Page 1

by

001

Erzbergrodeo


p h o t o : G E PA






photo: MIK AMI






photo: MIK AMI






photo: MIK AMI

遙かなるエルズベルグロデオ 世界中で、ハードでエキストリームなレースのムーブメントが今確実に起きつつある。 そんなエキストリームイベントのなかでも、ルーツ的な存在と言えるのが、 オーストリア・アイゼンナーツで毎年 6月に開催される「エルズベルグロデオ」だ。 1000人から1500人ものライダーが予選を走り、500人だけが決勝に進出するが、 完走できるのは毎年 30人程度。 果たして、エルズベルグロデオは、我々アジアンライダーたちが BAJA1000 やダカールなどのように「一生に一度は出てみたい」ものなのか? あるいはそうでないのか?

p h o t o b y K a t s u h i s a M i k a m i , G E PA ,T. S . text by Katsuhisa Mikami






試乗会に行ってみたら レースに出られることになった ある幸運なライダーの話。 出られるとは思ってなかった

レッドブル・ヘアスクランブルの前日、ライダー紹介 のデモセッションでバックフリップを見せるトラビス・ パストラナ photo:mikami

石の採掘場。 「跡」ではなく、現役で

で行ってしまう。そんなわけで、途中

いわけない! これくらい嬉しいことは

稼働している長い歴史をもつ採掘場

で自然に流れ解散的な感じになって「2

ない。なにしろ、日本からこのエルズ

 エルズベルグロデオに行ったのは

で、到着した日は平日だったこともあり、

周目行く人はご自由にどうぞ」ってアバ

ベルグロデオに参加しようと思ったら、

2006 年 5月

ディスカバリーチャンネルのドキュメン

ウトなタイムスケジュールになった。

いったいいくらかかることやら。それが、

ERZBERGRODEO XII、 開 催 開

と。

タリーで見るような巨大なダンプカーが

 日本の試乗会だと、試乗車を占有

体ひとつでパドックに来るだけで、しか

始から12回めの大会だった。日本人で

山を往来していた。

できる時間は短い場合だと1時間、長

もエルズベルグロデオに最適なマシン

このイベントに参加してきたのは……

 ここで試乗会が行われたのは、エル

くても2時間程度が普通なので、こん

でレースに出られるのだ。こんな幸せ

少なくともバイク乗りとして……僕だけ

ズベルグロデオ本番の5日ほど前。会

なふうに半日まるまる自由に乗られる

なこと、ほかにはない!

らしく、エンデューロ会場などでたまに

場近くのロッジが宿泊地として提供さ

試乗会なんて滅多にない(ないわけで

「楽しいのかどうか、行くにはどうした

れ、1泊した翌日が試乗会だった。試

はないが) 。

らいいのか」と聞かれることがある。

乗会のコースは、エルズベルグロデオ

 しかも試乗できる場所はエルズベル

 ひとことでその質問に答えるのであ

の2シリンダー・キングクラッセのコー

グ全域である。エルズベルグの中なら、

 で、勘違いしている人が少なくない

れば「行ける時間と資金があるならぜ

スとなる、約20kmのフラットダートの

どこに行ってもいいのである。もちろん

ので説明しておくと、エルズベルグロ

ひ行った方がいいですよ」という、あ

ワインディング……だけではなかった。 「こいつ危ないところいかないだろうな」

デオで行われる参加型のレースには大

まり積極的ではない回答になってしま

おそらく1周40km近くなるだろうコー

みたいに監視しに来る人もいない。そ

きく分けて3種類があるのだ。 ひとつが、

う。僕がエルズベルグロデオに参加で

スをジョバンニ・サラが先導してくれた

れは逆に言えば、ハマっても誰も助け

僕が参加したキングクラッセ、レッドブ

きたのは、このイベントに合わせて開

のだが「え、ここをこのバイクで下りる

に来てくれないってことなのだが、乗っ

ル・ヘアスクランブルの予選を兼ねた

催 さ れ たK TM 950 SU PER

の?」てなハードな下りや狭いトレイル

てイイですよ、と言われて乗らないわけ

プロローグ、そして、プロローグでの

ENDURO Rの試乗会に招待された

にも平気で突き進んでいく。ガレた小

はない。

上位500名が参加できるファイナルイ

からで、自費で行ったわけではないか

川を渡るルートや、ザクザクのヒルク

 結局、陽が暮れるまでじっくりとエ

ベント、 レッドブル・ヘアスクランブルだ。

ら余計である。

ライムまであった。

ルズベルグの会場を楽しんだ。このと

 キングクラッセとプロローグは同じ

 V型 2気 筒DOHC4 バ ル ブ の

 試乗会に参加しているプレスは、み

きはまだ、エルズベルグロデオのレー

コースで、例の巨大ダンプが走る採掘

942cc、通称LC8エンジンを搭載す

んながみんなオフロード経験豊かとい

スに参加できるとは思ってなかったの

場の作業道を走るものだ。コース全長

るKTM950SUPERENDURO Rは

うわけではなかったようで、だからそん

だから余計である。 味わいつくすように、

は20kmほどで、道幅20m以上あるよ

まさにこのエルズベルグロデオのため

な場所ではあちらでゴロン、こちらでズ

コースをじっくりと走らせてもらった。

うな広い道をとにかく全開で駆け上

に作られたようなマシンだった。2005

ザー、ガシャーン! という感じで転

数日後に開催されるエルズベルグロデ

がっていくタイムトライアルだ。

年のエルズベルグロデオで新設された

倒し、途中で1人2人と迂回路へ姿を

オのコースの設計、下見をしているの

 途中、何カ所か狭くなったり川を横

ツインシリンダー・キングクラッセで優

消していく (笑) 。日本の試乗会ではま

だろうスタッフたちが激坂を上ったり下

切るような場所がないわけではないが、

勝 し た プ ロト タ イ プ、KTM 950

ず考えられない大胆な試乗会の内容

りたり、まくれて落ちていくのを横目で

基本的にはとにかく全開……それも、

SUPERENDUROの市販バージョ

だ。

見な がら、 コースと950 SUPER

950 SUPER ENDURO Rでトップ

ンと言えるモデルで、ライバルはやはり

 僕らプレスは、コースの途中で待ち

ENDURO Rをたっぷり楽しんだ。最

に入るくらいの全開コースである。だ

当時発売されたばかりだったBMW

かまえているカメラマンに写真を撮って

高に楽しかった。

から、プロローグもなるべく大排気量

HP2 Enduro。 最 高 速 は 軽 く

もらいながらコースを進んでいくのだ

 そして散々遊んで(笑) 、パドックに

のパワフルなマシンのほうが有利なわ

180km/hを超え、しかも本格的なオ

が、なかには既にレバーが折れてたり、

戻ってきたら「レース当日は朝10時ま

けだが、上位500名に残れば、同じマ

フロードライディングもこなすこのマシ

外装がもうバキバキになっていたりする

でにこのテントまで来てください」と言

シンでヘアスクランブルも走らないとい

ンの試乗会の舞台として、エルズベル

人もいるわけで、カメラマンはどうやっ

われたのである。なんで? と思った

けないわけで、このへんが悩みどころ

グはまさにうってつけの場所だったので

て撮れば壊れている部分が写らないか

ら、950 SUPER ENDURO Rでキ

な の で あ る。950 SUPER

ある。

苦労していたと思う。パドックに戻った

ングクラッセに参加できるとのこと。

ENDURO Rでプロローグに出ればラ

 オーストリアの首都、ウィーンからク

ら、メカニックが「これじゃ明日乗れる

えー、本当! マジですか! 

クに上位500名に入れるだろうが、今

ルマで3時間ほどの距離にある小さな

バイクないよ」とプンプン怒っていた

 じつは、この日まで明かされていな

度はヘアスクランブルをマトモに走れる

街、アイゼンナーツ。日本で言えば東

かったのだが、希望するプレスには

わけがないのだ。

北の山村といったような街がエルズベ

 一方で、凄く上手いライダーたちは

950 SUPER ENDURO Rでレース

 スケジュールは、まず初日にキング

ルグロデオの会場だ。会場は、鉄鉱

お構いなしにドンドン勝手に突き進ん

に出させてくれるのだという。希望しな

クラッセ、翌日にプロローグ、そして

10

(笑) 。

参加者1000人超

11


行ける余裕のある人には、 ぜひ行って欲しいが…… @アイゼンナーツ p h o t o : m i k a m i

最終日にレッドブル・ヘアスクランブル

本からオーストリアまでの往復交通費

をもつライダーであればプロローグを勝

 それら、ハードなセクションのフィ

となる。プロローグに参加する台数は

で20万円弱。そこでバイクをレンタル

ち抜いて本番に参加することは可能だ

ニッシュにそれぞれレッドブルゲートが

1000台以上にもなるので、まるまる1

して、レースに出て……って手間と費

と 思 う。 ち な み に、 僕 が 950

設けられていて、18箇所ほどあるその

日かかるのだ。

用を考えると最低でも30万円以上、

SUPER ENDURO Rで走ったタイ

ゲートを全部くぐってフィニッシュした

 ちなみに、このプロローグは、独立

おそらく50〜60万円程度はかかって

ムのいいほうで、上位500台にギリギ

ライダーが完走となるのだが、僕が行っ

したタイムトライアルレースともなって

しまうだろう。コストパフォーマンス的

リ入るくらいだった。軽量でパワフルな

た2006年で完走したのはわずか500

いて、スクータークラス、女性クラス、

にはどうかな? と思ってしまうのだ。

マシンのほうがタイムは詰まる可能性

台中わずか30台程度だった。2009年

ストリートバイククラスなどが設けられ

 同じだけかけるなら、バハカリフォル

が高いので、予選を勝ち抜くことはさ

も40台しか完走していない。

ている。最近、ヤマハのR1を改造し

ニアを1週間くらい走るツーリングに

して難しくはないと思う。

 完走しているライダーは、デビッド・

たダートバイクの映像がYoutubeにアッ

行ったりもできるし、年と場所によって

 だが、そのコースの難しさはハンパ

ナイトやクリス・ファイファー、グラハム ・

プされて話題になっていたけど、この

はインターナショナルシックスデイズに

じゃない。スタートは、採石場のいち

ジャービスやトラビス・パストラナ、ジェ

レースでストリートバイククラスを走る

トライすることも不可能ではない金額

ばん低い、底のような場所にある広場

レミー・マクグラス、シモ・キリッシな

なら十分戦闘力のある、現実的なカス

である。それでわずか2回のタイムトラ

から100台づつ行われるのだが、初っ

どのファクトリー&ファクトリーレベル

タムなのである。僕が行った2005年

イアルしか出来ないとしたら?

ぱなのヒルクライムを問題なく駆け上

のライダーたちがほとんどだ。その彼ら

にも、GSX-Rベースのマシンなど多く

 イベントとしては最高に面白いし、

がっていくのはトップの200台程度。

が何度もひっくり返ったり、時にバイク

のユニークなマシンが参加していた。

ユニークだから行く意味は大きいが、

それ以下のライダーたちは、何度も何

を下に投げ落としてやっと完走できる

 言ってみれば、キングクラッセとプロ

僕としては自費で行く気にはならない。

度も上りきれずに下りていっては再トラ

コースなのだから、そこそこの腕のライ

イするという繰り返しで、やっと上がっ

ダーなら、3つもゲートをくぐれたらリッ

ていくという感じだ。

パと言えるのだ。

 しかし、そんなハードなヒルクライム

 ちなみにそれぞれのゲートは時間が

も、まだまだ地獄の入り口でしかない。

来ると締められてしまうので「時間はい

ローグに関して言えば、パイクスピーク みたいなヒルクライムレースである。 ヒルクライムとは言っても激坂を上るほ

完走には 世界レベルの腕が必要

うではなくて、山の頂上に続くワイン ディングを走るほうのヒルクライムレー

 で、問題はレッドブル・ヘアスクラン

それよりもさらに難しい上りが3つも4

くらかかってもいいからがんばる!」と

スだ。

ブルである。日本から出に行きたいっ

つも続くのだ。それをうまくこなしても、

いうのも通用しない。サッサとハイ終

 僕が出場したのがこのレースで、出

て思うライダーは、きっとこのレースが

そのあとにはガレ場と呼ぶには生やさ

わり、となってしまって、終わってしまっ

られたことはじつにラッキーだった。だ

目標だろう。

しい、まさに岩しかないルートや、オー

たライダーたちは移動路から帰されてし

けど、自費で出るかと言われたらウー

 おそらく、KTM250EXCなどのパ

バーハングになっているんじゃないかっ

まうのだ。もっとも、その顔には敗北

ン……ってなってしまう。なぜなら、日

ワフルなマシンで挑めば、そこそこの腕

てくらいキツい下りも待っている。

感なんてない。むしろ、地獄から解放

12

ザルツブルグ郊外の渋滞に巻き込ま れてせっかくのスタートはギリギリ。 最後の最後にマシンを受け取った筆 者。これから背後の山を頂点まで登 るのだ p h o t o :T. S .

13


キングクラッセ、プロローグのコー スはほぼ全域フラットだが一部荒れ た区間もある  p h o t o :T. S .

14

15


アイゼンナーツから一番近い都市、 レーベンは由緒正しい歴 史的建 造 物の多い街。食事もうまいしワイン もうまい! p h o t o : m i k a m i

行く価値は十分以上。 レースだけじゃなく、 オーストリアも楽しんで欲しい。

されてよかった! 的な嬉しさに満ち

ンドでは気のいいおじさんが淹れてくれ

チュアのためのイベントだから、パドッ

 さらに、KTM Adventure Tours

あふれている。

る美味しいエスプレッソを楽しめるし、

クには地元感がたっぷりのアマチュア

では「ERZBERG CAMP」というツ

 僕はスタートシーンの写真を夢中に

すぐ手前のレーベンでは由緒正しい、

ライダーたちと、ユニークなバイクが

アーを行っている。これはエルズベル

なって撮っていたせいで、コースの最

歴史的な建築の教会などを見て楽しむ

1000台も集まっているのだ。

グロデオ終了後の2日間にわたって行

深部に行くバスに乗り遅れてしまった。

ことも出来る。

 もちろん、トップライダーたちと出会

われるもので、パイプラインやバブーン

そこで仕方なくスタート・フィニッシュ

 だが、こと走りに行く……という意

えることも重要だ。レッドブルがスポ

などのエルズベルグ名物セクションをフ

地点近くで写真を撮っていたのだが、

味では、エルズベルグは採石場のなか

ンサードしているビッグイベントという

リーライドできるイベントなのだが……

フィニッシュの直前にあるタイヤ越えだ

のみだから、BAJA1000や他のラリー

こともあり、世界各地からレッドブルラ

残念ながらレンタルバイクは用意されて

けでもハンパじゃない。高さもフロント

のような雄大さや解放感は望むべくも

イダーたちが山ほどやってきている。僕

い な い。 し か し、 他 に もKTM

フェンダーと同じくらいとかなり高いの

ない。20kmのワインディングを登り

が行った2005年は、ジェレミー・マク

Adventure Toursで はENDURO

だが、タイヤの前にとっかかりになるよ

きった山頂からの眺めはじつに美しい

グラス、トラビス・パストラナ、ジミー・

CAMPやマッティンホーフェンファクト

うな岩も丸太もまるでないのでじつに

が、あくまでクローズドな場所でのレー

ルイス、デビッド・ナイト、グラハム・

リーツアーなど、オーストリア国内で楽

難しいのだ。トライアルのトップライ

スである。砂漠もないし、地平線もな

ジャービス、シモ・キリッシ、クリス・ファ

しめるレンタルバイクありのツアーも

ダーであるジャービスですら、このタイ

いし、孤独もない。この点も、僕が海

イファー、シリル・デプレ、ジョバンニ・

行っているから、これらを利用するの

ヤ越えでひっくり返っていたくらいだか

外のレースとしてエルズベルグロデオを

サラ……数え切れないくらいのトップ

もいいだろう。

ら、 まさにエキストリームに難しいのだ。

あまりオススメしない理由の1つだ。

スターたちが、 すぐそこで走って、 歩いて、

 ただし、KTM Adventure Tours

 これだけ難しいエンデューロだから、

 だが、行ける余裕のある人ならやっ

笑っているのだ。もちろん、KTMや

についてはKTM JAPANでの取り次

正直、現在の日本のライダーでは楽し

ぱり行って欲しいとも思う要素がいく

BMWなどメーカーのブースもそこそこ

ぎは行っていないので、自分で直接コ

むどころではない。おそらく、2つ目の

つもあるんだよなあ。たとえば、プロ

出展されている。

ンタクトする必要がある。ちなみに、3

ゲートがくぐれたら万々歳ってところ

ローグのあとに行われる「STORM

 だから、もし一度は行ってみたい、

日間をかけてチロル地方のジラータル

じゃないだろうか。

UP EISENERZ」というパレードイ

自分で見てみたいというなら、ウイーン

エリアを巡る「ジラータル・アルペン・

ベント。この会場に集まった1000〜

からザルツブルグへのドライブを兼ねて

グ ロ ウ 」 と い う ツ ア ー は、

2000台ものオフロードバイカーたち

行ってみるというのはどうだろう? レ

KTM450EXCのレンタルフィー込み

が、アイゼンナーツの町をゆっくりと走

ンタカーはウィーンで問題なく借りられ

で580ユーロ(約7万7000円・2009

 エルズベルグロデオの会場であるア

るパレードなのだが、ナンバーのない

るし、古都レーベンや、途中バーデン

年5月時点) 。これでチロル地方のダー

イゼンナーツの街は、まるで西洋の童

レーサー、 それも猛烈な台数がクラシッ

バーデンで温泉を楽しんだりしながら、

トライディングを3日間楽しめるのだか

話に出てくるような美しい山村だ。石

クな町並みを駆け抜けていく姿は、ま

映画「サウンド・オブ・ミュージック」

らお得かもしれない。じつは、フリー

造りの旧い建物の間を走る、角のすり

るで映画のワンシーンのように鮮烈だ。

の舞台となったザルツブルグを目指す

ライド・マガジンでも一度取材に行っ

減った石畳の道。また、そこへ至る道

 さらに、パドックを見て回るのも楽

……その途中でエルズベルグを楽しみ

てみたいと長年思っているのだ。

も緑に溢れたさわやかな森が続き、じ

しい。イベントとしてはシックスデイズ

ながら。なんてプランだったら、奥様

つに素晴らしい。途中のガソリンスタ

やWECなどとは違って、あくまでアマ

も納得されるのでは? と思うのだ。

行ってみたいと思ったら

16

@アイゼンナーツ p h o t o : m i k a m i

17


キングクラッセのコースの最上部付 近。これでもかという全開区間が続 く p h o t o : m i k a m i

18

19


コース中 腹。 コースの下に パドッ ク が 見 え、 そ の 右 側 に アイゼ ン ナーツの町並みが見える p h o t o : mikami

20

21


1000台以 上ものバイクがアイゼン ナーツを駆け抜けていく。街の人々 も 歓 迎してくれるところが 凄 い  photo:mikami

22

23


1000台以 上ものバイクがアイゼン ナーツを駆け抜けていく。街の人々 も 歓 迎してくれるところが 凄 い  photo:mikami

from starting grid

2006エルズベルグロデオ出場車両スナップ photo : mikami

24

25


B M W F A C T O R Y H P2。

イタリアのアフリカツインオーナーズクラブのメンバーのバイ ク。 「日本人だろ? ホンダはなんでアフリカツイン作るのやめ ちゃったのか知ってるか? 知らない? なんでこんな素晴らし いバイク、作るのやめちゃうんだ? 理解不能だよ、俺たちには。 え? バラデロ? 違うね、俺たちはアフリカツインみたいに 軽いのが欲しいんだよ」

26

超レアなスウェーデン、ハイランド・モータース製Vツインマシン

27


アフリカf r o mイタリアその 2

アフリカf r o mイタリアその 3。ズーマーつき

RXV

28

100G S。スタンダードですね

29


カワサキZ750TだけどタンクはX R600R

これもトラかな?

30

K T M990S D。もったいない……そう思うのオレだけ?

トライアンフ。コレももったいない気が……

31


なんとなくまとまって見えるヨンパツ。G S1000 かな?

絶句……

32

F Z ? ラベルダ? フロントホイールはいずれにしろ別物。 ラジエターの位置とラジエターガードが凄い

スクータークラスもあります。ストレートはヒマそうだった

33


HEAT OF THE MOMENT

from Red-Bull Hare Scramble photo : mikami

14位で完走した南アフリカのローレンス・マホニー。うまくリア をタイヤにあててタイヤの上に上がるが……

34

タイヤとタイヤにすき間があるイヤらしさなので、フロントがずっ ぽり。こうなると大変

35


いよいよスタート。

36

37


まだスタート直後。

38

39


これは厳しい p h o t o : G E PA

p h o t o : G E PA

左にはこけたくないなあ p h o t o : G E PA

40

日本と同じ。肉にビール!

41


シリル・デプレ。2位

42

クリス・ファイファー

43


キツい。

44

アンドレアス・リッテンビックラー。うれしい!

45


優勝は余裕でデビット・ナイト。汚れてもいない

ジミー・ルイス(左) 、ジェレミー・マクグラス。 ジミーの笑顔がいい。

46

47


I love you .

48

49


THANK YOU FOR READ 最後までoverflow 001をご覧頂き、ありがとうございました。 ぜひ感想を s u p e r b a l l b o o ks t o r e @ g m a i l . c o m までお寄せいただければ幸いです。 新しい試みだけに、ぜひみなさんの率直な感想を聞きたいのです。 高い、安い、面白い、面白くない……なんでも結構です。 感想、ご意見は本誌の今後の展開に役立てさせていただきます。 次号の内容はまだ未定ですが、バハカリフォルニア、BAJA1000、G Sトロフィあたりで展開したい と考えています。ぜひご期待ください。

50

オーバーフロー・バイ・フリーライドマガジン 発行:Superball,inc. 定価:250円(税別) 発行日:2009年5月5日 編集人・発行人:三上勝久 © SUPERBALL,inc.2009 ※複製、再配布を禁じます。 51

Overflow - ERZBERGRODEO 2006  

エルツベルグロデオ2006の模様を豊富な写真で見せます。

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you