Issuu on Google+

だ っ て 死 ぬ ほ ど 愛 し て る か ら 。

俺 は 、 そ っ と 引 金 に 人 差 し 指 を か け た 。

今 夜 あ た り 、 四 つ に 組 み 合 っ た ら 負 け る か も 。

近 頃 ど ん ど ん 殺 し の 手 口 は 残 忍 に な っ て い く し 、 腕 力 も 増 し て る 気 が す る 。

ま あ 、 妄 想 は こ ん な と こ に し て 、 今 日 こ そ も う 駄 目 か も し れ な い 。

う わ っ 、 歯 を め く っ て 、 顔 つ っ こ ん で 、 お え っ 。

あ 、 お 前 に は 。 ご め ん よ 、 ご め ん よ 。

あ い つ の こ と 殺 せ る か な 。 い や 、 た ぶ ん 無 理 だ ろ う 。


い い じ ゃ な い で す か 、 そ れ 。

し 、 料 理 も セ ッ ク ス も ま あ 普 通 だ 。

で も な 、 そ い つ は お 前 を 殺 そ う と す る 。

は は っ 。 そ れ は 、 ヘ ビ ー で す ね 。

夜 に な る と 決 ま っ て な 。 あ ら ゆ る 手 を 使 っ て お 前 を 殺 し に か か る ぞ 。

「 「

そ れ は 嫌 だ な あ 。 だ っ て 眠 れ な い で す よ 。

ま あ な 。 で も 、 最 高 の 女 な ん だ よ 。 そ い つ を 連 れ て 街 を 歩 く だ け で も 、 道 行 く 男 は 彼 女 に 釘 付 け に な る 。

い う い 気 ん 分 。 だ で ぜ も 。 な あ 。

最 高 の 女 な ん だ よ 。

こ の 歯 糞 女 。 い つ ま で ぎ こ ぎ こ 言 わ し た ら 気 が 済 む ん だ よ 畜 生 。 お 前 の お か げ で 俺 は 笑 い 者 な ん だ ぞ 。 っ

て か よ 、 ク ー ラ ー の 風 く ら い で い ち い ち な び い て ん じ ゃ ね え よ 。 暑 く て 眠 れ や し ね え 。 く そ 、 こ い つ ぶ っ 殺

「 ∼

し て や る 。 も う 、 一 思 い に 殺 し て や る 。

虫 歯 。 お い 、 お 前 、 真 っ 黒 じ ゃ な い か 。 お 前 、 あ あ 、 俺 は 。 俺 は 、 い つ も お 前 の 歯 ば か り 見 て 、 お 前 の

健 太 も 今 頃 こ ん な こ と に な っ て い る だ ろ う か 。

「…

裏 側 を 一 度 も 見 よ う と し な か っ た 。 あ あ 、 な ん て こ っ た 。 こ ん な に な っ て し ま っ て 。 ほ ん と 苦 労 か け た な


ど ん な プ ロ ポ ー ズ だ よ 。

あ い つ と は も う ず い ぶ ん と 会 っ て な い が 、 ま さ か 本 当 に 歯 が パ タ パ タ す る 女 と 一 緒 に な っ て

… 。

こ ん な と き に 限 っ て 、 こ の 話 が 思 い 出 さ れ る な ん て 。

こ ぎ こ っ て 。 た ぶ ん メ シ も ろ く 噛 め な い だ ろ う し 、 外 に 出 か け て で も み ろ 。 お 前 、 注 目 の 的 だ ぞ 。

な い 今 か 度 。 の 歯 医 者 は 大 丈 夫 だ 。 信 じ て く れ 。 君 の そ の 歯 、 絶 対 に 治 し て み せ る か ら 、 僕 と 、 一 緒 に な っ て く れ

言 っ と く け ど 、 そ の 歯 は 歯 医 者 に 行 っ て も 治 ん な い か ら な 。

じ ゃ あ 、 抜 い た ら い い ん じ ゃ な い で す か 。

ず る い っ す よ そ れ 。 じ ゃ あ 、 キ レ イ な 女 で 。

抜 け な い 。 抜 い た ら 死 ぬ 。

「 「

そ う な る よ な 。 だ が 、 そ れ は や め と い た ほ う が い い ぞ 。

か た や 最 高 に キ レ イ な 女 。 こ れ は 厄 介 だ ぜ 。 こ の 世 で 一 番 キ レ イ と 言 っ て も 過 言 じ ゃ な い く ら い の 顔 に ス

「…

タ イ ル 。 誰 が ど の ア ン グ ル か ら 見 て も 文 句 の つ け よ う が な い 。 ブ サ イ ク な 女 に は 劣 る が 、 性 格 も 悪 く は な い

そ う 。 う け る だ ろ 。 郵 便 ポ ス ト み た い に さ 、 上 の 歯 が 全 部 風 に な び く ん だ よ 。 蝶 番 を つ け た 扉 み た い に ぎ


え っ 、 ど ん な 女 で す か 。

そ り ゃ あ 、 キ レ イ な 女 に 越 し た こ と は な い で し ょ う 。

じ ゃ あ さ 、 お 前 ど っ ち が い い 。 最 高 に ブ サ イ ク な 女 と 最 高 に キ レ イ な 女 。

だ よ な 。 そ う 来 る と 思 っ た よ 。 で も さ 、 二 人 と も 普 通 の 女 じ ゃ な い ん だ よ 。

「 「

ブ サ イ ク な 方 は お 前 と マ ジ で 波 長 が 合 う 。 お 前 の こ と は 何 で も 知 っ て る し 、 会 話 が 無 く た っ て テ レ パ シ ー

「 「

「 「

の 歯 歯 で よ が が も う 。 パ 。 に タ 通 パ じ タ 合 風 え に る な ん び だ い 。 て 料 る 理 。 は 美 味 い し セ ッ ク ス も 最 高 。 嫁 さ ん に し た い 女 ナ ン バ ー ワ ン だ 。 で も 。

そ う い え ば 大 学 時 代 、 後 輩 の 健 太 と こ ん な 話 を し た こ と が あ る 。

あ と 3 回 の 体 当 た り で 、 も う 充 分 だ 。

ド ア は も う 限 界 。

      殺 し た い 女 、 殺 せ な い 女

一 台 の テ レ ビ を 乗 せ た ト ラ ッ ク は 、 惜 し げ も な く 産 廃 処 理 場 へ ひ た 走 っ た 。

夜 明 け 前 。


じ ん わ り と 消 え ゆ く ス ポ ッ ト ラ イ ト 。

青 年 は 深 々 と 頭 を 下 げ る 。

あ り が と う ご ざ い ま し た 。

そ れ に 合 わ せ 、 彼 は ゆ っ く り と 瞳 を 閉 じ た 。

お お 、 こ れ だ こ れ だ 。

こ れ で 最 後 か 。 な ん だ か 切 な い も ん で す ね 。

「 「

一 同 は 静 ま り 返 っ た 。

新 し い 世 界 を つ く る 。 だ か ら ね 、 ど う か こ れ だ け は 覚 え て お い て 欲 し い 。

君 は 、 人 を 幸 せ に す る た め に 生 ま れ た ん だ 。 そ れ だ け は 絶 対 に 忘 れ ち ゃ い け な い よ 。

そ う だ な 。 で も ま あ 、 売 れ ね え ん だ か ら 、 そ り ゃ 仕 方 ね え よ 。 お 役 御 免 っ て や つ だ わ 。


こ の 会 場 で 一 番 大 き な 彼 の 体 が 、 こ ん な に も 弱 っ て 見 え る と は 。

大 き な 体 。

が 。 ど う で す か 皆 さ ん 。 私 の 人 生 は 、 お も し ろ か っ た で し ょ う か 。 私 も 、 今 と な っ て は 見 た と お り の 老 体 で す

ま し え さ す ょ 切 れ 時 。 う れ る 代 。 な こ は 今 い と 変 日 ほ で わ ま ど し っ で の ょ て 、 人 う ゆ 私 々 。 き を を で ま 支 幸 も す え せ 私 。 て に た と い し ち て た て は つ だ き 、 も い た そ な た 。 れ く 皆 私 で 速 様 が も い に 温 私 ス 心 め た ピ か 、 ち ー ら 守 は ド の り 進 で 感 抜 化 移 謝 い を り を た 止 変 込 こ め わ め の な っ て バ い て 、 ト 。 ゆ 引 ン 私 く 退 を は 。 の 、 も き 挨 今 う っ 拶 、 、 と と こ 十 皆 代 こ 分 さ え に に ん さ 置 生 も せ く き 、 て こ ま い い と し つ た に た か だ し 。 淘 き ま 数 汰

鳴 り 止 ま な い 拍 手 の 中 、 青 年 が 叫 ん だ 。

行 か な い で く だ さ い 。 ま だ 、 あ な た か ら 学 び た い こ と が た く さ ん あ る ん で す 。

彼 は に っ こ り と 笑 っ て み せ た 。

「 私 が 君 に 教 え る こ と な ん て 、 も う 何 も 残 っ ち ゃ い な い よ 。 第 一 、 も う と っ く に 君 の 時 代 じ ゃ な い か 。 君 が

し か し な が ら 聴 衆 は 誰 一 人 飽 く こ と な く 、 夢 中 で 重 鎮 の 声 を 拾 お う と し た 。

ス ピ ー チ は 延 々 と 続 い た 。


り も 早 く 世 間 に 伝 え ま し た 。

号 、 浅 間 山 荘 、 ベ ル リ ン の 壁 に 阪

彼 の 波 乱 に 満 ち た 人 生 は 、 み る み る 聞 く 者 を 引 き 込 ん で ゆ く 。

懐 か し さ の よ う な 、 故 郷 の 風 の よ う な 、 安 感 漂 う 声 の 色 。

り 。 そ こ か ら 私 の キ ャ リ ア は ス タ ー ト し た ん で す ね 。

あ の 頃 の 私 に は 、 知 ら な い 情 報 な ん て あ り ま せ ん で し た よ 。 ア ポ ロ

11

神 淡 路 大 震 災 。 た く さ ん の 従 業 員 を か か え 、 様 々 な 場 所 に 赴 か せ て は 最 新 の 情 報 を 集 め て き て 、 他 の ど こ よ

頃 の 私 は 道 端 に 立 っ て 大 道 芸 人 の よ う な 仕 事 を や っ て い ま し た っ け 。 人 々 を 笑 わ せ た り 、 時 に は 熱 狂 さ せ た

な っ て し ま う よ う な 子 供 は い な か っ た 。 き っ と 現 在 の よ う に も の が れ て い な か っ た か ら で し ょ う ね 。 あ の

で し た よ 。 人 々 は 助 け 合 い 、 励 ま し あ い 、 共 に 時 間 を 共 有 し た も の で す 。 そ う 、 今 み た い に 一 人 ぼ っ ち に

席 し て い た だ い て お り ま す 方 々 の 大 半 が 、 そ の と き に は ま だ い ら っ し ゃ い ま せ ん で し た ね 。 本 当 に 良 い 時 代

彼 は ま た 深 く 息 を 吐 い た 。

こ の 人 生 、 ま っ た く 色 ん な 仕 事 に 就 い た も の で す 。 広 告 の 仕 事 も し か り 。 小 さ な も の か ら 大 き な も の ま

「…

で 。 車 に 家 に 、 で も 、 一 番 売 っ た の は 、 や っ ぱ り 夢 で す か ね 。

今 の 話 は 彼 の 十 八 番 。 そ ら 来 た と 言 わ ん ば か り に 、 一 同 は 大 い に 笑 う 。

あ れ は 第 二 次 大 戦 の 大 敗 か ら 復 興 し 、 日 本 が す っ か り 活 気 を 取 り 戻 し て い た と き の こ と で し た 。 本 日 出


照 明 は ス イ ッ チ を 入 れ た 。

え 、 そ れ で は

闇 の 中 に 、 ふ と ス ポ ッ ト が 降 り る 。

「 ∼

で は 、 ご 挨 拶 を 。

、 そ ろ そ ろ 始 め た い と 思 い ま す 。

皆 さ ん こ ん ば ん は 。 本 日 は こ の 様 な 場 を 設 け て い た だ き 、 た い へ ん 感 謝 し て お り ま す 。

出 席 者 は 、 と び き り に こ や か な 顔 を し て 、 彼 に 注 目 す る 。

私 が 世 の た め に 働 き は じ め て か ら 、 い っ た い ど れ く ら い の 月 日 が 経 っ た で し ょ う 。 そ れ は 、 数 え る だ け で

も 気 の 遠 く な る 、 長 い 長 い 歴 史 で す 。

彼 は 息 を 深 く 吐 き 、 力 強 く も 優 し い 口 調 で 話 し 始 め た 。

      引 退 セ レ モ ニ ー

願 っ た 。

そ れ ぞ れ の 扉 か ら 降 り る と き 、 息 子 た ち は 父 の 存 命 を


止 ま り ゆ く 車 窓 は 、 昔 な じ ん だ 故 郷 の 景 色 。

列 車 は ま も な く 終 着 駅 に 着 こ う と し て い る 。

そ れ が 彼 の さ さ や か な 夢 だ っ た 。

り た い 。

い つ か 自 分 が 運 転 す る 列 車 に 、 子 ど も た ち を 乗 せ て 走

る 家 だ 。 族 っ を た ろ 。 く に か ま っ て や れ な か っ た こ と も 悔 や ま れ

毎 日 大 勢 の 人 々 を 乗 せ て 走 っ た が 、 彼 の 人 生 は 孤 独

こ の 車 両 で 過 ご し た 。

移 ろ い ゆ く 車 窓 の 景 色 を こ よ な く 愛 し 、 一 日 の 大 半 を

制 服 姿 。 乗 務 員 。

そ の 男 は 運 転 席 に 座 っ て い た 。


帰 る に 帰 れ な か っ た 故 郷 に 向 か っ て 、 列 車 は 走 る 。

族 と 疎 遠 に な っ て し ま っ た 。

仕 事 に 明 け 暮 れ 、 仕 事 に 操 ら れ 、 気 付 け ば ず い ぶ ん 家

や が て ト ン ネ ル の 車 窓 に は 、 く た び れ た 自 分 の 姿 。

は 再 び 動 き だ し た 。

携 帯 を 左 耳 か ら 剥 が し 、 指 定 の 席 に 腰 掛 け る と 、 列 車

れ 車 ス 。 窓 ー の ツ 向 姿 こ 。 う ビ に ジ は ネ 、 ス せ わ 。 し な く 待 ち わ び る 人 々 の 群

そ の 男 は 次 の 駅 で 乗 車 し た 。

て 、 列 車 は 走 る 。

出 て 以 来 、 一 度 も 帰 る こ と の な か っ た 故 郷 に 向 か っ


い つ し か 車 窓 は 、 都 会 の 景 色 に 変 っ て い る 。

ろ う か 。

た こ の 自 分 を 、 い っ た い 誰 が 笑 顔 で 迎 え て く れ る の だ

思 春 期 よ り 今 日 ま で 、 ど こ ま で も い い 加 減 に 生 き て き

う つ ろ な 意 識 、 遠 い 記 憶 の 断 片 。

車 窓 の 景 色 は 、 男 に 眠 り を 勧 め て い る 。

ジ ャ ー ジ 姿 。 セ カ ン ド バ ッ グ 。

そ の 男 は 2 車 両 先 に 座 っ て い た 。

懐 か し さ の 漂 う 故 郷 に 向 か っ て 、 列 車 は 走 る 。

て き た 。

す こ と す ら な く な っ た が 、 輪 郭 は お ぼ ろ げ な が ら

寝 食 を 共 に し た 幼 な じ み も 兄 弟 も 、 今 で は 連 絡 を 交 っ わ

を 盗 ん で 叱 ら れ 、 冬 は 足 が 雪 に 埋 も れ た 。


と 流 れ て ゆ く 。

車 窓 は 田 舎 の 景 色 を 切 り 取 り 、 無 声 映 画 の よ う に 淡 々

ジ ャ ケ ッ ト 姿 。 旅 行 。

そ の 男 は 6 両 目 に 乗 っ て い た 。

こ れ は 、 3 人 の 男 を 乗 せ た 列 車 の 話 で あ る 。

      車 窓

店 の 客 全 員 ず っ こ け た 。

や っ ぱ カ ツ 丼 よ ね

∼ 」

彼 は 幼 い 頃 、 こ ん な 場 所 に 暮 ら し て い た 。

田 ん ぼ で 蛙 を 追 い か け 、 夏 は 蝉 が 鳴 き 喚 き 、 隣 家 の 柿

肉 汁 ?

あ ふ れ 出 す 肉 汁 。


う お ぉ ぉ ぉ ぉ ! ! !

く そ っ た れ が あ っ お そ ば 。

目 の 前 に も 、 偶 然 そ ば 屋 が あ っ た 。

が き れ い に 割 れ る 。

涼 子 は 、 し ば し 立 ち 込 め る 甘 い 香 り に 酔 い し れ た 。

品 の い い 竹

高 鳴 る 喉 を 駆 け 抜 け る 生 唾 。

目 を 閉 じ て 、 口 い っ ぱ い に 頬 張 っ た 。

さ く っ と 響 き 渡 る 歯 ご た え 。

曲 が り 道 を 一 本 間 違 え 、 そ う と も 知 ら ず に 取 り 返 し の つ か な い と こ ろ ま で 来 て し ま っ た 。

プ レ ッ シ ャ ー に 負 け 、 緊 張 を 切 ら し た の は 彼 女 だ っ た 。

追 い 抜 い た 5 人 組 、 2 人 組 、 中 年 の 男 が 、 視 界 に 入 っ て は 次 々 と フ レ ー ム ア ウ ト し て ゆ く 。


今 、 揚 げ ら れ た 海 老 天 を 乗 せ て

透 き 通 っ た だ し 汁 に そ ば が す る り 。 と 入 る 。

涼 子 え の っ 視 。 界 を 、 右 か ら 左 へ 移 動 す る 物 体 。

反 め 対 だ ぇ 車 っ 線 。 っ の 。 男 が   道 路 を 駆 け 足 で 横 断 し て く る 。

ス リ ッ ト が び り り と 音 を 立 て る 。

強 靭 な バ ネ で 大 き く 振 り 出 し た 涼 子 の 右 足 が 左 足 を 引 っ 張 り 、 彼 女 を 走 ら せ た 。

体 は 左 に 倒 れ 、 角 を 曲 が り 、 後 ろ を 振 り 返 る こ と な く 無 心 で 走 る 。

男 の 影 は 迫 っ ��� こ な か っ た 。

勝 っ た 。 あ と は 、 並 ん で さ え い な け れ ば 。

涼 子 は 祈 っ た 。

誰 も 並 ん で な い 。 こ り ゃ ラ ッ キ ー 。 っ て 、 そ ば 屋 が な い 。 は あ っ 。

急 ブ レ ー キ の 衝 撃 で 左 足 の ヒ ー ル が 飛 ぶ 。

涼 子 は ゆ っ く り と 来 た 道 を 振 り 返 っ た 。


な ん で こ ん な に キ ツ い 思 い を し て ま で そ ば を 食 べ な け れ ば な ら な い の か 。

か か と は す で に 出 血 し て い る と み え る 。

涼 子 は 男 の 1 人 に 肩 を ぶ つ け た 。

じ ゃ あ じ ゃ ね え よ っ 。

そ の 挑 発 的 な 台 詞 が 彼 女 に 火 を つ け た 。

う ん 。 じ ゃ あ 、 そ ば で い い や 。

手 前 は の っ ビ 。 ル か ら 、 若 い 男 が 二 人 、 本 線 に 流 入 し て き た 。

も う 、 そ ば な ん て ど う で も い い 気 が し て く る 。

し か し 、 涼 子 の 足 は 止 ま る ど こ ろ か 、 さ ら に 加 速 し て ゆ く 。

人 組 を 追 い 抜 い た 。

も う 後 に 引 け な い 。 絶 対 食 べ て や る 。 そ ば 、 お そ ば 。

「… ∼

勢 い の ま ま に 、 つ い に 涼 子 は

あ と は 2 、 3 0 メ ー ト ル 歩 い て 左 に 曲 が る だ け 。

5

激 し い デ ッ ド ヒ ー ト を 制 し た 彼 女 は 腕 時 計 に 目 を や っ た 。

十 二 時 三 〇 分 。

「 は あ 。 や っ た 。 海 老 天 そ ば 。

ひ と た び 緊 張 を 切 ら し た ら 、 一 息 つ か ず に あ の 世 行 き だ 。


ら に 武 が あ る 。

自 分 の 方 が そ ば 屋 側 。 平 行 し て 同 じ 位 置 に い た と し て も 、 向 こ う は 通 り を 横 断 し な け れ ば な ら な い か ら こ ち

残 る は 反 対 車 線 を 同 方 向 に 歩 く 若 い 男 が 一 人 。

あ と 1 0 0 メ ー ト ル と い う と こ ろ で 、 彼 女 は 快 調 な ペ ー ス で 1 0 人 を 抜 き 去 っ た 。

ス リ ッ ト 引 き 裂 か れ ん ば か り に 股 を 開 い て 、 男 を 抜 き 返 す 。

え え く そ っ 。

を 突 き 、 ダ ブ ル の 背 広 を ま と っ た サ ラ リ ー マ ン が 涼 子 を 追 い 越 す 。

全 員 ご ぼ 天 、 い や 、 ご ぼ う 抜 き よ 。

果 敢 に 抜 き 返 そ う と 企 ん で い る 者 た ち の 進 路 を ブ ロ ッ ク し な が ら 、 涼 子 は 頭 を 悩 ま せ る 。

問 題 は 、 2 0 メ ー ト ル ほ ど 前 方 に い る 若 い 男 の 5 人 組 。 な か な か 差 が 縮 ま ら な い 。

か か と が 。 く そ 、 負 け る か い 。

背 後 に は 十 数 人 の 追 跡 者 。

反 対 車 線 の 男 も 明 ら か に 彼 女 を 意 識 し て い る し 、 前 方 の 集 団 の 一 人 も 、 ち ら ち ら こ ち ら を う か が っ て い る 。

臨 戦 態 勢 。

す で に 並 ん で い る 可 能 性 を か ん が み れ ば 、 彼 女 の ミ ッ シ ョ ン は 明 ら か だ 。


し て い る 。

視 界 は 良 好 。 彼 女 は 涼 子 。

背 後 か ら さ り げ な く コ ー ス に 入 っ て き た 男 を 見 逃 さ ず 、 そ れ を ブ ロ ッ ク す る よ う に 、 彼 女 は ス タ ー ト し た 。

寝 る 前 に は ヒ ン ズ ー ス ク ワ ッ ト を 4 セ ッ ト 。

行 き の バ ス の 中 で は つ り 革 を 掴 ま な い よ う に 心 が け て い る し 、 徒 歩 で 帰 宅 し て い る 。

あ の と き の 自 分 と は 違 う 。

十 二 時 十 六 分 。 彼 女 は 道 の 入 り 口 に 立 っ た 。

し か し な が ら 、 も う 彼 女 に 他 の 選 択 肢 は な い 。

こ の 時 間 帯 、 そ ば 屋 ま で 5 分 の 長 い 直 線 道 は 、 群 雄 割 拠 の ブ ラ ッ デ ィ ス ト レ ー ト と 化 し て い る 。

決 断 し た 。

一 度 目 は 戦 意 喪 失 で リ タ イ ア 。 二 度 目 は 完 歩 で き る は ず だ っ た が 、 7 人 に 抜 か れ た こ と に よ り 、 リ タ イ ヤ を

彼 女 は そ の 道 で 過 去 に 二 度 失 敗 し て い る 。

大 丈 夫 よ 。 大 丈 夫 。

今 さ ら の 紹 介 で 気 が 引 け る が 、 涼 子 の 目 前 に は 、 ざ っ と 1 5 人 程 の 男 女 が エ ル ド ラ ド を 目 指 し て 一 心 に 南 進

道 の 先 を 左 に 曲 が る ま で 店 の 状 況 は 確 認 で き な い 。

そ の 道 は 、 か 弱 い 女 が 通 過 す る に は 、 あ ま り に も 過 酷 だ っ た 。


店 に た ど り 着 い た ら 十 二 時 二 一 分 。 お そ ら く 5 人 く ら い 並 ん で い る だ ろ う か ら 、 店 に 入 っ て 十 二 時 二 八 分 。

今 う な ら ん 引 、 き お 返 そ せ ば る 。 。 ど う す る 。

席 に 着 く と 同 時 に 注 文 す れ ば ロ ス タ イ ム ゼ ロ 。 満 席 時 は そ ば が 出 て く る ま で に 3 分 て と こ だ ろ う か ら 十 二 時

三 一 分 。 多 少 は 味 わ い た い か ら 十 二 時 四 一 分 。 前 回 は 1 6 分 で 帰 れ た 実 績 が あ る 。

い け る 。

「 ∼

と 呟 い た 矢 先 、 彼 女 の 歩 は 止 ま っ た 。

え っ 、 こ こ 通 れ な い ん で す か 。

す い や せ ん 。 工 事 中 な も ん で ぃ 。

歯 の 抜 け た 男 が 片 手 間 に 返 し た 。

そ う よ ね 。 今 日 の ペ ー ス な ら 、 も と も と あ の 道 じ ゃ な い と だ め だ っ た わ よ ね 。

「 「

人 間 、 こ う い う と き の 気 転 は 早 い も の だ 。

こ り ゃ や ば い な 。


お を つ

間 と い う 短 さ に は ら は ら し つ つ も 月 一 回 ほ ど の ペ ー ス で 通 っ て い る 。

お い し か っ た の は も ち ろ ん だ が 、 接 客 も 含 め 、 女 性 で も 一 人 で 来 店 で き る 雰 囲 気 が あ っ た の で 、 以 来 、 一 時

彼 氏 と の ド ラ イ ブ 中 、 休 み の 日 に そ ば な ん て と 思 い な が ら も 、 二 人 は 店 に 入 っ た 。

会 社 か ら お よ そ キ ロ 先 に あ る そ の そ ば 屋 は 、 彼 女 が オ フ の 日 に た ま た ま 見 つ け た も の 。

自 転 車 を 起 こ し 、 雄 叫 ぶ 中 年 を 尻 目 に 、 彼 女 の ヒ ー ル は ビ ー ト を 増 し た 。

や ば い 。

腕 時 計 は 十 二 時 七 分 。

は っ 、 す み ま せ ん 。

っ て 何 よ 。 何 で も か ん で も

ま ず 第 一 の 信 号 。 こ こ は 問 題 な い 。

す ぐ に 青 に 変 わ っ て 、 彼 女 は か つ か つ 歩 き 出 し た 。

…」

、 お 客 様 担 当 尾 崎 が お 承 り い た し ま す っ て

難 は 関 な 、 の お は そ 第 ば 二 食 の べ 信 た 号 い 。 。 一 お 度 そ 赤 ば に 、 な お る そ と ば 3 、 分 お は そ 変 ば わ 。 ら と な こ い ろ 。 で

卑 猥 な 会 社 名

け れ ば い い っ て も ん じ ゃ な い で し ょ 。 お 局 。 お 給 料 。 お ト イ レ 行 っ て き ま す 。 お 電 話 あ り が と う ご ざ い ま

1.5

す 、 大 麦 若 葉 の オ ー チ ン チ ン

「 ∼

気 付 け ば 第 二 の 信 号 は 赤 に 変 わ っ て い た 。

渡 り き れ ば 時 刻 は 十 二 時 十 一 分 。

ビ ル を 飛 び 出 し た 彼 女 を 避 け よ う と 、 中 年 男 が 転 倒 す る 。


よ し 、 い け る 。

そ う 思 っ た と き に は 、 壁 の 時 計 は 十 二 時 四 分 を 告 げ て い る 。

お そ ば 食 べ た い 。

時 々 訪 れ る こ の 衝 動 。 彼 女 は 残 さ れ た 5 6 分 を ざ っ く り シ ミ ュ レ ー シ ョ ン し て み た 。

…」

勇 み 足 で ロ ッ カ ー を 開 け 、 バ ッ ク を ま さ ぐ り 財 布 を 手 に し た 。

ね え 、 お 昼 ど う す る 。

…」

え っ 、 あ た し は い い 。 今 日 は

「 「 「

「 「

1 2 う 3 4 5 宙 階 階 。 階 階 階 に 。 。 。 。 。 浮 い 新 あ 何 ど 込 た そ の を う み 言 ば だ ト せ 具 葉 新 し ッ オ 合 を そ は ピ ッ は 置 ば 何 ン サ ど き グ ン う 去 で し ば か り と よ っ な に っ て う か 。 、 る か よ き 彼 の 。 。 っ 女 だ き 早 と は ろ つ い 並 閉 う ね 早 ん ま 。 、 い で り ご 。 る か ぼ ん け 天 だ の 、 ろ エ う レ あ 。 ベ あ 、 ー と タ ろ ー ろ に も 滑 い る い よ 。 う た に ま 乗 に 車 は し 奮 た 発 。 し て 海 老 天 と い こ

「 「

「 新 そ ば 。

      お そ ば 食 べ た い


ショートな奴ら〜其の五〜