Issuu on Google+

R n D n n F くく 肥料散布機

■■■暮 ■l■ ■■ ■■ ■■

′ll■J【」 ■ 管用 戯 I O6 . 5∼

取扱 説 明 書 & パ ー ツ カ タ ロ グ

/一一 一  ̄

“必 読 け 機 械 の 使 用 前 に は 必 ず お 読 み く だ さ い 。

株式会社 共 栄 社


−1 −

ごあ い さ つ この た びは 、バ ロネ ス 月 巴料 散布 機 M S 2 5 A 型 を お買 い上 げ い た だ き ま し て まこ とに あ り が と う ご ざ い ま す 。

安全 に 関 す る 警 告 に つ い て 本機 に は 、▲

印 をつ けた警 告 表 示 ラベ ル を貼 付 して い ます 。

安全 上 、 特 に 重 要 な 項 目 を示 して い ま す 。 警 告 を守 り 、 安 全 な 作業 を 行 な っ て く だ さ い 。

この 取 扱説 明 書 は 、正 し い取 扱 い方 法 と調整 方 法 、また点 検 方 法 に つ い て説 明 し てい ま す 。

正 し くお使 い いた だ く ため 、ご使 用 前 に こ の取 扱 説 明 書 を必 ず お 読 み い た だ き 、 充分 ご理 解 し た上 で操 作 して くだ さ い 。

な お 、工 場 出荷 時 に 充分 な 検 査 を重 ね て か ら出荷 して お ります が 、機 械 が本 来 の

性能 を発 揮 す る ため に は 、そ の取 扱 方 法 と作 業前 後 の 点 検 、調 整 な ど 日常 の 管理 が 大き く影 響 し ま す。 い つ ま でも 優 れ た性 能 を発 揮 さ せ 、安 全 にそ し て効 果 的 に ご愛 用く だ さ る よ う お 願 い 申 し 上 げ ま す 。

また 、ご使用 中の 不 審な 点 や 故 障 等 につ いて は 、お近 くの 販売 店 にお 問 い 合 わ せ

警告 表 示 に つ い て

くだ さ い 。 そ の 際 に は 、機 械 の 型 式 と製 造 番 号 を併 せ て お 知 らせ く だ さ い 。

ご注 意 =

▲注意

=し_

その 警 告 に従 わ な か っ た 場 合 、 ケ ガ を負 う恐 れ が あ る 、 また は物 的 損 害 の 発 生 が 予 測 され る もの を示 しま す 。

●本 機 は 、 型 式 が 順 次 変 わ っ て い る場 合 が あ り ま す 。 機 械 に 関 す る お 問 い 合 わ せ の 節 は 、 必 ず 型 式 ・ 製 造 番 号 を併 せ て ご 通 知 く だ さい ます よ うお願 い い た しま す。

●な お 、 本 書 記 載 事 項 は 、 予 告 な しに 変 更 す る 場 合 が あ り ま す 。

▲注意 この 取扱 説 明書 や機 械 に使 用 されて い る警 告 表示 ラベ ル は 、安全 確 保 の ため の説 明が 書 か れ て い ま す の で 、 注 意 し て 読 み 充 分 理 解 して くだ さ い 。

操作 手 順 や 安 全 注 意 事 項 を よ く理 解 し て か ら、 こ の 機 械 を 操 作 し て く だ さ い 。 マー ク や 説 明 文 は き れ い に 保 ち 、 な く な っ た り損 傷 が あ っ た 場 合 に は 、 新 しい も のに 交 換 し て く だ さ い 。


ラベ ル の 貼 付 位 置

目次 K 42 05001060

▲注 意

安全 に 関 す る 警 告 に つ い て

1

ラベ ル の 貼 付位 置

2

き込 まれ に注 意 して

目次

2

下さい。K 4

1 .安 全 作 業 の た め の注 意 事項 1− 1.[ 室 垂 ]作業前の注意事項

3

1− 2.[ 室 垂 ]作業 中の注意事項

3

ト3.作 業 後 の 注 意事 項

3

○一夕 一回転 中 、巻

20 5 0 0 10 6 0

3

2 .仕様

3

3 .特徴

3

4 .各 部 の名 称

4

5 .組 立

4

6 .使 用 方 法

4

6 − 1.[ 蚕 室司 散 布

4

6 − 2.直 垂 ]作 業中の注意

6 6 6

6 − 3.移 動 6 − 4 .散 布 の ヒ ン ト

i2

1 車輪部 2 ホ ッ パ ー & ハ ン ドル 部

一2

9 … … … … … … … … … … ‖… … ‥… … … ‥1 1


ー3 −

1 . 安 全作 業 の ための注 意 事項 1 −1 .

▲注意

① ② ③

型式

M S 25 A

服装 は作 業 に 適 した 服 装 を す る こ と 。

全長

1. 18cm

緊急 時 へ の 対 応 と し て救 急 箱 等 を 準 備 しい つ で も使 え る こ と 。

今時 主義

4 7cm .

作業 前 の注 意 事 項

機械 の改 造 は しな い こ と。整 備 上 の 必要 部 品 は安全 確保 の た め、純 正

場合 は 、 新 し い も の に 取 り替 え る こ と 。 ⑤ボ ル ト・ ナ ッ ト類 が ゆ る ん で い な い か よ く調 べ 、 ゆ る ん で い る 時 は 、

確 実 に締 め付 ける こ と。

69cm ∴二 車Ok g .

部品 を使 用 す る こ と。

注意 マ ー ク や 説 明 文 は 常 に き れ い に 保 ち 、 無 くな っ た り 、 損 傷 が あ る

2 . 仕様

参考 :適正 締 付 トル ク

M 8

18 N・m(18 0 k 9 f・Cm ) )

⑥タ イ ヤ の 空 気 圧 は適 当 で あ る か 、 亀 裂 や 損 傷 は な い か 確 認 す る こ と 。

質量 タ イヤ

径 25 . 6 ふ  ̄幅 畠. 2占ふ

ホ ッパ ー

▲注意

① ②

作業 中 の注 意 事項

目的 用 途 以 外 に は使 用 しない こ と。

作業 中 、 周 り に 人 が い な い か 破 損 す る 恐 れ の 物 が な い か確 認 し作 業 を

ポ リエ チ レン製 2 5d叩3( 25L )

口「 タ ー

ユ ニチ カナ イ ロ ン製

ギ ヤケ ー ネ

軽 合 金製

作 業速 き・  ̄ 1 − 2 .

空気 圧 250 kP a ( 2. 5k g的 m 2) ゝ ■ ′

4. 5km 几

3 . 特徴 1 ) 簡 単 な操 作

③ ④

する こ と 。

プ レイ ヤ ー が 近 くに い な い か確 認 す る こ と。 打 球 が飛 ん で き て危 険 で す 。 作業 中 は 回 転 物 に 触 れ な い こ と。 ロ ー タ ー や ス プ リ ン グ で手 や 指 を ケ

⑤ ⑥

ガを す る 危 険 が あ り ま す 。

操 作 は 簡 単 で 誰 が 使 用 して も均 一 に 散 布 す る こ と が で き ま す 。 作 業 速 さは約 4. 5k m /h で す 。 (5 m を 4 秒 で 歩 く速 さ)

2 ) 防錆仕様

飛散 物 で ケ ガ を し な い よ う気 を 付 け る こ と。

ホ ッパ ー に は ポ リエ チ レ ン材 を 、 シ ャ フ ト、 ボ ル ト、 ワ ッ シ ャ 一 等 に

肥料 等 が 目 に 入 っ た 場 合 は 直 ぐ に 水 で 洗 い 流 し 、 医 師 の 診 断 を受 け る

ス テ ン レ ス材 を 使 用 し 、 防 錆 性 に は 充 分 考 慮 し て 設 計 さ れ て い ま す 。

⑦ ⑧

こ と 。

坂道 を 下 る 時 は 、 バ ラ ン ス に 注 意 す る こ と。

作業 中 、異 常 振 動 や 異常 音 の発 生等 、 一機械 の異 常 を認 め た ら直 ち に作 業を停 止 し て 原 因 を 調 べ 、 完 全 に 補 修 し た 上 で再 使 用 す る こ と 。

1 − 3. 作 業後の注意事項 ①

各 部 (特 に駆 動 部 ) の ごみ・ 挨 等 を除 去 す る 。

長 期 間 使 用 しな い 時 は 、 ホ ッパ ー 内 の 肥 料 は 空 に し て お き 、 屋 内 で 保 管 す る こ と。

3 ) 手 元 で の ゲ ー ト操 作 散 布 ゲ ー トの 開 閉 は 手 元 の ツ マ ミで 簡 単 に で き ます 。 4 ) 芝 を傷 め な い タイ ヤ

タ イ ヤ 幅 が 広 い の で 芝 を傷 め ませ ん 。 ま た 運 搬 も容 易 で す 。 空 気 圧 は2 50 k P a(2 . 5 k g 〝 c m 2)で 使 用 し て く だ さ い 。


6 . 使 用方 法

8

7

6 − 1. 散布 1 5

1 ) 散 布 口 の 切替 散 布 す る 肥 料 に あ わ せ 散 布 口 を 切 り替 え て く だ さい 。

1 3 1

< 散 布 ロ ボ ジ シ ョン >

(診

_′■ ヽ

細 ・少 0

、一一 l■l■■ ヽ

1 4

2

1

1

験 3

Q O

① ② ③

4 . 各 部 の名 称

( P

6

6

1

1 1

5

0 細・ 多 0 粒

粒径 2m m 未 満 の 肥 料 で 、 15g /ポ以 下 の散 布 。

粒径 2m m 未 満 の 肥 料 で 、 15g /ポ超 の 散布 。

粒径 2m m 前 後・ 3m m 以 上 の 肥 料 、 及 び 有機 資 材 の 散 布 。

0

< 散 布 口 の あ わせ 方 > 散布 口切 替板 の 指 針 と散 布 口 切 替 ラベル の▲ 印 を上 か ら見 て あ わせ て

1 1

4

9

0

くだ さい 。 ′ ′

・ 番号

13

ハ ン ドル パ イ プ上

ロー ター ギヤ ボ ック ス

8

ツマ ミ 散 布 口切 替 板

14 15

ア イ ドル レバ ー

散 布 口切 替 ラベ ル ハン ド ( 左 ・右 )

16

フ レー ム

二 )

l

\ヽ

l

帽 ′

① ②

5 . 組立

′l

ハ ン ドル パ イ プ下

l

し/

l

11 12

ア ジ ャ ス トダ イ ヤ ル 散布ゲー ト

6

タイ ヤ

散 布 口 調整 ロ ッ ド

/ /

4 5

9 10

/ / ㌦ 一仰﹁ ︵︰、 ヽ ノ′Jし﹂■㌦

3

ニ′ r ′

l l

ハ ン ドル

7

/ / /

ホ ッパ ー

2

番号

/ /

1

二も ㌢ /

番号

√′′

ハン ドル パ イ プ 下 を付 属 ボ ル トに て フ レ ー ム に 固 定 して くだ さ い 。

ハン ド左 ・ 右 を 付 属 ボ ル トに て ハ ン ドル パ イ プ 下 に 固 定 し て く だ さ

< 散布口形状 >

③ ④

い。 ハン ドル パ イ プ 上 ・ 下 を 付 属 ボ ル トに て 締 め 付 け 固 定 し て くだ さ い 。

散布 口 調 節 ロ ッ ドの 取 り付 け は ロ ッ ドの カ ギ 部 を ア イ ドル レバ ー の 穴

に差 し込 み 、 ロ ッ ド を横 方 向 へ し な らせ な が ら取 り付 け ま す 。

−4 −

(卦


ー5 −

2 ) ホ ッパ ー に肥 料 を投 入 ・ ・

4 ) 散 布 ゲ ー トを 開 く

「「 − ニ ミ

ホ ッパ ーの容 量 は2 5 d m 3 (2 5 り です 。

ツ マ ミ を 引 い て 散 布 ゲ ー トを 開 く とす ぐ に 肥 料 が 落 ち 始 め ま す 。

図 の よ うに 市 販 の 袋 詰 め を ホ ッパ ー に 袋 ご と 入 れ る と 、 袋 が フ タの 役 割

を し ます の で 便利 で す 。

▲注意

揆 ′

引く

l

肥料 は 散布 ゲ ー トを閉 じて か ら投 入 して くだ さ い 。ホ ッパ ー に肥 料 を投 入 する と き は、バ ラ ンス を くず して転 倒 しな いよ う充分 注 意 して くだ さ い。 3 ) ダ イ ヤ ル を調 節 ・

ダイ ヤ ル 締付 ツ マ ミ

ダ イ ヤ ル 締 付 ツ マ ミ を ゆ る ませ て か

5 ) 散 布 開始

ら ア ジ ャ ス トダ イ ヤ ル を 回 転 さ せ ま

す。 ヽ

数 字 を止 メ ネ ジ に 合 わ せ 、 ダ イ ヤ ル

■l

ド岩

散 布 機 を押 し て 前 進 させ る と ロ ー タ ー が 回 転 し散 布 を 開 始 し ま す 。

歩 行 速 さ約 4 . 5 k m /h で 押 して く だ さ い 。

止メ ネ ジ

▲注意

締 付 ツ マ ミ を締 め 付 け 、 ア ジ ャ ス ト ダ イヤ ル を固 定 します 。

アジ ャ ス

ホッパ ー に肥 料が 入 つて いる と き は前 重心 にな らな いよ うに注 意 して 下 さ い。 前方 へ 転 倒す る こ とが あ ります 。

トダ イ ヤ ル

./ 6 ) 散 布 ゲ ー トを 閉 じ る

ダイ ヤ ル と 散 布 ゲ ー トの 関 係

・ ル2

ダイ ヤ ル 3

ダイ ヤ ル 4

ダイ ヤ ル 5

散 布 を終 了 す る 時 は ツ マ ミ を押 し て 散 布 ゲ ー トを 閉 じ て く だ さ い 。

ダイ

J ■ヽ

l

押す

散布 ゲ ー ト

散布 ゲ ー ト

I 一

l

散布 ゲ ー ト

l


6 − 2 . 作 業 中 の注 意

散布 され る 肥 料 の 量 は 、 片 側 2 m 付 近 に な る と ご くわ ず か に な っ て い ま

す。 その ため 、散 布 時 は あ る程 度 の ラ ップ (重 ね 合 わせ ) が必 要 とな

▲注意

りま す 。 こ うす る事 に よ り均 一 散 布 が 可 能 に な り ま す 。 肥料 の 種 類 に

ロー タ ー 回 転 中 は 巻 き込 まれ に注 意 す る こ と 。

よっ て 散 布 範 囲 が 変 わ り ま す の で ご注 意 く だ さ い 。 ラッ プ の 目 安 を下 図 に 示 し ま す 。

6 − 3. 移 動 ・

散 布 機 を 後 向 き に 引 い て 移 動 させ ま す 。

ロ ー タ ーが 回 転 せ ず 、 容 易 に移 動 す る こ とが で き ます 。

散布 機 上面 図 −

『 コ

⊂=コ l

レ //  ̄ f

6 − 4. 散 布 の ヒン ト

F

1 ) 散布範囲 ・

l

散 布 範 囲 は 歩 行 速 さ約 4 . 5k m /h で 、 お よ そ 4 m に 広 が り ま す 。

t

l

、、ヾ> 、

J

/ 1

l

l

○ヽ、

1

1

⊂=I

l

l

l

1

l

l

l

l

l

散布機 の通 る幅

< 微 細 粒 (例 ) マ イ ク ロパ ワー8 号 (多木 化 学 ) > ● ● ●

●●

−−−−−−−、 ●

.′

散布量( g/ m 2)

5

●′ ノ■

一一一 一

′ ′

●■■

′ ′ ′●

/ ●

・2

一J■

散 布機 の 通 る 幅 ( m )

一 − − − − − − ■

r

l

l ●

7

2

10

2. 25

14 ∼

2. 25

< 細 粒・ 普 通粒 > 散 布 機 の 通 る幅 、3m ●●●

< お願 い > 上 記 表 は 、 あ く まで も目安 です 。 お客様 の ご使 用 に な る肥 料 及 び歩 行

速 さ (設 定 は 4 . 5k m /h ) に よ り散 布 範 囲 が 変 わ り ま す の で 、 散 布 機 の 通 る 幅 を 調 節 して くだ さ い 。

−6 −


−7 −

< 普 通粒 (最 大 粒 径 が3m m を超 え る肥 料 ) >

2 ) ダ イ ヤ ル 目 盛 と散 布 量

例 ) わ か ば8号 ( 多木 化 学 ) ,化 成A 80 1号 (JA ) 、etC

肥 料 粒 径 に 対 す る散 布 の 目 安 と して 、 下 表 を 参 照 し て く だ さ い 。

< 微 細粒 (粒 径 が 1m m 以 下 の物 が 多 い 肥 料 ) >

散布量( g/ が )・

例 ) マ イ ク ロパ ワ ー 8 号 (多 木 化 学 ) 、 C T グ リ ー ン ズ (ハ イ ポ ネ ッ ク

ダイ ヤ ル 目盛

散布ロボジ ション

ス ) 、 e tC

③ 「粒 」 祇t

g /栃 散布量( ダ イヤ ル 目盛

散 布 ロ ボ ンツ ヽ小 ・ヽ、 ■ヨ ン ① 「細 ・少 」 ̄ ・

3 3. 5

1‥

5  ̄ ■ ナ

6

40

6. 5

50

3 ) ス プ リン グ

10

2■ 0

4. 5

14

30

16

35

5. 5’

30

② 「細 ・多 」

4 5. ・ ■ ・

5. 5

使用不可

■4 0

スプ リング の使 い分 け方 につ い て

標 準 ス プ リ ン グ (本 機 組 付 け )

・ 粒状 肥料

付 属 ス プ リ ング

・ 有機 資材

流れ の 良 い 肥 料 に つ い て は 、 ス プ リ ン グ を取 り外 して 使 用 す る 事 が 出

ご注 意 = 散 布 ロボ ジ シ ョン① 「細・少 」で は 、使用 可 能な ダ イヤ ル は =し_ 5 まで とな ります 。ダ イ ヤ ル 5を 超 え て使 用 す る と左 右 の 散 布圭 の 均 一が 保 て な くな り ます の で 、ポ ジ シ ョン② 「細 ・ 多」 に切 り替 え て ご 使 用 下 さ い 。

< 細 粒 (最 大 粒 径 が2m m 程 度 の肥 料 ) > 例 ) し き 島 6 号 (多 木 化 学 ) 、 オ ー ル セ ブ ン ( コ ウ ノ シ マ 化 成 ) 、 e tC

散 布 量 伯/ m 2) ダ イヤ ル 目盛 二5 ・

散布ロボ ジション ・ ③ 「粒 」 一台0 −

5. 5

40

6

50

tl

来ます 。 ス プ リ ン グ の 回 転 抵 抗 が な く な る事 に よ り 、 よ り楽 に 作 業 を

する事 が 出 来 ま す 。


ご注 意 ( 本機 お 問 い 合 わせ に つ い て)

型 式 が順 次 変更 にな っ て いる 場 合 が あ り ますの で 、機 械 の 型 式 と製 造番 号 を あ わ せ て ご通 知 下 さ る よ う お願 い い た し ます 。

な お 、本 書 記載 事項 は 予告 な しに 変 更 す る こ と が あ りま す。

( 部 品 注 文 に つ い て)

部 品 は 電 算機 に て管 理 し て お ります が誤 送 の原 国 ともな りま す の で 、部 品 注 文 の 際 は 必 ず カ タ ロ グ 番 号 ・ コ ー ド番 号・ 部 品 名 称 で ご 注 文 く だ さ い 。

例カ タ ロ グ 番 号 1 − 52

コ ー ド番 号

部 品名 称

M S 2 5 − − − 0 17 2 Z O

−8 −

個数

l O ブ ッ シ ュ 1 6 2 4 1


&/

47

︵H

転ヰ 8 、、こ S

画J

2

3 7

// /\ 〈 、 / /へ/ 、/ / // / ー/ / / / / ′ // \ / / / /// // \/ \ / // \ / / \ // ////// // // // 3 2 /く // / / // /

十ヽ/ / ′ / ′ / / イI

ノ へ

/\

// /へ、、

′■

、〉 一 ′

ヽ〉 /

′■

\、 →〉 ′ /

′−

/′ /5二転 ‡き ′

/ ,

− \転 6 // / / ; 二町 晶、 :

「/ l

l

t

I

t

l

t

千載 /

I

I

I

l

1

1

■、 噸 仁く も t l

1

l

1

I

1

l

1

I

t

I

l

l

1

1

そて 野 ∠

1 7

2ヰ

// / // / / l // 、ノr ′

I

I

l

t

1 1 1

1

跨若1て 海 l

ヽ「

I

23

う′

1

、 、\

t

14

1

ヽ、

/1/

\十 \、 、、

▲ ■■ L

18

19

l

l

. !−㌣ t 131

t

/一 /

鞋ナ、 、

1

I

I

I

t

ヽヽヽ− 、、 、、 、、 、ヽ−

一 一 ■ 一 ■ −■ . 一 −. −●. _ ._ . . ___ _ . ._ _ . _. _. __ . __ . __ _ . _ . _ . _」

、、 _ _ _ _ … ……_ ニン ′′

’U 2ラ2㌃ ▼ 2占 26

′ 、亡


カタロク○ 番号

コ ー

ド番 号

1 基 M S25 個 数 共用 部品

1− 1 M S 2 5 A − − 0 1 0 1 Z O

ギ ヤ ボ ッ クスA s s − y

1

1−2 M S 2 5 − − − 0 1 1 0 Z O

セ ン タ ー ドラ イ ブ シ ャ フ・ ト

1

1−3

0 リン グP lO

K O 8 8 0 0 1 0 0 0 0

MS20 共用 部品

カタロク○ 番号

1

○ ○ ̄ 、  ̄ ○ 一

キ ャ ップ

1

4 ス テ ン レス ボ ル ト1 0

コ ー

ド 番 号

1 基 M S25 個 数 共用 部品 ○ 12

MS20 共用 部品 ○

0 8 ■0 8 0 0 0 2 1 −3 1 丁 K O 2 二 1 _3 ■ 畠 K O l O O O 8 、 0 0 0 2

8 S ワ ッシ ャー 8ナ ッ ト

12

1−3 3

ワ ン ウ ェ イ ク ラ ッチ

1

○ , ・

1−3 4 r 山 S 2 5 − − − 0 1 1 6 Z 4 駆 動 軸

1

○ ,

2’ ○

1丁 3’ 5 K O 8 6 0 0 0 0 0 1 0■

1

1− : 姶 2

K 3 8 2 0 0 0 0 0 1 0

1− 4 M S 1 9 − − − 0 1 1 4 Z O

1 −5

5 2 Z 4’ ・ベ ア リ ン グ押 エ カ ラ ー 1 −6 M S 1 9 − − − 0 1・_

1

1−7

1

1S U S 座 金 1 6 . 32 5 K 5 0 4 1 0 1 6 2 5 0 M S 1 9 一 − − 0 1′1 2 A ■ L ベ ア リ ン グ押 エ 1 −8

1

1

4 9 ・ Z O ヘ ア リ ン グ押 エバ ッキ ン 1 − 9 M ′S 1 9 − − − 0 1・■

1

1− 39

■ K− 2 0 3 0 0 0 0 1 2 0

タ イ ヤ3 . 00− 4 A ss− y

2

、 、 ○

○ ■ ○

1− 40

K 2 0 9 0 0 0 0 5 5,0

ホ イ. − ル3 . 0 0 4 × 1. 75DT

4

1− 41

K 2 0 9 1 0 0 0 2 3 0

チ ュ ー ブ3 . 00− 4

2

○ d

K O O 2 0 0 4 0 1 0 0

1 −1 0

K 5 0 5 1 0 1 0 2 2 0

1C 5 1 9 1 P 座 金 1 0 2 2 ・

1

1 −1 1

K O 6 0 8 0 6 2 0 2 0 ・

ボ ー ル ベ ア リ ング6 2 0 2 2 R S

1

1 −1 2 M S 2 5 A − − 0 1 0 9 Z O 1 5 丁 ベ ベ ル ギ ヤ 5 ス テ ン レスボ ル ト1 2 2 0 ‘ 1 −1 3 K O O 2 0 0 5 0 1 −

シ ール カバ ー

_ K 6 0 1 0 0 0 て 0 0− 5 0 − ヽッ シュ 1 9 9 . 1− 37 13 ジ ュ ラ コ ンフヽ − ■ 1− 88 ・ M S 2 5 −−− 0 1 2 ■ ■ 2・ . Z ’ L タ イ ヤ取 付 座 左

1− 42

K 2 0 9 3 0 0 0 0 1 ・ 0

バ ル ブキ ャ ップ

2

. 、 7

1− 43

K 2 0 9 2 0 0 0 _0 2 0

バ ル ブ コア N o . 90 0 0

2

ト4 4 1一 由

K 2 0 3 1 0 0 0 0 9 0

タイ ヤ3 . 00 − 4 U L4 P R

2

K O O O O O 8 0 1 5 2

8 ボ ル ト15

6

・○

1

1

1

1 −1 4

K O 2 0 1 0 5 0 0 0 0

5 ス テ ン レスS ワ ッ シ ャー

7

1 −1 5

K O 3 2 1 0 3 5 1 4 0

3. 5 S U S ス プ リン グ ピ ン1 4

1

1 −1 6

K O 8 6 1 0 0′ 0 0 1 0

車軸 シー ル

2

1− 46

K O 4 0 5 0 1 3 0 0 0

S U S ス トップ リ ン グS 1 3

ト1 7

K 6 0 0 0 0 0 0 0 2 0

1 3 ブ ッ シ ュ1 6 1 5

1 0 ス テ ン レス 袋 ナ ッ ト

4

1− 47

K O l 1 6 ■ 1 0 0 0 0 0

1− 1 8 M S 1 9 − − − 0 1 0 7 A L ギ ヤ ボ ッ クス 蓋

1

1− 48

M S 2 5 A − − 0 1 3 2 Z 8 ス プ リン グA

1− 1 9 、M S 1 9 − − − 0 1 0 8 Z O パ ッ キ ン

1

1 −4 9

K O 8 6 0 0 0 0 0 2 0

5

1 −5 0

M S 1 9 − − − 0 1 5 0 Z O ホ ッパ ー軸 受 止 リン グ

2

1− 5 1 M S 2 5 −− − 0 1 5 1 Z O

1− 20

K 5 0 ▲ 5 1 0 1 3 2 4 0

1 C 5 19 1 P 座 金 1 3 2 4

1− 21

K O 3 2 1 0 3 5 2 5 0

3. 5 S U S ス プ リ ング ピ ン2 5

ト2 2 M S 2 5 A − − 0 1 0 3 Z O 5 1 丁 ベ ベ ル ギヤ

1

1− 23 M S 1 9 −− − 0 1 0 1 A L

1

1

6

2

ギヤ ボ ッ ク ス

1− 24 M S 2 0 −−− 0 1 0 2 Z O 車軸 1− 25

K O O O O O 8 0 2 0 2

8 ボ ル ト2 0

1− 2 6 M S 2 0 − − − 0 1 2 3 Z 2 車 軸 カバ ー 1− 2 7 M S 2 0 − − − 0 1 5 5 Z O 車 軸 カ バ ーパ ッキ ン 1− 28

K O 4 0 5 0 2 5 0 0 0

S U S ス トッ プ リン グS 2 5

1− 29

K 5 0 5 1 0 2 5 3 5 0

1C 5 1 9 1 P 座 金2 5 3 5

ト3 0 M S 2 0 − − − 0 1 2 0 Z L タ イ ヤ 取 付 座 右

2

2

2

1

ホ ッパ ー軸 受 シー ル

1

1

1

ト5 2

M S 2 5 − − − 0 1 7 2 Z O 1 0 ブ ッシ ュ 16 2 4

1

1− 53

M S 2 0 −−− 0 1 6 4 B O

ローター

1

O r

K O 3 2 1 0 3 5 1 8 0

3. 5 S U S ス プ リ ン グ ピ ン1 8

1

○’

1− 54

スペ ーサ ー

1

M S25A −1 0 −


2 ホ ッ パ ー & ハ ン ドル 部

■..−

1■

、 16 1′曳

18 ′ ㌦ 川 朋

竿

\、 J

/ / / /

\げ

1 1 \軋 ︼56 ㌣

AT

\ \ \

\ で

ま衝

− \− 1− 11 11

\ ∼l∼ t − −11 1 1 − 1∼ 1, \

1/ 感 \

9! 由Y\

や7 6

/ /

/ /

16 \

く6 一

仙明

7 69 0

Hり ・由

= 〓 什 ハ H 0什 \ = し ﹁〓 ∼∵ ∼∼ ∼し ∼、 l \

\ ∼∼ ∼\

//

ハ / / // / // / / //

I

軒㌣ 1 11 1− 1− 1、

11 1−−−

1

__ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ 」

4

\\ 、2

/ ﹁ 、 \l l \、

一一 一 ̄  ̄ ̄ 「

1

4 1

J あニニ忘

′_ 一_ 一一 一一 一一 一 ̄ 〟 ̄ 一1


カタロク◆ 番号

コ ー

ド番 号

2 −1 M S 2 5 − − − 0 1 7 0 Z O ホ ッ パ ー C O M P  

1座 金 8 . 225 2 −2 M S 2 5 − − − 0 1 7 3 Z O 4 .

2 −3

K 5 0 4 1 0 0 8 2 6 0

2 −4

   

1 基 MS25 個 数 共用 部品 0 1 2

0

1S U S 座 金8 26

6

K O O 2 0 0 8 0 5 0 0

8 ス テ ン レ スボ ル ト5 0

2

0

2 −5

K O O 3 9 0 8 0 5 5 0

8 ス テ ン レ スボ ル ト5 5

2

0

2 −6

K O O 4 3 0 4 0 1 2 0

4 + ス テ ン レス丸 小 ね じ1 2

6

0

2−7

K 5 0 4 0 8 0 4 0 9 0

0. 8 S U S 座 金 49

14

0

2−8

2−9

K O 2 0 1 0 4 0 ・ 0 0 0

4 ス テ ン レ スS ワ ッ シ ャー

2 −1 0

K O l O 9 0 4 0 0 0 0

4 ス テ ン レス ナ ッ ト

MS20 共用 部品

カタログ 番号

コ ー

ド番 号

MS25 1基 ・ 個 数 共用 部品 ○ 1

2− 31 M S 2 5 A −− 0 1 3 8 Z R

ハ ン ドル パ イ プ下

2− 3 2 −K O O 2 0 0 8 0 3 5 0

8 ス テ ン レスボ ル ト3 5

1

2− 33 M S 2 5 −−− 0 1 5 8 Z 2

散 布 口調 節 ■ ロッ ド

1

2− 34 M S 2 5 A −− 0 1 3 9 Z R 2− 35 山 S 1 9 −−− 0 1 6 2 Z O

ハ ン ドル パ イ プ上

1

ツマ ミ玉

1

2− 36

ハ ン ドル 握 り黒2 1

2

2− 37

M S 2 5 A −− 0 1 3 4 Z O

付 属 品 A ss− y

1

2 −3 8

7 5 0 1 0 3 − 6 1

M S 2 5 A パ ー ツカ タ ロ グ

1

M − S ・2 5 − − − 0 1 8 6 Z 8

ス プ リン グ短

1 ○

6

0

2 −3 9 2 −4 0

6

2 −1 1 M S 2 5 A − − 0 1 6 7 Z O ス ラ イ ドシ ャ フ ト受板

1

0

2 −4 1

K 4 2 0 5 0 0 1 0 6 0

ロ ー タ ー回 転 注 意 ラベ ル

1

2 −1 2 M S 2 5 A − − 0 1 3 0 Z O ガ イ ド板 皇_1 3 K O 3 0 2 0 2 0 1 6 0 2 ス テ ン レ ス割 ピ ン16

1

0

2 −4 2

K 4 2 0 1 0 0 0 3 9 0  ̄ 、

B A R O N E S S マ ー ク1 8 0 自

1

2− 43 ガ イ ド受 板 左

1

○ ○

1

○■ ○

2 −1 4

K O l O 9 0 8 0 0 0 0

8 ス テ ン レス ナ ッ ト

9

2− 44

2 −1 5

K O 2 0 1 0 8 0 0 0 0

8 ス テ ン レ スS ワ ッシ ャー

7

2− 45

M S 2 5 − −− 0 1 8 3 Z O

2− 16

K 5 0 0 9 0 8 0 0 0 0

8 ス テ ン レ ス ワ ッ シ ャー

10

2− 46

M S 2 5 −−− 0 1 8 4 Z O

ガ イ ド受 板 右

1

2

0

2− 47

M S 2 5 A −− 0 1 8 5 B O

散 布 □切 替 板

1

1

●○

2− 48

M S 2 5 −−− 0 1 8 7 Z O

8段 付 座 金 8 . 2 25

4

1

0

2− 49

K O 9 1 0 0 0 0 0 9 0

グ ロ メ ッ トN G −7 9 − N

2

1

2− 50

M S 2 5 A −− 0 1 9 0 Z O

散 布 口切 替 ラ ベ ル

1

2− 51 M S 2 5 A −− 0 1 9 1 A O

ホ ッパ ー底 板 A

1

8 ス テ ン レ ス ボ ル ト4 5 2 −1 8 K O O 2 0 0 8 0 4 5 0 J皇− 1 9 M S 2 5 ⊥ − − 0 1 4 1 Z R ハ ン ド右 2 −2 0

K 1 3 2 0 0 0 0 0 1 0

ダ イ ヤ ル 締 付 ツマ ミ

2− 21

K 5 0 0 9 0 6 0 0 0 0

6 ス テ ン レ ス ワ ッ シ ャー

1

2− 22 M S 1 9 − − − 0 1 3 7 A L

ア ジ ャ ネ トダ イ ヤル

1

一 −− 0 1 5 4 Z O 2− 23 M S 1 9  ̄

キ ャ ップ

2

2− 24 M S 2 5 − −− 0 1 2 6 Z R

フ レー ム

1

0

2− 2 5 ・M S 2 5 − − − 0 1 3 6 B 2 止 メ ネ ジ 2− 26

K O O 3 9 0 8 0 6 0 0

2− 2 7 M S 2 5 − −− 0 − 1 3 5 B 2

1

0

8 ス テ ン レ スボ ル ト6 0

1

ス ラ イ ドシ ャフ ト

1

0

1

0

1

1

0

2− 2 8 M S 2 5 − − − 0 1 4 0 Z R ハ ン ド左 8 さ らばね L 2− 29 K O 2 1 0 0 8 0 0 0 2 M _ S 、2 5 − − − 0 1 5 6 A 2 2_ 丁3 0, ′

ア イ ドル レバ ー

K 1 3 0 0 0 0 0 1 9 0

0

2− 17 M S 2 5 − − − 0 1 7 4 Z O 12 . 6座金8. 2 25

M S20 共用 部品

M S25A −1 2 −


No Title