Issuu on Google+

VVVV 言語の学習: 基礎編

サウンドデザイン演習(1・2 年生)配布資料

Spread の基本と応用 (1) LinearSpread  一定の増加値を維持して任意の数のデータを線形的に生成する  ノード・カテゴリ:Spreads

Transform

 使用ノード:LinearSpread (Spreads) UniformScale (Transform) Translate に 4 つのプリミティブ 各々の X 座標を入力

横方向への増加数

⇒ LineSpread を使って 同じ表示結果を得る

Width

Input Translate に 4 つのプリミティブ 各々の Y 座標を入力

初期値 ここでは Rendere ウィンドウの原点 (0.0)

プリミティブの XYZ 方向のサイズ

CircularSpread  一定の差を維持して任意の数のデータを円形状に生成する

Phase

初期値に差分を与える ここでは全体的に位置 がずれる

Spread Count

発生させるデータの数 ここではプリミティブ の数

Input X Input Y Width Height Factor Phase Spread Count

 ノード・カテゴリ:Spreads

 使用ノード:CircularSpread (Spreads)

Input X:X 座標の初期値

Output X

Output Y 各々を Translate X Translate Y へ

Input Y:Y 座標の初期値 Width:X 方向の増加数 Height:Y 方向の増加数 Factor:増加ステップの角度(ラジアン角が変化) Phase:XY 各初期値に与える差分(全体が回転) Spread Count:発生させるデータの数

20


20 spreadの基本(1)