Page 1

BAKER, DONELSON, BEARMAN, CALDWELL&BERKOWITZ,PC MONARCH PLAZA SUITE 1600 3414 PEACHTREE ROAD N.E. PHONE : 404-577-6000 FAX : 404-221-5601 EMAIL MOKURA@BAKERDONELSON.COM 雇用法・ 雇用法・移民法ニュース 移民法ニュース 2011年8月 労働局の 労働局の平均賃金審査一時停止 2011年7月29日に労働局は、平均賃金審査を一時的に停止すると発表した。平均賃金の申請は永住権申請 (第一優先枠とNIWを除く)の第一歩であるが、現在平均賃金審査中、もしくは、今から申請する人は、当分審査 はおあずけということになる。これは今年6月15日に下されたペンシルバニア東部連邦地裁の判決に従い、労働 局は4千件もの H-2B ビザ申請者の平均賃金を再審査する必要が生じたためである。 H-2B とは、2008 年にブッシュ政権により作られたゲスト・ワーカー・プログラムのことで、一時的あるいは季節的に 米国労働者が不足している農業以外の職業に就く目的で渡米する労働者を対象としたビザである。年間6万6千 人の枠が設けられている。雇用主は移民局に申請書類を提出する前に、求人広告を掲示し、当該職業に該当す る米国人労働者が見つからなかったことを証明するために、労働局より労働証明書を取得しなければならない。ま た、外国人労働者への支払い賃金が同職の米国人労働者の賃金に対し不当に影響しないように、雇用主は最低 でも当該職業の平均賃金を支払うことが義務つけられている。 ところが、安価な外国人労働力の流入により米国人の職が奪われるのではないかという批判から、翌 2009 年 1 月 には南部貧民救済法施行機関と移民権利擁護団体より、訴訟が起こされた。その結果、翌 2010 年 8 月にはペン シルバニア東部連邦地裁により、労働局は H-2B 労働者の平均賃金の設定方法を改めるように指示がだされた。 では、平均賃金の設定方法がなぜ問題であったのか。2005 年以前は、労働局発行の平均賃金には、初心者用と 経験者用の2通りの賃金が設定されていた。ところが、2005 年には平均賃金は4段階に設定された。これに対し、 雇用主は一番低いレベル1の賃金で外国人を雇うことができるため、アメリカ人の職が奪われている、平均賃金は 4段階に分けるのではなく、中間値をとって賃金レベルを一つに統一すべきだ、という意見がだされた。これを受け、 連邦地裁は 2010 年8月には労働局に平均賃金設定方法を改定するように命じたが、労働局は当初提案されてい た設定方法をさらに改善し、2011 年 1 月には新しい H-2B の平均賃金を発表した。 新しい H-2B の平均賃金は、従来の平均賃金4段階のレベル 3 を適用している。これにより、造園業、蟹缶詰業界、 宿泊業界、建設業界、森林再生業界など時給でおよそ 3.6 ドルから 10 ドル以上の賃金上昇が予測されている。も ともと利益率が低いこれらの産業では、このような大幅な時給上昇は、米国人の就職の上昇につながるどころか、 給与上昇に対応できずに H-2B 労働者の解雇のみならず、これら非熟練労働者を監督しているアメリカ人上司や 事務関連従事者も解雇せざるを得ない羽目に陥ると、批判がでている。 当初、労働局は従来の平均賃金に基づいてすでに年間予算と生産計画をたてている雇用主への配慮から、 新し い平均賃金の施行を1年後の 2012 年1月まで引き伸ばすと発表した。これに対し、何百万人というアメリカ人失業 者をさらに 1 年もまたせるのかという批判から、連邦地裁は、労働局の役目はアメリカ人労働者の雇用を守ることで

執筆:大蔵昌枝弁護士, ベーカー・ドネルソン法律事務所 * Copyright reserved. 著作権所有


あり、雇用主の配慮を行うことではない、と新しい平均賃金の施行開始日を早めるよういい言い渡した。これを受け、 労働局は 8 月 1 日に、新しい平均賃金は 2 ヵ月後の 2011 年 9 月 30 日から施行すると発表した。

このような事情から、4千件もの H-2B の平均賃金の再審査する必要がでてきたため、その他の平均賃金の審査は 一時的に停止される。永住権用の平均賃金の審査の再開時期については目処がたっていないようだが、労働局 の8月 1 日に発表では、10 月 1 日までに H-2B の平均賃金再審査を完了する予定であると報告されている。した がって、永住権を申請するものは平均賃金審査の遅れを考慮にいれて、申請の計画をたてるよう注意していただ きたい。

本ニュース記事に関する注意事項 (DISCLAIMER) 本雇用・労働・移民法ニュース記事は弁護士として法律上または専門的なアドバイスの提供 を意図したものではなく、一般的情報の提供を目的とするものです。また、記載されてい る情報に関しては、できるだけ正確なものにする努力をしておりますが、正確さについて の保証はできません。しかも、法律や政府の方針は頻繁に変更するものであるため、実際 の法律問題の処理に当っては、必ず専門の弁護士もしくは専門家の意見を求めて下さい。 べーカー・ドネルソン法律事務所および筆者はこの記事に含まれる情報を現実の問題に適 用することによって生じる結果や損失に関して何ら責任も負うことは出来ませんのであら かじめご承知おき下さい。

執筆:大蔵昌枝弁護士, ベーカー・ドネルソン法律事務所 * Copyright reserved. 著作権所有

Labor, immigration News Aug. Edition  

Labor, immigration News Aug. Edition