Page 1


AN Exhibition of Autumn 2013 MAYUYAMA & CO., LTD.

The 19th Special Triennial Tobi Art Fair 18 - 20 October F r i 18 10am - 7pm S a t 19 10am - 6pm Sun 20 10am - 5pm

Venue Tokyo Bijutsu Club 6-19-15 Shimbashi Minato-ku, Tokyo 105-0004, Japan


1 . 加彩官人俑  北魏時代(386-534) H 25.7cm

A PAINTED POTTERY FIGURE OF AN OFFICIAL. Nor thern Wei Dynasty.

PROVENANCE

Collection of Yasunari Kawabata (1899-1972). Mayuyama & Co., Ltd., acquired between 1960 - 1969. LITERATURE

Mayuyama, Seventy Years, Volume One, 1976, p.62 , no.157.


北魏時代特有の文官俑であるが、衣裳の上からうちかけのような鎧を両肩から 掛けている点は、他の衣裳だけの例と異なり、軽い武装を施した、位の高い文 官というべき存在なのかもしれない。 この作品は、同手の文官俑の白眉といってよい。高官にふさわしい精悍で凛々 しい顔立ち、身体に比して華奢な腕、鎧の重厚でシャープな線、長い袖をその まま垂らした上衣の豊かなたるみ、立体的で彫刻的な下裳の表現など、北魏の 造形表現が見事に調和して、高い完成度を示している。また、加彩も然りで、 冠と背面にあらわされたベルト、鎧を繋ぐ肩掛けにはラピスラズリの青が使わ れ、上衣はやや抑え目の朱、そして鎧部分は濃い目の朱で塗り分けられている。 特に、冠と帯の青色と鎧の濃い朱色のコントラストは、殊のほか鮮やかで印象 深い。そして、両足の中央に置かれる、太刀のような長い持物を載せる台座に は、朱の上に金箔がのせられている。金箔が使用されている点は貴重であり、 この作品がいかに手の込んだものであるかを証明している。 この俑は、文豪川端康成がこよなく愛した一品として知られている。清楚な美 しい顔立ちと肢体の造形表現は、氏の美感をこの上なく刺激したにちがいない。


2 . 堆朱高士観瀑図八葉盆 元時代(1279-1368)  W 22.4cm

AN EIGHT-LOBED CINNBAR LACQUER PLATE, carved with figures looking at the waterfall. Yuan Dynasty.


3 . 螺鈿人物文器局 元時代(1279-1368)  H 16.0 cm W 16.8cm

A BLACK LAQUER CHEST, with mother-of-peral inlay. Yuan Dynasty.


4 . 堆朱龍文盒子 大明萬暦壬辰年製銘 明時代 萬暦 20 年(1592)  H 14.4cm D 32.3cm

A RED LACQUER BOX, carved with design of dragon riding the waves. Wanli mark and period to Wanli 20 (1592).

参照 北京故宮博物院 清宮旧蔵 大明萬暦壬辰年製銘 H 14.3cm D 32.3cm 夏更起 张 荣 陈丽华(2006) 『元明漆器 故宮博物院藏文物珍品体系』 上海世纪出版股份有限公司 上海科学技 术出版社 商务印书馆(香港)有限公司  p209, no.166.


萬暦期には、嘉靖期に引き続き堆朱の生産が盛んになり、嘉靖期同様在銘作品 も見受けられる。この作品も、底裏の上方に横書きで「大明萬暦壬辰年製」の 銘が入っており、干支によってこれが萬暦 20 年(1592)に制作されたことが わかる。 径が 30㎝を超える大型の盒子の上蓋面に、皇帝の象徴である五爪の龍が雄大 にあらわされ、中央に火焔宝珠、周りに霊芝雲、下方には岩と波濤が配され、 蓋と身の側面部にはそれぞれ同様の花卉唐草文、高台立ち上がりには雷文が施 されている。 迫真性ある龍の表情は出色の出来栄えを示し、いかにも官作というべき高い格 調をみせている。全く同手の盒子で同じ壬辰銘をもつ作品が、清宮旧蔵として 北京故宮博物院に収蔵されていることから、おそらく一対で制作されたもので はないかと想像される。 龍を主体とした力強くキレのある文様表現もさることながら、主文様を浮き立 たせる細密な地文様も見どころで、ここにあらわされている花入り菱繋ぎ文、 みは

波文、霞文の、巧緻な彫りのテクニックは目を瞠 るものがある。 このようなあらゆる点において、本作は、官作中の官作といっても過言ではな いレベルと云えよう。


5 . 存星龍文盆 大明萬暦乙未年製

明時代 萬暦 23 年(1595) D 20.8cm

A RED LACQUER PLATE, with a dragon and flowers design in gold and coloured lacquer inlay. Wanli mark and period to Wanli 23 (1595).

ぞん せい

存 星 と 呼 ば れ る 色 漆 で 施 文 し、 文 様 の 輪 郭 線 な ど に 金 彩 を 嵌 め 込 ん だ 漆 てん しつ

器。塡 漆 ともいわれる。見込みに設けられた稜花形の窓のなかに、雄渾な 五爪の龍を中心に、火焰宝珠、瑞雲、岩に波濤といった定番の文様があら わされている。迫力ある描写と細緻な表現が見どころ。


6 . 屈輪馬上杯

明時代(15 世紀) H 8.3cm

A CARVED LACQUER CUP OF GURI TYPE. Early Ming Dynasty. EXHIBITED

ART DEALER S' FAIR AND EXHIBITION IN TOKYO in memory of Tokyo Olympic games, 8-12 October, 1964, Catalogue no.53, P36. LITERATURE

Mayuyama, Seventy Years, Volume Two, 1976, p.105, no.208.


7 . 青花人物文盆子 大明萬暦年製銘 明時代 萬暦年間(1573-1620)  L 15.6cm

A SQUARE BOX WITH FIGURE DESIGN, underglaze blue. Wanli mark and period. PROVENANCE

Umezawa Gallery, Japan. EXHIBITED

THE CHINESE CER AMICS OF BLUE AND W HITE, Umezawa Gallery, 26 June - 18 July 1971, Catalogue no.35. LITERATURE

Mayuyama, Seventy Years, Volume One, 1976, p.324, no.969.


8 . 青花仙人文碗 大明萬暦年製銘


明時代 萬暦年間(1573-1620) W 16.8cm H 7.8cm

A BOWL WITH DESIGN OF IMORTAL FIGURES, underglaze blue. Wanli mark and period.


9 . 青花鳳凰文盤 大明萬暦年製銘

明時代 萬暦年間(1573-1620) D 17.1cm

A DISH WITH PHOENIX DESIGN, underglaze blue. Wanli mark and period.


10 . 五彩花蝶文碗 大明嘉靖年製銘

明時代 嘉靖年間(1522-1566) D 9.8cm

A DISH WITH BUTTERFLIES AND ROCKS, overglaze enamels. PROVENANCE

EXHIBITED

Alfred Clark Collection, label no.403 R .H.R Palmar Collection, label no.669 The Oriental Ceramic Society exhibition, 1950. label no.63.

官窯の五彩は、青花を併用している点で、民窯と一線 を画しているが、この作品は、青花を使わない上絵の みの五彩で、高台内にのみ青花で「大明嘉靖年製」の 銘が記されている。 このタイプの五彩は、不透明な乳白色の釉が白磁に使 われているため、赤や緑はより温かな色調になる。わ が国で古赤絵と呼ぶ民窯五彩と同じ手法であるが、赤、 緑、黄の他に、黒、紫、翠青と、多色で構成されてい る点は、官窯の格調を示している。見込みと外側面に、 こうした色釉を駆使して、岩に草花、蝶や虫が楚々と して描かれている。嘉靖官窯五彩では異色といえる作 例。成化豆彩を彷彿とさせる。

Jiajing mark and period.


11 . 青花人物文盤 大清康熙年製銘

清時代 康熙年間(1662-1722) D 17.1cm

A DISH WITH DESIGN OF FIGURES, underglaze blue. Kangxi mark and period.


12 . 青花人物文杯一対

明時代 崇禎年間(1628-1644) H 7.8cm

A PAIR OF CUPS WITH DESIGN OF FIGURES, underglaze blue. Chougzhen period.


しょう

13 . 青銅 鐘 春秋時代(前 770- 前 453)  L 20.8cm

A BRONZE "ZHONG" BELLS. Spring and Autumn.

春秋時代頃から、宗廟の礼楽を奏する楽器も重要視され、大小で音階を揃えた へんしょう

一組の編 鐘という楽器群が、大墓には必ず随葬されるようになる。 しょう

この作品も、鐘 と呼ばれる春秋時代の楽器で、下辺が湾曲しているのが特徴で つ り て

つ り て

ある。吊 手の形状により二種に分類され、このような吊 手がコ字形になったも ちゅうしょう

ちゅうしょう

のを鈕 鐘と言う。鈕 鐘は、春秋前期に出現し戦国後期まで制作された。 にゅう

器身には、突起状の乳 が左右に九つずつ付き、その間の二層の文様帯と器身下 ばん ち

半部そして天井部分には、蟠 螭 文という、数匹の龍形の獣文が細長い蛇身をく ねらせて絡み合う文様が施されている。 ばん ち

この作品の見どころは、この蟠 螭 文が極めて精緻にあらわされている点にあ ばん ち

る。全体に厚い錆に覆われているが、天井部分や器身下半部に見える蟠 螭 文は、 型とは思えないほど、浅くデリケートにそしてシャープにあらわされている。


14 . 青銅 方壷 戦国時代(前 453- 前 221) H 43.1cm

A BRONZE "HU" JAR.. Warring States Period.


15 . 青銅 戈

春秋時代(前 770- 前 453) W 25.5cm

A BRONZE HALBERD. Spring and Autumn. PROVENANCE

Purchased from Sydney L . Moss, London on 13 April 1949. Lord Cunliffe collection no. A48. EXHIBITED

The Oriental Ceramic Society, Exhibition of Early Chinese Bronzes, 7 November - 15 December 1951, Catalogue no.82 , National Museum of Wales, 1991-2002 . か

戈 と呼ばれる中国古代独特の兵器で、短剣のような両刃に対し直角に木製の長い柄を付け、ここに見られる四か所の 孔に革紐を通ししっかりと固定して用いられた。 スリムでシャープなフォルムは、実用器でありながら美感に訴えるものがあり、緑色の錆に覆われた青銅の質感も鑑 賞に値する。また、他のタイプとは異なり、刃の下部に二つの尖った箇所を付けている。これは武器としてより強度 を求めたためであるが、全体の鋭い造形表現の見どころの一つになっている。


16 . 青銅緑松石象嵌帯鉤

戦国時代(前 453- 前 221)  L 24.2cm

AN INLAID BRONZE BELT-HOOK. Warring States Period. PROVENANCE Christies's London, 10th December 1979, lot 175.

17 . 青銅鍍金虎形鎮

漢時代(前 206-220) D 5.9cm

A GILT-BRONZE TIGER-FORM WEIGHT. PROVENANCE

Han dynasty.

Kitayama Fine Arts, Tokyo, acquired in the 1970's


18 . 茶葉末双耳壷 大清乾隆年製銘 清時代 乾隆年間(1736-1795)  H 19.6cm

A VASE WITH TWO HANDLES, covered with tea dust glaze. Qianlong mark and period.

EXHIBITED

Exhibition of Qing Dynasty, Osaka Municipal Museum, 1992 , Catalogue no.163, P55.


19 . 三彩女子俑

唐時代(618-907) H 29.8cm   A THREE COLOR GLAZED FEMALE.  Tang Dynasty.

頭上もしくは後頭部で束ねた髪型、両手が隠れるほどの長さを持つ長衣に丈の長い下裳を身につけた、 唐代の宮廷女性の典型的な姿をうつした像である。それは、一見するとどこにでもありそうな俑に見え みは

るが、高い美術的価値を有している。最も目を瞠 るところは、緑の釉色である。緑は、三彩の基本色と


してほとんどの作品に見ることができるが、これほど美しい色調をもつ作品は他に例を見ないほど、抜 群の発色を呈している。その成分が、特別に精製されたものではないかと思わせるほど、一般に見られ る緑釉の色合いと格段の差が感じられる。例えて言うなら、エメラルドのような鮮麗で清澄な色調であ くん

る。これが裙 と呼ばれる長い衣裳の上部から裾下まで華麗に伸びている。この緑の釉が主調を成す後姿 は圧巻ともいえる。


20 . 黄地緑彩鳳鶴文角鉢 大明嘉靖年製銘 明時代 嘉靖年間(1522-1566)  H 9.3cm D 19.8cm

A SQUARE BOWL WITH PHOENIXES AND CRANES DESIGN, yellow and green enamels. Jiajing mark and period.

嘉靖年間の官窯では、民窯に委託して焼造させるシステムが導入されることで、文様や器形が実に多種 に及ぶようになった。 この作品も嘉靖らしさを遺憾なく発揮したものである。黄と緑の色釉を塗り分けた黄地緑彩と呼ばれる 色絵磁器は、嘉靖官窯で好んで作られた。方形の鉢も、それまでの官窯器には見られなかった嘉靖独特 ます ばち

の器形である。こうした鉢は、わが国では枡 鉢 と呼ばれ、茶の湯の世界ではとりわけ珍重されている。 ます ばち

この作品は、口径が 20 センチと大ぶりのもので、このサイズの黄地緑彩の枡 鉢 となると、類例が極めて 少なく、世に数点知られているのみである。 外側面に鳳凰と鶴が二面ずつ描かれ、口縁部には花唐草文があらわされ、文様部分には緑釉が施されて いる。それぞれの文様が画面いっぱいに、大きく伸びやかに彫りあらわされているため緑の面積が大き く、またこの緑が鮮やかに発色していることから、インパクトのある作品となっている。 素焼きした器に、陰刻で文様を施した後、ビスケット地に直接黄と緑の色釉を塗り分けて焼成している ます ばち

黄地緑彩の手法が、豪放な一面を持つ枡 鉢 の 重 厚 な 造 り に よ く 合 っ て い る の だ ろ う。 嘉 靖 官 窯 ら し い 活力を感じさせる。


21 . 黄釉大鉢 大明嘉靖年製銘 明時代 嘉靖年間(1522-1566)  H 13.6cm D 30.6cm

A LARGE YELLOW-GLAZED BOWL. Jiajing mark and period.

PROVENANCE

Lord Cunliffe Collection no.PM80. Mrs M. Constantinidi, no.31, sold at Sotheby's London on 8th July 1947, lot 65. Bluett & Sons in 1947.


22 . 黄釉盤 大明嘉靖年製銘

明時代 嘉靖年間(1522-1566) D 17.6cm

A YELLOW-GLAZED DISH. Jiajing mark and period.


23 . 瑠璃釉盤 大明萬暦年製銘

明時代 萬暦年間(1573-1620) D 25.5cm

A BLUE-GLAZED DISH. Wanli mark and period. PROVENANCE

R .H.R . Palmar collection no.91. Sotheby's London, 28th May 1968, lot 110. E .T. Hall Collection no.312 . EXHIBITED

Monochrome Porcelain of the Ming and Manchu Dynasties, Oriental Ceramic Society, London, 27th October - 18th December, 1948, no.46.


24 . 黄釉暗花碗 大清康熙年製銘 清時代 康熙年間(1662-1722)  D 11.9cm

A YELLOW-GLAZED CARVED BOWL. Kangxi mark and period.

PROVENANCE

S.X. Constantinidis Collection Purchased by Bluett's at Sotheby's London, 8 July 1947, lot 50. Sold to the H.M.Knight account at Bluett's on 12 May 1949.

明るい淡黄色の釉の掛けられた碗の外側に、五つの花弁で構成された団花文 を四つ配し、その間には瑞雲文、裾部には簡略化したラマ式蓮弁文が陰刻で あらわされている。清らかに澄んだ黄色の釉色、やや高めの高台をもつ碗の 器形は麗しく、次代の雍正官窯へ通ずる品格を備えている。


25 . 黄釉碗一対 大清康熙年製銘 清時代 康熙年間(1662-1722)  D 14.0cm

A PAIR OF YELLOW-GLAZED BOWLS. Kangxi mark and period.

PROVENANCE

L . Wannieck, Paris.


26 . 黄釉盤 大清乾隆年製銘

清時代 乾隆年間(1736-1795) D 20.0cm

A YELLOW-GLAZED DISH. Qianlong mark and period.


27 . 緑釉八吉祥文盤 大清乾隆年製銘

清時代 乾隆年間(1736-1795) D 15.8cm

A GREEN-GLAZED CARVED DISH. PROVENANCE

Eugene Y.C. Sung Collection. Marchant, London.

Qianlong mark and period.


う きん

28 . 烏金釉瓶

清時代 康熙年間(1662-1722) H 21.0cm

A 'MIRROR-BLACK' GLAZE BOTTLE VASE. PROVENANCE

Kangxi period.

C.T. Loo & Co. Paris.

う きん ゆう

烏 金 釉 と呼ぶ強い光沢を持った黒釉がかけられた作品。ヨーロッパでは「ミラー・ブラック」と呼ばれる。 ぎょ き しょう

銘款はなく、清朝初期に海外へ盛んに輸出された黒釉磁器の系譜をひいて、御 器 廠 で焼造されたとされている。


29 . 青玉螭龍形把手付杯

清時代 19 世紀 W 10.4cm

A PALE GREEN JADE CUP, carved with a 'qilong' handle and flowers. Qing Dynasty 19th centur y.

30 . 青玉花文盒子

清時代 19 世紀 L 7.3cm

A PALE GREEN JADE BOX AND COVER, carved with a floral roundel and blossoming flowers. Qing Dynasty 19th centur y. PROVENANCE

Acquired from Spink & Son Ltd. London, 26 November 1987.


An Exhibition of Autumn 2013 2013 東美特別展 会期 2013 年 10 月 18 日(金)〜 20 日(日) 18 日(金) 午前 10 時〜午後 7 時 19 日(土) 午前 10 時〜午後 6 時 20 日(日) 午前 10 時〜午後 5 時

会場 東京美術倶楽部  3 階 ブース No.19  〒 105-0004 東京都港区新橋 6-19-15

アクセス Access 三田線「御成門駅」A4 出口より徒歩 2 分、浅草線・大江戸線「大門駅」A4 出口より徒歩 5 分、JR「新橋 駅」烏森口より徒歩 10 分、銀座線・浅草線「新橋駅」より徒歩 10 分、JR「浜松町駅」北口より徒歩 10 分 Subway:2 min. walk from A4 exit Onarimon Sta. Mita Line. 5 min. walk from A4 exit Daimon Sta. Asakusa and Oedo Line. 10min. walk from Shimbashi Sta. Ginza and Asakusa Line. JR Line:10 min. walk from Karasumori exit Simbashi Sta. 10 min. walk from North exit Hamamatsucho Sta.

繭山龍泉堂 〒 104-0031 東京都中央区京橋 2-5-9 TEL 03-3561-5146 FAX 03-3561-6716 営業時間 午前 10 時 ~ 午後 6 時 定休日 日曜・祝日

MAYUYAMA & CO., LTD. 2-5-9 Kyobashi, Chuo-ku, Tokyo, 104-0031, JAPAN TEL 03-3561-5146 FAX 03-3561-6716 Hours: Monday~Saturday: 10am - 6pm Closed on Sundays and National holidays http://www.mayuyama.jp E-Mail mayuyama@big.or.jp


AN EXHIBITION OF AUTUMN 2013  

Catalogue of Chinese ceramic art works, published for exhibition at Tobi Art Fair 2013, in Tokyo.

AN EXHIBITION OF AUTUMN 2013  

Catalogue of Chinese ceramic art works, published for exhibition at Tobi Art Fair 2013, in Tokyo.