Page 1

きな 大 輪 big F a l l

2 0 1 7

circle


Big Circle 大きな輪

Big Circle FALL

2017

大きな輪

T

ABLE OF CONTENTS

4-E | MCCS HOSTS COMIC-CON OKINAWA ABOARD CAMP FOSTER

MCCS hosts the 8th annual event that highlights comic books and pop culture, bringing fans and artists across the island together to bond through their interests.

6-E | RIDE FOR RELIEF: TOUR DE TOHOKU Photo by Sgt. Maj. Mario Marquez

Ride for relief: Tour de Tohoku U.S. service members par ticipated in the Tour de Tohoku annual charity bicycle tour at Ishinomaki City, Miyagi Prefecture, Japan, Sept. 17. Tour de Tohoku took place along the coast of mainland Japan, and brought donations to areas affected by the Great East Japan ear thquake and tsunami in 2011. III Marine Expeditionary Force provided personnel, equipment and supplies in suppor t of relief effor ts during Operation Tomodachi, the disaster relief operation in response to the ear thquake and tsunami.

Page

18

Marines take part in the annual charity bicycle event to remember the victims of the earthquake and to support continuing recovery efforts.

on the cover

Members of the local and military communities pose with their banner of friendship during a community paint project Oct. 26 at the Kadena Marina on Okinawa. The North Island Officer Spouses Club hosted the Coupii Fashion Art Group to help strengthen the friendships between the communities. Photo by Lance Cpl. Andre Peterson

Links to our websites: okinawa. marines.mil

Marines participated in the annual charity bicycle tour in Ishinomaki City to remember the victims of the 2011 Tohoku earthquake and tsunami, and support continuing recovery efforts.

8-E | GEORGIA MARINE VOLUNTEERS ACROSS THE WORLD

Lance Cpl. Shabrica Wadley strives to give back through volunteering after overcoming hardships through help from her community.

11-E | NORTHERN VIPER KICKS OFF FOR THE FIRST TIME EVER

During the joint exercise, Marines and JSDF members work together across a variery of areas including peacekeeping operations, humanitarian assistance and disaster relief.

Big Circle is an authorized publication of the United States Marine Corps. However, the contents of Big Circle are not necessarily official views of, or endorsed by, the Marine Corps, U.S. Government or Depar tment of Defense. It is published quar terly by the Public Affairs Office, Marine Corps Base Camp Butler. Big Circle is on the Web at http://www.okinawa.usmc.mil/BigCircle/ BigCircle.html. E-mail subscriptions to this publication are available online by visiting http://www. okinawa.marines.mil/News/BigCircle.aspx. Subscribers will receive an e-mail when the latest issue has been posted on the Web. The publication can be viewed in .pdf format online or downloaded.

大きな 輪 は 、米 国 海 兵 隊 認 可の 機関誌です。ただし、大きな輪の内容 は、必ずしも海兵隊や米国政府、米国 防総省の公式見解であるとは限りま せん。当機関誌はキャンプ・バトラー 海兵隊基地報道部(PAO)が3ヶ月ごと に発行しています。大きな輪のウェブ アドレスはhttp://www.okinawa.usmc. mil/BigCircle/BigCircle.html. 当機関誌ウェブ版をご希望の方は、 上記ウェブサイトにあるメールアドレス に購読をお申し込みください。お申し 込みされた方は、ウェブ上に新刊が掲載 されると、通知メールを受信するように なっています。ウェブ版は PDF形式で、 インターネットで閲覧、またはダウンロー ドすることができます。

COMMANDING GENERAL Brig. Gen. Paul J. Rock Jr. PUBLIC AFFAIRS DIRECTOR Rebecca A. Garcia PUBLIC AFFAIRS DEPUTY DIRECTOR 1stLt. Edward J. Pingel MANAGING EDITOR Aya Ortega

12-E | MANGO MIKE: MARINE VETERAN PLANTS ROOTS IN OKINAWA

EDITORIAL SUPPORT Sayuri Toyoda Toshiyuki Nakamoto Matthew J. Manning

8-J | FUTENMA USO HOSTS 6TH MCAS FUTENMA ENGLISH DISCUSSION CLASS PARTY

International phone 011-81-98-970-7421

A former Marine returns to his first duty station and raises mango trees with his Okinawan family.

The weekly conversation class provides a way for service members and local nationals to build lasting friendships beyond the classroom.

4-J | RUGGED BLOOD FOR RUGGED MEN: FREEZE-DRIED PLASMA SAVES LIFE

MARSOC's first operational use of the blood product saves the life of a foreign nation force member.

2-E • FALL 2017 • Big Circle • www.okinawa.marines.mil/News/BigCircle.aspx

International fax 011-81-98-970-3803 MCB Camp S.D. Butler Bldg. #1, PAO Unit 35001 FPO AP 96373-5001 Phone (098) 970-9422 FAX (098) 970-3803 email okinawa.mcbb.fct@usmc.mil


SPECIAL EVENTS 沖縄県内にある米海兵隊施設にて今年予定されるイベントで、一般公開も行われます。 主催者の都合や天候により、予告なく事前に日時変更や中止になる場合がありますのでご了承下さい。 なお、予定されているイベントが確定された場合は、在日米海兵隊のホームページやソーシャルメディアを通して告知します。 ホームページ : http://www.okinawa.usmc.mil フェイスブック : https://www.facebook.com/mcipacpao ツイッター : https://twitter.com/mcipacpao

2018年開催予定のイベント 3月 シュワブ・フェスティバル

コートニー・クリスマスフェスティバル 2017. 12. 09 | 1 - 9 pm 2017. 12. 10 | 1 - 9 pm

4月 ハンセン・マッドラン (どろんこ障害物レース大会)

キャンプ・コートニー

5月 フォスター・フェスティバル 6月 普天間フライトライン・フェア 9月 ハンセン・フェスティバル 10月

ライブ・パフォーマンス

コミック・コン (キャンプ・フォスター) ジャングル・フェスト (北部訓練場)

   アメリカの屋台 フードコートの開放 etc...

キンザー・フェスティバル 12月 コートニー・クリスマスフェスティバル

エンターテイメントが いっぱい!

www.okinawa.usmc.mil/BigCircle/BigCircle.html • 大きな輪 • 2017年秋号 • 3-E


Story and photos by Lance Cpl. Danielle Prentice

First held in 2010, Comic Convention Okinawa was brought to life for the 8th time Oct. 15 as the Foster Fieldhouse filled with thousands of costume wearing, artistic members of the local and military communities on Okinawa during the open gate event aboard Camp Foster. Comic-Con is an annual event that highlights comic books and pop-culture, bringing fans and artists across the island together to bond through their interests. “During my meet and greet, everyone was extremely nice,” said Phil LaMarr, a voice actor for “Samurai Jack.” “I was amazed at how many people, despite the heat, were in full costume. I was like, ‘God bless you.’” The event featured gaming tournaments, performances from the III Marine Expeditionary Force Band and cosplay contests. Fans were able to meet voice actors Phil LaMarr and Masako Nozawa. LaMarr is known for his roles in “Samurai Jack,”

MCCS hosts Comic-Con Okinawa aboard Camp Foster キャンプ・フォスターで コミコン沖縄が開催される

10月15日、キャンプ・フォスターのフィールドハウスでコミコン

ファンには、声優のフィル・ラマーさんや、野沢雅子さんと会う

沖縄が開催された。2010年の初開催以来、進化を遂げてきた

機会が設けられた。ラマーさんは「サムライジャック」、 「フューチャ

このゲート開放イベントは、今年で第8回目を迎えた。会場は、

ラマ」、 「ジャスティス・リーグ」等、数々のテレビゲーム作品の声優

コスチュームを着たクリエイティブな地元と米軍コミュニティの

として知られており、野沢さんは「ドラゴンボールZ」や、 「ドラゴン

人々で賑わった。

ボールZ改 」の役で知られる。

コミコンは、漫画やポップ・カルチャーが目玉となる毎年恒例の イベントで、共通の興味を通じてファンやアーティストの絆を 深める機会となっている。

ファンらはイベントで購入したものを手に、自身の好きな声優の 列に並び、期待に胸を高鳴らせながら順番を待った。 「遠い地で、軍人の皆さんとお会いできるのは素晴らしいこと

「交 流会では、皆さんにとても親 切に迎えて頂きました。

です。ファンの皆さんにお会いする事はもちろん、私達に貢献

暑い中、沢山の人がコスチュームを着ていて驚きました」と、

してくれている軍人コミュニティを訪れる事ができ、新鮮な気持ち

今回のイベントゲストで、アメリカのテレビ アニメ「サムライ

です」と、カリフォルニア州ロサンゼルス出身のラマーさんは

ジャック」の声優を務めるフィル・ラマーさんは話した。

話した。

イベントでは、ゲームのトーナメント、第三海兵遠征軍音楽隊に よる演奏やコスプレコンテストが行われた。

今年のコミコンでは、無料のリアルマリオカート、ロッククライ ミング、バウンスハウス、フードの出店等、参加者全員が楽しめる

4-E • FALL 2017 • Big Circle • www.okinawa.marines.mil/News/BigCircle.aspx


“Futurama,” and “Justice League,” as well as several video games. Nozawa is known for her roles in “Dragon Ball Z” and “Dragon Ball Z Kai.” Fans lined up with souvenirs in hand, excitedly waiting to see their favorite voice actor. “Coming out and meeting all of the service members is a cool feeling,” said LaMarr, a Los Angeles, California, native. “It’s always great to meet my fans, but there’s another level when I visit the military community because they’re fans who I feel have given me something.” This year’s Comic-Con had something for everyone with free go-cart racing, rock climbing, bounce houses, and food venders from across Okinawa. “I’m amazed by all the working parts that went into this whole thing,” said Cam Mangels, the club events coordinator with Marine Corps Community Services. “From the Provost Marshal’s

催しが見られた。

Office to the coordination of all the venders that came in, all of the people who came to visit and dressed up, I’m completely amazed by how everyone came together and made it fun all around. I’ve seen a lot of happy faces here. I’ve seen a lot of happy families come and enjoy the food, and the whole atmosphere.” Approximately 19,000 people attended the open gate event. “This is my first Comic-Con and it’s a blast, everyone is enjoying themselves. All I see are smiles,” said Lance Cpl. Daniel Rumbaugh, a ground communications systems repairer with Headquarters and Support Battalion, Marine Corps Installations Pacific-Marine Corps Base Camp Butler, Japan, who volunteered at Comic-Con Okinawa. “It’s cool to see both communities come out and bond. I’m a huge anime fan, and I’m looking forward to next year.”

( Left )

Phil LaMarr autographs a poster during a meet and greet at Comic-Con Okinawa Oct. 15 aboard Camp Foster, Okinawa. LaMarr is a voice actor known for his role in “Samurai Jack,” “Futurama,” and “Justice League,” as well as several video games.

た。憲兵隊をはじめ、調整係、出店者の皆さん、コスチュームを ( Center )

Masako Nozawa, center, and members of the Marine Corps Community Services team pose for a photo. Nozawa is a voice actress, known for her roles in “Dragon Ball Z.”

海兵隊福利厚生部でイベント・コーディネーターを務めるキャム・ メンゲルさんは、 「イベントにかかる作業や役割分担に驚きまし 着てご参加頂いた皆さんを含め、全員が一丸となって楽しい一日 にしてくれました。嬉しそうに、出店の食べ物や雰囲気を楽しんで いる家族を沢山見かけました」と、話した。 今回のゲート開放イベントには、約1万9千人が参加した。 「今回、初めてコミコンに参加しました。皆、笑顔でとても楽しんで

( Right ) (左)

ック」、 「フューチャラマ」、 「ジャスティス・リーグ」等、数々のテレビゲーム 作品の声優として知られる。

素晴らしい事だと思いました。私はアニメファンなので、来年も ( 中央 )

写 真 撮 影 に応じる野 沢雅 子さん(中央 )と、海 兵隊コミュニティ・ サービスのスタッフ。野沢さんは、 「ドラゴンボールZ」の声優として知られる。

地上通信システム修理工を務めるダニエル・ランボー上等兵は 話した。

10月15日、キャンプ・フォスターでコミコン沖縄が開催され、交流会にて ポスターにサインをするフィル・ラマーさん。ラマーさんは、 「サムライジャ

いました。基地内外のコミュニティが集まって絆を深めていて、 楽しみにしています」と、在海兵隊太平洋基地本部支援大隊で

A group cosplaying as “Star Wars” characters pose for a photo during the open gate event.

(右)

イベントにて写真撮影に応じる、 「スターウォーズ」キャラクターの コスプレをした参加グループ。


2011年3月、 マグニチュード9. 0の地震・津波が

「(2011年に)東北へ着き、すぐに被災地へ飛び

発生。東北沿岸部の家屋が倒壊し、人々が住む場所

ました。その時、この出来事が私の人生を変える事に

を失った。沖縄を含め、世界各地から被災地へ支援が

なると分かりました」と、 マルケス先任上級曹長は

寄せられた。

話す。

6年が経った2017年9月17日、第三海兵遠征軍

彼は、地域の惨状を見て支援への大きな必要性が

所属のマリオ・マルケス先任上級曹長と、兵站参謀

あり、自衛隊と米軍が東北の人々の為に出来る援助を

補佐官のブライアン・クレメンス大佐は「ツール・ド・

何でも行うべく力を合わせると確信した。

東北」に参加する為、再び地域を訪れた。 「ツール・

「私達の兵站能力を判断し、活動指針をまとめる

ド・東北」は、石巻市で毎年開催されるチャリティ

べく、すぐに運用計画チームを結成・始動して支援

自転車イベントだ。宮城県の沿岸部を走りながら犠牲

要請に備えました。海兵隊員の仲間や日本で勤務する

者を追悼し、 今なお続く復興作業を支援する。

米軍人と共に、東北大震災による被害や失われた命、

クレメンス大佐は、イベント最長コースである210 キロを走った。 マルケス先任上級曹長は今年走らなか ったものの、保安運転手としてボランティアをし、地域 交流イベントに参加した。 地震が襲った時、 マルケス先任上級曹長は第1海兵 航空団に所属、クレメンス大佐は第3海兵兵站群に 所属していた。マルケス先任上級曹長とクレメンス 大佐の部隊は、2011年3月12日から5月4日に かけて展開された米軍による捜索救助、人道・災害 支援活動「トモダチ作戦」に携わった。

人々の苦しみをとても悲しく思いました」と、クレメ ンス大佐は話した。

乗って復興支援 ツール・ド・東北2017

Ride for relief: Tour de Tohoku Story by Sgt. Tiffany Edwards

In March 2011, a massive 9.0 earthquake and subsequent tsunami destroyed residences and displaced civilians along the coast of Tohoku, Japan. Support came from around the world, to include Okinawa, to provide humanitarian assistance and disaster relief to the affected area. Now, six years later, Sgt. Maj. Mario Marquez, sergeant major of III Marine Expeditionary Force, and Lt. Col. Brian Clemens, deputy assistant chief of staff for G-4, Command Element, III MEF, revisited the region for the Tour de Tohoku, an annual charity bicycle tour in Ishinomaki City, Japan Sept. 17. Tour de Tohoku takes place along the coast of mainland Japan and is now held to remember the victims of the disaster and to support continuing recovery efforts. Clemens rode 210 kilometers, taking on the longest route the tour had to offer. Marquez did not ride his bicycle in the event this year, but rather spent his time volunteering as a safety vehicle driver during the ride and participating in community relation events. When the earthquake hit, Marquez was serving as the sergeant major of Marine Aircraft Group

36, 1st Marine Aircraft Wing and Clemens was the executive officer of Combat Logistics Regiment 37, 3rd Marine Logistics Group. Marquez and Clemens' units were part of Operation Tomodachi, a search and rescue, disaster relief and humanitarian aid effort that took place from March 12 to May 4, 2011. ”When I arrived in Tohoku (in 2011), we immediately flew over the disaster areas and it was then that I realized this event would change my life forever,” Marquez said. Marquez said he believed that due to the vast devastation in the area, there would be a huge demand for aid, and the Japan Self-Defense Force and American Forces would band together to help provide any assistance they could to the people of Tohoku. “We immediately formed and conducted operational planning teams to assess our logistics capabilities and formulate courses of action in the event support was requested,” said Clemens. “Like all of my fellow Marines and service members serving in Japan at that time, I was deeply saddened by the effects of the Great East Japan earthquake and the tragic loss of life and human suffering that followed.”

6-E • FALL 2017 • Big Circle • www.okinawa.marines.mil/News/BigCircle.aspx


U.S. service members and Japanese citizens take off from the starting line at the Tour de Tohoku annual charity bicycle tour at Ishinomaki City, Miyagi Prefecture, Sept. 17. Tour de Tohoku takes place along the coast of Miyagi Prefecture, and brings donations to areas affected by the Great East Japan earthquake and tsunami in 2011. 9月17日、宮城県 石巻市で 毎年開催される自転車チャリティ イベント「ツール・ド・東北」に て、スタートラインを切る米 軍 人と日本人参加者。参加者らは 宮 城 県 の 沿岸 部 を走りながら

Photo by Sgt. Maj. Mario Marquez

犠牲者を追悼し、 今なお続く復興 作業を支援する。

海兵隊に在籍する中で、 マルケス先任上級曹長は

東日本大震災、そしてトモダチ作戦で築いたチーム

日本での自然災害救援活動に2度携わった。 1995

ワークや友情を決して忘れません」と、 マルケス先任

年1月、兵庫県神戸市を襲った阪神・淡路大震災と、

上級曹長は話した。

2011年のトモダチ作戦だ。こうした災害救援活動を

イベント中、 マルケス先任上級曹長とクレメンス大佐

通して日本の人々との深い縁を感じている彼は、

は被災地となった場所を訪れ、復興に携わる人々と

被災者と心を通わせる今回のイベントへの参加を、

話をした。

有意 義で 謙 虚 な 気 持ちにさせてくれる経 験 だと 語った。

「東北地域の人々の不屈の精神、回復力、勇気に 感化され、頭の下がる思いです。震災後、日々の暮らしや

「皆さんと話して、幸運を祈りたい。強くあって

美しい景観を再建する為に、宮城県が一丸となって

下さい、世界は皆さんを忘れていませんと伝えたいの

長年費やした努力は実に素晴らしいものです」と、

です。アメリカの人々や皆さんの友である米軍人は、

クレメンス大佐は締めくくった。

During his time in the Marine Corps, Marquez has assisted with relief efforts after two natural disasters in Japan; the Great Hanshin Earthquake in Kobe in January 1995 and Operation Tomodachi in 2011. Since taking part in these disaster relief efforts, Marquez said he feels a deep connection to the Japanese people and that attending the tour to reach out to victims of the disaster was a valuable and humbling experience. “I wanted to talk to the people and wish them good luck,” said Marquez. “I wanted to tell them to be strong and remember that the world has never forgotten about them. The American people and friends from the United States military will never

forget the teamwork and friendships developed during the great east Japan earthquake and Operation Tomodachi.” During the tour, Marquez and Clemens visited the previously devastated areas and spoke with Japanese citizens who are still recovering from the natural disaster. “I have been inspired and humbled by the indomitable spirit, resiliency, and courage of the residents of the Tohoku region,” said Clemens. “Their efforts in the days, weeks, and years that followed the disaster to rebuild their lives and the beautiful landscape throughout the Miyagi prefecture are truly remarkable.”

www.okinawa.usmc.mil/BigCircle/BigCircle.html • 大きな輪 • 2017年秋号 • 7-E


Lance Cpl. Shabrica Wadley poses for a photo Sept.12 aboard Camp Foster, Okinawa, Japan. Wadley has a drive to volunteer. Since being stationed on Okinawa earlier this year, she has found a multitude of programs and events for volunteering. She enjoys volunteering with the Okinawa Stray Pet Rescue, exercising the animals and taking them to adoption events. Wadley, an Adrian, Georgia, native, is a motor vehicle operator with 3rd Transportation Support Battalion, Combat Logistics Regiment 3, 3rd Marine Logistics Group, III Marine Expeditionary Force. 9月12日、キャンプ・フォスターで 写 真 撮 影 に 応 じ る シ ャブ リ カ・ ワドリー上等兵。彼女はボランティア に熱 心 だ 。今 年 初めに沖 縄に着 任 して以来、様々なボランティアのプロ グラムや 機 会 を見つ け た 。沖 縄 に ある動物保護施設で活躍し、動物達 を運動させたり譲渡会へ連れて行く 手 伝 い をして い る 。ジョー ジ ア州 出 身 のワドリー上等 兵 は 第3海 兵 遠征軍の第3海兵兵站群所属で輸送 係を務める。

Georgia Marine:

Shabrica Wadley volunteers across the world Story and photo by Pfc. Kelcey Seymour

ジョージア州出身の海兵隊員: シャブリカ・ワドリー上等兵の世界にわたるボランティア

8-E • FALL 2017 • Big Circle • www.okinawa.marines.mil/News/BigCircle.aspx


Lance Cpl. Shabrica Wadley had a driving passion for volunteering before the Marine Corps and now aboard her first duty station on Okinawa, she can continue to satisfy that passion with the many volunteer opportunities available to Marines. Wadley, a Georgia native, is a motor transport Marine with 3rd Transportation Support Battalion, Combat Logistics Regiment 3, 3rd Marine Logistics Group, III Marine Expeditionary Force whose passion for volunteering stems from hardships she faced years earlier. "At different points in your life you can struggle," said Wadley. "I became homeless in 2013. I think back on hard times and how much help I received from people that got me through that struggle and I see how much it did." Wadley was first stationed on Okinawa earlier this year. Since then, she has jumped headfirst into any volunteering opportunity offered. She participates in onbase and off-base clean ups on weekends, and regularly volunteers with the Okinawa Stray Pet Rescue. According to Wadley, it does not matter if a person only has an hour to give, that hour matters. Marines are guests on Okinawa and volunteering an hour of time シャブリカ・ワドリー上等兵は、海兵隊に入隊する前から

to clean up a beach shows appreciation for the local community. Everyone should take time out of their days to give a little back. "Not only does Lance Cpl. Wadley show a positive attitude towards volunteering, but every time she volunteers, she brings another Marine along with her," said Cpl. Gary Jackson, a calibration technician with 3rd Maintenance Battalion, Combat Logistics Regiment 35, 3rd MLG, III MEF. "Her drive betters herself and sets an example for her peers to follow." Jackson is not only Wadley's cousin, but he also goes to her for volunteering oppor tunities so that they may volunteer together. Wadley also volunteers with a program called Elevate, a free program that encourages Marines and sailors to get out of the barracks and find alternative ways to have fun. She also wants to star t volunteering at the library after work and crochet blankets for disaster relief programs. "I truly feel that everyone should give a little back," said Wadley. "I just want to go beyond the couple hours a weekend. Volunteering is my drive in life. I don't see a time in my future where I won't be doing it." 数時間を貢献に充てるべきだと言う。

ボランティアへの情熱を持っていた。現在は、初任地となる

「ワドリー上等兵はボランティアに対する積極性だけで

沖縄で隊員対象のボランティアに多く参加し、情熱を注ぎ

なく、ボランティアする時にいつも他の海兵隊員を連れて

続けている。

きてくれます。彼女の情 熱は、自身の向上と共に仲間の

ジョージア州出身のワドリー上等兵は、第3海兵遠征軍の 第3海兵兵站群所属で輸送係を務めており、数年前に困窮 した生活を経験した事でボランティアの心が芽生えた。 「人生には様々な試練の時があります。私は、2013年に

手本となります」と、同兵站群所属のギャリー・ジャクソン 伍長は話す。 ジャクソン伍長はワドリー上等兵の従 兄弟で、一 緒に ボランティアをする機会を探して彼女を頼っている。

ホームレスになりました。辛かった当時を振り返って、皆から

また、ワドリー上等兵は「エレベート」と呼ばれるプログ

助けられて試練を乗り越え、それがどれだけ自分に影響を

ラムを通してボランティアをしている。これは、海兵隊員と

与えたかを思い出しました。」

海軍兵が兵舎外で充実した時間を過ごす為のプログラム

ワドリー上等兵は、 今年初めに沖縄に着任した。それ以来、

だ。今後は、終業後に図書館でのボランティアをしたり、

どんなボランティアの機会にも真っ先に参加した。週末は

災害支援活動の一環としてブランケットを編みたいと考え

基地内外の清掃活動をし、動物保護施設でもボランティア

ている。

として活躍する。

「誰でも、少しでも社会へ還元すべきだと心から思いま

たとえ一時間しか充てられなくても、その時間には意味が

す。私は、 『週末に数時間』の先を目指したいのです。ボラ

あるとワドリー上等兵は言う。海兵隊員は沖縄の地で来訪者

ンティアは、私の人生の活力です。この先もボランティアし

であり、海岸清掃ボランティアを一時間する事で地域社会

ない自分を想像できません」と、ワドリー上等兵は締めくく

への感謝の気持ちを表す事が出来る。誰もが一日のうち

った。

www.okinawa.usmc.mil/BigCircle/BigCircle.html • 大きな輪 • 2017年秋号 • 9-E


Story by Lance Cpl. Andy Martinez More than 2,000 U.S. Marines joined with approximately 1,500 service members with the Japan Self-Defense Force to support the first initiation of Exercise Northern Viper 2017, at Misawa Air Base, Aomori, and the island of Hokkaido, August 10-28. Northern Viper, a joint contingency exercise, tests the interoperability and bilateral capability of the JSDF and U.S. Marine Corps forces to work together across a variety of areas including peacekeeping operations, humanitarian assistance and disaster relief. This exercise enhances and improves interoperability at the tactical level between the Marines and JSDF to keep the forces formidable and adaptive. NV17 showcased a highlycapable, forward-deployed U.S. military presence positioned with their Japanese partners to directly support the security of the Indo-Asia- Pacific region. Marines with Marine Aircraft Group 36, 1st Marine Aircraft Wing provided direct aerial support to the Marines of 3rd Marine Division and JSDF with a

variety of aircraft. "The mission for 1st MAW Marines here is to have the opportunity to train outside of Okinawa," said Maj. Eric M. Landblom, MAG-36 exercise operations officer. "The government of Japan allows us the freedom to come and train in other locations. We also have good partnerships with the Air Force and Navy installations to allow us to do this type of training." According to Landblom, the squadrons attached to 1st MAW will conduct various training operations, such as assault support missions, simulated offensive air support and simulated casualty evacuations in Hokkaido. "We have ranges here that we don't have in Okinawa," said Sgt. Maj. Marvin M. Magcale, the group sergeant major for MAG-36. "We can utilize the ranges in Hokkaido in ways we couldn't back in Okinawa. There are ranges nearby for our aircraft to train and conduct live fires by air." During the exercise, 3rd Marine Division mission was on Hokkaido as the

bilateral partner with JSDF's Northern Army 11th Brigade, said Landblom. "They will do functional training where they train to learn from each other," said Landblom. "After, they will do comprehensive training, which we will take what they learned from each other and conduct a force on force operation where they work together to defeat a common enemy." Designed to integrate the U.S. Marine Corps with the JSDF, Northern Viper allows Marines to identify their weaknesses in order to avoid them in the future, making this exercise a valuable asset to maintaining readiness in the Indo-Asia-Pacific region. "This exercise is extremely important because we have very limited opportunities to come together with our Japanese counterparts in a large scale to conduct this type of training," said Col. James F. Harp, the commanding officer of MAG-36, 1st MAW. "We need to continue training like this to better protect the region from its adversaries."

日米共同訓練

て、第3海兵師団と自衛隊へ航空支援が

北 海 道 で の訓 練中、第3海 兵 師 団 は

「ノーザンヴァイパー」が 初始動

行われた。 「今回、第1海兵航空団は、沖縄以外の

陸上自衛隊第11旅団の連携パートナーと なった。

地で訓練の機会を持つ事が出来ました。

「機能訓練を通して互いに学び合い、

日本政府は、海兵隊が様々な場所へ赴き

その後の総合訓練では、相手から学んだ

8月10日から28日にかけて、北海道

訓練を行う事に協力的です。また、私達は

事を活かして共通の敵を打倒する為に

の演習場と青森県の三沢飛行場にて日米

空軍や海軍とも良好な協力関係にあり、

部隊が協力して作戦を行います」と、ラン

共同訓練「ノーザンヴァイパー2017」が

彼らの施設でこうした二国間訓練を行う

ドブロム少佐は話す。

初めて行われ、2000名もの海兵隊員と

事も可能です」と、第36海兵 航空群で

海兵隊と自衛隊が一丸となる事を目的

1500名の自衛隊員が参加した。

訓練指揮官を務めるエリック・M・ランド

とした「ノーザンヴァイパー」は、海兵隊員

ブロム少佐は言う。

が弱点を自覚し、将来に備える機会にも

年 次 合 同 有 事 訓 練となる「ノーザ ン ヴァイパー」では、平和維持活動や人道・

ランドブロム大佐によると、第1海兵

災害支援活動を含む様々な分野で協力

航空団所属の飛行隊は、北海道の演習場

する自衛隊と海兵隊の相互運用能力や

で強襲・攻撃航空支援作戦や負傷者搬送

二 国 間 連 携を図る。この訓 練を 通して

等、多様な模擬訓練を行った。

なる。これが、インド・アジア太平洋地域に おける即応力を保つ大きな強みとなる。 「この訓練は、日本の防衛組織と共に 大規模な訓練を行う事が出来る、数少ない

二組織間の戦術的な相互運用能力を向上

「ここ北海道には、沖縄にない演習場が

貴重な機会です。こうした訓練を継続し、

させる事で、強固さや適応性が保たれる。

あります。沖縄では出来ない訓練において、

起こりうる危機からより強固に地域を守る

また、高い能力をもって前方展開し、同盟

これらの演習場が活躍します。近距離に、

事が大切です」と、第1海兵団第36海兵

国である日本と協力してインド・アジア

海兵隊の航空機による実弾演習が可能な

航空群の司令官を務めるジェームズ・F・

太平洋地域の防衛に努める米軍の存在を

演習場が複 数あります」と、第36海兵

ハープ大佐は締めくくった。

示した。

航空群のマーヴィン・M・マグケール最上級

第1海兵航空団の多様な航空機を用い

曹長は話す。


A Force Reconnaissance team conducts high-altitude, low-opening jumps during Exercise Northern Viper Aug. 15 in Hokudaien, Hokkaido, Japan. Northern Viper is a combined-joint exercise held to enhance regional cooperation between participating nations to collectively deter security threats. This team is from 3rd Reconnaissance Battalion, 3rd Marine Division.

Photo by Lance Cpl. Savannah Mesimer

8月15日、北 海道 大 演習場にて日米 合 同 訓 練「ノーザン ヴァイパー」が行なわれ、パラシュート降下を実施する海兵隊 武 装 偵 察 部 隊 。「ノーザ ンヴァイパー」は、二 国 間 の地 域 連 携を向上させ、力を合わせて脅威を妨げる訓 練だ。この部隊 は、第3海兵師団第3偵察大隊。

Northern Viper kicks off for the first time ever

U.S. Marine Corps Col. James Harp, the Marine Air-Ground Task Force commander of Northern Viper 17, and Japan Ground Self-Defense Force Col. Seiichi Iwana, deputy commander of Northern Army 11th Brigade, shake hands after landing in the MV-22 Osprey. The Osprey landed in northern Japan for the f irst time ever and the colonels gave a joint-inter view about the Osprey's capabilities. This aircraft allows Marines to have the ability to rapidly respond to any contingency worldwide.

Photo by Lance Cpl. Savannah Mesimer

日 米 合 同 訓 練「ノー ザ ン ヴァイパー」に て、MV–22の 着 陸 後 に 握 手 を交 わす 第36海 兵 航 空 群 長 の ジェーム ズ・ ハ ープ 大 佐( 左 )と、陸 上 自 衛 隊 北 部 方 面 部 隊 第11旅 団 副団長の岩名誠一1等陸 佐 。オスプレイが北日本に上陸する のは今回が初めてで、同機の性能について共同インタビュー を行なった 。オスプレイにより、海 兵 隊は世界 各地で 起こり うる緊急事態に迅速に対応する事が出来る。

Japan Ground Self-Defense Force tanks prepare to shoot targets during a bilateral live-fire training event Aug. 16 at the live fire range in Hokudaien, Hokkaido, during Northern Viper 17. The service members assaulted the target by cover and maneuver and suppressed fire from Japanese tanks and U.S. light armored vehicles. The U.S. has a vested interest in a secure Pacific; Combinedjoint exercises enhance regional cooperation between participating nations to collectively deter security threats.

Photo by Sgt. Ally Beiswanger

8月16日、北海道の大演習場にて、日米合同訓練「ノーザン ヴァイパー」の一環となる実弾訓練が行なわれ、陸上自衛隊の 戦 車 が 標 的 射 撃 の 準 備 を 整 える 。日 米 の 隊 員 達 は 戦 車 や 軽装甲車両から支援・作戦行動を取りながら消火を行なった。 米国は太平洋の安定に献 身しており、参加国との合同演習に より地 域 連 携を強める事で、共に安 全 保 障 上の 脅威を阻 止 する。

www.okinawa.usmc.mil/BigCircle/BigCircle.html • 大きな輪 • 2017年秋号 • 11-E


Marine veteran plants roots in Okinawa

Mango Mike

Story and photos by Lance Cpl. Bernadette Wildes

T

he sun is just starting to peek through the greenhouse where the crunching of the mulch can be heard. The wheels of the red wagon will roll behind a man echoing a Marine Corps cadence. In the Okinawa heat, he looks, sniffs and searches through rows of mango trees for ripe fruit to take to the market. Mike A. Miranda’s life wasn’t always this way. He joined the Marine Corps December 4, 2000, to get off the streets and away from trouble. Little did he know, he had a green thumb. In 1999, Miranda graduated high school in Orlando, Florida but denied the scholarships he was offered. “I was a very stubborn teenager,” he said. “I spent two years just getting in trouble and hanging out with the wrong people.” Miranda said his life changed forever, and if it weren’t for the Marine Corps he wouldn’t be where he is today. Miranda arrived at III Marine Expeditionary Force Headquarters Group, aboard Camp Hansen, Okinawa, Japan, for his first duty station. “I hit the ground running in May 2001, and two months later I met my wife,” he said. “I’m not one to believe in love at first sight, but I fell in love with Shino the minute I saw her.” Miranda enjoyed the beauty of the island and the love of his life so much he chose to extend his contract twice. During his second extension, he married Shino. Just seven months after their wedding, they journeyed back to the United States, where Miranda received orders to Marine Corps Air Station Beaufort, South Carolina. He was only there for a year before he deployed to Iraq for the first time. “Operation Iraqi Freedom was good and bad,” said Miranda. “We lost some friends, but we made it through.”

12-E • FALL 2017 • Big Circle • www.okinawa.marines.mil/News/BigCircle.aspx


(Left) Mike A. Miranda, also known as Mango Mike, smells a ripe mango, July 22, in Motobu, Okinawa. Miranda explains that smelling the fruit helps him know when they are ready to be harvested. Miranda, a native of Orlando, Florida, is a Marine Corps combat veteran who settled down as a mango farmer with his Okinawan family. (Right) Miranda shows the qualities of a ripe mango. He pays attention to every detail of his mangos including color, smell and size. (左) 7月22日、本部町にて熟れたマンゴーの香りをかぐマイク・ミランダさん。 果実の香りをかぐ事で収穫時期が分かると言う。フロリダ州オーランド出身で、 元海兵隊員のミランダさんは、14年の軍役を経て、沖縄の義実家でマンゴー 農家として地域に根を張っている。 (右) ミランダさんが熟れたマンゴーの質を見せる。色、香り、大きさ等、細部に 目を光らせる。

When he returned home, he prepared to leave again for another deployment in Iraq. This time was different for Miranda and his wife. “Three weeks before I left, my wife told me she was pregnant,” he said. “I was in Iraq through the whole pregnancy, but [my daughter] was my motivation to get it done and come back. Still to this day, that little girl amazes me.” Shortly afterward, Miranda became a drill instructor at Marine Corps Recruit Depot San Diego. “It was the most rewarding [experience] that I ever had,” said Miranda, when talking of his last duty station. “The impact that I had on those young men will be with me for the rest of my life.” After 14 years of service, Miranda decided it was time for something new. He wanted to serve in a different way, but asked himself, “What am I going to do now?” When Miranda and his wife were dating they walked through a grocery store in Okinawa and saw two mangos in a box. He was shocked that they cost $20. “She bought them for me and I loved them,” said Miranda. “Then she told me her father was a mango farmer and I had to meet him.” After a family dinner, Miranda quickly made an impression on his soon-to-be father-in-law, Takeshi Uehara. He told Miranda if he ever wanted to get in to the mango business he would help him. Miranda had always wanted to own his own business, and he decided the best way to do it would be through agriculture. Miranda took his father-in-law’s offer and moved back to Okinawa with his wife and daughter to start the next chapter of his life. He became a mango farmer and built eight greenhouses from the ground up alongside his brother-inlaw and Uehara. “I have to thank my father-in-law for teaching me and

encouraging me,” said Miranda, who is known locally as Mango Mike. “At first it was rough; there was a lot of work to do, but I learned a lot from him. He took me under his wing.” Uehara is thankful Miranda is there to help and eventually take over the business. “I have less work to do now,” said Uehara with a smile on his face. “I am very confident in him and his ability to run the farm.” The Marine Corps taught Miranda countless things, but one thing that stands out to him is the ability to adapt and overcome. “Blood, sweat and tears have gone into this place,” he said. “At times, it gets tough. There is a lot of work to do, but it’s such an honor to be a veteran who now owns his own business.” Miranda said he has a symbiotic relationship with his mango trees. He needs them, and they need him. It’s now 10 p.m., the light of the moon strikes Mango Mike’s face as he closes the screen door to a greenhouse. He wipes the sweat from his brow, hops in his truck and glances at how far he’s come since joining the Marine Corps 17 years ago.


❊ ❊ ❊ ❊ ❊ ❊

Attention:

From this page, articles are laid out for local national readers. Some pages do not adhere to conventional magazine layouts in English.

Mike A. Miranda and his daughter, Tiana, share a moment while prepping mangos for packaging July 22 in Motobu, Okinawa. After picking the fruit, Miranda will clean each one and sort them by weight and color before packaging them to be sold. 7月22日、本部町にてマンゴーの梱包作業

をしながら娘のティアナちゃんとひとときを過

ごすマイク・ミランダさん。果実の収穫後、重量 と色別に検品・仕分けをし、出荷へ向けて梱包 を行なう。

農業

張 根を

で 沖 縄に

マイク

隊員

❊ マンゴー る

朝日がビニールハウスに差込む頃、中では敷き詰められた藁を 踏みしめる音が響く。 男が海兵隊の行進曲を口ずさみながら、赤い台車を引き、沖縄 の暑さの中でマンゴーの木々から出荷できる果実を目と鼻で 探す。 マイク・ミランダさんは、最初から農業に人生をかけている訳 ではなかった。 生まれ育った街での不遇な環境から抜け出す為、海兵隊に 入隊したのは2000年12月4日。当時は、自身に園芸の才が あるとは知る由もなかった。 ミランダさんはフロリダ州オーランドの高校を1999年に 卒業し、進学用の奨学金を受けたものの、それを断った。 「今思えば、生意気な10代でした」と、ミランダさんは当時を 振り返る。 彼の人生は海兵隊に入隊したことで好転し、入隊していなけれ ば今の自分はなかったと言う。 「最初の 任地は沖 縄の第三海 兵 遠 征軍 本部 郡でした。 2001年5月、本格的に活動を開始し、その2ヵ月後に妻に 出会いました。私は一目ぼれするタイプではないのですが、シノ を見た瞬間、恋に落ちました。」 最愛の人と共に沖縄の美しい自然を満喫したミランダさんは、 海兵隊の任期を2度延長し、2度目の延長時にシノさんと結婚 した。 式を挙げて僅か7ヵ月後にサウスカロライナ州のビューフォート 航空基地に転任し、 その1年後にはイラクへ初めて派遣された。 「イラクの自由 作 戦で は、喜 びも悲し みもありました 。

11-J • FALL 2017 • Big Circle • www.okinawa.marines.mil/News/BigCircle.aspx


❊ ❊ ❊❊ ❊ ❊ ❊ ❊

❊ ❊

大切な友を失う経験もしましたが、私達は使命を果たす事が 出来ました。」

捉えた。

義父の後押しもあり、妻と娘と共に沖縄へ戻って新たな人生

帰還後、ミランダさんは再度イラクへ派遣される事となった。

今回は、二人の間に予想外の事が起こった。

の一歩を踏み出した。

マンゴー農家を始めるにあたり、義父と義弟の助けを借りて

「イラクへ旅立つ3週間前に、妻から妊娠している事を

8棟のビニールハウスを建てた。

告げられました。妻が妊娠している間、私はイラクにいました

今や地元で「マンゴー・マイク」として知られるミランダさんは、

が、娘が生まれる事で『絶対に生きて帰る』と言うモチベー

「指導し、励ましてくれた義父に感謝でいっぱいです。始めた

ションにつながりました。今でも、娘は歓びを与えてくれる大切

ばかりの頃は、膨大な作業が求められました。その多くを義父

な存在です」と、ミランダさんは語る。

から教わりました。義父は、私を快く迎え入れてくれたのです」

帰還して程なく、彼はカリフォルニア州サンディエゴにある

と、話した。

海兵隊新兵訓練所の教官になった。海兵隊員としての最後の

義父の上原さんは、ミランダさんがマンゴーの栽培を手伝い、

赴任地について、ミランダさんは「最も実りある経験でした。

ゆくゆくは引き継いでくれる事に感謝を表し、 「今では作業の

若い隊員達を指導した日々は、私の一生の宝です」と、語った。

多くを 任 せており、人柄 も良く、農 場 を 運 営 する素 質も

海兵隊員として14年間仕えた後、ミランダは新しい事に挑み

たいと考えた。

あります」と、語った。

ミランダさんによると、海兵隊で学んだ事は数えきれないと

今までとは異なる道で世の中に貢献したいと思いながらも

「一体、何ができるのだろう」と、自問していた。 そんな折、結婚前に妻と沖縄のスーパーで買い物をした時の 事を思い出した。箱入りマンゴー2玉が2千円するのを見て驚 いた。

言う。中でも、適応力と克服力が最も際立つ。

「血と汗と涙がこの土に染み込んでいます。農作業は身に こたえたり、手間が掛かる事もありますが、元海兵隊員として 自分の事業を持っている事を誇りに思います」と、話した。 マンゴーの木とは、お互いを必要とする、まさに共生関係に

「妻が買ってくれたそのマンゴーは、とても美味しかった。 彼女の父はマンゴー農家だと聞いて、是非、会いたいと思いまし た。」

あると彼は語る。 時計の針が夜10時を指す頃、一日の作業を終え、ビニール ハウスの網戸を閉めるマンゴー・マイクの横顔を月明かりが

家族との夕食後、後に義父となる上原健さんは、 マンゴー 栽培を始めたくなったらいつでも教えると背中を押してくれた。 いつか起業したいと考えていたミランダさんは、これを好機と

照らす。 額の汗をぬぐい、トラックに乗り込んだ彼は、 17年前に海兵 隊に入隊してから、これまでの道のりを静かに振り返った。

www.okinawa.usmc.mil/BigCircle/BigCircle.html • 大きな輪 • 2017年秋号 • 10-J


Story and photos by Lance Cpl. Danielle R. Prentice

在沖海兵隊広報誌「大きな輪」 無料購読はこちらまで! 住所:

Address:

〒901-2300

MCB Camp S.D. Butler Bldg. #1, PAO Unit 35001 FPO AP 96373-5001

沖縄県 北中城村 石平

Email: okinawa.mcbb.fct@usmc.mil

在沖縄 米海兵隊基地

Bldg.1, PAO (UNIT 35001) 大きな輪 編集係 Eメール:

okinawa.mcbb.fct@usmc.mil

8月15日、普天間基地内のUSOビルにて 第 6 回 目 と な る イ ン グ リ ッ シ ュ・ デ ィス カ ッ シ ョ ン・ク ラ ス の 交 流 パ ー ティー が 開 か れ 、 地 域 の人々と海 兵 隊員 が 料 理 を 持 ち 寄 った 。 クラスは毎週火曜 午後6時半より 同場所で 開催。

普天間基地で 英会話クラスの日米交流パーティーが第6回目を迎える 出来たてのカレーやお菓子など、料理の 香りで部屋がいっぱいになる。8月15日、

スや祝日などの易しいトピックを提供して

ボランティアで、第1海兵 航空団所属の

います」と、染井さんは話す。

クリストファー・モンタルボ上等兵は話す。

普天間基地にて第6回目となるイングリッ

イングリッシュ・ディス カッション・

「地域の皆さんと集まる素晴らしい機会

シュ・ディスカッション・クラスの交流パー

クラスを通じて、海兵隊員と地域の人々が

でもあります。皆、積極的に英語を学んで

ティーが開かれ、海兵隊員と地域の人々が

教室外でも友情を育む事につながる。

いるので、教えるのが 楽しいです。何名

料理を持ち寄った。

「いつも同じ隊員達とグループを組みま

か の 隊員と私 、生 徒 の 皆さんで 食 事に

パー ティー は午 後6時 半 に 始 まり、

す。彼らは皆、とても親切です」と、浦添市

出かけ、英語を練習したりもします。そこで

用意されたテーブルに持ち寄った料理が

から参加する比嘉さんは話す。 「私は英語

日本 語 や日本 の文化を教 わり、私 達 の

並んだ。参加生徒と海兵隊員は、ゲームや

を上達させる為に通っています。 (会話を

士気につながると思います。地域の人々と

食事をしながら交流を楽しんだ。

する際)隊員達は、とても根気強いと思い

出会う事は、沖縄で暮らし、文化について

イングリッシュ・ディスカッション・クラス

ます。英語を話そうとすると、毎回とても

最 大 限に学ぶ 素 晴らしい 機 会です。」

は2年前に始まり、牧師室で秘書を務める

緊張します。私は英語があまり上手では

クラスで はエイサー、三 線など、常に

染 井 清 子さんが 発 起した 。キャンプ・

ないかも知れませんが、英語でコミュニ

キン ザーで 開 かれていた 英 語 クラスに

ケーションをとるのがとても楽しいです。

感銘を受けた事がきっかけだった。

隊員と話す事で緊張が和らぎます。」

様々な伝統文化の紹介が行われる。 「生徒の皆さんと島を探索したいです。 地 域と軍 人コミュニティの 親 睦を更に

「このクラスを難しく捉える必要はあり

パーティーの間、クラスの海兵隊員と

深めると思います」と、ボランティアで、

ません。異文化を持つ人々が集まり、交流

参加生徒はビリヤード、 ピンポン、物語や音楽

第1海兵航空団所属のライアン・グローバー

を楽しんでもらえれば。学びを通して日米

演奏を楽しんだ。

上等兵は話した。

の架け橋となるよう、お手伝いがしたい。

「教える側になると自分の言葉遣いに

その為、クラスではスポーツ、毎日のニュー

厳しくなり、教えながら学ばされます」と、

9-J • FALL 2017 • Big Circle • www.okinawa.marines.mil/News/BigCircle.aspx


Members of the English Discussion class pose for a photo after the 6th Marine Corps Air Station Futenma English Discussion class party Aug. 15 at the United Service Organization building on MCAS Futenma, Okinawa. The class is held Tuesday nights at 6:30 p.m. in the USO on MCAS Futenma. The English Discussion class provides a way for service members and local residents to build lasting friendships that go beyond the class.

Futenma USO hosts 6th MCAS Futenma English Discussion class party

The smell of fresh curry, baked goods and other food filled the air as Marines and local community members brought their dishes of choice to the United Service Organization building during the 6th MCAS Futenma English Discussion class party Aug. 15 on Marine Corps Air Station Futenma. Beginning at 6:30 p.m., tables were set up, and food was provided by the local students and Marines to share throughout the party while they played games and mingled. The English Discussion class started about two years ago by Kiyoko Somei, an administrative specialist at the Chaplain’s office. She was inspired by the English class aboard Camp Kinser to start this discussion class. “I don’t want people to make this class difficult,” said Somei, the coordinator of the English Discussion class. “I just want people to come and communicate with people of different nationalities. I want to help bridge the two cultures through learning. To do so, we provide simple

discussion topics in class such as, sports, daily news and holidays.” The English Discussion class provides a way for service members and local nationals to build lasting friendships that last beyond the classroom. “Every time I come, I go with the same group. They’re very nice people,” said Kaho Higa, a student who travels from Urasoe City to attend the class. “I come here to improve my English. The Marines are very patient with me. Every time I come, I always try to speak English, but I get nervous a lot. I don’t think my English is very good, but when I get to communicate in English, it is a lot of fun. Talking with the Marines helps me feel less nervous.” Throughout the party, Marines and local students of the class played pool and ping pong, told stories and enjoyed musical performances. “When I teach, I critique my own language, learning while I teach,” said Lance Cpl. Christopher Montalvo, a class volunteer and cryogenic equipment

operator with Marine Aviation Logistics Squadron 36, Marine Aircraft Group 36, 1st Marine Aircraft Wing, III Marine Expeditionary Force. “Also, being with the local community members is really cool. They’re very interested in learning English, it’s really fun teaching them. Other Marines and I meet with the local students, go out to eat and practice their English. They also teach us Japanese and about their culture. I think it builds morale. Meeting the local residents is a great way to experience Okinawa and learn all we can about the culture.” The class is constantly introducing different cultural traditions such as, Eisa, the traditional drum performance and Sanshin, a three stringed Okinawan musical instrument. “I like to explore the island with the students,” said Lance Cpl. Ryan Glover, a class volunteer and f light equipment technician with MALS-36, MAG-36, 1st MAW, III MEF. “I think it helps build the bond between the local and military community”

www.okinawa.usmc.mil/BigCircle/BigCircle.html • 大きな輪 • 2017年秋号 • 8-J


U.S. Air Force photo by Senior Airman Jordan Castelan (Right) A corpsman secures a tourniquet to a life-like mannequin during a training exercise at Camp Johnson on Marine Corps Base Camp Lejeune, N.C., June 6.

( 右 )6 月 6 日 、 ノース カ ロ ラ イナ 州 キャンプ・レジューンでの 訓 練にて、マネキンを 使 い止 血を行なう 衛生兵。 ( 左 )2015年9月 24日、ワシントン州に

(Left) Staff Sgt. Kyle Bosshart, 446th Aeromedical Staging Squadron Expert Field Medic Badge candidate, packs a bag with medical supplies at Joint Base LewisMcChord, Wash., Sept. 24, 2015.

あるルイス・マコード 統合基地での訓練 に て、救 急 バッグ を まとめる米空軍衛生兵 候補のカイル・ボスハー ト三等軍曹。

乾燥血しょうの活用により、付加装備の必要性がなくなる

衛生兵は、乾燥血しょうとその使用経験をもって派遣され

と共に、負傷者を避難させる前に衛生兵による応急処置を

る。更に2017年10月以降、全てのMARSOC派遣部隊

行なう時間が出来る。

が乾燥血しょうを装備している。

「危険 地 域へ派 遣される前 線部隊にとって、優 秀な

派 遣 先で未 使 用だった場 合、乾 燥 血しょうは検 疫へ

衛生兵の救急バッグの中に救命道具があるのは心強い事

回り、海軍衛生兵の訓練で使 用される。海軍衛生兵は

でしょう」と、グリーンは話す。

座学・実技共に厳しい訓練を受けて実践に備える。派遣前

乾 燥 血しょうは、凍 結 保 存 する必 要性 がなくなり、 幅広い温度に耐える事が出来る。特に軍事作戦中において 従来の血しょうよりも安定しており、信頼がおける。 乾燥血しょうは2年もの使用期限があり、全ての血液型 に対応する事が出来る。MARSOCが乾燥血しょうの

に実 経 験を積み 、乾 燥 血しょうのもどし方と、使 用を 要する兆候を学ぶ。 「実物を使った訓練を仲間と共有し、今や戦傷に用いら れた実例もあります。これは、命を救う事が期待される 手段なのです」と、コンウェイ大尉は話す。

使用を許可される以前、現場で防ぎえた死の主因は出血

この救命品はフランスの輸 血センターで製 造され、

多量であり、主な手当は止血と化学物質でできた血液

1994年より使用されている。食品医薬品局の認可申請

凝固剤の使用となる。

中であるアメリカでは、特別許可としてアメリカ特殊作戦軍

「血液や新鮮な血しょう、凍結させた血しょうと異なり、 その安定性から救急バッグに入れて持ち運ぶ事が出来ま

で の 使 用が 認 められている。MARSOCは、軍内で 2番目に乾燥血しょうの使用許可を得た。

す。素早くもどして点滴する事が出来るので、一刻一秒を

2010年、元特殊作戦軍司令官のウィリアム・H・マク

争う状況で時間を稼げます」と、研究責任者で、MARSOC

レイブン米海軍大将は、同盟国がイラクとアフガニスタンで

ヘルス・サービス・サポートの軍医を務めるネシア・ウィリ

乾燥血しょうの実用化に成功している事を知った。 マクレイ

アムズ米海軍大佐は話す。

ブン米海軍大将は、米軍でもこれを採用すべく計画を進め、

MARSOCヘルス・サービス・サポートで海兵襲撃連隊

ホワイトハウスと食品医薬品局による連携を早めた。

の軍医を務めるアーロン・コンウェイ大尉によると、6分

食品医薬品局の認可を得るまでの難関は、第二次世界

以内で使用可能となり、数分後に患者はバイタルサインの

大戦後のB型肝炎の流行にさかのぼる。米軍による製造・

向上が見られると言う。乾燥血しょうを使用する事により

使用が中止され、厳しい検査と製法変更が求められる様

得られた貴重な時間で充実した医療施設に患者を移送

になった。こうした惨事を防ぐ為に、現在では血しょう

する事が可能となる。乾燥血しょうの効果は、手術中と

提 供 者に対して数々の 感 染 症 検 査 が 行わ れる。乾 燥

療養中に顕著に現れる言う。

血しょうは、2020年までに食品医薬局の認可を得る事

2016年12月以降、全てのMARSOC水陸両用偵察

が期待されている。

7-J • FALL 2017 • Big Circle • www.okinawa.marines.mil/News/BigCircle.aspx


(Continued from page 4) Photo by Cpl. Jon Sosner

FDP eliminates the need for this equipment and buys precious time for corpsmen to treat the injured before evacuation. “I think it reassures Raiders that when they’re in harm’s way, they have a life-saving product in the medical bags of their very capable corpsmen,” said Green. With the need for freezing and refrigeration eliminated, FDP can sustain a wider range of temperatures and is therefore more stable and reliable than traditional plasma during military operations. The dehydrated state of the plasma allows for a shelf life of two years and is compatible with all blood types. Before MARSOC received approval to begin use of freeze-dried plasma, battlefield treatment options for hemorrhaging, the leading cause of preventable death on the battlefield, were mainly limited to tourniquets and chemical clotting agents. “It is stable in the field unlike whole blood or if we were to do fresh plasma or frozen plasma, so our guys can carry it with them in their resuscitative packs,” said U.S. Navy Capt. Necia Williams, FDP primary principal investigator and MARSOC force surgeon with MARSOC HSS. “They can quickly reconstitute it, infuse it to somebody and it buys time that is so critical.” According to U.S. Navy Lt. Aaron Conway, Marine Raider Regiment surgeon with MARSOC HSS, reconstitution happens within six minutes and patients start showing improvement in vital signs minutes later. The precious time bought using FDP allows medical personnel to transfer patients to a hospital where they can receive full medical care. Conway, MARSOCs FDP principal investigator, said during medical care, FDP’s

effects can be physically seen most in a patient when surgery and recovery is happening. Since December 2016, every MARSOC special amphibious reconnaissance corpsman deploys with a supply of freeze-dried plasma and the experience to administer it. By October 2017, every MARSOC unit deployed will be outfitted with FDP. Once the FDP has returned unused from a deployment it goes into quarantine and gets used during training exercises to prepare Navy corpsmen in its use. Corpsmen go through a rigorous academic and practical training process to prepare them for the field. They get practical experience before deploying and learn how to reconstitute and identify the indications to use FDP. “We’ve trained with it, we’ve sourced it to our guys, and now we’ve actually got the combat wounded application of the product,” said Conway. “I think it is a tip of the spear life-saving measure.” This life-saving measure is manufactured by French Centre de Transfusion Sanguine de Armees and used since 1994. They provide the U.S. with FDP while it is pending Food and Drug Administration approval and is under an Investigative New Drug protocol. Currently the use of FDP has been allowed within U.S. Special Operations Command (SOCOM). MARSOC was the second ser vice component within U.S. Special Operations Command to receive approval for use of freeze-dried plasma. In 2010, U.S. Navy Adm. William H. McRaven, thenSOCOM commander, learned that U.S. allied forces were using FDP successfully in Iraq and Afghanistan. McRaven wanted it made available to U.S. forces, so he pushed his plan and helped expedite the process between the White House and the FDA. The main roadblock getting FDA approval was the historical spike of Hepatitis B after World War II, causing the stoppage of production and use by U.S. forces, resulting in rigorous testing and changes to the original formula. Plasma donors now undergo more testing for infectious diseases to prevent similar events. Freeze-dried plasma is expected to receive FDA approval by 2020.

www.okinawa.usmc.mil/BigCircle/BigCircle.html • 大きな輪 • 2017年秋号 • 6-J


U.S. Air Force Photo by Staff Sgt. Corban Lundborg

The life of a foreign par tner nation force member was saved in August through Marine Corps Forces Special Operations Command (MARSOC)’s f irst operational use of freeze-dried plasma (FDP). The foreign ally sustained life-threatening injuries during an operation in the U.S. Central Command area of operations, requiring battlef ield trauma care made possible by MARSOC training and availability of the new product. According to U.S. Navy Lt. Eric Green, force health protection off icer, freeze-dried plasma is providing better medical care on the battlef ield. Green is the study coordinator with MARSOC Health Ser vices Suppor t. He explained that freeze-dried plasma is a dehydrated version of plasma that replaces the clotting factors lost in blood. Typically, plasma is frozen and thawed over a period of f ive days, preventing quick use in a deployed setting. Another disadvantage of traditional blood products for special operations is the need for additional equipment, such as refrigerators and electricity. This creates a higher target prof ile for special operations forces (SOF) teams, and presents a logistical challenge for Navy corpsmen. Use of such equipment, as well as timely casualty evacuation options, is not always possible during SOF missions.

(Continue to page 5) 8月、海兵隊特殊作戦司令部(通称:MARSOC)が乾燥血しょうを初めて実用化し、米同盟国の軍人 一名の命が救われた。 その軍人は、アメリカ中央軍の担当地域における作戦中に命に関わる怪我を負い、現地での治療の為に、 MARSOCの訓練や新たな救命品を頼りにしていた。 部隊の保健管理官を務める米海軍のエリック・グリーン大尉によると、乾燥血しょうは現地でより充実 した医療を提供していると言う。グリーン大尉は、MARSOCヘルス・サービス・サポートの研究員だ。 乾燥血しょうは、血液凝固因子である血しょうを乾燥させたものだ。通常、血しょうは凍結され、5日 かけて解凍・使用される。これが、派遣地での迅速な処置を妨げている。 特殊作戦に用いられる従来の血液製品の欠点は、冷蔵庫や電力のような付加装備の必要性だ。 こうした装備は現地で人目を引く事から標的となり易く、後方支援を行う衛生兵をリスクにさらす。 特殊作戦部隊の任務において、装備の使用や負傷者の迅速な救助体制が常に可能とは限らない。 (6ページへつづく)

5-J • FALL 2017 • Big Circle • www.okinawa.marines.mil/News/BigCircle.aspx


Photo by Sgt. Salvador R. Moreno

Critical Skills Operators with U.S. Marine Corps Forces, Special Operations Command reconstitute freeze-dried plasma during a Raven exercise at Camp Shelby Joint Force Training Center, Miss., May 1. CSOs go through a condensed version of FDP training to familiarize themselves with the product for use in the f ield. 5月1日、ミシシッピ州キャンプ・シェル ビー統合軍訓練場にて、 「ワタリガラス」と 呼ばれる訓練中に乾燥 血しょうをもどす 海 兵 隊 特 殊 作 戦 部 隊 の 精 鋭 隊員 。精 鋭 隊員達は乾燥血しょうの集中訓練を受け、 実践に備える。

Rugged blood for rugged men: freeze-dried plasma saves life 特殊作戦部隊の命を救う 新たな医薬品

Story by Cpl. Bryann Whitley

www.okinawa.usmc.mil/BigCircle/BigCircle.html • 大きな輪 • 2017年秋号 • 4-J


CHRISTMAS DAY 12 月25日 クリスマス  日本でも年中行事として広く楽しまれるこの日 は、イエス・キリストの誕生を祝う祭りである。  アメリカでは一般的に、 クリスマスへ向けて家族 でツリーや部屋の飾り付けを行い、当日は自宅で 定 番 のクリス マスディナーを 囲 み な がら家 族と 過ごす。 U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Jenna K. Caldwell

アメリカの 祝日

AMERICAN HOLIDAYS+

Photo by Lance Cpl. Andre Peterson

フリーマーケット日程 キャンプ・フォスター 第1土日 12:00 - 15:00 キャンプ・コートニー 第2・4土日 7:00 - 10:00 キャンプ・キンザー 第3土日 12:00 - 15:00

フリーマーケットについての情報は098-970-5829まで。 雨天の場合はキャンセルとなることがありますのでご注意下さい。 尚、出店は米軍・軍属のID所持者に限ります。

在日米海兵隊ウェブサイト(日本語)

在沖米海兵隊 ウェブサイト

3-J • FALL 2017 • Big Circle • www.okinawa.marines.mil/News/BigCircle.aspx

表 紙

1 0 月 2 6 日、 嘉 手 納 マ リ ー ナ に て ア ー ト・ プロジェクト が 行 な わ れ、 完 成 し た 友 情 の 横 断 幕 を 掲 げ る 地 域 と 米 軍 属 の 参 加 者 た ち。 今 回 の イ ベ ント は 地 域 間 の 親 睦 を 深 め る 目 的 で、 米 軍 将 校 夫 人 ク ラ ブ ( N I O S C ) が クー ピ ー ファッション ア ー ト グ ル ー プ に 協 力 を 依 頼 し た。 ク ー ピ ー ファッションア ー ト グ ル ー プ は 、 創 作 活 動 と ア ー ト 作 品 を 通 じ て 障 が い 者 を 支 援 す る N P O だ。 N I O S C は 、 米 軍 夫 人 が 友 情 を 深 め た り、 受 け 入 れ 国 の 文 化 に 慣 れ 親 し む 支 援 を 行 な う。

英語に続いて、日本語のアナウンスが流れます。


各基地渉外官への お問合せ 基地渉外官は、在沖縄米海兵隊 各基地と地域社会との架け橋 です。各基地の渉外プログラムに ついては下記までお問合せくださ い。電話でのお問合わせは以下の 通り。メールでご連絡される場合 は、okinawa.mcbb.fct@usmc.mil まで。件名の欄にお問合わせ先の キャンプ名をご記入ください。

シュワブ(名護市) [交換] 098-970-5555 [内線] 625-2544 ハンセン(金武町) 098-969-4509 コートニー(うるま市) 098-954-9561 フォスター(北谷町・他) 098-970-7766

Photo by Lance Cpl. Andre Peterson

普天間(宜野湾市) [交換] 098-970-5555 [内線] 636-2022 キンザー(浦添市) [交換] 098-970-5555 [内線] 637-1728

もくじ

大きな輪 〒901-2300 沖縄県北中城村石平 在沖縄米海兵隊基地 Bldg.1, PAO (UNIT 35001) 大きな輪 編集係 電話番号: (098) 970-9422 ファックス: (098) 970-3803 メール: okinawa.mcbb.fct@usmc.mil

大きな輪 Big Circle F A L L

2 0 1 7

4-J | 命を救う     

海兵隊特殊部隊による

初の乾燥血しょうの実用

化により米同盟国の軍人 一名の命が救われる。

  

9-J | 普天間基地で英会話

     「大きな輪」は、性別・年齢・      国籍を問わず、多くの読者の      皆様のご意見、 ご感想、 ご質問を      お 待 ちしておりま す。 氏 名、 住所、 電 話 番号を明記の上、 11-J ファクシミリ、メール、または 封 書にて上記の「 大きな輪」 編 集 係まで お送りください。 掲載させて頂いた方には、 「大 きな輪」各号を郵送いたします。

6-E | 乗って復興支援    ツール・ド・東北2017    海兵隊員が石巻市で毎年開催

新たな医薬品

クラスの交流パーティー

毎週開催の英会話クラスを きっかけに育まれる海兵

隊員と地域の人々の友情

| マンゴー・マイク:

農業で沖縄に根を 張る元海兵隊員

11-E | 日米共同訓練    「ノーザン・ヴァイパー」が        初始動    新たな年次合同有事訓練で、 海兵隊員と自衛隊員が平和維持

活動、人 道・災害支援活動を 含む様々な分野で協力

されるチャリティ自転車イベントに

参加し、東日本大震災の犠牲者の 追悼と共に復興作業を応援

4-E | コミコン沖縄

      8-E | ジョージア州出身の       海兵隊員の世界にわたる       ボランティア        故郷の人々に助けられ、苦難を     乗り越えたシャブリカ・ワドリー     上等兵が、貢献の機会を見出す

キャンプ・フォスターで漫画や

ポップカルチャーが目玉となる 毎年恒例の行事が開催され、 共通の趣味を通じてファンや アーティストが絆を深める

元海兵隊員が初任地だった

沖縄へ戻り、家族と共に

マンゴーの木々を育てる

www.okinawa.usmc.mil/BigCircle/BigCircle.html • 大きな輪 • 2017年秋号 • 2-J


大きな輪big 在沖海兵隊広報誌

2 0 17 年 秋 号

circle

1711  
1711  

Big Circle (大きな輪) 2017 Fall

Advertisement