Issuu on Google+

食物三徳御書


食物三徳御書講義     


食物三徳御書  かゆへに大国の王は民ををやとし、民は食を天とす

とかかれたり、食には三の徳あり、一には命をつ ぎ、ニにはいろをまし・三には力をそう、人に物を ほどこせば我が身のたすけとなる、譬へば人のため に火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし、 悪をつくるものを・やしなへば命をますゆへに気な がし、色をますゆへに眼にひかりあり、力をますゆ へに・あしはやく・てきく、かるがゆへに食をあた へたる人・かへりて・いろもなく気もゆわく・力も なきほうをうるなり。  一切経と申すは紙の上に文字をのせたり、譬えば 虚空に星月のつらなり・大地に草木の生ぜるがごと し、この文字は釈

如来の気にも候なり、気と申す

は生気なり・この生気にニあり、一には九界。


現代語訳

 山の中には塩をたからとする、魚は水ををやとし鳥

は木を家とする。人は食を宝とする。(※追加される断 片)ゆえに、大国の王(大荘厳王)は民を親のように思っ て大切にし、国の民は食物を天の如く尊重する、と書 かれている。食物には三つの徳がある。一には生命を 継ぎ、ニには色を増し、三には力を強くする徳であ る。  人に物を施せば我が身を助けることになる。例えば 人のために灯をともしてやれば、自分の前も明るくな るようなものである。 悪を為すものに物を施すなら ば、その悪人は生命を増すゆえに、生気が長くなり、 色を増すゆえに目に光が宿り、悪の力が強くなるため に足が早く、手がよくきくようになる。そのため食を 施した人はかえって色を失い、生気も弱くなり、力も なくなるという報いを受けるのである。一切経という のは紙の上に文字を載せたものである。譬えば大空に 星月が連なり大地に草木が生えているようなものであ る。この文字は釈

如来の気でもある。気というもの

は生気のことである。この生気に二つある。一には九 界。


この二つをあわせて考えれば、民は食を天とし王はその民を親と

するわけであるから、国家・社会の存在は一にかかって食にあると いうことになる。したがって食こそ第一の宝であり、その食を供養 することは、まことに功徳が大きいのである。  大聖人は次に、この食に三つの徳があると述べておられる。ここ に本抄の題号が由来している。その食の三つの徳とは、一に「命を つぎ」であり、ニには「いろをまし」で、三には「力をそう」こと であると仰せである。「命をつぎ」とは生命を維持させることであ る。衣・食・住は生命を存続させるうえで必要欠くべからざるもの であるが、そのなかでも食糧はまさに命を継ぐ働きをもっているの であり、最も不可欠のものである。  次に「いろをまし」と仰せになっている。これは次の「力をそ う」との関連から考えると、顔や体の 色艶を増すことをいわれているのであろう。  輪陀王の故事で輪陀王が白鳥・白馬の出現によって色が増して力 が出てきたと説かれているように、色艶はその人の生命が旺盛であ るかどうかのバロメーターなのである。


「山の中には塩をたからとす」との仰せから考えると、たぶん、 塩その他の御供養があり、それが大聖人のおられる身延の地では 貴重であると仰せられているのではなかろうか。  最初に王は民衆を親とし、民衆は食を天とすると仰せられてい る。ここに「大国の王」となっているところは「大荘厳王」とも 判断でき、いずれにしても王は民衆あってこそ国をたもつことがで きるのであり、民衆を親に対するように大切にすべきである。大 聖人は上野殿御返事にも同様の内容を仰せになっている。  「海辺には木を財とし山中には塩を財とす、旱魃には水を財とし て闇中には灯を財とし・女人は夫を財とし・夫は女人を命とし・ 王は民を親とし民は食を天とす」  王が民衆を親のように大事にした例として上野殿御返事では大 国の王であった金色王の故事を挙げておられる。金色王は国が飢 饉に陥った時、食料庫をすべて解放したばかりか食を請うた人に 対し自分の食べる分までも与えられたのである。  また民衆は、食物を天のように大事にするものである。


大聖人は悪人を養えばかえって罪をつくることになると仰せに

なっている。悪人を養うと、悪人が命を永らえ、色艶を増し、 力を出すことになる。食の三徳をもって悪人を助けることにな るのである。  悪人が命を継ぐことによって悪の生気が長くなる。また色艶 を増すゆえに悪の光が出る。力を増すゆえに足が早く利くよう になる。  悪の命自体は「気」と説いておられるのである。また悪の色 艶、すなわち外面は険のある目の光として現われる。悪の力は 手や足の能力に現れると仰せである。  この悪の増長を助けたことはそのまま自分にはねかえってく る。すなわち悪の力は善なる力を阻害し、人の幸せを破壊する ものであるから、悪人の生命を強くしたことによって、自分自 身の生命が逆に衰え、生気も失せ、力もなくなるのである。  悪人を養うことが悪い結果を生むことは今さらいうほどのこ とではないように思われるかもしれない。しかし、じつは宗 教、信仰の世界においては、極めて広く行なわれているのであ る。それは一般世間における善と悪の識別がいくらか容易では なく、善を悪と見、悪を善と見誤ってしまいがちである。


第三の「力をそう」は、したがって色艶の外面の姿に対して、

内面からの力、体力をいうのであろう。この「力」が外に「い ろ」となって顕われるのである。  この三つは別のようであるが、生命を維持・発展させる働き を、三つの角度からこのように仰せられたと考えられる。  このように大切な食であるから、食を人に与えるのは大きな福 徳を積むことはいうまでもない。一般的にいっても人に物を施せ ば結局は自分のためになるのは道理である。  大聖人はその例として、人のために尽くせばそれがやがて自分 のもとに戻ってくる。逆に人に非道をなせば、いつかはそれと同 じことを自らが受けなければならないというのが仏法の因果の理 である。  そして、自分の福徳をまた人に回し、自他ともの成道を願って いくとき、この娑婆世界を寂光土にしていくことができるのであ る。  しかし、このように貴重な食の供養であっても、だれに供養し てもよいというのではない。むしろ重要であるからこそ、だれに 供養するかが大切なのである。


まさしく法華経の行者である大聖人に食を御供養するこ とは最高の功徳となることは疑いないのである。本抄を いただいた人は、この大聖人の仰せに感動し御供養に よって大聖人をお助け申し上げる使命の尊さに誇りを もったことであろう。

1、「命をつぎ」生命を維持する働き。 2、「いろ(色)をまし」健康を増す働き。 3、「力をそう(添)う」心身の力を盛んにする働き


般泥

経に「一闡提に似たる阿羅漢」と「阿羅漢に似た

る一闡提」が説かれているが、衆生はともすると外見があ たかも阿羅漢に見える一闡提を供養し、逆に社会的地位も なく、権力と結ばれないところから一闡提に見える阿羅漢 に、迫害を加えてしまうのである。仏法を敬っているよう に思いながら、じつは悪人を養い、その報いとして自らも 生命を衰えさせてしまっているのである。それが大聖人御 在世の日本の状態であったがゆえに、このことを指摘され ているのである。  次に一転して一切経の文字に言及されている。この仰せ は前の部分との血絡が判然としないが、一切経の文字は仏 の気であるというところが一貫しているところである。す なわち経典の文字というのは、釈尊の生気であり、この生 気には二種類あって一つは九界であると仰せになっている ところで途切れている。その後の部分は推察するしかない が、おそらく九界の生気と仏界の生気の二種類があり、爾 前経は九界、法華経の文字が法華経の文字が仏界であると 仰せなのであろう。したがって、法華経への御供養は仏の 生気を増すことになるのである。


2013年9月


食物三徳