Issuu on Google+

おくりびと 2 し

ぶん か

日本の死の文 化 日本では時々、死を「けがらわしい」とかんがえま そうしき

す。たとえば、お 葬 式 から帰ってきた人は、家に入 しお

きよ

る前に、体に 塩 をまきます。これは、体を 清 めるた れいきゅうしゃ

ふ きつ

おや

めです。また、霊 柩 車 を見たら、不 吉 だから、親 ゆび

めいしん

指 をかくしたほうがいい、という 迷 信 もあります。 だれ

きく

まちがえて、 誰 かに 菊 の花をあげたり、着物の右 えり

の 襟 を上にして着たりするのも不吉な事とかんがえ ます。菊はお葬式の花だし、着物の右の襟を上にして さ

着るのは死んだ人だからです。ごはんにはしを刺すこ とも同じです。 こと

ほかにも、近い人が死んだ時は、 「死ぬ」という 言 ば

しゅうかん

い み

葉を避ける 習 慣 があります。 「死ぬ」の意味で「亡 よ

くなる」 「この世を去る」「あの世に行く」「帰らない つち

ほとけ

ひょうげん

人になる」 「 土 に帰る」 「 仏 になる」などの 表 現 を いっぱんてき

おと

使います。また、一 般 的 に、 「死(死に)」と同じ 音

の「四(四二)」も避けることがあります。特に、ホ ばんごう

テルや病院やスポーツの 番 号 では「四」や「四二」 を避ける人が多いです。 「死=不吉」とかんがえる文 化があるからでしょう。


のうかん し

納 棺 師という仕事 たいせつ

納棺師はとても 大 切 な仕事ですが、あまり人気で せつめい

はありません。どんな事をするのか、 説 明 します。 1. まず、死んだ人の体をきれいにします。タオルで ふいて、シャンプーもします。おふろに入れるこ ともあります。 ち

2. 体から血が出ていないかをチェックします。血が と

出ていたら、血を止めます。 け しょう

は で

3. 次に、しゃしんを見ながら化 粧 をします。派手な し ぜん

かお

化粧じゃなくて、自 然 な 顔 にするための化粧で す。男の人はひげをそります。 か

4. 服を替えます。死んだ人の着替えはとてもむずか しいです。家族とよく話して、その人が一番好き だった服などをえらびます。 さい ご

5. 最 後まで死体といっしょにいて、化粧や服がくず れたら、なおします。 これらの仕事を、おちついて、でも、つめたくならな ひょうじょう

いようにします。言葉や動きや 表 情 に気をつけな たいへん

とう

ければならないから、とても 大 変 な仕事です。本 当 の「旅のお手つだい」ですね。


読んでみよう し

1.日本では、死を「けがらわしい」とかんがえることがあります。それ しゅうかん

は、どんな 習 慣 からわかりますか。二つ書きなさい。 In Japan, there are cases where death is considered as “filthy”. What kind of customs tell this? List two. べつ

2.死んだ人には、どんな特 別 な事をしますか。三つ書きなさい。 What kind of special things would you do to dead people? List three. ひょうげん

3.日本語には「死ぬ」の 表 現 がたくさんあります。 これらの表現から、 日本では死んだあとにどうなるとかんがえますか。一つ書きなさい。 There are many expressions for “to die” in Japanese. From these expressions, what do you know about what people in Japan think happens to them after they die? Write one. すう

4. 数 字の四と四十二が避けられるのはなぜですか。 Why are the number “4” and “42” avoided?

書いてみよう のうかん

たいへん

納 棺 の仕事で、大 変 な事は何だと思いますか。自分のかんがえをエッセ

イに書きなさい。 What part of the nokan work do you think is hard/difficult? Write an essay about your thoughts.

話してみよう じつえん

せつめい

納棺の仕事を 実 演 しながら 説 明 しなさい。 Explain the nokan work while demonstrating it.

Text modified from: http://www.okuribito.jp/


life and culture