__MAIN_TEXT__

Page 1

ン ス だ と 考 え た そ う だ 。

ロ ゴ を 任 せ て も ら え る の は チ ャ

で も ﹁ 新 参 者 ﹂ に 1 0 0 周 年 の

の か と い う 思 い が あ っ た 。 そ れ

先 生 方 が い る の に 、 自 分 で い い

品 に コ ン セ プ ト が あ り 、 ス ト ー

い 絵 が 描 け る こ と で は な く ﹁ 作

べ た と き に 調 和 す る も の が 選 ば

に あ る イ メ ー ジ カ ラ ー の 青 と 並

た 。 用 い た 色 は 目 白 大 学 の ロ ゴ

ゴ に は 素 敵 な ス ト ー リ ー が あ っ

つ な が る と 語 る 。 1 0 0 周 年 ロ

た 人 に 感 動 し て も ら え る 作 品 に

リ ー を 作 れ る ﹂ こ と 。 そ れ が 見

断 が で き る こ と を ﹁ 舵 を 取 る ﹂

を イ メ ー ジ し て い る 。 適 切 な 判

﹁ 1 0 0 ﹂ の 1 の 部 分 は 船 の 舵

向 か う こ と を 表 わ し て い る 。

ラ デ ー シ ョ ン は 明 る い 未 来 へ

に 、 徐 々 に 明 る く な っ て い く グ

れ て い る 。 目 白 ブ ル ー を 基 調

大 切 に し て ロ ゴ を 制 作 し た 。

を 尊 重 し つ つ 、 ご 自 身 の 個 性 を

生 は 元 の デ ザ イ ン の ス ト ー リ ー

じ ら れ る 動 き を 加 え た 。 竹 山 先

ゴ マ ー ク が 水 の 波 紋 の よ う に 感

サ イ ト の ト ッ プ ペ ー ジ で は 、 ロ

し た 。 ま た 1 0 0 周 年 記 念 特 設

新 た に デ ザ イ ン し て 統 一 感 を 出

生 か し て ﹁ 百 年 ﹂ と い う 文 字 を

人 の デ ザ イ ン を 尊 重 し 、 そ れ を

こ と に 着 目 し た 。 竹 山 先 生 は 先

感 じ た と い う 。

ゴ と リ ン ク し て い る こ と に 縁 を

校 舎 が あ り 、 自 分 が 制 作 し た ロ

き 、 か つ て 目 白 大 学 に は 円 形 の

ア ー カ イ ブ を 見 せ て も ら っ た と

年 記 念 委 員 会 の 方 に 目 白 大 学 の

験 を 積 み 重 ね 、 そ れ ぞ れ が 進 み

自 信 を 持 て る よ う さ ま ざ ま な 経

と が あ る と い う 。 も っ と 自 分 に

非 常 に も っ た い な い と 感 じ る こ

現 を す る こ と に た め ら い が ち で

い ア イ デ ア を 持 っ て い る の に 表

い る 。 こ こ に は ポ ジ テ ィ ブ に こ

︵ 編 集 部 3 年   佐 野 大 輔 ︶

  ロ ゴ は 右 上 が り の 形 状 を し て

を 大 切 に 発 想

デ ザ イ ナ ー に 必 要 な の は 、 良

え 、 挑 戦 し て ほ し い

こ れ ま で の ﹁ ス ト ー リ ー ﹂

ど ん な こ と も 機 会 と 捉

き こ い た た の と い 。 ロ い 方 ゴ う 向 か 竹 へ ら 山 チ 読 先 ャ み 生 レ 取 の ン る 強 ジ こ い し と 思 て が い ほ で を し

ザ イ ン を 専 門 に し て い る 先 輩 の

た ﹂ と い う 。 学 内 に は 同 じ く デ

正 直 、 少 し プ レ ッ シ ャ ー を 感 じ

1 0 0 周 年 と い う 歴 史 の 重 み に

と て も 光 栄 に 思 っ た 。 最 初 は 、

に 声 を か け て い た だ い た こ と は

﹁ 目 白 大 学 で ま だ 2 年 目 の 自 分

に 、 そ の と き の 気 持 ち を 伺 う と

ザ イ ン を 依 頼 さ れ た 。 竹 山 先 生

目 白 学 園 1 0 0 周 年 の ロ ゴ の デ

指 輪 交 換 の 際 の ﹁ ま ど か で 終 わ

生 の ご 家 族 が 結 婚 さ れ た と き 、

込 め た 。 円 ︵ ま ど か ︶ は 竹 山 先

  竹 山 先 生 が 赴 任 し て 2 年 目 、

僕 で よ け れ ば

竹山賢先生がデザインした 100 周年ロゴ

い う 文 字 の 角 が 丸 く な っ て い る

  ロ ゴ が 完 成 し て か ら 1 0 0 周 れ な い 。 最 近 の 学 生 は 素 晴 ら し

ザ イ ン で は 、 既 存 の ﹁ 目 白 ﹂ と

た と い う 。

い を 感 じ て い る 人 が い る か も し

  ﹁ 目 白 百 年 ﹂ の ロ ゴ タ イ プ の デ

な り 、 楽 し み な が ら 制 作 が で き

に つ な が っ た と い う 。

の 魅 力 を 見 つ け る こ と が 強 み と

残 っ て い て 、 そ れ が 今 回 の 作 品

神 父 の フ レ ー ズ が 強 く 印 象 に

り の な い 指 輪 を も っ て ﹂ と い う

学 を 見 る こ と が で き 、 目 白 大 学

た こ と で 新 し い 角 度 か ら 目 白 大

任 2 年 目 の 竹 山 先 生 が 担 当 さ れ

と ロ め て 入 だ ゴ ら 行 学 。 を れ こ し 通 て う て し い と か て る い ら 伝 。 う 自 こ メ え れ ッ 分 た の が セ か 、 ー 将 っ 先 ジ 来 た 生 が に 迷 こ が 込

  ロ ゴ デ ザ イ ン と い う 大 任 を 赴 よ り 良 い 方 向 に み ん な で 成 長 し

︵ ま ど か ︶ に 永 続 と い う 意 味 を

ど か ﹂ と し 、 終 わ り の な い 円

で 表 わ し て い る 。 0 は ﹁ 円 ・ ま

師 だ 。 竹 山 先 生 に ロ ゴ デ ザ イ ン に つ い て 、 ま た コ ン セ プ ト を 通 し て 伝 え た か っ た こ と な ど を 伺 っ た 。

一 環 と し て 1 0 0 周 年 記 念 ロ ゴ マ ー ク の デ ザ イ ン を 担 当 し た の は 、 社 会 学 部 社 会 情 報 学 科 の 竹 山 賢 専 任 講

2 0 2 3 年 、 目 白 学 園 は 1 0 0 周 年 を 迎 え る 。 こ れ を 記 念 し 、 さ ま ざ ま な プ ロ ジ ェ ク ト が 始 動 し て い る 。 そ の

ロ ゴ に 込 め ら れ た 思 い

目 白 学 園 1 0 0 周 年 プ ロ ジ ェ ク ト

そ の 経 験 を も と に 、 大 学 で は マ

新 参 者 の 強 み が あ る い 方 向 に 歩 ん で 行 け る よ う に 、

新宿キャンパスに大きく張り出された 100 周年ロゴ(英語バージョン)と竹山賢先生

う 経 歴 の 持 ち 主 だ っ た か ら だ 。

年 間 、 新 聞 記 者 を し て い た と い

た の か と い う と 、 田 川 先 生 は 39

  学 長 が な ぜ 田 川 先 生 を 指 名 し

に い た っ た 。

い 、 な ん と か 無 事 に 発 刊 さ れ る

輩 の 会 社 に 無 理 を 聞 い て も ら

印 刷 は 田 川 先 生 の 大 学 時 代 の 後

た ち が す べ て の 記 事 を 書 い た 。

事 を 書 い て い る が 、 当 時 は 先 生

現 在 の 目 白 大 学 新 聞 は 学 生 が 記

多 く の 困 難 に 直 面 し た と い う 。

か ら の ス タ ー ト だ っ た た め 、 数  

れ か ら も 目 白 学 園 の 全 員 が 明 る

ま ず 今 の 新 聞 は カ ラ ー で 見 や

竹山 賢 たけやま けん 一級建築士・ワインエキスパート。早稲田大 学建築学科卒業、同大学院修士課程修了。 Bombay Sapphire Design Competition 2003に おいて世界グランプリを受賞。CURIOSITY、竹 山実建築綜合研究所を経て、フィンランド、FOI に勤務。ハッリ・コスキネンに師事。 ( 文化庁新 進芸術家海外研修員として)

  心 理 ア セ ス メ ン ト や カ ウ ン で 課 題 解 決 力 や コ ミ ュ ニ ケ ー

専 門 職 ︶ モ デ ル ﹂

ぶ と と も に 、 演 習 形 式 の 授 業

の た め の ﹁ 臨 床 心 理 学 ︵ 心 理   幅 広 い 心 理 学 を 基 礎 か ら 学

① カ ウ ン セ ラ ー に な り た い 人

ル を 用 意 し て い る 。

会 実 践 ︶ モ デ ル ﹂

人 の た め の ﹁ 応 用 心 理 学 ︵ 社

  新 学 科 で は 3 つ の 履 修 モ デ ③ 心 理 学 を 社 会 で 生 か し た い

養 っ て 行 く 。

も に 、 主 体 的 に 行 動 す る 力 を

科 目 群 に よ っ て 、 実 践 力 と と

意 。 ま た 、 多 彩 な 実 習 ・ 演 習

に 対 応 し た 履 修 モ デ ル を 用

生 か し て い く 。

い た 考 え を 身 に つ け 、 実 践 に

側 面 か ら 行 う 。 心 理 学 に 基 づ

人 々 へ の サ ポ ー ト を 精 神 的 な

ま ざ ま な 事 情 や 課 題 を 抱 え た を 養 う 。

目白大学受験生応援サイト 心理学部心理カウンセリング学科 https://www.mejiro.ac.jp/univ/ jyukensei/course/psychology/ psy/

︵ 編 集 部 ︶

生 か せ る よ う 、 学 生 の 将 来 像   行 政 機 関 や 施 設 な ど で 、 さ て チ ー ム で 働 く 上 で の 主 体 性

幅 広 い フ ィ ー ル ド で 心 理 学 を

専 門 職 か ら 一 般 企 業 と い っ た

キ ュ ラ ム を 大 幅 に 拡 充 し た 。

き る 人 材 育 成 を 目 指 し 、 カ リ

分 野 で の 心 の 諸 問 題 に 対 処 で

し た 教 育 体 制 か ら 、 よ り 広 い

ウ ン セ ラ ー 養 成 な ど を 中 心 と

わ る 。 こ れ ま で の ス ク ー ル カ

ン セ リ ン グ 学 科 へ と 生 ま れ 変

援 ︶ モ デ ル ﹂

人 心 理 学 ︵ 他 者 支

な り た い た め の ﹁ 対

② 人 を 支 援 す る 人 に

キ ュ ラ ム だ 。

取 得 す る た め の カ リ

で あ る 公 認 心 理 師 を

を 目 指 す 。 国 家 資 格

理 専 門 職 に 就 く こ と

シ ョ ン 力 を 育 む 。 社 会 人 と し

人 心 理 学 部 心 理 カ ウ

セ リ ン グ 学 科 が 、

間 学 部 心 理 カ ウ ン

な 問 題 に 対 応 す る 心

的 支 援 を 行 い 、 多 様

セ リ ン グ な ど の 専 門

詳しくは「目白大学心理学部」で検索

2 0 2 0 年 4 月 開 設

カ新 ウし ンく セ心 リ理 ン学 グ部 学心 科理 が 誕 生

田 川 先 生 は 、 文 章 全 体 は ﹁ で

国 語 力 向 上 を 目 的

し 、 20 名 の 塾 生 の

ら 、 学 内 で ﹁ 田 川 塾 ﹂ を 主 宰

調 さ れ た 。

国 語 の 勉 強 に 励 ん で ほ し い と 強

母 語 を し っ か り 勉 強 し て か ら 外

1994 年に創刊された「目白大学新聞」第 1 号

た 。 ま た 、 塾 生 出

き る ま で に 成 長 し

生 が 1 位 を 獲 得 で

語 テ ス ト で は 、 塾

果 、 当 時 の 学 内 国

い っ た 。 そ の 結

︵ 編 集 部 3 年  

す ﹂ と 最 後 に 語 ら れ た 。

に あ ふ れ た 魅 力 的 な 人 に な れ ま

  ﹁ 知 識 が 豊 富 だ と 知 性 や 気 品

山 口 英 彦 ︶

大 事 さ を 教 え て

文 章 を 書 く こ と の

始 め 、 次 に 日 記 。

手 紙 の 書 き 方 か ら

か ら だ と い う 。

い 人 は 、 近 代 史 を 知 ら な ず ぎ る

ほ し い と い う 。 な ぜ な ら 今 の 若

と ﹂ 近 代 の 歴 史 を も っ と 知 っ て

に 指 導 を 行 っ た 。   も う 一 つ は ﹁ 近 代 史 を 知 る こ

し な く て は な ら な い 。 白 紙 状 態

に 取 材 し て 記 事 を ま と め 、 印 刷

感 想 や 提 案 を 聞 く こ と が で き た 。

富 な 田 川 先 生 な ら は で の 数 々 の

い か を 伺 っ た 。

を 編 集 す る な ら ど の よ う に し た

  田 川 先 生 は 編 集 長 を 務 め な が と 。 外 国 語 の 勉 強 も 必 要 だ が 、

  準 備 期 間 は 約 3 週 間 、 そ の 間 聞 を 読 ん で い た だ い た 。 経 験 豊   ま た 、 も し ご 自 身 が ま た 新 聞

﹁ 田 川 塾 ﹂ と 塾 生

  ま ず 、 国 語 力 を 身 に つ け る こ

の メ ッ セ ー ジ を 伺 っ た 。

制 作 が 始 ま っ た 。

間 か ら 田 川 先 生 の 目 白 大 学 新 聞

作 っ て 欲 し い ﹂ と い う 。 こ の 瞬

れ て い た 田 川 先 生 に 、 現 在 の 新

専 門 と す る 部 署 に 5 年 間 配 属 さ

記 事 の 修 正 や 紙 面 の デ ザ イ ン を

て く だ さ っ た 。

し て も い い の で は と コ メ ン ト し

は 、 な に か メ ッ セ ー ジ を 付 け 足

よ う に 感 じ た 。

者 目 線 で 新 聞 を 作 っ て こ ら れ た

い 新 聞 を 心 掛 け て お り 、 常 に 読

  田 川 先 生 に 今 の 学 生 に 向 け て

現 在 の 学 生 に 向 け て

入 生 に 配 布 す る た め の 新 聞 を   記 者 時 代 に ﹁ 整 理 部 ﹂ と い う ま た 、 1 面 ト ッ プ の 余 白 部 分 に   田 川 先 生 は や さ し く 読 み や す も 親 交 が あ る そ う だ 。

た 。 学 長 ︵ 当 時 ︶ の 指 示 で ﹁ 新

て い た と こ ろ で 呼 び 止 め ら れ

元 編 集 長 の 提 案

た 田 川 先 生 が 自 宅 へ 帰 ろ う と し

現 在 の 紙 面 に つ い て

を 与 え る こ と が で き る か ら だ 。

メ ー ジ し や す く 、 や さ し い 印 象

あ っ た 。 元 号 の ほ う が 時 代 を イ

言 葉 の や さ し い 印 象 に な る か ら 。

調 ﹂ に し た い 。 な ぜ な ら 、 話 し

あ る 調 ﹂ で は な く ﹁ で す ま す

と い う 。 当 時 の 塾 生 と は 現 在 で

授 に な ら れ た 方 も い ら っ し ゃ る

身 で 、 田 川 先 生 と 同 じ く 大 学 教

  あ る 日 、 学 内 で の 会 議 を 終 え 後 、 数 年 間 編 集 長 を 務 め た 。 く 、 元 号 を 使 う こ と の 提 案 が

新 聞 が 欲 し い

頼 を 引 き 受 け た と い う 。 そ の   発 行 日 の 表 示 に は 西 暦 で は な

学 生 に 配 布 す る た め の

い た 。 ﹁ 自 分 し か い な い ﹂ と 依

ス メ デ ィ ア の 講 座 を 受 け 持 っ て

る と 褒 め て い た だ い た 。

す く 、 文 章 構 成 も 良 く で き て い

あ っ た 田 川 五 郎 元 教 授 ︵ 85 ︶ に 創 刊 に ま つ わ る 事 情 な ど を 伺 っ た 。

本 年 、 令 和 元 年 で 目 白 大 学 新 聞 は 創 刊 25 周 年 を 迎 え る 。 そ の 初 代 編 集 長 で

目 白 大 学 新 聞 初 代 編 集 長 に 聞 く

祝 創 刊 25 周 年 !

田川五郎 たがわ ごろう 元目白大学人文学部言語文化学科教授。 読売新聞社に39 年勤務、整理部などの部署を 経験。インタビュアーとしての経験も豊富で大 手自動車メーカー HONDAの創業者、本田宗一 郎氏と対談したこともある。目白大学の岩槻キャ ンパスで教 をとるかたわら、 「目白大学新聞」 初 代編集長も勤めた。


目白大学新聞 は 新 し い 時 代 、 新 し い 気 持 ち

る と 、 ﹁

︵ ス ウ ィ ッ チ ︶ ﹂

り 決 定 さ れ た 。 実 行 委 員 会 に よ

で テ ー マ 案 を 選 出 し 、 投 票 に よ

ウ ィ ッ チ ︶ ﹂ 。 桐 和 祭 実 行 委 員 会

  ︵ さ 日 メ ︶ れ イ 、 る ン 両 。 テ 日 10 ー と 月 マ も 19 は 10 日 ﹁ 時 ︵ ∼ 土 18 ︶ 時 ・ ︵ 。 20 ス 日

ス で は 、 恒 例 の 桐 和 祭 が 開 催

れ て い ま す 。 桐 和 祭 に か け る 2

祭 に し た い と い う 思 い も 込 め ら

女 ︶ 、 の ﹃ 魔 法 に か か る ﹄ 学 園

模 擬 店 や イ ベ ン ト な ど 盛 り だ く

  年 に 1 度 の 秋 の 両 学 園 祭 は 、

行 委 員 会 は 説 明 す る 。

︵ 編 集 部 ︶

い で 、 本 テ ー マ に し た ﹂ と 、 実 で は い か が だ ろ う か 。

よ う な 学 園 祭 に し た い と い う 思

せ る こ と が で き る

さ ん な の で 、 是 非 と も 足 を 運 ん

き な ﹃ 風 ﹄ を 吹 か

方 々 に 発 信 し 、 大

な っ て い る 地 域 の

を 日 頃 お 世 話 に

﹁ 個 人 個 人 の 思 い

は ﹁ 大 旋 風 ﹂ だ 。

で 、 メ イ ン テ ー マ

時 。 桐 和 祭 の 翌 週

日 と も 10 時 ∼ 18

れ 、 開 催 時 間 は 両

つ の 思 い を 合 わ せ て ﹁

日 ︵ 日 ︶ に 開 催 さ

The 1st Cheerleading world Championships優勝 2003年 The 2nd Cheerleading world Championships優勝 2005年 The 3rd Cheerleading world Championships優勝 2012年 神奈川県立麻生高等学校チアリーディング部指導 2019年 目白大学学生部学生課チアリーディング部 関東チアリーディング連盟副理事長

月 26 日 ︵ 土 ︶ と 27

第 26 回 桐 滎 祭 が 10

る こ と 、 そ し て 多 様 な

み 、 国 際 社 会 が 連 携 す

す べ て の 国 が 取 り 組

に 、 途 上 国 も 先 進 国 も

な 社 会 を 実 現 す る た め

取 り 残 さ な い ︶ ﹂ 包 ︵ 摂 的

ん で い ま す 。 ﹁ 誰 一 人

関 的 ・ 分 野 横 断 的 に 並

達 成 さ れ る 形 で 相 互 連

バ ラ ン ス よ く 統 合 的 に

と が で ︶ と ︵ き ま は す 、 。 2 0 1 6 年 か ら

leave

﹁ 経 済 ﹂ の 三 側 面 が 、

ま し よ 献 す て う を 。 い な し き 人 て た 材 い い 力 た と を だ 思 育 け い 成 る

あ る 人 間 力 、 社 会 貢

に し て 、 豊 か な 魅 力

リ ー デ ィ ン グ を 素 材

る の で は な く 、 チ ア

競 技 力 向 上 だ け に 走

す ﹂ と あ る よ う に 、

命 に ﹁ 育 て て 送 り 出

せ た せ ア ん ん リ ︵ 。 自 か ー 分 編 に 。 デ 集 会 自 ィ 部 え 分 ン 3 で グ 年 る も を   か 知 加 坂 も ら え 從 し な て 佑 れ か み 奈 ま っ ま ︶

あ な た の 人 生 の 1 ペ ー ジ に チ

気 ・ 勇 気 ・ 笑 顔 を モ ッ ト ー に

習 熟 す る こ と が で き ま す 。 元

通 し て か け が え の な い も の を

で は な く 、 チ ー ム で の 学 び を

す 。 も ち ろ ん た だ 厳 し い だ け

と て も 厳 し い 面 を 持 つ 競 技 で

将 来 的 な 夢 を

﹁ 環 境 ﹂ と ﹁ 社 会 ﹂ と

開 発 の た め に 不 可 欠 の

  本 学 の 教 育 上 の 使 華 や か で は あ り ま す が 、 実 は

男 子 が 女 子 を 持 ち 上 げ る と い

男 女 で 組 ん で 、 パ ワ ー の あ る

は 男 子 が 入 る の が 主 流 で す 。

ジ だ っ た の で す が 、 世 界 的 に

当 時 は 女 子 中 心 と い う イ メ ー

何 度 か 大 会 に 出 場 し ま し た 。

れ 、 社 会 人 の ク ラ ブ チ ー ム で

デ ィ ン グ 部 の 卒 業 生 に 誘 わ

だ っ た の で す が 、 チ ア リ ー

ま た 、 身 体 的 な 負 担 が 大 き い

の 確 保 が も っ と も 大 切 で す 。

ン グ の 段 階 に お い て は 安 全 性

ま す 。 し た が っ て 、 ト レ ー ニ

大 き な 事 故 と な る こ と も あ り

や 、 場 合 に よ っ て は 落 下 し て

に 行 っ て い て も 、 腰 の 痛 み

危 険 と 隣 り 合 わ せ で す 。 慎 重

か な イ メ ー ジ が あ り ま す が 、

え て く だ さ い 。

導 を し て い ま す 。

テ ッ プ を 進 ん で い く よ う に 指

全 を 第 一 に 考 え 、 段 階 的 に ス

行 わ な け れ ば な り ま せ ん 。 安

の で 、 ベ ー ス 作 り を し っ か り

ば い い な と 思 っ て い ま す 。 目

あ り ﹂ と 言 わ れ る よ う に な れ

性 化 し て 、 ﹁ 目 白 大 学 に チ ア

  チ ア リ ー デ ィ ン グ は 、 一 見

現 在 の 意 気 込 み を 教 さ い 。 も ち ろ ん 大 歓 迎 で す 。

目 白 大 学 に チ ア あ り る 方 は 、 ぜ ひ 声 を か け て く だ

白 大 学 生 や 短 大 生 で 興 味 の あ

  チ ア リ ー デ ィ ン グ 部 が 、 活

館 入 り 口 の ト ロ フ ィ ー ケ ー   私 の 専 門 種 目 は 体 操 競 技   チ ア リ ー デ ィ ン グ は 、 華 や

ム で し た 。 10 号 館 と 第 2 体 育

ン グ で は 有 名 な 強 豪 大 学 チ ー

て い る の で し ょ う か ?

リ ー デ ィ ン グ を 経 験 さ れ

て く だ さ い 。

を つ け て い る こ と を 教 え

指 導 す る う え で 、 特 に 気

は 、 チ ア リ ー デ ィ

先 生 は 実 際 に チ ア

タ ー ト す る の で す か ?

リ ー デ ィ ン グ 部 を 再 ス

経 験 を ふ ま え て

︱ な ぜ 目 白 大 学 の チ ア

こ れ ま で の

い ま す 。

チ ア リ ー デ ィ ン グ を

再 始 動 す る

2 0 2 0 年 に

ヤ ー か ら の 活 動 開 始 で す 。

2 0 2 0 年 度 オ リ ン ピ ッ ク イ

動 を 決 め た の で す 。 予 定 は

チ ー ム が だ ん だ ん 強 化 さ れ て

本 で も 、 そ の よ う な ミ ッ ク ス

う 形 が 世 界 的 な 流 れ で す 。 日

い 成 動 部 く 績 す と 、 石 を る な っ 原 残 。 顧 て 匡 し 問 い 先 て を た 生 き 務 。 に た め そ 思 石 る の い 原 の チ を 匡 は ア 語 先 、 リ っ 生 こ ー て で れ デ も あ ま ィ ら る で ン グ っ 多 部 た 。 こ く 。 れ の か 生 ら 徒 新 た た ち が な を 、 2 時 指 0 代 導 2 を し 0 切 て 年 り 輝 か 拓 か ら い し 再 て い 始

は 強 豪 大 学 チ ー ム と し て 名 を 馳 せ た が 、 2 年 程 前 に 部 員 が 少 な く な り 休

目 白 大 学 ・ 目 白 大 学 短 期 大 学 部 の チ ア リ ー デ ィ ン グ 部

石 原 匡 先 生 イ ン タ ビ ュ ー

は 、 か つ て

強 豪

再 始 動 !

教 え て く だ さ い 。 2017 年の桐和祭でパフォーマンスを披露した QUAKES

正 、 ⑰ パ ー ト ナ ー シ ッ

生 態 系 、 ⑯ 平 和 と 公

気 候 変 動 、 ⑭ 海 洋 資 源 、 ⑮ 陸 域

都 市 と 居 住 、 ⑫ 生 産 と 消 費 、 ⑬

て 学 ・ 教 育 へ 機 の 関 取 な り ど 組 、 み 各 が 界 加 に 速 お し い

り 、 企 業 ・ 業 界 団 体 、 市 民 、 大

ま に 目 す も 白 。 な る 大 と 学 い で わ は れ 2 て い 0

た 大 学 の 価 値 を 測 る 新 た な 指 標

の ブ ラ ン デ ィ ン グ に も な り 、 ま

後 化 い は す て る 大 学 へ が を の 増 メ 取 え イ り て ン 組 い ス み ま ト が す リ 大 。 ー 学 今 ム

発 ・ 社 会 連 携 な ど の 各 分 野 に お

関 し て は 、 教 育 活 動 ・ 研 究 開

て い ま す 。 大 学 で の 取 り 組 み に

⑨ 産 業 と 技 術 革 新 、 ⑩ 平 等 、 ⑪

ネ ル ギ ー 、 ⑧ 雇 用 と 経 済 成 長 、

ジ ェ ン ダ ー 、 ⑥ 水 と 衛 生 、 ⑦ エ

  い ま や 政 府 ・ 自 治 体 は も と よ

ン ト ラ ン ス と さ い た

キ ャ ン パ ス 10 号 館 エ

月 26 日 ︵ 日 ︶ 、 新 宿

餓 、 ③ 健 康 と 福 祉 、 ④ 教 育 、 ⑤

ワ ー ド で 示 す と 、 ① 貧 困 、 ② 飢

ゴ ー ル ︵ 目 標 ︶ の テ ー マ を キ ー

と が 大 切 と さ れ ま す 。

ス テ ー ク ホ ル ダ ー が 参 画 す る こ

目 白 大 学 の 取 り 組 み

SDGs

SDGs

で 未 来 へ へ の 取 飛 り 組 躍 み ! 目 白 百 年

園 ﹁ 地 球 環 境 の 保 全 及

し 、 学 校 法 人 目 白 学

学 園 環 境 宣 言 ﹂ を 採 択

1 1 年 度 よ り 、 ﹁ 目 白

し て き ま し た 。

さ ま ざ ま な エ コ 活 動 事 業 を 展 開

ブ ル キ ャ ン パ ス の 実 現 に 向 け て

ト の 取 り 組 み な ど 、 サ ス テ ィ ナ

え た エ コ ア ク シ ョ ン プ ロ ジ ェ ク

や 、 地 域 連 携 と 人 材 育 成 も 踏 ま

ン パ ス レ ポ ー ト の 毎 年 度 刊 行

ホ ー ム ペ ー ジ の 開 設 、 エ コ キ ャ

は 、 環 境 デ ー タ の 公 開 や 環 境

教 育 ・ 環 境 マ ネ ジ メ ン ト の 面 で

り を 進 め て い ま す 。 さ ら に 環 境

に や さ し い エ コ キ ャ ン パ ス づ く

タ ー ロ ッ キ ン グ 舗 装 な ど 、 環 境

中 水 道 シ ス テ ム や 透 水 性 イ ン

ラ ー パ ネ ル の 設 置 や 屋 上 緑 化 、

入 な ど 省 エ ネ 化 を 推 進 し 、 ソ ー

L E D 照 明 や 人 感 セ ン サ ー の 導

調 機 や ヒ ー ト ポ ン プ 式 給 湯 器 、

た 施 設 ・ 設 備 面 で は 、 高 効 率 空

大 切 に 保 護 し て き ま し た 。 ま

進 め 、 全 学 的 な サ ス テ ィ ナ ブ ル

育 改 革 ・ 大 学 再 生 プ ラ ン を 推 し

し た り 、

べ る コ ー ス や プ ロ グ ラ ム を 設 置

介 し た り 、

フ レ ッ ト な ど で も 取 組 事 例 を 紹

る と と も に 、 特 設 サ イ ト や パ ン

社 会 連 携 活 動 を

を 中 心 に 、 本 学 の 教 育 研 究 及 び

た 。 今 後 は プ ロ ジ ェ ク ト 委 員 会

け る 取 組 事 例 が 紹 介 さ れ ま し

大 学 ・ 目 白 大 学 短 期 大 学 部 に お

い て 、 19 大 学 の 1 つ と し て 目 白

創 る 大 学 の 実 践 ﹂ コ ー ナ ー に お

組 む 大 学 特 集 ﹂ 所 載 の ﹁ 未 来 を

済 は 、 東 洋 経 済 ﹄ ﹁ 新 報 社 に ﹃ 東 取 洋 り 経

取 り 組 み に す ぎ ま せ ん 。 7 月 に

設 サ イ ト の 開 設 は そ の 第 一 弾 の

し ク キ た ト ャ 。 ﹂ ン 推 パ 進 ス 委 の 員 及 び ラ 会 ッ を ピ 発 ン 足 プ グ さ ロ や せ ジ 特 ま ェ

SDGs

に 紐 づ け

の 学 園 ﹂ を か け が え の な い 財 産

SDGs

を 集 中 的 に 学

SDGs

を 梃 子 に し た 教

と し て 定 期 的 な 植 栽 管 理 に よ り

伺 っ た 。

レ ー サ ー を 目 指 し た

加 速 す る 目 白 大 学 の

び 低 炭 素 社 会 へ の 貢

ACADEMIC

キ ャ ン パ ス の 構 築 と 持 続 可 能 な

の 入 り 口 横

ま 岩 槻 キ ャ ン パ ス の コ ミ ュ ニ

も 体 力 が あ る よ う に 思 え な の で 、 毎 日 車 に 乗 っ て い ま

レーシングスーツで取材に応じてくれた加藤さん

ジ を お 願 い し ま す 。

い う こ と で す 。 努 力 し て い る

向 か っ て 努 力 す る の が 大 切 だ と

い う も の を 一 つ 決 め て 、 そ れ に

︵ 編 集 部 遠 3   藤 年 朋 花 ・ 大 木 桃 佳 ︶

と 思 い ま す 。

に 力 を 注 い で が ん ば っ て ほ し い

追 い か け て い る 人 も い れ ば 、 な

は 、 私 と 同 じ よ う に 夢 を 持 っ て

見 て も か っ こ い い と 思 う の で 、

姿 、 が ん ば っ て い る 姿 は 、 誰 が

大 学 に 通 っ て い る 人 の 中 に

を 超 え る こ と で す 。

ラ イ バ ー に 成 長 し て 、 井 原 監 督

す 。 そ し て 、 世 界 で 活 躍 す る ド

う カ テ ゴ リ ー に 出 場 す る こ と で

に も 負 け な い 、 得 意 、 大 好 き と

言 え る こ と は 、 こ れ だ っ た ら 誰

い う 人 も い る と 思 い ま す 。 私 に

あ え ず 大 学 を 卒 業 し て お こ う と

ん と な く 流 れ で 進 学 し て 、 と り

中 で き る も の を 見 つ け て 、 そ れ

ご し て い る 人 だ っ た ら 、 何 か 熱

と 思 い ま す 。

い ろ い ろ な 人 が 応 援 し て く れ る

最 後 に 学 生 に メ ッ セ ー

  も し 、 あ な た が な ん と な く 過

レ ー ス で あ る

一 つ は 、 私 が 初 め て 観 戦 と し い た

と で す 今 か 後 ? の 目 標 は ど ん な こ

と 思 い ま す 。

︱ 加 藤 さ ん を 見 る と と て   基 本 的 に 運 転 す る こ と が 好 き 分 、 注 目 し て も ら え る の は い い

期 待 さ れ る 加 藤 さ ん に お 話 を

に 入 賞 し た 。 今 後 さ ら に 活 躍 が

チ ー ム は 予 選 を 勝 ち 抜 き 、 6 位

時 間 レ ー ス ﹂ で は 加 藤 さ ん の

指 す よ う に な り ま し た 。

乗 り 始 め 、 プ ロ の レ ー サ ー を 目

聞 い て 、 レ ー シ ン グ カ ー ト か ら

な れ る の か を 調 べ 、 プ ロ の 方 に

グ が 必 要 だ と 思 い ま す 。

で 、 今 後 は さ ら な る ト レ ー ニ ン

し て い ま す か ?

と 思 う こ と が あ り ま す 。 そ の

少 な い か ら こ そ 、 負 け た く な い

休 日 は ど の よ う に 過 ご て い ま せ ん 。 男 性 が 多 く 女 性 が

2 0 1 9  

旬 ︶ の ﹁ ス 富 ー 士 パ ー 耐 久 シ リ ー 24 ズ

に 卒 業 し た 。 取 材 後 ︵ 5 月 下

で 英 米 語 を 専 攻 し 、 今 年 3 月

ス キ ル を 学 ぶ た め に 目 白 大 学

ま し た 。 何 を し た ら レ ー サ ー に

﹁ 私 も こ れ に 乗 り た い ﹂ と 思 い

カ ー レ ー ス を 観 戦 し た と き に

の 夏 休 み 、 両 親 に 連 れ ら れ て

車 に 興 味 を 持 ち ま し た 。 そ の 年

学 で 自 動 車 工 場 に 行 っ た と き に

ま の 筋 力 や 体 力 で は 足 り な い の

の カ テ ゴ リ ー を 目 指 す に は 、 い

か げ で す 。 し か し 、 こ れ か ら 上

4 歳 か ら 10 年 間 続 け た 剣 道 の お

す 。 ず っ と や っ て き た カ ー ト や

力 や 体 力 は 十 分 に 足 り て い ま

か か い

い ? ら イ ま 大 メ レ の 変 ー ー と な ジ サ こ こ で ー ろ 大 と す に 変 は が は だ あ 、 男 と り 女 性 は ま 性 が 感 じ す だ 多

加藤さんがレースで運転している LOVE DRIVE ロードスター

︵ 笑 ︶ 。

際 に 必 要 な 英 語 の

YouTube

プ と な り 、 持 続 可 能 な

テ ィ ・ プ ラ ザ

SUPER GT

の ラ ッ ピ ン グ ﹂ が 出 現 し ま し

SDGs

社 会 づ く り の 担 い 手 を 育 て る 教

特 設 サ イ ト を 閲 覧 す る こ

た 。 し か も こ の ラ ッ ピ ン グ に

SDGs

﹃ 東 洋 経 済

に 、 ひ と き わ 目 を 惹 く ﹁

は Q R コ ー ド が 印 刷 さ れ て い

献 ﹂ 推 進 委 員 会 を 中 心

育 を 目 指 し ま す 。

と し て 、 持 続 可 能 な 社

SDGs

で 話 題 に

会 の 実 現 に 向 け た 全 学

SDGs

飛 田 満 教 授 ︶

︵ ﹁ エ コ キ ャ ン パ ス 及 び

的 な 取 り 組 み を 推 進 し

ACADEMIC

ロ ジ ェ ク ト ﹂ 推 進 委 員 長 / 社 会

そ こ で こ う し た 実 績 と 経 験 の

SDGs

学 部 地 域 社 会 学 科  

さ い た ま 岩 槻

て 、 こ れ を 読 み 込 む と 、 本 学 の

新宿キャンパス 10 号館エントランスの SDGs のラッピング

上 に 、 さ ら に 進 化 し た 形 で 組

日本スポーツ協会公認コーチ 日本チアリーディング協会公認Class2

ス に は た く さ ん の 優 勝 ト ロ

を 見 た り し て い ま す

国 際 的 に 活 動 す る   小 学 5 年 生 の と き 、 社 会 科 見  

藤 さ ん は 、 将 来 、

き っ か け を 教 え て く だ さ い 。 ま

い す ま 。 は レ ー ス に 出 る た め の 筋 る こ と が 多 い で す 。 あ と は 、

す 。 な の で 休 日 も ド ラ イ ブ す

士 チ ャ ン ピ オ ン レ ー ス で 3 位 を 獲 得 し た 。

督 ・ 井 原 慶 子 さ ん 率 い る 女 性 レ ー サ ー 集 団 ﹁

LOVE DRIVE RACING

2 0 3 0 年 ま で に 持 続 可 能 な

織 を 拡 大 し 、 2 0 1 9 年 度 よ

キ ャ ン パ ス で は 、

神奈川県チアリーディング協会会長

フ ィ ー や 賞 状 が 飾 ら れ て お

SUPER TEC

社 会 の 実 現 に 向 け て 全 世 界 が

り 、 学 校 法 人 目 白 学 園 ﹁ エ コ

2001年 神奈川県立住吉高等学校チアリーディング部指導

り 、 か つ て の 栄 光 を 語 っ て い

SDGs

達 成 を 目 指 す 人 類 共 通 の 目 標

て き ま し た 。 主 な 取 り

1993年 JAPAN CUP優勝 1994年 JAPAN CUP準優勝

ま す 。 し か し 、 2 年 程 前 に 部

SDGs

︵ 持 続 可 能 な 開 発 目 標 ︶ で す 。

組 み と し て 、 新 宿 キ ャ

1991年 神奈川県立川崎南高等学校チアリーディング部指導

Kiri

2 0 1 5 年 9 月 の 国 連 サ ミ ッ ト

ン パ ス と さ い た ま 岩 槻

1959 年 3 月 29 日 中野区上高田生まれ。神奈川県立新 城高等学校・日本体育大学卒業。

SDGs

に お い て 全 会 一 致 で 採 択 さ れ

SDGs

た ﹁ 持 続 可 能 な 開 発 の た め の

SDGs Sustainable Development

2 0 3 0 ア ジ ェ ン ダ ︵ 行 動 計

Goals

画 ︶ ﹂ の 中 核 部 分 を な し 、 17 の

no one behind

ゴ ー ル と 1 6 9 の タ ー ゲ ッ ト か

キ ャ ン パ ス に お い て 、

いしはら ただし

員 数 が 少 な く な っ て し ま い 、

02

昨年の桐和祭で子ども学科の出展の模様

ら 構 成 さ れ ま す 。 こ の う ち 17 の

そ の 緑 豊 か な 環 境 ﹁ 森

石原 匡

SWitch

昨年の桐和祭でライブを行う学生バンド

︵ ス ウ ィ ッ チ ︶ ﹂ と い う テ ー マ を

ス ウ ィ ッ チ ︶ ﹂

現 在 は 休 部 中 で と て も さ み し

QUAKES

選 定 し ま し た ﹂

第 51 回 桐 和 ︵ 祭 メ イ ン テ ー マ は ﹁

い で す 。 大 学 と し て か つ て の

第47号

QUAKES

和 元 年 、 今 年 も 目 白

活 動 を 復 活 さ せ た い と い う

QUAKES

大 学 ・ 目 白 大 学 短 期

SWitch

大 学 部 新 宿 キ ャ ン パ

強 い 意 志 の も と 、 今 回 再 始

QUAKES

︵ ス ウ ィ ッ チ ︶ の 意 味

に ﹃ 切 り 替 え て い こ う ﹄ と い う

SWitch

が ま ず あ り ま す 。 平 成 か ら 令 和

SWitch

Witch

へ の 転 換 期 に ふ さ わ し い テ ︵ ー 魔 マ

SWitch

で す 。 ま た 、 2 日 間

2019年8月23日

﹂ に 所 属 し 、 2 0 1 7 年 ・ 2 0 1 8 年 の 富

初 め て レ ー ス を 観 戦 し た と き か ら ず っ と 夢 を 追 い か け 続 け て い る と 語 る 卒 業 生 の 加 藤 沙 也 香 さ ん 。 女 性 監

女 性 レ ー サ ー は 目 白 大 学 卒 業 生

夢 は 世 界 で 活 躍 !


目白大学新聞

り 、 今 後 の 活 動 の 励 み と な っ た 。

る 興 味 と 価 値 観 が ま す ま す 高 ま

と で 、 私 た ち の オ リ ー ブ に 対 す

を 作 る 一 連 の 流 れ を 体 験 し た こ

な る と 同 時 に 、 オ リ ー ブ オ イ ル

動 の 方 針 や 今 後 の 課 題 が 明 確 に

験 す る こ と が で き た 。

う テ イ ス テ ィ ン グ の 楽 し さ を 体

パ ス 内 で 行 わ れ る オ ー プ ン キ ャ

に 、 8 月 に 目 白 大 学 新 宿 キ ャ ン

こ と を 予 定 し て い る 。 そ の た め

す る プ レ ゼ ン テ ー シ ョ ン を 行 う

し た マ ー ケ テ ィ ン グ 政 策 を 提 案

向 け て 、 調 査 結 果 を も と に 考 案

ル か ら 九 電 工 の 上 層 部 の 方 々 に

と を 計 画 し て い る 。

に オ リ ー ブ の 収 穫 を 体 験 す る こ

園 シ ー ズ ン を を 再 迎 度 え る 訪 天 問 草 し オ 、 リ 実 ー 際 ブ

に は 、 本 格 的 な オ リ ー ブ の 収 穫

保 護 者 ︶ に 実 施 す る 。 ま た 10 月

ン ケ ー ト 調 査 を 来 場 者 ︵ 学 生 と

を 分 析 す る こ と を 目 的 と し た ア

購 入 す る 際 の 消 費 者 意 識 の 傾 向

柳 田 ゼ ミ  

︵ 社 会 学 部 社 会 情 報 学 科 3 年  

で い る 。

成 長 を 目 指 し て 活 動 に 取 り 組 ん

周 辺 の 地 域 活 性 化 と 学 生 自 身 の

ク ト を 通 じ て 、 柳 田 ゼ ミ は 天 草

AVILO

ゼ ミ 長 ・ 赤 泊 佳 汰 ︶

  現 地 調 査 に 赴 い た こ と で 、 活   本 年 冬 季 に は 、 柳 田 ゼ ミ ナ ー

に 参 加 し た 。 ツ ア ー で は 、 ま ず

主 催 の オ リ ー ブ 園 ツ ア ー

草 訪 問 の 際 に 、 天 草 オ リ ー ブ 園

オ リ ー ブ オ イ ル を 選 択 す る と い

な ど に 違 い が あ り 、 自 分 好 み の

と い っ て も 、 香 り や 味 、 舌 触 り

  柳 田 ゼ ミ で は 、 本 年 6 月 の 天 を 試 み た 。 同 じ オ リ ー ブ オ イ ル

現 地 で の 活 動

リ ー ブ オ イ ル の テ イ ス テ ィ ン グ

販 の オ イ ル 1 種 の 計 4 種 の オ

て い る 。

取 り 扱 っ て い る オ イ ル 3 種 と 市

  天 草 オ リ ー ブ 園

ど ん な と こ ろ

は 、

天 草 オ リ ー ブ 園 と は

な ど 、 幅 広 い 世 代 か ら 注 目 さ れ

﹂ に お い て 金 賞 を 受 賞 す る

日 本 最 大 級 の オ リ ー ブ を テ ー マ

学 び な が ら 、 天 草 オ リ ー ブ 園 で

し た 。 テ イ ス テ ィ ン グ の 方 法 を

オ イ ル の テ イ ス テ ィ ン グ を 体 験

し て い た だ き 、 続 い て オ リ ー ブ

と し た イ ベ ン ト ﹁

に 現 地 を 訪 問 し て オ リ ー ブ に つ い て の 知 見 を 深 め た 。

リ ー ブ を 日 本 全 国 に 広 め よ う と い う 目 標 の も と で 活 動 し 、 6 月 下 旬 に は 実 際

柳 田 ゼ ミ の 産 学 連 携 プ ロ ジ ェ ク ト

応 援 し て く だ さ る 方 を し っ か り

天 草 の オ リ ー ブ を 全 国 へ

ま 渋 谷 の 街 に も 行 き ま し た 。 地

ピ オ カ を ぷ よ ぷ よ ボ ー ル に 代 え

ン パ ス に て 、 オ リ ー ブ オ イ ル を

り と コ メ ン ト に レ ス ポ ン ス を す

  登 録 者 を 増 や す た め に し っ か

認 欲 求 も 力 に な っ て い ま す 。

録 者 が 増 え て 欲 し い ﹂ と い う 承

ベ ー シ ョ ン が 上 が り ま す 。 ﹁ 登

ロ ー し て も ら え た と き は モ チ

す 。 そ れ か ら 、 有 名 な 方 に フ ォ

と 、 と て も や り が い を 感 じ ま

キ リ が 好 き な の で 、 人 を 使 う こ

ん ど ん や り ま す 。 基 本 的 に ド ッ

決 め ず に 、 思 い つ い た こ と を ど

思 い つ い た り し ま す 。 テ ー マ は

リ を し よ う と す る と き に 企 画 を

ま し た ね ⋮ ⋮

を 着 て 登 校 し た こ と が あ り ら ⋮ ⋮ ﹂ と 言 う の で 、 今 度 は こ

元 の 友 だ ち が ﹁ カ メ ラ を 持 つ か

は い ち ば ん 人 気 で す 。

ち や 弟 が 協 力 し て く れ ま す 。 弟

と が 多 い で す 。 主 に 地 元 の 友 だ

す 。 そ の あ と 、 ゾ ゾ ス ー ツ の ま

ま っ た く 恥 ず か し く な か っ た で

を や り す ぎ て 慣 れ て し ま っ て 、

な と 思 っ た か ら で す 。 変 な こ と

お 友 だ ち で す か ?

ゾ ゾ ス ー ツ ︵

地 元 の 友 だ ち や 、 高 校 か ら 一

す る 企 画 を 考 え て い ま す 。 ﹁ タ

動 画 を 撮 っ て い る の は 本 当 に 買 わ れ て い る の か 検 証 ﹂

つ 売 れ る と 言 わ れ て い る 商 品 は

  単 純 に 、 着 て き た ら 面 白 い か

の コ ス プ レ も 考 え て い ま す 。

う か な ⋮ ⋮ 。 ほ か に は 、 遊 戯 王

ど も の お も ち ゃ の 車 で 登 校 し よ

た い で す 。 次 は ﹁ 3 ・ 5 秒 に 1

そ こ で し っ か り と 一 軍 に 上 が り

務 所 に 所 属 し て い る の で す が 、

ネ ッ ト ワ ー ク と い う 事

か 続 ど チ ? け ん ャ ら な ン れ と ネ る き ル 理 で 登 由 す 録 は か 者 な ? が ん  増 で 長 え る す 年 く る こ と も あ り ま す し 、 ド ッ キ

  何 も し て い な い と き に 降 っ て

ん な と き で す か ?

重 さ も 大 事 で す 。

や り が い を 感 じ る の は

休 ん だ こ と も あ り ま し た 。

企 画 を 思 い つ く の は ど

か り ま す 。 疲 れ た と き は 1 か 月

九 電 工 と の 産 学 連 携 プ ロ ジ ェ

る 中 井 の 街 が 賑 わ う 様 子 を 写 真   佐 藤 先 生 は ま た 、 こ う も 言

上:表彰状を手にして喜ぶ早坂瑠花さん 下:写真部の活動について語る早坂さんと岡山さん(右)

の 写 真 で あ ろ う 。 彼 女 た ち の 今

も 彼 女 た ち に し か 撮 れ な い 唯 一

感 じ た ま ま に 撮 っ た 作 品 は ど れ

実 感 で き た 。 撮 り た い も の を 、

真 部 が 日 々 成 長 し て い る こ と が

  こ の 取 材 か ら 目 白 研 心 高 校 写

姿 を 見 る の が と て も 楽 し い ﹂

り も 上 達 し て コ ツ を 掴 ん で い く

こ と が わ か る 。 そ れ ぞ れ 昨 年 よ

も 、 楽 し ん で 写 真 を 撮 っ て い る

め た 生 徒 が 撮 っ た 写 真 を 見 て

高 校 に 入 学 し て か ら カ メ ラ を 始

た い と 思 う 。 岡 山 さ ん の よ う に

活 動 で き る 場 所 を 増 や し て あ げ

井 で 行 わ れ る ﹁ 染 の 小 道 ﹂ を 題

ト コ ン テ ス ト が あ る 。 新 宿 区 中

見 る の が 楽 し い ﹂

  写 真 部 全 体 で 取 り 組 ん だ フ ォ

﹁ 上 手 く な っ て い く 姿 を

め 、 普 段 か ら お 世 話 に な っ て い

元 の イ ベ ン ト で 愛 着 が あ る た

で 撮 影 を す る こ と に 決 め た 。

に 収 め て お き た い と 思 い 写 真 部

て い る 姿 を 見 て い る と 、 も っ と

う 。 ﹁ み ん な が 楽 し ん で 撮 影 し

﹁ 染 の 小 道 ﹂ を 撮 る

切 っ た そ う だ 。

が っ て い る 瞬 間 に シ ャ ッ タ ー を

出 す の が 彼 女 は 好 き な の だ 。

か に 響 く の だ ろ う 。 そ れ を 写 し

疾 走 感 や 躍 動 感 が 彼 女 の 中 の 何

が 画 像 に 定 着 し た と き に 表 れ る

だ ﹂ と 答 え た 。 走 っ て い る 瞬 間

﹁ 走 っ て い る 人 を 撮 る の が 好 き

撮 る の が 好 き な の か 尋 ね る と 、

に 意 識 し て 、 風 に 反 物 が 舞 い 上

た の で 反 物 と 川 だ け が 写 る よ う

物 以 外 の も の が 写 る の が 嫌 だ っ

を 切 っ た の か 尋 ね て み た 。 対 象

の よ う な イ メ ー ジ で シ ャ ッ タ ー

そ 逃 し て し ま っ た が 彼 女 に も ど

も 出 品 し た 。 残 念 な が ら 受 賞 こ

  岡 山 さ ん に ど の よ う な 写 真 を   こ の コ ン テ ス ト に は 岡 山 さ ん

め て い る 。

テ ス ト 入 賞 に 必 須 で あ る 。

り ま す が 5 時 間 か ら 6 時 間 は か

ま と イ で 現 す の タ 面 在 。 冒 ズ 白 は 険 ラ い 炎 の の と 上 記 数 感 の 録 々 じ リ な 、 た ス ど 当 こ ク が 時 と も 残 の 、 高 っ 友 小 く て だ さ 、 い ち な

ろ だ っ た の で す が 、 日 々 の 生 活

い た 名 残 で す 。 中 1 、 中 2 の こ

か る 時 間 は 、 動 画 の 長 さ に も よ

編 集 に は と て も 時 間 が か か る の

は 苦 労 や 挫 折 が あ り ま す 。 動 画

な る こ と も あ り ま す 。 編 集 に か

ご と 壊 し て し ま い た い 気 持 ち に

た り す る こ と が あ る と パ ソ コ ン

で す が 、 編 集 中 に デ ー タ が 消 え

  友 だ ち と 遊 び で 動 画 を 上 げ て   投 稿 を 続 け て い る と 、 と き に

な こ と で す か ?

し す る よ う に し て い ま す 。

し は じ め た き っ か け は ど ん 出 時 は 、 名 刺 を 持 ち 歩 い て お 渡

現 学 科 3 年 の 佐 藤 楓 斗 ︵ さ と う か い と ︶ さ ん に そ の 真 相 を 聞 い た 。

に 動 画 を 投 稿

と 覚 え る よ う に し て い ま す 。 外

い こ と は 何 で す か ?

インタビューを受ける佐藤さん

て い ま す 。

今 後 の 目 標 、 挑 戦 し た

の こ と を フ ォ ロ ー し て く だ さ っ

て い ま す 。 バ ン デ ィ さ ん は 、 私

の 編 集 技 術 に 、 見 る た び に 驚 い

す 。 T V 番 組 以 上 の ク オ リ テ ィ

さ そ 気 て ん し 遣 い ︵ て い る も が の う で に 一 き 、 る あ 人 の の は は ク の 、 天 オ 一 バ 才 リ 員 ン で テ ︶ デ す ィ で ィ 。 と

す ご い と 思 い ま す 。 一 人 で や っ

い ま す 。 そ う い っ た プ ロ 意 識 が

た い ︵ で 編 す 集 。 部 3 年  

い で す が 、 人 に 迷 惑 を か け ず に

点 で の 迷 惑 行 為 な ど の 事 件 が 多

好 き に な っ た 。

て い る う ち に 写 真 を 撮 る こ と が

よ く 写 真 を 撮 っ て い た 。 そ う し

で ど ん な イ メ ー ジ を 持 っ て 撮 影

は 風 が 強 い 日 だ っ た が 、 そ の 中

  ﹁ 染 の 小 道 ﹂ が 開 催 さ れ た 日

かすとチャンネル 登録者数:786 人(2019 年 6 月 現在) https://www.youtube.com/ user/karisumashufu4956

天草オリーブ園で記念撮影をする柳田ゼミの学生たち

規 制 も 厳 し い の で 、 投 稿 に は 慎

が 行 っ て い る サ ー ビ ス ︶

佐 藤 先 生 は ﹁ 染 の 小 道 ﹂ は 地

後 の 作 品 に も 注 目 し て み た い 。

る な ど 、 ま だ ま だ 下 積 み な の で

三 井 沙 弥 香 ︶

﹂ と の 産 学 連 携 プ ロ ジ ェ ク ト を 進 め て い る 。 天 草 の オ

社 会 学 部 社 会 情 報 学 科 ・ 柳 田 志 学 専 任 講 師 の ゼ ミ で は 2 0 1 9 年 度 、 熊 本 県 の

今 後 の 計 画 に つ い て

材 に し た コ ン テ ス ト だ 。 今 回 は

︵ 編 集 部 3 年  

天 草 オ リ ー ブ 園 ﹁

ら 、 イ ベ ン ト の 光 景 を 写 真 に 収

得 て 一 般 生 徒 が 入 れ な い 場 所 か

お こ な っ て い る 。 特 別 な 許 可 を

い タ イ ト ル を つ け る こ と も コ ン

い つ い た と い う 。 作 品 に 相 応 し

る 時 に 画 面 に 舞 う 反 物 を 見 て 思

校 行 事 を 撮 影 す る と い う 活 動 も   タ イ ト ル は 、 写 真 を 選 ん で い

か 、 運 動 会 や 文 化 祭 と い っ た 学 ぶ の も 重 要 な 撮 影 技 術 な の だ 。

  写 真 部 は 校 外 で の 撮 影 会 の ほ 影 結 果 の 中 か ら 最 良 の 1 枚 を 選

藤 田 有 紀 ︶

写 真 部 の 活 動 と は

品 ﹁ 舞 う 。 ﹂ で あ る 。 多 く の 撮

1 枚 が 今 回 優 秀 賞 を 受 賞 し た 作

じ め て カ メ ラ に 触 れ た と い う 。

に 写 真 部 に 入 部 し 、 そ の と き は

て か ら 早 坂 さ ん に つ ら れ る よ う

け だ 。 岡 山 さ ん は 高 校 に 進 学 し

あ る 写 真 部 に 入 部 し た と い う わ

に バ ラ ン ス 良 く 反 物 が 広 が っ た

タ ー を 切 っ た そ の 中 で 画 面 全 体

思 っ た と い う 。 た く さ ん シ ャ ッ

じ る よ う な 写 真 を 撮 り た い と

そ の 日 の 気 候 に 合 わ せ て 風 を 感

い ろ い ろ な 動 画 に 挑 戦 し て い き   高 校 に 入 学 し て 、 最 も 興 味 の を し た の か 聞 く と 、 早 坂 さ ん は

べ 物 の 商 品 に モ ザ イ ク を か け て   最 近 で は 、 ス ク ラ ン ブ ル 交 差

写 っ て い る 企 画 の 動 画 で は 、 食

ン さ ん は 、 例 え ば ゴ キ ブ リ が

さ ん を 尊 敬 し て い ま す 。 ヒ カ キ

え て い ま す 。

て も 動 画 を 発 信 し 続 け た い と 考

が 、 ま ず は 25 歳 ま で 、 売 れ な く

職 す る こ と も 検 討 し て い ま す

と き か ら 自 宅 に あ っ た カ メ ラ で

に 入 っ た 。 早 坂 さ ん は 中 学 生 の

い く つ か 質 問 を し た 。

を 受 賞 し た 。 こ の 作 品 に つ い て

ト す ッ か 目 プ ? 標

と す る 人 は ど な た

の ヒ カ キ ン も 想 定 し て 、 資 格 を 取 得 し て 就

早 の き っ か け で 写 真 部

2 人 は 、 ま っ た く 別

坂 さ ん と 岡 山 さ ん の

さ ん の 作 品 ﹁ 舞 う 。 ﹂ が 優 秀 賞

応 募 し た の だ が 、 そ の 中 で 早 坂

撮 影 し た 写 真 を 部 員 そ れ ぞ れ で

に な れ な か っ た こ と

  大 学 を 卒 業 し た あ と 、 人 気

後 に つ い て 聞 い て み た 。

う な 活 動 を し て い る の だ ろ う か 。

と し て 10 年 以 上 動 画 投 稿 を 行 っ て い る 、 社 会 学 部 メ デ ィ ア 表

小 学 生 が 憧 れ る 職 業 と し て も テ レ ビ な ど で 取 り 上 げ ら れ 、 注 目 を 集 め て い る

│若 目 白 大 生 の 挑 戦

者 が 夢 中 に な る

YouTuber

オ リ ー ブ 畑 を 見 学 し な が ら 店 長

株 式 会 社 九 電 工 に よ る C S R

YouTuber

の 田 口 さ ん に オ リ ー ブ に つ い て

︵ 企 業 の 社 会 的 責 任 ︶ 活 動 の 一

YouTuber

の お 話 を 伺 っ た 。 事 前 に オ リ ー

環 と し て 平 成 22 年 4 月 に 熊 本 県

YouTuber

ブ に つ い て 調 査 は し て い た が 、

天 草 市 五 和 町 に 開 園 し た 。 平 成

YouTube

話 し て い た だ い た 内 容 に は は じ

26 年 7 月 に は 、 日 本 初 の オ リ ー

YouTuber

た の め オ 。 奥 て リ 深 知 ー さ る ブ を こ 畑 実 と 見 感 も 学 す 多 後 る く は 見 、 、 学 オ オ と リ リ な ー ー っ ブ

ブ に 関 し て さ ら に D V D で 解 説

ブ 体 験 型 施 設 も 開 設 し て い る 。

MEGWIN TV

現 在 は 、 敷 地 面 積 約 1 ・ 8 ヘ ク

WN

タ ー ル 、 オ リ ー ブ 11 品 種 の 農 園

UUUM

と な っ て い る 。 オ リ ー ブ の 恵 み

ZOZOTO

を 余 す こ と な く 凝 縮 す る た め

ら コ ン サ ル タ ン ト を 招 い て 本 場

AVILO

に 、 収 穫 は 手 摘 み 、 搾 油 は 24 時

の 技 術 指 南 の も と 、 天 草 独 自 の

OLIVE JAPAN

間 以 内 と し て い る 。 ま た 、 オ

オ リ ー ブ オ イ ル 作 り を 目 指 し て

2016

リ ー ブ の 本 場 で あ る イ タ リ ア か

活 動 し て い る 。 天 草 オ リ ー ブ は

03

AVILO

第47号

AVILO

2019年8月23日

だ が 、 一 体 ど の よ

ア を 使 っ て い ま す 。

編 集 ソ フ ト は 、 ア ド ビ の プ レ ミ

い ま す 。 な か な か 高 い で す よ 。

な パ ナ ソ ニ ッ ク の 4 K を 使 っ て

金 は 自 腹 で す 。 カ メ ラ は 本 格 的

く れ て い ま す 。 動 画 に か け る 資

緒 の 大 学 の 友 だ ち が 、 協 力 し て

さ ん メ モ を し て い ま す 。

忘 れ て し ま わ な い よ う に 、 た く

あ り ま す 。 企 画 は 思 い つ い た ら

検 討 中 で す 。 ほ か に も ま だ ま だ

い う 韓 国 の お 菓 子 に す る こ と を

う な の で ﹁ ポ ッ ピ ン グ ボ バ ﹂ と

る ﹂ 企 画 が あ り ま す が 、 危 険 そ

受 賞 し た 。 早 坂 さ ん 、 同 じ 2 年 生 部 員 の 岡 山 彩 乃 さ ん 、 顧 問 の 佐 藤 千 明 先 生 に 写 真 の 楽 し さ や 写 真 部 の 今

白 大 学 短 期 大 学 部 主 催 ︶ で 目 白 研 心 高 等 学 校 の 写 真 部 員 で 2 年 生 の 早 坂 瑠 花 さ ん が 学 生 部 門 の 優 秀 賞 を

新 宿 区 中 井 周 辺 で 行 わ れ る ﹁ 染 の 小 道 ﹂ を 題 材 と し た ﹁ 第 5 回 ﹃ 染 の 小 道 ﹄ フ ォ ト コ ン テ ス ト ﹂ ︵ 目 白 大 学 ・ 目

目 白 研 心 写 真 部   学 生 優 秀 賞 受 賞

シ ャ ッ タ ー を 切 る

「晴天の中、風で強く揺れる反物が印象 に残っています」と自らの写真を語る 早坂さん


目白大学新聞

七宝柄を染める際に使ったポリカーボネート板

が 、 10 年 は 持 つ は ず 、

は な る か も し れ な い

  ﹁ 護 岸 ア ー ト は 薄 く

こ れ か ら ⋮ ⋮

る と い う 。

ら う れ し い と 思 っ て い

た り 勉 強 し て も ら え た

の 人 に 親 し ん で も ら っ

た り 、 い ろ い ろ な 年 代

し た り 、 そ の 柄 を 染 め

統 的 な 柄 に つ い て 勉 強

小 学 生 た ち が 日 本 の 伝

小 道 ﹂ を き っ か け に 、

の こ と で あ る 。 ﹁ 染 の

の を 理 想 と し て い る と

︵ 編 集 部 3 年  

※染の小道実行委員会とは 2009年から染物の街、 中井の魅力をもっとたくさんの人に 知ってもらおうと、年に一度、3日間のみ、 「染の小道」 という イベントを行なっている団体。現在は40∼50人のさまざま な職業の有志で活動している。

の で 、 電 車 好 き の 方 や 子 ど も は

だ 。 店 内 か ら 電 車 が よ く 見 え る

り に 立 ち 寄 る 親 子 な ど さ ま ざ ま

す べ て 店 で 焼 い て い る 。

  客 層 は 、 外 国 人 か ら 通 り す が

ど 。 フ ォ カ ッ チ ャ や ス イ ー ツ は

ド オ イ ル 、 純 正 ク リ ー ム な ど な

楽 し め る お 店 に

大 人 か ら 子 供 ま で

て い な い 。 素 材 は エ ク ス ト ラ

ち 、 で き あ い の 加 工 品 は 提 供 し

イ ー ツ や 料 理 に も こ だ わ り を も

て い た と い う 清 水 さ ん は 、 ス

し を 感 じ る 。

客 さ ん へ の て い ね い な お も て な

る そ う だ 。 こ の あ た り に も 、 お

て 、 時 間 外 で 営 業 す る こ と も あ

  池 袋 の イ タ リ ア 料 理 店 で 働 い む こ と が で き る 。 予 約 に 合 わ せ

こ だ わ り は メ ニ ュ ー に も り の あ る ス イ ー ツ や 料 理 を 楽 し

少 な い ぶ ん 一 つ ひ と つ に こ だ わ

く よ う に と い う 清 水 さ ん の 思 い

て し ま う の で 、 ず っ と 続 い て い

営 業 と な っ て い る 。 営 業 日 数 が

め 木 曜 日 か ら 日 曜 日 の 四 日 間 の

盛 り し て い る 。 仕 込 み な ど の た

時 代 と 時 間 の

  護 岸 ア ー ト を 行 う に あ た っ

第 一 に 考 え て

地 元 の 人 を

⋮ ⋮ と 、 そ の 年 の 柄 を

⋮ ⋮ 、 ま た 次 の 年 は

今 年 は 七 宝 。 次 の 年 は

年 に 1 柄 に し て い る 。

く に 違 い な い 。

と し て 中 井 の 地 域 に 根 付 い て 行

リ ー は 妙 正 寺 川 の 新 し い 代 名 詞

が だ ろ う 。 護 岸 ア ー ト ギ ャ ラ

間 を 、 ぜ ひ ご 覧 に な っ て は い か

戸 の 紋 様 が 実 際 に 染 め ら れ る 瞬

だ と い う 。 護 岸 に 増 え て い く 江

ち な ん で ﹁ 市 松 ﹂ を 染 め る 予 定

る 。 来 年 度 は 、 オ リ ン ピ ッ ク に

ろ に は 新 た な 紋 様 が 染 め ら れ

て し ま っ た が 、 来 年 3 月 中 旬 ご

年 度 の 染 め 抜 き の 作 業 は 終 わ っ

画 で 、 完 成 は 10 年 後 に な る 。 今

1 日 。 10 年 で 10 紋 様 を 染 め る 計

で あ る 。

改 装 し て 作 ら れ た の が チ ェ ス タ

家 具 な ど 当 時 の も の を 残 し つ つ

叔 母 さ ま が 亡 く な っ た 後 、 柱 や

エ と し て 使 わ れ て い た そ う だ が

れ た 方 だ 。 こ こ は 自 宅 兼 ア ト リ

団 体 ・ 朱 葉 会 の 理 事 長 も 務 め ら

1 0 0 年 の 歴 史 が あ る 女 流 画 家

信 子 さ ん ︵ 故 人 ︶ は 画 家 で 、

自 宅 で あ っ た 。 叔 母 さ ま の 清 水

水 さ ん の 叔 母 さ ま ・ 叔 父 さ ま の

に 響 か せ て い る 。

良 い ゆ っ た り と し た 音 色 を 店 内

ク ラ シ ッ ク 音 楽 が 流 れ 、 心 地 の

﹃ ウ エ ス ト ミ ン ス タ ー ﹄ か ら は

英 国 タ ン ノ イ 社 製 ス ピ ー カ ー

た 、 友 人 か ら 譲 り 受 け た と い う

田 島 早 希 子 ︶

が 込 め ら れ て い る 。

つ な が り を

て 、 大 変 な こ と や 苦 労 し た こ と

テ ー マ に し て い ろ い ろ

ら し た 当 時 の 柱 や ち ゃ ぶ 台 な バ ー ジ ン オ イ ル 、 グ レ ー プ シ ー

  ﹁ 柄 を 通 じ て 時 代 や 時 間 の つ

も あ っ た と い う 。 ﹁ 技 術 的 な 面

を つ け て し ま う と そ こ で 終 わ っ   こ の 店 は 清 水 さ ん 一 人 で 切 り

に 付 け た の は カ ン マ 。 ピ リ オ ド

で 名 付 け た そ う だ 。 店 名 の 最 後

て い ね い な お も て な し

  内 装 は 、 叔 母 さ ま が 住 ん で い

の 中 に 詰 め こ ん で い く イ メ ー ジ

﹁ 籠 ﹂ の 意 味 。 思 い 出 な ど を 籠

い と な っ て い た 。

い 、 チ ョ コ レ ー ト の 濃 厚 な 味 わ

ト ー シ ョ コ ラ は 小 麦 粉 を 使 わ な

チ ェ ス タ と は イ タ リ ア 語 で

思 い が 込 も る

色 を 添 え て い る 。

わ せ て 変 わ る 。 い た だ い た ガ

店 内 に は オ ー ナ ー の

こ ろ ど こ ろ に 掛 け ら れ 、 美 し い

で あ る 叔 母 さ ま の 絵 画 作 品 が と

ど 、 そ の ま ま 残 し て お り 、 遺 品

そ お う 店 だ で 。 焼 く ケ ー キ は 季 節 に 合

に 似 合 う カ ッ プ で 提 供 し て い る

か っ た そ う だ 。

す る ま で に 2 年 ほ ど 時 間 が か

護 岸 ア ー ト ギ ャ ラ リ ー が 実 現

繰 り 返 し 説 明 し た ﹂ と い う 。

  1 つ の 紋 様 を 染 め 抜 く の に 約   こ の 店 の 建 物 は 、 も と も と 清 し の 良 い 空 間 と な っ て い る 。 ま

ラ リ ー を 始 め た そ う だ 。

こ う と 考 え て 、 護 岸 ア ー ト ギ ャ

か け て 表 現 し 、 そ れ を 残 し て い

ら な い 。 そ こ か ら 、 長 い 期 間 を

を 通 し て 染 に 触 れ る 機 会 と は な

い ろ い ろ な 集 ま り に 出 向 い て 、

と 続 け る こ と が で き な く な る 。

た 。 一 人 で も 反 対 す る 人 が い る

し て も ら う こ と に 時 間 を か け

だ っ た ﹂ ま た ﹁ 地 元 の 人 に 理 解

語 っ た 。

い た い ﹂ と こ れ か ら の 目 標 を

も ら い 、 町 に 愛 着 を も っ て も ら

く 、 中 井 や 落 合 に 興 味 を も っ て

ア ー ト を 通 じ て 、 染 だ け で は な

過 去 を 新 し く

ブ ル が 4 つ と ソ フ ァ ー 席 、 風 通

  店 内 は 2 人 ∼ 4 人 が け の テ ー

タンノイ社製スピーカー『ウエ ストミンスター』

べ て 異 な り 、 お 客 さ ま

淹 れ 。 カ ッ プ の 柄 は す

入 っ て か ら 一 杯 ず つ 手

  コ ー ヒ ー は 注 文 が

地 が こ こ ろ よ い 。

さ っ ぱ り と し た 飲 み 心

な 口 当 た り 、 そ の 後

飲 ん だ 瞬 間 は ま ろ や か

う て し 間 か ︵ 。 過 み 、 ご な カ 編 し が フ 集 て ら ェ 部 み ゆ チ 3 ェ 年 る っ   た ス の り タ 山 は 時 で 崎 ど 間 音 友 う を 楽 利 だ 忘 を 花 ろ れ 楽 ︶

編集長 島 千乃 編集部

抹茶ラテ(左)とカフェラテ(右)

  大 人 か ら 子 供 ま で 楽 し め る 空

店 が 目 標 で す ﹂ と い う 。

  ﹁ 染 の 小 道 ﹂ の イ ベ ン ト は 1

ン ト を 始 め た そ う だ 。

か ら 、 ﹁ 染 の 小 道 ﹂ と い う イ ベ

知 っ て も ら い た い ﹂ と い う 思 い

﹁ 染 物 に 親 し ん で も ら い た い 、

魅 力 が 伝 わ り に く い 。 そ こ で

染 め の 仕 事 や 染 色 、 着 物 な ど の

あ ま り 興 味 の な い 人 た ち に は 、

あ る が あ ま り 知 ら れ て い な い 。

ま ず 畳 一 畳 ほ ど の プ ラ ス チ ッ ク

さ ん の 染 め の 特 徴 に の っ と り 、

  新 宿 周 辺 に は 染 屋 が た く さ ん

壁 に 、 そ れ ぞ れ 由 来 を も つ 江 戸   染 め 方 は 、 型 抜 き を 使 う 小 林

の は じ ま り

は 、 中 井 周 辺 の 妙 正 寺 川 の 護 岸 だ そ う だ 。

護 岸 ア ー ト ギ ャ ラ リ ー

  こ の 護 岸 ア ー ト ギ ャ ラ リ ー

と護 は岸 ア ー ト ギ ャ ラ リ ー

い う 思 い を 込 め て 、 七 宝 を 選 ん

も つ 。 人 の 輪 を 広 げ て い こ う と

続 し 、 家 族 円 満 や 繁 栄 の 意 味 を

は 、 七 宝 ︵ し っ ぽ う ︶ 。 円 が 連

を 落 と す 、 染 め 抜 き の 方 法 だ 。

浄 機 で 型 に 沿 っ て 護 岸 壁 の 汚 れ

を 作 る 。 そ の 型 を 使 い 、 高 圧 洗

に 似 た ポ リ カ ー ボ ネ ー ト 板 で 型

文 さ ん に な ぜ 護 岸 ア ー ト な の か 尋 ね た 。

リ ー 代 表 ︶ 東 健 太 郎 さ ん 、 太 田 理 絵 さ ん 、 護 岸 ア ー ト ギ ャ ラ リ ー 代 表 の 小 林 元

委 員 会 の 新 企 画 ・ 護 岸 ア ー ト ギ ャ ラ リ ー だ 。 染 の 小 道 実 行 委 員 会

の ︵ 川 の ギ ャ ラ

う 。 こ れ は 、 毎 年 2 月 に ﹁ 染 の 小 道 ﹂ と い う イ ベ ン ト を 行 っ て い る 染 の 小 道 実 行

ら れ は じ め て い る 。 ふ だ ん 何 気 な く 通 っ て い る が 、 気 付 い て い る 人 は 少 な い だ ろ

中 井 の 街 の 中 心 を 流 れ る 妙 正 寺 川 。 川 の 側 面 の 壁 、 護 岸 壁 に 綺 麗 な 紋 様 が 染 め

神 楽 坂 の 地 域 交 流 ス ペ ー ス で ﹁ ペ ッ パ ー 落 語 と ド ロ ー ン の 操 縦 体 験 会 ﹂ を 主 催 し

メ デ ィ ア 学 部 メ デ ィ ア 学 科 ・ 平 山 秀 昭 教 授 の ゼ ミ で は 6 月 22 日 、 高 齢 者 福 祉 施 設

第47号

04

護 岸 ア ー ト ギ ャ ラ リ ー ﹁ 江 戸 の 紋 様 ﹂

人 と 時 代 を つ な げ る

感 情 を 持 っ た パ ー ソ ナ ル ロ ボ ッ ト に は 愛 着 が 湧 き や す い

ロ ボ ッ ト ・ ペ ッ パ ー と 落 語 の コ ラ ボ

護岸壁に染められた七宝柄を背に映る(右から)東さん、太田さん、小林さん

ク ラ シ ッ ク 音 楽 と 共 に 楽 し む

中 井 に 隠 れ カ フ ェ 発 見 !

の と き 、 学 区 内 で 今 回 の 交 流 ス

祭 で 行 な っ て い る お 笑 い ラ イ ブ

す る こ と は 難 し い が 、 毎 年 学 園

呼 び 同 じ よ う な イ ベ ン ト を 開 催

ら の 提 案 が あ っ た 。 ア イ ド ル を

ミ で も で き な い か と 、 ゼ ミ 生 か

イ ベ ン ト が あ っ た が 、 そ れ を ゼ

い ろ る う う 、 。 こ 。 参 企 と 加 画 を を の 思 快 趣 い 諾 旨 つ し を き て 説 ま も 明 し ら し た え た ﹂ た と と と こ 語

稲 田 大 学 の 落 研 に 協 力 し て も ら

に 頭 を 悩 ま せ て い た と こ ろ 、 早

し 、 限 ら れ た 予 算 と 日 程 の 調 整

た だ く 構 想 も あ り ま し た 。 し か

に は 当 初 、 プ ロ の 噺 家 に 来 て い

伺 っ た と こ ろ 清 水 さ ん は ﹁ ふ

  最 後 に ど ん な 店 に し た い か

喜 ぶ そ う 。

Art Music Café Cesta, 住所:〒 161-0035 東京都新宿区中井 1 丁目 7-5 TEL:03-6875-0947 営業日:木∼土 12 : 00 ∼ 19 : 00 日 12 : 00 ∼ 18 : 00 定休日:月∼水

な ら コ ラ ボ レ ー シ ョ ン が 可 能 で

ロ ボ ッ ト が 人 間 と 、 ま っ た く 同

り 何 で も で き る わ け で は な い 。

し 、 表 現 で き る 幅 に は 限 り が あ

み 立 て て い っ た そ う だ 。 し か

揚 や タ メ を 調 節 し な が ら 話 を 組

は 、 ま だ 難 し い と い う 。

外 と 難 し く は な い そ う だ 。 ゼ ミ ら っ と 入 っ て も ら え る よ う な お

は な い か と 考 え た 。 ち ょ う ど そ

い と い う こ と を み ん な に 伝 え て

を 使 う こ と は 特 別 な こ と で は な

ま 学 ク す 平 ス 。 山 の ゼ ミ が 独 自 を に 活 実 用 施 し し 目 て 白 い 大

じ よ う に 感 情 表 現 を す る こ と

り 、 ダ ン ス や 演 奏 を 行 う と い う   平 山 先 生 は ﹁ ペ ッ パ ー の 共 演 ミ ン グ を 行 っ た 。 落 語 独 特 の 抑

パ ー を 用 い て フ ァ ン と 交 流 し た

ル グ ル ー プ

以 前 、 ジ ャ ニ ー ズ の が ア ペ イ ッ ド

落 語 ま で の 経 緯

を 披 露 し た 。

バ ー と 、 ペ ッ パ ー が 交 互 に 落 語

早 稲 田 大 学 ・ 落 語 研 究 会 の メ ン

ま え て 落 語 に 決 ま っ た 。 当 日 は

語 は 、 ゼ ミ 生 が 一 か ら プ ロ グ ラ

ラ ミ ン グ さ れ て い る 。 今 回 の 落

方 な ど 、 こ れ ら す べ て は プ ロ グ

ス ピ ー ド 、 音 の 高 低 、 間 の 取 り

ペ ッ パ ー と

い て 、 お 年 寄 り が 多 い こ と を 踏   ペ ッ パ ー の 動 作 と 発 語 、 そ の

ペ ー ス で の イ ベ ン ト を 募 集 し て

く さ ん の 人 を 楽 し ま せ た 。

落 語 を プ ロ グ ラ ミ ン グ す る

た 。 ロ ボ ッ ト の ペ ッ パ ー が 落 語 を は な し 、 当 日 は 小 さ い 子 か ら お 年 寄 り ま で 、 た

あラメ るミデ ンィ グア を学 科 行に うは 授プ 業ロ がグ

プ ロ グ ラ ミ ン グ 作 業 自 体 は 意

教 え て い る 。 平 山 先 生 は 、 I T

Pepper

遠藤朋花 大木桃佳 坂從佑奈 佐野大輔 田島早希子 藤田有紀 三井沙弥香 山口英彦 山崎友利花

﹁ 西 武 新 宿 線 ・ 中 井 駅 、 五 の ﹂ ︵ 坂 ア 近 ー く ト の ミ 線 ュ 路 ー 沿 ジ い ッ の ク 民 カ 家 フ の ェ 1 チ ェ 階 ス に タ 今 , 年 ︶ の オ オ ー ー プ ナ ン ー し 清 た 水 ば 祐 か 介 り さ の ん カ を フ 訪 ェ が ね あ た る 。 。

年 の う ち の 3 日 間 だ け で 、 年 間

の 紋 様 を 1 年 に 1 柄 ず つ 染 め て

Kis-My-Ft2

  ﹁ じ つ は 僕 が 牛 乳 嫌 い で ﹂ と

な が り を 感 じ て ほ し い ﹂ 護 岸

で は 、 護 岸 の 上 の 方 を 染 め 抜 く

Art Music Café Cesta,

清 水 さ ん 。 お 店 で 出 す ラ テ は 牛

と き は 脚 立 を 使 わ な け れ ば い け

な も の が 生 ま れ て い く

緑で囲まれた涼しげな外観

乳 で は な く ア ー モ ン ド ミ ル ク で

な い の で 危 険 、 下 の 方 は こ け や

ア ー ト ギ ャ ラ リ ー は 、 あ え て 1

ヘルメットに印刷された七宝柄を指差しながら説明する小林さん

消 え な い と 思 う 。 護 岸

汚 れ が た く さ ん あ る か ら 大 変

い く 企 画 だ 。 2 0 1 9 年 の 紋 様

2019年8月23日

※ 本 活 動 は 、 ソ フ ト バ ン ク ロ ボ テ ィ

が 子 供 た ち に プ ロ グ ラ ミ ン グ を

ワ ー ク シ ョ ッ プ を 開 催 し 、 学 生

︵ 編 集 部 3 年   島 千 乃 ︶

で は ペ ッ パ ー の プ ロ グ ラ ミ ン グ そ う だ 。

インタビューに答える平山先生

は な い か ﹂ と 、 考 え ら れ て い る

な ど の 面 で 役 立 て て い け る の で

い る 。 例 え ば 、 将 来 的 に は 介 護

と が あ る の で は な い か と 思 っ て

ロ ボ ッ ト だ か ら こ そ 、 で き る こ

い き た い 。 二 つ 目 は 感 情 の な い

で 、 そ う い っ た 部 分 を 役 立 て て

ボ ッ ト は 愛 着 が 沸 き や す い の

目 は ペ ッ パ ー の よ う な 人 型 の ロ

ペ ッ パ ー に 限 っ て 言 え ば 、 一 つ

ゼ ミ の 目 的 で は な い が 、 と く に

立 て る こ と で 、 ペ ッ パ ー だ け が

  ﹁ 平 山 ゼ ミ の 目 的 は I T を 役

た い 目 標 を 伺 っ た 。

  今 後 ペ ッ パ ー を 使 っ て 達 成 し

平 山 ゼ ミ の 取 り 組 み

I T に つ い て

い き た い と 語 っ た 。

Profile for mejimag

目白大学新聞47号  

目白大学が発行する大学新聞の47号です。

目白大学新聞47号  

目白大学が発行する大学新聞の47号です。

Profile for mejimag
Advertisement