Page 1

限定版カタログ | 日本語


ドレスデン王侯の継承

ヴェッティン家の歴代君主肖像画ギャラリー | ザクセン州都

ドレスデンの古雅な旧市街にある壁画「君主の行列」は、ドイツ

貴族でもきわめて古い歴史を誇る一族ヴェッティン家の歴代君 主肖像画ギャラリーです。

ここに、ヴェッティン家から輩出され1123 年から1904 年までザ クセンを統治した35人の君主(辺境伯・侯爵・選帝侯・王)がそ

の姿を永遠に留めています。ラング&ハイネの時計は、この時代 の選ばれし君主に捧げられています。

貴顕伯ハインリヒⅢ世

厳格伯フリードリヒⅢ世

深刻伯フリードリヒⅡ世


ザクセン選帝侯 アウグストゥスI世

選帝侯ザクセン王・モーリッツ

選帝侯フリードリッヒ・アウグストⅠ世

ザクセン王ヨハン

ザクセン王アルベルト


2 | 目次


目次 | 3

ラング&ハイネ マニュファクチュール・ポートレート | 4 歴史の源 | 10 振動祭 | 12

コレクション キャリバーI | 20 搭載モデル:フリードリッヒ・アウグスト | 24 搭載モデル:ヨハン | 28 キャリバーIII | 32 搭載モデル:モーリッツ | 38 キャリバーIV | 42 搭載モデル:アルベルト | 46 キャリバーV | 50 搭載モデル:コンラート | 54 搭載モデル:ハインリッヒ | 58 キャリバーVI | 62 搭載モデル:フリードリッヒⅡ世 | 66 搭載モデル:フリードリッヒⅢ世 | 70 キャリバーVIII | 74 搭載モデル:ゲオルク | 78

特別モデル アウグストゥスⅠ世に搭載されたキャリバーVII | 84 象牙製のキャリバーⅠ | 88 シャンルヴェ技法のダイヤル | 89

ハンドエングレービング | 90

アクセサリー | 92

ラング&ハイネの伝統 | 96


4 | マニュファクチュール・ポートレート

マニュファクチュール・ポートレート


マニュファクチュール・ポートレート | 5

ラング&ハイネへ ようこそ 2000年という大きな変わり目を目

前に控え、自分の時計を初めて設 計 したのは、ライフプランに基づいたも

のというよりむしろ気分的なものでし た。私のディテールへの愛着とこだわ

りは理想主義としてよく笑われたもの です。当時は自分の構想から十年後、

二十年後にささやかながら成 功した

企業が生まれるなどとは思いもしませんでした。今日、私は時 代の追い風に乗れたことをとても嬉しく思っています。

私たちの仕事において中心にあったのは常に、時計やムーブメ

ントやディテールであり、また同時にできる限り多くの部品を 最高の品質で自ら製作するという課題でした。

ブランドとしてラング&ハイネが成長した過程は驚くほど順調

で、むしろ結果は後からついてきました。これにより成功を収め た世界中のいわゆる「独立系」の時計師と結び付いています。 時計のコレクターや愛好家は私たちの理想主義を高く評価し支 えてくれました。まさにこの信念こそラング&ハイネのすべての 時計に備わる高い品質と究極的な価値の源であることを理解 しているからです。

ここでは私たちのマニュファクチュールとコレクションをご 紹介しています。私たちと情熱を分かち合い、どこま でも願いを追い求めていきましょう。

曾祖母マルタ・ラングによって1920年に製作された アンクル脱進機モデル


6 | マニュファクチュール・ポートレート

家庭的な雰囲気の中でマルコ・ラングは熱意に満ちた同志たちとともに製作を続けています。

ドレスデンはザクセン地方における時計作りの発祥地で

あり、ラング&ハイネが精巧な時計を作るのに最適な拠点で す。歴史を感じさせるマニュファクチュールの工房からは、毎

年ごく限られた数のラング&ハイネらしい時計が巣立っていき

熱意から生まれる 時計作り

ます。そのすべてに最高の素材が用いら

れ、優れた機構と繊細なエングレービン グを備えています。CNC技術者、仕上げ

職人、エングレービング職人をはじめと

する意欲的な時計師からなるラング&ハイネのチームは、ゆっ たりとした雰囲気の中で時を刻む宝物を生み出しています。会 社の創設者マルコ・ラングは5代目の時計師で、大半の部品を

マニュファクチュールで自ら製作していることにこだわりと誇 りを持っています。

ラング&ハイネの時計作りにおいては、針やケースやムーブメ

ント部品の設計・製作からフィニッシュにいたるまで、素材を 美しく機能的に加工するためにはスタッフの卓越した技量と知 識が欠かせません。


マニュファクチュール・ポートレート | 7

集中した雰囲気 - アールヌーボー様式のヴィラでの作業

ラング&ハイネは、もはや失われつつあった工程と技術に新し い息吹を吹き込みました。

「最初のビジョンが閃いてから時計を完成させるまでの道程

は長く、時に険しいものです。しかし自分を超えて生き続ける であろう芸術作品を一歩一歩

自らの力で製作することは私 にとって何にも代えがたい喜 びでもあるのです」と時計マ イスターは語ります。創造的に

活動する独立系時計師の国際 組織、独立時計師アカデミー

AHCIに長く会員として携わっ てきたマルコ・ラングは、高い

専門性を誇るこの団体をとて

も重視しています。ここに世界でもトップレベルの時計師の頭 脳が集まり、相互にサポートし、刺激を与えあっているのです。

マリア・ミュラー:ミケランジェロの「アダム の創造」からインスピレーションをえた 「アダムへの贈り物」


8 | マニュファクチュール・ポートレート


マニュファクチュール・ポートレート | 9

人の手による業 すべての面やエッジには特別な加工がほど こされます。ここではスワンネック型バネ の面にいわゆる研磨にあたるポリッシュ加 工をほどこしています。

行き届いた保管 使い込んだオーク材のキャビネットに 準備した部品を保管します。

ハイテク スヴェン・マイヤー:CNC技術を用いた 精密時計の基盤の製作


1 0 | 歴史の源

歴史の源


歴史の源 | 11

最も美しい時間のかたち

ドレスデンは夢であり多く

の訪問者にとってドイツで最 も美しい町と言えるでしょう。 ここにはエルベ渓谷の空気が

満ち、川に沿って湿地帯が広

がり、斜面にはワイン用のブド ウが熟し、人はヴィラから果て

しない広がりを眺めます。800

年以上の歴史を誇る旧市街の 中心部では、貴族ヴェッティン

家の9世紀からの宝物が、ドレスデン城とバロック様式のツヴ

ィンガー宮殿で公開されています。宝物館には無数の時計職

ドレスデン・ツヴィンガー宮殿の 数学・物理学サロン

人、宝石・金細工師の傑作が輝いています。

16世紀の選帝侯アウグストⅠ世は神業ともいうべき機械仕掛

けの傑作を製作した工芸職人たちをドレスデンに移らせまし

た。後継者もそれを踏襲し、ドレスデンはヨーロッパにおける 文化と美術工芸品の一大中心地となったのです。

大きな産業としての時計マニュファクチュールは19世紀に入り ザクセン地方エルツ山地のグラスヒュッテに生まれています。

これに対してドレスデンの時計職人マイスターは、主に高度に

洗練された個々の作品や小さなシリーズ作品を特別な顧客の ために製作しました。

この伝統をラング&ハイネは受け継いでいます。職人が精魂 を込めて手作業で製作する最高の品質を誇る小さなシリーズ の時計、それがラング&ハイネの時計です。

エーバーハルト・バルデヴァイン、ハンス・ブーヒャー、ヘルマン・ディーペルによって、 ザクセン選帝侯のために1563~1568年に製作された天文時計


1 2 | 振動祭

振動祭


振動祭 | 1 3

ラング&ハイネの時計は時を計るためだけのものではあり

ません。それは繊細な水彩画が単なる絵であるだけでなく、 彫像が単なる大理石の塊でないのと同じです。

時計は身に着ける人から発せられるメッセージであり、その人 のスタイルと世才を映します。歴史においてかつて頭に載せて

いた王冠が、今日は手首に飾られているのです。美的に卓越し た外観に加えて、メカニズムの魅力はきわめて重要な役割を果

たします。時計は生涯にわたって時を刻み動き続ける、驚くべ

き小型精密機械でもあります。そのため多くの人が収集に情熱 を傾けることも不思議 ではありません。その 魅力は細部に対する時

極小の芸術作品

計師のこだわりを知る ことでより膨らみます。

手首の時計が千の言葉

より多くを語ることで、

ブランドとしての知名度は意味を失うことでしょう。

時計師たちは新しく製作された時計に息が吹き込まれ、初め

て時を刻み始めたときに「振動祭」を祝います。それは今日も なお私たちにとって気持ちの高揚する出来事です。ドレスデン

を訪れ、ラング&ハイネの繊細な時計が生まれる様子をぜひ

ご覧ください。心に留まった時計を手首につけ、あなただけの 振動祭をお祝いしましょう。


1 4 | 振動祭

伝統と価値   一目で分かる紛れもない特徴: 三つのエレガントなスト

ラップ用のラグは両側でリストストラップをしっかり固定して

います。真ん中のラグはリューズに対して時

計の縦軸を強調するものです。リューズプロ テクトが加わり、個性的かつ美しく均整のと れたケースが生まれます。

時計師の高い要求度と誇りはネジ

の品質に反映されます。私たちがネジの 頭部を丁寧に面取りして錫(すず)でポ リッシュし、丸みを帯びたネジ先を含め

て螺旋部分にヤギ毛ブラシをかけるの はそのためです。明るく磨き抜かれた鋼

のネジは部分的に炎のように深い青紫色をしています:専門職 人が一日に作れる数はわずか12本から15本にすぎません。

18・19世紀の技術の再発見と発展:プレートやブリッジや

受けは、細やかな表面仕上げをしたシルバーの装いです。豚

毛ブラシと特別な工法を用い、ざらざらとした繊細な革のよう な表面には最後にゴールドの電気メッキがほどこされます。


振動祭 | 1 5

針にはあらゆる努力を惜しみません。それは高度な職人

技でハンドエングレービングしたルイ15世針にしてもスペード 型やカテドラル型で完璧に研磨しポリッシュした針にしても同 じです。針は精確に時を計るうえで最終的

に最も重要な部分と言えるでしょう。様々な 構造をした三次元の造形には最高レベルの 職人技が要求されます。

  じっと見つめる呼吸:数学的に正確に計

算された曲線を描くブレゲヒゲが生み出すテ ンプの振動は、目を捕えて離しません。これ もまず、卓越した技術で丁寧にその形状に曲

げる必要があります。この繊細な作業は経験

の豊富な専門職人しかできないものです。

   6 本 のスポークの 輪 列

は、2016年以降すべてのラ

ング&ハイネの時計におい

て硬 質のローズゴールドで 作られ、精確かつ最小限の

摩擦で動作しています。ゴールド(歯車)とスチール(カナ)の 組み合わせは、従来の材質の組み合わせに比べはるかに優れ ています。電気メッキがいらないことも利点の一つです。


1 6 | 振動祭

丁寧にポリッシュした

ゴールドのシャトンの溝に

よってルビーの受け石に輝 きと深さが生まれます。ザ クセン地方の伝統を継承し

て、シャトンはブリッジや受

けに埋め込んでネジ留めしています。埋め込んだダイヤモンド

はブリリアントカットで、繊細な時計工芸の結晶として冠のよ

うに目を惹きつけるハイライトです。その下にはバネのついた ルビーの受け石が埋め込まれ、繊細なテンプのホゾへの衝撃 をやわらげて保護しています。

生き生きとしたエナメル

は様々なダイヤルでその魅 力と個 性 を 発 揮していま

す。手間のかかる工程を経

て複数の層を重ねていきま す:クラシックかつ明快な 構 造は最高の視認性を約 束するものです。

ラング&ハイネのムスターシュ型

アンクル-硬質ピンクゴールドで追

求する精度:バランス用ウデによって

アンクル体の重心が調整され、様々な

ポジションにおける時計の歩度精度が確保されます。


振動祭 | 17


1 8 | コレクション

コレクション


コレクション | 1 9

少ないものには価 値があり、さらに少ないものは唯一のものと

なる...身に着ける人を幸せにしてくれる、紛れもないただ一つの 逸品を目指して。 マルコ・ラング


2 0 | ムーブメント・キャリバーI

キャリバーI 搭 載モデル:

フリードリッヒ・アウグスト1世 およびヨハン

ラング&ハイネがキャリバーⅠを設計した時から、19世紀末

のザクセン地方で技術的に完成された4分の3プレートがこの 小さな芸術作品の美しい精密装備として採用されています。

ゴールド製のシャトンに据えられた大きなルビーは梨地のシル バープレートと魅力的なコントラストを生みだします。最も小

さいアンクルの軸受けの石にいたるまでゴールド製の受けと深 青色のネジで固定されています。繊細にポリッシュされた輪列 ブリッジや受けの面は、テンワについているスリットの入った

ゴールドのネジと同じように輝く光を放ちます。両方の巻き上

げ機構歯車のサンバースト仕上げは光りを放つ太陽のイメー ジです。

冠のようにテンプに輝くダイヤモンドはハイライトといえるでし

ょう。ハンドエングレービングがほどこされたテンプ受けの上 に堂々と君臨し、優雅に弧を描くスワンネック型バネと見事に 調和しています。熟練した技術で端の曲線を細工したヒゲゼン

マイは、滑らかな呼吸を確保します。巻き上げリューズを引き上

げると、バネがテンワに優しく触れ、時計の動きが止まります。 これにより時計を秒単位で正確に調整することができます。


ムーブメント・キャリバーI | 2 1


2 2 | ムーブメント・キャリバーI

仕様 直径

16 ¼ ライン (36.6 mm)

厚さ

5.5 mm

振動数

18,000 振動/時 (2.5 Hz)

パワーリザーブ 46 時間 石数

ルビー19石、ダイヤモンド1石

機能

時/分/6時位置のオフセンター・セコンド

ストップセコンド


ムーブメント・キャリバーI | 2 3

巧緻な精密装備

スワンネックバネとプッシャー調整ネジ

1 - 工房の冠としてゴールドに 埋め込んだダイヤモンド 2 - スワンネック型緩急針 3 - 精密なブレゲ曲線のヒゲゼンマイ 4 - ゴールド無垢のチラネジ付きテンプ 5 - 外周研磨をほどこしポリッシュした サンバースト模様の角穴車

6 - ネジ留めした埋め込み式ゴールド 製シャトン

7 - バランサー付きゴールド製 ムスターシュ型アンクル

8 - 面取りした6本スポークの ゴールド無垢の輪列

9 - サンバースト模様の香箱 10 - 精確な針の調整のための ストップセコンド機能

11 - モノグラムオプションのための

ネジ留めしたグレービングプレート


2 4 | キャリバー I – モデル「フリードリッヒ・アウグスト」

フリードリッヒ・ アウグスト エポニム:

強 健 王フリードリッヒ・アウグストⅠ世、ザクセン選 帝 侯 、 ポーランド王、リトアニア大 公としてのアウグストⅡ世

* 1670年5月12日ドレスデン生

† 1733年2月1日ワルシャワ没

「アウグスト時代」にザクセンの政治と文化は最盛期を迎

えました。宮廷生活は生きる喜びと贅沢を追求し、バロック の光が満ち溢れていました。フリードリッヒ・アウグスト1世と

いうモデルは、彼が芸術に傾けた情熱とその美意識に敬意 を表した作品といえるでしょう。


モデル「フリードリッヒ・アウグスト」– キャリバー I | 2 5


2 6 | キャリバー I – モデル「フリードリッヒ・アウグストI世」

モデル「フリードリッヒ・アウグストI世」

フリードリッヒ・アウグスト I世 というモデルはクラシックで高貴な雰囲気をまとった1900年

頃の精緻な懐中時計を思わせるフェイスです。スリーピースからなる白い陶板(エナメル/七宝)

のダイヤルの上に、細かい彫刻をほどこし、エングレービングしたゴールドの「ルイ15世針」あ

るいはシンプルでエレガントなスペード型の針が、この上なく美しく輝いています。弧を描くアラ ビア数字を赤い分目盛りが囲んでいます。

ケース

ムーブメント

ダイヤル

- 直径 43.5 mm

- 手巻き機構を備えたキャリバーI

- スリーピース・エナメル・ダイヤル

- 厚さ 10.5 mm

- 46時間パワーリザーブ

- アラビア数字

- サファイアクリスタル&

- 時分表示

- 赤い分目盛り

サファイアシースルーバック - アリゲーターレザーのストラ ップ(裏地シャークスキン) - ピンバックルまたは フォールディングバックル - 耐水性3気圧

- オフセンター・セコンド - ストップセコンド


キャリバー I – モデル「フリードリッヒ・アウグスト」I世 | 2 7

バリエーション I

II

III

18Kローズゴールド製ケース、 ローズゴールドのルイ15世針

18Kホワイトゴールド製ケース、 ローズゴールドのルイ15世針

プラチナ製ケース、ブルーに焼き 戻したスチール製のルイ15世針

IV

V

VI

18Kローズゴールド製ケース、 ローズゴールドのスペード型針

18Kホワイトゴールド製ケース、ブルーに 焼き戻したスチール製のスペード型針

プラチナ製ケース、ブルーに焼き 戻したスチール製のスペード型針


2 8 | キャリバー I – モデル「ヨハン」

ヨハン エポニム:

ザクセン王   ヨハン

* 1801年12月12日ドレスデン生

† 1873年10月29日ピルニッツ没

高い学識を誇り、芸術的な才能にも恵まれた君主ヨハン

は、ダンテの「神曲」をドイツ語に訳しただけでなく、自らも多

くの作品を残しました。ヨハンは思慮深く貴族の規程を数多

く改定し、ザクセンにおける普仏戦争後の経済興隆期を導い た人物です。


モデル「ヨハン」– キャリバー I | 2 9


3 0 | キャリバー I – モデル「ヨハン」

モデル「ヨハン」

明快な品格:名前の由来となった人物と同じく、原点に立ち戻り、不可欠なものだけに焦点

をあてたヨハンというモデルは、時代にとらわれない気品を備えています。白いエナメルあるい

はガルバニックブラックシルバーのダイヤルの上には、シンプルなスペード型もしくはカテドラル 針が輝きます。

ケース

ムーブメント

ダイヤル

- 直径 43.5 mm

- 手巻き機構を備えたキャリバーI

- ツーピースのエナメルダイヤルもしくは

- 厚さ 10.5 mm

- 46時間パワーリザーブ 

- シルバー無垢のガルバニック

- サファイアクリスタル&

- 時分表示

サファイアシースルーバック - アリゲーターレザーのストラ ップ(裏地シャークスキン) - ピンバックルまたは フォールディングバックル - 耐水性3気圧

ブラック・ダイヤル

- オフセンター・セコンド

- ローマ数字

- ストップセコンド

- コバルトブルーで特別製作が可能 ハンドエングレービング(89ページ)


モデル「ヨハン」– キャリバー I | 3 1

バリエーション I

II

III

18Kローズゴールド製ケース、 ローズゴールドのスペード型針

18Kホワイトゴールド製ケース、ブルーに 焼き戻したスチール製のスペード型針

プラチナ製ケース、ローズゴールドの カテドラル型針

IV

V

VI

18Kローズゴールド製ケース、 ローズゴールドのカテドラル型針

18Kホワイトゴールド製ケース、 ローズゴールドのスペード型針

プラチナ製ケース、ローズゴールドの カテドラル型針


3 2 | ムーブメント・キャリバーIII

キャリバーIII 搭 載モデル:モーリッツ

伝統的な時計作りとそれに求められる美しさの両方に細

心の注意を払いながら、キャリバーIに基づいてモデル「モーリ

ッツ」のためのキャリバーIIIが開発されました。裏側はキャリ バーⅠによく似ていますが、いくつか変更が加わっています。

二番車から四番車への距離を短縮し、大きなサブダイヤルの 表示を付け加えるスペースを確保しました。巻き上げ機構を新

しく設計し、第3(中間)のリューズポジションで日付、月と太 陽入射角の表示をできるだけ素早く調整できるようにしてい ます。

カレンダー表示の機構全体を、厚さわずか1.5mmの追加プレ ートで支えています。午前零時ちょうどに始まる日付と曜日の 瞬時切り替えは確認にやや時間がかかる技巧です。


ムーブメント・キャリバーIII | 3 3


3 4 | ムーブメント・キャリバーIII

仕様 直径

16 ¼ ライン (36.6 mm)

厚さ

7.1 mm

振動数

18,000 振動/時

パワーリザーブ 46 時間 石数

ルビー19石、ダイヤモンド1石

機能

6時位置のオフセンター・セコンド、3時位置の曜日表示

6時位置のムーンフェイズ、9時位置の月表示 4時位置の昼夜表示

12時位置の太陽入射角表示

ムーブメント側

ダイヤル側


ムーブメント・キャリバーIII | 3 5

巧緻な精密装備 1 - 曜日用ハンドスイッチレバー 2 - シャンルヴェ技法でエナメル加工した太陽入 射角表示用の18Kゴールド製地球ディスク 3 - フラッシュスイッチバネ 4 - 曜日用ディスク(英語、オプションでドイツ語) 5 - 月用ハンドスイッチレバー 6 - フラッシュスイッチングシステム (深夜の5分間に切り替わる)

7 - シャンルヴェ技法でエナメル加工した 18Kゴールド製の月ディスク 8 - モジュールプレート 9 - 輪列クラッチ

10 - サンバースト模様の香箱 11 - バランサー付きゴールド製ムスターシュ型アンクル 12 - 面取りした6本スポークのゴールド無垢の輪列 13 - 精確な針の調整のためのストップセコンド機能 14 - 精密なブレゲ曲線のヒゲゼンマイ 15 - ゴールド無垢のチラネジ付きテンプ 16 - ネジ留めした埋め込み式ゴールド製シャトン 17 - スワンネック型緩急針 18 - 外周研磨をほどこしポリッシュしたサンバースト模様の角穴車


3 6 | ムーブメント・キャリバーIII

地球と太陽のたわむれ 月と地球のディスクはゴールドでフライス加工し七宝焼き

のエナメル技法で色付けされています。リューズで日付、月、太 陽入射角を素早く調整できます。ケースに埋め込まれた二つの

プッシャーでムーンフェイズと曜日を合わせることができます。

地球のディスクには、ヨーロッパ/アフリカ、アジア/オースト ラリア、アメリカの3種類のバリエーションがあります。

赤道

ヨーロッパ/アフリカ表示

アメリカ表示

アジア/オーストラリア表示


ムーブメント・キャリバーIII | 3 7

太陽入射角表示-新しいインジケーター 季節の変化や昼夜の長さが異なる理由

日の出と日の入りの表示やエクエ―ション表示は知られていま す。これらは、地球の表面に太陽が入射する角度が異なること に基づくものです。地軸の黄道に対する23.5°の傾きと太陽の

周りを回る地球の公道によって、太陽の光は時に北半球に時 に南半球により多くあたります。

ラング&ハイネは、赤道に対する太陽入射角度の表示を世界で

初めて搭載しました。地球は、偏角の値を正確に再現するカー ブ状のディスクによって制御され、季節によって異なる傾きを 示します。

北緯23.5度

赤道

南緯23.5度

3月21日、および

6月15日の状態

12月15日の状態

北半球の夏

南半球の夏

9月21日の状態 日夜が等時間に配分


3 8 | キャリバー I I I – モデル「モーリッツ」


モデル「モーリッツ」– キャリバー I I I | 3 9

モーリッツ エポニム:

選 帝 侯 ザクセン王・モーリッツ

* 1521年3月21日フライベルク生

† 1553年7月11日ジーヴェルスハウゼン没

ザクセン君主の中でも選帝侯モーリッツは最も重要な人物

の一人であり、政治的、軍事的、文化的な才能を兼ね備えてい ました。

彼は優れた外交手腕を発揮し、ドレスデンからザクセンを統治 して、町の文化的、政治的発展の基礎を築き上げた人物です。


4 0 | キャリバー I I I – モデル「モーリッツ」

モデル「モーリッツ」

モーリッツには、 クラシックなシンメトリーのダイヤル配置ですべてのカレンダー機能が備

わっています。

シルバー無垢のダイヤルにはサンドブラスト加工、一段低くなったサブダイヤルのエッジには

ダイヤモンド加工およびロジウム加工がほどこされています。ムーンフェイズはスモールセコン ドで表示され、12時位置の太陽入射角表示の反対側に位置しています。地球と月のディスクは

ゴールドでフライス加工され、七宝焼きのエナメル技法によって色付けされています。日付と曜 日は3時に、月はその反対側の9時に位置しています。センターにポリッシュされたゴールド製の シャトンの昼夜表示が備わり、その姿が完全なものとなります。

ケース

ムーブメント

ダイヤル

- 直径 44 mm

- 手巻き機構を備えたキャリバーIII

- 厚さ 12.5 mm

- 46時間パワーリザーブ 

シャンパンホワイトのシルバー

- 二面に一段下がったプッシャー

- 時分表示

無垢のダイヤル

- サファイアクリスタル&

- オフセンター・セコンド

- アラビア数字

サファイアシースルーバック

- ムーンフェイズ

- 赤い分目盛り

- アリゲーターレザーのストラ

- フルカレンダー

- エナメル加工をほどこした

ップ(裏地シャークスキン) - ピンバックルまたは フォールディングバックル - 耐水性3気圧

- 太陽入射角 - ストップセコンド

- サンドブラスト加工をほどこした

18Kゴールドの月と地球のディスク


モデル「モーリッツ」– キャリバー I I I | 4 1

バリエーション

I

18Kローズゴールド製ケース、ブルーに 焼き戻したスチール製のスペード型針

II

18Kホワイトゴールド製ケース、ブルーに 焼き戻したスチール製のスペード型針

III

プラチナ製ケース、ブルーに焼き 戻したスチール製のスペード型針


4 2 | ムーブメント・キャリバーIV

キャリバーIV 搭 載モデル:アル ベ ルト

キャリバーIVはクロノグラフ機能を搭載しており、外観はク

ラシックな高級感を放ちながら、高い技術を示す精密装備で 時計愛好家を魅了します。

その際に課題となったのは、クロノグラフ秒針と分針の両方

がセンターから動くようにコラムホイール機構を設計すること でした。200の歯がついたゴールドの大きな連結歯車は、スタ

ート時と針の静かな動作時に完璧に噛みあいます。ほっそりし

たレバーとバネはそっと優雅に振れ、コラムホイールのプログ ラムへと連動します。

繊細でクラシックな素材が生み出すコントラストも、本物のラ ング&ハイネの時計に欠かせないものです。


ムーブメント・キャリバーIV | 4 3


4 4 | ムーブメント・キャリバーIV

仕様 直径

16 ¼ ライン (36.6 mm)

厚さ

7.0 mm

振動数

18,000 振動/時

パワーリザーブ 46 時間 石数

ルビー22石、ダイヤモンド1石

機能

6時位置のオフセンターセコンド

クロノプッシャーによる3段階ファンクション操作

センターのクロノ秒針とクロノ分針

(スタート・ストップ・リセット)を備えたクロノグラフ


ムーブメント・キャリバーIV | 4 5

巧緻な精密装備 1 - ツイン・ゼロリセットレバー(秒、分)

2 - ツイン・ブレーキレバー(秒、分)

3 - 200歯のコーアクシャル・クロノ・トランスミッションホイール 4 - 分カウンター用クラッチ切り離しレバーバネ 5 - 7柱のコラムホイール 6 - ゼロ復帰ハートカムを備えた分カウンター・ディスク 7 - 外周研磨をほどこしポリッシュした サンバースト模様の角穴車

8 - 面取りした6本スポークのゴールド無垢の輪列 9 - 精確な針の調整のためのストップセコンド機能 10 - 工房の冠としてゴールドに埋め込んだダイヤモンド 11 - スワンネック型緩急針 12 - 精密なブレゲ曲線のヒゲゼンマイ 13 - ゴールド無垢のチラネジ付きテンプ 14 - バランサー付きゴールド製ムスターシュ型アンクル 15 - モノグラムオプションのための

ネジ留めしたグレービングプレート 16 - サンバースト模様の香箱


4 6 | キャリバー I V – モデル「アルベルト」


モデル「アルベルト」– キャリバー I V | 4 7

アルベルト エポニム:

ザクセン王アル ベ ルト

* 1828年4月23日ドレスデン生まれ

† 1902年6月19日ジビレノルト没

ヨハン王の息子であったアルベルトは王子としての役割を

果たすために最高の教育を享受しました。軍事的にも士官とし て素晴らしい力量を発揮しています。

1873年に後継者として君主の座についたアルベルトはザクセ ンの社会的かつ地域的な発展に大きく貢献しました。30年間

以上にわたる彼の治世はドイツの工業化が進んだ時代で、ザク センが経済的に重要な国へと発展を遂げた時期です。


4 8 | キャリバー I V – モデル「アルベルト」

モデル「アルベルト」

アルベルトのローマ数字をあしらった白いエナメルあるいはガルバニックブラックシルバー

のダイヤルは明快であると同時に落ち着きを放っています。精確な時刻表示はサブダイヤルに

妨げられることなく、クロノグラフ機能をリューズに統合したクロノプッシャーによって美しい典

型的なケースラインが保たれています。シースルーバックを通して、コラムホイール式クロノグラ

フのレバーとバネによる息をのむほどに完成された美しい動作をあますことなくご覧いただけ

ます。各部品にほどこされた職人による精緻な仕上げとラング&ハイネらしいクラシックなデザ インとが最高の技術によって統合されているのです。

ケース

ムーブメント

ダイヤル

- 直径 44 mm

- 手巻き機構を備えたキャリバーVI

- ツーピースのエナメルダイヤル

- 厚さ 12.5 mm

- 46時間パワーリザーブ

- シルバー無垢のガルバニック

- プッシャーと一体型のリュウズ

- 時分表示

- サファイアクリスタル&

- オフセンター・セコンド

- ローマ数字

- センターからの秒針・分針を

- ブルーもしくはホワイトの分目盛り

サファイアシースルーバック - アリゲーターレザーのストラ ップ(裏地シャークスキン) - ピンバックルまたは フォールディングバックル - 耐水性3気圧

備えたクロノグラフ - ストップセコンド

ブラック・ダイヤル


モデル「アルベルト」– キャリバー I V | 4 9

バリエーション I

II

III

18Kローズゴールド製ケース、 ローズゴールドのスペード型針

18Kホワイトゴールド製ケース、ブルーに 焼き戻したスチール製のスペード型針

IV

V

VI

18Kローズゴールド製ケース、 ローズゴールドのスペード型針

18Kホワイトゴールド製ケース、 ローズゴールドのスペード型針

プラチナ製ケース、 ローズゴールドのスペード型針

プラチナ製ケース、 ローズゴールドのスペード型針


5 0 | ムーブメント・キャリバーV

キャリバーV 搭 載モデル:コンラートおよびハインリッヒ

ラング&ハイネのこれまでのシリーズに加わった四つ目の

ムーブメントは新しい仕様です。三角形の輪列ブリッジのほっ そりした形により奥まで覗くことができます:

キャリバーVは、硬質ゴールド製の6本スポークの輪列、L&H スタイルの大きなテンプ、繊細なムスターシュ型アンクルを備

え、ハイライトとも言うべきコンスタントフォース機構が搭載さ れています。これは輪列機構の最後の部分においてガンギ車

の上にあり、調速機に少しずつ同じ力を伝達しています。主ゼ ンマイの巻き上げ状態によって伝わる力が変化する特性と輪 列の許容誤差が調整されます。

そ の 結 果 、時 計 の 作 動 時 間 全 体 を 通じ てテン プの 振 幅 は 一 定 となり歩 度 が 飛 躍 的 に 改 善 さ れ まし た 。ア ン テ ロ グ ラ ード 式 日 付 表 示 の 複 雑 なレ バ ー 機 構 は 、ダイヤ

ル の 下 に 位 置 するた め 外 か ら見 ること は で き ま せ ん 。


ムーブメント・キャリバーV | 5 1


5 2 | ムーブメント・キャリバーV

仕様 直径

14 ¼ ライン (33 mm)

厚さ

6.25 mm

振動数

18,000 振動/時間

パワーリザーブ 動力制御機構稼動時33時間/通常稼働42時間 石数

ルビー27石(コンラート)/ルビー29石(ハインリッヒ)、

機能

セコンドルモントワール(1秒毎の巻き上げ)

ガンギ車の上部に備わる ルモントワール機構

ブリリアントカットのダイヤモンド1石 センターのジャンピングセコンド

センターに配置したアンテログラーデ(前方ジャンプ)日付表示 アップ/ダウン - パワーリザーブ・インジケーター (ハインリッヒ・モデル)


ムーブメント・キャリバーV | 5 3

巧緻な精密装備 1 - 外周研磨をほどこしポリッシュしたサンバースト 模様の角穴車

2 - ネジ留めした埋め込み式ゴールド製シャトン 3 - 面取りした6本スポークのゴールド無垢の輪列 4 - サンバースト模様の香箱 5 - 精確な針の調整のためのストップセコンド機能 6 - 工房の冠としてゴールドに埋め込んだダイヤモンド 7 - スワンネック型緩急針 8 - 精密なブレゲ曲線のヒゲゼンマイ 9 - ゴールド無垢のチラネジ付きテンプ 10 - ルモントワール定力装置用バネ 11- バランサー付きゴールド製ムスターシュ型アンクル 12 - ルモントワール・アンクル 13 - 33時間後のテンプストップ機構(モデル:ハインリッヒ)

ムーブメント側

14 - 差動歯車(モデル:ハインリッヒ) 15 - ハンドオペレーションレバー 16 - デイトジャンパー制御バネ 17 - カタツムリ型カムを備えた日付歯車

ダイヤル側


5 4 | キャリバー V – モデル「コンラート」

コンラート エポニム:

大 辺境 伯コンラートⅠ世 , ヴェッティン伯 爵

* 出生1098年頃

† 1157年2月5日没

コンラートはその自信と政治的な力関係を読み解く力で、

今日のザクセン地方にヴェッティン家の名前を知らしめ、世代 を超えて君臨した君主家の礎を築いた、祖というべき人物でし

た。それゆえにドレスデン城の壁画「君主の行列」の先頭にそ の姿を描かれるにふさわしいのです。


モデル「コンラート」– キャリバー V | 5 5


5 6 | キャリバー V – モデル「コンラート」

モデル「コンラート」

直径わずか40mmのモデル、コンラートはほっそりした手首に最適です。時代にとらわれな

いアラビア数字のダイヤルに日付表示(ポインタデイト表示)が調和しています。月の末日には、

日付ポインタがラング&ハイネのロゴを勢いよくジャンプして翌月最初の日に移ります。一定の 動力を保つ複雑な機構により、中央の繊細な秒針はリズミカルに秒ごとに歩みを進め、キャリ バーVの高い完成度を映し出しています。

ケース

ムーブメント

ダイヤル

- 直径 39.4 mm

- 手巻き機構を備えたキャリバーV

- ツーピースのエナメルダイヤル

- 厚さ 11.5 mm

- 42 時間パワーリザーブ

- アラビア数字

- 一面に一段下がったプッシャー

- 時分表示

- 赤い日付セグメント表示

- サファイアクリスタル&

- センター・セコンド

サファイアシースルーバック - アリゲーターレザーのストラ ップ(裏地シャークスキン) - ピンバックルまたは フォールディングバックル - 耐水性3気圧

- アンテログラード式日付表示 - ストップセコンド


モデル「コンラート」– キャリバー V | 5 7

バリエーション I

II

III

18Kローズゴールド製ケース、 ローズゴールドのカテドラル型針

18Kホワイトゴールド製ケース、ブルーに 焼き戻したスチール製のカテドラル型針

プラチナ製ケース、ブルーに焼き 戻したスチール製のスペード型針

IV

V

VI

18Kホワイトゴールド製ケース、 ローズゴールドのカテドラル型針

プラチナ製ケース、 ローズゴールドのスペード型針

18Kローズゴールド製ケース、ブルーに焼 き戻したスチール製のカテドラル型針


5 8 | キャリバー V – モデル「ハインリッヒ」


モデル「ハインリッヒ」– キャリバー V | 5 9

ハインリッヒ エポニム:

ハインリッヒ マイセン辺境 伯

ハインリッヒ テューリンゲン 方伯

* 1215/1216年マイセン生

† 1288年ドレスデン没

ハインリッヒは、騎士道の時代に公正かつ威厳ある領主と

され、 「豪勢」という添え名がつけられていました。

彼は大規模な祭典や馬上槍試合を開催してその力を披露する 一方で、自らミンネという叙情詩を創っていることから、人生の 美しい面に真剣に心を寄せ時間を割いたことがわかります。


6 0 | キャリバー V – モデル「ハインリッヒ」

モデル「ハインリッヒ」

ハインリッヒというモデルは、内面には複雑な機構を備えながらシンプルで堂々とした風貌

です。つや消しシルバーのダイヤルに配置された日付セグメントとパワーリザーブ・インジケータ ーを細身のローマ数字が囲んでいます。

月の末日には日付ポインタがアップ/ダウンのセグメントをジャンプし翌月最初の日付へと移り

ます。ご要望に応じて、開閉できるバックカバーをシースルーバックに加えることができます。ハ インリッヒも静かに耳を傾けていただきたい作品です。キャリバーVには繊細なルモントワール

(動力制御機構)が組み込まれており、5回の音ごとに一つ音が加わって美しい音色を奏でます。

ケース

ムーブメント

ダイヤル

- 直径 39.4 mm

- 手巻き機構を備えたキャリバーV

- シルバー無垢の艶消しダイヤル

- 厚さ 11.5 mm

- 33 時間での停止機能を備えた

- ローマ数字

- 一面に一段下がったプッシャー - サファイアクリスタル& サファイアシースルーバック - アリゲーターレザーのストラ ップ(裏地シャークスキン) - ピンバックルまたは フォールディングバックル - 耐水性3気圧

パワーリザーブ

- ブルー日付セグメント表示

- 時分表示

- レッド/ダウンスケール

- センター・セコンド

- ダイヤモンド加工とロジウム

- 日付表示 - アップ/ダウン・ディファ レンシャル - ストップセコンド

加工をほどこしたエッジ


モデル「ハインリッヒ」– キャリバー V | 61

バリエーション

ガンギ車の上部に備わるルモントワール機構

I

II

III

プラチナ製ケース、ブルーに焼き 戻したスチール製のスペード型針

18Kホワイトゴールド製ケース、ブルーに 焼き戻したスチール製のカテドラル型針

18Kローズゴールド製ケース、 ローズゴールドのカテドラル型針


6 2 | ムーブメント・キャリバーVI

キャリバーVI 搭 載モデル:

フリードリッヒI I 世 および フリードリッヒ I I I 世

「原点に戻る」 - ラング&ハイネの五代目ムーブメントの

開発にあたり掲げた課題:

シンプルな3針の時計が精緻な手法により洗練された仕上が りとなっていることは言うまでもありません。キャリバーVI は

キャリバーVに基づき、三角形の輪列ブリッジの形を踏襲して います。安定した歩度で、精緻な時計に要求される重要な機 能のみを搭載しながら、他とは一線を画する、それがラング& ハイネの時計です。


ムーブメント・キャリバーVI | 6 3


6 4 | ムーブメント・キャリバーVI

仕様 直径

14 ¼ ライン (33 mm)

厚さ

4.9 mm

振動数

18,000 振動/時

パワーリザーブ 55 時間 石数

ルビー19石、ダイヤモンド1石

機能

時/分/6時位置のオフセンター・セコンド

ストップセコンド


ムーブメント・キャリバーVI | 6 5

巧緻な精密装備

錫(すず)のポリッシュがほどこされた美しい表面のコハゼ

1 - 工房を飾る冠としてゴールドに 埋め込んだダイヤモンド 2 - スワンネック型緩急針 3 - ゴールド無垢のチラネジ付きテンプ 4 - 精密なブレゲ曲線のヒゲゼンマイ 5 - 外周研磨をほどこしポリッシュした サンバースト模様の角穴車

6 - ネジ留めした埋め込み式ゴールド製シャトン 7 - バランサー付きゴールド製 ムスターシュ型アンクル

8 - 面取りしたゴールド無垢の6本スポークの輪列 9 - サンバースト模様の香箱

10 - 精確な針の調整のための ストップセコンド機能


6 6 | キャリバー V I – モデル「フリードリッヒII世」

フリードリッヒII世 エポニム:

マイセン辺 境 伯 、テューリンゲン 方伯

* 1310年11月30日ゴータ生まれ

† 1349年11月18日ヴァルトブルク没

辺境伯フリードリッヒⅡ世は13歳という幼さで遺産を受け

継ぎました。そして、長年の闘争と逆境にもかかわらず、ザクセ ン地方の経済と政治権力をまとめあげた人物です。

29歳でフリードリッヒは騎士に叙されています。彼は真っ直ぐ で自らに厳しく、その生き方は道徳的に退廃していたその時代 の騎士道に異議を投げかけるものでした。


モデル「フリードリッヒII世」– キャリバー V I | 6 7


6 8 | キャリバー V I – モデル「フリードリッヒII世」

モデル「フリードリッヒII世」

原点に立ち戻り、不可欠なものだけに焦点をあてて製作されたのがフリードリッヒII世とい

うモデルです。スリーピースのダイヤルを明るいホワイトでコーティングし、エッジにはダイヤモ ンド加工とロジウム加工をほどこしました。中心に向いたアールデコ調の数字とオフセンターの 大きなスモールセコンドによって真新しい印象が生まれます。ムーブメントをケースの前方に配 置したことで、ケースの直径に対してダイヤルをより大きくすることができました。

ケース

ムーブメント

ダイヤル

- 直径 39.2 mm

- 手巻き機構を備えたキャリバーVI

- スリーピースのコーティング・ダイヤル

- 厚さ 10.5 mm

- 55 時間パワーリザーブ

- 中心に向いたアールデコ調の数字

- サファイアクリスタル&

- 時分表示

サファイアシースルーバック - アリゲーターレザーのストラ ップ(裏地シャークスキン) - ピンバックルまたは フォールディングバックル - 耐水性3気圧

- オフセンター・セコンド - ストップセコンド


モデル「フリードリッヒII世」– キャリバー V I | 6 9

バリエーション

I

II

III

18Kローズゴールド製ケース、 ローズゴールドのスペード型針

18Kホワイトゴールド製ケース、 ローズゴールドのカテドラル型針

ステンレススチール製ケース、ブルーに 焼き戻したスチール製のスペード型針

ご要望に応じてプラチナケースでも製作いたします。


7 0 | キャリバー V I – モデル「フリードリッヒIII世」


モデル「フリードリッヒIII世」– キャリバー V I | 7 1

フリードリッヒIII世 エポニム:

テューリンゲン 方伯 、マイセン辺 境 伯

* 1332年12月14日ドレスデン生まれ

† 1381年5月21日アルテンブルク没

フリードリッヒIII世は1349年に父方の国マイセンとテューリ

ンゲンを受け継ぎ、弟たちと統治しました。

フリードリッヒⅢ世の治世には国内組織の連携が強化されて います。彼は意欲的にヴェッティン家の財産を増やし、国内の 管理体制の充実に努めました。


7 2 | キャリバー V I – モデル「フリードリッヒIII世」

モデル「フリードリッヒIII世」

明るい艶消しまたはガルバニックブラックのシルバーダイヤルを備えたフリードリッヒIII世

はクリアで控えめな装いです。この時計のミニマルな外観は貴重なディテールを断念することな くシンプルさを楽しむスタイルを象徴しています。わずかに湾曲した後側のサファイアクリスタ

ルを通してキャリバーVIの姿をつぶさにご覧いただけます。三角形状の輪列ブリッジによって歩 度が安定し、小さな建築の傑作にも似た、紛れもない本物のラング&ハイネです。

ケース

ムーブメント

文字盤

- 直径 39.2 mm

- 手巻き機構を備えたキャリバーVI

- シルバー無垢のダイヤル

- 厚さ 10.5 mm

- 55 時間パワーリザーブ

- 明るい艶消しまたはガルバ

- サファイアクリスタル&

- 時分表示

サファイアシースルーバック - アリゲーターレザーのストラ ップ(裏地シャークスキン) - ピンバックルまたは フォールディングバックル - 耐水性3気圧

- オフセンター・セコンド - ストップセコンド

ニックブラック - ローマ数字


モデル「フリードリッヒIII世」– キャリバー V I | 7 3

バリエーション I

II

III

18Kローズゴールド製ケース、 ローズゴールドのカテドラル型針

ステンレススチール製ケース、ポリッシュ したスチールのカテドラル型針

18Kホワイトゴールド製ケース、 ローズゴールドのカテドラル型針

IV

V

VI

18Kローズゴールド製ケース、 ローズゴールドのカテドラル型針

ステンレススチール製ケース、ポリッシュ したスチールのカテドラル型針

18Kホワイトゴールド製ケース、 ローズゴールドのカテドラル型針

ご要望に応じてプラチナケースでも製作いたします。


74 | ムーブメント・キャリバーVIII

キャリバー VIII 搭 載モデル 「ゲオルク」

新しく、角とエッジを備えたラング&ハイネの作品が登場し

ます。大きく明快な金型を通して見られる、ゴールドの輪列、レ

バーやバネは隠してしまうには惜しいものです。前衛的なステ

ンレススチール製のブリッジ、丸みを帯びた表面とポリッシュ 加工をほどこした石受けを備えるテンプ受けは、光を取り込み ながら同時にあらゆる角度に光を放ちます。

さまざまな形や素材、ポリッシュ加工やマット加工をほどこし た表面のコントラストによって、作品に深さと幾何学的な印象

が生まれます。時計師というのは、限りなく美しく小型化され た仕組みをつかさどる建築家であるといえるでしょう。


ムーブメント・キャリバーVIII | 7 5


7 6 | ムーブメント・キャリバーVIII

仕様 大きさ

34 mm x 26.5 mm

厚さ

4.8 mm

振動数

18,000 振動/時(2.5 Hz)

パワーリザーブ 55 時間 石数

ルビー19石、ブリリアントカットのダイヤモンド1石

機能

時/分/6時位置のオフセンターセコンド

ストップセコンド


ムーブメント・キャリバーVIII | 7 7

巧緻な精密装備

深紅のルビー、 ブルーのネジ、ピンクゴールドの輪列とステンレススチールの精巧なブリッジと受けとが生み出す美しいコントラスト

1 - 外周研磨をほどこしポリッシュした サンバースト模様の角穴車

2 - 工房を飾る冠としてゴールドに 埋め込んだダイヤモンド

3 - ステンレススチール製の精密調整機構を 備えたブリッジ

4 - すべての輪列とアンクルに備わる

丸みを帯びたステンレススチール製受け

5 - 面取りしたゴールド無垢の6本スポークの輪列 6 - ゴールド無垢のチラネジ付きテンプ 7 - 精密なブレゲ曲線のヒゲゼンマイ 8 - バランサー付きゴールド製ムスターシュ型アンクル 9 - サンバースト模様の香箱 10 - 方向転換バネを備えたストップセコンド機能


7 8 | キャリバー V I I I – モデル「ゲオルク」


モデル「ゲオルク」– キャリバー V I I I | 7 9

ゲオルク エポニム:

髭 公ゲオルク-ザクセン候

* 1471年8月27日マイセン生

† 1539年4月17日ドレスデン没

ゲオルクは、妻のバーバラ亡き後、彼女への愛の証としてま

た喪に服する証として髭をのばし続け、そのために「髭公」と 呼ばれたというロマンチックな話があります。

ゲオルクはとても信心深く、厳格な道徳観を持った領主でし た。17歳にして跡を継ぎ、老年に到るまでザクセンの経済的発 展に貢献した人物です。

ロッテルダムのエラスムスを崇拝する一方で、マルティン・ルタ

ーの急進的な姿勢には反対しており、ザクセン地方におけるヒ ューマニズムの発展での評価は分かれています。


8 0 | キャリバー V I I I – モデル「ゲオルク」

モデル「ゲオルク」

その時が訪れました。ゲオルクはラインやエッジを強調したかつての姿を再興するモデル

で、手首を飾るスクエアケースの優れた品格がひときわ目を惹きます。丸みを帯びた形状によっ てしっくりと腕に馴染みます。

特大のオフセンターのセコンドダイヤルによって一秒一秒にふさわしい価値が与えられるので

す。エナメルダイヤルは絹のような美しさでキャリバーVIIIの上に輝いています。時計のムーブメ ントとしてのこの作品は、その開放的な性質と職人技において再び新たな基準を示すものとい えるでしょう。

ケース - 大きさ(ラグを除く) 40mm x 32mm

ムーブメント - 手巻き機構を備えた キャリバーVIII

- 厚さ 9.4 mm

- 55時間のパワーリザーブ

- サファイヤグラス

- 時分表示

シースルーバック - アリゲーターレザーのストラ ップ(裏地シャークスキン) - ピンバックルまたは フォールディングバックル - 3気圧防水

- 大きなオフセンターセコンド Ø 14.5mm - ストップセコンド

ダイヤル - ツーピースのエナメル加工を ほどこした四角いダイヤル - ブルーのアクセントのある アール・デコ調ダイヤル


モデル「ゲオルク」– キャリバー V I I I | 8 1

バリエーション

I

II

III

18金ローズゴールドのケース、 ブルーに焼き戻したランセット型針

18金ホワイトゴールドのケース、 ローズゴールドの ランセット型針

18金プラチナのケース、ブルーに 焼き戻したランセット型針

ご希望に応じてその他のバリエーションも製作いたします。


8 2 | 特別モデル

特別モデル


特別モデル | 8 3

際立つ美しさ

上:ゴールド製アンクルの面をポリッシュする | 左:時計マイスターのアレクサンダー・クラーがカナを加工している

ラング&ハイネの時計師にとって最大の課題は、自らアイデ

アを生み出し実行することにあります。時には、友人や時計愛 好家が素晴らしい時計や技術にいたるヒントをくれることもあ ります。協力しながらアイデア を発展させ、将来の持ち主が 心から喜べるただ一つの作品

を生み出します。伝統的な製 作技術に関する豊富な知識に

加えて、ラング&ハイネは最新

私たちはともに夢を追ってくれる 多くの時計愛好家との出会いを 楽しみにしています

の製造・工程技術のノウハウを備えています。

コンピュータ制御による設計や1/1000ミリメートルの精度にお

ける最新のCNC技術だけでなく、それに適した測定・制御機器 を使用して、アイデアがプロトタイプになり、最終的に完成した 時計が生み出されるのです。


8 4 | キャリバー V I I – モデル「アウグストゥスI世」

アウグストゥスI世 エポニム:

ザクセン選 帝 侯 アウグストゥスI世 モデル:キャリバーV I Iを搭 載したアウグストゥスⅠ世

* 1526年7月31日フライベルク生

† 1586年2月11日ドレスデン没

大切な思い出 弟モーリッツの死後、アウグストはザクセン選帝侯となり、

自身をアウグストゥスと呼びました。アウグストはドレスデン宮

廷に芸術と自然史コレクションの基礎を築いた人物です。彼が

情熱を傾けたものの一つが機械式時計でした。それゆえに彼 はバルデヴァインに伝説的な天体時計を作らせたのです。アウ

グストは宮廷を訪れる人に、複雑な惑星の動きさえも機械仕 掛けで制御できるこの素晴らしい作品を披露しました。


モデル「アウグストゥスI世」– キャリバー V I I | 8 5

算術のアーティスト リマインダー機能でこの時計を身につける人にとって特別

な記念日が機械的に表示されます。このアイデアとインセティ ブはあるお客様によるものです。発明したその人ためのただ一 つの作品として特別に設計・開発され、この傑作はラング&ハ イネのコレクションを飾ることになりました。

ラング&ハイネらしいシンプルなダイヤルの外観を維持しなが ら多数の表示を配置するのは、この時計を設計する上での挑 戦でした。リューズと一体化したプッシャーによって簡単かつ素 早くモードが設定されます。

ラング&ハイネの計算機能を備えたこの作品を将来

手にする人にとって、最も大切な12人の人物や 記念日を設定した独自のプログラムをお作 りします。年月日をもとに計算した当該 の年齢が表示されます。これによって もう記念日を忘れることはありません。

プログラムリング

ケース

ムーブメント

- 直径 44 mm

- 手巻き機構を備えたキャリバーVII

- 厚さ 12.5 mm

- 46 時間パワーリザーブ

- プッシャーと一体型のリュウズ

- 時分表示

- サファイアクリスタル&

- フルカレンダー

サファイアシースルーバック - アリゲーターレザーのストラ ップ(裏地シャークスキン) - ピンバックルまたは フォールディングバックル - 耐水性3気圧

- 年齢表示のある イベントカレンダー - アンクル、輪列ブリッジおよび テンプ受け(18金ローズゴールド)

ダイヤル - ギョーシェ模様のシルバー 無垢のダイヤル - ローマ数字


8 6 | ムーブメント・キャリバーVII

仕様 直径

16 ¼ ライン (36.6 mm)

厚さ

7.0 mm

振動数

18,000 振動/時

パワーリザーブ 46 時間 石数

ルビー19石、ダイヤモンド1石

機能

時/分/日/月

カスタム記念日、年齢計算

リューズプッシャーを用いた設定モード

1

2 3

4 5


ムーブメント・キャリバーVII | 8 7

巧緻な精密装備 ダイヤルの下では複数の歯車とレバーが刺激的に相互に作用し、3段の柱のある歯車のそれ

ぞれのモードで制御されています。二つのマイクロ差動歯車は適切な年齢を計算するために考

え抜かれたプログラムに基づいて動作しています。この複雑な時計には340個以上の部品が使 われています。

ダイヤル側に構築された複雑な 計算・スイッチ機構

特徴 1 - 18Kホワイトゴールドのシャトン

4 - 18Kローズゴールドのテンプ受け

2 - 18Kローズゴールドのアンクルブリッジ

5 - ホワイトのロジウム加工をほどこした地板

3 - フローラルオーナメントをあしらった

18Kローズゴールドの輪列ブリッジ


8 8 | キャリバー I 象牙

象牙 キャリバー Iを搭 載した スペシャル モデル

1万年の歴史 本物のマンモスの象牙から作ったプレートとブリッジ

|

ドレスデンの歴史的な美術収集品にインスピレーションをえて

奇想天外なアイデアが生まれました:キャリバーⅠはマンモス

の象牙でできた完全なプレートを搭載しています。時計師が材 料に手を加えて特性を検討し、ラング&ハイネが希求する精密 さと優雅さを組み合わせたのです。

25個の限定シリーズのために使用した牙は、1万年以上前に死 んだマンモスのもので、ロシアの永久凍土で眠り続けていたも のです。


キャリバー I シャンルヴェ | 8 9

シャンルヴェ スペシャル モデル:キャリバーⅠを搭 載したモデル「ヨハン」

青い星空で刻まれる時間 モデル・バリエーション ヨハン-シャンルヴェ |生き生きと

したエナメルという素材は、繊細な時計のダイヤルに堅牢で魅

力的な性質を生み出し、それは他の素材では表せません。ラン グ&ハイネは創業以来、焼成した本物の白いエナメルをダイヤ ルにほどこしています。

ヨハン・シャンルヴェは、 マルコ・ラングが星空のついた18世紀 の宝石箱にインスピレーションをえて生まれたものです。五芒

星は俗世と宗教を超えたモチーフで、賢さ、正義、強さ、安定や 勤勉などの美徳を表しています。


9 0 | ハンドエングレービング

ハンドエングレービング


ハンドエングレービング | 9 1

ご希望に応じて ラング&ハイネは特別な目印として部品や針

やケースに卓越したハンドエングレービングをほ どこします。

調和のとれた輪郭の精緻で幾何学的なメカニッ

クと光反射が組み合わさり、完璧な芸術作品が

生まれます。エングレービングマイスターであるマ ティアス・ケーラーは、個人的なモチーフを煌びや

かにグラフィック化し、あなただけのラング&ハイ ネを形にします。

テンプ受け テンプ受けのアラベスク模様の エングレービング

エングレービングプレート モノグラム例としてアールヌーボー様式で 「M&K」を刻んだエングレービングプレート

エングレービングプレート 記念日「10.07.71」を刻んだ エングレービングプレート

エングレービング例Ⅰ モノグラムMLを刻んだバックカバー のエングレービング

エングレービング例Ⅱ コンラート大王の肖像を刻んだ バックカバーのエングレービング

エングレービング例III ヴェッティン家の家紋を刻んだ バックカバーのエングレービング


9 2 | 付属品

時計はすべて固有の番号がついており、ムーブメントにエングレービング されています。これが紛れもなくラング&ハイネの時計であることを 証明しています。

アクセサリー


付属品 | 9 3

ストラップ 表地:アリゲーター

レッド・ブラウン

ダークブラウン

ブルー

ブラック

裏地:シャークスキン(刻印付き)

ベルト エングレービングをほどこした18Kゴールドのバックル


9 4 | 付属品

バックル ピンバックル

フォールディングバックル

18Kローズゴールド、18Kホワイトゴールド、950Ptプラチナでの製作が可能です。

バックカバー モデルのいくつかは開閉できるバックケースを取り付け

ることができます。これは、蓋を開けるまでマニュファクチ ュール製ムーブメントの秘密を守ってくれるものです。さら に、それは将来の持ち主の個人的な要望に応 じて彫刻するスペースを十分に提供して くれます。


9 6 | ラング&ハイネの伝統

ラング&ハイネの伝統

ラング一族の職人証明書およびとマイスター証明書(曾祖

母の姓はハーディンク)。5世代に渡って続く証明書が今なおラン グ&ハイネの工房に掲げられています。


UHRENMANUFAKTUR LANG & HEYNE GMBH Weißenberger Straße 10 01324 Dresden, Germany TEL + 49 (0) 351 21 29 36 - 60 FAX + 49 (0) 351 21 29 36 - 61 manufaktur@lang-und-heyne.de www.lang-and-heyne.com IMAGE- AND PRODUCTPHOTOGRAPHY: Uhrenmanufaktur LANG & HEYNE GmbH, Dresden | www.lang-und-heyne.de Sven Döring, Dresden | www.svendoering.com Jürgen Jeibmann, Dresden | www.jeibmann-photographik.de Nico Savignac, Ismaning | www.watchdesigner.de Sarah Storch, Leipzig | www.alteeule.de DESIGN: Z&Z Agentur Dresden, Dresden PRINT: Druckerei Thieme Meißen GmbH SUPPORTED BY: Herrmann Mode & Design GmbH, Dresden | www.hochzeitsmode-dresden.de

LIST OF SOURCES: Astronomische Planetenlaufuhr, Baldewein | Bucher | Diepel, Marburg | Kassel, 1563-68, Staatliche Kunststammlungen Dresden, Mathemetisch-Physikalischer Salon © Jürgen Karpinski Cover - Inside | fotolia.de © LianeM Page 10 | fotolia.de © dbrnjhrj Page 20 | shutterstock © Rudy Balasko Page 28 | shutterstock © Sandra Cunningham Page 32 | fotolia.de © Emi Cristea Page 39 | shutterstock © f9photos Page 42 | fotolia.de © kivi80 Page 47 | shutterstock © stefanolunardi Page 50 | fotolia.de © Emi Cristea Page 54 | shutterstock © Stokkete Page 59 | fotolia.de © Gajus Page 62 | shutterstock © mije_shots Page 66 | fotolia.de © Markus Dehlzeit Page 71 | shutterstock © SFIO CRACHO Seite 74 | fotolia.de © sash_bln THE “PROCESSION OF PRINCES” (FÜRSTENZUG): Urheber User: Kolossos Genehmigung: Own work, copyleft: Multi-license with GFDL and Creative Commons CC-BY-SA-2.5 and older versions (2.0 and 1.0), Wikimedia Commons, licensed by Creative Commons-Lizenz by-sa-2.5-de

Dresden, August 2017 Subject to technical alterations


www.lang-and-heyne.com

LANG & HEYNE カタログ 2017  

Japanese

LANG & HEYNE カタログ 2017  

Japanese

Advertisement