Issuu on Google+

発行所▽NPO法人さくらおろち 〒 六九九 ー一三四二 雲南市木次町平田七七九 ー一 ☎ 〇八五四 ・四八 ・〇七二九

名ほど。

ありました。参加者は三重、大 阪、広島、熊本からで

 プログラムは、奥出雲町三沢 地区と雲南市木次町温泉地区周

日程です。

辺を舞台に、ゆっくりとした時

中、尾原ダム周辺地域への移住

 参加者からは、地域のあたた

間の流れを体験する1泊2日の

の二日間﹁プレ移住!島根県奥 を考えてもらう人を増やそうと

かい人柄にふれることができて

調理は2人一組で和気あいあいと ▼

野菜を満喫しました。

出雲・雲南田舎暮らし体験﹂を

市や出雲市、遠くは広島市から

 食事の後は、里山の農業につ

いう想いで新聞広告やインター

も、親子連れや高齢のご夫婦な

いての学習会です。自給的につ

主催しました。

ど二十数名が、下布施にある農

くられた無農薬の野菜が子ども

よかったという声が多く聞かれ

場で草取りと収穫のボランティ

たちの給食の材料として供され

ネット等を通じて募集をかけた

アを体験しました。

ている地域であることなどに、

 公益財団法人ふるさと島根定

 完熟したトマトは甘さも味わ

参加者は熱心に聞き入っていま

ました。再訪の希望も多く、冬 に計画している移住体験ツアー

いも格別で、皆さん感嘆の声を

した。感想には﹁もっと草取り

ところ、定員を充足する応募が

住財団の平成

へとつなげていきたいと考えて

あげながらハウスの暑さも忘れ

を頑張って役に立ちたかった﹂

います。

て楽しく獲られていました。汗

をかいた後は会場を移動して夏 ﹁野菜の甘みが濃厚でびっくり

里山ボランティア 夏の1日農家体験  尾原ダム水源地域環境活動推

にも是非参加したい。友だちに

しました。おいしく作ろうと努

オリーブオイルで炒める。肉を

も紹介したい﹂等、満足度の高

野菜をおいしく食べる料理の時

間。丸かじりで野性的に食べる。 力されていると感じました﹂ ﹁秋

▲観て、獲って、食べて、考える……。

﹁さくらおろち湖 進事業 ――― の里山ボランティア2013﹂

まいて食べる。冷製スープにす

いボランティア体験となったよ

日︵土︶に 行われました。

る。冷凍したものをスムージー

の第2回が、7月

 テーマは﹁夏野菜がもっと好

うです。

。いろいろな食べ方で夏 …… きになる1日農家体験﹂。松江

20

し体験事業を活用した事業です。

 交流会で好評 だった仁多米の 塩むすび。

25

島根県への移住に興味をもって

▲要害山交流拠点 施設「みざわの館」 での開会式。

年度しまね暮ら

 NPO法人さくらおろちでは、 いる方が対象となっています。

第 28 号

去る8月3日︵土︶と4日︵日︶  地域に暮らす人が減っていく

真夏の田舎暮らし 体験ツアーを実施! 10

さくらおろち通信

  平成25年(2013年)8月23日発行   第28号


トライアスロン 練習会の開催

9・ 月の

松江の夏の祭事・ イベントへの出店

それぞれの練習に励みました。 を販売・紹介する機会を得まし

を受け、斐伊川上流域の産物等

㎞のチャレンジコース、

★会員募集

㎞の

 私たち﹁NPO法人さくらお

ファミリーコース。雨天決行

時スタートです。参加費は30

ろち﹂では、当法人の目的にご

︵ http://www.sportsentry.ne.jp/ ︶ から。9月9日〆切。

は﹁スポーツエントリー﹂

ジに、シーカヤックなどの野外

です! 親子で楽しめるステー

さくらおろち湖の一大イベント

まで問い合わせください▼

NPO法人さくらおろち事務局

▼ご入会のお手続きについては

発送︵希望者のみ︶ 。

周辺▼

時∼

時▼入場無料▼

くらおろち事務局まで︵☎08

  E-mail

sakura-o@bs.kkm.ne.jp

次町平田779 1 ̶ ・☎085 4 4 ̶8 0 ̶ 729

1 ̶ 342 雲南市木

体験、尾原ダムの見学会など盛

の祭典﹁エッグフェスティバル

 スイム・バイク・ランのミニ

詳細はNPO法人さくらおろち

日︵日︶▼場所・

事務局までお問い合わせくださ

〒699

 今年で9回目となる尾原ダム・ のご案内、さくらおろち通信の

加費一〇%オフ、イベント情報

正会員特典として、主催行事参

一〇〇〇円・年会費 一〇〇〇円。

えてくださる会員です/入会金

賛助会員▽活動を財政面から支

〇〇円・年会費 二〇〇〇円。

議決権を持ちます/入会金一〇

正会員▽当法人の総会において

ています。

援していただける会員を募集し

食・保険料を含む︶▼お申し込み 理解、ご賛同いただき活動を支

00円︵小学生1000円、昼

10

レース形式で開催の予定ですが、 り沢山。地域色あふれる卵料理

切っています。

ただし参加者多数で応募は締め

月 日︵日︶  初秋の農村料理  農家・加工グループ・主婦等 尾原ダム・さ が語り合う中で生まれたプログ ラムです。今回は奥出雲町布勢 くらおろち湖 地区のアトリエえんでの開催。 祭り

9月 日︵日︶さくら おろちの食べごと塾 ②古民家で味わう

行事案内

ダム、志津見ダム、斐伊川放水

 斐伊川水系の整備事業︵尾原

湖周辺で、トライアスロン練習 路、大橋川拡幅︶を契機とした

日︵日︶ 、さくらおろち

会が開催されました。 上流域と下流域の交流の一環と

 7月

 参加者とスタッフを合わせて 約 名がスイム・バイク・ラン、 して、白潟本町商店街から招待 今回初めてさくらおろち湖でス 日には白潟本町

た。7月 納涼祭、7月

イムが実施され、心配な面もあ りましたが、若干にごりがあっ レガッタ、8月4日には水郷祭

日には3種目

▲松江市民レガッタでは、野菜カレ ーと共にボート競技施設を PR。

日には松江市民

て視界不良の面があるものの、

きました。9月

常に良い環境との言葉をいただ

へ参加しました。

27 25

特に臭みもなく水温も温かく非

24

12

お問い合わせは、NPO法人さ

15

い。︵☎0854 4 ̶8 0 ̶7

▼開催日・ 月

13

さくらおろち湖ボート競技施設

10

雲南﹂も同時開催です。湖畔 in の初秋を満喫しましょう。

9月 日︵月︶ トライアスロン大会

10

54 4 ̶8 0 ̶ 729︶

文:NPO 法人さくらおろち 面代真樹

13

10

29︶

月 日︵日︶ 奥出雲サイクリング ㎞の本格ラン、

 さくらおろち湖をめぐるコー スは3つ。

25

が計画されています。

▼白潟本町納涼祭では、奥出雲・ 雲南からの5店舗とともに斐伊川 中・上流域の山の幸を PR。

10

47

23

15

23

28

コースをバイクで周回する選手。

10

50

継続のミニレース形式での開催

  平成25年(2013年)8月23日発行   第28号


さくらおろち通信028