Page 1

坂 冬 の 陣)。そ の 後、家 康 は 内 堀 も 埋 め 秀 頼 の

大阪市

軍は破れ、秀頼・淀君以下自刃、豊臣氏は滅亡 した(大坂夏の陣)。(*4)

転封を強要したため翌年戦闘が再開され、豊臣

りす

真田山は、大坂冬の陣で真田幸村が陣を構えた地

つる

はし

たま

つく

といわれる。

そかいどうろ

味原池 「味原池」のあった味原本町の北東部分は、もともと

谷あいの窪地で、池は窪地の出口に堤を築いてそこ に水を貯えたものであった。この池はもともと木野

村の農業用の溜池であったが、近代に入り木野村が

徐々に市街化するに伴って農地の灌漑用水が不要と

発行日: 2017 年 11 月5日  発行:桃谷ロイター実行委員会

せ ず、外 堀 を 埋 め る こ と で 和 議 が 成 立 し た(大

﹁ あ れ 、 こ ん な お 店 あ っ た っ け ? ﹂﹁ こ こ 道 が 広 く な っ た ね ﹂│ │ 。

問題を口実に大坂城を攻めたが要害堅固で落と

今 日 も 町 の ど こ か で は 、家 が 建 て 替 え ら れ た り 、お 店 が 変 わ っ た り 、

関ヶ原の戦いののち、徳川家康は方広寺鐘銘の

道 路 が 工 事 さ れ た り。気 が つ か な い う ち に 町 は 少 し ず つ 姿 を 変 え、

徳川氏が豊臣氏を滅ぼした 2 度の戦い。

時代の移り変わりとともに、大きく変化してゆきます。

1615 年(元和 1) 大坂夏の陣

そ ん な 町 の 変 化 を、世 代 を 超 え て 見 つ め 続 け て い る 旧 家 が あ り

1614 年(慶長 19) 大坂冬の陣

ま す 。 古 く か ら 旧 木 野 村︵ 現 在 の 桃 谷 2 丁 目 周 辺 ︶の 庄 屋 を 務 め

真田山

この地図は、町の人々からむかしばなしをお聞きして、 歴史資料と照らし合わせながら、現在の地図に かつてのイメージを描き込み創造した 「ももがたり今昔地図 」です。

て こ ら れ た 飯田家。現当主の飯田俊郎さんに生野区地域のむかし

ば な し 、 題 し て﹁ も も が た り ﹂を お 聞 き し ま す 。

ももがたり今 昔 地 図

なってきたために、大正 8 年に廃池となった。現在、 彌 榮 神 社 境 内 に「味 原 池 碑」 (大 正 8 年 建・生 田 南 水

書)があり、廃池の経緯などが刻まれている。(*5)

御幸森天神宮 難波に都を定められた仁徳天皇は、鷹狩りの折り、

0号

ま た、当 地 の 東 南 方(現 在 の 東 住 吉 区 あ た り)に

渡来し住まいする百済の人達の様子をご見聞の為

牧場(いかるが牧場)

の道すがら度々当地の森にご休憩されその由縁に

大 正 5 年 創 業。現 在 の 桃 谷

より御幸の森と呼ばれるようになった。

公園あたりにも乳牛がいる 牧場があった。

天 皇 崩 御 の 後、西 暦 406 年、人 々 は こ の 森 に 社 を

建立し天皇のご神霊を奉祀し御幸の祠とも御幸宮 とも称したと伝えられている。(*2)

もも

だに

彌榮神社

いまざと

すじ

文 禄 年 間(1592-1596)、神 祖 素 盞 嗚 命(す

刊に

あたっ

さのおのみこと)を熊野巫神社(旧出雲国意

宇郡)より現在の彌榮神社の地へ分霊奉還。 当時は牛頭(ごず)天王社と呼ばれ、創立以来

旧木野村の鎮守とされてきた。牛頭天王社

つるのはし跡

う ょ

気ままな取材、セレクトですので、

ま と め・ 発 信 へ 取 り 組 み 、 こ の 度

ふ と 目 に 留 ま る 記 事・ 家 事 や 仕 事

確実に 片寄り

ら て

の 合 間 に さ っ と 読 め る 記 事・ 壁 に

ロ イ タ ー =﹁ L O I T E﹂ R とは英語で 道草を食う、ぶらぶら歩く、ゆっ

﹁桃谷ロイター0号﹂を発刊させて

貼っておきたくなるような紙面を

氏子は疎開道路より東、彌榮神社は西と分け

取材は基本自

昭和 〈その他参考文献・ウェブサイト〉

(*1)OSAKA INFO「御勝山古墳」より引用

「生野区内の神社・寺」(「生野区」公式サイト)

http://www.osaka-info.jp/jp/facilities/cat17/5283.html(閲覧日:2017.10.16)

現在

転車でー

〈参考文献・ウェブサイト〉

http://www.city.osaka.lg.jp/ikuno/page/0000000029.html(閲覧日:2017.10.16)

(*2)「御幸森天神宮」公式サイトより引用 http://miyukimori.net(閲覧日:2017.10.16) (*3)『きょうどし いくの』創刊号∼12 号合本(発行:郷土誌いくの刊行会、1991年)より引用 (*4)「大阪の陣」、『大辞林』(第三版、三省堂、2006年) (*5)鶴橋・猪飼野画集(発行者:小野賢一、2011年)より引用

INFORMATION

毎 月 1 9 日 は『 い く の の 日 』、生 野 区 内 で さ ま ざ ま な 活 動 が 開 催 さ れ ま す 。 生野区空き家活用プロジェクト「空き家カフェ」  

大阪24区で、空家率ワースト3位の生野区。平成27年に開催された「生野区 空き家

夜ご飯会「はなちゃんち」  

楽しいは心の栄養。孤食をなくしてみんなで楽しく晩ご飯 をもっとーに生野区内

最近のニュース 「 猪 飼 野 せ ん べ い 」が で き あ が り ま し た !  

生野区で居場所づくりをはじめている足立須香さん(元御幸森小学校教員)の企画

リ ノ ベ ー シ ョ ン ア イ デ ア コ ン ク ー ル 」と 時 期 を 同 じ く し て『 生 野 区 空 き 家 活 用

のお店でテイクアウトした一品を持ち寄りみんなで一緒に晩御飯を食べます。顔見

による新名物『猪飼野せんべい』ができあがりました。

プロジェクト』が立ち上がりました。当初は生野区に拠点をおく工務店や設計事

知りもはじめましても1日限りの大家族。

新鮮な卵と良質の小麦粉、砂糖、はちみつをゆっくりと練り合わせ、ひと晩寝かせた

務所、区役所職員で立ち上げた当プロジェクトも、不動産業、ファイナンシャルプ ランナー、大学関係者、そして、貸し手・借り手が参加するプロジェクトへと拡大。 空き家に関心のある方でしたら、どなたでも参加できます。お気軽にお越し下さい。 場所:「まちのえんがわ」生野区小路東 2-20-25 木村工務店内 日時:毎 月 1 9 日 1 3 : 3 0 ∼ WEB:https://www.facebook.com/ikunoakiyaPJ/

生地を焼き上げたおせんべいは、お口の中でパリンとはじけて、ほろりととける、 参加費:大人1000円 小学生500円 幼稚園300円 (はなちゃんち名物具沢山お汁、ご飯、サラダ付き) *予約制 日時:毎 月 1 9 日 1 9 : 0 0 ∼ 2 1 : 0 0 ( 入 退 自 由 ) 詳細は葉菜茶(生野区桃谷1 - 6 - 1 6 )まで 関連サイト:https://ameblo.jp/gogo39hagogo39ha-07/entry-12269359911.html

やさしい味わいです。生野区内の各所・イベントなどで販売予定です。 猪飼野の歴史を一人でも多くの方に知っていただきたいという想いのつまった 猪飼野せんべいを、ぜひ一度ご賞味くださいませ。 販売:猪飼野からの発信∼ひと・こと・つむぐ∼    製造:文楽せんべい本舗 WEB:https://www.facebook.com/ikainosenbei/

して、このような紙面での情報の

くり時間をかけて旅行するという

いただく事となりました。

めざして、編集してゆきます。

はございますが、

意味があります。

桃谷はJR環状線南東エリアにあ

ー 気 の 向 く ま ま に 、道 草 し つ つ ー

てるみたいやけど、実際は違うんですね。疎

桃 谷 ロ イ タ ー HP https://momodaniloiter.tumblr.com/

中で 活動の 報や した情 見聞き 事を 感じた に おもい おもい す ていま 記載し

開 道 路 の 近 く に﹁ 風 月 ﹂の お 好 み 焼 屋 さ ん あ

たんやね。

なるんですよ。つまり疎開道路は後からでき

疎 開 道 路 の 辺 り は 昔、川 や っ た ん で す よ。

17 − 22

︶が あ る で し ょ 。 と い う こ と は 、

29

あそこに川があったということ。その川が宗

大正

12

丁目

- ︶と い う お 寺 の 横 っ ち ょ く ら い を 通 っ て 、 猫 間 川︵ 現 猫 間 川

明治(1868年〜)

玄 寺︵ 生 野 区 桃 谷 2 丁 目

だ か ら 、勝 山 か ら 鶴 橋 本 通 り に か け て 徐 々

筋 ︶に 流 れ 込 ん で い た ん や 。

江戸(1603年〜)

う ぞ 、 つ こ て く だ さ い ﹂と 差 し 出 し た 。 そ し

を名乗ることを許されたんやね。

安土桃山(1568年〜)

御幸森天神宮と彌榮神社、川の形跡

年に亡くなってるんやけ

19

私 が 親 の 代 か ら 聞 い て い る 話 か ら す る と、

ど、その父、曽祖父は割と有名な人で家の中

ある北鶴橋保育園の周辺は彌榮神社の氏子に

るでしょ?あそこから斜めに入ったところに

うちの祖父は昭和

味原町、東小橋、舟橋町、鶴橋とかその辺の

に 銅 像 が あ る。飯 田 富 四 郎 さ ん と い う 人 は、

昔 は 、 彌 榮 神 社︵ ⑤ ︶の 西 側 に 今 も 残 る 何

土地を持ってはったらしいです。

た 。 御 幸 森 天 神 宮︵ ④ ︶は 別 で 、 あ そ こ は 木 村

る け ど 、 そ こ か ら 鶴 橋 の 方 に 正 木 牧 場︵ ⑧ ︶っ

今、生玉片江線って工事をしている道路があ

人かの地主さんがこの辺りの土地をもってい

末裔といわれる人やね。

権右衛門さんという人がいてね。木村重成の

プ ー ル と か 病 院 が あ る け ど。そ の 辺 り が ち ょ

ていう牧場があって牛がおった。今はモーター

そ こ に 川 が 流 れ て た と 思 う ん よ ね。そ れ が 境

う ど 氏 子 の 境 に な っ て る と こ や ね。恐 ら く

生 野 に は、疎 開 道 路 を 挟 ん で す ご く 近 い

町会が

11

ところに彌榮神社と御幸森天神宮があるけれ

あって、その内、桃谷駅に近い1∼7町会ま

﹁ つ る の は し 跡 ﹂︵ ① ︶の 石 碑︵ 生 野 区 桃 谷 3

目になってたんじゃないかと思うんやけどね。

11

ども、鶴橋連合振興町会には、1∼

町会は御幸森天神宮の氏子になる。今のだ

では彌榮神社の氏子、疎開道路より東の8∼

私 ら の 子 供 の 頃 は、も の が な く て、祭 り

んじりもそうなってるね。

かった時代やったのと、祭なんかに関わって

とか正月くらいしかお酒飲んで騒がれへん

多かったから、祭になると仕事を放り出して

ただろうところからまた徐々に上がってきて

に 道 が 下 が っ て き て る し ょ 。そ し て 、川 が あ っ

る人はサラリーマンじゃなくて自営業の人が

う御幸森のだんじりと、鶴橋のだんじりがぶ

家がある一帯は、こんもりした丘やった。

るわけ。昔の絵で見たら、彌榮神社や飯田の

ね 。祭 を し て 、お 酒 を 飲 む 。そ れ で 、し ょ っ ち ゅ

つかって喧嘩したりとか。近いところに向き

こ う 話 し て る と、単 純 に 御 幸 森 天 神 宮 の

合って二つの神社があると、そうなるよね。

王 寺・茶 臼 山 に 本 陣 を 置 い て、息 子 の 秀 忠 は

御勝山の由来と飯田家

御勝山公園と南御勝山公園は、元々は一つ

現 在 の 御 勝 山 古 墳 に 陣 を 構 え た。対 し て、真

こ ろ に あ っ た。当 時、御 勝 山 と 真 田 山 の 間 に

田 幸 村 の 出 城・真 田 丸 が 今 の 真 田 山 公 園 の と

あったのが彌榮神社や飯田の家がある丘やっ

の 御 勝 山 古 墳 と い う 古 墳 や っ た。今、御 勝 山

ん よ う に な っ て る け ど、私 ら の 子 供 の 頃 は あ

古 墳︵ ③ ︶と し て 残 っ て い る 部 分 は 、 入 ら れ へ

そ こ の 山 に 登 っ て、そ り で 上 か ら 滑 り 降 り て

た ん や ね 。 そ れ を 飯 田 の 先 代 は 、徳 川 方 に﹁ ど

台があった。

勝 利 へ 貢 献 し た と い う こ と で﹁ 飯 田 ﹂の 苗 字

て 夏 の 陣 で 戦 い が 終 結 し て、当 家 は 幕 府 か ら

遊 ん で た。そ し て 南 御 勝 山 公 園 の 方 に は 気 象

御勝山というのは、元々は岡山と言われて

室町

い た ん や 。 大 坂 の 陣︵ ⑥ ︶で 徳 川 2 代 将 軍 の 秀

旧 木 野 村( 現 在 の 桃 谷 2 丁 目 一 帯 ) の 庄 屋 屋 敷 として江戸時代に建てられた「飯田邸」の当主。

ら 御 勝 山 に な っ た。冬 の 陣 の と き、家 康 は 天

飯 田 俊 郎( い い だ・と し お )

忠 が あ そ こ に 陣 を ひ い て、夏 の 陣 で 勝 っ た か

鎌倉

る町です。生野区と天王寺区をま

飛鳥

平安

地域に暮らすネコたちが町をぶら

いわれているが、定かではない。(*1)

ぶら歩くように、暮らしの中でお

原)氏の祖である大小橋命(おおおばせのみこと)の墓だと

奈良

年 2 回 の 発 行 に な り ま す が 、な が ー

王寺区)、帝塚山古墳(住吉区)と並ぶ重要な史跡。中臣(藤

たぐように駅はありますが、私た

おり

埴輪や土師器、須恵器なども出土し、市内では茶臼山古墳(天

ち が 暮 ら す の は﹁ 生 野 区 ﹂。

か つ や まど

古墳時代中期の 5 世紀前半につくられたと推定される。円形

きている様々な出来事や活動、そ

は南北約 112m /東西約 55m /高さ約 8m の前方後円墳で、

して歴史の事などを見聞きし、発

5 世紀前半頃につくられたといわれる。御勝山古墳は、もと

古墳(250年〜)

い目で、次号発行をお待ちいただ

御勝山古墳

けますと幸いです。

ともいわれている。

駅から東へアーケードがのびる桃

の住む桑津までしばしば行幸された道筋

谷商店街、空襲で焼け残った古い

の 仁 徳 天 皇 が 妃・髪 長 媛(か み な が ひ め)

信することを目的に、2016年

住 吉 区 の 桑 津 に 至 る 街 道。「難 波 高 津 宮」

よりHPを立ち上げ、報告会や地

これは国内の架橋の記録ではもっとも古い。

「舎 利 寺」「林 寺」な ど の 村 々 を 経 て、東

町並み、多国籍文化との共存、古

の処を号けて小橋という」との記述があり、

基 点 に つ い て は 諸 説 あ る が、 「木 野」「岡」

くから続くものづくりの土壌、旧

桑津街道

域の集まりを開くなど活動してき

日本書紀の仁徳天皇 14 年( 5 世紀頃)の条に

「冬 11 月、猪甘の津に橋わたす。すなわちそ

ました。

古跡といわれている。

彌榮神社と改称された。(*3)

住民と新住民の想いと新しい動き。

日本最古の橋とされている「猪甘津の橋」の

神仏分離令によるもので、明治 5 年、正式に

今年度からは、その活動の一端と

から彌榮神社と改称したのは、明治初年の

ご利用受付中  ギャラリー KONOMURA 多目的レンタルスペース、展示・ 各種教室・ミーティング・イベント等に ご利用いただけます。 詳しくは「gelleryKONOMURA」で検索 大阪市生野区桃谷 2-10-19 090-3841-5080


生 野の ものづくりと、暮らしと、人と ん ー、不 便。道 幅 が 狭 い し、荷 下 ろ し す る に も 不 便 や し。

僕 は 生 野 で 生 ま れ 育 っ て、こ こ が め っ ち ゃ い い 場 所 や

していますが、どうですか?

か か っ た と き は、朝、隣 の お ば ち ゃ ん に﹁ご め ん!遅 く ま な っ て 思 っ た こ と が そ ん な に な か っ た。む し ろ 出 た い と

あ と、長 屋 や か ら 音 と 臭 い に は 気 使 う ね。作 業 が 夜 中 ま で

で や っ て﹂っ て 謝 っ た り。早 く あ げ な あ か ん 仕 事 で も、

処やな﹂と言ってくれる人も多い。

て く る 事 が ほ と ん ど だ け ど、同 じ く ら い﹁美 味 し い

と 言 え ば、た く ま し い!や 危 な く 無 い?な ど と 返 っ

市 内 を 知 る 人 に 生 野・桃 谷 で 育 っ た、住 ん で い る

で 生 ま れ 育 っ た マ ツ オ さ ん は、様 々 な 事 情 を 内 包 し

市 と し て 人 の 手 に よ っ て 計 画 さ れ た 町、南 港︵大 阪︶

お 連 れ す る、食 め ぐ り に 申 し 分 の な い 方 だ。未 来 都

聞 く の は 本 当 に 楽 し い し 勉 強 に な る。私 が は じ め て

複 雑 に 成 長 し て き た 生 野・桃 谷 を、ま た 違 う 視 点 か

ええ∼そうですか∼?まあ、そうですかねぇ

う ち は 3 つ 下 の 弟 と 兄 弟 2 人 な ん や け ど、元 々 弟 が う ち 思 っ て た。で も 若 い 人 が 生 野 を お も し ろ い 町 や と 思 っ て 移

環 状 線﹁ 桃 谷 駅 ﹂の 北 東 、 桃 谷 公 園 の 東 側 、 長 屋 が く ら い が 限 度 か な。朝 は 一 応 8 時 半 か ら。こ の 辺 り は お

り 住 ん で、い ろ ん な 活 動 し て る の は、す ご い こ と や な っ て

生 野・桃 谷 の 食 文 化 や お も し ろ い と こ ろ は も ち ろ ん、

マツオさんというフィルターを通して見えてくる

興 味 も な い。け れ ど、こ の 地 が﹁お い し い﹂場 所 と

︵文

桃谷ロイターツボタ ︶

時に桃谷駅で待ち合わせをして︑

「 喫 茶 マンデリン」

0号の店

きたい。

み に し な が ら、の ん で の ま れ る レ ポ ー ト を 記 し て い

再 認 識、再 発 見 さ れ る そ れ ぞ れ の 思 い や 文 化 を 楽 し

イメージの事などコンプレックスがあるのかも。

と い う ほ ど の 事 も な い し、も し か し て 心 の 底 で は、

にもすぐ出られる。あえて桃谷に集合してもらってっ

つ れ て 来 て 飲 み 歩 い た り し て い な い。キ タ に も ミ ナ ミ

しかし心とは裏腹に、私はまだ、他の地域の友達を

桃谷の食文化が好きなのだ。

愛 情 を ふ く む﹁思 い﹂に 変 わ っ て い っ た。私 は 生 野・

と 食 文 化 を 共 に す る 今、よ り 深 い 確 信 へ と 変 わ り、

そ の 自 信 は、大 学 時 代、親 に ム リ を 言 っ て 京 都 に

いう自信があるからだ。

地 域 が 危 険 か ど う か?実 感 も な い し、そ ん な 指 標 に

ら観てくれており、以前から﹁めっちゃいい﹂と言っ

を 継 ぎ た い っ て 言 っ て て、ぼ く は 長 男 で 工 業 高 校 も 出 た け 年 寄 り が 多 い か ら 朝 は 早 く か ら 起 き て は る 人 が 多 い け ど、

思 う 。よ く 生 野 に 来 た な っ て 。生 野 に 移 り 住 ん で き た 人 が 、

と ....

ど、家 を 継 ぎ た い と い う 思 い は な か っ た。そ れ で 弟 が 3 年 み ん な ル ー テ ィ ン が あ る わ け よ。テ レ ビ で 連 続 ド ラ マ 見 る

﹁こ こ に こ ん な い い も の が あ る や ん﹂っ て 紹 介 し た い っ て

佐藤弘一さんを訪ねました。

の ふ り を し て、じ つ は、そ う 言 っ て も ら え る と

ほ ど 外 で 仕 事 し て か ら 戻 っ て き た ん や け ど、家 の 仕 事 は 1 と か ね。そ こ で 大 き い 音 出 す と や っ ぱ り 長 屋 や か ら め ち ゃ く

言 っ て く れ る け ど、ず っ と 生 野 に 住 ん で た ら、な か な か そ

下 宿 さ せ て も ら っ た り、社 会 人 に な っ て 他 区 他 府 県

年 ち ょ っ と で や め て し ま っ て ね。そ の あ と、父 親 が 1 人 で ち ゃ 響 く ね ん。昔 は、こ の 辺 り に も 板 金 屋 さ ん と か、真 鍮 の

で 仕 事 を す る よ う に な っ た り、結 婚 し て 新 し い 家 族

﹁佐 藤 製 作 所 ﹂

や っ て た ん や け ど、祖 父 と 父 親 が 続 け て き た 家 業 を、子 ど 型 抜 き 工 場 と か が あ っ て ん。音 を 出 す よ う な 仕 事 じ ゃ な い

今 は 僕 も 地 域 の 役 と か や っ て る か ら、若 い 人 た ち に は

建 ち 並 ぶ 中 に﹁ 佐 藤 製 作 所 ﹂は あ り ま す 。 創業というこの工場では、鉄の裁断や曲げ、溶接など

も が 2 人 い て 継 げ な い っ て な っ た ら、そ れ っ て ど う な ん や け ど、こ の 道 沿 い で い ろ ん な 仕 事 を し て は る 人 が い た。で も

地域の 人 た ち と う ま い こ と し て ほ し い っ て 思 う。音 と か

てくれる。

の 加 工 を さ れ て い て い ま す 。﹁ 生 野 の も の づ く り と 、

ろう、って思って。 だ ん だ ん み ん な 高 齢 に な っ て 仕 事 や め は っ た り、亡 く な っ た

自 転 車 の 置 き 方 と か、気 に し な い 人 は し な い と 思 う け ど、

て い う 気 持 ち も あ る け ど、や っ ぱ り 地 域 性 と か 分 か ら ん 部 分 も あ る や ん。だ か ら 一 言 で も 伝 え て あ げ ら れ る と い い ん か な っ て。こ の 辺 り は、出 て 行 く 人 は 多 く て も 入 っ て く る こ と は 少 な い か ら ね。も う 入 っ て き た ら ぜ っ た い 逃 が せ へ

嬉 し い。よ そ に 比 べ て、民 が た く ま し い か ど う か、

暮 ら し と、人 と﹂第 1 回 は、佐 藤 製 作 所 の 三 代 目、

で も 僕 は、そ れ ま で 全 く 別 の 仕 事 を し て い て 鉄 も 触 っ て り し て、今 は 音 を 出 す よ う な 仕 事 し て る と こ は、う ち と も う

ま ず は 佐 藤 さ ん の お 仕 事 に つ い て、お 教 え い た ̶

近 く で 自 宅 の 改 装 を し て い る 人 が、た ま た ま 訪 ね て き て

ん ぞ 、 み た い な 気 持 ち 。︵ 笑 ︶

一緒に地域にまつわる紙面をつくる本プロジェクト

く れ て、自 宅 用 の キ ッ チ ン の 脚 を 注 文 し て く れ た り し た こ

結 局、周 り か ら い ろ ん な こ と を 言 わ れ て、そ こ で 気 づ く

に 出 会 っ た。地 域 に 根 付 い た 多 彩 な 食 や、文 化 の 歴

そ ん な 時、生 野 に 移 住 し て き た 多 彩 な メ ン バ ー と

と が あ っ た ね。で も 何 屋 さ ん か 知 ら な い 人 も け っ こ う い る

か 気 づ け へ ん か や か ら ね 。 そ れ は 、新 し く 移 り 住 ん だ 人 も 、

メンバーと相談してある方と一緒に食めぐりをす

私がずっとやりたかった事なのかも知れない。

とあるアートプロジェクトの事務局長であり、日々

る事を決めた。マツオさんだ。

お 世 話 に な っ て い る マ ツ オ さ ん は、常 に 食 や 文 化 に

貪 欲 で、お 仕 事 で 様 々 な デ ィ ー プ な 場 所 や 地 域 に 入

り込んでも﹁食﹂の大切さを忘れない。厳しくもフラッ

が︑また次号にて︒

その後出かけて︑のんでのんだ︑

卓上にある星占いのおもちゃがかわいい︒

落ち着いた綺麗な店内は居心地がいい︒

マンデリンへ行った︒

18

ういう気持ちにならへんよね。

い な か っ た し、溶 接 も で き な か っ た。だ か ら ま ず は 経 験 を

や っ ぱ り 気 に す る 人 も 多 い。若 い 子 に は 頑 張 っ て ほ し い っ

年くらい前のこ

生野の暮らしとものづくり

とかな。

そ れ か ら 家 を 手 伝 う よ う に な っ た。も う

年 経 っ た 頃 に 不 景 気 で そ の 工 場 の 経 営 が 厳 し く な っ て ね、

一軒くらいで、すっかり住宅街になってしもてるからね。

だけますか?

こ こ は、う ち の 祖 父 が や り 始 め た ん で す け ど も、 の兆

年に祖父が何人かの

当 時 は 今 や っ て い る よ う な 仕 事 で は な く て、 番などをつくっていて、 職 人 さ ん と 始 め た と 聞 い て い ま す。そ の 当 時 は、職 人 さ ん た ち が 工 場 で 寝 て い た そ う や か ら、文 字 通 り 寝食をともにするような仕事場やったんちゃうかな。 ね ん 。﹁ お 前 の と こ 昔 か ら あ る け ど な ん の 仕 事 し て ん ね

大阪市生野区桃谷2-23-5 TEL:06-6731-1938 定休日:土、日、祝日

今 は 桃 谷 に 仕 事 場 も 住 居 も あ る わ け で す が、こ こ で も ̶

1926年創業。親子三代に渡り伝統の技を継承し、大手建設会 社の現場金物から店舗の装飾用金物、一般家庭用の金物など 幅広く製作。 伝統を守りながら現在においても新たな挑戦を続けている。

史 に つ い て 掘 り さ げ る ま た と な い 機 会 だ。こ れ は、

戻ってきた人も同じなんじゃないかな。

佐藤製作所

ん﹂って。

・ベランダ広々

そ れ か ら 少 し ず つ 仕 事 の 内 容 も 変 わ っ て き て、溶 のづくりに携わっていて思うことってありますか?

そ う や っ て 少 し ず つ 折 り 合 い を つ け な が ら、人 も 町 も 少

・玄関広々

あ と は、普 段 か ら 他 の 工 場 か ら 製 品 を 受 け 取 っ て、次 に

・キッチン広々

接 と か も す る よ う に な っ て き た か な 。 今 は 、ヴ ィ ト

しずつ変わっていくんじゃないかなって思う。

・庭付き(果樹付き)

田 川 ケ ン マ さ ん と こ で 磨 い て も ら っ た り、ち っ ち ゃ な 旋 盤 の 部 品 を 東 大 阪 で 作 っ て も ら っ た り、そ う い う 繋 が り で 仕 事 を し て い る。で も だ ん だ ん と 職 人 さ ん も 減 っ て き て ね。

・3LDK(+前室)

ンとかシャネルとかスーパーブランドのハンガーや シ ョ ー ケ ー ス の 中 の 金 物 な ん か も 作 っ て る。そ の き っ か け は、田 川 ケ ン マ さ ん て い う 研 磨 屋 さ ん が 近

無 理 を 聞 い て も ら わ れ へ ん と い う か。ど こ も 後 継 の 問 題 と か あ っ て、工 場 を 畳 ん で し ま っ た と こ ろ も 何 軒 も あ る。本 当 は、伝 え ら れ る 人 が い る う ち に 若 い 人 を 育 て て い か ん と

ト に 食 を 楽 し み、評 し て い る マ ツ オ さ ん の 体 験 記 を

大阪市生野区桃谷2-10-19 営業時間:11:30 ∼15:00ごろ 定休日:日・祝日 WEB:https://www.facebook.com/reicoshokudoo/

あ か ん け ど ね。僕 の と こ も 今 ま で お 願 い し て い た 工 場 が な

レイコ食堂

く な っ て 、最 近 は イ ン タ ー ネ ッ ト で 探 す こ と も あ る も ん ね 。

よろしくお願いいたします。

ました。東京庵のお客さんだった地元の方々にも、

町の変化と人の変化

残しつつレトロ感漂う素敵なお店に生まれ変わり

最近、若い世代の人たちが少しずつ長屋に移り住んだり ̶

イコさんがジャケ借りしたお店は、当時の面影を

く に あ る ん や け ど、そ こ で 研 磨 を や っ て い た ら、部

隣の空き地には数年前までお風呂屋さん

される実行委員会が企画・運営を担っています。

品 が ぽ ろ っ と 取 れ て ね。そ の と き 田 川 さ ん が﹁佐 藤

前は駐車場という立地。

商店街と、地元で活動するママたちを中心に構成

さんとこやったら溶接もやってるから修理できるん

﹁桃谷ロイター﹂の活動拠点となっている

私はここが気に入ったし、住まわせても

出店と、ぱだん(つるはし交流広場)の講堂での音

ち ゃ う か﹂っ て 紹 介 し て く れ て、そ れ か ら 注 文 を も

﹁ イ ベ ン ト と 、 ギ ャ ラ リ ー i t o c h i h﹂ aは 、 誰でも立ち寄り集うことができるサロンで

らおうと思うけれど、私にも何かできる

地域で活動する様々な人と触れ合い、言葉を

ご近所の人から仕事を受けることもあるんですか? ̶

積 む た め に 同 じ よ う な 工 場 に 勤 め 始 め た ん や け ど、4、5

今年10月よりスタートした『つるのはしマルシェ』。

﹁ い ろ い ろ 、 は じ ま る 。﹂

鶴橋本通り商店街の空き店舗を活用したのブース

らうようになったんです。

あり、イベントスペースであり、住まいで

こ と が あ る の だ ろ う か・ ・ ・

・工具を使える作業スペース

佐 藤 さ ん は、な に が き っ か け で お 家 の お 仕 事 を ̶

も あ り ま す 。こ の 場 所 が で き た き っ か け は 、

周りの友人たちに桃谷で改修をはじめる

条件

大工。1988年富山県生まれ。2011年、大阪工業技 術専門学校卒業。2015年よりカナダに渡航し、2年 弱の間に南米とアメリカ各地を旅しながら、多様な 文化・暮らしのなかに身を置く。現在、大工として 活動し、住宅のリフォームや店舗の改装などを行う。

継ごうと思われたんですか?

ある想いからでした。桃谷ロイター発刊に

住む場所を住みびらいて、色んな人が桃

知らないのは私だけじゃないんだ。私の

な い わ ﹂と い う 具 合 で し た 。 桃 谷 を よ く

ど こ ? ﹂﹁ 桃 谷 、 知 っ て る け ど 行 っ た こ と

と 言 う と 、 返 っ て く る 言 葉 は﹁ 桃 谷 っ て

の煙突が立っていたそう。反対隣と目の

あたって、少し振り返ると同時に、みなさ んに紹介したいと思います。

小さな川が、 次第に 大きくな るように。

なべちゃんの

・家の前で車が停車できる

現在、桃谷のシェアハウスに住むなべちゃんは、 住居兼工房となる物件を探しています。

谷 を 知 る・ 感 じ る き っ か け を つ く る こ と は で き る ん じ ゃ な い か・ ・ ・ そ う 考 え た と き か ら 、 i t o c h i hは a はじまったのか もしれません。

・工具を置くスペース

大工の 渡 辺 翔 太 さん(通称:なべちゃん)

ひとつの種から、 花々が 咲きほこるように。 たくさんの人たちの

・トイレとお風呂

第1 回

© 2 0 1 7   桃 谷 ロ イ タ ー実行委員会 ※無断転記転載はお断りいたします。

※本紙は大阪市ボランティア活動振興基金の助成を受けて作成しています。

0

関わり合いの中から、

家を訪ね、自分の理想の暮らしと間取りを重ね、将来の住まいを思い描きます。

お 問 い 合 わ せ : 桃 谷 ロ イ タ ー 実 行委員会 E-mail:momodan in on eko@ gmail.c om

発行日:2017 年 11 月 5 日  発行:桃谷ロイター実行委員会  編集:伊藤、川口、坪田  デザイン:高橋静香

ひとりでも多くのひとに桃谷に来てもら

桃谷でおひるごはんを探す際は、レイコ食堂を

ダ ン サ ー 、 ダ ン ス カ ン パ ニ ー「 淡 水 」 主 宰 。 1987年神奈川県生まれ、山形県育ち。2008年、 近畿大学在学中に「淡水」を結成。人・音・空間・ 映像など場の関係性を重視し、日常と非日常 の境界模様を身体性や空間構成を用いて描き 出す。現在、桃谷での単独公演を画策中。

Breaker Project 事務局長。2008年より、大阪市の文化 事業として西成区を拠点に地域密着型アートプロジェ クトを展開する「Breaker Project」に事務局として勤務、 2011年より事務局長を務める。 WEB:http://breakerproject.net/

いてみてください。)

え る 機 会 を つ く る べ く 、写 真 展 、映 画 会 、

きっと愛されるお店になることと思います。

菊 池 航( き く ち・わ た る )

松 尾 真 由 子( ま つ お・ま ゆ こ )

元うどん屋さん(東京庵)の店構えに惚れ込んだレ

し体を動かしたい、という方は遠慮なくのぞ

が芽ぶき、 新 し い momod a ni 根 づ き ま す よ う に・ ・ ・

探訪してみたり。

ワ ー ク シ ョ ッ プ 、 i t o c h i h図 a 書 館 、料 理・ 食事会、紙芝居など様々な企画を、ゆる

して活用し、日夜稽古をしながら、空き家を

こんな想いを込めて2012年にスタート

プ ン し た ギ ャ ラ リーKON OMURAを稽古場と

や か に 続 け て い ま す 。5 年 目 と な っ た 今 、

ているように感じます。

まずは手始めに、桃谷2丁目(旧木野村)にオー

メニューは、出し巻き定食と日替わり定食と玉コン。

由です。コンテンポラリーダンスって何? 少

開催日:毎月第1日曜日、11:00 ∼16:00 WEB:https://www.facebook.com/tsurunohashi/

がら、活動を始めます。

みんな待ってました!『レイコ食堂』!!

(ギャラリーKONOMURAでの稽古は見学自

つるのはしマルシェ

三軒長屋に居を構え、自らが踊る場を探しな

10月7日、桃谷に新しいお店がオープンしました。

ます。

で気になる方はぜひチェックしてみてください。

表現をする人)として活動する彼は、桃谷の

新たなつながりが少しずつひろがってき

今後も、生野区内で活動している様々な

はない魅力があります。「シリーズ・空き家探訪記」では、様々な人が生野の空き

住所:大阪市生野区桃谷1-13-15 TEL:06-6718-0804 営業時間:7:45 ∼19:00 不定休

が踊るのか、桃谷ロイターでも追いかけてみ

映画会や講演会などが計画されているようですの

コ ン テ ン ポ ラ リ ー ダ ン サ ー( 体 を 使 っ て 様 々 な

m o m o d a nプi ロ ジ ェ ク ト︵ 古 民 家 セ ル フ リ ノ ベ ー シ ョ ン ︶。 は じ め は た だ

想いから、あちこちたくさんの物件を

単純に 自分たちで改修したい!

団 体・ グ ル ー プ と 連 携 し な が ら 、 世 代 を

美しい建具等々、一軒一軒異なる個性をもつこれらの物件には、現代の建売住宅に

喫茶マンデリン

少しずつ、ゆっくりと。どこでどんな風に彼

時期ということでブース出店は控えるようですが、

に引っ越してきました。

待ってました! レイコ食堂オープン!!

夢見る。

12月と1月は商店街の別イベントや季節柄混み合う

2017年7月、菊池航という29歳の青年が桃谷

した、

と決めたのが、今

i t o c h i h主 a 宰︶

m om oda ni プ ロ ジ ェ ク ト            

2012年9月、古民家を借り、設計仲間3人でスタートしたセルフ リノベーションプロジェクト。約30名の友人・知人の助けをか りながら2013年7月に完成。オープニングイベントでは家主さ んも招いてのテープカットを行った。(右写真)   WEB:http://momodanipj.wordpress.com/

楽ライブや映画上映会などを企画されています。

「おどる菊池くん」

という

探 し 、 最終的に ココ

いきたいと思います。 ︵ 文 イトウチハル/

こえてひとが集える場を、つくり続けて

の i t o c h i hで a した。 山形出身で学生時代を姫路で過ごした私 は、生野区桃谷がどういうところなのか も全く知らず、 ﹁桃谷なら改修できる物件 あ る と 思 い ま す よ ﹂と い う 言 葉 に 吸 い 寄 せ られるように桃谷にやってきました。 古い町並みを歩きながら、手を入れないと

年以上空き家だった一

住めない状態の物件をいくつか見せていた だき、その中から

軒家を借りることに決めました。

今でも戦前の家屋が数多く残っている地域です。風変わりな間取りや、増改築の跡、

空き家 探訪記 シリーズ

シ! イチオ ここが

物件

5軒に1軒が空き家といわれる生野区。戦時中、空襲の被害が少なかった生野区は、

10

1 9 2 6

m o m o d a nプi ロ ジ ェ ク ト の は じ ま り で す 。 裏手には神社と廃業したお風呂屋さん。

イベントと、ギャラリー i t o c h i h a

WEB:https://itochiha.wordpress.com

1 9 2 6 10

た きまし て し 越 っ 引

交わしながら、少しずつタネを蒔き、発芽を

つるのはしマルシェ 記念すべき第1回開催!!

22

つながり ひろがる 桃谷暮らし ∼ itochiha ∼

桃谷ロイター0号  
桃谷ロイター0号  
Advertisement