Page 1

          い上す大ン進 てカ篝反 様 一 よ 域 地 夫 来 木 1ン を 現 う に 域 人 日 曽 9栽 阿 ま 旬 。 変 ク ん 現 い ガ 火 り 赤 で 年 誇 在 に お に に し 川 1培 木 す ご 花 豊 、 で 在 ま リ に か い す 末 り で な い 伝 よ た の 8の 地 。 ろ の 富 白 、 で す ビ 似 え 花 。 を まはりてえりア大(歴域 飾 か出にか花は。バてっび す種まもら、メ井大史の る ら荷なら色品 ナいてら 。のし栽れ恵リダ正はシ 鉢 行はっ複は種 とる咲が 生た培、那カム7古ク 花 わ 、 て 色 赤 改 言のく上 産。さ阿市人建)くラ の れ 11い ま 、 良 わで姿方 日 れ木東技設年、メ て月までピが れ、がに 王 本 る地野師にに

月のようなやさしい黄色は新しい色です

色とりどりのシクラメン

中 津 川 市 郷 土 か る た ・ 解 説 本 よ り

( 市 長 談 )

発行/中津川市役所 編集/企画部 広報広聴課  〒5088501 岐阜県中津川市かやの木町2番1号  緯 0573661111 H P  ht tp:// www. c i ty. nakatsugawa. g i fu. j p 携帯版HP ht tp://mobi l enaj . p/

  へ 本 の 年 思 も い よ を ろ 呼 し び く 起 お こ 願 し い て し く ま れ す ま 。 す ね 。

さ り げ な く の ひ と 鉢 が 、 大 切 な も の

  『 周 き 囲 ず の な 景 』 色 と に い 薄 う さ こ を と ば 感 も じ 。 る 季 節 。

『 愛 情 ・ 思 い や り ・ 憧 れ 』 。 そ し て

あ こ が

ピ ン ク と 色 ご と に あ り ま す 。

  シ ク ラ メ ン の 花 こ と ば は 赤 ・ 白 ・

携帯版web 市民安全情報ネットワーク  登録用QRコード

28


■「うちエコ診断会」を開催します    中津川市では、家庭向けの省エネ・節電対策として 「うちエコ診断」の受診を推進しています。  お気軽にご利用いただくため、次の日程で「うちエ コ診断会」を開催します。この機会に無駄のない省エ ネ・節電の取り組みで、光熱費を減らしましょう。  診断希望の方は、下記へお申し込みください。

 「うちエコ診断」は、省エネ機器・家庭の省エネ などの知識を持った専門の診断員が、皆さんのご家 庭の無駄なエネルギー消費量、光熱費、CO2排出量 などの状況を分かりやすく解説しながら、ライフス タイルに合わせた具体的な省エネ対策をアドバイス します。

と き:1月12日㈯、1月13日㈰     午前の部9:00〜12 :00     午後の部13 :00〜18 :00 ところ:健康福祉会館4階多目的ホール

ご自宅への訪問や、 出前講座での診断 も行っています。 お気軽にお問い合 わせください。

定 員:30世帯 診断員:㈳地球温暖化防止全国ネット認定診断員 診断時間:約50分 申込先:環境政策課(☎内線123)

■「うちエコ診断」アドバイスの例 (診断はパソコンでデータをお見せしながら対話形式で行います)

冬の暖房機器のスマート節電外 ●   床から暖めはじめましょう  冷たい空気は部屋の下のほうに、暖かい空気は天 井付近にたまりやすい性質をもっています。スイッ チを入れた時に、部屋全体を素早く暖めるためには、 まず風向きを下向きに設定しましょう。エアコンか ら床に向かって出た暖かい空気は、自然と天井に向 かって上がっていくため、結果、部屋全体を暖める ことができます。

エアコン編

●   扇風機を活用しましょう  部屋の空気をうまく循環させないと、「冷気だまり」 ができて、いつまでも足元は寒いままです。そんな時は 設定温度を上げるのでなく、扇風機や空気清浄機などを 活用しましょう。足元の冷たい空気と天井付近にたまる 暖かい空気をかきまぜることで、温度のムラをなくして、 部屋全体に暖かい空気が行き届くようになります。 暖かい空気

対流

暖かい空気が 天井にたまる

床付近から暖める せっかく部屋を暖めても、 床付近に冷気がたまって動かず、 暖かく感じない

出典:ダイキン工業㈱ホームページ「家庭用エアコン節電情報 冬の暖房篇」より ht t p: / / www. dai ki n. co. j p/ s et s uden/ home/ wi nt er / i ndex. ht ml このイラストは、ダイキン工業㈱の許諾を受けて掲載しています。

27

部屋全体が暖まり、 暖かく感じる

問 環境政策課(☎内線123・124) 死 kankyo@ci t y. nakat s ugawa. l g. j p


※相談は 有料 の表示があるもの以外は無料です。  なお、毎週開催の相談は、原則として祝日は開催しません。 種  類

開  催  日

特設人権相談所 (休日いじめ相談)

12日㈯

健   も の 忘 れ 相 談 9日㈬(要予約) 臨床心理士による相談 10日㈭ (要予約)

こ こ ろ の 臨床心理士による相談 相   な ん で も 相 談 17日㈭(要予約)

21日㈪

13 :30咳15 :30 加子母ささゆり会館

加子母総合事務所 (緯792111)

地域包括支援センター         (緯内線619)

13 :30咳16 :0 0 健康福祉会館

高齢支援課(緯内線619)

13 :00咳15 :00 福岡保健センター

福岡・地域福祉課(緯722111)

13 :00咳15 :00 付知公民館

付知総合事務所(緯822111)

18 :30咳20 :30 健康福祉会館 9:30咳15 :15 市役所市民談話室 9:00咳12 :00 川上かたらいの里 9:00咳11 :00 加子母ささゆり会館 10 :00咳12 :00 福岡公民館 10 :00咳12 :00 山口公民館

談 17日㈭・31日㈭ (要予約)

談 11日㈮・25日㈮ (毎月第2・4畳)

ろ ろ 心配ごと相談

健康医療課(緯内線659) 市民課(☎内線111) 川上総合事務所(緯742111) 加子母総合事務所 (緯792111) 福岡・地域福祉課(緯722111) 山口総合事務所(緯752126) 広報広聴課(緯内線314)

17日㈭ 15日㈫

13 :30咳15 :00 川上かたらいの里

社協坂下支所(緯755566)

21日㈪・28日㈪ 

13 :00咳15 :30 健康福祉会館

社会福祉協議会 (緯内線633・634)

16日㈬(毎月第3浄)

9:00咳12 :00 市役所市民談話室

健康医療課(緯内線659)

2111) 13 :30咳15 :00 坂下福祉センターさくら苑 坂下・地域福祉課(緯752211) 15 :00咳17 :00 蛭川福祉センター(要予約)蛭川総合事務所(緯452111) 13 :30咳15 :30 アートピア付知交芸プラザ 付知総合事務所(緯82-

16日㈬(毎月第3浄)

法務局総務係(緯661554)

13 :30咳15 :3 0 落合事務所

11日㈮(毎月第2畳)

福岡・地域福祉課(緯722111)

精神カウンセラーによる 13 :00咳15 :00 健康福祉会館 相談 (要予約)

8日㈫(毎月第2杖)

13 :30咳15 :30 福岡公民館

アルコール相談 17日㈭(酒害者回復クラブ) 金

市民課(緯内線120)

2111) 13 :30咳15 :00 坂下福祉センターさくら苑 坂下・地域福祉課(緯75-

毎週条咳畳 (祝日を除く) 岐阜地方法務局 8:30咳17 :15 中津川支局 ※月咳木曜日は人権擁護委員が対応します

(時間は受付時間です)

問い合わせ先

2111) 13 :30咳15 :30 アートピア付知交芸プラザ 付知総合事務所(緯82-

成年後見センター 10日㈭(要予約) 巡 回 相 談

康  

場  所

13 :30咳16 :00 中央公民館

10日㈭ 人 16日㈬ 権 特設人権相談所 18日㈮ 相 談 22日㈫ 常設人権相談

時 間

5566) 13 :30咳15 :00 坂下福祉センターさくら苑 社協坂下支所(緯753511) 15 :00咳17 :00 蛭川福祉センター ( 要予約) 社協蛭川支所(緯45-

弁 理 士 に よ る 24日㈭(毎月第4状) 中津川市中小企業支援センター 工業振興課(緯内線4263) 13 :00咳16 :00 無 料 発 明 相 談 ※要予約 (開催日1週間前まで) (中津川商工会議所) ハッピーマリッジサロン 12日㈯ (結婚相談所) 19日㈯

9:00咳12 :00 中央公民館 9:00咳12 :00 福岡公民館

女 性 の 人 権 毎週条咳畳 ホ ッ ト ラ イ ン (祝日・年末年始を除く)

8:30咳17 :15 緯 0570070810

無 料 法 律 相 談 25日㈮(先着7人) ※市内在住者に限る ※18日㈮8: 30から電話で予約

13 :00咳15 :20 市役所消費生活相談室

法 律 司法書士による 17日㈭(毎月第3状) ※平日13 :00咳16: 00電話で予約 19 :00咳21 :00 にぎわいプラザ 相 法 律 相 談 予約締切 15日㈫ 談 弁護士会による 毎週状 有料 法

子 育 て な ど 常 設 の 相 談

00電話で予約 談 ※平日9:00咳17:

ひきこもり・問題行動 毎週条〜畳 教 育 相 談 毎週条・浄・畳 青少年の悩みごと 毎週条・浄・畳 電 話 相 談

少子化対策課(☎内線202) 岐阜地方法務局人権擁護課 (緯0582453181) 消費生活相談室(緯内線167) 岐阜県司法書士会 (緯0582481715)

13 :00咳16 :00 中央公民館

岐阜県弁護士会 (緯0582650020)

9:00咳15 :00 かやの木教室

かやの木教室 (緯651166)

9:00咳15 :00 あけぼの教室

あけぼの教室 (緯723206)

15 :00咳18 :00 緯 653433

少年センター (緯内線4314)

乳幼児子育て相談 各園により開催状況が異なりますので、直接お問い合わせください 公・私立保育園、公立幼稚園 各 園 発

毎週条咳畳 (祝日を除く) 面談要予約

9:00咳17 :00

母 子 家 庭 相 談 毎週条咳畳

9:00咳17 :00

家 庭 児 童 相 談 毎週条咳畳

9:00咳17 :00

教育委員会 (にぎわいプラザ) 発達相談室(緯669911) 内発達相談室 健康福祉会館

福祉相談室(緯内線569・696)

:15 子どもの人権110番 緯 0120007110 毎週条咳畳 (祝日を除く) 8:30咳17 こどもSOSメール  死kodomosos@ci t y. nakat sugawa. l g. j p (常設)

26


中津地区住民など530人が参加  第一中学校

11  地域のみんなで防災を楽しく学びました /  18 中津地区で防災運動会     合 運 レ ト マ に き レ で の 下 害 学 大 体 定 ー イ ン 設 な が 水 破 水 発 ま ぶ 人 験 器 簡 会 動 シ レ ホ 置 い 使 洗 損 道 生 た 機 ま を を 易 の 会 防 ョ の ー す 場 用 ト な 施 時 、 会 で し 使 担 主 が 下 災 ン 組 ル る 合 で イ ど 設 に 災 と 一 な っ 架 催 、 水 安 も み な 緒 が た の で 中 道 全 行 立 り に ら 大 リ 開 津 課 課 い て ま 防 、 声 レ 催 地 ( ( ま デ し 災 子 競 ー さ 区 ☎ ☎ し モ た を ど 争 や れ 区 内 内 た ン 。 楽 も な 騒 ま 長 線  線  。 ス し か ど 音 し 会 541161 ト く ら の 測 た 連 ) ) 。

11  和宮、秋の馬籠を彩る /  23 馬籠宿で皇女和宮の一行を再現した降嫁行列       か 時 に と す た 余 野 ・ で ス 玉 せ 代 色 カ 、 6 行 和 り 袴 巫 、 実 行 中 山 て 絵 鮮 メ 沿 0 列 宮 が 武 女 地 行 事 山 観 口 い 巻 や ラ 道 0 が を 参 士 に 域 委 と 道 光 総 ま が か が の m 、 乗 加 に 、 の 員 し 馬 課 ( ( 合 し 秋 に 向 観 の 中 せ し 扮 大 中 会 て 籠 ☎ ☎  事 た の 繰 け 光 石 山 た ま し 人 高 が 馬 宿 内 75務 。 馬 り ら 客 畳 道 輿 し て た 生 企 籠 場 線 倆 所   籠 広 れ か の の を た 、 ち が 画 ル ま 4 2   を げ ま ら 坂 面 中 。 1 が 和 し ネ つ 2 1   一 ら し は を 影 心 2 裃 宮 た ッ り 7 2   層 れ た 盛 進 を と 0 侍 ・ も サ の 3 6 。 ん む 残 し た 人 ・ 奴 の ン 目 輝 ) )

し く 学 ぶ 」 こ と を 目 的 に 防 災

ョ ン を と り な が ら 「 防 災 を 楽

  地 域 住 民 が コ ミ ュ ニ ケ ー シ

の ば か ま

ぶ し

か み し も さ む ら い

や っ こ

再現される中山道時代絵巻             馬籠宿

12  /  2 阿 行 木 い 事 ま 務 し 所 た ( 。 ☎   63 倆 2 0 0 色とりどりのシクラメンが販売されました       阿木中の島公園 1 ) 来場者約7, 000人

シクラメンの販売に長蛇の列 阿木シクラメン・そばまつり   や こ 木 て シ は わ る 入 と 、 め の い ク 、 シ い と れ で 阿 て 美 た ラ 歴 ク が い を 有 木 育 し だ メ 史 ラ ら う 行 名 特 て い き ン と メ れ こ え で 産 た 景 ま を 伝 ン て と ば す 品 香 観 し 多 統 ・ い で 、 。 の り の た く の そ ま 皆 毎 て 販 豊 な 。 の あ ば す さ 年 い 売 か か ま 人 る ま 。 ん 花 ね な な で た に 阿 つ か を い ど そ 丹 、 買 木 り ら つ に も ば 精 阿 っ の で か け 手

  11  獅子と役者の滑稽なやりとりを披露 / 第12回岐阜県獅子芝居公演 12  25 月 文 く や 獅 太 連 の 化 の り 子 鼓 の 六 振 観 と の に 3 斎 興 客 り 仕 合 団 課 を を 草 わ 体 市

( ☎ 内 南さくら幼稚園の和太鼓の演奏や恵那農業高等学校 線 によるシクラメンの販売などが行われました。 4 中津川宿かいわい 3 1 問 中津川商工会議所(☎652154) 商業振興課(☎内線4266)   獅子芝居の上演     かしも明治座 6 )

25

魅 了 し ま し た 。

披 露 し 、 訪 れ た 多

や 役 者 と の 滑 稽 な

せ た 、 た お や か な

が 出 演 し 、 謡 や 笛 、

う た い

の シ ク ラ メ ン は 長 持 ち す る こ

た く さ ん の シ ク ラ メ ン 。 阿 木

加 子 母 獅 子 芝 居 保 存 会 角 領 若

存 会 小 郷 獅 子 連 、 万 賀 獅 子 連 、

  今 年 も き れ い に 咲 き 揃 っ た

  市 内 か ら は 加 子 母 獅 子 舞 保


11  「恵那山トンネルで事故発生。情報を共有せよ!」 /  6 恵那山トンネル総合防災訓練     要 と 速 タ 多 ( 隊 土 系 識 傷 合 中 田 ル 性 の 道 ー 治 災 、 岐 的 別 病 横 同 日 広 の 中 警 を 情 路 カ 見 害 中 ・ な ) 者 転 で 本 域 総 央 防 再 報 上 ー 病 派 津 多 対 な の 車 行 、 消 合 自 課 確 共 で ) 院 遣 川 治 応 ど ト 両 い 岐 防 防 動 ( 認 有 の の D 医 市 見 を 、 リ か ま 阜 本 災 車 ☎  し と 災 協 M 療 民 の 、 災 ア ら し ・ 部 訓 道 66 ま 相 害 力 E チ 病 消 恵 害 ー の た 長 、 練 恵 倆 し 互 で で R ー 院 防 那 現 ジ 救 。 野 N を 那 1 た 連 、 実 C ム D 本 ・ 場 ( 出 両 E 長 山 1 。 携 各 施 ( ) M 部 瑞 で 緊 、 県 X 野 ト 、 1 警 C 県 ン の 機 。 ド 県 A 救 浪 の 急 多 9 関 重 T ク 高 度 と O 飯 ネ 横転車両から救出訓練       中央道恵那山トンネル付近 急 体 立 数 ・ ) 11  /  7 ま し た 農 。

業 振 興 課 ( ☎ 内 線   2 1 9 口蹄疫発生を仮定して消毒訓練  東美濃ふれあいセンター )

口蹄疫の発生に備えて 岐阜県口蹄疫防疫演習   行 の 練 疫 関 場 し 続 わ 実 、 措 係 合 演 て い れ 働 発 置 団 に 習 も て 、 演 生 が 体 備 で お お 危 習 農 で が え は か り 機 、 場 き 連 て 口 し 、 管 消 で る 携 、 蹄 く い 理 毒 の よ し 県 疫 な つ 意 演 作 う て ・ が い 日 識 習 業 、 万 市 発 状 本 を な 従 机 全 町 生 況 で 高 ど 事 上 な 村 し で 発 め が 者 訓 防 ・ た す 生 。

11  100歳の誕生日おめでとうございます /  14 11月に誕生日を迎えた3人をお祝い   い と す さ に て よ は が れ 大 若 自 で 「 れ お 、 く 食 、 ま 病 い 分 、 鈴 ま 感 。 ま 話 元 食 事 今 し を 頃 で 最 木 し 謝 本 高 す し 気 べ も で た さ は 直 近 さ た の 当 大鋸ふささん (中津川) 齢 。 し ま ん 。 言 に 支 葉 皆 て で は   援 い を さ て 百 典 「 漢 着 自 、 課 お ま 暗 人 」 家 字 大 ま て 分 裁 ( っ の 記 一 だ 族 が 鋸 し い が 縫 ☎ さ た し お し 首 そ の ま 着 が 内 ゃ か て も う 漢 得 ん 。 し る お 線   っ げ い す で 字 意 は た 服 上 579 鈴木きくゑさん(福岡) て 」 ま べ す 辞 で 、 を 手 。 ) 。 おお

ア ジ ア の 周 辺 諸 国 で は 発 生 が

日 本 で の 発 生 は あ り ま せ ん が 、

すが ぬま さと

し た 。 同 年 7 月 の 終 息 以 後 は

れ 、 大 き な 社 会 問 題 に な り ま

頭 以 上 の 家 畜 の 殺 処 分 が 行 わ

菅沼里子さん (蛭川)

が 話 し て く だ さ

ま す 」 と ご 家 族

け て も ら っ て い

周 り の 家 族 が 助

い る ぐ ら い で 、

番 し っ か り し て

「 家 族 の 中 で 一

動 か し て い ま す 。

て 指 先 を い つ も

11   香川の" 通" なお客さんから大喝采 /   17   18 さぬき歌舞伎まつりで中津川の地歌舞伎披露   い か 場 鑑  た 伎 地 歌 丸 文 香 文 光 オ マ 平 。 中 歌 舞 座 化 川 化 物 リ ル 公 ま た ら を 観 振 産 ジ シ 会 た だ 惜 埋 車 公 津 舞 伎 ) 」 財 県 光 興 P ナ ェ 堂 、 き し め 曳 演 川 伎 ま で 「 琴 課 課 R ル 」 で サ ま み 尽 き で 保 を つ 開 旧 平 ( ( も 商 と は テ し な く の は 存 代 り 催 金 町 ☎ ☎ 行 品 題 、 「 ラ た い し 場 「 会 表 」 さ 毘 に 内 内 い や し さ イ 。 大 た 」 菅 が し に れ 羅 あ 線 線 ま 中 、 ぬ ト き 香 を 原 出 て 東 た 大 る 4 4 し 津 地 き 会 な 川 上 伝 演 東 濃 「 芝 国 2 3 た 川 歌 歌 場 拍 の 演 授 し 濃 地 さ 居 の 7 1 。 の 舞 舞 の 手 観 。 手 ま 歌 方 ぬ ( 重 2 7 を 客 会 習 し 舞 の き 金 要 観 伎 伎 琴 ) ) か が み

ま る ざ

く る ま

こ ん ぴ

す が

わ ら で ん じ ゅ て

県を越えて伝統芸能の交流を深めました 香川県琴平町

  宮 が 崎 か 口 県 か 蹄 で る 疫 発 病 は 生 気 、 し で 牛 た 、 ・ 時 平 豚 は 成  ・ 、 22羊 28年 な 万 に ど

な ら い

か な

毎 日 編 み 物 を し

伎 ) ・ 人 形 浄 瑠 璃 発 祥 の 地 で す 。

  菅 沼 さ ん は 、

  香 川 県 は 地 芝 居 ( 地 歌 舞

24


・ ・ 四 中 園 四 中 浅 第 学 原 第 学 野 4 2 4 3 克 位 年 晶 位 年 弥 女 さ 男 さ 子  ん 子 ん ( ( 100 坂 砲 坂 m 下 丸 本 ハ 中 投 中 ー 2 げ 3 ド 年 年 ル ) )   宅 諸 ら 7 探 跡 市 し 年 藤 訪 や の た 間 村 し 、 旧 小 暮 が ま し た 。  

 

か つ

あ き ら

左から園原さん、福田さん、西尾さん、浅野さん、青山市長

ス バ ン ド フ ェ ス テ ィ バ ル 」 を ス ポ ー ツ 課 ( ☎ 内 線 4 3 0 6 )

  防   団 12 活 月 性 9 化 日 事 ㈰ 業 、 「 文 第 化 17会 回 館 ブ で ラ 消 れ ま し た 。

が 述 べ ら

開ブ 催ラ ス しバ まン しド フ たェ

謝 の 言 葉

ス テ ィ バ ル

々 へ の 感

だ い た 方

え て い た

訪 ね ま し た ( 山 。 ☎ 口 75総 倆 合 2 事 1 務 2 所 6   )

と 近 代 詩 を 生 み 出 し た 風 景 を

藤 村 作 品

と や 、 支

声 援 が 大

ら 地 元 の

な っ た こ

き な 力 と

を め ぐ り 、

詩 碑 な ど

北 原 白 秋

軽 井 沢 の

藤村の詩碑を見学(小諸市懐古園)

た 選 手 か

い セ ン タ ー で 開 催 し 、 入 賞 し

    11 月   19 日 ㈪ に 東 美 濃 ふ れ あ

 

入ぎ 賞ふ 者清 報流 告国 会体 ・ 清 流 大 会

だ さ 警 い 防 。 課 ( ☎  66 倆 1 1 1 9 )

ご 期 待 く

    ・ 四 中 福 第 学 田 3 2 聖 位 年 汰 男 さ 子 ん ( 走 坂 り 本 幅 中 跳 2 び 年 )  

し ょ う

り の 地 と 日 本 近 代 詩 の 足 跡 を

諸 市 と そ の 周 辺 で 、 藤 村 ゆ か

ー ツ 少 年 団 所 属 の 市 内 中 学 生

  者    1511 人 月  が 16 姉 日 妹 ㈮ 都 ・  市 17 の 日 長 ㈯ 野 、 県 参 小 加

  の ま 躍 活 消 す し 動 防 。 て に 団 い

・ 皇 問 企画財務課(☎内線334) 女 和 定 宮 住 降 推 嫁 進 行 課 ( ( 列 ☎ 山 衣 内 口 装 線  馬 215 籠 鞄坂本小学校の図書購入のため 鞄貴重木(天然記念物)保護のため ) ) 000, 000円 松葉利夫様(恵那市)  1,  1, 000, 000円 有限会社東濃緑地園

ふるさとづくり寄附金   ありがとうございます

4 人 が 見 事 入 賞 し ま し た 。

・ し 催 ま 事 し 用 た テ 。 ン ト  19 張 ( 加 子 母 )

津 川 ジ ュ ニ ア 陸 上 ク ラ ブ ス ポ

日 本 近 代 詩 の ふ る さ と を 行 く 旅

ン ピ ッ ク 陸 上 競 技 大 会 で 、 中

  催   さ 10 れ 月  た 26 第 日 43㈮ 回 、 ジ 神 ュ 奈 ニ 川 ア 県 オ で リ 開

姉 妹 都 市 交 流

中全 学国 生大 4会 選で 手 が 入 賞

    ス ・ ポ 四 中 西 ー 第 学 尾 ツ 5 3 拓 課 ( 位 年 巳 男 さ ☎ 子  ん 内 ( 1 1 0 線 m 坂 4 ハ 本 3 ー 中 0 ド 3 7 ル 年 ) )   き 場 開 消 ま い 催 防 し た し 団 た だ 、 。 多 く の 皆 さ ん に ご 来  

た く み

て 日 夜 活

要 」 と し

域 防 災 の

員 は 「 地

品 な ど を 整 備

成 事 業 で 、 備

ミ ュ ニ テ ィ 助

セ ン タ ー の コ

  ㈶ 自 治 総 合

活宝 用く さじ れの て収 い益 ま金 すが

(代表取締役大岩省三様)

寄付をありがとうございます

( 敬称略)

社会福祉協議会へ 《11月》 渇300, 000円 匿名渇200, 000円 中津川ビクター歌謡教室 (駒場)渇28, 887円 ビクター歌謡フェスティバル(駒 場) 渇7, 500円 全建総連中津川総支部(かやの木町)  渇500円 匿名渇50, 000円 新井雅広(蛭川)渇車輌1台 785, 000円相当 岐阜県生命保険協会(岐阜市)渇24, 800 円 ふくおか産業祭品評会委員会(福岡)渇48, 000円 中 津川市消防団 団長 丸山輝城渇10, 000円 和田親和会(蛭

23

000円 防災運動会実行委員会会長 鈴木直 川)渇10,  渇50, 000円 榊間豊晴(高山)渇4, 139円 匿名渇100, 000 円 二六会代表 切石啓一(中津川)渇10, 000円 長尾建設 株式会社(中津川)渇1, 000円 匿名         

清和寮へ 渇雑巾150枚 並木薫(昭和町)

子育て支援センター(にぎわいプラザ)へ 渇木製おもちゃ(50万円相当) 早川木工所(茄子川)


国 際 協 力 機 構 ( J I C A )

ま し た 。

市青 役年 所海 を外 表協 敬力 訪隊 問員 が

加 ( 子 ☎ 母 79総 倆 合 2 事 1 務 1 所 1   )  

の 一 坂 環 下 と 病 し 院 て で 平 は 成 、 23健 年 康 に づ 病 く 院 り

し ま し た 。 う つ 病 を テ ー マ に

「 デ コ ボ コ さ 点 々 団 」 を 結 成

職 員 の 有 志 に よ る 人 形 劇 団

ば れ ま し た 。

3 団 体 が 選

か ら 6 個 人

に 中 津 川 市

ど も 支 援 賞 」

  る 農 も 夢 の お で お す ま 。 き ( 小 畑 萬 吉 代

個 別 経 営 や 集 団 組 織 を 表 彰 す

社 会 の 発 展 に も 貢 献 し て い る

技 術 の 改 善 に 取 り 組 み 、 地 域

こ の 賞 は 、 意 欲 的 に 経 営 や

習 い 、 心 身 と も に リ フ レ ッ シ

の 健 美 操 を

身 体 の 動 き

る 呼 吸 法 と

の う む

幼 児 教 育 課 ( ☎ 内 線 4 2 2 2 )

ュ し ま し た 。

阜 県 地 域 子

T A や 加 子 母 木 匠 塾 な ど 多 く

生 涯 学 習 課 ( ☎ 内 線 4 3 1 2 )

取坂 り下 組病 み院 がの 大地 き域 く医 評療 価の 彰 す る 「 岐

や 団 体 を 表

く だ さ る 方

動 を 支 え て

  農 事 組 合 法 人

日 本 農 業 賞農 岐夢 阜お 県お 代ま 表き り 入 れ ら れ

活 の 中 に 取

  目 ま し た ま 、 し 今 た 回 。 の 移 転 に は 、 P

  た 普 。 段 の 生

ち の 地 域 活

生 涯 学 習 課 ( ☎ 内 線 4 3 1 2 ) 参 加 し ま し

さ れ ま し た 。

つ り で 地 域 の 皆 さ ん に お 披 露

さ い れ た 、 学 12習 月 ス 1 ペ 日 ー ㈯ ス の な 図 ど 書 も 館 設 ま 置

い た 児 童 ス ペ ー ス や 、 机 を 置

  ま 新 し し た い 。 図 書 室 に は 、 畳 を 敷

と 関 わ っ て い き た い 」 と 報 告

る と 学 ん だ 。 今 後 も 色 々 な 人

解 ・ 尊 重 す る こ と が 、 活 動 が

て い る 。 価 値 観 を 否 定 せ ず 理

現 地 に 根 付 く た め に 大 切 で あ

信 条 や 文 化 な ど が 深 く 関 わ っ

よ う に な り

り も で き る

た ち の 見 守

に 、 子 ど も

教 育 の 活 動 を 行 い 「 、 健 康 は 、

活 習 慣 病 の 予 防 ・ 改 善 や 健 康

地 の ス タ ッ フ と 共 に 人 々 の 生

  市 原 役 さ 所 ん を は 表 保 敬 健 訪 師 問 と し し ま て し 、 た 現 。

  子 ど も た

支岐 援阜 賞県 を地 受域 賞子 ど も

  ・ 伝 風 統 流 芸 お 能 ど ・ り 風 流 苗 お 木 ど 子 り ど の も 指 連 導

人 の 親 子 が

    ・ 子 こ す 育 こ く て ろ す 支 く 援 わ く わ く ま あ る い

  69芸 組 プ 1 ラ 4 ザ 5 で

業 と し て 、 ア ー ト ピ ア 付 知 交

坂 下 病 院 ( ☎  75 倆 3 1 1 8 )     ・ 健 郷 安 全 土 岐 育 芸 太 成 能 鼓 の 保 伝 存 承 会 、 青 少 年 の ht t p: //www. t akenet . or . j p /~hospsaka/i ndex. ht ml

し た 第 2 弾 の 人 形 劇 「 孤 独 に

の 皆 さ ん に ご 協 力 を い た だ き

子 育 て 支 援 セ ン タ ー の 合 同 事

    11 月  22 日 ㈭ 、 市 内 5 カ 所 の

空 間 と と も

な り 、 ゆ っ

書 室 の 広 さ は 以 前 の 約 3 倍 と

務 所 の 一 画 に 移 し ま し た 。 図

手 狭 だ っ た 図 書 室 を 総 合 事

帰 国 し 、

( 坂 下 ) が

や 香 さ ん

い た 原 あ

遣 さ れ て

い ま す 農 。 業 振 興 課 ( ☎ 内 線   239 )

リ加 ニ子 ュ母 ー公 ア民 ル館 オ図 ー書 プ室 ンが ジ ー へ 派

年 間 フ ィ

と し て 2

派 遣 隊 員

外 協 力 隊

の 青 年 海

活動中の原さん(左から2人目)

秋 開 昨 高 評 の 催 年  山 価 園 さ 10院 さ 遊 れ 月 長 れ 会 た に が た 、 に 招 待 さ れ ま し た 。       ・ ・ ル 総 蜂 古 永 学 合 谷 典 冶 習 的 保 舞 邦 」 な さ 踊 子 講 学 ん 指 さ 師 習 ( 導 ん の 馬 ( 時 籠 蛭 間 ) 川 「 ) ホ タ

子2 育0 て1 ま 2  つ り第 を2 開回 催

 

た り と し た

観 を 守 っ て

  ・ 児 山 童 本 の 幸 登 子 下 さ 校 ん 時 ( の 落 安 合 全 ) 確 保

  ・ 児 土 童 屋 の 明 登 彦 下 さ 校 ん 時 ( の 落 安 合 全 ) 確 保

  括 い 院 な ケ こ ま の る ア う す ホ な を し の ー ! 推 た で ム 」 進 地 ご ペ が す 域 覧 ー 完 る 医 く ジ 成 取 療 だ に し り 、 さ 掲 、 組 地 い 載 坂 み 域 。 し 下 は 包 て 病 、         ・ ・ 活 子 糸 ア ソ 石 動 ど 魚 指 フ 原 も 川 導 ト 一 ・ 彦 ボ 道 地 一 ー さ 域 郎 ル ん の さ の ( 安 ん ボ 付 全 ( ラ 知 を 高 ン ) 守 山 テ る ) ィ

の 農 地 ・ 景

し 、 構 成 員

る 同 地 区 の

駆 者 と し て

り 、 そ の 先

8 人 で 地 域

的 存 在 で あ

け る モ デ ル

農 地 を 集 積

岐 阜 県 に お

山 間 地 で あ

織 で す 。 中

集 落 営 農 組

麦 、 大 豆 な ど を 栽 培 管 理 す る

表 ) は 、 苗 木 地 区 で 水 稲 、 大

22


1月から2月は、インフルエンザウイルスとノロウイルスが猛威をふるいます。 かからない・うつさないために、次のことに気をつけて生活しましょう。 問 健康医療課(☎内線623)

5つの予防の基本

冬の感染症・かからないために インフルエンザ

ノロウイルスによる感染性胃腸炎

・せき、くしゃみに混じったウイルスを吸い ・ウイルスのついた手で調理したり、口に触れて 込み感染 感染 感染経路 ・ウイルスのついた手を目、鼻、口などに触 ・患者のおう吐物や便が乾燥し空気中に舞い上が れて感染 り、ウイルスが口から入って感染 潜 伏 期 間 約1日〜4日 症

38寿以上の発熱、せき、頭痛、関節・筋肉の 吐き気、おう吐、下痢、腹痛、発熱(38寿以下) 痛み、全身のだるさなど など

①人混みに近づかない ②規則正しい生活 かからない ③手洗い・うがい・歯みがき た め に ④マスク着用 ⑤部屋の換気 ⑥予防接種

①手洗い ②食べ物によく火を通す(中心温度85寿で1分以上) ③調理器具を清潔に ④規則正しい生活 ⑤下痢、おう吐がある人は調理を避ける ⑥患者のおう吐物、便を正しく処理

①早めの受診で重症化防止 か か っ て  (2日以内なら抗ウイルス薬が効果的) ②解熱後、2日間は外出を避ける しまったら ③咳エチケット ④十分な睡眠と水分補給

①早めの受診で重症化防止 ②水分と栄養補給 ③下痢止めは自己判断で飲まない ④部屋の換気

感染症 予防の基本!

手洗いで ウイルスを洗い流す

 石けん自体には、手指についたウイルスを殺 す力はありませんが、手指からウイルスをはが しやすくする効果があります。手洗いは、感染 症予防全般の基本です。30秒以上かけて、丁寧 に洗いましょう。  洗った手は、共用のタオルではなく、きれいな ものや使い捨てペーパータオルを使いましょう。

21

約1日〜2日


愚虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞喰 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空  ・ 偶 ・医学生の奨学金は、合計1, 500万円(毎月20万円) 空 偶  ・ ・ 看護学生の修学資金は、合計4 8 0 万円(毎月1 0 万円) 空 偶 空  これまでに、25人の医学生と50人の看護学生が奨学金(修学資金)を受けています。 偶 空 偶 空  このほか、医師大学院生にも別に奨学金の制度があります。 偶 空 偶 空 偶 ■看護師のための就職準備資金貸付制度 偶 空 ■市民病院・坂下病院修学資金貸付募集 空  職 種:正看護師・助産師  看護師のIターン、Uターンなどによる就職 偶 空 偶 を支援します。 空  資 格:平成25年4月から看護学生になる方、 偶 空 偶  職 種:正看護師・助産師      または現在看護学生の方 空 偶  資 格:40歳未満の資格取得者で修学資金貸 偶 空  貸付額:10万円(毎月) 空 偶      付金を受けていない方 空  貸付人数:市民病院10人(予定) 偶 空      坂下病院5人(予定) 偶  貸付額:20万円(1回) 空 偶  貸付期間:2年(※返済免除有) 空  貸付人数:4年以内(※返済免除有) 偶 空  申込期間:1月4日㈮〜31日㈭ 偶  申込期間:随時 空 偶  選 考:随時 空  選 考:2月23日㈯ 偶 空 偶 空 偶 ※中津川市民病院・坂下病院で勤務をすると返済免除(勤務期間などの条件があります)となります。 空 偶  医師や看護師を目指し、将来地元で働きたいと考えている方は一度ご相談ください。 空 偶 空 偶 問 中津川市民病院 総務人事課(☎661251)・坂下病院総務課(☎753118)偶 空 寓遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇隅

医師・看護師目指す学生さんへ

〜奨学金(修学資金)貸付制度〜

尿 病 、 高 尿 酸 血 症 、 喫 煙 、 肥 満 、 運

や 中 性 脂 肪 の 高 い 状 態 ) 、 高 血 圧 、 糖

  動 脂 脈 質 硬 異 化 常 の 症 原 ( 因 悪 玉 コ レ ス テ ロ ー ル

健 康 で 長 生 き を し ま し ょ う 。

年 齢 を 把 握 し 、 生 活 習 慣 を 改 善 し て

  療 動 も 脈 大 硬 切 化 で を す 検 。 査 し て ご 自 分 の 血 管

化 と い い ま す 。

る 疾 患 の 診 断 を さ れ た 方 は 、 薬 物 治

り 、 血 液 の 流 れ が 滞 る 状 態 を 動 脈 硬

ざ ま な 物 質 が 沈 着 し て 血 管 が 狭 く な

わ れ て 硬 く な っ た り 、 動 脈 内 に さ ま

が 年 齢 と と も に 老 化 し 、 弾 力 性 が 失

運 ん で い る の が 動 脈 で す 。 こ の 動 脈

  療 体 が の 健 す 康 み 維 ず 持 み の ま た で め 酸 に 素 大 や 切 栄 な 養 の 素 で を す 。

  % 患 の 管 % よ て で と 血 障 、 る 厚 い 、 、 管 害 2 と 生 ま こ 脳 障 14 位 、 労 す の 血 害 % は 死 働 。 「 管 を で 心 因 省 動 障 共 す 疾 の の 脈 害 通 が 患 1 「 硬 の の 、 「 21 位 人 化 割 基 動 % は 口 」 合 盤 脈 、 悪 動 の の と 硬 3 性 態 予 合 す 化 位 新 統 防 計 る 」 は 生 計 と は 心 な 脳 物 」 治 35 疾 ど 血 27 に

と き は 、 サ ラ ダ 油 な ど の 植 物 性 油

る こ と が 大 切 で す 。 油 を 使 用 す る

ル コ ー ル は 適 度 に し 、 煙 草 は や め

ク な ど の 食 物 繊 維 を 多 く と り 、 ア

魚 ・ 大 豆 を 増 や す よ う に し ま す 。

  検 査 で 動 脈 硬 化 や 、 そ の 原 因 と な

脂 を 使 用 し て く だ さ い 。

野 菜 ・ 海 藻 類 ・ キ ノ コ ・ コ ン ニ ャ

ー ・ 卵 な ど の 動 物 性 脂 肪 を 控 え 、

食 事 : 糖 分 ・ 塩 分 を 控 え 、 肉 ・ バ タ

く だ さ い 。

グ な ど の 有 酸 素 運 動 を 毎 日 続 け て

運 動 : ウ ォ ー キ ン グ や 軽 い ジ ョ ギ ン

動 脈 硬 化 の 治 療

度 を 評 価 す る こ と が で き ま す 。

 

寝 た き り 高 齢 者 の 増 加 が 問 題 視 さ れ

が 、 昨 今 、 脳 梗 塞 な ど を 原 因 と す る

世 界 の な か で も 日 本 は 長 寿 国 で す

べ ま す 。 脳 血 管 や 全 身 の 動 脈 硬 化

血 管 の 狭 窄 や 動 脈 硬 化 の 程 度 を 調

る 大 切 な 血 管 で す 。 超 音 波 で こ の

健 康 で 長 生 き す る た め に 頸 動 脈 エ コ ー : 頸 動 脈 は 脳 に つ な が

で き ま す 。

  木 村 内 木 科 村 院 い 長

ず み 

み る と 全 身 の 動 脈 の 硬 化 度 を 把 握

眼 底 検 査 : 眼 底 の 網 膜 動 脈 の 変 化 を

し ま す 。

流 速 度 か ら 測 定 、 血 管 年 齢 を 算 出

血 圧 脈 波 検 査 : 動 脈 硬 化 の 程 度 を 血

( 血 圧 測 定 、 血 液 検 査 、 C T 、 M R I )

動 脈 硬 化 の 検 査 と 診 断

ど 動 脈 硬 化 の 危 険 性 が 高 ま り ま す 。

互 に 関 係 し て お り 、 因 子 が 増 え る ほ

げ ら れ ま す 。 こ れ ら の 危 険 因 子 は 相

動 不 足 、 ス ト レ ス 、 遺 伝 的 素 因 が あ

20


ピ そ ー う ド し で た 進 な め か て で き 、 ま 平 し 成 た 23。 ( 年 図 に 2 東 ) 日

国 や 県 の 耐 震 化 率 の 平 均 を 上 回 る ス

  市 に お け る 学 校 施 設 の 耐 震 化 は 、

成 と な り ま し た 。

国 や 県 を 上 回 る ス ピ ー ド で

5 番 目 の 達

下 の 市 で は

在 、 岐 阜 県

4 月 1 日 現

  す 平 。 ( 成 表 241 年 )

を 達 成 し ま

は 1 0 0 %

校 の 耐 震 化

ま し た 。

      参    考     (文 平全部 成  国 科 24と 学 年岐省 4阜耐 月県震 1の改 日耐修 現震状 在化況 )率調 は査

19

震 化 を 進 め て い き ま す 。

学 習 環 境 を 確 保 す る た め 、 今 後 も 耐

  て 園 い 児 ま ・ す 児 。 童 ・ 生 徒 の 安 全 と 快 適 な

り 中 津 川 市

  る こ 見 れ 込 に み よ と な り ま し た 。

今年度耐震化が完了した第一中学校の校舎

図2 耐震化率の推移

問 教 育 企 画 課 ( ☎ 内 線 4 2 1 3 )

の 全 小 中 学

学 校 を 耐 震 化 す る た め の 設 計 を 行 っ

  今 年 度 は 、 一 色 保 育 園 と 阿 木 高 等

耐 震 化 も 進 め ま す

今 後 は 保 育 園 ・ 高 等 学 校 の

行 い ま し た 。

施 設 整 備 も

に 配 慮 し た

置 し 、 環 境

電 設 備 を 設

は 太 陽 光 発

子 母 中 学 校 体 育 館 が 1 月 末 に 完 成 す

      第 2422 震 一 年 年 そ 化 中 度 度 の に 学 と に 結 取 校 2 完 果 り 校 か 了 、 組 舎 年 。 小 ん が に 中 学 で 昨 わ 学 校 き 年 た 校 の ま 11り は 耐 し 月 進 平 震 た 末 め 成 化 。 に て 23は 、 き 年 平 加 た 度 成 、 防 災 意 識 の 高 ま り と と も に 、 学 校 施

造 部 材 の 耐 震 化 も あ わ せ て 行 っ て き

震 化 工 事 で は 、 天 井 や 壁 な ど の 非 構

た め て 認 識 さ れ ま し た 。 震 災 後 の 耐

な 役 割 を 担 う も の で あ る こ と が あ ら

設 は 防 災 拠 点 、 避 難 施 設 と し て 重 要

一 中 学 校 に

中 学 校 ・ 第

校 ・ 加 子 母

・ 蛭 川 中 学

福 岡 中 学 校

木の廊下に改修しました

本 大 震 災 と い う 未 曽 有 の 災 害 が 起 き 、   い さ ま ら し に た 、 。

施 設 の 中 で も 学 校 施 設 を 最 優 先 に 耐

ぶ こ と が で き る よ う に 、 市 で は 公 共

  子 ど も た ち が 安 全 で 、 安 心 し て 学

安 全 ・ 安 心 の た め に

子 ど も た ち の

表1 小中学校の耐震化率 数

耐震化率

校  小学校

19

舎 中学校

12

体 小学校 育 館 中学校

18 100%

棟数合計

学 習 環 境 を 向 上 す る た め の 改 修 も 行

の 洋 式 化 な ど の リ ニ ュ ー ア ル を 行 い 、

  建 ま 物 た の 、 長 廊 寿 下 命 な 化 ど を の 図 木 り 質 ま 化 し や た ト 。 イ レ

11 124

修 や 強 化 ガ ラ ス へ の 取 り 替 え な ど 、

  耐 震 化 工 事 に あ わ せ て 、 屋 根 の 改

気 を 配 り ま し た

快 適 な 学 習 環 境 と エ コ に も


る  )  新  市  街  地  を  形  成  し  て 43い ・ く 5 %

津 川 駅 と と も に 2 つ 目 の 中 心 と な

開 発 を 広 範 囲 に 積 極 的 に 行 い ( 、 中

坂 、 山 口 、 坂 下 な ど が 割 合 が 高 い 結

ビ ス の 充 実 」 に つ い て は 、 坂 本 、 神

蛭 川 の 割 合 が 高 く 「 、 福 祉 ・ 医 療 サ ー

に つ い て は 、 川 上 、 加 子 母 、 付 知 、

働 け る よ う 、 雇 用 の 数 と 選 択 肢 を 広

で す 。 そ の た め に は 、 若 者 が 地 元 で

「 家 族 み ん な が 一 緒 に 暮 ら せ る こ と 」

問 リ ニ ア 推 進 課 ( ☎ 内 線  324 )

ム ペ ー ジ で ご 覧 い た だ け ま す 。

・ 駅 周 辺 で 商 業 施 設 や 住 宅 地 な ど の

  地 区 別 で み る と 「 働 く 場 所 の 確 保 」

  子 ど も を 持 つ 親 の 一 番 の 願 い は 、

や ア ン ケ ー ト 調 査 結 果 は 、 市 ホ ー

た め の 雇 用 の 創 出 に こ だ わ る

  リ ニ ア 中 央 新 幹 線 に 関 す る こ と

て の い 中 く 心  市  街  地  と  の  役  割  分 48担 ・ を 4 図 % っ

要 な 開 発 に と ど め 、 中 津 川 駅 周 辺

・ 駅 前 広 場 な ど の 交 通 拠 点 と し て 必

の 方 向 性 に つ い て は 、

  開 次 発 に な 、 ど リ は ニ 必 ア 要 駅 と 周 考 辺 え の て ま い ち ま づ す く 。 り

に 配 慮 し な が ら 地 域 の 活 性 化 に 伴 う

と な り 、 7 割 以 上 の 方 が 自 然 、 景 観

・ を 積 拡 極 大 的 し な て 開 い 発 く  な  ど  を  行 い 8 、 ・ 市 6 街 % 地

・ な リ 開 ニ 発 ア な 駅 ど お を よ 行 び わ 周 な 辺 い  を  除 10い ・ て 9 新 % た

・ 開 自 発 然 な 、 ど 景 を 観 行 に っ 配 て 慮 い し く  な  が 77ら ・ 必 7 要 % な

に 反 映 し て い き ま す 。

  女 ま性 ち・ づ若 く者 りの に考 対え する   る   こ   だ   わ   り

な ど と と も に 、 ま ち づ く り ビ ジ ョ ン

員 会 で 報 告 し 、 他 の 委 員 会 の ご 意 見

員 会 と し て の ま と め を 作 成 し ま し た 。  

こ れ ら の ご 意 見 は 、 次 回 の 策 定 委

た ま ち づ く り の ア イ デ ア と 合 わ せ 委

い て 話 し 合 い 、 こ れ ま で 検 討 し て き

女 性 ・ 若 者 な ら で は の こ だ わ り に つ

   ち 12づ 月 く 3 り 日 を ㈪ 検 の 討 第 し 5 て 回 き 委 ま 員 し 会 た で 。 は 、

る た め の 取 り 組 み が 重 要 で す 。

訪 れ る よ う な 「 リ ニ ア の 聖 地 」 に す

の 子 ど も た ち や 鉄 道 マ ニ ア が 何 度 も

と 車 両 基 地 で す 。 中 津 川 を 鉄 道 好 き

津 川 に し か な い 地 域 資 源 は 、 リ ニ ア

を テ ー マ に 女 性 ・ 若 者 の 視 点 か ら ま

代 の 「 理 想 の ま ち ・ ラ イ フ ス タ イ ル 」

  観 光 を 考 え る う え で 、 世 界 中 で 中

こ だ わ る

 威尉尉惟

意市意に リ意 意 つ ニ意 民 意 い ア意て ア意 意 意 開意 ン 意 お ケ 業意 意 伝 に意 ー 意 え 伴意 し ト意 意 意 う意 調 意 ま 当意 査 意 す 市意 の 意 。 の意 結 意 意 ま意 意 意 ち意 果 意 ② づ意 意 く意 意 慰尉尉易

照 が )  上  位  に  あ  げ  ら  れ  ま  し  た (  。  グ  ラ フ 参

の 継 承 「 」 ゆ と り あ る 住 環 境 の 確 保 」

ビ ス の 充 実 「 」 豊 か な 自 然 や 歴 史 文 化

 威尉尉惟 意 女 意た 女意 性 意だ 性意 ・ 意き 意ま ・意 意若意 若意 者 意し 者意 委 意た 委意 員 意。 意 員意 意会意 会意 意 で意 の 意 は意 取 意 り意 、意 意組意 リ意 意 ニ意 み 意 ア意 状 意 時意 況 意

し て さ ま ざ ま な ご 提 案 ・ ご 意 見 を い

教 育 、 観 光 な ど の 各 種 取 り 組 み に 関

④ 他 に な い オ リ ジ ナ ル の 地 域 資 源 に

す 。 豊 か な 自 然 や 景 観 を 守 る た め に

わ ら な い こ と 、 守 る こ と 」 も 大 切 で

グラフ 私たちや私たちの子ども・孫が、      これからも住み続けるため必要なことは?

① 若 者 が 地 元 で 働 き 、 地 元 で 暮 ら す

り の 方 向 性 に つ い て は 、

慰尉尉易

く り を 進 め る こ と が 重 要 で す 。

確 な 意 思 と ル ー ル に 基 づ い て ま ち づ

は 、 き ち ん と し た ル ー ル を 作 り 、 明

「 働 く 場 所 の 確 保 「 」 福 祉 ・ 医 療 サ ー

と 女 性 ・ 若 者 委 員 会 の 取 り 組 み 状 況

け 孫 て が い 、 く こ た れ め か 必 ら 要 も な こ こ の と 地 に 域 つ に い 住 て み は 続 、   っ 通 ま た 渋 た 事 滞 、 項 、 道 が 騒 路 挙 音 整 げ 、 備 ら 電 に れ 磁 関 ま 波 す し ( る た 磁 声 。 界 や ) 農 と 業 い 、   く こ リ し と ニ さ 」 ア に は に こ 必 よ だ 要 っ わ で て る す 地 が 域 、 を 同 「 時 変 に え 「 て 変 い

  て 先 、 月 シ に リ 続 ー き ズ 「 で 、 リ お ニ 伝 ア え の し ま て ち い づ ま く す り 。

「 リ ニ ア 中 央 新 幹 線 」 計 画 に つ い

  る ま 結 た 果 、 と 私 な た り ち ま や し 私 た た 。 ち の 子 ど も ・

担 を 図 っ て い く と の 考 え が や や 上 回

発 に と ど め 、 中 心 市 街 地 と の 役 割 分

と な り 、 交 通 拠 点 と し て の 必 要 な 開

は 、 自 然 環 境 、 治 安 、 地 価 高 騰 、 交

が あ り 、 一 方 、 不 安 な こ と に つ い て

企 業 の 誘 致 、 雇 用 の 増 加 と い っ た 声

に つ い て は 、 産 業 の 発 展 、 研 究 開 発

た だ き 、 リ ニ ア 開 業 に 期 待 す る こ と

③ 豊 か な 自 然 や 景 観 な ど の 中 津 川 ら

「 ふ る さ と 教 育 」 が 重 要 で す 。

と と も に 、 ふ る さ と へ の 愛 着 を 育 む

育 環 境 を 整 備 し 学 力 の 向 上 を 目 指 す

め に は 、 ソ フ ト ・ ハ ー ド の 両 面 で 教

ー ト 調 査 の 結 果 ( ま ち づ く り 関 係 )

に 向 け た ア ン ケ ー ト 」 の 市 民 ア ン ケ

 

や ま ち づ く り に 関 す る 自 由 回 答 を い

ア が 整 備 さ れ る こ と 、 中 津 川 の 魅 力

  未 来 の 地 域 を 担 う 若 者 を 育 て る た

て に こ だ わ る

  果 今 と 回 な の り 市 ま 民 し ア た ン 。 ケ ー ト で は 、 リ ニ ② 地 域 を 創 る 人 づ く り 、 教 育 ・ 子 育

げ る こ と が 重 要 で す 。

18


開館時間 平日10時〜19時 土日祝10時〜17時

1月5日㈯ 〜27日㈰ 『美人の日本語』

「百人一首」  

山下景子 著/幻冬舎    日本語には、美しい言葉がたくさんあ る。誰かに伝えたい言葉、自分の心にそ っとしまっておきたい言葉、みんなで味 わいたい言葉。  そんな言葉を1日1語紹介。口にする だけで綺麗になる365の言葉集。

 みなさんのお宅でも、お正月に百人一首を 楽しんでみませんか?

「資料から見る職業あれこれ」 ⑴産業・職業分野から見た市内の求人・就職 状況と産業・職業形態の現状 ⑵大学の学部とサステナビリティ※学について  ※持続可能性と訳され、持続可能な社会の 実現に向かう学問。 猿ボランティア「図書館くらぶ」 による展示です。

『大掴源氏物語まろ、ん?』 小泉吉宏 著/幻冬舎    複雑そうできちんと読んだことは一度 もないという人も多い源氏物語。全五十 四帖を一帖八コマの漫画で表したこの本 は、大掴みでわかりやすいだけでなく、 時代設定や衣装なども丁寧に考証されて います。栗顔の光源氏も必見!

1月23日㈬ 「ほろよい読書・朗読会」    お酒をテーマにした第2弾のミニゼミ。  地元酒店でお酒にまつわる小説の紹介や朗 読をとおして交流する会。 :00〜17 :00  定員 20人 時間 15 場所 大鋸酒店2階(中津川市本町) 会費 作家の愛したウィスキー・日本酒・ワ インなどを少し傾けたい人は実費 主催 図書館くらぶ 共催 市立図書館 おお

 保存期限の過ぎた雑誌をご自由にお持ち帰りいただけ ます。 期間 1月5日㈯から、なくなり次第終了です。 冊数 1人5冊まで

1月 日

 はがきまたは、はがきサイズの用紙におすすめの 本の紹介を絵や文で描いてください。 テーマ  「あなたへ贈る一冊」 締め切り 1月17日㈭ ※入賞作品は図書館に展示します。

6 13 20 27

『ありがとう3組』    乙武洋匡作/講談社    6年生になった3組。今年も担任は赤尾先生と知 ってホッとするのも束の間、 感情をコントロールできない 転校生、泰示がささいなこと から怒りを爆発させ、教室は パニック。またもや新たな問 題を抱えながら奮闘する赤尾 先生と3組の子どもたち。  映画「だいじょうぶ3組」 の続編です。

17

火 水 木 金 1 2 3 4 休館日 休館日 休館日 休館日 7 8 9 10 11 休館日 ★ ★ 14 15 16 17 18 休館日 21 22 23 24 25 休館日 ◎ 28 29 30 31 休館日 休館日 休館日 休館日

土 5 12 19 26

★ブックスタート 13 :30〜 健康福祉会館 おはなし会  ①おはなしおいでんさいのお話し会   8日㈫・22日㈫     11:0 0〜 絵本コーナー  ②すいーとぽてとのお話し会   12日㈯・19日㈯・26日㈯ 14:30〜 絵本コーナー  ③市川あつきさんのお話し会   20日㈰         14:00〜 絵本コーナー ◎ほろよい読書・朗読会


   

                                        !"#$%    !"#$%&'(     !"#$%      

          

                  

      



      



        

                         

           




4日㈮ 小野医院

2039 (坂本)☎687161 (坂本)☎687722 (坂本)☎68さか整形外科 5015 (落合)☎69中川医院 3219 (落合)☎69落合診療所 7222 (苗木)☎66上田医院 ☎6 6 7500 (中津) 可知医院 8088 (中津)☎65木村内科 1318 (中津)☎66恵那医院 ☎6 5 0011 (中津) 小島クリニック 7077 (中津)☎66佐生医院 3988 (中津)☎62ささきクリニック 8877 服部内科クリニック (中津)☎652872 (中津)☎65田口医院 5766 つねだ整形外科・皮ふ科(中津)☎654111 (中津)☎66東和クリニック 3001 (中津)☎62古瀬医院 ☎6 5 7565 古瀬小児科クリニック (中津) 3111 (中津)☎66中津クリニック

7日㈪ 笠木医院 8日㈫ 9日㈬ 10日㈭ 11日㈮ 15日㈫ 16日㈬

1 17日㈭ 18日㈮

月 21日㈪ 22日㈫ 23日㈬ 24日㈭ 25日㈮ 28日㈪ 29日㈫ 30日㈬ 31日㈭

2007 1日㈮ 林メディカルクリニック(中津)☎651565 4日㈪ 古橋内科医院 (中津)☎662  5日㈫ 古橋内科クリニック (中津)☎663915 3322 月 6日㈬ みやざきこどもクリニック(中津)☎623219 7日㈭ 落合診療所 (落合)☎692039 8日㈮ 小野医院 (坂本)☎68-

0011 (中津)☎655211 (付知)☎828811 (中津)☎65はやし歯科医院   3322 みやざきこどもクリニック(中津)☎6212   4377 30日㈰ 今井医院 (福岡)☎72月 ☎6 5 1184 (中津) 古榮歯科院 2039 (坂本)☎68小野医院 2009 31日㈪ 深谷医院 (福岡)☎72☎7 5 2355 (坂下) みお歯科

木村内科

2日㈬

3日㈭

1 

6日㈰

月 13日㈰

14日抄

20日㈰

3001 (中津)☎622 3日㈰ 古瀬医院 月 5777 丹羽内科・ペインクリニック(福岡)☎72-

市役所 緯 66崖1111 救急医療情報システム

平日夜間・休日当番医   ht t p: / / www. qq. pr ef . gi f u. l g. j p/ は携帯電話からもご覧 いただけます。  健康医療課/ ☎ 内線623・657

*歯科当番医の診療時間は、9時〜15時までです。 *22時以降は、中津川市民病院、坂下病院を受診してください。 *当番医は変更になる場合がありますので、必ずお問い合わせの うえ、お出かけください。

健康医療課/緯 内線623・626  実施日

会  場

1 29日㈫ 健康福祉会館 月 2  13日㈬ 健康福祉会館 月 23日㈯ 健康福祉会館

受付時間

胃 大腸 前立腺 肝炎 子宮 乳

8: 30咳 11: 00 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 13: 00咳 14: 30 〇 〇 〇 〇 〇 8: 30咳 11: 00 〇 〇 13: 00咳 14: 30 8: 30咳 11: 00 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 〇 13: 00咳 14: 30

★その他:子宮頸がん、乳がん検診(40歳以上)は、 医療機関でも受診できます。健康医療課へ お問い合わせください。

がん検診対象者  前立腺害50歳以上男 胃・大腸害40歳以上男女  肝 炎害30歳以上男女  乳 房害超音波検査は30〜39歳女性      マンモグラフィー検査は40歳以上女性  子宮頸害20歳以上女性

15

8088 (中津)☎653118 (坂下)☎753177 (中津)☎66柳沢歯科医院 3111 (中津)☎66中津クリニック 2125 (付知)☎82回生堂医院 ☎6 6 7702 (中津) やまうち小児歯科 7722 (坂本)☎68さか整形外科 2033 (加子母)☎79河村医院 ☎7 5 2123 (坂下) 吉村歯科医院 1565 (中津)☎66古橋内科医院 5777 丹羽内科・ペインクリニック(福岡)☎721210 (中津)☎66恵北医院 3118 (坂下)☎75坂下病院 ☎6 9 5015 (落合) 中川医院 2125 (付知)☎82回生堂医院 8148 (坂本)☎68あかさか歯科医院 ☎6 6 7222 (苗木) 上田医院 2009 (福岡)☎72深谷医院 7722 (坂本)☎68さか整形外科 2033 (加子母)☎79河村医院

1日抄 坂下病院

27日㈰

消防署 緯 65崖3799      (みなきゅうきゅう) 携帯用 QRコード

小島クリニック

29日㈯ みお医院

★注意事項   ・胃がん検診は、胃潰瘍などの治療中の方は 受診できません。 ・肝炎ウイルス検査は初めて検査を受けられ る方のみです。過去に輸血などをされた方 は、無料で肝炎ウイルス検査を恵那保健所 でも受けられます。 ・乳がん検診を受けられる方で、心臓ペース メーカー、豊胸手術を受けられた方は、予 約時に相談してください。

受診について ①がん検診料金:1つにつき700円 ②がん検診は予約が必要です。 ③予約方法:携帯で QRコードを読み取る→       「成人・健康診断の日程」から予約。  市ホームページでトップページ→「検診などの日程」から予約。  ※電話でも受け付けしています。 ④予約期限:検診日の1週間前まで ⑤健康福祉会館では託児を行います。


環境センター /緯62崖0085 

燃えるごみは祝・休日も収集します。 10区・11区・12区・新町区・一色区 中 中央区・14区・16区 燃 津 東7区・西77区・8区・9区・昭和区 え 地 17区・18区・東18区・24区・銭亀区・鉄官区・丸山警察官舎 る 区 丸山団地区・雇用促進住宅第3区・子野区・松田区

ご み 月 ・ 木 曜 日 収 集 地 区

火 ・ 金 曜 日 収 集 地 区

1月

2月

15 12

22

8

15 12

8

5

29

19

25

22

16

13

18

15

11

1

15 26 9

19区・21区・実戸区・中村区・雇用促進住宅第2区・尾鳩区 苗木地区

6

23 20

な 30 27

落合・神坂地区

16 13

山口・馬籠地区

坂下・上野地区

川上地区 加子母地区

燃 え る ご み

1月 2月

中 1区・2区・3区・4区・5区・6区・手賀野上区・会所ヶ丘区・雇用促進住宅第1区 津 地 23区・桃山区・西ヶ丘区・大平区・山手区・後田区・大峡区 区 共栄区・松源寺区

23 21

茄子川地区 阿木地区 付知町地区 田瀬・下野・福岡・高山地区

9

6

4

30

27

  21 18 資

17

14

28 25

23

20

10

7

7

燃 え な い ご み

千旦林地区

28 9 6 ご 25 有害30 16 9 6 13 有害30 み 7 9 6 4 有害30 20 17 27 24 有害13有害10

蛭川地区

24 28 27 24 16 13 16 13

源 

ご  27 み

24

リサイクル リサイクル 倉庫13, 27 倉庫3, 17

23

20

14

11

せん

 事前の申込は不要ですが、計 量が必要ですので、搬入出の際 には計量台に乗ってください。  ※搬入は必ずご本人またはご家   族でお願いします。   問 環境センター☎620085

庭木の剪定をしたときは…?    庭木を剪定した時は、切った枝を環境センターに直接 搬入できます。  搬入の際には注意事項を守って、搬入してください。   注:剪定枝の太さは直径10尺以下、長さは1m以内にし てください。  (竹は直径8尺以下、長さ4 0尺以内(厳守)にする)

 (電話番号のおかけ間違いにご注意   ください)

環境政策課/緯内線125 5日㈯ 西太田町通り商店街振興組合

11日㈮ 山口幼稚園ふたば会

国 民 健 康 保 険 料 (第9期) 国民健康保険課 ☎内線114

13日㈰ 西幼稚園PTA 19日㈯ 西太田町通り商店街振興組合 20日㈰ 東小学校PTA 26日㈯ 阿木保育園・小・中PTA

税 (第4期) 税

課 ☎内線142

後期高齢者医療保険 (第7期) 国民健康保険課 ☎内線112 1 月 介 護 保 険 料 (第9期) 介 護 保 険 室 ☎内線614 上 下 水 道 使 用 料 (1月分)

31日㈭

上下水道料金 ☎内線498 セ ン タ ー

27日㈰ 南小学校PTA 毎週㈯ 中央区 随 時 落合まちづくり推進協議会

※詳細は各団体へお問い合わせください。

夜間納税相談窓口 1月3 :15咳20 :00   1日㈭ 17 噛対象は市県民税、固定資産税、軽自動車税です。 ※夜間納税相談窓口は平成25年3月をもって終了します。 税務課/ 緯内線144 ・145

14


十人十色

   朝刊の折込を見て、 「ひぇーっ、ランドセルが24色のバリエーション だって。僕たちの時代には『赤と黒』しかなか ったのになぁ。」 「あら、色・形を好みに合わせるオーダーメイド もあるのよ。でも、お隣のおばあちゃんが水色 のランドセルを欲しがっている孫さんに困って たわ。学校でいじめられるのじゃないかって。」 「水色のランドセルか、なかなかいいセンスじゃ ないか。選ぶことができるって素敵なことだよ ね。さて、仕事にいってきま〜す。」  朝もやの中をとび回る色とりどりの子どもたち。   愛知県大口町 おおぐち男女共同参画懇話会 作成・編集「さんかくコラム」より

   ・ 恵 第 那 1 会 会 場 場 ( 長 1 島 月 町 16久 日 須 ㈬ 見 ) 自 覚 症 状 が 無 い た め 発 見 が 遅

態 に あ る と 言 わ れ て い ま す 。

      内    ・ 開   対   参ク 中 催 作 植 技 め 第 第 津 日 業 栽 術 容  る 象   加リ 2 1 川 ) 〜 研 方 者栽 会 会 会 整 修 ク な 新 募培 場 場 場 枝 ( リ ど た 基 ( 剪 ほ 栽 に 集本 1 1 苗 定 場 培 ク 技 月 月 木 を 準 の リ 術 139 ) 含 備 基 栽 講 日 日 む 、 本 培 習 ㈰ ㈬ 年 苗 知 を 会 間 木 識 始 、       問 ※ 人 々 の に C ご慢 1 普 ・ 申 受 文 し 8 低 K 存性 1 及 先 講 書 込 人 下 D じ腎 1 課 無 を み に し と で臓 1 ( 恵 料 送 く 1 た は ・ ☎ 那 付 だ 人 状 腎 す病 内 0 農 し さ ( が 態 臓 か 線  5 林 ま い 387 7 事 C を の ?C す 。 K ) 3 務 K い 機 。 後 D い 能 日 倆 所 D 26農 の 、 が 案 ) を 状 成 徐 内 倆 業

     ・ 前  講 日  演 本 「 腎 賢 慢 臓 い 性 学 付 腎 会 き 臓 理 合 病 事 い と 長 方 の 、 」 浜

      ・ 内 と  と た 報 る 鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯 「 透 こ   だ ま 基 早 健 析 容 ろ   き け で 本 ◆一昔前は、男の子は「黒」、女の子は「赤」が 期 康 患   る 分 知 当たり前だったのですが、自由な発想で自分ら 発 診 者 恵 131 講 か 識 見 断 さ 那 時 月 演 り か しさを表現できる今の時代の子どもたちが、ち ・ の ん 市 3011会 や ら ょっとうらやましいですよね。私たちも、今ま 早 大 の 文 分 日 を す 最 での常識にとらわれない柔軟な心を持たなくて 期 切 体 化 〜 ㈮ 開 く 新 治 さ 験 セ 15 催 聞 の はいけませんね。 療 談 ン 時  し い 医 」 タ 45 ま て 療 問 少子化対策課(☎内線202) す い 情 ー 分 。                 問 ※    ・  ・ 内 は 講 し    と  と 講 再 い が 女 参 講 講 「 座 て 読 ス読        こ 13 演 度 知 増 若 愛 が 健 性 図 を 活 み キみ 康 加    師   演 容  ろ 時 き 会 認 識 え い す ん の 「 書 開 動 聞 ル聞   30 を 識 、 て 年 る 検 医 費   健 分 1 開 し が い 代 家 診 健 館 催 す か アか 療 無  産 名 で 早 料 科 古 き 期 4 康 〜 月 催 て ん ま で 族 サ し る せ 康   課 婦 屋 る 発 階 福 1 5 1 9 ポ ま た ボ ッせ し い 検 す が へ づ ( 吉 人 大 子 見 多 祉 時 日 ま た 診 。 ん の ー す め ラ プ く ☎ 川 科 学 宮 ・ 目 会 30㈯ す だ の が に 贈 タ 。 の ン 講 り 内 史 教 頸 早 的 館 分  。 く 大 ん か り ー こ 実 テ 座 線  講 隆 授 が 期 ホ 認 の 践 ィ   た 切 の か 物 622 演 先 ん 治 ー 定 講 的 ア   め さ 正 る ) 会 生 」 療 ル 講 座 な と に を し 方 き っ か わ ふ み た か

ht t p: //www. ci t y. nakat suga wa. gi f u. j p/ mayor / dousei . h t ml

13

い ま す 。

ー ジ で 半 月 ご と に お 知 ら せ し て

※ 主 な 市 長 の 動 静 は 、 市 ホ ー ム ペ

会 会 7議 懇 費千会 談 1 5合 会 千百同 会 円円会 、、議 費 中水) 8津 曜 情 千川会  報 円 市 11交 議月換 会定会  O 例 会 B会費

自 動 車 道 促 進 特 別 委 員 会 ( 三 市

費参阜ト会競 6加 県 交 費 技 千 会 市 流 6会 円費長会 千競 ▼  8 会 参 円 技 21千 第 加 ▼ 別 日 円 2費 6天 第 、 回 1日 皇 6医 市 千 尾 杯 回療長円城獲 濃 懇 セ ▼ 山 得 飛 談 ミ 14サ 祝 横会ナ日ミ賀 断会ー岐ッ会

▼ 2 日 ぎ ふ 清 流 国 体 レ ス リ ン グ

市 長 交 際 費  11 月     

  問 ( ・ 申 ☎ 先 66 倆 市 1立 3図 0書 8館 )

※ 申 託 電 込 ト 児 話 方 ワ 有 で 法 ー お ク 申 1 づ し 月 く 込 17り み 日 ほ く ㈭ か だ ま さ で い に 。

・ 望 ま し い サ ポ ー タ ー と ネ ッ

  金 C に K な D り を ま 知 す り 。 、 腎 臓 に 関 す

  申 と     込 方 き  第 法   2 9 会 事 時    場 前 30 に 分 1 電 〜    月 話 1620 で 時  日 お 30㈰ 申 分 脳 卒 中 な ど の 怖 い 病 気 の 引 き

問 ※ 健 参 康 加 医 費 療 無 課 料 ( ☎ 内 線  629 )

人 工 透 析 を 招 き 、 心 筋 梗 塞 や

れ 、 腎 臓 機 能 の 低 下 が 進 む と

   松  医  科  大  学  名 誉 菱 教 田  授 ひ し だ

明 先 生

  と ・ ・ 内 と  座 」 お い 絵 こ 第 は て 本 容 ろ 1 き  で 回 な の   す 1 。 し 選 中 会 び 央 1 〜 の 方 公 月  3 企 、 民 23月 画 著 館 日 ( づ 作 ほ ㈬ 全 6 く 権 か 回 り に ) つ


か け く だ さ い 。

売 も 行 い ま す の で 、 ぜ ひ お で

  学 生 習 産 の 科 成 学 果 科 を の 発 実 表 習 し 製 ま 品 す の 。 販

  す 書 。 の 確 作 定 成 申 指 告 導 期 と 間 受 前 付 に を 確 行 定 い 申 ま 告

              と ご お に 問      ・  ・ き 観 誘 よ 警 ( ・   ・ 1 2 11  9  8 ・ 覧 い る ふ 防   時 時   時  時 と く 合 演 課 る さ : 4 0  :  45こ だ わ 技 ( と (  分 ろ    さ せ な ☎ に : 十 分  : : : い の ど : : 66ぎ 六 楷 ( 一 1 。 う も 式 分 倆 わ 銀 文 ( え 行 1 い 列 行 梯 文 典 化 斉 月 放 5 ご い 行 操 1 広 横 法 化 会 水 日 来 ま 進 1 場 広 館 会 ㈯ 場 す 9 前 場 前 館 、 。 ) ) ) ) )       ※ ※ 内  と   問 23セ ・ 要 無 ま 親 入 画 多 こ 倆 ン 申 ) 料 す 相 場 上 容 治 ろ 1 タ 先  の 。 談 無 映 見 1 ー 託 コ 料 「 里 市 1 ( 東 児 ー 、 隣 親 総 1 ☎ 濃 有 ナ 映 る 制 合 ) 0 子 ( ー 画 人 度 福 5 ど 事 を 終 」 の 祉 7 も 前 設 了 説 セ 2 相 予 け 後 明 ン 倆 談 約 て に 、 タ 必 い 里 映 ー

 

学阿 習木 成高 果等 発学 表校 会

生 産 科 学 科 と 総 合 生 活 科 の

さマ れイ たホ 方ー へム を 取 得

ht t p: / / www. nt a. go. j p

  問 ( 中 ☎ 津 66川 倆 税 9 務 2 署 3 個 7 人 ) 課 税 部 門

  ( 問 ・ ☎ 申 0 先 5 水 7 野 2 将 倆  23也 倆 法 2 律 7 事 0 務 1 所 )

※ 相 談 無 料 、 先 着 順 、 予 約 制

  と 多 こ 治 ろ 見 市 産 業 文 化 セ ン タ ー

  控 除 を 受 け る た め の 要 件 ・

か る も の ( 本 人 名 義 )

④ 金 融 機 関 の 預 貯 金 口 座 の 分

   と     き     1 10月  時 19 〜 日 12㈯ 時

③ 印 鑑 ( 朱 肉 使 用 の も の )

に 必 要 な 書 類

無地 料元 法弁 律護 相士 談に よ る

② 確 給 書 定 与 類 申 所 告 得 書 の を 源 作 泉 成 徴 す 収 る 票 た な め ど 、   問 ( ・ ☎ 申 内 先 線  消 167 費 ) 生 活 相 談 室

控 除 を 受 け る た め に 必 要 な

自 己 負 担 )

登 記 事 項 証 明 書 な ど 、 こ の

よ り 取 得 し た マ イ ホ ー ム の

相 談 く 料 だ さ 無 い 料 。 ( 電 話 通 信 料 は

平成25年1月末から開始 「気になる年金記録、再確認キャンペーン」

あなたの年金記録もう一度、ご確認を 若い頃に 勤めていた 記録が見つかった

結婚前の旧姓の 記録が見つかった

名前の読み方が 誤って登録されて いた記録が見つかった

 ぜひ、ご確認を 年金額の増加に結びつく記録が発見される可能性があります。

水 や 分 列 行 進 、 苗 木 分 団 に よ

  出 今 初 年 式 は を 13行 分 い 団 ま に す よ 。 る 一 斉 放

  新 年 恒 例 の 平 成  25 年 市 消 防

一消 斉防 放出 水初 を式 実で 施 し ま す   と 対 と   こ 1 象 ろ  き  月 30 一 阿 日 般 木 ㈬   高   等 13 学 時   校 10 体 分 育 館

  ① 持 内  対 と 新 ち 導 行 新 ロ 象 中 こ 築 物 ( 容 い 築 ー 者 津 ろ ・ 来 居 ・ ン 川 購 場 確 住 購 な 平 商 入 順 定 さ 入 ど 成 工 、 ) 申 れ 、 で 24会 増 告 た 増 マ 年 議 改 書 方 改 イ 中 所 築 の 築 ホ に ホ な 作 な ー 、 ー ど 成 ど ム 住 ル に 指 を を 宅

      と   ・  ・ 2 139 月  き 時 時 13 〜 〜  日 1611㈬ 時 時    ・ 3014 分 日 ㈭

ひ と

添 付 書 類 な ど は 、 国 税 庁 ホ ー

る 楷 梯 操 法 ( は し ご の り ) の

  問 ( 阿 ☎ 木 63高 倆 等 2 学 2 校 4 3 )

と な

い 税 ム 。 務 ペ 署 ー へ ジ お を 問 ご い 覧 合 い わ た せ だ く く だ か さ 、

披 露 の ほ か 、 市 内 の 幼 稚 園 児

担 当 弁 護 士 事 務 所 へ お 電 話

   と  13 時 き  30 分 1 〜 月  1626 時 日 30㈯ 分

  相  相 談 10談 方 時 時 法 〜 間 16( 開 時 両 催 30日 日 分 と の も 時 ) 間 内 に

「 里 隣親 る普 人及 」イ 上ベ 映ン ト

              と   1 き ☎ 1 ☎ 0 伊 月  0 大 月 ・ 5 藤 20 5 岡 5 相 7知 日 7琢 日 談 2恵 ㈰ 3美 ㈯ 先 倆 子 倆 ( 59( 25恵 倆 土 倆 那 4岐 0市 2市 7) 0) 0 1 1

過地 払元 金弁 の護 無士 料に 電よ 話る 相借 談金 ・

 年金記録問題の解決に向けて、これまで 「ねんきん特別便」などをお送りし、ご確認 をお願いしてきました。しかし、いまだ約 2, 200万件の持ち主が確認できていない記録 が残っています。  ご自身の年金記録に「もれ」や「誤り」が あるのではとご心配のある方は、ご確認いた だき年金事務所などにご相談ください。 問 多治見年金事務所(☎0572220255)   市民課(☎内線111)

12


待 ち し て い ま す 。

い の 上 、 多 く の 方 の 参 加 を お

  ボ 家 ー 族 ル ・ で 同 す 僚 。 ・ 友 人 な ど お 誘

  者 申 の 入 込 年 居 資 齢 者 格 が お 35よ 歳 び 以 同 下 居

な り ま す 。

  問 ( ・ ☎ 申 先 75 倆 坂 3 下 1 病 1 院 8 総 ) 務 課

 

ン コ ー ト で 行 う 4 人 制 バ レ ー

ー ル を 使 用 し て 、 バ ド ミ ン ト

ビ ー チ ボ ー ル は 柔 ら か い ボ

る 若 者 世 帯 も 対 象 と

へ の 定 住 を 希 望 さ れ

で 、 山 口 ・ 馬 籠 地 区

ビ手 ー軽 チに ボ誰 ーに ルで も 大楽 会し 開め 催る 市 内 他 地 区 在 住 の 方

る 方 を 募 集 し ま す 。

区 に 定 住 を 希 望 さ れ

帯 で 、 山 口 ・ 馬 籠 地

  市 外 か ら の 若 者 世

「 U 馬I 籠タ 団ー 地ン 」 入者 居用 者住 募宅 集

面 接 試 験

  受 選 採 募 試 考 用 集 験 1 付 方 日 人 日 月 期 法  員  4 間 4 2 日 教 月 1 月 ㈮ 養 1 人 2 〜  ・ 日 日 25 専 ㈪ ㈯ 日 門 ㈮ ・ 作 文 ・

  問 ( ・ ☎ 申 内 先 線 ス 4 ポ 3 ー 0 ツ 7 課 )

き ま す 。

          問 ( 坂 ( 山 建 ・ 申 ☎ 下 ☎ 口 築 先 75総 75総 住 倆 合 倆 合 宅 2 事 2 事 課 1 務 1 務 ( 1 所 2 所 ☎ 1 基 6 内 ) 盤 ) 線  235 整 ) 備 課

ー ジ か ら も ダ ウ ン ロ ー ド が で

置 し ま す 。 ま た 、 市 ホ ー ム ペ

事 務 所 、 地 域 事 務 所 な ど に 設

申 込 書 を ス ポ ー ツ 課 、 各 総 合

許 取 得 見 込 者

確 認 し て く だ さ い 。 1 月 か ら

  受 職  取 験 医 得 資 療 種 者 格 ソ お ー よ 社 シ び 会 ャ 平 福 ル 成 祉 ワ 25士 ー 年 の カ に 免 ー 免 許     申 チ 詳 込 1 ー 細 締 チ ム や 切  ー 編 ル ム 成 ー 2 4 ル 月 人 は 6 以 、 日 上 申 ㈬ 込 書 で

正国 規保 職坂 員下 募病 集院

参 加 進 費 委 員 1 会 チ ー ム 5 0 0 円

  主 と  と  こ   催 ろ    き    2 中 サ 津 ン 9 月  川 ラ 時  24 市 イ 30日 ス フ 分 ㈰ ポ 中 〜   ー 津 15 ツ 川 時 推

    受 さ だ 口 の 入 敷 家 駐 募 所 入 入 車 集 在 居 居 1 付 い 詳 け ・ 方 居 期 金 賃 場 戸 地 決 予 月  期 。 し る 馬 、 数  定 定 15間 く 方 籠 入 間  馬 日 は な 地 居 3 1 2 お ど 区 し 5 カ カ 台 4 籠 選 4 ㈫ 問 。 へ て 年 月 月 分 戸 5 考 月 〜   28 以 分 3 無 3 に い 定 5 4 よ 日 合 住 年 内  万 料 円 6 り ㈪ わ し 以 番 決 せ て 内 地 定 く い に 1 だ た 山

申込資 申込資格 現在住宅に困っていて、市税を滞納していない方で、暴力団員でない方、

市 営 住 宅 入居者募集

     下記の表の入居資格の○を満たす方

申込期 申込期間 1月15日㈫咳25日㈮  入居予定 入居予定 2月 申 ・ 問先 建築住宅課(緯内線236)または各総合事務所

土・日・祝日は除く :15 8:30〜17

 申し込み数が空家戸数を超える住宅は、抽せんにより入居者を決定します。 団地名

種 類

所 在 地

戸数

間取り

家賃(所得による)

市外可

同居 親族

同居 配偶者

単 身 所得制限 あり

松 田

公 営 中津川23959

1戸 2DK

9, 000円〜13, 400円

駒場1

公 営 津島町210

1戸 3DK

13, 600円〜20, 300円

高 部

公 営 坂下28416

3DK

10, 300円〜15, 500円

下 平

公 営 川上16849

1戸 3DK

12, 300円〜18, 300円

1戸 2LDK 22, 600円〜33, 700円

須母田A 公 営 加子母42853 向田瀬

公 営 田瀬9501

鳩 吹

公 営 蛭川354412

和 合

特公賃 坂下2261

3DK

13, 900円〜20, 800円

1戸 2DK

11, 000円〜16, 300円

3LDK 41, 000円〜49, 000円

毅公営、特公賃は入居予定日から3カ月以内に結婚される婚約者がいる方は同居親族等の資格があります。 毅公営の所得制限は月額15万8千円以下の方に資格があります。 毅特公賃の所得制限は月額15万8千円を超える方に資格があります。  ※の戸数および各団地の詳細についてはお問合わせください。

11


対 産 は る 税 ( 物 業 償 さ い 該 を 資   1 象 必 所 法 ま な 用 土 却 い て 当 郵 産 12 申 償 月 者 要 得 ( た ど 資 地 資 。 い す 送 ) 月 告 却 1 経 の ま は ) 産 や 産 な る で 申 初 は 資 日 費 計 た 減 で ( 家 と い 方 お 告 旬 1 産 現 ) 算 は 価 、 機 屋 は 場 で 届 書 に  ( 在 に 上 所 償 そ 械 、 ( 合 申 け と 固 月 固 、 算 、 得 却 の 、 車 対 は 告 し 申 定 31 市 入 損 税 費 減 設 両 象 ご 書 て 告 資 日 定 内 さ 金 法 ) 価 備 以 資 連 な い の 産 ま 資 で れ ( ) が 償 、 外 産 絡 ど ま 手 ( で 産 税 会 る ま に 法 却 構 の ) く が す 引 償 社 資 た よ 人 額 築 事 だ 届 。 き 却 に ) い る 方 に 課 税 さ れ ま す 。 廃 車

現 在 で 、 軽 自 動 車 を 登 録 し て

  軽 自 動 車 税 は 毎 年 4 月 1 日

り ま せ ん か ?

体 な ど さ れ た 軽 自 動 車 は あ

◎ 廃 車 手 続 き を し な い ま ま 解

っ て い ま せ ん か ?

◎ ナ ン バ ー が つ い た ま ま に な

あ り ま せ ん か ?

◎ 使 わ な く な っ た 軽 自 動 車 は

は お 済 み で す か ?

問 種  別 税 務 原動機付自転車(125cc以下のもの) 小型特殊自動車 課 ( (農耕作業用など) ☎ 内 二輪車 線  (125ccを超えるもの) 146 ) 軽自動車 ( 三輪、四輪)

軽 自 動 車 の 廃 車 手 続 き

  問  提 提 税  出 出 務  先 期 限  課 各 税 ( ☎ 総 務 1 内 合 課 月  事 資 31 線  務 産 日 131 ) 所 税 ㈭ 係 、

ht t p: / / www. el t ax. j p/

手 続 き を し な い と 、 い つ ま で

問 お 税 問 務 い 課 合 ( わ ☎ せ 内 く 線  だ 134 さ ) い 。

覧 く だ さ い 。

化 協 議 会 の ホ ー ム ペ ー ジ を ご

は 、 一 般 社 団 法 人 地 方 税 電 子

  課 詳 税 し さ く れ は る 税 こ 務 と 課 が 資 あ 産 り 税 ま 係 す に 。

と く 平 だ 成 さ 25い 年 。 度 ご も 連 固 絡 定 が 資 遅 産 れ 税 ま が す

た だ く か 、 電 話 な ど で ご 連 絡

  ま 電 す 子 。 申 告 の ご 利 用 方 法 な ど

[ エ ル タ ッ ク ス ] ) も 利 用 で き

  申 通 告 常 方 の 法 紙 媒 体 に よ る 申 告 の

ほ か 、 電 子 申 告 ( e L T A X

に 「 取 り 壊 し 届 」 の 提 出 を い

廃車手続き・名義変更などの受付窓口

・市税務課(☎内線146) ・総合事務所・地域事務所(中津事務所除く)  持ち物:ナンバープレート・印鑑 岐阜運輸支局 岐阜市日置江26481(☎05055402053)  持ち物:上記へお問い合わせください 軽自動車検査協会岐阜事務所 1(☎0583940232)  羽島市福寿町平方字丸池東9 持ち物:上記へお問い合わせください

  さ れ 平 た 成  方 24 は 年 、 中 1 に 月 家 31屋 日 を ㈭ 取 ま り で 壊

さ れ た 方 へ

家 屋 の 取 り 壊 し を

所 有 し て い る 方 。

付 け て い る 方 で 、 償 却 資 産 を

駐 車 場 や ア パ ー ト な ど を 貸 し

場 や 商 店 を 経 営 し て い る 方 、

を 経 営 し て い る 方 、 個 人 で 工

せ く だ さ い 。

で 、 次 の 各 窓 口 へ お 問 い 合 わ

所 は 種 別 に よ り 異 な り ま す の

  も 廃 税 車 金 手 が 続 か き か の り 方 ま 法 す ・ 。 受 付 場

 市税を納期限までに納めないことを滞納といいます。滞納された方には督促状や催告書を送付して納付を促し ていますが、今年度は平成24年12月14日付(納付指定期日:平成24年12月26日)で催告書を発送しています。  催告書が届いたまま放置されますと法律に基づき、市は財産(給与、預貯金、売掛金、不動産など)の調査・ 差し押さえなどの滞納処分を行うことになります。市では公平な負担の観点から、下表のとおり平成21年度以降 差し押さえを中心に滞納整理に取り組んでおり、今年度も11月末の時点で477件の差し押さえを実施しました。結 果として、平成23年度の県下都市の徴収実績は上位にランキングされるようになりました。 (現年度徴収率 98. 66%:2位、滞納繰越分徴収率31. 71%:2位、合計徴収率94. 16%:4位)  また、納期内に納付した方との公平を保つため、納期を過ぎると本税・督促手数料のほかに、納期の翌日から 起算して1カ月間は年率4. 3%、その翌日から納付までの間は年率14. 6%を乗じた延滞金が加算されます。催告書 が届いたら速やかに納付することが第一ですが、納めることができない場合には、差し押さえなどされる前にご 相談ください。 【滞納処分(差押) 状況】 (H23年度以前については3月31日時点、H24年度は11月30日時点での数値) ※1 債権(預貯金以外) 財産の種類  年度

預貯金

債権 (預貯金以外)※1

不動産

動産

合計

換価充当額 ※2 (単位:円)

平成24年度経過

417件

48件

12件

0件

477件

50, 762, 621

平成23年度実績

770件

92件

14件

0件

876件

104, 885, 311

平成22年度実績

512件

99件

51件

0件

662件

79, 656, 150

平成21年度実績

416件

40件

56件

4件

516件

28, 686, 201

とは、給与、売掛金、 年金、生命保険、国税 還付金のことをいいま す。 ※2 換価充当額とは差し 押さえした財産をお金 に換えて税に充てた金 額のことをいいます。

問 税務課収税係(☎内線144・145)

10


を 支 給 し ま す 。 養 成 機 関 合 格

練 を 受 け る 場 合 に 訓 練 促 進 費

取 得 す る た め 、 養 成 機 関 で 訓

  就 職 や 転 職 に 有 利 な 資 格 を

促 進 費 支 給 の ご 案 内

母 子 家 庭 高 等 技 能 訓 練

問 障 問 害 い 援 合 護 わ 課 せ ( く ☎ だ 内 さ い 線  。 644 ) 問 年 福 ) 祉 相 談 室 ( ☎ 内 線   569 )

定  学 員 校  生 16 人 ( 事 前 予 約 制 )

さ れ る 大 学 、 短 大 、 専 修

     ワ (ー 姉 ☎ カ 6565ー 倆倆サ 10ポ 09ー 78ト 78セ ン ) タ ー

養 義 務 者 の 所 得 制 限 な ど が

  支 修 給 業 対 期 象 間 期 の 間 全 期 間 ( 上 限 3

の 実 情 に 応 じ て 認 め る 資 格

作 業 療 法 士 、 そ の 他 市 長 が 市

支 援 し ま す 。 帰 省 し て 受 講

ま せ ん か ? 大 学 生 の 就 職 を

有 料 広 告

9

祉 士 、 保 育 士 、 理 学 療 法 士 、

育 し て い る 方 に 支 給 さ れ ま す 。

で 1 、 程 在 度 宅 の の 障 20が 歳 い 未 を 満 お の 持 方 ち を の 養 方

  対 ④ ③ ② 看 象 な 練 過 両 就 得 関 修 護 と い 促 去 立 業 が で 業 師 な 方 進 に が ま 見 修 年 、 る 費 母 困 た 込 業 限 準 資 な 子 難 は ま し 2 看 格 ど 家 と 育 れ 、 年 護 を 庭 認 児 る 対 以 師 受 高 め と 方 象 上 、 給 等 ら 、 資 の 介 し 技 れ 修 格 養 護 て 能 る 業 の 成 福 い 訓 方 の 取 機

     怯 就 就大 の 方 職 活学 ) 成 応生 、 昼 功 援の 食 の セた ( ミ め 基 外 ナ の 礎 食 ー 力 可 、 ) 学 び             相  と    と  況  電 顧勤  話 先 談  こ      予 着 料   ろ     き  問 労 弁者     約 順   ワ (  1 護 く   )無 1 料 セ ー 1 10月  士 ら 9月 ( ン カ 人 時 25 が し 時4 事 タ ー  〜 日 対 の 0 2㈮ 応 法 〜日 前ーサ3 分1 し律 ㈮ 予 ポ以時 ま相 約 ー内 す談 制 ト) 、

     対   と    と し  こ     ま 象   ろ     き し    ょ   に   1う 2 0 6 ぎ  9 月 。 1 倆 わ  時 19 4 1 い  40日 会   年 議 プ 16分 ㈯ ラ に 室 ザ 時 〜 卒 30 分 業

す べ て の 問 ・ 申 込 

あ り ま す の で 、 詳 し く は お

    ※ す の  障 に と 生 特 支 。 20常 害 支 す 活 重 別 給 歳 時 児 給 る で 度 障 に 未 介 福 さ 、 常 の 害 は 満 護 祉 れ 在 時 障 者 、 の を 手 ま 宅 特 が 手 支 方 必 当 す の 別 い 当 給 に 要 。 20な に 対 支 と 歳 介 よ 象 給 す 以 護 り 者 さ る 上 を 、 ・ れ 在 の 必 日 扶 ま 宅 方 要 常

険 受 給 資 格 者 証 ( 受 給 中 の 方 ) 、 昼 食 ( 外 食 可 )

級 ま た は 療 育 手 帳 の A 1 〜 B

に あ る 方

      持 定   対   と  と 仕    こ   方 ち 物 員   象   ろ   き を   学     サ  1 び 筆 12( 求 記 人 転 職 研 ン 10月 ま 用 ( 職 中 修 ラ 時 16す 事 希 の 室 イ 〜 日 。 具 前 望 方 C フ 15 ㈬ 、予含 中時 雇約) 津 用制 川 保)     持 定 対   と  と 座 険ち  こ   で 受 物 員 象   ろ   き す   。     給 1 サ 1 2 5 0 筆 資 格 記 人 〜 研 ン 9 月  ( 64修 ラ 時 24 者用事歳室イ〜日   証 具 前 の C フ 15㈭ (、予求 中 時  受雇約職 津 40 給用制者 川分 中保)

  特 身 別 体 児 障 童 害 扶 者 養 手 手 帳 当 の 1 級 〜 3

て い る か 、 同 様 の 所 得 水 準

応 募 書 類 の 基 礎 か ら 面 接

類 の 作 成 な ど の 具 体 的 な 講

心 構 え 、 ス キ ル の 確 認 、 書

ど の 負 担 を 軽 減 す る た め 各 種

 

各 種 手 当 の ご 案 内

重 度 の 障 が い に よ る 介 護 な

障 が い を お 持 ち の 方 へ

  ① た 母 対  だ 児 す で 市 さ 童 方 、 内 象 い 扶 次 に 。 養 の 居 手 す 住 当 べ す の て る 支 の 母 給 要 子 を 件 家 受 を 庭 け 満 の

 

マ ナ ー ま で 、 1 日 で 就 活 の

手 当 が 支 給 さ れ ま す 。

怯 め ざ せ 就 職 ★ セ ミ ナ ー

( 参 加 費 無 料 )      怯 中 就が 高 活ん 年 応ば の 援る 就 セ中 活 ミ高 の ナ年 進 ー! め 方 や

      か ら の お 知 ら せ

有 料 広 告

( ワ ー カ ー サ ポ ー ト セ ン タ ー )

後 に 福 祉 相 談 室 へ 相 談 し て く

勤 労 者 総 合 支 援 セ ン タ ー

※ 持 リ食ち ク 可 物  ル) ー 筆 ト 記 ス 用 ー 具 ツ 、 で 昼 参 食 ( 加 外 。


31要 す 日 介 る 現 護 本 在 認 人 、 定 ま 要 者 た 支 ( は 援 平 扶 2 成 養 以 24家 上 年 族 の 12が 認 月 、

に よ り 障 害 者 控 除 を 受 け る こ

「 障 害 者 控 除 対 象 者 認 定 書 」

定 者 ) に 該 当 し て い る 場 合 、

参 考 に し な が ら 望 ま し い 定 数

は 、 市 民 の 皆 さ ん の ご 意 見 を

  究 こ を の 行 た っ び て 、 い 同 ま 特 す 別 。 委 員 会 で

問 環 境 政 策 課 ( ☎ 内 線  123 )

  J R 中 津 川 駅 北 側 へ つ な が

新 し い 道 が 開 通

駅 へ つ な が る

で 議 員 定 数 特 別 委 員 会 を 設 置

◆ 要 介 護 認 定 に 伴 う 「 障 害 者

お 知 ら せ

 

お 寄 せ く だ さ い

市 議 会 で は 、 9 月 定 例 議 会 問 議 会 事 務 局 ( ☎ 内 線  503 )

議 員 定 数 の 意 見 を

介 護 保 険 室 か ら の

問 て 介 利 護 用 保 で 険 き 室 ま ( す ☎ ) 内 線   613 )

問 ま 林 す 業 。 振 興 課 ( ☎ 内 線   244 )

料 額 は 、 本 人 の み 税 控 除 と し

き に よ り 納 付 さ れ た 介 護 保 険

ど の 緑 化 活 動 に 活 用 さ れ て い

の 苗 木 配 布 や 各 地 域 や 学 校 な

  推 市 進 内 」 で に は 活 、 用 公 さ 共 れ 施 て 設 い な ま ど す へ 。

接 通 知 が あ り ま す ( 。 年 金 天 引

月 中 旬 に 日 本 年 金 機 構 か ら 直

を 天 引 き さ れ て い る 方 は 、 1

  利 な 用 お く 、 だ 年 さ 金 い か 。 ら 介 護 保 険 料

い し ま す )

( 氏 名 、 住 所 の 記 載 を お 願

せ い た だ く こ と が で き ま す 。

影 響 の な い 数 値 で す 。

ら 大 き な 変 化 は な く 、 健 康 に

      提 死 姉  郵 提 66中 中 送 出 市 出 倆 津 津 先  期 内 で 9 川 川 限 に き 7 市 市 〒  在 る 5 議 か 508 1 住 方 4 会 や 倆 月 の の 事 木 8 31方 務 町 5 日 局 2 0 ㈭ 番 1

gi kai @ci t y. nakat s ugawa. l g. j p

る 市 道 中 津 4 8 5 号 線 が 開 通

し 、 議 員 定 数 に 関 す る 調 査 研

  控 確 除 定 」 申 に 告 つ な い ど て の 税 務 申 告 を

測定値 (μSv/ h ) 調査地点

市役所庁舎前駐車場 加子母総合事務所駐車場 北消防署前駐車場 馬籠総合グラウンド 阿木事務所前駐車場 坂本北部グラウンド

1 号

測定日:H24. 12. 4〜5 地上1m 地上0. 5m 0. 10 0. 11 0. 11

0. 11

0. 11

0. 13

0. 08

0. 08

0. 12

0. 12

0. 10

0. 11

※国際放射線防護委員会(I CRP)が2007年に示した勧告では、自然放射線および 医療目的の放射線を除き、 「一般公衆」が1年間に浴びてもよい被曝限度量は1 mSv(ミリシーベルト) / 年とされています。1時間当たりの数値(測定値の単 位)に換算すると、 「0. 19μSv/ 時間」となります。現在測定されている放射線量 は、この勧告を下回っています。 (μ(マイクロ)はm (ミリ)の1000分の1)

様 々 な 「 森 林 づ く り ・ 緑 化 の

任 意 様 式 で も ご 意 見 を お 寄

阜 県 緑 化 推 進 委 員 会 へ 納 付 し 、 確 定 申 告 な ど の 税 務 申 告 に ご ※ 郵 便 、 フ ァ ク ス 、 メ ー ル の

  あ 緑 り の が 募 と 金 う は ご 公 ざ 益 い 社 ま 団 し 法 た 人 。 岐 ら せ を 1 月 下 旬 に 発 送 し ま す 。

に 対 し て 、 年 間 支 払 額 の お 知

は 納 付 書 に よ り 納 付 さ れ た 方

提 出 用 紙 に 記 入

合 事 務 所 に 備 え て あ る 意 見

② 市 役 所 、 各 地 域 事 務 所 、 総

  6 カ 所 と も 先 月 の 測 定 値 か

り 、 多 く の ご 協 力 を い た だ き

空 間 放 射 線 量 測 定 結 果

  円 市 で 民 し の た 皆 。 さ ま や 企 業 の 方 よ

平 成  24 年 春 期 ・ 秋 期 の 緑 の

知 ら せ ( 普 通 徴 収 分 ) の 発

◆ 介 護 保 険 料 年 間 納 付 額 の お

続 き を し て く だ さ い 。

合 事 務 所 窓 口 で 交 付 申 請 の 手

① 市 ホ ー ム ペ ー ジ 「 市 議 会 」

提 出 方 法

② そ の 具 体 的 な 理 由 、 根 拠

① 設 く た を 望 問 だ 。 考 ま さ 皆 え し る さ て い よ ん い 議 う の く 員 お ご こ 数 願 意 と い 見 に し を な ま お り す 寄 ま 。 せ し

か ら 中 津 川 駅 周 辺 へ の 連 絡 が

全 も 確 保 さ れ 、 市 内 北 部 方 面

善 さ れ る と 共 に 、 歩 行 者 の 安

な り ま す 。 地 域 の 住 環 境 も 改

  介 護 保 険 料 を 口 座 振 替 ま た

送 に つ い て

か ら 投 稿

サ イ ト の 意 見 募 集 コ ー ナ ー

問 良 建 く 設 な 課 り ( ま ☎ す 内 。 線   271 )

 

募 金 額 は 2 4 6 万 1 千 5 0 2

ご ざ い ま す

緑 の 募 金 あ り が と う 内 の 介 護 保 険 室 、 ま た は 各 総

ス ム ー ズ に 進 入 で き る よ う に

1 月 4 日 以 降 に 健 康 福 祉 会 館

利 用 の 車 両 が 分 離 さ れ 、 よ り

  と こ が の で 認 き 定 ま を す 希 。 望 さ れ る 方 は 、

  し こ ま れ し に た よ 。 り 、 大 型 車 両 や 駅

 

有 料 広 告

有 料 広 告

8


一票で 愛する岐阜県 変わるはず

投票時間 7時から20時まで ただし、次の投票所は投票時間が7時から18時までとなっていますの で、ご注意ください。 かわ うえ

阿木・山口・坂下・川上・加子母・付知・福岡・蛭川地域の かおれ

各投票所および川上と瀬戸投票所            

■投票のできる方  

■投票所入場券  

 住所要件 平成24年10月9日以前に本市の住民基本 台帳に登録され、引き続き本市に住所を 有する方。       ただし、県内で移動した方は、 「引き続き 県内に住所を有する旨の証明書」が必要 となる場合があります。詳しくはお問い 合わせください。  

 入場券は世帯ごとに「ハガキ」で郵送されます。  入場券には、投票所の場所や投票時間などが記入され ていますので、よく確認し投票所へお出かけください。

 年齢要件 平成5年1月28日以前に生まれた方。

■期日前投票    投票日に仕事や旅行などで投票できない方は、期日 前投票をしましょう。 期日前投票ができる期間 期日前投票所

・市役所本庁舎  (4−3会議室)

日  時

1月11日㈮〜1月26日㈯ 8:30〜20:00

・各総合事務所 1月21日㈪〜1月26日㈯  (付知を除く) 8:30〜20:00 ・アートピア付知交芸プラザ ・各地域事務所  (中津事務所を除く)

1月23日㈬〜1月25日㈮ 8:30〜17:15

※地域事務所とは、平成2 3年4月1日より名称が変更  されたコミュニティセンターのことです。

■選挙公報    選挙公報は、1月21日㈪頃に新聞に折り込みされ、あ わせて市役所・各総合事務所・各地域事務所などに設置 します。  上記方法で手に入らない場合は、郵送することもでき ますので、1月21日㈪までに市選挙管理委員会までご 連絡ください。

■開票    岐阜県知事選挙は即日開票します。開票会場と開始 時間は、次のとおりです。  と き 1月27日㈰ 21:15〜  ところ 健康福祉会館4階多目的ホール

■投票・開票状況    市ホームページ(携帯版含む) で投票速報、開票速報を随時お 知らせします。

携帯用 QRコード

携帯電話からも ご覧いただけます。

ht t p: //www. ci t y. nakat sugawa. gi f u. j p/mobi l e/senkyo/

■不在者投票   ・他市町村での不在者投票   ・指定病院などでの不在者投票   ・  郵便などによる不在者投票  上記不在者投票を行うには、一定の要件を満たして いることが必要となります。  さらに、不在者投票の手続きは、投票用紙などの郵 送に日数を要するため、早めに市選挙管理委員会へお 問い合わせください。 問 市選挙管理委員会(☎内線423)


が 26 78 を 約  年 財 % 迎 35 度 政 を え 億 ま 面 占 る 円 で で め 施 減 と は て 設 額 比 、 い が と 較 平 ま 、 な し 成  す 建 り て 32 。 物 ま 、 年 棟 す 普 度 数 。 通 に で 全 交 は 体 付 平 の 税 成

  化 ま し ま す て た 。 お 、 り 市 、 有 今 施 後  設 20 の 年 半 間 数 で 以 更 上 新 が 時 老 期 朽

体 と 比 べ 、 2 倍 近 い 数 値 と な っ て い

積 が は  複 6. 7数 ㎡ あ /り 人 、 で 人 、 口 同 1 じ 人 く あ ら た い り の の 自 床 治 面 の 計 画 を 策 定 し ま す 。

基本方針

  市 町 村 合 併 に よ り 目 的 が 同 じ 施 設

  成 面 り   23 そ 積 、 年 の の そ 度 維 総 の の 持 計 建 年 管 は 物 間 理 約  は 総 に 55 約 額 か 万 1 で か ㎡ 千 約  る あ 7 31 費 り 0 億 用 ま 0 円 は す 棟 で 、 。 、 す 平 床 。

億 円 に す る 目 標 を 実 現 す る た め に こ

平 づ ら 成  き か 32 、 に 年 現 す 度 在 る ま の と で 維 と に 持 も 6 管 に 億 理 、 円 費 財 削 の  政 減 31 計 し 億 画 、  円 に 25 を 基

ht t p: / / www. ci t y. nakat s ugawa.

gi f u. j p/ news / 032358. php

せ し て い ま す 。

市 有 施 設 は 市 全 体 で 5 5 0 施 設 あ

維 持 管 理 費 年 間   31 億 円

改 善 の 実 施 に 向 け て 取 り 組 み ま す 。

  施 設 の 現 状 と 問 題 点 、 市 民 ニ ー ズ

統 廃 合 で 6 億 円 削 減

問 行 政 管 理 課 ( ☎ 内 線  414 )

  減 を 市 目 の 的 行 と 財 し 政 て 改 、 革 平 の 成  ひ 25 と 年 つ 度 と に し マ て ス 公 タ 共 ー 施 プ 設 ラ の ン 再 を 編 策 ・ 定 充 し 実 、 に あ よ わ る せ 維 て 持 施 管 設 理 の 費 運 の 営 削

見直し手順

見直し目標

    ※ ま た 26 詳 す 市 年 平 細 。 有 度 成  は 施 に 25 、 設 公 年 市 の 表 度 ホ 再 の で ー 編 う 計 ム と え 画 ペ 利 、 を ー 活 計 策 ジ 用 画 定 で を に し お 開 基 、 知 始 づ 平 ら し い 成

を 把 握 し た う え で 、 最 適 な 配 置 を 明

 

ス ケ ジ ュ ー ル

分 し て い く も の と に 選 別 し ま す 。

い 、 市 有 施 設 を 残 し て い く も の と 処

  段 階 を 分 け て 市 有 施 設 の 評 価 を 行

見 直 し 手 順


出 品 し て ほ し い 。

作 品 で あ っ て も 、 ぜ ひ こ の 機 会 に

画 の 灯 が 消 え な い よ う に 、 小 さ な

青 邨 の 地 元 で あ る 中 津 川 市 の 日 本

  3 賞 の 作 品 は と て も 素 晴 ら し い 。

審 査 員 講 評

市 長 賞  「 幻 影 」 岡 本 

( 田 口 昌 宏 先 生 )

    奨 森曽後励 下 我 藤 賞 希ふ 和み在 子子利 ((( 駒 手 蛭  賀 場野川 )))

  教 丸育 山 長 賞 智 代 ( 恵 那 市 )

日 本 画

( 応 募 数   19 点 )

欲 的 な 作 品 が 少 し 少 な か っ た 。

  治 議 ( 東 長 駒  賞 但 惠 ( 駒 場 町 )

か 」 を も と に 審 査 し た 。 今 回 は 意

に 芸 術 性 が あ る か 「 」 い か に 美 し い

場 )

  「 い か に 創 造 的 で あ る か 「 」 い か

審 査 員 講 評 ( 青 山 鉄 郎 先 生 )

         奨 早寺澤小奥奥内安励 川 蒼 田 池 山 山 堀 保 賞    博和四洋節ス 美子郎一子ミ明勇 (((((((( 恵 苗 阿 坂 大 駒 蛭 田  那 垣 市木木下市場川瀬 ))))))))

  議 野長 村賞 く に 子 ( 上 松 町 )

市 長 賞   「 窯 変 丸 大 壺 」 江 口  

工 芸

( 応 募 数  41 点 )

孝 次 ( 多 治 見 市 )

  

市 長 賞  「 激 戦 」 垂 見 

市安査 長定員 賞し講 はた 、出評 唯品( 一数田 審が中 査続鉦 員き三 が、先 全今生 員年) 推も 挙良 しい た作 作品 品が 。多 い 。

ht t p: //www. ci t y. nakat sugawa. gi f u. j p/f i r e/032025. ht ml

        奨 吉 山 安 林 楯 千 井 励 村 田 江    垣 口 賞 内   美 鋭佐金繁美正 清一子吉一紀男 ((((((( 下 苗 駒 中 駒 駒 中 場津 津 野木町川場場川 )))))))

ー ジ を ご 覧 く だ さ い 。

    市 の 入 選 作 品 は 、 市 の ホ ー ム ペ

田中 祐次 (田瀬小6年)

  教 酒育 井 長 賞 隆 行 ( 福  岡 )

写 真

( 応 募 数   47 点 )

  子 議 ( 吉長 村 賞 中 安 一 ( 中 津 川 )

   岐  阜  県  少 年 運 消 営 防 指 ク 導 ラ 協 ブ  議   会   長   賞  

津 川 )

   奨 福島励 本 蒼 賞   信 明清 (( 駒 神 

  教 安育 保 長  賞

場坂 ))

瀬 )

勇 ( 田 

  議 浅長 野 賞 金 義 ( 恵 那 市 )

  で素 い材 ると 。 も に 全 力 で 取 り 組 ん

恥 ず か し く な い 作 品 。 技 量 、

大 き な 展 覧 会 に 出 品 し て も

  3 賞 は 良 い 出 来 で 他 市 の

審 査 員 講 評 ( 洞 田 和 雄 先 生 )

    

白丸 友恵 (第一中2年)

下島 智季 (蛭川小5年)

熊澤 咲季 ( 苗木小2年)

市 長 賞   「 空 に 溶 け こ む 動 物 」 小 野 寺 英 克 (

彫 刻 ( 応 募 数 6 点 )

南 木 曽 町

)    岐  阜  県  女 性 運 防 営 火 協 ク 議 ラ 会 ブ   長   賞      


気 軽 に 出 品 し て ほ し い 。

門 の た め 出 品 数 は 少 な い 。 も っ と

  昨 年 度 か ら 新 し く 設 け ら れ た 部

審 査 員 講 評

版 画 ( 応 募 数 4 点 )

( 仁 科 恵 実 先 生 )

市 長 賞 は 該 当 作 品 な し

    奨 教 内励市育 藤 賞 川 長  賞 圭 介 彰 ( ( 高 恵 浜 那 市 市 ) )

  教 小育 栗 長 賞 悦 子 ( 花 戸 町 )

ば し い 。

良 い 作 品 が そ ろ っ た 。 誇 り を 持 っ て

京 介 ( 名 古 屋 市 )

和武 美敏 (( 苗 上 松 木町 ))

審 査 員 講 評

市 長 賞  「 ( 明 花 田 日 勝 に 太 む 郎 か 先 生 っ ) て              」 奨 教 議 可 吉早野鈴杉柴五梅励牛育重長   川 川 村 木 浦 田 木 村 賞 越 長 光 賞 知 田 日 頃 の 研 鑚 の 努 力 が 実 を 結 び 質 の

昌 義 ( 茄 子 川 )

重 男 ( 手 賀 野 )

 あ

さ 郁 惺子子

((( 馬 駒 蛭  籠場川 )))

 賞

諒 ( 中 津 川 )

  議 篠長 原賞 登 美 子 ( 茄 子 川 )

    しの古 審 い個典書査 。性も風員 的しは講 なっバ評 作かラ ( 品りエ 洞 を学テ 田 作んィ 和 っでに 園 て、富 先 いそん 生 っれで ) てぞい ほれる                。 

三三 宅 尾 立 利太 子郎 (( 恵中 那津 市川 ))

山田  菖 (苗木中2年)

良 雄 ( 恵 那 市 )

洋 画

( 応 募 数  51 点 )

則 雄 ( 福 岡 )

市 長 賞  「 空 海 の 風 景 」 大 山 

奨 増 古 林 中 中 大 今 励 井 山  田 島 脇 井 賞 富 美 ヒ 美昌喜奈弘文サ 子孝男月子子子 ((((((( 駒 新 花 駒 中 馬 西 戸 一 宮 場町町場色籠町 ))))町)) )

田並 優香 (阿木中3年)

 

 

ほ し い 。 高 校 生 か ら の 出 品 も あ り 喜

問 文 化 振 興 課 ( ☎ 内 線 4( 3敬 1称 8略 ) )

( 応 募 数  58 点 )

智 園 ( 田 瀬 )

   社  団  法  人 岐 安 阜 全 県 協 危 会 険 長 物   賞        

 

  市 内 外 か ら 多 数 の 作 品 を 応 募 い た だ き 、 第  61 回 中 津 川 市 民 展 を 開 催 し

中 津 川 市 民 展

第   61 回

12月4日から6日間、にぎわいプラザ で展覧会を開催しました。     

財 団 法 人 岐 阜 県 消 防 協 会 長 賞 吉村 彩乃 (坂本小5年)

ま し た 。 7 部 門 2 2 6 点 の 中 か ら 各 賞 を 受 賞 さ れ た 方 は 次 の と お り で す 。

問 予 防 課 ( ☎  66 倆 1 1 1 ( 9 敬 ) 称 略 )

  の 応 県 各 募 入 賞 が 選 に  あ 作 22り 品 点 、 を が 県 紹 入 の 介 選 各 し し 賞 ま ま に す し 7 。 た 点 。 、 市

  市 内 小 ・ 中 学 校  22 校 か ら  89 点 の

防 成  火 24 ポ年 ス度 タ ー 入 選 作 品 4


平成25年の初春を迎えて 清 流 大 会 が 開 催 さ れ 、 中 津 川 市 で は レ ス リ ン

謝 も 事 申 に  業 0な し6 上 周 ど げ 年 が ま を 数 す 祝 多 。 う く ま こ 行 た と わ 、 が れ ぎ で 、 ふ き 市 清 ま 民 流 し の 国 た 皆 体 こ さ ・ と ま ぎ に と ふ 感 と

  回 市 復 議 が 会 望 で ま は れ 、 る 「 と 市 こ 民 ろ の で 負 あ 託 り に ま 応 す え 。 る 議 会 」 を 目 指 し し 上 げ 、 新 年 の ご あ い さ つ と い た し ま す 。

改 革 が 進 め ら れ る と 思 わ れ ま す が 、 一 刻 も 早 い 景 気 の

  上 結 げ び ま に す 、 。 皆 さ ま の ご 健 勝 と ご 多 幸 を 心 か ら お 祈 り 申

  げ え ま 昨 ま し 年 す た は 。 。 、 市 市 内 制   0 各6 地 周 域 年 で と 各 な 種 る イ 1 ベ つ ン の ト 節 や 目 関 を 連 迎

皆 さ ま に お か れ ま し て は 、 輝 か し い 新 年 を 健

  第 一 で 方 ご で ざ 、 い 金 ま 融 す 危 。 機 に 端 を 発 し た 経 済 不 況 は あ ら ゆ る

向 に 将 来 が 見 通 せ な い 状 況 に あ り ま す 。 昨 年 ア メ リ カ

手 段 を 尽 く す も の の 、 い ま だ 景 気 の 低 迷 が 続 く な か 一

ま の 一 層 の ご 支 援 ・ ご 協 力 を 賜 り ま す よ う お 願 い 申 し

り 」 を 目 指 し 、 市 民 の 皆 さ ま が 安 全 ・ 安 心 で 楽 し く 暮

  ま 市 い 民 る の 所 皆 存 さ で ま あ の り 声 ま を す 大 。 切 に 「 市 民 協 働 の ま ち づ く

丸 と な っ て 取 り 組 ん で ま い り ま す の で 、 今 後 と も 皆 さ

ら せ る 中 津 川 市 に 向 け て 、 市 執 行 部 と 議 会 が さ ら に 一

 

や か に お 迎 え の こ と と 、 心 か ら お 慶 び 申 し 上

  大1 1で き 月 は な に オ 過 衆 バ 度 議 マ 期 院 大 を が 統 迎 解 領 え 散 が て 、  再 お1 2選 り 月 を ま に 果 す 総 た 。 選 し 新 挙 ま た が し な 実 た 政 施 が 策 さ 、 と れ 日 制 政 本 度 界 で の も は

安心して暮らせるまちへ  

あ け ま し て お め で と う ご ざ い ま す 。 市 民 の

り を 強 力 に 進 め 、 市 政 の 発 展 の た め 誠 心 誠 意 尽 く し て

昨 年 の 「 中 津 川 市 制  60 周 年 」 記 念 式 典 で は 、

市議会議長

松浦 高春 各 位 の お か げ と 、 深 甚 な る 敬 意 と 感 謝 を 申 し 上 げ る 次

り 、 地 域 づ く り に 多 大 な ご 尽 力 を 賜 っ て お り ま す 関 係

リ ニ ア 中 央 新 幹 線 開 業 に 向 け 活 力 あ る 未 来 の ま ち づ く

指 し て 、 改 革 ・ 活 性 化 に 引 き 続 き 取 り 組 む と と も に 、

市 民 栄 誉 賞 を 受 賞 さ れ ま し た 。 こ れ も 日 頃 か ら 人 づ く

嶋 茜 さ ん が 中 津 川 市 民 で 初 と な る 金 メ ダ ル を 獲 得 さ れ 、   考 今 え 後 て も い 、 ま よ す り 。 身 近 な 議 会 、 開 か れ た 議 会 の 実 現 を 目

  数 さ 多 ら く に の 、 競 ロ 技 ン で ド 好 ン 成 2 績 0 を 1 収 2 め パ ら ラ れ リ ま ン し ピ た ッ 。 ク で は 、 中

ン グ を 始 め 中 津 川 市 出 身 者 が 優 勝 、 準 優 勝 す る な ど 、

グ 競 技 会 場 と し て 連 日 熱 戦 が 繰 り ひ ろ げ ら れ 、 レ ス リ

交 換 を 行 う こ と で 、 政 策 の 提 言 に つ な げ て い き た い と

と な る 「 市 民 と 議 会 の 対 話 集 会 」 を 地 域 に 出 向 い て 開

て 、 議 会 改 革 に 取 り 組 ん で お り 、 昨 年 秋 に は 、 3 年 目

催 し た と こ ろ で あ り ま す 。 直 接 、 市 民 の 皆 さ ま と 意 見

に つ い て 、 し っ か り と し た ビ ジ ョ ン を 作 り 上 げ る と と

組 む 所 存 で す 。

る こ と が な い よ う 「 リ ニ ア を 活 用 し た 地 域 の 活 性 化 」

で 良 か っ た ま ち 中 津 川 市 」 の 実 現 に 向 け 取 り 中 津 川 市 に と っ て は 重 要 な 年 と な り ま す 。 好 機 を 逸 す か ら お 祈 り 申 し 上 げ 、 新 年 の ご あ い さ つ と い た し ま す 。

ー ビ ス の 向 上 に 努 め 、 一 歩 一 歩 着 実 に 「 住 ん   本 年 は リ ニ ア 中 央 新 幹 線 駅 建 設 場 所 の 決 定 も あ り 、   お わ り に 、 皆 さ ま の 今 年 一 年 の ご 多 幸 と ご 健 康 を 心

り ま す 。 本 年 も 、 職 員 と 一 丸 と な っ て 市 民 サ

  市 長 就 任 以 来 、 は や 1 年 が 経 と う と し て お

お 慶 び 申 し 上 げ ま す 。

か し て い き た い と 考 え て お り ま す 。

体 と な っ た 取 り 組 み は 、 今 後 の 地 域 づ く り な ど で も 活

ま し た 。 心 よ り 感 謝 申 し 上 げ ま す 。 市 民 の 皆 さ ま と 一

る ま ち づ く り を 行 っ て ま い り ま す 。

し っ か り と 取 り 組 み 、 市 民 の 皆 さ ま が 安 心 し て 暮 ら せ

育 や 人 材 育 成 、 病 院 ・ 福 祉 の 充 実 、 子 育 て の 支 援 に も

 

皆 さ ま に は 、 健 や か に 新 春 を お 迎 え の こ と と

あ け ま し て お め で と う ご ざ い ま す 。 市 民 の

ち の 心 の こ も っ た 支 援 に よ り 、 素 晴 ら し い 大 会 と な り

会 や レ ス リ ン グ 協 会 の ほ か 多 く の ボ ラ ン テ ィ ア の 方 た

地 元 選 手 の 活 躍 で 大 い に 盛 り 上 が る と と も に 、 体 育 協

川 市 が 会 場 と な っ た ぎ ふ 清 流 国 体 レ ス リ ン グ 競 技 会 は

な げ て ま い り ま す 。

ル ギ ー 推 進 事 業 な ど を 展 開 し 、 地 域 経 済 の 活 性 化 に つ

興 」 と し て は 、 農 林 業 を 含 む 地 場 産 業 の 支 援 や 新 エ ネ

  こ の ほ か 、 中 心 市 街 地 と 各 地 域 の 活 性 化 を 図 り 、 教

市 長

青山 節児 ち に 勇 気 と 感 動 を 与 え て い た だ き ま し た 。 ま た 、 中 津   円 高 ・ デ フ レ に よ る 経 済 が 低 迷 す る な か 「 、 産 業 振

ル 競 技 で は 、 中 嶋 茜 さ ん が 金 メ ダ ル を 獲 得 さ れ 、 私 た い ま ち づ く り 」 を 推 進 し ま す 。

  秋 に 行 わ れ た ロ ン ド ン パ ラ リ ン ピ ッ ク の ゴ ー ル ボ ー 線 の 整 備 推 進 や 防 災 無 線 の 整 備 な ど を 行 い 「 災 害 に 強

た 。 改 め て お 礼 申 し 上 げ ま す 。

  生 活 の 安 全 安 心 に 関 す る 基 盤 整 備 と し て 、 青 木 斧 戸

た 方 々 へ の 表 彰 な ど 、 盛 大 に 挙 行 す る こ と が で き ま し

多 く の ご 来 賓 を お 迎 え し て 、 市 発 展 に ご 尽 力 い た だ い

し て 取 り 組 ん で ま い り ま す 。

も に 、 交 通 網 や 観 光 な ど で は 、 県 や 近 隣 自 治 体 と 連 携


日 曜

5 土

消防出初式 文化会館、中津川駅前通り 8 :4 5 ~1 2 :3 0 6 1 1 1 9 関連記事P. 1 2               消防本部警防課☎6 五日市 坂下出雲福徳神社一帯 5 :0 0 ~ 坂下総合事務所☎7 5 2 1 1 1 十日市 中心市街地一帯 5 :0 0 ~

10 木

中津川商工会議所☎6 5 2 1 5 4 街頭献血 ふるさとにぎわい広場 9 :3 0 ~1 6 :0 0 健康医療課 (☎内線6 2 4 ) 中津川工業高等学校吹奏楽部第23回定期演奏会

12 土  文化 1 2 日㈯ 1 8 :0 0 ~、1 3 日㈰ 1 4 :0 0 ~ 料 全席自由5 0 0 円 13 日

中津川工業高等学校☎6 8 2 1 1 5

13 日

平成25年1月1日発行 (698号)

    行   事            問合せ

平成25年中津川市成人式 東美・ア 1 3 :3 0 ~1 5 :0 0   生涯学習課 (☎内線4 3 1 3 )         

劇団四季ミュージカル「ガンバの大冒険」 7 :0 0 ~ 文化 1 , 5 0 0 円、A席指定 3 , 5 0 0 円 料 S席指定 4 20 日 文化会館☎6 6 4 0 1 1           第50回東濃ソフトバレーボール大会 東美・ア 9 :0 0 ~ 東濃バレーボール協会☎6 5 7 2 7 2          

27 日

岐阜県知事選挙 各投票所 7 :0 0 ~2 0 :0 ( 0一部投票所1 8 :0 0 まで) (☎内線4 2 3 ) 関連記事P. 7             選挙管理委員会

30 水

阿木高等学校学習成果発表会 阿木高等学校体育館 1 3 :1 0 ~ 3 2 2 4 3 関連記事P. 1 2                阿木高等学校☎6

東美・ア 東美濃ふれあいセンター多目的アリーナ 文化 文化 文化会館ホール  料 入場料など ※料金の記述のないものは原則無料ですが、詳細は主催者へ直接お問い合わせください。

年始の業務のご案内 施  設  名

年始の業務

市役所、総合事務所、地域事務所 にぎわいプラザ(各証明書類発行・行政窓口) 文化施設※、上下水道料金センター、衛生センター 各斎場、市民病院、坂下病院、川上診療所、蛭川診療所 加子母歯科診療所

4日㈮から

図書館、川上かたらいの里

5日㈯から

公民館、にぎわいプラザ(施設利用) 、勤労青少年ホーム スポーツ施設※、市内博物館(6館)

6日㈰から

阿木診療所 環境センター(啓発プラザ・余熱利用施設)

8日㈫から

※文化施設:東美濃ふれあいセンター、中津川文化会館  アートピア付知交芸プラザ、福岡ふれあい文化センター ※スポーツ施設:サンライフ中津川、市民運動場、中津川公園  苗木トレーニングセンター、苗木公園

もくじ

−CONTENTS−

行事予定勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝 2   年頭のごあいさつ勝勝勝勝勝勝勝勝勝 3   第6 1 回中津川市民展・防火ポスター  入選作品の紹介勝勝勝勝勝勝勝 4−5   市有財産運用管理マスタープランを  策定します勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝 6   岐阜県知事選挙は1月2 7 日投開票勝勝 7   インフォメーション  お知らせ/求人/募集/催し/相談  講座・教室/市長交際費  あるあるコラム勝勝勝勝勝勝勝 8−1 3   市民カレンダー  ごみ収集/環境センターのお知らせ  資源回収/平日夜間・休日当番医  がん検診/納期限勝勝勝勝勝勝 1 4 −1 5   地域づくりがんばっています 博物館だより勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝 1 6   図書館だより勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝 1 7   リニア中央新幹線嬰勝勝勝勝勝勝勝勝 1 8   全小中学校の耐震化 1 0 0 %  達成します勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝 1 9   市民病院だより/健康アドバイス勝勝 2 0   この冬、インフルエンザと  ノロウイルスにご用心!勝勝勝勝勝 2 1   トピックス/寄付勝勝勝勝勝勝勝 2 2 −2 3   市内の出来事勝勝勝勝勝勝勝勝勝 2 4 −2 5   市民相談日勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝 2 6   「うちエコ診断会」の参加者募集中!勝 2 7   ふるさと再発見(阿木・シクラメン) [新]きらり☆なかつがわ Vo l . 1 勝勝勝 2 8

詳しくは平成24年12月号12ページの「年末年始の業務のご案内」 をご覧ください。

人口・世帯数 (11月末現在・外国人を含む)

人口82, 868人(前月比67人減) (男性40, 182人・女性42, 686人) 世帯数29, 520世帯 問 中津川商工会議所(☎65−2154) ・商業振興課(☎内線4266)


広報なかつがわ2013年1月号  
Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you