をクリックします。

調査の名前変更 現在開かれているプロジェクトの、現在開いている調査の名前を変更します。File → Rename Test をクリックします。 Rename Test ダイアログが開きます。新しい名前を入力し、OK をクリックします。

調査のアンロック 現在開かれているプロジェクトの、現在開いている調査の名前を変更します。File → Unlock Test をクリックします。 調査のロックが外れ、編集可能となります。

12


調査のデザインとレコーディング Design and Record 画面では、調査で使用する視覚刺激の作成、被験者のセットアップ、レコーディングを行います。

調査のデザイン 1.

調査でユーザーカメラやライブビューアを使用するのであれば、 Setup メニューの Settings で設定を行って下さい。 また、必要であれば、デフォルト設定を変更することが出来ます。

2.

Setup メニューの Manage Participants を選択し、被験者の追加や、

2

被験者の分類コードを設定します。 被験者の追加は、レコーディングの開始時にも行うことが出来ます。 また、分類コードの設定はレコーディング開始時やレコーディング後にも 行うことが出来ます。 1 3.

ワークスペースに調査で使用する視覚刺激のタイプをドラッグ&ドロップし、 メディアを加えます。異なるタイプの視覚刺激を組み合わせて調査を作成することが可能です。また、ドラッグ&ドロップで、 メディアの順序が変更可能です。

4.

各視覚刺激の設定は、視覚刺激を追加する際に表示されるダイアログで行います。

13


調査リストメニュー 調査リストメニューでは、プロジェクトに含まれる全ての調査をリスト表示します。 調査を選択し、レコーディング・ビジュアリゼーションを行います。

また、Add New Test をクリックすることで、新しい調査を追加することが 出来ます。表示されるウィンドウに調査名を入力し、create をクリックします。 選択中の調査の調査名の変更は、Remane Teat で、削除は、Delete Test で 行います。

セットアップメニュー 調査の様々な設定は、Setup メニューより行います。

Manage Participants(被験者の管理) 被験者の追加や、分類コードのようなフィルタリングに使用するデータを 登録・編集することが出来ます。 Manage Participants(被験者の管理)ダイアログが表示されます。

被験者の追加 Manage Participants(被験者の管理)ダイアログの Participants(被験者) タブにある、Auto Ganerate をクリックします。作成する人数を入力し、OK をクリックします。

14


被験者の編集 Manage Participants(被験者の管理)ダイアログの Participants (被験者)タブから編集する被験者を選択し、Edit をクリックします。 Edit Existing Participant(現存する被験者の編集)ダイアログが 表示されますので、分類コードを設定するなどの編集を行い、 OK をクリックします。

被験者の削除 Manage Participants(被験者の管理)ダイアログの Participants (被験者)タブから削除する被験者を選択し、Delete をクリックします。

被験者データのエクスポート Manage Participants(被験者の管理)ダイアログの Participants (被験者)タブで、Export をクリックします。 現存する被験者全てのデータがテキスト形式でエクスポートされます。

分類コードの追加 Manage Participants(被験者の管理)ダイアログの Independent Variables(分類コード)タブにある、New をクリックします。 Add New Participant Variable(分類コードの追加)ダイアログが表示されますので、分類コード名(例えば gender(性別)、age(年 齢))を入力します。次に値(例えば male(男性)、female(女性)、21、30、40 才)を入力し、OK をクリックします。

15


Coding Scheme(イベントの作成) イベントに関する設定を行う、Logging Scheme ダイアログが表示されます。 調査の間、もしくは、調査の後に特定のイベントを記録するために、キーボードやマウスのクリックを使用することが出来ます。

記録するイベントに任意のショートカットキーを設定したり、それぞれのイベントに、メッセージを記録することも可能です。イベント記 録のためにキーを押下すると、記録するイベントと、メッセージを入力するためのウィンドウが表示されます。テキストを入力する必要 が無く、素早くロギングする必要がある場合は、Quick Logging にチェックします。

イベントは調査中(リアルタイム)に TobiiStudio Logger で記録するか、レコーディング終了後に Replay 画面で追加することが出来ま す。イベントは Replay 画面のレコーディングの横にあるリストに表示されます。また、同じ画面のレコーディングの下方にあるイベント マーカとしても表示されます。(リモートライブビューアマニュアルを参照して下さい。)

イベントの追加 Events で表示されるイベントリストの最下段の Description(説明)をダブルクリックし、追加するイベント名を入力します。必要であれ ばショートカットキーや色の選択、Quick Logging の設定を行います。

Verify Calibration(キャリブレーションの確認) キャリブレーションの品質を静止画を表示して確認します。被験者に静止画を提示し、被験者に特定の場所を見るよう指示し注視ポ イントがその場所にあるかどうかを確かめます。

16


Show Live Viewer(ライブビューアの表示) ライブビューアはコントロールステーションからレコーディングを監視するために使用することが出来ます。 被験者に提示されている視覚刺激目の上に被験者の視線をオーバレイした映像がコントロールステーションのモニタ上にリアルタイ ムで表示されます。ユーザーカメラを使用している場合、被験者の画像もコントロールステーションより確認することが出来ます。

セカンダリ画面を監視する側の画面とし、その画面にライブビューアウィンドウをドラッグして下さい。

Show Track Status(トラックステータスの表示) トラックステータス画面は被験者の目を表す2つの点が表示されます。これはアイトラッカーの前に適切な位置で被験者がいることを 確認するために使用することが出来ます。

Minimize to system tray(タスクトレイに最小化) TobiiStudio ソフトウェアを最小限します。タスクトレイの TobiiStudio アイコン上で右クリックすると、メニューが表示されます。

メニューは以下の通り: •

Switch Test(スイッチテスト)

Show the Live Viewer(ライブビューアの表示)

Show the Track Status(トラックステータスの表示)

Show the Main Menu(メインメニューの表示)

Start a Test(調査の開始)

17


Settings(設定) TobiiStudio ソフトウェアとアイトラッカーとの接続をはじめ、様々な設定を行う、Global Settings ダイアログを表示します。 アイトラッカーとの接続、ユーザーカメラやキャリブレーション、停留点設定もここで行います。(それぞれの画面の一番上にある Tools メニューの Settings も同等です。)

Screen and Video Capture(スクリーンとビデオ・キャプチャー)

Video Playback(ビデオ再生) Video smoothing(ビデオ平滑化) − レコーディングの再生やライブビューアの映像のようなビデオ品質を向上させるために使用さ れます。パフォーマンスに問題があると感じる場合は、チェックを外し、このオプションを無効にします。

User Camera Capture(ユーザーカメラキャプチャー) Record user camera(ユーザーカメラを記録) チェックすると、ユーザーカメラとして指定されたビデオソースからの映像を記録します。チェックされていない場合は、ユーザーの映 像はレコーディングの再生やエクスポートで使用することは出来ません。

Video Source(ビデオソース) 例えば、ビデオカメラ、ビデオキャプチャカード、USB 入力の Web カメラなど、ユーザーカメラとして使用するデバイスをドロップダウン リストより選択します。

18


Video Inputs(ビデオ入力) 使用するビデオソースのタイプと一致する必要があります。

Video Codec(ビデオコーデック) 映像を記録するために使用するデータ圧縮・変換方式を定義します。コーデックは、ビデオの品質、ビデオファイルのサイズ、レコー ディング中の CPU 負荷、ポータビリティなどを影響を与えます。通常の使用の場合は、Microsoft Video 1 を推奨します。 音声とビデオ画像を保存するために様々な種類のコーデックを使用することができます。TobiiStudio でテストされ、問題なく動作する ことが確認されているコーデックがカラムに表示されます。これらの一つを選択して下さい。お使いのコンピュータで有効な、他のコー デックもリストされます。もし、あなたがこのコーデックを使用したいと考えるのであれば、実際の調査で使用する前に必ずテストを行 い、問題なく動作することを確認して下さい。

Camera Settings(カメラ設定) Windows 標準のカメラ設定で、一般的には明るさやコントラスト調整が用意されています。

Video Settings(ビデオ設定) 特定のハードウェア設定で、一般的にはビデオのサイズやフレームレートを含んでいます。

Record user sound(ユーザーサウンドを記録) チェックすると、ユーザー用のマイクとして指定したオーディオソースからの音声を記録します。チェックされていない場合は、レコーデ ィング中の音声は再生やエクスポートで使用することは出来ません。

Audio Source(オーディオソース) レコーディング中の音声を記録するマイクとして使用するデバイスをドロップダウンリストより選択します。

Enable remote viewing functionality(リモートビューイング機能を使用) リモートビューイングを使用する場合は、チェックします。(リモートライブビューアマニュアルを参照して下さい。)

19


Eye Tracker(アイトラッカー)

使用するアイトラッカーを選択します。 現在、使用可能なネットワークに接続されているアイトラッカーがリストアップされます。T60/T120、X120 を使用する場合、Tobii アイト ラッカーのシリアル番号がリストされます。

T/X シリーズのアイトラッカーを接続 T60、T120、X120 を使用する場合、接続中の Tobii アイトラッカーのシリアル番号が、アイトラッカー選択ウィンドウのアイトラッカーリ ストに表示されます。

50 シリーズのアイトラッカーを接続 コンピュータに直接接続された X50、1750、2150 を使用する場合、Host に、localhost (もしくは 127.0.0.1)を入力し、Add eyetracker(アイトラッカー追加)ボタンをクリックします。 このセットアップでは、TobiiStudio を起動するコンピュータに TET サーバーソフトウェアをインストールする必要があります。

test selected eyetracker(選択したアイトラッカーのテスト)ボタンを押下することで、アイトラッカーとの接続をテストすることが出来ま す。ステータスが Connected になることで、接続を確認することが出来ます。 接続が確認できない場合は”トラブルシューティング”を参照して下さい。

20


Calibration(キャリブレーション) 被験者や調査に最適になるよう、キャリブレーションルーチンをカスタマイズする様々なオプションがあります。キャリブレーションで使 用する点の色と数は変更可能です。

Regular calibraton(通常のキャリブレーション) 通常のキャリブレーションではデフォルトで 5 点のキャリブレーションを行います。 キャリブレーション設定では、点や背景色、キャリブレーションポイントの数の変更が可能です。

Manual calibration(マニュアル キャリブレーション) マニュアル キャリブレーションは主にシーンカメラを視覚刺激とする場合に使用されます。マニュアルキャリブレーションにより、弱視 や通常のキャリブレーションでのドットを認識できない問題を抱えている方がキャリブレーションを行う際にも、より適切に段階的なキ ャリブレーションを行うことが可能になります。 マニュアルキャリブレーションの十字のライン色は変更することが可能です。 Show manual calibration instraction(マニュアルキャリブレーション説明を表示)を選択すると、キャリブレーション中にキャリブレー ション方法についての説明(英語)が表示されます。

21


マニュアル キャリブレーションは、キャリブレーション用に特別な画面を持ち、オペレータが手順を踏んで行うキャリブレーションです。 キャリブレーションポイントの数や場所については、通常のキャリブレーションと同じです。ただし点の代わりにキャリブレーションポイ ントで交差する 2 つのラインが表示されます。スペースキーを押下するとラインの色が変化し、キャリブレーションが行われます。そし て、ラインは次のキャリブレーションポイントに移動します。

キャリブレーションはスペースキー押下の後に行われます。被験者がキー押下の音を聞いて、視線を移動しないように注意して下さ い。

Infant calibration(乳幼児キャリブレーション) 乳幼児に関する調査用に乳幼児キャリブレーションが用意されています。通常では点が表示される場所に小さな動画が表示されま す。これは小さな子供の注意を引き付けます。また、キャリブレーションについての指示が困難な場合にも、有用です。

Calibration animation(キャリブレーションポイントに表示する動画)を選択します。また、Attention animation(注意を引き付けるため の動画)を選択することも出来ます。通常いくつかのサンプル動画が My Documents → Tobii Studio Media Files の Infant Calibration AVIs フォルダ内にインストールされます。

22


背景色を変更することが可能です。また、Show infant calibration instraction(幼児用キャリブレーション説明を表示)を選択すると、 キャリブレーション中にキャリブレーション方法についての説明(英語)が表示されます。

動画(AVI)は、通常のキャリブレーション中に表示される点の代わりに画面上に表示されます。 乳幼児キャリブレーションはインタラクティブなキャリブレーションモードです。つまり、オペレーターがキャリブレーション手順をキーボ ードで制御します。 23


設定ダイアログで選択されたキャリブレーション動画を表示するには、右矢印キーを押下します。被験者がアニメーションを見ている のを確認したら、キャリブレーション・データ収集のため、再度右矢印キーを押下します。被験者がキャリブレーション用のアニメーショ ン中心部分を注目するだろうと仮定されています。十分なキャリブレーション・データが収集された後、次のキャリブレーションポイント へ移動します。オペレーターは、データの収集をはじめるために、再度右矢印キーを押下します。全てのキャリブレーションポイントが この処理を終了するまでこれが繰り返されます。

被験者の反応が悪い場合や、キャリブレーション用のアニメーションに飽きてしまった場合など、注意を引き付けるための AVI を表示 することが出来ます。それを表示するには、上矢印キーを押下します。すべてのアニメーションを非表示にするには、左矢印キーを押 下します。

キャリブレーションのプロセスを制御するために、以下のキーが使用されます。

右矢印キー: 次のキャリブレーションポイントに、キャリブレーション用 AVI を表示します。 キャリブレーション用 AVI が既に表示されている場合、キャリブレーションデータはそのポイント上で取得された後、次のキャリブレー ションポイントへ移ります。

左矢印キー: キャリブレーション動作が一時停止します。キャリブレーション用 AVI もしくはフルスクリーンの注意を引き付けるための AVI は非表示 となります。

上矢印キー: 注意を引き付けるための AVI を表示します。

24


Fixation Filters(停留フィルタ) TobiiStudio では、一定の半径の範囲内を、一定の時間視線が留まったとき、を停留点としています。

ClearView Fixation Filter や、Tobii fixation Filter では、半径および停留時間の設定を変更することが可能です。 半径の単位がピクセルであることに注意してください実際のサイズ(センチメートルまたはインチ)から変換する必要があります。 また、画面の解像度を変更する場合は、半径を変更しなければならないことに注意してください。最も簡単で単純な最良の方法は、1 つの調査は常に同じ解像度で行うことです。

25


その他(Miscellaneous)

データベースパス データが保存されるフォルダを設定します。データを保存するフォルダを選択するために、Browse をクリックします。新しいデータベー スを作成するためには、新しいフォルダを選択してください。

26


ワークスペース ワークスペースには調査で使用する視覚刺激がタイムライン上に表示されます。

TobiiStudio を使用して解析することが可能な視覚刺激のタイプは以下の通りです: それぞれの詳細な設定方法については、”視覚刺激の設定”を参照して下さい。

Instruction(イントロダクション) 任意の画像を背景として、テキストを表示します。被験者に説明や指示を与えるために使用します。 Image(静止画) 用意された静止画を視覚刺激とする際に使用します。ビットマップ、jpeg 等の画像を使用することが可能です。 画像は実際のサイズで提示されます。適切に提示させるために、画像サイズおよび画面解像度を確認して下さい。 ScreenRec(スクリーンレコーディング) Windows 画面全体を視覚刺激とする際に使用します。ソフトウェアを解析する場合や、コンピュータ画面に表示された 何かを解析する場合に使用します。 Movie(動画) 動画を視覚刺激とする際に使用します。AVI フォーマットのみ使用することが可能です。AVI をフルスクリーンで表示する 場合は、AVI 画像サイズがレコーディングで使用する画面の解像度と同じであることを確認して下さい。 Web Web サイトを視覚刺激とする際に使用します。URL(ウェブアドレス)を入力して下さい。 ExternalVideo(外部ビデオ) デジタルビデオカメラやキャプチャーカードなど、外部の映像信号を視覚刺激とする際に使用します。 SceneCamera(シーンカメラ) 物理的なオブジェクトを視覚刺激とする際に使用します。X シリーズで使用されます。

27


調査の作成・追加 タイムラインへ視覚刺激をドラッグ&ドロップすることで調査を作成・追加することが出来ます。様々なタイプの視覚刺激を混合して調 査を作成することが可能です。

複数の静止画を追加(スライドショー) エクスプローラからドラッグ&ドロップで複数の静止画を追加することが出来ます。調査に追加する全ての静止画ファイルを選択し、 TobiiStudio の Design and Record 画面にドラッグ&ドロップします。

28


視覚刺激の設定変更 変更する視覚刺激上で右クリックし Edit を選択するか、視覚刺激をダブルクリック します。

視覚刺激の削除 調査から視覚刺激を削除するには、削除する視覚刺激上で右クリックし Delete を選択するか、視覚刺激を選択後 Delete キーを押下します。 調査に含まれる全ての視覚刺激を削除するには、右クリックし、Delete All を 選択します。

視覚刺激のランダム提示 調査によっては、提示順をランダムにすることが有効な場合があります。視覚刺激をランダムに表示するには、ランダムに表示する 視覚刺激上で右クリックし、Randomize を選択します。調査に含まれる全ての視覚刺激をランダム提示するには、右クリックし、 Rondomize All を選択します。 ランダム提示する視覚刺激には、ランダムマークが付加されます。 また、右クリックして表示されるメニューにチェックマークが付きます。

! レコーディング後の視覚刺激の設定変更、削除等を行う際は、ワークスペース右上のロックマークをクリックするか、 File → Unlock Test で調査のロックを外す必要があります。 (編集前のレコーディングデータとは、整合性を保てなくなる恐れがありますので十分注意して下さい。)

29


視覚刺激の設定 視覚刺激それぞれの設定画面は、視覚刺激をタイムラインにドラッグ&ドロップして追加する際か、タイムライン上の視覚刺激をダブ ルクリックして表示します。

Instruction(イントロダクション) 任意の画像を背景として、テキストを表示します。被験者に説明や指示を与えるために使用します。

Element Name(名称)

名前は自動的に付けられますが、もし違う名前を付けたい場合は、名前の部分をクリックし 新しい名前を入力します。

Preview(プレビュー)

提示するテキスト、フォント、テキスト色、背景色もしくは背景画像を設定します。

Show Time(提示時間)

イントロダクションを提示する時間を、View time(提示時間を秒単位で指定)、Mouse click(被験者や オペレータなどがマウスクリックするまで)、Key press(被験者やオペレータなどがキーを押下するま で))のいずれかで設定

視覚化で使用する場合は、Enable for visualizations をチェックします。

30


Image(静止画) 用意された静止画を視覚刺激とする際に使用します。ビットマップ、jpeg 等の画像を使用することが可能です。

Element Name(名前)

名前は自動的に付けられますが、もし違う名前を付けたい場合は、名前の部分をクリックし 新しい名前を入力します。ここで付けられた名前はヒートマップや統計ツールのような、すべての ビジュアリゼーションで表示されます。

Image Source(ファイル)

Browse をクリックして 調査に使用する静止画ファイルを選択します。

Use as Dummy Media

複数の静止画が表示される調査で、ダミーの静止画として使用する場合に、このオプションをチェック

(ダミーメディア)

します。Use as Dummy Media チェックボックスがチェックされると、この静止画はビジュアリゼーショ ンで使用することは出来ません。静止画はレコーディング中に視覚刺激画面に表示されますが、この 静止画上で、ゲイズプロットやヒートマップを表示することは出来ません。

Show Time(提示時間)

静止画を提示する時間を、View time(提示時間を秒単位で指定)、Mouse click(被験者やオペレー タなどがマウスクリックするまで)、Key press(被験者やオペレータなどがキーを押下するまで))のい ずれかで設定します。

!TobiiStudio では画像のリサイズを行わないことに注意して下さい。

31


ScreenRec(スクリーンレコーディング) Windows 画面全体を視覚刺激とする際に使用します。ソフトウェアを解析する場合や、コンピュータ画面に表示された 何かを解析する場合に使用します。

Element Name(名前)

名前は自動的に付けられますが、もし違う名前を付けたい場合は、名前の部分をクリックし 新しい名前を入力します。

32


Movie(動画) 動画を視覚刺激とする際に使用します。AVI フォーマットのみ使用することが可能です。AVI をフルスクリーンで表示する 場合は、AVI 画像サイズがレコーディングで使用する画面の解像度と同じであることを確認して下さい。

Element Name(名前)

名前は自動的に付けられますが、もし違う名前を付けたい場合は、名前の部分をクリックし 新しい名前を入力します。

Movie Source(ファイル)

Browse をクリックして 調査に使用する AVI ファイルを選択します。

Use as Dummy Media

”視覚刺激の設定”の”Image(静止画)”を参照して下さい。

(ダミーメディア)

Show Time(提示時間)

動画を提示する時間を、Movie End(動画の終了時)、Mouse click(被験者やオペレータなどがマウ スクリックするまで)、Key press(被験者やオペレータなどがキーを押下するまで))のいずれかで設 定します。

33


Web Web サイトを視覚刺激とする際に使用します。URL(ウェブアドレス)を入力して下さい。

Element Name(名前)

名前は自動的に付けられますが、もし違う名前を付けたい場合は、名前の部分をクリックし 新しい名前を入力します。

Browser Setting

Start URL(スタート URL) レコーディングが開始されるウェブサイトのアドレスを入力します。http://は省略可能です。

Browser size(ブラウザのサイズ) ブラウザ画面の高さと幅を指定します。 (これはウェブページを表示するウィンドウ内部の原点とサイズではなく、ブラウザウィンドウの原点と サイズです。)

Allow multiple windows(ウィンドウ複数可) レコーディング中に 1 つ以上のブラウザ画面を開くことが出来ます。アクティブなブラウザ画面の視線 データ、画面情報のみが記録されます。

Block file download(ファイルダウンロードのブロック) ユーザーがファイルダウンロードを行うことを防ぎます。

34


F10 キーを押下すると、レコーディングを停止しウェブブラウザを閉じます。ウェブのレコーディングを終了すると、調査タイムライン上 に設定された次の視覚刺激が表示されます。もし、ウェブのレコーディングが調査タイムライン上の最後の視覚刺激であれば、レコー ディングは終了します。

! TobiiStudio では、インストール時に InternetExplorer に F10 キーにてレコーディングを終了させるためのアドオンを組み込みます。 これを無効化しないようにご注意下さい。

ExternalVideo(外部ビデオ) TobiStudio を使用するコンピュータ以外の、外部ビデオキャプチャー機器を利用する場合に使用します。TobiiStudio は動画としてほ とんどのビデオ機器からの映像をレコーディングし、後で視線解析に使用することが出来ます。

この視覚刺激のタイプは、ゲーム機器、双方向テレビ、あるいは別のコンピュータでリソースを多量に必要とするコンピュータゲームを するといったような TobiiStudio を実行しているコンピュータとは異なる外部の動的な映像を、視覚刺激として提示する場合に推奨さ れます。

外部ビデオキャプチャーを使用する前に 外部ビデオキャプチャーを使用する前に、ハードウェアが適切にセットアップされていることを確認して下さい。TobiiStudio が起動して いるコンピュータと、ビデオキャプチャーカードや、ファイヤーワイヤー、コンピュータの USB ポートと通じてビデオソースと接続されて いる必要があります。推奨するビデオキャプチャカードとシステム設定については、システムリコメンテーションを参照して下さい。

35


Element Name(名前)

名前は自動的に付けられますが、もし違う名前を付けたい場合は、名前の部分をクリックし 新しい名前を入力します。

Camera Capture

Video Source(ビデオソース) 例えば、ビデオカメラ、ビデオキャプチャカード、USB 入力の Web カメラなど、入力視覚刺激とする外 部映像信号をドロップダウンリストより選択します。

Video Inputs(ビデオ入力) 使用するビデオソースのタイプと一致する必要があります。ほとんどのビデオキャプチャカードは、少 なくとも S ビデオやコンポジットをキャプチャーすることが可能です。

Video Codec(ビデオコーデック) ビデオを記録するために使用するデータ圧縮・変換方式を定義します。コーデックは、ビデオの品質、 ビデオファイルのサイズ、レコーディング中の CPU 負荷、ポータビリティなどを影響を与えます。通常 の使用の場合は、Microsoft Video 1 を推奨します。

Camera Settings(カメラ設定) Windows 標準のカメラ設定で、一般的には明るさやコントラスト調整が用意されています。

Video Settings(ビデオ設定) 特定のハードウェア設定で、一般的にはビデオのサイズやフレームレートを含んでいます。

Use video as stimulus(視覚刺激として、ビデオを使用する) このオプションをチェックすると、TobiiStudio はレコーディング中に対象となる画面上にビデオ入力を 表示します。

レコーディング中に、TobiiStudio はビデオソースからビデオを入力し記録します。視線データはキーボード入力やマウスクリックととも に記録されます。

! ビデオキャプチャーを行なう場合、ビデオ信号はアナログ信号からデジタル信号に変換後、キャプチャーし、圧縮・変換した後に、 動画として使用されます。このため、ビデオのタイミングには遅延が発生します。また、CPU 負荷が大きい時は、ビデオキャプチャー・ デバイスによっては、ビデオフレームがしばしば乱れます。つまり、視線データとトリガデータは他のすべての TobiiStudio の視覚刺激 のタイプでは同じ精度で計測されますが、ビデオキャプチャーに関する視線データに関しては精度が落ちるということを意味します。

使用するコンピュータが十分なスペックを持つかどうか、確認して下さい。

36


セットアップ例 様々な種類のビデオソースをキャプチャーすることにより使用可能です。 ビデオキャプチャーリソース等を入力とするビデオキャプチャーカード 他のコンピュータの画面出力等を入力とする VGA キャプチャーカード 他のコンピュータの画面出力等を VGA-USB 変換機を使用して VGA 信号を取得 ファイヤーワイヤー(T/X シリーズ)によるデジタルカメラ出力 USB ストリーミングによる、ビデオあるいはウェブカメラ

SceneCamera(シーンカメラ) シーンカメラは、X50 か X120 を使用し、物理的なシーンをスタンドアロンタイプのカメラからのビデオデータとして収集する場合に使 用する視覚刺激です。このタイプの視覚刺激は、エクスターナルビデオととてもよく似ていますが、視覚刺激となるシーンとユーザー の位置関係を基に視線補正を行うという点が異なります。

シーンカメラの代表的なセットアップのためには、次のアイテムを用意して下さい。 視覚刺激 − 実際の世界に存在する、ある種の刺激、例えばテーブルの上を動きまわるオブジェクトを視覚刺激の対象とする ことが出来ます。適切な視線のレコーディングのためには、2次元の平面に出来るだけ広い範囲で配置するべきです。平面から のいかなる偏差も(例えば、平面に置かれたオブジェクトの高さによるずれ)、視線計測において視差を引き起こします。 キャリブレーションボード − トラッキングする平面にキャリブレーションボードを配置します。これは、それぞれのキャリブレーシ ョンポイントを正しい位置関係に配置することに使用されます。 シーンカメラ − 被験者に提示された場面のビデオを生成するために使用されます。 Tobii X50 もしくは X120 アイトラッカー TobiiStudio がインストールされているコンピュータ

シーンカメラの準備 シーンカメラのデータ収集を始める前に、ハードウェアが適切に設定されているかを確認して下さい。TobiiStudio が起動しているコン ピュータの USB ポートか FireWire かビデオキャプチャカード等を使用してカメラと接続する必要があります。推奨するビデオキャプチ ャカードやセットアップについての情報は、システムリコメンテーションを参照して下さい。

37


Element Name(名前)

名前は自動的に付けられますが、もし違う名前を付けたい場合は、名前の部分をクリックし 新しい名前を入力します。

Camera Capture

Video Source(ビデオソース) 使用するビデオデバイスをドロップダウンリストより選択します。例えば、ビデオカメラ、ビデオキャプチ ャカード、USB などによる入力 などです。

Video Inputs(ビデオ入力) 使用するビデオソースのタイプと一致する必要があります。ほとんどのビデオキャプチャカードは、少 なくとも S ビデオやコンポジットをキャプチャーすることが可能です。

Video Codec(ビデオコーデック) ビデオを記録するために使用するデータ圧縮・変換方式を定義します。コーデックは、ビデオの品質、 ビデオファイルのサイズ、レコーディング中の CPU 負荷、ポータビリティなどを影響を与えます。通常 の使用の場合は、Microsoft Video 1 を推奨します。

Camera Settings(カメラ設定) Windows 標準のカメラ設定で、一般的には明るさやコントラスト調整が用意されています。

Video Settings(ビデオ設定) ビデオキャプチャーのための特定の設定で、一般的にはビデオのサイズやフレームレートを含んでい ます。

38


キャリブレーション設定 ビデオキャプチャーの設定を終了後、キャプチャーされたビデオと実際の世界を対応させるための遠近法に従ったキャリブレーション を作成します。キャリブレーショングリッドがシーンカメラの映像において、どのように位置するかを定義するために、遠近法に従った キャリブレーションは必要です。これは、被験者がシーンの何処を見ていたかを示すために、TobiiStudio が全ての視線データを再計 算することを可能にします。

遠近法に従ったキャリブレーションを行なうには、まずはじめにトラッキングされる面にキャリブレーショングリッドを配置します。キャリ ブレーションボードを使用する代わりに、紙や白い画面にキャリブレーション用の点を描いて使用することも出来ます。

上述したようなビデオ特性の設定を調整して下さい。アイトラッキングする対象が、シーンカメラのエリア内に収まるように、プレビュー 画面を使用して調整します。誤って移動することが無いようカメラを固定してください。そして、シーンカメラ設定の Calibration Image の New ボタンをクリックします。

シーンカメラの画像の上に四角い枠が表示されます。この四角い枠の角がキャリブレーションポイントと正確に重なるように、枠の角 をドラッグして調整して下さい。Zoom ボタンをクリックすると、キャリブレーション映像が拡大され微調整が可能となります。ハードウェ アとキャリブレーションボードのセットアップ方法についての詳細は、X50 か X120 のハードウェアマニュアルを参照して下さい。

キャリブレーションの実行 実際の世界で物理的なオブジェクトを対象とした調査での被験者のキャリブレーションは、マニュアルキャリブレーションを使用するこ とを推奨します。

データレコード レコーディング中に TobiiStudio はシーンカメラからのビデオ入力を記録します。視線データとともに、キー入力やマウスクリックも記録 されます。視線データの座標はキャリブレーショングリッド内に、(0, 0)からシーンカメラ動画の解像度までの範囲にあります。

! 重要なポイント ― 視差は最小限にすること! 遠近法に従ったキャリブレーションは、キャリブレーショングリッドとおよびシーンカメラからのアングルの違いを補正するために用いら れます。ただし、視覚刺激の平面のアングルのみで補正されます。3 次元の物理的なオブジェクトが視覚刺激として使用され、これら が視覚刺激の面よりずっと離れた位置にある場合、視差が起こります。このエラーの大きさは、シーンカメラと被験者の視線の違いに 関係があります。

したがって、視差を最小限にするために、例えば被験者のすぐ後ろや被験者の頭の上など、シーンカメラを被験者の可能な限り近く に配置することを推奨します。

39


レコーディング(記録) 被験者にアイトラッカーの前に座って頂きます。トラッカーより約 60cm の離れた位置にリラックスした状態で座っていることを確認して 下さい。距離は使用するハードウェアに依存します。(詳細は、ハードウェアマニュアル参照) ! レコーディングの前にアイトラッカーと TobiiStudio の接続を確認して下さい。”Setting(設定)”の”EyeTracker(アイトラッカー)”を 参照して下さい。

Design and Record 画面の Start Recording をクリックします。

40


被験者名・分類コードの設定 Start Recording をクリックすると、まず、名前や分類コードを入力するためのダイアログが表示されます。分類コードはレコーディン グ後、いつでも変更することが可能です。設定後、被験者のキャリブレーションを開始するため、Continue をクリックします。

既に作成済みの被験者の場合は、Use Existing Participan タブから選択することも出来ます。既に、キャリブレーションデータがある 被験者の場合はキャリブレーションを再度行う必要はありませんが、高い精度でトラッキングを行うために、キャリブレーションデータ の確認を推奨します。詳細は、” キャリブレーションの再利用”を参照して下さい。

既に作成済みでキャリブレーションデータもある被験者で、再度キャリブレーションを行うためには、Use Existing Participan タブの Always calibrate before recordings starts(レコーディング前には常にキャリブレーションする)にチェックして下さい。

トラッキングステータスの確認 次に、トラッキングステータス画面が表示されます。 目を意味する 2 つの点がトラックステータスウィンドウの真ん中に表示され、トラックステータスウィンドウの下方にあるステータスを示 すバーがグリーンになるように被験者の座る位置や、角度等を調節します。問題がなければ、キャリブレーションを行いますので、 Start をクリックします。

41


キャリブレーション キャリブレーションとは、アイトラッカーに被験者それぞれの目の特性を"憶えさせる"ことを言います。これは、被験者の停留点を精密 に測定するために必要な作業です。被験者はキャリブレーション中に頭を固定する必要はありません。むしろ、自然な頭の動きはキ ャリブレーションの品質を向上させる傾向があります。

キャリブレーションの方法 キャリブレーションポイントが画面に表示されましたら、画面上を移動するキャリブレーションポイントを注視するよう、被験者に伝えて ください。データの取得がすべて終了すると、キャリブレーションは自動的に終了します。キャリブレーション設定は変更可能です。 ”Setting(設定)”の”Calibration(キャリブレーション)”を参照して下さい。

キャリブレーション結果 全てのポイントでキャリブレーションが終了すると、画面にはキャリブレーションの結果が表示されます。 もし、再キャリブレーションが必要なポイントがあるようであれば、ポイントをクリックし、赤い丸のマーカーを付け、Recalibrate ボタン をクリックします。キャリブレーションに問題が無ければ、Accept をクリックし、キャリブレーションに名前をつけます。 下図はとても良いキャリブレーション結果です。

キャリブレーションの再利用 Tobii アイトラッカーは i 独自の技術「永続的なキャリブレーション機能」により、それぞれのキャリブレーションを後で行う調査に再度利 用することが可能です。 しかし、最大限の精度を引き出すために、リアルタイム注視画面を使用してキャリブレーション品質を確認し、問題があるようであれ ば、それぞれの調査を行う前に再度キャリブレーションを行うことを推奨します。

42


レコーディング開始 レコーディング開始画面が表示されます。レコーディングの名前を入力して下さい。判りやすい名前を使用しましょう。 Start Recording をクリックすると、設定された視覚刺激を表示し、アイトラッキングを開始します。

レコーディングの終了 設定された最後の視覚刺激の提示が終わると、レコーディングは終了します。 視覚刺激の種類によって、視覚刺激を提示する時間の設定は異なります。それぞれの設定を参照して下さい。また、レコーディング は、Esc キーを押下することによりいつでも終了することが可能です。 レコーディング終了後は、Visualization 画面や Replay 画面で、データを解析します。

43


リプレイ(視線の再生) 視線のリプレイは動的に視線データを視覚化する方法です。静止画やスライドショー、動画の視覚刺激上に、視線の動きを表示しま す。

レコーディングの再生 1.

Replay 画面で、リプレイするレコーディングを選択します。

2.

リプレイを開始するために、プレイボタンをクリックして下さい。巻き戻し、早送り、停止、一時停止のボタンが用意されています。

3.

特定の時間の視線データがオーバーレイされた画像を表示するためには、タイムラインのマーカを動かします。

44


イベントの確認 1.

Replay 画面で、イベントの処理を行うレコーディングを選択します。

2.

全てのイベントが表示されている場合は、イベントを確認するために、イベントリストのイベントをクリックすることが出来ます。イ ベントリスト内で特定のイベントのみを表示するために、フィルタリングを行うことが可能です。タイムラインのメインマーカは、タイ ムラインの特定のイベントが発生したポイントに動きます。

3.

イベントの詳細を確認するには、イベントマーカー上にマウスカーソルを置いてください。詳細は、”イベント”を参照して下さい。

調査リストメニュー りプレイを行う調査を調査リストメニューで選択します。 (調査リストメニューには現在開かれている調査名が表示されます。)

45


セグメントメニュー レコーディングからセグメント(クリップ)を自動生成するためには、 セグメントメニューをクリックします。セグメントは一度に、一つもしくは 複数のレコーティングに対し生成することが出来ます。

例えば、調査に含まれるそれぞれのレコーディングの最初の20秒間の部分を セグメントとして生成することが出来ます。時間だけでなく、イベントも セグメントを生成するために使用することが可能です。

詳細は”セグメント”を参照して下さい。

エクスポートメニュー レコーディングや生成したセグメントを動画(AVI)やテキストで出力します。

Movie Export(動画のエクスポート) セグメントやレコーディングを動画(AVI)でエクスポートします。 動画のエクスポートに関するオプションを設定するための Batch export ダイアログが表示されます。 OK をクリックすると、エクスポートが実行されます。

46


File setting(ファイル設定) ファイルの保存先とファイル名を選択します。

Export scoope(エクスポート範囲) エクスポートする 1 つ、もしくは複数のレコーディング、セグメントを選択します。 Only export clips flom current recording(現在開いているレコーディングのセグメントのみ) Export clips from all recordings in current test(現在開いている調査の全てのレコーディングのセグメント) Export clips from all recordings in all tests(全ての調査の全てのレコーディングのセグメント) Export current recording(現在開いているレコーディング) Export all recordings in current test(現在開いている調査の全てのレコーディング) Export all recordings in all tests in current project(現在開いているプロジェクトの全ての調査の全てのレコーディング)

AVI encoder(AVI エンコーダ) 動画のエンコーダを選択します。標準のエンコーダはドロップダウンメニューに表示されます。他のエンコーダを使用するには、Video codec ドロップダウンメニューの横にある Edit ボタンを押下します。デフォルトでドロップダウンメニューに表示されたもの以外のエン コーダは、Tobii によって動作がテストされておらず、十分な互換性を保証することはできません。ご注意下さい。

User cam settings(ユーザーカメラ設定) ユーザーカメラの映像を含めた動画をエクスポートする場合、チェックします。また、動画内でユーザーカメラを配置するサイズや位置、 透明度を設定することが出来ます。

47


Text Expot(テキストエクスポート) セグメントやレコーディングをテキスト形式でエクスポートします。 テキストエクスポートに関するオプションを設定するための Text Export ダイアログが表示されます。OK をクリックすると、エクスポート が実行されます。

Folder setting(ファイル設定) ファイルの保存先を選択し、サブフォルダ作成の設定を行います。

Export scoope(エクスポート範囲) エクスポートする 1 つ、もしくは複数のレコーディング、セグメントを選択します。 Current recording(現在開いているレコーディング) Segments in current recording(現在開いているレコーディングのセグメント) All recordings in test(調査の全てのレコーディング) All segments from all recordings in test(調査の全てのレコーディングの全てのセグメント)

48


テキストエクスポートに関してより細かな設定を行うには、Advanced(高度なエクスポート)をクリックします。

エクスポートされるデータ Timestamp(タイムスタンプ)

視線データが収集された時のタイムスタンプ(単位:ミリセマンド)

StimuliName(視覚刺激名)

TobiiStudio のセットアップで付けられた視覚刺激の名前

Gaze PointXLeft

左目の視線位置(画面位置の X 座標)

(視線水平位置・左) GazePointYLeft

左目の視線位置(画面位置の Y 座標)

(視線垂直位置・左) Event(イベント)

自動もしくは手動で記録されたイベント自動で記録されるイベントは様々な種類の視覚刺激の開 始と停止、マウスクリック、キー押下です。また、そのイベントはイベントキーとデータに列挙されま す。手動で記録したイベントは、Replay 画面かリモートロガーによって作成されます。

DateTimeStamp

タイムスタンプを、分、秒、ミリ秒(mm: ss: ms)で再計算したものです。

(時間表記のタイムスタンプ 1) DateTimeStampStartOffset

タイムスタンプを、時、分、秒(hh: mm: ss)で再計算したものです。Recordings で表示設定を時

(時間表記のタイムスタンプ 1)

間で設定している場合は、TobiiStudio の Replay 画面と Visualization 画面ではレコーディングの 開始時間も表示されます。開始時間はコンピュータの持つ時計から取得されます。

Number(番号)

順番 49


CamXLeft

アイカメラ映像内の左目の瞳孔水平位置(0 は左端、1 は右端)

(カメラ内の瞳孔水平位置・左) CamYLeft

アイカメラ映像内の左目の瞳孔垂直位置(0 は上端、1 は下端)

(カメラ内の瞳孔垂直位置・左) DistanceLeft(距離・左)

アイトラッカーから左目までの距離アイトラッカーの平面からまっすぐの軸上の距離を mm 単位で 出力します。

PupilLeft(瞳孔径・左)

左目の瞳孔のサイズを mm 単位で出力します。距離と瞳孔径については、実際の値に出来るだ け近い値として計算されます。ただし、被験者の目には個人差や、眼鏡やコンタクトレンズの度数 によって、誤差が生じます。しかしながら、頭の位置と瞳孔径の変化を正確に反映します。

ValidityLeft(有効度・左)

視線データの有効度を表します。目が確認され良いトラッキング品質を得られる場合は 0 です。ア イトラッカーが目を確認できない場合 4 です。"有効度"を参照して下さい。

GazePointXRight

右目の視線位置(画面位置の X 座標)

(視線水平位置・右) GazePointYRight

右目の視線位置(画面位置の Y 座標)

(視線垂直位置・右) CamXRight

アイカメラ映像内の右目の瞳孔水平位置(0 は左端、1 は右端)

(カメラ内の瞳孔位置 X・右) CamYRight

アイカメラ映像内の右目の瞳孔垂直位置(0 は上端、1 は下端)

(カメラ内の瞳孔位置 Y・右) DistanceRight(距離・右)

アイトラッカーから右目までの距離。アイトラッカーの平面からまっすぐの軸上の距離を mm 単位 で出力します。

PupilRight(瞳孔径・右)

右目の瞳孔のサイズを mm 単位で出力します。 距離と瞳孔径については、実際の値に出来るだ け近い値として計算されます。ただし、被験者の目には個人差や、眼鏡やコンタクトレンズの度数 によって、誤差が生じます。しかしながら、頭の位置と瞳孔径の変化を正確に反映します。

ValidityRight(有効度・右)

視線データの有効度を表します。目が確認され良いトラッキング品質を得られる場合は 0 です。ア イトラッカーが目を確認できない場合 4 です。 "有効度"を参照して下さい。

FixationIndex(停留点番号)

注視点のインデックス番号

GazePointX(視線水平位置)

片目の視線水平位置もしくは両目の視線水平位置の平均です。これは TobiiStudio の Tools → Settings → Fixation Filters → Eye Selection Filter で指定された値によります。この値も停留 を定義するために使用されます。

GazePointY(視線垂直位置)

片目の視線垂直位置もしくは両目の視線垂直位置です。これは、TobiiStudio の Tools → Settings → Fixation Filters → Eye Selection Filter で指定された値によります。 この値も停 留を定義するために使用されます。

EventKey(イベントキー)

イベントキーは様々な種類のキー入力のために使用されます。 様々な種類のイベントキーに対応するイベントとデータがあります。

Data1(イベント用データ 1)

このフィールドの内容はイベントの種類によって異なります。

Data2(イベント用データ)

このフィールドの内容はイベントの種類によって異なります。

Descriptor(イベントの説明)

このフィールドの内容はイベントの種類によって異なります。

MediaWidth(視覚刺激横幅)

視覚刺激のサイズ(ピクセル単位) 50


MediaHeight(視覚刺激縦幅)

視覚刺激のサイズ(ピクセル単位)

MediaPosX

画面上で左端から視覚刺激までの距離(ピクセル単位)

(視覚刺激水平位置) 画面上で上端から視覚刺激までの距離(ピクセル単位)

MediaPosY (視覚刺激垂直位置)

視覚刺激の左上を原点とする座標系に視点のポイントをマッピングした X 座標

MappedPointX (マッピングされた視点位置 X)

視覚刺激の左上を原点とする座標系に視点のポイントをマッピングした Y 座標

MappedPointY (マッピングされた視点位置 Y)

Validity Codes(有効度) Tobii では、データの有効度について、次の 0∼4 までの値で現します。 0

被験者の目のための情報は全て取得し、記録しています。(右目と左目を間違えてしまうようなことはありません。)

1

片目のみをレコーディングし、記録されたデータがどちらの目のものなにかについては、いくつかの仮定と推測により ます。この仮定は正確である可能性が高いでしょう。この場合もう一方の目の有効度は常に 3 に設定されます。

2

片目のみをレコーディングし、記録されたデータがどちらの目のものなのかについて、決める方法がありません。

3

視線データは正しくない、もしくは信頼できるものではありません。もう一方の目の有効度は常に1となります。

4

視線データは無いか、確実に間違っています。

両目の有効度が 4 の視線データのあとに、両目の有効度が 0 の視線データが続く場合は通常、瞬きを意味します。データをフィルタ リングするために、常に有効度を使用し、明らかに正しくないデータを削除することを推奨します。多くの調査について、2 以上の有効 度を持つデータは全て排除することを推奨します。

51


Recordings(レコーディングリスト) 調査に含まれるすべてのレコーディングのリストが表示されます。リプレイするか、もしくはセグメントを生成する、シーンを作成する場 合は、そのレコーディングを選択します。

レコーディングリストの表示設定 レコーディングリストに表示する項目の設定は、レコーディングリストを 右クリックし、Show メニューから選択します。

レコーディングリストの並び替え レコーディングリストを並び替えする基準は、レコーディングリストを 右クリックし、Sort by メニューから選択します。

レコーディングの削除 レコーディングデータを削除するには、削除するレコーディングを選択し、 右クリックして Delete Recording を選択します。

52


Events(イベントリスト) 画像の表示、動画の開始、被験者がリンクをマウスでクリックするといったようなイベントは、TobiiStudio により、リストされます。 イベントリストには調査中の全てのイベントが表示されます。これらはセグメントの生成に使用することが可能です。また、レコーディン グ中に何がいつ起きたかを確認することが出来ます。例えば、動画の開始/停止や、レコーディング中、次の画像や動画を表示するた めに被験者がマウスクリックを行った、などです。

イベントはタイムライン上に赤や緑のイベントマーカーとして表示されます。イベントの詳細を確認するには、イベントマーカー上にマ ウスカーソルを置いてください。イベントメニューのイベントもクリックすることが可能です。イベントメニューでイベントを選択すると、イ ベントが発生したタイムライン上にメインマーカーが配置されます。

表示するイベントの選択 イベントリストに表示するイベントを選択するには、イベントリスト上で右クリックし、Show をクリックします。 Visible events and log categories(表示するイベントとログの分類)ダイアログが表示されます。表示するイベントとログを選択し、 OK をクリックします。

53


UserCam(ユーザーカメラ) 被験者の映像を記録するためにユーザーカメラを使用した場合は、その映像はリプレイ時に画面上で再生されます。

コントロールボタン リプレイを開始するために、プレイボタンをクリックして下さい。巻き戻し、早送り、停止、一時停止のボタンの他、再生のスピードを制 御するスライダーも用意されています。

Segments(セグメント) セグメントはレコーディングの一部を切り取ったものです。メディアのタイプがスクリーンレコーディングか、動画(AVI)のレコーディング 場合、様々な種類の視覚化ツールを使用するために、セグメントとシーンを作成します。 セグメントはまた、外部のメディアプレイヤーで確認可能な AVI 動画としてエクスポートすることも可能です。

セグメントの手動生成や、生成されたセグメントを確認するためには、セグメントボタンをクリックします。

セグメントの作成 レコーディングの一部を切り取りセグメントを作成する方法は、手動生成もしくは、イベントとタイムオフセットを使用した自動生成があ ります。

54


自動生成 セグメントの自動生成では、1 つもしくは複数のレコーディングから イベントは開始もしくは停止点として使用して、セグメントを生成します。 セグメントの自動生成では、イベントからのオフセット時間(開始・停止 それぞれ)を指定することが可能です。 イベントの詳細は”イベント”を参照して下さい。

セグメントメニューをクリックすると、セグメントの自動生成を行う、 Auto generate segments(セグメントの自動生成)ダイアログが表示されます。

セグメントの自動生成ダイアログ セグメントの自動生成ダイアログではイベントを基にセグメントを生成するための様々なオプションがあります。

Segments name prefix(セグメント名の接頭語) セグメント名の接頭語を指定します。実際のセグメント名には番号が付加されます。

Segment generation scope(セグメント生成範囲) セグメントを生成する範囲を指定します。 Only generate segments for the current recording(現在開いているレコーディングにのみ) Generate for all recordings in current test(現在開いている調査の全てのレコーディング) Generate for all recordings in all tests(全ての調査の全てのレコーディングに)

Start/stop points(停止・開始ポイント) 開始と停止で使用するイベント(必要であればオフセット時間)を指定します。セグメント開始時がイベントより前にある場合は、 オフセットに負の値を設定します。

例えば、開始イベントに LeftMouseClick(マウス左クリック)、停止イベントとして Next LeftMouseClick を選択した場合、セグメントは 全てのマウス左クリックの間に生成されます。

55


手動生成 セグメントのマニュアル生成では、現在開いているレコーディングから、任意の範囲をセグメントとして生成します。

1.

セグメントを作成するレコーディングを選択し、セグメントボタンをクリックします。

2.

タイムラインのマーカーをセグメントとする部分に配置します。タイムライン上でマーカーを動かして、セグメントの開始点と停止 点を確認して下さい。

3.

左のタイムラインマーカーをセグメントの開始点へ、 右のタイムラインマーカーをセグメントの停止点へドラッグします。

4.

タイムライン上で右クリックし、Create Segment from Selection(選択範囲をセグメントとして生成)をクリックするか、セグメント 生成ボタンをクリックします。

生成するセグメントごとに、上記のステップを繰り返して下さい。 セグメント生成ボタン 2 4

3

1

セグメント名の変更

ループボタン

セグメントメニューボタン

変更するセグメント名をダブルクリックするか、名前を変更するセグメントを 選択し、セグメントメニューから Rename を選択します。新しい名前を入力し、 Enter キーを押下します。

セグメントの繰り返し再生 セグメントを繰り返し再生するように指定するには、ループボタンをクリック するか、繰り返し指定するセグメントを選択し、セグメントメニューから Loop を 選択します。

セグメントの削除 削除するセグメントを選択し、セグメントメニューから Delete を選択するか、右クリックして、Delete を選択します。

56


セグメントのエクスポート 生成したセグメントは、動画(AVI フォーマット)でエクスポートすることが出来ます。

Scene(シーン) セグメントに背景として静止画(シーン)を作成します。 視覚刺激を動画やスクリーンレコーディングとした場合は、視覚化ツールを使用するために、セグメントとシーンを作成を作成する必 要があります。 シーンの作成や、作成したシーンにセグメントを割り当てるには、シーンボタンをクリックします。

シーンの作成 シーンを作成する前にセグメントを作成する必要があります。”セグメント”を参照して下さい。セグメントタブをクリックし、

1.

セグメントエリアを表示します。 2.

シーンタブをクリックし、シーンエリアを表示します。

3.

タイムラインのメインマーカを適切な位置にドラッグし、シーンのために背景を選択します。

4.

シーンエリアで、右クリックし Create new scene を選択し、新しいシーンを作成します。

5.

シーンと関連付けるセグメントを、シーンへドラッグ&ドロップします。複数のセグメントを1つのシーンに関連付けすることが可能 です。同じもしくは同等の背景を持つセグメントは、1つのシーンにグループ化することが出来ます。

作成する全てのシーンごとに、このステップを繰り返します。

3

5 4

1

2

シーン名の変更 変更するシーン名をダブルクリックするか、名前を変更するシーンを 選択し、シーンメニューから Rename を選択します。新しい名前を入力し、 Enterキーを押下します。

57


シーン画像の変更 シーンに使用する画像を変更するには、タイムラインのメインマーカを適切な位置にドラッグし、シーンのために背景を選択した後、変 更するシーンを選択し、シーンメニューから、Set new Scene Image(新しい画像を設定)を選択します。

シーンのコピー 割り当てられたセグメントを含むシーンを全てのレコーディングにコピーするには、コピーするシーンを選択し、シーンメニューから Copy content to all Recordings(コンテンツを全てのレコーディングにコピー)を選択します。 (セグメント作成において視覚刺激のランダム提示は考慮されます。)

シーンの削除 削除するシーンを選択し、シーンメニューから Delete を選択します。

シーンに割り当てられたセグメントを削除 シーンエリアの削除するセグメントを選択し、右クリック して、Delete scene segment(シーンのセグメントの削除) を選択します。

設定(Setting) 視線や視線オーバーレイの透明化のようなビデオ設定、イメージのサイズの設定は、設定タブにあります。

58


タイムラインの拡大・縮小 より細かい時間を表示するには、タイムラインのスケールを変更します。長いレコーディングからセグメントをを生成する場合や、ゆっ くり再生することが望ましい場合、これは有用です。

スケールを変更するには、スケーリング軸の終端の矢印を選択し、中間に向かってドラッグします。

Replay 画面のリサイズ 動画再生画面、セグメント、シーン、設定のウィンドウサイズは変更し、全てのセグメントやシーンを見ることが出来るようにするには、 それぞれのエリアの縁をドラッグします。

59


ビジュアリゼーション ビジュアリゼーション画面には視線データを視覚化(ビジュアリゼーション)するための様々な種類のツールが用意されています。

1.

メディアリストで、視覚化するメディアを選択して下さい。

2.

レコーディングリストで、視覚化するレコーディングを選択して下さい。デフォルトでは、全てのレコーディングが選択されます。 レコーディングのチェックを外すと、視覚化から除外します。

3.

フィルタを使用する場合は、必要な被験者のみを選択するフィルタを作成します。例えば、女性や、60 歳以上の被験者のみの 視線データなどです。

4.

ビジュアリゼーションツールを選択します。ゲイズプロット、ヒートマップ、クラスターを表示するには、それぞれのボタンをクリック します。動画とスクリーンレコーディングなどを視覚刺激としたメディアに関しては、前もってリプレイ画面でシーンに分割する必 要があります。

動画やスクリーンレコーディングの、複数の視線データを同時に視覚化するためには、ビースワームボタンをクリックします。

統計ツールを使用するためには、まず、興味領域(AOI)を作成する必要があります。AOI 定義ツールボタンをクリックし範囲を作成し た後、その範囲の統計を確認するために統計ツールボタンをクリックします。動画とスクリーンレコーディングなどのデータに統計ツー ルを適用する場合は、前もってリプレイ画面でシーンに分割する必要があります。

60


メディアリスト(Media List) 様々な種類のビジュアリゼーションツールを使用して解析可能な全てのメディアは、メディアリストに表示されます。 静止画とウェブページはすべてここに表示されます。

動画とスクリーンレコーディングなどのデータに関しては、前もってシーンツールで処理する必要があります。詳細は”シーン”を参照 して下さい。

Web グループ化ツール ウェブ視覚刺激では、ページをどのようにグループ分けして解析するかに ついての設定が必要となる場合があります。Web グループ化ツールでは、 様々な方法でウェブページをグループ化することが出来ます。

あらかじめ用意されている、URL ごと、URL とサイズ、Content ID ごと、 名前ごとの他に、手動でグループ化することも可能です。

Web グループ化ツールを表示するためには、MediaList の右下の、 Web Groups をクリックします。 ウェブページは以下に基づきグループ化されます。

URL 同じアドレスで表示された全てのフレームの視線データは、1 つのグループとしてまとめられ、1 つの同じフレームに表示されます。同 じアドレスを入力しても、異なる内容のページを表示するサイトの場合、場合によっては、一つのレコーディングごとに一つのページと なってしまう場合は、イメージのようなページ内容の違いにより、URL によってページをグループ化することができます。Set As Group ボタンをクリックすることで、背景とする画像もしくはページを選択することが可能です。 61


URL and Size(URL とサイズ) フレームが同じアドレスでも、異なるサイズであるなら、異なるグループとして分けられます。同じアドレスとサイズを持つ全てのフレー ムの視線データはまとめられて、一つのフレーム上に表示されます。Set As Group ボタンをクリックすることで、背景とする画像もしく はページを選択することが可能です。

Name(名前) フレームの名前は TobiiStudio で変更可能です。

Content ID(コンテンツ ID)

Manual(手動) フレームはドラッグ&ドロップにより手動でグループ化することが出来ます。2 つのフレームを一度に表示することが出来ます。 これはツール内で2つのフレームを直接比較するためです。手動によるグループ分けを使用する場合は、New Group ボタンをクリッ クして下さい。New group がリストに追加されます。片方のリストの 1 つを選択し、新しいグループに含めるページをもう一方のリスト からドラッグして下さい。ビジュアリゼーション用の背景を選択するために、背景とする画像を持つデータ選択し、Set As Group ボタン をクリックします。

レコーディングリスト(Recordings) レコーディングリストにリストされた全てのレコーディングは、視覚化と統計(ヒートマップ、ゲイズプロット、グラフ化など)に使用するこ とが出来ます。視覚化する視線データを持つレコーディングを選択するために、1つあるいは複数のチェックボックスにチェックしま す。

62


フィルタリング 被験者は、被験者のセットアップで入力された分類コードによりフィルタ することが可能です。例えば、男性の被験者のレコーディングのみを フィルタリングした場合、ヒートマップや視線のプロットのような 視覚化画面で、全ての男性被験者のレコーディングのみを表示します。

フィルタメニューによりどのフィルタを使用するかを選択します。 All フィルタ(全て)を選択すると、全てのレコーディングが使用されます。

フィルタ編集ボタン フィルタ削除ボタン フィルタ作成ボタン

フィルタの作成 新しいフィルタを作成するには、フィルタ作成ボタンをクリックします。New Recording Filter ダイアログが表示されます。 フィルタに名前を付け、フィルタを定義する分類コードとその値をを選択します。 いくつかの異なる分類コードを 1 つのフィルタ内で組み合わせて使用することが出来ます。被験者の分類コードの設定は、 Design and Record 画面の setup メニューで行います。分類コードの追加の方法や、被験者ごとの操作については、 ”被験者の管理”を参照して下さい。

63


フィルタの編集と削除 フィルタは Edit ボタンや delete ボタンを使用して、編集・削除が可能です。ドロップダウンリストから編集・削除するフィルタを選択し、 それぞれのボタンを押下して下さい。

興味領域リスト(Aria of Interest) 興味領域(AOI)は静止画やウェブサイトで、停留の数や停留時間といったような統計のグラフを表示するためのものです。 AOI は AOI 定義ツールで定義します。

調査リストメニュー りプレイを行う調査を調査リストメニューで選択します。 (調査リストメニューには現在開かれている調査名が表示されます。)

64


エクスポートメニュー 視覚化した画像を出力します。 ゲイズプロット、ヒートマップ、クラスター、AOI ツールに関しては、 BatchExport(まとめてエクスポート)も可能です。

ゲイズプロット

File settings(ファイル設定) エクスポートファイルを出力するフォルダを選択します。Advanced ボタンにより、ファイル名の接頭語や作成するフォルダについての 詳細を設定することが可能です。

Export scope(エクスポート範囲) エクスポートする範囲を指定します。 Only export current media(現在のメディアのみ) Export from all medias in current test(現在の調査の全てのメディア) Export from all medias in all tests in current project(現在のプロジェクトの全ての調査の全てのメディア)

65


Participant Filters(被験者のフィルタ) 出力するフィルタを選択します。

Time settings(タイム設定) Use current time(現在のタイムを使用) Use max time interval of Media(メディアの最大タイムを使用)

Information legend(説明) 画像内に付加する、エクスポートに関する説明の位置や内容、透明度を設定します。

ヒートマップ

Heatmap max value indication(最大値の表示) Use current set value(現在設定されている値を使用) Recalculate max for each media(それぞれのメディアで再計算)

その他の設定については、”エクスポート”の”ゲイズプロット”を参照して下さい。

66


クラスター

Cluster threshold settings(クラスター閾値設定) Use current threshold(現在の閾値を使用) Set threshold to XX% of image size(画像サイズのパーセンテージを指定)

その他の設定については、”エクスポート”の”ゲイズプロット”を参照して下さい。

67


AOI 定義ツール

設定については、"エクスポート"の"ゲイズプロット"を参照して下さい。

ビジュアリゼーションメニュー 視覚刺激で使用したメディアを背景に視線データをオーバレイした画像や、統計のためのグラフ化を行います。

68


ゲイズプロット ゲイズプロット画面では、視覚刺激で使用したそれぞれの静止画の視線データを静的に表示し、視線の動きを視覚化する有用なツー ルです。それぞれの停留は点として図示されます。点の半径は停留の長さを意味します。

データの選択 メディアリストから表示する画像を選択し、レコーディングリストから表示する視線データを選択します。 ゲイズプロットには 1 つあるいは複数のレコーディングを表示することが出来ます。レコーディングの前にあるチェックボックスにより、 表示するレコーディングを選択するか、分類コードによって表示するレコーディングをフィルタリングします。”フィルタ”を参照して下さ い。

ゲイズプロットの時間分割 一定の範囲内のゲイズプロットを表示する場合は、ゲイズプロット画面の下方にあるタイムラインを使用します。 選択されている部分が、現在ゲイズプロットに表示されているデータ範囲です。タイムラインにあるエンドマーカーをドラッグすることで、 データ範囲を調整することが可能です。データ範囲を小さくすることにより、いくつかのレコーディングは完全にゲイズプロットから除外 されてしまうかもしれないことに注意して下さい。

69


様々な色の点は、どのレコーディングがどの時点で終了したかを表します。(レコーディングリストでレコーディングの横に示される色 と同じです。)

静止画ファイルとして保存 ゲイズプロット画像の上で右クリックし、Save Image を選択します。

停留点の色の変更 色を変更するには、レコーディングの横にある色アイコンをダブルクリックします。カラータブレットが表示されますので、色を選択し、 OK をクリックします。

設定 画面下方にある Setting タブをクリックすると、設定画面が現れます。 停留点の境界色と視線の動きを表す線の透明度を変更することが可能です。(停留点の境界色を変更するには、色アイコンをダブル クリックします。)また、マウスクリックを表示するかどうかの設定もあります。

70


ヒートマップ ヒートマップは全レコーディングの視線特性を視覚化する強力なツールです。ヒートマップに表示するレコーディングを選択し、 Visualization 画面の Heat Map ボタンをクリックして下さい。ヒートマップはは、視覚刺激となった背景画像の上にヒートマップ・マスク を配置した画像です。ヒートマップ・マスクは黒い背景に被験者が見ていたエリアを強調表示したものになります。

データの選択 メディアリストから表示する画像を選択し、レコーディングリストから表示する視線データを選択します。 レコーディングの前にあるチェックボックスにより、表示するレコーディングを選択するか、分類コードによって表示するレコーディング をフィルタリングします。”フィルタ”を参照して下さい。

ヒートマップの時間分割 一定の範囲内のヒートマップを表示する場合は、ヒートマップ画面の下方にあるタイムラインを使用します。 選択されている部分が、現在ヒートマップに表示されているデータ範囲です。タイムラインにあるエンドマーカーをドラッグすることで、 データ範囲を調整することが可能です。データ範囲を小さくすることによりいくつかのレコーディングは完全にヒートマップから除外さ れてしまうかもしれないことに注意して下さい。

様々な色の点は、どのレコーディングがどの時点で終了したかを表します。(レコーディングリストでレコーディングの横に示される色 と同じです。)

71


静止画ファイルとして保存 ヒートマップ画像の上で右クリックし、Save Image を選択します。

設定 画面下方にある Setting タブをクリックすると、設定画面が現れます。 表示方法の他、透明度の変更、マウスクリックや凡例を表示するかどうかの設定もあります。

Fixation data style(停留データ表示方法) Count(回数) − 選択された全ての被験者の停留の回数を基に表示されます。被験者が見た時間の長さに関わらず、どこを見たか のみが表示されます。これは、2000ms の停留と 100ms の停留が同じように見えるという意味です。 Absolute Duration(絶対期間) − 選択された被験者が静止画の中の様々なエリアをどのくらいの時間見たか基に表示されます。 これは、2000ms の停留が 100ms の停留より 20 倍強く(色値で)表示されるという意味です。 Relative Duration(相対期間) − 各レコーディングの静止画上の合計停留時間に対するそれぞれの停留の長さの合計を基に表 示されます。例えば、10 秒間のうち、特定の場所を 3 秒間見ていたというレコーディングを A とします。そしてレコーディング B は、10 分間のうち、特定の場所を3分間見ていたとします。このスタイルのヒートマップでは、A と B のレコーディングデータは同じウェイトで 表示されます。

Display setting(表示設定) Style(スタイル) Heatmap − 停留データを色温度で表します。停留が大きいほど色温度が高く(赤く)なります。 Gaze opacity − 停留データを透明度で表します。停留が大きいほど、透明になります。 Heatmap 3D − 停留データを色温度+3D で表します。停留が大きいほど、色温度が高く(赤く)、盛り上がって表示されます。 マウスで画像を回転させることが出来ます。

Color 停留の大きさに対する色を設定します。表示内容によって自動的に変化しますが、異なる設定にしたい場合は入力して下さい。 72


ビースワーム ビースワームでは、複数の被験者の視線を確認することが出来ます。全被験者の視線データは選択されたメディア上にリアルタイム に表示されます。各参加者の停留は 1 つの点で表われます。

データの選択 メディアリストから表示する画像を選択し、レコーディングリストから表示する視線データを選択します。 レコーディングの前にあるチェックボックスにより、表示するレコーディングを選択するか、分類コードによって表示するレコーディング をフィルタリングします。"フィルタ"を参照して下さい。

コントロールボタン ビースワームを開始するために、プレイボタンをクリックして下さい。 レコーディングの注視データは、画面上に停留の点として表示されます。 停止、一時停止のボタンも用意されています。任意の時間を表示もしくは 任意の時間から開始したい場合は、タイムラインをクリックし、タイムラインの メインマーカーを移動させて下さい。

73

スクリーンショットボタン AVI エクスポートボタン


保存 画面イメージを静止画として保存する場合は、スクリーンショットボタンをクリックします。 ビースワームを動画(AVI)ファイルとして保存する場合は、AVI エクスポートボタンをクリックします。

ドロップアウト分析 ビースワーム画面の下方にある、タイムラインで、表示中のレコーディングがドロップアウトグラフで表示されます。

情報ボタン 様々な色の点は、どのレコーディングがどの時点で終了したかを 表します。(レコーディングリストでレコーディングの横に示される 色と同じです。)

また、この情報は、情報ボタンのクリックにより表として表示します。

設定 画面下方にある Setting タブをクリックすると、設定画面が現れます。 透明度の変更、注視データを現す点の色を変更することが可能です。(注視データを現す点の色を変更するには、色アイコンをダブ ルクリックします。)Use Project Color(プロジェクトで指定された色を使用する)を選択すると、レコーディングの横にある色アイコンで 指定された色で注視データを表示します。

74


クラスター 停留データのクラスタリングは、興味地域の自動生成と見なすことができます。クラスターにより、注視が集中したエリアを確認するこ とが出来ます。クラスターとするべき停留の間の最大距離は距離の閾値として設定することが可能です。 距離の閾値は、クラスター画面の Settings で調整可能です。可能です。

設定 画面下方にある Setting タブをクリックすると、設定画面が現れます。 透明度の変更、クラスターとするべき距離の閾値を設定します。

クラスターをデータ分析に使用 クラスターで確認されたクラスターや興味領域を統計ツールで使用するためには、AOI ツールにエクスポートする必要があります。 全てのクラスターは AOI ツールで削除、編集が可能です。イメージ中の形や名前、場所については、AOI(興味領域)としてであれば 変更可能です。

75


AOI 定義ツール 停留量を数値化するための非常に有用なツールとして、興味領域(AOI: Area Of Interest )分析ツールがあります。これは、被験者 の停留点座標に基づき解釈する代わりに、被験者が興味領域を見た回数や時間などに基づき解析を行うもので、様々はアプリケー ション(例えば、心理学調査、ウェブ、ユーザビリティ調査など)に応用可能です。

AOI 分析を使用する場合は、まずはじめに視覚刺激内に興味領域(AOI)を定義した後、それぞれのエリア内の停留数や停留の長さ といったようなデータを統計ツールで視覚化します。

メディアリストにあるすべてのフレームで、複数の AOI を作成することが出来ます。フレームとは、静止画、ウェブ視覚刺激で訪れたウ ェブサイトの画面イメージ、AVI やスクリーンレコーディングの映像中の一部を切り取った静止画(スクリーン、ムービー・メディア)で す。

AOI の作成 画面下方の Tools より作成する形(円形(Ellipse)、方形(Rectangle)、多角形(Polygon))を選択した後、画面をクリックして領域を定 義します。

76


AOI の名前の変更 画面下方の Tools より Edit を選択します。名前を変更する AOI をダブルクリックするか、AOI 上で右クリックし、Rename を選択 します。または、AOI リストの名前をダブルクリックし、新しい名前を入力後、Enter キーを押下します。

AOI の削除、コピー、貼り付け 削除 − 画面下方の Tools より Edit を選択します。対象の AOI 上で右クリックし、Delete AOI を選択します。 コピー − 画面下方の Tools より Edit を選択します。対象の AOI 上で右クリックし、Copy AOI を選択します。 貼り付け − AOI のコピーを行った後、任意のメディアへ移動し、画面上で右クリックし、Paste AOI を選択します。

77


統計ツール 統計ツールでは、興味領域および興味領域エリア内のデータに基づき、統計を行います。興味領域(AOI)の定義は、AOI 定義ツー ルで行ってください。

表/グラフの作成 1.

メディアリストでイメージを選択します。

2.

レコーディングリストのチェックボックスを手動でチェックするか、フィルタを使用することで統計のデータとして使用するレコーディ ングを選択します。フィルタを使用すれば、例えば男性や 10 代のようにレコーディングをフィルタリングすることができます。 デフォルトのフィルタは All で、全てのレコーディングです。フィルタリングに関しては、”フィルタ”を参照して下さい。

3.

ドロップダウンメニューより、Variable(表示データ)を選択します。下図は fixation count(停留の数)です。

4.

表やグラフをどのように表示するかについては、Rows and Columns(行と列)を指定します。データをどのように演算してグラフ に表示するかは、”mean”、”max”などから選択します。これについては、Summary Settings(集計設定)で説明します。

78


Chart(グラフ) Chart をクリックすると、グラフ画面が表示されます。Variable(表示データ)で選択した項目を棒グラフで表示します。 選択した全てのレコーディングと全ての AOI のデータがグラフに含まれます。Rows and Columns(行と列)の設定を変更することで、 様々な方法で表示します。どのようにデータを演算するかは、Summary Settings(集計設定)で選択します。

Summary Settings(集計設定) グラフが表示されている画面の Chart Settings ボタンをクリックすると、 ChartSettings ダイアログが表示されます。表示するデータを選択し、 OK をクリックします。 Min(最小) Max(最大) Sum(合計) Mean(平均) Median(中央値) Stddev(標準偏差)

79


Table(表) Table をクリックすると、表画面が表示されます。Variable(表示データ)で選択した項目を表で表示します。 選択した全てのレコーディングと全ての AOI のデータが表に含まれます。 Rows and Columns(行と列)の設定を変更することで、 様々な方法で表示します。どのようにデータを演算するかは、Summary Settings(集計設定)で選択します。

Variables(表示データ) 表示データは Variables ドロップダウンメニューで選択します。以下の項目を選択可能です。

Time to First Fixation(最初の停留までの時間) − レコーディング開始からそれぞれの AOI(興味領域)上にある最初の停留 点までの時間です。 Fixation Length(停留の長さ) − 被験者ごとの、それぞれの AOI における停留時間の合計です。これは、Setting メニューの Fixation Filter で定義される停留フィルタに基づいて算出されます。 Fixation Count(停留の回数) − それぞれの AOI における停留の回数です。これは、Setting メニューの Fixation Filter で定 義される停留フィルタに基づいて算出されます。 Observation Length(注視時間) − 被験者ごとの、それぞれの AOI における注視ごとの停留時間の合計です。 Observation Count(注視の回数) − 被験者ごとの、それぞれの AOI における注視の回数の合計です。 Fixations before(AOI を見るまでの停留の回数) − 被験者がそれぞれの AOI を見るまでに、他の AIO を見た停留の回数で す。 80


Rows and Columns(行と列) データの行と列は、Rows and Columns(行と列)ドロップダウンメニューで変更します。

設定 画面下方にある Setting タブをクリックすると、設定画面が現れます。 表示を自動的に更新したり、AOI 以外のデータを表示する設定があります。

81


AppendixⅠ トラブルシューティング いくつかの一般的なトラブルについては以下を参照して下さい。また、問題が解決しない場合はお問い合わせ下さい。

画面の問題 画面上に表示されません。(Tobii 1750 アイトラッカー) 1.

ご使用のアイトラッカーコンピュータに VGA ケーブルが正しく接続されていることを確認して下さい。

2.

画面の設定を確認して下さい。

3.

アイトラッカーの電源ケーブルが正しく接続されていることを確認して下さい。

4.

お使いのパソコンをシャットダウンし、アイトラッカーに接続されているケーブル(電源ケーブルを含む)を全て外し、60 秒程度 待った後、再度接続して下さい。その後、コンピュータを再起動し、接続を確認して下さい。

画面上に表示されません。(Tobii T60/T120 アイトラッカー) 1.

ご使用のアイトラッカーコンピュータに VGA ケーブルが正しく接続されていることを確認して下さい。

2.

画面の設定を確認して下さい。

3.

T60/T120 アイトラッカーの正面にある、Power ボタンを押して下さい。

4.

アイトラッカーの電源ケーブルが正しく接続されていることを確認して下さい。

5.

お使いのパソコンをシャットダウンし、アイトラッカーに接続されているケーブル(電源ケーブルを含む)を全て外し、60 秒程度 待った後、再度接続して下さい。その後、コンピュータを再起動し、接続を確認して下さい。

82


TET サーバーの問題 TETServer へ接続出来ません。(Tobii 1750 アイトラッカー) 1.

タスクトレイにある Tobii アイコンを右クリックし、Restart を選択して下さい。リモートコンピュータで TobiiStudio と TETServer を 接続している場合は、必ずローカルコンピュータ上の TETServer を Restart して下さい。

2.

Tools → Settings で、TETServer に再接続します。Tracker タブをクリックして下さい。アイトラッカーの IP アドレスが正しく入力 されていることを確認し、Test selected eyetracker をクリックします。(TETServer と TobiiStudio が同じコンピュータ上で起動し ている場合、IP アドレスは localhost または 127.0.0.1 です。)接続に成功すると、Connection Status: Connected と表示されま す。

83


3.

接続ケーブル(電源、FireWire、USB)がコンピュータとアイトラッカーにしっかり接続されていることを確認して下さい。

4.

お使いのパソコンをシャットダウンし、アイトラッカーに接続されているケーブル(電源ケーブルを含む)を全て外し、再度接続して 下さい。その後、コンピュータを再起動して下さい。

TETServer へ接続出来ません。(Tobii T60 アイトラッカー) 1.

アイトラッカーとコンピュータあるいはルータやネットワークにネットワークケーブルが適切に接続されていることを確認して下さ い。

2.

アイトラッカーに内蔵されている、TETServer に接続されていることを確認して下さい。TobiiStudio の Settings → Eye Tracker タブをクリックします。アイトラッカーの IP アドレスが正しく入力されることを確認し、、Test selected eyetracker をクリックします。 接続に成功すると、Connection Status: Connected と表示されます。

3.

お使いのパソコンをシャットダウンし、アイトラッカーに接続されているケーブル(電源ケーブルを含む)を全て外し、再度接続して 下さい。その後、コンピュータを再起動して下さい。

4.

USB-LAN 変換機を新規でインストールして使用している場合は、適切なドライバがインストールされているか確認して下さい。

視覚刺激の問題 静止画や動画が小さく表示されます。 TobiiStudio では静止画・動画のリサイズを行いません。例えばフルスクリーンで静止画や動画を表示したい場合は、画像と画面のサ イズが同じである必要があります。画面のサイズとは画面解像度と同一です。

画面解像度は、ウインドウズのスタートメニュー → コントロールパネル → 画面 → 設定 の画面解像度で確認することが出来ま す。

画像のリサイズは、お手持ちの画像エディタ等で行ってください。

84


Appendix Ⅱ エディションによる機能の制限 TobiiStudio には、ベイシック、プロフェッショナル、エンタープライズといった 3 つのエディションがあります。 それぞれのエディションによる機能の制限については、下表を参照して下さい。

ご使用中の TobiiStudio のエディションの確認 TobiiStudio の Help メニュー→ About TobiiStudio で表示されるダイアログを参照して下さい。

機能 デザイン

Basic

Professional

Enterprise

視線

分類コード

視覚刺激情報

キー入力とマウスクリック

ウェブページとスクロール

ユーザーカメラと音声

イベントロギング

ローカルビューアー(直接接続)

使用説明と静止画の視覚刺激 動画、ウェブ、スクリーン画面の視覚刺激

記録

リモートビューアー(IP 接続による制御) 再生

ビジュアル化

○ ○

シーンの区分化

ビデオクリップ

Gaze replay(視線)

Gaze plot

色温度マップ

標準統計パッケージ

興味領域

AOI の自動クラスタリング

ビースウォーム解析

85

test  
test  

testtesttesttest

Advertisement