Page 1

パ ー ク ) が あ り ま す 。

憩 い の 場 ( フ ォ レ ス ト

や 遊 具 な ど を 整 備 し た

7 合 目 付 近 に は 遊 歩 道

て い る 氷 餅 の 池 が あ り 、

町 が 文 化 財 に 指 定 し

  こ 登 と 山 も 道 し わ ば き し に ば 、 。

伊 勢 湾 が 望 め る

山 々 が 一 望 で き 、

ア ル プ ス 南 端 の

の 山 頂 か ら は 南

徴 の あ る 山 並 み

森 か ら な り 、 特

  3 m 標 。 高 西 1 森 千 、 2 東 2

の 味 で す ヨ 。

二ツ森山頂から (左奥が恵那山、右奥が笠置山) 中 津 川 市 郷 土 か る た ・ 解 説 本 よ り

( 市 長 談 )

氷餅の池

  足 ぜ 感 ひ は 一 同 度 じ 、 で 二 す ツ 外 森 山 へ 登 っ て み て く

だ さ い 。 山 頂 で 食 べ る お に ぎ り は 格 別

あ こ が れ や 、 そ の 頂 き に 立 っ た 時 の 満

  徴 標 ・ 高 恵 の 那 違 山 い 、 は 福 大 岡 き の く 象 て 徴 も ・ 、 二 高 ツ さ 森 へ 山 の 。

  日 本 の 象 徴 ・ 富 士 山 、 中 津 川 市 の 象

シ ン ボ ル

※旧福岡町。現在は市指定文化財。

国体だより Vol 19 .

2012ぎふ清流国体・ぎふ清流大会入賞者結果報告

 ぎふ清流国体に中津川市から13人が出場し、8人が入賞しました。また、ぎふ清流大会で は5人が出場し、4人が入賞しました。入賞した選手は下記のとおりです。  11月19日㈪に、東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホールでぎふ清流国体・清流大会入賞者報 告会が開催されました。この報告会の様子は、中津川市ホームページぎふ清流国体ブログに 掲載しています。ぜひご覧ください! やま ぐち

ぎふ清流国体

たけし

優 勝 レスリング 成年男子 フリースタイル96㎏級/山口 剛(早稲田大学) なる

かず ひこ

準優勝 レスリング 成年男子 グレコローマンスタイル66㎏級/成瀬一彦(恵那特別支援学校教諭)     体 操 成年男子 団体/遠藤正紘(筑波大学)     テニス 成年男子 団体/鵜飼元一(㈱トーカイ) まさ ひろ

かい もと かず

てっ ぺい

第3位 カヌー 成年男子 スラローム・カヤックシングル(25ゲート) /加藤哲平(恵峰学園)     体 操 成年女子 団体/吉村優花(恵那特別支援学校教諭) ゆう

てっ ぺい

第4位 カヌー 成年男子 スラローム・カヤックシングル(15ゲート) /加藤哲平(恵峰学園) れい

第5位 レスリング 成年男子 フリースタイル60㎏級/桑木 黎(中京学院大学)     ウェイトリフティング 少年男子 69㎏級/金子健太朗(中津高校)   優 勝 陸上競技 砲丸投/北原伸之(中津工業㈱) けん

ろう

のぶ ゆき

ぎふ清流大会

のぶ ゆき

         ジャベリックスロー/北原伸之(中津工業㈱) しょう

準優勝 サッカー/前田翔吾(㈲伊藤工業所) かな

けい

         金井慧弥(東濃特別支援学校) ひかる

第3位 陸上競技 50m走/早川 光(恵那特別支援学校)

☆国体推進室(☎66−1111内線4309・ kokut ai @ci t y. nakat sugawa. gi f u. j p)  中津川市ぎふ清流国体ブログ 中津川市ぎふ清流国体ブログ 発行/中津川市役所 編集/企画部 広報広聴課  〒5088501 岐阜県中津川市かやの木町2番1号  緯 0573661111 H P  ht tp:// www. c i ty. nakatsugawa. g i fu. j p 携帯版HP ht tp://mobi l enaj . p/

携帯版web 市民安全情報ネットワーク  登録用QRコード

28


なかつがわ全市経済対策            なかつがわ全市経済対策本部事務局(☎内線4251)

9月の景況感調査で、景気は先行き不透明  平成21年6月から3カ月おきに市内の事業所や農林業団体などを対象とした景況感調査を関係団体 の協力を得て実施し、116事業所などから回答をいただきました。  その結果を過去の調査と景気判断指数(DI)を使い比較しました。 表1

設問 ①前年同期と比べて

表2

設問 ②6カ月先の見通し

 上記表1の前年同期と比べた場合、すべての項目で前年6月以降回復傾向を続けてきましたが、今年の6月以降 景気の先行き不透明感などを背景に悪化傾向が見え始め、先行きも現状と同様に悪化を予想しており、注視が必要 と思われます。  今後も全市経済対策の基礎資料とするため、これらの調査を行っていきます。  なお、調査結果はホームページに随時掲載していますので、ご確認ください。 ht t p: / / www. ci t y. nakat s ugawa. gi f u. j p/ wi ki / なかつがわ全市経済対策

▼ ▼

「あぎの里のひなまつり・つるし雛」発表会に向けて  団 体 名 ひな工房花てまり 事業内容 つるし雛を作成している女性サークルです。来年2月下旬から開催 される「あぎの里のひなまつり・つるし雛」で作品発表します。  サークルには60人の方の申し込みがあり、昼と夜の部に分かれて作成してい ますが、その材料づくりも行っています。押し付けることなく、自ら進んで参加 して知恵を絞りあい、楽しくにぎやかに活動しています。  その他、地域の方に「花てまり通信」を発行して、特に女性に知っていてほし い情報などを発信しています。  地域の方が持っている得意技をつるし雛に活かし、特産品として販 売につなげたいと考えています。そのため、 「地域に笑顔のエッセンス 事業」とし、住民の意欲を掘り起こし地域を元気にするため起爆剤と なるよう頑張っています。また、地域内外から見学に来てくださる方 に地域を知っていただくよう、集客にも力を注いでいます。 団体代表者コメント 材料づくりもサークルもにぎやかに活動しています。昨年度は、つるし雛発祥の地の静岡 県の稲取まで出向き勉強してきました。和小物作りが大好きな女性たちが作成した作品は、お友達や知り合いに プレゼントしたり、ひな祭りに自宅に飾ったりして忙しい生活のなかでホッと癒されています。  自分の持っている技術を特産品にして販売する、元気な地域にしたい…微力ながらそのお手伝いを目指してい ます。 問 定住推進課(☎内線216)

27


※相談は 有料 の表示があるもの以外は無料です。  なお、毎週開催の相談は、原則として祝日は開催しません。 種  類 特設人権相談所 (休日いじめ相談)

開  催  日 1日㈯

6日㈭ 1日㈯ 人 2日㈰ 権 特設人権相談所 3日㈪ 相 3日㈪ 談 8日㈯ 10日㈪ 毎週条咳畳 (祝日を除く) 常設人権相談 ※月咳木曜日は人権擁護委員が対応します 成年後見センター 13日㈭(要予約) 巡 回 相 談 健   も の 忘 れ 相 談 12日㈬(要予約) 精神カウンセラーによる 10日㈪ 康   相談 (要予約) こ こ ろ の 臨床心理士による相談 相   な ん で も 相 談 13日㈭(要予約) (時間は受付時間です) 臨床心理士による相談 談 20日㈭ (要予約) アルコール相談 20日㈭(要予約) 年

6日㈭・20日㈭ (毎月第1・3状)要予約

時 間

場  所

問い合わせ先

13 :30咳16 :00 中央公民館4階相談室

市民課(緯内線120)

13 :30咳15 :30 アートピア付知交芸プラザ和室 13 :30咳15 :00 坂下福祉センターさくら苑 13 :30咳15 :30 福岡公民館 13 :30咳15 :30 加子母ささゆり会館3階小会議室 13 :30咳15 :00 山口公民館 13 :30咳15 :30 蛭川公民館 13 :00咳15 :00 川上かたらいの里 岐阜地方法務局 8:30咳17 :15 中津川支局4階相談室

付知総合事務所(緯822111) 坂下・地域福祉課(緯752111) 福岡・地域福祉課(緯722111) 加子母総合事務所 (緯792111) 山口総合事務所(緯752126) 蛭川総合事務所(緯452211) 川上総合事務所(緯742111) 法務局総務係(緯661554)

13 :30咳16 :0 0 健康福祉会館3階

地域包括支援センター         (緯内線619) 高齢支援課(緯内線619)

13 :00咳15 :00 健康福祉会館2階

健康医療課(緯内線659)

13 :00咳15 :00 福岡保健センター

福岡・地域福祉課(緯722111)

13 :00咳15 :00 付知公民館

付知総合事務所(緯822111)

18 :30咳20 :30 健康福祉会館2階

健康医療課(緯内線659)

13 :30咳15 :3 0 恵那市中コミュニティセンター

9:30咳16 :00 市役所中2階市民談話室 市民課(☎内線111)

川上総合事務所(緯742111) 9:00咳12 :00 川上かたらいの里 2111) 9:00咳11 :00 加子母ささゆり会館3階小会議室 加子母総合事務所(緯79福岡・地域福祉課(緯722111) 10 :00咳12 :00 福岡公民館相談室 14日㈮(毎月第2畳) 山口総合事務所(緯752126) 10 :00咳12 :00 山口公民館 14日㈮ 9:00咳12 :00 市役所中2階市民談話室 広報広聴課(緯内線314) 2111) 13 :30咳15 :00 坂下福祉センターさくら苑 坂下・地域福祉課(緯7519日㈬(毎月第3浄) 2211) 15 :00咳17 :00 蛭川福祉センター(要予約)蛭川総合事務所(緯452111) 20日㈭ 13 :30咳15 :30 アートピア付知交芸プラザ 付知総合事務所(緯82社協坂下支所(緯755566) 10日㈪(毎月第2条) 13 :30咳15 :00 川上かたらいの里 10日㈪・17日㈪  13 :00咳15 :30 健康福祉会館3階相談室 社会福祉協議会(緯内線633・634) 5566) 13 :30咳15 :00 坂下福祉センターさくら苑 社協坂下支所(緯7519日㈬(毎月第3浄) 3511) 15 :00咳17 :00 蛭川福祉センター ( 要予約) 社協蛭川支所(緯4520日㈭ 中津川市中小企業支援センター 工業振興課(緯内線4263) 13 :00咳16 :00 ※要予約 (開催日1週間前まで) (中津川商工会議所4階) 1日㈯ 9:00咳12 :00 中央公民館4階 少子化対策課(☎内線202) 15日㈯ 9:00咳12 :00 福岡公民館1階

11日㈫(毎月第2杖)

い ろ い ろ な 相 心配ごと相談 談 弁理士による 無料発明相談 ハッピーマリッジサロン (結婚相談所)

女 性 の 人 権 毎週条咳畳 (祝日を除く) ホットライン

法 律 相 談

子 育 て な ど 常 設 の 相 談

8:30咳17 :15 緯 0570070810

無 料 法 律 相 談 25日㈫(先着7人) 市役所中2階 13 :00咳15 :20 消費生活相談室 ※市内在住者に限る ※18日㈫8: 30から電話で予約 2 0 日㈭(毎月第3状) 司法書士による にぎわいプラザ ※平日13 :00咳16: 00電話で予約 19 :00咳21 :00 法 律 相 談 2崖1会議室 予約締切 18日㈫ 弁護士会による 毎週状 有料 13 :00咳16 :00 中央公民館4階 00電話で予約 法 律 相 談 ※平日9:00咳17: ひきこもり・問題行動 教 育 相 談 青少年の悩みごと 電 話 相 談 子育てわくわ相談室 乳幼児子育て相談

岐阜地方法務局人権擁護課 (緯0582453181) 消費生活相談室(緯内線167) 岐阜県司法書士会 (緯0582481715) 岐阜県弁護士会 (緯0582650020)

毎週条〜畳 毎週杖・浄・畳

9:00咳15 :00 かやの木教室 9:00咳16 :00 あけぼの教室

かやの木教室 (緯651166)

毎週条・浄・畳

15 :00咳18 :00 緯 653433

少年センター (緯内線4314)

あけぼの教室 (緯723206)

生涯学習課(緯内線4314) 毎週条・杖・浄 10 :00咳14 :00 にぎわいプラザ3階 各園により開催状況が異なりますので、直接お問い合わせください 公・私立保育園、公立幼稚園 各 園 毎週条咳畳 (祝日を除く) 教育委員会 (にぎわいプラザ) 発達相談室(緯669911) 発 達 相 談 9:00咳17 :00 面談要予約 内発達相談室 母 子 家 庭 相 談 毎週条咳畳 8:30咳17 :15 福祉相談室(緯内線569・696) 福祉相談室 家 庭 児 童 相 談 毎週条咳畳 8:30咳17 :15

:15 子どもの人権110番 緯 0120007110 毎週条咳畳 (祝日を除く) 8:30咳17 こどもSOSメール  死kodomosos@ci t y. nakat sugawa. l g. j p (常設)

26


2万3千人の人出でにぎわいました

11  /  4

熱演のオヤジバンド       都市緑地公園

9  /   18

  28

ス ポ ー ツ 課 ( ☎ 内 線 4 3 0 7 )

賞 に 貢 献 さ れ ま し た 。

11  /  3

六斎市とオヤジバンドフェスティバル       く 加 キ や 物 マ ま せ 商 中 い ん 演 以 テ 業 津 に の と 上 ィ ま は 丼 市 の 者 ン か J し て 振 川 盛 絶 、 の バ た 来 横 内 来 も グ ウ R た 開 興 商 り 妙 タ ベ ル 、 場 丁 飲 場 加 の オ さ 。 催 課 し 工 上 な レ テ で オ 者 」 食 者 わ 参 ー わ ( ( 会 が 進 ン ラ は ヤ に も 店 で り ☎ ☎  議 り 行 ト ン  、 ジ 大 大 に に 、 内 65所  ま に ・ 12平 バ 変 盛 よ ぎ ま 線 倆  し 、 水 バ 均 ン 好 況 る わ ち 4 2  た 会 谷 ン 年 ド 評 で 「 い な 2 1 。 場 ミ ド 齢  フ で 、 と ま か 6 5   は ミ の 40ェ し 新 り し は   6 4 大 さ 熱 歳 ス た 名 ト た 多 とりトマ丼横丁 ) ) 。 。

祭 り と あ わ

秋 の 中 山 道

10  100歳おめでとうございます /  16 10月に誕生月を迎えた方をお祝い   さ シ 祝 職 福 員 デ ん 作 を か イ に り 高 受 ら サ 配 が 齢 け 「 ー っ 日 支 ま お ビ て 課 援 し め ス い で 課 た で 施 る 、 ( 。 と 設 そ 完 ☎ う の う 成 内 ! 仲 で 品 線   」 間 す を 副市長からお祝いを受ける 579 と や 。 皆 田口さん (右)         蛭川 )

ん ( 蛭 川 ) は 、 ア ク リ ル タ ワ

六 斎 市 を

全国大会で小学生・高校生が活躍! 市長を表敬訪問されました   打 活 か り 4 て に バ 勝 ち 動 ら ま 年 小 、 ド 「 ち 込 以 バ し ) 栗 岐 ミ 第 取 み 外 ド た が 忠 阜 ン 14り 、 で ミ 。 出 さ 県 ト 回 ま 岐 も ン 小 場 ん チ ン 全 し 阜 一 ト 栗 し ( ー 大 国 た 県 生 ン さ 、 中 ム 会 定 。 チ 懸 を ん 第 津 の 」 時 ー 命 始 は 3 高 一 男 制 ム 練 め 、 位 定 員 子 通 の 習 、 高 に 時 と 団 信 入 に 部 校 な 制 し 体 制 た だ し

の 全 国 大 会 で 準 優 勝 の 栄 冠 を

メ キ メ キ と 力 を 付 け 、 初 め て

姉 、 兄 の 影 響 で 空 手 道 を 始 め 、

準 優 勝 し ま し た 。 石 原 さ ん は 、

( 付 知 北 小 1 年 ) が 出 場 し 、

子 組 手 の 部 に 石 原 水 晶 さ ん

受け継がれる古典芸能 第17回岐阜県文楽・能大会なかつ川2012

文 化 振 興 課 ( ☎ 内 線 4 3 1 上演される文楽        常盤座 6 )

魅 了 さ れ ま し た 。

た 人 形 に 約 3 0 0 人 の 観 客 は

存 会 が 出 演 し 、 巧 み に 操 ら れ

知 町 翁 舞 保 存 会 と 恵 那 文 楽 保

さ れ た 大 会 に は 、 市 内 か ら 付

 

芝 居 小 屋 「 常 盤 座 」 で 開 催

み ず き

手 道 選 手 権 大 会 」 小 学 1 年 女

色づく紅葉(夕森もみじまつり) 11/ 4 裏木曽自然公園夕森(川上)

25

 

  「 第  12 回 全 日 本 少 年 少 女 空

小栗さん (中)        市役所

石原さん (中)

  編 み 物 が 趣 味 の 田 口 逸 子 さ

地区対抗餅つき大会 (ふくおか産業祭) 11/ 4 福岡総合事務所(福岡)


10  空き缶コンロでご飯が炊けます /  14 南小学校の親子が防災の知恵を学びました       入 食 し 缶 ま ロ 皆 ち で が 分 3 に お 炊 で の 杯 空 れ 用 て や 3 し の さ 予 も に き き ご の き て 油 コ ア 5 た 作 ん 防 お ぎ 上 ま 飯 米 缶 炊 を ン ル 0 。 り の 方 指 課 い り が す を と で 飯 使 ロ ミ 悪 ( し を っ 。 約 と 導  4 作 し い を ホ の ☎ 炊 で 30杯 っ ま 、 作 イ ア  い 作 た 66と り ご 分 の た す 鍋 り ル ル 飯 、 倆 好 、 飯 で 水 計 。 に 、 な ミ 講 空 1 評 子 は 米 燃 ど 製 炊 で 量 習 き 1 で ど 、 と 料 を の く 、 カ を 缶 1 し も 親 水 に 利 空 こ 3 ッ 行 コ 9 た た 子 人 と プ を は い ン き 用 ) 。

市長からメダルを受け取る子どもたち     健康福祉会館

11  /  3

津 川 市 連 合 女 性 防 火 ク ラ ブ の

  南 小 学 校 の 親 子  77 人 が 、 中

空き缶でコンロを作り鍋をのせて炊飯します   南小学校

10  金メダルに喜びいっぱい /  26 中津川市子ども金メダル授与式     ル を た 子 た 国 月 ス 浮 う か を  大 か 今 を 称 ポ か と ら 呼 子 。 ど 、 も 18会 ら 回 贈 え ー べ 、 メ ば ど 金 事 や 9 の 呈 、 ツ ま 喜 ダ れ も 課 し び ル 、 た メ 業 県 月 授 す 市 ( た い を ス ち ダ 1 大 ま 与 る オ ☎ 。 っ 首 テ は ル 0 会 で 式 も リ 内 ぱ に ー 1 を 9 な に で の ジ 線 い 掛 ジ 人 授 人 ど 行 は で ナ 4 の け 上 ず 与 を で わ 、 す ル 3 表 て で つ し 対 活 れ 今 。 の 0 メ 情 も 市 名 ま 象 躍 た 年 7 4 に 前 ダ 全 を し し 長 ら )

も を 対 象 に 、 そ の 『 頑 張 り 』

績 を 収 め た 中 学 生 以 下 の 子 ど

ス ポ ー ツ 活 動 な ど で 優 秀 な 成

  子 ど も 金 メ ダ ル は 、 文 化 ・

いよいよ来年5月29日公開!

名古屋城本丸御殿復元工事現場見学会   だ り 名 山 が 城 境 の づ 品 本 「 そ 院 き に 古 や 伐 築 大 ま 人 く の 市 現 れ の ま つ 屋 苗 り 城 学 た で り 販 の 場 に 一 林 し い 城 木 出 の の 、 に 体 売 応 見 先 般 業 た て と 城 さ 際 講 翌 ぎ 験 や 援 学 立 公 振 。 理 中 の れ に 座 日 わ な 桧 ブ 会 ち 開 興 解 津 見 た 2 と に い ど の ー 」 、  が 課 を 川 学 川 万 し は ま を キ ス が 11決 ( 深 市 会 上 5 て 、 し 行 ー で 開 月 ま ☎ め の を の 千 、 な た い ホ は 催 3 り 内 て つ 行 長 本 名 ご 。 、 ル 、 さ 日 ま 線   い な い 坂 の 古 や 多 ダ 特 れ 華 し 244 た が 巣 、 木 く ー 産 、 に た 屋 環 ) 。 ひ の き

5 式 月  が 29行 日 わ ㈬ れ に 、 は い 、 よ 玄 い 関 よ ・ 来 表 年 書 の

加 子 母 裏 木 曽 国 有 林 で 斧 入 れ

お の

  屋 城 現 本 在 丸 、 御 復 殿 元 。 工 平 事 成 が 18進 年 む に 名 、 古 復元工事が続く名古屋城本丸御殿    名古屋市

   てご料たテ9 物た牛ん元 中 いみド。ィ2 を多串、野大 津 たのリ競ア人 ふく焼焼菜会 だ分ン技のを るのなきた期 川 き別クに皆含 ま方ど栗っ間 の まなの関さむ い々を、ぷ中 味 しど配すん約 、に提鬼り、 自 た会布るの4 大中供まの毎 。場、こ支0 盛津。ん汁日 慢 況川全じ物5 に 内駐とえ0 での国ゅや0 大 外車、が人 し自かう栗0 行 で場弁あの た慢ら、き食 活の当りボ 列 。 のI 飛 ん の 和菓子の販売に大行列(ふるさとじまん祭) 躍 整 や ま ラ 訪 恒例の宝餅投げでにぎわう会場(ひるかわMA KA 祭) し理無しン 名れ騨と地 11/ 3 ひとつばたご広場(蛭川) 10/ 26 東美濃ふれあいセンター 、

    

多  秋 の く イ の ベ ボ ン ラ ト ン テ ィ ア も 活 躍

大 会 各 の 地 運 営 で に 大 は に 、 ぎ 市 わ 内 高 い 校 生 1

24


度 は 少 し 低 く

前 問 よ り 認 知

1 の と お り で 、

て は 、 グ ラ フ

認 知 度 に つ い

こ と に 対 す る

  10名 分 古 で 屋 行 ま け で る 約

ま 当 で 市 約 か 50ら 分 東 、 京

ア 開 業 に よ り 、

  よ 次 う に で 、 す リ 。 ニ

グラフ1 東京や名古屋までの移動時間を知って いますか?

こ と は 、 ほ と ん ど の 方 が 知 っ て い る

と な り 、 駅 や 車 両 基 地 が 設 置 さ れ る

・ ・ 問 「 「 に 知 知 つ ら っ い な て て か い は っ た 、 た 」  」              3 95 ・ ・ 0 5 % %

設 置 さ れ る こ と の 認 知 度 を 尋 ね る 質

 威尉尉惟

査 の 結 果 ( 速 報 値 ) の 一 部 を 抜 粋 し

ア ン ケ ー ト お よ び 企 業 ア ン ケ ー ト 調

リ ニ ア の ま ち づ く り に 関 す る こ と 、

た め 、 リ ニ ア 中 央 新 幹 線 へ の 関 心 、

ジ ョ ン 」 策 定 に 活 用 さ せ て い た だ く

「 中 津 川 市 リ ニ ア の ま ち づ く り ビ

・ ・ し 「 「 、 期 大 雇 待 い 用 す に が る 期 確 」 待 保  す さ  る れ  」 る    こ    と 3937」 ・ ・ に 2 8、 % %

が 高 く 、 次 い で 「 新 た な 企 業 が 立 地

( ・ ・ こ 合 「 「 と 計 期 大 」 87待 い に ・ す に 、 8る 期 % 」 待 )  す と  る な  」  り     、     最 3453 も ・ ・ 期 0 8 待 % %

「 東 京 や 名 古 屋 へ 移 動 し や す く な る

響 と し て 期 待 す る こ と に つ い て は 、

な り ま し た 。 ま た 、 リ ニ ア 開 業 の 影

グラフ2 リニア開業で期待することは?

グラフ3 リニア開業で影響を受ける業種は?

ペ ー ジ で ご 覧 い た だ け ま す 。

23

  い アま ンし ケた ー。 ト の 詳 細 は 、 市 ホ ー ム

し た 皆 さ ん 、 誠 に あ り が と う ご ざ

  を社 アいに ンた配 ケだ布 ーき、 トま1 にし千 ごた1 (1 協。 回 力収5 い 率 社 た 38か だ・ 2ら き%回 ま)答

  き配 企ま布 業し、 アた8 (8 ン。 ケ回6 ー収人  か ト率 は 44ら 、・回 23答 % 千)を 9 い 1 た だ 7

   齢 15 層歳市 (以民 7上ア 区のン 分男ケ )女ー で 抽 を ト 出 15は し地、 、区市 2ご 内 千と在 人に住 に年の

れ て い ま す ( 。 グ ラ フ 3 参 照 )

飲 食 ・ 宿 泊 業 な ど が 大 き い と 考 え ら

け る 業 種 と し て 、 不 動 産 業 、 建 設 業 、

  が ま 最 た も 、 高 リ い ニ 結 ア 果 開 と 業 な に り よ ま り し 影 た 響 。 を 受

グラフ4 事業者が取り組むべきことは?

や 市 内 事 業 所 を 対 象 に 実 施 し た 市 民

市 内 の 交 流 状 況 な ど を 市 民 の 皆 さ ん

  ・ ・ る 業 「 「 こ 種 期 大 と 別 待 い の で し に 期 み て 期 待 る い 待 度 と る し に 、 」 て つ 建  い い 設  る て 業  」 は の 3321、 期 ・ ・ 待 2 0 度 % %

 威尉尉惟

意企意た 市意 意 。 ( 内意 業 意 グ ア意ラ に意 意 意 リ意 ン 意 フ ニ意 ケ 意 2 ア意 ー 意 参 駅意 照 ト意 意 意 と意 結 意 ) 車意 果 意 両意 意 意 基意 意 意 地意 意 が意 意 で意 意 き意 意 慰尉尉易

た ( 。 グ ラ フ 4 参 照 )

    リ  ニ

 

意市意て 市意 意報 内意 民 意告 ア意し に意 意 意 リ意 ン 意ま ケ ニ意 意す ア意 ー 意。 駅意 ト意 意 意 お意 結 意 よ意 果 意 び意 意 車意 意 意 両意 意 意 基意 意 地意 意 が意 意 慰尉尉易

ー ビ ス 向 上 」 が 上 位 に あ げ ら れ ま し

ア 市を 民活 か ・し 企た 業ま ち アづ ンく ケり に ー向 トけ た

調 査 の 結 果

え て 市 内 人 口 が 増 加 す る こ と 」 で し

さ れ た の は 「 大 都 市 か ら 移 住 者 が 増

  ( 一 合 方 計   、 77 最 ・ も 0 多 % く ) 「 と 期 な 待 り し ま な し い た 」 。 と

元 資 源 の ブ ラ ン ド 化 「 」 来 訪 者 へ の サ

組 み と し て は 「 、 情 報 発 信 ・ P R 「 」 地

た め に 事 業 者 自 ら が 進 め る べ き 取 り

  リ ニ ア 開 業 の 効 果 を 最 大 限 活 か す


向 な ど を 報 告 。

進 め て き た 分 野 ご と の 取 り 組 み の 方

  ① 部 策 会 定 設 委 置 員 後 会 、 幹 3 事 回 会 に ( わ 部 た 会 り ) 検 討 を

や す い も の と し て い く た め 、 素 案 を

  ⑴ ビ ビ ジ ジ ョ ョ ン ン を 構 市 成 民 案 の に 皆 つ さ い ん て に 分 か り

し 、 委 員 会 や 市 民 の 皆 さ ん の ご 意 見

  ⑵ 今 今 後 後 、 の ビ 進 ジ め ョ 方 ン に の つ 素 い 案 て 作 成 に 着 手

ホ ー ル で 開 催 の 予 定 で す 。

午 後 2 時 か ら 、 健 康 福 祉 会 館 4 階 多 目 的

■ 審 議 事 項

く こ と も 考 え て い ま す 。

  市※ ま H策 た P定 、で委 次ご員 回覧会 策にの 定な開 委れ催 員ま状 会す況 は。や 、 会 2 議 月   資 18 料 日 は ㈪ 、

 

⑶ 各 委 員 会 で の 検 討 状 況 に つ い て

は 次 頁 参 照 )

企 業 ア ン ケ ー ト 結 果 の 報 告 。 ( 結 果

⑵ 9 て ア 月 ン に ケ 実 ー 施 ト し 調 た 査 市 の 民 集 ア 計 ン 結 ケ 果 ー に ト つ 、 い

と を 報 告 。

次 回 の 策 定 委 員 会 に 提 案 し て い く こ

ら を 取 り ま と め 、 地 域 委 員 会 で 集 約 、

地 域 計 画 書 の 中 間 報 告 。 今 後 、 こ れ

現 在 、 取 り ま と め 作 業 を 進 め て い る

取 り 組 み を ま と め て い く と と も に 重

ど の 分 野 別 、 地 域 別 な ど で 具 体 的 な

ん で い く こ と で は 、 産 業 や 暮 ら し な

  向 ま な た ど 、 を ⑤ 記 の 述 市 し 民 て の い 皆 き さ ま ん す が 。 取 り 組

進 め て い た だ い て い ま す 。

ニ ア 中 央 新 幹 線 対 策 協 議 会 で 議 論 を

  も 現 の 在 で 、 す こ ) の 資 料 に よ り 坂 本 地 域 リ

点 的 な プ ロ ジ ェ ク ト を 位 置 づ け て い

す る 対 応 に つ い て 説 明 。

  ③ 各 地 地 域 域 委 協 員 議 会 会 ・ な 各 ど 地 (  域 15協 地 議 域 会 ) で 、

は あ く ま で イ メ ー ジ と し て 整 理 し た

 

⑴ 第 2 回 策 定 委 員 会 で の 意 見 と 対 応

■ 報 告 事 項

わ れ ま し た 。

れ 、 次 の と お り 報 告 お よ び 審 議 が 行

健 康 福 祉 会 館 多 目 的 ホ ー ル で 開 催 さ

 威尉尉惟

意第意 第意 意 3 意3意 回意 回意 意 意 策 意ビ意 ジ 定意 意 委 意ョ意 員意 ン意 意 意 会 意策意 が  意 定 意 11意 委 意 月 意員意 意 5意 意 意 日 意会意 ㈪意 意 、意 意 慰尉尉易

第 2 回 委 員 会 で 出 さ れ た 意 見 に 対

に つ い て

を 報 告 。

回 の 策 定 委 員 会 に 提 案 し て い く こ と

こ だ わ り に つ い て 意 見 を ま と め 、 次

基 に 、 女 性 ・ 若 者 な ら で は の 視 点 、

容 の 中 間 報 告 。 こ れ ら の ア イ デ ア を

出 し 合 い な が ら 検 討 を 進 め て き た 内

  ② ワ 女 ー 性 ク ・ シ 若 ョ 者 ッ 委 プ 員 形 会 式 で ア イ デ ア を

市 内 各 地 域 に お け る ま ち づ く り の 方

定 住 促 進 の 二 つ の 柱 か ら な る 戦 略 、

え た ま ち づ く り の 目 標 、 交 流 促 進 と

都 圏 、 大 阪 都 市 圏 と の 関 係 ) を 踏 ま

川 市 の 立 ち 位 置 ( 名 古 屋 都 市 圏 や 首

リ ニ ア 開 業 に よ り 大 き く 変 わ る 中 津

ち づ く り の 基 本 理 念 を 掲 げ る ほ か 、

リ ニ ア 時 代 を 見 据 え た 中 津 川 市 の ま

置 が 未 公 表 の 段 階 で あ る た め 、 資 料

し ま し た ( 。 駅 や ル ー ト な ど の 詳 細 位

の 叩 き 台 と し て 整 理 し た 資 料 を 提 示

を 反 映 し て い た だ く た め 、 地 元 協 議

で あ る こ と か ら 、 そ こ に 地 元 の 意 見

備 に 関 す る 方 向 を 取 り ま と め る 予 定

( 一 次 案 ) 」 で ア ク セ ス 道 路 や 駅 前 整

岐 阜 県 が 「 岐 阜 県 リ ニ ア 活 用 戦 略

協 議 会 用 資 料 ) に つ い て

ア ン ケ ー ト 調 査 の 集 計 結 果 に つ い て

会 ) の 開 催 状 況 と 9 月 に 実 施 さ れ た

ビ ジ ョ ン 策 定 委 員 会 ( 以 下 策 定 委 員

今 月 は 、 第 3 回 リ ニ ア の ま ち づ く り

て 、 シ リ ー ズ で お 伝 え し て い ま す 。

  「 リ ニ ア 中 央 新 幹 線 」 計 画 に つ い

策定委員会の様子

 

④ の め ざ す ま ち づ く り の 方 向 で は 、  

問お リ伝 ニえ アし 推ま 進す 課。 ( ☎ 内 線  324 )

⑦ 今 後 の 取 り 組 み の 工 程

  ⑥ の広 地域 域ア 整ク 備セ のス イや メ新 ー駅 ジの 周 辺 整 備 な ど

⑤ 市 民 の 皆 さ ん が 取 り 組 ん で い く こ と

④ め ざ す ま ち づ く り の 方 向

③ リ ニ ア 開 業 に よ る 波 及 効 果

② リ ニ ア 中 央 新 幹 線 の 概 要 と 経 緯

① ビ ジ ョ ン 策 定 の 趣 旨 、 目 標 年 次

  承 認 さ れ た 構 成 案

き ま し た 。

局 か ら 構 成 案 を 提 示 し 、 審 議 い た だ

会 に お け る 検 討 結 果 を 踏 ま え 、 事 務

⑶ 整 (表1) 備 ビジョン策定スケジュール イ H24 ビジョン素案づくり着手 メ 12月 ー ジ H25 素案とりまとめ ( 2月 ・各委員会へ提示→検討(修正) 案 最終案取りまとめ ) 5月 ・各委員会へ提示→検討 叩 き ・パブリックコメントの実施 台 8月 ビジョン完成 ( 地 元

あ り 、 こ の た め 、 こ れ ま で の 各 委 員

組 み 立 て る 前 に 議 論 し て お く 必 要 が

め る 予 定 で す ( 。 表 1 参 照 )

を 伺 い な が ら 来 年 8 月 頃 に 取 り ま と

22


性 化 施 策 と し て 、 公 共 ・ 民 間 の 協 働

国 ・ 県 の 担 当 者 に も 懇 切 丁 寧 に 対 応

た が 、 現 在 の 状 況 を 踏 ま え た 中 で 、

ス と い う 答 弁 を さ せ て い た だ き ま し

答  え る 部の 長か か考 らえ もを 全伺 国い でま はす 珍。 し い ケ ー

顔 写 真 の 下 に 挿 入 し た 氏 名 が 入 れ 替 わ る

補 者 の 早 川 子 さ ん と 長 谷 川 伴 子 さ ん の

「 議 会 だ よ り 」 の 中 で 、 人 権 擁 護 委 員 候

◆ 広 報 な か つ が わ   11 月 号   21 頁 に 掲 載 し た

ぎ わ い 広 場 を 含 ん だ 中 心 市 街 地 の 活

お 詫 び

答 え か 旧。 ユ ニ ー 跡 地 だ け で は な く 、 に

の 活 用 策 に つ い て 、 ど の よ う に お 考

と な っ て く る 。 新 図 書 館 の 建 設 用 地

に ぎ わ い を ど う 作 っ て い く か が 焦 点

い ま す が 、 市 長 は ど う 受 け 取 っ て み

ぶ 図 書 館 に 関 す る 騒 乱 を 承 知 の う え 、

関 し 、 国 ・ 県 は 当 市 の 何 年 に も お よ

問  

理 解 あ る 対 応 を し て く れ た よ う に 思

リ ニ ア 時 代 に 備 え た 中 津 川 の ま ち の

よ っ て 、 ま ち づ く り の 市 民 目 線 は 、

問   新 図 書 館 建 設 を 中 止 し た こ と に

大 堀   寿 延

納図 に書 約 つ館 2 億 い建 6 て設 千 用 万 円 地 の 交 交 付 付片 金桐 金   返 の 納光 返 に朗

中 心 市 街 地 活 性 化 事 業 に つ い て

い と 考 え て お り ま す (。 企 画 部 技 監 )

来 ら れ な い 状 況 で あ れ ば 伺 う こ と に

け れ ば 実 態 を 把 握 し て 、 ど う し て も

伺 う こ と も あ り ま す 。 連 絡 を い た だ

係 が は っ き り し て 必 要 が あ れ ば 当 然

答 る べ 行き かと な考 いえ わる けが でど はう なか く。 、 事 実 関

存 す る と 同 時 に 磨 き を か け て い き た

が で き る 役 割 を も っ て い る と 考 え て

交 流 人 口 の 増 加 に つ な げ て い く こ と

に 生 か す こ と で 、 リ ニ ア を 活 用 し た

き 大 切 な 財 産 で あ り 、 こ れ ら を 観 光

ち づ く り を 考 え る う え で 、 活 用 す べ

く お 願 い い た し ま す 中。 津 川 市 議 会  

た 議 会 」 を 目 指 し ま す の で 、 よ ろ し

の 機 会 を 通 じ て 、 さ ら な る 「 開 か れ

  運 今営 後に も反 皆映 さで んき とる 、よ こう の要 よ請 うし なま 対す 話。

 一般質問は、抜粋で掲載して いますので、詳しい内容は会議 録をご利用ください。  なお、会議録は11月29日㈭か ら市役所において閲覧できます。  また、市議会ホームページで も11月29日㈭から公開します。   ht t p: / / www. c i t y .   na k a t s uga wa . gi f u. j p/ c ounc i l /

問 議会事務局(☎内線503)

寄付をありがとうございます

問  差 し 押 さ え る 前 に 差 し 押 さ え る

原     昌 男

いさを金市 るえ考口税 こ、慮座務 と重す等課 に大るをが つなこ、市 い不と滞税 て満な納滞 をく者納 か差の者 っし事の て押情貯

答  る 役 自割 然に 、つ 歴い 史て 文見 化解 はを 、伺 リい ニま アす の。 ま

こ れ ら の リ ニ ア の ま ち づ く り に お け

的 地 域 づ く り の 展 開 が 重 要 で あ り 、

然 環 境 、 歴 史 文 化 、 観 光 資 源 の 戦 略

の 磨 き あ げ が あ り ま す 。 現 存 す る 自

ド 部 門 と 今 か ら で も で き る 地 域 資 源

た 、 市 当 局 へ の 提 案 は 、 今 後 の 市 政

き ま し て は 、 市 政 お よ び 市 議 会 の 発

  が 対と 話う 集ご 会ざ でい のま ごし 意た 見。 、 ご 提 言 に つ

民 の 皆 さ ん に 参 加 し て い た だ き あ り

  間   開1 1 催月 し6 た日 対㈫ 話か 集ら 会8 に日 は㈭ 、ま 多で 数の の3 市日

展 の た め に 生 か し て ま い り ま す 。 ま

問  リ ニ ア の ま ち づ く り に は 、 ハ ー

吉 村   久 資

▽▽

タオル50本、 体温計5本 岐阜県製薬協会 (岐阜市)

子育て支援センター(にぎわいプラザ)へ 液晶40型テレビ 中津川ロータリークラブ

献血推進活動へ 献血用テント  中津川ライオンズ  クラブ

リ ニ ア の ま ち づ く り に つ い て

の「 お市 礼民 と 議 会 の 対 話 集 会 」

清和寮へ

空き缶回収容器20枚 ファミリースポットたぐち 田 970円 有明塾 有明歌まつり (神坂) 口憲治 (福岡) 58, 35, 257円 熊 音 楽 事 務 所 熊 た け し(恵 那 市) 30, 000 円 中津川社交ダンス同好会(駒場) 炊飯器、ヘアード (坂下) 車椅子1台 佐藤直 ライヤー、血圧計 西尾暢晃 000円 匿名 100, 000円 匿名 30, 000 道(加子母) 20, 円 坂下分団消防みこし実行委員会(坂下) 11, 200円 田口洋一(本町) 26, 000円 市岡惣二(瀬戸) 60, 000円 000円 匿名 ビクター中島とし子歌謡教室発表会 1, じゃが芋2箱、みかん 早川嘉一 (付知町) ▽

い ま す 。 当 市 の 自 然 、 歴 史 文 化 を 保

人 の 家 に 行 く よ う な 人 員 体 制 に 改 め

( 敬称略)

社会福祉協議会へ《10月》

21

せな んり 。  ま  す  が  、  基  本  的 に (は 企訪 画問 部は 長し )ま

誤 り が あ り ま し た 。 関 係 者 の 皆 様 に ご 迷

で 行 う 施 設 な ど の 検 討 や 周 辺 道 路 の

惑 を お か け し た こ と を お 詫 び い た し ま す 。

整 備 も 含 め て 、 総 合 的 に 検 討 し た い

   し  て  い  た  だ  け  た  と  思  っ  て い (ま 市す 長。 )

と 考 え て い ま す 。 ( 商 工 観 光 部 長 )


28野 ・県 1伊 %那 あ市 りで 、は 利、 便利 性用 は件 十数 分が あ全 る体 との

② 元 気 カ ー ド 、 マ イ ナ ン バ ー カ ー ド

   現  在  コ  ン  ビ  ニ  交 付 (は 生考 活え 環て 境い 部ま 長せ )ん 。

生 す る こ と が 予 想 さ れ る こ と か ら 、

発 行 さ れ る こ と で 、 新 た な 費 用 が 発

や 、 マ イ ナ ン バ ー 法 に よ る カ ー ド が

本 台 帳 カ ー ド の 所 有 者 が 少 な い こ と

取 り 組 み た い 事 業 で あ る が 、 住 民 基

答  は ど ①の 利よ 用う 者に の考 利え 便て 性い をる 考か 慮。 す れ ば

カ ー ド 、 マ イ ナ ン バ ー の 今 後 の 活 用

う か 。 ② 住 民 基 本 台 帳 カ ー ド 、 元 気

思 う の で 中 津 川 市 で も 実 施 し て は ど

に小子 つ・ど い中も て学 校の 、減 高少 等に 学伴 校う 深 の 谷   今 明 後 宏

いク まル すを 。 し  っ  か  り  確  立  し  た い (と 市考 長え )て

と の 計 画 、 実 行 、 評 価 、 改 善 の サ イ

取 り 組 み 作 成 し た も の で す 。 地 域 ご

者 、 農 業 関 係 団 体 、 行 政 が 一 体 的 に

方 針 を 柱 に 地 域 ご と の プ ラ ン を 農 業

向 性 を 示 し た も の で す 。 3 つ の 基 本

答 と は 中何 津で 川す 市か の。 将ど 来う の考 農え 業て 振い 興ま のす 方か 。

基 礎 と な る 農 業 振 興 ビ ジ ョ ン の 意 義

ア ク シ ョ ン プ ラ ン 作 成 に あ た っ て 、

問 

い し て い き た い 。 ( 生 活 環 境 部 長 )

座 」 に よ り 自 主 的 な 資 格 取 得 を お 願

識 の 向 上 を 図 る た め 「 、 防 災 士 育 成 講

て い ま せ ん 。 今 後 は 、 職 員 の 防 災 意

災 士 の 資 格 を 取 得 さ せ る こ と は 考 え

キ ル ア ッ プ に 努 め て お り 、 改 め て 防

か ら 専 門 的 な 知 識 の 習 得 を 行 い 、 ス

答 見 解 防を 災伺 安い 全ま 課す の。 職 員 は 、 常 日 ご ろ

資 格 を 持 っ た 職 員 が 必 要 と 感 じ ま す 。

進 め る に は 、 防 災 安 全 課 に 防 災 士 の

る う え で 、 さ ら に き め 細 か な 活 動 を

に防 つ災 日 い対 ご ろ て策 の ( 防 防 災 計 災 画 士 な の ど牛 養 を 田  企 成 画敬 ) す一

   開 す し  始 。 、  し 少 放  た し 射  い 試 能 と運測 (思転定 教っを器 育て行を 委おい  設 員 り 10置 会ま月す 事すかる 務。  ら 予 局  運 定 長 用で )

⑤ に ぎ わ い プ ラ ザ 5 階 の 一 室 を 改 修

   指  摘  で  あ  る  と  捉  え  て  お り (ま 教す 育。 長 )

場 の 教 職 員 が 知 っ て お く べ き 大 切 な

い 理 解 を 促 す た め に は 、 指 導 す る 立

④ 児 童 ・ 生 徒 に 放 射 線 に 対 す る 正 し

て③ い講 き習 ま会 すの 。  こ  と  を  、  団 の (方 消へ 防周 長知 )し

努応 め策 てに いつ まい すて 。  の 知 (識 生や 活技 環術 境の 部習 長得 )に

門 教 育 な ど を 積 極 的 に 受 講 さ せ 、 対

子 力 防 災 講 演 会 や 県 消 防 学 校 で の 専

お り ま す 。 住 民 基 本 台 帳 カ ー ド は 、

た と 想 定 し た こ と が あ る か 。 市 民 へ

上 の た め 有 効 に 活 用 し た い と 考 え て

律 が 施 行 さ れ れ ば 、 市 民 サ ー ビ ス 向

に つ い て は 、 マ イ ナ ン バ ー の 関 係 法

問   ① 市 と し て 放 射 能 汚 染 が 発 生 し

佐 藤   光 司

脱 原 発 に つ い て

民 サ ー ビ ス の 向 上 に な り ま す 。 ① 長

き に 証 明 書 を 取 得 す る こ と が で き 住

な ど 自 治 体 の 窓 口 が 開 い て い な い と

プ中 ラ津 地 ン川 域 の に市 特 つの 性 い農 を 生 て業 か ア し ク た粥 地川 シ   域 ョ 農茂 ン 業和

を 行 っ て お り 、 対 応 マ ニ ュ ア ル も 整

し 、 放 射 能 汚 染 に 関 す る 知 識 の 習 得

に「 つコ コ いン ン ビ てビ ニ ニ 交 交 付 サ 付 ー サ ビ ー ス田 ビ は 口  、 ス 休文 」 日数

放 射 線 被 ば く に 関 す る 講 演 会 を 開 催

    よ り今 今回 日の 的一 な般 市質 政問 のは 重9 要月   課1 2 題日 に・   つ1 3 い日 ての 執2 行日 部間 のに 考わ えた をっ たて だ行 しわ まれ し、 た9 。名 の 議 員 に

市 政 に 関 す る 一 般 質 問 の 概 要             

に 移 行 す る 予 定 で す 。 ( 総 務 部 長 )

経 過 措 置 を 経 て マ イ ナ ン バ ー カ ー ド

   に  し  て  い ま (す 教。 育 委 員 会 事 務 局 長 )

各 地 域 の 説 明 会 を 開 催 し て い く 計 画

議 を 行 っ て い る 状 況 で す 。 引 き 続 き 、

検 討 委 員 会 を 立 ち 上 げ て い た だ き 協

し た 。 福 岡 地 区 に お い て は 、 適 正 化

動 教 育 委 員 会 7 カ 所 で 説 明 を 行 い ま

津 地 区 区 長 会 、 坂 本 地 区 区 長 会 、 移

い ま す 。 ② 市 民 病 院 に お き ま し て 、

物 質 を 吸 引 し な い よ う な 方 法 を と る

す る こ と や 空 気 中 に 含 ま れ る 放 射 性

し て 、 高 い 放 射 線 量 の 場 所 か ら 避 難

万 一 に 備 え 、 市 民 が と る べ き 対 応 と

た と 想 定 を 行 っ た こ と は あ り ま せ ん 。

答 し と ①現 市状 とは し。 て 放 射 能 汚 染 が 発 生 し

番 号 を 付 番 し た カ ー ド

問  

備 し て い く 予 定 で す 。 消 防 で は 、 原

問  

一 人 ひ と り に 「 民 — 民 — 官 」 で 利 用 可 能 な

※ 「 マ イ ナ ン バ ー カ ー ド 」 と は … 新 た に 国 民

な ど を 周 知 す る こ と が 必 要 と 考 え て

平 成  24 年 9 月 定 例 会

化答  捗 基 状 本平況 計成  に 画 24つ を年い 策 2て 定月お しに聞 、学か 市校せ 区規く 長模だ 会等さ 、適い 中正。 学 校 給 食 用 食 材 の 放 射 性 測 定 の 見 通

研 究 会 の 指 摘 に 対 し て の 見 解 は 。 ⑤

問  

し て い る の か 。 学 校 規 模 適 正 化 の 進

し て 、 中 津 川 市 は ど う 対 処 し よ う と

ま す ま す 進 む 少 子 化 の 現 実 に 対

防 団 へ の 対 策 は 。 ④ 福 島 大 学 副 読 本

消 防 士 や 医 療 関 係 者 の 対 策 は 。 ③ 消

の 対 策 の 周 知 は 。 ② 専 門 職 と し て 、

20


第6回島崎藤村記念文芸祭入選作品の紹介 第6回島崎藤村記念文芸祭入選作品の紹介  郷土の文化人が息づく文化のまちづくりを推進するため、島崎藤村の名を冠した文芸祭を 開催し、短歌・俳句・現代詩・エッセイの4部門で市内外から作品を募集しました。  入選作品は12月9日㈰まで、にぎわいプラザ1階でご覧いただけます。また、展示最終日 には入選者への表彰式が開催されます。  

で 付 し て い ま す

   短 歌 部 門 一般の部212首、高校生の部55首、小中学生の部167首 出 品    俳 句 部 門 一般の部182句、高校生の部20句、小中学生の部739句 作    現代詩部門 一般の部4 6編、高校生の部1編、小中学生の部24編 品 数    エッセイ部門 一般の部16作品(高校生の部、小中学生の部は出品なし)

二 特 席 選 「 「 庭 息 の 子 蝉 と 」 池  に  落  ち  た  こ  と 」 岩 細 切 江 

エ ッ セ イ 部 門   吉 村  登 選 

【 一 般 の 部 克 隆 】 也 一 ( ( 刈 八 谷 百 市 津 ) 町  )      い わ き り

り ゅ う

い ち

三 一 席 席  「 「 田 私 ん と ぼ 『 の 小 中 原 の 庄 家 助 」 』 荻 」 原 野 木  お ぎ

は ら

芳 子 ( 駒 場 )

よ し こ

し ょ う

庄 助 ( 名 古 屋 市 )

す け

現 代 詩 部 門  岩井 昭 選 三 二 一 特 【 席 席 席 選  学 「 「 「 生 流 画 つ 該 の 星 び な 当 部 ( 」  ょ が な 】   う る し  高 校 」 」 生 洞 鈴 鬼 の 田  木  頭  部 な が れ

ぼ し

ほ ら た

健 哉 ( 神 坂 中 )

け ん や

基 和 ( 神 坂 中 )

き わ

、 小 中 学 生 の 部 )

美 森 ( 第 二 中 )

み も り

短 歌 部 門  安江 茂 選

     三  二 一 特 【   席   席 席 選  一 般  「  「 「  開  お 夏 該 の  か  天 雲 当 部  な 】  ず  と 」  の  う  し 様 蓋 大 」 後 の 野 熊  藤  約 口   束 春 」 敬 順 生 一 ( ( ( 名 岐 岐 古 阜 阜 屋 市 市 市 ) ) ) し ゅ ん

け い

い ち

せ い

俳 句 部 門  太田 嗟 選 三 二 一 特 【 席  席  席  選  学 生 玉 わ ひ 制 の の ら ま 服 部 汗 い わ の 】 し 声 り 折 ( た 花 と り 高 た 火 た 目 校 り と い す 生 よ 落 と う が の ち も 張 し 部 る に り き 、 体 は 合 夏 小 育 じ う に 中 祭  け 青 入 学 生   て い る  の 空   る      部 三 松 渡 小 ) 浦  尾 邉 鳥  な く 実 つ る 千 加 き 実 春 ( ( ( ( 第 苗 第 中 二 木 二 津 中 小 中 高 ) ) ) ) わ た

な べ

ど り

三 二 一 特 【 席  席  席  選  一 般 屏 木 つ い の 風 曽 ぎ く 部 な 路 つ そ 】 す な ぎ た 嶺 る と び 掠 色 嶺 訪 め な 々 ふ て き に や は 風 雲 秋 帰 に 生 澄 燕 背 れ む 舞 を 山 馬 ふ  押 は 籠   さ 秋  路   れ    を  び ょ う

み ね か す

き え ん

西 西 尾  野 愁 桃 草 子 子 ( ( 瑞 多 浪 治 見 市 市 ) )

し ゅ う

そ う し

ル ビ は 、 文 化 振 興 課

今 伊 井  藤 小 弘 夜 江 子 ( ( 付 淀 知 川 町 町 ) )

さ よ こ

三 二 一 特 【 席  席  席  選  小 中 ム み 雨 引 学 カ さ の 退 生 つ か 日 し の く に の い 部 し は 車 と 】 イ つ 道 お ラ う 見 し イ が 下 く ラ く ろ な す ろ し る る に 後 部 こ も 悔 活 と さ す 動 あ る 見 学 る が た 校 け い く の れ て な 前 ど く い 背 や り も の っ を の び ぱ お た し り と く て 一 し さ 見 番 て ん る  あ い 見   ん か え   た く る    や し     わ  て      い       る              長 谷 川 千 晴 ( 付 知 中 )

園 三 三 原  尾  栖 理 美 寛 菜 咲 太 子 ( ( ( 神 付 神 坂 知 奈 小 中 川 ) ) 県 大 磯 中 )

み す

か ん た

三 二 一 特 【 席  席  席  選  高 校 夏 ま ム 夏 生 休 た ダ 休 の み 終 省 み 部 皆 わ き 遊 】 と り コ び 遊 打 ン の ん ち セ 予 だ 砕 ン 定 学 か ト た 校 れ 抜 た で た き ぬ ふ こ ク 日 と の ー よ 思 自 ル そ い 信 ビ っ 出 プ ズ と す ー み ウ 終 ル ん チ わ に な ワ ら き で で ぬ え 守 風 課 る る 鈴 題  努 地 な  力 球 ら   の と す    証  家       計                                           

三 二 一 特 【 席  席  席  選  一 般 嫁 病 蓮 堰 の ぎ 棟 ち 切 部 来 の ゃ れ 】 て 廊 ん ば 終 下 の 土 の に 入 管 す わ 院 を み れ 付 は 家 の き し と 車 添 る な 椅 い 水 り 子 三 太 し 押 日 く よ し 目 響 り く に り わ れ 「 て が し マ 田 よ 君 マ 植 り も が ゑ ど 透 い の こ 析 い 終 ろ 患 な 了 に 者  」 を 恵  と 告 那   い ぐ  山  わ   の  れ   あ  て   り    し      ま       う           

澤 丸 原  小 村  山    南 

原  小  木 曽 節 鈴 子 子 ( ( 中 太 津 田 川 町 ) )

れ ん

つ い

お ぎ そ

元 希 ( 中 津 高 )

げ ん き

龍 希 ( 中 津 高 )

た つ き

淳 子 ( 中 津 高 )

結 女 ( 中 津 高 )

ゆ め

す ず こ

曽 我 ふ み 子 ( 手 賀 野 )

桑 田  く わ だ

靖 之 ( 茄 子 川 )

や す ゆ き

問 島崎藤村記念文芸祭実行委員会事務局 文化振興課(☎内線4317)

19


困ったことはできる限り早くご相談を 問・相談 相談先 消費生活相談室 ☎66−1111(内線167) 窓口開設日時/毎週条〜畳 9:00〜17 :00        (祝日および年末年始除く)

福祉と環境の取り組みを知っていただくために

健康福祉まつり・環境フェスタ中津川を開催  11月4日㈰に東美濃ふれあいセンターにおいて、健康福祉まつり・ 環境フェスタ中津川を開催しました。  今年度はより多くの方に福祉と環境の取り組みを知っていただく ために、2つのイベントを同時開催し、128団体が参加しました。歌 舞伎ホールでは社会福祉大会、芝生広場を中心にスポーツフェステ ィバルもあり、約8, 000人の来場者でにぎわいました。

 環境フェスタ中津川    「わたしたちの一歩が地球を救う」 をテーマに開催しました。太陽光発 電や小水力発電などの新エネルギー や、ごみの資源化・減量を推進する 取り組みを紹介しました。

問 健康福祉まつり/健康医療課(☎内線622)   環境フェスタ中津川/環境政策課(☎内線124)

 健康福祉まつり    健康や福祉の大切さについて「健康で安心できる温かい福祉の まち—中津川」をテーマに開催しました。  この中で、80歳以上で20本以上自分の歯を保とうという取り組 み「8020運動」の一環として、よい歯をお持ちの高齢者33人 を表彰しました。

歯科検診と相談

軽スポーツで健康づくり

中津川工業高校のエコバギーカー

128団体の多彩なブースが並びました

18


開館時間 平日10時〜19時 土日祝10時〜17時

12月1日㈯ 〜27日㈭ クリスマス特集・大掃除の情報

『被災ママ812人が作った子連れ防災手帖』 つながる. c o m 編集 メディアファクトリー

 クリスマスはもみの木に手作りの飾りつけ をします。クリスマス用のレリーフで楽しい 気分でいっぱいにし、 「ジングルベル」や「き よしこの夜」が心の中にふう〜と湧いて来る ような展示です。  大掃除はコツコツときれいにしていきまし ょう。 ※ボランティア「図書館くらぶ」 による展示です。

   子どもを持つママやこれからマ マになる人などが東日本大震災の 被災体験を語り、災害への対処方 法を伝授してくれます。避難生活 で大変なことは何か。親子のみな らず「3. 11」について知り、これ から防災について考えてみようと する人におすすめです。

12月10日㈪

『トリガール!』中村 航 著

「新ソバとリース作り」  

  角川グループパブリッシング  毎年、琵琶湖で開催される「鳥 人間コンテスト」。工業大学のサー クル「T.S.L」の新入部員の鳥 山ゆきなは、自分がエンジンとな るエンジン班に!青春を謳歌する 大学サークルならではの若々しさ が垣間見られ、体を動かしたくな る一冊です。

:00 場所 中村中クラブ 時間 9 :00〜15 内容 ①新ソバ打ちと食事会    ②クリスマスリース作り   ※できた作品は、図書館内に飾ります。 問先 図書館くらぶ会長 桑澤    ☎66−0249

12月23日抄 「ベン&なつよのえいごDEおはなし会  とバルーンアート」    英語と日本語のおはなし会とバルーンアー トでクリスマスを楽しみましょう! 時間 14 :00〜  場所 市立図書館

『ゆうかんなアイリーン』  

ウィリアム・スタイグ 作/おがわえつこ 訳  お母さんは縫い上げたドレ スをお屋敷のおくさまに届け なければならないのですが、 大変なことにかぜをひいてし まいました。 「わたしがとどけてあげる」 アイリーンは、風にも雪にも 負けずお屋敷を目指します。 とってもゆうかんで、たのも しい女の子のお話。

17

12月 日

3 4 休館日 ★ 9 10 11 休館日 16 17 18 休館日 23 24 25 ◎ 休館日 30 31 休館日 休館日

土 1

12

13

7 ★ 14

15

19

20

21

22

26

27

28 29 休館日 休館日

★ブックスタート 13 :30〜 健康福祉会館 おはなし会  ①おはなしおいでんさいのお話し会   4日㈫・11日㈫・18日㈫ 11:0 0〜 絵本コーナー  ②すいーとぽてとのお話し会   1日㈯・8日㈯・15日㈯・22日㈯    14:30〜 絵本コーナー ◎えいごDEおはなし会とバルーンアート

23日に本を借りてくれた 高校生以下のみなさんに ささやかなクリスマスプ レゼントがあります。


愚虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞虞喰 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶 空 偶  出前医療講座は、市民病院で診療 空 偶 している医師自身が市内各地に出向 空 偶 空 偶 いて行う医療講座です。がんの治療 空 偶 ・脳血管疾患の治療、心臓疾患の治療、産科小児科の母子医療など、この 偶 空 空 偶 地域で市民病院が担っている領域を中心に企画しています。 空 偶  出前医療講座第1シリーズは「がんを正しく知ろう〜乳がんの話を中心 偶 空 空 に〜」をテーマに市民病院診療部長(外科) 関谷正徳 先生による講演を 偶 空 偶 空 7月〜10月に計3回行いました。市内3会場とも約50人の参加者があり、中津川市のがんの現状を真剣に聞 偶 空 いておられました。「がんの話などとても、分かりやすくお話していただき勉強になりました」 「親族が乳が 偶 空 偶 「市民病院の先生から直接お話しが聞け、私たち 偶 空 んを患っておりましたので興味深く聞くことができました」 空 偶 空 にとって病気の安心感がもてました」といった意見がありました。 偶 空 偶 ■ボランティア報告 空 ■今後の予定 偶 空 偶  共栄みどり会による草取り作業  出前医療講座第2シリーズ (入場無料)   空  偶 空  「生活習慣病が引き起こす血管のおはなし」  10月14日㈰に共栄みどり会による草取り 偶 空 偶 作業が行われました。地元共栄区の皆さんが 偶 市民病院診療部長(循環器内科) 空 空 毎年、春と秋の年2回続けられており、当日 偶   林 和徳 先生 空 偶 は24人の方に正面玄関、ロータリー、駐車 偶 平成25年 空 空 場周辺などの草取りをしていただきました。 偶  1月12日㈯ 14 :00 福岡総合保健センター 空 偶 空 偶 ありがとうございました。  2月22日㈮ 19 :00 健康福祉会館 空 偶  3月15日㈮ 19 :00 蛭川公民館 1251)偶 問 市民病院 総務人事課(☎66空 寓遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇遇隅

「出前医療講座」を開催しています

苗木遠山史料館(緯668181) 東山魁夷心の旅路館(緯755222) 子ども科学館 (緯669090) 中山道歴史資料館 (緯666888) 熊谷守一記念館(緯824911) 鉱物博物館    (緯672110)

東山魁夷心の旅路館 ★平成24年度第Ⅲ期展「秋の賛歌」  12月25日㈫まで 苗木遠山史料館 ★企画展「刀剣と拵」  12月16日㈰まで ★土曜講座「本能寺の変後の東濃国衆の動向」 :30〜15 :00  日時:12月8日㈯ 13  対象:一般 定員:20人 費用:250円 ★古文書教室「史料館文書を読む」 :30〜15 :00  日時:12月22日㈯ 13  対象:一般 定員:20人 費用:1, 000円 こしらえ

中山道歴史資料館 ★企画展「中津川宿−文芸の歴史−」  会期:平成25年3月24日㈰まで ★古文書入門講座「百人一首を読む」 :30〜14 :30  日時:12月5日㈬・19日㈬ 13  対象:一般 定員:20人 費用:1講座250円 ★歴史講座「江戸から明治にかけての中津川村」 :30〜14 :30  日時:12月12日㈬・24日(振休) 13  対象:一般 定員:20人 費用:1講座250円 12月の休館日 東山魁夷心の旅路館 5・12・19・26〜1/5日 そ の 他 の 館 3・10・17・26〜1/5日  ※青邨記念館は休館中 

子ども科学館   鉱物博物館 ★共同企画「星空観察会−ふたご座流星群と星座」  今年は好条件でふたご座流星群を観察できるチャン スです。流星群や冬の星座を観察しよう。 :00〜21 :00  日時:12月14日㈮ 19  対象:親子 定員:20組(先着順)  費用:無料 場所:鉱物博物館(雨天:室内で学習会)  申込:12月7日㈮まで 鉱物博物館 ★企画展「阿寺断層—活断層のわかったこと・わからないこと」  会期:12月9日㈰まで ★教室「クリスマスリースをつくろう」  木の実や葉っぱを飾ってリースを作ります。 :00〜12 :00  日時:12月2日㈰ 10  対象:小学4年生以上(小3以下は保護者同伴)  定員:10人 費用:300円 ★教室「石のキャンドルをつくろう」  石の容器にロウを流し込みキャンドルを作ります。 :30〜12 :00  日時:12月8日㈯ 9  対象:小学5年生以上(小4以下は保護者同伴)  定員:10人 費用:800円 *教室の詳細は各館へお問い合わせください。 *各教室・講座への参加は事前予約が必要です。

16


3日㈪ 中川医院

5015 (落合)☎69-

4日㈫ 上田医院

7222 (苗木)☎66-

5日㈬ 可知医院 6日㈭ 恵那医院

7500 (中津)☎661318 (中津)☎66-

2日㈰ 9日㈰

7日㈮ 木村内科

8088 (中津)☎65-

10日㈪ 小島クリニック

0011 (中津)☎65-

11日㈫ 佐生医院

7077 12 (中津)☎66  23日抄 3988 (中津)☎62 

16日㈰

 

2007 林メディカルクリニック(中津)☎65☎7 5 3118 (坂下) 坂下病院 3219 (落合)☎69落合診療所 2009 (福岡)☎72深谷医院 2872 (中津)☎65田口医院 5211 (付知)☎82みお医院 ☎6 5 5766 つねだ整形外科・皮ふ科(中津) 3118 (坂下)☎75坂下病院 7565 古瀬小児科クリニック (中津)☎65☎7 2 5777 (福岡) 丹羽内科・ペインクリニック 0011 (中津)☎65小島クリニック 5211 (付知)☎82みお医院 3322 みやざきこどもクリニック(中津)☎624377 (福岡)☎72今井医院 2039 (坂本)☎68小野医院 2009 (福岡)☎72深谷医院

 12日㈬ ささきクリニック 24日 12 2872 (中津)☎65 13日㈭ 田口医院 月 (振休)  14日㈮ つねだ整形外科・皮ふ科(中津)☎655766 4111 (中津)☎66月 17日㈪ 東和クリニック 29日㈯ 3111 18日㈫ 中津クリニック (中津)☎668877 19日㈬ 服部内科クリニック (中津)☎6530日㈰ 7565 20日㈭ 古瀬小児科クリニック (中津)☎653001 21日㈮ 古瀬医院 (中津)☎6231日㈪ 3322 25日㈫ みやざきこどもクリニック(中津)☎628088 1565 26日㈬ 古橋内科医院 (中津)☎65(中津)☎66木村内科 1日抄 3118 2007 (坂下)☎7527日㈭ 林メディカルクリニック(中津)☎65坂下病院 ☎6 6 3111 (中津) 中津クリニック 3915 28日㈮ 古橋内科クリニック (中津)☎661 2日㈬ 回生堂医院 2125 (付知)☎822039 4日㈮ 小野医院 (坂本)☎687722 (坂本)☎68さか整形外科 7161 月 3日㈭ 7日㈪ 笠木医院 (坂本)☎68☎7 9 2033 (加子母) 河村医院 1 8日㈫ さか整形外科 7722 (坂本)☎681565 (中津)☎66古橋内科医院 6日㈰ 5015 (落合)☎69月 9日㈬ 中川医院 5777 丹羽内科・ペインクリニック(福岡)☎723219 10日㈭ 落合診療所 (落合)☎69消防署 緯 65崖3799 7222 11日㈮ 上田医院 (苗木)☎66     (みなきゅうきゅう)

*歯科当番医の診療時間は、9時〜15時までです。 *22時以降は、中津川市民病院、坂下病院を受診してください。 *当番医は変更になる場合がありますので、必ずお問い合わせの うえ、お出かけください。

携帯用 QRコード

実施日

会  場

1 29日㈫ 健康福祉会館 月

受付時間

胃 大腸 前立腺 肝炎 子宮 乳

8: 30咳 11: 00 〇 〇 〇 〇 〇 〇 13: 00咳 14: 30

★その他:子宮頸がん、乳がん検診(40歳以上)は、 医療機関でも受診できます。健康医療課へ お問い合わせください。

がん検診対象者  前立腺害50歳以上男 胃・大腸害40歳以上男女  肝 炎害30歳以上男女  乳 房害超音波検査は30〜39歳女性      マンモグラフィー検査は40歳以上女性  子宮頸害20歳以上女性

15

8: 30咳 11: 00 〇 〇 〇 〇 〇 〇 13: 00咳 14: 30

救急医療情報システム

平日夜間・休日当番医   ht t p: / / www. qq. pr ef . gi f u. l g. j p/ は携帯電話からもご覧 いただけます。  健康医療課/ ☎ 内線623・657

健康医療課/緯 内線623・626 

  12 12日㈬ 健康福祉会館 月

市役所 緯 66崖1111

★注意事項 ・胃がん検診は、胃潰瘍などの治療中の方は 受診できません。 ・肝炎ウイルス検査は初めて検査を受けられ る方のみです。過去に輸血などをされた方 は、無料で肝炎ウイルス検査を恵那保健所 でも受けられます。 ・乳がん検診を受けられる方で、心臓ペース メーカー、豊胸手術を受けられた方は、予 約時に相談してください。

受診について ①がん検診料金:1つにつき700円 ②がん検診は予約が必要です。 ③予約方法:携帯で QRコードを読み取る→       「成人・健康診断の日程」から予約。  市ホームページでトップページ→「検診などの日程」から予約。  ※電話でも受け付けしています。 ④予約期限:検診日の1週間前まで ⑤健康福祉会館では託児を行います。


環境センター /緯62崖0085 

燃えるごみは祝・休日も収集します。 10区・11区・12区・新町区・一色区 中 中央区・14区・16区 燃 津 東7区・西77区・8区・9区・昭和区 え 地 17区・18区・東18区・24区・銭亀区・鉄官区・丸山警察官舎 る 区 丸山団地区・雇用促進住宅第3区・子野区・松田区

ご み 月 ・ 木 曜 日 収 集 地 区

19区・21区・実戸区・中村区・雇用促進住宅第2区・尾鳩区 苗木地区

火 ・ 金 曜 日 収 集 地 区

12月

1月

18 15

14

22

18 15

4

8

11

29

28

25

12

16

21

18

7

11

25 15 5

9

19 23

な 26 30

落合・神坂地区

12 16

山口・馬籠地区

坂下・上野地区

川上地区 加子母地区

燃 え る ご み

12月 1月

中 1区・2区・3区・4区・5区・6区・手賀野上区・会所ヶ丘区・雇用促進住宅第1区 津 地 23区・桃山区・西ヶ丘区・大平区・山手区・後田区・大峡区 区 共栄区・松源寺区

千旦林地区 茄子川地区 阿木地区 付知町地区 田瀬・下野・福岡・高山地区

28 有害30 16 5 9 12 有害30 み 7 5 9 3 有害30 16 20 23 27 有害9 有害13 5

9

10 23

5

9

7

26

30

  17 21 資

13

17

20 28

19

23

6

10

3

燃 え な い ご み

蛭川地区

24

27 24 23 27 12 16 12 16

源 

ご  23 み

27

リサイクル リサイクル 倉庫2, 16 倉庫13, 27

19 23 有害26 10 14 有害26

②合同火葬:他所のペットや小動物と一緒に火葬       手数料10 , 00円(市内の方)  ご家庭で飼われているペットの火葬を2通りの方法で  お骨は拾えません。 環境センターでお預かりし、後 行っています。 日火葬となります。    ※要事前連絡 ①個別火葬:1体のみで火葬 手数料70 , 00円(市内の方)    お骨が拾えます。 (お骨入れをご用意ください)  詳しくは、環境センター☎620085へお問い合わせくだ  1日2体まで(午前・午後)のみの火葬となります。 さい。電話番号をよく確認し、お掛け間違えのないように  ※要予約 お願いいたします。

ペットの火葬方法  

環境政策課/緯内線125 1日㈯

西太田町通り商店街振興組合 坂本幼稚園PTA、中央区

2日㈰

坂本幼稚園PTA 川上区長会(川上小PTA)

8日㈯ 中央区 9日㈰ 西幼稚園PTA 松源寺区、西太田町通り商店街振興組合 15日㈯ 中央区

固 定 資 産 税 (第3期) 税

課 ☎内線131

国 民 健 康 保 険 料 (第8期) 国民健康保険課 ☎内線114 12月   後期高齢者医療保険 (第6期) 国民健康保険課 ☎内線112 25日㈫ 介 護 保 険 料 (第8期) 介 護 保 険 室 ☎内線614

1月   上下水道料金 上 下 水 道 使 用 料(12月分) ☎内線498 セ ン タ ー 4日㈮

23日抄 中津川幼稚園

夜間納税相談窓口 12 月26日㈬ 17 :15咳20 :00  

24日(振休) 中津川幼稚園

噛対象は市県民税、固定資産税、軽自動車税です。 ※夜間納税相談窓口は平成25年3月をもって終了します。

随 時 落合まちづくり推進協議会 ※詳細は各団体へお問い合わせください。

税務課/ 緯内線144 ・145

14


れ た 大 会 で 、 岐 阜 県 警 察 本 部

    10 月  18 日 ㈭ に 羽 島 市 で 行 わ

県安 民全 大・ 会安 表心 彰ま ち づ く り

  国 保 坂 下 病 院 の 薬 剤 師 西 尾

問 企 付 画 知 財 中 務 学 課 校 ( ☎ 内 線  334 ) 問 個 防 人 中 津 災 井 川 安 出 商 全 課 清 工 ( 、 会 ☎ 市 議 内 岡 所 線  敦 164 司 )

医第   療 51 学回 会全 で国 優国 秀保 賞地 受域 賞

    問    焔 社 障   会 特 害 福 援 延 別 祉 暦 養 護 法 課 寺 護 人 広 老 ( 萱 ☎ 済 人 垣 内 寮 ホ 会 線  ( ー 593 神 ム ) 坂 ) 三 位 に あ た る 優 等 三 席 と な り

牛 「 花 清 国 」 の 産 子 が 全 体 の

  問 ( 幼 ☎ 児 内 教 線 育 4 課 2 2 2 )

13

増 美 さ ん ( 田 瀬 ) 生 産 の 種 雄

牛 公 「 夫 若 さ 光 ん 清 ( 85神 」 坂 の ) 産 生 子 産 と の 花 種 田 雄

共 進 会 が 長 崎 県 で 行 わ れ 、 楯

え る 機 会 と な り ま し た 。

の 子 育 て な ど を 楽 し く 語 り あ

が 、 親 子 ふ れ あ い 遊 び や 親 同

士 の 交 流 を と お し て 、 日 ご ろ

所 が 表 彰 さ れ ま し た 。

献 さ れ て い る 功 績 で 次 の 事 業

・ 部 福 活 岡 動 中 支 学 援 校 の た め  20 万 円

・ め 図 20書 万 購 円 入 、 部 活 動 支 援 の た

    ・ 使 付 付 図 い 知 知 書 み 北 保 購 ち 小 育 入 学 園 の 校 、 た 付 め 知 各  南 20 小 万 学 円 校   団  個 域 体   人 づ  の く 高  方 り 山  が 推 見  表 進 守  彰 協 り さ 議 隊 ( れ 会 、 敬 ま 安 山 称 し 心 口 略 た ・ 地 ) 。

指 導 員 、 中 津 川 市 消 防 団 、

指 導 員 、 坂 本 地 区 地 域 安 全

友 の 会 、 駅 前 地 区 地 域 安 全

安 全 づ く り 部 会 、 坂 本 交 番

の 雇 用 促 進 と 就 業 の 安 定 に 貢

用 促 進 セ ミ ナ ー で 、 障 が い 者

促 進 協 議 会 主 催 の 障 が い 者 雇

    10 月  22 日 ㈪ に 市 障 害 者 雇 用

  5 年 に 一 度 の 全 国 和 牛 能 力 人 の 親 子

市 内 3 会

ま し た 。

毎 年 1 0 0 万 円 の ご 寄 付 を い

地 域 安 全 ボ ラ ン テ ィ ア 団 体 や

い セ ン タ ー で 開 催 し た 大 会 で 、   問 ( 坂 ☎ 下 75病 倆 院 3 1 1 8 )

制 津 度 川 が 市 で ふ き る た さ 平 と 成 づ 20く 年 り 度 寄 よ 附 り 金     10 月  19 日 ㈮ に 東 美 濃 ふ れ あ こ と が 評 価 さ れ ま し た 。

で 開 催 し

と の 共 催

ー ク ラ ブ

  ロ ー 中 タ 津 リ 川

子乳 育幼 て児 交向 流け 会「 」未 を就 開園 催児

き ま し た 。 小 南 様 か ら は 、 中

付 い た だ

万 円 を 寄

っ て い る 独 創 的 な 研 究 で あ る

問 農 業 振 興 課 ( ☎ 内 線   219 )

め 1 0 0

な ど の た

動 の 支 援

  問 防 小 犯 防 倉 功 災 主 労 安 税 者 全 課 、 ( 口 ☎ 田 内 克 線  己 164 )

ち中 づ津 く川 り市 市安 民全 大・ 会安 表心 彰ま

問 障 害 援 護 課 ( ☎ 内 線  644 )

全市 国内 共生 進産 会の で種 優雄 秀牛 な産 成子 績 場 1 5 3

優障 良が 事い 業者 所雇 表用 彰

た だ い て い ま す 。

ち か ら

く ち だ

入 や 部 活

図 書 の 購

子 ど も の

戸 市 在 住 付 知 町 出 身 ) か ら 、

あふ りる がさ とと うづ ごく ざり い寄 ま附 す金

  功 防 犯 第 労 功 18ボ 労 区 ラ 団 地 ン 体 域 テ 安 全 ィ 坂 め ア 下 く 団 高 ば 体 等 り 学 た 校 い

   方  が  受  賞  さ  れ  ま し ( た 敬 。 称 略 )

の ボ ラ ン テ ィ ア 団 体 ・ 個 人 の

事 長 連 名 表 彰 が 行 わ れ 、 市 内

長 ・ ( 公 財 ) 岐 阜 県 防 犯 協 会 理

ュ リ ン 治 療 継 続 へ の 試 み 」 と

明 書 を 用 い た 高 齢 者 の イ ン シ

晃 さ ん は 「 補 助 器 具 と 改 良 説

助 け を 行

る よ う 手

と が で き

り 戻 す こ

自 信 を 取

ン 治 療 の

ン シ ュ リ

さ ん が イ

け 、 患 者

に 合 わ せ て 、 器 具 を 改 良 し 続

た い 」 と 話 さ れ ま し た 。

理 に 留 意 し 製 作 を 続 け て い き

大 変 光 栄 で す 、 今 後 も 健 康 管

し ま し た 、 知 事 賞 を い た だ き

回 、 友 人 の 勧 め で 初 め て 応 募

要 し ま し た 。 太 田 さ ん は 「 今

  知 作 事 品 賞 は を 完 受 成 賞 ま さ で れ 約 ま 1 し カ た 月 。 程

ふ れ あ い 福 祉 フ ェ ア で 岐 阜 県

画 「 白 樺 」 が 岐 阜 県 障 が い 者

全国共進会のようす

    10 月  23 日 ㈫ に 小 南 誠 様 ( 瀬

題 し て 発 表 。 患 者 さ ん の 状 態

  太 田 泰 弘 さ ん ( 落 合 ) の 絵

福岐 祉阜 フ県 ェ障 アが でい 知者 事ふ 賞れ 受あ 賞い 秀 枝 肉 賞 を 受 賞 し ま し た 。

  ま ま し た た 「 。 、 花 清 国 」 の 産 子 は 優


施  設  名

年末の業務

年始の業務

施  設  名

◆行政施設

図書館( 証明書などの発行) ※休館日はP17参照

27日㈭ 17 :15まで

東美濃ふれあいセンター 中津川文化会館 福岡ふれあい文化センター アートピア付知交芸プラザ

5日㈯から

川上診療所

にぎわいプラザ( 施設利用) 勤労青少年ホーム サンライフ中津川・市民運動場 26日㈬まで 6日㈰から 中津川公園(競技場、多目的広 場、テニスコート) 苗木トレーニングセンター 苗木公園(テニスコート)

28日㈮まで 4日㈮から

蛭川診療所 加子母歯科診療所 阿木診療所

27日㈭まで 8日㈫から

市内博物館施設6館 ※各施設の休館日はP16参照

25日㈫まで 6日㈰から

28日㈮まで 4日㈮から

川上かたらいの里

27日㈭まで 5日㈯から

◆水道関係 上下水道料金センター

◆環境衛生施設 環境センター (啓発プラザ・余熱利用施設) 27日㈭まで 8日㈫から ※環境センターおよびごみ収集  の日程はP14参照

◆水道修理の当番業者 月 日

当 番 業 者

1 2月31日㈪ 1月1日華 1月2日㈬ 1月3日㈭

㈱井口設備   ☎655545 ㈲アイワ設備  ☎725050 五十嵐工業㈱  ☎682161 太陽プロパン㈱ ☎665757

池戸設備工業㈱ ☎672243 酒井水道㈱   ☎653632

各斎場

31日㈪午前中まで 4日㈮から

月 日

業務時間

12月31日㈪

7:00〜17 :00

1月1日華

休  業

㈲伊藤住設   ☎822156

1月2日㈬

恵曽水工㈱   ☎694131

1月3日㈭

㈱みなとや   ☎693130

ブラジルで実習中の 日下部さん(右)

評 価 さ れ て 、 法 務 大 臣 表 彰 を

29日㈯は 4日㈮から 午前中まで

◆中津川駅前市営駐車場(立体)

㈲早川設備土木 ☎822626

話 さ れ ま し た 。

受 け ら れ ま し た 。

衛生センター ※24日(振休)は通常業務

年 末 年 始 の 業 務 の ご 案 内

保母興産㈱   ☎632036

  問 ( 生 ☎ 涯 内 学 線 習 4課 3 1 2 )

  問 ( 岐 ☎ 阜 66地 倆 方 1 法 5 務 5 局 4 )

28日㈮まで 4日㈮から

公民館

◆医療施設 市民病院・坂下病院 ※休日・夜間当番医はP15参照

1 2月30日㈰

年始の業務

◆文化・スポーツ施設

市役所・総合事務所・地域事務所 にぎわいプラザ 28日㈮まで 4日㈮から (1階窓口各種証明書類発行)

1 2月29日㈯

年末の業務

熱 心 な 人 権 擁 護 活 動 の 功 績 を

平 の 成  本 11多 年 敬 の 穗 委 さ 嘱 ん 以 ( 来  阿 13木 年 ) 余 が の 、

ほ ん だ た か ほ

    10 月 2 日 ㈫ 、 人 権 擁 護 委 員

法人 務権 大擁 臣護 表委 彰員

っ て 研 究 を し て い き た い 」 と

界 に 目 を 向 け 、 広 い 視 野 を も

10 :00〜17 :00

上記以外は7:00〜23 :00

康 食 品 の 研 究 者 に な っ て 、 世

  問 ( 工 ☎ 業 内 振 線 興 4 課 2 6 3 )

型 の 農 業 を 学 ん だ 。 将 来 は 健

農 業 、 オ ラ ン ダ で は 環 境 保 全

ん だ 。 ブ ラ ジ ル で は 大 規 模 な

      猿 ( 祭 市 へ り 岡 ー 用 信 そ 付 郎 く け ) 飾 切 り 器 の ぶ ろ う

産 を テ ー マ に 海 外 実 習 に の ぞ

し く 、 消 費 者 に 優 し い 食 料 生

岐 阜 県 紙 業 連 合 会 長 賞

【 一 般 の 部 】

  さ 日 れ 下 ま 部 し さ た ん 。 は 「 、 生 産 者 に 優

終 え 、 市 長 へ 帰 国 表 敬 訪 問 を

      猿 納 自 吉 涼 動 村 カ 給 明 ー 水 生 テ 機 ( ン 付 き 坂 エ 下 コ 中 3 年 ) あ き

出 年 身 、 ) 日 が 下 22部 日 純 間 平 の さ 海 ん 外 ( 実 加 習 子 を 母 岐 阜 県 発 明 協 会 長 賞

阜 農 林 高 等 学 校 食 品 科 学 科 3

ラ ン ダ へ 派 遣 さ れ て い た 、 岐

      猿 楽 一 吉 々 発 村 洗 で 野 濯 落 々 物 ち る 香 ( 干 概 坂 し 下 中 2 年 ) の の か

中津川駅前広場駐車 場は年中無休24時間 営業

習 派 遣 事 業 」 で ブ ラ ジ ル と オ 日 本 弁 理 士 会 会 長 奨 励 賞

  「 第  34 回 農 業 高 校 生 海 外 実

派農 遣業 生高 徒校 が生 表海 敬外 訪実 問習

【 児 童 ・ 生 徒 の 部 】

作 品 の う ち 、 次 の 皆 さ ん が 受

賞 さ れ ま し た ( 。 敬 称 略 )

  中 津 川 市 か ら 出 展 さ れ た   14

く2 ふ0 う1 展2 受年 賞岐 者阜 県 発 明 12


子育て事情   実家に遊びにきた娘と母の会話。 「最近の若いだんなさんは、食事の世話からオムツ 替えと、子どもの面倒を良く見るわねェ。 」 「えっ、お父さんも『お前らは、わしがずーっと風 呂に入れていた』って言ってたわよ。 」 「あら、準備も後片付けもしないで、ただお湯につ けてただけよ。それで俺が大きくしたなんて、乾 燥ワカメじゃないんだから。 」 (爆笑)  部屋に入ってきた父が、 「おや、なにか楽しそうだねェ。 」 「うふ、私がワカメだった頃の話よ。 」 (笑)  

 子育ては?の質問に、男性の9割が「風呂に 入れる」と答えるそうです。  

問 ・ 申 先 岐 阜 県 県 民 生 活 相 談

      電  と  こ 土 平 話  ろ 曜 日 予 約 セ 岐 9 8 ン 阜 時 時  タ 県 〜 30 ー 県 17分 ( 民 時 〜  岐 生 17 阜 活 時 市 相 ) 談

担 当 弁 護 士 事 務 所 へ お 電 話

  相  相 談 10談 方 時 時 法 〜 間 16( 開 時 両 催 30日 日 分 と の も 時 ) 間 内 に

愛知県大口町おおぐち男女共同参画懇話会 作成・編集「さんかくコラム」より

  問 ( 阿 ☎ 木 63事 倆 務 2所 0 0 1 )

11

  市 内 外 か ら 応 募 い た だ い た

入 第  選 61 作回 品中 展津 示川 会市 民 展

岐 太 鼓 の 競 演 な ど

過地 払元 金弁 の護 無士 料に 電よ 話る 相借 談金 ・

阿 木 産 の 新 そ ば の 販 売 、 安

即 売 、 阿 木 特 産 品 の 販 売 、

  と  と  新 こ   そ ろ   き  ば    を 中  12販 の 10月 売 島 時 2 し 公 〜 日 ま 園 13㈰ す 。 ふ 時 れ あ い

  で ま 、 た お 、 早 阿 目 木 に 産 お の 越 香 し り く 豊 だ か さ な い 。

が な く な り 次 第 終 了 し ま す の

多 重 債 務 無 料 相 談 会      

内  の 容 里 ( シ 阿 ク 木 ラ 川 メ 湖 ン 畔 鉢 ) 植 え の

問 少子化対策課(☎内線202)

芸 術 作 品 を 、 こ の 機 会 に ご 鑑

                   と ☎ 12☎ 12き 0 伊 月  0 大 月 ・ 5 藤 16 5 岡 1 相 7知 日 7琢 日 談 2恵 ㈰ 3美 ㈯ 先 倆 子 倆 ( 59( 25恵 倆 土 倆 那 4岐 0市 2市 7) 0) 0 1 1

問 ※ 警 入 防 場 課 無 ( 料 ☎  66 倆 1 1 1 9 )

◆子どもとお風呂でくつろぐお父さん。自分の イクメン(育児をする男性のこと)ぶりに大 満足!でも「子育てって、それだけじゃない のよね」とお母さん。   ◆お互いの「思いやり」と「感謝」の気持ちで、 よりよい家庭づくりができるといいですね。

        と      と   部 賞 こ         く ろ       き   門 だ さ     に 9 7  12彫 洋 い ぎ 日 日 10月 刻 画 。 わ ㈰ ㈮ 時 4 ・ ・ い は は 〜 日 書 日 プ 142017㈫ ・ 写 本 ラ 時 時 時 〜 真 画 ザ ま ま 9 ・ ・ 5 で で 日 工 版 階 ㈰ 芸 画

  電  開 話  設 相  日  談       1312 開 時 月 設 〜 8 日 16日 の 時 ㈯ 時 間 内 に

    ( 問 ※  と  と  無地 ☎ ・ 相  こ   0申 談 ろ き 料元         5先 無     法弁 7 伊 料 セ 多  12 2 藤 、 ン 治 10月  律 護 倆 知 先 タ 見 時 15 相 士 59恵 着 ー 市 〜 日 談 に 倆 子 順 産 12㈯ よ 4法 、 業 時 律 る 2 文 0事 予 化 1務 約 所 制 )     と  と 奏 学 高 津 ジ 隊 こ   し 校 等 商 ェ 、 市 ろ   き ま ギ 学 業 ) 福 消    す タ 校 高 と 岡 防 中  12。 ー の 等 、 分 団 津 13月 マ 吹 学 中 団 の 川 時 9 ン 奏 校 津 音 音 文 〜 日 ド 部 、 高 楽 楽 化 16㈰ リ 、 中 等 隊 隊 会 時  ン 坂 津 学 ( 、 館 30 部 下 川 校 エ ラ が 高 工 、 ル ッ 分 演 等 業 中 ・ パ

鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯鰯

  問 ( 文 ☎ 化 内 振 線 興 4課 3 1 8 )

  面 お 先 談 電 着 相 話 12談  く だ 人 、 予 さ 相 約 い 談 制 。 無 、 予 料 1 約 人 不 30要 分 。

消 1 セ 費 0 ン 生 0 タ 活 3 ー 相 ) ( 談 ☎   058 室 ( 倆 ☎ 2 内 7 線   7 167 倆 )

  問 ( ・ ☎ 申 内 先 線  消 167 費 ) 生 活 相 談 室

自 己 負 担 )

相 談 く 料  だ さ 無 い 料 。 ( 電 話 通 信 料 は

フ 第  ェ 17 ス回 テブ ィラ バス ルバ ン ド

  人 鉢 気 植 が え あ の り 即 ま 売 す 会 。 で は 、 商 品

長 持 ち す る と い う こ と で 大 変

  阿 木 産 の シ ク ラ メ ン は 花 が

祭阿 り木 シ ク ラ メ ン ・ そ ば


介 護 予 防 サ ポ ー タ ー 養 成 講 座  介護予防サポーターは、地域で実施している介護予防教室などでボランティアとして活動したり、介護 予防についての知識や技術を地域に広める役割を担っていただいています。  高齢者のからだや認知症についての知識と、レクリエーション・運動などの実技を楽しく学びます。  自分自身の健康づくりを行いながら、地域で高齢者を支えるサポーターになりませんか? 対 象 者:・ ・介護予防や健康づくりに関心のある方      ・ ・介護予防サポーターとして、事業に参加協力いただける方      ・ ・すべての講座に出席できる方 講  師:日本福祉大学客員准教授・㈲レクリエーションサポート 代表 荒深裕規先生ほか 霞蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊俄 場  所:健康福祉会館4階多目的ホール 受講料:無料 峨 高齢者が 住み慣れたまちで 峨 募集人員:30人(先着順) 峨 生き生きと 暮らせるために 峨 峨 峨 申込期間:12月3日㈪〜27日㈭(お電話でお申し込みください) みんなで支えよう 峨 峨 我蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊蚊牙 講座開催 あら ふか ひろ

とき(平成25年)

内       容

時 間

1月16日㈬ 健康づくり、介護予防の基礎知識を知る、参加者の交流を図る

第2回

1月23日㈬ サポーターとしての基本的な考え方を知る、先輩サポーターの活動を知る

第3回

2月6日㈬ 高齢者の特徴を知り地域での活動に生かす方法を知る

第4回

2月13日㈬ 高齢者の栄養管理の食事の工夫を学ぶ

第5回

2月20日㈬ 認知症について、地域で高齢者を支えるために

13 : 30 〜

第1回

16 : 00

※1月24日㈭〜2月5日㈫の期間に介護予防教室参加実習があります。 ※いずれの回も講義と運動の実技があります。  水やタオルなどを持参のうえ、動きやすい服装や靴でご来場ください。

問・申先 問・申先  高齢支援課(☎内線619)

問 広報広聴課(☎内線314)

  申 と  と に 込 こ   で 締 ろ   き も 切     楽  サ  12し 12ン 19月 め 月 ラ 時 19ま 17イ 〜 日 す 日 フ 21㈬ 。 ㈪ 中 時 津 川

ht t p: //www. ci t y. nakat sugawa. gi f u. j p/ mayor / dous ei . ht ml

で 半 月 ご と に お 知 ら せ し て い ま す 。

※ 主 な 市 長 の 動 静 は 、 市 ホ ー ム ペ ー ジ

子 ど も か ら お 年 寄 り ま で 、 誰

行 う 4 人 制 バ レ ー ボ ー ル で 、

て 、 バ ド ミ ン ト ン の コ ー ト で

製 の 柔 ら か い ボ ー ル を 使 用 し

  ビ ー チ ボ ー ル は 、 ビ ニ ー ル

ビ ー チ ボ ー ル 教 室

  問 ( ・ ☎ 申 66先 倆 救 1 急 1 課 1 9 )

  下 町 換 木 会 飯 ン 役 15日 年 舞 ▼ 町と会曽会田ポ員日恵部 2 3 議の会県費市ジ懇ぎ那定万日 会 交 費 際 6議 ウ 談 ふ 医 期 5 元 議 流 5道 千 会 ム 会 清 師 大 0 中 員 会 千 路 5・ 懇 会 流 会 会 0 津 香 会 円 改 8中 談 費 国 会 懇 円 川 典 費 ▼ 修 0 津 会 5 体 員 談 ▼ 市 1 5 27促 円 川 会 千 レ 親 会 12長 万 千 日 進 ▼ 市 費 円 ス 族 会 日 親 円  円 田 協 23議 5 ▼ リ 香 費 市 族  辺 議 日 会 千 20ン 典 4 職 香  ▼  30市 会 中 議 円 日 グ 1 千 員 典  日 ・ 意 津 員 ▼ 介 競 万 円 組 ・  元 串 見 川 交 22護 技 円 ▼  合 淋 坂 本 交 南 流 日 シ 会 ▼ 14青 見

※ 受 講 無 料

市 長 交 際 費   10 月     

  内 と  と  当 了 こ   講 証 容 ろ   き  習 を    会 12を 交 普 消 付 通 防 9 月  受 し 救 本 時 16講 ま 命 部 〜 日 し す 講 3 12㈰ ま ) 習 階 時 し Ⅰ 会 ょ ( 議 う 修 室 。     問 1セ 岐 1ン 阜 1タ 県 1ー 精 ) ( 神 ☎  保 058 健 倆 福 2祉 7 3 倆

   と  こ  ろ  セ ン タ ー

多 治 見 市 産 業 文 化

く の 方 の 命 を 救 う た め 応 急 手

  を 大 開 切 催 な し 家 ま 族 す は 。 も ち ろ ん 、 多

     と   死  で  き    亡  12く 13月 さ 時 9 れ 30日 た 分 ㈰ 方 〜  16 時

を 中 心 と し た 応 急 手 当 講 習 会

対   象   家 族 や 大 切 な 人 を 自

と が で き る A E D の 使 用 方 法

分 か ち 合 い の 集 い

心 臓 に 電 気 シ ョ ッ ク を 行 う こ

  心 肺 蘇 生 法 や 一 般 の 人 で も

応 急 手 当 講 習 会

  問 ( ・ ☎ 申 内 先 線 ス 4 ポ 3 ー 0 ツ 7 課 )

※ 参 加 費 無 料

指   き 導  や す ス い ポ 服 ー 装 ツ 、 推 飲 進 み 委 物 員

持 ち 物   体 育 館 シ ュ ー ズ 、 動

10


し ま す 。

き ま せ ん 。 そ の 場 合 は 通 知

骨 の な い 方 は 抽 選 に 参 加 で

区 画 数 を 超 え た 場 合 は 、 遺

・ 遺 骨 の あ る 方 の 応 募 が 募 集

県 内 出 身 者 で 、 平 成

東 京 都 八 王 子 市

県飛 学会 生 会 館 入 寮 案 内

      問 ( 幼 ( ハ ☎ 児 ☎ ロ 内 教 66ー 線 育 倆 ワ 4 課 1ー 3ク 2 3中 2 7津 2 ) 川 )

  ・ ( 坂 ☎ 本 68学 倆 童 6放 9課 5後 0ク ) ラ ブ

ht t p: / / www. ouj . ac. j p/

  対  所 岐 (公財) 在 象  地  阜 濃

・ ・ 選 遺 ん 行 使 考 骨 ) い 用 方 の ま 者 法 あ す お る ( よ 。 方 区 び を 画 区 優 は 画 先 選 は し べ 抽 ま ま 選 す せ で 。     問 9 セ ・ 6 ン 申 先 1 タ 4 ー 放 ) ( 送 ☎  大 058 学 倆 岐 2 阜 7 学 3 習 倆   ・ ( 東 ☎ 学 66童 倆 保 9育 0所 3 3 )

わ せ く だ さ い 。

  受 い 事 。 項 市 付 せ を 営 期 ん 記 墓 間 。 入 地   し 使 12 提 用 月 出 申 3 し 込 日 ㈪ て 書 〜  く に 28 だ 必 日 さ 要 ㈮ ※ ホ ー ム ペ ー ジ か ら 出 願 可 能

  集 詳 し し て く い は ま 各 す 施 。 設 へ お 問 い 合

パ ー ク 多 治 見 )

課 後 ク ラ ブ で は 、 指 導 員 を 募

い る 方 は 、 申 し 込 み で き ま

・ 現 在 市 営 墓 地 を 使 用 さ れ て

と ・ ・  と 大 こ 平 12 学 ろ 成 月 き 説 258 明 多 年 日 会 治 1 ㈯ 見 月  分 13 室 日 ( ㈰ ま な び

・ 1 世 帯 の 申 し 込 み は 1 件

・ 市 内 に 住 所 の あ る 方

 出 分 25願 野 年 期 を 2 間  学 月   べ 2812ま 日 月 す ㈭ 1 。 日 ㈯ 〜 平 成

工 使 事 用 区 費 料 画 実 4 費 3 ㎡ 分 万 (  円 2 27 m 万 × 円 2 m ) ) 文 学 ・ 自 然 科 学 な ど 、 幅 広 い

  制 心 の 理 大 学 学 ・ で 福 す 祉 。 ・ 経 済 ・ 歴 史 ・

  ( 問 ・ ☎  申 042 先 倆 岐 6 阜 4 県 6 学 倆 生 6 会 5 館 6 1 )

  東 学 童 保 育 所 、 坂 本 学 童 放

申 込 資 格

ク学 ラ童 ブ保 ) の育 ( 指所 導放 員課 募後 集児 童

2 日 ㈯ 、 3 日 ㈰ 、 9 日 ㈯

募 墓 ま 集 地 す 区 名  。 画 数  駒 場 1青 0木 0墓 区 地 画 D ( 1

場 青 木 墓 地 の 使 用 者 を 募 集 し

  募 放 集 送 中 大 で 学 す は 。 テ レ ビ な ど の 放

1 学 期 ( 4 月 入 学 ) の 学 生 を

送 を 利 用 し て 授 業 を 行 う 通 信

   面 12接 月 日 15 日 ㈯ 、 平 成  25 年 3 月

( 退 寮 時 返 還 )

 

使駒 用場 者青 募木 集墓 地 D

市 で は 、 新 た に 造 成 し た 駒

  問 ( ・ ☎ 申 内 先 線  環 209 境 ) 施 設 建 設 推 進 室

  放 送 大 学 で は 平 成  25 年 度 第

寮 0 金 円 15( 万 管 円 理 、 費 敷 ・ 金 食 7 費 万 含 円 ) 、 入

放 送 大 学 4 月 生 募 集

入 ・ ・ 募 寮 女 男 集 経 子 子 人 費 1319員 人 人 寮 程 程 費 度 度 5 万 8 千 3 0

  大 学 院 に 入 学 予 定 の 方

  25 年 4 月 に 東 京 近 郊 の 大 学 ・

申込資 申込資格 現在住宅に困っていて、市税を滞納していない方で、暴力団員でない方、

市 営 住 宅 入居者募集

     下記の表の入居資格の○を満たす方

申込期 申込期間 12月10日㈪咳21日㈮  入居予定 入居予定 1月 申 ・ 問先 建築住宅課(緯内線236)または各総合事務所

土・日・祭日は除く :15 8:30〜17

 申し込み数が空家戸数を超える住宅は、抽せんにより入居者を決定します。 団地名

種 類

所 在 地

戸数

間取り

子 野

公 営 中津川10106

1戸 2DK

高 部

公 営 坂下28416

高 部

公 営 坂下28416

向田瀬

公 営 田瀬9501

和 合

特公賃 坂下2261

広島野 須母田 二 渡

家賃(所得による)

市外可

同居 親族

同居 配偶者

単 身 所得制限 あり

10, 300円〜15, 400円

1戸 2DK

8, 200円〜12, 300円

2戸 3DK

10, 300円〜15, 500円

13, 900円〜20, 800円

○ ○

3DK

3LDK 41, 000円〜49, 000円

特公賃 付知267815

1戸 3LDK 43, 000円〜76, 000円

若者定 加子母42852

1戸

1K

20, 000円

若者定 加子母2284

1戸

1K

20, 000円

毅公営、特公賃は入居予定日から3カ月以内に結婚される婚約者がいる方は同居親族等の資格があります。 毅公営の所得制限は月額15万8千円以下の方に資格があります。 毅特公賃の所得制限は月額15万8千円を超える方に資格があります。 毅若者定住は、入居者の年齢が35歳以下で市内の事業所などへ勤務している方、または勤務見込みの方に限ります。  ※の戸数および各団地の詳細についてはお問合わせください。


※ 持 定   と  と 怯   き   勤 託おち  こ   お る こ 再 子   労 児 も 物 員   ろ   き 子 こ れ   就育 ( 者 所ち       さ と か ワ は ゃ お 10 サ  12ん か ら 職 て か ー 総 あ な 子 人 教 ン 10月 連 ら の 応 マ カ 合 ら 援マ ー りどさ(養ラ時  5 れ 始 働 セ の サ 支 ま ( ん 事 文 イ 30日 の め き ( ポ 援 お せ 一 の 前 化 フ 分 ㈬参 ま 方 ミ 参 ー ん緒お予室中〜 加 し を ナ 加 知 ト セ   。 の 気 約 ( 津 11 も ょ 考 ー 費 ら セ ン 場に制和川時   Oう え タ 無 せ ン タ 合入)室 30 K 。 、 料 ー ー )り ) 今 分 。 ) ) の で          怯 怯 持定  ま  と の  対    と と で応 め   講退年 妻 (資ち  こ  、 募 ざ  き 座 職 金 と 外 格 物  象    ろ  き  員  1 書 せ      で 前 で 夫 食 者 9 12す 後 生 の 可 証 筆 12求 サ 12日 類 就 時  で の 職  月 。 の 活 定 ) ( 記 人 職 研 ン 月 3015 各 は 年 1 2就 基 ★ 中 修 ( ラ 用 受 分日 種で 退 具事の室イ日活礎 セ 給 〜 、前方Cフ㈬ 手き  を か ミ  ㈯ 中雇予( 12 中 続る 職  学 ら の用約転 時 津 10び 面 ナ きの 準 職 方保制 川時ま接 ー にか 備 希 ) 〜 険)望 つ? 講  す マ 、 座 昼受 15。 ナ い 含 時 ー 食給 て )             電  相 と    と    対   況 持定    と ( す    こ ☎  ワ べ 話  談 こ     顧 勤 ち 料 ろ    象      き  問 労 物  員    ろ   65ー て 予 倆カ 約 (      弁 者     0ー の サ  12護 く 筆 16※ 定  事 無 ワ 9 サ 問 12前 料 ー ( 10月  士 ら 記 人 夫 年 研 ン ・ 8ポ 申 月 予 カ 1 時 21 用(婦間修ラ 8ー 込 がし 具 事 参 近 室 イ ー人 〜 日   4 約     ・ト サ 3012㈮ 対 の 料 前 加 な C フ 日制 姉  セ ポ 応法 予も勤 ㈫ 、 中 65ン ー分時 労 し 律 倆 以 約歓者 先 津 ト 1タ ま相 制迎と 内 9着 川 セ 0ー ) ) 時順 す談 ン 配 7 〜) タ 偶 7 ー 者 )

も の は 大 型 ご み と し て 、 傘 や

子 な ど 市 の 指 定 袋 に 入 ら な い

  み ベ だ ッ け ド で の す マ 。 ッ ト レ ス や 座 椅

ト ボ ト ル ・ 硬 質 ご み ・ 有 害 ご

る 、 あ き 缶 ・ あ き ビ ン ・ ペ ッ

き る ご み は 、 一 般 家 庭 か ら 出

ル ー ル を     守 意 コ け 出 も ー っ 持 し ン る し 資 で 資 て ち て テ よ て 源 は 源

込 い ナ う い み ま を に た で す 用 、 だ 。       市 価 表 サ で 録 福 町 内 格 紙 イ す し 岐 岐 平 岡 ) 販 の ズ  。 た 阜 阜 成   便 県 ) 、 三 売 6 色    、 県 25 17. 3 利 の 水 洋 場 3 で 統 民 年 野 堂 所 0 3 ㎝ 書 書 円 色 ×  使 計 手 度 9. 1 い 情 帳 店 店 梅 ( ㎝ や 報 ( ( 村 税 す な の 苗 西 書 込 い ど 販 木 宮 店 ) 手 を 売 ) 町 ( 、 帳 収 町 、 新

問 い 広 し 報 ま 広 す 聴 。 課 ( ☎ 内 線  316 )

伺 い ま す の で 、 ご 協 力 を お 願

査 票 を 配 布 し 、 1 月 に 回 収 に

れ ど ま の す 基 。 礎 調 資 査 料 員 と が し 12て 月 利 中 活 に 用 調 さ

  を 調 実 査 施 結 し 果 ま は す 中 。 小 企 業 施 策 な

製 造 業 の 事 業 所 を 対 象 に 調 査

  こ と 工 を 業 目 の 的 実 に  態 12を 月  明 31ら 日 か 現 に 在 す で る

ご 、 セ み 休 ン を 日 タ

  問 ( 環 ☎ 境 62セ 倆 ン 0 タ 0 ー 8 5 )

ー へ 直 接 お 持 ち 込 み く だ さ い 。

積 場 所 に 出 す か 、 環 境 セ ン タ

資 源 ご み の 出 し 方

も の は 袋 に 入 れ て 各 地 区 の 集

炊 飯 器 な ど 市 の 指 定 袋 に 入 る

      問 工平 広院知乃 書 業 成  報 売 ) 、 店 市 店 統 24 広 民 ( 計年 聴 病 付 課 院 知 調 ( 売 ) 査 ☎ 店 、 さ 内 を 、 の 線  実 坂 や 316 下 ( 施 ) 病 付

威尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉 惟 「給与支払報告書」を提出される皆さんへ 意 問 税務課(☎内線142) 意 意 ◆「給与支払報告書」の提出は平成25年1月31日㈭までに 意 意  対象者 平成24年中に俸給・給料・賃金(アルバイト、パートなどを含む)、賞与やその他これらの性質を有 意 意 意 する給与を支払った人 意  提出期限 平成25年1月31日㈭(1月に入りましたらできるだけ早めに提出をお願いします。郵送可) 意 意  提出先 受給者が平成25年1月1日現在に居住している市町村 意 意 意 意  ※給与支払報告書は、個人市民税・県民税の課税の根拠となる重要な書類ですので、支払額の多少にかかわ 意 らず、すべての受給者分について正しく記入のうえご提出ください。 意 意  ※今回の提出分から生命保険料控除の制度が改正されましたので、控除の計算や記入の仕方には十分ご注意 意 意 ください。給与支払報告書の様式も変更されていますので、用紙を確認のうえ作成してください。 意 意 意 ◆市・県民税の特別徴収(給与天引き)のお願い 意 意 意 意  所得税を源泉徴収している事業所または事業主の方で、市・県民税の特別徴収(給与天引き)を行っていな 意 意 い場合は、特別徴収を実施していただくようお願いします。 意 意    特別徴収とは… 意 意  ・ 意 ・従業員の方の市・県民税を毎月の給料から天引きし、事業所または事業主の方がまとめて納付するものです。 意 意 意   市から通知された金額を徴収していただくので、所得税のように税額計算をする必要はありません。 意   意  ・ 意 ・従業員の方が、わざわざ金融機関などへ納税に出向く手間を省くことができます。さらに、普通徴収(個人 意   納付)の納期が原則年4回であるのに対し、特別徴収は年12回なので従業員の方の1回あたりの負担が少な 意 意   くてすみます。 意 意  意 慰尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉尉易


と う ご ざ い ま し た 。

社 資 へ の ご 協 力 、 誠 に あ り が

  平 成  24 年 度 の 日 本 赤 十 字 社

休 日 を 除 く ご 都 合 の 良 い 日 時

  を 新 行 増 っ 築 て 建 い 物 る の も 調 の 査 で 日 す 程 。 は 、

発 協 会 が 行 う 「 技 能 検 定 ( 国

援 し 、 各 都 道 府 県 職 業 能 力 開

開 発 ・ 資 格 取 得 を 側 面 か ら 支

あ り が と う ご ざ い ま す

の 対 象 と な る た め 、 毎 年 調 査

日 赤 社 資 の ご 協 力

都 市 計 画 税 ( 一 部 地 域 を 除 く )  

こ の 制 度 は 、 勤 労 者 の 能 力

    問 市 ( 岐 民 ☎ 阜 課 66地 ( 倆 方 ☎ 1 法 内 5 務 線  5 局 120 4 中 ) ) 津 川 支 局

れ ら の 建 物 は 、 固 定 資 産 税 ・

受 検 手 数 料 助 成 制 度

建 物 の 調 査 を し て い ま す 。 こ

川 支 局 で は 、 常 設 の 相 談 所 を

  新 増 築 や 取 り 壊 し の あ っ た

川 ま で お 問 い 合 わ せ く だ さ い 。

  っ 詳 て し い く ま は す ハ 。 ロ ー ワ ー ク 中 津

る 早 期 再 就 職 な ど の 支 援 を 行

  ー ま ジ た を 、 ご 岐 覧 阜 く 地 だ 方 さ 法 い 務 。 局 中 津 問 投 環 棄 境 は 政 絶 策 対 課 に ( や ☎ め 内 ま し 線  ょ 123 ) う 。

い建 ま物 す調 査 を 行 っ て     問 防 ( 中 災 ☎ 津 安 66川 全 倆 警 課 0 察 ( 1 署 ☎ 1 内 0 線  ) 162 )

市 勤 労 者 技 能 検 定

  問 ( ハ ☎ ロ 66ー 倆 ワ 1 ー 3 ク 3 中 7 津 ) 川

設 け て い ま す 。

た 場 合 は 、 警 察 と 連 携 し て 厳

  ま 市 す で 。 は 、 不 法 投 棄 を 発 見 し

年 末 交 通 安 全 県 民 運 動 が 実 施

    12 月  11 日 ㈫ か ら  20 日 ㈭ ま で

飲 酒 運 転 を 根 絶 し ま し ょ う 。

乗 る な ら 飲 ま な い 」 を 徹 底 し 、

期 で す 「 。 飲 ん だ ら 乗 ら な い 、

  さ お れ 酒 ま を す 飲 。 む 機 会 が 増 え る 時

ど の 貸 付 、 職 業 訓 練 受 講 に よ

宅 の 家 賃 補 助 や 生 活 支 援 費 な

っ て い る 方 に 対 し て 、 賃 貸 住

離 職 に よ っ て 住 居 や 生 活 に 困

有 料 広 告

  い 特 て 別 の 相 秘 談 密 所 は の 固 日 く 程 守 は ら 、  れ 26ま ペ す 。   し ご く み 対 は 応 適 し 正 て に い 処 ま 理 す し 。 、 不 法

会 福 祉 協 議 会 な ど と 協 力 し 、

  お 相 気 談 軽 は に 無 ご 料 相 、 談 相 く 談 だ 内 さ 容 い に 。 つ

 

「 な ろ ど ど う こ 困 」 に っ 相 た 談 こ す と れ が ば あ い れ い ば の 、 だ い う 大 変 重 い 罰 則 が 科 せ ら れ

乗 る な ら 飲 ま な い

  ハ ロ ー ワ ー ク で は 、 市 や 社

生 活 に お 困 り の 方 へ

離 職 に よ り 住 居 や

の 罰 金 、 ま た は そ の 両 方 」 と

飲 ん だ ら 乗 ら な い

ろ う か 」

「 こ れ は 人 権 問 題 で は な い だ

特 設 人 権 相 談 を 実 施 し ま す

年 を 迎 え ま す 。

が 国 採 際 択 連 さ 合 れ 総 、 会 今 で 年 世 で 界 採 人 択 権 64宣 周 言

週 間 で す 。 1 9 4 8 年 第 3 回

      12育 考 月 て え 4よ よ 日 う う  ㈫ 〜 思 相 10い 手 日 や の ㈪ り 気 は の 持 人 心 ち 権   問  社 障  資 総 害 1 額 援 千 護 課 1 ( 万 ☎ 1 内 千 7 線  1 616 ) 1 円

 

のみ 世ん 紀な で 築 こ う 人 権

社 資 総 額 は 日 本 赤 十 字 社 岐

  程 ま 度 た か 、 か 取 り り ま 壊 す し 。 た 建 物 は 、

し ま す 。 調 査 に は 通 常 1 時 間

を ご 連 絡 い た だ け れ ば 、 調 整

    問 助 請 象 お 数 申 ( 成 を 者 よ 市 料 以 請 験 ☎ 工 対 し で び 内 を 内 期 の 内 業 象 て す 事 事 助 間 合     線 振 く 。 業 業 成 格 興 4 合 者 平 だ 該 主 所 す 2課 成 格  さ 当 ・ に る 6 日 24い す 役 常 も 3 年 。 る 員 勤 の か ) 度 場 の の で ら 前 合 方 従 す 5 期 は が 業 。 カ 試 申 対 員 月

等 級 の 合 格 者 に 対 し 、 受 検 手

家 検 定 ) 」 の 特 級 ・ 1 級 ・ 単 一

年 以 下 の 懲 役 若 し く は 1 千 万

ご み を 不 法 投 棄 す る と 「 5

問 別 税 途 務 手 課 続 ( き ☎ が 内 必 線  要 131 で ) す 。

不 法 投 棄 は 犯 罪 で す   ま た す だ 。 し 、 建 物 登 記 の 抹 消 は 、

台 帳 か ら 除 外 す る 手 続 き を し

現 地 を 確 認 し 、 来 年 度 の 課 税

な ど で ご 連 絡 を い た だ け れ ば 、

「 取 り 壊 し 届 」 の 提 出 や 電 話

有 料 広 告

き ま す 。

 

阜 県 支 部 へ 送 金 さ せ て い た だ

円 以 下 ( 法 人 は 3 億 円 以 下 )


新図書館建設中止に伴い国へ交付金を返納しました 交付金の返納   市は、平成21年度に国から受けた新図書館建設用地取得のための交付金(259, 174千円)を11月7日㈬ 付けで国に返納しました。   この交付金は、 「新図書館を建設するための用地取得」を目的に国から交付されたものであり、平成24 年5月に建設中止を正式決定したことにより、返納するものです。市では、9月定例市議会に補正予算を 計上し、全会一致で可決されました。財源には、前年度からの繰越金を充てて対応しました。

損害賠償の協議   また、10月11日㈭、請負業者から市に新図書館建設中止に伴う損害賠償について、協議の申し入れがあ りました。(賠償請求額119, 181, 320円)   市では、工事請負契約約款および契約解除合意書に基づき、請負業者と協議を進めています。今後の状 況は、広報なかつがわ、ホームページなどでお知らせいたします。

跡地利用   跡地利用につきましては、市街地活性化対策庁内検討委員会を立ち上げ、利用を含め市街地活性化の方 向性について協議を行っています。 問 企画財務課(☎内線333)・図書館対策室(☎内線4302)

  ◆ 再 出 生 せ 紙 な の い 品 紙 質 低 下 に つ な が

り 除 い て か ら 出 し て く だ さ い 。

金 属 や ビ ニ ー ル 部 分 は 必 ず 取

ッ ク ス や 資 源 回 収 に 出 せ ま す 。

「 雑 誌 」 と し て リ サ イ ク ル ボ

入 れ た り 、 紐 で 縛 っ た り し て

  ◆ 雑 雑 誌 が に み は の さ 出 ん し だ 方 り 、 紙 袋 に

包 装 紙 な ど ) の こ と で す 。

ば 、 お 菓 子 の 空 き 箱 や 封 筒 、

  ◆ 名 雑 刺 が サ み イ と ズ は 以 上 の 紙 ( 例 え

き ま す 。

は 、 資 源 と し て リ サ イ ク ル で

る 紙 や 布 類 の う ち 「 雑 が み 」

4. 10. 6〜7 測定値(μSv/ h ) 測定日:H2 問 調査地点 地上1m 地上0. 5m 環 0. 10 0. 09 市役所庁舎前駐車場 境 0. 13 0. 12 政 加子母総合事務所駐車場 策 北消防署前駐車場 0. 13 0. 13 課 馬籠総合グラウンド 0. 09 0. 09 ( 0. 08 0. 08 阿木事務所前駐車場 ☎ 0 . 1 0 0 . 10 坂本北部グラウンド 内 線  ※国際放射線防護委員会(ICRP)が2007年に示した勧告では、自然放射線およ 「一般公衆」が1年間に浴びてもよい被曝限度量は 123 び医療目的の放射線を除き、 1mSv(ミリシーベルト) / 年とされています。1時間当たりの数値(測定値の ) 単位)に換算すると、 「0. 19μSv/ 時間」となります。現在測定されている放射 線量は、この勧告を下回っています。(μ(マイクロ)はm (ミリ)の1000分の1)

有 料 広 告

  燃 え る ご み の 約 半 数 を 占 め の な い 数 値 で す 。

リ サ イ ク ル し ま し ょ う き な 変 化 は な く 、 健 康 に 影 響

問 て 管 い 理 ま 課 せ ( ん ☎ 。 内 線  222 )

「 雑 が み 」 を

カ 所 と も 先 月 の 測 定 値 か ら 大

  毎 月 測 定 を 実 施 し て い る 6

空 間 放 射 線 量 測 定 結 果

が 可 能 な 場 合 の 情 報 は 掲 載 し

み で 、 片 側 交 互 通 行 な ど 通 行

  ご 掲 活 載 用 内 く 容 だ は さ 通 い 行 。 止 め 情 報 の

問 環 汚 境 れ 政 て 策 い 課 る ( 紙 ☎ 内 線  125 )

め 情 報 」 で 確 認 で き ま す の で

「 暮 ら し の 情 報 」 の 「 通 行 止

 

ホ ー ム ペ ー ジ に 掲 載

市 ホ ー ム ペ ー ジ 左 側 下 段 、

    生 上 問 題 の あ る 紙 、 そ の 他

写 真 、 感 熱 紙 、 合 成 紙 、 衛

( 米 袋 な ど ) 、 圧 着 は が き 、

な ど ) 、 ビ ニ ー ル コ ー ト 紙

市 道 の 通 行 止 情 報 を

  (例)く ノ 防 せ だ ー 水 っ さ カ 加 け い ー 工 ん 。 ボ 紙 や ン ( 洗 紙 紙 剤 ( コ の 複 ッ 空 写 プ な き 伝 ど 箱 票 ) 、 、  

る た め 、 燃 え る ご み に 出 し て

有 料 広 告


▼えほんジャンボリー  出演者プロフィール  はたこうしろう  1963年兵庫県生まれ。 絵本画家、デザイナー、イラス トレーターとして活躍。 ブックデザインも多く手がける。 自作絵本に『なつのいちにち』 (偕成社)、 『どうぶつなんびき ?』 (ポ プ ラ 社)、 『馬 の 耳 に 念 仏』 (ほるぷ出版)などの作品が ある。

村上康成 1955年岐阜県生まれ。 (中津川市出身) 自作絵本をはじめ、ワイルドラ イフ・アートなどのグラフィッ ク関連で独自の世界を展開。 自然派アーティスト。 『さつまのおいも』などピーマ ン村の絵本シリーズ(童心社) 、 『ピンク・ぺっこん』などピン クシリーズ(徳間書店)の作品 がある。

抜 い て 楽 し ん で ほ し い 。

な く 、 も っ と 楽 し い も の 。 肩 の 力 を

人 も い る か と 思 い ま す が 、 そ う で は

  は た — 屋 伝 ら 絵 え し 本 た く を い 深 教 メ め 材 ッ た の セ い よ ー 。 う ジ に は 思 っ て い る

ょ う ち ょ を の ぼ り 一 面 に 描 き ま し た 。

た 後 、 参 加 者 み ん な で 思 い 思 い の ち

く 手 も 使 い 、 花 と ち ょ う ち ょ を 描 い

何 を 言 わ れ て も い い 」 と 筆 だ け で な

はたこうしろうさん

  ま 今 し 年 た は 。 神 代 獅 子 舞 で 開 演 。

マ に 、 は た さ ん と 村 上 さ ん が 対 談 し

盤 座 で は 「 絵 本 の わ ざ あ り 。 」 を テ ー

  歴 代 の 供 の ぼ り 旗 僑 が 飾 ら れ た 常

■ 絵 本 の 技 ガ チ バ ト ル

会 場 の 常 盤 座 に 飾 ら れ ま し た 。

問 苗 木 事 務 所 ( ☎  66 倆 1 3 0 1 )

描 き あ が っ た 供 の ぼ り 旗 僑 は 、 対 談

も ら っ て 、 絵 本 の 持 つ 魅 力 を 芝 居 小

者 気 分 で や れ た 。 作 り 手 の 側 も 見 て

て 「 公 演 」 と い う 感 じ で 、 自 分 が 役

    た は 今 ち た 年 が さ の 絵 ん テ を が ー 描 「 マ き 絵 は ま は 「 し 自 ち た 由 ょ 。 ( う 。 他 ち 人 ょ に 」 ) 。

て あ る 7 m の 供 の ぼ り 旗 僑 に 子 ど も

ョ ッ プ で は 、 は た さ ん の 名 前 が 書 い

空 間 ・ 構 図 ・ 目

話 を 交 え な が ら 、

し い 絵 現 た を 本 す 。 語 へ る り の 手 合 熱 法 い い な ま 想 ど 、

や 場 面 展 開 を 表

線 な ど で 奥 行 き

つ 魅 力 を 深 く 掘 り 下 げ て い き た い 。

常 盤 座 で や っ て み て 、 講 演 じ ゃ な く   高 山 小 学 校 で 開 催 さ れ た ワ ー ク シ

さ ん の 虫 好 き な

    村   上  — 想 中 こ い 津 こ は 川 え 常 ほ 盤 ん 座 ジ を ャ 軸 ン に ボ し リ て ー 絵 へ 本 の の 持  

■ ジ   絵 は 自 由 。 何 を 言 わ れ て も い い

き な 話 や 、 は た

村 上 さ ん の 釣 好

ャ ン ボ リ ー を 開 催 し ま し た 。

な 雰 囲 気 の 中 、

11 月   11 日 ㈰ 、 今 年 の 中 津 川 え ほ ん

  終 始 な ご や か

村上康成絵本原画展 と き:開催中~12⽉5⽇㈬まで ところ:にぎわいプラザB1ホール     ※⼊場無料    第3回ようちえん絵本大賞~新しい絵本を見つけ よう大賞作品「石のきもち」 、2012年ドイツ児童文学 賞絵本部門ノミネート作品「999ひきのきょうだい のおひっこし」をはじめ、90数点を展示する大原画 展を開催しています。


を お 伝 え し ま す 。

に 読 書 に つ な が る イ ベ ン ト の 様 子 な ど

し た 中 津 川 え ほ ん ジ ャ ン ボ リ ー を 中 心

  の な イ か ベ で ン も ト 市 を 全 開 体 催 の し 取 ま り し 組 た み 。 へ と 発 展

各 地 域 の 公 民 館 図 書 室 な ど で た く さ ん

    11 月 は 、 な か つ が わ 図 書 館 ま つ り や

な読 か書 つに がよ わる 人 づ く り の ま ち 村上康成さん

 

感 じ で す ね 。

好 き だ っ た ん じ ゃ な い か な っ て い う

歳 の 頃 の 自 分 だ っ た ら こ ん な 絵 本 が

絵 本 を プ レ ゼ ン ト し よ う だ と か 、 4

す 。 例 え ば 、 5 歳 の 頃 の 自 分 に こ の

は た — 絵 自 本 分 づ に く 贈 り る の つ ス も タ り ン で ス 作 っ て い ま

け で し た 。

絵 本 を や っ て み よ う と 思 っ た き っ か

む 人 に ス ト ン と 落 ち て く る 。 そ れ が 、

に あ る 何 か 光 る 玉 の よ う な も の が 読

そ の 先 、 読 み 終 え た 後 に 、 絵 本 の 中

    つ 絵 魅 本 力 に 。 書 い て あ る 内 容 を 楽 し ん だ

 

を 超 え て 楽 し め る と こ ろ が 絵 本 の 持

村 上 — 絵 子 本 ど の も 魅 の 力 た と め は だ け で な く 、 年 齢

か け る 想 い

■ 中 津 川 え ほ ん ジ ャ ン ボ リ ー に  

の 想 い な ど を お 聞 き し ま し た 。

う さ ん に 中 津 川 え ほ ん ジ ャ ン ボ リ ー へ

さ ん と 、 今 回 出 演 さ れ た は た こ う し ろ

  り 初 ま 回 す か 。 ら 関 わ っ て こ ら れ た 村 上 康 成

図書館イベントいろいろありました

座 で 開 催 し て お り 、 今 年 で 4 回 目 と な

地 区 の 実 行 委 員 会 の 皆 さ ん が 毎 年 常 盤

  中 津 川 え ほ ん ジ ャ ン ボ リ ー は 、 苗 木

「 中 津 川 市 を 絵 本 の 聖 地 に 外 」

問 図書館☎661308

健康福祉まつり・環境フェスタ中津川  「となりの図書館」 11月4日㈰  

図書館まつりプレイベント明橋大二さん講演会 「子育てハッピーアドバイス」 1 1月3日抄  

 健康・環境関係の本 の展示や絵本の読み聞 かせを行いました。  また廃棄の英字新聞 によるエコバックづく りなどを行い、多くの 方に参加していただき ました。

 「こころの土台は自己肯 定感」 「子どもの心は、甘え と反抗の繰り返し」につい てのお話しは、子育て中の お父さん、お母さんにとっ て、ほっとするアドバイス となり、心和むひとときと なりました。


マイナス

6%  電力需要のひっ迫に対する節電が求められるなか、中津川市では総合的な節電の取り組みなどを示した 「中津川市省エネ・節電計画」を策定し、全市的な節電対策を推進しています。  計画では、冬期(1月〜3月)の節電目標を、消費電力量2010年度比マイナス6%としており、その達 成にむけ「冬の節電アクション」に取り組みます。無理なく簡単にできる節電の取り組みを市民みんなで展 開したいと思いますので、ご理解とご協力をお願いします。

冬の家庭でできる   つの節電アクション

節電効果

テ レ ビ で節電! ・画面設定を「省エネモード」にしましょう。 ・見ていないときは消しましょう。

3%

冷 蔵 庫 で節電! ・温度設定を、「強・中」から「弱」に変えましょう。 ・冷蔵庫の周囲に5㎝程度の間隔を空けましょう。

ト イ レ で節電! ・便座保温・温水の設定温度を下げましょう。 ・不使用時はふたを閉めましょう。 ※資源エネルギー庁推計を参考に中津川市作成 ※この節電効果は各家庭の主な暖房が、ガス・石油ストーブである場合を想定 ※テレビの節電効果は、省エネモードにして使用時間を2/3に減らした場合

❸ つの

2% 1% マイナス

6%

節電アクションで 冬の暖房機器のスマート節電外

電気カーペット・電気こたつ 編

■重ね着が大切です外  暖房機器の節電は設定温度を低くすることが重要です。その ためにも、重ね着など衣類で工夫することが大切です!  例えば、こたつは腰から下を暖める暖房機器なので、上半身 は寒くなりがちです。上着を多めに着込むとよいでしょう。   ■断熱で省エネ効果アップを外(写真)  電気カーペットやこたつは、床に直に敷くと熱が床から逃げ て暖房の効率が下がります。電気カーペットやこたつの敷布団 の下に断熱シートなどを敷くと省エネ効果がアップします!  

■設定温度を低めにしましょう外 産電気こたつの設定温度を低めに使うと…  年間で電気48. 95kWhの省エネ  約1, 080円の節約! CO2削減量17. 1kg 産電気カーペットの設定温度を低めに使うと…  年間で電気185. 97kWhの省エネ  約4, 090円の節約! CO2削減量65. 1kg カーペットなどの下に、断熱シート(マット)を敷こう!

■便利な機能を有効に活用外  電気カーペットは、エリアを分割して暖める機能がついてい るものもあります。人がいる部分だけスイッチを入れましょう。 また、部屋の広さにあった大きさを選ぶことも重要です。 問 環境政策課(☎内線123・124) 死 kankyo@ci t y. nakat s ugawa. l g. j p

3

【参考】家庭の省エネ大辞典 2012年版 資源エネルギー庁、㈶省エネルギーセンター


日 曜

:3 0 ~2 1 :3 0 11/   第6回島崎藤村記念文芸祭(〜9日㈰まで) にぎわい 8 19㈪〜 関連記事P. (☎内線4 3 1 7 ) 1 9               文化振興課

11/   村上康成絵本原画展(〜5日㈬まで) 22㈭〜 にぎわ 0 :0 0 ~1 6 :0 ( 0最終日1 4 :0 0 まで)    苗木事務所☎6 6 1 3 0 1 にぎわい い 1     六斎市 中心市街地一帯 9 :0 0 ~1 5 :0 0 中津川商工会議所☎6 5 2 1 5 4

2 日

阿木シクラメン・そば祭り 阿木 中の島公園 1 0 :0 0 ~1 3 :0 0 3 2 0 0 1 関連記事P. 1 1                 阿木事務所☎6 男女共同参画社会づくり講演会 健福 1 3 :0 0 ~1 5 :0 0 少子化対策課 (☎内線2 0 2 ) (〜9日㈰まで) 第61回中津川市民展

0 :0 0 ~1 7 :0 ( 07日のみ2 0 :0 0 まで、最終日1 4 :0 0 まで) にぎわい い 1 4 火 にぎわ (☎内線4 3 1 8 ) 関連記事P. 1 1               文化振興課

8 土

東濃地区高等学校連合音楽会 文化 1 0 :3 0 ~ 中津高等学校☎6 6 1 3 6 1

:0 0 ~ 8 土 全国スポーツ少年団バレーボール交流会岐阜県大会 東美・ア 9 9 日 スポーツ課 (☎内線4 3 0 7 )

9 日

10 月

第17回ブラスバンドフェスティバル  3 :0 0 ~1 6 :3 0  関連記事P. 1 1  警防課☎6 6 1 1 1 9 文化 1 第38回東濃歌舞伎大会 東美・歌 1 0 :3 0 ~ 0 0 円     東美濃ふれあいセンター☎6 8 8 0 0 0 料 8 市議会本会議(一般質問)  議場 1 0 :0 0 ~ 議会事務局 (☎内線5 0 3 )          市議会本会議(一般質問)  議場 1 0 :0 0 ~ 議会事務局 (☎内線5 0 3 )         

11 火 宝田明プロデュース公演 ミュージカル ファンタスティックス 8 :3 0 ~ 料 指定席 6 , 0 0 0 円、自由席 4 , 0 0 0 円 東美・歌 1 子ども芸術・文化を育てる会☎6 2 1 5 4 5

15 土

ウィンターフェスティバル・クリスマスライブ 都市緑地公園 1 3 :3 0 ~  ウィンターフェスティバル実行委員会☎6 2 2 4 2 5 ファーマーズマーケット 国道2 5 7 号線沿い城山大橋付近 9 :0 0 ~1 2 :0 0 農業振興課 (☎内線2 3 9 )

:0 0 ~ 15 土 平成24年度岐阜県中学生卓球新人大会 東美・ア 9 16 日 岐阜県卓球協会☎6 6 1 9 8 7 〜

22 土 平成24年度岐阜県高校ソフトテニス室内大会 東美・ア 9 :0 0 ~ 岐阜県高等学校体育連盟ソフ ト テニス専門部☎0 5 8 4 8 1 4 4 8 3 25 火

23 祝

25 火

平成24年12月1日発行 (697号)

    行   事            問合せ

中津商業高等学校吹奏楽部第45回定期演奏会 文化 1 4 :0 0 ~ 0 0 円、高校生以下3 0 0 円     中津商業高等学校☎6 6 1 3 5 8 料 一般 5 坂下高等学校ギター・マンドリン部第34回定期演奏会 5 2 8 9 3 坂下公民館 1 4 :0 0 ~            坂下高等学校☎7

もくじ

−CONTENTS−

行事予定勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝 2   冬の3つの市民節電アクション!勝勝 3   絵本のわざあり。  ~中津川えほんジャンボリーほか~勝 4−5   インフォメーション  お知らせ/募集/求人/講座・研修会  市長交際費/相談/イベント  年末年始の業務のご案内  トピックス勝勝勝勝勝勝勝勝勝 6−1 3   市民カレンダー  ごみ収集/環境センターのお知らせ  資源回収/平日夜間・休日当番医  がん検診/納期限勝勝勝勝勝勝 1 4 −1 5   市民病院だより/博物館だより勝勝勝 1 6   図書館だより勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝 1 7   そんなおいしい話はありません! 健康福祉まつり・環境フェスタ中津川  を開催しました勝勝勝勝勝勝勝勝勝 1 8   第6回島崎藤村記念文芸祭  入選作品の紹介勝勝勝勝勝勝勝勝勝 1 9   議会だより/寄付勝勝勝勝勝勝勝 2 0 −2 1   リニア中央新幹線営勝勝勝勝勝勝 2 2 −2 3   市内の出来事勝勝勝勝勝勝勝勝勝 2 4 −2 5   市民相談日勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝勝 2 6   9月の景況感調査結果 地域づくりがんばっています勝勝勝勝 2 7   ふるさと再発見(福岡・二ツ森山) 国体だよりVo l . 1 9 勝勝勝勝勝勝勝勝勝 2 8

市議会本会議(最終日)  議場 1 0 :0 0 ~ 議会事務局 (☎内線5 0 3 )

東美・歌 東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホール 東美 東美・ア 東美濃ふれあいセンター多目的アリーナ 文化 文化会館ホール 議場 議場 市役所5階議場 にぎわい にぎわいプラザ  健福 健康福祉会館多目的ホール 料 入場料など ※料金の記述のないものは原則無料ですが、詳細は主催者へ直接お問い合わせください。

人口・世帯数 (10月末現在・外国人を含む)

人口82, 935人(前月比21人減) (男性40, 219人・女性42, 716人) 世帯数29, 533世帯

問 中津川商工会議所(☎65−2154) ・商業振興課(☎内線4266)


広報なかつがわ2012年12月号  
Advertisement
Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you