Page 1


MAKOTO OCHI WORKS 2014 - 2017

PORTFOLIO


越智 誠 | Makoto Ochi

1995.10 奈良県生まれ 2011.03 大阪教育大学附属天王寺中学校 卒業 2014.03 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎 卒業 2014.04 神戸大学工学部建築学科 入学 ochimakoto_japan@yahoo.co.jp

2


AWA R D S

2016.05

第 5 回 E & G D E S I G N 学 生 デ ザ イ ン 大 賞   優 秀 賞( 公 共・ 都 市 空 間 の エ ク ス テ リ ア 部 門 )

2016.09

建築新人戦 2016 16選

2017.01

キ ル コ ス 国 際 建 築 設 計 コ ン ペ テ ィ シ ョ ン 2 0 1 6   銅 賞( 近 藤 哲 雄 ) / 佳 作( 長 坂 大 )

COMPETITIONS

2015.10

建築新人戦 2015

2016.05

第 5回 E&G DESIGN 学生デザイン大賞

2016.06

第 3 回 P O L U S - ポ ラ ス - 学 生・ 建 築 デ ザ イ ン コ ン ペ テ ィ シ ョ ン

2016.09

建築新人戦 2016

2017.01

キルコス国際建築設計コンペティション 2016

ACTIVITIES

SKILLS

2014.05 - 10

建築新人戦 2014 スタッフ

2D Drawing

A u t o C A D   Ve c t o r Wo r k s

2016.11 -

N E X TA ' 1 7   ス タ ッ フ

3D Modeling

Rhinoceros SketchUp

3D Rendering

SU Podium CINEMA4D

Adobe

Illustrator Photoshop InDesign

Graphic

SAI IllustStudio

Ta b l e t

Intuos 4

2016.03 -

株式会社 日建設計 模型製作アルバイト

CLUB

2014.04 - 2015.02

HOBBY

神戸大学混声合唱団 アポロン

イラスト ピアノ 旅行 3


H I S T O RY

4


5


INDEX

S TAT I O N × C A M P U S 建築のための建築

水平線 ―08

鉛直 /水平

2016.12 - 2017.01

2016.10

3回生後期設計課題

キルコス国際建築設計コンペティション 2016

学内講評会選出作品

銅 賞( 近 藤 哲 雄 ) / 佳 作( 長 坂 大 )

―26

KUAJ掲載作品

AXIS OF ROKKO セミナーハウス

6

H AT S U N E M I K U × A R C H I T E C T U R E ―18

メモリアル空間

2016.10 - 11

2016.06 - 07

3回生後期設計課題

3回生前期設計課題

学内講評会選出作品

学内講評会選出作品

KUAJ掲載作品

KUAJ掲載作品

―30


ゆらぐ境界 子育てスクエア

回遊するミチ ―36

公 共・ 都 市 空 間 の エ ク ス テ リ ア

2016.04 - 09

2016.03

3回生前期設計課題

第 5回 E&G DESIGN 学生デザイン大賞

建築新人戦 2016 16選

優 秀 賞( 公 共・ 都 市 空 間 の エ ク ス テ リ ア 部 門 )

―52

学内講評会選出作品 KUAJ掲載作品

拱廊に住まう 集合住宅

MEKURU ―48

図書館

2016.03 - 05

2015.12 - 2016.01

第 3 回 P O L U S - ポ ラ ス - 学 生・ 建 築 デ ザ イ ン コ ン ペ テ ィ シ ョ ン

2回生後期設計課題

―60

学内講評会選出作品 KUAJ掲載作品

7


S TAT I O N × C A M P U S   |   建 築 の た め の 建 築

兵庫県神戸市

2016.12 - 2017.01 3回生後期設計課題 学内講評会選出作品 KUAJ掲載作品

駅[ S T A T I O N ] と 大 学[ C A M P U S ] に 含 ま れ る 要 素 を 解 体 し 、 門 型 フ レ ー ム と し て 相 互 に 貫 入 さ せ る こ と で 、 多 用 途 的 で 利 用 者 を 選 別 し な い 新 たな公共空間を生み出した。待合室はギャラリーに、連絡橋はプレゼンテーション室に、モックアップ室は展示場に変化する。

8


10


STUDIO

STATION

CAMPUS

STUDIO

WAITING ROOM

CAFE MOCK UP

HALL

CAFE

STUDIO HALL MOCK UP ARCHIVE

WAITING ROOM

ARCHIVE

PLATFORM

PLATFORM WAITING ROOM CAFE BOOK STORE

HALL

PLATFORM

MOCK UP

BOOK STORE

BOOK STORE ARCHIVE

EKINAKA

SOUTH - NORTH

HALL

STUDIO

EKINAKA

PLAT FORM

EKINAKA

LINE

CAFE

EXHIBITION

ARCHIVE

STUDIO EKINAKA

MEETING

BOOK STORE

LAB

SLIDE

SHOP

DIVIDE

LAB

PA S T

EAST - WEST

STUDIO

RAILWAY

PUBLIC

CAMPUS

STATION

S TA N D A R D

FUNCTION

DIVIDE

SLIDE

COMPLETE

11


-1000

-4500

EV

ホール

WWC

MWC

講義室

講義室 広場

-2500 切符売り場

MWC

改札

-2500

駅員室

図書スペース MWC 受付

事務室

待合室

EV

製図室

MWC

WWC EV

WWC

-2500 EV

WWC


±0

バス乗り場

-1000

書店

KAWACHI

C -2500

C

切符売り場

木工室兼アーカイブ

構内広場

B

-2000

駅員室

待合室兼ギャラリー

改札

カフェ MWC

待合室

WWC

タクシー乗り場

EV

A

-3500

-2500 駐輪スペース

駐輪スペース

-6000

EV

配置図兼 1階平面図 1:400


EV

ホール

WWC

MWC

講義室

講義室

MWC

駅員室 講義室

受付 機械室 事務室

MWC

MWC

WWC

WWC

製図室

WWC EV

WWC

講義室

待合室 MWC

EV

モックアップ室 EV

プレゼンテーション室兼アーカイブ


WWC

MWC

書店

KAWACHI

待合室兼ギャラリー

カフェ

C

C

デジタルファクトリー 木工室兼アーカイブ

EV

EV

EV

製図室

EV

2階平面図 1:400


研究室

研究室 モックアップ室

プレゼンテーション室兼ア

製図室

研究室

研究室

デジタルファクトリー

待合室

16

駅員室

カフェ

待合室兼ギャラリー

構内広場

木工室兼アーカイブ

製図室


STREET

INNER STREET INNER STREET INNER STREET

RAILWAY

OVERPASS

OVERPASS

北側立面図 1:400 20 480

500

▽ 3FL GL+7200

▽ 2CL GL+6700

2700

2700

3200

PB t=9.5mm ロックウール吸音板 t=12mm

アーカイブ アルミパネル t=3.0mm

鉄筋コンクリートパテズリ単層弾性塗装

エスキススペース

▽ 1CL GL+3200 150 380

400

800

400

▽ 2FL GL+4000

20

1720

吊り照明:蛍光灯 St t=1.6mm 加工品 カバー

3980

風除室 3180

▽ 前面歩道 GL+1480

1460

A-A'断面図 1:400

置き敷きビニル床タイル t=5mm 合板 t=15+15mm パーティクルボード t=19mm 二重床用束

180 390

20

180 390

▽ 1FL GL+20 △ 設計GL±0 △ 1SL GL-370 △ 基礎梁天端 GL-550 スタイロ打ち込み t=20mm 1480

講義室

2300 1500

講義室

20

コンクリート打ち放し

図書スペース

250

待合室

250

▽ ピットSL GL-2050

5000

B-B'断面図 1:400

4860

矩計図 1:100

17


AXIS OF ROKKO | セミナーハウス

兵庫県神戸市

2016.10 - 11 3回生後期設計課題 学内講評会選出作品 KUAJ掲載作品

宿泊者は軸線上にあるコンクリート壁に挟まれた通路で地中に降りて行き、その先にある水盤と神戸港を臨むことで、外界から遮断された緊張 感を感じる。研修棟は美術館としての機能も果たし、宿泊者の成果物やプレゼンテーションを一般の利用者も鑑賞することが可能である。

18


20


21


THEATRE シアター

STUDIO ホワイエ スタジオ・実習スペース MWC WWC 機械室

SEMINAR ゼミ室 MWC WWC 機械室

Mt.MAYA

RELAXATION

1.6km 男湯 女湯 談話スぺース MWC WWC 機械室

LODGE 宿泊室 リネン室 MWC WWC 警備室 受付 ロビー 事務室 食堂

配置図 1:2500

22

厨房 倉庫

PORT of KOBE 3.6km


A’

シアター

WWC

MWC

スタジオ・実習スペース ホワイエ

機械室

光庭

倉庫

WWC

MWC 厨房

水盤

機械室 ゼミ室 食堂

前庭 光庭 事務室

テラス

受付 ロビー

水盤 MWC

女湯 男湯

WWC

談話スペース 警備室

機械室

A

油圧式 EV

油圧式 EV

宿泊室

宿泊室

配置図兼 1階 /B1階平面図 1:800

MWC

MWC リネン室

リネン室 WWC

WWC


A


南西側立面図 1:400

A’

A-A'断面図 1:400


水平線 | 鉛直 /水平 2016.10 キ ル コ ス 国 際 建 築 設 計 コ ン ペ テ ィ シ ョ ン 2 0 1 6   銅 賞( 近 藤 哲 雄 ) / 佳 作( 長 坂 大 )

目線の高さで都市を貫くという単純な操作で、水平線が現れる。人の頭は水平線をひょこひょこと移動したり、とどまったりして、建物の外に いるのか、中にいるのかわからない。鉛直に積みあがっていく都市のなか、どこまでも続く水平線は、都市の景色を変えていく。

26


大会概要

キルコス国際建築設計コンペティション 2016

2 0 組 の 審 査 員 一 人 ひ と り が 、 金 賞・ 銀 賞・ 銅 賞・ 佳 作 を 選 定 す る 国 際 建 築 設 計 コ ン ペ テ ィ シ ョ ン で す。多くの作品を選定するのは、そのアイデアを見逃さないことで、建築の可能性を広げられるの で は な い か 。そ う 強 く 信 じ る か ら で す 。ま た コ ン ペ テ ィ シ ョ ン が 終 わ っ て も 、一 人 ひ と り の 審 査 員 が 、 どの作品を、どう評価したのかを見られる仕組みをつくることで、すべてのひとが建築について深 く考えられます。私たちが目指すのは、多くの表現を通して建築の未来を考えられる今までにない コンペティションです。

テーマ

鉛直 / 水平 E x p l o r e b e y o n d t h e B o u n d a r i e s o f Ve r t i c a l i t y a n d H o r i z o n t a l i t y

審査員

五十嵐淳 五十嵐太郎 エムエースタイル建築計画 小川次郎 北川啓 介 倉方俊輔 郡裕美 近藤哲雄 トラフ 長坂大 南後由和 畑友洋 前 田 圭 介   松 島 潤 平   み か ん ぐ み   宮 本 佳 明   山 口 陽 登   山 崎 亮   吉 村 靖 孝  403architecture[dajiba]

28

応募総数

266作品

応募資格

どなたでも、いくつでも、応募可能

応募締切

2 0 1 6 年 1 0 月 3 1 日( 月 )

結果発表

2017年 1月 12日 (木)

展覧会

2 0 1 7 年 3 月 4 日( 土 ) ~ 3 月 1 2 日( 日 )  ト ヨ タ ホ ー ム 本 社 セ ミ ナ ー ル ー ム

主催

キルコス国際建築設計コンペティション実行委員会


審査講評

銅賞 近藤哲雄 一発アイデアのようであまり現実的ではないかもしれないが、テーマの水平 /鉛直に対して真剣に取り組んでいると感じたので選出した。人間が あまり気にせず都市にどんどん建てていく建物に対し、一律に同じ高さで切るという無茶苦茶な提案ではあると思うが、実際そういったことが できるのであれば、街並みに対して人間がどういった行動をしているのかがちらちらと見えて楽しそうだと感じた。

佳作 長坂大 水 平 と 垂 直 と い う も の の 見 方 を 提 示 し て い る 案 。垂 直 に 建 っ て い る 建 築 物 を 目 線 の と こ ろ で 全 て 切 っ て み た ら ど う な る か 、と い う 単 純 な 話 で あ る 。 20世紀になってから登場した、コルビジェの水平連続窓やユニバーサルスペースのような水平につながる空間は、ある時期から普通に取り扱う べきものとなったが、そういったものを今ある街の中で、もう一回無理やり作ってみたという絵が描かれていて面白いと感じた。具体的にこの 計画案が実現したらどうかということではないが、都市の現状を見る見方として、こういったことをある思考のきっかけとして取り出すことは 悪くないだろう。

29


H AT S U N E M I K U × A R C H I T E C T U R E   |   メ モ リ ア ル 空 間

東京都渋谷区

2016.06 - 07 3回生前期設計課題 学内講評会選出作品 KUAJ掲載作品

バ ー チ ャ ル シ ン ガ ー 、「 初 音 ミ ク 」 の メ モ リ ア ル 空 間 。 彼 女 自 身 を 構 成 す る 楽 曲 や イ ラ ス ト 、 C G な ど の 創 作 活 動 が 行 わ れ 、 誰 で も ク リ エ イ タ ー になれる場所となる。クリエイターという点は線に、そして円になって全てを繋げていく。

「 初 音 ミ ク 」 は ク リ プ ト ン・ フ ュ ー チ ャ ー・ メ デ ィ ア 株 式 会 社 の 著 作 物 で す 。 © C r y p t o n Fu t u r e M e d i a , I N C . w w w. p i a p r o . n e t

30


stage

STUDIO CAFE atelier

LOBBY

exhibition

SHOP

「初音ミクと自分」という一対一の関係

いつでもコンサートができる特性を生かし中央

初 音 ミ ク を 起 点 と し た「 ク リ エ イ タ ー 」 と い う

それぞれの創作スペースを配置し初音ミクを取

に巨大なステージを配置

多対多の関係

り囲むネットワークに

STUDIO

atelier

exhibition

32

向かいにいる人の気配を感じる

初音ミクに付随するアクティビティを

波打つ面を重ねたモデルが基本形

ヴォイドを中心とした螺旋状の床

=初音ミクを媒介につながる

コアとしたグラデーション

レベルの変化=アクティビティの変化

切 る・ 捩 る・ 捲 る な ど の 操 作 に よ る 変 化


各フロアのところどころ

多角形の投影装置に初音

に配置される鑑賞用ス

ミクが出現し、建物内の

ペース

どこからでも鑑賞できる

最上階のミュージアムに は音楽や映像を展示でき るシアターを配置

録音スタジオにて本格的 な作曲活動も可能

作詞・作曲をしたりイラ

外から直接アクセスでき

ストを描くことで交流を

るカフェは2つの交流ス

行うスペース

ペースに接続している

33


terrace

lobby exhibition

audience

counter

audience

audience

recording

store

audience

foyer

information

backstage

南側立面図 1:500

34

stage

theater

counter

断面図 1:500


lobby

counter terrace mwc

recording audience

exhibition

wwc

service

exhibition

exhibition lecture

theater mwc

foyer

information

wwc

wwc

mwc

stockyard

lobby

mwc MWC

store

counter theater stage

backstage

wwc WWC

cafe

warehouse

dressing

dressing

dressing

配置図 /平面図 1:600

35


ゆらぐ境界 | 子育てスクエア

兵庫県神戸市

2016.04 - 09 3回生前期設計課題 建築新人戦 2016 16選 学内講評会選出作品 KUAJ掲載作品 エキスパンドメタルや縁側といったバッファー要素から生まれる境界のゆらぎによって、内外のアクティビティが混合し、他者の気配を感じと ることができる。公園や川、住宅地の境界のゆらぎと共に人間関係の境界もゆらぎ、多様な人がこの児童館に関わっていく。

36


外部

外部

内部 内部

半内部

半外部

家型のボリュームを採用すること

入 れ 子 状 に す る こ と で 、 半 内 部・半

外殻をエキスパンドメタルにし、

縁側やウッドデッキ、布や植栽に

棟同士がレイヤーを重ねて混ざり

で安心感を与える。一方で内部と

外部空間ができる。レイヤーを隔

レイヤーを貫いた開口部をとるこ

よってより一層内外の境界がゆら

合い、内外が反転する。ゆらぐ境

外部が分断されている。

てた映像性が出現する。

とで人影が感じられる。

ぎ始める。

界が完成する。

乳幼児・親

38

教育

アンケート・調査

遊び相手

授業・遊戯

児童

学生・高齢者

内外のゆらぎ

周辺とのゆらぎ

人間関係のゆらぎ

かつての児童館では分断されてい

住 宅 地 と 商 業・公 共 施 設 の 中 間 地 点

周辺との境界がゆらぐことで、親だけでなく学生や高齢者など、地域

た外遊びと中遊びが入り混じり、

として、家型の解体を象徴させる

の人々が児童館に関わりを持つようになる。多様な世代が相互に助け

新たな交友関係が生まれる。

とともにスケールの連続性を保つ。

合うことで、地域全体の活性化と児童の発育を促す。


公園

住宅街 河川公園との連続性 都賀川を軸とした建物配置

商業施設

住宅街と商業・公共施設のスケールをつなぐ

公共施設

隣の公園や川、住宅地の境界をゆらがせる

縁 側・ ウ ッ ド デ ッ キ が 内 外 の ア ク テ ィ ビ テ ィ を 反 転 さ せ る

39


40


41


A

B

14000 2000

10000

2000 1000

10000 9000

14000

1000

遊戯室

10000

2000

1000 授乳室 9000

6000

2000

2000

7000

5000

事務室

10000

7000

2000

遊戯室

2000 図書・メディア室

1000

砂場

9000

5000

1000

14000

8000

8000

1000

3000

11000

9000

連絡階段

連絡階段 A’

B’

配置図兼 1階平面図 1:300

6000

5000

調理室

工作室

6000

4500

8500

3000

菜園


B

A ロフト

屋上広場

屋上菜園

閲覧室

A’

相談室

B’

2階平面図 1:300


調理棟

連絡階段

工作棟

菜園で育てた野菜を調理し、屋上で

接続するウッドデッキによって、

中遊びとしてのお絵かきや工作を、

都賀川を眺めながら食事できる。

川に浮いたような感覚を与える。

外遊びとつなげることができる。

東側立面図 1:300

44


事務棟

遊戯棟

メディア棟

事務スペース -カウンター -縁側の

エキスパンドメタルと縁側によって

本棚と閲覧スペースがシームレスに

連続によって子どもと職員が交流。

境界がゆらぐ。

内と外をつなげている。

屋上広場

屋上菜園

事務室

菜園

2000

7000 5000

ロフト

相談室

遊戯室

調理室

3000

4500

1000

1000

7000 10000

8500

A-A'断面図 1:300

図書・メディア室

2000 6000

B-B'断面図 1:300

45


大会概要

建築新人戦 2016

建 築 へ の 高 い 志 と 情 熱 を も つ 学 生 が 、 所 属 す る 教 育 機 関( 大 学・ 短 期 大 学・ 専 門 学 校・ 高 等 専 門 学 校 ) で取り組んだ 3回生以下の設計課題作品を対象にするコンテストである。一次審査を突破した入選 作 品 は 模 型 と と も に 展 示 さ れ 、 二 次 予 選・ 公 開 審 査 会 に お い て 最 優 秀 賞 を 決 定 す る 。 こ れ は 、 い わ ば今後活躍が期待されるルーキー発掘の場であり、他校の学生やその設計課題作品との対決や交流 を通して、自らの構想や技量そして自身が身を置く教育環境を問い直す場でもある。

審査員

小川晋一 芦澤竜一 乾久美子 加藤耕一 武井誠 福岡孝則

応募総数

601作品

応募資格

4 年 制 大 学・ 3 年 制 専 門 学 校   3 回 生 ま で ( 1 年 次 か ら 3 年 次 前 期 ま で の 課 題 作 品 ) 短 期 大 学・ 2 年 制 専 門 学 校   2 回 生 ま で ( 2 年 次 前 期 ま で の 課 題 作 品 ) 短期大学専攻科 1回生まで (1年次前期までの課題作品 ) 高等専門学校 4、5回生 (4年次から 5年次前期までの課題作品 )

46

応募締切

2 0 1 6 年 8 月 9 日( 火 ) ~ 8 月 1 0 日( 水 )

1次審査

2 0 1 6 年 8 月 1 2 日( 金 )

2次審査

2016年 9月 25日 (日)

展覧会

2 0 1 6 年 9 月 2 4 日( 土 ) ~ 9 月 2 6 日( 月 )  梅 田 ス カ イ ビ ル

主催

建築新人戦 2016実行委員会


審査講評

16選 武井誠 日本の古くからある中間領域をどうやって作るかと考えたときに、エキスパンドメタルを用いたことで、光や風が入ってくる新しい縁側のよう なものができているところが魅力的だと感じた。同時に、この空間が児童館だけでなく、他のビルディングタイプにも利用できるような普遍性 も感じた。

47


拱廊に住まう | 集合住宅 2016.03 - 05 第 3 回 P O L U S - ポ ラ ス - 学 生・ 建 築 デ ザ イ ン コ ン ペ テ ィ シ ョ ン

拱 廊 と い う 単 純 な ア ー チ の 反 復 に 、人 々 の 生 活 が 入 り 混 じ る 。「 内 」と「 外 」、 「 あ な た 」と「 わ た し 」は 曖 昧 に な り 、そ れ ぞ れ の 住 ま い は 交 差 し て い く 。 そこに無機質や退屈はない。人々が待ち望んだつながりが、ただただ連なっていく。

48


敷地側の遊歩道 と公園の小径が 小川を挟んだ一 体の景色を形成 小学生の放課後 の遊び場とな り、地域で子供 を見守る

50

小川

採光 公園

小学校 敷地 3m 通風 3m

耐震性


大会概要

第 3 回 P O L U S - ポ ラ ス - 学 生・ 建 築 デ ザ イ ン コ ン ペ テ ィ シ ョ ン

同じ家が建ち並ぶ街は退屈、と言われる。その一方で、古い街道沿いの街並みは、統一がとれてい るから美しい、とも言われる。ということは、反復には、2つの相反する顔があるのだろうか。退屈 と 美 が 、コ イ ン の 表 裏 に な っ て い る の が 、反 復 な の だ ろ う か 。こ の 謎 を 考 え て み た い 。同 じ 家 が 複 数 、 集 ま っ て で き る 住 区 を 設 計 し て ほ し い 。ま っ た く 同 じ 、で も い い 。基 本 的 に 同 じ 、で も い い 。た だ し 、 「 基 本 的 」 と 言 う と き 、 何 を「 基 本 的 」 と す る か が 問 題 だ 。 反 復 が 、 無 機 性 や 退 屈 を つ く り だ す の で はなく、街に、美しさ、豊かさ、楽しさをもたらすことができたら、それは素晴らしいこと。では、 そのためには、どうしたらいいか。みなさんのアイデアを見せてほしい。

テーマ

同じ家が集まってできる、豊かな街

審査員

青木淳 今井公太郎 乾久美子 前田圭介 野村壮一郎

応募総数

525作品

応募資格

2 0 1 6 年 4 月 1 日 時 点 で 、 大 学 院 、 大 学 、 短 期 大 学 、 高 等 専 門 学 校 、 専 修 学 校( 各 種 学 校 )、 高 等 学 校 、 等 の 学 生 で あ る こ と

応募締切

2 0 1 6 年 5 月 6 日( 金 )

1次審査

2016年 5月下旬

2次審査

2 0 1 6 年 6 月 2 3( 木 )

主催

ポラスグループ

51


回 遊 す る ミ チ   |   公 共・ 都 市 空 間 の エ ク ス テ リ ア 2016.03 第 5 回 E & G D E S I G N 学 生 デ ザ イ ン 大 賞   優 秀 賞( 公 共・ 都 市 空 間 の エ ク ス テ リ ア 部 門 )

建物がひしめく窮屈な都市空間の中では、人々が安らぐことのできるオープンスペースが不足している。網目状に張り巡らされた道路という名 の都市の隙間に、緑の祝祭の場を設けることができれば、この問題が解決できるのではないかと考えた。

52


車道により建物同士が分断され、人々が集えるゆとりの

対岸同士がつながり、人が都市を縦横無尽に行き来する

既存の植栽を意識し、樹木同士を結ぶようなゆるやかな

スペースがない

ことができる

波 形 の「 ミ チ 」 を 作 る こ と で 、 二 つ の 歩 道 が つ な が る

数日~数週間

輻射熱

芝生の搬入、設置

人が集まるにつれ設置物が増え、回遊が生まれる

回収

「ミチ」が都市を回遊する

蒸発熱

「ミチ」による緑化は舗装による輻射を防ぎ、芝生の蒸 発散によって気温の上昇を抑えることができる

54


ギャラリー

屋外カフェ

向かいのギャラリーから作品が飛び出し、芝生に展示される。道に沿って並べられ

屋根が緑化されたキッチンは、カフェの出張所。植木鉢に囲まれたウッドデッキの

た絵や、インスタレーションに人々は足を止める。

上で、自然を感じながらくつろぐことができる。

屋外書庫

ワークショップ

木や植物を活用した本棚に、古本や寄贈図書が置かれる。丘になった芝生に寝ころ

集 会 可 能 な ス ペ ー ス 。エ ク ス テ リ ア・ガ ー デ ニ ン グ に 関 す る ワ ー ク シ ョ ッ プ も 行 わ れ 、

びながら、ゆったりと読書ができる。

緑と生活のつながりについて関心を持たせる。

55


平面図 1:100


大会概要

第 5回 E&G DESIGN 学生デザイン大賞

住 空 間 、 商 業 空 間 、 公 共・ 都 市 空 間 の エ ク ス テ リ ア の 分 野 に て 、 住 ま い 方 や 利 用 の 仕 方 、 身 体 面・ 心 理 面 、 省 エ ネ・ 環 境 性 等 の 要 素 と 空 間 の 関 わ り 方 を 考 え た 空 間 デ ザ イ ン に つ い て 、 学 生 の 皆 様 を 対 象 に ご 提 案 い た だ き ま す 。 提 案 部 門 は 、〈 住 空 間 の エ ク ス テ リ ア 〉、〈 商 業 空 間 の エ ク ス テ リ ア 〉、〈 公 共・ 都 市 空 間 の エ ク ス テ リ ア 〉 の 3 部 門 か ら 一 つ を 選 択 し 、 新 鮮 で 独 創 的 か つ リ ア リ テ ィ ー あ る ご 提 案 を い た だ き 、 エ ク ス テ リ ア・ デ ザ イ ン に つ い て 、 幸 せ 感 の あ る 生 活 、 環 境 、 空 間 創 造 の 向 上 を 目 指すことを目的としています。

テーマ

緑・ 光・ 風・ 水 の あ る 暮 ら し 方 - 幸 せ 感 あ る エ ク ス テ リ ア -

審査員

堀越哲美 岡田憲久 加藤和雄

応募部門

住空間のエクステリア部門 商業空間のエクステリア部門 公 共・ 都 市 空 間 の エ ク ス テ リ ア 部 門

応募総数

74作品

応募資格

高 等 学 校 、高 等 専 門 学 校 、専 門 学 校 、短 大 、大 学 、大 学 院 に お い て 空 間・デ ザ イ ン 、 ラ ン ド ス ケ ー プ 、造 園 等 を 学 ぶ 学 生 で 現 在 、 在 学 中 の 個 人 ま た は グ ル ー プ

58

応募締切

2 0 1 6 年 3 月 3 1 日( 木 )

展覧会

2 0 1 6 年 5 月 1 3 日( 金 ) ~ 5 月 1 4 日( 土 )  ポ ー ト メ ッ セ 名 古 屋

主催

東海エクステリアフェア実行委員会


審査講評

優 秀 賞( 公 共・ 都 市 空 間 の エ ク ス テ リ ア 部 門 ) 加藤和雄 「 車 道 の 遊 歩 道 」 の よ う な 都 市 を 豊 か に す る 施 策 は 、 現 在 各 都 市 で 行 わ れ て い る 。 本 提 案 で は 、「 ビ ル ― 歩 道 ― 車 道 ― 歩 道 ― ビ ル 」 と い う 状 況 に 着 目 し 、「 車 道 の 遊 歩 道 」 を 仮 設・ 都 市 環 境 の 観 点 か ら 発 展 さ せ 、 多 様 な ア ク テ ィ ビ テ ィ に 対 応 し た 仮 設 エ ク ス テ リ ア を 示 し て い る 。 車 道 で 分 断 された対岸のビル、歩道に回遊性が形成され、新たな都市体験の記憶がつながっていく日本をイメージできた。

59


MEKURU | 図書館

兵庫県神戸市

2015.12 - 2016.01 2回生後期設計課題 学内講評会選出作品 KUAJ掲載作品

本 を「 め く る 」 と い う 行 為 に 着 想 を 得 た 。 子 供 が 多 い こ の 地 域 に 寄 り 添 う 、憩 い の 場 と し て 設 計 し た 公 園 を め く り あ げ 、そ の 下 に 図 書 館 を 作 っ た 。 内部空間にある吊り下げられた本棚や照明、細柱やゆるやかな丘は外部と連続し、ランドスケープと一体になる。

60


62


多目的ルーム 児童図書

読み聞かせコーナー

自習コーナー

キッズコーナー

授乳室

ブラウジングコーナー AV コーナー

CHILDREN

PARENTS

EVERYONE

「図書館」としての+

本 を「 め く る 」 と い う 動 作 か ら 発 想 を 得 た

「 図 書 館 」 +「 公 園 」

南の公園と一体化し、遊具を置く

めくりあげた下に図書館ができる

63


A

18

GL+100/FL±0

GL+600

GL+600 18

1

17

INFORMATION 2

11

5

13

3

12

EV

6

ADULTS

FL+600

FL-600

4 14

FL+600

GL-500

▲ 16

15

18

8 7

CHILDREN FL+600

5 9

A’ GL+600 GL+800

GL+600

10 TERRACE GL+100/FL±0

GL+600

配置図兼 1階平面図 1:250 GL+800

GL+600

GL+600


GL+4100/FL±0

GL+600

A

18

1

17

4

INFORMATION 2

CLOSED-STACKS 11 2

5

3

13

3

12 11

9 EV EV

6

△ △

ADULTS

FL-400

10 14 6

GL-500

5 MULTIPURPOSE 16

MEDIA

15

18 8 7 STUDY

8

5 9

7

A’

GL+600

GL+4100/FL±0 GL+800

GL+600

10 TERRACE GL+100/FL±0

GL+600

2階平面図 1:250 GL+800

65


GL+4100

FL+600

A

1

2

3 GL+8100/FL±0

EV

PARK

GL+8100/FL±0

4

1 FL+600

A’

GL+4100

屋根伏図 1:250

66


南側立面図 1:250

12

13

EV

8

14

15

9

5

6

10

7

11

15

A

A’

A-A'断面図 1:250

67


越智誠作品集 MAKOTO OCHI WORKS 2014 - 2017 2017年 2月 20日 著者 越智誠

PORTFOLIO


MAKOTO OCHI WORKS 2014-2017  

Undergraduate Architecture Portfolio by Makoto Ochi

MAKOTO OCHI WORKS 2014-2017  

Undergraduate Architecture Portfolio by Makoto Ochi

Advertisement