Page 1


re:room それは、空間の再生です。 何億の雨にうたれ、幾多の風をうけてなお立つ建物 何世帯、何十人もの生活の場であったこの空間 時をかさねるごとに少し ず つ 人 の ぬ く も り か ら 遠ざかってきた床や壁 そして、これが僕が削って足した1つのスタイルです。 築 35 年、賃貸の可能性の一片です。

1


2


L I VI N G

16m2

3


TRIP!

4


5


40’s Ta b l e:W7 5 0 D 4 5 0 H 6 0 0 スギ

6


だれも知らない田舎 町でこつこつと作られる工 芸 品たち

B o o k E n d : W8 0 D 8 0 H 1 2 0 マ ツ

7


8


BASE:W60 D140 H280 ケヤキ

9


Frame:W630 D440 タモ

10

CD Shelf:W150 D1500× 2 スプルース


11


Lo w Ben ch :W1 050 D270 H100 ブ ナ

Low Tab l e : W1 2 0 0 D 6 0 0 H 3 5 0 ナ ラ

12


13


14


S i d e Table:W40 0 D4 00 H520 マツ 業 務用から家庭用へ

15


But t er fl y Ta b l e:W8 1 0 D 8 1 0 H 7 0 0 ナラ 16


BED R O O M

1 0 m2

17


S h e l f :スギ & ケヤキ

各 国のタバコ・・・・・・・・・そして、テヅカ オサム

18


Beds ide Ta b l e:W4 5 0 D 3 5 0 H 3 5 0 タモ

19


Wood Light:W 1 5 0 D 7 0 H 1 6 0 ナラ

20


BATHROOM

4m2

21


22


ENTRANCE

3m2

23


古いモノと新しいモノがあります。 木と鉄があります。 アジアの風と欧米のにおいがします。

24


K I T C H EN 2m

2

25


26


M O RE

27


28


ワタナベ ケイタ

TRIP INTERIOR主宰 1978年

宮城県白石市生まれ

1996年

学生時代を関西で過ごし、 アジアのバックパッカーに明け暮れる

2000年

関西にて営業サラリーマンとして就職

2002年

家具の道に入るため、退社 帰郷

2003年

宮城県石巻技術専門学校 木工科 入学

2005年

仙台市内の建具屋に勤めるかたわら、家具の製作を始める

2006年

個展「Trip Interior Exhibition ダレデモ ヒトノ ヘヤハ キニナルモノ」 を ギャラリー「re:bridge edit」 で開催、 同時に住空間を考えるコミュニティー 「TRIP INTERIOR 」 を立ち上げる

29


・築35年 ・賃貸マンション ・RC構造 ・1LDK

「日常の生 活を愛でるキモチ」 モノを大切にしていれば、 自分の部屋に楽しく生活するヒントは きっとあるはず

No

400 Book Design Phot o&lay out S pac e produce F urnit ure

Wat anabe Keit a / 193 193 ( Lif e Sk etc h Square ) Wat anabe Keit a Wat anabe Keit a


築35年  

トリップインテリアの小冊子「築35年」

Read more
Read more
Similar to
Popular now
Just for you