Page 1

メディアデザイン専攻領域 1 年次の履修のポイント(2013 年度) 7科目(+オプション4科目)を確実に習得

2年

3年

主に「映像・サウンド」系の授業科目のスレッド ●内容の連関性と序列度:比較的弱い

■メディアデザイン基礎演習 B

■メディアデザイン実習 K

■サウンドデザイン演習

■3DCG 演習Ⅰ

■3DCG 演習Ⅱ

大久保 誠(専任)+藤原 道仁(非常勤)

越後谷 文博(非常勤) 実習 ( 1 )・選択 2 ∼ 4 年 前期・月曜 3-4 時限

森岡 祥倫(専任) 演習 ( 2 )・選択必修 2 ∼ 4 年 後期・月曜 3-4 時限

松村 文夫(非常勤) 演習 ( 2 )・選択必修 2 ∼ 4 年 前期・火曜 1-2 時限 /3-4 時限

松村 文夫(非常勤) 演習 ( 2 )・選択必修 2 ∼ 4 年 後期・火曜 1-2 時限 /3-4 時限

演習 ( 2 )・選択必修 1 ∼ 2 年 後期・月曜 3-4 時限

メディアデザイン基礎演習 A で習得した表現技術を前提に、「ス タッフワークにおける協働性」「鑑賞者との関係を踏まえた制作者 としての物事の捉え方」という観点から、デジタル環境でのより 実践的な実写ベースの映像制作のあり方ついて学ぶ。

メディアデザイン基礎演習 A(1 年・前期)及び B(同・後期)の

「場に記された音の記憶」 「音響情報と視覚情報との関係」2つの

3D コンピュータグラフィックス作品の制作工程とソフトの扱いな

前期授業(3DCG 演習Ⅰ)で得たスキルを前提に、既存課題作品

映像メディアに関わる学習の展開。映像のコミュニケーション・ ツールとしての特性を理解したうえでケースワークを繰り返しな

観点から,1) 公共空間における音響サインと、2) プログラミング による音響情報(音楽)の視覚化について学習。20 世紀後半以降

ど基礎的なスキルを習得する。グラフィックや映像メディアに関 係するデザイナー全般、さらには専門の CG クリエイターが身に

のブラッシュアップを通じて、アニメーションの微調整、スカル プト・モデリング、毛髪や衣服などの表現、合成を含むレンダリ

がら、撮影・編集・照明・音声・特殊効果等々の実践的な知識を得る。

現代に至るサウンド・アートの表現と思想についても講じる。

つけるべき基本的な技術概念と制作姿勢を教授する。

ングの高度な技法、等々のより発展的な内容を学ぶ。

主に「デジタルグラフィック」系の授業科目のスレッド ●内容の連関性と序列度:A+B は強い 以降は比較的弱い

■メディアデザイン基礎実習 A

■メディアデザイン基礎実習 B

■メディアデザイン実習 H

■メディアデザイン実習 G

井手 理絵(非常勤)

井手 理絵(非常勤)

実習 ( 1 )・選択必修 1 ∼ 2 年 前期・火曜 1-2 時限

実習 ( 1 )・選択必修 1 ∼ 2 年 後期・火曜 1-2 時限

井手 理絵(非常勤) 実習 ( 1 )・選択必修 2 ∼ 4 年 前期・月曜 3-4 時限

佐藤 哲至(非常勤) 実習 ( 1 )・選択 2 ∼ 4 年 後期・月曜 3-4 時限

各種グラフィック関連ソフトの用法に関わる実習を通じて、デジ

前期のメディアデザイン基礎演習 A の展開科目。DTP や Web 制作,

DTP(印刷物レイアウト用ソフト)を使用した実習によって、印刷・

情報アーキテクチャ、タイポグラフィ、レイアウト等の小課題制

タル・デザインワークの基礎知識と応用力を習得し、今後の DTP、 Web 制作、動画編集、3DCG 関連の授業科目の受講に対応できる

動画編集や 3D グラフィックスなどの多様なデザインワークに応 用できる応用的技能を身につける。

編集デザインの基本的な知識と、実践的なデータ出稿のプロセス を学習する。

作を通じて、 「情報の問題点をわかりやすく効果的かつ魅力的に伝 える」ことを目的とする、インフォメーション・グラフィックス

基盤的な技能を身につける。

P

のデザイン・スキルを身につける。

オプションの選択肢 ●PhotoShop や Illustrator の初歩的な扱いにある程度慣れている者(抽選の可能性あり)

■デジタルカラー演習Ⅰ※共通専門科目・定員設定

■デジタルカラー演習Ⅱ※共通専門科目・定員設定

粟野 由美(専任) 演習 ( 2 )・選択必修 1 ∼ 4 年 前期・月曜 1-2 時限

粟野 由美(専任) 演習 ( 2 )・選択必修 1 ∼ 4 年 後期・月曜 1-2 時限

色彩現象(物理・生理・心理)を計数的な方法で整理する色彩学

色彩の心理効果と配色理論を前提とした色彩表現の能力、カラー・

の体系に、の観点からアプローチし、色彩表現の新たな可能性と ユニバーサル・デザインへ応用方法を学ぶ。あわせて、 ・リテラシー

リテラシーに力点を置く情報としての色彩に関する理解と応用力 を向上させるとともに、視覚要素による質感の心理的要因を学び、

等に関わる演習を行う。

それを各種の表現に応用できるようにする。

「Web デザイン/プログラミング」の授業科目のスレッド ●内容の連関性と序列度:基礎実習 C+D+実習 I は極めて強い 実習 J はそれらの習得を前提

■メディアデザイン基礎実習 C

■メディアデザイン基礎実習 D

■メディアデザイン実習 I

■メディアデザイン実習 J

関口 和真(非常勤)

関口 和真(非常勤) 実習 ( 1 )・選択必修 2 年 前期・木曜 3-4 時限限

関口 和真(非常勤) 実習 ( 1 )・選択必修 2 ∼ 4 年 後期・木曜 3-4 時限

入江 太一(非常勤) 実習 ( 1 )・選択 2 ∼ 4 年 前期・火曜 1-2 時限

イ ン タ ラ ク シ ョ ン 性 を 有 す る Web サ イ ト の 作 成 に 必 要 な JavaScript や jQuery など、標準的なスクリプト記述言語の初歩的 な用法を学ぶとともに、次代の Web 技術で中心的な言語となる HTML5 や関連 API、CSS3 についても学習を行う。

サーバサイドで動作する CMS を活用し、テーマやテンプレートの カスタマイズによって、希望するデザインと機能を備える Web サ イトを制作する方法を学ぶ。同時に、OS 等の環境に依存しないマ ルチデバイスで閲覧可能な Web サイトの実装を目指す。

メディアデザイン基礎実習 C ∼ D、及びメディアデザイン実習 I で 習 得 し た Web サ イ ト の デ ザ イ ン・構 築 技 術 を 基 盤 に 置 き、 Wordpress、Javascript ajax 系ライブラリなどの技術を組み合わせ たより実践的な制作に取り組む。

実習 ( 1 )・選択必修 1 ∼ 2 年 後期・火曜 3-4 時限

Web デザインの入門的な学習。意図的なレイアウトを施した Web ページ作成ができるよう、HTML と CSS の基本的な知識・構築方 法(コーディング)の基礎を学ぶ。さらに、Web において用いる 画像形式について学習し,適切な使い分けができるようにする。

任意に選択 人前での発表能力やディスカッションの力を身につける

■メディアデザイン特別演習 A

■メディアデザイン特別演習 B

粟野 由美(専任)+ 大久保 誠(専任)+ 森岡 祥倫(専任) 演習 ( 1 )・選択必修 1 ∼ 2 年 前期・水曜 5 時限

粟野 由美(専任)+ 大久保 誠(専任)+ 森岡 祥倫(専任) 演習 ( 1 )・選択必修 1 ∼ 2 年 後期・水曜 5 時限

スピーチ、プレゼンテーション、ダイアログの能力を養う自由形 式の演習。教員・学生の双方が、専門性にとらわれることなく各々 の関心にもとづいて話題の提供を行い、発表の態度や方法を互い に批評しあうことで、言語表現を中心としたコミュニケーション 能力を高める。

スピーチ、プレゼンテーション、ダイアログの能力を養う自由形 式の演習。教員・学生の双方が、専門性にとらわれることなく各々 の関心にもとづいて話題の提供を行い、発表の態度や方法を互い に批評しあうことで、言語表現を中心としたコミュニケーション 能力を高める。

図 A  どのように科目を選択していくか?    専攻コアを固める → 外部から関連づけ・補足・強化

図 B  カリキュラムの基本構造を理解する    「技能標準を指針にした技術習得」+「講義による専門知識」→「制作演習で検証」

インターンシップ、短期留学、ボランティア活動他様々な社会経験

計画的な独習・グループによる学習会など

技能系の学習内容を初動期に総当たり的に体験する演習 

■メディアデザイン基礎演習 A

「技能標準」の完成

森岡 祥倫(専任) 演習 ( 2 )・選択必修 1 ∼ 2 年 前期・火曜 3-4 時限

専攻領域の コア・カリキュラム

専攻領域における技術教育の導入として、映像とサウンドに関わ る工学的原理と関連ソフトの初歩的な用法を学ぶ。同時に、簡便 なプログラミング言語を用い、プログラミング学習へのアプロー チとして論理的思考・手続設計・演算モデルの重要性の理解を促す。

専攻領域の学習目標と学びの見取り図を得る

■メディアデザイン原論

■メディアデザイン論 A

森岡 祥倫(専任) 講義 ( 2 )・選択必修 1 ∼ 2 年 前期・月曜 2 時限

大久保 誠(専任) 講義 ( 2 )・選択必修 1 ∼ 2 年 後期・月曜 2 時限

メディアデザインの概念を理解したうえで、その現状と可能性を 知り、メディアが人々の意識の変化や価値観の形成に与える影響 を分析的に見つめる力を身につける。学習目標と 4 年間の学びの プロセスを概説するオリエンテーション的な授業でもある。

インターネットを中心として、情報・通信技術の発展の歴史・現 状などを紹介する。

学部全体の履修可能な科目から コアと関連する、ないしは関心のある

共通専門/教養系科目を選択

学部全体の履修可能な科目から コアと関連する、ないしは関心のある

実習/演習科目を選択

専攻領域独自の専門講義科目のスレッド(全 7 講義) 上級学年ほど社会参画の意識や就労観を自覚させる内容に

2013_1年生履修モデル  

2013_1年生履修モデル

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you