Issuu on Google+

れ て 死 ん じ ま え 。

ね 、 君 み た い な 田 舎 者 は ね 、 大 人 し く 東 京 に 染 ま っ て れ ば い い ん だ よ 。 そ れ を ま あ 、 い つ ま で も い つ ま で

じ ゃ あ 言 わ せ て も ら う け ど ね 、 君 ね 、 み ん な が 迷 惑 し て る ん だ よ 、 君 の そ の 汚 い 言 葉 遣 い に 。 だ い た い

部 長 も 負 け ず に 立 ち 上 が る 。 そ の 弾 み で 皿 が 落 ち 、 群 衆 は こ の 二 人 に 釘 付 け に な っ た 。

せ か ら し か 。 俺 は 好 い と う 言 葉 で し ゃ べ る け ん 。 い ち い ち 東 京 の も ん に 言 わ れ た く な か 。

両 手 を バ タ バ タ さ せ な が ら 説 明 す る 部 長 に 、 県 人 は 思 わ ず 立 ち 上 が っ た 。

は 東 京 の 人 間 ば か り で や っ て き て る ん だ か ら 。 ね っ 、 君 、 郷 に 入 れ ば 郷 に 従 え と い う 言 葉 も あ る だ ろ う 。

も 耳 障 り な 言 葉 で し ゃ べ り や が っ て 。 こ の 田 舎 者 、 豚 骨 野 郎 、 山 笠 お た く 、 ホ ー ク ス 狂 。 も つ 鍋 の プ ー ル で

の 掛 け 声 と 共 に 福 岡 の 夜 の 街

震 え が お さ ま り 、 や が て 酔 い し れ た と き 、 部 長 は 客 に 囲 ま れ て い る こ と に 気 付 い た 。

博 多 駅 ビ ル の 地 下 か ら 部 長 を 担 い で 走 り 出 し た 人 間 山 笠 は 、 お い さ お い さ

田 神 社 の 境 内 で 部 長 は 発 見 さ れ た 。

を 駆 け 抜 け た 。

翌 日 、

東 京 の 会 社 は 、 と き に 地 方 進 出 で 苦 戦 す る と い う 。

ち ょ っ と 、 声 が 大 き い よ 。 も う 少 し 静 か に し た ま え 。 君 は ね 、 東 京 の 会 社 で 働 い て る ん だ よ 。 第 一 、 う ち

ふ ん ぞ り 返 る 県 人 の 向 こ う で 、 客 が ざ わ つ き は じ め た 。


県 く 珍 そ 相 人 そ ホ と し ち の 変 福 は ー こ い ょ 耳 わ 岡 拳 。 ク ろ 誘 っ に ら 君 ス で い 、 は ず 。 を た 福 に な ま ぶ 今 握 い 岡 も ん っ つ 夜 っ 。 君 県 ば た ぶ 、 た 今 、 人 し イ つ 一 ま 負 何 は よ ヤ 言 杯 ま け を 構 っ ホ い ど 、 と 聞 う と ン な う だ る い こ ね を が か ら っ て と 。 す ら ね り ち い な 人 ぽ 残 。 と ゃ る く が っ 業 机 ん の 、 ラ と を 上 。 か 体 ジ 抜 こ に あ ね を オ い な 伏 っ 。 の 聞 て す し 、 ひ け き 、 県 た よ ょ 反 よ 背 人 。 し っ り う 後 。 、 と イ の か 打 し ヤ に ら っ て ホ か 部 た 英 ン ら 長 。 語 を 。 が 語 走 で 部 り れ も 長 か 、 か け 走 ら た ら 奪 。 ん い か 返 。 し あ た あ 。 も う 、 ま た 負 け た あ 、 「 「

…」

そ う か 。 負 け て し ま っ た か 。 よ し 、 そ れ じ ゃ あ 今 日 は 私 の お ご り で や け 酒 と 行 こ う じ ゃ な い か 。 な っ 。

こ う し て 今 、 二 人 は ビ ル の 地 下 に あ る 居 酒 屋 に い る 。

そ れ 、 も う 一 杯 。

部 長 は に こ や か に 酒 を 注 い だ 。

と こ ろ で 福 岡 君 。 そ の 、 博 多 弁 の 件 な ん だ が ね 。

な ん ね 。

隣 の 席 の 客 が こ ち ら を 向 い た 。

し っ 、 静 か に 。 い や あ 、 そ ろ そ ろ ね 、 君 も 東 京 弁 に し て い い 頃 じ ゃ な い か と 思 っ て さ 。

「 な ん で ね 。 博 多 弁 で よ か ろ う も ん 。 別 に 、 誰 に 迷 惑 か け と る わ け で も な い ん や け ん 。


え え く そ 、 な ん ね 。 よ っ て た か っ て

県 人 が オ フ ィ ス に 帰 っ て 来 る と 、 社 員 は い っ せ い に 玄 関 を 見 た 。

あ あ も う 、 は が い い 。 あ い つ ら 、 ぼ て く ら し て や ろ う こ た あ る ば い 。

だ 不 福 。 景 岡 気 県 の 人 あ お け り ん で と 地 は 元 大 企 学 業 を の 卒 採 業 用 後 は 、 少 東 な 京 く の 、 会 不 社 本 に 意 就 な 職 が し ら た 、 。 彼 は 東 京 の 人 間 と 仕 事 を す る こ と に な っ た の

)

ぶ つ ぶ つ 言 い な が ら コ ー ト を 掛 け る と 、 目 を 血 走 し ら せ た ま ま 自 分 の 席 ま で 一 直 線 。

O L も 同 僚 も 、 彼 に 目 を 合 わ せ る ど こ ろ か 、 す み や か に 道 を あ け る の だ っ た 。

(

あ い つ ら 、 よ う あ げ ん こ す い こ と で き る わ 。 ね え 、 聞 い て ん て 。

彼 に 話 か け ら れ る こ と は 、 こ の 会 社 で は 罰 ゲ ー ム を さ せ ら る よ う な も の だ 。

…」

県 人 は 、 取 引 先 や ラ イ バ ル 会 社 の 社 員 の 愚 痴 を こ れ ほ ど か と 聞 き 手 に 叩 き つ け る 。

今 回 は 両 隣 の 人 間 が 席 を 外 し て い た た め 、 そ の ま た 隣 の 中 川 が 被 害 に あ っ た 。

時 間 を 読 み 間 違 え た 彼 は う つ む い て 舌 打 ち す る 。 一 方 、 時 間 を ぴ た り と 的 中 さ せ た 両 隣 の 岡 林 と 鶴 田 は 、 二

人 を 見 る な り ま た 静 か に 喫 煙 所 に 戻 っ て い っ た 。

    郷


ま た あ る 人 は 言 う 。

あ る 人 は 言 う 。

そ の 後 姿 を 見 守 っ て 、 彼 女 は 泣 い た 。

直 樹 が 通 り 過 ぎ て ゆ く 。

そ う か 。 お 前 も 幸 せ に な れ よ な 。

理 香 は 彼 を 直 視 で き な か っ た 。

何 し て る っ て 、 人 を 待 っ て る の よ 。

待 っ て い る だ け で は だ め だ 。 自 ら 行 動 し て 掴 ま な け れ ば 。

忍 耐 強 く 待 ち な さ い 。 そ う す れ ば き っ と あ な た に 幸 せ が 訪 れ ま す 。

理 香 は 後 者 の タ イ プ だ っ た の か も し れ な い 。

結 局 彼 女 は 、 通 り か か っ た 老 人 と 恋 に 落 ち た 。

彼 女 は も う 7 0 歳 に な っ て い た け れ ど 、 手 を つ な い だ 二 人 が 通 り を 歩 き き っ て も 、 拍 手 が 鳴 り 止 む こ と は な

か っ た 。

二 人 は 、 限 ら れ た 人 生 を 幸 せ に 過 ご し た 。

世 界 中 の 誰 よ り も 幸 せ に 過 ご し た 。


よ し 、 私 も 早 い と こ い い 男 見 つ け る ぞ 。

ア ク セ ル が 踏 ま れ る 直 前 。 、 女 は 理 香 の 方 に 微 笑 み か け る 。 あ ん た も お 幸 せ に ね

女 は ヒ ー ル を カ ツ カ ツ い わ せ て 車 に 乗 り 込 ん だ 。

あ た し 、 な の よ ね 。 あ あ 、 あ た し 、 つ い に や っ た わ 。

ゆ っ た り と 進 み は じ め た 車 が 通 り 過 ぎ る た び 、 た た ず む 人 々 は 拍 手 で 祝 福 し た 。

し か し 現 実 は う ま く は い か な い 。

理 香 の 理 想 を 超 え る よ う な 男 は そ う 簡 単 に 現 れ て く れ な い し 、 仮 に 現 れ た と し て も 、 そ の 男 は 別 の 女 と 手 を

∼ 」

つ な い で 消 え て ゆ く 。

は あ 、 も う 一 週 間 か 。

不 安 と 苛 立 ち が 交 錯 す る 人 待 ち 通 り 。

理 香 だ け で は な い 。 何 百 と い う 人 々 が 、 ま だ 見 ぬ 伴 侶 を 求 め て 今 日 も た た ず ん で い る の だ 。

一 ヶ お 月 う も 。 過 ぎ た 頃 、 通 り か か っ た 男 が 理 香 に 会 釈 し た 。

お 前 、 何 し て る ん だ よ 、 こ ん な と こ で 。

そ の 男 は 直 樹 だ っ た 。

今 ま さ に 結 ば れ た よ う な 女 を 連 れ て 、 理 香 の 前 で 立 ち 止 ま っ た の だ 。


何 も 考 え ず に 突 っ 立 て い る 理 香 に 隣 の 女 が 話 し か け て き た 。

全 然 来 な い わ ね 、 い い 男 。 あ ん た 、 い つ か ら 待 っ て る の 。

ナ ー を 得 た い と 思 い 、 こ の 通 り へ 来 た の だ っ た 。

相 手 に 浮 気 さ れ て い た こ と を 知 り 深 く 傷 つ い た 彼 女 は 、 き っ ぱ り と 彼 を 忘 れ る た め に も 早 く 新 し い パ ー ト

理 香 は 先 週 、 長 く 付 き 合 っ て い た 直 樹 と 別 れ た 。

で 、 様 々 な 目 的 を 抱 い た 人 々 が 通 り か か る 人 目 当 て に 集 ま っ た 。

人 待 ち 通 り

化 粧 の 濃 い 中 年 の 女 だ 。

年 に な る ん だ か ら 。

え っ と 、 昨 日 か ら で す 。

2

そ う 。 そ れ は 長 い 人 待 ち に な り そ う ね 。 あ た し な ん か も う

女 は タ バ コ を 持 っ て 腕 組 み し 、 気 だ る そ う に 煙 を 吐 い た 。

2 年 も 、 で す か 。

「 「

…」

ま あ 、 あ ん た は 若 い か ら さ 、 す ぐ に い い 相 手 が 見 つ か る ん じ ゃ な い か な っ

女 の 指 か ら タ バ コ が 落 ち た 。

「 「

目 の 前 に は 、 高 級 車 に 乗 っ た 中 年 の 男 が 助 手 席 の 窓 越 し に 微 笑 ん で い る 。

と 呼 ば れ る こ の 道 に は 、 失 恋 し た 者 、 仕 事 の パ ー ト ナ ー を 探 す 者 、 果 て は 詐 欺 を 働 く 輩 ま

長 い 直 線 の 通 り に 、 数 百 人 も の 男 女 が 並 ん で 立 っ て い る 。

    人 待 ち 通 り


し か し 、 頑 丈 に つ く ら れ た そ れ は 、 彼 の 力 で は 簡 単 に 破 れ る も の で は な い 。

一 人 ぼ っ ち に な っ た 彼 は 持 っ て い た ズ ボ ン を 地 面 に 叩 き つ け 、 引 き 裂 き に か か っ た 。

こ の 間 に 起 こ っ た 出 来 事 を 村 人 に 聞 か さ れ 、 絶 望 す る 青 年 。

ヵ 月 後 、 つ く っ た 服 を 携 え て 我 が 家 に 帰 る と 、 全 て は 人 手 に 渡 っ て い た 。

そ ん な 事 と も 露 知 ら ず 、 青 年 は 、 買 い 取 っ た 工 場 と 糸 で 服 を つ く り 続 け た 。

妻 よ は 。 い う ず い ま い じ く ぶ ゃ い ん な っ 前 い た か の な ら 、 。 、 嘘 で 男 を も と つ 、 恋 い こ 仲 た ん に わ な な け に っ じ も て ゃ 簡 い あ 単 た な に 。 い ん さ だ れ し て 。 し そ ま れ う よ な り ん あ て ん 、 た 少 、 し 早 哀 く れ こ に の 思 家 え を て 乗 き っ た 取 な っ 。 て し ま お う

青 年 は 泥 ま み れ に な っ た ズ ボ ン を 拾 い 上 げ 、 両 側 を ロ ー プ で 縛 り 、 二 頭 の 馬 を 使 っ て 引 き ち ぎ ら せ た 。

そ れ で も 、 そ の ズ ボ ン は 破 れ な か っ た の だ 。

そ の と き 、 ふ と 通 り か か っ た 労 働 者 が 憤 慨 す る 青 年 に 尋 ね た 。

2

「 あ ん た 、 す ご く 丈 夫 そ う な ズ ボ ン を 持 っ て る ね え 。 一 つ 俺 に 売 っ て お く れ よ 。


さ せ な い よ 。

ろ う う か ん 。 、 で も 。

こ の 馬 を 使 っ て 耕 す が い い さ 。 そ の 代 わ り と 言 っ ち ゃ あ 何 だ が 、 俺 に こ の 畑 を 少 し だ け 分 け て く れ な い だ

そ う か も し れ ま せ ん ね 。

こ の 馬 を 使 え ば 、 君 の 畑 は も っ と も っ と 大 き く な る ん だ ぜ 。 少 し く ら い 俺 に 分 け て く れ た っ て 、 君 に 損 は

「 「

と 彼 ら の 結 婚 を 反 対 し た が 、 女 に め っ き り 惚 れ 込

男 の 口 車 に ま ん ま と 乗 せ ら れ 、 青 年 は 馬 二 頭 と 引 き 換 え に 畑 の 一 部 を 明 け 渡 し て し ま っ た 。

そ う と し て い ま す よ

も ち ろ ん 数 ヵ 月 後 に は 、 そ の 甘 さ ゆ え に 畑 は 全 て 奪 わ れ て し ま う の だ が 。

あ の 女 は 、 あ な た を

そ ん な 彼 に も 、 美 し い 妻 が い た 。

村 の 人 々 は

ん で い っ た 。

ん で し ま っ て い る 青 年 の 耳 に は 届 か な い 。

そ れ は 見 事 に 的 中 し 、 結 婚 後 、 妻 は 彼 に ば れ な い よ う に 少 し ず つ 財 産 を

「 ∼ 「

行 い ん 商 か だ い の な 。 い 男 い ビ は い ジ ま か ネ た い ス 家 、 が の 今 あ 前 か る を ら ん 通 は だ り 服 よ が の 。 か 時 隣 り 代 の 、 だ 国 こ 。 で ん と そ な び り き ゃ け り あ 話 洒 丈 を 落 夫 持 た な ち 服 糸 出 を が し つ と た く れ 。 る て こ ね と 、 が そ で れ き を れ 加 ば 工 、 し 奥 て さ 服 ん を も た 喜 く ぶ さ ん ん じ つ ゃ く な る …」

二 つ 返 事 で 出 資 す る こ と に な っ た 青 年 は 、 男 に 言 わ れ る ま ま 、 馬 に 乗 っ て 隣 の 国 ま で 出 か け て ゆ く 。


青 年 の 家 の 前 を 一 人 の 行 商 が 通 り が か る 。

ど う も 。

や あ 、 こ ん に ち は 。

君 は い い 畑 を 持 っ て い る ね 。

い や い や 、 と ん で も な い 。

「 「

「 「 「 」

で も 、 も っ と 耕 し た ほ う が い い と 思 う ん だ が 。

そ う 、 今 日 も こ ん な 具 合 に 。

な ぜ な ら 青 年 は と て も

る ど こ ろ か む し ろ 心 配 し さ た れ 。 や す く 、 ま た 彼 の 財 産 を 狙 う 者 も 少 な く な い か ら で あ る 。

心 優 し い そ の 青 年 は 、 代 々 受 け 継 が れ て き た 豪 邸 に 生 ま れ 、 何 不 自 由 な く 育 っ た 。

ど こ か の 国 の 平 原 に 、 そ の 男 は 住 ん で い た 。

    さ れ 男

し 、 完 食 す れ ば 、 ど ん ぶ り も お 持 ち 帰 り に な れ ま す 。 こ れ ぞ 商 売 の 鏡 。 お 客 様 第 一 主 義 を 貫 く

…」

や が て 両 親 が 亡 く な っ て し ま う と 彼 は 莫 大 な 遺 産 を 相 続 す る こ と に な っ た が 、 村 の 人 々 は そ ん な 彼 に 嫉 妬 す

お 客 様 の ラ ー メ ン が 保 管 し て あ り ま す 。 番 号 札 さ え 渡 せ ば 、 い つ で も 残 し て お い た ラ ー メ ン を 味 わ え ま す


「 」

さ は ど え っ っ ん っ き 。 ぶ 。 り の で ラ す ー よ メ 、 ン 、 さ ど っ ん き ぶ 私 り が も 食 込 べ み た で ラ す ー よ メ ね ン え の 。 。 」

い え 、 そ れ は 、 違 い ま す 。

な ん で す っ て 。 7 5 0 円 も 払 っ た ん で す よ 。 早 く 私 が 食 べ た と ん ぶ り を く だ さ い よ 。

「 「

ち ょ 、 ち ょ っ と 、 待 っ て く だ さ い 。

堂 々 と 厨 房 に 入 る や 、 積 み 重 ね ら れ た ど ん ぶ り を あ さ り 始 め る 男 。 胸 ぐ ら を つ か ん で 怒 鳴 り 散 ら す 男 。 し か

し 、 来 訪 者 は 彼 ら だ け で は な か っ た 。

「 「

お い 、 残 し て お い た チ ャ ー シ ュ ー を 食 べ に き た ぞ 。

麺 、 半 分 残 し て お い た ん で す け ど 。

「 「

ネ ギ が 3 切 れ 残 っ て た は ず だ が 。

」 」

次 々 来 る お 客 に 、 つ い に 店 主 は 叫 ん だ 。

、 右 に 見 え ま す の が 、 世 界 一 大 き な ラ ー メ ン 屋 で ご ざ い ま す 。 そ の 大 き さ は な ん と 東 京 ド ー ム 3 個 分

も う 、 わ か り ま し た よ 。

「 「

「 ∼

で 、 お 店 は わ ず か 4 0 坪 に も 関 わ ら ず 、 4 2 0 0 0 坪 を 有 す る ど ん ぶ り 貯 蔵 庫 に は 、 完 全 冷 凍 さ れ た 全 国 の


「 「

…」

ス え あ は さ お ー っ り い っ 客 プ 。 が 、 き 様 だ と 確 食 、 よ う か べ あ 。 ご に た の さ ざ 先 だ 、 っ い ほ ろ ラ き ま ど う ー 残 し 。 が メ し た ど 。 ン て は じ う 帰 。 ゃ も っ な あ た い り だ よ が ろ 。 と う さ う が っ ご 。 き ざ お の い い ス ま 、 ー し ま プ た 、 。 さ と か っ お て 前 あ 、 る 捨 ん て だ た ろ ん 。 じ ゃ な い だ ろ う な 。 」

そ の 台 詞 に 、 店 主 は あ っ け に と ら れ た 。

男 が ラ ー メ ン を 食 べ た の は 一 時 間 ほ ど 前 の 話 。 代 金 も き っ ち り 支 払 っ て 出 て 行 っ た 。 残 さ れ た ス ー プ な ど 、

「 「

と っ く に 捨 て て し ま っ て い る 。

「 「

声 せ を 。 今 そ な あ 張 す う ん の り ぐ 言 だ 、 上 ス わ と ス ー れ 、 ー げ 、 プ ま 貴 プ カ を し 様 は ウ 持 て 。 、 ン っ も 誰 そ て 。 が の タ 来 ー 捨 、 い 越 て お 。 し て 客 俺 に い 様 が 迫 い が 残 っ と 帰 て し 言 ら く て っ れ る お た た 男 い 。 後 に た に 店 ス 捨 ー 主 て プ は て を う 。 ろ そ た し え て る 、 他 そ な こ い に 。 替 え 玉 を 入 れ て 、 す ぐ に 出 」

と そ の と き 、 ま た 別 の 男 が 乱 入 し て き た 。

「 ど ん ぶ り を 取 り に 来 ま し た 。


俺 は 言 っ た 。

そ れ か ら 後 の こ と は 覚 え て い な い 。

俺 は 、 過 去 の 俺 を も 殺 し て し ま っ た 。

俺 の 気 持 ち な ん か 、 今 の お 前 に は わ か り っ こ な い ん だ 。

過 去 の 俺 は 俺 に 襲 い か か り 、 も み 合 い に な っ た が 、 力 に は 差 が あ っ た 。

や 、 や め ろ 。

さ て 、 次 は お 前 に 死 ん で も ら お う か 。

目 を 覚 ま す と 、 希 望 に 満 ち た 俺 が 立 っ て い た 。

や あ 、 来 た か い 。

    お 客 様 第 一 主 義

「 「 「

替 え お え っ い 玉 。 、 を 替 く え れ 玉 っ を て く 言 れ っ 。 て い る ん だ 。

「 「 「

ず か ず か と 入 り 込 ん で き た 男 は 言 っ た 。


お い 、 ど う し た ら い い ん だ よ 。

あ い つ は 容 赦 し な い ぜ 。 ド ア を 蹴 破 っ て で も 、 こ こ に 入 っ て く る だ ろ う よ 。

突 然 、 ド ア ノ ブ が 激 し く 音 を 立 て る 。

ほ ら 、 も う 玄 関 前 ま で 来 ち ま っ た 。

な ん だ っ て 。

そ い つ は 俺 た ち を 殺 し に や っ て く る ん だ 。

ド ア を 叩 く 音 が 、 ど ん ど ん 大 き く な っ て ゆ く 。

殺 す し か な い 。 俺 も 手 伝 う か ら 、 一 緒 に 奴 を 殺 っ ち ま お う 。

パ ニ ッ ク だ っ た 。 何 も 分 か ら な か っ た 。

「 「 「

開 か れ た ド ア か ら 、 未 来 の 俺 は 勢 い よ く 入 っ て き た 。

し た な 。

俺 た ち は 二 人 が か り で 彼 を 殺 し た 。

無 抵 抗 だ っ た じ ゃ な い か 。 お 前 、 俺 を

「 「

し て な ん か い な い さ 。 俺 は あ く ま で 自 分 の 見 解 を 述 べ た だ け だ 。 信 じ た の は お 前 だ ろ う 。

過 去 の 俺 は 笑 っ た 。

ど う し て く れ る ん だ 。 俺 の 人 生 、 も う 終 わ り だ 。

俺 の 人 生 。 よ く 言 え た も ん だ な 。 俺 の 人 生 な ん か と っ く に 終 わ っ て る よ 。

「 「 「

過 去 の 俺 は 、 横 た わ る 俺 を 見 下 げ て 言 っ た 。 そ し て 、 次 に 俺 を 睨 み つ け た 。


あ あ 、 俺 だ 。

目 を 開 い た も う 一 人 の 俺 は 、 俺 に 向 か っ て 言 っ た 。

や あ 、 来 た か い 。

お 前 は 、 お 、 俺 か 。

「 」

両 腕 を 突 い て 起 き 上 が る そ の 男 は 、 ど こ か ら ど う 見 て も 俺 に 間 違 い な か っ た 。

同 じ 顔 で 、 同 じ 体 。 髪 型 ま で 瓜 二 つ な の だ 。

「 「

今 ぜ 癖 も 未 に 。 要 ま う 一 知 ま も す で 一 体 と あ 逃 る 一 人 、 の 、 げ に 緒 の ど 遭 俺 出 だ だ 俺 う 遇 と し な 。 は な に い 、 っ 混 っ た 、 右 て 乱 て い 俺 手 る す も く は の ん る 、 ら 過 人 だ 俺 過 い 去 差 。 を 去 の の し 俺 俺 、 の 指 に で お 俺 で 、 、 も だ 鼻 お も し け う の 前 ろ ど 一 下 は そ な 人 を 現 う 。 の こ 在 に 俺 す の 見 っ は 俺 つ た 。 め 。 未 そ る 来 し も て の う 、 俺 一 も 人 う と の す い 俺 ぐ う 。 未 存 来 在 の ま 俺 で が 持 こ ち こ 出 に し や て っ き て た く 。 る は ず だ

家 に 帰 る と 、 俺 が 倒 れ て い た 。

    日 常


ショートな奴ら〜其の二〜