Page 1

ら 、 み な さ ん 、 く れ ぐ れ も 壁 に 掛 け ら れ な い よ う に 注 意 し て く だ さ い ね 。

そ う な ん で す か 。 で も 私 が 調 べ た 本 に よ る と 、 家 の 中 の 壁 に 掛 け る も の 、 と 書 い て あ る ん で す が 。

そ れ は な ん と 酷 い こ と を 。 こ れ ま で も お さ ら い し て き た 様 に 、 人 間 と い う 生 物 は 非 常 に 残 忍 な も の で す か

か 3 時 に な る と 地 上 に 降 り て き て 、 時 間 を 知 ら せ て く れ る ん で す よ 、 う ん 。

…」

、 雨 が 降 る と カ ッ パ と い う 怖 い 生 物 が 空 か ら 降 っ て き て で す ね

先 生 、 雨 ガ ッ パ っ て な ん で す か 。

「 「

そ れ は 、 あ の

人 間 の 乗 り 物 に 車 と い う も の が あ り ま す が 、 そ れ と 海 の 生 物 で あ る エ ビ を あ わ せ た 車 エ ビ と い う も の が あ

る ら し い で す 。 こ ち ら も 写 真 が な か っ た ん で す が 、 先 生 は

…」

す 食 よ べ え ら え れ 、 て あ し り ま ま い す ま と す も か 。 ら 何 ね 度 え も 。 轢 み か な れ さ そ ん う 、 に 地 な 球 り の ま 道 し 路 た に と は も 恐 。 ろ 恐 し ろ い し 乗 い り で 物 す が よ 行 、 っ あ た の り 乗 来 り た 物 り は し 。 て 下 い 手 る し の た で ら

そ の 惑 星 の 上 に 、 宇 宙 船 が 停 泊 し て い た 。

…」

船 長 、 い か が で し ょ う 。 こ の 惑 星 の 生 物 は 、 我 々 人 類 と 配 合 し て 有 益 な も の と 成 り 得 る で し ょ う か 。

「 「 君 は 阿 呆 か 。 こ ん な 奴 ら と 一 緒 に な っ て み ろ 。 我 々 は も っ と 愚 か に な っ て し ま う ぞ 。


講 さ で 生 師 い 、 そ 徒 は 。 国 の は に 通 自 得 よ り 信 意 っ 。 な げ て カ さ に 味 レ げ 語 付 ー に っ け ラ 着 て も イ 席 み 異 ス し せ な は た た り 先 。 。 ま 生 す も が た 、 く 日 さ 本 ん の 頂 カ き レ ま ー し は た 特 よ に 。 お と い っ し て か も っ お た い 。 し み い な 食 さ べ ん 物 も で ぜ す ひ 。 食 本 べ 場 て は み イ て ン く ド だ 」

こ ん な 要 領 で 次 々 い き ま し ょ う 。 そ れ で は 次 の 方 。

は い 。 カ レ ー と う ど ん で 、 カ レ ー う ど ん で す 。

そ う で す ね 。 そ れ も お い し い 食 べ 物 で す 。 来 週 は 、 も う 少 し 調 べ て き ま し ょ う ね 。

講 師 は や さ し く 言 っ た 。

鳥 の 手 羽 先 と 餃 子 で 手 羽 餃 子 で す 。

ふ む 、 な か な か 良 い 目 の 付 け ど こ ろ で す ね 。

ボ ク シ ン グ と い う 格 闘 技 と エ ク サ サ イ ズ と い う 有 酸 素 運 動 で ボ ク サ サ イ ズ で す 。

先 生 は ま だ 体 験 し て い ま せ ん が 、 知 っ て い ま す 。 今 度 体 験 し て み た い で す ね 。

順 当 に 発 表 が 行 わ れ て い く 中 、 あ る 生 徒 が 立 ち 上 が っ た 。

鳩 と い う 鳥 と 時 計 を あ わ せ る と 鳩 時 計 に な る ら し い ん で す が 、 先 生 は 見 た こ と あ り ま す か 。

「 「

「 ∼

講 え 師 は っ い と っ 、 た 鳩 ん 時 顔 計 を ね 反 。 ら ま し あ た 、 が あ 、 り す ま ぐ す に と 生 も 徒 。 に あ 向 れ き は 直 、 っ 普 て 段 語 は っ 空 た を 。 飛 ん で い る の だ け れ ど 、 お 昼 の 1 2 時 と


そ の 上 に 並 べ ら れ た 五 つ の 首 に 向 か っ て 、 男 は 話 を 続 け た 。

大 広 間 の 中 央 に あ る 食 卓 。

身 振 り 手 ぶ り 話 す 男 の シ ル エ ッ ト が 一 つ だ け 、 閉 め 切 っ た カ ー テ ン に 映 し 出 さ れ る 。

山 奥 の 、 月 の 光 も 届 か な い 真 っ 暗 な 森 の 中 。

い る と い う こ と が 。 私 は そ の 人 間 を と て も よ く 知 っ て い ま す 。

私 は お 前 た ち を 許 せ な か っ た 。 私 の 人 生 を 滅 茶 苦 茶 に し た お 前 た ち を な 。

に つ い て の お 勉 強 で す 。

A+B=C

み な さ ん 、 こ ん に ち は 。 今 日 は 人 間 界 に お け る

宇 宙 の 遥 か 彼 方 。 あ る 惑 星 の ス パ イ 養 成 所 で は 、 地 球 に 潜 入 す る た め の 基 礎 講 座 が 開 か れ て い た 。

A+B=C

で は 、 そ ち ら の あ な た か ら 、 調 べ て き た も の を 発 表 し て く だ さ い 。

講 師 は 、 一 番 近 い 席 に 座 る 生 徒 を 指 名 し た 。

え っ と 、 人 間 界 に は カ レ ー と い う 食 べ 物 が あ り ま し て 、 熱 々 の カ レ ー を ラ イ ス に か け る と カ レ ー ラ イ ス に

な り ま す 。

着 し て か ら す ぐ 、 何 者 か に よ っ て つ り 橋 は 切 り 落 と さ れ て し ま い ま し た 。 わ か り ま す よ ね 、 犯 人 は こ の 中 に


男 は タ バ コ に 火 を つ け 、 大 き く 息 を 吸 い 込 ん だ 。

え ま す 。

人 は そ の 手 口 が あ ま り に も 残 酷 な こ と か ら 、 犯 人 は こ の 三 人 を 激 し く 恨 ん で い る 人 物 に 違 い な い と 、 私 は 考

ら は 現 在 、 別 々 の 仕 事 に 就 い て い ま す が 、 数 年 前 に は 同 じ 職 場 で 仕 事 を し て い た ん で す ね 。 そ し て 今 回 の 殺

質 問 が な け れ ば 、 話 を 続 け ま し ょ う 。 と こ ろ で 殺 さ れ た 三 人 で す が 、 彼 ら に は 共 通 点 が あ っ た の で す 。 彼

宿 泊 客 は 、 表 情 を こ わ ば ら せ て 見 守 っ て い る 。

て 彼 女 の 部 屋 へ 入 り ま す 。 そ こ で 待 ち 伏 せ て い た 犯 人 は 枝 野 さ ん を 殺 害 し ま し た 。

今 朝 殺 さ れ た の は シ ス テ ム エ ン ジ ニ ア の 枝 野 文 昭 さ ん 。 彼 は 、 朝 食 に 姿 を 現 さ な か っ た 白 山 さ ん を 心 配 し

男 は コ ー ト の 中 か ら タ バ コ を 取 り 出 し た 。

別 々 の 部 屋 で 寝 て い た わ け で す か ら 、 そ の 間 の ア リ バ イ を 証 明 で き る も の は あ り ま せ ん 。

し か し な が ら 、 犯 人 の 標 的 は 三 人 に と ど ま り ま せ ん で し た 。 時 田 健 さ ん と 及 川 は る か さ ん の 二 人 は 、 震

え な が ら こ の 大 広 間 に い た こ と で し ょ う 。 ト イ レ に 行 っ た き り 戻 っ て こ な い 時 田 さ ん は す で に そ こ で 殺 さ れ

て お り 、 そ の 後 犯 人 と 遭 遇 し て 逃 げ 出 し た 及 川 さ ん も 、 つ い に は 森 の 中 で 殺 害 さ れ て し ま い ま し た 。

男 は 深 く た め 息 を つ い た 。

あ ま り に も 凄 惨 な 事 件 の 全 貌 に 、 目 を 閉 じ て 聞 き 入 る 者 も あ る 。

「 み な さ ん ご 存 知 の 通 り 、 こ の 洋 館 へ た ど り 着 く た め に は つ り 橋 を 渡 ら な け れ ば な り ま せ ん 。 み な さ ん が 到


み な さ ん 、 お い で す ね 。

          ク ラ イ マ ッ ク ス

な お 気 象 庁 の 発 表 に よ り ま す と 台 風

11

以 上 、 今 日 の お 天 気 情 報 で し た 。 さ て 、 次 の ニ ュ ー ス で す 。

「…

洋 館 の 大 広 間 に は 、 宿 泊 客 全 員 が 集 め ら れ て い た 。

そ れ で は 、 今 回 の 事 件 の 全 貌 を 明 か し て い き ま し ょ う 。

黒 服 の 男 は 、 宿 泊 者 の 顔 を 一 つ ず つ 確 認 し て 話 を 続 け た 。

晩 は じ を め 楽 し の ん 犠 で 牲 い 者 た は み 会 な 社 さ 経 ん 営 全 者 員 の に 中 ア 澤 リ 慶 バ 介 イ さ が ん あ で り す ま 。 し 昨 た 晩 よ 、 ね 彼 。 は し 殺 か さ し れ 犯 た 人 わ は け 、 で 見 す 事 が に 、 中 そ 澤 の さ 間 ん こ を の 殺 大 す 広 こ 間 と で

に 成 功 し た の で す 。

宿 泊 客 た ち は 微 動 だ に せ ず 、 男 の 話 の 続 き を 見 守 る 。

「 そ れ か ら し ば ら く し て 、 み な さ ん が 眠 り に つ い た 頃 、 白 山 恭 子 さ ん が 殺 さ れ て し ま い ま す 。 み な さ ん は

号 は 、 午 後 に は 日 本 海 へ 進 み 、 温 帯 低 気 圧 に 変 わ る 見 通 し で す 。

ん み ん な に 愛 し て も ら え る ん だ 。 き っ と 。 そ う 、 き っ と 。

青 空 が 、 も う そ こ ま で 来 て る 。 次 生 ま れ 変 わ れ る な ら 、 お 前 の よ う に な っ て 。 そ し た ら 、 た く さ ん 、 た く さ


あ あ 。 も う 暴 れ る 力 も 尽 き て き た 。 思 え ば あ ま り に も 短 い 旅 だ っ た な 。

一 度 で い い 。 誰 か 俺 に 愛 を か け て く れ 。 も う す ぐ 俺 は 死 ん で し ま う ん だ 。

誰 か 俺 を 止 め て く れ 。 こ の 衝 動 を 。

ち ま う 。 い っ た い 誰 が そ う さ せ る の か 。 戻 り た く て も 戻 れ な い 。

生 を 数 日 で 駆 け 抜 け 、 命 を す り 減 ら す 。 誰 も 傷 つ け た く は な い の に 、 俺 の 体 と き た ら 、 触 れ る も の を 破 壊 し

本 当 は だ だ っ 広 い 海 の 上 で 、 ゆ る り と 漂 っ て い た い だ け 。 そ れ な の に 、 今 は 何 か に 追 わ れ る よ う に 、 長 い 人

は 伝 歴 。 説 代 に の な 先 っ 人 た た 者 ち も は 、 ど 記 う 憶 思 に っ す た ら だ 残 ろ ら う な 。 か 俺 っ と た 同 者 じ も こ 、 と や を が 思 て っ は た 消 だ え ろ て う い か っ 。 た 。 虚 し い 定 め な ん だ よ 、 俺 た ち

り だ し て 、 こ の 世 界 も だ い ぶ 狂 っ て る な 。

た び 俺 の 力 が 弱 ま れ ば 、 メ デ ィ ア も 一 気 に 商 売 相 手 を シ フ ト し ち ま う 。 俺 た ち み た い な 危 険 因 子 を 次 々 つ く

今 ま で な ら 、 お 騒 が せ 者 は た だ 一 人 。 で も 近 年 は 、 俺 が 台 頭 し た か と 思 う と す ぐ に 若 手 が 迫 っ て き て 、 ひ と

何 が 異 常 っ て 、 俺 た ち が あ る 意 味 チ ヤ ホ ヤ さ れ て る 時 間 は 以 前 に 比 べ て か な り 短 く な っ た と い う こ と 。

し か し な が ら 、 近 ご ろ は 異 常 だ 。

き も き し て な 。

や る 。 よ く 見 て ろ 、 物 好 き な ス ト ー カ ー た ち 。 左 に 曲 が る と み せ か け て 右 に 曲 が っ て や る 。 か く 乱 さ れ て や


こ う な っ た ら 俺 の 怒 り は 最 高 潮 。 恐 れ お の の け 民 衆 よ 。 お 前 た ち の 家 も 、 学 校 も 会 社 も 、 街 ご と ぶ っ 壊 し て

呆 ど も だ 。

俺 の ま わ り に は 命 知 ら ず の ジ ャ ー ナ リ ス ト だ け 。 ま っ た く 、 俺 が ど ん な に 危 険 な 奴 か も 知 ら ず 、 物 好 き な 阿

ち ょ っ と し た 旅 の つ も り で こ の 街 に 来 た だ け な の に 、 住 民 は 俺 に 構 う ど こ ろ か 、 み ん な 逃 げ て 行 っ ち ま う 。

も ち ろ ん 、 翌 日 に は 新 聞 沙 汰 だ 。

ス を 割 っ て や っ た 。

そ れ だ け で は 気 が お さ ま ら な か っ た の で 、 次 は 路 上 の バ イ ク を 蹴 飛 ば し 、 石 を 投 げ つ け て 車 の フ ロ ン ト ガ ラ

む し ゃ く し ゃ し た 俺 は 、 立 ち 寄 っ た バ ー の 看 板 を 蹴 飛 ば し た 。

先 々 で 待 ち 伏 せ し て は カ メ ラ を ま わ す 。

な の に メ デ ィ ア の 連 中 と き た ら 、 四 六 時 中 俺 を 悪 者 に し て 後 を つ け 回 す ん だ 。 お ま け に 、 俺 の 行 こ う と す る

だ 。 そ う 、 自 然 の 摂 理 っ て も ん だ ろ う 。

そ り ゃ あ 、 俺 は い い 奴 で は な い か も し れ な い 。 で も 俺 み た い な 者 が こ の 世 に 生 ま れ る の は 、 ご く 普 通 な こ と

つ い 最 近 ま で 無 名 だ っ た 俺 が 、 ひ ょ い と 世 間 に 顔 出 し ゃ あ こ の 仕 打 ち だ 。

ふ ん 。 よ っ て た か っ て 俺 を 煙 た が り や が っ て 。

          お 騒 が せ 者


よ 。 ち ょ い と 見 て い き な 。

そ れ か ら と い う も の 、 天

頭 を 抱 え る 彼 に 、 男 は 手 を 差 し 伸 べ る よ う に 言 い ま し た 。

も う 金 も な い 。 財 産 も な い 。 も う 働 け な い 。 あ あ 、 も う 終 わ り だ 。

通 り に ト ピ ン の 声 が 響 き 渡 る こ と は あ り ま せ ん で し た 。 そ れ ど こ ろ か 、 そ の 日

い い や 、 終 わ っ ち ゃ い な い さ 。 よ し 、 取 引 き し よ う 。

さ あ 、 ど う し た も の か ね 。

以 来 、 彼 の 姿 を 見 た と い う 者 も あ り ま せ ん 。

さ あ さ あ 皆 さ ん 、 寄 っ て ら っ し ゃ い 見 て ら っ し ゃ い 。 や あ 、 奥 さ ん 、 今 日 は 活 き の い い ネ タ が 入 っ て る

「 「

と あ る 王 国 の 大 通 り 。

そ の 一 角 の 賑 わ う 店 先 を 横 目 に 見 な が ら 、 貧 相 な 男 が 名 残 惜 し そ う に 通 り 過 ぎ て ゆ き ま す 。

今 の ト ピ ン は 誰 に も 語 り か け ま せ ん 。 ト ピ ン の 話 を 聞 く 者 も あ り ま せ ん 。

最 後 に 彼 は 、 商 人 の 心 を 売 り 渡 し て し ま っ た の で す 。

夜 明 け の 十 字 路 。 人 も い な く な っ た 店 先 で 、 今 日 も 仕 切 り 人 に ひ ざ ま ず く ト ピ ン の 姿 。

か な い ほ ど の 借 金 を 抱 え る よ う に な っ て し ま っ て い た の で す 。

し か し 、 男 が 毎 日 持 っ て く る 魅 惑 の ゲ ー ム に 踊 る 日 々 、 つ い に 家 ま で 奪 わ れ た 頃 に は 、 彼 は 取 り 返 し の つ


で し ま っ た の で す 。

ま る で 昨 日 の こ と は な か っ た か の よ う に 商 売 を 楽 し む ト ピ ン は 、 あ っ と い う 間 に 昨 日 の 負 け 分 相 当 を 稼 い

翌 日 。 天 通 り に は 元 気 な 声 が 響 き 渡 り ま し た 。

ト ピ ン は 急 い で 店 に 戻 り 、 宝 石 を 持 ち 出 し て 、 男 と 取 引 き し ま し た 。

の 宝 石 を 俺 に 渡 し て く れ れ ば 、 こ の 負 け 分 は 大 目 に 見 よ う じ ゃ あ な い か 。

よ し 、 そ れ じ ゃ あ 取 引 き し よ う 。 あ ん た は 確 か 、 こ の 街 の 商 人 だ っ た よ な あ 。 そ い じ ゃ あ 、 あ ん た の 店

男 は 笑 い ま し た 。

の ト な で ピ ん す ン て 。 は こ 熱 っ 狂 た し 。 ま こ し り た ゃ 。 い そ け し ね て え 気 。 付 す い ま た な 頃 い に 旦 は 那 有 、 り 返 金 す を 金 使 が い な 果 い た ぜ し 。 、 そ の 上 、 借 金 ま で つ く っ て し ま っ た

し か し 、 そ の 夜 も 例 の 店 へ と 出 か け て ゆ き 、 雄 鶏 レ ー ス で 大 き く 負 け 越 し た 後 、 再 び 取 引 き す る は め に

な っ て し ま い ま し た 。

じ ゃ あ 今 夜 は 、 あ ん た の 家 畜 を も ら お う か な 。

ト ピ ン は 何 度 で も 立 ち 上 が り ま し た 。 売 っ て は 買 い 戻 し 、 買 っ て は 売 り 。 宝 石 を 取 ら れ て も 家 畜 を 取 ら れ

て も 、 命 で も 奪 わ れ な い 限 り 彼 は 平 気 な の で す か ら 。

そ の 度 に 、 ト ピ ン は 必 死 で 働 い て 取 り 戻 し ま し た 。

仕 切 り 人 の 男 は サ イ コ ロ を 銅 の カ ッ プ に 入 れ 、 巧 み な さ ば き で い く つ か の カ ッ プ と す り 替 え て い き ま す 。


そ の 夜 も 、 店 を 閉 め る と 天

を 天 行 き 通 交 り う の 人 ト 々 ピ も ン 足 を と 止 聞 め け て ば 聞 き あ 入 い っ つ て は し 生 ま ま う れ ほ な ど が 。 ら の 商 人 だ よ

通 り を ふ ら ふ ら り 。

し か し 、 彼 に は 悪 い 癖 が あ り ま し た 。

通 り と 宿 場 通 り の 交 差 す る と こ ろ に 、 見 慣 れ な い 店 が 一 つ 。

お 、 何 だ 、 あ の 店 は 。

け 事 に て ん で 目 が な い の で す 。 と 皆 口 を

こ ん な に 遅 い 時 間 に も か か わ ら ず 、 そ こ に は た く さ ん の 人 々 が 集 ま っ て い ま し た 。

さ あ さ あ 、 も け う る ぜ け 。 る 者 は い な い か ね 。

お い 、 俺 も

ト ピ ン は 群 集 を か き 分 け な が ら 大 声 で 言 い ま し た 。

「 「

「 よ し 。 そ れ じ ゃ あ い こ う 。

え て 言 う 人 気 者 で す 。

ト ピ ン と い う 名 の 中 年 男 は 、 い つ も ニ コ ニ コ し て い て 気 前 よ く 、 ひ と た び 彼 が 話 し 始 め る と 、 忙 し く 通 り

あ る 王 国 に 、 そ れ は そ れ は 腕 の い い 商 人 が 暮 ら し て い ま し た 。

        王 国 の 商 人


そ れ す ら も わ か ら な い 。

そ れ を ラ ス ト メ ッ セ ー ジ に 、 そ れ 以 上 村 田 か ら 連 絡 は 来 て い な い 。

そ う で す か 、 わ か り ま し た 。 さ よ う な ら 。

が 浮 か ぶ 者 、 浮 か ば な い 者 。 デ ジ タ ル フ レ ン ズ の 名 前 た ち が 画 面 の 上 に 登 場 し て は 消 え て ゆ く 。

指 は 、 自 然 と ア ド レ ス 帳 を 開 き 、 ズ ズ ズ っ と 画 面 を ス ク ロ ー ル さ せ る 。 あ い こ 、 青 木 、 麻 生 、 安 部 。 顔

私 は 呟 い て 、 メ ー ル を 消 し た 。

あ あ 、 覚 え て な い さ 。 そ れ が ど う し た 。

神 奈 川 の 男 。 そ ん な 男 に 、 私 は 出 会 っ て い た の だ ろ う か 。

こ の 携 帯 で 、 私 は い っ た い 何 人 の 人 間 と 番 号 や メ ー ル ア ド レ ス を 交 換 し て き た の だ ろ う か 。

ふ い に 窓 の 外 に 目 を や る と 、 ど こ か で 村 田 が 見 て い る よ う な 気 が し た 。

私 は そ の 夜 、 飲 み に 行 か な か っ た 。


彼 な ら 、 村 田

は て 、 ど う し た も の か 。

こ れ は ま い っ た 。 覚 え て い る ど こ ろ か 、 手 が か り す ら 思 い 出 せ な い 。

と こ ろ で 、 覚 え て ま す か 。 僕 の こ と 。

の こ と を 何 か 知 っ て い る か も し れ な い 。

そ う だ 。 バ ー の マ ス タ ー に 聞 い て み よ う 。

カ ー ソ ル は 再 び ま の 行 へ 。

マ ス タ ー 、 マ ス タ ー と 。 よ し 。

耳 元 で コ ー ル 音 が 数 回 響 い た か と 思 う と 、 そ の ま ま 留 守 電 に つ な が っ た 。

く そ っ 。

私 は メ ッ セ ー ジ も 残 さ ず 電 話 を 切 っ た 。

え っ 、 覚 え て な い ん で す か 、 僕 の こ と 。

す か さ ず 三 通 目 の メ ー ル が 届 く 。

そ う し て い る と ま た 携 帯 が 震 え た 。

い や い や 、 神 奈 川 に 住 ん で い る 男 と 、 そ も そ も 私 は 知 り 合 っ た た め し が な い 。

て し ま っ た の か 。

て そ の 男 と も 交 換 し て 、 混 同 し た の か も 。 は た ま た 、 田 村 と い う 男 が い た と し て 、 て っ き り 村 田 と 登 録 し

も し か す る と 、 村 田 洋 一 と 交 換 し た と き 、 一 緒 に 盛 り 上 が っ て い た 男 が も う 一 人 い た か も し れ な い 。 そ し


お っ 、 早 い な 。

そ う 考 え た 私 は 携 帯 を ソ フ ァ に 投 げ 、 立 ち 上 が っ て 部 屋 の 中 を ふ ら ふ ら し 始 め た 。    

メ ー ル が 送 信 さ れ る 。 ど う せ 一 時 間 そ こ ら は 返 っ て こ な い だ ろ う 。

気 を 遣 っ た 私 は 、 村 田 の ほ う に 今 日 は 暇 か ね ?

し ば ら く 窓 の 外 を 眺 め て い る と 、 ソ フ ァ の 上 の 携 帯 が 震 え る 。                                        

メ ー ル を 開 く と 、 そ の 中 に は こ ん な 内 容 が 書 か れ て あ っ た 。

お 久 し ぶ り で す 。 今 日 は 暇 で す 。 で も 僕 、 神 奈 川 に 住 ん で る ん で す が 、 ひ ょ っ と し て 、 こ の 辺 り に 来 て

名 義 で 登 録 し て し ま っ た の だ ろ う か と 。 私

る ん で す か ?

村 田

」 と 打 っ て 返 信 し 、 携 帯 を 閉 じ た 。

す ぐ に 思 っ た 。 ひ ょ っ と し て 私 は 、 誰 か の ア ド レ ス を

な ら ば あ り 得 る ご 話 め だ ん 。 な さ い 。 送 る 相 手 を 間 違 え て し ま い ま し た 。

私 は ひ と ま ず

と こ ろ で 、 こ の メ ー ル ア ド レ ス の 主 は 誰 だ ろ う 。

と メ ー ル を 打 っ て み た 。

い つ も は バ ー で 一 杯 飲 ん だ 頃 に 電 話 す る と こ ろ だ が 、 ま だ 仕 事 中 だ ろ う 。

そ れ 以 来 、 週 に 一 回 は 誘 い 出 し て 飲 ん で い る 。

携 帯 を 突 き 合 わ せ た と い う わ け だ 。


そ う だ な あ 。 今 日 は 村 田 で い く か 。 え

∼ っ と 、 村 田 は と 。

携 帯 の 画 面 上 を 、 知 っ た 名 前 、 知 ら な い 名 前 が ス ク ロ ー ル し て い く 。 指 は ま の 行 の 中 ご ろ で 止 ま っ た 。

だ さ 画 は 。 ら 面 村 て に に 田 、 お は 洋 気 か 、 一 付 し 村 、 き な 田 村 も こ 洋 田 し と 一 。 な に と か 、 い っ 村 う た 田 名 な 洋 前 。 一 と ど の 村 う 中 田 せ に と 宵 は い 越 電 う し 話 名 で 番 前 交 号 が 換 、 存 し 村 在 た 田 し ん の て だ 中 い ろ に た う は 。 。 メ ー ル ア ド レ ス だ け が 入 っ て い る の

村 田 洋 一 は サ ラ リ ー マ ン で 、 行 き つ け の バ ー で 知 り 合 っ た 若 い 男 。

と っ つ き や す く 可 愛 い 顔 を し て い て 、 私 の 好 き な 古 い 映 画 を か な り 知 っ て い る 。

カ ウ ン タ ー に 座 っ て ち び ち び や っ て い る と 彼 が 来 て 、 映 画 や 最 近 は や っ て い る も の の 話 を し た り す る 内 、

ま っ た く 、 小 説 家 と は 救 い よ う の な い 生 物 だ 。

い つ も の こ と だ 。 昼 ま で は 何 と か 持 ち こ た え ら れ る も の の 、 陽 も 傾 き 始 め る と し き り に 酒 が 欲 し く な る 。

酒 夕 が 刻 飲 。 み た く な っ た 私 は 携 帯 を 手 に 取 り 、 ボ タ ン を パ チ ポ チ や り 始 め る 。

          交 換

                   

ショートな奴ら〜其の一〜  

...