Issuu on Google+

討議の流れが分析できるクロノグラフ

クロノグラフ 1.クロノグラフとは クロノグラフは会議や討議の過程を分析し、フィードバックするこ とにより、集団の働きを理解させたり、会議や討議の技術を⾝につけ させていく技法をいいます。クロノグラフの本来の意味は「時間を図 形的に記録する装置(秒時計)」のことですが、会議や討議の過程を 秒きざみで分析、記録していくところからこの名がつけられています。 会議や討議には、課題達成と集団維持の2つの機能がありますが、 その働きを客観的に把握することにより、各⼈がどのような役割を果 たしているかが明らかになり、会議や討議を妨げている要因も明らか になります。また参加者⾃⾝の発⾔や態度の反省にもつながります。 ビデオでの録画などによってふり返りもできますが、個々の発⾔に どのような意味があり、流れの中でどのような影響を与えているかを 知るためには、このクロノグラフの⽅が効果的です。 独⽴した技法ではありませんが、コミュニケーションの研修や会議 技術、問題解決等の研修の中に組み込むことができます。討議法の中 に組み込める補助的体験技法の 1 つです。

2.⽬的と効果 会議の効率や集団活動のあり⽅に結びつく技法であるため、⽬的も 効果もしぼられてきます。 1


討議の流れが分析できるクロノグラフ

①会議や討議の進め⽅の基本が理解できます。 ②会議や討議を妨げている要因を体験的に理解できます。 ③会議や討議に臨む態度や発⾔の仕⽅、司会の技術が⾝につきます。 ④コミュニケーションスキル、とりわけ聴き⽅の技術が⾝につきま す。 ⑤意思や情報伝達のむずかしさが体験を通じて理解されます。

3.対象者 対象は限定されませんが、発⾔を記録したり、直接、問題点をフィ ードバックすることがあるため、通常は監督者、管理者層に⽤います。 クロノグラフの作成は中堅社員には難しいですが、それを講師が⾏な えば、中堅社員層に活⽤することができます。

4.分析と進め⽅ ⽬的により進め⽅が異なりますが、通常は次の⼿順で進めます。会 議の進め⽅の研修を例にとって説明しましょう。 ①クロノグラフ演習の⽬的を説明します。 ㋐会議演習を通じて「会議の効率化の⽅向を探り、司会者、参加 者の会議技術を⾝につけていく」旨を告げます。 ㋑クロノグラフの意味と進め⽅の概要を簡単に説明します。 ②グループ編成と机の配置を⾏ないます。 参加者を 2 グループに分けます。1 グループ 6〜8 名が適当。 それぞれ A, B グループと名づけ、第 1 回は A グループが会議グ ループ(B が記録)、第 2 回は B グループが会議グループ(A が 2


討議の流れが分析できるクロノグラフ

図表1 ①

7

上 司 が 創 造 的な ら 部 下 も創 造 的に な る 。

4.5

記録グループ

会 議グループ

図表2

⑤ ③

② ⑥ ②


121 1