Issuu on Google+

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

2007 年 10 月 23 日


目次 1

概要 .............................................................................................................................................................. 4 1.1

用語集 ........................................................................................................................................................................ 4

1.2

IMGタグの書式 ........................................................................................................................................................... 4

1.3

コマンドの指定方法.............................................................................................................................................. 4

2

入出力画像形式 ...................................................................................................................................... 5 2.1

入力画像形式 ......................................................................................................................................................... 5

2.2

出力画像形式 ......................................................................................................................................................... 5

3

画像サイズ ................................................................................................................................................. 6 3.1

変換対象画面 ......................................................................................................................................................... 6

3.2

リサイズ ..................................................................................................................................................................... 7

3.3

サムネールへのリサイズ ................................................................................................................................... 8

3.4

トリム ........................................................................................................................................................................... 9

3.5

切り出し ...................................................................................................................................................................10

3.6

スケール ..................................................................................................................................................................11

3.7

回転...........................................................................................................................................................................12

3.8

余白部分の塗り潰し...........................................................................................................................................13

4

画像分割...................................................................................................................................................15

5

画質制御...................................................................................................................................................17 5.1

画像容量の制御 ..................................................................................................................................................17

5.2

画質調整 .................................................................................................................................................................18

5.3

画質優先?サイズ優先? ...............................................................................................................................18

5.4

パレット.....................................................................................................................................................................19

6

ロゴ貼り付け............................................................................................................................................20 6.1

ロゴ画像 ..................................................................................................................................................................20

6.2

貼り付け対象画像...............................................................................................................................................20

6.3

貼り付け位置.........................................................................................................................................................21

6.4

スケール変換 ........................................................................................................................................................22

6.5

ロゴの回転 .............................................................................................................................................................24

7

テキスト貼り付け ....................................................................................................................................25 7.1

文字列 ......................................................................................................................................................................25

7.2

貼り付け対象画像...............................................................................................................................................25

7.3

貼り付け位置.........................................................................................................................................................26

7.4

マージン...................................................................................................................................................................26

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

2 / 41


7.5

8

文字サイズとフォント..........................................................................................................................................27

著作権保護 ..............................................................................................................................................28 8.1

転送禁止 .................................................................................................................................................................28

8.2

拡張子による転送禁止.....................................................................................................................................28

8.3

ファイル名による転送禁止 ..............................................................................................................................29

9

リクエスト/レスポンス制御 .................................................................................................................30 9.1

ユーザエージェント..............................................................................................................................................30

9.2

拡張子変更 ............................................................................................................................................................30

9.3

リクエストヘッダ転送 ..........................................................................................................................................30

9.4

レスポンスヘッダ転送........................................................................................................................................31

9.5

レスポンスヘッダ転送制限..............................................................................................................................31

9.6

パラメータ転送......................................................................................................................................................31

9.7

キャッシュ制御 ......................................................................................................................................................32

9.8

キャッシュの削除 .................................................................................................................................................32

10

キャリア専用オプション ....................................................................................................................34

10.1

EZダウンロード向けCRC..................................................................................................................................34

10.2

EZダウンロード向け出力フォーマット対応................................................................................................34

10.3

iモード コンテンツファイル移行ヘッダー ...................................................................................................35

11

その他 ....................................................................................................................................................36

11.1

フォーマット指定...................................................................................................................................................36

11.2

透過制御 .................................................................................................................................................................36

11.3

機種別設定ファイルの使用 ............................................................................................................................37

12

エラーメール.........................................................................................................................................38

12.1

エラーの内容.........................................................................................................................................................38

12.2

メールの宛先.........................................................................................................................................................38

13

コマンド一覧 .........................................................................................................................................39

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

3 / 41


1

概要

1.1

用語集 用語 画像サイズ 画像容量 キロバイト メガバイト

1.2

説明 画像の縦横ピクセル値です。本書ではこれを画像サイズまたは単にサイズと表 記しています。 画像ファイルサイズです。本書ではこれを画像容量または単に容量と表記して います。 1 キロバイト=1024 バイトとします。本書ではキロバイトまたは kb として表記して います。 1 メガバイト=1024 キロバイト=1024×1024 バイトとします。本書ではメガバイト または mb として表記しています。

IMG タグの書式 HTML 内の IMG タグにおいて画像 URL を以下の書式で記述してください。 <IMG SRC=”http://登録サーバの FQDN/fitter/ユーザ ID /サーバ内の画像パス?クエリストリング”>

項目

登録サーバの FQDN ユーザ ID サーバ内の画像パス

クエリストリング”

1.3

内容 「fitter.cc」等登録している picture fitter サーバの FQDN 登録しているユーザ ID コンテンツサーバ内の画像パス 登録 URL を http://foo.com/image としている場合 http://foo.com/image/folder/abc.jpg の画像を指定するには 画像パスには 「folder/abc.jpg」を指定します。 サイズ設定コマンド、ロゴ貼り付けコマンド等のコマンドを、「コマンド=値」で指定 します。

コマンドの指定方法 画像の変換方法を指定するコマンドの記述単位は以下の 3 通りがあります。 優先順位 単位 説明 画像リクエスト毎に適用する方法です。 高 画像単位 クエリストリングで指定します。 ↑ 元画像サーバ上のディレクトリ内の画像すべてに適用する方法です。 ディレクトリ単位 ディレクトリに「fitter-customize.txt」を置いた場合に適用します。 「機種別設定ガイド」を参照ください。 ↓ ユーザ ID 全体に適用する方法です。 ユーザ単位 低 「picture fitter administrator」(http://fitter.cc/fitterAdmin)で設定します。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

4 / 41


2

入出力画像形式

2.1

入力画像形式 元画像として指定可能な入力ファイルは以下の通りです。 ファイル形式 JPEG GIF

PNG BMP

2.2

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

詳細 JFIF 形式のベースラインフォーマット JFIF 形式のプログレッシブフォーマット GIF87 GIF89a 透過、アニメも対応しています。 24bit 8bit 24bit 8bit(256 色) 4bit(16 色) 1bit(モノクロ)

出力画像形式 入力ファイルに応じて、以下の形式のファイルが出力されます。 ※ ただし、format コマンドにより、強制的に出力形式を指定した場合を除きます。 入力ファイル JPEG PNG 24bit BMP 24bit GIF PNG 8bit BMP (24bit 以外) GIF アニメ

出力ファイル JPEG

GIF PNG GIF アニメ MNG GIF 静止画 PNG

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

備考

両方の出力形式をサポートする端末の場合 GIF が優先されます。

アニメをサポートしない端末の場合、1枚目の可視画像を出力します。

5 / 41


3

画像サイズ

3.1

変換対象画面 target コマンドで、変換対象画面(つまり出力画像サイズ)を選択します。 指定可能な値は以下の通りです。 コマンド 説明 main メイン液晶(ブラウザの表示可能領域) (デフォルト) wp

壁紙(壁紙表示可能領域)

back

背面液晶

frame 幅 x 高さ

写真フレーム 任意のサイズ

備考

au 機, vodafone 機の一部の機種では、壁紙として表示できる画 面幅はブラウザで表示できる画面幅より大きい場合があります ので、画像を壁紙として使用する場合は target=wp としてくださ い 端末が背面液晶を持っていない場合、変換対象はメイン液晶 になります。 DoCoMo 機, au 機において写真フレームとして出力します。

例 コマンド target=wp target=240x320

説明 壁紙サイズに変換します。 横 240、縦 320 ピクセルの画像に変換します。

制限 ・

target=wpを指定して、壁紙を対象画面とする場合、元画像と壁紙サイズが一致していないとき、端末側で表示で きないことがあります。これを回避するには、sizeコマンドを使って、壁紙サイズで切り出すようにしてください。壁 紙サイズに確実に合わせることのできるsizeコマンドの値は、crop, trim, trimIfLargeです。また、縦横比を予め考 慮した場合、縦長画像の場合はhtrimを、横長画像の場合はwtrimを使用することもできます。詳しくは「3.2 リサイ ズ」を参照ください。

target=frame を指定して、写真フレームを対象画面とする場合、以下の制限があります。

(1) 画像サイズ ・

変換対象を写真フレーム用の画像サイズとします。ただし元画像とフレーム画像サイズが一致しないことも考え られるので、「size=crop」または「size=trim」を指定して、出力画像サイズがフレーム画像サイズに一致するように してください。 DoCoMo 機、au 機の場合、フレーム画像サイズはそれぞれのサイトで公開されているサイズのうち、壁紙サイズ 以下で最大のものです。ほとんどの機種では、そのサイズは壁紙サイズと一致していますが、DoCoMo P252i、au A5302CA などでは、壁紙サイズより少し小さいサイズです。 フレー���画像サイズが規定されていない場合や、vodafone 機では壁紙サイズを対象とします。

(2) 拡張子 ・

i モードの場合、指定 URL において、拡張子を".ifm"に指定しておく必要があります。

(3) フォーマット ・

format コマンドの指定の有無にかかわらず、出力される画像形式は以下の通りです。 i モード: GIF

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

6 / 41


EZweb, vodafone ライブ: PNG ・

3.2

EZweb の場合、出力される PNG のコメント部分に「KDFRAMAU」を埋め込みます。

リサイズ size コマンドで、変換対象画面へのリサイズ方法を指定します。 リサイズに関して、指定可能な値は以下の通りです。 値 説明 resize (デフォルト)

● 元画像が画面サイズを超える場合に限り、画像サイズを縮小します。 ● 元画像が画面サイズより小さい場合に拡大しないことを除いて、max と同じです。

max

● 画面の幅に合わせて、最大画像サイズにリサイズします。 ● 画像の高さが画面に収まらない場合もありますが、ユーザは画面をスクロールして見ることが できます。 ● 元画像が画面サイズより小さい場合でも、拡大します。

fit

● ● ● ●

fitIfLarge

● 元画像が画面サイズを超える場合に限り、fit の動作をします。 ● 元画像が画面サイズより小さい場合は、元画像サイズのまま出力します。

wtrim

● 画面の高さに合わせてリサイズしたのち、余った左右の部分を切り取ります。(※1) ● 元画像が画面サイズより小さい場合でも、拡大します。

htrim

● 画面の幅に合わせてリサイズしたのち、余った上下の部分を切り取ります。(※1) ● 元画像が画面サイズより小さい場合でも、拡大します。

trim

● 縦横いずれかを画面サイズに合わせ、余白ができないようにして切り取ります。(※1) ● つまり wtrim と htrim のどちらを使うべきかを自動で判別します。 ● 元画像が画面サイズより小さい場合でも、拡大します。

trimIfLarge

● 元画像が画面サイズを超える場合に限り、trim の動作をします。(※1) ● 元画像が画面サイズより小さい場合は、元画像サイズのまま出力します。

画面内で表示可能な最大のサイズにリサイズします。 max が幅を合わせるのに対して、fit は縦横のいずれかを画面のサイズに合わせます。 横長画像の場合は、max と同じです。 元画像が画面サイズより小さい場合でも、拡大します。

※1: wtrim, htrim, trim, trimIfLarge によるトリムでは、切り取り位置を trimPosW, trimPosH で指定できます。詳しく は「」を参照ください。

例 (1) 変換対象画面より大きい縦長元画像の場合 size=trim 元画像

size=resize

size=fit

または

または

size=max

size=fitIfLarge

または

size=wtrim

size=htrim または

size=trimIfLarge

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

7 / 41


画面内で全体を見 ることができます。

幅を合わせていま す。縦方向のスクロ ールで全体を見るこ とができます。

高さを合わせていま す。size=fit と同じ結 果です。

幅を合わせた後、余 った上下を切り取り ます。

(2) 変換対象画面より大きい横長元画像の場合 size=trim size=resize

size=fit

または

または

または

size=wtrim

size=max

size=fitIfLarge

または

元画像

size=htrim

size=trimIfLarge

幅を合わせていま す。

size=max と同じ結 果です。

高さを合わせた 後、余った左右を 切り取ります。

幅を合わせていま す。size=fit と同じ 結果です。

(3) 変換対象画面より小さい元画像の場合 size=resize 元画像

または

size=fit

size=fitIfLarge

または

size=trim または

または

size=max

size=wtrim

画面内で全体を見 ることができます。

高さを合わせた後、 余った左右を切り取 ります。

size=htrim

size=trimIfLarge

元画像は元サイズ のままです。

3.3

幅を合わせていま す。size=fit と同じ結 果です。

サムネールへのリサイズ size=resize などのコマンドは、変換対象画面(target コマンド)で指定された画面サイズに合わせて、画像をリサイズ していますが、サムネールを作成するときなどのために、指定したピクセル数に合うようにリサイズすることも可能 です。 ただし、下表で「拡大あり」に「●」が付いていない方法では、元画像のサイズが指定サイズより小さい場合、元画 像サイズのまま出力します。拡大して指定サイズにあわせたい場合は、scale コマンドを使用してください。 指定可能な値は以下の通りです。 値 説明 ピクセル数 w 指定した幅に合うようにリサイズします。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

8 / 41

使用例 size=48w

拡大あり


ピクセル数 h ピクセル数 fit ピクセル数 fitIfLarge パーセンテージ pw パーセンテージ ph パーセンテージ pfit

パーセンテージ pfitIfLarge

指定した高さに合うようにリサイズします。 縦横いずれか大きい方を、指定したピクセル数 に収めます。 元画像が指定サイズより小さい場合に拡大しな いことを除いて、「ピクセル数 fit」と同じです。 変換対象画面に対するパーセンテージから計算 した幅に合うようにリサイズします。 変換対象画面に対するパーセンテージから計算 した高さに合うようにリサイズします。 変換対象画面に対するパーセンテージから計算 したサイズに対し、縦横いずれか大きい方を合 わせます。 元画像が指定サイズより小さい場合に拡大しな いことを除いて、「パーセンテージ pfit」と同じ です。

size=64h size=32fit

size=32fitIfLarge size=20pw size=20ph size=50pfit

size=50pfitIfLarge

例 元画像: 480x640 ピクセル 対象機種: DoCoMo N504i (画面サイズは 160x180) の場合 コマンド 説明 幅を 48 ピクセルに合わせます。 size=48w 表示される画像は 48x64 ピクセルとなります。 元画像は縦長画像のため、高さを 35 ピクセルに合わせます。 size=32fit 表示される画像は 24x32 ピクセルとなります。 表示される画像は size=20ph 縦 = 180 ピクセル × 20% = 36 ピクセル 横 = 36 ピクセル * 元画像の横 / 元画像の縦 = 27 ピクセル

制限 「size=ピクセル数 w」または「size=ピクセル数 h」は、「target=幅 x 高さ」との併用はできません。両方を指定した場 合、「target=幅 x 高さ」は無視します。

3.4

トリム size=trim, size=trimIfLarge, size=wtrim, size=htrim コマンドで、縦横いずれかを画面サイズに合わせ、余白ができな いようにして切り取ります。 切り取る位置は trimPosH, trimPosW で指定します。指定可能な値は以下の通りです。 コマンド 値 説明 備考 both 上下を均等に切り取ります。 (デフォルト) trimPosH size=wtrim の場合は無意味です。 top 上端を切り取ります。 bottom 下端を切り取ります。 both 左右を均等に切り取ります。 (デフォルト) trimPosW size=htrim の場合は無意味です。 left 左端を切り取ります。 right 右端を切り取ります。

例 下の例では、trimPosH, trimPosW コマンドの値によって切り出される場所を示しています。

(1) 縦長元画像の場合 picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

9 / 41


元画像

trimPosH=both

上下を切り取ります。

trimPosH=top

上端を切り取ります。

trimPosH=bottom

下端を切り取ります。

※ size=trim, size=trimIfLarge, size=htrim によるトリムでは、左右を画面幅に合わせるので、trimPosW は指定して も効果がありません。また、size=wtrim の場合は切り取る位置はありません。

(2) 横長元画像の場合 元画像

trimPosW=both

trimPosW=left

trimPosW=right

左右を切り取ります。

左端を切り取ります。

右端を切り取ります。

※ size=trim, size=trimIfLarge, size=wtrim によるトリムでは、上下を画面高さに合わせるので、trimPosH は指定し ても効果がありません。また、size=htrim の場合は切り取る位置はありません。

3.5

切り出し size=crop コマンドで、変換対象画面サイズで元画像を切り出します。 切り出す位置は cropPos で指定します。cropPos で、指定可能な値は以下の通りです。 値 説明 位置の説明 NW 左上 NW N NE N 上 元画像 NE 右上 W 左 W C E C(デフォルト) 中央 E 右 SW 左下 SW S SE S 下 SE 右下

例 下の例では、cropPos コマンドの値によって切り出される場所を示しています。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

10 / 41


cropPos=NW

cropPos=N

cropPos=NE

cropPos=W

元画像

cropPos=C

cropPos=E

cropPos=SW

元画像

cropPos=S

cropPos=SE

元画像

制限 size=crop コマンドは元画像をリサイズしません。

3.6

スケール scale コマンドで、元画像に対して一旦スケールをかけ、拡大または縮小した画像を、後の size=crop コマンドの対 象とすることができます。 また、size=XXpw などのサイズ/パーセンテージ指定のリサイズの場合、元画像を拡大して指定サイズに合わせる ことはありませんが、scale=200 などで一旦拡大すれば、そのような場合でも、指定サイズに合わせることができま す。 指定可能な値は以下の通りです。 値 説明 パーセンテージ 元画像に対するパーセンテージで拡大縮小率を指定します。

使用例 scale=200

例 右上の出力画像は size=crop&cropPos=SE を指定して、元画像から切り出した場合、 右下の出力画像は scale=150&size=crop&cropPos=SE を指定して、拡大した画像から切り出した場合を示していま す。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

11 / 41


元画像

cropPos=SE に よ り 右下部分を切り出し

scale=150 により 1.5 倍に拡大

cropPos=SE に よ り 右下部分を切り出し

3.7

回転 angle コマンド、または srcAngle コマンドに指定した角度で回転させることができます。角度の単位は「度」です。 また、angle コマンド、srcAngle コマンドともに size コマンドより先に処理されます。つまり回転させた画像を size コマ ンドで指定された方法で変換します。 angle コマンドは、(logoTarget=source や textTarget=source が指定され) ロゴ画像やテキスト貼り付けした後に回 転するのに対し、srcAngle コマンドは貼り付け前に回転します。 指定可能な値は以下の通りです。 値

角度 角度 l(エル) 角度 r(アール)

説明

使用例 angle=90 angle=90l angle=30r

反時計回り方向に回転します 時計回り方向に回転します。

※ 角度に 90°の倍数以外の角度を指定した場合、出力画像を矩形にするために、余白ができてしまいます。この 余白部分は bg コマンドで塗りつぶし色を指定することができますが、bg コマンドを使用しなかった場合、出力画像 がインデクス形式(GIF,PNG)に対しては透過、RGB 画像(JPEG)に対しては白(FFFFFF)で塗りつぶします。

例 元画像

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

angle=90

12 / 41

angle=30

angle=60&size=wtrim


90°反時計回りに回転し た後、画面サイズにリサ イズしています。

3.8

30°反時計回りに回転し た後、画面サイズにリサ イズしています。

60°反時計回りに回転し た後、size=wtrim により、 左右を切り取っています。

余白部分の塗り潰し size コマンドでのサイズ変換や、angle コマンド、または srcAngle コマンドでの回転により、変換対象画面に余白が できる場合があります。 このような場合は、bg コマンドで背景色を指定して、塗り潰すことができます。 bg コマンドで指定可能な値は以下の通りです。 値 説明 RGB 各値を 2 桁ずつ 16 進数で指定してください。(HTML での色表現から「#」を除いた形 RRGGBB 式です。)

使用例 bg=FF0000

また、塗りつぶし領域を bgTarget コマンドで指定します。 bgTarget コマンドで指定可能な値は以下の通りです。 値 説明 変換後の画像を表示するための最小領域です。 source angle コマンド、または srcAngle コマンドにより、90°単位の回転をさせた場合は、塗り潰しされま (デフォルト) せん。 target 変換対象画面と一致します。背景色以外の画像は画面中央に配置します。

例 赤の点線は、画像領域を示しています。

(1) リサイズのみの場合 元画像

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

size=fit

13 / 41

size=fit&bg=FFFF00 &bgTarget=source

size=fit&bg=FFFF00 &bgTarget=target


画像は赤の点線部分 のみです。

bg コマンドを指定しな い場合と結果は同じで す。

bg コマンドで指定され た背景色で画面全体 を塗りつぶし、変換し た画像を画面中央に 配置します。

(2) 回転した場合 元画像

angle=90&bg=FFFF00 & bgTarget=source

bgTarget=source(デフォルト)の場合 angle=30&bg=FFFF00 angle=60&size=wtrim&bg=FFFF00 & bgTarget=source & bgTarget=source

angle=90&bg=FFFF00 &bgTarget=target

bgTarget=target の場合 angle=30&bg=FFFF00 angle=60&size=wtrim&bg=FFFF00 &bgTarget=target &bgTarget=target

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

14 / 41


4

画像分割 slice コマンドで、画像を分割して出力することができます。 slice コマンドは、size コマンドや、target コマンド、referrerSize コマンドなどの他のコマンドとの組み合わせが可能で すが、それらのコマンドは、分割前の 1 枚の画像に対して働きます。これは分割後の各画像の画質を統一させるた めです。 slice コマンドで、指定可能は値は次の通りです。 値 説明 分母に横、縦のそれぞれの分割数を、分子に表示画像の横、縦それ ぞれの位置を指定します。

横位置 x 縦位置/横分割数 x 縦分割数

upper lower left right

分割数は 1 から 9 までの値を指定可能です。 位置は 1 から分割数までの値を指定可能です。 横位置は左端が 1、右端が分割数と同じ数値。 縦位置は上端が 1、下端が分割数と同じ数値です。 縦 2 分割とし、上部分を出力します。1x1/1x2 と等価です。 縦 2 分割とし、下部分を出力します。1x2/1x2 と等価です。 横 2 分割とし、左部分を出力します。1x1/2x1 と等価です。 横 2 分割とし、右部分を出力します。2x1/2x1 と等価です。

例 (1) 縦2分割 下の例では、target=wp により壁紙画面にリサイズした画像を、slice コマンドで縦に 2 等分しています。 元画像

target=wp により壁紙に リサイズ

slice により分割

slice=1x1/1x2 または slice=upper

slice=1x2/1x2 または slice=lower

(2) 4 分割 下の例では、size=trimW により一旦リサイズした画像を、slice コマンドで縦横それぞれに 2 等分し、4 分割していま picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

15 / 41


す。 元画像

size=trimW によりリサイ ズ後、左右を切り取り

slice により���割

slice=1x1/2x2

slice=2x1/2x2

slice=1x2/2x2

slice=2x2/2x2

制限 slice コマンドは、GIF アニメに対しても有効ですが、分割した画像を端末で同じページに表示した場合、各画像のア ニメーションの同期は保証できません。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

16 / 41


5

画質制御

5.1

画像容量の制御 各端末では 1 ページ中で読み込み可能な、キャッシュサイズ(データ容量)が設定されています。このキャッシュサイ ズは HTML ファイルとその中に含まれる画像のデータ容量を合計した値になります。デフォルトでは HTML ファイル のサイズを 512 バイトと想定しており、(各端末のキャッシュサイズ – 512 バイト)分の画像容量まで圧縮して送信し ています。 ただし、HTML の中に含まれるタグや文字などが多い場合、512 バイトを超えることがあります。そのような場合は、 referrerSize コマンドで画像容量の最大サイズを指定してください。 また、referrerSize コマンドは、1画面(1つの HTML)中に表示される画像が1つしか無いことを前提としていますが、 limit コマンドを使うことで、サムネール表示等、1画面中に複数の画像を表示する場合に、各画像に対してそれぞ れの最大容量を指定することができます。 コマンド referrerSize=バイト数 limit=バイト数

limit=パーセンテージ p

limit=バイト数 max

説明 ● HTML など画像データ以外の容量を指定します。 ● 端末のキャッシュサイズを無視して、画像データに使用可能な最大容量を指定しま す。 ● referrerSize との併用はできません。このコマンドを使用した場合 referrerSize は無視 します。 ● 画像データに使用可能な最大容量を、端末のキャッシュサイズに対するパーセンテ ージで指定します。 ● referrerSize との併用が可能です。 ● 画像データに使用可能な最大容量を指定します。ただし指定されたバイト数が端末 のキャッシュサイズを超えていた場合、この指定は無視されます。 ● referrerSize との併用が可能です。

※ 1 キロバイト = 1024 バイト、1 メガバイト = 1024 キロバイト です。

例 キャッシュサイズ 10,240 バイト(=10 キロバイト)の端末に表示する場合で、説明します。 コマンド referrerSize=1024 limit=2432 limit=25p

limit=8192max

説明 (10,240 – 1024) = 9,216 バイトまでの画像データが出力されます。 1 ページ中に 4 枚のサムネールを収めるとすると、(10,240 – 512) / 4 = 2,432 バイト となり、 この値を各画像に指定することで、すべてのサムネールが表示可能になります。(HTML ファ イルのサイズはデフォルトの referrerSize=512 バイト以下を想定しています。) 使用可能な画像容量を(キャッシュサイズ – referrerSize)の 1/4 までとします。結果は上記 の例での「limit=2432」と同じことになります。 ここで指定している(8192 バイト=8 キロバイト)と端末のキャッシュサイズである 10 キロバイ トとの小さい方、つまり 8 キロバイトを、使用可能なキャッシュサイズとします。 結果的に (8 キロバイト – referrerSize) が、使用可能な画像容量となります。 この指定の画像が、8 キロバイトより小さいキャッシュサイズを持つ端末に対して出力される 場合は、端末のキャッシュサイズを使います。

制限 出力ファイルにより、出力可能な最低容量は以下のように固定されています。referrerSize コマンド、limit コマンドに より決定される容量が以下の値を下回る場合、強制的に以下の値を使用します。 出力形式 JPEG

最低容量 629 バイト

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

17 / 41


GIF PNG

5.2

43 バイト 85 バイト

画質調整 pf-quality コマンドにより、出力画像の画質を調整することができます。(出力画像が JPEG の場合に限り有効です。 出力画像が GIF/PNG の場合には、指定しても無視します。) 指定可能な値は次の通りです。 値 smooth fine clear (デフォルト) sharp resample resample-fine

動作 滑らかな画像を出力します。 滑らかで、質感、色合いを保持した画像を出力します。 物体のエッジがはっきりした画像を出力します。 clear より、よりくっきりとした画像を出力します。 高画質ですが、若干計算時間が掛かる場合があります。 resample に加えて、はっきりとした画像を出力します。

以下は各値を指定したときの出力サンプルです。 元画像

smooth

fine

clear

sharp

容量と画質の関係 pf-quality コマンドに指定する値により、ファイル容量に差があります。最もファイル容量が小さいのは smooth です。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

18 / 41


残りの fine, clear, sharp, resample, resample-fine は元画像や出力する画像サイズにより、容量の順番は変わって きます。 pf-quality コマンドに指定する値により、画質に差があります。smooth より fine の方が高画質です。しかし fine, clear, sharp, resample, resample-fine のどれが高画質かは、元画像や出力する画像サイズにより異なります。

5.3

画質優先?サイズ優先? fix コマンドにより、元画像を変換する際に画質を優先させるか、画像サイズを優先させるかを選択することができ ます。 指定可能な値は次の通りです。 値 quality (デフォルト)

size

forceSize

5.4

動作 なるべく高画質で出力されるように、RGB 画像の場合は JPEG 圧縮率を抑え目に、インデクス画像 の場合は色数を多めに出力されるように変換します。 size コマンドで指定された画像サイズに変換したデータが、referrerSize, limit コマンドで制限された 端末のキャッシュサイズに収まらなければ、収まるまで画像サイズを縮小します。 端末のキャッシュサイズに収まらない場合、size コマンドで指定された画像サイズを優先し、画質を 犠牲にします。 ただし、画質を犠牲にしても、キャッシュサイズに収まらない場合は quality と同じ動作になります。 基本的な動作は size と同じですが、画質を犠牲にしても、キャッシュサイズに収まらない場合、画像 サイズを優先するため、容量オーバのまま出力します。

パレット colors コマンドにより、端末固有のカラーパレットや色数を無視し、カラーパレットで利用可能な色数を指定します。 また、grayscale コマンドにより、グレースケールパレットの使用を制御します。 ただし、出力画像がインデクス形式(GIF, PNG)の場合にのみ有効です。 grayscale コマンドで、指定可能な値は次の通りです。 値 yes no

動作 colors コマンドで指定された色数のグレースケールパレットを使用します。 colors コマンドが指定されていない場合は、256 色とします。 カラーパレットを使用します。

例 コマンド colors=16

説明 16 色のグレースケールパレットを使用します。

制限 colors コマンドで指定可能な値は、2, 4, 8, 16, 32, 64, 128, 256 のいずれかの値です。 2 以上、256 以下で上記以外の値を指定した場合は、上記のいずれかの値に丸められます。 それ以外の値を指定した場合は、エラーとします。 format=rgb, format=jpg が指定されている場合など、出力形式が JPEG の場合、colors コマンドは無視します。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

19 / 41


6

ロゴ貼り付け

6.1

ロゴ画像 logoURL コマンドで指定した URL のロゴ画像を貼り付けることが出来ます。ロゴ画像には GIF, PNG, JPEG が指定 可能です。GIF, PNG は透過タイプの画像を指定することもできます。 ロゴ画像の URL は登録した元画像 URL に対する相対指定です。

例 元画像 URL を http://foo.com/image で登録している場合の例です。 コマンド logoURL=logo/logo.gif

6.2

説明 ロゴ画像を http://foo.com/image/logo/logo.gif で取り出します。

貼り付け対象画像 logoTarget コマンドで、貼り付け対象画像を選択します。 指定可能な値は以下の通りです。 値 説明 target ● 元画像を変換対象画面サイズに変換した出力画像に対して貼り付けます。 (デフォルト) ● 変換対象画面サイズより大きいロゴ画像では、1 部分しか貼り付けられません。 ● 元画像に対して貼り付けた後、変換対象画面サイズに変換します。 source ● ロゴのサイズが元画像を超えると、元画像サイズで切り取られます。 ● 基本的には source と同じです。whole の場合は、ロゴおよび元画像全体を表示可能な画像 whole が出力されます。 ● ロゴと元画像以外の余白部分は bg コマンドで指定された色で塗りつぶされます。

例 元画像

logoTarget=target&logoURL=smile.gif&logoPos=N

ロゴ貼り付け

リサイズ

logoTarget=source&logoURL=smile.gif&logoPos=N

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

20 / 41


ロゴ貼り付け

リサイズ

logoTarget=whole&logoURL=smile.gif&logoPos=N&logoScale=400

ロゴ貼り付け

6.3

リサイズ

貼り付け位置 貼り付け位置は logoPos コマンドで指定します。logoPos コマンドで、指定可能な値は以下の通りです。 値 NW N NE W C(デフォルト) E SW S SE

説明 左上 上 右上 左 中央 右 左下 下 右下

位置の説明 NW

N

NE

W

C

E

SW

S

SE

例 元画像

logoPos=NW &logoURL=smile.gif

logoPos=N &logoURL=smile.gif

logoPos=NE &logoURL=smile.gif

logoPos=W &logoURL=smile.gif

logoPos=C &logoURL=smile.gif

logoPos=E &logoURL=smile.gif

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

21 / 41


logoPos=SW &logoURL=smile.gif

6.4

logoPos=S &logoURL=smile.gif

logoPos=SE &logoURL=smile.gif

スケール変換 logoScale コマンドまたは logoSize コマンドにより、ロゴ画像を拡大/縮小して貼り付けることができます。 指定可能なコマンドは以下の通りです。 コマンド 説明 logoScale=パーセンテージ 元のロゴ画像に対するパーセンテージで拡大縮小率を指定します。 リサイズ前または後の元画像に対するパーセンテージから計算した幅に合うよ logoSize=パーセンテージ pw うにリサイズします。 リサイズ前または後の元画像に対するパーセンテージから計算した高さに合う logoSize=パーセンテージ ph ようにリサイズします。

制限 logoSize コマンド、logoScale コマンドの両方が指定されている場合、logoScale コマンドを優先し、logoSize コマンド は無視します。 また、logoSize コマンドは logoTarget コマンドの指定値により動作が異なります。

例 logoScale=300&logoURL=smile.gif&logoPos=N

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

22 / 41


元画像

リサイズ

貼り付け

ロゴ画像

300%拡大

logoSize=100pw&logoTarget=source&logoURL=smile.gif&logoPos=N 元画像

貼り付け

リサイズ

ロゴ画像

元画像の幅 x100% に拡大 logoSize=20pw&logoTarget=target&logoURL=smile.gif&logoPos=N

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

23 / 41


元画像

リサイズ

貼り付け

ロゴ画像

リサイズした元画像つまり 画面幅の 20%にリサイズ

6.5

ロゴの回転 logoAngle コマンドで貼り付ける前のロゴ画像を回転させることができます。指定可能な値は以下の通りです。 値

角度 角度 l(エル) 角度 r(アール)

説明 反時計回り方向に回転します 時計回り方向に回転します。

使用例 logoAngle=90 logoAngle =90l logoAngle =30r

例 元画像

logoAngle=90r&logoTarget=source&logoURL=smile.gif この部分は透過です。

回転

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

24 / 41

ロゴ貼り付け


7

テキスト貼り付け

7.1

文字列 text コマンドで指定した文字列を貼り付けることが出来ます。ASCII 文字(英数字)だけでなく日本語も指定可能です。 また ASCII 文字、日本語の混在も可能です。 日本語を指定するには URL エンコード(%XX の表記法)が必要ですが、HTML ファイル内に直接 Shift-JIS で表記す れば、端末側のブラウザが自動的に URL エンコードします。 <参考> docomo, au の場合 Shift-JIS で URL エンコードしますが、vodafone の場合は UTF-8 で URL エンコードします。

例 コマンド text=あいうえお

7.2

説明 文字列「あいうえお」をデフォルトの文字サイズ、位置、色で描画します。

貼り付け対象画像 textTarget コマンドで、貼り付け対象画像を選択します。 指定可能な値は以下の通りです。 値 説明 ● 元画像を変換対象画面サイズに変換した出力画像に対して貼り付けます。 target ● 変換対象画面サイズからはみ出すような文字では、1 部分しか貼り付けられません。 (デフォルト) ● textSize による文字サイズ、textMagin によるマージンも出力されるときのサイズです。 ● 元画像に対して貼り付けた後、変換対象画面サイズに変換します。 source ● textSize による文字サイズ、textMagin によるマージンは元画像に対するサイズですので、画 像をリサイズした場合、同じくリサイズされます。

例 元画像

textTarget=target&text=ABC&textColor=FF0000

ABC 貼り付け

リサイズ

textTarget=source&text=ABC&textColor=FF0000

ABC

貼り付け

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

ABC

リサイズ

25 / 41


7.3

貼り付け位置 貼り付け位置は textPos コマンドで指定します。指定可能な値は logoPos と同様です。

例 元画像

textPos=NW &text=やもり

やもり

やもり

textPos=W &text=やもり

textPos=C &text=やもり

やもり

やもり

textPos=SW &text=やもり

やもり

7.4

textPos=N &text=やもり

textPos=S &text=やもり

やもり

textPos=NE &text=やもり

やもり

textPos=E &text=やもり

やもり

textPos=SE &text=やもり

やもり

マージン textMargin コマンドで、貼り付け対象画像の端からの距離を指定します。 指定可能な値はピクセル単位の数値で、マージンの適用位置は textPos の値によって異なります。 また、縦方向のマージン、横方向のマージンともに textMargin で指定します。 ※ただし textTarget=source を指定している場合、リサイズによりマージンは変更されます。 値 NW, W, SW NE, E, SE NW, N, NE SW, S, SE C

説明 画像左端から、文字の左端まで 画像右端から、文字の右端まで 画像上端から、文字の上端まで 画像下端から、文字の下端まで textMargin によるマージンは指定できません。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

26 / 41


例 textPos=NW の場合

textPos=S の場合

textMargin

やもり

やもり

textMargin

7.5

文字サイズとフォント 文字の表示形式について指定可能な値は以下の通りです。 ※ 描画に使用するフォントはゴシック体に固定されています。 コマンド

説明

textSize

文字サイズをピクセ���単位で指定します。 ※ただし textTarget=source を指定している場 合、リサイズによりサイズは変更されます。

textBold

yes を指定すると、太字で表示します。 textItalic との併用も可能です。

textItalic

yes を指定すると、斜体で表示します。 textBold との併用も可能です。

やもり

textSize

textBold=yes

textItalic=yes

textColor=FF0000 textColor

HTML16 進表記により、文字色を指定します。

textBg

HTML16 進表記により、文字の背景色を指定し ます。 指定しなかった場合は、透過です。

textBorder

HTML16 進表記により、文字の周囲を縁取る色 を指定します。 指定しなかった場合は、透過です。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

27 / 41

textBg=00FF00

textBorder=000000 textBorder=000000


8

著作権保護

8.1

転送禁止 copyright コマンドで、出力画像の転送禁止を制御します。 この場合の転送とは、以下の方法によるものです。 ・ メール添付による転送 docomo 機、au 機に対しては、以下の転送も対象となります。vodafone 機でも以下の転送を禁止するには、拡張子 による指定を使用してください。 ・ mini-SD などの外部メモリへの転送 ・ シリアル通信による転送 指定可能な値は以下の通りです。 値 yes 転送を禁止します。 no (デフォルト) 転送を許可します。

説明

制限 ・

拡張子による転送禁止を設定した場合、copyright コマンドは無視され、copyright=no としても転送禁止となりま す。 WILLCOM 機では、ファイル名による転送禁止のみ有効ですので、この機能は利用できません。copyright コマン ドは無視します。

8.2

拡張子による転送禁止 ファイル拡張子を”.pnz”または”.jpz”に設定することでも、画像の転送を禁止することができます。 この場合 docomo, au, vodafone のすべての端末で、以下の方法による転送をすべて禁止します。 ・ ・ ・

メール添付による転送 mini-SD などの外部メモリへの転送 シリアル通信による転送

元画像ファイルの種類が JPEG,GIF あるいは PNG であっても拡張子を”.pnz”または”.jpz”にすると転送禁止ファイル となります。元画像の取得の際以下の優先順位で拡張子を変えてファイルを検索します。 優先順位 高 ↑

↓ 低

“.pnz”の場合 xxx.pnz xxx.gif xxx.GIF xxx.png xxx.PNG xxx.jpg xxx.JPG xxx.jpeg xxx.JPEG

“.jpz”の場合 xxx.jpz xxx.jpg xxx.JPG xxx.jpeg xxx.JPEG xxx.gif xxx.GIF xxx.png xxx.PNG

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

28 / 41


8.3

ファイル名による転送禁止 WILLCOM 機に対してはファイル名を「xxx.-cg-.yyy」(xxx は任意、cg は大文字可、yyy は拡張子)とすることで、以下 の方法による画像の転送を禁止することができます。 ・ ・ ・

メール添付による転送 mini-SD などの外部メモリへの転送 シリアル通信による転送

picture fitter に対してリクエストしたファイル名が、上記の「xxx.-cg-.yyy」であった場合、picture fitter は元画像取得 の際、以下の優先順位でファイル名を変えてファイルを検索します。 優先順位 高 ↑

↓ 低

コンテンツサーバにリクエストするファイル名 xxx.-cg-.yyy xxx.-cg-.jpg xxx.-cg-.JPG xxx.-cg-.gif xxx.-cg-.GIF xxx.-cg-.png xxx.-cg-.PNG xxx.-cg-.jpeg xxx.-cg-.JPEG xxx.jpg xxx.JPG xxx.gif xxx.GIF xxx.png xxx.PNG xxx.jpeg xxx.JPEG

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

29 / 41

備考 「cg」部分は picture fitter へのリクエストが、 大文字なら「CG」とします。


9

リクエスト/レスポンス制御

9.1

ユーザエージェント User-Agent コマンドで、指定されたユーザエージェントを持つ端末からのリクエストとみなします。

デフォルト HTTP リクエストヘッダに user-agent として格納された値

例 コマンド User-Agent=DoCoMo/2.0 SH901iC(c100;TB)

9.2

説明 DoCoMo SH901iC からのリクエストをシミュレートします。

拡張子変更 srcExt コマンドで、元データ取得の際のファイル拡張子を、指定された値に変更します。元データが CGI などによっ て返される場合に便利です。

デフォルト リクエスト URL での拡張子

例 リクエスト URL が「http://fitter.cc/fitter/abc/def.jpg」の場合 コマンド 説明 srcExt=cgi 元データ取得の際、ファイル名を def.cgi としてリクエストします。

9.3

リクエストヘッダ転送 thruHdr コマンドで、元画像取得の際のリクエストヘッダを制御します。指定可能な値は以下の通りです。 値 yes no(デフォルト)

説明 元画像取得の際のリクエストヘッダを、端末からのリクエストヘッダに置き換えて送信します。 元画像取得の際のリクエストヘッダは、picture fitter のデフォルトの状態とします。

対象となるヘッダは以下の通りです。 ヘッダ Accept Cache-Control Connection Host If-None-Match If-Modified-Since If-Range Range

動作 端末からのヘッダは削除し、常時 “*/*” を送信します。 端末からのヘッダは削除します。 端末からのヘッダは削除し、常時 “Keep-Alive” を送信します。 端末からのヘッダは削除し、常時 元画像サーバ名 を送信します。 端末からのヘッダは削除します。 端末からのヘッダは削除します。ただし「cache=validate」が指定されている場合、2回目以 降のリクエストには、前回のリクエスト時に返された「Last-Modified」を送信します。(前回 「Last-Modified」が返されていない場合は、前回のアクセス時刻を送信します。) 端末からのヘッダは削除します。 端末からのヘッダは削除します。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

30 / 41


X-Forward-For その他

端末側の IP アドレスを送信します。 端末からのヘッダをそのまま送信します。

例 コマンド

説明 元画像取得の際のリクエストヘッダを、端末からのリクエストヘッダに置き換えて送信しま す。

thruHdr=yes

9.4

レスポンスヘッダ転送 thruResHdr コマンドで、端末へのレスポンスヘッダを制御します。指定可能な値は以下の通りです。 値 yes no(デフォルト)

説明 端末へのレスポンスヘッダを、元画像サーバからのレスポンスヘッダに置き換えて送信します。 端末へのレスポンスヘッダは、picture fitter のデフォルトの状態とします。

対象となるヘッダは以下の通りです。 ヘッダ Content-Length Content-Type Connection Date ETag Keep-Alive Location Transfer-Encoding その他

動作 元画像サーバからのヘッダは削除します。 元画像サーバからのヘッダは削除し、変換画像に応じた MIME タイプを送信します。 元画像サーバからのヘッダは削除し、常時 “close” を送信します。 元画像サーバからのヘッダは削除し、送信時刻を送信します。 元画像サーバからのヘッダは削除します。 元画像サーバからのヘッダは削除します。 元画像サーバからのヘッダは削除します。 元画像サーバからのヘッダは削除します。 元画像サーバからのヘッダをそのまま送信します。 ただし、thruResHdrExcept で指定されたヘッダは削除します。

例 コマンド thruResHdr=yes

9.5

説明 端末へのレスポンスヘッダを、元画像サーバからのレスポンスヘッダに置き換えて送信しま す。

レスポンスヘッダ転送制限 thruResHdr=yes としたときに転送されるヘッダのうち、thruResHdrExcept コマンドで指定されたフィールド名を持つ ヘッダは転送しません。複数のフィールド名を指定する場合、「,」(カンマ)で区切ってください。

例 コマンド thruResHdrExcept=Client-Response-Num,Client-Date

9.6

説明 Client-Response-Num と Client-Date は削除します。

パラメータ転送 thruParam コマンドで、元画像取得の際のリクエスト URL のクエリストリングの転送を制御します。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

31 / 41


値 yes no(デフォルト)

説明 クエリストリングの内、picture fitter コマンド以外のパラメータを、元画像取得の際のリクエスト URL に付加します。 元画像取得の際、クエリストリングを付加しません。

例 リクエスト URL が「http://fitter.cc/fitter/abc/def.jpg?referrerSize=512&abc=123&def=456&ghi」の場合 コマンド 説明 thruParam=yes 元画像取得の際のリクエスト URL に、「abc=123&def=456&ghi」を付加します。

9.7

キャッシュ制御 picture fitter は、元データを HTTP 通信で取得し、対象となる端末に合わせて変換し送信しています。端末からのリ クエストに、できるだけ速く応答するために一度取得した元データ、および各端末向けに変換したデータをサーバ 内にキャッシュしています。 cache コマンドで、キャッシュの動作を制御します。 値 yes(デフォルト) no validate

説明 元 デ ー タ お よ び 出 力 デ ー タ を キ ャ ッ シ ュ し ま す 。 同 じ URL の デ ー タ は 明 示 的 に cache=validate が指定されるまで、キャッシュされたデータを使用します。 指定した元データの URL がリクエストの度に異なるデータを返す場合などでは、キャッシュ 機能を抑制することができます。 基本的には cache=yes と同じ動作ですが、元画像に変更があったかどうかを元画像が置か れているサーバに問い合わせます。

例 コマンド cache=validate

9.8

説明 キャッシュを使用します。ただし、2 回目からのリクエストでは、元画像が変更されたかど うかをチェックします。

キャッシュの削除 cache=yes が指定された URL では、元データに変更が加えられた場合でも、以前の出力データを返してしまいます。 そこで、変更が加えられた後、1度だけ cache=delete コマンドを使用することで、元データおよび出力データのキャ ッシュを破棄します。 この指定に限り、携帯電話以外のブラウザ(Internet Explorer 等)でも、リクエスト可能です。また、リクエストに対し て返すのは画像データではなく、削除したことを表示する HTML です。

例 リクエスト URL が「http://fitter.cc/fitter/abc/def.jpg」の場合、「http://fitter.cc/fitter/abc/def.jpg?cache=delete」を 指定することで、指定 URL が示す元画像および、この元画像を使って変換したすべての出力画像のキャッシュを削 除します。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

32 / 41


cache=yes と cache=delete の関係 端末

コンテンツサーバ

picture fitter サーバ

コンテンツ管理者

HTML ページ cache=yes の 画像リクエスト

[特定画像の初め てのリクエスト]

元画像をリクエスト キャッシュに格納 画像返信

[特定画像の画像 の 2 回目以降のリ クエスト]

キャッシュ

cache=yes の 画像リクエスト 画像返信

キャッシュから読み込む キャッシュ

この後、端末からの最初のリク エストでは、元画像をコンテン ツサーバにリクエストする。

cache=delete で リクエスト 指定画像のキャッシュを削除 キャッシュ

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

33 / 41


10 キャリア専用オプション

10.1 EZ ダウンロード向け CRC EZcrc コマンドで、EZweb のダウンロード機能のために 2 バイトの CRC を付加することができます。 指定可能な値は以下の通りです。 値 説明 no (デフォルト) CRC を付加しません。 yes CRC を付加します。

制限 このコマンドは、リクエスト元の端末が EZweb 対応端末(au, Tu-Ka)でのみ有効です。他の端末では、EZcrc=no が 指定された場合と同じ結果です。

10.2 EZ ダウンロード向け出力フォーマット対応 EZdnld コマンドを使用すると、ブラウズで対応しているフォーマット以外に EZ ダウンロード用の出力が可能になりま す。 たとえば、「Tu-Ka TT31」などで JPEG 画像はブラウズ時には使用できませんが(※)、ダウンロード時には使用でき ます。元画像が RGB 形式の場合、イ ンデクス形式の PNG より、JPEG で出力した方が高画質なので、 「EZdnld=yes」が指定されている場合は、こちらを優先して出力します。 ※正確にはブラウズ用に出力した JPEG 画像は、EZweb のサーバにより PNG に変換されますが、変換された画像 のデータ容量が大きい場合、端末側で表示できません。 指定可能な値は以下の通りです。 値 説明 no (デフォルト) 通常のブラウズ機能のための出力フォーマットのみ使用します。 yes EZ ダウンロード用の出力フォーマットも使用します。

例 リクエスト URL が「http://fitter.cc/fitter/abc/def.jpg」で、端末が「Tu-Ka TT31」の場合 コマンド EZdnld=no EZdnld=yes

説明 出力画像は PNG で出力されます。 出力画像は JPEG で出力されます。

制限 このコマンドが有効なのは、以下の Tu-Ka 端末のみです。他の端末では EZdnld=no が指定された場合と同じ結果 です。 EZdnld=yes が有効な端末 TT51 TT32 TT31 TS41 TS31 picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

34 / 41


TK51 TK40 TK31

10.3 i モード コンテンツファイル移行ヘッダー X-Dcm-Pdtf コマンドで、i モードのコンテンツファイル移行ヘッダー「X-Dcm-Pdtf」の値を指定します。「1」を指定し た場合移行可能、「0」を指定した場合移行不可となります。デフォルトは「1」です。

制限 このコマンドは、リクエスト元の端末が DoCoMo 端末でのみ有効です。他の端末では、X-Dcm-Pdt コマンドは無視 されます。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

35 / 41


11 その他

11.1 フォーマット指定 format コマンドで出力画像の形式を制御します。

(1) 強制指定 端末がサポートする画像形式を無視して、出力画像の形式を強制的に指定します。この場合、指定可能な値は以 下の通りです。 値 説明 jpg JPEG 形式で出力します。 gif GIF 形式で出力します。 png PNG8 ビット形式で出力します。

(2) 半強制指定 picture fitter では元画像のデータ形式(RGB フルカラー形式、インデクスカラー形式)を判定し、出力画像もそれに 合わせて出力します。入力画像が JPEG で、対象機種も JPEG 表示をサポートしている場合は、やはり JPEG 画像 を出力します。しかしサムネール表示等の場合、必ずしもフルカラーで表示する必要の無い場合は、GIF 等のイン デクスカラーに変換した方が、データ容量が小さくなる場合があります。このようなときは format コマンドに index を 指定してください。反対にインデクス画像を強制的に RGB 画像に変換する場合は、format コマンドに rgb を指定し てください。 ただし、DoCoMo 503i シリーズでは GIF のみのサポートですので、元から RGB 形式をサポートしていない端末に対 しては、format=rgb としても、やはりインデクス形式で出力します。 下表は元画像の形式と format コマンドの組み合わせで決定する、出力画像形式を示しています。

コマンド format=index format=rgb

RGB 画像対応端末 RGB 画像未対応端末

元画像形式 RGB 形式 インデクス形式 JPEG PNG(24 ビット) GIF PNG(8 ビット) GIF または PNG(8 ビット) JPEG GIF または PNG(8 ビット)

11.2 透過制御 transparency コマンドで、元画像が GIF または PNG の場合の透過色部分の扱いについて制御します。 ただし、出力画像が JPEG の場合は、強制的に transparency=no が指定されたものとします。 また、入出力画像が GIF アニメの場合は、強制的に transparency=yes が指定されたものとします。 指定可能な値は以下の通りです。 値 説明 yes(デフォルト) 透過部分を保持し、変換した出力画像でも透過とします。 透過 GIF および透過 PNG をサポートしていない端末のために、透過部分の色番号は bg コマンドで指定された色を使用します。bg コマンドが指定されなかった場合、白(FFFFFF) を使用します。(透過 GIF または透過 PNG をサポートしている端末でも、同様です。) no 透過部分は bg コマンドで指定された色で塗り潰します。 bg コマンドが指定されなかった場合、白(FFFFFF)で塗り潰します。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

36 / 41


11.3 機種別設定ファイルの使用 customize コマンドで、機種別設定ファイルの使用について制御します。 指定可能な値は以下の通りです。 値 説明 ● 設定ファイルをキャッシュします。 cache(デフォルト) ● 同じ URL の設定ファイルは明示的に cache=delete が指定されるまで、キャッシュされたデー タを使用します。 ● 設定ファイルをキャッシュせず、リクエストの度に設定ファイルを取得します。 ● ただし、このコマンドを使用した場合、リクエストの度に変更確認を行うため、レスポンスタイ nocache ムが大きく劣化しますので、お勧めしません。設定ファイルの開発中など頻繁に内容が変わ る場合にのみ使用してください。 ● 基本的には customize=cache と同じ動作ですが、元の設定ファイルに変更があったかどう validate かを設定ファイルが置かれているサーバに問い合わせます。 ● 設定ファイルを使用しません。 no ● 設定ファイルが置かれている、ディレクトリにある画像のうち、1部の画像では設定ファイル を使わない場合に、ご利用ください。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

37 / 41


12 エラーメール picture fitter では、正常に画像変換できなかった場合に、メールにてエラーを報告しています。

12.1 エラーの内容 エラーの内容は以下の通りです。 件名 本文 パラメータが不正です パラメータ 'xxx' に対して 値 'yyy' は使用できません。 元データ取得中にタイムア タイムアウトにより、次の URL の画像は取得でき ウトしました ませんでした。 <元画像 URL> ファイルを読み込めません 次の URL のファイル形式では読み込むことがで でした きませんでした。 <元画像 URL> 元画像を取得できません 次の URL の画像を取得できませんでした。 <元画像 URL>

端末容量オーバ

WEB サーバからの応答メッセージは次の通りで す。 <レスポンスメッセージ> 次の URL は端末 vodafone V301D からリクエス トされましたが referrerSize(xxx)が、端末のキャ ッシュサイズ yyy 以上になっているため、変換 できませんでした。

原因 コマンド xxx に対して指定できない値 yyy が指定されました。 元画像サーバへの接続タイムアウト、あ るいは読み込みタイムアウトが発生して います。 ダウンロードした元画像ファイルが picture fitter で読み込みに対応していないファイ ル形式です。 元画像サーバに対して、画像をリクエスト した際にエラーが返ってきました。

referrerSize コマンドに指定した値が、端 末のキャッシュサイズを越えています。

<元画像 URL>

12.2 メールの宛先 エラーメールの宛先は、picture fitter administrator( http://fitter.cc/fitterAdmin )で、設定することができます。複 数登録することも可能です。

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

38 / 41


13 コマンド一覧 サイズ関連コマンド コマンド

内容

デフォルト

角度 角度 l 角度 r RRGGBB

angle srcAngle

回転

bg

背景色

なし

bgTarget

背景色の塗りつぶし領域

source

cropPos

切り出し位置

C

size

0

画像サイズの調整

指定可能な値

resize

source target NW N NE W C E SW S SE resize max fit fitIfLarge crop trim trimIfLarge htrim wtrim

ピクセル数 w ピクセル数 h ピクセル数 fit ピクセル数 fitIfLarge パーセンテージ pw パーセンテージ ph パーセンテージ pfit パ ー セ ン テ ー ジ pfitIfLarge

scale

元画像の拡大

表示対象

main

trimPosH

上下トリム位置

both

trimPosW

左右トリム位置

both

画像分割コマンド コマンド slice

内容 画像の分割

main back wp frame 幅 x 高さ both top bottom both left right

デフォルト

時計回り HTML16 進表記 変換画像サイズ 変換対象画面サイズ 左上 上 右上 左 中央 右 左下 下 右下 リサイズ(拡大なし) 幅合わせ(拡大あり) 領域合わせ(拡大あり) 領域合わせ(拡大なし) 切り出し トリム(拡大あり) トリム(拡大なし) 縦トリム 横トリム 幅指定リサイズ 高さ指定リサイズ 自動リサイズ(拡大あり) 自動リサイズ(拡大なし) 幅%指定リサイズ 高さ%指定リサイズ 自動リサイズ(拡大あり)

指定可能な値

なし

39 / 41

頁 12

13

9

7

8

自動リサイズ(拡大なし) 11 ブラウザサイズ 壁紙 背面液晶 写真フレーム 任意のサイズ 上下 上 下 左右 左 右 備考

横位置 x 縦位置/横分割 数 x 縦分割数 upper lower left

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

反時計回り

パーセンテージ

100

target

備考

6

9

9

参照頁 15

縦 2 分割の上部分表示 縦 2 分割の下部分表示 横 2 分割の左部分表示


画質関連コマンド コマンド colors

内容 出力可能な色数の設定

デフォルト 端末による

grayscale

グレースケールで出力

no

fix

変換アルゴリズムの選択

quality

referrerSize

参照元 HTML のサイズ

512

limit

出力画像の最大容量

端末による

pf-quality

画質調整

ロゴ関連コマンド コマンド logoAngle

ロゴの回転

横 2 分割の右部分表示

指定可能な値 整数値 yes no quality size forceSize

備考 2 以上、256 以下 グレースケール カラー 画質優先 サイズ優先 サイズ最優先

バイト数 バイト数 パーセンテージ p バイト数 max smooth fine clear sharp resample resample-fine

clear

内容

right

デフォルト

指定可能な値

角度 角度 l 角度 r

0

NW N NE W C E SW S SE

logoPos

ロゴ位置

なし

logoScale

ロゴ拡大

100

logoSize

ロゴリサイズ

なし

logoTarget

ロゴ貼り付け対象

target

target source whole

なし

ロゴ画像の URL

デフォルト なし なし

文字列 RRGGBB

logoURL ロゴ URL テキスト関連コマンド コマンド 内容 text 描画する文字列 textBg 背景色

パーセンテージ パーセンテージ pw パーセンテージ ph

備考 反時計回り 時計回り 左上 上 右上 左 中央 右 左下 下 右下

textBold

太字

no

textBorder textColor

周囲の色 文字色

なし 000000(黒)

RRGGBB RRGGBB

textItalic

斜体

no

yes no

textMargin textPos

端からのマージン 描画位置

14 C

40 / 41

17

17

18

参照頁 24

22

20 20

備考 HTML16 進表記 太字 普通 HTML16 進表記 HTML16 進表記 斜体 普通

ピクセル値 NW N NE W C E SW

19

21

幅%指定リサイズ 高さ%指定リサイズ 変換後の画像 元画像 元画像で全体表示

指定可能な値

yes no

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

最大バイト指定 %指定 最大バイト指定 滑らか 滑らか+質感保持 はっきりと よりくっきりと 高画質 高画質+はっきりと

参照頁

左上 上 右上 左 中央 右 左下

参照頁 25

27

26 21


S SE

下 右下

textSize

文字サイズ

14

ピクセル値

textTarget

貼り付け対象

target

target source

著作権保護コマンド コマンド copyright

内容 転送禁止

デフォルト no

リクエスト/レスポンス制御コマンド コマンド 内容

デフォルト

cache

キャッシュ制御

yes

srcExt

元画像の拡張子

なし

thruHdr

リクエストヘッダのスルー

no

thruParam

クエリストリングのスルー

no

thruResHdr thruResHdrExcept User-Agent キャリア別コマンド コマンド EZcrc EZdnld X-Dcm-Pdtf その他のコマンド コマンド

レスポンスヘッダのスル ー 除外するレスポンスヘッ ダ ユーザエージェント 内容 EZ ダウンロード用 CRC 付加 EZ ダウンロード用 フォーマット対応 DoCoMo コンテンツファイル移行 内容

変換後の画像 元画像 備考 転送禁止する 転送禁止しない

参照頁

指定可能な値 yes no validate delete

備考 キャッシュする キャッシュしない キャッシュチェック キャッシュ削除

参照頁

yes no yes no yes no

no

25

yes no

任意の拡張子

28

32 30

スルーする スルーしない スルーする スルーしない スルーする スルーしない

30 31 31

なし

フィールド名

31

ヘッダ

任意のユーザエージェン ト

30

デフォルト no no 1 デフォルト

customize

機種別設定ファイル操作

cache

format

強制フォーマット

なし

transparency

透過の保持

yes

picture fitter 5.3 - ユーザーズガイド Rev.02

指定可能な値

27

41 / 41

備考 CRC 付加する CRC 付加しない ダウンロード用とする ダウンロード用としない 移行する 移行しない

参照頁

yes no yes no 1 0

指定可能な値

指定可能な値 cache nocache validate no jpg gif png index rgb yes no

備考 キャッシュする キャッシュしない キャッシュチェック ファイルを使わない JPEG で出力 GIF で出力 PNG で出力 GIF または PNG で出力 JPEG で出力 透過を保持 透過部分を塗り潰す

参照頁

34 34 34

36

36

36


Picture