Issuu on Google+

愛してますか! 子どもたちを … 児童養護施設で働くあなたへ …

工 藤 光 穂


はじめに

子どもが悪さをしたとき、すべて子どもの所為にしてしまう。その子どもを育てている 大人は責任回避をしてしまう。ところが、口から出てくる言葉は偽善的であり、心がこも っていない。自分の対応の仕方が悪かった、心がこもっていなかった。もっと真剣に子ど もに対するべきだったと、後悔し改心すれば、まだ良い方でしょう。しかし、それも後の 祭りと言う現実は、至る所に転がっています。 大人が子どもを裏切りさえしなければ児童養護施設は不要の存在かも知れません。しか し、現実は存在します。大人たちが子どもたちを真実に愛することができれば、子どもた ちは、自然に大人たちを信用し信頼することができるでしょう。世の中すべてがそうあっ てほしいのですがそれは非現実的です。 まずは、自分が努力し、そして、自分の周囲にその影響を与えていく。これが、大切な ことでしょう。

本著は、児童養護施設で働いている方、働くことを志している方、そして、業種を問わ ず 福 祉 で 働 い て い る 皆 さ ん の 一 助 に な れ る よ う 構 成 し て い ま す 。 そ の た め 、 文 章 は 、「 で あ る 調 」 で な く 、「 で す ま す 調 」 或 い は 、「 ~ で し ょ う 。」 と 問 い か け る 形 式 に な っ て い ま す。 ここで、取り上げられているエピソードは、すべて、実話ですが、個人情報保護の観点 から、個人を特定できないよう、イニシャルにて表記しています。また、創作部分を挿入 しています。 著者の願いは、本著を通して、働いている職員の皆さん方が普段の支援内容や業務内容 を振り返ることによって、より良い施設運営へと導かれ、それが、子どもたちの幸せに繋 がっていくことです。 また、本著は、職員研修のテキストとしても利用できるよう、児童養護施設の事業内容 及び関連事業についても情報を開示しています。 本著をお選びいただいたことを感謝すると共に、読者の皆さんのお役に立てることを心 から願っています。


はじめに 第Ⅰ章

働くことを志しているあなたへ

児童養護施設現状

…………………………………………………………………………………1

保護と養育

子育てと目標

衣食住と生活感

……………………………………………………………………………………5

親の役目の伝承

……………………………………………………………………………………7

家族援助の実際

……………………………………………………………………………………9

人間関係を学ぶ

…………………………………………………………………………………10

遊びと対人関係

…………………………………………………………………………………11

地域への所属意識

…………………………………………………………………………………………2 ………………………………………………………………………………………4

………………………………………………………………………………13

10

調理室と法律

11

児童福祉のニーズ

12

児童養護施設で働くには

13

児童指導員の資格要件

………………………………………………………………………18

14

児童養護施設への就職

………………………………………………………………………19

15

子どもとの関係

第Ⅱ章

…………………………………………………………………………………14 ……………………………………………………………………………16 ……………………………………………………………………17

………………………………………………………………………………20

働くあなたへのメッセージ

22

新任職員のあなたへ

……………………………………………………………………………22

主観は危険

ガイドラインの策定

……………………………………………………………………………26

人生のキーポイント

……………………………………………………………………………27

子どもの数だけ

様々な方法

………………………………………………………………………………………24

…………………………………………………………………………………29

………………………………………………………………………………………31


真実はそこにある

………………………………………………………………………………33

施設内虐待の防止

………………………………………………………………………………35

暴力とは

…………………………………………………………………………………………36

10

情報開示と提供

………………………………………………………………………………38

11

与えつづける愛

………………………………………………………………………………42

12

幼児との信頼関係

13

ノーマライゼーション

14

手間を惜しまない

……………………………………………………………………………47

15

時間と空間の解放

……………………………………………………………………………49

16

共に生きるの精神

……………………………………………………………………………50

17

子どもの行動特性

……………………………………………………………………………52

18

後輩の育成

19

職員の精神的ケア

……………………………………………………………………………53

20

自立のための準備

……………………………………………………………………………54

21

実習生の受入

22

ボランティアの力

23

食の安全への取り組み

24

新任職員の悩み例

25

中堅職員とは

第Ⅲ章

……………………………………………………………………………43 ………………………………………………………………………45

……………………………………………………………………………………52

…………………………………………………………………………………56 ……………………………………………………………………………58 ………………………………………………………………………60

……………………………………………………………………………62

…………………………………………………………………………………64

児童養護施設の職種と業務

法律で定められた職種

保育士(小舎制の場合)

保育士と児童指導員

支援の流れ

生きるノウハウ

66

…………………………………………………………………………66 ………………………………………………………………………66

……………………………………………………………………………67

………………………………………………………………………………………68 …………………………………………………………………………………71


記録の書き方

……………………………………………………………………………………74

通院引率の注意点

家庭支援専門相談員の役割

ケースワーカー

………………………………………………………………………………76 ……………………………………………………………………77

…………………………………………………………………………………79

10

心理療法担当職員

11

調理室と栄養士

12

調理室業務例

13

主任業務について

14

中間職(係長・課長級等)の業務

15

自己チェックリスト

…………………………………………………………………………91

第Ⅳ章

児童養護施設関連制度

97

児童家庭支援センター

…………………………………………………………………………97

児童家庭支援センター職員資質

地域交流スペース

……………………………………………………………………………102

低年齢児受け入れ

……………………………………………………………………………104

グループホーム型

……………………………………………………………………………105

苦情解決制度

第Ⅴ章

……………………………………………………………………………81 ………………………………………………………………………………83

…………………………………………………………………………………85 ……………………………………………………………………………87 …………………………………………………………89

……………………………………………………………100

…………………………………………………………………………………108

経営と会計

112

経営の課題点

…………………………………………………………………………………112

事業計画と報告

………………………………………………………………………………113

年度末の事務室

………………………………………………………………………………114

予算書の見方

福祉施設における予算管理

財務諸表の見方

資金運用

…………………………………………………………………………………116 …………………………………………………………………117

………………………………………………………………………………118

………………………………………………………………………………………121


最高議決会議

…………………………………………………………………………………122

適正な事務処理

………………………………………………………………………………124

10

建築事業の概要

11

理念の継承

12

憲法第89条問題

13

グループウェア活用

14

給与の仕組み

15

勤務評定と昇級

第Ⅵ章

……………………………………………………………………………127

…………………………………………………………………………………130 …………………………………………………………………………131 ………………………………………………………………………133

………………………………………………………………………………135 ……………………………………………………………………………141

児童心理療育施設(情緒障害児短期治療施設)

144

新規開設に向けて

児童心理療育施設開設準備室の主な業務

開設の課題点

基本的生活習慣例

教育指導計画

学校との連携計画

……………………………………………………………………………153

分教室分校関連法

……………………………………………………………………………155

第Ⅶ章

……………………………………………………………………………144 …………………………………………………144

…………………………………………………………………………………147 ……………………………………………………………………………149

…………………………………………………………………………………152

実例からの教訓

158

迎えに来ました。

夢追い挫折

言葉に責任を

疾病理解と共感

心強い支え

答え導くお手伝い

地道な努力

苦手な子どもたち

……………………………………………………………………………158

……………………………………………………………………………………160 …………………………………………………………………………………161 ………………………………………………………………………………163

……………………………………………………………………………………164 ……………………………………………………………………………165

……………………………………………………………………………………167 ……………………………………………………………………………169


平常心を保て

…………………………………………………………………………………171

10

希望の灯火

11

責め苦からの解放

12

見つめる目

13

方向性の模索

第Ⅷ章

…………………………………………………………………………………172 …………………………………………………………………………174

…………………………………………………………………………………176 ………………………………………………………………………………178

事件と歴史への遭遇

181

見返りを求めず

危機管理体制整備

人格形成の一助

共感と実行性

…………………………………………………………………………………185

忌まわしい罪

…………………………………………………………………………………189

心理的な被害

…………………………………………………………………………………191

情報0の弊害

…………………………………………………………………………………195

見極める能力

…………………………………………………………………………………197

リセット人生

…………………………………………………………………………………200

去りゆく保育士の心情

203

おわりに

205

参考資料

………………………………………………………………………���……181 ……………………………………………………………………………182 ………………………………………………………………………………184

法令と通知

児童福祉法抜粋 最低基準抜粋

207 ……………………………………………………………………………………207

………………………………………………………………………………………216

児童虐待の防止等に関する法律

…………………………………………………………………219

児童虐待の防止等に関する法律施行規則 民法抜粋

………………………………………………………225

……………………………………………………………………………………………228

措置費の支弁とは

…………………………………………………………………………………231

児童養護施設等における適切な処遇の確保について

…………………………………………234


児童福祉施設における施設内虐待の防止について 懲戒に係る権限の濫用禁止について

……………………………………………236

……………………………………………………………239

養護施設等退所児童自立定着指導事業の実施について

………………………………………241

「養護施設入所児童早期家庭復帰促進事業」の実施について 養護施設入所児童等の高等学校への進学の実施について 子育て支援短期利用事業の実施について

………………………………243

……………………………………244

………………………………………………………246

中小規模調理施設における衛生管理の徹底について

…………………………………………249


第Ⅰ章

働くことを志しているあなたへ

児童養護施設現状

「 児 童 養 護 施 設 は 、 保 護 者 の な い 児 童 (乳 児 を 除 く 。 た だ し 、 安 定 し た 生 活 環 境 の 確 保 そ の 他 の 理 由 に よ り 特 に 必 要 の あ る 場 合 に は 、乳 児 を 含 む 。以 下 こ の 条 に お い て 同 じ 。)、 虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせ て退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うことを目的とする施設とす る 。」 と 言 う の が 法 律 の 条 文 と な っ て い ま す 。 まず、保護者のいない児童については、現実的には、全体の8%程度であり、殆どの場 合、両親又は、一人親が存在しています。昭和20年代は、戦災孤児等、保護者のいない 児童が多く存在していましたが、昭和30年代以降より減少傾向にあります。 条文の(

)内の但し書きで「乳児を含む」とありますが、これが、児童養護施設にお

ける低年齢児受入の制度に繋がっています。 虐待されている児童は、読んで字のごとくで、特に解説は、必要ないと思います。 その他環境上養護を要する児童とありますが、この条文が、おおまかな表現のため、児 童養護施設には、単に家庭養育困難な状況だけではなく、非社会性・反社会性の児童、軽 度の知的障害、情緒不安を示す児童、低学力児童等、様々な個性(特性)を有する児童が 入所してきています。 退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うとありますが、実際には、 「今、そこにいる児童」が勿論、優先されるため、なかなか、密度の濃い支援体制が組め ないのが現状です。ましてや、家庭環境の調整となると、児童相談所にお任せするのが一 般的であり、児童養護施設の制度として家庭支援専門相談員が配置されていますが、その 制度を100%活用できていないのが現実です。それは、最低基準で示されている児童指 導員及び保育士の人数が、少年おおむね六人につき一人となっているため、元々の支援者 数が明らかに不足しており、家庭支援専門相談員分の加算を受けても、児童指導員及び保 育士の補充となってしまうためです。 法律の条文と現実の間にギャップが生じているのが、現在の児童養護施設の大きな課題 点と言えます。

-1-


さて、一般の方は、児童養護施設がどんなところか、知らなくて当然なのです。日本人 が 知 識 を 蓄 え て い く 、最 大 の 制 度 は 、学 校 教 育 で す が 、幼 稚 園 か ら 高 校 ま で の 教 育 の 中 で 、 児童養護施設の説明は、一切、学習しないからです。児童養護施設について教育を受ける のは、社会福祉関連の専門学校や短大、大学等です。しかし、それらの学校でも児童福祉 学の一部分として、児童養護施設の項目がある程度で、残念ながら具体性に欠ける内容で あることは、仕方のないことでしょう。 と こ ろ が 、 児 童 養 護 施 設 と 言 う 単 語 は 、 多 く の 人 が 知 っ て い ま す 。 そ れ は 、 TV ニ ュ ー スや新聞の記事として目にしていたり、ドラマの中で主人公の悲しい生い立ちの材料とし て取り上げられたりしていることが一因として挙げられます。これは、児童養護施設と言 う言葉は知っていても、その内容に対して誤解曲解を引き起こす原因ともなっているのが 現状です。 これまで、述べてきた内容だけでも、実は、児童養護施設は、制度的にも啓発的にも整 理されていないと言うことが理解できると思います。 だからこそ、重要なことは、人材育成なのです。優れた人材のプロ集団が、子どもたち の養育を担うことが求められます。

保護と養育

社会福祉施設における利用者への職員の意識の持ち方は、社会復帰或いは、人生を豊か にする身体能力や職業能力、社会性等を伸ばす為の「訓練」から、それらを指導する立場 で は な く 「 援 助 」 す る 側 へ と 変 革 し 、「 助 け る 」 か ら 「 支 え る 」、 つ ま り 「 支 援 」 へ と 意 識 を 変 え て き ま し た 。 更 に 現 代 で は 、「 サ ー ビ ス 」 へ と 意 識 を 昇 華 し て い ま す 。 しかし、同じ社会福祉施設でも児童養護施設の場合、その意識変革の流れに乗ることは ありませんでした。それは、児童の保護者は、児童福祉法第2条で育成する責任を負い、 第 6 条 で 、児 童 養 護 施 設 は 、監 護 す る 者 と 表 現 さ れ 、保 護 者 と 同 格 の 立 場 と な っ て い ま す 。 つ ま り 、「 保 護 」 と 「 養 育 」 の 考 え 方 が 基 本 と し て あ る た め 、「 援 助 」 や 「 支 援 」 へ の 転 換 に は 、 違 和 感 が 生 じ た 経 緯 が あ り ま す 。 そ の 流 れ の 中 で 、 児 童 養 護 施 設 は 、「 支 援 費 制 度」への移行は、見送られ、現在でも「措置費制度」の枠組みの中で運営されています。 「保護」は、児童の生活が保障され、そこには、心身の安全も含まれます。また、児童

-2-


福祉法第1条2で、児童は愛護されなければならないと、定義されています。従って、児 童は、愛され、護られる存在となっています。 そ れ を 具 体 化 し て い く の が 、「 養 育 」 と な り ま す 。「 養 う 」 と は 、 衣 食 住 を 保 障 す れ ば 、 そ れ で 良 い の か 、 そ れ は 、 否 で す 。 そ こ に 愛 情 が な け れ ば 、「 育 て る 」 へ と 発 展 し て い き ません。自然界に目を転じると、例えば、魚は、誕生した、その時から自立します。親魚 が、食べ物を与えたりすることさえありません。しかし、人間の場合、成人に至るまでの 間 、「 保 護 」 が 保 障 さ れ て い ま す 。 そ れ だ け 、 子 ど も た ち に 愛 情 を 注 げ る 時 間 が あ る と 言 うことです。 少 し だ け 、 話 が 脱 線 し ま す が 、 人 間 の 三 大 欲 求 と し て 、「 食 欲 」「 性 欲 」「 睡 眠 欲 」 が 有 名ですが、これは、生きるために身体が欲する欲求と子孫を維持していく基本的欲求とし て捉えられています。その他にも情緒的欲求や社会的欲求など学問的には、様々な諸説が 研究されています。 し か し 、 意 外 と 「 愛 さ れ た い 」「 愛 し た い 」 と 言 う 欲 求 は 、 情 緒 的 欲 求 や 社 会 的 欲 求 の 中 で の 項 目 と し て 扱 わ れ て い ま す が 、 こ れ は 、 学 問 的 に は 、「 愛 」 と 言 う 表 現 が 不 確 か な 要素で構成されているため定義付けしにくいからなのかと研究者ではない私は、推論して います。 人 間 の 場 合 、 誕 生 し た 、 そ の 瞬 間 、 殆 ど の 場 合 、「 愛 さ れ て い る 」 か ら 始 ま り 、 愛 さ れ 護 ら れ て い る 経 験 か ら 「 安 心 」 を 得 て 、「 愛 さ れ た い 」「 愛 し た い 」 と の 欲 求 が 芽 生 え て きます。つまり、愛が無ければ、児童の生存そのものの維持が成立しないと言えることで しょう。 そ の 様 な 観 点 か ら 、 児 童 の 最 大 の 欲 求 は 、「 愛 さ れ た い 」「 愛 し た い 」 で あ る と 提 案 し ま す 。そ の 欲 求 を 充 足 さ せ て い く の が 保 護 者 で す 。そ の 上 で 、衣 食 住 の 保 障 が 成 立 し ま す 。 裕福な家庭の衣食住の保障と、貧しい家庭の衣食住の保障では、明らかに格差があります が 、 児 童 に と っ て の 幸 福 感 は 、 物 質 的 満 足 よ り 、「 愛 」 に よ る 満 足 の 方 が 、 得 ら れ や す い と考えられます。 愛 さ れ 護 ら れ て い る 児 童 は 、そ の 保 護 者 か ら 全 面 的 に 受 容 さ れ 包 容 さ れ ま す 。そ の 中 で 、 身 体 的 、 精 神 的 、 情 緒 的 に 育 ま れ て い き ま す 。 つ ま り 、「 育 て る 」 は 、「 受 容 」 か ら ス タ ートし、成長段階に応じて、様々な取り組みを行い、一人で生きていく力、自立に向けて 育てていくことになります。 児童の育成責任の所在は、国及び地方公共団体とその保護者となっていますが、児童養

-3-


護施設の場合、自治体の長が措置権者となり、施設長は、保護者の代行を担っていること になります。そして、実際に養育を担っていくのが、保育士であり児童指導員なのです。

子育てと目標

子どもたちが成長し、大人になり、結婚をして、子どもを授かり、子育てしていく。そ の時、見本となるのが、自分の幼少期の経験です。その幼少期に児童養護施設で育ったか ら、家庭を守っていくノウハウが分からないと言うことでは、いけません。児童養護施設 で は 、「 今 、 そ こ に い る 子 ど も を 、 今 、 育 て て い る 」 と 言 う 捉 え 方 で は 、「 養 育 」 の 意 味 を成さないのです。子どもたちのライフサイクルを描いた上で、今、必要な発達段階を育 てていくと言う視点が重要になります。 子どもたちは、日々、大人への階段を一段一段上っていきます。例えば、山登りをする とき、海抜何メートルとか、何合目とかの表示があり、それを一つ一つ達成していくこと によって頂上へと導かれていきます。その達成感の積み重ねが、子育てされる子どもたち にも子育てする大人達にも必要なのです。 そ れ が 、目 標 に な り 、そ れ は 、児 童 福 祉 法 第 4 5 条 の 2 で 入 所 中 の 個 々 の 児 童 に つ い て 、 児童やその家庭の状況等を勘案して、その自立を支援するための計画を策定しなければな らない。と条文化されています。 これを自立支援計画と言いますが、この計画書は、児童の成長に応じて書き換えられて いきます。親子関係の子育てと違い、専門職として、文書化、記録化していくのが児童養 護施設での子育てになるわけです。 児童一人一人の年齢や能力、特性に応じて、目標が設定されていきますが、重要なこと は、目標が一つ一つクリアされていく過程です。従って、クリアできない目標は、何の意 味も成さず、反対に成長の阻害要因になることもあります。子どもたちにとって大切な事 は、目標を達成した充実感であり、そのことを通して達成欲求や承認欲求が充たされてい く こ と で す 。そ の 過 程 の 中 で 、大 き な 役 割 を 担 う の が 保 育 士 で あ り 児 童 指 導 員 に な り ま す 。 叱る場面が多いのか、褒める場面が多いのか、子どもの能力を引き出していく努力をして いるのか、目標を子どもに示し、達成したことを伝えているのか等々の関わりが、子ども たちの人格形成に大きく影響していきます。

-4-


また、善悪の区別を明確に示していくことも重要です。ここに「躾」が存在します。現 代 社 会 に 於 い て 「 躾 」 と 「 体 罰 」 の 境 界 線 が あ や ふ や な 状 況 が 目 立 ち 、「 体 罰 」 反 対 の 流 れ の 中 で 、「 躾 」 と 言 う 言 葉 を 使 い づ ら い 状 態 が あ り ま す が 、 少 な く と も 善 悪 の 区 別 を 学 習 し て い く 上 で は 、「 躾 」 は 、 大 切 な 大 人 の 役 割 と 言 え ま す 。「 他 人 を 傷 つ け た り 、 他 人 の物を盗んだり」の行為に対して、それは、許されないことだと、きちんと「躾」をして おくことが、結局は、子どもたちの人生にとって役に立つことになります。 幼少時代に達成感を味わい、褒められ、躾られた等の経験は、その子が子育てをする年 齢になったとき、必ず生かされます。では、反対に挫折感を味わい、褒められることなく 劣等感を抱き、悪いことをしても見て見ぬふりをされた場合を想像してみましょう。その 様なことは、児童養護施設では、決して行ってはいけません。 子どもたちが大人になった時、意識しようと意識しまいと、大人としての見本の一部と して児童養護施設で関係した大人が含まれています。子どもたちが素敵なライフサイクル を構築していけるよう、大人達は、見本としての自覚を持ち、最善の努力を心がけること が大切です。

衣食住と生活感

昨 今 の 児 童 養 護 施 設 は 、 生 活 の 質 ( Quality of Life) を 高 め る た め の 運 営 努 力 を 行 っ て い ると言えます。生活とは、人が生きていく上での日々の営みであり、生存する限り、その 営みがストップすることはありません。しかし、政���的な目的で運営されている収容所や 戦争中における生活など、過酷な生活を強いられている現実もあります。 こ の 生 活 の 質 、 福 祉 的 用 語 と し て 、 QOL が 用 い ら れ て い ま す が 、 QOL は 、 環 境 に 応 じ て 変 化 し ま す 。例 え ば 、未 開 の 地 に 住 ん で い て 、TV も 冷 蔵 庫 も な い 生 活 を し て い る 人 が 、TV や冷蔵庫が無いから、生活の質が低いと考えるでしょうか。反対に、電化製品が無いから こ そ 、 自 然 と 共 存 し た 豊 か な 生 活 を 送 っ て い る と 言 え る か も 知 れ ま せ ん 。 そ こ で 、 QOL は、同地域に住んでいる同世代の人と同程度の生活が出来るように支援することが目標と して挙げられます。 具体的には、児童養護施設に住んでいる子どもたちの生活レベルと学校の同級生の生活 レ ベ ル と の 格 差 を 縮 小 し て い く 努 力 が QOL を 高 め る 一 つ の 目 標 と な り ま す 。

-5-


「衣」 子どもたちの生活に掛かる費用は、措置費として支弁されています。その中から、被服 費 と し て 予 算 化 し て い き ま す 。各 児 童 養 護 施 設 で 予 算 単 価 の 振 り 分 け 方 は 、異 な り ま す が 、 大体、年齢別に単価設定するのが一般的です。児童一人一人に被服購入の予算が付きます ので、児童の担当者は、子どもたちを連れて買い物に行き、服や靴を購入します。高学年 の 子 ど も は 、お 金 を 貰 っ て 自 分 で 購 入 す る こ と も あ り ま す 。以 前 は 、い た だ き 物( 寄 贈 品 ) や お 下 が り を 活 用 し て い ま し た が 、現 代 で は 、中 古 品 よ り 新 品 の 割 合 が 高 く な っ て い ま す 。 子どもに与えられた予算だから、子どもの好みを全面的に認め購入させると言う危険な 考え方に陥ってはいけません。児童養護施設は、子育てを担っています。人を判断する上 で内面が重要なことは分かっていますが、対人関係に於いて、第一印象を与えるのは、外 見であり、ファションセンスは、社会性の上で、とても重要な位置を占めます。子どもた ちが好みの服を選択していく楽しみの中に、助言を通して、適正なファションセンスを磨 いていく働きかけが大切です。 ま た 、 TPO( Time 時 間 、 Place 場 所 、 Occasion 場 合 ) に 合 わ せ た 服 装 を 選 べ る よ う に 日 常 生活の中で助言していきます。 「食」 児童福祉最低基準第11条で、児童福祉施設において、入所している者に給食をすると きは、その献立は、できる限り、変化に富み、入所している者の健全な発育に必要な栄養 量を含有するものでなければならない。と条文化されています。このことを通し、児童養 護施設の子どもたちは、専門家(栄養士)により適正に計算された栄養を摂取していると 言えます。 人間の三大欲求の一つとして評価されている食欲は、生活の中で、とても重要な位置を 占めています。朝食・昼食・間食・夕食を通して、大人と子どもは、必ずコミュニケーシ ョンをとる必要性が生じます。特に夕食の時間は、生活している子どもたちの殆どが揃っ ているので、団らんの場となります。或いは、食事作りや後片付けを子どもたちがお手伝 いすることによって、それらのノウハウを会得していくことにも繋がります。食べ物を通 して、自然の大切さと感謝、食卓に届くまでに様々な人たちが関わっていると言う社会の 仕組み、貧困や食糧危機のために飢餓状態になっている国の人々もいると言う国際情勢等 々、大人が子どもたちに伝えることは、たくさんあります。 平成17年7月に施行された「食育基本法」により、児童養護施設でも「食育」への意

-6-


識と取り組みを進めています。 「住」 最低基準第41条で、児童養護施設の住環境を明示していますが、これは、最低限の環 境です。例えば、第41条2

児童の居室の一室の定員は、これを十五人以下とし、その

面積は、一人につき三・三平方メートル以上とすること。となっていますが、これを具体 的に表現すると、子ども部屋は、30畳の部屋に15人の子どもたちと言うことでも法律 違反になりません。となります。現代の児童養護施設は、大体、2人から4人部屋が一般 的となります。 厚生労働省は、児童養護施設等のケア形態の小規模化を推進しています。また、建て替 えや新規の児童養護施設については、ユニット型の設計にするよう推進しています。イメ ー ジ と し て は 、5 LDK の 間 取 り で 6 人 の 子 ど も た ち が 生 活 を す る と 言 う こ と に な り ま す 。 この様な環境が整備されることにより、生活の質のハード面向上に繋がっていきます。 「 衣 」「 食 」「 住 」 を 通 し て 、 更 に QOL を 高 め る た め に は 、 く つ ろ ぐ 、 楽 し む 、 共 有 す る場所と言う感覚です。つまり、生活の空間作りが大切であり、その空間の中で、生活リ ズムを整えていく、時間のコントロールも大切です。また、生活用品や自分の持ち物に対 する愛着心を育むことにより、自分の物と他人の物との区別を学んでいくことにも繋がり ます。 QOL を 高 め る 努 力 に よ り 構 築 さ れ た 環 境 に よ っ て 、 育 て ら れ た 子 ど も た ち は 、 そ れ が 、 生活感の見本となります。ですから、環境が整えられていても、職員の怠慢により、不衛 生の環境になっていたら、それも見本となってしまいます。衛生的でくつろげる環境作り を児童養護施設は、目指しています。

親の役目の伝承

児童福祉法第47条に児童福祉施設の長は、入所中の児童で親権を行う者又は未成年後 見人のあるものについても、監護、教育及び懲戒に関し、その児童の福祉のため必要な措 置をとることができる。と明記されていますが、簡単な表現では、親権者代行の役を担う ことになっています。古い表現では、親代わりと言うことになります。 手続きや書類上では、勿論、施設長を保護者として記入しますが、日常生活の中では、

-7-


保育士や児童指導員が親の代替的役割を担います。 しかし、児童養護施設に措置されている子どもたちの殆どに、本来の保護者が存在して い る 為 、児 童 養 護 施 設 の 職 員 は 、親 代 わ り と 言 う 、精 神 的 支 柱 に な り 得 な い の が 現 実 で す 。 そんな中で、親の代替的役割を担っていきます。 では、児童養護施設の職員は、どの様な方法で、一見困難と思われる、親の代替的役割 を 担 っ て い く の か 、そ れ は 、普 段 の 生 活 の 中 で 、子 ど も た ち を 、褒 め る( 承 認 )、叱 る( 解 明 ・ 獲 得 )、 子 ど も た ち と 、 笑 う ( 親 和 )、 泣 く ( 共 感 ) 等 の 様 々 な 経 験 を 積 み 重 ね て い くことによって、親心から派生する感情表現を伝えていきます。そのことを通して、子ど もたちが将来、親になった時、どの様に子どもたちに接するのかのモデルを示すことが、 大切な役割になります。 子どもたちは、親による養育困難な状況によって、措置されてくるのが殆どであり、時 には、湾曲した親へのイメージを描いていることもあり、そのイメージを修正していく作 業も児童養護施設職員に求められます。 そ し て 、導 き 出 さ れ る 結 論 は 、児 童 養 護 施 設 の 職 員 は 、子 ど も た ち の 親 に は な れ な い が 、 親の役割は伝えられると言うことになります。 では、親とは、何であろう。母親と父親、つまり両親と言うことになりますが、その両 親と子どものコミュニティが家族となり、社会と呼ぶ枠組みの基本となります。 その親子関係は、民法第818条から第833条によって、権利と義務が規定されてい ます。それを直接的に表しているのが。第820条で、親権を行う者は、子の監護及び教 育をする権利を有し、義務を負う。と明記されています。 従 っ て 、時 に は 、子 ど も の 意 志 よ り 親 権 者 の 意 志 が 法 的 に 優 先 さ れ る こ と が あ り 得 ま す 。 児童養護施設において、子どもの権利を守ることがクローズアップされ、親権者の代替機 能の効力行使に躊躇する傾向が見られるようになり、適正な子育てに対して支障を来して いるとも言えます。 親権者の権利を拡大解釈することは、以ての外ですが、適正な子育てを実行する上で、 どうしても必要な親権者の権利は、その代行者として行使することが必要です。 親 と し て の 権 利 や 義 務 を 児 童 養 護 施 設 に お い て 、行 使 す る こ と に よ っ て 、子 ど も た ち は 、 時には、不快な思いをすることもあります。育てられると言う体験の中では、それも必要 な体験です。親との関係の中で、嬉しいこともあれば、辛いこと、悔しいこと、情けなく 思うこと、様々な情緒が交錯しながら、子どもたちは、育てられていきます。その親子関

-8-


係を児童養護施設の中でも伝承していくことが大切です。

家族援助の実際

措置児童の家族を援助するにあたっては人員不足が課題です。児童養護施設の役割は、 措置児童の委託を受けて児童支援を行うことです。措置権者は、各都道府県であり、その 窓口になっているのが児童相談所になります。役割分担的には、保護者対応は、児童相談 所の児童福祉司や心理療法士になりますが、現実は、児童への面会・外出・外泊・電話取 次ぎ・進路問題調整・相談の受付等が日々の支援に絡んできます。時には、家庭訪問をす ることもあります。 また、以下の点も現実です。 ・ 職 員 の 配 置 基 準 が 現 行 で は 、 児 童 6 名 に 対 し て 1 人 で す 。( た だ し 幼 児 に 対 し て は 加 算 が あ り ま す 。) ・労働基準法で1日8時間、週40時間の勤務体制上のルールがあります。 ・このような状況の中、具体的には、職員1名で児童15名程度の支援を行っています。 ・ 児 童 の タ イ プ も 被 虐 待 児 童 だ け で な く A D H D や L D 、P T S D 、自 閉 傾 向 、て ん か ん 、 軽度の知的障害児童など様々です。 これだけ抽出しただけでも、児童養護施設では、児童支援が手一杯で、保護者のケアま でには至れない現実があることがお分かりでしょう。専任のケースワーカーを配置し、児 童相談所と連携を取りながら保護者との調整を行っていても、調整であって、ケアまでに は至れません。児童支援で手一杯のためケースワーカーも1名が精一杯の配置です。 しかし、家族援助が重要な役割を担っていることは、周知の事実であり、児童養護施設 での生活の中で、児童の持っている課題が改善され家庭復帰が可能になっても、家庭が、 措置前と同じ環境であれば、児童は、また、同じ事を繰り返す可能性があります。 そのため、児童養護施設の保育士や児童指導員は、児童相談所の児童福祉司や心理療法 士と連絡を密に取り、家庭調整を図っています。 児童心理療育施設(法的名称:情緒障害児短期治療施設)において、家族療法事業の申 請を行っているところでは、精神科医と心理療法士の共同作業で家族へのケアを行ってい ま す 。来 園 し て い た だ い て の カ ウ ン セ リ ン グ や 、家 族 療 法 棟 に 宿 泊 し て い た だ い て の ケ ア 、

-9-


時には、家庭訪問することもあります。しかし、ここでも職員数が壁になってきます。家 族療法事業に力を入れれば、その分、大切な児童支援の部分が手薄になり本末転倒の状況 が生じてしまうからです。 最近は、地方自治体レベルでの「虐待・DV防止連絡協議会」等が設立され稼働し始め ていますが、更に精神科医・ケースワーカー・心理療法士・看護婦・弁護士・ベテランの 保育士又は母親等で形成される専門の機関を設立し専門的なアプローチをしていくことが 求められます。

人間関係を学ぶ

児 童 養 護 施 設 に 入 所 し て く る 子 ど も た ち の 殆 ど の 措 置 理 由 が 、家 庭 養 育 困 難 と 言 え ま す 。 家庭で養育が可能であれば、児童養護施設に措置される必要はないのです。母子家庭、父 子家庭、父母がいても経済的理由、親の行方不明、児童虐待などなど、理由は、様々です が 、措 置 さ れ る 前 の 児 童 の 家 庭 環 境 が 落 ち 着 い た 状 態 で な い こ と は 、容 易 に 想 像 で き ま す 。 親は、生活のために仕事をしていて、それが、夜間の仕事の場合もあるでしょう。その 間、子どもたちは、寂しく家で過ごしていることでしょう。高学齢になれば、深夜遊びを 覚えてしまうこともあります。経済的困窮で、食生活も乏しく不衛生な住環境での生活を 強いられていることもあります。短気な親の顔色を窺いながらの生活、人格障害や精神障 害の親との生活、勿論、親子の生活の中で楽しいこともたくさんありますが、辛いことも たくさんあります。幸福感は、人それぞれの感性で違ってきますので、一概に不幸な生活 とは、表現できませんが、落ち着いて、勉強できる環境ではなかった状況が浮かび上がっ てきます。 児 童 養 護 施 設 に 低 学 力 の 児 童 が 多 い の は 、そ の 様 な 家 庭 の 事 情 に 起 因 す る の が 殆 ど で す 。 時には、知能指数測定により高い数値を出す児童もいますが、基礎学力が身についておら ず、同学年児童生徒の学力に追いつけなかったりと言うこともあります。小学1年生から 4年生までの基礎学力定着時代に、不安定な家庭環境の場合、低学力に陥る傾向が顕著で す。 中学3年生で、九九を習得していない、ましてや、分数や小数の計算は、皆目分からな い 。漢 字 が 読 め な い 、書 け な い 。こ の 様 な 学 力 で も 、進 学 で き る 私 立 の 高 校 が あ る こ と が 、

- 10 -


本当に救いとなっています。現代社会において、中学卒業の学歴で仕事を探すことは、極 め���困難な状況です。また、低学力であるからこそ、児童養護施設では、少しでも長く、 成長を見守りたいとの親心が働きます。 児童養護施設で働く職員は、教育の専門家ではありません。従って、低学力児童の学業 成績を向上させていくノウハウを習得しているとは言い難く、実際に養育に忙殺されるた め、教育活動に集中できる時間は、限られてしまいます。そんな中でも、基礎学力を身に つけるための学習会を実施したり、宿題をさせながら助言を与えたり、教えたりの日常的 な 取 り 組 み を 行 っ て い ま す 。ま た 、家 庭 教 師 ボ ラ ン テ ィ ア の 力 を 積 極 的 に 活 用 し て い ま す 。 ボランティア活動が児童養護施設の児童のために、大きく貢献していることは、意外と認 知されていません。 さて、学校教育のレールから、環境要因により取り残された児童の学力を向上させてい くことは、非常に難しい課題となりますが、学ぶとは、勉強だけに限定されるものではあ りません。児童養護施設でも基礎中の基礎である、読み書き計算を足がかりに、能力に応 じて学習課題を高めていく取り組みを行っていますが、学習の習慣化を最大のテーマとし ています。1日15分程度でも良いので、毎日机に向かうことが重要で、学ぶ姿勢を身に つけておけば、子ども自らが本気で勉強をしたくなった時に役に立ちます。 し か し 、 最 も 大 切 な 事 は 、「 学 習 」 と 言 う き っ か け を 通 し て 、 大 人 と 子 ど も の コ ミ ュ ニ ケーションを深めたり、家庭教師ボランティアとの関係を通じて、対人関係の拡がりや新 鮮な情報を得たりしていく中で、人間関係を学んでいくことです。

遊びと対人関係

対人関係を学ぶ上で、最も基本となるのは、家族関係であり、それは、小集団と言えま すが、そこから保育園や幼稚園への集団を経験し、中集団、大集団へと、対人関係を拡げ ていきます。そして、最終的には、社会と呼ぶ、コミュニティの中で生きていきます。 児童養護施設は、家族の代替機能を担いますが、小規模児童養護施設でも定員6名、小 舎制でも8名から10名程度のグループになってしまい、人数的側面から捉えると、疑似 家族になり得ないと言わざるを得ません。そんな中、保育士や児童指導員は、出来うる限 り、児童と1対1で向き合える時間を作ったり、兄弟児童が措置された場合は、同じグル

- 11 -


ープにしたり等の工夫をしています。 さ て 、子 ど も た ち が 生 き 生 き と 輝 く 時 間 の 一 つ に 遊 び の 時 間 が あ り ま す 。1 対 1 の 遊 び 、 小 グ ル ー プ の 遊 び 、 集 団 遊 び 、 昨 今 は 、 TV ゲ ー ム に 代 表 さ れ る 個 人 遊 び も 社 会 現 象 化 し ています。 遊びを通して学ぶことは、たくさんあります。多くの遊びに勝敗を決する機会が含まれ ますが、勝つためには、作戦が必要であり、道具の工夫も必要でしょう。複数人で遊ぶ場 合は、チームワークも求められます。勝ったら嬉しいし、負けたら悔しい思いをします。 正に、社会で生きていくための縮図が、遊びの中にあります。 遊びに集中していると、時間が、あっという間に経過します。時間と気持ちのコントロ ー ル が 必 要 で あ り 、時 に は 、大 人 が 制 限 し て あ げ る こ と も 大 切 で す 。ま た 、遊 び を 通 し て 、 大人と子どもとの駆け引きも生じます。時間的な駆け引き、道具や玩具などの購入に対す る駆け引き、その駆け引きを制するために、子どもたちは、様々な作戦を考案します。時 には、取引が成立する場合もあり、時には、大人に却下されることもあります。嬉しいと き、悔しいとき、様々な感情が交錯します。 遊びは、年齢と共に常に進化します。幼児期にままごと遊びに熱中していても、小学生 の高学年になる頃は、とっくにままごと遊びを卒業していることでしょう。つまり、遊び も成長しています。それが、青年期の余暇活動の過ごし方に繋がっていきます。 児童養護施設の中で、子どもたち同士の遊びに関しては、基本的には、見守ります。必 要以上の干渉は、遊びを通して自然に育まれる情緒的な成長を阻害する要因になってしま うからです。勝手なルール変更、反則行為、勝敗の判定等々、争うきっかけも発生し、そ れを解決していくのも、基本的には、子どもたちに委ねます。大人が介入するのは、それ がいじめに繋がったり、喧嘩もエスカレートしてしまい、収まりがつかない状態であった り、遊びの時間を超過していたり、大人との約束を破っている時などに介入します。 一人だけで楽しめる遊びも必要ですが、それだけで終結してしまっては、対人関係の拡 が り に 繋 が ら ず 、 対 人 関 係 を 持 つ こ と が 苦 手 に な り 孤 立 し て し ま っ た り な ど 、( - ) 要 因 に繋がっていく場合もあります。出来る限り複数人での遊びへと、さりげなく誘導してい くことも自立支援の取り組みの一つとして挙げられます。 社会人になったとき、休みの日に楽しめる術を知らなかったら、生きていくために仕事 をして、休みの日は、ひたすら寝る。長期の休みがとれても、殆どの時間をアパートで過 ごす。この様な過ごし方が良くないと言うことではなく、もし、休みの日に友人と、海や

- 12 -


山へドライブに行ったり、アウトドアを楽しんだり、映画を見に行ったり、ショッピング をしたり、美味しい物を食べに行ったりして過ごしたら、どんなに楽しいことでしょう。 そして、その経験は、将来、自分が子育てするときに、必ず役立ちます。家族旅行や、子 どもと共通の趣味を楽しんだり等へと繋がっていきます。 遊びを通して学ぶことは、たくさんあり、それは、子どもたちの人生に大きく関わって きます。児童養護施設の保育士や児童指導員は、子どもたちの遊びをいつも見守るだけで はなく、時には、仲間に入れて貰い、一緒に遊ぶこともあり、遊びの中では、大人と子ど もの垣根を乗り越えて、楽しむこともあります。子どもたちにとっては、そんな大人が、 側にいてくれることが安心感へと繋がっていきます。

地域への所属意識

児童養護施設は、独立した存在ではなく、地域社会の中で生活していることで、その存 在 感 を 見 い だ す こ と が 出 来 ま す 。 学 校 の PTA に 加 入 す る こ と は 、 勿 論 の こ と 、 地 域 の 会 合や消防団活動にも積極的に参加していきます。地域活動の中には、夏祭りやリサイクル 活動などの行事がありますが、子どもたちと一緒に参加します。 地域の中で生きていくと言うことは、地域の皆さんと交流することです。児童養護施設 の職員や子どもたちが地域へと積極的に飛び出し、児童養護施設の資源である会議室やホ ールを地域の方々に開放するなど、相互協力の中から、相互理解が成立します。 地域によっては、児童養護施設の後援会を引き受け、資金や物資面の支援を行っていた り、クラブ活動を通して、児童養護施設と地域との垣根を一切無くした活動を展開してい る所もあります。地域と児童養護施設の関係には、様々な形がありますが、大切な事は、 児童養護施設が地域社会の一員として認知され、相互協力が、気兼ねなく行われていくこ とです。 地域社会に溶け込む働きかけのきっかけは、殆どの場合、大人(職員)たちが構築して いきますが、時には、子どもたちのリーダーが、夏祭りの例えば、御神輿担ぎ等でリーダ ーシップを取り、地域を盛り上げていく場面などもあります。 現代社会において、地域社会の中での住民関係が希薄になりつつあるのも事実ですが、 そんな時代だからこそ、児童養護施設が地域の中で、しっかりと存在感を示し、地域に関

- 13 -


わっていくことが求められます。 「 僕 は 、 ○ ○ 町 に 住 ん で い ま し た 。」、 子 ど も た ち が 大 人 に な っ た 時 、 自 分 が 幼 少 時 住 んでいた場所を自信を持って言えるようになるためには、やはり地域への所属意識が大切 です。 子どもたちの中には、スポーツクラブに所属したり、塾に通ったり、友人宅に遊びに行 ったりなど、日常生活の中で、自然に地域に溶け込んでいる子どももいます。また、殆ど の子どもたちは、近所の店で買い物をします。時には、残念なことですが、万引きなどの 触 法 行 為 も あ り ま す 。い ろ ん な 意 味 で 、子 ど も た ち は 、地 域 と 関 わ っ て い ま す 。そ れ ら は 、 社会性に繋がっていくことは勿論のこと、思い出として、子どもたちの人生に刻み込まれ ていきます。

10

調理室と法律

児童養護施設は、児童福祉法第35条4により、自治体より認可を得て、運営されてい ます。そして、同法第45条により、最低基準を遵守しなければいけないと義務づけられ ており、その最低基準を遵守しない場合、同法第58条により、自治体は、認可を取り消 すことが出来ると規定しています。 そして、各児童福祉施設が、最低基準を守れるように、厚生労働省は、局長通知及び課 長通知を自治体に通知し、自治体は、各児童福祉施設に通知します。 仮に、この通知を無視し、その上、自治体指導監査での指摘事項を無視している場合、 運営不適格の烙印を押され、最悪の場合は、施設長辞任又は、施設認可取り消し等の処分 を受けることになります。 自治体及び厚生労働省監督の下に成り立っているのが、調理室であり、直属の監督者が 施設長と言うことになります。 調理師個人の考えや感覚で、衛生管理や献立変更が行われるなどと言うことは、あり得 ないことです。施設長が責任を持てるのは、調理師が厚生労働省、自治体、保健所の指導 を厳守し、調理に対して責任を持って適正に業務を行っている場合です。 子 ど も た ち の「 食 」を 担 う 調 理 室 は 、ア ッ ト ホ ー ム 的 で 、子 ど も た ち が 自 由 に 出 入 り し 、 食事作りや片付けを手伝ったりしながら、笑顔が絶えない雰囲気の場所であって欲しいの

- 14 -


ですが、それ以上に、子どもたちの「食」の安全を守ることが重要なのです。 関係法令は、以下の通りです。

児童福祉法 第 35 条

国は、政令の定めるところにより、児童福祉施設(助産施設、母子生活支援施

設 及 び 保 育 所 を 除 く 。) を 設 置 す る も の と す る 。 2

都道府県は、政令の定めるところにより、児童福祉施設を設置しなければならない。

市町村は、厚生労働省令の定めるところにより、あらかじめ、厚生労働省令で定める

事項を都道府県知事に届け出て、児童福祉施設を設置することができる。 4

国、都道府県及び市町村以外の者は、厚生労働省令の定めるところにより、都道府県

知事の認可を得て、児童福祉施設を設置することができる。 第 45 条

厚 生 労 働 大 臣 は 、児 童 福 祉 施 設 の 設 備 及 び 運 営 並 び に 里 親 の 行 う 養 育 に つ い て 、

最低基準を定めなければならない。この場合において、その最低基準は、児童の身体的、 精神的及び社会的な発達のために必要な生活水準を確保するものでなければならない。 2

児童福祉施設の設置者及び里親は、前項の最低基準を遵守しなければならない。

児童福祉施設の設置者は、児童福祉施設の設備及び運営についての水準の向上を図る

ことに努めるものとする。 第 58 条

第 35 条 第 4 項 の 規 定 に よ り 設 置 し た 児 童 福 祉 施 設 が 、 こ の 法 律 若 し く は こ の 法

律に基づいて発する命令又はこれらに基づいてなす処分に違反したときは、都道府県知事 は、同項の認可を取り消すことができる。

児童福祉施設最低基準 (衛 生 管 理 等 ) 第十条 児童福祉施設に入所している者の使用する設備、食器等又は飲用に供する水については、 衛生的な管理に努め、又は衛生上必要な措置を講じなければならない。 2

児 童 福 祉 施 設 (助 産 施 設 、 乳 児 院 、 保 育 所 、 児 童 厚 生 施 設 、 肢 体 不 自 由 児 施 設 及 び 重

症 心 身 障 害 児 施 設 を 除 く 。)に お い て は 、一 週 間 に 二 回 以 上 、入 所 し て い る 者 を 入 浴 さ せ 、 又は清拭しなければならない。 3

児童福祉施設には、必要な医薬品その他の医療品を備えなければならない。

- 15 -


(給 食 ) 第十一条 児童福祉施設において、入所している者に給食をするときは、その献立は、できる限り、 変化に富み、入所している者の健全な発育に必要な栄養量を含有するものでなければなら ない。 2

給食は、前項の規定によるほか、食品の種類及び調理方法について栄養並びに入所し

ている者の身体的状況及び嗜好を考慮したものでなければならない。 3

調理は、あらかじめ作成された献立に従って行わなければならない。

11

児童福祉のニーズ

戦前までの時代では、子育て技術の連鎖が自然の摂理でした。まず、家族関係では、祖 母から娘や嫁へと子育ての方法が伝授されたり、多子の時代であり兄弟が幼子の子守をし たり、また、近所関係においても相互扶助が成立していました。ところが、戦後の高度経 済成長に伴い都市部を中心に囲むように住宅地ができるドーナツ化現象と共に核家族化も 増加していきました。団地やアパートやマンションでは、2世帯が居住するには手狭であ り、加えて、祖母たちの世代は、生まれ育った土地から離郷するには苦渋の決断が必要だ ったでしょう。結局1世帯での生活パターンが増加していくことになりました。つまり、 子育て技術の連鎖が崩れていく結果へと繋がっていきました。それでも、当時の勤勉な母 親たちは、田舎に電話したり育児書で学んだり、同じ子育て中の母親たちと情報を共有し たり等の工���によって乗り切っていきました。 そ し て 、現 代 、「 核 家 族 」「 共 働 き 」「 住 宅 ロ ー ン 」「 不 純 異 性 交 遊 の 年 少 化 」「 一 人 っ 子 」 「育児ノイローゼ」などのキーワードが示す通り、子育て技術の伝授力が弱体化したり、 性知識の氾濫が影響してか、大人としての成熟を待たず妊娠したり、他人への思いやりや 我 慢 す る 力 が 低 下 し 、「 き れ た 」 の キ ー ワ ー ド が 社 会 問 題 と し て 取 り 上 げ ら れ た り 、 母 親 一人で子育てを担うプレッシャーからノイローゼに陥ってしまったり、DVに代表される 家庭内暴力など、様々な要因が交錯しています。また、現代社会のストレスによる精神的 プレッシャーで心の病に陥るパターンもあります。 「 自 閉 症 」「 A D / H D ( 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 )」「 L D ( 学 習 障 害 )」「 ト ラ ウ マ 」 な ど

- 16 -


のキーワードが示すのは、平均的な子育て技術では、対応が難しいお子さんがいる事実を 表しています。 (-)面がクローズアップされてしまいましたが、ほとんどのご家庭では、平々凡々と 子育てが営まれています。しかし、一部のご家庭に於いて、家庭養育困難な状況が生じて しまっています。子どもたちは社会構造の基礎である家庭で成長していくのが一番と考え て い ま す 。 と こ ろ が 、「 虐 待 」「 保 護 者 の 心 の 病 」 等 、 場 合 に よ っ て は 、 危 険 な 状 況 か ら 保 護 す る こ と も 必 要 に な り 、そ の た め 、児 童 相 談 所 の 行 使 力 が 制 度 化 さ れ た り し て い ま す 。

12

児童養護施設で働くには

現在、中学生で、社会福祉の仕事をしたいと夢を持った方は、進路について、悩むこと でしょう。しかし、進学について重要なことは高校進学より大学進学にあります。保育士 の免許資格がとれる大学又は専門学校を選び受験することが大切なのです。大学受験に関 しては各大学の受験科目が関わってきますが、高校時代、理系だろうと文系だろうと商業 科だろうと工業科だろうと農業科だろうと大学受験に際しての最低限の単位取得はあると 思いますので、特に心配することはないと思います。 児童養護施設で働くための資格としては、主に保育士・社会福祉士・心理療法士・看護 士・管理栄養士が挙げられます。只、看護士や管理栄養士は雇用人数が少ないので求人が ほとんどないでしょう。心理療法士は心理系の大学を卒業し大学院まで進まなければいけ ませんので、よほど興味がなければ挫折するかも知れません。となると現実的なのは、社 会福祉系の大学で社会福祉士の受験資格を取得し社会福祉士試験を受験することになりま す。ただし、これは「児童指導員」と言うことになり、女性の場合、門戸が狭いことでし ょ う 。( 男 女 差 別 は し た く な い の で す が 現 実 と し て 、 ま だ ま だ 男 女 の 仕 事 の 役 割 分 担 は あ るようです) 高校生のあなたは、例えば「保育士」になりたい場合、大学のパンフレットを見て、取 得資格の中に「保育士」があれば、その学校を選ぶと良いでしょう。 ところで、福祉の仕事は、これから確実に雇用が伸びていく職種です。現代社会では、 大企業でも倒産する世の中です。また、特に企業は景気の動向が賃金に影響します。しか し、福祉の仕事は、賃金が高いとは言えませんが、確実に支給されると言う大きな利点が

- 17 -


あります。勿論、社会的貢献度、やりがい、常に学びの時、専門職、特に保育士は、国家 資格です等々、素晴らしい利点が多いのです。自信と誇りを持って「福祉の道を選びまし た 。」 と 言 っ て も 良 い の で は な い で し ょ う か 。

13

児童指導員の資格要件

保育士は、国家資格ですので、保育士試験が定期的に行われ、それに合格し各都道府県 に於いて、保育士登録すれば良いので、資格取得方法が明確ですが、児童指導員の場合、 幾つかの方法があります。 ◎児童指導員資格は、次のいずれかの該当すれば、有資格者となります。 1.大学で福祉・社会・教育・心理学部(学科)を卒業 2.小・中・高のいずれかの教員免許を取得(級・教科不問) 3.厚生労働大臣指定の児童指導員養成校を卒業 4.児童福祉施設での実務経験者(高卒以上2年、その他3年) *4のコースは主に現職者を対象とするもので、これから就職する人にはほとんど適用さ れません ただ、これだけでは、資格の所在が明確ではありませんので、社会福祉主事任用資格を 学校又は養成機関で発行して貰うようにしましょう。 ◎社会福祉主事任用資格は、次のいずれかに該当すれば、有資格者となります。 20歳以上で、人格が高潔で、思慮が円熟し、社会福祉の増進に熱意があり、次のいづれ かに該当する者 1.大学などで厚生労働大臣が指定する社会福祉に関する科目を修めて卒業した者 2.厚生労働大臣が指定する養成機関(専門学校等)または、講習会の課程を修了した者 3.厚生労働大臣が指定する社会福祉事業従事者試験に合格した者 全国社会福祉協議会の中央福祉学院が、福祉系大学等を卒業していない民間社会福祉施 設職員や公務員として「社会福祉事業に従事している職員」を対象とした認定通信課程を 開講しています。 社会福祉士は、国家資格であり、この資格を取得していれば、就職の際、有利であるこ とは言うまでもありません。

- 18 -


大体、1年~1年半に一度、都道府県等からの指導監査が実施されますが、その時職員 の資格の有無が指摘事項に挙がることがあります。つまり、現在に於いては、新しく採用 する時、具体的には、求人票に、資格要件(保育士や社会福祉主事等)を記入するのが通 常です。

14

児童養護施設への就職

児童養護施設に就職するためには以下の方法があります。 ①福祉人材バンクに登録する。これは、全国社会福祉協議会の一部門としてあります。 ②学校の就職課から常に情報を収集する。 ③児童福祉施設に見学に行き、施設長さんに履歴書を渡しておく。 ④コネクションが、もしあれば、利用する。 児童福祉施設の場合、就職活動は難しい状況にあります。それは、雇用する側もぎりぎ りまで、職員の補充が必要になるかどうかわからないからです。就業規則で、退職願は、 1か月前までに提出すればよいことになっている事業所が多く、補充の有無が明確になる のは、3月になるからです。また、男性の離職率は女性のそれと比べて低く、更に狭き門 となります。また、年度途中で急に退職する職員がでると、その時点で求人を行いますの で、就職のチャンスが何月に出てくるのか予測がつきません。そういう意味では、運も大 切な要素なのです。 ④は、認めていないところが増えています。 条件として、現在では、社会福祉士の資格所得を履歴書に記載した方が、少しでも採用 の確率は高くなります。また、普通自動車免許も必要です。採用とは、人材が足らなくな ったから行うもので、職場としては、少しでも早く即戦力になってくれるよう望むわけで す。児童の通院等で自動車免許が即、業務として必要になります。 夢(目標)を追い続けてください。くじけたり躓いても立ち上がり、追い続ける根性が 必要です。そして、その根性の根となるのが、子どもたちへの愛です。愛がなければ、児 童福祉で働く資格はないといっても良いでしょう。 安月給で、労働時間も曖昧な環境です。自分の青春を子どもたちに捧げるくらいの覚悟 が必要です。また、短気では勤まりません、個性の一つとして、人をイライラさせるフェ

- 19 -


ロモンを出している子どもがいることも事実です。短気では、施設内虐待へと繋がってし まいます。そう言った意味では、人間修養も大切です。

15

子どもとの関係

子どもとの信頼関係 「子どもとの信頼関係が築けたと思われる時」それは、自分が子どもを信じられた時で す。まず、自分自身が子どもを信じられなければ、信頼関係は成立しません。しかし、現 実 は 、 裏 切 ら れ る 事 の 方 が 多 い で し ょ う 。「 信 じ る 」 → 「 裏 切 ら れ る 」 こ の 繰 り 返 し が 子 育ての醍醐味と言えるかも知れません。また、このことがあるから、この仕事への意欲と 責任が生じているのです。 裏切られることを覚悟で、子どもを信じましょう。信じ続けましょう。それが、信頼関 係へのスタート地点です。 待つことが大切 子 ど も が 悪 い こ と を し た 時 、「 注 意 す る 」「 叱 る 」「 怒 る 」 と 大 き く 三 つ に 対 応 が 分 類 で きると思いますが、 「注意する」は、話すことによって善悪を納得させようと取り組んでいます。 「 叱 る 」 は 、 叱 責 も 含 ま れ ま す が 、「 注 意 す る 」 が 何 度 も 繰 り 返 さ れ た 場 合 の 対 応 に な ります。 「怒る」は、危険度の高い対応です。支援者自身が感情的になっている場合があるから です。冷静でないからこそ「怒る」と言う状況になりがちです。可能であれば、演技によ って「怒る」と言うことも必要なことかも知れません。支援者は臨機応変使い分けること が大切です。 只 、 注 意 し な け れ ば い け な い の は 、「 怒 る 」 対 応 の 時 、「 叩 く 」 行 為 が 生 じ る 可 能 性 が 「大」です。これが虐待へと繋がらないよう、支援者は常に気をつけておくことが重要で す。子育ては「忍耐力」が大切です。子どもの成長を温かく見守る、そこには、常に「待 つ」と言う心の余裕が求められます。

- 20 -


13

数字で見る児童養護施設

1.平成17年10月1日調査 児童養護施設(全国) 施設数…558ヶ所 児童定員…33,676名 児童現員…30,830名*児童人口の0.1%弱 常勤職員数…14,069名 2.児童の両親の状況 両親又は一人親…92% 両親共いない又は行方不明… 8% 3.入所の原因 父母の死亡…13.9% 父母の離婚・不和… 7.4% 父母の拘禁… 4.8% 父母の入院… 7.0% 父母の就労…11.6% 父母の精神疾患… 8.1% 父母の虐待…22.7% 棄児・養育拒否… 4.6% 経済的理由… 8.1% 児童に原因あり… 3.7% その他… 7.8% *子どもに原因があるのは、3.7%であり96.3%は、大人に原因がある。 4.退所の状況 家庭復帰…33% 自立まで児童養護施設で生活…57% 里親委託や措置変更等その他…10%

- 21 -


第Ⅱ章

働くあなたへのメッセージ

新任職員のあなたへ

児 童 養 護 施 設 で 働 き 始 め た 、そ の 日 か ら 、あ な た は 、福 祉 従 事 者 と し て の プ ロ( 専 門 家 ) です。子どもたちも、その保護者も、更に関係機関も、そのように見ます。プロは、その 業務に関して、常に勤勉であることが求められます。児童養護施設では現場の職員を「直 接処遇職員」と呼びますが、直接処遇とは、子どもたちに対しての直接処遇であり、つま り、あなたは、子どもたちへの対応に関して、常に学び、分からない時は、書籍やその他 の専門家からアドバイスを求めることが重要です。勿論、同僚からアドバイスを貰う時も あることでしょう。その際、そのアドバイスを真摯に受け止め活用していく柔軟性も求め られます。 あ な た は 、子 ど も た ち へ の 対 応 を 工 夫 し て い く 専 門 家 で す 。そ の 工 夫 が 上 手 く い っ た 時 、 保護者にフィードバックしていく、そこに専門家としての醍醐味が見いだせます。保護者 が家庭において対応困難と認めざるを得なかった子どももいることでしょう。そんな、子 どもや家族において、児童養護施設は、救いの場ではないでしょうか。 常 に 、 初 心 に 戻 り ま し ょ う 。「 子 ど も た ち の た め に 働 き た い 」、 誰 も が 、 夢 と 希 望 を 持 って働き始めたことでしょう。子どもたちへの対応が難しければ難しいほど、子どもたち か ら 学 ぶ こ と は 、 た く さ ん あ る と 思 い ま す 。 そ れ が 「 共 育 」( 共 に 育 つ ) な の で す 。 プ ロ と し て 最 も 基 本 的 な 内 容 は 、「 仕 事 に 私 情 を 挟 ま な い 」 と 言 う 事 で す 。 私 た ち は 、 つい、プライベートでイライラする事柄が生じると、それを仕事の時間まで引きずってし まったり、チームワークの中で、職員関係が偏ってしまったり、昨日遅くまで飲んでしま い仕事の時に居眠りをしたり、やる気を失っていたり等が、人間だからありえます。 しかし、私たちは、プロです。例え、心の中では、泣いていても、子どもたちには、笑 顔で対応するくらいの意識を持てるくらい自分を鍛えていくこと、そのプロセスを自覚と 表現できます。また、プロゆえに普段の健康管理も大切になります。体調を崩すと意欲の 低下に繋がり、それは、子どもたちや他の職員に迷惑をかけることに繋がります。 私たちの役割で最も重要なことの一つに子どもたちと時間を共有することが挙げられま す。それは、仕事的には、サボタージュに見られそうですが、明らかな勘違いです。生活

- 22 -


の中の心のケアとして重要なことは、さりげないコミュニケーションです。 「 ど う せ 私 の こ と な ん か 見 て く れ て な い 」「 気 が 向 い た 時 だ け 関 わ る の は や め て 」、 子 どもたちの心の声が聞こえてきませんか。私たちは、積極的に子どもたちに関わることが 大切です。必要な時だけとか時々とかでは、子どもたちは、満足しません。細く長く、つ ま り 継 続 的 に 関 わ っ て い く こ と が 重 要 な の で す 。「 い つ も 、 私 の こ と を 見 て く れ て い る ん だ 。気 に し て く れ て い る ん だ 。」の 感 覚 ��� 子 ど も た ち を 安 心 へ と 導 い て い く こ と で し ょ う 。 話題は、どこにでも転がっています。服装・ニュース・TV番組・行事・趣味・天気・ 体調・遊び等々です。時には、夢を語り合うこともいいでしょう。また、駄洒落に代表さ れる無駄話も大切です。無駄話をきっかけに笑いが生じ、それが笑顔へと繋がっていくか ら で す 。 結 局 、 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 最 終 形 態 は 、「 笑 顔 」 と 言 う 事 に な り ま す 。 子どもたちに対応する時、知識に頼ろうとしていませんか。あるいは、考えすぎていま せんか。勿論、専門的な知識も確かに大切です。しかし、まず私たちが会得しなければい け な い こ と は 、子 ど も た ち と の 付 き 合 い 方 の「 感 覚 」で は 、な い で し ょ う か 。具 体 的 に は 、 ①言葉がけによる、表情・仕草・言動・体調の変化。 ②お話・注意・叱責時に於ける、表情・仕草・言動・体調の変化。 ③スキンシップ(握手・ハイタッチ・だっこ・おんぶ・肩車・体を洗ってあげる・くすぐ る・プロレスごっこ・添え寝・ほっぺに触れる・頭を撫でる等々)による表情・仕草・言 動・体調の変化。 ④対応のタイミングに於ける表情・仕草・言動・体調の変化。 ⑤情緒的不安定の状態。 ⑥本当に体調が悪いのか?体調が悪いと自分で追い込んでいるのか。風邪等の疾患の予兆 なのか。仮病なのか等々の判断。 ⑦幼少期・少女少年期・思春期・青年期、様々な時期の子どもたちの心の揺れ。 ⑧まだまだ、いろいろあると思いますが、ここでは、省略します。 これらの状況は、知識だけでは、臨機応変対応できません。各々の職員が感覚的に会得 し、そのためには、様々な対応を試行錯誤する必要があります。只、引継ぎに於いて感覚 的な部分は、難しい場合があります。そのような時は、客観的事実を引き継げば、よいで しょう。 あなたは、研修に参加することもあります。そこに参加費・交通費・日当・宿泊費等の コ ス ト が 掛 か っ て い ま す 。そ の 費 用 は 、措 置 費 つ ま り 税 金 か ら 工 面 さ れ る 訳 で す 。つ ま り 、

- 23 -


マンパワーの育成と言う観点から国民が投資していると考えても過言ではないでしょう。 従って、研修中に居眠りをしたり、退出して観光したりはもっての外の行為です。また、 研 修 後 は 、 そ の 情 報 を 職 場 に 還 元 す る こ と が 義 務 で す 。「 研 修 報 告 書 」 を 確 実 に 提 出 し ま しょう。 児 童 福 祉 に 対 す る 意 欲 を 持 続 し 働 け る 職 場 、こ れ が 児 童 養 護 施 設 で あ り た い と 望 み ま す 。 そ の た め に 必 要 な こ と の 一 つ に 、 同 僚 間 の 励 ま し 合 い が 挙 げ ら れ ま す 。「 褒 め る 」「 認 め る 」「 力 づ け る 」「 助 言 す る 」「 補 助 す る 」「 フ ォ ロ ー す る 」 そ し て 、 時 に は 「 叱 咤 激 励 」 する。失敗したときは、振り返って失敗理由を探したり、慰め合ったり、協力しあったり などなど、このようなシーンの積み重ねが職場を活性化し、職場全体がレベルアップして いく原動力になることでしょう。まずは、同僚を認め信頼しあうことから始めましょう。 最 後 に 、子 ど も た ち は 、大 人 に 成 長 す る と き 、人 生 に つ い て 次 の 根 本 的 な 疑 問 に 対 し て 、 解答を求める必要があります。 ①私は何なのか:自己の確立 ②私は何故生きているのか:人生の意義 ③私は何をなすべきか:人生の目的 そして、子どもたちの大人への成長に関わっていくのが、私たちワーカーです。子ども たちは、日々大人に向かって成長しています。一日たりとも無駄にはできないわけです。 「 共 育 」、 私 た ち も 子 ど も た ち と 共 に 、 自 己 の 確 立 、 人 生 の 意 義 、 人 生 の 目 的 に つ い て 解 答を求めていき、互いに成長していきましょう。

主観は危険

「主観」は、危険性を秘めている点が挙げられます。 例えば、男の子同士で喧嘩をしている。ある人は、暴力はいけないとの主観が強く、喧 嘩を否定的に捉える。ある人は、男の子だから喧嘩の一つや二つ経験した方がよいと考え る。ある人は、互いの主張を認め、子ども同士で解決できるよう導いていく働きかけを行 う。つまり、喧嘩を肯定的に捉える。ある人は、喧嘩両成敗で、肯定も否定も表さない。 などなど、対応者の主観的な考え方によって、同じ事象でも違った対応になってしまいま す。それはそれで悪くないのですが、子どもたちに対して、複数の職員が対応していく児

- 24 -


童養護の現場では、支援の一貫性が失われていく危険性が秘められているのです。特に被 虐待児、AD/HD、LD、様々な要因による情緒不安、てんかん児、触法行為を繰り返 すお子さんなどなどは、自立支援方針の一貫性が求められるわけです。大人の対応がちぐ はぐでは、子供たちが混乱してしまいます。 また、記録に関しては、決して「主観」を入れてはいけません。記録は、客観的事実を 記載していくのが本筋です。 これも一例ですが、例えば、子どもが触法行為により家庭裁判所で判決を下されるよう な立場になったとき、場合によっては、調査官よりケース記録の提出を求められることも あります。もし、記録者がその子に対して否定的な感情を持っていて、その主観が記録に 表現されていたとします。それが、裁判官の心証に影響したとしたら、記録者の主観が子 どもの人生に大きく関わる結果になってしまうわけです。ここにも「主観」の危険性が秘 められています。 「主観」の危険性は、至る所に転がっています。だからこそ、担当者一人で背負うので はなく、職員がチームとして機能していくことが大切です。例えば、以前、私が職員のリ ーダーを務めていた頃、ケース会議に保育士・児童指導員・心理療法士、そして、調理員 も出席してもらいました。それは、保育士は、保育士の視点で子どもを捉え、心理療法士 は、心理療法士の視点で子どもを捉えます。これらは、職種ごとの主観と言えます。ここ に食育を担っている調理員や栄養士の視点を入れることによって、生活支援・心理支援・ 食育支援、そして、施設長の運営的視点が複合的に絡み合い、ディスカッションにおける 内 容 の 幅 が 広 が り 、様 々 な ア イ デ ア の 中 か ら 、方 向 性 を 導 き 出 し て い く こ と が で き ま し た 。 勿論、年に数回は、児童相談所のケースワーカーや学校教師や医師にも出席をお願いいた しました。 主観とは、個人だけを指すものではなく、職種ごとの主観も指します。そこで、必要な こ と は 、客 観 性 で す 。前 述 の 会 議 の よ う に 、複 数 の 職 種 で 話 し 合 う と 、そ れ ぞ れ の 職 種 が 、 他 職 種 を 客 観 的 に 捉 え る こ と が 出 来 ま す 。「 あ ぁ 、 そ ん な 考 え 方 も あ る ん だ な 」「 で も 、 一寸待って、それは、違うんじゃない」などなど、各々が各々の意見を検討します。そこ に客観性の発展が生じればベストです。そして、チームワークへと結びつき、更に「悪影 響を子供に与える」ような内容があった場合、自浄作用が働けば、超ベストになります。 私が現場で働いている時は、常に自分を客観的に捉える視点を持つことと、初心を振り 返ることを、肝に銘じていました。自分を客観的に捉えると、必ず、対応の後に振り返り

- 25 -


をします。時には、満足し、時には、反省し、時には自重します。そんな時、私が、仮に 間違った対応をしてしまった時は、子どもにも、保育士にも、謝るべき時は、素直に謝る と言うことを心がけていました。 児童養護施設にいること自体が、劣等感であり、大人への不信感でありそれがあること により、児童養護施設で生きている自分自身を否定的に捉えてしまい、時には自暴自棄に 陥るなど、勿論、子供たち全員が、そのような心持ちであると言うことでは、ありません が、しかし、確かに上述した心持ちの子供たちもいて、それらに対して、担当者は少なく とも他の職員よりもは、共感することができるのも事実です。 大切な事は、子どもたちの幸せは勿論のこと、職員がやりがいを持って子供たちへの支 援 が で き る 職 場 作 り と な り ま す 。「 福 祉 」と は 、子 ど も た ち 、そ の 保 護 者 、関 わ る 支 援 者 、 みんなが幸せを感じること。そのために何を成すべきかと言うことになります。

児童養護施設で働くあなたは、子どもたちと共に生きています。自分の青春の時間を子 どもたちへの対応に捧げている人もいることでしょう。自分の人生を豊かにすることも子 育てにとって大切なことです。自分を犠牲にすることは本末転倒になりますが、それでも 福祉従事者の中には聖人のような働きをされている方がいらっしゃることもまぎれもない 事実です。

ガイドラインの策定

私たちは、専門家あるいは、プロフェッショナルであり、そこには、多大な責任が生じ ていることは、言うまでもない事実です。専門家とは、一般的に有名なのは、医師・弁護 士・教師・税理士等々ですが、それらの職種の方々は、クライアントのプライバシーに対 して、守秘義務を厳守しており、只、クライアントへも情報開示を一部行わない場合があ り、それが、社会的に非難を受けている部分があるのも周知の通りであす。そのようなこ とを考慮し、私たちは、クライアント(家族)に対して、慎重に情報開示を行い、それ以 外の場所に情報を流すことは、絶対避けなければいけません。 しかし、私たちは、日々の支援の中で、時には、行き詰まり悩み苦しみ、そんな時、ス ーパーバイズを求めたいと感じます。例えば、緘黙や学習障害等、症状に対する対応アド

- 26 -


バイスであれば、特にケース内容を持ち出す必要性はありませんが、不登校や被虐待等は 家庭や地域環境等の背景説明が必要であり、そうなるとケース内容が漏れてしまい、結果 的には、守秘義務に抵触することになります。 従って、前者の場合は恩師等の出身校関係者にスーパーバイズを求めても差し障りがな い と 考 え ら れ ま す が 、後 者 の 場 合 は 嘱 託 医 に ス ー パ ー バ イ ズ を 受 け る の が 本 筋 で す 。ま た 、 気をつけなければいけないことは、一般的にスーパーバイズを受ける場合、そこに料金が 伴 う 場 合 も あ り ま す 。そ れ は 、自 己 育 成 の た め の 投 資 と し て 自 己 負 担 で 行 う と 思 い ま す が 、 その時、ケース内容を持ち出すことは、倫理的にいけないことであることは、見識のある あなたは、十分に承知していることでしょう。只、方法として、ケース内容について創作 部分を挿入することによって、クライアントが特定できず守秘義務に抵触しないこともあ ります。これは、裏技であり、各々の倫理観が問われることになりますので慎重さが求め られます。

児童養護施設で働くあなたへ、子どもたちを研究対象として扱わないこと。これは、と てもデリケートな事項です。あなたは、日々の支援の中で、時には、支援方法を試すこと もあります。数値評価することもあります。それらを学会や研究会で発表することもある でしょう。総論的に言えば、研究対象として扱っていると考えられる部分もあります。し か し 、こ こ で 表 現 し て い る「 研 究 対 象 と し て 扱 わ な い 」は 、支 援 者 の 気 持 ち の 問 題 で あ り 、 倫理観の問題であると考えられます。どの程度の内容までが守秘義務に抵触しないのか、 あなたの職場でガイドラインを策定することは、とても重要なことでしょう。

人生のキーポイント

児 童 福 祉 の 世 界 で は 、子 ど も た ち が い て 、そ の 前 に 福 祉 従 事 者 が 存 在 す る の が 基 本 で す 。 子 ど も の 行 動 的 な 特 性 を「 問 題 行 動 」と 捉 え る こ と は 、大 人 の 逃 避 で は な い で し ょ う か 。 子供たちは様々な環境要因、例えば、虐待、親の養育能力不足、劣悪な生活環境などな どから、時にはトラウマとなり、時には、性格行動として現れ、時には情緒不安になるな どの行動的な特性を表すのであって、障害(ハンディ)や疾病と違って、大人の側に課題 が生じているのが事実です。

- 27 -


「問題行動」と表現した場合は、如何にも子どもの側に非があるような印象を受けてし まいます。また、そのような表現をする人も、意識の中で子どもに非があると認識してい るとの印象を持ってしまいます。 ま ず 「 理 解 」 す る 。 そ し て 、「 共 感 」 す る 。 そ の 後 に 「 受 容 」 が 始 ま り ま す 。 子 ど も の 側に立った意識へと自分自身を導いていきましょう。それが、正しい表現へと導いていく 道標になります。 「問題行動」と言う表現は、医学界で用いる表現です。ただし、そこには、疾病や傷害 が伴うからです。もう少し追記すると、身体的ハンディや知的ハンディの福祉では、クラ イアントの行動的、情緒的な特性を「個性」として捉えています。 大切なことは、日常生活の中で表出する社会不適応をどう改善するかです。子どもの行 動を問題視するのではなくいかに適応状態へと導いていくかです。子供たちは、周囲の特 に保護者から問題視され続けて、結局は、養育困難へと繋がったタイプのケースも少なく ありません。そんな子どもたちが、児童養護施設に入所後も問題視されつづけられたら息 が詰まってしまいます。 私たちの究極の養育目標は、子供たちを社会人として送り出していくことです。子ども たちへの支援は、ライフサイクルの中の今、何を伝えていくのが最良かを常に検討してい きます。今、明らかな社会不適応言動が見られるのであれば、その原因、理由を探り、そ れは、ほとんど過去の出来事なので、修正することは根気のいる取り組みが必要になりま すが、一つ一つ、解決していく忍耐力が求められます。 私が「問題行動」と言う表現に嫌悪感を持つのは、まず、ひとくくりにされてしまうこ とです。子供たちは、様々な原因や理由の表現をしているのであって、それが時には稚拙 だったり、時には、発達段階の中で善悪の区別に関する部分を十分に習得していなかった 場合もあるし、基本的信頼関係の未習熟や様々なトラウマ表出もあることでしょう。それ よりも、子どもの側に立ったとき、自分が問題視されていると感じたとき、ものすごく嫌 な気持ちになることでしょう。現代社会は、何がノーマルなのかファジィな時代です。憲 法や法律違反、社会通念、道徳、倫理、これらに反することが「問題」ですか。すべて人 間が作り上げたもので完全ではないのです。 つまり「問題行動」と言う表現そのものが主観的であり、定義付けさえされていないフ ァジィな表現なのです。子どもたちに「君の行動は問題行動だよ!」と責任と自信を持っ て 言 え ま す か 。 少 な く と も 私 は 、 言 え ま せ ん 。 何 故 、「 問 題 行 動 」 と 表 現 で き る の か が 理

- 28 -


解 で き ま せ ん 。 問 題 視 す る の で は な く 、「 目 標 設 定 」 や 「 課 題 点 」 を 示 す こ と が 大 切 で し ょう。 私自身、たくさんの子どもたちを社会に送り出していますが、誰一人同じタイプ、キャ ラクターや家庭環境等の子どもはいませんでした。そこに固定観念は生じないのです。子 どもと出会うたびに新鮮な驚きを受けます。 し か し 、 普 遍 で あ る べ き だ ろ う 事 柄 も あ り ま す 。 そ れ は 、「 大 人 」 と 「 子 ど も 」 の 関 係 で す 。 例 え ば 「 子 ど も の 目 線 に な っ て 」「 子 ど も の 側 に 立 つ 」「 子 ど も の 気 持 ち に な っ て 」 等の言葉を勘違いしてしまい、職員が自分も「子ども」になって、子供たちと関わってし まうことがあります。それは、良いことでしょうか。 子供たちにとってライフサイクルとして捉えた場合、今、必要なこと、それは育まれる ことです。子育てを受けることです。学問や一般常識、人との関わり方、社会参加等々を 学 ぶ こ と も 挙 げ ら れ ま す 。 ま た 、「 生 き 方 」 を 共 に 考 え て い く こ と も あ り ま す 。 そ こ に 必 要なのは信じられる「大人」の存在なのです。大半の子供たちは「大人を信頼することの 喪失感」を多かれ少なかれ、措置という制度を受けたときに背負ってしまっている場合も あ り ま す 。ま ず 、適 切 な「 大 人 と 子 ど も 」の 関 係 を 再 構 築 し て い く こ と が 大 切 な こ と で す 。

児童養護施設で働くあなたへ、例えば、自暴自棄になり非行に走った少年が、ある大人 に出会い、あるいはスポーツに出会い、素直さを取り戻していくケースがあることも事実 です。そう言う意味では、あなたとの出会いは子供たちにとって人生のキーポイントとな ります。

子どもの数だけ

日 常 生 活 の 中 で は 、 様 々 な ト ラ ブ ル が 発 生 し ま す 。「 ~ ち ゃ ん が ○ ○ を 盗 っ た 」「 ~ く ん が タ バ コ を 吸 っ て い る 。」「 ~ さ ん が い な い 。 家 出 し た み た い 」 等 々 、 支 援 者 は 、 ケ ー スバイケースで対応していきます。しかし、支援者側が統一した対応をしないと、子ども たちが混乱することになり無秩序な状態になる危険性を秘めていることは、容易に予測で きます。 ま た 、 生 活 の 中 で は 、 子 ど も た ち か ら 「 罵 声 を 浴 び せ ら れ る 」「 唾 を 吐 き か け ら れ る 」

- 29 -


「 暴 力 で 訴 え て く る 」「 窓 の 外 に 向 か っ て 、 悪 言 、 虚 言 を 大 声 で 言 う 」「 何 度 注 意 し て も 同じ事を繰り返す」等々、支援者側に忍耐を強いる出来事が次から次へと降りかかってき ます。 更 に 、「 一 緒 に お 風 呂 に 入 る 」「 添 え 寝 を す る 」「 絵 本 を 読 ん で あ げ る 」「 失 尿 失 便 の 処 理」等々、スキンシップを行う際、支援者も人間なので生理的嫌悪感を持つ子どももいる でしょうし、それをどう克服していくかなどの課題点も立ちはだかる訳です。 そこで、次の点に気をつけながら各項目について検討を進めましょう。 ①入所児○○名の集団生活です。個人を大切にしながら更に集団の秩序を維持できるよう にするには、どうしたらよいのか。ルールを守る事と自己主張は対峙する場面があり、そ れをどう調整するのか。更に中高校生に対して校則と言う基準を支援者側は、どう捉えて いくのか。 ②基本的生活習慣が未達成の子どもが入所してきた場合、通常は、支援者に躾の姿勢が求 められてきますが、心理的アプローチと躾の相反する支援対応を、どう捉えていくのか。 ③子どもは、各々の環境の中で常識を身につけていますが、生活環境においては、その常 識が時には、社会的生活の不適応要因になっている場合もあります。子ども個々の常識を 許容するのか改善に向けての働きかけをしていくのかの基本姿勢が必要です。 ④ 子 ど も た ち に 対 し て 、ど の よ う な 働 き か け を し て い く の か 。心 理 療 法 の 目 的 は 何 な の か 。 基本理念を明確にしていくことが求められます。

統一した対応が求められる具体的な項目 ・髪の脱色等、髪の色。 ・マニキュア、口紅等、化粧に関して。 ・イヤリング、ネックレス、ブレスレット等、装着品。 ・携帯電話、PHS等の所持。 ・ラジカセ、ゲーム機、音楽CD等、貴重品。 ・おやつ以外の個人のお菓子、ジュースについて。 ・小遣いの管理について。 ・タバコ、ライター、シンナー、ガス、飲酒等への対応。 ・ナイフ、カッター、エアガン等、危険玩具への対応。

- 30 -


・自転車、三輪車は、個人で持ってくるの? ・公衆電話の使用方法。 ・外出の時間、範囲等はどうするか。 ・物の貸し借り、物をあげた、貰った等のやりとり。 ・男女交際について。 ・個人の生活行動ペースをどこまで許容するのか。 ・テレビの見せ方。 ・休前日の就寝時間、休日の起床時間。 ・ 朝 シ ャ ン ( 朝 の 洗 髪 )、 朝 シ ャ ワ ー を 許 容 す る の か 。 * 光 熱 水 費 と の 駆 け 引 き 。 ・その他、具体的な検討事項を導き出し一貫性のある支援を導き出してください。

児童養護施設で働くあなたへ、子どもたちとのつきあい方について、マニュアルはあり ません。マニュアルを作成することは、不可能でしょう。何故なら、子どもたちの中で同 一 個 性 を 持 っ て い る 人 は い な い た め 、子 ど も の 数 だ け 対 応 方 法 が 存 在 す る こ と に な り ま す 。 だから、日常生活の中で常に対応策を検討していく姿勢が求められます。時には、瞬間 的に白か黒か明確にしなければいけない場面に遭遇することもあります。そんな時、慌て なくて良いように普段から職員がチームとして、対応策の検討を重ねておくことが大切で す。

様々な方法

「今の子どもは、昔の子どもと違うな。すぐ、諦めてしまうし、短気だし、それでいて 理 屈 っ ぽ い 。 時 に は 、 理 解 に 苦 し む 言 動 が あ る し 、 対 応 す る の が 難 し い な 。」 このような発言をよく耳にするようになった昨今。児童養護施設においても上述したタ イプの子どもたちの中から「対応困難」と言わざるを得ない子どもたちが措置され入所し ています。 では、今の子どもと昔の子どもの違いは、何でしょう。 「すぐ、諦めてしまうし、短気だし」 これは、自己指南性が十分に育っていないことを如実に表しています。簡単に言うと、

- 31 -


我慢する経験が少なく、充足感を必要以上に味わい、我が儘を受け入れて貰う事が優先さ れ 、我 慢 す る こ と を 学 ん で い な い 子 ど も た ち が 増 え て き た 表 れ で す 。我 慢 で き な く な る と 、 極端に表情が変化し、時には、ヒステリックになり、時には物や人に当たる、時には、寡 黙 に な る 等 、様 々 な 反 応 を 示 し ま す 。こ れ を 子 ど も た ち 流 の 言 葉 に 置 き 換 え る と「 き れ た 」 と言う表現になりますが、大人たちは、この「きれた」子どもたちに振り回されているの が現状です。 さ て 、こ の 我 慢 す る 力 が 十 分 に 育 ま れ ず 大 人 に な り 親 に な っ た ら ど う な る の で し ょ う か 。 「きれた」状態になった時、最初にその捌け口となるのは、子どもたちでは、ないでしょ うか。それが虐待に繋がるだろう危惧は、現在、現実となりつつあります。昔の子どもた ちは、大人や年上の命令や指示は勿論のこと、食べ物、おもちゃ、学習用品等々、日々、 我慢することの連続でした。諦めも肝心ですが、努力して得ようとするチャレンジスピリ ッツも育っていました。 「理屈っぽい」 しかし、その理屈には、理路整然とした筋道がなく、時には、理不尽な主張を、それが 絶対正しいかの如く、まくし立てる姿も見られます。マスコミや書籍、雑誌等、情報が氾 濫し、選別されることなく子どもたちの目や耳に洪水の如く侵入してきます。子どもたち は、その情報のすべてを理解することは、困難であるため、特に目立ったあるいは、自分 の好む一部の情報を聞きかじり、それが、子どもたち流の理屈の一部となっているのは、 容易に想像できます。また、省略言葉の氾濫も、子どもたちの文章力、論理力に少なから ず 影 響 し て い る よ う に も 感 じ ま す 。「 別 に 」「 関 係 な い 」「 バ カ じ ゃ ん 」 等 々 、 会 話 し よ う としても情け容赦なく子どもたちから話を折ってしまう場面は、大人なら誰もが経験して いることでしょう。 昔の子どもたちは、どうでしょう。まず、大人や年上の言うことは絶対的権威がありま した。話はもとより、時には、説教を直立不動か姿勢良く座って聞くことが当然であり、 大人は、理解しているかどうか必ず復習を求め子どもは、それに答えるよう努めました。 このような経験は、理解する力を育て更に、大人としての話の組み立て方や難しい単語ま でも学習する機会にもなっていました。その上、返事の仕方や言葉遣い、その場に適した 答え方までも学ぶことになりました。また、情報は選別され「大人の話だから子どもは、 向 こ う で 遊 ん で い な さ い 。」 と 子 ど も の 耳 に 入 れ な い 配 慮 も さ れ て い ま し た 。 現 在 と 違 っ て子どもたちに入る情報は少なくても、生活や成長に必要な情報が、子どもたちに与えら

- 32 -


れていました。 子 ど も た ち は 、 明 ら か に 変 化 し て い ま す 。 現 在 で は 、「 昔 の 子 ど も は 、 ~ だ っ た 。」 と 言う台詞は、死語に近いと言えますが、児童福祉施設の主人公は、子どもたちであり、そ の子どもたちが変化したならば、児童福祉施設も変化しなければ、ニーズに応じられなく なってしまいます。現実は、その場面に直面していると言えます。児童福祉を支える大人 た ち が 柔 軟 性 を 持 つ 事 が 必 要 で あ り 、そ う し な け れ ば 、子 ど も た ち の 変 化 に つ い て い け ず 、 すべての支援が後手に回ると言う、悪循環を引き起こすことになります。 児童福祉の世界では、21世紀に向けて時代のニーズにあった変革が、求められていま す。

児 童 養 護 施 設 で 働 く あ な た へ 、 あ な た も 以 前 、「 き れ た 」 と 言 う 状 態 を 経 験 し た こ と が あ り ま せ ん か 。そ の 時 、ど の よ う に し て 解 決 し ま し た か 。自 己 修 復 し ま し た か 。そ れ と も 、 身近な大人や友人に諭されましたか。書籍やドキュメンタリー番組や討論会等の視聴で教 訓を得ましたか。人は、様々な方法で困難を乗り越えていきます。 あなたの経験も困難を乗り越えるための情報の一つとして活用できます。可能な限り情 報を集め、子どもたちに提供していきましょう。

真実はそこにある

虐待のタイプで最も認識されやすいのは、身体的虐待です。痣や傷、子どものしぐさ、 例えば、大人が手を頭の所へ挙げると、子どもが思わず避けようとするしぐさが代表的で す。その他、大人が大きな声で話しかけると極端に萎縮してしまうこともあります。この ように身体的虐待は、目に見える形で傷跡を表しており、虐待の事実を認識しやすい状況 といえます。 しかし、躾における、いわゆる愛情からくる矯正との境界が判別しにくく、特に保護者 の中では、虐待と認識せず躾だと思って体罰を行っているパターンも見受けられます。ま た、最近のマスコミ発表では、虐待により子どもを死に至らしめた保護者で飲酒をしてい るパターンが多いと報道されていることから、酔って自制心のない状態で暴力を振るうこ とが虐待に繋がることもあります。

- 33 -


精 神 的 虐 待 は 、日 常 生 活 の ち ょ っ と し た 言 動 に 因 る も の に 、執 拗 さ が 加 わ っ た パ タ ー ン 、 子どもの人格を否定する言動等々が挙げられますが、人は、気持ちが高揚してくると暴力 に訴えたり、無視したりのパターンに陥りやすく、それで他虐待タイプと複合する確率が 高いため、措置理由としては、認識されにくくても児童養護施設での生活の中で明らかに なっていくのです。 他のタイプと明らかに異質の結果が現れたのは、ネグレクトです。児童養護施設への措 置理由として多く見られるのが家庭養育困難のためであり、具体的には、保護者の離婚や 経済的破綻、親としての自覚が育っていない、保護者の行方不明等々であり、���のような 環境の中でネグレクトを受けた可能性が高いだろう事は容易に推測できます。 しかし、気をつけなければいけないことは、それぞれの家庭には、その家庭なりの常識 が存在していて、これは、他人が理解できるものではない。例えば、Aと言う子どもの話 を聞いて、B職員は、ネグレクトを受けていると認識、しかし、C職員は、そんなこと、 どこにでもある話だと聞き流してしまう。このような判断の違いは、大いにあり得るパタ ーンであります。児童養護施設においては、子どもと接している時間が長く日常生活のち ょっとした子どもの言動を捉えているため、ネグレクトの発見率が高かったと予想できま す。 性的虐待は、表面に出てくることが少ないのが現状です。勿論、性的虐待が極めて異常 なケースであり、その存在は少なくあってほしいと望んでいますが、現実に存在が確認さ れているのは事実です。性的虐待を受けた場合、そのトラウマは、計り知れず、心の奥底 にしまい込んでしまおうとする心理状態に落ち込みやすく、被虐待児は秘匿してしまう傾 向にあります。 被虐待児は、ほとんどの場合トラウマを負っていることが多く、人格形成のプロセスの 中に影響を与えています。特に5~6歳までの時期に虐待を受けている場合、超自我とし て、その子どもの人生に終生つきまとうことになり、被虐待児は、常に重い十字架を背負 っていることになります。そう言う観点から見ると、情緒不安傾向の子どもより被虐待児 の方が対応が難しいと考えざるを得ません。

児童養護施設で働くあなたへ、虐待という事実は、被虐待児の主観によるものであり他 人の尺度では推し量れません。しかも、年齢による理解力の違いや表現力の違い、トラウ マの強度等もあり事実を正確に把握することは困難です。しかし、あなたが虐待を受けた

- 34 -


子どもたちとのつきあいの中で感じたこと、真実は、そこにあると、考えられます。

施設内虐待の防止

結 論 は 、「 人 」 で す 。 虐 待 は 、 人 に よ っ て 行 わ れ ま す 。 施設内虐待の場合(精神的身体的暴力) 1.職員が子どもに対して行う場合 絶対あってはいけませんが、職員も完璧な人間ではありませんので感情的な対応をして しまい、それが習慣化してしまう場合など 2.子ども同士の場合 いじめや大きい子が小さい子に性的いたずら、言動に対しての恐怖感など 3.子どもが職員に対して行う場合 職員自身が子どもによって精神的に追い込まれるなど 職員や子供たちへの人権教育や労働条件の整備、第三者機関の介入など、このようなこ とは、当たり前に整備しなければいけない事柄であって、見えない部分で行われる虐待に ついては、防ぎようがありません。ですから対策が必要です。 ①職員採用システムを整備する。まず、真実に子どもたちを愛せる職員を採用することが 重要です。人事採用は、大概は、施設長によって行われますが、例えば採用試験に主任以 上の職員に関わって貰うなど、複数の人物評価によって採用判断する方がよろしいでしょ う。 ②職員間のチームワーク構築。チームワークが構築されていれば、例え、施設内で虐待が 行われても自浄作用が働くことでしょうし、互いのフォロー機能が働き、虐待に至る感情 面の起伏が軽減されることでしょう。最も危惧することは、職員同士が不信感でぶつかり 合っている場合です。 ③管理職の監督責任の明確化。職員あるいは、子どもたちから通報を受けた場合に適切に 対応する能力が問われます。 ④要望解決第三者委員の積極的活用。一応、形は、整っているが結局は、第三者委員が施 設に具体的に関わっていないのであれば、意味を成しません。積極的に活動していただけ るよう、施設側が活動条件をオープンにする必要があります。

- 35 -


⑤ 人 材 育 成 。「 雇 用 し ま し た 。 後 は 、 自 分 で 成 長 し な さ い 。」 は 、 無 責 任 で す 。 職 場 と し て、責任を持って、子どもたちにとって有益な職員の育成を担うべきでしょう。 と言うことで、結局は「人」なのです。 子育てをしたことのない独身者がほとんどの職員構成、これは、何の言い訳にもなりま せん。要は、職員自身が、適切な常識を有し、大人としての自覚をもち、適切に精神コン トロールができ、専門知識を臨機応変応用できれば、施設内虐待のほとんどを防ぐことが できることでしょう。しかし、最も大切なことは、子供たちを本当に愛せるかと言うこと です。

児童養護施設で働くあなたへ、極論は、愛せないのであれば、施設職員にならないでく ださいと言うことになります。また、就職当時は愛せていても初心を忘れてしまい、愛せ なくなっている自分を発見した時、それが、修正できないのであれば、潔く退く勇気も必 要でしょう。児童福祉施設で最も優先されることは、子どもたちの精神的身体的幸せなの です。 さて、児童養護施設内で子どもも大人も誰一人傷つくことなく生活すること。これが、 最大の理想です。 ①施設に措置されている現実そのものが大人からの裏切りである。 ②家庭環境によっては、疎外感を味わっていた場合もある。 ③甘え方が分からない。 ④我慢することができない、あるいは我慢しないと生きてこられなかった。 ⑤ADHD、LD、自閉傾向等々のハンディを持ち合わせている。 ⑥その他たくさん 要 は 、様 々 な タ イ プ の 子 ど も た ち と 共 に 生 活 し て い る 中 で 、で き る こ と な ら「 裏 切 り 感 」 「 疎 外 感 」「 嫉 妬 感 」 等 を 極 力 避 け て い き た い と 言 う 思 い が 生 じ て く る こ と で し ょ う 。

暴力とは

日 本 の 社 会 に お い て 公 に 定 義 さ れ て い る 「 暴 力 」 と し て は 、「 日 本 国 憲 法 、 第 3 章

民の権利及び義務」に反する行為が、それに当たると思います。そして、そこから派生す

- 36 -


る各種法律によって、公に具体的に定義されているわけです。 と言うのが一般的な回答です。私としては、物理的・精神的に対象を傷つける行為が暴 力と思います。対象とは、人は、勿論のこと、動植物や物質全般が含まれ、勿論、自傷行 為も暴力の事象の一つと捉えています。しかし、子どもたちに、小難しい話をしても理解 や 解 釈 の 相 違 で 誤 解 曲 解 を 招 き が ち で す の で 、「 人 が 人 を 傷 つ け な い 」「 自 分 が さ れ て 嫌 なことは他人にしない」と言うことを常に伝えています。勿論、物を大切にすることや動 植物を大切にすることも日常生活の中で伝えるよう心がけています。 「 暴 力 」 と は 、「 言 葉 」 あ る い は 「 表 現 」 と 表 し た 方 が 適 切 で し ょ う か ? し か し 、 人 間 の行動や心の中をすべて表現することは困難でしょう。ましてや、意識や自我、超自我な ど深層心理の領域を表現することは、更に困難でしょう。だから学問として「哲学」が存 在するのではないでしょうか?「何故、人を殺してはいけないのか?」この問いかけに対 して、様々な人々が回答を表現していますが、絶対的納得を得られないのが、現実なので す。つまり、数学や物理のように「定義づけ」できない。これこそが人間の営みなのでは な い で し ょ う か 。そ れ を 無 理 矢 理 定 義 づ け よ う と し て い る の が「 倫 理 観 」で し ょ う 。私 は 、 職員育成の中で職員たちに伝えていたことの一つに「感覚を身につけましょう」と言うの があります。子どもたちと生活をする中で「言葉」では「表現」できない事象が次から次 へと舞い込んできます。その時、必要なことは「研ぎ澄まされた感覚」なのです。このよ うに書くと、とても難しく感じますが、要は、自然体で子どもたちと接することが重要な の で す 。「 暴 力 」 と 比 例 す る 言 葉 と し て 「 善 悪 の 区 別 」 も 挙 げ ら れ ま す し 、「 何 が 善 く て 何が悪いのか」これについても、きっと絶対的納得を得られる回答は、なかなか得られな い こ と で し ょ う 。そ れ で も 、私 は 、い つ も「 美 し き こ と 善 き こ と 」を 求 め て 生 き て い ま す 。 人 間 の 営 み は 「 摩 訶 不 思 議 」、 だ か ら 人 生 は 面 白 い の で は な い で し ょ う か 。

児童養護施設で働くあなたへ、数学や物理の定義は、唯一の答えを導き出す早道になり ますが、人間の営みの一つ一つを定義付けると言うことになると、そこには絶対的な答え は な く 、 只 、 統 計 学 的 な 「 定 義 」 が 導 き 出 さ れ る だ け で は な い で し ょ う か 。「 こ れ は 暴 力 だ 」 と 「 表 現 す る 人 が 多 い 」 か ら 「 そ れ は 暴 力 な ん だ 」、 正 に 集 団 心 理 の 構 図 そ の も の で す 。「 定 義 」 そ こ に は 危 険 性 が 隠 さ れ て い る こ と も 十 分 認 識 し ま し ょ う 。

- 37 -


10

情報開示と提供

1 .「 利 用 者 」 の 定 義 児 童 養 護 施 設 に 於 い て「 利 用 者 」と は 、誰 を 指 す の か 。施 設 入 所 を 選 択 ・ 決 定 す る の は 、 保護者であり実質的な「利用者」となりますが、実際の入所者は、児童です。現行の措置 制度では、行政庁(措置権者)と保護者が協議の上、施設入所が決定され、行政庁主導の もと児童養護施設に児童が措置されています。そのため、入所に当たって児童は、第三者 的立場にあり、 「入所したくて入所したのではない」 「施設だから叱られる」 「ここは嫌だ。 出たい」等、現状について否定的考え方に陥る児童が目立つ。勿論、そのような児童ばか りではありませんが、サービスを提供している児童養護施設と、そのサービスを受けてい る入所児童との間に精神的隔たりが生じやすいのは事実です。その隔たりを少しでも埋め ていく努力として、私たちは、児童に対して情報開示と情報提供に努めています。只、児 童に対する情報開示は、年齢に応じた情報操作が必要であり、また、実質的には、生活に 関する情報が大半です。 従 っ て 、 利 用 者 ( 保 護 者 )・ 入 所 児 童 と の 二 つ の 観 点 か ら 記 述 し 、 入 所 希 望 者 に つ い て は、保護者、児童のペアとして捉えていきます。 2.入所児童の場合 入所児童に対しての情報開示と情報提供は、前述したとおり児童の個性に応じた配慮を 前提として行われます。また、QOL(生活の質)を高めるための支援を心がけながら日 々、職員と児童は向き合って生活します。 Q O L ( 生 活 の 質 ) は 、「 生 命 の 質 」「 人 格 の 質 」「 人 生 の 質 」「 生 活 の 質 」「 魂 の 質 」 と 大 き く 5 つ の 項 目 に 分 け ら れ ま す 。「 生 活 の 質 」 に つ い て は 、 更 に 「 人 間 関 係 の 質 」「 空 間 の 質 」「 時 間 の 質 」「 社 会 保 障 の 質 」 と 4 つ の 項 目 が 含 ま れ て い ま す 。 生命の質 児童一人一人の生命を尊重した支援ですが、防災訓練、交通ルールの学習等を通じ生命 を守ることの大切さ、植物を育てる、動物を育てる中で共存することの大切さ、生命を傷 つけてはいけないとの倫理観を普段の生活の中で機会を捉えて伝えていきます。 人格の質 プライバシーの尊重等、個人として尊重された生活を保障していますが、集団生活の中

- 38 -


では、プライバシー的空間があやふやになりやすく、特に上級学年になると不満が生じや すく、職員は、物理的・精神的に可能な限り配慮します。また、人権教育が学校教育の中 で行われており、時には、食事時等の会話の中に織り交ぜたりします。児童の権利と義務 についても機会があるたびに伝え、その他、人格形成上、必要と思われる体験等を推奨し ま す 。( 行 事 ・ ク ラ ブ 活 動 ・ ア ル バ イ ト 等 ) 人生の質 児童の現在をライフサイクルの中で捉え、今、求められる支援を模索しながら行ってい ます。各グループの代表児童が集まって開催される代表者会議を通じ園生活を有意義に過 ごせるよう話合いを行う、学校の長期休み前後に全児童が集まって児童会を開催し休み中 の過ごし方や新学期に向けての目標等を話し合う機会。人生を楽しむための体験として、 各 種 行 事 参 加( 地 域 行 事 ・ 園 行 事 ・ 学 校 行 事 ・ 招 待 行 事 他 )へ の 参 加 を 推 奨 し ま す 。ま た 、 幼児期・少年期に行われる躾も人生の質に関わってくると考えられます。進路問題が浮上 してくると、その情報とそれに伴う個別学習を実施したり、卒園前には、役所等届出の実 際を体験したりしながら自分で将来設計できるよう支援し、そのために必要な経験ができ るよう配慮します。 生活の質 生活とは、様々な人との関わりの中で成立しています。それは、離れて生活している家 族であり、園の職員や仲間の子どもたち、地域や学校の人々等であり、常に誰かと関わっ ています。これら人間関係を温かく保持していく力を育んでいけるよう、まず職員が人と しての生き方、人との関わり方を普段の生活の中で見本として示し、児童が人間関係で躓 いたときは、その都度アドバイスします。その他、スポーツ練習やボランティアとの関わ り、買物、友人の家に遊びに行く等、人間関係に幅ができるよう支援します。家庭生活体 験事業等を積極的に活用していることも補足しておきましょう。 生活する空間を清潔に保つことは、大切であり基本的生活習慣の確立を取り組む中で伝 えていきます。自分たちの生活している空間を知ることも必要であり、創立記念日に、園 の成り立ち等の話をしたり等もあるでしょう。また、学校や地域社会等を総称すると社会 と言うことになりますが、社会生活に必要な情報を臨機応変伝えていくことによって、生 活空間を活用していけるよう支援します。 有意義に生活していくために、どのように生活時間を配分した方がよいのか、余暇の時 間に楽しんで熱中できる何かがあるか等、時間の使い方は大切であり、児童との関わりの

- 39 -


中でアドバイスをします。職員の配慮の一つとして、各種行事等のプリント配布又は掲示 をし、いつ・どこで・何があるとの情報を確実に児童に提供するようにします。 憲法第二十五条における社会保障は、生活の質の基本として存在し、職員は、常に念頭 に置き日々の支援を行っていきます。 ここまでで、記述できなかったその他の支援として、通院終了後、病状等を児童に説明 する、経済観念(お金の使い方・物の取扱い)を育てる・水道光熱費の内訳を公表・修理 メンテナンスを児童の目前で行い方法等を教える等々があります。 魂の質 生きる目的、人間の存在理由、魂の根源について児童が各自の個性に応じて何かを掴み 取ってほしいと日々願っています。 3.入所希望者の場合 児童養護施設の存在を知らない人々が多く、知っていても「かわいそうな子どもや悪い こ と を し た 子 ど も が 入 所 し て い る 」「 規 律 が 厳 し い 」「 不 自 由 な 生 活 を 強 い ら れ て い る 」 等々、誤解がある場合があります。そこで、まず、児童養護施設の啓発が必要であり、地 域の方へ建物・グランド等を解放し利用していただく取り組み。また、関係機関等へ園の パンフレット・紹介ビデオ・園便り等を配布、見学希望者も積極的に受け入れます。 入所希望者は、児童相談所での相談内容によって児童養護施設への入所が適当であると されると、措置への手続が始まりますが、現行の制度では、ほとんどの場合、措置決定前 後に児童相談所を通じて入所希望者が見学に来られる場合が多い。そこでは、パンフレッ トの配布や園の概略説明、敷地内の見学が行われます。そして、入所時にオリエンテーシ ョンを行います。確かに、園としての情報開示は行われていますが、それ以上に保護者か ら入所児童に関する情報を提供していただく場合の方が多く、保護者の中では、利用する という意識より、預かって貰うと言う意識の方が先行してしまうケースが目立ちます。 4.利用者(保護者)の場合 我が子が「どのような生活をし、どのようなサービスを受けているのか」保護者から情 報を求めてくるケースは、少ないのが現実です。また、情報開示・情報提供の機会が、面 会時・帰省時に来園された時、あるいは、電話でのやりとり、反社会的・非社会的行動不 適応が生じた時と少なく、今後、措置から契約へと変換していく上での大きな課題点とな っています。 5.今後に向けての課題

- 40 -


利用者(保護者)への情報開示と情報提供が明らかに不足しているのが現状です。特に 施設運営に関することやサービスの内容と報告が挙げられますが、これは、例えば、現在 発行している園便りを活用できます。現在は、保護者への配布は行っていませんが、内容 としては、児童の生活の様子や福祉の最新情報等織り込まれており、個人や団体の支援者 も紹介しています。 今 後 は 、更 に 事 業 計 画 書 ・ 事 業 報 告 書 ・ 経 営 状 況 等 を 情 報 と し て 加 え て い き 、利 用 者( 保 護者)へも配布していくことが望まれます。可能であれば、教育実習生・ボランティアの 方々の協力を得て、園のサービス状況に関するアンケートに客観的視点で記入していただ き、その結果を真摯に受け止め、その集計結果を公表していく勇気も必要でしょう。 情 報 は 、 開 示 す れ ば 良 い と 言 う こ と で は あ り ま せ ん 。「 見 な い ・ 聞 か な い 」 人 に は 、 伝 わらないし活用されないからです。情報は、積極的に提供していく必要があります。特に 児童養護施設を利用する保護者は「子どもを預けている」との罪悪感を抱く場合があり、 児童養護施設や児童相談所に対して受動的になりやすい。園便りは勿論、機会を捉えて配 布プリントを提供する、保護者会や保護者を交えての行事を計画していくことも検討して いく必要があります。 入 所 希 望 者 に 対 し て は 、 体 験 入 所 の 受 け 入 れ 態 勢 づ く り を 検 討 し て い く 。「 百 聞 は 一 見 にしかず」体験していただくことが一番の情報提供です。そのことを通して、入所児童も 施設選択に加わることができると言うメリットも生まれます。また、情報の開示と提供に 漏れがないように、内容をマニュアル化しておくことも重要です。 その他、不特定多数への情報開示として、ホームページの開設も挙げられます。インタ ーネットを通して情報を発信していく、勿論、それを開いてくれる人がいなければ意味が ないように感じられますが、大切なことは、サービス情報を自信を持って発信していくと 言う姿勢なのです。 ◇おわりに 今後は、措置から契約の時代へと変わっていきますが、その中で児童養護施設は、意識 の改革が求められます。例えば、知的障害者福祉においては、訓練から援助、援助から支 援、支援からサービスへと意識の変換が行われ、精神薄弱者から知的障害者、授産施設か ら社会就労センターへと用語問題もクローズアップされてきました。しかし、児童養護の 世界では、どうしても養育という意識が先行してしまう傾向が見られます。養育からサー ビスへ、このギャップは大きくクリアしていかなければいけない課題は山積していると言

- 41 -


えます。研修会や研究会、あるいは、講演会のテーマとして取り上げ、より多くの関係者 が今後に向けて検討、討論していくことが望まれます。その中で必ず、情報開示や情報提 供の課題点が明確になってくることでしょう。

児童養護施設で働くあなたへ、あなたの職場は閉鎖的ではありませんか。子どもたちに 対しても、職員に対しても、保護者や地域に対しても、ガラス張りの運営を行っているで しょうか。また、運営者は、職員のあなたに情報開示を行っているのに、あなた自身が耳 で聞いても記憶しない、あるいは、文書が配布されても読んでいない。書類整理を怠って いるので、その文書が所在不明になり、再読することはない。と言う状態に陥っていませ んか。 子どもたちへの支援を高めていくためには、情報を得て、その情報を発展させていくこ とが大切です。

11

与えつづける愛

現代の児童養護施設では、血縁関係が0の児童は確かに減少傾向にあります。しかし、 保 護 者 の 行 方 不 明 、虐 待 家 庭 分 離 等 で 、血 縁 関 係 が あ っ て も 関 わ り が な い に 等 し い 児 童 は 、 存在します。そのような、特殊な環境を除くとほとんどの場合、家族とのコンタクトは成 立しています。ただし、そのコンタクトの量的質的状況は、家族の愛の持ち方で左右され ているのが現実です。時には、子どもの財産管理が絡み、愛ではなく財産が目的で関わり を継続している例も数少ない事例として挙げられることでしょう。 家庭復帰のための措置解除も勿論あります。施設運営としては、児童が措置解除される と運営費に大きく響くので大変ですが、家庭復帰可能な児童は、積極的にその旨、児童相 談所に報告します。何故なら、子どもは、社会の基本である家庭で育つのが一番だと思っ ているからです。 行方不明だった実親が突然、所在が明らかになることがあります。それは、ほとんどの 場 合 は 、親 自 ら が 姿 を 現 す の で す が 、時 に は 、追 跡 調 査 に よ っ て 判 明 す る こ と も あ り ま す 。 ま ず 、親 に 子 ど も と 会 う 気 持 ち が あ る か ど う か 意 思 確 認 を し 、そ の 次 ぎ に 、子 ど も 本 人 に 、 会う気持ちがあるかどうかの意思確認をします。双方の意志が合致したとき、面会の段取

- 42 -


りへと進めます。このような事例も児童養護施設の現場では、希ではありますが、あるこ とも事実です。 児童養護施設から社会に出て行く子どもたちは、不利な状況にあります。まず、保護者 の庇護がないため、社員寮のある会社を選択しなければいけないので就職戦線においての 選択肢が狭まってしまいます。社会で起きる様々な困難に対して、一人で乗り切っていか なければなりません。そのような現実的な話を高校生にあえてします。それは、社会に旅 立ったとき、自分の人生を自ら切り開いてほしいとの期待があるからです。劣等感や喪失 感などの(ー)要因を(+)思考へと転換するきっかけを施設職員は、提供する必要があ るのです。 制 度 が 未 成 熟 だ か ら 、子 ど も た ち は 、不 幸 な 目 に あ っ て い る の で は と の 短 絡 的 な 見 方 は 、 非常に危険です。子どもたちは、今、そこに生きているのです。要は、その子供たちを育 んでいる環境に、子供たちを愛している大人たちがどれだけいて、どれだけ愛を与えてい るかに架かっています。

児童養護施設で働くあなたへ、子どもたちにとって一番必要なことは「愛」です。大人 たちがどれだけ子どもたちを愛し、愛を注げるかが大切なのです。その事を通して、子ど もたちは大人たちを信じることができ、心や情緒の安定へと繋がっていくのです。 支援者の意識の持ち方として、英語のラブからギリシャ語のアガペーへと昇華できれば 最 高 で す 。 ち な み に ア ガ ペ ー と は 、「 無 条 件 の 無 私 の 愛 」「 与 え つ づ け る 愛 」「 見 返 り を 求 めない愛」などと解釈できると思います。これは、仏教で言う「慈愛」と共通するものが あります。自分の意志や思いを発言する力を育むことは、とても大切なことです。受動的 ではなく能動的に自分の立場や生き方を構築していくことが求められます。それが、可能 となるようチャンスを与えていくことが大人たちの役割でしょう。

12

幼児との信頼関係

乳 児 院 か ら の 措 置 変 更 で 児 童 養 護 施 設 に 入 所 し た 児 童 は 、愛 着 の 持 っ て 行 き 場 に 混 乱 し 、 様々な行動パターンを表すことが多く、それは、大人との信頼関係や新しい場面への耐性 が、まだ未成熟であるが故の混乱です。

- 43 -


そのため、先輩保育士の皆さんは、入所してから暫くの間、長いときには何ヶ月も自分 と の 信 頼 関 係 構 築 の 為 に 、休 み の 日 も 一 緒 に 過 ご す 等 の 取 り 組 み を 行 っ て 来 ら れ て い ま す 。 ここには、就業時間を超えた、愛情或いは児童福祉への意欲・責任感・使命感等が裏打ち されていることでしょう。 さ て 、 子 ど も た ち の 柔 軟 性 は 、 大 人 の 予 測 を 遙 か に 超 え て い ま す 。「 つ い こ の 間 ま で 大 人から離れないようにしていたのに、今では目を離すと何をしでかしているか分からない わ 。」 と 、 い つ の 間 に か 、 興 味 ・ 冒 険 心 等 が 芽 生 え て き て い る 子 ど も た ち の 姿 に 遭 遇 し ま す 。ま た 、信 頼 関 係 も 担 当 保 育 士 以 外 の 保 育 士 や 年 長 の 子 ど も た ち へ と 拡 が っ て い き ま す 。 その様な子どもたちの成長による変化予測を考慮に入れながら、児童支援計画を立て、 目標に向かって段階的に子育て支援を進めていくことが大切です。 子どもの情況に振り回されるのではなく、如何に子どもたちがよりよい成長を遂げられ るかを念頭に置き、時には、大人がコントロールし、時には、子どもの自由表現を認めな がら子育てを進めていきましょう。 子どもは、何故泣くのか?簡単です。不快だから泣くのです。その「不快」の原因を共 感し、時には取り除き、時には耐えさせるなど、臨機応変の対応が求められます。 気 を つ け な け れ ば い け な い の は 、「 泣 い て い る 」 → 「 大 変 だ 、 ど う し ま し ょ う 」 → 「 と に か く 、 泣 き や ん で 欲 し い 」 → 「 泣 い て い る か ら 他 の こ と は 何 も 出 来 な い 」、 こ の 様 な パ ターンに陥らないようにすることでしょう。 例 え ば 、「 ト イ レ 以 外 で お し っ こ を す る 」 と 言 う 事 象 に 対 し て は 、 善 悪 の 区 別 を 教 育 す るために「叱る」事は、必要です。ただし、それで終わっては、専門性がありません。ま ず、おしっこをする原因を探ります。その原因が、 ①精神的な疾患なのか? ②自閉的傾向のこだわりなのか? ③甘えの表現なのか? ① の 場 合 は 、勿 論 、医 師 の 診 断 が 必 要 に な り ま す の で 、診 療 を 受 け る 段 取 り を と り ま す 。 ②の場合は、自閉症の専門書は、たくさんありますので、専門書を幾つか調べ、対応策 を導き出していきます。そして、取り組みを行い、それでも改善が見込めない場合は、心 療内科等への診療を試みます。 ③の場合は、職員がチームとして、対応策を構築していきます。担当者だけでは、解決 できない場合がほとんどだからです。基本的信頼関係が未成熟の場合、甘えの表現が偏っ

- 44 -


てしまう場合が多々あり、基本的信頼関係の修復をどのような形で行っていくのか、ディ スカッションしていくことが専門家として求められます。ディスカッションでは、ブレー ンストーミング、KJ法、福祉QC的手法等を用いれば良いでしょう。 チームとしての対応とは、例えば、叱る人とフォローする人(担当者がベスト)の役割 分担を行う事等が挙げられます。 ま ず は 、「 今 、 あ な た を ( 危 険 か ら ) 守 っ て い る の は 、 私 な の よ 」 と 子 ど も に 分 か っ て もらう働きかけが大切です。また、周囲の子どもたちの理解と協力も大切な要素の一つで す。相乗効果によって児童養護施設全体が「甘え表出状態」になると、生活が落ち着かな く な り ま す の で 、「 新 し い 子 は 、 と て も 不 安 な の よ 。 だ か ら 暫 く は 、 例 え ば 1 ヶ 月 位 は 、 みんなで新しい子を優しく見守っていきましょうね。この子が園の生活に慣れるまでは、 私 は 、 み ん な よ り 多 く 関 わ る と 思 う け れ ど 、 ち ょ っ と だ け 我 慢 し て ね 。」 な ど 、 一 緒 に 生 活をしているみんなが家族の一員として、新しい家族を迎え入れる優しい気持ちを引き出 せるよう語りかけることも重要でしょうね。

児童養護施設で働くあなたへ、子どもたちが示す、殆どの正しくない行動は、愛された いとか、安定感が欲しいと思う、子どもの欲求からくるのです。その結果、子どもは傷つ き、怒り、不安定になるのですが、よい保育士は、この間違った行動をした子どもに対し ても、正しい愛情と安定感を与えなければいけません。子どもは自分の間違った行動にも 関わらず、愛されているいう確信が欲しいのです。それから保育士は、その時、子どもを 傷つけ、怒らせ、不安にさせた原因を見いだす必要があります。もし、最終的に罰を与え るとしても、子どもを理解した上で与え、更に子どもにも納得させることによって初めて 与えるべきです。このように、よい躾によって子どもは育てられ一人の人間として成長す るのです。

13

ノーマライゼーション

各家庭は、それぞれの常識の中で日々の生活を営んでいます。児童養護施設には、その ような様々な家庭で育ってきた子どもたちがいます。つまり、たくさんの常識が交錯する 世界なのです。そこには、ある程度、共通した常識が必要になってきます。それがルール

- 45 -


の形成となり秩序を生むのですが、必要以上のルールは、束縛に繋がります。 つまり、バランスが求められるわけです。そのバランスの先には、子どもたちがいかに ノーマルに成長を遂げていくことができるかになります。 例 え ば 、「 高 校 生 ○ ○ 君 が 友 人 の 家 に 週 末 泊 ま り に 行 き た い と 言 っ て い ま す が 、 ど う 対 応したら良いですか?」との同僚職員からの問い合わせがあったとします。さて、あなた は、どう回答しますか。 ①そのような事例がないから、許可したらダメだよ。 ②友人の家でタバコを吸ったり、飲酒したりすることが予想できるからダメだよ。 ③何か事故があった時、園として責任がとれないからダメだよ。 な ど 、「 ダ メ だ よ 」 論 法 を 振 り か ざ し ま す か 。 そ れ が ノ ー マ ル な 対 応 と 思 い ま す か 。 き っ と違うでしょうね。 ①何時、どの友人のお宅に泊まりに行くの。 ②何時、帰宅する予定なの。 ③相手のお宅の方に「宜しくお願いします」と電話するから、連絡先を教えて。 ④高校生としての自覚を持って、未成年者がやってはいけないことはやらないでね。信じ ているわよ。 このような対応は、どうでしょう。高校生の友人関係では、友人宅に集うことも、それ 程 、 特 別 な 状 況 で は な い で し ょ う 。「 ダ メ だ よ 」 で は な く 、 そ の 希 望 を 叶 え る た め に は 、 このようなやりとりが、大人と子どもの間で必要なのよと方法を伝えることがよりノーマ ルではないでしょうか。 「施設だからできない、許されない」を一つ一つ無くしていく大人側の気持ちの切替え が求められています。 家庭において、拒食や不眠で悩んでいる家族がいたとき、どうするでしょう。ほとんど の場合、専門家、つまり心療科等のクリニックに相談に行くことでしょう。児童養護施設 は、いかに家庭に近づけていくかが大切なのです。それが、ノーマライゼーション的な考 え方でしょう。 と こ ろ が 、「 心 療 科 」「 精 神 科 」 等 の 単 語 を 聞 く と 拒 否 反 応 を 示 す 家 庭 や 児 童 養 護 施 設 があること、これもまた、現実です。そのような場合は、児童相談所に相談することがで きます。児童相談所には、常駐で心理療法士がいますし、精神科医も非常勤でおられる筈 です。特に心理療法士の場合は、児童一人一人に担当者がおりますので、お問い合わせを

- 46 -


すると良いでしょう。

児 童 養 護 施 設 で 働 く あ な た へ 、「 関 係 機 関 と の 連 携 」 と 言 う の が あ り ま す が 、 児 童 相 談 所 ( 福 祉 )、 学 校 ( 教 育 ) と の 連 携 は 勿 論 の こ と 、 病 院 ( 医 療 ) と の 連 携 も 大 切 で す 。 まず、児相との連携では、ケースワーカーを中心に連絡調整を行いますが、児童担当者 は、児相の担当者を把握しており、何かあったら必ず連絡をし、時には、ケース検討会を 児相にて持つこともあります。また、3か月毎に自立支援まとめを提出していきます。 学校との連携では、小学校とは月1回、中学校とは学期に1回の懇談会を定例化してい くことが大切です。勿論、担当者を中心に常に学校教師との連絡調整を怠らないようにし ましょう。医療との連携では、児相の機能活用は勿論のこと、クリニック等を利用してい るケースもあります。分からないことは、素直に専門家に助言を求める姿勢を大切にしま しょう。ただし、医療機関を利用する場合、保護者又は、それに代わる立場の方がいるご 家庭には、ご説明し、ご理解を得るようにしておくことが必要です。

14

手間を惜しまない

働く職員が替わると言うことは、時には、大きな変化をもたらすことがあります。 ベ テ ラ ン の 栄 養 士 が い ま し た 。こ の 栄 養 士 の こ だ わ り は 、手 作 り の 料 理 で あ る こ と で す 。 冷凍食品は、一切使用せずに、調理員に調理を頼んでいました。手間がかかりますので調 理員も大変ですが、栄養士の人柄に敬意を持っていましたので、時間に追われながらも、 手抜き無しの調理を毎日行っていました。 食器は、少しずつ、陶磁器へと変えていくなどの工夫を重ね、家庭的な料理を提供する 努力を怠ることはありませんでした。 そ の 栄 養 士 が 定 年 を 迎 え 、職 員 が 替 わ る こ と に な り ま す 。そ れ が 、男 性 の 栄 養 士 で し た 。 元一流ホテルレストランのシェフです。この方は、料理人として頑張っていましたが、福 祉の世界で利用者の方に美味しい料理を食べていただきたいと言う夢を抱き、それを実現 するために栄養士の学校に行き、卒業しました。明らかに収入は、激減しますが、自分の 夢を求め福祉の世界にやってきました。 栄養士は、女性との先入観があり、全職員が戸惑いました。調理員が、それ以上に戸惑

- 47 -


ったのは、冷凍食品が入荷してきた時でした。それは、正に信じられない出来事で、その 冷凍職員を調理する自分たちに嫌悪感すら覚えたことでしょう。最初の頃は、調理員が情 報を発し、全職員に伝わり、不満の嵐が吹き荒れました。 栄養士は、勿論、そのことを感じ取っています。どちらかと言うと、それは、想定内の 反応だったのです。 栄養士が提示する調理は、以前の手作り料理時代より、時間を要するメニューでした。 冷凍食品を使用しているのに、何故、時間がかかるのか、それは、冷凍食品に必ず、一手 間も二手間も掛けるからです。見栄え、香り、味、食べやすさの要素を常に最適なものへ と導いていく天才でした。勿論、冷凍食品だけで全ての献立が構成されるわけではありま せん。手作り料理も数多く、採用しています。そのことを通して、メニューの幅が格段に 拡大し、利用者も職員も様々な料理を楽しむことができるようになりました。誕生日の人 には、好きなメニューを聞いて、それを献立に取り入れたり、プレート皿を導入して、時 には、ランチと言う表現が似合う料理を提供するなど、様々な工夫がなされました。調理 員は、最初は、冷凍食品に対する反発、次に料理の手間がかかることに対して反発、それ を乗り越えて、栄養士と調理員の奏でるハーモニーに調和が生まれました。 栄養士のポリシーは、とにかく、たくさんの美味しい料理を経験して欲しい、その中か ら自分の好みの料理や嫌いな料理を感じ取って欲しいでした。また、食事を楽しい時間に して欲しいと言う願いがこもっていました。栄養士は、食事の時間、必ず、食べている利 用 者 の 席 を ま わ り 、 話 し か け て い ま し た 。「 美 味 し い 」 と 言 わ れ る と に っ こ り し 、「 不 味 い 」 と 言 わ れ る と 、「 へ ぇ 、 ど れ が 美 味 し く な い の で す か 」 と 情 報 収 集 で す 。 美 味 し い 料 理を食べていただき、笑顔に繋がって欲しい、そのことを達成するための手間は、惜しま ない、そんな栄養士でした。

児童養護施設で働くあなたへ、あなたは、自分の仕事に対して信念を持っていますか、 そして、その信念を達成するために工夫をしていますか、努力をしていますか、その姿勢 が大切なのです。例え、最初は、拒否や否定をされても、一貫した姿勢を示していけば、 必ず、子どもたちや同僚職員の理解を得られると信じています。

- 48 -


15

時間と空間の解放

児童養護施設で働く職員は、給与(報酬)だけが、全てではありません。また、上司や 同僚から良い評価を受けることが全てではありません。児童養護施設で働く職員にとって の、最も素晴らしく価値のある報酬は、子どもたちがあなたを信頼し、あなたを愛し、あ なたに感謝の気持ちを抱いてくれることです。そして、それは、生半可な気持ちで、子ど もたちと接していても得られるものではありません。それを得るためには、子どもたちと 真剣に向き合うことが大切です。真剣に向き合うためには、時間や空間に縛られず、子ど もたちの想いを、どこまで受け止めるかに掛かっています。では、時間や空間に縛られる とは、どの様なことでしょう。 時間は、子どもたちと共に過ごす時間に他なりません。一週間を時間に換算すると16 8時間ですが、労基法厳守の場合、一週間40時間だけしか、子どもたちと接する時間は ありません。つまり、率で換算すると一週間の23%だけが、子どもたちとあなたに与え られた時間になります。時間に縛られるとは、その23%に縛られると言うことです。そ の23%の中には、子どもたちが学校や幼稚園に行っている時間も含まれますので、正確 には、もっと率が下がります。あなたは、23%の時間に縛られて、子どもたちからの信 頼を得ることが出来るでしょうか。この23%を一年で換算すると365日中84日分に なります。落ち着いて、子どもたちの側に立って、子どもたちの視線に合わせて考えてみ ましょう。一年間の内、たった84日分だけ関わってくれる大人に対して、どれだけの親 近感が湧くでしょう。どれだけの信頼感を抱くことが出来るでしょう。非常に難しく困難 な 課 題 で す 。「 君 の こ と を い つ も 考 え て い る よ 。 君 を 心 配 し て い る ん だ 。」 と 言 う 台 詞 に 、 どれだけの真実みを子どもたちに与えることが出来るでしょう。子どもたちと真剣に向き 合うためには、或いは、子どもたちと時間を共有するためには、時間に縛られている自分 を 解 放 す る 勇 気 が 必 要 で す 。そ こ に は 、給 与 や 他 人 か ら の 評 価 は 、何 の 意 味 も な し ま せ ん 。 ただ、あなたと子どもたちの関係だけが全てになるのです。 空間は、あなたの居場所です。子どもたちと共に過ごす空間が、あなたの最大の居場所 なのか、プライベートな空間が最大の居場所なのか。あなたのライフサイクルの今、どち らの空間が、優先的に占められているのかが問われます。子どもたちは、敏感です。自分 と共に過ごす空間が、2番目の場所なんだと察すれば、それだけで、あなたに対する親近

- 49 -


感は、脆くも崩れていくでしょう。子どもたちは、愛情に対して、或いは、自分への注目 度に対して貪欲に欲してきます。その子どもたちの気持ちに、どこまで応えることが出来 るのかが、あなたに求められています。 時間や空間に縛られていたら、子どもたちの心の扉にノックすることは出来るかも知れ ませんが、ドアは閉じたままかも知れません。心の扉を子ども自らが開けるためには、あ なたが時間や空間に縛られずに、心から子どもたちの気持ちに共感する姿勢が必要です。 「あぁ、この人の前だったら自分を開放できる」と、子どもたちが、あなたに対して思っ たとき、それは、何にも代え難い、あなたへの報酬になります。 さ て 、こ こ ま で の 文 章 を 、空 想 的 な 理 想 論 と 捉 え る か 、そ の 通 り だ よ ね と 共 感 す る か で 、 あなたの児童養護施設職員としての立ち位置が決まってきます。子どもたちとあなたとの 関係は、他人が、その筋道を導いてくれる内容ではありません。あなた自身が、子どもた ちと、どの様に向き合うかが全てです。つまり、時間と空間に縛られる自分を選ぶのか、 時間と空間から解放された自分を選ぶのか、あなた自身が葛藤の末、決定しなければいけ ません。 児童養護施設で働くと言うことは、人格と人格のふれあいが中心であって、企業で言う 利益は、子どもたちとの信頼関係に他なりません。その信頼関係があって初めて、子ども た ち を 自 立 へ と 導 い て い け ま す 。最 大 の 目 標 は 、子 ど も た ち が 社 会 に 自 立 し て い っ た と き 、 生き生きと、人生をエンジョイしてくれることです。その目標に向けて、あなたは、あな たの青春の時間を、どれだけ提供することが出来ますか。 人生は、たった一度だけ、時間は、情け容赦なく過ぎていき、年齢を重ねていきます。 あなたが紡いでいく歴史の中に、子どもたちと共に生きる瞬間が、深く刻まれていくこと を願���ています。

16

共に生きるの精神

みなさんは、子どもたちと「共に生きている」と常に実感していますか? ①それは、どんな時、実感しますか。 ②実感するために、何か工夫をしていますか。 ③「 共 に 生 き る こ と 」は 良 い こ と で す か 。そ れ と も 、き つ い 仕 事 と 言 う イ メ ー ジ が 先 行 し 、

- 50 -


それどころではないですか。 「共に生きる」とは、どんなことですか? ①衣食住を共にする。 ②労働を共にし、一緒に汗を流す。 ③喜怒哀楽を共感し合う。 ④子どもたちの親の代替者として、本気で関わる。 「共に生きる」とは、子どもたちと一緒に生活をして、子どもたちに与える経験を一緒 に乗り越え、喜怒哀楽を分かち合い、疑似家族を形成していくことではないでしょうか。 その中で、職員は、ある時は、母親や父親であり、ある時は、姉であり兄である。ある時 は、良き指導者であり教官であることが望まれます。 「共に生きる」の精神は、現代でも生かしていけますか? ①労働基準法で労働者としての権利が守られている。 ②週40時間、一日8時間の勤務。 ③子どもたちのタイプが多様すぎて、その対応がストレスになってしまう。 ④日常業務だけでも大変なのに行事等があると業務負担となり、仕事に対して義務感が募 る。 ⑤ 子 ど も 同 士 の ト ラ ブ ル 等 に 対 し て 、「 子 ど も が 悪 い 」 と 思 っ て し ま い 、 自 分 の 支 援 方 法 について振り返る余裕がない。 ⑥ 子 ど も と 一 緒 に 「 こ れ か ら 、 こ う し よ う 、 こ う あ り た い ね 。」 等 の 未 来 に 向 け て の 目 標 作りをする余裕がない。 ⑦休みの日は、子どもたちとの関わりは勘弁してと思ってしまう。 ⑧ 朝 、「 あ あ 、 今 日 も 仕 事 が は じ ま る 。」 と 悲 観 的 に な っ て し ま う 。 ⑨子どもが悪いこと等のトラブルを起こしたとき、担当者ではなく、その時の勤務職員が 対応する。 ⑩ 疑 似 家 族 、「 勘 弁 し て よ 」 仕 事 だ か ら や っ て い る の よ 。「 ど う せ 、 子 ど も た ち は 、 私 の こ と を 心 か ら 信 頼 し て く れ な い し 、 私 も 母 や 父 の 代 わ り な ん て 務 ま ら な い わ 。」 と 考 え て しまう。 ⑪ 「 職 員 は 、 子 ど も た ち に と っ て 大 人 の 見 本 に な り な さ い 。」 → 「 こ れ も 勘 弁 し て よ 、 自 分はそんな器ではない」と思ってしまう。

- 51 -


日 本 の 社 会 福 祉 事 業 は 、「 奉 仕 の 心 」 に 支 え ら れ 発 展 し て き ま し た 。 先 達 者 た ち は 、 自 分の生活や青春を犠牲にして、尤も当時は、犠牲と考えず使命と考えてやっていました。 しかし、それは、現代において、よほど、使命感のある人でないと同じようには出来ない でしょう。当時と現代では、ハングリー度や危機感が大きく違うことも要因の一つと捉え られます。

17

子どもの行動特性

「もしも」を考えてみましょう。 ①「もしも」基本的信頼関係の基礎を得る乳児期に「産みたくて産んだんじゃない」と母 親が思っていたら。ネグレクトや身体的虐待を行っていたら。 ②「もしも」基本的生活習慣の基礎作りである幼児期前期に、ネグレクトや身体的虐待を 行っていたら。特にこの時期は、社会性の基盤作りの時期でもあります。また、衛生観念 も育まれます。 ③「もしも」善悪の区別を学ぶ基礎になる幼児期後期に、ネグレクトや身体的虐待を行っ ていたら。特にこの時期は、論理性などの基盤作りの時期でもあります。また、自己指南 性も育まれます。 さて、自分の担当児童の生育歴を復習してみてください。発達段階で阻害された時期が 見あたりますか? もし、発達阻害を発見した場合、どのような養育方針を立てますか? 今、担当児童で幼児を持っていた場合、発達段階に応じた支援方針を立てていますか? この様なことを、一つ一つチェックしていくことが、私たちの専門性です。

18

後輩の育成

子どもたちへの対応についても、偏った視点で判断していては、子どもにとっても良く ありませんし、職員間のチームワークも崩れてしまいます。一つの事象があれば、様々な 角度の視点を集約し、考察し、最善の方法を導き出していく作業が必要です。勿論、どん な判断を下しても、相手は、人格を持った人間ですから、その後の影響は予測できません

- 52 -


ので、場合によっては失敗すると言うリスクを背負っていることになります。 私たちの子育てが一般家庭と異なることの一つに半永久的な子育てと言うことが挙げら れます。一般的な子育てでは、子どもたちは、一つ一つ年齢を重ねていきますが、児童養 護施設に於いては、例えば、10歳の子どもの子育てが終わっても、また、10歳の子ど もが措置されてくることは、良くあることです。 そ こ で 、職 員 が 長 く 働 い て い る か ど う か で 中 堅 以 上 の 職 員 の 存 在 が 重 要 に な っ て き ま す 。 子育て技術の連鎖が確実に若い職員に伝わっていけば、児童養護施設の子育て能力はアッ プしていくことでしょう。 ところが、ご承知の通り、同じ施設に3年後訪問したら半数以上の職員が変わっていた な ど の 現 象 は 、現 代 で も 多 い も の で す 。ま た 、職 員 が 後 輩 を 育 成 す る と の 意 識 が な け れ ば 、 子育て能力はアップするどころかダウンしてしまいます。 つまり、職員が長く働ける職場作りと言うことも、大切な視点なのです。子どもたちが 児童養護施設から旅立ち、3~4年後に里帰りで帰ってきたけれど自分を担当してくれた 職員は辞職していないのであれば、子どもにとっては寂しいものです。あるいは帰りづら くなるものです。結局、一番の犠牲者は、子どもたちになります。 間違いを見つけることは比較的簡単ですが、正しいことを選択することは、非常にデリ ケートで難しいものです。だからこそ、決して偏った判断をしてはいけないのです。

19

職員の精神的ケア

児童養護施設に於いても「心理療法事業」の申請がスタートし、現在、心理療法士を配 置している児童養護施設も少なくありません。つまり、昨今は、子どもたちへの心理的ケ アとして専門のセラピストが関わっていることは事実です。 しかし、セラピーと言うものはスパンの長い取り組みであってセラピーを受けたから劇 的に子どもの状況が変化すると言ったことはありません。大切なことは、セラピストと児 童担当者が少なくとも月1回は面談することです。その中で見えてきた事柄を実践の中で 生かすことによって初めて、子どもたちの利益に繋がっていきます。 ところで、現在求められていることの一つとして、職員の精神的ケアが挙げられます。 職員が「平静さを保つ」ことは、よっぽどの精神力が備わっていないと困難だからです。

- 53 -


職員も普通の人間ですから、喜怒哀楽は勿論のこと時には、落ち込んだり、ヒステリック になったり、調子に乗ったりなど、様々な情態が見え隠れします。そのような職員の精神 的ケアを担う存在が現場では求められています。 理想の労働環境について、条件を整えること、これは、労働基準法で定められています ので、当然やらなければいけないことです。

20

自立のための準備

中学3年生や高校生には、社会自立について、現実的な話をしていきます。では、具体 的にどのような話をするのか。私が子どもたちに伝えてきたことを参考までに記します。

中学卒業学歴の不利 現代社会において、高校への進学率は、90%を超えており、10人の内、9名は、高 校に行っています。また、大学進学率も50%近くになり、高校生の約半数は、短大や大 学に進学しています。更に専門学校に行っている人もたくさんいます。 大卒者や専門学校卒、高卒者でさえも、就職は、大変なことで、その中で、目標に向か って頑張った人が、自分の思い描いた職業に就くことができます。そんな中、中卒者は、 就職の幅が狭められ、フリーター(アルバイト)で生きていくしか方法がない人もたくさ んいます。フリーターは、大半が低賃金であり、貧しい生活になりがちです。 さて、あなたは、中卒を選びますか?中卒を選んだ場合、本当に、一人で生きていくこ と が で き ま す か ? 大 人 は 、「 高 校 に 行 き な さ い 」 と 勧 め ま す が 、 そ れ は 、 あ な た の こ と を 心配しているからです。児童養護施設をでたら、大人は、あなたを手助けすることはほと んどできないでしょう。だからこそ、あと3年間、あなたを見守り、自立できるよう、手 助けをしたいのです。 しかし、高校進学は、結局は、あなたが決めることです。十分に考え、悩み、自分の目 標 を 設 定 し 、「 進 学 し ま せ ん 」「 進 学 し ま す 」 を は っ き り と 決 め る こ と が 大 切 で す 。 そ し て、一度、決めたら、高校卒業まで児童養護施設で頑張るとの固い意志を持つ必要があり ます。と言うのは、児童養護施設での生活と、自分の周囲の友人たちの生活には、大きな 違いがあり、友人たちの生活を羨ましく思ったり、自分の生活がとても不幸に思えたりな

- 54 -


どする場合もあるからです。 ま た 、 大 人 に 注 意 さ れ る と 、「 児 童 養 護 施 設 に い な か っ た ら 、 注 意 さ れ な い の に 」 と 勘 違いしたりします。考えてみてください。注意もしてくれない、叱ってもくれない、一緒 に笑ったり、泣いたりもしてくれない。そんな大人たちで良いのですか。自分にとって、 悪い時もあれば、良い時もあります。それが、生きている証しです。

高校生として 高 校 生 は 、社 会 に 自 立 し て い く た め の 準 備 の 期 間 で も あ り ま す 。児 童 養 護 施 設 の 中 で も 、 今までのように子ども扱いされることは、少なくなることでしょう。つまり、大人と子ど もの中間の存在として、認められるわけです。学校生活は、学校でのルールを守り、卒業 できるように、最低限の勉強は必要です。これは、当たり前のことですね。 児 童 養 護 施 設 の 中 で は 、あ な た が 望 も う と 望 む ま い と 、リ ー ダ ー 的 役 割 が 回 っ て き ま す 。 小さい子どもたちの面倒を見たり、大人のお手伝いを求められたりなどなどがあります。 大切なことは、何をすれば、他人が喜ぶかを学ぶことです。それは、社会に出たとき、他 の人に嫌われる存在ではなく、好かれる存在となり、楽しい人生を切り開くことに繋がる ことでしょう。

あなたの生活は支えられている 現実は、あなたの生活は、多くの人たちに支えられて成り立っています。児童養護施設 に入ってくるお金は、すべて、措置費(税金)や寄附金です。つまり、たくさんの人たち から集めているお金や、心優しい人からのお金によって成り立っています。 だ か ら と い っ て 、「 常 に 感 謝 し て い な さ い 」 と は 、 言 い ま せ ん 。 あ な た に 望 む こ と は 、 自立し社会に旅立って社会人として幸せな生活を送ってほしいと言うことです。 そのために、あなたが児童養護施設で生活している間は、あなたにとって嫌なことを言 ったりすることもあるでしょう。それは、あなたが悪いときもあり、大人が悪いときもあ る で し ょ う 。そ ん な と き は 、と こ と ん 話 し 合 い ま し ょ う 。そ し て 、解 決 し て い き ま し ょ う 。

児童養護施設で働くあなたへ、高校生になると人格形成のターニングポイントに入りま す。この時代に培われた人格あるいは人間性は、子どもたちの人生に大きく影響します。 放任するのが養育ではありません。例え、反抗期でも、とことん子どもたちに関わること

- 55 -


が必要です。その瞬間は、あなたは、子どもたちから毛嫌いされるかも知れません。それ でも、子どもたちにあなたの真意が伝わっていたら、きっと、いつかは、理解してくれる ことでしょう。

21

実習生の受入

児童養護施設で実習生を受け入れる場合、最低限、以下のことを実習オリエンテーショ ンで伝えます。 1.実習の心構えについて ・実習に当たっては、実習目的意識を明確に持ちましょう。また、チャレンジ精神と問題 意識、計画性と自主性を持って臨んでください。 ・「 学 生 」 意 識 を 持 た な い こ と 。 つ ま り 、 学 校 生 活 と は 異 な る 児 童 養 護 施 設 の 生 活 に あ っ た行動意識を心がけましょう。 ・職員は、児童の人格を尊重し、パーソナルケアの充実に努めています。児童福祉施設の 実習生として「福祉」について理解を深め、児童と触れ合うようにしてください。 2.注意事項 ・「 あ い さ つ 」 は 、 丁 寧 に 大 き な 声 で し ま す 。( 次 の 挨 拶 言 葉 が 言 え る よ う に ) 「 お は よ う ご ざ い ま す 」「 あ り が と う ご ざ い ま し た 」「 失 礼 し ま す 」「 す み ま せ ん 」 ・遅刻は、認められません。指示された時間より早めに集合するようにしてください。 ・服装は、刺激的な物は避け、施設の雰囲気に適した服を着てください。また、爪の長さ も気を遣ってください。 ・化粧は適度に、長髪は、清潔な印象を心がけてください。 ・所持品の管理は、自己の責任で行ってください。貴重品等は、所持するか書記又は職員 に預けるようにしてください。 ・ 言 葉 づ か い に つ い て は 、相 手 の 人 格 を 軽 視 す る よ う な こ と の な い よ う な 配 慮 が 必 要 で す 。 ・実習期間中、児童との個別連絡や休日の約束は、職員に報告の上、対応してください。 また、プライベート情報(住所や電話番号)は、極力伝えないようにしてください。 ・児童との物品等の貸し借り、貸与、金品の授受は、禁止���ています。 ・当施設内は、原則として禁酒禁煙です。ただし、喫煙に関しては、所定の喫煙所を利用

- 56 -


してください。 3.用意するもの ・実習生として、ふさわしい服装。 *行事等で職員の指示がある場合は、指示にあった服装を持ってきてください。 ・室内履き(上履き又はサンダル)を持ってきてください。 ・食費実費を実習終了時、書記に精算してください。 ・宿直体験の時は、着替えや洗面用具も必要になります。 ・実習記録・ノート・筆記具等を持ってきます。 ・正装に近い服を一着用意してください。 *急な外出行事や授業参観、式典等がある場合もあります。 4.実習記録 ・実習記録は、担当職員に負担がかからないように、次の配慮が必要です。 ①記録の提出は、当日記録し提出します。 ②誤字、当て字がないよう辞書を用意しておきます。 ③ペン又は、ボールペンを使用してください。 ④必ず質問事項を入れてください。担当者のコメントの足がかりになります。 ・記録上の注意 ① 児 童 名 な ど 固 有 名 詞 は 、 使 用 し な い で く だ さ い 。( イ ニ シ ャ ル 等 に 替 え る ) ②児童の目の届くところに実習記録を放置しないようにしてください。 ③読みやすい丁寧な字で記録してください。

児童養護施設で働くあなたへ、実習生の中には、次世代福祉従事者の金の卵が存在しま す。それは、あなたの受け入れ方、あるいは、指導方針によって、その金の卵が殻を破る かどうかがかかっていると言っても過言ではないでしょう。実習生の質問等には、丁寧に 対応する姿勢を持ちましょう。それは、あなたにとって、普段の業務の復習にも繋がって いきます。

- 57 -


22

ボランティアの力

ボランティアを東洋的に表現すると「自願奉仕」と言うことになるでしょう。自ら願っ て奉仕する。更に付け加えると、自分の能力を無償で提供すると言うことになります。 社会福祉施設がボランティアの方を受け入れるのに次の三大要因が挙げられます。 ①子どもたちの対人関係拡大のため。 ②社会福祉の啓発のため。 ③社会福祉従事者の発掘と育成のため。 児童養護施設の子どもたちは、比較的社会性が乏しく、極めて行動範囲の狭いパターン が見られます。そんな中、職員でも家族でもない、いつもと違う人が関わる中で、新しい ふれあいや、新しい情報を子どもたちは、享受することができます。 社会福祉、特に児童福祉施設は、社会的な認知度が低く、その認知度を高めていくこと は、社会福祉施設の義務でもあります。また、啓発を進めていく中で、この仕事をやりた いとの人材を発掘できるパターンもあり、そのような方の育成のお手伝いも、役割の一つ と捉えています。 ボランティア活動を有意義にしていくために、次のことに関してご注意ください。 ①所持品の管理は、自己の責任で行ってください。 ②言葉づかいについては、相手の人格を軽視することのないようご配慮ください。 ③子どもとの個別連絡や休日の約束については、実行する前に職員に助言を求めるように お願いします。 ④ ご 自 分 の プ ラ イ ベ ー ト 情 報( 住 所 ・ 電 話 番 号 等 )は 、極 力 伝 え な い よ う に し て く だ さ い 。 ⑤子どもとの物品等の貸し借り、貸与、金品の授受は、控えてください。 ⑥喫煙に関しては、所定の喫煙所をご利用ください。 ⑦活動日に関しての打合せを担当者と行うようにしてください。 ⑧ボランティア活動中知り得た、子どものプライバシー情報に関しましては、決して、外 部 に 漏 ら さ な い よ う ご 協 力 を お 願 い い た し ま す 。( 専 門 用 語 で は 、 守 秘 義 務 の 厳 守 と 表 現 し ま す 。) 要望としては、細く長く、つまり定期性を持って活動していただくことを望みます。皆 様方の趣味や特技、知識、技能などなどの能力を是非、子どもたちに存分に提供してくだ

- 58 -


さい。皆様、お一人お一人の力が福祉の向上に繋がり、結果、子どもたちの利益に繋がっ ていきます。 さて、昔々の「ボランティア」は「奉仕の精神」と言う精神的な部分を重視していたと 思 い ま す が 、 阪 神 大 震 災 以 降 は 、「 自 分 の 能 力 を 提 供 し よ う 」 と の 方 向 へ 移 行 し て き て い るような印象を受けるのは私だけでしょうか。阪神大震災時、若者たちが阪神地区に駆け つけ、自分のできることを探し、兎にも角にも体を動かしていました。その若者たちの姿 を 見 て 感 じ た の が 、「 奉 仕 」 で は な く 「 自 分 の 力 を 使 お う 」 と の 純 粋 な 想 い で し た 。 N P O 団 体 に つ い て も 、活 動 の 初 め か ら 順 風 満 帆 に ス タ ー ト す る わ け で は な い で し ょ う 。 たくさんたくさん啓発活動を行って、少しずつ認められていっているのです。 自分のポリシーは、自分の存在の証しです。そのことを自己覚知できれば、自ずと自分 の歩むべき道が導きだせます。 児童虐待やDVなど負の状況が社会の課題として浮き彫りになってきている昨今、制度 的 に も 少 し ず つ 進 化 を し て い ま す が 、制 度 は 社 会 の 動 き に な か な か 追 い つ か な い も の で す 。 そこで、即戦力として課題に向かえるのは「ボランティア」ではないでしょうか。次第に 混沌化していく日本社会、それを正常化に向けていくのは、他ならぬ「ボランティア」の 純粋な力です。 「井の中の蛙大海を知らず」のことわざ通りにならないように見聞を広めることは、と ても大切な姿勢です。それが視点の柔軟性や対応の応用力へと繋がっていきます。 是非、様々な経験を、どんどんチャレンジしていってください。また、素直に疑問を持 つこと。これも大切なことです。疑問を持ってこそ解決していこうとの方向性が出てきま す 。そ れ が 、福 祉 の 向 上 へ と 繋 が っ て い く か ら で す 。常 に 疑 問 を 持 つ 姿 勢 、時 に は 理 解 し 、 時には反発を覚え、時には改革を目指す。それが、子どもたちへの利益に繋がれば最高の ことです。 ただし、私たちは、何よりも子どもたちの利益を優先します。児童養護施設は、できう る限り家庭生活に近づけるよう努力を惜しんでいませんが、そう考えると、表現は悪いの ですが「全然分からない相手」を子どもたちに近づけるわけにはいけません。従って、ボ ランティア活動をお受けする前に、必ず面談をさせていただきます。その席でボランティ ア活動上の条件を確認し、その上で「活動するか否か」を判断していただくようにしてい ます。時には、面談により、活動を拒否させていただく場合も少なからずあります。それ は、すべて、子どもたちの利益を最優先しているから故のことで、その旨、ご理解をお願

- 59 -


いしています。

児童養護施設で働くあなたへ、ボランティアの方、子どもたち、双方にとって有益な活 動になれるよう、最低限のルールとマナーが必要です。そのためには、遠慮は禁物です。 お願いすべき事はお願いすることが大切です。その方が、活動するボランティアの方にと っても分かりやすいと思います。ボランティアの方の立場に立つと、自分の活動が受け入 れられるのかどうかが、一番の気掛かりになりますので、明確なルールとマナーを伝えて もらった方が、良いのです。 福 祉 の 力 は 、残 念 な こ と に 、そ こ で 働 く 職 員 の 力 だ け で は 、力 量 不 足 の 傾 向 に あ り ま す 。 積極的にボランティアの方の力を借りましょう。ボランティアの力こそ、明日の福祉を支 える原動力なのです。

23

食の安全への取り組み

BSE 問 題 、 牛 肉 偽 装 事 件 、 産 地 偽 装 事 件 、 消 費 期 限 偽 装 、 事 故 米 事 件 な ど な ど 、 現 在 、 子どもたちの食の安全を脅かす事件が多発しています。その様な事件がなくても、遺伝子 組 み 換 え 食 品 、 ク ロ ー ン 食 品 、 残 留 農 薬 、 食 品 添 加 物 ( 保 存 剤 、 着 色 剤 含 )、 ワ ッ ク ス な ど 、ま た 、関 連 す る 危 険 と し て 環 境 ホ ル モ ン な ど 子 ど も た ち の 身 体 に 知 ら ず 知 ら ず の 内 に 、 健康被害物質が蓄積されています。その上、食品業者の不適切な衛生管理による食中毒被 害など、子どもたちの食の安全を脅かす要因は様々です。 児童養護施設における食の安全は、どうでしょうか。例えば、肉、伝票には牛肉、或い は、国産牛肉と記載されているとします。そして、納入されているのは、国産ホルスタイ ン種(乳牛)だったとしたら、確かに伝票に嘘はありませんが、乳牛は、殆どの場合、一 年中乳が出るようにホルモン剤を注入しています。確かに食べれるから市場に出ているの ですが、子どもたちにとっては、不自然な物が身体に蓄積されていることになり、仕入れ を避けるべきでしょう。ところが、調理員に、乳牛と食肉を見分ける技量がなければ、肉 屋 さ ん は 、「 安 い 価 格 で 牛 肉 を 提 供 」 と 宣 伝 し 、 納 品 す る で し ょ う 。 そ の 様 な 肉 屋 さ ん に 限って、例えば、合い挽き肉などに内臓を入れて重さを調整していたりします。卵もちょ っとぶつけただけで割れる卵は、大量生産用の鶏によるものであり、健康的な卵とは言い

- 60 -


難く、その様な卵を子どもたちに食べさせることは、親心として躊躇してしまいます。冷 凍食品が氾濫している昨今、殆どの調理室では、極力手作り調理を心がけていますが、大 半を冷凍品に依存している調理室もあるかも知れません。冷凍品と言えども様々な薬品が 使用されていますので、それを毎日食すると言うことは、身体の中に蓄積されていると言 うことに他なりません。着色料つきのウィンナーやたくわん、サクランボなどなど、健康 を脅かす食品は、たくさんありますので、適切に取捨選択する技量が求められています。 自然な物以外の物質が食の中に入っていれば、それは、子どもたちの身体の中に蓄積さ れていきます。保育士や児童指導員の皆さんも、食に対して、調理室にお任せだけではな く、子どもたちの代弁者として、自らチェックしていく姿勢を持つようにしてください。

食に対するリスクを少しでも軽減できるよう、調理室での安全管理を徹底すると共に、 食品販売業者にも、協力依頼をします。 以下、主要な食品のみ、注意点を記しますので、それ以外の食品は、それに準ずると判 断して下さい。

…産地・収穫年の明記、ブレンドの場合は、その旨も明記

…国産は勿論のこと、生産地、部位を明記、挽肉等の混ぜ物の場合は、肉の配合

比率を明記 *飼育時の飼料内容の調査 冷凍、冷蔵の場合は、箱内温度の管理、外箱の納入時持ち帰り 卵

…生産地又は生産者、採卵日、賞味期限を明記、外箱の納入時持ち帰り * 養 鶏 場 に お け る 飼 料 内 容 の 調 査( 飼 料 成 分 の 提 示 及 び ホ ル モ ン 剤 投 与 の 有 無 )

…魚の種類、産地、天然か養殖かの区別 冷凍、冷蔵の場合は、箱内温度の管理、外箱の納入時持ち帰り

野菜

…生産地、農薬を使用しているか無農薬かの区別 外箱の納入時持ち帰り

果物

…生産地、農薬を使用しているか無農薬かの区別 外箱の納入時持ち帰り

冷凍食品…生産国、原産国、消費期限を明記 箱内温度の管理、外箱の納入時持ち帰り

- 61 -


*食品安全証明書が発行されている食品については、そのコピーを管理栄養士に提出。

24

新任職員の悩み例

4月から児童養護施設で働いています。周りの職員はことあるごとに子どもに怒って子 どもの行動をまとめています。自分としてはしょっちゅう怒るのも嫌なのでなるべく話し て分かってもらうようにしたいと思っているのですがなかなか上手くいきません。 ある職員がなめられないように最初が肝心と言っていましたがそういうものなのでしょ うか。

回答 ま ず 、視 点 が ど こ を 向 い て い る か で す 。 「自分としてはしょっちゅう怒るのも嫌なので」 と言う視点は、自分の側を見ており、主観的です。 視 点 を 子 ど も た ち に 向 け て 、 再 考 し て み ま し ょ う 。「 周 り の 職 員 は こ と あ る ご と に 子 ど も に 怒 っ て 子 ど も の 行 動 を ま と め て い ま す 。」 と 言 う 状 態 が 、 子 ど も た ち に と っ て 、 不 利 益な状態であれば、即座に改善する必要があります。 あなたは、児童養護施設で働いている方なので、 ①専門職に従事する職員。 ②法律的に成人としての立場を持っている。 となります。と言うことは、プロであり、責任を担う大人でもあります。子どもたちの 為に改善すべき事案があるのであれば、あなた自身が自覚と責任を持って、職場を変えて いくのが当然ではないでしょうか。 「なめられないように最初が肝心」と言うのは、職場で良く使用される慣用句みたいな 言葉ですが、これは、明らかに誤りです。子どもたちの立場に立って考えると、自分たち が過ごしやすいようにするためには、新人職員を試し、この職員は、どの程度、自分たち のことを本気で関わってくれるのか判断します。そのためには、初めは、なめてかかるの が当然です。考えてみてください。あなた自身、初めて会った人を信用できますか、尊敬 できますか。子どもたちも同じなのです。 子どもたちから、なめられる。それが当たり前であり、その状態から脱するため、あな

- 62 -


たがやるべき事は、子どもたちから、信用できる大人として認めて貰うことです。 例えば、私が30歳代で勤め始めた児童養護施設時代、最初の目標は、全児童・全職員 から「なめられる」ことでした。10数年、福祉の世界で働いている、いわゆる中堅レベ ルであるからこそ、自分に難���い課題を課せたのです。 当 初 は 、 全 児 童 に 対 し て 、「 さ ん 、 く ん 」 付 け で す 。 子 ど も た ち は 、 次 か ら 次 へ と 試 し てきます。特に、学齢の高い子どもたちは、反発を繰り返します。そんな中、私のキャラ クターを子どもたちに伝えていき、 「 ダ メ な こ と は ダ メ 」と 明 確 に 打 ち 出 し て い き ま し た 。 約 半 年 後 に は 、 殆 ど の 子 ど も た ち に 対 し て 、「 さ ん 、 く ん 」 を 付 け な い で 呼 べ る ほ ど の 関 係構築ができました。同時に、職員たちからの信頼を得ることができました。 子どもたちからの信頼は、時間がたてば得られるものでもなく、注意したり、叱りつけ て得られるものでもありません。あなたが、信頼されるように訴えていくことが重要なの です。時には、話し合い、時には、叱りつけ、時には、共に泣き、最も大切なことは、共 に笑い合うことです。そのような積み重ねが必要なのです。仮に子どもたちを2回、叱っ たとしたら、少なくても8回は褒めましょう。子どもたちへの対応で最も重要なことは、 褒めることです。善悪の区別を明確にし、悪であれば、叱りつけることが対応のメリハリ です。 「話して分かってもらう」は、確かに正論ですが、それは理想論です。自分自身を振り 返ってみましょう。あなたは、子ども時代、大人に諭されたら全て素直に受け入れていま したか、そうではなかったと思います。厳しいけれど本気で関わってくる大人に対して、 その時は、立腹していたけれど、今でもその時のことを覚えている。と言うような記憶は ありませんか。 子どもたちは、あなたが本気で関わっていけば、必ず、あなたのことを理解してくれま す。そして、その理解が納得できれば、信用へと発展していきます。その信用の積み重ね が信頼へと変わっていくのです。 まずは、自己覚知をしましょう。自分のことを理解することが先決事項です。そうする と自ずと歩むべき道筋が見えてくることでしょう。そして、自己研鑽へと向かいます。常 に自分の人格を成長させていくことです。そのことが、必ず、子どもたちへの支援を向上 させていくことでしょう。

- 63 -


25

中堅職員とは

一般的に中堅職員の役割とはどのようなものが挙げられますか?

回答 まず、中堅職員と言う単語は、曖昧な表現なのです。年数的に、何年間以上働いたら中 堅職員と言う取り決めもなく、どの様な役割を担っているから中堅職員との取り決めもな く、ただ、感覚的に中堅職員という単語を使用しているに過ぎません。 単純に5年以上働いているから中堅職員とした場合に、勿論、職場の中でリーダー的役 割を担っている方が多く存在しますが、残念なことに、指示されないと仕事が出来ない、 指示されても結果報告がない、子どもたちへの対応で不適切な対応を繰り返す等の方も存 在します。 OJT( On-the-Job Training) は 、 職 務 遂 行 を 通 じ て 管 理 者 が 部 下 に 対 し 、 意 図 的 ・ 計 画 的 な 指導・育成をマンツーマンで行うことと定義されていますが、児童養護施設の場合、一般 職 員 、 主 任 、 施 設 長 と 言 う 組 織 編 成 が 多 く 、 OJT に 該 当 す る の が 、 主 任 ク ラ ス に な り 、 主 任に等しい役割を担う職員もおり、その立場の人が中堅と呼べるかも知れません。 OJT 的 な 分 類 と し て は 、 初 級 職 員 、 中 級 職 員 、 上 級 職 員 と な り ま す が 、 そ の 内 、 中 級 職 員の立場や役割を担っている人が、中堅と呼べるかも知れません。

そんな中、敢えて、中堅職員を表現する場合。 ・子どもたちへの対応に柔軟性があり、対応の方向性を複数有し、その中から適正な対応 を選択できる人。 ・児童養護施設の現状を把握し、最新情報を収集する能力を有し、その情報を他の職員に 伝えることが出来る人。 *児童福祉法等の法改正や厚生労働省の通知、通達など。 ・他の職員が業務を進める上で、苦慮しているときに、どの様にフォローすれば良いか、 判断できる人。また、適切な助言が出来る人。 ・ 他 の 職 員 が 不 適 切 な 対 応 を し て い る と き 、修 正 を 促 し た り 、適 正 な 対 応 を 助 言 で き る 人 。 ・子どもたちへの対応は、勿論のこと、業務全般について、信頼できる業務遂行能力を有

- 64 -


している人。 ・子どもたちの保護者に対して適切な対応が出来、時には、保護者に助言できる等のファ ミリーケースワーク技法を発揮できる人。 ・職員会議やミーティング等で積極的に自分の意見を発言したり、他の職員の意見を聞い たり、時には、適切な方向へと導いたり出来る人。 ・児童心理、発達心理、保育原理、グループワーク、ケースワーク等の専門知識を有し、 それらを業務に生かせる人。 ・若手職員にとって、その人が傍にいるだけで、安心感があり、時には、励みになったり 出来る存在。 ・職場内で、複数の責任ある役割を有し、その役割に対して、他の職員や施設長からの信 頼を得ている人。 ・何よりも、子どもたちから信用と信頼を得ている人。 ・以上の内容について、実績を有する人。

とりあえず、思いつくままに挙げましたが、要するに職場内において、信頼できる存在 であり、その信頼に値する役割を担い、職務に対して責任感を有している人が中堅職員と して認識されると考えられます。 従って、中堅職員とは、施設長や同僚から認められ、その後に本人が認識することであ って、その過程がないのに本人が「自分は中堅職員だ」と解釈するのは、本末転倒と言え ます。私が若いとき勤めていた職場の施設長は、一般職は、主任の仕事を主任は課長の仕 事を課長は施設長の仕事をするつもりで、業務に励みなさいと伝えていました。私は、そ の考えに同意しています。

- 65 -


第Ⅲ章

児童養護施設の職種と業務

法律で定められた職種

最低基準 (職 員 ) 第四十二条

児童養護施設には、児童指導員、嘱託医、保育士、栄養士及び調理員を置か

なければならない。ただし、児童四十人以下を入所させる施設にあっては栄養士を、調理 業務の全部を委託する施設にあっては調理員を置かないことができる。 2

職業指導を行う場合には、職業指導員を置かなければならない。

児童指導員及び保育士の総数は、通じて、満三歳に満たない幼児おおむね二人につき

一人以上、満三歳以上の幼児おおむね四人につき一人以上、少年おおむね六人につき一人 以上とする。 条文通りに、児童養護施設では、幾つかの職種や立場が相互に連携し合いながら、日々 の業務が進んでいきます。そこで、それぞれの役割の業務内容例を挙げていきます。

保育士(小舎制の場合)

家庭的(母性的)養護を実現できるのが小舎制(ユニット制)の長所であり、保育士は 母親の代替的役割を担っています。しかし、母親との役割の差異は明らかです。 ①母親は、例えば、17歳の子どもの子育てをするに当たり、17年間の母親修行期間が あります。つまり、子どもの成長と共に母親も成長していくのです。しかし、児童養護施 設の保育士は、短期間で、1歳から18歳(退所後アフターケアを含む)までの子育て技 術を習得する必要があります。それが「専門性」です。 ②現在の一般家庭での子育ては、1~2名程度ですが、小舎制では6名~12名の子育て を常に担います。居住スペースの掃除、洗濯、食事作り等の業務があります。 ③児童養護施設には、様々なタイプの子どもたちが入所してきます。それぞれの個性に応 じ て 、 ケ ー ス ・ バ イ ・ ケ ー ス で 専 門 性 を 持 っ て 対 応 し ま す 。「 ウ ォ ー ム ハ ー ト ・ ク ー ル ヘ ッド」人間性の修養も求められます。

- 66 -


④ 社 会 福 祉 施 設 と し て 、保 健 衛 生 管 理 を 確 実 に 行 い ま す 。居 住 ス ペ ー ス 、子 ど も の 身 体 等 、 常に気を配らなければいけない項目はたくさんあります。 ⑤専門家として、各種記録を記載・作成します。時には事例発表等の機会も訪れます。ま た、研修会等の参加も求められます。 ⑥ 各 種 行 事 の 企 画 ・ 実 施 、環 境 整 備 、関 係 機 関 と の 連 携 、地 域 と の 連 携 、学 校 と の 協 調 等 、 子育てに関わる間接的な関係構築を行います。 ここまで、列記しただけでも、母親との役割負担の差異は明らかです。ただし、母親は 24時間ですが小舎制の保育士は8時間勤務となります。

保育士と児童指導員

保育士と児童指導員は明らかに役割が違います。子どもたちの養育で最も重要なことは 「母性的養護」です。子どもが誕生したとき最初に基本的信頼関係を築くのは母親です。 その後、乳児期から幼児期にかけての発達段階でも子どもの最大のパートナーは母親なの です。児童養護施設に入所してくる子どもたちの大半は、その母親の愛情が不足している パターンが多く見られ、児童養護施設の保育士は、その部分を補填する役割を担うことに なります。 児童指導員は父性的な役割を担うことになります。母親が生き方を教えるなら父親は人 生を教えることでしょう。 職 員 た ち に 必 要 な 事 は 、「 大 人 に な る 」 と 言 う こ と で す 。 ま ず 、 職 員 自 身 が 大 人 に な る こ と が 重 要 な の で す 。児 童 養 護 施 設 に 入 所 し て く る 子 供 た ち は 大 人 へ の 不 信 感 で 一 杯 で す 。 大人が信頼できる存在であれば、入所することはなかったことでしょう。つまり、子ども たちにとって必要な存在は、信頼できる大人なのです。

保育士と児童指導員の給与格差

児童福祉施設の給与支給は、人事院勧告による行政職棒給表又は福祉職俸給表を参考に 支払われるパターンが多いと思います。と言うのは、社会福祉法人や社会福祉事業団、公 立の施設等、経営主体によって、少し異なるからです。

- 67 -


さて、保育士と児童指導員の給与格差ですが、これは、ほとんど考えられません。上述 した棒給表は、同じ表を使用するからです。格差が生じるのは、学歴や経験年数によって となります。

保育士にとって大切な事

根本は「愛」ですが、それは、余りに抽象的すぎるので、もう少し、具体的に表現する と、子どもたちに「生きるための常識」を伝えることです。子どもたちは、いつかは、社 会に旅立っていきます。一人で生きていける力を与えることが保育士にとっての大切な役 割です。 で は 、「 常 識 」と は 、何 で し ょ う 。各 々 の 感 性 で 変 化 す る 捉 え 所 の な い 言 葉 で あ り ま す 。 だ か ら 、と て も 大 切 で す 。子 ど も た ち が 職 員 に よ っ て 誤 っ た 常 識 を 与 え ら れ る と 、そ れ が 、 その後の人生に大きく影響します。 「 玄 関 で 靴 を 片 づ け ま し ょ う 」「 部 屋 を 整 理 整 頓 し ま し ょ う 」「 朝 か ら 洗 顔 し ま し ょ う 」 「肘をついて食事しないようにしましょう」等々、日常生活の当たり前の常識は、至る所 に転がっています。それらを習得していない子どもたちに習得するための手助けをしてい くことが大切です。 「子どもの部屋が乱雑だ」→「何度注意しても○○ちゃんが片づけていない」で終結し ないで、その後に「自分の支援不足だ。次は、このように対応しよう」と展開していくこ とが重要です。 保育士業務の在り方は、子どもたちの人生を左右するほどの影響力があると言っても過 言ではないでしょう。だからこそ、プロ意識が必要です。

支援の流れ

最低基準 (生 活 指 導 及 び 家 庭 環 境 の 調 整 ) 第四十四条児童養護施設における生活指導は、児童の自主性を尊重し、基本的生活習慣を 確立するとともに豊かな人間性及び社会性を養い、児童の自立を支援することを目的とし

- 68 -


て行わなければならない。 2 児童養護施設の長は、前項の目的を達成するため、児童の家庭の状況に応じ、その家 庭環境の調整を行わなければならない。 (自 立 支 援 計 画 の 策 定 ) 第四十五条の二

児童養護施設の長は、第四十四条第一項及び前条第一項の目的を達成す

るため、入所中の個々の児童について、児童やその家庭の状況等を勘案して、その自立を 支援するための計画を策定しなければならない。

子どもたちが社会に旅立ち、豊かな人生を送れるよう準備していくことこそが自立支援 です。子どもたちへの支援を進めても結果は、子どもたちが大人にならないと分からない と言う現場のジレンマはあるものの、ライフサイクルの中の今、子どもたちに何を提供す るのか、その目的意識とプロセスが重要であることは周知の事実です。支援の流れは、各 児童養護施設の方針で異なりますので、モデルケースを紹介します。 1.支援の流れ ①ケーススタディ(入所後1週間以内) 子どもの入所前の状況を児相からの添付書類を中心にスタッフで学習し、当面の目標設 定を行います。 ②ケースワーカー面接(入所後1週間以内) ケースワーカーが子どもと面接し、ケースワーク的側面からのインタビューを試み、目 標設定を検討します。 ③チームミーティング(随時) 子どもと直接関わるスタッフが、日常生活の中での発見を共有したり、課題点を確認し あったりしながら、支援目標に向けての支援を進めていきます。 ④心理療法(随時) 心理担当者が心理療法を実施し、子どもの内面を探ったり、情緒的安定を図ったりを試 みます。 ⑤ケースミーティング(6か月前後) 支援状況を確認し、生活面・心理面での目標達成度について情報共有を行い、支援目標 の再設定を試みます。 ⑥評価会議

- 69 -


支援目標が終結に近づいてきたところで、家庭復帰か社会的自立か、措置継続かの最終 目標に向けての具体的検討を行います。 2.情報収集 ①児童の意向を、ケースワーカー面接等を通じ、本人から聞きます。 ②保護者の意見、特に保護者が園に対して何を期待しているのか等を確認。 ③前籍校担任の意見を聞き、学校での様子等を確認。 ④児童相談所担当者の意見、ケースワーク的、心理的な部分で、児相がどのような支援目 標を委託したいのかを確認。 ⑤保育士のファーストコンタクトの印象を含めた意見を記録。 ⑥児童指導員のファーストコンタクトの印象を含めた意見を記録。 ⑦心理療法士のファーストコンタクトの印象を含めた意見を記録。 ⑧その他、関係機関からの意見を収集できた場合、記録し、支援の参考にします。 3.具体的支援目標及び方法の設定 次の項目を中心に各担当者が設定します。 保育士…基本的生活習慣・経済観念・社会性 児童指導員…学習・道徳 心理療法士…自己確立・個性の伸長 保育士…健康管理 ケースワーカー…家庭環境調整 その他 *達成可能な目標設定を試みるよう配慮します。 4.児童養護施設としての支援プログラム ①社会経験の積み重ね 生活場面に於ける、買物や外食等のお出かけ、催物への参加等 社会福祉施設や企業への実習やボランティア経験又はアルバイト経験等 ②対人関係の改善 夏季キャンプ等、グループワーク技法・心理療法等 ③経済観念の育成 お小遣いを支給し、その管理方法を支援(買物計画や貯蓄の経験)等 ④関係機関の手続き実技体験

- 70 -


退所時の住民移動手続き・自力通院への支援等 5.自立支援に於ける主な職員支援基準 ①年齢、能力に応じた支援目標を策定する。 ②ノーマライゼーションの理念を念頭に置く。 ③日常支援の中で、QOL(生活の質)向上に寄与する。 ④虐待したり、児童を研究材料として扱ったり等があった場合は、懲戒権を発動する。 ⑤職員自身がモラルに反した言動を行わないようにする。

児童養護施設で働くあなたへ、子どもたちは、家庭やその地域社会で育っていくのが理 想です。しかし、現実に子どもたちは、児童養護施設へ措置されています。私たちの役割 は、いかにノーマルな状態へと子どもたちを導いていくかに掛かっています。そのために スタッフ全員がチームワークを駆使し、自立支援に向けて関わっていくことになります。 表 現 を 変 え れ ば 、あ な た が 子 ど も た ち の 人 生 に 関 わ っ て い く 第 一 歩 と な り ま す 。あ な た も 、 そして子どもたちも人生は、一度だけです。より良い人生を構築していくための努力を惜 しまないようにしましょう。

生きるノウハウ

子どもたちが退園するとき、どのような準備が必要なのかをまとめました。 1.退園準備 退 園 は 子 ど も の 園 に お け る 生 活 の 終 わ り で す 。従 っ て 幾 つ か の 整 理 す る 項 目 が あ り ま す 。 ①自分の持ち物を整理する(持っていく物・処分する物・他の子どもに譲る物を整理す る )。 ②寝具の洗濯をし、不要な物は整理し部屋、ベッド、机は次の入所児のために備えます。 ③ お 別 れ 会 を し 、 集 会 の 場 を 利 用 し 挨 拶 さ せ ま す 。( 人 生 の 分 岐 点 で あ る こ と を 明 確 に し ま す 。) ④ 就 職 の 場 合 は 必 要 な 物 を 買 い 整 え ま す ( 就 職 支 度 金 の 利 用 )。 2.退園時に確認すること ①保護者の連絡先(住所と電話番号)

- 71 -


②就職の場合は職場の連絡先と社員寮の場合はその連絡方法 3.退園時の書類と手続き ①必要書類の提出(送付)…「入所(委託)措置の解除について」 ②住民票の準備…就職の場合は社会的自立の一つとして本人が役場に行き取り寄せます。 ③措置解除…「児童措置解除通知書」が児童相談所より送付されます。 4.家庭復帰への準備 家庭復帰は、子どもの入所同様に、児童相談所を通して保護者の家庭の状況調査が行わ れ成立し、次の段階を追います。 ①保護者の生活状況を調査(家庭訪問を含む)し、児童相談所(担当福祉司)との連絡を とります。 ②親子関係の回復をはかるため、家庭復帰を想定して面会や、一時帰省を繰り返し本人と 保護者との関係を密にしていきます。 ③現在の子どもの状況など(園での生活、学校での生活)を説明し、家庭復帰後の生活の 上での目標や留意点等について、担当職員、子ども、保護者で話し合います。 これらの流れを通して最終的に家庭復帰となります。 5.就職準備 就職。自立の課程での課題点 ①人間関係 卒園生の就労状況を見ていると会社での人間関係のもつれで辞めてしまう者が多い。児 童養護施設にいたため世間知らずで、近所の人々とのつきあいも、どのようにしたらよい か分からない。急に一人になってしまうことへの不安もあることでしょう。 ②経済的問題 買物をした経験が少ないので品物の値段が分からない。これまで児童養護施設で金銭の 管理をされているので、社会生活の中で生活の自己管理ができるかどうか。 ③社会常識 住民票の提出、預貯金、病院へのかかりかたなど社会生活に関わる諸手続の具体的な方 法が分からない。 ④食生活 料理を作る機会が少なかったので自炊できるか、また栄養のバランスが分からないので 健康管理が心配。

- 72 -


以上のことが挙げられますが、これらのことは社会生活を通して、児童養護施設に与え られた処遇上の課題であり、処遇現場はこの課題を素直に受け止め日常の処遇から、アフ ターケアへと繋げていくことが必要になります。 6.最低限考慮しなければいけない事柄 ① 転 出 手 続 き … 高 校 卒 業 の 場 合 は 、 子 ど も 自 身 に さ せ ま す 。( 職 員 の 援 助 は 子 ど も に 応 じ て臨機応変に) ②新生活準備買物…まずは、何が必要なのか子どもと共に予算計画を立ててから買物に行 き ま す 。( ス ー ツ 一 式 ・ 寝 具 ・ 電 化 製 品 等 々 ) ③物価を知る…買物に付きあってもらったり、おつかいを頼んだりします。 ④交通機関の利用方法…意外と分かっているようで分かっていない事柄です。 ⑤一人生活体験学習…1週間前後、一人生活を体験してみる。生活費を渡し、その予算内 で食事を賄い、規律正しい生活をする。毎日、報告書を提出し、担当職員とのミーティン グ を 行 い 、 そ の 日 の 生 活 を 振 り 返 り 、 翌 日 の 生 活 に 生 か し て い く 繰 り 返 し を 体 験 。( 一 人 生活の寂しさを事前に味わう) ⑥一般常識の学習…水道光熱費のこと、自動車を維持するために必要な経費や手続き、結 婚式や葬儀参列の常識、戸籍謄本や住民票に関わる官公庁、印鑑証明の手続き、警察への ヘルプの求め方、消費者相談窓口の存在、TPOに合わせた服のコーディネート等 *これらを子どもたちに伝える前に、まず職員自身が事前学習を行いましょう。 ⑦他府県への転居…小中学生の場合、言葉へのカルチャーショックは大きな影響がありま す。時には、いじめに繋がる場合もあるくらいです。できる範囲で、教科書やTV等の標 準語と方言との違いを伝えていくことも大切でしょう。つまり、方言を使わないことを教 えるのではなく、何が方言なのかを教え、郷土の言葉を大切にする心を育めたらベストで す。

児童養護施設で働くあなたへ、社会人になった時、知らなくて恥ずかしい思いをしたこ と、困ったこと、辛かったこと、あるいは、知ってて便利だったり、助かったりしたこと などを思い起こして、子どもたちにアドバイスしましょう。特に新任職員は経験が新鮮で 適任でしょう。子どもたちが、社会に旅だった後は、あなたの支援が思うように届かなく なってしまいます。今、目の前にいる子どもたちに、社会で生きていくためのノウハウを 伝えていってください。

- 73 -


記録の書き方

ケースファイルとは、表現の一つです。そして、このファイルは、厳重な取扱いが必要 であり、守秘義務の励行は、もちろんのこと、記入する上でも緊張感を持った配慮が求め られます。 例えば、ある児童が触法事件を起こしたと仮定すると、警察による取調べの後、家庭裁 判所の調査官による調査が行われます。その際、児童や担当者への聴取はもとより、個人 記録の提出を施設側に求める場合もあります。その提出書類の内容が裁判官の心証に影響 することは、容易に想像できます。従って、記録の中に担当者の主観が入っている場合、 それが、裁判に影響し、児童の人生を左右する結果になってしまう。このようなことは絶 対に避けなければならないのです。 では、具体的に記録をどのように記入していくべきか。答えは、簡単明解です。客観的 事実を記入していけば良いのです。 ①年月日を確実に記入する。 ② 「 ~ と 思 う 。」「 ~ で 自 信 を も っ た だ ろ う 。」「 ~ で は な い か 。」 等 の 表 現 は 、 記 録 者 の 主 観的な捉え方であって、同じ事柄に対して、記録者によって表現が変わる危険性がありま す。客観的事実のみに絞り込んで記入することが必要です。 ③ただし、心理・発達・知能検査等によって明らかになった事柄については、科学的根拠 なので記入します。 ④むやみに長い文章は、好ましくありません。記録とは、蓄積されていくものです。自分 が記録をみて、支援内容を振り返る事はできますが、自分以外の職員が読むこともあり、 更に、担当が変更になった時は、次担当の極めて重要な基礎資料になるのです。長い文章 は、読む前にうんざりするパターンの人もいることを忘れてはいけません。従って、5W 1Hを基本に起承転結を構成しながら、簡潔にまとめ上げる文章能力が記録者に求められ ます。 ⑤特に用語に気をつける必要があります。用語の使い方によっては、児童の人権を著しく 傷つける場合もあり、例え、児童やその保護者の見ない文書であっても、配慮することが 求められます。また、そのような用語を使う記録者の意識も人権侵害の方向性を持つこと

- 74 -


になり、用語の使い方は、意識の持ち方に連動しやすいことを、常に念頭に置いておくべ きです。 ⑥記録は日記とは明らかに異質の性格を持つべきです。児童個々の目標や行動特性、心理 ・発達状況に焦点を絞り、何があったのか、どのように対応しているのか、そして、どう な っ て い る の か 等 の 経 過 を 記 し て い く こ と に よ っ て 、記 録 と し て の 効 力 を 発 揮 す る こ と は 、 言うに及ばない周知の事実です。 ⑦ 特 記 事 項 と し て 、 医 療 記 録 ( 通 院 ・ 通 所 状 況 等 )、 心 理 療 法 の 実 施 状 況 、 家 族 の 面 会 や 外出、外泊状況、学校との連絡事項等を記入していきます。 ⑧児童入所時から1~2週間は、ほぼ毎日経過記録を記入します。この初期の様子がどの ように変化していったのかが何年後かに振り返りを行うときに意味を成してくるのです。 経過記録は、毎日記入するのが基本ですが、入所時初期段階以外は、2~3日毎に記入す る程度で十分でしょう。また、長文は避け、2~4行の短文で記録するのが望ましいので すが、重要なケース内容については、長文になることでしょう。児童が退所する際には、 退所理由や退所時の様子等を記載した終結記録が必要です。 ⑧固有名詞、特に他の児童名等の実名は控えるべきです。極力、イニシャルやニックネー ム等で表示するのが望ましい。序文で述べている通り、第三者が記録を見ることもあり、 個人情報保護の観点を視野に入れた対応が必要です。 ⑨以上の点を考慮に入れて、誰でも読める字で記入していくことが大切です。折角、素晴 らしい記録でも読めなければ意味がないのです。 ケースファイルは、各ケースの記憶の引き出しです。職員も人間なので、忘却してしま う こ と も あ り 、担 当 者 が 変 更 さ れ れ ば 、新 担 当 者 は 記 憶 を 呼 び 起 こ す こ と す ら 不 可 能 で す 。 だからこそ、記録が必要なのです。 ま ず 、間 違 い な く 綴 っ て あ る の は 、経 過 記 録 や 自 立 支 援 計 画 で す が 、通 知 表( 成 績 表 )、 優秀者に選ばれた際の賞状のコピー、診断書、眼鏡等購入記録、他機関へ申込書や申請書 を提出した場合の書類のコピー、ケース会議やケースカンファレンスの議事録等々、児童 の歴史を物語る証明になる文書等が綴っていくことが求められます。

児童の人生にとっ

てトピックスとなる文書は、ケースファイルに綴じておくべきです。その児童の将来の担 当者にとっても、貴重な情報源になることは間違いない。 ケースファイルは、児童が長期に在園している場合、分厚くなるのが通常であり、課題 が多い児童と課題が少ない児童で、ケースファイルのボリュームは変わってきます。

- 75 -


児童養護施設で働くあなたへ、専門家は、日々の業務を遂行していけば、それで良いの か。否です。業務の証拠を積み重ねていくことが求められます。それが、記録です。児童 福祉で働く、保育士・児童指導員・栄養士・心理療法士・看護師等、すべて、専門家であ り、いわゆるプロフェッショナルです。経過記録等を記入する場合は、文章力が必要であ り、書類を取捨選択する選別力も必要であり、何より、子どもたちを愛する心が基本なの です。

通院引率の注意点

耳鼻科、眼科、歯科、内科、外科等、子どもたちを病院に連れて行く機会は、日々、発 生します。通院は、社会と接する良い機会であり、子どもとのコミュニケーションの場と しても有効です。そんな通院引率にも、幾つか留意点があります。

(1)子どもを送り出すときの留意点 ① 通 院 す る 日 の 朝 に 子 ど も に 知 ら せ て 、学 校 が 終 わ っ た ら 早 く 帰 っ て く る よ う に 話 し ま す 。 ②服装は、学校に着ていく程度のこぎれいな服装を着用させます。また、靴・靴下が綺麗 であるかを確認します。 ③ 手 足 、 顔 を 洗 い 、 歯 磨 き ( 歯 科 )、 場 合 に よ っ て は 、 下 着 の 交 換 等 を さ せ ま す ④その他、雨天時又は雨が降りそうな時は、傘を持たせ、日射の強い日は帽子をかぶせ、 冷え込みそうな時は、上着を着用させる等の配慮を行います。 ⑤上記を留意し保育士が送り出します。 (2)通院引率時の留意点 ①子どもを一人にしない、また、一人にさせるようなことも必要最小限抑えます。 ②通院中の飲食、物品の購買等は避け、子どもが催促した場合、通院という目的意識を明 確にするよう話します。 ③万一、子どもが行方不明になった場合、状況を速やかに報告し、対処します。 ④病院内等で、他の人に迷惑のかかるような行動を子どもが行った場合、その時の状況に 応じて対処します。

- 76 -


(3)子どもへの教育 ① 自 分 の 疾 病 に 対 す る 認 識 を 持 た せ ま す 。( 通 院 途 中 の 会 話 の 中 で ) ②通院すると言うことを認識させ、遊びに行くのではないことをはっきりさせます。 ③勝手な行動をしないように話し、必ず、引率者に報告し確認をもらうようにさせます。 ④他の人に迷惑のかかるようなことはしないようにさせます。 (4)通院帰宅後の留意点 ①薬等は、引率者から直接、保育士に手渡すようにします。その時、医師から聞いた、症 状・病名・治療方法等を正確に伝えまた、次回来院日も連絡します。 ②極力、メモを渡すことがベスト。保育士は、確実に、経過記録に通院の結果等を記入し ます。 (5)引率者の留意点 ①引率者は慎重に責任ある行動をとります。 ② 処 理 で き な い 問 題 が 生 じ た 場 合 、 園 に 連 絡 し て 指 示 を 受 け 従 う よ う に し ま す 。( 間 違 っ た 判 断 で 対 処 す る と 大 き な 事 故 に 繋 が る 。) ③社会に接する機会として、その影響は大きいので周囲の環境に適応できるように配慮し ます。

児 童 養 護 施 設 で 働 く あ な た へ 、通 院 は 、関 係 機 関( 病 院 )と の 大 き な 接 点 で す 。例 え ば 、 足の皮膚病で皮膚科に通院したとします。子どもの足が、汚く臭い状態であったら、医師 や看護士は、どう思うでしょう。きっと、児童養護施設の衛生管理は、こんなものなんだ と判断することでしょう。このようなことがないよう、送り出す人も引率者も気をつけて いきましょう。

家庭支援専門相談員の役割

家庭支援専門相談員は、虐待、放任等の家庭環境上の理由により入所している児童の保 護者等に対し、児童相談所との密接な連携のもとに電話や面接等により児童の早期家庭復 帰等を可能とするための相談・指導等の支援を行い、入所児童の早期退所が達成されるこ とを目的とした役を担います。

- 77 -


機能と連携内容 ・ 家 庭 復 帰 支 援 を 行 う た め の 相 談 室 又 は 相 談 に 応 じ る こ と が で き る 部 屋 (プ ラ イ バ シ ー が 確 保 さ れ る 場 合 、 他 の 部 屋 と の 共 用 も 可 )を 設 置 。 ・家庭支援専門相談員は、人格円満で児童福祉に関し相当の知識・経験を有する者又はそ れと同程度の知識・経験を有すると認められる者を任命します。 ・児童相談所と密接な連携を取り、その指導・助言に基づいて、家庭支援専門相談員をし て具体的な家庭復帰支援を行うよう努めます。 ・家庭復帰等の対象児童を把握し、家庭復帰等に向けた計画を作成し、それに基づき、家 庭支援専門相談員をして家庭復帰支援を行います。 ・家庭復帰支援を行った内容について記録するとともに、評価を行います。

家庭支援専門相談員の業務内容 1保護者等への早期家庭復帰のための業務 ①保護者等への施設内または保護者宅訪問による養育相談、養育指導等 ②保護者等への家庭復帰後における相談・指導 2里親委託促進のための業務 ①里親希望家庭の訪問・面談等による調整 ②委託後における相談・指導 3地域の子育て家庭に対する育児不安解消のための相談・支援等 4低年齢児ユニット職員への助言・指導及びケース会議への出席 5児童相談所との連絡・調整 6その他業務遂行に必要なこと

家庭支援専門相談員は、最低基準の第四十四条の2で規定されています。しかし、同法 第四十二条の3に規定されている職員数と現在の労基法による勤務態勢では、第四十四条 の2が現実面で未達成のため、施設機能強化推進費の事業として「養護施設入所児童早期 家庭復帰促進事業」を加えました。それは、短期的な事業であり恒久的な職員雇用ではあ りません。 次は、児童虐待防止法の第五条の3の具体化が求められます。児童養護施設では、第四

- 78 -


十二条の3の児童6に対する職員1を児童2に対する職員1へと改正するよう要望してき ましたが、施策として、そこには手を付けず、加算事業の名目で予算を割り振ることにな りました。 主な加算事業は、 ・ 家 庭 支 援 専 門 相 談 員 (フ ァ ミ リ ー ソ ー シ ャ ル ワ ー カ ー )の 配 置 ・被虐待児個別対応職員の配置 ・被虐待児受入加算 この内、家庭支援専門相談員は、施設入所児童の早期家庭復帰等を図るため、施設入所 前から退所まで、更には退所後のアフターケアに至る総合的な家庭調整を担う家庭支援専 門 相 談 員 ( フ ァ ミ リ ー ソ ー シ ャ ル ワ ー カ ー ) を 配 置 す る 。( 乳 児 院 、 児 童 養 護 施 設 、 情 緒 障害児短期治療施設、児童自立支援施設を対象) となっています。

ケースワーカー

ケ ー ス ワ ー カ ー に つ い て は 、現 在 で は 、ソ ー シ ャ ル ワ ー カ ー と 表 現 す る 場 合 も あ り ま す 。 先進的な児童養護施設では、専任のケースワーカーを配置しています。これまでは、ケー スワーク的業務も保育士や児童指導員、つまり直接処遇職員全員が関わっていましたが、 欠点としてケースワークの一貫性を保つことが難しく、その上、人格障害や虐待を行った 保護者等々、対応に関して直接処遇職員の精神的疲労が児童対応以外で蓄積する傾向にあ ることです。つまり、ケースワーカーは、児童指導員や保育士のケースワーク業務を分離 し、その部分をソーシャルワーク的に行う専任の職種と言うことになります。今後、求め られていく職種になると信じています。将来的には、社会福祉士の活躍の場になればと期 待しています。

ケースワーク担当者の業務 子どもは、本来、家族と共に過ごすものです。しかし、被虐待児や明らかな養育意識怠 慢、保護者の所在不明等、難しいケースが存在していることも事実です。ケースによって は、きっかけを与えれば、家庭復帰も考えられる場合もあり、そのきっかけは、保護者へ

- 79 -


のカウンセリング、児童の行動特性緩和、関係機関との協力態勢等、ケースワーク的技術 によるものが多々あります。 児童の個性に対する対応についても、担当者にお任せ状態では、適切な、そして、一貫 性を持った対応に疑問をいだかせてしまいます。職員がチームとして各個性に対応してい くために、コーディネーター的役割を担うケースワーク担当者の役割を家庭支援専門相談 員と個別対応職員で分担します。

ケースワーク担当者の業務内容 ・児童相談所との連絡調整。 ・入所児童担当者決定…施設長を中心に職制と協議し、担当者に告知確認を行います。 ・入所児童措置前調査…保護者との面談、居住地域調査(民生委員・児童委員、保健師と の面談) ・一時保護所への面会…担当保育士と共に面会に行く。 (児童福祉司が連れてくる場合有) ・各種手続き…住民票の異動や転校手続き、入所措置の手続き等。 ・入所受入れ準備…受入れユニットに於ける、生活用品チェック、ケアファイル準備。 ・入所受入れ…担当保育士と共に受け入れ、入所時に於ける緊張を極力和らげるよう配慮 します。 ・各種ケア記録の整備…児童相談所提出書類の記入・提出。 ・ケア会議の開催…ケア資料の作成及び担当保育士への資料準備依頼。会議の招集。 ・ケース記録を職制に回覧し、確認後、ケアファイルに綴ります。 ・必要に応じ、家庭訪問あるいは、保護者との面談を行います。 ・面会、外出、外泊の調整、受入れの調整を行います。事務所の面会室にてケースワーク 担当者が保護者と面談し、児童は、例えば、外泊の場合、担当保育士と共に外泊準備をし て面会室にきます。 *ケースワーク担当者の休日設定には、十分な配慮が必要であり、例え、休日であっても ケースワーク上、必要であれば駆けつけるだけの責任感を要する業務であります。 ・ケアファイルの整理…児童の全体像が把握できるよう整理し、担当が変更されても処遇 の一貫性が保たれるようにします。 ・アフターケアの調整…児童の退所後も児童の状況に応じ、企業訪問をしたり、里帰り等 の児童への園内宿泊調整を行ったり、各種相談に応じたり等を行います。

- 80 -


・事件処理…入所児童が触法行為等の事件を起こした場合、その処理を行います。 ・担当児童の他に全児童と年間最低1回を目標に個別面談を実施します。ここが、ケース ワーク担当者としての本領発揮の場面です。

10

心理療法担当職員

被虐待児や情緒的に不安定な児童、反社会的・非社会的行動特性を表現する児童、性格 の偏りを示す児童等、発達課題への対応が必要な児童には、心理療法士による心理療法や カウンセリング等を個別に実施します。 1.心理療法室の完備 児童養護施設で心理療法を行う場合、 ①心理療法室が現実の日常生活場面と同敷地内にある。 ②心理療法士は、複数児童を担当する。 ①は、児童にとって生活場面と心理療法場面の切替えや、気持ちの切替えが難しいと言 う面が挙げられ、②は、児童にとって心理療法士が自分にとって唯一の相談相手として成 立しにくいと言う側面も併せ持っています。 これらの要因を少しでも緩和するために、児童が生活場面である建物から一旦外に出て 心理療法室棟の玄関から入り心理療法室に来室すると言う環境的な配慮が求められます。 生活場面から心理療法場面への切替えを生活場面の玄関と心理療法場面の玄関で比較的容 易に行えるようにします。 また、生活場面から独立した場所に心理療法室があることによって、心理療法場面の玄 関を入ったら、心理療法士は、その場面において、自分にとって唯一の相談相手であると の認識が持ちやすいとの利点が生じることになります。 心理療法室は、複数準備します。これは、同時間帯に複数の児童の心理療法を行うと言 う利便性ではなく、雰囲気や機能の異なる部屋を準備しておくことによって、児童の心理 療法過程や、その日の心理状況によって部屋を使い分けるためです。 2.心理療法の場面設定 臨床心理において、生活場面と心理療法場面は、物理的にも心理的にも構造上、区分け す る と の 考 え 方 が あ り 、心 理 療 法 士 は 児 童 の 生 活 場 面 に 関 わ ら な い と の 姿 勢 が 一 般 的 で す 。

- 81 -


しかし、児童養護施設においては、前項である程度の改善は図っているものの、心理療 法室が生活場面と同敷地内にあるため、児童が、心理療法場面の他の時間帯に心理療法士 と出会ったり、他児童や職員との関わりを見たりと言う場面に遭遇することは、容易に想 像できます。 従って、児童養護施設における心理療法の方向性として、心理療法士を生活場面から完 全に切り離すのではなく、心理療法士が生活場面に関わりながら児童の愛着の再修復やP TSDへの心理療法を行うことにより、愛着対象が児童にとって分かりやすく、愛着形成 を効果的に促しながら被虐待児への心理面でのケアを進めていくことが必要です。 このことを通し、被虐待児を取り巻く生活環境(日常生活状況)の情報を自分の目で確 かめることによって、児童理解ができ、心理療法の方針や技法の計画が、児童に合った形 で構築できます。また、心理療法による影響が生活場面にどのように表出されているかの 確認も容易になります。 3.個別対応職員・家庭支援専門相談員との連携 心理療法士にとって、守秘義務は、厳守しなければなりません。しかし、児童養護施設 という特異な環境では、個別対応職員・家庭支援専門相談員との連携の中、生活の中での 心理療法を進めるに当たり、児童にとって利益をもたらすような情報共有は必要であり、 それが児童の処遇効果にも影響し、心理療法との効果的な相互作用を生み出すと考えられ ます。特に心理アセスメントを図る場合、情報は多ければ多いほど、多角的に心理療法の 目的が構成しやすく、児童との目的の共有に当たっても、児童が理解しやすい心理療法の 目的を示すことができると言う利点があります。 また、個別対応職員・家庭支援専門相談員との連携において、職員が児童への理解を深 め、児童処遇の方向性が導き出されたり、対応に余裕ができたり等の効果も十分に期待で きます。そういう意味で心理療法士は、職員へのメンタルサポート的な側面も併せ持つこ とになります。 心理療法による効果は、心理療法の場面だけで得られるものではありません。心理療法 により表出された児童の内面を理解することによって処遇方針を適切な方向へと導きだ し、生活場面へと適用させていく、その過程において初めて心理療法の効果が現実場面で 表出します。 従って、児童養護施設で心理療法を導入するに当たっては、個別対応職員・家庭支援専 門相談員との連携が必要不可欠な要素である���考えられます。

- 82 -


11

調理室と栄養士

児 童 養 護 施 設 に お け る 食 事 提 供 の 基 本 は 、「 温 か い 食 べ 物 は 温 か い う ち に 、 冷 た い 食 べ 物 は 冷 た い う ち に 」、 子 ど も た ち に 味 わ っ て 貰 う に な る と 思 い ま す 。 従って、子どもたちの生活時間に合わせて、業務を組み立てていくことが大切です。子 どもたちが食事をする時間に合わせて、時間を逆算し調理の手順を組み上げていきます。 調理済みの料理は、時間の経過と共に味が落ちていき、雑菌混入のリスクが増していき衛 生的にも良くありません。 また、アレルギー児童への配慮も必要です。卵、乳製品、小麦粉、大豆、そばなどの食 物アレルギーを持った児童が措置されてきた場合、対応を検討し、十分な配慮を行うこと が大切です。特に除去食を行う場合は、調理器具から食器に至るまで細心の注意を払うこ とが求められます。 現代社会における調理業務は、調理内容が複雑になり手間もかかり重労働と言えるでし ょう。また、情報は、年々更新され、常に最新の正しい知識を得ていく勤勉さも求められ ます。 児 童 養 護 施 設 の 調 理 室 に と っ て 重 要 な こ と は 、調 理 員 同 士 の チ ー ム ワ ー ク は 勿 論 の こ と 、 栄養士(管理栄養士)との協調体制です。栄養士(管理栄養士)を中心に調理員と定期的 に子どもたちへの適切な食事提供や衛生管理について学習会を設け、日々、精進と研鑚を していく姿勢が求められます。 調 理 室 に お い て 、栄 養 士( 管 理 栄 養 士 )と 調 理 員 の 関 係 を 端 的 に 表 現 す る と 、栄 養 士( 管 理栄養士)の管理栄養に基づいた食生活計画を調理員が実行していく関係です。 従って、栄養士(管理栄養士)は、調理員の実行力を常に把握し、時には、アドバイス を行い、不適切な実行に関しては、指導を行うこともあります。それらの行為は、全て、 子どもたちの口に入る物を扱っていると言う緊張感から派生するのが原則です。仮に人間 関係のもつれから感情的な対応が行われた場合、本末転倒と言うことになります。 調 理 員 が 栄 養 士( 管 理 栄 養 士 )を 従 わ せ る と 言 う 関 係 は 、一 般 常 識 と し て あ り 得 ま せ ん 。 仮にその様な事実が合った場合は、非常識な事実として捉えて下さい。 栄養士(管理栄養士)の雇用が決まったら、すぐ、調理室に入る状況は、結果的には、

- 83 -


栄養士(管理栄養士)が調理室のペースに巻き込まれてしまい、本来の栄養士としての業 務が停滞してしまうという危険性があります。栄養士(管理栄養士)が十分な準備を整え た上で、調理員との関係構築が出来るよう、準備期間を設けて調理室に入るようにしたほ うが妥当でしょう。 第一段階…検便(細菌検査)を実施し、異常なしの結果後、調理室に足を踏み入れる。 第二段階…雇用月は、前任者の献立表と発注表で進め翌月分からの献立表と発注表を作 成する。 第三段階…調理室の現状把握後より本格的に管理栄養業務を開始する。 新しく来た栄養士が急いで自分のペースを構築しようとすると「今までのことを何も知 らないのに口を挟むな」等の感情的なやりとりが展開されると予測でき、不必要な人間関 係のもつれに発展します。初勤務月については、予定献立表があり、それに伴う発注業務 と調理業務が進行されており、勤務ローテーションも組まれています。まずは、調理の段 取り、衛生管理、食育への意識等の現状把握に努めます。 栄養士の主な業務 ・献立表の作成。食育計画の作成。 ・食料品の発注、配分。 ・調味料、乾物等の管理配分。 ・保存食(防災用)のストック管理。 ・調理責任者。特に衛生管理については、十分配慮します。 ・行事時に於ける献立計画、調理責任、記録を行います。 ・嗜好調査を年2回実施。 ・検便の回収等、保健所との連絡調整。 ・食事と子どもの健康、脳の発達、心の発達への影響について研究。 ・給食会議を月1回実施運営。 ・調理員の調理状況、特に衛生管理や調味料の使いすぎ、冷蔵庫の状況等を定期的にチェ ックします。 ・ 給 食 新 聞 の 発 行 。( 食 べ 物 や 栄 養 に つ い て ) ・その他

- 84 -


12

調理室業務例

大切な「食」を担っている調理室に関する概略であり例ですので、参考程度に捉えて下 さい。各福祉施設の調理場毎にシステムが違うことをご理解下さい。

業務の流れ 午前中 ・調理室解錠 ・残留塩素濃度測定(水質検査) ・調理台等消毒、食材料・調味料確認等準備 ・朝食・弁当調理・加熱 ・配膳 ・夕食食缶洗浄 ・保存食の採取及び保管 ・残菜の処理等片付け ・調理機械及び器具の洗浄・点検 ・栄養士との打合せ(昼食・夕食・翌日朝食) ・全体朝礼 ・調理室の清掃・点検 ・朝食食缶等洗浄 ・調理台等消毒、食材料・調味料確認等準備 ・昼食調理 *余裕があれば、夕食の仕込み ・昼食加熱(蒸す、煮る、炒める、揚げる、焼く) ・配膳 ・保存食の採取及び保管 ・残菜の処理等片付け 午後 ・調理台等消毒、食材料・調味料確認等準備

- 85 -


・食材料の点検、計量、取り出し ・食材料の下洗い、皮むき等々の仕込み *翌日朝食・弁当の下準備 ・昼食食缶等洗浄 ・定期的な清掃消毒及び拭き取り棚卸し等 *冷凍冷蔵庫、乾物倉庫、調理室等 ・夕食加熱(蒸す、煮る、炒める、揚げる、焼く) *揚げ物、焼き物メニューの時は人員を確保 ・配膳 ・保存食の採取及び保管 ・調理機械及び器具の洗浄・点検 ・残菜の処理等片付け ・残留塩素濃度測定(水質検査) ・調理室施錠 主な測定項目 ・残留塩素濃度測定(水質検査) ・残菜量の計量 ・検品時、冷凍、冷蔵食品は、箱内温度を非接触温度計で計測 ・特に冷凍食品を加熱した場合、中心温度を測定 ・塩加減は、勘に頼らず塩分濃度計で測定 衛生管理業務 毎日 ・調理台、シンク、仕分け用ザルの消毒 ・食器、スプーン、箸、食缶類、盛り付け用具等の洗浄及び点検 ・洗浄済み食器、スプーン、箸、食缶類を確認し、消毒 ・調理終了後の機械、器具類の洗浄及び点検整備 ・作業終了後の調理室、検収室、準備室、冷凍冷蔵庫、調味料倉庫等の清掃及び整理整頓 ・調理室、検収室の廚芥及び残菜の処理 ・廃油、空き缶、空き箱等の指定場所への移動 週1回以上

- 86 -


・冷凍冷蔵庫の内壁、天井及びラックは、毎週1回拭き取り ・フード、食器食缶消毒保管庫、機器の消毒は、毎週1回拭き取り 月1回以上 ・調理室、検収室、準備室の腰壁、棚等は、月1回以上消毒及び拭き取り ・乾物倉庫の棚卸しを、毎月1回行う。その際、棚拭きを行う ・調理室、検収室、準備室のガラスは、月1回拭き取り ・グリース阻集器の清掃(月1回)*性能により回数が変化 調理及び衛生管理以外の業務 ・検収済みの食材料の検収室、冷凍冷蔵庫、乾物倉庫への収納 ・乾物倉庫の棚卸しを、毎月1回行う。その際、棚拭き ・検食、保存食の採取及び保存食の保管(2週間) ・食事終了後、食缶、残菜等を調理室へ移動 ・調理室の鍵の管理及び開閉 ・献立変更があった場合、管理栄養士へ報告

最 も 重 要 な 原 則 は 、「 人 の 口 ( 身 体 の 中 ) に 入 る も の 」 を 取 り 扱 っ て い る と 言 う 緊 張 感 です。また、子どもたちの成長に大きな影響力を持つ「食」を大切に考え、日々、工夫と 精進を重ねていく姿勢が求められます。 調理室では、子どもたちの健康と成長、そして安全を守るために、様々な業務を日々担 っていますが、その大変さは、意外と知られていません。 もし、調理員さんと関わる機会がありましたら、是非、労いの言葉を掛けて下さい。

13

主任業務について

「主任」は、職員のリーダー的存在であり、管理職と一般職の仲介者の役を担います。 つまり、一般職員の気持ちも分かれば、管理職の気持ちも分かる存在であり、かつ、双方 の職責も理解していなければいけません。そう言った意味では、職場の中で重要な立場で あり、難しい職責を担っていると言えます。 主任の業務内容

- 87 -


・各種記録用紙の準備。所定の位置に配置、配布します。 ケア記録表、研修報告書、支出伺、日誌等 ・各種記録の回収。確認後、施設長の確認を貰います。 ・各種記録の記入の仕方や事務手続き上のシステムを職員に教え徹底します。 ・職員の心身の状態を常にチェックし適切な業務配分を臨機応変に行います。 ・職員のリーダー的存在であり、職員間の人間関係の調整、職員からの相談受付やアドバ イス等を行いチームワークの調整を行います。 ・行事等、計画→実施→振り返りを徹底すると共に、業務の役割配分を行い、役割の進行 状況をチェックし、時には、アドバイス、注意等行いながら職員の育成を行います。行事 計画書、実施報告書の整理を行います。 ・日常の処遇の中で職員の育成を行います。 ・職員が外部の研修会に参加した場合、研修報告会を実施します。 ・施設長不在時の責任者代行を担います。 主任指導員 ・児童相談所関係書類の作成提出。 ・児童福祉施設研究会との連絡調整。 ・児童指導員実習生の受入れ指導。学校との調整、書類の記入提出。 ・防災関係(消防署との連絡調整)の書類作成。 ・ボランティアの受入れ調整担当者。 ・グループワークのリーダー。 ・児童指導員打合せ会の実施。勤務ローテーションの調整。 ・児童指導員の業務(行動)把握と育成。 ・児童指導員業務日誌の記入。 ・職員会議の議事作成。 ・ 次 年 度 、 事 業 計 画 に 関 わ る 書 類 作 成 。( 3 月 ) 防 災 関 連 、 年 間 行 事 計 画 書 、 年 間 研 修 予 定表、行事関係予算申告書他 ・進路・進級関係の調整。幼稚園、小学校、中学校、高等学校との連絡調整。 ・園だよりの作成、配布。 ・子ども会の招集、実施。記録者、司会者の選任。 ・ 児 童 へ の 情 報 提 供 の 徹 底 。( 土 日 祝 祭 日 の 予 定 を 2 週 間 前 に は 、 伝 達 ・ 広 報 し ま す 。)

- 88 -


・ 児 童 指 導 員 の 育 成 。 マ ン パ ワ ー の 強 化 に 力 を 注 ぎ ま す 。( 各 種 研 究 会 の 計 画 実 施 ) ・その他 主任保育士 ・保育士会との連絡調整。 ・保育実習生の受入れ指導。学校との調整、書類記入調整。 ・日中保育の運営管理。 ・部署の運営管理、現場責任者。 虐待や感情による児童への対応について予防あるいは、指導を行います。衛生管理等、 確実に行われているか光熱水費等の無駄使いをしていないか生活の基本になる指導を行い ます。 ・保育士打合せ会の実施。休暇表調整。 ・日誌のチェック。ユニットでの引継ぎ事項のチェック及び指導。 ・ 次 年 度 、 事 業 計 画 に 関 わ る 書 類 作 成 。( 3 月 ) ユ ニ ッ ト 運 営 マ ニ ュ ア ル 、 保 育 士 関 係 予 算(衣類、日用品他)申告書他 ・ 日 用 品 、 衣 類 等 の 管 理 責 任 者 。( 給 食 関 係 は 、 栄 養 士 に 任 せ ま す 。) ・ 保 育 士 の 育 成 。 マ ン パ ワ ー の 強 化 に 力 を 注 ぎ ま す 。( 各 種 研 究 会 の 計 画 実 施 ) ・その他

14

中間職(係長・課長級等)の業務

社会福祉法人毎に組織図の構成は、違いますので、全ての児童養護施設に係長・課長級 の職責があるということではありませんが、参考のために業務内容を列記しています。

運営管理業務 ・勤務ローテーション表清書(各部署より下書き収集) ・情報収集と職員への周知徹底(週報作成配布) ・月間行事予定表作成配布(児童用月間行事予定表含む)…前月に配布 ・ケース記録チェック(全児童分、毎月)助言及び講評 ・職員の勤務状況等全体掌握(助言及び注意含む)

- 89 -


・職員からの相談受け入れ(場合によっては、業務調整) ・児童動静全体掌握(夕方の入浴支援及び夕食同席含む) ・新任職員研修の企画及び実施 ・職員会議及び内部運営委員会の議事進行(議事内容及び資料事前配布含む) ・ボランティア受け入れ調整 ・職員オリエンテーション(4月)の資料作成(年間行事予定表・年間研修予定表等) ・行事計画等、職員からチェックを求められた場合のチェック作業 ・緊急時の緊急出勤(特に職員より呼び出しがあった場合) ・行事等の片づけが遅くなる場合、終了するまで残り、時には労いの言葉を掛ける。 ・児相とのケース検討会への出席(ケースワーカー或いは担当職員からの要請を受けて) ・ 保 護 者 に 対 し て ケ ー ス ワ ー カ ー 或 い は 担 当 職 員 か ら 要 請 が あ っ た 場 合 、 対 応 す る 。( 心 理的配慮が必要な保護者からの電話等) ・児童が触法行為や家出を行った場合の戒めの対応を行う。 ・要望解決第三者委員会のコーディネート ・幼稚園迎え、通院、小規模児童養護施設宿泊等、人員不足への対応。 ・環境整備及び営繕 ・「 現 場 は 主 任 を 中 心 に ま わ っ て い く 。」 が 組 織 と し て 理 想 で あ り 、 施 設 長 と 主 任 と の 中 間的役割を担う。

施設長補佐的業務 ・事業計画書・事業報告書案作成 ・中間事業報告書案作成(中間行事実施報告書及び中間研修実施報告書含む) ・指導監査に向けての役割分担及び資料準備 ・各学校実習連絡会出席 ・施設見学者受け入れ調整 ・緊急時の判断及び指示(施設長不在時) ・緊急対策本部設置に於いて、施設長不在時は、本部長業務を行う。 ・職員求人採用試験等の段取り調整 ・行事実施及び準備、片づけには、極力最初から参加し、児童及び職員の安全を確認。 ・卒業生来園時の対応

- 90 -


児童養護施設で働くあなたへ、あなたは、どのような職種、あるいは立場で働いていま すか。役割分担は、業務を効率的に進めていく上で必要不可欠ですが、同時に、各役���の 相互協力が重要です。 また、自分の職種や立場以外の業務内容を理解しておくことも大切なことです。チーム ワークを構築する上で最低限必要な要素と言えます。 普段の業務については、極力業務省力化に努め、少しでも子どもたちと関われる時間を 増やす努力を怠らないように心がけましょう。

15

自己チェックリスト

OJT( On-the-Job Training) は 、 職 務 遂 行 を 通 じ て 管 理 者 が 部 下 に 対 し 、 意 図 的 ・ 計 画 的 な 指導・育成をマンツーマンで行うことと定義されていますが、簡単に表現すると、仕事を 通じた職場での教育訓練となります。 そ の OJT の 内 容 に は 、 部 下 及 び 管 理 職 の ス キ ル ア ッ プ を 図 る 、 様 々 な プ ロ グ ラ ム が 含 ま れています。もちろん、プラン・ドゥ・シーの理念もあり、数々のチェックシートが用意 されています。 児 童 養 護 施 設 で 働 く あ な た へ 、 子 ど も た ち へ の 対 応 の 中 で 、「 反 省 し な さ い 」「 自 分 の や っ た こ と を 振 り 返 り な さ い 」「 同 じ 過 ち を 何 度 も 繰 り 返 す な 」 等 々 の 言 葉 を 発 し た こ と があることでしょう。しかし、考えてみて下さい。あなた自身は、自分の仕事を系統的に チェックし振り返りを行っていますか。あなたが子どもたちに助言していることを、その ま ま 、 自 分 自 身 に も 助 言 を 与 え て 下 さ い 。 子 ど も た ち は 、 敏 感 で す 。「 大 人 は 勝 手 な こ と ば か り 言 う 」「 僕 た ち に 注 意 す る け れ ど 、 自 分 は ど う な ん だ 」 と の 、 子 ど も た ち の 声 が 聞 こえてきませんか。 OJT に 含 ま れ る チ ェ ッ ク シ ー ト 内 容 を 児 童 福 祉 用 に 一 部 文 言 を 変 え て リ ス と し ま し た の で、自己チェックに役立てて下さい。チェック項目が、全て○であれば、あなたは、立派 な社会人であり、子どもたちの良き支援者となり得ていることでしょう。もし、×があれ ば、○に替わるよう、自己啓発しスキルアップを図りましょう。

- 91 -


1)処遇面でのチェックリスト 「支援目標設定」に関してのチェックリスト 1.目標は支援計画(児童の成長、環境の変化、情緒的特性等)に基づいて設定されてい る。 2.的確な現状分析に基づいた目標になっている。 3.同僚職員との間で目標項目の差がある場合、その理由など十分に話し合い、両者納得 の上、設定している 4.目標レベルに対して同僚間で意見の相違がある場合、その理由など十分に話し合い、 両者納得の上、設定している。 5.目標には自分の成長(児童への理解度を深める等)を促すテーマが取り入れられてい る。 6.目標達成に向けて、担当者が優先的に支援すべき内容があげられている。 7.目標は、達成度(児童の成長)が具体的に測定できる表現になっている。 8.目標は、ケース会議等で同僚職員の合意を得ている。 9.目標達成の阻害要因を想定し、その代替案を十分検討している。 10. 目 標 が 同 僚 職 員 や 関 係 機 関 と の 協 力 で 推 進 さ れ る 場 合 、 自 分 と 同 僚 職 員 、 関 係 機 関 の かかわり方を十分に詰めている。

ほめ方と叱り方のチェックリスト ほめ方チェック 1.あなたは、こどもの良い所や長所を見つけようとしていますか 2.あなたは、こどもの良い点に気づいたら具体的な事実をそえてほめられますか 3.あなたは、気持ちをことばだけでなく態度でも表現できますか (肩をたたく、握手するなど) 4.あなたは、こどもを皆の前でほめることができますか 5.さらに頑張ろうと励ましていますか 叱り方チェック 1.あなたは、こどものまちがいや失敗に気づいたら叱ることができますか 2.あなたは、感情的にならず冷静に叱ることができますか 3.あなたは、説教ではなく簡明に叱ることができますか

- 92 -


4.あなた自身、叱った後で気持ちの区切りをつけることができますか 5.あなたは、叱った後きちんとフォローし、こどものやる気を削がないようにしていま すか 6.あなたは、叱るこどものトラブルの起こった状況や環境、そしてこどもの気持ちや能 力を把握していますか 7.あなたは、叱ったこどもと一緒にトラブルの原因を探求していけますか 8.あなたは、原因を発見した後の対処や次のトラブル防止への助言を的確にしています か

2)社会人としてのチェックリスト 勤務態度のチェックポイント 1.執務中は仕事に集中している。 2.私用でやたらに職場を離れるようなことはしない。 3.書類の取り扱いには十分注意する。 4.職場にふさわしい身だしなみを心掛けている。 5.机やロッカー等身のまわりの整理整頓を心掛けている。 6.物品を大切に、公私の区別をつけている。 7.私用の電話はつつしみ、長電話はしない。 8.守秘義務には十分注意している。 9.職場の人間関係を良好に保っている。 10. 職 場 を 明 る く 保 つ よ う 努 力 し て い る 。 きちんと度チェックポイント 1.あなたは、社会人らしい落ち着いた服装をしていますか。 2.あなたは、清潔さ(髪・顔・手・爪)に気を配っていますか。 3.あなたは、社会人らしいことば遣いをしていますか。 4.尊敬語・謙譲語・丁寧語を正しく使い分けていますか。 5.敬称は、正しく使っていますか。 6.あなたは、どんなときにも、笑顔で丁寧な応対に気をつけていますか。 7.あなたは、横柄な態度の応対にならないように気をつけていますか。 8.あなたは、誰にも礼儀正しい応対ができますか。

- 93 -


9.あなたの机の上や、机の中は、いつも整理・整頓されていますか。 10. あ な た に 必 要 な 書 類 は 、 常 に 分 類 整 理 さ れ て い ま す か 。 身だしなみのチェックポイント 1.常にさわやかで活動的な身だしなみを心掛けている。 2.服装はいつも清潔である。 3.社会人らしい服装やアクセサリーを心掛けている。 4.履き物は活動的なもので、常にきれいで磨いてある。 5.髪かたちは活動的に整えられている。 6.男性はヒゲ、女性は化粧に十分注意している。 7.手の指やツメはいつも清潔である。 8.口臭などで人に不快な思いをさせることはない。 9.二日酔など体臭にも気をつけている。 10. お し ゃ れ と い う こ と を 常 に 考 え て い る 。 指示の受け方チェックポイント 1.名前を呼ばれたら「ハイ」と明るく返事をしている。 2.メモと筆記用具を持って指示を受けている。 3.先入観を捨て、しっかりと聞いている。 4.指示の途中で発言していない。 5.5W1Hでチェックしながら、内容を確認している。 6.分からないときはその場で確認している。 7.日時、固有名詞は必ず確認している。 8.指示が重なったときは、自己流に判断せず、施設長・主任に確認している。 9.受けた指示は必ず復唱している。 10. 希 望 を 示 し 、 期 待 に 応 え る 旨 を 明 ら か に し て い る 。 報告の仕方チェックポイント 1.指示を受けた仕事は必ず報告している。 2.報告は必ず指示・命令者に行っている。 3.まず、結論から報告している。 4.経過や状況の説明は、事実に基づき簡潔に行っている。 5.事実と意見を明確に区別している。

- 94 -


6.中間報告を怠っていない。 7.悪いことほどスピーディに報告している。 8.理解しやすいようにデータを活用している。 9.状況に合わせ、口頭、文書の使い分けをしている。 10. グ ル ー プ ウ ェ ア ・ E メ ー ル を 効 果 的 に 活 用 し て い る 。

3)主任等、リーダーのチェックリスト 職員育成チェックリスト 1.仕事の割り当ては職員一人ひとりの能力、適性に合わせて実施している。 2.職員一人ひとりの特徴(長所短所、性格等)をよく把握している 3.職員と自己覚知について、よく話し合う機会を持つようにしている 4.仕事においてほめることと叱ることの使い分けはできている 5.感情的にならず常に冷静に接して対処するように心がけている 6.人材育成の重要性、必要性をよく認識し、自ら実践している 7.職員育成計画の進捗状況には常に気を配っている 8.職員育成計画の達成度を定期的にチェックしている 9.うまくいかないとき(スランプも含めて)は安易に放置せず、原因究明と対策にあた っている 10. 職 員 の 成 長 を 心 か ら 喜 び 、 そ の 喜 び を 表 現 す る こ と が で き る 会議、ミーティングの心得チェックリスト 1.目的を的確に掴んでいる 2.参加職員は明確にしている 3.参加職員には予め、必要情報は的確な形で伝えている 4.協力を必要とする人には予め根回しを試みる 5.予想される異論に対する検討を多角的、多面的に行っている 6.目的達成に対する効果、影響力などは十分に検討している 7.開催時期など、参加メンバーの負担にならない配慮をしている 8.時間などを十分に気を使っている 9.場の雰囲気づくりにも心掛けている 10. 会 議 、 ミ ー テ ィ ン グ 計 画 書 を 作 成 し て 、 会 議 、 ミ ー テ ィ ン グ に 臨 む よ う に し て い る

- 95 -


11. 会 議 、 ミ ー テ ィ ン グ の 目 的 ( 主 旨 ) を 参 加 職 員 に 共 有 化 さ せ て い る 12. 会 議 、 ミ ー テ ィ ン グ の 運 営 方 法 を は か っ た う え で 進 め て い る (例 え ば 、 発 言 時 間 は 1 人 何 分 以 内 な ど の 取 り 決 め を 行 う ) 13. 役 割 分 担 ( 司 会 、 書 記 、 時 間 係 な ど ) を 決 め て い る 14. 異 論 の 声 も 十 分 出 さ せ て い る 15. 納 得 の い く ま で 話 し 合 う こ と を す す め て い る 16. 会 議 、 ミ ー テ ィ ン グ が 主 題 か ら 外 れ た り 、 停 滞 し て い た ら 、 そ の 都 度 、 軌 道 修 正 の 働 きかけをしている 17. 発 言 の 少 な い 、 無 い 人 へ の 働 き か け も 怠 ら な い 18. 時 々 、 い ま ま で の や り と り を 要 約 し て 確 認 な ど し 合 う 19. 一 方 的 な 形 で 進 行 さ せ な い よ う 配 慮 す る 20. 決 定 事 項 を 要 約 し 、 参 加 職 員 と 確 認 し 合 う 指示・命令・連絡のチェックリスト 1.指示・命令は自分の言葉ではっきり伝えている。伝わりにくいところは、ツーウェイ (双方向のコミュニケーション)をやっている 2.指示・命令事項は、5W2Hを明確に示している 3.指示・命令の必要性を納得させている 4.相手の理解度を確認しながら指示・命令を行っている 5.質問できる雰囲気づくりを心掛けている 6.連絡は5W2Hを確認している 7.伝えた「つもり」で終わらず確認している 8.連絡の必要性を相手の立場で考えている 9.重要事項は文書で連絡するようにしている 10. 収 集 し た 情 報 は 有 効 活 用 を 心 掛 け て い る

児童養護施設で働くあなたの職場において、アンケート方式のプリントを作成し、職員 に回答して貰い、その結果を集計し、今後に生かしていく取り組みを進めていく、そのこ とを通して、職員一人一人の振り返りだけではなく、職場全体の振り返りにも繋がり、そ れが、職場の活性化に繋がっていくことによって、子どもたちが大人への安心感・信頼感 を取り戻していく、きっかけになっていくことでしょう。

- 96 -


第Ⅳ章

児童養護施設関連制度

児童家庭支援センター

児童福祉法 第44条の2 児童家庭支援センターは、地域の児童の福祉に関する各般の問題につき、児童、母子家 庭その他の家庭、地域住民その他からの相談に応じ、必要な助言を行うとともに、第二十 六条第一項第二号及び第二十七条第一項第二号の規定による指導を行い、あわせて児童相 談所、児童福祉施設等との連絡調整その他厚生労働省令の定める援助を総合的に行うこと を目的とする施設とする。 ②

児 童 家 庭 支 援 セ ン タ ー は 、厚 生 労 働 省 令 の 定 め る 児 童 福 祉 施 設 に 附 置 す る も の と す る 。

児童家庭支援センターの職員は、その職務を遂行するに当たっては、個人の身上に関

する秘密を守らなければならない。

児童養護施設運営の単体事業では、限られた空間での限られた利用者(児童)へのサー ビスと表現せざるを得ません。ただ、ボランティア活動が活発で、地域に対しては、開か れ て い ま す が 、「 ボ ラ ン テ ィ ア 活 動 を 受 け 入 れ る 」「 寄 附 金 を 頂 く 」 等 、 受 け 身 の 状 態 で す。これは、地域への福祉サービスと言う観点からは、地域への貢献不足と言えます。 今後の児童福祉展開を考える上で、子育て支援サービスとしての窓口を設置し、門戸を 開き、児童福祉サービスを展開していく、それが、被虐待児に対する対策や防止、DVに 対する対策や防止へと展開していくことでしょう。 1.児童養護施設の限界 児童養護施設の直接処遇業務を大きく4つに分けると 第一時的業務…児童処遇(24時間子どもたちの安全を守り子育てを進める) 第二次的業務…記録・ケース会議等(専門職としての業務) 第三次的業務…保護者や児相、学校等との連絡調整(関係機関との連携) 第四次的業務…アフターケア、地域への啓発 となりますが、現実は、第一時的業務から第三次的業務で精一杯の状況です。地域への

- 97 -


子育て支援サービスを展開していくには、人事システム、業務システムの改善が必要です が、現状でも、法定配置職員を上回る雇用体制で業務を進めています。 つまり、児童福祉法の職員配置数と労働基準法の労働時間への法律改正が連動していな いために、それが運営に支障を来していると言えるでしょう。現状制度内での児童養護施 設単体事業では、限界があり、なかなか、地域への子育て支援サービスへと展���していく ことは困難です。 2.児童福祉事業のセンター的機能 児童養護施設単体事業では、困難なことでも、そこにセンター的機能を担う事業が併設 されれば、相互利用と協調性で、地域への子育て支援サービスの貢献が充実したものへと 展開されていきます。 そ の セ ン タ ー 的 機 能 を 担 う の が 、児 童 家 庭 支 援 セ ン タ ー に な り ま す 。最 も 重 要 な こ と は 、 人材であり、児童家庭支援センターにはソーシャルワーカーが配置され、様々なケアマネ ジメントに対応していく可能性が秘められています。このソーシャルワーカーの存在が、 今後の児童福祉サービスの展開に必要不可欠と考えられます。 特に関係機関との連携及び連絡調整において、そのセンター的機能を担う児童家庭支援 センターの併設は、子育て支援サービス事業の一角をなす事業になると考えられます。 3.主な業務内容 児童家庭支援センターの主な業務内容は以下の通りです。 ①相談支援事業 ・受理相談(来園、電話相談、手紙、電子メール相談等) ・巡回、訪問相談 ・カウンセリング ・児童相談所からの委託による受理相談 中核をなす業務であり、最も地域住民に近い位置での業務になります。常勤職員1名、 非常勤職員1名、非常勤心理療法士1名の3名で相談業務に当たっていきますが、将来的 には、地域の母親経験者のボランティア活用も検討していく柔軟性を持っています。 児童相談所の補完的役割も大きな業務の一つです。児童相談所とは常に連携をとりなが らスピード感のある相談業務受付処理ができるようにします。 ②一時保護受託調整 児童相談所より児童養護施設へ一時保護の委託がある場合、児童養護施設の空き状況を

- 98 -


確認し児童養護施設のケースワーク担当者と共に受託調整します。 ③子育て短期支援事業の受託調整 具体的には、ショートスティ・トワイライトスティですが、児童相談所を通して依頼が あった場合にサービスを提供します。実際の受入れ部署は児童養護施設ですが児童相談所 と児童養護施設の仲介的役割を担います。また、児童相談所と連携をとりながらファミリ ーケースワークへの展開を図ります。 ④親子生活訓練室を利用してのファミリーケースワーク 児童養護施設児童と保護者との親子関係が不調で、一時帰宅等を拒む状態や被虐待ケー スで親子関係修復を試みる過程において一時帰宅の段階に入る前の状態等において、親子 を宿泊させ、その時の情態観察を心理療法士が行ってカウンセリングに結びつけるなど、 ワ ー カ ー も 一 緒 に 生 活 し 親 子 関 係 修 復 の 試 み を 行 い ま す 。( 児 童 養 護 施 設 家 庭 支 援 専 門 相 談員との連携) ⑤地域啓発事業 ・地域交流スペースの運営管理 ・子育てに関する講演会の実施 ・パンフレット配布等啓発、広報 地域交流スペースを活用することによって、地域住民が気軽に足を運べる開放的な空間 作りを心がけます。それが児童家庭支援センターの認知度へと繋がり、気軽に相談できる 場所として定着できるようにします。 パンフレットを作成し、公共施設の窓口に置かせていただいたり、子育てに関する講演 会等を企画運営したり等、啓発、広報活動にも力を入れます。 ⑥関係機関との連携及び連絡調整 ソーシャルワーカーがケアマネジメントを進める上で、重要な位置を占めるのが関係機 関との連携です。児童相談所、市町村、福祉事務所、児童福祉施設、児童委員、母子自立 支援員、母子福祉団体、公共職業安定所、婦人相談員、保健所、市町村保健センター、学 校等関係機関との連絡調整を通し、家庭に係る状況把握や支援計画の作成、子ども又はそ の保護者に対する必要な援助の検討を行います。 そ の 下 地 と し て 各 所 の 連 絡 先 、主 な 担 当 者 の リ ス ト 作 成 。各 所 の パ ン フ レ ッ ト 等 の 収 集 、 各所の事業内容の把握、連絡調整会議又はケース検討会等、実施に向けてのシステム構築 などを進めていきます。

- 99 -


児 童 養 護 施 設 で 働 く あ な た へ 、「 井 の 中 の 蛙 大 海 を 知 ら ず 」 で は 、 あ な た の 成 長 は ス ト ップします。現在の、児童福祉制度の中には、充実した制度もあり、それを活用できるか どうかは、あなた次第なのです。あなたが経営や運営は自分にとって関係ないと思ってい たら、児童福祉の発展は停滞してしまいます。積極的に制度を学び、活用できる、あるい は実現できると思ったら、企画書を作成し運営者へ提言していきましょう。

児童家庭支援センター職員資質

児童家庭支援センターの職員は、ケースワークやグループワークと言った範囲に留まら ずコミュニティワークも含めてソーシャルワーカーとしての資質が求められます。 1.地域の子どもの福祉に関する各般の問題に関する相談、必要な助言子育て支援に関す る相談業務であり、児童家庭支援センターの役割の中で最も重要な位置にあります。 ①関連法令の熟知 ・「 児 童 福 祉 法 」「 少 年 法 」「 生 活 保 護 法 」「 児 童 手 当 に 関 す る 法 律 」 等 ②児童の権利擁護に関する憲章他の厳守 ・「 児 童 憲 章 」「 児 童 権 利 宣 言 」「 児 童 の 権 利 に 関 す る 条 約 」 ③相談受付時の対応 ・カウンセリング技法の学習、可能であれば習得 ・自己確立と人格の修練(自分を磨く) ・人格障害や精神疾患への理解(クライアントを選択できない) ④その他必要と考えられる知識 ・「 保 育 原 理 」「 児 童 心 理 」「 社 会 福 祉 援 助 技 術 」 他 2.児童福祉法第26条第1項第2号、第27条第1項第2号の規定による指導 ①児童又はその保護者への指導を児童相談所長より委託される。 ②児童又はその保護者への指導を都道府県より委託される。 委託を受けた場合、適切に対応できるよう、指導方法の確立、受付書・報告書等記録整備 ノウハウの確立を成す必要があります。 3.訪問等の方法による要保護児童及び家庭に係る状況把握

- 100 -


①礼儀作法の修練と信頼に値する対応技術の訓練 ②保護者による児童虐待等への対応。発見した場合、速やかに児童相談所又は警察へ通報 できるシステム構築。 4.関係機関との連絡調整 児童相談所、市町村、福祉事務所、児童福祉施設、児童委員、母子自立支援員、母子福 祉団体、公共職業安定所、婦人相談員、保健所、市町村保健センター、学校等関係機関と の連絡調整を図るために、各所の連絡先、主な担当者のリスト作成。連絡調整会議又はケ ース検討会等、実施に向けてのシステム構築。 5.要保護児童及び家庭に係る支援計画の作成 「 親 子 関 係 修 復 」「 育 児 技 術 の 助 言 」「 関 連 機 関 の 紹 介 」「 関 連 制 度 の 紹 介 」「 カ ウ ン セ リ ン グ 又 は 心 理 療 法 の 実 施 」「 家 庭 訪 問 」 等 々 を 適 切 に 組 み 合 わ せ 、 支 援 計 画 を 作 成 し ま す。その際、クライアントに支援計画を十分に説明し理解を求め、共同作業であることを 認識してもらうことが重要です。 6.その他子ども又はその保護者等に対する必要な援助 現在の状況から脱却したい思いがあり相談してくるケースが殆どであると予測できます が、どんな些細な取り組みでも、そのクライアントの思いが僅かでも改善できれば、結果 論として良しとなるでしょう。従って、援助技術は規定の枠に囚われずに柔軟性を持って 必要な支援を模索していく努力が必要です。 7.総じて 児 童 家 庭 支 援 セ ン タ ー の 職 員 は 、豊 富 な 情 報 量 、俊 敏 な 判 断 能 力 、適 切 な 問 題 処 理 能 力 、 対 人 協 調 性 、書 類 作 成 能 力 等 々 を 総 合 的 に コ ン ト ロ ー ル 出 来 る こ と が 求 め ら れ ま す 。但 し 、 単独での行動や判断は、誤解・曲解等に対する自己修復が働きにくく、児童家庭支援セン ターでは、訪問面接相談等への複数行動、相談受付後、検討会議を経て対応策を決定する 等、常に主観ではなく客観性を持って業務を進めていきます。また、児童虐待・DV等を 発見した場合、速やかに関係機関へ通報する決断力も求められます。 8.児童家庭支援センターへの期待 児童家庭支援センターを運営するにあたって、最も重要で必要不可欠なのは、優秀な人 材であると認識しています。裏返せば、優秀な人材がいれば児童家庭支援センターは素晴 らしい機能を発揮できると言えます。

- 101 -


地域交流スペース

地域交流スペースが活用されれば、そこでの地域住民の交流や、ボランティア活動を通 し て 児 童 へ の 理 解 が 深 ま り 、子 育 て 支 援 に 対 す る 市 民 相 互 扶 助 の 精 神 が 啓 発 さ れ 、そ れ は 、 地域全体の活性化に繋がり、児童福祉の充実した魅力あるまちづくりが推進されるなどの 効果があります。 ホールや会議室は、原則として予約制とし公平性を持って管理します。掃除等の維持管 理については、ボランティア活動の一環として依頼したり等、単にお貸しするだけではな く地域資源の一部としての活用を啓発します。但し、児童養護施設の重要イベントでの使 用に関しては、事前にお知らせし使用への理解を求めます。 1.目的 ①ボランティア活動の拠点として活用 ②ホールを地域住民の軽スポーツやイベント会場として活用 ③会議室を地域住民会合の場として活用 ④児童養護施設児童と地域児童の雨天時遊び場として活用 ⑤児童養護施設のイベント会場として活用 ⑥災害時緊急避難場所として活用 2.ホールを地域住民の軽スポーツやイベント会場として活用 地域住民が気軽に利用できる開放的な福祉施設として認知されるためには、日常的に利 用できるサービスが必要です。平日にホールを開放し、バトミントンや卓球等、軽スポー ツを楽しむことが出来れば、地域住民も積極的に利用することが出来ます。 また、ミニステージ等を使い、ミニコンサート等の企画にも展開できます。地域交流ス ペースと言うハードを通して、様々な交流イベントへの展開が見込まれます。 3.会議室を地域住民会合の場として活用 地域社会には、様々な会合が開かれています。それらの会合の会場として利用していた だければ、自然に地域住民の方が福祉施設に入ってくることが出来ます。それは、地域住 民へのサービスと共に、社会福祉の啓発にも繋がっていきます。 4.児童養護施設児童と地域児童の雨天時遊び場として活用 晴天時に比べると雨天時は、子どもたちの遊び場が、明らかに少ない現状と、犯罪に巻

- 102 -


き込まれにくい安全な遊び場として、地域交流スペースは、十分に貢献できます。現在で も児童養護施設児童の学校友人が晴天時は勿論のこと、雨天時も遊びに誘いに来て、児童 養護施設内で遊んでいる姿は、日常の出来事です。 5.児童養護施設のイベント会場として活用 児童養護施設では、年間を通して様々なイベントがあります。4 月は進級・入学のお祝 い 、 12 月 は ク リ ス マ ス 会 、 3 月 は 卒 業 の お 祝 い 会 、 そ の 他 に も 、 日 本 古 来 か ら の 節 句 行 事 等があります。また、研修会、施設職員研究会、児相との協議会、小学校・中学校との懇 談会等も大切な場であり、それらの会場として活用できます。 6.災害時緊急避難場所として活用 1995 年 1 月 の 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 の 災 害 緊 急 避 難 場 所 と し て 、 多 く の 学 校 が 活 用 さ れ ま し たが、小規模スペースの公民館や地区集会所での避難生活の方が、少しでもストレスの少 ない避難生活が出来ていたことはご承知の通りです。阪神・淡路大震災の教訓を生かす意 味でも、地域交流スペースの災害緊急避難場所としての活用は不可欠です。自治区と協議 し調整を図ります。 7.事業展開の可能性 子育て支援職員を配置することが可能であれば、地域の小学 1 年生から小学 4 年生まで の学童保育を展開することができます。これは、放課後に児童が安心して過ごせる場所の 確保に対して有効な効果が十分に期待できます。 8.事業の複合化 児童家庭支援センター、子育て支援短期利用事業、親子生活訓練室等の事業を複合的に 活用し、その相互作用によって、より充実した地域住民への子育て支援事業の展開が期待 できます。 9.地域交流スペースの機能 ①ホール…地域住民の交流と文化活動振興、地域レベルの発表会や催し物等の場を提供 ②会議室…コミュニティ活動のための集会スペースの提供 ③ボランティア室…ボランティア活動の拠点スペースとしての提供 ④倉庫…地域住民からの寄贈物品保管、椅子・テーブル保管 ⑤トイレ…身障者トイレの完備 おわりに 児童福祉施設の限られた空間の中だけで子育てを終結するのではなく、地域住民の皆さ

- 103 -


んと共に、子育て支援を進めていく。そのことを通して、地域住民に少しでもお役に立て るよう地域交流スペースを活用していくことが望まれます。

低年齢児受け入れ

児童福祉法 第4条 この法律で、児童とは、満18歳に満たない者をいい、児童を左のように分ける。 1. 乳 児 満 1 歳 に 満 た な い 者 2. 幼 児 満 1 歳 か ら 、 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 す る ま で の も の 3. 少 年 小 学 校 就 学 の 始 期 か ら 、 満 1 8 歳 に 達 す る ま で の 者 第41条 児 童 養 護 施 設 は 、 保 護 者 の な い 児 童 (乳 児 を 除 く 。 た だ し 、 安 定 し た 生 活 環 境 の 確 保 そ の 他 の 理 由 に よ り 特 に 必 要 の あ る 場 合 に は 、 乳 児 を 含 む 。 以 下 こ の 条 に お い て 同 じ 。 )、 虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせ て退所した者に対する相談その他���自立のための援助を行うことを目的とする施設とす る。

児童養護施設には、原則として満1歳以上の子どもたちが入所してきますが、1歳から 2歳児は、低年齢児であり、特別の養育が必要です。 1.養育内容 ・幼児の健全な発育を促進し、その人格の形成を促します。 ・被虐待児などに対し、人の愛情を豊かに与える取り組みをします。 ・精神発達の観察及び支援毎日定時に行う食事授乳おむつ交換入浴外気浴及び安静並びに 定 期 に 行 う 身 体 測 定 の ほ か 、健 康 診 断 及 び 必 要 に 応 じ 行 う 伝 染 病 等 の 予 防 処 置 を 行 い ま す 。 ・幼児の保護者及び必要に応じ児童福祉司又は児童委員と常に密接な連絡をとり、幼児の 養育につき、協力を求めていきます。 2.勤務態勢 職員数は、児童対職員比率は2:1以上になる。職員の雇用に関して一日8時間週40

- 104 -


時間を厳守し、勤務ローテーション表を組み上げた場合、これでも、深夜は、夜勤1名体 制であり、朝・夜に関しても、2~3名の職員配置とならざるを得ません。但し、児童の 状況により、臨機応変、勤務ローテーションを再調整し、必要な時間に必要な人数が配置 できるよう最大限の努力をします。 3.調理について 幼児期の食事は、年齢や発達段階の状況によって、咀嚼能力も変わってくるため、各々 の個性に応じた食事の提供が求められます。また、栄養状態、疾病の有無、生活状況に応 じた食事提供の調整も必要です。調理は、衛生管理の行き届いた調理室で調理員が行い、 低年齢児受入の部署に持って行き、配膳するシステムが一般的です。

グループホーム型

児童福祉施設におけるグループホーム型事業は2種類あります。 ①児童養護施設分園型自活訓練事業 学校卒業等にともない退所が予定されている児童を1施設あたり6人程度、おおむね1 年程度の期間で適切な家庭生活訓練、社会適応訓練を行い、退所後の社会的自立を図るこ とが目的となっています。 実施場所は施設の外に、住所やアパート等、通常の生活に必要な設備を持った場所を用意 する等して準備することになります。 ②地域小規模児童養護施設 主として長期にわたり家庭復帰が見込めない児童を対象に、本体児童養護施設と一体的 に運営するものとして、地域の住宅地などに新たな小規模な施設(定員6名)を設置し、 近隣住民との適切な関係を保持しつつ、家庭的な環境の中で養護を実施することにより、 入所児童の社会的自立を促進するものです。 *2つの事業共に本体の児童養護施設機能を補完することが目的となっています。

「分園型自活訓練事業」 1

趣旨 児童養護施設分園型自活訓練事業は、施設入所児童が施設を退所する前の一定期間に地

- 105 -


域の中で生活体験を行い、併せて必要な訓練を行うことにより、社会人として必要な知識 ・能力を高め、もって社会的自立の促進を図るものである。 2

対象児童 施設長は、対象児童の選定に当たっては、一年以内に社会的自立を予定している児童を

優先すること。 3

訓練期間 訓 練 期 間 は 、就 職 前 等 概 ね 一 年 間 と し 、そ の 開 始 時 期 は 、高 校 三 年 進 級 時 等 と す る こ と 。

事業の実施

①事業は、緊急時において適切な対応がとれる場所で実施するものとし、児童の居室は、 男女を別にし、一室の定員は概ね二人とすること。 また、必要に応じて個室を設けること。 ②事業担当責任者には、原則として当該施設の児童指導員等直接処遇職員の内から適当と 判断される職員をあてること。 また、事業担当責任者を中心とした施設職員による指導訓練チームを編成するなど施設が 一体となった体制により実施すること。 ③事業担当責任者は、次の書類の作成及び管理を行い、効果的な指導訓練が行われるよう 努めること。 ア

年間指導訓練計画

個別指導訓練計画

入所児童の生活記録

その他、当該事業に必要な書類

留意事項

①対象児童及びその保護者等に対し、事前にこの事業の趣旨及び内容を十分に説明するこ と等により、事業の円滑な実施が確保されるよう留意すること。 ② 事 業 の 実 施 に 当 た っ て は 、事 故 防 止 、健 康 管 理 、衛 生 管 理 等 に つ い て 十 分 配 慮 す る こ と 。 ③指導訓練に当たっては、個性を尊重し、施設退所後の社会的自立への意識を高め、人間 関係の形成が円滑に行われるよう努めるとともに、地域社会や関係機関との連絡調整等に 十分配慮すること。 6

経費 本事業の実施に要する経費は、別に定めるところにより支弁を行うこととしているが、

- 106 -


支弁の対象は年度内における各月初日入所児童の平均が四人を超える場合に限ることとし ているものであること。

「地域小規模児童養護施設運営要綱」 1.目 的 地 域 小 規 模 児 童 養 護 施 設( 以 下「 地 域 小 規 模 施 設 」と い う 。)は 、現 に 児 童 養 護 施 設( 以 下 「 本 体 施 設 」 と い う 。) を 運 営 し て い る 法 人 の 支 援 の も と 、 地 域 社 会 の 民 間 住 宅 等 を 活 用して近隣住民との適切な関係を保持しつつ、家庭的な環境の中で養護を実施することに より、児童の社会的自立の促進に寄与することを目的とする。 2.運営主体 地域小規模施設の運営主体は、地方公共団体及び社会福祉法人等であって、すでに本体 施設を運営しているものとする。 3.対象児童 この施設の対象児童は、実親が死亡したり、行方不明等で、長期にわたり家庭復帰が見 込めないもの等とする。 4.定員等 この施設の定員は、本体施設とは別に6名とし、常に現員5名を下回らないようにする こと。 5.設備等 (1)日常生活に支障がないよう必要な設備を有し、職員が入所児童に対して適切な援助 及び生活指導を行うことができる形態であること。 ( 2 ) 個 々 の 入 所 者 の 居 室 の 床 面 積 は 、 一 人 当 た り 3 .3 平 方 メ ー ト ル 以 上 と す る こ と 。 なお、原則として、一居室当たり2人までとすること。 (3)居間、食堂等入所者が相互交流することができる場所を有していること。 (4)保健衛生及び安全について配慮されたものでなければならないこと。 6.職員 (1)地域小規模施設専任の職員として児童指導員又は保育士を2人置くこと。 (2)必要に応じ、その他の職員(非常勤可)を置くこと。 7.運営に当たっての留意事項 (1)地域小規模施設は、本体施設から援助が得られる等常に適切な対応がとれる場所で

- 107 -


実施するものとする。 (2)施設の運営に当たっては、児童相談所、福祉事務所、児童福祉施設、児童委員、学 校及び入所児童の家庭等と密接に連携をとり、入所児童に対する自立支援が円滑かつ効果 的に実施されるよう努めなければならない。 (3)特に地域における近隣関係については、児童は地域において育成されるという観点 に立ち、積極的に良好な関係を築けるよう努めること。 (4)本体施設から地域小規模施設に移行する児童及びその保護者に対しては、事前にこ の施設の目的及び内容を十分説明することにより、円滑な施設運営が実施されるよう留意 すること。 8.経費 本施設の運営に要する経費は、児童入所施設措置費交付要綱により、別に定める保護単 価を適用するものとする。

苦情解決制度

社会福祉法は、従来一部の自治体や民間で実施されていた福祉オンブズマン制度を、苦 情解決制度として法制度化しました。従来、社会福祉における利用者の立場は弱いもので あり、利用資格の認定や福祉サービスの利用の過程において、疑問や不満があってもそれ を援助提供者側に訴えることはできませんでした。苦情解決制度は、そのような利用者の 不満に解決の手段を提供するとともに、福祉サービスの質的向上にも寄与しようとするも のです。苦情解決制度の基本となる考え方は、次のようなものがあります。すなわち、 ①福祉サービスに関する苦情は、本来当事者である利用者と事業者のあいだで自主的に解 決されるべきである。しかし、 ②利用者の立場や属性から、自主的な解決というだけでは適切かつ公平な解決を期待する ことは難しい。したがって、 ③苦情解決の仕組みを、事業者の段階と都道府県の段階の二段階に設置するという考え方 である。となります。 苦情解決制度で取り扱う苦情の範囲は、 ①原則として、社会福祉法にいう社会福祉事業の範囲である。

- 108 -


②対象となる苦情は、福祉サービスに係るサービスの内容に関する事項である。 ③その範囲は、福祉サービスの利用契約の締結及び履行に関する事項である。 苦情解決の体制は、事業所におかれる苦情受付担当者、苦情解決責任者、第三者委員で 構 成 さ れ る 。 第 三 者 委 員 は 社 会 福 祉 法 人 の 評 議 員 ( 理 事 は 除 く )、 監 事 、 社 会 福 祉 士 、 民 生委員・児童委員、大学教授などから選任される。苦情解決の手順は、利用者に対する制 度の周知からはじまる。苦情申出人の範囲は、 ①福祉サービスの利用者、その家族、代理人。 ② 民 生 委 員 ・ 児 童 委 員 等 、利 用 者 に 関 す る 状 況 を 具 体 的 か つ 的 確 に 把 握 し て い る 者 で あ る 。 苦 情 を 受 け 付 け る の は 苦 情 受 付 担 当 者 で す が 、第 三 者 委 員 も 受 け 付 け る こ と が で き ま す 。 苦情受付担当者は、受け付けたすべての苦情を、苦情解決責任者と第三者委員に報告しま す。次の段階として、第三者委員の立ち会いのもとに、苦情申出人と苦情解決責任者は話 し合いによる解決に努めることになります。事業者段階で解決ができない場合には、都道 府県社会福祉協議会に設置される運営適正化委員会等についての情報提供を行うことにな っています。 都道府県段階における苦情解決は、運営適正化委員会において行われます。運営適正化 委員会は、利用者代表、事業者代表、行政関係者、公益代表などから構成されます。苦情 申出人の範囲は、事業者段階における苦情解決の場合と同様です。 同委員会における苦情解決は、 ①苦情の受付と内容の確認等 ②苦情解決方法の検討 ③事業調査 ④助言、解決方法の決定 ⑤苦情申出人と事業者の話し合いと不調の場合のあっせん案の作成と指示 ⑥結果の確認 ⑦苦情件数、処理結果等の公表 という手順で実施されます。

- 109 -


児童養護施設○○○○園 「福祉サービス要望解決第三者委員設置要項」

(目的) 1 要望解決に社会性や客観性を確保し、○○○○園における生活支援のサービスを受け る児童やその家族の立場や特性に配慮した適切な対応を推進するために、福祉サービス要 望解決第三者委員(以下「委員」という)を設置する。 (名称) 2 この委員の名称および所在地は次のとおりとする。 名称社会福祉法人 ○○○○園福祉サービス要望解決第三者委員 所在地 (委員の任命) 3 委員は、理事会に諮り、法人理事長が委嘱する。 (委員の員数) 4 委員の員数は、5名以内とし、委員は次の区分のうちから委嘱する。 (1)保護司1名 (2)児童委員1名 (3)学識経験者1名 (4)法人監事1名 (5)卒園者1名 (委員の任期) 5 委員の任期は、2年とする。ただし、留任は妨げない。 (委員の職務) 6 委員の職務は、次の通りとする。 (1)要望受付担当者からの受け付けた要望の報告聴取。 (2)要望を受けた旨の要望申し出人(児童及び保護者)への通知。 (3)要望申し出人からの要望の直接受付。 (4)要望申し出人への助言。 (5)○○○○園への助言。

- 110 -


(6)要望申し出人と要望解決責任者の話し合いへの立ち会い、助言。 (7)要望に係わる事案の改善状況等の報告聴取。 (8)日常的な状況把握と意見傾聴。 -2(要望) 7 対象とする「要望」は次の範囲とする。 児童の生活支援に係わる内容に関する事項。 (会議) 8 会議(要望解決第三者委員会)は、3ヶ月に1回開催する。ただし、緊急を要する場 合はその都度開催する。 (その他) 9 要項で定めるほか、運営については厚生労働省発令の「社会福祉事業の経営者による 福祉サービスに関する苦情解決の仕組みの指針について」による。 ま た 、全 国 児 童 養 護 施 設 協 議 会 に よ る「 児 童 養 護 施 設 に お け る 苦 情 解 決 の 仕 組 み の 留 意 点 」 (中間まとめ)を参考にしている。

付則 この要項は、平成

日から施工する。

- 111 -


第Ⅴ章

経営と会計

経営の課題点

子どもたちの安全と子育てを担う上で、24時間365日の支援体制が必要ですが、現 在(2008年)の職員法定配置人数と労働基準法の日8時間週40時間法令厳守との間 で矛盾が生じています。夜間態勢においても、大舎であれば宿直者2~3名でも小舎の場 合は、明らかに、その人数では、子どもたちの安全を守ることは困難でありますが、その 部分に関しての補助加算がないのが大きな課題点となっています。 また、子ども6名に対して職員1名の制度と労働基準法厳守の狭間で勤務態勢を組んで いくと、職員1名で子ども15名程度となってしまうことが多く、夜間は、更に職員1名 に対して子ども25名程度になり、課題を抱えた子どもたちが多い昨今の状況と支援体制 とのギャップを感じます。 保育士志望の求人者は、まず、保育所が優先されるため、児童養護施設を優先的に求職 す る 人 は 、残 念 な が ら 少 数 派 で す 。従 っ て 、優 秀 な 人 材 の ほ と ん ど が 保 育 所 へ 向 か う た め 、 そのような状況の中で優秀な人材を探し雇用に結びつけることに苦労しています。優れた 人材を選択して雇用したつもりでも、人間関係等様々な事象で年度途中退職者が出る場合 があり、年度途中の求人は、更に困難を極めます。 過去も、そして、これからも福祉を必要としている子どもたちは、家庭での養育が困難 な 子 ど も た ち で す 。家 庭 で の 養 育 が 可 能 で あ れ ば 、福 祉 を 利 用 す る 必 要 性 は な い で し ょ う 。 視点を変えて、これからは、どのような児童福祉サービスが必要となってくるかが重要 です。家庭での状況や子どもたちの特性が多種多様な傾向にある昨今、児童福祉も専門性 を細分化していく時代になってきたと痛感してます。 例えば、AD/HD専門、LD専門、PTSD専門、被虐待児専門、ぐ犯専門等です。 各々にその道の専門家が常駐し、特性に応じた専門的アプローチをしていくといったこと も検討していく必要性が求められていると考えます。また、家族への支援も重要です。子 どもたちが良い方向に向かっても家庭復帰した時、家庭が以前と変化のない状況では、元 に戻ってしまう危険性があります。 つまり、子どもたちへのケアと家庭へのケアを同時並行で行っていき、家庭及び地域へ

- 112 -


と戻る体制が整ってくれば、児童福祉施設は、人生の通過施設へと位置づけることができ るようになります。児童福祉施設に措置されて、高校卒業まで児童福祉施設で生活する。 このようなケースが1ケースでも少なくなるように願っています。 児 童 養 護 施 設 単 体 事 業 に お け る 、個 別 対 応 職 員 や 家 庭 支 援 専 門 相 談 員 、心 理 療 法 事 業 は 、 在籍児童及びその保護者への支援が中心となり福祉サービス拡充の範囲に限界がありま す。これからの児童福祉を考える上で、児童家庭支援センター等を併設し複合的に児童福 祉サービスを展開していくことが重要です。

児童養護施設で働くあなたへ、児童養護施設の経営状況を知ることは、福祉制度を知る ことに外なりません。制度は、更新されることがあり、その情報をいち早くキャッチし職 場に導入していくことが求められます。また、あなたなりのプランを構築し、各種研修会 等で発表したり、地方自治体に提言したりすることによって、これからの児童福祉展開を 図っていける力が、あなたにあることを認識しましょう。

事業計画と報告

事業計画を作成する場合、特に統一的なフォームがあるわけではありません。従って、 内容についても、様々な項目が挙げられます。そのため、事業計画は、事業内容や作成目 的に合わせて、各事業所に合ったものを作成することが大切です。 この事業という言葉が、皆さんは、馴染みにくいと思いますが、労働基準法的には、児 童養護施設も事業所であり、社会保険や所得税取扱いについても事業所として手続きして います。 只 、 業 務 的 に は 、 利 益 追 求 が 発 生 し ま せ ん の で 、「 事 業 」 を 「 目 標 」 と い う 言 葉 に 置 き 換えると分かりやすいと思います。 事業計画を作成する目的は、事業の内容を論理的に整理し、事業の目標を立てることで す。そして何よりも大切なことは、事業を行っていく上でそれを活用することです。事業 計画書を作成したのに見たのは、1度だけと言うことでは、事業計画書を作成した意味が ありません。自分たちの立案した目標を時々、チェックしていくことが大切です。 事業計画を作成する際には、事業目標を検証したり、事業活動を修正したりします。重

- 113 -


要なことは、達成可能なあるいは、努力すれば達成できそうな目標を掲げることです。 しかし、事業が計画通りにいけば良いのですが、未達成の場合も多々あることです。そ のため、事業計画を作成しても机上の仕事で現場には意味をなさないと思う人がいるかも しれません。しかし大切なことは、事業計画を立てることにより、目標を整理し文書とし て残し、事業の進むべき道筋を明確にした上で、事業を行っていくことでしょう。 事業報告を作成する場合、事業計画で立てた目標が達成したのか、どうかが重要です。 目標が達成した場合、どのような取組の結果、達成し、その効果(結果)がどうであった かを記入します。達成していない場合、その目標を次年度に継続するのか、それとも、達 成できるレベルに落とすなど目標を変更するのか等を検討する必要があります。 事業報告の場合、反省点とかは必要ありません。必要なのは、結果のみです。目標設定 は 、「 子 ど も の 利 益 」 が 伴 わ な け れ ば 意 味 が あ り ま せ ん 。 そ の 目 標 が 達 成 さ れ れ ば 、 子 ど も た ち は 、「 成 長 し て い る 」「 生 活 が 豊 か に な っ た 」 等 の 結 果 が 見 え る 目 標 を 設 定 し ま し ょう。また、職員の処遇内容の向上等も大切です。

児 童 養 護 施 設 で 働 く あ な た へ 、事 業 計 画 や 事 業 報 告 の 作 成 に あ な た は 携 わ っ て い ま す か 。 あるいは、職員会議等で提示された時、熟読していますか。事業計画は、児童養護施設の 1年間の方向性を示す、とても重要な文書です。是非、目を通すことと、可能な限り、そ の作成に関与できるよう職場に提案してください。

年度末の事務室

年度末の事務室は慌ただしい限りです。措置費は、自治体によって毎月、概算請求し精 算するパターンと4半期に分けて概算請求し精算するパターンとがあります。措置費単価 は流動性があり、年度の最終単価が決定したところで1年分の精算を行います。早めに年 度分の精算処理をしていないと、いつまでたっても決算処理ができないと言うことになり ます。措置費の精算は、ただ単に表を作成すれば良いと言うことではありません。証拠と なる証憑を整理し一緒に提出しなければならない訳です。 次 に 会 計 上 、仮 払 金 や 預 り 金 、小 口 現 金 処 理 が 発 生 し て い ま す が 、そ れ ら を 年 度 末 に は 、 0円にしておかなければいけません。

- 114 -


ま た 、例 え ば 電 気 代 や 水 道 代 、ガ ス 代 な ど に 代 表 さ れ る 支 出 は 、月 遅 れ で 請 求 が 来 ま す 。 つまり、3月に費用として発生したものが4月に請求される訳です。そのような費用は、 未払金として計上します。保険料など2年や3年契約など複数年に渡る契約がある場合、 未来の支出を先払いしている訳ですから前払金として処理します。措置費や補助金など今 年度分が4月に振り込まれることもあり、それらは、未収金として計上します。このよう に会計処理は複雑で考えようによっては、とても面倒な作業の繰り返しになります。 新年度の準備として、辞令書(業務辞令と給与辞令)を作成する、各種協定書、就業規 則の変更が理事会で承認されている場合は、最新の就業規則の整備、非常勤職員との労働 契約書等々を準備します。 勿論、3月分の給与支払を行わなければいけませんが、退職職員がいる場合は、社会保 険料は、1か月遅れで徴収しているので、2か月分徴収し、住民税は、3か月分徴収する などの調整をします。また、退職金がスムーズに支払われるように各機関に手続を行いま す。 積 立 金 や 本 部 へ の 繰 入 れ を 行 う 場 合 は 、3 月 中 に 資 金 移 動 を 行 っ て お く 必 要 が あ り ま す 。 事業報告書の作成準備として、各部署に原稿依頼を行っておくことも重要です。4月に 入って行うと、退職職員の報告意見が反映しないことになります。 自治体から次年度の各種書類フォームが届きますので、それらの作成準備も余裕があれ ば行います。勿論、決算に向けての資料集めも重要な準備作業となります。 複数の処理を確実に解決していかなければいけませんので、日付の目標をたて、一つ一 つクリアしていきます。

児童養護施設で働くあなたも子どもたちの支援目標をたて日々のケアを行っていると思 いますが、達成可能な目標設定をしておかないと、結局、何も結果が得られず次年度も同 じ目標と安易な考えに陥っていませんか。子どもたちは、発達段階に応じて達成すべき事 柄があることは、言うまでもありませんが、その中から達成可能な目標を個性に応じて導 き出していくことが重要です。それが、必ず子どもたちにとって(+)になっていくこと でしょう。

- 115 -


予算書の見方

最近は、情報開示が積極的に行われ、児童福祉施設のホームページでも事業計画・事業 報 告 ・ 財 務 諸 表 等 の 開 示 が 目 立 つ よ う に な っ て き て い ま す 。そ の 中 で 、予 算 書 を 取 り 上 げ 、 その見方を簡単に説明しましょう。 まず、収入の欄ですが、措置費収入が最も大きな収入源となります。この中の事務費収 入 は 、基 本 的 に 措 置 児 童 の 定 員 数 × 単 価 と な り 、年 間 、安 定 し た 金 額 が 補 償 さ れ て い ま す 。 事業費は、各月初日の子どもの人数×単価となり、子どもの人数に左右されます。従いま して、予算を立てる時は、年間の措置児童人数の予測を行います。 措置費は、国と自治体の折半となりますが、都道府県又は市町村補助金収入は、自治体 の単独補助となり、この金額は、自治体によって異なります。その他の補助金収入として 代表的なのは、私立幼稚園に通えるよう就園奨励補助金が出る場合等があります。 善意ある個人や企業からの寄附金がありますが、これは、相手合っての事なので、勿論 収入予測は、立てられません。それでも予測金額を書き入れています。 普通預金や定期預金による受取利息収入がありますが、この部分は、会計を担っている 職員の資金運用能力を推し量ることができるでしょう。その他の収入は、雑収入として計 上しています。 支出で一番大きな割合を占めているのが人件費です。全体支出の65%~75%程度を 占めています。事業所によっては、子どもたちの安全確保と処遇の充実を図るため、法定 配置人数より多めに雇用しています。 事務費支出は、事業所として運営していくために必要な経費にかかる支出です。この部 分は、子どもたちのためではなく、職場運営に使用されます。 最も重要な部分は、事業費支出になります。この部分こそ、子どもたちに直接使われる 経費です。特に給食費・被服費・本人支給金をチェックしましょう。この部分は、道義的 に節約の対象になりません。明らかに数字が少なければ、事業所の運営方針として間違っ た選択をしていることになります。 最後に収入の合計と支出の合計をチェックします。予算書上は、必ず一致しているはず です。予算上の支出は、実際金額より少し多めの設定をしていますので、収支バランスで 収入が少ない場合もあり、そのような時は、寄附金収入の数字で調整をします。と言うこ

- 116 -


とは、寄附金収入の数字が異常に多い場合は、経営的に不安定との捉え方もできます。

児童養護施設施設で働くあなたは、自分の職場の予算書を見たことがありますか、見た ことがない場合は、是非、見てください。職場の経営状況を知ることは、社会人として必 要 な 知 識 で し ょ う 。「 う ち の 実 家 は 」「 う ち の 会 社 は 」 と か の 表 現 の 「 う ち 」 と 言 う 意 識 を自分の職場に持つことができたら、あなたのためにも職場のためにも、何より大切なこ とは子どもたちにとっても益となることでしょう。

福祉施設における予算管理

理事長より会計責任者として辞令を受けた施設長が、施設会計の見積り計算をし予算案 を組み上げます。最初に取り組むのは、次年度の事業計画書策定です。各組織によって異 なりますが主任クラスの意見をくみ入れ事業計画案を作成します。 事業計画では、措置費単価に児童数予定を掛け合わせることにより措置費収入が導き出 され、職員雇用数予定で、人件費支出が算出されます。 児童数に応じて、事業費における、給食費、教育費、行事計画に対して教養娯楽費等が 算出されます。また、生活用品や遊具等の購入計画も算入されていきます。 事務費には、人件費以外にも様々な費目がありますが、基本部分は、例年と大差なく、 修理修繕計画や物品購入計画が予算に反映されていきます。勿論、職員研修計画や建て替 え等、随時事業や新規事業等が計画されていれば、予算化していきます。 他にも予算化には、様々なプロセスが必要ですが、最も重要なことは、収支バランスを 整えることです。会計責任者の施設長は、事業計画案、予算案が完成したら、理事長に提 出し、理事長は、大体2月から3月頃開催される予算理事会において開示し、承認・決議 を得ます。決議後は、予算案から予算書となり4月1日より執行することになります。 予算計算は、計画の域を脱しないため、想定外の支出に対しての防衛策には限界があり ま す 。従 っ て 、年 度 途 中 に お け る 計 画 変 更 は 、度 々 起 こ り え る 事 象 で あ り 、科 目 間 流 用 等 、 予算流用で対応する場合もありますが、会計責任者は、補正予算案を策定し、理事長に提 出、定例又は臨時理事会に於いて承認・決議を得る流れが一般的です。 理事会に於いて、補正予算案の承認を円滑に得るために、当初予算から補正予算への変

- 117 -


更点を整理し、その理由を明確に示すことが重要です。想定していない事象が発生し、予 算化していなかった勘定科目が加えられる、予測以上の支出が発生し支出バランスが崩れ る等、挙げられますが原因と対策を説明することによって、補正を行う根拠を示すことが 求められます。 しかし、理事会招集には、自ずと回数的に限界があり、理事会承認までは、流用の方法 を採らざるを得ません。可能であれば中区分間の流���を心がけ、それでも駄目な場合に大 区分間の流用に移行す る。更なる方法は、理事長権限による予備費流用の手続きとなります。 会計責任者は、総括的に予算執行を分析し、最も適切な方法を選択、対処する応用力と 決断力が求められます。勿論、理事長に報告し判断を委ねることは、原則です。

児童養護施設で働くあなたへ、直接処遇の現場で日々、業務に追われていると、自分の 職場の経営的な事柄は、雲の上の出来事として捉えがちですが、そうではありません。特 にお金の動きは、直接、あなたの業務に降りかかってきます。例えば、あなたが、子ども た ち へ の 支 援 を 豊 か に す る た め に 、「 遊 具 を 購 入 し た い 」 と 提 案 し た と 仮 定 し ま す 。「 そ れ は 、 予 算 化 し て い な い 」「 今 は 、 お 金 が な い 」 と の 回 答 を 受 け た こ と は あ り ま せ ん か 。 そのような状況を回避するためにも、あなたは、積極的に予算書を吟味し、可能であれば 予算書策定に参画していきましょう。

財務諸表の見方

情報開示として、福祉関係のホームページで財務諸表が公開されています。主な財務諸 表として、次の表が挙げられます。 ①貸借対照表 ②資金収支計算書 ③資金収支決算内訳表 ④事業活動収支計算書 ⑤事業活動収支内訳表 ⑥財産目録

- 118 -


⑦固定資産管理台帳 この内、③は②の詳細、⑤は④の詳細、⑦は⑥の詳細となっているため、③⑤⑦の公開 を省略するのが一般的です。 せっかく情報公開してあるので、見たことがある人もいることでしょう。でも、数字が 羅列してあるだけで、何を見たらよいのか、分からないと言う人が殆どでしょう。 そこで、表の見るべき場所を簡単に説明します。 ①貸借対照表 この表は、たいてい、1ページで収まっています。資産の部合計と負債及び純資産の部 合計が一致していれば正解です。仮に不正解であれば、情報開示として公開することはな いはずです。 ただし、仮払金の欄に数字が計上されていれば要注意、仮払金を持ち越さないことは原 則ですので、年度末会計処理が未熟であると言うことになります。 ②資金収支計算書 最初に収入科目が並んでいます。その収入科目の最後の行に「経常収入計」がありその 次の行に「人件費支出」があります。 人件費支出÷経常収入計=と計算してみましょう。その結果が0.70以上の時は、事 業費及び事務費支出の節約過剰となります。その福祉施設は、職員を過剰雇用しているこ とになりますが、子どもたちや利用者の方の安全と支援の充実を図るために、そうせざる を 得 な い 場 合 も 考 え ら れ ま す の で 、一 概 に 経 営 不 安 定 と の 烙 印 を 押 す わ け に も い け ま せ ん 。 次に「事業費支出」を探します。その「事業費支出」の下に「給食費」があります。 給食費÷事業費支出=と計算してみましょう。その結果が0.35以下の時は、給食費 の節約過剰になります。子どもたちが本来、摂取すべき栄養量が不足している場合があり ますので、要チェックです。ただし、大量発注したり、安売りスーパーを回ったり等の買 い物上手栄養士による努力のたまものと言うことも充分に考えられます。 この表の最後から3行目に「当期資金収支差額合計」がありますが、この部分の数字が ( - )の 場 合 、赤 字 経 営 と い う こ と に な り ま す 。し か し 、最 終 行 の「 当 期 末 支 払 資 金 残 高 」 に資金が残っていたら経営的には、大丈夫です。 ④事業活動収支計算書 殆ど、資金収支計算書と変わりませんが、表の最後の部分が違います。特に最終行「次 期繰越活動収支差額」の数字は、貸借対照表に連動しますが、説明は、少し、複雑になり

- 119 -


ますので省略します。 ⑥財産目録 貸借対照表と内容的には、変わらず、純資産の部を省略してある表程度に解釈すれば良 い で し ょ う 。 こ こ で は 、「 設 備 資 金 借 入 金 」 の 数 字 を チ ェ ッ ク し ま し ょ う 。 い わ ゆ る 、 借 金です。借金は、少ない方が、もちろん良いのですが、改築事業を行った場合、借入金の 数字は、一気に増大します。従って、ここの数字が大きい場合は、改築工事や大規模修繕 を、最近、行ったと解釈します。 ⑦固定資産管理台帳 貸借対照表と照合する必要がありますが、不整合であれば、それは会計職が未熟である との表れです。また、減価償却が適正であるかのチェックが必要ですが、最近は、殆ど、 会計ソフトで処理しているので、余程のことがない限り、大きな間違いはないでしょう。 従って、それ程、真剣にチェックする必要はありません。 以上、財務諸表の簡単な見方を説明しましたが、決算書類には、他に次の表が追加され ます。 ・貸借対照表の各科目の明細表 ・資金収支計算書の措置費や寄付金の明細表 ・3月31日付の残高証明書 これらの書類が全て、整備されたら、法人の監事監査を受けます。この監査は、自治体 等の指導監査とは、違い、法人の内部監査の位置づけです。 会計士やそれに準ずる能力の方が法人監事を担っていますので、細部に至るまで、チェ ックが行われます。その厳しい、監事監査を経て、大体、5月~6月頃開催される、法人 定例理事会で、決算報告がなされ承認を受けることになります。 それら一連の流れが終了した時点で、ホームページ等を通しての財務諸表及び事業報告 書の開示になります。 補足として、監事監査では、決算書類の他に、法人登記簿謄本、定款、諸規定のチェッ クも行われています。

児童養護施設で働くあなたへ、TVニュースや新聞で、公務員の不正や無駄遣いが取り 上げられることがありますが、それを自分とは一切関係ない出来事として捉えていません か。もし、そうであるなら、それは、大きな間違いです。公務員は、その使用しているお

- 120 -


金が税金であるから、不正や無駄遣いが暴かれると、大きなニュースになります。あなた が職場で使用しているお金も、公務員と同じように税金です。不正や無駄遣いは、できま せん。それ以上に、子どもたちのお小遣いを搾取するなどの行為は、最悪です。 いいえ、自分は、公明正大です。誰もが思っていることでしょう。また、そうあって欲 しいのです。12月の職員だけのクリスマス会、会費を徴収して行っていますか、歓迎会 や 送 別 会 は 、ど う で し ょ う か 。必 要 以 上 に 物 品 を 購 入 し て い ま せ ん か 。例 え ば 、食 材 な ど 、 持ち帰っていませんか。ボールペンや修正液など、私物にしていませんか。などなど、実 は、意識すらしていない搾取行為があるかも知れません。また、福利厚生費からの支出で すと言う理由で職員慰安旅行費を全額公費で出していませんか。 自分の職場を納税者と言う立場で、ぜひ、見直してみて下さい。

資金運用

児童養護施設の会計では、定員数によって異なりますが、大体、1億5000万円から 2億5000万円程度のお金が動いています。勿論、そのほとんどが措置費収入ですが、 寄附金も施設運営にとっては、大きな力になっています。 さて、児童養護施設も建物があっての運営ですが、その建物も永久に使用できるわけで はありません。老朽化していきます。つまり、いつかは、建て替えをしなければいけない わけです。 皆さんもご承知の通り、児童養護施設は、収益事業を行うことはできません。つまり、 利益が生じることがないのです。 従って、毎年の会計の中でコツコツと積立金を蓄えていきます。それを何十年と継続し ていくと、積立金がある程度まとまった金額になっていきます。このお金は、建物の建て 替えのためのお金ですから、建て替えの時期が来るまで、原則として使うことはありませ ん。 こ の お 金 を 利 率 が 低 い 普 通 預 金 に 寝 か せ て 置 く こ と は 、実 に も っ た い な い 話 で す 。で は 、 どのようにしているのか、数千万円程度のまとまった金額の場合、銀行ごとに商品名は異 なりますが、スーパー定期等の名称で少し利率の高い定期預金に預けることができます。 5000万円を超えるまとまった金額の場合、更に利率の高い譲渡性預金があります。た

- 121 -


だ、利率というのは、日々変化していきますので、金融の流れを見ながら定期預金の期間 を設定していく努力が必要です。 これも一種の資金運用と言えますが、預金ですので元本が保証されています。費目的に も受取利息収入と言う設定があり、社会福祉法人の経営上、特に指摘されることはありま せんし、このような努力をすることが勧められています。

あ な た の 働 く 児 童 養 護 施 設 で も 、事 務 長 さ ん が 、少 し で も 施 設 運 営 の( + )に な る よ う 、 取り組んでおられると思います。興味のある方は、事務長さんに質問されてみては如何で しょう。

最高議決会議

児童養護施設における最高議決会議は、ご承知の通り職員会議です。その下部に職制会 議や部署別ミーティングがあります。ただし、職制会議については、施設長直轄会議とし て、職員会議の上部に設置する組織もあります。 職員会議の招集者は、勿論、最高責任者である施設長です。しかし、ほとんどの場合、 その招集業務を主任クラスの職員が代行していることでしょう。 例 え ば 、法 人 理 事 長 が 理 事 会 の た め 理 事 を 招 集 す る 場 合 、必 ず 、議 題 を 事 前 に 伝 え ま す 。 時には、資料を事前に配付している場合もあります。職員会議では、どうでしょう。あな たの勤める児童養護施設では、事前に議題が伝えられているでしょうか。職員会議の更に 上部会議である理事会で、議題の事前通知が行われているにも関わらず、職員会議で、そ れが成されていない場合は、再考する必要があります。 職員会議の司会者を持ち回りで担っている場合があります。その方法を否定するわけで はありませんが、果たして、施設長の業務代行者として、事前に、会議を進めるに当たっ て の 施 設 長 と の 打 合 せ が 、ど れ ほ ど 実 施 で き て い る の か 疑 問 で す 。本 来 は 、主 任 ク ラ ス が 、 施設長と十分に打合せをし、議題選定を行い、全職員に議題の事前通知をするのがスムー ズでしょう。事前通知を受けた職員は、議題に対して、報告・発表の担当者であれば、資 料準備を滞りなく行い、その他の職員は、疑問や意見を検討しておきます。所謂、会議進 行をスムーズに進めるための根回しをしておくわけです。いいえ、職員会議の司会者は、

- 122 -


職員育成の一つとして職員持ち回り制を採っており、会議進行の資質を高めるために必要 であるとの考え方もありますが、それは、部署別ミーティングと言う場を利用すれば十分 です。何故、職員会議の司会者として主任クラスが適任なのか、それは、児童養護施設の 最高議決会議であり、運営の方向性が示される重要な会議だからです。 さて、職員会議の席に着席しているのは、職員個人としてのあなたですか、それとも、 子どもたちの代弁者である職員のあなたですか。前者であれば、会議の時、あなたの気が 向かなかったら発言をしないと言う理屈が成立するでしょう。しかし、後者は、子どもた ちの代弁者として着席しています。意見を述べなければ代弁者としての役目を放棄してい ることに繋がります。行事予定、行事計画報告の発表者が発表し、特に討論が成されるこ ともなく、主任や施設長が一方的に話し、会議が終了と言ったパターンに陥っていません か。全職員が、子どもたちの代弁者としての自覚があれば、必ず、ディスカッションに成 るはずです。そこには、たくさんのアイデアが放出され、より良い方向へと導かれていく ことでしょう。 議事録は、整っていますか、また、その議事録は、いつでも職員が閲覧できるようにな っていますか。職員会議の議事録には、承認や決定事項が記載されている筈です。最高議 決会議の議事録です。つまり、最高レベルの内容が記載されていることになります。資料 も含めてファイルに綴り、施設長が議事録をチェック後、押印し、閲覧に供することがで きる場所に置いておくことが大切です。 勿論、職員であるあなた自身も議事録をチェックすることは言うに及びません。また、 職員会議に欠席した職員は、必ず、議事録を読んで、出席した職員と同じように情報を共 有する義務があります。

児童養護施設で働くあなたへ、大学時代、ゼミを受講した方もいるでしょう。そのゼミ の中で、テーマが設定され、他の学生とディスカッションしていたことでしょう。あるい は、小学校・中学校・高校時代、意見を戦わせた経験は、誰もが持ちうる思い出と思いま す 。親 と 口 げ ん か と い う 形 で 意 見 を 戦 わ せ た 人 も い る こ と で し ょ う 。所 謂 、素 人 時 代 に は 、 ディスカッションやディベートを行っています。では、何故、プロになった今、それがで きないのか疑問です。勿論、全職員がディベートできないと言うことはないでしょう。し かし、会議で一言も意見を述べない人が多いことも事実です。プロとして、子どもたちの 代弁者として、会議では、積極的に発言していきましょう。それが、施設運営を適切な方

- 123 -


向 へ と 導 い て い く と 共 に 、不 適 切 な 状 況 の 時 は 、自 浄 作 用 が 働 い て い き ま す 。結 果 的 に は 、 子どもたちの環境がより良い方向へと改善されていくことに繋がります。

適正な事務処理

施設会計の事務処理とは、措置費を如何に適正に出納処理するかが重要です。そのため に必要なこと���、 ①すべての支出に適正な根拠があること。これは、計画書や学校配布プリント、施設長の 承認印などが挙げられます。 ②すべての支出に証拠があること。これは、領収書やレシートが挙げられます。 ③すべての支出が適正な取引であること。見積書、納品書、請求書等の発行が行われてい るかどうか。高額な支出に対しては、複数の業者で競合させているかどうか。納品時にチ ェックしているかどうか。が挙げられます。 ④すべての支出が記録として残っていること。これが事務会計処理になります。伝票に始 ま り 、収 支 決 算 書 や 貸 借 対 照 表 に い た る ま で の 書 類 が 整 備 さ れ て お り 、現 実 の 出 納 状 況 と 、 書類上の数字が完全に一致していなければいけません。 これらの要件をすべて満たしながら事務処理を進めていきますが、これは、事務の努力 だけでは、不可能なのです。職員の皆さんが、事務処理への理解を深め、その処理に対し ての協力を得られなければ、適切な事務処理ではなく、不適切な事務処理となってしまい ます。 1.出納業務の時間 入出金には、どうしても銀行の業務時間が関わってきますので出納業務もそれに連動する ことになります。 ①月曜日…午前11時までに出金の申し出があれば、夕方にはお渡しできます。 ②火曜日から木曜日は、平常の出納業務です。 ③金曜日…午前11時までに出金の申し出があれば、夕方にはお渡しできます。 *土日に要する出金も午前11時までに申し出るようにしてください。 ④土日祝…原則的に出納業務は休止です。 *土日に要する出金は、金曜日中に預かるようにしてください。

- 124 -


2.現金を預かる 児 童 養 護 施 設 で 使 用 す る 金 銭 は 、 ご 承 知 の 通 り 、 殆 ど す べ て 措 置 費 で す 。( 一 部 寄 付 金 収 入 等 が あ り ま す 。) つ ま り 、 公 金 と 言 う こ と に な り 、 そ の 取 り 扱 い に は 十 分 な 配 慮 が 必 要です。 従って、仮払い等で仕方なく現金を預かる場合は、2~3日以内で精算を済ませるよう にしてください。 3.事務員からの視点 ①児童の個性を配慮 歯ブラシや食器、生理用品等々、子どもたちの個性や趣向が関わってくる日用品は、一 括購入ではなく、担当者を中心に個別購入した方が良いでしょう。 ②計画性のある支出 当日思いついて支出を伺おうとする体質は、要改善です。不足に落ちうる事態は、事前 に予測できるパターンが多いはずです。 ③計画的まとめ買い 支出計画を立て、極力まとめて支出してください。そうすることによって領収書の枚数 は減り、出納業務の省力化に繋がります。 ④体質改善 措置費を使っているとの緊張感、組織の一員として支出をするとの責任感、同僚間の連 携の希薄さ等々、経済面に於いて体質改善、意識改善が求められます。 ⑤調理体験 子どもたちと共に食事を作り、調理方法を教えたり、コミュニケーションを深めたり、 食の大切さを伝えたり等、食育としての取り組みを行い、その取り組みを記録に残してい くことが大切です。この記録は、指導監査資料として求められています。 ⑥個別対応 個別対応の意味合いとしては、社会性を育む取り組みとして、映画を見たり、ボーリン グをしたり等、社会性と共に余暇活動の幅を拡げていく取り組みが求められます。 個別対応での外食経験を通して、社会性を育んだり、食事マナーを学んだり、代金を支 払う経験を通して、経済観念を学んだり、職員とのコミュニケーションを深めたり等々、 食育の効果が十分に期待できる取り組みです。その取り組みを記録に残していくことも大 切な業務です。これも、食育に対する記録として指導監査時に準備します。

- 125 -


基本的に業務で消費するものは、必要経費となります。職員が子ども1人又は複数人を 引率し個別対応の取り組みを行った場合、そこに掛かる食事代は、経費となります。職員 が自己負担で行った場合は、業務を離れボランティア活動になりますので、事故責任の所 在が混乱してしまいます。 ⑦グループ外食 グループ外食の効果も個別対応の効果と殆ど同じですが、グループ単位であり、仲間と 共に外出し、食を楽しむと共に対人関係上のトラブルに遭遇し、それを解決したりなど、 個別対応と違った効果が期待できます。

4.業務手続きの流れ例

1.文書発信について 次の文書は、文書発送簿に記入の際、番号「

号」を記入してください。

・施設長名、施設長印を伴う外部への発送文書 ・理事長名、法人印を伴う外部への発送文書 次の文書は、文書発送簿の「番号」以外の部分を記入してください。 ・施設長名は、記載するが連絡事項等の担当者レベルの内容で外部への発送文書 ・担当者名による外部への発送文書 ・行事案内状、ただし、送付先が多い場合は、総括した記入にしてください。 文書発送簿は、事務室の棚に置いてあります。 *文書収受簿については、書記が記入します。

2.出張の手続き ① 出 張 命 令 … 研 修 等 、業 務 上 発 生 す る 出 張 に つ い て は 、施 設 長 よ り「 出 張 命 令 」が で ま す 。 つまり、施設長命令の出ていない出張については、給与規定上の手当てや旅費が支給され ま せ ん 。 た だ し 、 希 望 す る 研 修 等 が あ っ た 場 合 は 、「 出 張 伺 い 」 を 施 設 長 に 提 出 し 、 承 認 を 得 ら れ た 場 合 は 、「 出 張 命 令 」 と な り ま す 。 ②出張に出る ③「復命書」提出と旅費等諸経費の清算。…復命書は、書記預かり。 ④「出張報告書」の記入と提出。…出張報告書は、掲示ファイルに綴る。

- 126 -


*全スタッフへの情報開示。 ◎ 行 事 参 加 に よ る 出 張 は 、「 行 事 実 施 報 告 書 」 を も っ て 「 出 張 報 告 書 」 と す る 。

3.超過勤務手続きについて ① 「 時 間 外 勤 務 命 令 」 の 発 令 又 は 、「 時 間 外 勤 務 伺 い 」 の 提 出 … 提 出 先 ②「時間外勤務伺い」の申告状況をまとめる。 ③施設長と書記の打ち合わせ。施設会計状況で「超過勤務手当て」の支出限度額を設定。 ④「超過勤務手当ての配分表」を作成後、施設長承認を得る。 *各自の申告どおりに「超過勤務手当て」が出るとは、限りません。会計上の問題もあり ますが、業務遂行状況を施設長が判断する場合もあります。

4.車両使用について 業務中の車両使用については、公用車を使用してください。ただし、車両数が少ない場 合、私用車を使用せざるを得ない時もあると思いますが、その際は、施設長の承認を得て ください。

児童養護施設で働くあなたへ、小遣い帳の管理を含めて、お金の使い方について、子ど もたちに教育を行っていると思いますが、今一度、自分を振り返ってみましょう。業務の 中で、あなた自身が計画的に支出を願っていますか。支出に関しては、主任や施設長の承 認印を得ることが大前提ですが、支出当日に、伺い書を作成し、主任や施設長が不在で、 承認印を得ることができず、買い物に行けなかったと言う経験はありませんか。子どもた ちに対して、教育する内容について、まず、自分自身が子どもたちの見本となれるよう努 力を怠らないようにしてください。

10

建築事業の概要

福祉施設の建物は、年々減価償却しています。鉄筋コンクリート造でも固定資産的耐用 年数は、39年となっています。従って、現存する福祉施設は、必ず、建替事業が発生す るのです。しかし、それは、40年~50年に1回の周期であり、同人物が2度、建替を

- 127 -


経験することは、殆どないでしょう。つまり、建替事業の担当者は、殆どの場合、初めて の経験なのです。 また、制度は、少しづつ変化しています。補助金制度は、国庫協議に於いて民間施設の 書類作成が生じていましたが、交付金制度に於いては、国庫協議は、完全に自治体と国の 協議であり、民間施設が書類を作成することはありません。勿論、書類整備の補助は発生 します。 従って、現時点での情報が、未来永劫まで通用することはないでしょう。ただ、冒頭で も述べているとおり、殆どの担当者は、初めての経験であり、建替事業のイメージすら描 けないのが現実です。そのイメージ作りの参考になるよう概略をまとめました。 まず、資金計画を策定し、法人の建設資金限度額を把握する。それを予定価格とし、設 計士にその価格内で、設計図を描いて貰う。これが、事業の基本となります。 建築事業の流れ ①建物設置場所の決定、事業種別・事業内容の決定、仮設園舎用地探し ② 建 物 構 造 の 決 定 ・ 資 金 計 画 ( 概 算 見 積 書 )、 地 元 の 同 意 ( 町 内 会 長 へ 説 明 ) ③設計業者指名競争入札(自治体又は経理規定に準ずる) ④基本設計を自治体に提出(承認を得ないと予算化出来ない) ⑤実施設計と積算書を自治体に提出(国庫協議・自治体予算化資料) ⑥国庫協議内示又は自治体単独内示 ⑦福祉医療機構へ借入書類提出(受理票受取が契約の条件) ⑧社会福祉協議会融資申請(前年度に予算化予約済み) ⑨施工業者一般競争入札(自治体規定に準ずる) ⑩請負契約の締結→起工式 ⑪旧建物財産処分手続き開始(補助金事業の建物の場合) ⑫工事着工(週1で業者と施主打合会) ⑬補助金精算請求(各年度毎の国庫協議) ⑭旧建物財産処分(解体前に手続き完了) ⑮竣工→落成式 ⑯実績報告書提出・定款変更 入札前後の流れ ①設計士積算完了

- 128 -


②確認審査書完成(審査機関) ③実施設計を自治体に提出 ④自治体とヒアリング(書類調整) ⑤設計士対自治体監査課 ⑥理事会(公告内容・予定価格) ⑦法人対自治体監査課 ⑧自治体より結果通知 ⑨公告(期間を2週間に設定) ⑩入札参加〆切 ⑪入札参加有資格候補者報告書提出 ⑫自治体より審査結果通知書 ⑬理事会(入札参加業者決定) ⑭業者へ入札参加資格確認結果通知 ⑮現場説明(図渡し) ⑯福祉医療機構提出書類受理通知 ⑰施工業者選定入札 ⑱入札結果一覧表公示(2週間) ⑲請負契約(工事請負契約書) ⑳自治体へ各種書類提出

児童養護施設で働くあなたへ、建物の老朽化で改築事業が行われる場合、そのプロジェ クトに、ぜひ、積極的に参加しましょう。建物の建て替えには、夢と希望が詰まっていま す。建物が原因でなし得なかったノーマライゼーションへの取り組みが可能になり、より 家庭的な間取りへの変更も可能です。経営者だけに任せておくのではなく、実践現場の意 見を子どもたちの代弁者として、伝えていきましょう。 また、建て替えは、行事予定等のスケジュールを共有したり、ホールや応接室等の予約 をしたり、車の予約をしたり、連絡事項は、掲示板や園内メールで伝えたり、ケースファ イル等を共有したりなどなどを一元管理できるように、IT化を進めていく良い機会でも あります。

- 129 -


11

理念の継承

福 祉 現 場 を 支 え て い る の は「 人 」で あ り 、そ の「 人 」を 育 ん で い く の は「 組 織 」と な り 、 その組織の根本が社会福祉法人の「理念」と言えます。 「 人 」「 組 織 」「 理 念 」 が 点 と な り 、 点 と 点 が 繋 が り 線 と な る 。 そ の 線 が 利 用 者 へ と 繋 がり、初めて適切な支援・サービスへと展開していくのです。 しかし、点と点の間の線が切断されていたら…。それは、職員チームワークの崩壊へと 繋がっていく危険性を秘めています。線が太ければ安定した柱となりますが、線が細かっ たり切断されていたら、築き上げてきたものが崩壊していくのです。 築き上げてきたものとは何か。それは、歴史であり理念の継承であり蓄積された技術の ノウハウであり社会福祉事業への志でしょう。 どんなに社会が変化しても時代が移ろおうと絶対的に変化しないのが理念です。ここで は、この理念に関する説明は、紙面の都合上、割愛し、理念啓発の指針を挙げます。 「法人の歴史を踏襲し、現代に応じた宗教との関係を模索していく。職員及び子ども達 の 意 思 を 尊 重 し 、信 仰 、宗 教 行 事 参 加 、宗 教 に 関 わ る 活 動 に つ い て 強 要 を 決 し て 行 わ な い 。 但し、現代社会を生き抜いていくためには、精神面、心理面での成長だけではなく、魂の 質 の 成 長 も 求 め ら れ る 。」 理念を継承したとして、その結果が有益でなければ適切な利用者支援へと繋がっていか ないのです。では、有益な結果とは如何なる事でしょう。それは、職員一人一人の信念と の同調です。その時、初めて理念の継承が大いなるパワーへと変換していき堅牢な柱が構 築されます。この様な現象を表現しているのが「一枚岩」です。 その為には、まず、施設長を始めリーダーとなる職責の職員が、信念(心)を込めて理 念を伝えることが重要となります。信念のない言葉は、相手に伝わらないばかりか、不信 を招く恐れもあります。しかし、信念によって構築された言葉は、理解や納得を引き起こ し、それが、スムーズな違和感のない利用者支援へと繋がっていくのです。 例えば会議に於いてディスカッションが成されているだろうか、司会者と報告者の発言 で終始しているようでは「一枚岩」とは言えません。職員一人ひとりが利用者のために自 信と責任を持って発言できる雰囲気が会議室を充たした時、信念の同調(共通理解)を体 感し、より高度な利用者支援、業務遂行へと発展していくのです。

- 130 -


福祉、全ての根本は「愛」です。従って業務全般の方向性の終着点も「愛」に尽きるの です。この「愛」は古今東西、共通した真理であり、私たちは、自信と責任を持って、愛 の理念を継承していきましょう。

12

���法第89条問題

日本国憲法 第9条

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる

戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこ れを放棄する。 2

前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権

は、これを認めない。 第 25 条 2

すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進

に努めなければならない。 第 89 条

公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維

持 の た め 、又 は 公 の 支 配 に 属 し な い 慈 善 、教 育 若 し く は 博 愛 の 事 業 に 対 し 、こ れ を 支 出 し 、 又はその利用に供してはならない。

憲法改正論議に関するマスコミの取り扱いは、第9条が目立っていますが、社会福祉法 人の存続に関わる憲法論議も展開されていることをご存じでしょうか。 第89条に対して、特に目立った論議が、私立学校振興助成法(私学助成)です。簡単 に説明すると、私学が公の支配に属すのか属さないのかによって、現在の国庫補助が合憲 か違憲かの判断に影響すると言うものです。1971年の政府見解は、曖昧な表現で終始 していますが、これまでの裁判事例では、合憲と結論づけられています。 そして、社会福祉事業ですが、特に、民間事業に関しては、この条文を厳格に厳守する と、国庫補助は、違法と解釈せざるを得なくなります。 戦 後 の 福 祉 機 能 は 、 2 5 条 が 基 本 に な り 構 築 さ れ て い ま す が 、 憲 法 そ の も の が 、 GHQ 三 原 則 、「 無 差 別 平 等 の 原 則 」「 国 家 責 任 の 原 則 」「 公 私 分 離 の 原 則 」 が 基 本 と な り 立 案 さ

- 131 -


れ て お り 、 そ の 内 、「 公 私 分 離 の 原 則 」 が 第 8 9 条 に 色 濃 く 反 映 さ れ て い ま す 。 戦後当初の社会福祉事業は、日本人有志の寄付金や、アメリカやカナダにおけるキリス ト教関係団体からの寄付金等がありましたが、それも年々、減少していき、戦前にあった 救護法における措置委託費に対して福祉三法(生活保護法・児童福祉法・身体障害者福祉 法)を制定し、本来は、国の責任で行う福祉事業を民間の施設に委託する、いわゆる措置 委託制度を確立し、それが現在まで継続しています。その様な経緯の中で社会福祉法人が 誕生しています。 で は 、 第 8 9 条 が 、 ど の 様 に 社 会 福 祉 法 人 に 影 響 を 与 え て い る の か 、 そ れ は 、「 宗 教 上 の 組 織 」「 慈 善 事 業 」 等 の 単 語 が 、 あ る た め で す 。 日 本 に お け る 社 会 福 祉 事 業 は 、 仏 教 や キリスト教などの宗教団体によって設立されたところが多く、慈善事業からスタートして いますが、仏教のおつとめやキリスト教の礼拝などが、日常生活に導入されている場合、 或いは、仏像や十字架などの設置に対して、制限が与えられる事例もありました。また、 社会福祉法人の基礎である「定款」における目的の内容で、宗教的な意味合いが含まれて いる場合に指導が成されたりもあります。特に宗教系の福祉施設の場合、根本理念に関わ る問題である訳です。 児童養護施設は、2008年現在において、措置費制度が継続していますが、殆どの福 祉 が 支 援 費 制 度( 契 約 制 度 )へ 移 行 し て い ま す が 、簡 単 に 説 明 す る と 、措 置 費 制 度 の 場 合 、 措置費は、事業所に補助されますが、支援費は、利用者に支給されるため、公的資金の流 れとしては、分かりやすいのですが、社会福祉事業は、その維持管理や、老朽化による建 て替え等、公的資金が無ければ達成できない事業内容も数多く存在します。 憲法問題を大胆にも短文でまとめているため、学者の皆さんは、立腹されるかも知れま せんが、敢えて、素人でも概略が掴めるようにまとめています。 この第89条は、条文の拡大解釈及び、条文に制度を合わせる形での運用になっている た め 、 未 来 永 劫 、 そ の 状 態 が 確 約 さ れ て い る と 言 う こ と で は あ り ま せ ん 。 特 に 、「 慈 善 」 英 語 で は 、 Charity( チ ャ リ テ ィ ) に な る と 思 い ま す が 、 日 本 国 憲 法 に は 明 記 さ れ て い ま す が、憲法草案国であるアメリカの法律には明記されていないと、ある学者さんにお聞きし ました。つまり、憲法草案には、戦後の社会的、政治的背景が影響を受けている可能性も 考えられます。 児童養護施設で働くあなたは、護憲運動や憲法改正反対運動等を、自分たちと関係のな い世界と単純に捉えている方もいるかも知れませんが、現実は、自分たちの働いている根

- 132 -


本に第89条問題があることを、是非、知識として持っておくようにしましょう。

13

グループウェア活用

私たちが、業務を進める上で、情報の共有は、必要不可欠です。一部の職員は、情報を 知っていても、他の職員は、その情報を知らない、知り得ないでは、チームとしての機能 が100%発揮できません。

1.平成初期までの情報共有の方法 ①スケジュール スケジュール表の配布、黒板又はホワイトボードへの板書 *個人毎では、システム手帳への記帳(全員ではない) ②在籍管理 出勤簿への押印、タイムカード刻印、ネームプレート裏表等 *現在、誰が在籍しているのかのチェックに出勤簿を使用することはない。 ③会議室・車両・物品管理 ノ ー ト へ の 記 帳 、「 使 用 中 」 ラ イ ト 点 灯 、 ホ ワ イ ト ボ ー ド へ の 板 書 *情報の場所が限られてしまい、全員情報共有に至れない。 ④掲示物(全体への情報提供) 掲示板への掲示、所定の位置での閲覧 *見ない人は、見ない。見る事への習慣化が困難。 ⑤回覧板(部署毎又は全体への周知徹底) 回覧板を順番に回す、所定の位置での閲覧後押印 *全て回覧されるまでに時間がかかり、タイムラグが生じる。 ⑥簡単な連絡事項 メモを置く、外部サーバーのメールアドレス *連絡すべき事を忘却してしまうことがある。 ⑦稟議 全て、書類(紙)で申請する。

- 133 -


*稟議を回さず、口頭承認だけで済ませていることが多々ある。 ⑧職員連絡先情報 事務室、総務部、人事部などで把握、連絡網の配布 *連絡網さえ、配布されていない事業所も多い。 ⑨業務上重要情報 会議での資料配付及び口頭発表 *配付資料を整理して綴っていない、議事内容を記憶していない、あなたの職場に会議 中、メモを取っている人が何人いるだろうか。

2 . 何 故 ! IT 化 が 遅 滞 し て い る の か ? 上述の方法が、一般的な情報共有の手段として用いられていましたが、10名程度の小 規模事業所では、それで十分効果がありますが、30名以上の中大規模事業所では、情報 共有が不十分と言わざるを得ませんでした。 そ こ で 、 大 企 業 を 中 心 に IT 化 が 進 め ら れ ま し た 。 IT は Information

Technology の 略 で 情 報

関連技術といい,コンピュータ(ハードウェアおよびソフトウェア)やネットワークに関 わる技術全般を指します。 そ の 技 術 の 一 つ に グ ル ー プ ウ ェ ア ( 企 業 内 LAN を 活 用 し て 情 報 共 有 や コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン の 効 率 化 を は か り 、 グ ル ー プ に よ る 協 調 作 業 を 支 援 す る ソ フ ト ウ ェ ア の 総 称 。) が あ り、活用していきました。 勿 論 、 行 政 も IT 化 推 進 を 行 い 、 コ ン ピ ュ ー タ ー ( 端 末 ) か ら 情 報 を 取 り 出 し た り 、 入 力したりが、当たり前のように行われています。 さ て 、 福 祉 の 世 界 で は 、 ど う で し ょ う か 。 残 念 な こ と に IT 化 に 乗 り 遅 れ て い る と 言 わ ざるを得ません。 「人と人との直接的なコミュニケーションが大切で、その間に機械が介在するのは、理解 できない」 「 情 報 の 共 有 は 、 直 接 話 せ ば 良 い 、 目 と 目 を 合 わ せ て 、 話 せ ば 、 充 分 に 通 じ る 。」 「 機 械 を 導 入 す る と 、 機 械 に 頼 っ て し ま い 、 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 希 薄 に な る だ ろ う 。」 「 パ ソ コ ン の 仕 事 が 増 え て 、 子 ど も た ち と の 関 わ り の 時 間 が 短 縮 さ れ る の で は な い か 。」 「タイピングは、出来るが、パソコンのことは、殆ど分からない」 等々が、よく聞かれる導入反対理由です。しかし、これは、まだ、良い方で、インター

- 134 -


ネットに繋げていない、ましてやイントラネット(社内等、限定された範囲でのコンピュ ータネットワーク)を構築していない事業所も数多く存在します。 また、ホームページを開設していない、公開していても殆ど更新作業をしていない。メ ー ル ア ド レ ス は 、公 開 し て い る が 、誰 も 、メ ー ル チ ェ ッ ク を 行 っ て い な い 等 々 も あ り ま す 。 これは、福祉の世界では、パソコンの前に座っているデスクワークは、クライアントへ の直接処遇から逃避している、或いは、仕事へのサボタージュ、パソコンで遊んでいるの ではないか等々の誤解を受けてしまいがちな状況が根強く残っているからです。 これらの負の印象を払拭するのは、適切な運用であり、職員各自も新しいシステムに対 して、頑なに否定的になるのではなく、とりあえず体験してみようとの冒険心を持つこと が求められます。多分、職員自身も子どもたちに同じようなアドバイスを与えたこともあ ることでしょう。自ら実践する姿勢も大切です。

3.今後の情報共有 情報共有で、最も大切なことは、勿論、人と人とのコミュニケーションであり、グルー プウェアは、それを補完するアイテムと言えます。1.にある*印の(-)要因が、殆ど 解決できる方法でもあります。ぜひ、グループウェアを積極的に活用していき、業務に生 かしていきましょう。

14

給与の仕組み

給与は、雇用契約や就業規則や給与規定等の諸規定、各種法律を基に、任命権者(理事 長)が給与辞令を発行し、基本給や各種手当てが決定されます。その支給金額から、社会 保険料(健康保険料・介護保険料・厚生年金保険料・雇用保険料等)や税金(所得税・住 民税)等を控除し、更に共済年金や食費、職員宿舎費等の協定控除があれば、それも控除 します。そして、差引支給額(手取り)が決まり、現金又は、銀行振込等で、支給されま す。 支給額-控除額=差引支給額となりますが、これらの情報は、全て、給与明細書に記載 されていますので、必ず、毎月、チェックするようにします。 給与を計算している職員も人間ですので、間違うことがあります。例え、給与ソフトで

- 135 -


計算していても、社会保険料率の変更や、協定控除等の変更に入力ミスがあったり、食費 徴収があれば、食事回数の入力ミスが生じたり等、ミスを誘発する原因があります。 間違いが生じた場合は、差額を徴収したり、返却したり等、或いは、年末調整の時に調 整したり等があり、その際には、必ず、その旨の説明が為されます。しかし、もし、間違 いに気づいていなければ、それらの処理が為されないことになります。 従って、給与計算する側は、二重にも三重にもチェックしていますが、更に、支給を受 ける側もチェックをすれば、給与支給の正確さが増していきます。 給与は、基本的には、職場と、そこで働く職員との間で取り決めることになりますが、 それでは、雇用する側にとって有利な条件を提示し、働く職員が不利な状況になることも あります。そこで、その様な偏った状況にならないよう、労働基準法で、最低限の保障が 明示されています。その労働基準法は、数年ごとに改定が行われていますので、仮に、職 場の就業規則や給与規定の改定が5年以上行われていないのであれば、チェックが必要で す。育児・介護休業や定年に関する規定等の改定が、必ず、行われていなければならない からです。 この様に、給与と言っても、各種法律が関わってきます。前述の労働基準法、毎年、収 入に応じて支払う所得税に対しては、所得税法、そして、社会保険に関する各種法律です が、給与計算を行う職員が全ての法律を熟知しているとは限りませんが、手続き方法は、 熟知しています。 ここでは、給与と言う表現で統一して説明していますが、実は、法律によって、その表 現 は 、違 い ま す 。給 与 は 、所 得 税 法 の 表 現 で 、労 働 基 準 法 で は 、賃 金 、社 会 保 険 各 法 で は 、 報酬となります。俸給と言う表現は、国家公務員の報酬に対して使用され、国会議員は、 歳 費 と 言 う 表 現 を 使 用 し て い ま す 。ま た 、雇 用 す る 側 と そ こ で 働 く 職 員 に 対 し て の 表 現 も 、 労働基準法では、使用者と労働者、所得税法では、使用者と使用人、社会保険各法では、 事業主と労働者となっています。

所得税は、課税対象となる給与額(賞与含む)から社会保険料を差し引いた額に対して 課税されます。では、課税対象とならないものは何かと言うことになりますが、原則月1 0万円以下の通勤手当が非課税となります。課税については、基礎控除、配偶者控除、扶 養控除等が影響し、毎月の所得税額が決定し、それを一旦、職場が預かって、一括して納 税します。

- 136 -


所得税の期間は、1月から12月となっていますので、毎年、12月になると年末調整 を行い、正式な年間所得税額を確定します。これを源泉徴収税額と言います。この年末調 整では、保険料控除、配偶者特別控除、住宅借入金等特別控除等も計算されるため、該当 する人(申告書を提出した人)は、税金が還付されることもあります。ここで、断定的な 表現をしないのは、控除の項目は、毎年、適用されるのではなく、その時の社会情勢等が 影響し、適用されない時もあるからです。 住民税は、各個人が納入する普通徴収と、職場が、代行して行う特別徴収があります。 住民税は、市区町村が、職場から提出して貰う給与支払い報告書と税務署から確定申告書 を入手し、その情報から税額を算定し、それを12で割った額を月額とし、6月から翌年 5月まで、毎月の給与から控除するのが特別徴収となります。つまり、前年の給与額が税 額として反映することになります。この住民税も、一旦、職場が預かって、一括して納税 します。 所得税の場合、課税対象となる給与の中に、超過勤務手当や宿直手当、早出手当等の変 動給が含まれているため、毎月、徴収税額が変化しますが、住民税は、月額が決まってい ますので、変化するのは、毎年6月だけと言うのが原則です。 所得税は、1月から12月、住民税は、6月から5月、そして、社会保険料は、9月か ら8月と、それぞれ、期間が違います。また、所得税と住民税は、給与支払い月の徴収と なりますが、社会保険料は、1ヶ月遅れの徴収となり、毎月、前月分を徴収していること になります。 社会保険料は、定時決定の仕組みに絞って説明すると、7月1日現在、被保険者として 働いている職員の、4月・5月・6月の給与の平均値から標準報酬月額を決定し、9月か ら翌年8月までの徴収額が決まります。何事も変化がなければ、その期間の徴収額は、一 定 と な り ま す 。全 段 で 伝 え た と お り 、社 会 保 険 は 、1 ヶ 月 遅 れ の 徴 収 と な っ て い ま す の で 、 現実的には、10月の給与から徴収額が変化することになります。ただし、賞与の保険料 は、賞与額によって変化しますので、一定とはなりません。その他、年度途中雇用の場合 や、年度途中で、扶養家族が増え手当増額が増加したり等での手続きが生じ、徴収額が変 化する場合もあります。 所得税や住民税は、個人にのみ徴収負担がありますが、社会保険の場合は、職場も負担 することになります。その負担率は、同率となっています。 雇用保険の場合は、職場の負担率が少し高くなっています。また、標準報酬月額等の仕

- 137 -


組 み を 採 用 し て い ま せ ん の で 、変 動 給 の 動 き で 、毎 月 、徴 収 額 が 変 化 す る こ と に な り ま す 。 所得税、住民税、社会保険は、毎月、職員の給与から職場が預かり、毎月、支払い業務 を行っていますが、雇用保険の場合は、毎月、給与から預かりますが、支払いは、4月か ら5月までの期間内に一括して支払います。これは、雇用保険の保険年度が4月から3月 までとなっているためです。この雇用保険と、労働者災害補償保険を総称して、労働保険 と言います。労働者災害補償保険は、事業所単位で加入するため、職場のみが負担するこ とになります。

児童養護施設等、福祉施設は、独自で退職金制度を創設することは、不可能であり、独 立行政法人福祉医療機構の社会福祉施設職員等退職手当共済制度に法人単位で加入してい ます。これは、法人及び事業所として加入していますので、職員一人一人からの徴収は、 発生しません。全額、職場負担となっています。この制度への加入によって、勤務年数に 応じての退職金支給を受けることが出来ます。 もう一つは、市区町村の社会福祉協議会等の民間社会福祉事業従事者年金共済事業が挙 げられます。一般的な流れとしては、5月・6月・7月の給与額平均で標準給与月額を決 定し、10月から翌年9月まで、毎月、掛金を支払っていきます。この制度では、職員の 負担が発生しますが、職員より高い掛け率を職場も負担します。また、退職金として貰う 形と、年金として貰う形などを選択することも可能です。 児童養護施設の職員の給与は、控除されてばかりでは、勿論ありません。種類は、少な いのですが、各種手当ての支給もあります。 ・管理職手当 児童養護施設は、組織としては、殆ど中小企業程度ですので、管理職は、施設長だけと 言 う 所 が 多 い よ う で す 。 大 体 、 本 俸 額 の 8%~ 10%が 手 当 額 に な っ て い ま す 。 ・特殊業務手当 児童指導員や保育士の直接処遇職員に支給されます。本俸に対して何%と率で計算した り、定額を支給したりと職場によって様々です。また、主任に対して、この手当を加算し ている場合もあります。 ・主任手当 法的に主任の設定がないため、主任の名称さえ採用していない、児童養護施設もあり、 主 任 の 役 は 、与 え て も 手 当 は 、支 給 し て い な い と こ ろ も あ り 様 々 で す 。大 体 、本 俸 額 の 3%

- 138 -


~ 6%が 手 当 額 と し て 適 当 で あ る と 考 え ら れ ま す 。 ・扶養手当 配偶者と配偶者以外の扶養家族が、同居している場合に支払われる手当です。 ・住居手当 借 家 の 場 合 、そ の 家 賃 額 に 応 じ て 手 当 額 が 決 ま り ま す が 、手 当 最 高 額 も 決 ま っ て い ま す 。 持ち家の場合は、例えば、自宅購入してから5年間限定とかの決まりがあったり、支給対 象から外してあったりと様々ですが、例え、支給されても数千円と少額です。 ・宿直手当 例 え ば 、 宿 直 1 回 あ た り 3,500 円 な ど と 定 額 を 設 定 し て い る と こ ろ が 殆 ど で す 。 一 応 、 1 週 間 に 1 回 が 限 度 で す の で 、 1 ヶ 月 に 4 回 宿 直 し た ら 14,000 円 程 度 と い う こ と に な り ま す。 ・超過勤務手当 これは、労働基準法で、最低額が明記されていますので、どこの職場も法律を遵守して います。 ・通勤手当 まず、限度額は、設定されています。その上で、交通機関を利用している場合、自家用 車を利用している場合等の細かな規定が設定されています。 ・その他の手当 施設長判断で支給される場合が、稀ですがあります。

給与明細書の中身を解説してきましたが、最も重要な数字は、基本給です。職場からい ただく辞令書の中に、行政職俸給表Ⅰ○級○号俸または、福祉職俸給表○級○号俸と記載 されていれば、人事院勧告による国家公務員俸給表に準じて給与支給が行われていること になります。それ以外の表記の場合は、法人独自の給与表を使用しているのだろうと予測 できます。 この様に、給与の支給基準は、法人毎に違いますが、人件費の殆どは、措置費によって 賄われています。その措置費による人件費支給の本俸基準額は、児童保護措置費手帳に記 載されています。例えば、 施設長

271,900 円

主任児童指導員

227,970 円

- 139 -


児童指導員

207,774 円

主任保育士

199,206 円

保育士

193,086 円

となっています。何故か、保育士より児童指導員が割高になっていますが、とにかく、 基準額の設定が低く抑えられていますので、実際に、給与支給している事業所は、職員の 年齢構成等での調整が必要であり、どうしても、少しでも低い水準の賃金体系を採用しな ければ、運営費全体に対する人件費の割合を抑えることが出来ません。そのため、施設経 営上、仕事量や仕事内容、精神的負担等、考慮してあげたいのですが、それが出来ないと いうジレンマに陥るのです。そのため、職場としては、精一杯、手当てしているつもりで も、働く職員にとっては、安月給とのギャップが生じています。 ところで、保育士と児童指導員の間での給与格差は、現代社会においては、皆無と考え られます。格差が生じるのは、短大卒と大学卒の学歴によって、初任給設定が違うこと程 度です。特に、人事院勧告に準じて給与支給している事業所の場合は、確実に毎年、昇級 があり、一定割合の賞与が支給されます。給与評定を採用していない限り、一律の昇級に なりますので、格差が生じる原因がありません。ただし、任命権者が、個別に、特別昇給 を発令する場合もありますので、絶対、給与格差が生じないとは言えませんが、それは、 特例であり、希なことです。 児童養護施設で働く職員の給与は、決して高い水準とは言えません。しかし、一般企業 と比較した場合、毎月、確実に給与が支給され、年2回賞与が支給されます。減給処分を 受けない限り、基本給が下がることもなく、毎年、昇級していきます。つまり、支給が安 定しているため、生活設計が立てやすいという、大きな利点があります。 児童養護施設は、少子化が進むと統廃合等によって減少していくのでないかと考えられ ていた時期もありましたが、現実は、少子化の影響以上に子育て能力水準の低下や子ども たちの特性の多様化等、現代社会における歪みが子育て環境に大きく影響し、児童養護施 設へのニーズが高まってきています。つまり、就職先としても将来性があります。大企業 でさえも経営破綻を来す昨今において、安定した事業と安定した給与支給は、大きな魅力 と言えます。

- 140 -


15

勤務評定と昇級

平成19年度、人事院による「職員の給与等に関する報告」中に、勤務実績の給与への 反 映 の 推 進 が 謳 わ れ て お り 、国 家 公 務 員 に お い て は 、平 成 1 8 年 度 よ り 、実 施 し て い ま す 。 しかし、行政職俸給表又は、福祉職俸給表に準じて給与支給している児童養護施設にお いて、勤務評定を取り入れている施設の話を聞いたことがないのが現実です。 児童養護施設で働く職員の勤務態度は、様々であり、素晴らしい働きをしている職員が 殆 ど で す が 、残 念 な こ と に 、そ う で は な い 職 員 が 存 在 し て い る こ と も 事 実 で す 。そ ん な 中 、 給与の昇級は、一律的な運用となっています。つまり、一生懸命、子どもたちの為に仕事 をしている職員も、そうでない職員も同じように給与が支払われます。 (-要因) 1.昇級幅が一律のため、仕事に対して精進する目標が設定しにくい。 2.自分の仕事に対しての評価が目に見える形で存在しないため張り合いがない。 3.仕事に対する能力が低い同僚を、つい見下してしまう。 民間の児童養護施設は、公務員や一般企業に比べ、手当の項目が少ないのが現状です。 給与手取りに反映するのは、殆ど、基本給が占めています。 「 お 金 の 問 題 で は な い 、 仕 事 の 内 容 で 、 こ の 仕 事 を し て い る の だ 。」 と 言 う 志 で 、 働 い ている人が殆どの児童養護施設であると思われますが、アパート代などの生活費、自家用 車の購入、結婚資金の貯蓄、結婚したら家族を養っていく生活費など、現実には、お金が 必要であり、自分の仕事に対して、正当に評価して貰い、それが収入に繋がっていくこと は、誰もが望んでいることでしょう。 適正に勤務評定が行われ、それが昇級に反映する場合 (+要因) 1.仕事に対する目標が子どもたちへの支援向上と共に自分の生活向上も含まれる。 2.自分が評価されることにより、より高い評価を得ようとする向上心が湧く。 3.後輩や同僚への思いやり気配りも評価されるため、チームワークに繋がる。 勤 務 評 定 の 昇 級 反 映 の 実 施 前 、 つ ま り 現 状 に お け る ( - 要 因 ) が 反 映 後 は 、( + 要 因 ) へと変化しますが、最大の課題点は、勤務評定の公正さが確保されるかどうかに他なりま せん。

- 141 -


その課題点を克服するためには、勤務評定規定を整備し、極力、客観性を持たせるため に、数値評価を記録する。このようなシステム構築が欠かせません。 そのためには、以下の書類を整備します。 1.勤務評定実施規定 2.評定要領 3.勤務評定記録書(常勤職員用) 4.勤務評定記録書(非常勤職員用) 5.試用期間勤務評定記録書(試用期間職員用) 6.評価基準及び総合評定等の付与基準、勤務評定と昇級

以下に参考までに数値評価の項目例を挙げてみました。 基本的能力 ・児童対応に柔軟性があり、適正な対応をしているか ・有効な児童支援計画や対策を立てられる能力は十分か ・職務の計画、手順等を踏まえ、事態に対し判断する能力は十分か ・保護者や他機関に対して、適切な対応ができているか ・後輩や同僚に対して適切に指導又はフォローする能力は十分か ・職員会議や各種ミーティングで、積極的に意見交換をしているか 仕事の成果 ・担当職務を、計画性を持って円滑にやり遂げたか ・ケース記録、復命書等、提出書類は、滞っていないか ・子どもたちへの対応は、細かく注意を配り、丁寧だったか ・仕事の段取り、後始末はきちんとできたか ・仕事の方法、進め方の見直しを行ったか ・仕事に対して、施設長や同僚から信頼を得ているか 仕事への姿勢 ・規律をよく守って、公私のけじめをつけていたか ・報告・連絡を適時適切に行ったか ・誰とでも一緒に気持ちよく仕事をしたか ・決定事項には素直に従ったか

- 142 -


・与えられた仕事を最後まで遂行したか ・自分のやるべきことをすべて自分でやったか ・自分の失敗は素直に認めたか ・子どもたちに対して真剣に向き合う姿勢があったか ・他の部署に対して気配り、必要な時は、手伝ったか ・指示を受けなくても自発的に行動したか

児童養護施設の職員の中には、勤勉に働き、自己の技能向上に切磋琢磨し、子どもたち との良い関係作りに日々真剣に取り組んでいる職員がたくさんいます。そのような職員に とって、正当に評価され、それが報酬に結びいていく事実があれば、更に精進していく励 みになります。また、平々凡々と働いている職員にとっては、良い意味での競争意識が働 き 、、 技 能 向 上 に 精 進 し て い く き っ か け に な り ま す 。 そ の こ と を 通 し て 、 職 場 が 活 ��� 化 し ていき、それが子どもたちへの支援向上に繋がっていきます。

- 143 -


第Ⅵ章

児童心理療育施設(情緒障害児短期治療施設)

新規開設に向けて

児童福祉法 第43条の5 情緒障害児短期治療施設は、軽度の情緒障害を有する児童を、短期間、入所させ、又は 保護者の下から通わせて、その情緒障害を治し、あわせて退所した者について相談その他 の援助を行うことを目的とする施設とする。

児童心理療育施設(情緒障害児短期治療施設)は、児童養護施設や児童自立支援施設と 比較すると設置数としては、少ない種別の児童福祉施設です。厚生労働省より各都道府県 に設置するよう通達が出ていますが、ゴールドプラン時の老人福祉施設設置、エンジェル プランでの保育所設置の設置推移の曲線に比べると明らかに緩やかな曲線を描いていま す。それは、どの様な理由からか、その考察の一助になれるよう、私が、児童心理療育施 設設置に携わった時の資料を公開します。 まず、プロジェクト(事業)を立ち上げます。具体的には、開設準備室となりますが、 事業の主体者は、法人理事長となり、法人事務長や現存施設の施設長が補佐するのが一般 的です。また、開設準備委員として、一般職員より任命し、実務面を担当させる場合もあ ります。プロジェクトを成功させる最大の業務は、関係機関との連携であり、連携が成立 しなければ、成功はあり得ないと言っても過言ではないでしょう。

児童心理療育施設開設準備室の主な業務

建築関係 ①建築確認申請と入札参加者選定 ②入札参加指名通知(決定通知後) ③見積もり説明会(各社) ④入札、工事請負者決定と契約

- 144 -


⑤起工式 ⑥工事期間(進捗状況チェック)週1のミーティング(施主・施工者・設計士) ⑦備品調整 ⑧建物引渡し ⑨備品搬入及び最終調整 *設計士及び建設会社との協力体制が事業を円滑に進めていきます。 会議運営 ①関係機関代表者会議の運営 ②関係機関専門委員会の運営 ③関係機関合同報告会開催 *生活・教育・心理の各専門委員会を設置、各専門分野の専門家に委嘱状にて会議出席を 依頼します。各専門委員会での討議事項を合同報告会で発表し、方向性をまとめ、代表者 会議で質疑応答を行い、決定していく段取りとなります。 資料作成 ①情緒障害児短期治療施設の認可申請 ②職員求人申し込み(福祉人材センター、大学等) ③「職員オリエンテーションと職員研修」の計画及び資料とマニュアル作成 ④就業規則と給与規程作成 ⑤事業概要及び事業計画書作成 ⑥業務マニュアル簡易版作成 ⑦パンフレット作成(可能であればホームページ開設) *資料は、出来る限り早期に整備し、理事長決裁及び理事会での承認を受けることが大切 です。承認なき資料の責任所在が、作成者になり法人事業から逸脱してしまいます。 外回り ①関係機関への啓発活動と挨拶巡り ②情緒障害児短期治療施設協議会の研修及び施設長会への参加 ③情緒障害児関連団体への啓発及び挨拶(情報収集) ④関係機関への挨拶巡り *情緒障害児短期治療施設は、昭和36年6月に「児童福祉法の一部を改正する法律〔第 二一次改正〕等の施行について」厚生事務次官通達の中に明文化され、昭和37年には岡

- 145 -


山にて第一番目の施設が設立されています。歴史的には、古いのですが、平成に入った時 点でも15ヶ所程度と少なく、それは、認知度に深く関わっているため、地方自治体の担 当部署に、まず、情緒障害児短期治療施設の説明を行い、認知を促すことからスタートす る 場 合 も あ り ま す 。 ま た 、 教 育 関 係 へ の 啓 発 で は 、「 情 緒 障 害 児 」 の 定 義 が 自 閉 症 児 童 が 中心となっているため、定義に於いて福祉と教育で差異がみられ、それを埋めていく作業 も重要です。 開設前 ①新職員オリエンテーション及び新人職員研修会の開催 ②児童養護施設実習(児童福祉施設未経験者) ③開所準備及び児童支援リハーサル(シミュレーション打合せ) * 子 ど も た ち は 、入 所 す る と き 、多 大 な 緊 張 感 に 圧 迫 さ れ る こ と は 容 易 に 推 察 で き ま す が 、 受け止める職員も初めての経験で開設日に緊張がピークに達していたでは、最悪の状態で す。それを回避するためにも、開設前に職員に対して、知識・経験を十分に与え、緊張を 解す取り組みが必要です。 記念式典 ①起工式 ②落成式(記念講演会及び祝賀会)講演者及び会場選定 ③開所式 (利用者・職員・関係機関代表者) *法人主催の式典ですが、法人経営の経済事情を十分に考慮し経費計画を立てることが重 要です。この様な式典は、規模の大小や内容の充実度ではなく、子どもたちの施設を安心 して任せられる法人であることを関係者に認知していただくことが大切です。 主な関係機関 県知事 県健康福祉部児童家庭課 県福祉総合相談所 児童相談所 県教育委員会 市町村教育委員会 福祉事務所 県立教育センター

- 146 -


県精神保健福祉センター 大学教育学部 小児保健研究会 大学保健管理センター 小・中学校 県養護協議会(指導員会・保育士会) 全国情短協議会 児童養護施設 *児童養護施設は、市区町村単位で子育てを担っていきますが、情緒障害児短期治療施設 は、都道府県単位で子育てを担っていきます。そのため、関係機関の範囲が拡がります。 主な求人予定先 精神科医

→大学医学部関係(児童精神科医等)

看護婦

→看護大学、ハローワーク、国立看護学校、医療技術専門学校、医師会 県医務保健課、福祉人材センター、看護協会

心理療法士→大学心理学科大学院、臨床心理士会、児相、福祉人材センター ハローワーク 生活指導員・保育士→大学社会福祉学科、大学保育科、保育大学校、大学教育学部 福祉人材センター、ハローワーク 調理員

→ハローワーク、地域住民

その他

→児童養護施設より配置転換

*雇用業種が多岐にわたりますので、業種に応じて、求人票を配布していきます。

新規に情緒障害児短期治療施設を設立する場合、施設運営に対して無知な状態と言えま す。既存施設に見学依頼をし、運営に対して具体的な情報を得ることが、開設準備を適正 な方向へと導いていきます。

開設の課題点

施設運営がスタートすると様々な課題点が、次から次へと襲いかかってきます。そのこ

- 147 -


とによって職員がパニック状態になると、それは、必ず子どもたちに影響を及ぼします。 開設前に、予測できる課題点をピックアップし、対応策を協議し、解決できる課題は、 開設前に調整しておくことが必要です。調整内容は、各地方自治体の方針によって変化し ますので、ここでは、課題点だけを挙げています。 生活(措置) ・一ヶ所で抱き込むのではなく、関係機関との連携が必要。 ・高学齢入所児は、増加傾向にある。 ・通所児童は、週1回の通所も措置として可能か。 ・ 外 来 機 能 を 充 実 さ せ る 場 合 、「 児 童 家 庭 支 援 セ ン タ ー 」 の 併 設 が 現 実 的 で あ る 。 ・児童心理療育施設特有の事業として、家族療法事業があり、将来的には、手がけていき たいが、行政ニーズと施設の力量との関係調整が必要。 ・母集団(施設内児童の集合体)の調整が必要であり、児童心理療育施設と児相との連携 が必要となる。 ・不登校、自閉的傾向、学習障害(LD)→母集団の中で混在すると混乱を招く確率が高 いと言われている。 ・例えば、被虐待児30%、不登校児70%と言った形で母集団の割合を考慮するとか、 小学生は、10名程度が支援上、適切との説もあり、行動実態を見て、母集団の調整をす る必要がある。 ・児相との定例連絡会が必要。 教育(教育保障) ・児童心理療育施設の公教育導入は、完了しているが、県としてどうするか。 ・児童心理療育施設に措置される児童は、全県域にまたがるので、その調整をどの部署が 行うのか。どういうシステムになるのか。 ・分級の設置基準、職員数は法令の定めなく、地方自治体の考え方次第と言われている。 ・公教育の保障が出来るまで、適応指導教室等の登校日数として認められるシステムの導 入は、必要不可欠ではないか。 ・「 区 域 外 就 学 」「 地 域 外 就 学 」 の 特 例 は 、 可 能 か 。 *いじめ、サラ金から逃げる対策、被虐待児で親に所在を知られないため等の対策等 ・原籍校との連絡会が必要不可欠であるが可能か。 *進路懇談会→中3は、11月頃住民票と学籍を戻すパターンが一般的な状況。

- 148 -


・県立学校方式は、検討できないか。 ・住民票を移動しなくて済む。 ・施設内での学習を「他校通級」扱いにすれば学籍を移動しなくてすむ。 ・「 県 立 学 校 方 式 」 に す る と 指 導 困 難 児 に 対 し て 指 導 力 の あ る 教 員 を 全 県 的 な 視 野 で 児 童 心理療育施設に配置できる。また、県教育委員会は、児童心理療育施設内の公教育につい て配置者として全面的なバックアップ体制をとることができる。 ・県内の教員研修の場として、児童心理療育施設で行われている公教育を活用することが で き る 。( 生 徒 指 導 、 指 導 困 難 児 な ど の 対 応 ) 治療(医療) ・児童心理療育施設は、将来的には、クリニックを持った方が良いとの見解があるが、そ れについての効能は、どうか。 ・治療効果率の算定方法として、参考になるものがあるのか。 ・福祉、教育、医療の連携を強化するためには、どのようなことが考えられるのか。 ・その他、医療サイドからの問題提起はないか。 その他 ・都道府県の地域ニーズとは何か。

基本的生活習慣例

児童は、各々の情緒的行動特性や被虐待に代表される養育環境状態により、基本的生活 習慣が未達成或いは、崩れてしまっている場合が多く。また、生活リズムが心身に影響を 及ぼすことは、習知の事実ですが、生活リズムを整える支援も併せて行っていくことが必 要です。

(1)起床 ①各居室を回り、起床を促しながら健康面のチェックを促す。尚、起床時間は、児童各々 のリズムを尊重出来るよう30分間と幅を持たせます。 ・夜尿のある児童に気を配る。夜尿があった場合は、その児童の人格を尊重し、可能な限 り目立たないよう、シーツ、パジャマの洗濯と布団干しを行う。

- 149 -


②ベッドメーキング、着替え、洗面を促す。 *児童起床前の職員の配慮(起床時間、30分前に宿直が) 夏季…廊下の窓を開けて換気を行う。 冬季…暖房を稼働させる。 (2)朝食 ①朝食の声掛けを行い、食堂への移動を促す。 ②手洗いの励行を促す。 ③配膳(各自のトレイに食べ物を載せる)は、出来る児童は自分で行い、年少児等、出来 ない児童については、職員が支援する。 ④食前の挨拶は、各自行うよう促す。基本的に全員揃うまで待つと言った取り組みは行わ ない。 *子どもたち、一人一人の生活パターンは、学校生活、例えば、部活の早朝練習や、起床 のタイミング、情緒不安の情態、失尿・失便の処理などなど、違うからです。そんな中、 全 員 揃 っ て 食 事 し ま す と ル ー ル づ け る と 、「 早 く し な さ い 」 等 、 必 要 以 上 の プ レ ッ シ ャ ー を朝から与えることに繋がります。一日の始まりである朝は、気持ちよく、心穏やかに過 ごしたいものです。 ⑤食事マナーについての声掛けを行う。 *アレルギー食物がある時は、十分な配慮を行う。 偏食については、改善を促す。但し、過度の偏食等、心理的配慮が必要な児童について は、職員で協議し児童各々の対応を検討していく。 ⑥食欲や食事中の言動等で児童の心身状況を把握するよう気をつける。 ⑦残食については、職員の了解を得て、処分するよう促す。その際、職員は、何故、残食 がいけないことなのか説くようにすると更によい。 *自然を与えている神様への感謝。 作ってくれた人への感謝。 世界には、食べたくても食べられない人々がいるとの社会認識説明等。 ⑧服薬している児童への声掛けをする。 ⑨食後の挨拶も各自行うよう促す。出来れば、下膳の時、職員に「ごちそうさま」の一言 を 加 え る よ う よ う な 雰 囲 気 を 作 る 。( 感 謝 の 気 持 ち 表 現 ) *幼少児の下膳については、職員が配慮し支援する。

- 150 -


(3)掃除及び洗濯物たたみ 「 み ん な で 住 ん で い る 場 所 を み ん な で き れ い に し よ う 。」 の モ ッ ト ー で 一 人 一 役 を 担 っ て 貰うよう促す。 ①役割分担は、児童と職員が十分協議し配分する。 ②役割については、児童の能力に応じて責任のレベルを職員が設定し、レベルに応じた声 掛けを行う。 ③時間内に終われるよう促す。 (4)夕食 *詳細は、朝食時間に準ずる。 (5)入浴 ① 時 間 内 に 入 浴 が 終 わ る よ う 声 を 掛 け る 。( 省 エ ネ 学 習 ) ②洗髪、洗体等で不十分な児童に対しては、自立に向けての支援を行う。 ③「みんなで使う風呂」の理解を求め、浴槽内にタオルをつけないよう話す。 ④前述に関連して、洗体後、浴槽に入るよう声を掛ける。 ⑤入浴後、椅子、洗面器、手桶、石鹸等を片づけるよう声を掛ける。 ⑥安全性の配慮もあり、職員は、児童と一緒に入浴する。また、スキンシップの意味合い も 考 慮 し 、 裸 で 入 る 。( 水 着 や T シ ャ ツ の 着 用 厳 禁 ) ⑦石鹸、シャンプー、リンス、お湯等の使用については、節約の学習を支援する。 ⑧感染症のある児童については、最後に入れる等、配慮する。 ⑨洗濯物は、ポケットから物をだして、篭に入れるよう声を掛ける。 (6)就寝 ①寝具が整っているか確認する。整っていない場合は、支援する。口頭だけではなく一緒 ���やる等の支援を行う。 ②パジャマを着用しているかを確認する。 ③翌日の準備が出来ているか確認し、出来ていなければ、声掛けを行う。 ④小学低学年以下の児童については、絵本を読んであげたり添え寝をしてあげたり等の支 援を行う。 ⑤眠前投薬指示のある児童については、服薬したかどうかの確認をする。 ⑥夜尿のある児童については、十分な配慮を行う。 ⑦就寝時間以後は、騒いだり徘徊したりしないよう声を掛ける。

- 151 -


教育指導計画

ま ず 、 学 習 支 援 の 方 針 は 、 教 育 基 本 法 2 条 に 準 じ 、「 学 問 の 自 由 を 尊 重 し 、 実 際 生 活 に 即し、自発的精神を養い、自他の敬愛と協力によって、文化の創造と発展に貢献するよう 努めること」が、一般的・代表的な考え方です。

一、教育目標について 入 所 及 び 通 所 す る 児 童 は 、本 人 の 情 緒 的 特 性 に よ っ て 社 会 的 不 適 応 や 対 人 関 係 の 不 調 和 、 基 礎 的 学 習 の 未 習 得 等 が 予 測 さ れ 、こ の 情 緒 的 特 性 は 、本 人 が 先 天 的 に 持 っ て い た 場 合 と 、 家族や社会によって後天的に発症したものと、大きく2つに分けることが出来ます。学校 教育法に於ける「情緒障害者」に準ずる特性であり、同法の「心身の発達に応じて」の考 え方に即して、教育目標を起案しています。特に「心身の調和的発達を図る」を十分考慮 に入れ、心理面での配慮を学習に取り入れていきます。

二、教育課程について 民間施設であり、学校教育法に於ける「教育課程」を実施することは、出来ませんが、 次の3つの約束を厳守し学習支援を進めます。 ①不登校児童・生徒の不適応・問題行動に対して深い理解と知識・経験を有するよう鋭意 努力し、かつ社会的信望を有するよう心掛けます。 ②営利本位にならないよう、社会福祉施設としての責任を全うします。 ③相談・指導は、児童生徒のタイプや状況に応じた適正な内容にし、義務教育制度を前提 にし、体罰など極端な指導が行われないよう職員を監督します。 (1)学習時数 年間35週とし、週当たりの授業時数が「情緒障害児童生徒」の負担加重とならないよ うに配慮します。*法改正に速やかに準じます。 (2)昼食・休憩の時間 昼食は、調理室に於いて調理・配食します。その時間については、工夫を加え適切と考 えられる起案を行います。

- 152 -


(3)学習の1単位時間 情緒障害を有する児童生徒の一般的特質として、集中力の欠如や自己指南力の低さが挙 げられますが、そのような児童生徒の実態に即した時間設定を行っていきます。 (4)履修困難な教科 心身の状況で履修困難な教科と想定できる教科については、その児童の心身の状況に適 合できるよう配慮し、午後、1単位時間を1時間10分と設定し起案する等、教育方針に 柔軟性を持たせることが大切です。これは、教科の内容を補充する指導として配慮する対 応にあたります。

三、学習室編成について 情 緒 障 害 児 短 期 治 療 施 設 の 場 合 、 そ の 性 質 上 、「 複 々 式 学 級 」 に 準 じ た も の に な っ て し まいますが、可能な限り15名以下の児童生徒で学習できるよう、学習室と職員配置を配 慮する必要があります。

四、学習担当職員の配置について 学習担当責任者を任命し、小学生教室と中学生教室に教職免許を有する職員を各1名担 当者として配置し学習計画を策定します。その学習計画を基本に複数職員(2名以上)に より学習支援を進めていきます。更に、元教職員や私立の教職員等を非常勤又は、ボラン ティアとして募集し、補助を受けていきます。

学校との連携計画

[1]仮担任の依頼 ・住民票移動をしている(主に入所児童)児童生徒については、地域校で仮担任を決めて いただくよう働きかけます。 ・住民票移動をしていない(主に通所児童)児童生徒については、原籍校に担任が存在し ます。 ・学校に復帰、学校行事に参加するときは、この仮担任クラスに所属できるよう調整して いただけるよう働きかけます。

- 153 -


[2]連絡会の開催 ・毎年2学期当初に、入所と通所児童の地域校、原籍校、施設との連絡会を開催。 ・連絡会で、児童の状況説明と以後の進路指導や卒業について打ち合わせます。 [3]試験登校 ・登校できる力が蓄えられた児童は、原籍校又は、地域校へ試験的に登校出来るよう調整 を お 願 い し ま す 。( 地 域 校 の 場 合 、 教 育 保 障 整 備 後 か ら ) ・3ヶ月程度の登校様子を見て、登校が安定すれば、不登校が軽快したと判断します。 [4]行事への参加 ・修学旅行、体育会、テスト等への参加が可能になれば、学校に馴染ませるための取組み が 出 来 た と 判 断 し ま す 。( 不 登 校 児 の 場 合 ) ・登校が一切出来ない児童生徒については、仮担任との交流が図れるよう調整します。 [5]出身校の卒業 ・小、中学校を卒業するときは、居住区の学校で卒業できるよう調整をお願いします。 *住民票移動をしている場合、住民票(学籍)を居住区に一旦戻します。 例:小学6年生は卒業前の2月頃。 中学3年生は進路決定に合わせて、12月頃。 ・「 中 学 校 卒 業 程 度 認 定 試 験 」 の 実 施 も 弾 力 的 に 調 整 し て い た だ く よ う 働 き か け ま す 。 [6]進路指導 ①四者懇談会 ・児童、保護者、仮担任、施設職員で行います。 ・毎年11月頃にこの四者懇談会を開催し、将来の進路を相談し、方針をまとめます。 ②進学と就職の手続き ・原籍校に学籍を移動し、受験と就職の手続きを原籍校で進めていけるよう調整をお願い します。 ③資料提供 ・進学と就職に必要な学力等の資料を仮担任に提供します。 ・地域校及び原籍校のテストを受け入れて、実施結果を返却するなどの便宜も図ります。 *「調査書」に代わり、児童生徒や保護者がその学校へ進学したい動機や、そこで学びた いこと、中学時代に主体的に学んだ事柄などを記述した資料を用いることについて提唱し ていきます。

- 154 -


[7]出席扱いのお願い ・ 施 設 の 機 能 と 学 習 支 援 プ ロ グ ラ ム 等 を 積 極 的 に 啓 発 し 、「 出 席 扱 い 」 に 対 し て の 要 望 を 伝えていきます。

次に、情緒障害児短期治療施設で、公教育を保証するための関係法令をピックアップし ます。法改正があれば変化しますので、参考程度に捉えて下さい。

分教室分校関連法

1.分教室の関連法 ( 1 )[ 学 校 教 育 法 ] 第75条

小学校、中学校及び高等学校には、次の各号の一に該当する児童及び生徒

のために、特殊学級を置くことができる。 一

精神薄弱者

肢体不自由者

身体虚弱者

弱視者

難聴者

その他心身に故障のある者で、特殊学級において教育を行うことが適当なもの 前項に揚げる学校は、疾病により療養中の児童及び生徒に対して、特殊学級を設

け、又は教員を派遣して、教育を行うことができる。 (2)学校教育法施行規則 第73条の17(特殊学級の1学級の児童数) 小学校又は中学校における特殊学級の1学級の児童又は生徒の数は、法令に特別 の定めのある場合を除き、15名以下を標準とする。 第73条の18(特殊学級の設置区分) 特殊学級は、特別の事情のある場合を除いては、学校教育法第75条第1項各号に揚げる 区分に従って置くものとする。 第73条の21(心身の故障に応じた特別の指導-通級指導)

- 155 -


小学校又は中学校において、次の各号の1に該当する児童又は生徒(特殊学級の 児童及び生徒を除く)のうち当該心身の故障に応じた特別の指導を行う必要があるものを 教育する場合には、文部大臣が、別に定めるところにより、第24条第1項、第24条の 2及び第25条の規定並びに第53条第1項及び第2項、第54条及び第54条の2の規 定に関わらず、特別の教育課程によることができる。 1

言語障害者

情緒障害者

弱視者

難聴者

その他心身に故障のある者で、本項の規定により特別の教育課程による教育を行うこ

とが適当なもの 第73条の22(他の小中学校の授業の取扱い) 前条第1項の規定により特別の教育課程による場合においては、校長は、児童又 は生徒が、当該小学校又は中学校の設置者の定めるところにより他の小学校、中学校又は 盲学校、聾学校若しくは養護学校の小学部若しくは中学部において受けた授業を、当該小 学校又は中学校において受けた当該特別の教育課程に係る授業とみなすことができる。

2.分校の関連法 ( 1 )[ 学 校 教 育 法 施 行 令 ] 第25条(市町村立小中学校等の設置廃止等についての届け出) 市町村の教育委員会は、当該市町村の設置する小学校又は中学校(第5号の場合にあって は 、 盲 学 校 、 聾 学 校 又 は 養 護 学 校 の 小 学 部 及 び 中 学 部 を 含 む 。) に つ い て 次 に 掲 げ る 事 由 があるときは、その旨を都道府県の教育委員会に届け出なければならない。 一

設置し、又は廃止しようとするとき。

新たに設置者となり、又は設置者たることをやめようとするとき。

名称又は位置を変更しようとするとき。

分校を設置し、又は廃止しようとするとき。

二部授業を行おうとするとき。

( 2 )「 学 校 教 育 法 施 行 規 則 」 第六条(分校設置の認可申請・届出手続)

- 156 -


分校(私立学校の分校を含む。第七条の七において同じ)の設置についての認可の申請又 は届出は、それぞれ認可申請書又は届出書に、次の事項(市町村立の小学校及び中学校に つ い て は 、 第 四 号 及 び 第 五 号 の 事 項 を 除 く 。) を 記 載 し た 書 類 及 び 校 地 校 舎 等 の 図 面 を 添 えてしなければならない。 一

事由

名称

位置

学則の変更事項

経費及び維持方法

開設の時期

第十八条(分校の学級数) 小学校の分校の学級数は、特別の事情のある場合を除き、五学級以下とし、前条の学級数 に参入しないものとする。 (3)分校とは 「分校という語は、法令では定義することなく用いられている。従って、明確な定義を することは難しい。分校とは、本校から分離した独立の校地、校舎等において、学校の行 う教育の一部を分担するものであると言えよう。財政上の措置を講ずる場合には、本校及 び分校はそれぞれひとつの学校と見なして取り扱われることがあるが、分校は法律上は独 立の施設と言うことはできない。あくまでも校長の指揮監督の下にある校内組織にすぎな い 。」 (「 教 育 行 政 資 料 」 法 令 用 語 編 、 埼 玉 県 教 育 委 員 会 )

*分校になると、同一敷地内に「分校長」と「施設長」が同時に存在することになり、指 揮命令系統が別で完全な分業体制と言うことになります。分教室については、特別の定め がないため、施設と教育委員会の話し合いが重要になってきます。学級規模としては、1 クラス10名程度が適当であり、小学生は、複複式学級になるパターンが多い。

- 157 -


第Ⅶ章

実例からの教訓

迎えに来ました。

Kと出会ったのは、Kが小学校3年生の頃でした。当時、私は新任職員、学齢の高い子 どもたちより、まず、学齢の低い子どもたちとの関係作りを優先していました。添え寝を し た り 、 お 風 呂 で は 一 緒 に 騒 い だ り 、「 探 険 に 行 く ぞ 」 と 声 を か け て は 、 山 の 中 に 連 れ て 行ったり、チャンバラをしたり、夏には、怪談話をしては、怖がらせたり、そして、月日 は流れ、Kは、成長していき中学生になりました。身長165

cmくらいの細身の長身

で サ ッ カ ー が 好 き な ス ポ ー ツ マ ン 、ル ッ ク ス も 良 い 少 年 で し た 。た だ 、学 力 が 低 く 勉 強 は 、 大の苦手でした。 当時、周囲の環境は、山や畑だった所に開発が進み、僅か5年ほどで○○団地と地名が つくほどの新興住宅地となり、その中心に○○中学校ができました。この団地の中の家庭 には、共働きの家庭が多く、子どもたちは、自宅の鍵を持ち、小遣いをたくさん貰う代わ りに夕食を一人で済ますと言ったパターンの子どもたちが多数いました。 Kの友人関係の中にも、家族の愛は希薄だが、小遣いは、たくさん持っている友人がい て、Kは羨ましがっていました。いつの頃からか、暴走族と関わっている友人に誘われて Kも暴走族と関わるようになりました。そんなKを私が放っておく訳には行きません。時 には、悪友たちと一緒にいるKを迎えに行くことも多々ありました。当時、私が○○団地 の中を歩いていると、如何にも不良をしていますと言った中学生が挨拶をしてくることが ありました。 Kが中学2年生の頃は、身長も175

cmほどになり、服装の着方次第で、十分青年

に見える雰囲気を持っています。それまでも、Kは家出を数度繰り返していましたが、今 回は、なかなかKを探し出すことができません。暴走族仲間にも日々、聞き込みを行いま すが情報を流してくれません。しかし、私のしつこさが功を奏して、やっと情報を流して く れ ま し た 。「 暴 力 団 の ○ ○ 組 で お 世 話 に な っ て い る ら し い 」 と の 情 報 で し た 。 早 速 、 ○ ○組への張り込みです。幾ら当時の私が若いと言っても腕力に自信があるわけではありま せん。恐怖とKへの想いとの葛藤です。張り込みは、徒労の繰り返しで、Kの姿を確認で きない日々が続きました。しかし、ある日、Kの着ていた服と下着の洗濯物が干してある

- 158 -


のを発見しました。姿は、確認できていませんが、少なくともKの所有物は確認できたの で、翌日、○○組へ先輩の児童指導員と一緒に挨拶に行くことにしました。 後で聞いた話ですが、私が張り込みをしていることを暴走族仲間の一人が○○組の構成 員に密告をしていたため、私がKの洗濯物を発見した翌日の早朝、横浜のたこつぼ(日雇 労働をさせ、その賃金を搾取し、長い期間束縛を続ける場所らしい)に送ったとの事でし た。 そ う と は 知 ら ず 、 挨 拶 に 行 き ま し た 。 玄 関 に 立 っ て 「 組 長 さ ん に お 願 い に 来 ま し た 。」 と挨拶をすると、若い構成員さんが、建物の中に招き入れました。通された部屋は、畳2 0畳程度の広い部屋で正面には、コの字に並べられた座卓の後ろに8名の大人が座ってい ま し た 。勿 論 、中 央 に は 、組 長 さ ん ら し き 人 物 で す 。皆 さ ん 、座 卓 の 上 に 手 を 置 い て い て 、 多分全員の左手の小指が無かったと記憶しています。 中 央 正 面 に 正 座 し 、「 K が こ ち ら で お 世 話 に な っ て い る と 思 い ま す が 迎 え に 来 ま し た 。」 と事情を説明するとKと言う子どもは知らないし、ここに立ち寄ってもいないとの返答が 返ってきました。未成年者が関わっていることが分かると児童福祉法によって責任者つま り組長が罰せられることになり、○○組としては、事実を隠し通す必要があるわけです。 30分ほどのやりとりで「もし、Kがこちらと関わる時がありましたら、是非、当園に ご 連 絡 を お 願 い い た し ま す 。」 と 最 後 の 挨 拶 を し 、 立 ち 上 が ろ う と し た と き 、 私 の 足 は 、 痺れていて、躓いてしまいました。折角、何とか平静を保ち、この緊張した場面を乗り切 ったのに最後の最後で格好悪い態を晒してしまいました。しかし、結局これが良かったの で す 、「 先 生 も が ん ば っ た な 、 う ち の 組 員 が 先 生 に 手 を 出 す こ と は な い か ら 安 心 し な 」 と の組長さんからの有り難い言葉を後に、その場を去りました。 結局Kは見つからず、所在不明の開始日より1か月が経過し、措置解除の手続きがとら れました。これは、私にとって大失敗例です。Kのその後は、全く不明です。しかし、私 の心の中には、Kとの思い出が20年以上過ぎた今でも鮮明に残っています。

児童養護施設で働くあなたへ、子どもたちとの関わりの中では、時にはドラマティック なことも現実には起こります。そのドラマを構成するのは、子どもたちであり、あなたで す。できることならハッピーエンドなドラマをプロデュースしましょう。

- 159 -


夢追い挫折

Yは、専門学校に通っていた。中学生時代は、家出を繰り返し、私は、何度も捜索に出 かけては、迎え入れていました。学力的にも低く、何とか専門学校への進学を果たしまし た。 そんなYの夢は、専門学校を卒業した後は、オートレーサーの養成校に入って、オート レーサーになることです。家出の時も、川口オートレース場に行っていることがあり、バ イクを盗んで乗り回していたこともありました。 そんなYをいつも温かく見守っている担当保育士がいました。Yが悪さをすると本気で 泣きながら叱り、そして、赦し信じることの繰り返し、Yは、悪さをしようと家出をしよ うと必ず、担当保育士の元へ帰っていました。 オートレーサーになる夢、現実は、そんなに甘いものではありませんでした。まず、Y にとっての最大の難関は、筆記試験、Yの学力は、お世辞にも高いとは言えず、それは本 人自身も理解していました。次なる難関は、経済面です。児童養護施設を出た後は、子ど もたちは、自立して生活しなければいけませんが、オートレーサーの養成校は、入寮が条 件 で 、学 費 や 寮 費 を 支 払 わ な け れ ば な り ま せ ん 。バ イ ト を す る 余 裕 も あ り ま せ ん 。従 っ て 、 誰かが経済的援助をしない限り、養成校を続けることは不可能なのです。 Yは、その現実と向き合い、Yが選んだ道は、夢を捨てることでした。家出をしても、 必ず担当保育士の元へ戻ってきていたYがなかなか戻ってきません。私は、不良と呼ばれ たい少年たちを見つけては、情報収集を行いました。その結果、○○暴走族に所属してい ることが判明し、何とか、その集会日と集会場所の情報を得ることができました。 そして、その当日、私が張り込んでいると爆音と共にバイクが集結してきました。ある 程度、集まってくるとエンジンを止めるバイクもあるため騒音が軽減されました。私は、 その時は、一人でしたが、絶対Yをせめて専門学校は卒業させたいとの担当保育士の切実 なる願いが私の背中を押し、暴走族の集会へと近づいていきました。一番端にいる少年に 「 Y と 話 が し た い 、 呼 ん で く れ な い か 」 と 問 い か け ま し た 。 少 年 は 、「 そ ん な 奴 、 知 ら な い 」 と 拒 み ま し た が 、「 ど う し て も 話 を し な け れ ば い け な い 」 と の 私 の 訴 え に 心 が 動 い た のか、集会の中央の方へ向かっていきました。その後しばらくしてから、少年たちの一部 が移動し、中央に向かって一本のラインになり、その先からYがこちらに向かって歩いて

- 160 -


きました。私は、Yに専門学校は卒業してほしいこと、担当保育士の想い、卒業後、仕事 をしてお金を貯めてオートレースの養成校に入る道は残されていることを伝え、帰ってく る よ う に 話 し ま し た が 、Y は 頑 な に 拒 み ま し た 。「 担 当 保 育 士 は 、Y が 帰 っ て く る こ と を 、 いつまでも待っているぞ」と話し、その場を後にしました。 Yは、結局帰ってきませんでした。そして、専門学校を卒業することもなく措置解除に なりました。 後日談として、担当保育士は、Yを探しだし、その後も交流を続けYを支えていたとの ことでした。

児童養護施設で働くあなたの経験でも、子どもたちが夢追いを挫折する場面に遭遇する ことが多々あることでしょう。確かに現実的に達成不可能な夢を追いかけている子どもた ちもいます。しかし、夢は叶えられるのが一番良いのですが、挫折の仕方も大切です。極 力子どもたちの心が折れない挫折の経験に導いていくのがあなたの役割なのです。

言葉に責任を

T は 生 意 気 盛 り の 中 学 2 年 生 、ち ょ っ と 太 め の 体 型 で 少 な く と も 私 よ り 大 柄 の 体 型 で す 。 自己中心的ゆえに反抗的で、子どもたちの中でも浮いた存在でした。 私は、新任職員ではありませんが、赴任してきたばかりの頃で、まだ、子どもたちとの 信頼関係は、構築されていませんでしたが、私なりに許容範囲があり、そのラインを超え たら注意をする、このラインの微調整を行っている状態です。 そんな中、Tは、注意を受ける場面が多く、最初の頃は、反発をしながらも仕方なく従 っていましたが、ある日、とうとう「切れる」と言う状態になりました。Tが他の子ども た ち か ら 恐 れ ら れ て い る 大 き な 原 因 は 、性 格 的 に「 切 れ る 」こ と が 多 い と 言 う こ と で し た 。 Tは、その大きな体格で私に殴りかかってきました。不意の出来事でしたが、何とか第 一 波 を か わ す 事 が で き ま し た 。私 に と っ て の 不 利 は 、児 童 指 導 員 で あ る こ と で す 。当 時 は 、 体罰やセクハラに対する反対運動が浸透してきており、職員が子どもを殴るなどと言った 行為は、御法度でした。次なる不利は、仮にTの拳が顔面にヒットし、私の顔が腫れ上が った場合の他の子どもたちの反応です。まだ、子どもたちとの信頼関係が成立していない

- 161 -


時期です。中学生に殴られた情けない大人とのレッテルを貼られてしまったら、その回復 に膨大な時間を要することでしょう。もう一つの不利は、眼鏡をつけていることです。 Tの第一波をかわし、第二波、第三波の間隙に「ちょっと待て」とTを一旦制止し「眼 鏡 を 外 さ せ ろ 」 と 声 を か け 、 眼 鏡 を 外 し 近 く で 傍 観 し て い る 子 ど も に 渡 し ま し た 。「 よ し いいぞ」で再開です。私に残された方法は、Tを組み伏せることしかありません。その他 の選択肢は、ありませんでした。タックルで何とかTを押し倒し、羽交い締めにすること ができました。 腕力、体力は、明らかに若いTの方が有利です。羽交い締め状態と言えども、体格もあ り力もあり、ちょっとでも気を抜けば、あっという間に体勢が逆転されることでしょう。 また、取っ組み合いと言うのは、考えている以上に体力の消耗は激しく、持久戦になり、 私が力尽きるとサンドバッグ状態になる可能性があり、必死でTの説得に力を注ぎます。 Tは、勉強を怠っているので学校の成績は思わしくありませんが、IQ-120で高い 能 力 の 持 ち 主 で し た 。 そ れ が 幸 い し 、「 ど ち ら が 正 し い ん だ 。 T か そ れ と も 私 か 」、 周 囲 の子どもたちは明らかに私の正当性を認めており、そんな雰囲気があり、Tも落ち着いて 考えてみると、自分の方が不当であることを再認識し、そんな情報整理の能力は十分に持 っていました。やっとTは私の説得に応じ力を抜いてきました。 この時の結末は、Tは「ごめんなさい」は言えなかったものの「分かった」との表現を しましたので、私は、それで良しとしました。その後、退園するまでTが殴りかかってく ることはありませんでした。

児童養護施設で働いているあなたも体罰は、絶対行っていないことでしょう。しかし、 子どもたちからの暴力が時にはあり、大変な目にあっている方がいることを察します。大 切なことは、一貫性を堅持することです。例えば、子どもたちに「時間を守りなさい」と 伝えているのであれば自分自身も時間を守る、それは、子どもたちの見ていない場面でも です。良くあるパターンが子どもたちには「正直に言いなさい」と言いながら、公用車を 傷つけても報告しない。あなたの働いている職場の公用車をチェックしてみましょう。無 数 に 傷 や へ こ み が あ る こ と で し ょ う 。「 自 分 の 言 葉 に 責 任 を 持 つ 」 単 純 で 当 た り 前 の 言 葉 ですが、これを実行していれば、必ず子どもたちは、あなたへの信頼感を持つことができ るでしょう。

- 162 -


疾病理解と共感

M美は、先天性の股関節脱臼です。脱臼しやすい状態で生まれてきて、保護者の保育能 力不足により新生児期に赤ちゃんの取扱いが良くなく、股関節脱臼の症状が発症したと考 えられました。 小学低学年の頃、治療による整復を試み、一時は、改善の兆しがあったのですが、M美 は至って活発な女の子で自由奔放に動き回り、医師から指示されているリハビリも怠るこ とが多かったため、脚のひきずり方が顕著に目立つようになってきました。 月1回、自動車で2時間ほどかけて、聖マリア医科大学病院へ通院していましたが、中 学 生 に な っ た の で 、最 後 の 手 段 と し て 手 術 的 整 復 を 行 い ま し ょ う と の 診 断 が 下 さ れ ま し た 。 中学2年生の春、M美は、手術しました。勿論、成功です。見た感じ、両足の長さが均 等になりました。 しかし、これからが大切なのです。手術によって整復されても、これまでの歩き方の癖 を直し、股関節周囲の筋肉を鍛え、再発防止に努めなければ、今回の手術の意味がないの です。現実的なことを言えば、学童期の現在は、医療費は、受診券によって補助されます が、成人期以降は、数百万円かかる医療費を自己負担しなければなりません。 M美と私とのリハビリバトル、始まりです。M美は、思春期の女の子、担当は、2□歳 の青年、まず、言うことを聞くはずがありません。それで、担当保育士がM美とのリハビ リを始めました。私は、毎日、隣で見学です。2週間ほどして、担当保育士が「そろそろ ○○さんで良いでしょう?」とM美に話しかけM美は、渋々了承しました。 だからと言って、素直にまじめにリハビリに取り組むはずがありません。ふざけたり、 文句を言ったり、無視したり、毎日毎日、M美との駆け引きバトルでした。それも、時が 解決してくれます。当時、私の休日は、隔週2日制で月6日くらいでしたが、休日もM美 のリハビリを行いました。1年間365日の内、340日程度、M美につきあいました。 それは、M美が中学3年卒業後の家庭引取りの日まで続きました。 毎日、15分程度のリハビリ、短時間のような印象ですが、実際は、集中した15分の ため長く感じます。M美も時には疲れていることもあります。時には、クリスマス会等で 楽しい時間の合間にリハビリタイムになることもあります。リハビリに対して辛いことは あっても楽しいことは見つかりません。だからこそ、私は、M美との15分間を大切にし

- 163 -


ました。 児童養護施設で働くあなたも、時には、疾病を持つ子どもの担当になったこともあるこ とでしょう。疾病は、身体的不調だけではなく、心理的にも不調を来すことがあります。 それを軽減してあげるのは、あなたの愛情です。子どもたちの病気を理解し共感し、共に 回復・改善に向けて頑張っていこうとの姿勢を子どもたちに示してあげてください。

心強い支え

U子は、小学6年生で入所してきた眼鏡をかけたかわいい女の子でした。小学5年生の 時、若年性糖尿病(1型糖尿病)を発症しました。もし、この病気にかからなければ、U 子は、児童養護施設に来ることはなかったでしょう。糖尿病の治療には、特に2型ではな く1型の場合、インスリン療法が必要で治療費負担が家計を圧迫します。U子の家庭は、 経済的な面で治療をバックアップすることは不可能でした。 正確には記憶していませんが、水疱瘡かはしかをきっかけに糖尿病を発症したと思いま す 。2 型 糖 尿 病 の 場 合 、生 活 習 慣 病 と し て 大 人 に な っ て か ら 発 症 す る 場 合 が 多 い の で す が 、 U子の場合、1型であり、U子には何の落ち度もありません。 生活上の治療は、食事のカロリー量と投薬量のコントロール、そして、運動によるカロ リー消費と精神面での強化を中心に行います。このバランスが崩れると高血糖昏睡に陥る など、低血糖症を発症することになります。 U 子 と の つ き あ い は 、 一 年 3 6 5 日 ( そ の 内 3 4 0 日 く ら い )、 共 に 食 事 を し カ ロ リ ー 調 整 を 行 い 。毎 夕 、イ ン シ ュ リ ン を 投 与 す る 。ま た 、毎 朝 ・ 毎 晩 2 k m の ジ ョ ギ ン グ で す 。 小雨程度だったら決行します。雨天は、室内の階段上り下りです。勿論、自分の休日もで す。何故なら、糖尿病の場合、一歩、処置を誤れば生死に関わるから必死でした。 ある日、U子の体調が崩れました。U子の体調は、把握しているのに原因が分かりませ ん。問いつめると、授業中に飴が回ってきたので貰って食べたとの事でした。その瞬間、 U子は、自分の体調より友達との関係を選んだのです。 誰を責めれば良いのでしょう。勿論、U子を叱り、共に泣きましたが、病気ゆえに友達 との些細な関わりも制限されてしまう。そんなU子の気持ちを分かりながらも親代わりと して厳しく接しなければいけない役割。児童養護施設で働く中で一番辛かったことの一つ

- 164 -


です。 U 子 は 、中 学 3 年 生 に 進 級 す る 前 に 家 庭 復 帰 し て い き ま し た が 、U 子 と 共 に 笑 い 、泣 き 、 怒り、楽しんだ日々は、今も色あせずに私の心の中に残っています。

児童養護施設で働くあなたに、決して勘違いして欲しくないのは、糖尿病は、確かに疾 病ではありますが、体調管理のコントロールさえ怠らなければ、普通の生活ができます。 実 際 、 U 子 に は 、「 君 は 糖 尿 病 だ け れ ど 、 病 気 と 思 わ な け れ ば 病 気 で は な い ん だ よ 」 と 繰 り 返 し 話 し な が ら 体 調 コ ン ト ロ ー ル の 大 切 さ を 訴 え 続 け ま し た 。 た だ し 、「 念 の た め に あ め玉は、必ずポケットに2ヶ入れておこうね」が加わります。重要なことは、支えるあな たが疾病のことを十分に理解しておくことです。子どもたちは、どんなに強がっていても 不安なのです。そんな時、あなたが「私がついているから大丈夫よ」と支えてくれたら、 どんなに心強いことでしょう。

答え導くお手伝い

M子は、幼少期から在籍していましたが私が出会ったのは、小学5年生の時でした。え くぼのかわいい女の子でした。 M 子 は 、 吃 音 が あ り ま し た 。 以 前 は 、「 ど も り 」 と 表 現 さ れ て い ま し た が 、 時 に は い じ めの対象になることもあります。しかし、M子は、小さい頃は、からかわれたりもあった ようですが、持ち前の素直な明るい、かわいらしい性格が、幸いし、本人が悩むほどのい じめにはあっていませんでした。 M子の吃音は、連声型で、最初に発音する言葉を数回連続してしまうパターンです。例 え ば 、「 ご め ん な さ い 」 の 発 声 の 場 合 、「 ご 、 ご 、 ご め ん な さ い 」 と 言 っ た 感 じ で す 。 当 時、吃音と言うことで病院に通院することはありませんでした。現在では、疾病として健 康保険適用の診療報酬対象ですが、どちらかというと疾病というより癖として認識されて いる状況でした。M子に対しても言語障害としてのアプローチで治療をしていれば、改善 の方向へ向かっていたかも知れません。 しかし、日々の大人たちの愛情による心配りも治療効果は絶大です。M子は、慌てたり 緊 張 す る と 吃 音 が 顕 著 に 表 れ て い ま し た の で 、 そ ん な 場 面 で は 、「 深 呼 吸 し な さ い 」「 話

- 165 -


す の は ゆ っ く り で 良 い の よ 」 等 、 話 し か け 、「 吃 音 は 、 決 し て 恥 ず か し い こ と で は な い の よ 」「 吃 音 が あ る M 子 は 、 悪 い 子 で は な い よ 。 よ い 子 で し ょ う 」 と 常 に 肯 定 的 に 関 わ っ て いくうちに次第にM子の吃音が目立たなくなっていきました。吃音は、完治することは、 非常に難しい言語障害とされていますが、改善の方向に向かうことはあるのです。 そんなM子も成長し調理師の専門学校に通うようになりました。素直なM子は、優等生 的な生活を送っていました。帰宅時間も午後6時頃でした。ところが、帰宅時間が午後7 時 に な り 午 後 8 時 に な り と 、 段 々 遅 く な っ て い く の で す 。 言 い 訳 は 、「 友 達 と お し ゃ べ り し て い る か ら 」 の 当 た り 障 り の な い 返 答 で す 。 私 は 、「 夜 は 暗 い か ら 危 険 だ 。 明 日 か ら 、 バス停に毎日迎えに行く」と宣言しました。勿論、M子は拒みます。 バス停までは、下り坂で150mですが、道の両脇を樹木が覆っていて、外灯は、20 m間隔くらい、薄暗い道でした。そのため、時々、痴漢や変質者が出没したとの噂が流れ るような場所でした。 午後6時は、そろそろ夕食が始まる時間帯ですが、保育士の理解を得て、しばらくは、 毎日バス停に迎えに行くことにしました。M子にとっては、迷惑な話でしょう。1日目は 午後8時頃、バスを降りてきました。M子はバスを降りると私に見向きもしないで早足に 坂道を上っていきます。帰宅したら夕食ですが、私と二人だけの夕食、無言の白々しい雰 囲気に包まれています。そんな毎日が続きましたがM子の帰宅時間が8時頃から7時頃へ と早まってきました。私にも必要な要件は、話しかけるようになってきました。少しずつ の雪解けです。結果的には、2週間でM子の帰宅時間は、午後6時頃に戻り、私との関係 も以前の状態に戻りました。

児童養護施設で働くあなたへ、子どもたちとの関わりで、時には、執拗なしつこさも、 対応の方法として効果的な場合があります。バス停で待っていたあの時、じつは、2月頃 でした。1年の中で最も寒い時期の夜、2時間も自分の帰りを待ち続ける大人、そして、 何も言わず自分と向き合う大人、そんな大人に対して、子どもたちができることは、自分 で何が正解かを導き出していくことです。児童養護施設で働くあなたが、子どもたちに解 答を与えてはいけないのです。子どもたちが解答を見つけ出していくお手伝いをしていく のが、あなたの役目でしょう。

- 166 -


地道な努力

H 子は4歳で入所してきた女の子、主訴は、両親からの虐待です。特に父親からの身体 的虐待は、精神的ダメージが強かったようです。 虐待は、精神的ダメージだけではなく、成長の促進を阻害します。子どもたちは、身体 的、精神的、情緒的な発達段階を経て成長していきますが、まず、最も基本となる、基本 的信頼関係の構築が虐待によって阻害されてしまい、それは、幼児期のみならず少年期、 青年期にも影響を及ぼします。 H 子は、大人不信であり、特に男性に対しては、強度の拒否反応を示します。衛生観念 が欠如しており、自分の便を口にする異食、便を触った手をトイレの壁にこすりつける、 お漏らししていても、平気な様子です。人と人との関わりである対人関係の持ち方が未成 熟であり、目と目を合わせることが出来ず、面と向かって話しかけても、視線は、宙を舞 い ま す 。注 意 散 漫 で あ り 、次 か ら 次 へ と 興 味 が 変 わ り 、そ の 度 に 動 き 回 り ま す 。い わ ゆ る 、 注意欠陥多動性の症状を顕著に表します。 体型は、腹が、バレーボール大に膨れており、栄養失調の様態を示しています。脚気の 症状もあり、同年齢児と比較すると身長・体重共に、平均値を大きく下回っています。 基本的生活習慣は、習得しておらず、食事は、鷲掴みで食べ、就寝時間と起床時間は、 不安定、早朝5時頃、起きたら、その瞬間から動き回ります。歯磨きも習慣化していない ため、歯は、焦げ茶色で牙の用に細くなっています。 自分にとって不都合なことがあると、大音響で泣き叫びます。物も壊します。自分の物 と他人の物との区別がつかないので、手に触れた物は、破壊の対象になります。 H 子の動静は、周囲の子どもたちを最大限に不快にさせます。H 子がイライラすると周 囲の子どもたちもイライラが伝染します。家の中は、修羅場の状態になります。 そんな H 子に対して、担当保育士は、まず、基本的信頼関係の構築に向けて、常に一 緒にいるようにしました。それは、自分の休みの日もです。そして、すべて、全面介助か ら 始 め 、 食 事 に つ い て は 、「 は い 、 あ ー ん し て 」 と 食 べ さ せ て あ げ る こ と か ら 始 め 、 ス プ ーンを持って食べる方向へと導いていきました。衛生観念は、お漏らししたり等で服を汚 し た ら 、 す ぐ に 、 着 替 え さ せ て あ げ ま し た 。 同 時 に 、「 お し っ こ や う ん ち を し た く な っ た ら教えてね」と、話し、まずは、トイレに行くことではなく、したくなったら伝えると言

- 167 -


うことを通して、便意に対する自覚を促していきました。 基本的生活習慣については、本人が拒否しようと、就寝・起床時間、食事時間などのリ ズムを半ば強制的に本人に課していきました。歯磨きは、戦いです。保育士は、H 子を抱 きかかえ、開けない口をこじ開け、歯を磨きます。本人は、暴れるので、保育士は、生傷 が絶えません。部屋の片付けは、イタチごっこ状態です。H 子は散らかし放題、保育士が 片付ける、また、H 子が散らかし放題。この繰り返しです。 私は、担当の児童指導員、勿論、保育士の補助的役割を行いますが、男性としての役割 があります。それは、男性不信への緩和です。毎日1回以上、H 子に「かわいい」と声を 掛けます。H 子は、無視します。毎日毎日、繰り返していき、次は、頭をなでるなど、身 体に触れていきます。頑なな拒否反応を示します。しかし、その拒否反応も次第に弱くな っていきます。私が一寸寂しい思いをしたのが、半年位経った頃、H 子の男性不信が少し ずつ緩和され始めた頃、若い男性の実習生に初めて抱っこされたことでした。しかし、そ れが突破口になりました。最初の頃は、抱っこしても身体は硬直状態と言って良いほどで したが、少しずつ、くつろいだ姿勢へと変化していきました。次の取り組みは、一緒にお 風呂に入ることです。素直に抱っこされるようになった頃には、お風呂で、身体を洗わせ てくれるようになっていました。 1年後、まず目立つのは、体型です。身体的成長は、まだ、同年代の子どもたちに追い ついていませんが、おなかの異常な膨らみは消え、スマートな体型になりました。歯は、 1本ずつ生え替わり、牙から歯へと戻っていきました。表情も豊かになり、喜怒哀楽が明 確になり、特に笑顔は、愛らしさがにじみ出てきました。食事は、箸を使って食べるよう になり、トイレを使うことが当たり前になりました。 この状態になるまでの保育士の献身的努力は、尊敬に値するものですが、それ以上に評 価すべき事は、周囲の子どもたちの我慢でした。我慢の限界を超えることが度々ありまし た 。 特 に 学 齢 の 高 い 子 ど も た ち は 、「 き れ る 」 と 言 う 状 態 に も な り ま し た 。 そ の 中 で 、 保 育 士 か ら の 説 得 も あ り 、H 子 の 成 長 に 協 力 し て い っ た の で す 。わ た し は 、素 直 に「 す ご い 」 と思いました。この子たちの協力が無ければ、1年間で、これほどの成長は見られなかっ たことでしょう。 その後、幼稚園に通い、小学校に進級していきますが、基本的生活習慣は、確かに、地 道ではありますが、習得していきます。しかし、注意欠陥多動性の症状の改善は、まだま だ時間を要し、学校では、トラベルメーカー的存在でした。授業参観の後の学級懇談会で

- 168 -


は、保育士と私の二人で、被虐待児についての説明を繰り返し、クラスの保護者への理解 と協力をお願いし続けました。

児童養護施設で働くあなたへ、被虐待児に対しての対応は、担当者一人だけの力では、 不可能です。全職員、一緒に生活している子どもたち、学校のクラスメートとその保護者 も巻き込んで対応していくことが大切です。また、心理療法士との協調体制も重要な取り 組みの一つです。同時に児童相談所のケースワーカー、心理療法士と協力し合い、保護者 の家庭改善への取り組みも行っていく必要があります。 幾ら、H 子が良い方向へ成長しても、家庭が変化していなければ、いつまで経っても家 庭復帰はあり得ません。事実、H 子の母は、拒絶の姿勢を見せていましたが、保育士と児 童相談所の地道な取り組みで、面会に始まり、日帰り、1泊、2泊と H 子と過ごす時間 を少しずつ長くしていき、入所してから8年後、家庭復帰していきました。 地道な努力が被虐待児を成長へと導き、あなた自身も福祉従事者として成長していくの です。

苦手な子どもたち

S は、小学1年生の女の子、この子の担当保育士は、4年の経験を持つ中堅保育士でし た。 S の 特 性 は 、認 知 障 害 傾 向 に あ る こ と で し た 。例 え ば 、開 い て い る ド ア の 所 に 人 が い る 、 通常は、その人にぶつからないように除けて通りますが、視空間認知症傾向の S は、平気 でぶつかって通ります。その他にも状況変化に合わせた態度変更、運動制御機能、注意力 ・集中力、感情等のコントロールが不得手でした。知的にも軽度レベルでした。 保育士と私(児童指導員)は、���ず、前述した内容を精神科医から情報を得ました。精 神科への通院で様々な検査を行っていきます。同時並行で、児童相談所の心理療法士によ るセラピーです。この心理療法士が、とても熱心で親身になって取り組んでくれました。 こ こ に 、児 童 養 護 施 設 と 精 神 科 医 、児 童 養 護 施 設 と 心 理 療 法 士 の チ ー ム が 確 立 し ま し た 。 更に、児童養護施設と学校担任のチームです。S のケース検討会には、心理療法士と学校 担任も常に同席していただきました。

- 169 -


S と言う女の子に対して、様々な専門家がアプローチを加え、S は、少しずつ良い方向 へと導かれていきました。 さて、職員も一人の人間です。決して聖人ではありません。全ての子どもたちを分け隔 てなく愛することは、困難でしょう。S の担当保育士は、そのことで随分悩みました。何 故なら、生理的に受け付けられない子どもの一人だったからです。気持ちを切り替える努 力をしても、言葉や表情、態度に表出されてしまうのです。でも、それは、自分の内面の 事 情 で あ り 、S に は 一 切 罪 が あ り ま せ ん 。S は 、そ ん な 保 育 士 の 内 面 を 知 っ て か 知 ら ず か 、 保育士に対して執拗に甘えてきます。その甘え方がどん欲で、保育士が他の子どもを見て いるだけで嫉妬心がわき上がってくるほどです。その表現は、大声で泣き叫び続けること でした。そんな S に保育士は、やさしい言葉で接し、時には、抱きしめ、時には、自宅へ 連れて帰るなど、献身的にケアしました。これは、並大抵の精神力ではありません。生理 的に受け入れられない子どもに対して、献身的に関わる保育士の姿は、正にプロフェッシ ョナルです。そして、その事情を知っているのは、チームの一員である私だけでした。年 度替わりが近づくと、保育士の心の中は、葛藤の嵐です。担当変更を申し入れるか退職す るかどうかのです。結果的には、S が中学生になるまで、担当を継続しました。 この保育士は、私よりも若いのですが、尊敬の対象です。自分に打ち勝ち、S へ愛情表 現を継続していったのです。それは、偽善だとの捉え方もあります。しかし、私たち、福 祉従事者は、時には、演技することも必要です。実際、私は、こどもを叱責する時、演技 し て い ま し た 。叱 責 中 に 後 ろ か ら 幼 い 子 ど も が 話 し か け て き た ら 、即 座 に 笑 顔 で 振 り 向 き 、 「もう少し待ってね」と応えます。もし、演技ではなく、本気の場合、感情が高ぶり、叱 責ではなく怒ってしまうと言う状態になる危険性を秘めています。怒るとは、感情の表現 であり、それは、主観的になりがちです。それが、子どもたちにまっすぐに伝われば良い のですが、相手の感情を心で受け止めることが苦手な子どもたちにとっては、只の雑音に なってしまいます。ですから、叱責は、叱責として、子どもたちに正確に伝えていく必要 があるのです。保育士は、それを数年間持続していきました。

児童養護施設で働くあなたへ、あなたは、子どもたち全員を愛していますか、子どもた ち全員とおつきあいしていますか、時には、関わりにくい、関わりたくないと言った感情 に遭遇してしまったこともあることでしょう。しかし、それを自分の中で「悪いこと」と 受け止め、心の奥底にしまっていませんか。それは、大きなストレスになり、場合によっ

- 170 -


ては、精神が病んでしまうこともあります。あなたの感覚は、あなただけが体験している ことではありません。先輩の職員達もあなたと同じように悩み、苦しんでいたのです。自 分一人で解決しようとしないで、信頼できる先輩職員とか、学校の恩師とかに相談するよ うにしましょう。他の人に話すことによって、解決の道筋に気づくこともあります。

平常心を保て

Yさんは、24歳の女性で普通高校を卒業しましたが、社会生活が営めず、障害判定で 軽度の知的障害として認定されました。高校を卒業した学力を持っていますので、漢字等 の識字力もあり、計算も方程式レベルまで解ける能力があります。日常生活に全く支障な い社会性も十分にあります。しかし、異常行動が顕著でした。高音域の声音で奇声を発し たり、落ち着きなく、うろうろ動いたりの情動行動、何度も同じ内容を確認したり、夜中 に裸で線路を歩いたり等々が見られます。 精神科の診断は、心因反応でした。当時の医師の説明では、精神病とヒステリーの間の 症状であり、Yさんの場合、妄想反応が顕著とのことでした。 「 お 肉 屋 さ ん が 私 の こ と を じ ろ じ ろ 見 て い る 。」「 先 生 が 私 に 裸 に な れ と 言 っ た 。」「 私 は ○ ○ さ ん が 嫌 い 」「 ○ ○ へ 行 か な け れ ば い け な い 。」「 お 肉 は 、 お い し い 、 も っ と 食 べ た い」等々の発言が繰り返されます。内容的には、性的なこと食欲的なことで占められてい ます。そこから、推測できることは、性的虐待です。私は、追跡調査を試みました。 中学校、高校では、友達と呼べる級友はおらず、孤立状態で、男子生徒から関わられる ことは全くと言って良いほどなかった。ただ、女子生徒の中には、面倒見の良い生徒が関 わってくれるため、完璧な孤立ではなかったとの事でした。次は、Yさんの就職先です。 何のトラブルもなく仕事をしている時と、奇声を発したり、被害者的な言葉を発したりと の 格 差 が 激 し く 、Y さ ん の 言 動 で は 、職 場 の 男 性 全 員 が 性 犯 罪 者 と な っ て い て 、こ れ 以 上 、 Yさんの雇用を継続することは不可能だったので解雇したとのことでした。 その当時、母は、娘が、普通の子とは、少し違うなとの思いはありましたが、娘の言葉 をすべて否定することはできず、産婦人科で膣の検査をしてもらいました。結果は、正真 正銘のバージンでした。そこで、母は、覚悟を決めて、娘を精神科に連れて行ったとのこ とです。

- 171 -


追跡調査の結果分かったのは、Yさんが精神的に不安定の時、発現する言動は、妄想に よるものであり、異性(男子生徒)から相手にされなかったことが精神的ストレスとして 蓄 積 さ れ 、そ れ が 心 理 的 要 因 と な り 心 因 反 応 に 至 っ た と の 推 測 が 現 実 味 を 帯 び る こ と で す 。 また、Yさんのストレス解消が、食べると言う行為で発散されていたため、食への固執が 慢 性 化 し て い っ た と 考 え ら れ ま す 。「 お 肉 屋 さ ん が 私 の こ と じ ろ じ ろ 見 て る 」 の 発 言 の 中 には、食欲と性欲の二つの欲求が複合化された妄想と言えます。 そのようなYさんに対して、私は、常にやさしく接しました。精神的に不安定な状態に なった場合、必ず、集団から外し、二人だけになり、Yさんを座らせ、私は、その隣で座 り落ち着くまでひたすら待つ、この繰り返しを行いました。Yさんの発言に対して否定も 肯 定 も 行 わ ず 、「 そ う 」「 ふ ~ ん 」 等 で 受 け 流 し ま す 。 た だ し 、「 私 は 死 ん だ 方 が 良 い 」「 道 の真ん中を歩きます」等、自殺願望的な発言になった時は、完全否定です。最初の頃は、 落ち着くまでに4時間程度掛かりましたが、それが3時間になり2時間になり、半年も経 つと、20分程度に短縮されました。 確かに沈静化される時間は短縮しましたが、症状の根本的解決には至っていません。治 療的部分については、医師による投薬治療が行われていました。

児童養護施設で働くあなたへ、子どもたちの中には、時には、情緒的に不安定な様相を 示す状態になる子もいます。その状態に対して、時には、イライラしてしまう自分に気づ く こ と も あ る で し ょ う 。し か し 、ち ょ っ と 落 ち 着 い て 考 え て み て く だ さ い 。一 番 辛 い の は 、 情緒不安に陥っている、その子なのです。 不安材料を追跡し、発見したら除去してあげるパターンもあり、その不安の壁を乗り越 える解決方法を示してあげるパターンもあり、子どもの個性に応じて、最も適した方法を 探していくことが重要です。 情緒不安の子どもに対する対応として、最も大切なことは、あなた自身が落ち着いてい ることです。

10

希望の灯火

Kさんは、高等養護学校を卒業した18歳の男性です。母の話によると、小学校5年生

- 172 -


の時、とても慕っていた担任から他の担任に変わり、その先生から厳しく注意された経験 があり、それから学校で一言も話さなくなったと言うことでした。Kさんは、家庭では、 家族とは普通に話し、一歩外に出ると声を出すことができない症状です。 場 面 緘 黙 症 ( 選 択 性 緘 黙 症 )、 そ れ が K さ ん の 診 断 名 で す 。 軽 度 の 知 的 ハ ン デ ィ が あ る ものの、言語を理解することは十分にできますが対人恐怖が顕著で、グループ行動等は、 大の苦手です。時には、話そうとする場面もありますが、どうしても極度の不安が先に立 ち発声することができません。 K さ ん の 担 当 に な り 、私 が 決 め た 支 援 目 標 は 、「 の ん び り 関 わ る 」で す 。決 し て 急 が ず 、 のんびりとKさんの心を解放していく、まずは、挨拶を交わすとき握手をする取り組みか ら始めました。握手をするとKさんの手は、緊張のために汗で濡れています。それでも毎 日の繰り返しの中、徐々に汗の量が減少していきます。次は、軽くハグしていきます。最 初は頑なに拒んでいたKさんも徐々に慣れてきます。そして、プロレスごっこへと発展さ せていきます。一日一回、プロレスごっこと称して、Kさんに体全体を使ったコミュニケ ーションを行いました。Kさんは、少しずつ私に対して親近感を持つようになります。初 めてKさんの発声を聞いたのは、私は、時々、Kさんにお茶を注いであげることがあるの で す が 、 そ の 時 、 敢 え て 、 と て も 熱 い 状 態 で K さ ん に コ ッ プ を 渡 し ま し た 。「 あ つ 」、 思 わずKさんは、発声してしまい「しまった」と言う表情を見せてくれました。そこで、私 は、家庭訪問の時期が来たと確信し、家庭訪問を行いました。それは、実際に家庭では、 どの程度、話しているのか確認するためです。家庭では、特に数多く話しているわけでは ありませんが、日常会話は、他の兄弟たちとほとんど変わらないくらいしていると言うこ とでした。実際に、私から見えない場所で、母に「おやつは何」と話している声が聞こえ てきました。 私は、それでも慌てず騒がず、Kさんとのんびり付き合っていきました。Kさんとのつ き あ い が 始 ま り 半 年 が 過 ぎ 、 そ の 時 が き ま し た 。「 お は よ う ご ざ い ま す 」 の 発 声 で す 。 K さんは一歩を踏み出しました。とても、勇気が必要だったでしょう。恥ずかしかったでし ょう。それでも、私は、さらりと受け流し、何事もなかったかのように「おはようござい ま す 」と 返 し ま し た 。そ の 日 か ら 、挨 拶 は で き る よ う に な り ま し た が 、そ の 他 の 発 声 に は 、 もう少し時間が掛かりました。 利用者間のトラブルは日常茶飯事ですが、Kさんのイタズラで、怪我をしてしまった利 用者の方がいて、私は、Kさんに事情を聞きました。Kさんは、しばらく無言を貫きまし

- 173 -


たが、Kさんなりの言い訳を話し始めました。その内容は、明らかに偽証です。私は、事 態のすべてを把握していました。偽証と分かっていても、私は、Kさんの話をすべて受け 入れました。それからは、Kさんの嘘の聞き役です。毎日毎日、次から次へと嘘の発言が 続きますが、常に受け入れる、この繰り返しが半年くらい続いたでしょうか。次第に、K さんの話の内容がつじつまの合うものへと変化していきました。 2年後、担当変更になりKさんの口数は、減りましたが、それでも必要最低限の言葉は 発声するKさんの姿がありました。

児童養護施設で働くあなたへ、子どもたちへの対応に対して、のんびり構える姿勢も時 には必要です。子どもたちの言い分を信じ続けることも一つの方法論として成り立つこと で し ょ う 。子 ど も た ち の ど ん な 症 状 に も 必 ず 解 決 策 が あ り ま す 。そ れ を 推 理 し て い く 作 業 、 そこには、常に希望の灯火が見えることでしょう。

11

責め苦からの解放

Kさんは、35歳男性、中学生までは、部活の陸上部で汗を流す少年でしたが、交通事 故で左側頭部を強打し、右脳側が脳挫傷、脳のむくみも強く、出血も多量だったため、手 術 に よ り 脳 挫 傷 と 出 血 部 分 の 摘 出 と な り ま し た 。結 果 は 、右 脳 の 大 部 分 が 切 除 さ れ ま し た 。 右脳・左脳について、よく言われるのが「左脳は理屈、右脳は感覚」との機能の違いで すが、これは、特に科学的根拠がないので、私は、Kさんをありのままに受け入れ支援を しました。ただ、右脳側が切除されたため左半身に麻痺と硬直があるのは、事実です。 さて、Kさんは、交通事故から数年間は、言語、身体能力、感情表出、記憶等のすべて が、日常生活を営む上で、支障を来していました。そんな状態の中、父母の献身的な介助 がKさんの能力を少しずつ蘇らせていきました。全面介助だった食事も特別な形をしたス プーンを考案し、毎日毎日訓練することによって、介助なしで食べられるようになり、言 語についても、挨拶に始まり2語文から3語文へと徐々に語数を増やしていき5語文程度 は、十分に理解できるようになりました。表情も無表情から喜怒哀楽を表現できるまでに 回復しました。身体能力は、左半身に硬直があるため、特に左手首から先の部分は、硬直 で曲がったままで、自由自在に身体を動かすことは、できませんが、父母が毎日リハビリ

- 174 -


介助をしていることから、完全硬直は、免れていました。 Kさんは、興奮すると大きな声で、少年期に行った家族旅行の話を繰り返します。大き な声ですので、勿論、周囲はびっくりしますし、ほとんど騒音のレベルですので迷惑な状 況です。また、足で地団駄を踏みながら右手を振り回します。一目見ただけで興奮状態で す。そのような場合は、集団から外し落ち着くまで待つしかありません。この興奮状態を 引き起こす原因は、ほとんどの場合、Kさんの我が儘でした。例えば、外が暑かったり寒 か っ た り す る と 、 外 に 出 た く な い た め 、「 散 歩 に 行 く よ 」 と 声 か け る と 始 ま る 。 他 の 利 用 者の方がKさんにほんの少しだけぶつかってしまうと始まる。嫌いな食べ物が食卓にある と 始 ま る 等 々 で す 。時 に は 、興 奮 の 余 り 、他 の 人 を 叩 い て し ま う こ と も あ り ま し た 。私 は 、 許せる我が儘と許されない我が儘の境界線を父母と協議し、許される我が儘の時は、興奮 した場合、落ち着くまで待つだけですが、許されない我が儘の時は、厳しく注意をすると 言った感じでメリハリのある対応を行いました。Kさんは、靴を自分で履くことができま せんでした。身体的自由に制限が生じているためですが、私は、丸椅子を下駄箱の前に置 いて、Kさんが下駄箱から自分の靴を出して、その靴を履く、そして、外に出ると言う一 連の行動訓練に取り組みました。勿論、Kさんにとって嫌なことですので、最初は、興奮 状態を表現しますが、毎日毎日の繰り返しで、夕方になり父母が迎えに来ても、しばらく は、待って貰っていました。そして、3か月も経つと、時間はかかりますが靴を履けるよ うになりました。その後は、時間が少しずつ短縮されていきました。 ある日、作業をしている時、Kさんはいつものように小用を訴えました。休憩時間まで は 1 0 分 間 あ り ま す 。「 も う 少 し で 休 憩 だ か ら 我 慢 し て く だ さ い 。」 と 声 を か け る と 、 い つものように興奮状態です。すべてが、いつもの情景でした。日常的に繰り返される、本 当にいつものことでした。 休憩時間になりKさんは、トイレに入り小用を済まし「ああ、すっきりした」と安堵し た 表 情 で ト イ レ か ら 出 て き ま し た 。「 良 か っ た ね 」 と 声 を か け る と 、 突 然 、 K さ ん は 倒 れ 込んでしまいました。同時に全身けいれんが始まりました。外傷後てんかんの後遺症とし てこのような発作状態も時々ありますので、私が慌てることはありませんでしたが、この 時は、いつもと様子が違いました。硬直が始まったのです。脈拍も激しく、それが長く継 続 し て い ま す 。 発 作 開 始 か ら 5 分 で 決 断 し 、 父 母 へ の 緊 急 連 絡 、「 救 急 車 を 呼 び ま す 」 と 宣言し、119番通報です。4分後に救急車が到着、病院に搬送しました。 K さ ん は 、残 さ れ て い た 左 脳 を 精 一 杯 使 っ て 生 き て い ま し た が 、そ の 分 、疲 労 も 激 し く 、

- 175 -


時 々 起 こ る 発 作 は 、 左 脳 へ の ダ メ ー ジ と な り 蓄 積 さ れ て い ま し た 。 K さ ん は 、「 あ あ 、 す っきりした」の言葉を最後に、植物状態になってしまいました。それから2年間、Kさん は生命を維持しましたが、お亡くなりになりました。葬儀に出席しましたが、その時も、 そして、それまでも、父母は、私に一切、恨み言を言いませんでした。反対に感謝の言葉 をいつも繰り返し言ってくれました。

児童養護施設で働くあなたへ、仕事をする上で予測不可能な想定外の出来事に出会うこ ともあるでしょう。私の場合、それが、人格と生命に関わる出来事でした。それでも、仕 事を続けています。Kさんが「しっかりしいや」と私の肩を叩いて励ましているような感 覚があるからです。 あなたが弱音を吐いて、誰が幸せになることでしょう。常に、一生懸命、子どもたちと 向 き 合 っ て い た ら 、ど ん な 状 況 に な っ て も 後 悔 の 責 め 苦 か ら の 解 放 に 導 か れ る と 思 い ま す 。

12

見つめる目

Hさんは20歳の男性。知的ハンディの個性を持っていて、自閉傾向でした。言語理解 は、2語文、3語文程度は、理解できていますが、会話は、ほとんどが反響言語で、Hさ んとある程度の期間、付き合わないと、どの程度理解しているのか判別しにくい状況でし た。音に対しては、音量レベルが高くなると、過敏な反応を示し、パニック状態になりま す。時間や道順に関しては、Hさんなりのルールがあり、そのルールを外れるとパニック 状態を引き起こします。そんなHさんの最大の欠点は、反社会的行為として認識される他 害行為があることです。 パニック状態になったり、自分の気に入らない状態になると、近くにいる人を押し飛ば したり、思いっきり掴んだり、引っ掻いたり、噛みついたり、大きな声を出して騒ぐがあ ります。それも、予告なしの瞬時の行動なので、常に目を離せない状況でした。 Hさんは、隣や目の前にいる人が、感情を持った人格であるとの認識が希薄で、例え、 Hさんの行為によって相手が流血を伴う大けがをしていようとHさんの心には、波風さえ 立たない状況なのです。人も一個の物質であり、コップが壊れる事象と人が怪我する事象 に、大きな違いはないのです。そのことは、Hさんとのつきあいの中で徐々に分かってき

- 176 -


たことでした。 そんなHさんとのつきあいは、まず、音声認識から始めました。繰り返し繰り返し、H さんの名前を呼ぶことで、常に身近にいる存在であることを認識して貰います。会話は、 2 語 文 程 度 で 行 い 、「 な ぜ 、 何 、 い つ 、 ど う し た の 」 等 の 疑 問 文 は 、 一 切 使 用 し ま せ ん 。 自閉傾向の方のほとんどは、明確でない表現に対しての処理能力が未熟で、場合によって は、パニックを引き起こす要因になります。作業療法については、作業工程の一部分だけ ではなく、全工程を行って貰いました。結果が明確に分かる作業の方がHさんは落ち着け るからです。時間については、極力、スケジュール通りの時間厳守を心がけます。このよ うな様々な配慮を駆使して、Hさんのパニック要因を除去していくことによって、Hさん の他害行為は、減少していきます。 私は、Hさんにとって、絶対的指示者でなければいけません。どんなに落ち着かない状 態でも、パニックに陥っても、絶対的指示者の指示に従う。このパターンを構築しておか ないと、大変なことになります。また、絶対的指示者には、Hさんは、強度のパニック状 態 に 陥 っ た 場 合 で も 他 害 行 為 は 決 し て 行 い ま せ ん 。従 っ て 、H さ ん が パ ニ ッ ク 状 態 の 時 は 、 私がHさんの前に立ちふさがることによって、周囲への被害を食い止めることができるの です。 それでも、不意打ちの行動に間に合わないこともありました。最も危険だったことの一 つの事例として、グループ活動の時、地下鉄駅ホームで一般客の方の背中を押してしまい ました。その時は、電車を待つ時間に対しての苛つきで、それ程強度の苛つきではなかっ たため、押し方が弱く、一般客の方も少し驚いた程度で大事には至りませんでした。 他の人から見たらHさんの行為は、反社会的行為ですが、Hさんにとっては、コミュニ ケーションの一つに過ぎません。しかし、危険を伴う行為であり、Hさんの横には、常に 絶対的指示者がいることが必要なのです。 Hさんは、通所施設では、時間的制約があり、家族も精神的な疲れがピークに達してい るなどの状況を総合的に見極め、入所施設へと移っていきました。

児童養護施設で働くあなたへ、子どもたちの一人一人、それぞれ違った個性の持ち主で す。その個性を十分に理解し、個性にあった支援方針を構築し、子どもたちと付き合って いけば、それは、子どもたちにとって、大人へのストレスが軽減されることに繋がり、子 どもたちの成長、発達を阻害する要因の一つが解消していくことに外なりません。あなた

- 177 -


にとって、必要な取り組みは、子どもたちを見つめ続けることです。

13

方向性の模索

Sは、中2女子です。IQは正確には測定していませんが100以上あると推定され知 的発達は正常で、身体的には小柄ですが正常値の範囲内です。行動面では、対人緊張が認 められる場面もありますが慣れると人なつっこく話しかける事ができます。只、注意散漫 な部分が見られたり、困った状況になると寡黙になり涙ぐんだり、甘えや関心を引くよう な 素 振 り を 見 せ た り し ま す 。こ れ は 、虐 待 を 受 け た 児 童 の 言 動 特 性 と 類 似 し た 部 分 が あ り 、 心理カウンセラーの働きかけに期待されますが、Sは、カウンセリングを受けると、決ま ったように途中で泣き出してしまい、心の中を開くことに対する逃避が見られます。従っ て、カウンセラーも苦慮しているのが実状です。健康面では、特に大病もなく医療的支援 は要しませんが、顔色が悪く、S曰く貧血との事ですが、特に医療に関わっておらず血液 検査等の実施が望まれます。 さて、中学1年生までは、欠席も年に2~3回の出席率であり学校生活も楽しんでいる 様子が窺われました。では、何がSを変化させたのか。 1.学習について 小学校時代は、大きな学力の低下は、見られませんでしたが、中学校に入りSの自覚に よると、授業についていけなくなったようです。 2.友人との影響 中2になり特に顕著に表れたのが、友人と影響し合っての家出であり繰り返し行ってい ます。一時期は、親元で3か月過ごし園に復帰するのに時間を要したこともありました。 3.家庭復帰への混乱 Sの家庭復帰したいとの思い強く、関係者で協議、家庭復帰に向かって事が進んでいま したが家庭の都合で取りやめとなりました。Sは、園の子どもたちを始め学校の友人にも 家庭復帰の話をしていたため、取りやめになった後の友人への修正に苦慮していました。 4.担任との関係 家庭復帰の件は、担任を通して生徒たちにお知らせしてくださるよう園から依頼。ここ までは、良かったのですが、家庭復帰が取りやめになったため、この行為がSには、仇と

- 178 -


なりました。 また、不登校が始まってしばらくは、登校刺激としてクラスの生徒が訪ねてきたり先生 が家庭訪問したりしましたが、これも逆効果となりました。その上、学級の話合いの議題 としてSの不登校を挙げたこともSの心的負担となりました。結果は、先生が家庭訪問し てSと話をしても、顔を先生に向けることはなく、虚ろに返事をする態度に終始していま す。 まだまだ要因はあると思われますが、はっきりしていることは、様々な要因が複雑に絡 み 合 い 、 そ の 上 、( - ) の 方 向 へ と 影 響 し 合 っ て い っ た 事 実 で す 。 不 登 校 は 、 連 続 し た も のではなく、3週間ほど学校に復帰した時期がありますが、その時期の心のケアが不十分 であったと反省しています。事実、再度不登校になった時、Sは、1週間ほど、寡黙状態 に陥っていました。現在は、以前の明るさを取り戻し、朝晩は、園で過ごし昼間は、主に 環境整備に従事している女性の臨時職員と共に過ごしています。時々、担当指導員から手 伝いを依頼することもあり、それには、快く応じています。 今後の対応に向けて これからSにどのような形で支援を進めていくのか、園・学校ともに悩んでいるのが現 状 で す 。 し か し 、 例 え ば 、「 そ っ と し て お こ う 」 と の 支 援 を 進 め る に 対 し て も 根 拠 や 目 標 もなくやっているのであれば、只の放任になってしまいがちであり、支援者は、しっかり した意志と理念を持ってSの支援を進めていくことが望まれます。 以下に今後の支援の方向性を導き出していきます。 ○Sの学校生活での様子について担任教師と話し合い、不登校になった原因を探っていく 作業を行います。 ○学校教師・児相CW・カウンセラー・園の職員等、関係者が集いケア検討会を実施し、 支援の方向性を導き出していきます。 ○学力低下への支援として、Sは勉強に対して意欲を失っておらず、中1年の学科を中心 に個別学習を実施します。 ○ S が 自 分 の 考 え を 整 理 し て い け る よ う 、毎 日 定 時 に 私 と の 会 話 の 時 間 を 設 け る 。例 え ば 、 午後5時から10分間で私は、休日でも極力関わるよう努力する事が必要であり、もし、 キャンセルする時は、Sに直接伝えるようにします。 ○朝晩は、担当保育士、昼間は、私と時間帯による支援者をはっきりさせることによって 情報の混乱を避けます。

- 179 -


○外部の機関を利用してみることも検討します。 私たちは、Sの支援に向けて、現在の状況にばかり捕らわれずライフサイクルの中の一 時期の出来事として捉え、Sの人生にとって、今何が必要かを見極めていくことが大切で あり、Sと共に失敗を恐れず、色んなことにチャレンジしていく貪欲さが必要でしょう。

児童養護施設で働くあなたへ、結果的にSは、本人の希望通り家庭復帰を果たしました が、学校に復帰することはなく、成人になりスナック等の接客業を転々としていました。 Sの人生にとって、何が幸せなのか、どのような対応をしていれば、その幸せを掴み取る ことができたのか、それは、S自身でさえ分からなかったことでしょう。そして、私自身 も結局、Sの心の扉を開���することはできませんでした。 しかし、その時、その瞬間、Sと私は、力の限りぶつかり合い、解決の方法を模索して いました。後悔はありません。多分、Sも後悔していることはないでしょう。あなたの前 にも様々な困難が立ちふさがりますが、一人で解決方法を探していくのではなく、子ども たちや同僚職員、そして、関係機関も巻き込みながら、協力し合って解決方法を導き出し ていってください。

- 180 -


第Ⅷ章

事件と歴史への遭遇

見返りを求めず

昭和58年頃は、学校崩壊の話題がニュースの紙面を飾るような時代でありました。そ んな中、横浜市で中学生のグループが路上生活者を襲って死亡させると言うショッキング な事件がありました。それだけでも社会的衝撃度は大きかったのですが、その3日後くら い だ っ た と 記 憶 し て い ま す が 、T 中 学 校 事 件 が 起 き ま し た 。中 学 3 年 生 の 男 子 生 徒 2 名 が 、 英語のY教諭(38歳)を挑発し、1人の生徒が金網の泥よけマットを持ち上げ、更に挑 発をエスカレートさせようとした時、Y教諭が懐に持っていた果物ナイフで生徒の胸を刺 し逃走したと言う事件です。 T中学校は、当時、学校生活が確実に崩壊していました。教室の窓ガラスは割られ、ト イレのドアと言うドアは、外され、窓から机や椅子がほうり投げられる。教室で生徒が堂 々とタバコを吸っていても教師は、注意することさえできない。学校の秩序は崩壊し、建 物も廃墟と化した状態でした。 歯車が狂ったのは、ほんの些細な事でした。T中学校は、学則を厳守し規律厳しい学校 で、生活指導の教諭を先頭に、毎朝、校門で服装や髪型、持ち物のチェックが行われてい ました。生徒たちは、その厳しさに従っていましたが、不満の渦は、密かに大きく膨れあ がっていました。そんな時、不良と呼ばれたい生徒の一人が白いエナメル靴を履いて登校 してきました。勿論、校則違反の靴です。しかし、教諭たちは、見過ごしたのか、見て見 ぬふりをしたのか、定かではありませんが、その生徒を校門の中に通してしまいました。 それが序曲となり、調和良く奏でていた学校生活のリズムが乱調となり不協和音の嵐が 吹き荒れました。 私も当時、授業参観でT中学校に行くことがありましたが、確かに学校を恐怖が覆って いました。誰がいつ爆発して暴れ出すか分からない、そんな言いようのない暗雲が立ちこ めていました。 生徒の暴力で怪我をする先生もいて、先生が精神的に疲弊してしまい、登校拒否になる と言うパターンもありました。そんな状況の中で起きた事件でした。2月15日午後4時 頃の出来事です。生徒にとっては進路もある程度決まっていて、その上、放課後です。教

- 181 -


諭が一番警戒している時期でした。 さて、当時のPTA会長は、キリスト教会に所属する敬虔なクリスチャンでした。事件 後、PTA役員の保護者を集め、今後の対応策を協議しました。保護者は、一様に、ここ まで荒れ果てた学校を正常化していくことは不可能だと言う空気が会議室を埋め尽くす 中、PTA会長は、穏やかな表情に確固たる信念を秘めながら口を開きました。 「生徒たちに挨拶をしましょう。毎朝、毎夕、挨拶をしましょう。私たちは、保護者で す か ら 、生 徒 た ち を 注 意 す る 必 要 は あ り ま せ ん 。た だ 、笑 顔 で 挨 拶 す る だ け で す 。決 し て 、 見 張 り や 監 視 で は あ り ま せ ん 。私 た ち は 、生 徒 た ち の 保 護 者 と し て 、温 か く 見 守 る の で す 。 生徒たちが挨拶を返してこなくても良いではありませんか。いつか、生徒たちに私たちの 気 持 ち が 通 じ れ ば 、 そ れ で 良 い で は あ り ま せ ん か 。」 このPTA会長の言葉には、重みがあり、PTA役員のだれ一人として反論を唱える者 はいませんでした。 そして、保護者の当番表が作成され、毎朝、毎夕の挨拶運動が始まりました。この挨拶 運動は、1年間、継続して行われましたが、1年後の学校生活は、ほぼ正常な状態に回復 していました。

児 童 養 護 施 設 で 働 く あ な た へ 、見 返 り を 求 め ず 、た だ 、子 ど も た ち の た め に 尽 く す 姿 勢 、 継続して行えば、必ず、結果をもたらしてくれることでしょう。そして、心を一つにして 一枚岩となった職員たちのチームワークも大切です。

危機管理体制整備

その日、Uさんは、パニック状態で通所してきました。Uさんは、重度の知的ハンディ のある自閉的傾向のある18歳の青年でした。 神戸連続児童殺傷事件、別名、酒鬼薔薇事件の日でした。私は、パニック状態のUさん を落ち着かせ、パニックの原因を探るため、Uさんの通所経路を辿るため外に出ました。 原因は、すぐ判明しました。Uさんのこだわりのルートは、T中学校の校門前を通ります が、黄色いテープで防御線が張られ警察官が立っています。つまり、いつもの道を通るこ とができずパニックに陥ってしまったのです。

- 182 -


上空には、ヘリコプターの爆音が轟いています。このヘリコプターの音を聞くと、2年 前の阪神・淡路大震災が蘇り、それだけでも心理的不安を煽ります。 平成9年2月、地下鉄S駅近くの団地で、小学生の女の子2人が学生風の男にハンマー で殴られ1人が重傷を負った事件があり、近辺の小学校では集団登下校するなど緊迫した 雰囲気が町を覆っていました。それから1か月も経たない3月、団地内の公園で小学生の 女の子がハンマーで殴られ、更に別の女の子が小刀で刺される事件が発生、ハンマーで殴 られた女の子は11日後亡くなるという悲惨な事件でした。 町の公園から子どもたちのはしゃぎ声が消え、ひっそりと静まりかえる日々が続きまし た。 5月、Uさんがパニックで通所した、その日、T中学校の門の前に少年の頭部が置いて あると言う信じ難い事件が起きたのです。警察車両は、付近を巡回し、警察官は厳戒態勢 で緊張した面持ち、T中学校の向かい側の高台には、アンテナ搭載のマスコミ車両が数珠 つなぎ状態、リポーターが通りすがりの人を引き留めてはインタビュー、騒々しい限りの 状態です。私の職場は、T中学校の校門から直線距離にして100mほどの所にあり、そ の日は、保護者に迎えに来ていただき利用者の皆さんは帰宅して貰いました。 町では、犯人像について様々な噂が飛び交い、その中に事件現場で黒い車が目撃された と言う噂がありました。被害者児童が住むマンション、真上の部屋が私の担当利用者の住 まいであり、事件前日は、その利用者お宅への家庭訪問日、私の黒い日産アベニールをマ ンション前に駐車していたため、捜査の手が回ってくるかもしれないと危惧していました が、結局車の件での事情聴取はありませんでした。別件(被害児童の個性に関わるため詳 細は明かせない)で、職場の職員名簿の提出を求められました。 犯行現場はコンクリートで固められた山肌を上った高台でしたが、鉄塔があり、その鉄 塔を緑色のフェンスで囲んであり、ただ、それだけの場所でした。確かに、人がここへ来 る理由は、何も見あたらない、そのような場所でした。 少年A(頭文字)の氏名は公開されないことが原則ですがインターネット上で実名が流 れ、顔写真も流布されました。後日、少年Aの自宅が付近の市場価格の6割程度で売りに 出されていましたが一向に買手がないとのことでした。 阪神・淡路大震災のトラウマが、やっと癒され始めた頃、この事件が起きて、神戸は、 二重の心の傷を負いました。犯人の少年Aが逮捕されるまでの日々、神戸市民、特に保護 者の心労は、ピークに達していました。いつ、我が子が被害に遭うかもしれないとの不安

- 183 -


は、ほとんど、恐怖に近いものです。

児童養護施設で働くあなたへ、事件は、どこでいつ起こるか分かりません。子どもたち の安全を守るためには、日頃からの備えと準備が必要です。職場の危機管理体制を整えて おくことが必要であり、何より、危機の回避方法を子どもたちに日々の生活の中で伝えて おくことが重要です。被害に遭ってからでは遅いのです。

人格形成の一助

1987年(昭和62年)の韓国は、大きな変化の年で、第五共和国期から第六共和国 期への変化を遂げました。そのような年に私は、韓国ソウルで過ごしました。1987年 7月から1年間で、ソウルオリンピックの開催前に帰国したことは残念でした。 この年は、憲法改正が行われ、直接選挙による大統領選出や大統領の再選禁止の条項が 加わり、民主主義体制の発展が顕著でした。改正後の大統領選挙で見事勝利を得たのは、 盧泰愚新大統領でしたが、その選挙戦は、すさまじいもので、街宣活動は激しく、ビラは 道路中にまき散らされ、お金は、飛び交う有様です。言論の自由が保障され、次々と新し い新聞社が設立、報道合戦もヒートアップしていました。そのような選挙戦の中、私も金 大中さんと握手をしました。次の金泳三の後の大統領です。 裏事情としては、普段は、猥褻物(書籍や玩具等)については厳しい統制を引かれてい る韓国ですが、この選挙戦の最中については、露天の店先に堂々と陳列されていました。 取り締まる警察側が、選挙活動違反の取締りで忙しいため、見て見ぬふりをしていたから です。選挙が終わると猥褻物は、一切街頭から姿を消しました。この変わり身の早さは、 尊敬に値します。 11月、最も衝撃的な事件が起きました。大韓航空機爆破事件です。朝鮮民主主義人民 共和国(北朝鮮)の工作員が時限爆弾で飛行中の大韓航空機を爆破した航空テロ事件です が、TVのチャンネルを回すと、どの局もそのニュースを連日放映しています。そして、 実行犯の金賢姫(キム・ヒョンヒ)が飛行機のタラップから下りてくる映像が映し出され た 時 は 、韓 国 民 の 誰 も が 衝 撃 を 受 け ま し た 。私 の 率 直 な 感 想 は 、「 美 人 」と 言 う 衝 撃 で す 。 こんな人が朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の洗脳で工作員に仕立て上げられ事件を起

- 184 -


こ し た の だ 、韓 国 民 の 中 に も 少 な か ら ず 、同 じ よ う な 思 い を 抱 い た 人 も い た こ と で し ょ う 。 実際、1990年に金賢姫(キム・ヒョンヒ)は、恩赦措置がとられ死刑を免れていまし た。 あ る 日 、ニ ュ ー ス を 見 て い る と イ ン ス タ ン ト ラ ー メ ン の 事 を 騒 ぎ 立 て て い ま し た 。私 は 、 韓国語を翻訳できないので、映像のみで内容が分からず、他の人に聞いてみると、インス タントラーメンの麺を工業用油で揚げていると言う内容でした。私が時々食べているラー メンも、そのリストに入っており、二度と韓国のインスタントラーメンは食べないと心に 誓ったものでした。 韓国での情報収集は、日本人会の本部で衛星放送のニュースを見たり新聞・雑誌を見た りして得ていました。

児童養護施設で働くあなたへ、どこの国でも良いので、是非、外国での長期滞在をお薦 めします。それは、あなたの人格形成の上で必ずや役に立ちます。日本における島国的思 考と大陸的思考は明らかに異質であり、大陸的思考を肌で感じ学ぶことは、あなたの人間 性を豊かにし、それが、子どもたちへの対応に繋がっていきます。

共感と実行性

私は、韓国ソウルで1年間過ごしましたが、その時、出会った一人の少年について、複 数の関係者から情報を得て、物語を構成しました。

1976年12月24日、ソウル(韓国首都)は大雪だった。積雪は1mに達し、雪が 町を呑み込んでいた。その上、吹雪で人通りも絶えていた。その中を一人の女性が子ども を連れて歩いている。 子どもの右足には、金属の補装具が装着されており、その足を引きずりながら一生懸命 母親の歩調に合わせて歩く姿は、どこか哀れに見える。 母 親 は 、 門 の 前 で 立 ち 止 ま っ た 。 門 に は 「 天 使 園 」( チ ョ ン サ ウ ォ ン ) と 表 示 が あ る 。 そろそろ25日を迎えようとする深夜であった。 気温は、零下15度くらいであろうか非常に寒く松葉杖を持つ手袋を着けていない少年

- 185 -


の手は真っ赤に腫れ上がっている。少年にとって松葉杖は一心同体であり、これがなけれ ば生活そのものが成立しないと言っても過言ではない。少年、金属の補装具、松葉杖、こ の三つが一体となり少年の歩行が許されているのであった。 この親子の生活がどの程度のものかは、服装によっておおよその見当が付けられる。子 ど も は 、布 製 の 靴 、コ ー ル テ ン の ズ ボ ン 、色 あ せ た ブ ル ゾ ン 、毛 糸 で 編 ん だ 帽 子 。母 親 は 、 如何にも古そうな革靴、所々染みの滲んだ古いコート、そして、頭から首に巻いた赤いマ フラー。この二人の服装はどれをとっても着古した物であり貧しい生活の様子がうかがい 知れた。 母親は、しばらく門の前で立ち止まっていたが急に子どもの方へ振り向くと、松葉杖を 取り上げ門の中へ投げ入れた。子どもは、大事な支えを奪われ雪の地面に倒れていった。 まだ、5歳前後の幼い子どもであった。 何故自分が冷たい雪の上に倒れたのか一瞬間、少年には理解できなかった。だが、目の 前にある松葉杖を見て、少年は、現在の状況を把握することができた。自分の唯一のより 所である母がこのような仕打ちをしたのであった。少年は、驚愕し不安を感じた。 寒い、酷寒と雪の冷たさ、それら外部から襲う寒さと、内部から迫りくる寒さが相乗作 用を起こし少年は、気を失いそうなくらいであった。 少年は、気を取り直し母親の方へ振り向いた。ところが、そこには鬼のような形相をし た母の姿があった。優しかった母の姿は微塵の欠片も残っていなかった。 「 こ の 役 立 た ず 。 お 前 な ん か 死 ん じ ま え 。 生 き て い て も 仕 様 が な い だ ろ う 。」 母親は、自分の子どもに罵声を浴びせると同時に子どもの横腹の辺りを蹴った。何とも 悲惨な光景であった。 しばらく沈黙があり母親は、急に優しい表情になった。 「生きたいか…」 「うん…」 幼い少年にとって、まだ生きるか死ぬかの概念は乏しかったのだか、少年の本能が「う ん」と答えさせた。 ところが母親は、再び豹変して険しい表情になったやいなや少年に罵声を浴びせた。 「お前が生きていることが… その事が罪なんだ… や っ ぱ り 、 お 前 は 、 死 ん だ 方 が い い ん だ 。」

- 186 -


罵声を浴びせている母親の目から一粒の涙がこぼれ落ちた時、母親は我に返り平常の状 態に戻った。それから、少年を諭すように言った。 「 お 前 は 、お 母 さ ん と 一 緒 に い る と 幸 せ に 成 れ な い ん だ よ 。病 院 に は 連 れ て 行 け な い し 、 薬 も 買 え な い 。 食 べ る 物 も 禄 に 与 え る こ と が で き な い … 。」 少年は、冷たい雪の絨毯に倒れたまま母親の話に耳を傾けていたが心中では、早く家に 帰って暖かい布団で寝たいと思っていた。 母親は、更に話を続けたが、その声は、震えていた。 「 い い か い ! よ く 聞 く ん だ よ 。 こ の 坂 の 上 の 方 に 大 き な 建 物 が み え る だ ろ 。」 母親は、10mほど坂を登ったところにある建物を指差して言った。そこは、心身障害 児の居住施設であったが、無論、少年には、それが何の建物かは分かる術もなかった。1 2時は、とっくに過ぎておりクリスマスである。付近の民家からであろうかクリスマスの 歌が聞こえていた。 「お前は、これから、あそこに行くんだよ。行ったら、ドアを叩いて人が出てくるのを 待ちなさい。いいね、分かったかい。そこには、とても親切な人がいて、お前に優しくし て く れ る ん だ よ 。」 母親は、少し坂道を登ると踵を返し少年の横を通り抜けて行った。5mほど過ぎて少年 の方に振り向き。 「いいかい、あの建物に一人で行くんだよ…」 そう言うと来た方向に立ち去っていった。もう二度と振り向くことはなかった。

眞明(ジンミョン)は、いつも通り朝4時に起きた。彼女は、キリスト教の信者で毎朝 4時に起きて施設の玄関を掃除し教会に行き、朝の祈祷を神に捧げるのが10年来の日課 であった。彼女の生活にとって信仰が糧でありすべてであった。彼女は、10年前「自分 の身体、能力を神様のために役立てたい、自分のような小さな存在でも何かできるかもし れ な い の で は 。」 と 思 い 、 社 会 福 祉 法 人

○×児童福祉天使園

所望の家(心身障害児の

居住施設)に保母として就職したのであった。 眞明は、子供たちが起きないように静かに布団から出ると防寒着に着替えた。それから 洗面所に行き顔を洗う。冷たい水で顔を洗うと身体のすべての機能が目覚めたような感じ になった。洗面を済ますと手袋を着けて居室の戸を開ける。居室は、温突(オンドル)で 温かいのだが廊下はひんやりと肌寒かった。廊下にでて掃除用具入れから箒とちり取りを

- 187 -


出し、玄関に行って戸を開けた。すると何か大きな固まりが倒れていた。眞明は雪だるま だろうと思った。 動いた。雪の固まりが、今、確かに動いたのである。眞明は一瞬驚いたが、その目は好 奇心で溢れていた。眞明は雪の固まりに恐る恐る近づいていくと手に持っていた箒で雪の 固まりを払った。すると、下から服の生地が見えた。眞明は慌てて雪を払いのけると、ま だ、5歳程度の幼児が倒れているのであった。その足には、金属製の補装具が付けられて いた。 「生きているわ。大変、早く暖めてあげないと…」 眞明は、子どもを抱き上げると保母休憩室に走った。休憩室では、三人の交代保母が休 んでいた。 「 み ん な 起 き な さ い 。 救 世 主 が 大 変 な の よ 。」 三人の保母は、眠そうな目を眞明に向けたが事態を察したのか飛び起きた。 「久しぶりの救世主ね…」 「そうよ。それより善映(スンユン)は園長先生を呼んできて、仙姫(ソンヒ)はお湯 を沸かす。秀羅(スラ)は布団を。みんな早くよ…」 棄児の事をこの施設では、救世主と雅びた呼称で呼ぶようになっていた。 眞明は、床に子どもを静かに横たえるとタオルを持ってきて、優しく頭や顔を拭いてあ げた。 眞明が雪の中から助け出した時には、気を失っていた少年が、いつの間にか気を取り戻 し、紫色に変色した唇を小刻みに震わせ歯もガチガチと鳴らしていた。 「 も う 、 大 丈 夫 よ 。 今 、 温 か く し て あ げ る か ら ね 。」 眞明は、穏やかな口調で優しく少年に話しかけながら濡れた衣服を脱がせた。少年の身 体 は 、真 っ 青 で 冷 え 切 っ て い た 。少 年 は 、金 属 製 の 補 装 具( 正 式 に は 骨 盤 帯 付 長 下 肢 装 具 ) を装着していたが、眞明は、それを外すのにしばらく躊躇った。補装具の金属部分の下が 紫色に腫れ上がっているのが診てとれたからである。眞明は、少年の苦しみを少しでも早 く軽減させてあげようと自分自身に納得させ、ゆっくりと、そして、丁寧にベルトを外し 靴を脱がせた。足は、凸凹と表現しても過言ではないくらいに腫れ上がっていた。 眞明は、思わず少年を抱き締めてしまった。哀れだった。少年が哀れで仕方なかった。 何に対してか分からないが怒りさえ覚えた。 「神様、何故、こんな幼い子が、こんな酷い苦難を受けなければ行けないのです。

- 188 -


… 助 け て く だ さ い … 。 こ の 子 を 生 か し て く だ さ い … 。 お 願 い し ま す 。」 眞明は、少年を抱き締めて神に祈った。切なる祈りだった。その目からは涙があふれ出 ていた。 若い保母たちの動きは、実に無駄がなく手際よかった。仙姫(ソンヒ)は鍋に水を入れ お湯を沸かしタオルや洗面器を準備し、秀羅(スラ)は布団と下着やパジャマを持ってき て早速布団を敷き始めた。善映(スンユン)はコートを羽織り5mほど坂を下った所にあ る園長宅に走った。 眞明は、仙姫の用意したお湯にタオルを浸し絞ってから、少年の身体を拭いてあげた。 部屋の暖かさも手伝ってか少年の頬に赤みが戻ってきた。冷め切った身体も次第に温かく なって唇の震えも止まった。次に、新しい下着とパジャマを着せて布団の中に寝かせてあ げた。 少年は、温かくなり安心したのか、間もなくスースーと軽い寝息を立て始めた。

児童養護施設で働くあなたへ、状況は違えども、戦後しばらくの日本でも、このような 場面があったことでしょう。その時、福祉で働く、私たちの先輩方は、この物語に登場す る眞明のように献身的に子どもたちを守っていました。時代は、変化しても、子どもたち への想いに違いがあるのでしょうか。 子 ど も た ち の 置 か れ て い る 状 況 を 理 解 し 、そ の 状 況 を 自 分 に 置 き 換 え て 考 え る と 自 ず と 、 自分が何をすべきかが導き出されることでしょう。

忌まわしい罪

過去の日本人が韓国の人々に行った理不尽な強制、私がお世話になった福祉施設の園長 先生の過去を物語にすることで表現してみました。

趙(チョウ)は、まだ日本帝国主義統治時代であった1933年に江原道(北)で生ま れ た 。朝 鮮 人 に と っ て 歴 史 上 、最 も 屈 辱 的 な 時 代 に 生 ま れ た と 言 っ て も 過 言 で は な か っ た 。 家族は、父・母・兄が二人・姉が一人、そして祖母の7人で貧乏ながらも歴史に押しつ ぶされないように生きていた。38年、中学生だった下の兄と姉は、5歳の趙にとって聞

- 189 -


き慣れない言葉を勉強するようになった。朝鮮教育令の改正によって朝鮮語教育が廃止さ れ 日 本 語 を 学 ば さ れ て い た の で あ る 。 翌 3 9 年 1 0 月 、 上 の 兄 は 「 戦 争 に 行 っ て 来 る 。」 と幼い趙に言い残し家を出たが、その後、上の兄は二度と帰らぬ人となった。国民徴用令 が発布されたのであった。11月には、創氏改名令が公布、先祖代々の姓を日本風に改め ろとの命令であった。この頃から酒を飲まなかった父が、急に酒を飲むようになり、母の 笑顔も少なくなってきた。 趙家は、農業を営んでいたが、1911年の土地調査事業により先祖伝来の田畑を奪わ れ、今では小作農に甘んじなければいけない状態であった。その上、創氏改名令である。 先祖代々の土地を奪われ、それに飽きたらず姓まで奪おうとしている。そんな理不尽なこ とが許されていいのか。趙の父の日本に対する恨(ハン)は募っていくばかりであった。 届出期間は6か月であったが、その間、家族全員が日本風に改名しても父は、決して改名 しようとしなかった。 趙にとって忘れ去ることの決してできない出来事が40年5月に起こった。改名を拒否 した父を日本軍警察が連行したのである。一週間後、父は家に帰ってきたが棺桶の中であ った。死体を見ると拷問の跡が見るも無惨に残っていた。当時7歳の趙にとって難しいこ と は 分 か ら な か っ た が 日 本 人 に 父 が 殺 さ れ た こ と だ け は 分 か っ た 。父 の 亡 骸 に 縋 っ て 趙 は 、 泣いた涙が拭いても拭いても拭いてもあふれ出てきた。 傷心の趙を慰め、可愛がってくれたのは、家族と隣家の早雪(チョソル)であったが、 その早雪も41年、日本人に強制的に連行されていった。趙は、後年になって聞いたのだ が、戦争が拡大するにつれて労働力不足が深刻化してきた日本が朝鮮人狩りを強行したと のことであった。その中で女性の早雪は「慰安婦」と言う名目で騙され南方の戦場へ連れ て行かれ売春を強要されたらしいとのことであった。これを知った時の趙の悲しみは計り 知れないものであった。 趙の母は、事態を深刻に受け止め、このままでは家族全員生き地獄を味わうことになる か も し れ な い 。い つ 自 分 の 身 に も 日 本 人 の 魔 手 が 伸 び て く る か 分 か ら な い 。と 危 惧 を 抱 き 、 せめて、奎煥(キュウハン)だけでも生き延びてほしいと願い。趙を江原道(南)の叔父 の家に預けることにしたのである。42年のことであった。 これが家族との再会できぬ別れになるとは知る由もなく趙は、叔父の家で世話になるこ とになった。 45年8月15日、長きに渡った戦争が日本の敗戦と言う形で終止符が打たれた。これ

- 190 -


は、朝鮮人民にとって終戦の喜びと共に日本の呪縛から解き放たれた解放をも意味してい た 。「 こ れ で 俺 た ち は 自 由 だ 。」 朝 鮮 半 島 全 土 が 歓 喜 の 嵐 に 包 ま れ た 。 その中で趙も叔父宅の家族が喜び涙しながら「万歳!」を叫んでいるのを見て「ああ、 こ れ で や っ と 家 に 帰 れ る 。」 と 安 堵 す る の で あ っ た 。 しかし、当時12歳の趙は、勉強に打ち込んでおり、中学を卒業してから家に帰ろうと 考えていたのであるところが、歴史の波はそんな趙の考えを木っ端微塵に打ち砕いた。 46年5月、38度線を境に民間人の通行が全面的に禁止されたのである。そして、4 8年8月大韓民国、9月には朝鮮民主主義人民共和国が樹立。趙は、離散家族の運命を背 負うことになった。

児 童 養 護 施 設 で 働 く あ な た へ 、「 子 ど も が 言 う こ と を 聞 か な い 」「 勝 手 な こ と ば か り す る 」「 言 い 訳 が 多 い 」 等 々 、 子 ど も た ち が あ な た の 思 い 通 り に な ら な い と き 、 イ ラ イ ラ し たり感情的になったりすることはありませんか。それは、裏を返せば、子どもたちを自分 の思い通りに強制したいと言うことになりませんか。人が人を思い通りに服従させる、こ れは、歴史の上での忌まわしい罪と同罪になります。あなたは、子どもたちを強制するの ではなく適正な方向へと導くことが大切な役目なのです。

心理的な被害

平成13年(2001年)1月17日早朝。 「 あ な た 、 病 院 か ら 来 て く だ さ い っ て 言 わ れ た わ 。」 妻 の 陣 痛 が 始 ま っ て 2 時 間 が 経 っ た こ ろ で あ っ た 。出 産 の た め の 入 院 準 備 は 済 ん で お り 、 私がバックを持ち妻と共に階下へと降り玄関で忘れ物はないかと最終確認をしている時、 義母が心配して見送りに来てくれた。息子は、2階でぐっすり寝ていた。義母が、 「 カ メ ラ は 用 意 し た の 。」 と 聞 く と 、 妻 は 、 静 か に 首 を 横 に 振 っ た 。 「 カ メ ラ は 、 2 階 の 寝 室 ね 、 取 っ て 来 る わ 。」 義母が2階にカメラを取りに行っている間に荷物を車に載せようと、私は、バッグを持 って玄関に出た。まだ、5時45分過ぎで外は暗かった。玄関灯の明かりを頼りにワゴン 車の後部ドアを開け、バッグを車に積み込んでいる、その時、大地が揺れた。まるでトラ

- 191 -


ンポリンの上で跳ねているように、上下に大きく揺れた。玄関灯、外灯の明かりは消え、 車内灯の明かりだけが微かに点いていた。まず、妻と胎児の安否が気遣われた。大きな揺 れは、上下運動に加え横揺れもあり、身動きはできなかった。 「 お い 大 丈 夫 か 。 何 処 に い る 。」 「玄関よ」との妻の声が聞こえた。しかし、助けに行くこともままならない、ジレンマ が私を襲う。息子は2階である。どれくらいの時間、揺れていたのだろうか。多分40秒 くらいだろうと思われるが、あれ程激しかった。揺れが沈静化した。幸いなことに我が家 は 倒 壊 を 免 れ 、私 は 、家 族 の 安 否 を 確 か め た 。妻 は 、蹲 っ て い た が 大 丈 夫 で あ り 、息 子 は 、 義母が布団を被って抱きかかえていてくれていた。箪笥の上の人形ケースが落ちガラスが 飛び散っており、義母の咄嗟の判断がなければ、息子は、大怪我をしているところであっ た。家族が、それぞれの安否を確かめているその瞬間も大きな余震が容赦なく、家族の心 を恐怖へと導いた。 5時47分、大地が大きく震え、人類の繁栄をあざ笑うように阪神・淡路地区を壊滅状 態にした時間である。 カーラジオをつけてみると、阪神地区で震度7の大地震が発生、建物の倒壊が至るとこ ろで起こり交通網が遮断されているとの情報を得る。その頃になると空も白み始め明るく なるにつれて落ち着きが出てきていた。 「 と り あ え ず 、 避 難 場 所 に 行 こ う 。」 と の 言 葉 に 家 族 は 、 同 意 し 、 息 子 の 小 学 校 の 運 動 場へと歩を進めた。前の家の瓦が道路に散乱しているため、それを避けながらの移動であ る。もし、あの時、車を動かしていたら、この散乱している瓦は、家族の乗っている車に 容赦なく降り注いでいただろうと想像すると寒気さえ感じた。 小学校の運動場には5分間くらいでたどり着いた。不安を隠せない地域の人々が500 名くらいは集まっていた。立ち話に熱中している者、周囲を見渡している者、様子を窺っ ている者などなど様々であった。しかし、寒空の運動場に集まっているだけで校舎が開放 されるわけでもなく、誰かが陣頭指揮を執ったり情報を伝えたりする訳でもなく、只の烏 合の衆であった。妻の陣痛は、継続しており一刻も早く病院へ行くことが私たちに課せら れた急務であり、それは家族の一致する意見でもあった。 「 公 衆 電 話 を 探 し 、 救 急 車 を 呼 び ま し ょ う 。」 義 母 の 発 案 に 素 直 に 応 じ 私 は 、 自 宅 へ 戻 り車で家族を迎えにきた。 近所にある郵便局の前に公衆電話があるので、そこへ車を走らせ、妻の通っていた元町

- 192 -


の産婦人科へ電話を入れるが、何度かけ直しても繋がらない。途方に暮れていると、赤い 緊急用電話が目に入ってきた。これを使ってみようと思った瞬間には、もう1・1・0と ダイヤルしていた。しかし、緊急用電話ですら不通であった。 「電話は一切繋がらない、この状況であれば元町まで行くのは危険だろうね。たどり着 い て も 病 院 が 機 能 し て い る と の 保 証 が 確 認 で き な い か ら ね 。」 と私の話に、渋々妻は納得した。と言うのも妻は、元町の産婦人科で産むことを楽しみ にしていたからである。そこは、父親立会いの出産、母子同室システムであり毎朝の礼拝 もあり、とても気に入っていたからである。もう予約金も支払い済みであった。 「とりあえず、長男を産んだ○○産婦人科へ連れて行って、もうお産は、扱っていない け ど ア ド バ イ ス は 、 貰 え る と 思 う 。」 と の 妻 の 判 断 は 適 切 と 考 え 、 車 を 走 ら せ た 。 老年の医師は、在宅であり私たちも名前は知っていた総合病院を紹介してくれた。

は 、妻 に 再 確 認 を し た 。 「 元 町 の 病 院 は 諦 め て 、先 生 の 紹 介 し て く れ た 総 合 病 院 へ 行 く よ 。」 妻は、実に残念そうではあったが「いいわ」と了承の返事をした。 私たちは、総合病院へと急行した。何とか駐車スペースがあったので車を停め、病院の 中へと急いだ。そこは、患者で溢れていた。呻き声を上げている者、血だらけの者、医療 スタッフに一生懸命相談している者等々、目前に展開している状況は、非現実的な世界で あ っ た 。「 子 ど も は 無 事 に 生 ま れ て く る の だ ろ う か 。」 漠 然 と し た 不 安 が 家 族 を 襲 っ た 。 受付カウンターは、混乱していた。五人ほどの人が、それぞれ、 「急患だから早急に診察してくれ」 と訴えていた。私は、しばらく様子を見て待っていたが、受付の職員も対応が追いつか ず 、 て ん て こ 舞 い の 状 況 で あ り 、 受 付 の 後 ろ で 薬 の 調 合 を し て い る 職 員 に 大 声 で 、「 妻 が 陣 痛 な ん で す 。 ど ち ら に 行 け ば よ ろ し い で す か 。」 と訴えた。職員は、こちらに振り向き、 「 二 階 に 上 が っ て く だ さ い 。」

と教えてくれた。その旨、妻と祖母と長男に伝え、私

たちは、妻を気遣いながら二階へと歩を進めた。階段は、まるで廃墟になったビル階段の 様相を呈していた。壁や床は、いたるところ崩壊しており、壁や天井から落ちた埃が敷き 詰められていた。私たちは、瓦礫を避けながら、二階へと上がり、分娩室に急いだ。分娩 室は、更に悲惨な状況であり、医療器具や医薬品が床中に散乱していた。二組のお産が一 枚の薄いカーテンの向こう側で進行中であり、看護婦や助産婦が駆け回っていた。カーテ ンレールが天井から下がっておりカーテンによって三つの分娩台が仕切られていた。その

- 193 -


内の一つに妻は、座った。祖母や長男は、分娩室内に簡易的に置かれたソファーに座り、 私は、妻と共にカーテンの中で処置を待った。妻は、時折やってくる陣痛に顔をゆがめる こともあったが、私は、それを見守るだけであった。 この総合病院では、ラマーズ法の講習を行っておらず、本来は、亭主が分娩室に入るこ とはないのだが、この時ばかりは、普段の規定が崩壊している緊急の状況であった。 「 奥 さ ん 、 下 着 を 下 ろ し て く だ さ い 。」 と 看 護 婦 が 声 を 掛 け て き た 。「 あ ぁ 、 や っ と 診 て く れ る ん だ 。 妻 も 陣 痛 の 苦 し み か ら 解 放 さ れ る ん だ 。」 と 言 う 安 堵 感 が 夫 婦 を 包 ん だ 。 別 の 看 護 婦 が 、 忙 し そ う に 真 鍮 の 洗 面 器 を運んでくると、その中に消毒液の原液を入れ始めた。私は、何が始まるのかと、様子を 見ていると、看護婦は、おもむろに分娩に使用する器具を洗面器に入れていた。この時の 病院の機能は、電気やガス等のライフラインが完全に遮断されていたのである。唯一、水 だけは、病院の地下に井戸があり、そこから汲み上げることができたが、それも久しぶり に使う井戸であり水量は、ごく僅かとのことであった。カチャカチャと不気味な金属音が 分娩室に響いた。器具は、消毒液の中で不気味に輝き、それに見とれているとき、医師が やってきた。 「 は い 、力 を 抜 い て く だ さ い 。大 き く 息 を 吸 っ て 、は い 、ゆ っ く り 息 を 出 し て く だ さ い 。」 医師の診察は、あっと言う間に終わり、 「 ま だ 、 時 間 が 掛 か り ま す ね 。」

と言って、他の患者のところへ行ってしまった。

児童養護施設で働くあなたへ、天災によってご両親を亡くし、児童養護施設に措置され てくる子どもたちもいます。天災による被害は、物質的なものに止まらず心理的な被害が 伴います。それがトラウマとなり長い期間、子どもたちを苦しめます。例えば、微震があ ったとき、それを敏感に感じ取り、心臓が圧迫されているかのような錯覚を覚え、鼓動が 激しくなります。そして、不安が覆い被さってきます。このような体験は、大地震を経験 したほとんどの方が味わっています。 トラウマは、天災等の災害だけに止まるものではありません。親に見放され裏切られた という失望感、経済的に恵まれていたらという失意間、学校の授業についていけないとい う絶望感等々、様々な現実が子どもたちに襲いかかり、それらに立ち向かい乗り越えられ る子どもたちもいれば、乗り越えられずトラウマになる子どもたちもいます。 あなたには、子どもたちの心の傷を発見し癒す努力と回復する支援を行うことが求めら

- 194 -


れています。

情報0の弊害

1995年(平成7年)1月17日午前5時46分52秒、M7.3の大地震が兵庫県 南部で発生した。阪神・淡路大地震です。死者、6,434名

行方不明者、3名

負傷

者、43,792名、都市直下型で未曾有の被害をもたらした大地震でした。 そして、その日は、妻の出産予定日でもありました。結局、次男が生まれ出たのは、翌 日になりました。胎盤剥離で母子ともに危険な状況での誕生でした。胎盤剥離は、文字通 り、胎盤が剥離し出血を起こします。羊水で生命を維持している胎児にとって、羊水の中 に血液が侵入してくることは、小石のような異物が侵入してくることに等しいのです。実 際、生まれ出た次男の内臓は、傷だらけで、口からミルクを与えることはできず、小さな 身体に針を突き刺し、点滴によって栄養摂取を行うことになりました。 私たちが病院に到着し、次男が誕生するまでの時間は、24時間くらいでしたが、その 間、同じ看護婦さん、同じ助産婦さんが、妻を含めた5名の妊婦を看ていました。私は、 看護婦さんに聞きました。 「あなたは、他の看護婦と交代もしないで、ずっと勤務しているが、あなたのお宅は、 大 丈 夫 な ん で す か 。」 「私の家は、倒壊しているようです。でも、大丈夫、家族は、何とか生き延びているよ う な の で 安 心 し て い ま す 。」 「 そ れ で も 家 族 が 心 配 で し ょ う 。 帰 ら な く て 良 い の 。」 「今、私を必要としているのは、多分、家族より、この病院でしょう。看護婦のほとん ど が 被 害 を 受 け て い て 、今 、こ こ に い る 看 護 婦 だ け が 、唯 一 、勤 務 で き る 看 護 婦 な の で す 。」 この看護婦さんの言葉は、実に的確でした。この究極の状況の中で自分の存在価値を認 識し、居場所を決めて、自分の能力を精一杯発揮しているのです。 次 男 の 誕 生 後 、 妻 と 義 母 を 、「 救 援 活 動 の た め 職 場 に 行 っ て き ま す 。 機 能 回 復 し て い な い と 言 え ど も 病 院 で す の で 安 心 で す 。」 と 説 得 し 、 私 は 、 職 場 へ と 向 か い ま し た 。 そ れ か ら約1か月、私は、自宅の布団で寝ることはありませんでした。 職場に到着すると、そこには、施設長を含め5名の職員がいました。電話に張り付いて

- 195 -


います。利用者の安否確認です。ところが、ほとんど、通話不能で安否が確認できている のは、5名程度でした。 私たちは、翌日19日より、家庭訪問で安否確認しようと打合せを行いました。その夜 か ら 職 場 の 冷 た い 床 に セ ラ ピ ー マ ッ ト を 敷 い て の 就 寝 で す 。「 仕 事 は ど う な る の だ ろ う 。 生 活 は ど う な る の だ ろ う 。」 な ど 、 先 行 き の 不 安 を 抱 え な が ら も 「 今 や れ る こ と を 精 一 杯 やるだけだ」と自分を納得させて眠りに就きました。 翌日、車で被災地の中心部に向かいました。鷹取地区は、まだ、燃えており、消防車が 何台も活動していましたが、放水ホースから飛び出る水に勢いはありませんでした。道行 く人の目の焦点は一応に不安定で、次に何を成すべきか目的意識を見失っている状況でし た。 そんな、街の一角に立ち止まり、周囲を見回した時、涙があふれ出ました。周囲360 度、すべてが破壊されています。特に鷹取地区は、焼け野原です。燃え尽きた家の前で呆 然と立ち尽くす人が何組もありました。斜めに傾き、今にも崩れ落ちそうなビルも何棟も ありました。大地震は、建物や家財道具など物質的な価値を消失させただけではなく、人 々の生気までも、ずたずたにしていました。 この日は、体育館に避難していた2組の利用者家族の安否が確認できました。広い体育 館に大勢の人々が、段ボールを敷いて、座っています。支給されたサンドウィッチを頬張 っている人、毛布にくるまって寝ている人、おしゃべりをしている人、様々な人々の中か ら 目 的 の 人 を 探 す の は 、大 変 な 作 業 で す 。し か し 、意 外 と 簡 単 に 見 つ か り ま し た 。そ れ は 、 立っている人が少なく、皆さん、座っている状態なので全体が見渡せるのです。 被 害 の 状 況 を 聞 い て み る と 、家 は 、2 階 部 分 が 崩 れ て 、ほ と ん ど 全 壊 だ っ た が 、家 族 は 、 辛うじて全員無事だった。レスキュー隊が救助してくれた。しかし、愛犬が家の中に閉じ 込められている。出ようと思えば出られるだけの隙間があるが、腰を抜かして動けないら しい。レスキュー隊に犬の救助をお願いしたが、申し訳ない、人間の救助が優先ですと断 られてしまった。と言うことでした。 職 場 に 戻 り 、ミ ー テ ィ ン グ で 報 告 を す る と 、「 ワ ン ち ゃ ん を 助 け よ う 」と 全 員 一 致 で す 。 翌日、利用者家族と共に倒壊した家に行きました。確かに、2階部分が1階を押しつぶし ている状況です。いつ、余震によって更なる崩壊を誘発するか分からない状態の中、ワン ち ゃ ん が 力 な く 吠 え て い ま し た 。 家 族 は 、「 危 険 な の で 、 救 助 は あ き ら め ま し ょ う 。」 と 心と反対のことを言います。

- 196 -


「 や り ま す 。」 と 気 合 を 入 れ て 、 隙 間 に 身 体 を 入 れ て 、 ワ ン ち ゃ ん を 引 き ず り 出 そ う と しますが、ワンちゃんにとっては、初対面の人間であり、その上、腰が抜けているので、 頑なに抵抗します。それでも噛みつく力も気力も失っているので、ワンちゃんの前足を掴 み無理矢理引き出すことに成功しました。救助成功です。全員、大歓声でワンちゃんの帰 還を讃えました。 こ の 家 族 は 、そ の 後 、約 2 か 月 間 、体 育 館 で の 避 難 生 活 を 経 て 仮 設 住 宅 に 行 き ま し た が 、 体 育 館 で の 生 活 が 1 か 月 を 過 ぎ よ う と し て い る 頃 、 私 は 、「 気 分 転 換 に 外 食 に 行 き ま せ ん か 。」と 提 案 し ま し た 。阪 神 ・ 淡 路 地 区 は 、こ の 世 の 終 わ り と 言 え る よ う な 惨 状 で し た が 、 被害の及んでいない隣接地域は、普段と何ら変わりない日常を送っているのです。勿論、 フ ァ ミ リ ー レ ス ト ラ ン も 営 業 し て い ま す 。 し か し 、 家 族 の 返 事 は 。「 何 を 馬 鹿 な こ と を 、 店 が 開 い て い る わ け な い で し ょ う 。 ま し て や 外 食 な ど で き る わ け が な い 。」 で し た 。 TV、ラジオ、新聞、掲示板、様々な方法で情報を伝えていたのは、事実です。ところ が、避難所の体育館では、TVは1台しかなく、ラジオを持っている人もいましたが、他 人への迷惑を考えて、イヤホンで聴いていました。新聞も全員に配布することなどなく一 部の人しか読むことはできません。掲示板は、いつも、人の行き来が多く、そこに見に行 くのは億劫です。このような状況の中、情報0の人々が生まれたのでした。

児童養護施設で働くあなたへ、最初に登場する看護婦さんは、本当のプロフェッショナ ルです。自分の位置をしっかりと認識しています。あなたは、児童養護施設で子どもたち と生活する中で、どの位置にいますか。自分の存在すべき位置を見極めましょう。 さて、情報は、伝わらなければ無意味です。情報0の弊害は、特に緊急時に表れます。 子 ど も た ち へ の 情 報 伝 達 を 心 が け ま し ょ う 。「 人 の 話 を 聞 い て い な か っ た ○ ○ ち ゃ ん が 悪 い 」 と 言 う 台 詞 が あ り ま す が 、「 ○ ○ ち ゃ ん に 、 分 か る よ う に 伝 え ら れ な か っ た 私 が 悪 か った」が正しい台詞です。あなたは、どちらの台詞を使っていますか。

見極める能力

未曾有の大災害、阪神・淡路大震災における利用者の安否確認、避難を手助けすること を最優先し、車両による移動で行いましたが、至る所が渋滞で、なかなか思い通りに安否

- 197 -


確認のペースが掴めません。区役所に行き、緊急車両の認定シールを取得し、車両に張っ ても渋滞では効果がありません。それから、バイクや自転車での移動を行いました。 結果的には、全利用者の安否を確認、数名の家族が入院しているものの生命の危機はな く、とりあえず安心と言った状態でした。その頃の職場には、2組の家族が避難していま したが、困ったのは、お風呂でした。職場の地区は、電気・水道のライフラインが復旧、 ガスについては、プロパンガスでしたので、特に支障がありませんでした。しかし、シャ ワー設備はあっても浴槽がなかったのです。そこで、倒壊したガス販売店に放置してある 処分用の浴槽を確保し、運び入れて簡易的な風呂を作りました。みんな、約1か月ぶりの 風呂です。最初の頃は、冬にも関わらず、水シャワーで我慢していましたが、その時に比 べると天国と地獄ほどの差でした。このことは、全利用者家族にも伝え、それから、数名 の家族が入浴に来ました。 職場のメンバーも時が経つに連れて増え、ほとんどの職員が揃いました。その中には、 調理員もいました。安否確認は、落ち着きを見せ、次のミッションは、救援活動です。ミ ーティングでは、様々な意見が飛び交いましたが、鷹取地区の路上で炊き出しをやろうと の意見で一致しました。 翌日から、調理員は、大忙しです。まず、食材の確保からスタートし、200食の豚汁 作り、同時並行で施設長を中心に屋台作り、夕方には、鷹取の路上にいました。道行く人 に 「 温 か い 豚 汁 を 食 べ て 元 気 を 出 し て く だ さ い 。」 と 呼 び か け ま す 。 運 動 靴 に 防 寒 具 、 背 中 に は 、ナ ッ プ サ ッ ク を 背 負 っ て い ま す 。そ の よ う な 出 で 立 ち の 方 が ほ と ん ど で し た 。 「あ り が と う 。 ほ っ と す る わ 。」、 感 謝 の 言 葉 と 笑 顔 に 私 た ち は 救 わ れ ま し た 。 左 前 方 に 約 2 0度傾いたビルがありますが、そのビルの傾きが30度近くになった頃は、2月も終わり に近づいていました。道行く人の出で立ちも、革靴にスーツ、手にはビジネスバック、学 生は、制服に戻り、いつもの通勤通学風景になり、炊き出しに立ち止まる人も少なくなっ て い ま し た 。炊 き 出 し の メ ニ ュ ー は 、豚 汁 だ け で は な く 、時 に は 、カ レ ー ラ イ ス 、時 に は 、 ぜんざいと幾つかのメニューを準備し、最初200食からスタートしましたが150食、 100食と数量を減らしていきました。需要に合わせたのです。週3回を目処に始めた炊 き出し活動は、2月一杯で終了することにしました。 3月に入ると、ほとんどの地区でライフラインが復旧し、体育館の避難者も少しずつ仮 設住宅へと移動していきました。この体育館の避難生活で報道されていない現実がありま した。それは、トイレです。まだ、水道の復旧が完了していない時期、学校のトイレは、

- 198 -


使用不能でしたが、人間の生理現象を止めることはできず、汚物で溢れていました。校舎 の裏に回ると、至る所に汚物が放置されています。環境としては、最悪です。悪臭も漂っ ていました。私は、思いました。この校舎裏で排便をした人の中には、災害に遭う前は、 会社の社長として豊かな暮らしをしていた人もいるでしょう。お上品な奥様もいることで しょう。成績優秀な生徒もいるかも知れません。そのような人たちが自分のプライドをか なぐり捨てて、ここで排便をした事実。誰が責めることができるでしょうか。災害は、一 人一人のプライドまでも傷つけたのでした。 3月から通所可能な利用者の方の受入れを開始しました。その頃から私も自宅に戻るこ とにしました。それまでの1か月半は、自宅に戻っても、それは、水道の復旧している地 区でポリタンクに水を入れ、それを届けるだけでした。ただし、次男誕生から1週間後、 通常の病院機能では、十分な治療ができるが、ライフラインと人材が整っていない現状で は、お子さんの容体を回復することは極めて困難なので、加古川市民病院に移送しますと の 連 絡 が 入 り 、そ の 時 ば か り は 、病 院 へ 駆 け つ け ま し た 。自 分 の 子 ど も は 、瀕 死 の 状 態 で 、 何て不幸なんだとの思いがありましたが、加古川市民病院に到着し、乳児の治療室に入っ た瞬間、我が息子への不幸感は、消し去りました。もっともっと、大変な状況の乳児たち が懸命に生きていたからです。未熟児として誕生し、私の拳程度の大きさの乳児もいまし た 。身 体 の 一 部 が 変 形 し て い る 乳 児 も い ま し た 。み ん な 、懸 命 に 生 き よ う と し て い ま し た 。 医療スタッフも真剣に誠実に乳児たちの治療に専念していました。 次男の治療は、順調で、妻は母乳を冷凍し病院に届けていましたが、その母乳を飲める までに回復したので自宅へと戻りました。

児童養護施設で働くあなたへ、時の移り変わりで人は、変化します。子どもたちに置き 換えると成長します。そして、その状況により、需要も変化するのです。その変化に対応 できる柔軟性が求められます。経済的には、需要と供給のバランスと表現しますが、とて も、大切なことです。今、その瞬間、子どもたちは何を求めているのか、それを見極める 能力を是非、身につけてください。

- 199 -


リセット人生

阪神・淡路大震災の翌年、近所に仮設住宅が設置され、たくさんの方が、引っ越してき ました。お年を召した方が90%程度を占めていました。 何か、お役に立てることはないか。職場の中で話し合い、夏場と言うこともあり、仮設 住宅敷地内の除草をしようと言うことになりました。勿論、職員と利用者と共に1日30 分 程 度 、週 3 回 行 う こ と に し ま し た 。早 速 、仮 設 住 宅 の 自 治 会 長 を 探 し 、そ の 旨 伝 え る と 、 快く了承されました。 除草作業の始まりです。人が通ったら「こんにちは」の挨拶、次第に顔見知りの方がで きてきて、時には、お茶を出して頂くなど、少しずつ馴染んできました。 次 は 、 職 場 に カ ラ オ ケ の 機 材 が あ り 、「 カ ラ オ ケ 大 会 を 開 催 し ま す の で お 集 ま り く だ さ い 。」 と 呼 び か け ま し た 。 2 0 名 ほ ど の 方 が 参 加 さ れ 、 和 や か な 時 を 持 つ こ と が で き ま し た。そんなカラオケ大会を2年後、皆さんが去っていくまでの間に3回、開催しました。 また、マイクロバスを使って、月2回、温泉銭湯にお連れしたりもしました。 さて、そんな中、様々な方からお話を聞くことができました。 90歳代女性は、裕福な家庭のお嬢様でしたが、農家の方を愛してしまい、結婚の了解 を 両 親 に 得 よ う と し ま し た が 、猛 反 対 、結 果 的 に 勘 当 さ れ て し ま い ま し た 。し か し 、母 は 、 何か、困ったことがあったときに使いなさいと、着物を数反持たせてくれました。 彼女は、親の反対を押し切って農家に嫁ぎました。今まで、やったことのない、台所仕 事、野良仕事、それだけでも大変ですが、姑の嫁いびりは、もっと過酷だったとのことで した。それでも精一杯尽くしていましたが、結婚の翌年、戦争でご主人を失いました。そ れから、女手一つ※でお子さんを立派な成人に育てあげました。金銭的に困窮した貧しい 時 代 も 勿 論 あ り ま し た が 、そ れ で も 、母 か ら 授 け ら れ た 着 物 は 、大 切 に し ま っ て い ま し た 。 阪神大震災、人生を掛けて築き挙げた我が家は、倒壊してしまいました。余震も落ち着 いた頃、あの着物だけでも手元に残したいと、ボランティアの力を借りて、倒壊した家を 調べました。どんなに探しても着物がありません。そうです、火事場泥棒です。後で得た 情報では、如何にも、その家の持ち主のように振る舞い、トラックに使えるような物を積 み込んでいったと言うことでした。ニュースでは、ほとんど、火事場泥棒の話題は、取り ざたされていませんでしたが、実際は、至る所で被害がありました。

- 200 -


唯一の母との思い出の絆、自分が裕福だった頃の記録、どんなに辛くても手放さなかっ た心の支え、それが、災害ではなく、罪人によって奪われてしまいました。 言 葉 遣 い や 仕 草 が 、と て も 上 品 で す が 、手 に は 苦 労 の 後 が 鮮 明 に 現 れ て い ま し た 。私 は 、 お話を伺い、自然に流れる涙を止めることはできませんでした。 80歳代男性は、古い家屋に住んでいました。大地震により倒壊です。家の壁は、土壁 です。土壁は、竹が格子状に組んであり、その上に土(粘土)に藁などを混ぜ粘性を高め た土を塗っています。家は、押しつぶされた形になっており、辛うじて寝た状態の身体分 の空間が残されていました。幾ら思い起こしても脱出したときの記憶が定かでないと言う ことですが、素手で土壁の泥を剥がし、格子状に組まれた竹を引きちぎり脱出したのだろ うと推測できます。覚えているのは、血だらけの身体で家の外にいる自分、身体を引きず るように這って向かった病院への道と言うことでした。病院で診察して貰った結果、肋骨 が数本骨折しており、その1本が喉の方に刺さったため、発声が困難になりました。私が お話をお聞きしたのは、回復に向かってからでした。 被災者のお年を召した方々は、最初の頃は、大震災のこと、戦争のこと一様に口を閉ざ されていました。そのお話を聞くのに1年半の時の流れがありました。ある方は、戦争中 は、中国での諜報活動をしており、中国人に成り済ましていた。中国人の習慣を忠実に模 倣し、例えば、当時、中国人は下着を着用する習慣がなく自分も同じように下着を着用し なかったなどの、生々しい話もありました。 「わしらは、神戸大空襲で財産をすべて失い、0からのスタートで、コツコツと財産を 築き上げて、余生を過ごせると安堵していたら、今度は、大震災、わしらは、人生を二度 奪 わ れ て し ま っ た 。神 戸 大 空 襲 が 忘 れ 去 ら れ て い っ た よ う に 大 震 災 も 忘 れ 去 ら れ る だ ろ う 。 お 願 い だ 、 阪 神 ・ 淡 路 大 震 災 を 後 世 に 伝 え 続 け て ほ し い 。」 私 は 、「 は い 」 と 応 え ま し た 。 そ の 後 の 私 の 人 生 の 中 で 、 機 会 が あ れ ば 、 子 ど も た ち に 大震災の話をするように、今でも心がけています。我が家では、1月17日の夕食は、現 在でもおにぎりと豚汁です。都市直下型で空前の被害をもたらした阪神・淡路大震災、そ の教訓は、現代において生かされているのだろうか。

児童養護施設で働くあなたへ、災害によって人生を強制的にリセットさせられた被災者 の方々、それでも、そのどん底から這い上がろうともがく姿は、逞しさと共に、尊敬の念 を抱かざるを得ません。ここで得られる教訓は、どんな状況でも、心の持ち方で立ち直る

- 201 -


こ と の で き る 可 能 性 が 秘 め ら れ て い る こ と で す 。子 ど も た ち と の つ き あ い の 中 で 、時 に は 、 子どもとの関係をリセットして、関係構築をやり直したいと望む場合があります。でも、 な か な か 踏 み 切 れ ず 、関 係 修 復 が で き ま せ ん 。す べ て 、あ な た の 心 の 持 ち 方 で 決 ま り ま す 。 「人間、成せば成る」これくらいの気概を持って、子どもたちとの関係修復に努めてくだ さい。

- 202 -


去りゆく保育士の心情

旅立ち

子どもたちよ! いつか

私を追い越すだろう

だけど… 今となっては

それを

見守ることさえ

できなくなった

大きくなったら 思い出してくれるだろうか? 私のような人間が …いたことを 私が子どもたちに 残してやりたかったものは 思いやり

友情…

それとも

愛だったのか?

私の青春の中に 子どもたちがいた 去りし日々の中で思い出すのは 子どもたちの濁りを知らない 澄んだ瞳! 思い起こせば失敗の���り返しだった 過去を振り返ることは 何て寂しいものよ! 二度と戻ってこない青春を 訂正することはできないものか? 喜びと悲しみの詰まった この屋根の下から…飛び出す私

- 203 -


涙は見せず! 笑顔でさよならしたい …私なのに こみ上げる雫を 止めることができはしない …小さな掌が さよならを振り放そうとしているから 時が経てば 私を忘れるだろう! 子どもたちの前には 次々と新しい人たちとの 出会いが…待っている 私よりも素晴らしき人が きっと

子どもたちを

大人へと導いてくれるだろう! もう

子どもたちと

同じ道を

…歩むことはないけれど これから

私は

新しい道を

少しずつ築いていきたいと思う 子どもたちよ

あなたたちと

過ごした日々を… コルチカムの花言葉に託して!

これは、福祉従事者として働き、その職を辞していく職員の心情を詩ったものです。現 在働いている方々、現在、志している方、子どもたちの前から去っていく自分を想像して みましょう。その時、あなたは、悔いを残しているでしょうか。その時、悔いを残さない ために、自分が何を為すべきか、今なら間に合います。悔いのない青春或いは人生のため に、今、精一杯、子どもたちの為に尽くしましょう。 参考までに、この詩は、私が福祉従者を目指していた高校生の時に創作したものです。

- 204 -


おわりに

児童養護施設で働くあなたへ、私たちは、業務や子どもたちへの関わりの中で、ついつ い 、「 言 い 訳 」 を 探 し て し ま い ま す 。「 あ の 子 が 言 う こ と を 聞 い て く れ な い 。」「 注 意 欠 陥 多 動 性 障 害 だ か ら 仕 方 な い 」「 時 間 が 足 り な か っ た 」「 あ の 職 員 が 協 力 し て く れ な い 」 等 々、上手くいかない事実に対して、言い訳を繕い自分自身を納得させてしまいます。しか し、私たちは、プロなのです。すべての言動にプロとしての自身と責任を持つ必要があり ます。例えば、外科医師が、使用したメスが悪かったために手術を失敗しました。良いメ スを使用していたら、このような事態にはなりませんでした。と言い訳をした場合、それ が、通用するでしょうか。私たちの仕事は、子どもたちの心に入っていきます。外科医師 のメス以上に深い部分に切り込んでいくことになります。言い訳など許されるはずがあり ま せ ん 。 本 物 の プ ロ は 、 言 い 訳 な ど し ま せ ん 。「 弘 法 も 筆 の 誤 り 」 と 言 う 言 葉 が あ り ま す が、これは、弘法ほどの達人でも間違いや失敗があるとの意ですが、弘法は、その間違い に気づき、筆を投げて、足りなかった点を付けたという話へと繋がります。 私たちは、幾らプロと言えども、力足らずの人間であることに変わりはありません。失 敗や間違いは、日常茶飯事です。大切なことは、失敗したり、間違ったりしても、速やか に修正を施す柔軟性なのです。そこに、言い訳は、必要ありません。重要なのは、振り返 り(反省)と修正の検討です。私は、職員育成を担っていた頃、職員に「失敗しなさい。 責 任 は 、 私 が 持 つ 。」 と 話 し て い ま し た 。 失 敗 し な い と 職 員 と し て の 成 長 は 鈍 化 し て し ま い ま す 。成 功 の 連 続 の 場 合 、人 は 、有 頂 天 に な っ て 自 己 を 見 失 っ て し ま い ま す 。で す か ら 、 何事にも恐れることなくチャレンジしてください。主任クラス以上の皆さんは、職員たち を励ましてください。施設長は、すべての責任を担ってください。それが、組織です。組 織の活性化とは、職員の失敗の数に比例していくことでしょう。 児童養護施設の主役は、子どもたちです。そして、職員は、その主役を支える名脇役で す。映画やドラマは、主役だけが輝いていても、すぐに見飽きてしまいます。そこに、名 脇役がいるからこそ、映画やドラマに、人々は、引きつけられていきます。 ま た 、児 童 養 護 施 設 は 、土 で あ り 職 員 は 、こ や し で す 。そ こ に 子 ど も た ち は 、根 を 張 り 、 芽を出し、木となり枝を張り、葉を広げ花を咲かせ、実を実らせます。

- 205 -


児童養護施設で働くあなたへ、子どもたちの名脇役であり、子どもたちを育むこやしの ような存在になってください。 そ し て 、子 ど も た ち に 決 し て 見 返 り を 求 め な い で く だ さ い 。あ な た が ど ん な に 一 生 懸 命 、 誠実に関わっても、あなたがどんなに愛しても、子どもたちの中には、感謝やお礼の表現 をしない子どもたちもいます。また、今ではなく、後々に結果が表出される場合もありま す。つまり、子どもたちとの関わりの中では、結果は見えにくいものです。そのような状 況 で 、見 返 り を 求 め て い る と 、あ な た 自 身 が 萎 え て い き ま す 。見 返 り を 求 め な い 無 償 の 愛 、 キ リ ス ト 教 的 に は「 ア ガ ペ 」と 表 現 さ れ ま す が 、ア ガ ペ の 領 域 に 踏 み 込 む こ と が で き た ら 、 どんなに素敵なことでしょう。 本著の中に一文でも、あなたの心に響く文がありましたら、著者として、最上の喜びで す。

水のように清らかな心 空のように広い心 角のない丸い心 そんな子どもたちに育ってほしい 染みのない純白の帯 やさしい心の帯と 厳しい心の帯が交わり 子どもたちを包みたい

- 206 -


参考資料

法令と通知

児童福祉法抜粋

児童福祉法の中から、特に児童養護施設に関連する部分を抜粋しています。

第1条 すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、且つ、育成されるよう努めなければ ならない。 2

すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。

第2条 国及び地方公共団体は、児童の保護者とともに、児童を心身ともに健やかに育成する責 任を負う。 第3条 前2条に規定するところは、児童の福祉を保障するための原理であり、この原理は、す べて児童に関する法令の施行にあたって、常に尊重されなければならない。 第4条 この法律で、児童とは、満18歳に満たない者をいい、児童を左のように分ける。 1. 乳 児 満 1 歳 に 満 た な い 者 2. 幼 児 満 1 歳 か ら 、 小 学 校 就 学 の 始 期 に 達 す る ま で の も の 3. 少 年 小 学 校 就 学 の 始 期 か ら 、 満 1 8 歳 に 達 す る ま で の 者 第6条 この法律で、保護者とは、親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護 する者をいう。 第7条 この法律で、児童福祉施設とは、助産施設、乳児院、母子生活支援施設、保育所、児童 厚生施設、児童養護施設、知的障害児施設、知的障害児通園施設、盲ろうあ児施設、肢体 不自由児施設、重症心身障害児施設、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設及び児 童家庭支援センターとする。

- 207 -


第六節

保育士

第18条の4 こ の 法 律 で 、保 育 士 と は 、第 十 八 条 の 十 八 第 一 項 の 登 録 を 受 け 、保 育 士 の 名 称 を 用 い て 、 専門的知識及び技術をもつて、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を 行うことを業とする者をいう。 第18条の5 次の各号のいずれかに該当する者は、保育士となることができない。 一

成年被後見人又は被保佐人

禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた

日から起算して二年を経過しない者 三

この法律の規定その他児童の福祉に関する法律の規定であって政令で定めるものに

より、罰金の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなつた日か ら起算して二年を経過しない者 四

第十八条の十九第一項第二号又は第二項の規定により登録を取り消され、その取消

しの日から起算して二年を経過しない者 第18条の6 次の各号のいずれかに該当する者は、保育士となる資格を有する。 一

厚生労働大臣の指定する保育士を養成する学校その他の施設(以下「指定保育士養

成 施 設 」 と い う 。) を 卒 業 し た 者 二

保育士試験に合格した者

第18条の7 厚 生 労 働 大 臣 は 、保 育 士 の 養 成 の 適 切 な 実 施 を 確 保 す る た め 必 要 が あ る と 認 め る と き は 、 その必要な限度で、指定保育士養成施設の長に対し、教育方法、設備その他の事項に関し 報告を求め、若しくは指導をし、又は当該職員に、その帳簿書類その他の物件を検査させ ることができる。 2

前項の規定による検査を行う場合においては、当該職員は、その身分を示す証明書

を携帯し、関係者の請求があるときは、これを提示しなければならない。 3

第一項の規定による権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならな

い。 第18条の8

- 208 -


保育士試験は、厚生労働大臣の定める基準により、保育士として必要な知識及び技能に ついて行う。 2

保育士試験は、毎年一回以上、都道府県知事が行う。

保育士として必要な知識及び技能を有するかどうかの判定に関する事務を行わせる

た め 、都 道 府 県 に 保 育 士 試 験 委 員( 次 項 に お い て「 試 験 委 員 」と い う 。)を 置 く 。た だ し 、 次条第一項の規定により指定された者に当該事務を行わせることとした場合は、この限り でない。 4

試験委員又は試験委員であった者は、前項に規定する事務に関して知り得た秘密を

漏らしてはならない。 第18条の9 都道府県知事は、厚生労働省令で定めるところにより、民法 (明治二十九年法律第八 十九号)第三十四条 の規定により設立された法人であって、保育士試験の実施に関する 事 務 ( 以 下 「 試 験 事 務 」 と い う 。) を 適 正 か つ 確 実 に 実 施 す る こ と が で き る と 認 め ら れ る も の と し て 当 該 都 道 府 県 知 事 が 指 定 す る 者 ( 以 下 「 指 定 試 験 機 関 」 と い う 。) に 、 試 験 事 務の全部又は一部を行わせることができる。 2

都道府県知事は、前項の規定により指定試験機関に試験事務の全部又は一部を行わ

せることとしたときは、当該試験事務の全部又は一部を行わないものとする。 3

都道府県は、地方自治法 (昭和二十二年法律第六十七号)第二百二十七条 の規定

に基づき保育士試験に係る手数料を徴収する場合においては、第一項の規定により指定試 験機関が行う保育士試験を受けようとする者に、条例で定めるところにより、当該手数料 の全部又は一部を当該指定試験機関へ納めさせ、その収入とすることができる。 第18条の10 指定試験機関の役員の選任及び解任は、都道府県知事の認可を受けなければ、その効力 を生じない。 2

都道府県知事は、指定試験機関の役員が、この法律(この法律に基づく命令又は処

分 を 含 む 。) 若 し く は 第 十 八 条 の 十 三 第 一 項 に 規 定 す る 試 験 事 務 規 程 に 違 反 す る 行 為 を し た と き 、又 は 試 験 事 務 に 関 し 著 し く 不 適 当 な 行 為 を し た と き は 、当 該 指 定 試 験 機 関 に 対 し 、 当該役員の解任を命ずることができる。 第18条の11 指定試験機関は、試験事務を行う場合において、保育士として必要な知識及び技能を有

- 209 -


するかどうかの判定に関する事務については、保育士試験委員(次項及び次条第一項にお い て 「 試 験 委 員 」 と い う 。) に 行 わ せ な け れ ば な ら な い 。 2

前条第一項の規定は試験委員の選任及び解任について、同条第二項の規定は試験委

員の解任について、それぞれ準用する。 第18条の12 指 定 試 験 機 関 の 役 員 若 し く は 職 員 ( 試 験 委 員 を 含 む 。 次 項 に お い て 同 じ 。) 又 は こ れ ら の職にあった者は、試験事務に関して知り得た秘密を漏らしてはならない。 2

試験事務に従事する指定試験機関の役員又は職員は、刑法 (明治四十年法律第四十

五号)その他の罰則の適用については、法令により公務に従事する職員とみなす。 第18条の13 指定試験機関は、試験事務の開始前に、試験事務の実施に関する規程(以下「試験事務 規 程 」 と い う 。) を 定 め 、 都 道 府 県 知 事 の 認 可 を 受 け な け れ ば な ら な い 。 こ れ を 変 更 し よ うとするときも、同様とする。 2

都道府県知事は、前項の認可をした試験事務規程が試験事務の適正かつ確実な実施

上不適当となったと認めるときは、指定試験機関に対し、これを変更すべきことを命ずる ことができる。 第18条の14 指定試験機関は、毎事業年度、事業計画及び収支予算を作成し、当該事業年度の開始前 に ( 指 定 を 受 け た 日 の 属 す る 事 業 年 度 に あ っ て は 、 そ の 指 定 を 受 け た 後 遅 滞 な く )、 都 道 府県知事の認可を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。 第18条の15 都道府県知事は、試験事務の適正かつ確実な実施を確保するため必要があると認めると きは、指定試験機関に対し、試験事務に関し監督上必要な命令をすることができる。 第18条の16 都道府県知事は、試験事務の適正かつ確実な実施を確保するため必要があると認めると きは、その必要な限度で、指定試験機関に対し、報告を求め、又は当該職員に、関係者に 対し質問させ、若しくは指定試験機関の事務所に立ち入り、その帳簿書類その他の物件を 検査させることができる。 2

前項の規定による質問又は立入検査を行う場合においては、当該職員は、その身分

を示す証明書を携帯し、関係者の請求があるときは、これを提示しなければならない。

- 210 -


第一項の規定による権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならな

い。 第18条の17 指定試験機関が行う試験事務に係る処分又はその不作為について不服が���る者は、都道 府県知事に対し、行政不服審査法 (昭和三十七年法律第百六十号)による審査請求をす ることができる。 第18条の18 保育士となる資格を有する者が保育士となるには、保育士登録簿に、氏名、生年月日そ の他厚生労働省令で定める事項の登録を受けなければならない。 2

保育士登録簿は、都道府県に備える。

都道府県知事は、保育士の登録をしたときは、申請者に第一項に規定する事項を記

載した保育士登録証を交付する。 第18条の19 都道府県知事は、保育士が次の各号のいずれかに該当する場合には、その登録を取り消 さなければならない。 一

第 十 八 条 の 五 各 号 ( 第 四 号 を 除 く 。) の い ず れ か に 該 当 す る に 至 つ た 場 合

虚偽又は不正の事実に基づいて登録を受けた場合

都道府県知事は、保育士が第十八条の二十一又は第十八条の二十二の規定に違反し

たときは、その登録を取り消し、又は期間を定めて保育士の名称の使用の停止を命ずるこ とができる。 第18条の20 都道府県知事は、保育士の登録がその効力を失つたときは、その登録を削除しなければ ならない。 第18条の21 保育士は、保育士の信用を傷つけるような行為をしてはならない。 第18条の22 保育士は、正当な理由がなく、その業務に関して知り得た人の秘密を漏らしてはならな い。保育士でなくなつた後においても、同様とする。 第18条の23 保育士でない者は、保育士又はこれに紛らわしい名称を使用してはならない。

- 211 -


第18条の24 この法律に定めるもののほか、指定保育士養成施設、保育士試験、指定試験機関、保育 士の登録その他保育士に関し必要な事項は、政令でこれを定める。 第34条 何人も、次に掲げる行為をしてはならない。 ・身体に障害又は形態上の異常かある児童を公衆の観覧に供する行為 ・児童にこじきをさせ、又は児童を利用してこじきをする行為 ・ 公 衆 の 娯 楽 を 目 的 と し て 、 満 15 歳 に 満 た な い 児 童 に か る わ ざ 又 は 曲 馬 を さ せ る 行 為 ・満15歳に満たない児童に戸々について、又は道路その他これに準ずる場所で歌謡、遊 芸その他の演技を業務としてさせる行為 ・児童に午後10時から午前3時までの間、戸々について、又は道路その他これに準ずる 場所で物品の販売、配布、展示若しくは拾集又は役務の提供を業務としてさせる行為 ・戸々について、又は道路その他これに準ずる場所で物品の販売、配布、展示若しくは拾 集又は役務の提供を業務として行う満15歳に満たない児童を、当該業務を行うために、 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条 第4項の接待飲食等営業及び同条第6項の店舗型性風俗特殊営業に該当する営業を営む場 所に立ち入らせる行為 ・満15歳に満たない児童に酒席に侍する行為を業務としてさせる行為 ・児童に淫行をさせる行為 ・前各号に掲げる行為をするおそれのある者その他児童に対し、刑罰法令に触れる行為を なすおそれのある者に、情を知つて、児童を引き渡す行為及び当該引渡し行為のなされる おそれがあるの情を知つて、他人に児童を引き渡す行為 ・成人及び児童のための正当な職業紹介の機関以外の者が、営利を目的として、児童の養 育を斡旋する行為 ・児童が4親等内の児童である場合及び児童に対する支配が正当な雇用関係に基づくもの であるか又は家庭裁判所、都道府県知事又は児童相談所長の承認を得たものである場合を 除き、児童の心身に有害な影響を与える行為をさせる目的をもつて、これを自己の支配下 に置く行為《改正》平9法74 《改正》平10法55 ・児童養護施設、知的障害児施設、知的障害児通園施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児 施設又は児童自立支援施設においては、それぞれ第41条から第43条の3まで及び第4

- 212 -


4 条 に 規 定 す る 目 的 に 反 し て 、 入 所 し た 児 童 を 酷 使 し て は な ら な い 。《 改 正 》 平 9 法 7 4 《改正》平10法55 2

この法律に定めるものの外、福祉の措置及び保障に関し必要な事項は、政令でこれを

定める。 第41条 児 童 養 護 施 設 は 、 保 護 者 の な い 児 童 (乳 児 を 除 く 。 た だ し 、 安 定 し た 生 活 環 境 の 確 保 そ の 他 の 理 由 に よ り 特 に 必 要 の あ る 場 合 に は 、 乳 児 を 含 む 。 以 下 こ の 条 に お い て 同 じ 。 )、 虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせ て退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うことを目的とする施設とす る。 第43条の5 情緒障害児短期治療施設は、軽度の情緒障害を有する児童を、短期間、入所させ、又は 保護者の下から通わせて、その情緒障害を治し、あわせて退所した者について相談その他 の援助を行うことを目的とする施設とする。 第44条の2 児童家庭支援センターは、地域の児童の福祉に関する各般の問題につき、児童、母子家 庭その他の家庭、地域住民その他からの相談に応じ、必要な助言を行うとともに、第二十 六条第一項第二号及び第二十七条第一項第二号の規定による指導を行い、あわせて児童相 談所、児童福祉施設等との連絡調整その他厚生労働省令の定める援助を総合的に行うこと を目的とする施設とする。 ②

児 童 家 庭 支 援 セ ン タ ー は 、厚 生 労 働 省 令 の 定 め る 児 童 福 祉 施 設 に 附 置 す る も の と す る 。

児童家庭支援センターの職員は、その職務を遂行するに当たつては、個人の身上に関

する秘密を守らなければならない。 児童養護施設等における児童福祉法等の一部を改正する法律の施行に係る留意点について (平 成 一 〇 年 二 月 二 四 日 ) 第46条 都道府県知事は、前条の最低基準を維持するため、児童福祉施設の長、里親及び保護受 託者に対して、必要な報告を求め、児童の福祉に関する事務に従事する職員に、関係者に 対して質問させ、若しくはその施設に立ち入り、設備、帳簿書類その他の物件を検査させ ることができる。

《改正》平11法87

- 213 -


・第34条の4第2項及び第3項の規定は、前項の場合について準用する。 ・行政庁は、児童福祉施設の設備又は運営が前条の最低基準に達しないときは、その施設 の 設 置 者 に 対 し 、必 要 な 改 善 を 勧 告 し 、又 は そ の 施 設 の 設 置 者 が そ の 勧 告 に 従 わ ず 、か つ 、 児 童 福 祉 に 有 害 で あ る と 認 め ら れ る と き は 、必 要 な 改 善 を 命 ず る こ と が で き る 。 《 改 正 》 平9法74 ・都道府県知事は、児童福祉施設の設備又は運営が前条の最低基準に達せず、かつ、児童 福祉に著しく有害であると認められるときは、都道府県児童福祉審議会(第8条第2項た だし書に規定する都道府県にあっては、地方社会福祉審議会とする。第59条第3項にお い て 同 じ 。) の 意 見 を 聴 き 、 そ の 施 設 の 設 置 者 に 対 し 、 そ の 事 業 の 停 止 を 命 ず る こ と が で きる。 2

《改正》平9法74 《改正》平11法87

児童福祉施設の長は、都道府県知事又は市町村長からこの法律の規定に基づく措置又

は保育の実施のための委託を受けたときは、正当な理由がない限り、これを拒んではなら ない。

《改正》平9法74

第47条 児 童 福 祉 施 設 の 長 は 、入 所 中 の 児 童 で 親 権 を 行 う 者 又 は 未 成 年 後 見 人 の な い も の に 対 し 、 親権を行う者又は未成年後見人があるに至るまでの間、親権を行う。ただし、民法第79 7条の規定による縁組の承諾をするには、命令の定めるところにより、都道府県知事の許 可を得なければならない。

《改正》平11法151

・児童福祉施設の長は、入所中の児童で親権を行う者又は未成年後見人のあるものについ て も 、監 護 、教 育 及 び 懲 戒 に 関 し 、そ の 児 童 の 福 祉 の た め 必 要 な 措 置 を と る こ と か で き る 。 《改正》平11法151 第48条 児童養護施設、知的障害児施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、情緒障害児短期 治療施設及び児童自立支援施設の長は、学校教育法に規定する保護者に準じて、その施設 に入所中の児童を就学させなければならない。 第60条 第34条第1項第6号の規定に違反した者は、これを10年以下の懲役又は50万円以 下の罰金に処する。 ・第34条第1項第1号から第5号まで若しくは第7号から第9号まで又は同条第2項の 規定に違反した者は、これを1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。

- 214 -


・児童を使用する者は、児童の年齢を知らないことを理由として、前2項の規定による処 罰を免かれることができない。但し、過失のないときは、この限りでない。 ・法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人 の業務に町して、第1項又は第2項の違反行為をしたときは、行為者を罰する外、その法 人又は人に対しても、各同項の罰金刑を科する。但し、法人又は人の代理人、使用人その 他の従業者の当該違反行為を防止するため当該業務に対し相当の注意及び監督が尽された ときは、その法人又は人については、この限りでない。

- 215 -


最低基準抜粋

第七章

児 童 養 護 施 設 (平 一 〇 厚 令 一 五 ・ 改 称 )

(設 備 の 基 準 ) 第四十一条

児童養護施設の設備の基準は、次のとおりとする。

児童の居室、調理室、浴室及び便所を設けること。

児童の居室の一室の定員は、これを十五人以下とし、その面積は、一人につき三・三

平方メートル以上とすること。 三

入所している児童の年齢等に応じ、男子と女子の居室を別にすること。

便所は、男子用と女子用とを別にすること。

児童三十人以上を入所させる児童養護施設には、医務室及び静養室を設けること。

入所している児童の年齢、適性等に応じ職業指導に必要な設備を設けること。

(職 員 ) 第四十二条

児童養護施設には、児童指導員、嘱託医、保育士、栄養士及び調理員を置か

なければならない。ただし、児童四十人以下を入所させる施設にあっては栄養士を、調理 業務の全部を委託する施設にあっては調理員を置かないことができる。 2

職業指導を行う場合には、職業指導員を置かなければならない。

児童指導員及び保育士の総数は、通じて、満三歳に満たない幼児おおむね二人につき

一人以上、満三歳以上の幼児おおむね四人につき一人以上、少年おおむね六人につき一人 以上とする。 (児 童 指 導 員 の 資 格 ) 第四十三条 一

児童指導員は、次の各号のいずれかに該当する者でなければならない。

地方厚生局長等の指定する児童福祉施設の職員を養成する学校その他の養成施設を卒

業した者 二

学校教育法の規定による大学の学部で、心理学、教育学若しくは社会学を専修する学

科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者 三

学校教育法の規定による大学の学部で、心理学、教育学又は社会学に関する科目の単

位を優秀な成績で修得したことにより、同法第百二条第二項の規定により大学院への入学 を認められた者

- 216 -


学校教育法の規定による大学院において、心理学、教育学若しくは社会学を専攻する

研究科又はこれらに相当する課程を修めて卒業した者 五

外国の大学において、心理学、教育学若しくは社会学を専修する学科又はこれらに相

当する課程を修めて卒業した者 六

学校教育法の規定による高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者、同法第九十条

第二項の規定により大学への入学を認められた者若しくは通常の課程による十二年の学校 教 育 を 修 了 し た 者 (通 常 の 課 程 以 外 の 課 程 に よ り こ れ に 相 当 す る 学 校 教 育 を 修 了 し た 者 を 含 む 。 )又 は 文 部 科 学 大 臣 が こ れ と 同 等 以 上 の 資 格 を 有 す る と 認 定 し た 者 で あ っ て 、 二 年 以上児童福祉事業に従事したもの 七

学校教育法の規定により、小学校、中学校、高等学校又は中等教育学校の教諭となる

資格を有する者であって、厚生労働大臣又は都道府県知事が適当と認めたもの 八

三年以上児童福祉事業に従事した者であって、厚生労働大臣又は都道府県知事が適当

と認めたもの (生 活 指 導 及 び 家 庭 環 境 の 調 整 ) 第四十四条

児童養護施設における生活指導は、児童の自主性を尊重し、基本的生活習慣

を確立するとともに豊かな人間性及び社会性を養い、児童の自立を支援することを目的と して行わなければならない。 2

児童養護施設の長は、前項の目的を達成するため、児童の家庭の状況に応じ、その家

庭環境の調整を行わなければならない。 (職 業 指 導 ) 第四十五条

児童養護施設における職業指導は、勤労の基礎的な能力及び態度を育てるこ

とにより、児童の自立を支援することを目的として、児童の適性、能力等に応じてこれを 行わなければならない。 2

職業指導は、営利を目的とせず、かつ、児童の福祉を損なうことのないようこれを行

わなければならない。 3

私人の設置する児童養護施設の長は、当該児童養護施設内において行う職業指導に付

随する収入があったときには、その収入を適切に処分しなければならない。 4

児童養護施設の長は、必要に応じ当該児童養護施設外の事業場等に委託して児童の職

業指導を行うことができる。ただし、この場合、児童が当該事業場から受け取る金銭の使 途については、これを貯金させる等有効に使用するよう指導しなければならない。

- 217 -


(自 立 支 援 計 画 の 策 定 ) 第���十五条の二

児童養護施設の長は、第四十四条第一項及び前条第一項の目的を達成す

るため、入所中の個々の児童について、児童やその家庭の状況等を勘案して、その自立を 支援するための計画を策定しなければならない。 (児 童 と 起 居 を 共 に す る 職 員 ) 第四十六条

児童養護施設の長は、児童指導員及び保育士のうち少なくとも一人を児童と

起居を共にさせなければならない。 (関 係 機 関 と の 連 携 ) 第四十七条

児童養護施設の長は、児童の通学する学校及び児童相談所並びに必要に応じ

児童家庭支援センター、児童委員、公共職業安定所等関係機関と密接に連携して児童の指 導及び家庭環境の調整に当たらなければならない。

- 218 -


児童虐待の防止等に関する法律

(目的) 第一条

この法律は、児童虐待が児童の人権を著しく侵害し、その心身の成長及び人格の

形成に重大な影響を与えるとともに、我が国における将来の世代の育成にも懸念を及ぼす ことにかんがみ、児童に対する虐待の禁止、児童虐待の予防及び早期発見その他の児童虐 待の防止に関する国及び地方公共団体の責務、児童虐待を受けた児童の保護及び自立の支 援のための措置等を定めることにより、児童虐待の防止等に関する施策を促進することを 目的とする。 (児童虐待の定義) 第二条

こ の 法 律 に お い て 、「 児 童 虐 待 」 と は 、 保 護 者 ( 親 権 を 行 う 者 、 未 成 年 後 見 人 そ

の 他 の 者 で 、 児 童 を 現 に 監 護 す る も の を い う 。 以 下 同 じ 。) が そ の 監 護 す る 児 童 ( 十 八 歳 に 満 た な い 者 を い う 。 以 下 同 じ 。) に つ い て 行 う 次 に 掲 げ る 行 為 を い う 。 一

児童の身体に外傷が生じ、又は生じるおそれのある暴行を加えること。

児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること。

児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食又は長時間の放置、保護者以外

の同居人による前二号又は次号に掲げる行為と同様の行為の放置その他の保護者としての 監護を著しく怠ること。 四

児童に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応、児童が同居する家庭における配

偶者に対する暴力(配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情に あ る 者 を 含 む 。) の 身 体 に 対 す る 不 法 な 攻 撃 で あ っ て 生 命 又 は 身 体 に 危 害 を 及 ぼ す も の 及 び こ れ に 準 ず る 心 身 に 有 害 な 影 響 を 及 ぼ す 言 動 を い う 。) そ の 他 の 児 童 に 著 し い 心 理 的 外 傷を与える言動を行うこと。 (児童に対する虐待の禁止) 第三条

何人も、児童に対し、虐待をしてはならない。

(国及び地方公共団体の責務等) 第四条

国及び地方公共団体は、児童虐待の予防及び早期発見、迅速かつ適切な児童虐待

を受けた児童の保護及び自立の支援(児童虐待を受けた後十八歳となった者に対する自立 の 支 援 を 含 む 。 第 三 項 及 び 次 条 第 二 項 に お い て 同 じ 。) 並 び に 児 童 虐 待 を 行 っ た 保 護 者 に

- 219 -


対する親子の再統合の促進への配慮その他の児童虐待を受けた児童が良好な家庭的環境で 生活するために必要な配慮をした適切な指導及び支援を行うため、関係省庁相互間その他 関係機関及び民間団体の間の連携の強化、民間団体の支援その他児童虐待の防止等のため に必要な体制の整備に努めなければならない。 2

国及び地方公共団体は、児童相談所等関係機関の職員及び学校の教職員、児童福祉施

設の職員、医師、保健師、弁護士その他児童の福祉に職務上関係のある者が児童虐待を早 期に発見し、その他児童虐待の防止に寄与することができるよう、研修等必要な措置を講 ずるものとする。 3

国及び地方公共団体は、児童虐待を受けた児童の保護及び自立の支援を専門的知識に

基づき適切に行うことができるよう、児童相談所等関係機関の職員、学校の教職員、児童 福祉施設の職員その他児童虐待を受けた児童の保護及び自立の支援の職務に携わる者の人 材の確保及び資質の向上を図るため、研修等必要な措置を講ずるものとする。 4

国及び地方公共団体は、児童虐待の防止に資するため、児童の人権、児童虐待が児童

に及ぼす影響、児童虐待に係る通告義務等について必要な広報その他の啓発活動に努めな ければならない。 5

国及び地方公共団体は、児童虐待の予防及び早期発見のための方策、児童虐待を受け

た児童のケア並びに児童虐待を行った保護者の指導及び支援のあり方、学校の教職員及び 児童福祉施設の職員が児童虐待の防止に果たすべき役割その他児童虐待の防止等のために 必要な事項についての調査研究及び検証を行うものとする。 6

何人も、児童の健全な成長のために、良好な家庭的環境及び近隣社会の連帯が求めら

れていることに留意しなければならない。 (児童虐待の早期発見等) 第五条

学校、児童福祉施設、病院その他児童の福祉に業務上関係のある団体及び学校の

教職員、児童福祉施設の職員、医師、保健師、弁護士その他児童の福祉に職務上関係のあ る者は、児童虐待を発見しやすい立場にあることを自覚し、児童虐待の早期発見に努めな ければならない。 2

前項に規定する者は、児童虐待の予防その他の児童虐待の防止並びに児童虐待を受け

た児童の保護及び自立の支援に関する国及び地方公共団体の施策に協力するよう努めなけ ればならない。 3

学校及び児童福祉施設は、児童及び保護者に対して、児童虐待の防止のための教育又

- 220 -


は啓発に努めなければならない。 (児童虐待に係る通告) 第六条

児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、これを市町村、都

道府県の設置する福祉事務所若しくは児童相談所又は児童委員を介して市町村、都道府県 の設置する福祉事務所若しくは児童相談所に通告しなければならない。 2

前項の規定による通告は、児童福祉法(昭和二十二年法律第百六十四号)第二十五条

の規定による通告とみなして、同法の規定を適用する。 3

刑法(明治四十年法律第四十五号)の秘密漏示罪の規定その他の守秘義務に関する法

律の規定は、第一項の規定による通告をする義務の遵守を妨げるものと解釈してはならな い。 第七条

市町村、都道府県の設置する福祉事務所又は児童相談所が前条第一項の規定によ

る通告を受けた場合においては、当該通告を受けた市町村、都道府県の設置する福祉事務 所又は児童相談所の所長、所員その他の職員及び当該通告を仲介した児童委員は、その職 務上知り得た事項であって当該通告をした者を特定させるものを漏らしてはならない。 (通告又は送致を受けた場合の措置) 第八条

市町村又は都道府県の設置する福祉事務所が第六条第一項の規定による通告を受

けたときは、市町村又は福祉事務所の長は、必要に応じ近隣住人、学校の教職員、児童福 祉施設の職員その他の者の協力を得つつ、当該児童との面会その他の手段により当該児童 の安全の確認を行うよう努めるとともに、必要に応じ児童福祉法第二十五条の七第一項第 一号若しくは第二項第一号又は第二十五条の八第一号の規定による児童相談所への送致を 行うものとする。 2

児童相談所が第六条第一項の規定による通告又は児童福祉法第二十五条の七第一項第

一号若しくは第二項第一号又は二十五条の八第一号の規定による送致を受けたときは、児 童相談所長は、必要に応じ近隣住人、学校の教職員、児童福祉施設の職員その他の者の協 力を得つつ、当該児童との面会その他の手段により当該児童の安全の確認を行うよう努め るとともに、必要に応じ同法第三十三条第一項の規定による一時保護を行うものとする。 3

前二項の児童の安全の確認、児童相談所への送致又は一時保護を行う者は、速やかに

これを行うよう努めなければならない。 (立入調査等) 第九条

都道府県知事は、児童虐待が行われているおそれがあると認めるときは、児童委

- 221 -


員又は児童の福祉に関する事務に従事する職員をして、児童の住所又は居所に立ち入り、 必要な調査又は質問をさせることができる。この場合においては、その身分を証明する証 票を携帯させなければならない。 2

前項の規定による児童委員又は児童の福祉に関する事務に従事する職員の立入り及び

調査又は質問は、児童福祉法第二十九条の規定による児童委員又は児童の福祉に関する事 務に従事する吏員の立入り及び調査又は質問とみなして、同法第六十二条第四号の規定を 適用する。 (警察署長に対する援助要請等) 第十条

児童相談所長は、第八条第二項の児童の安全の確認又は一時保護を行おうとする

場合において、これらの職務の執行に際し必要があると認めるときは、当該児童の住所又 は居所の所在地を管轄する警察署長に対し援助を求めることができる。都道府県知事が前 条第一項の規定による立入り及び調査又は質問をさせようとする場合についても、同様と する。 2

児童相談所長又は都道府県知事は、児童の安全の確認及び安全の確保に万全を期する

観点から、必要に応じ適切に、前項の規定により警察署長に対し援助を求めなければなら ない。 3

警察署長は、第一項の規定による援助の求めを受けた場合において、児童の生命又は

身 体 の 安 全 を 確 認 し 、又 は 確 保 す る た め 必 要 と 認 め る と き は 、速 や か に 、所 属 の 警 察 官 に 、 同項の職務の執行を援助するために必要な警察官職務執行法(昭和二十三年法律第百三十 六号)その他の法令の定めるところによる措置を講じさせるよう努めなければならない。 (児童虐待を行った保護者に対する指導) 第十一条

児童虐待を行った保護者について児童福祉法第二十七条第一項第二号の規定に

より行われる指導は、親子の再統合への配慮その他の児童虐待を受けた児童が良好な家庭 的環境で生活するために必要な配慮の下に適切に行わなければならない。 2

児童虐待を行った保護者について児童福祉法第二十七条第一項第二号の措置が採られ

た場合においては、当該保護者は、同号の指導を受けなければならない。 3

前項の場合において保護者が同項の指導を受けないときは、都道府県知事は、当該保

護者に対し、同項の指導を受けるよう勧告することができる。 (面会又は通信の制限等) 第十二条

児童虐待を受けた児童について児童福祉法第二十七条第一項第三号の措置(以

- 222 -


下 「 施 設 入 所 等 の 措 置 」 と い う 。)( 同 法 第 二 十 八 条 の 規 定 に よ る も の に 限 る ) が 採 ら れ た場合においては、児童相談所長又は同号に規定する施設の長は、児童虐待の防止及び児 童虐待を受けた児童の保護の観点から、当該児童虐待を行った保護者について当該児童と の面会又は通信を制限することができる。 第十二条の二

児童虐待を受けた児童について施設入所等の措置(児童福祉法第二十八条

の 規 定 に よ る も の を 除 く 。) が 採 ら れ た 場 合 に お い て 、 当 該 児 童 虐 待 を 行 っ た 保 護 者 が 当 該児童の引渡し又は当該児童との面会若しくは通信を求め、かつ、これを認めた場合には 再 び 児 童 虐 待 が 行 わ れ 、又 は 児 童 虐 待 を 受 け た 児 童 の 保 護 に 支 障 を き た す と 認 め る と き は 、 児童相談所長は、事項の報告を行うに至るまで、同法第三十三条第一項の規定により児童 に一時保護を行うことができる。 2

児童相談所長は、前項の一時保護を行った場合には、速やかに、児童福祉法第二十六

条第一項第一号の規定に基づき、同法第二十八条の規定による施設入所等の措置を要する 旨を都道府県知事に報告しなければならない。 (児童福祉司等の意見の聴取) 第十三条

都道府県知事は、児童虐待を受けた児童について施設入所等の措置が採られ、

及び当該児童の保護者について児童福祉法第二十七条第一項第二号の措置が採られた場合 において当該児童について採られた施設入所等の措置を解除しようとするときは、当該児 童の保護者について同号の指導を行うこととされた児童福祉司等の意見を聴かなければな らない。 (児童虐待を受けた児童等に対する支援) 第十三条の二

市町村は、児童福祉法第二十四条第三項の規定により保育所に入所する児

童を選考する場合には、児童虐待の防止に寄与するため、特別の支援を要する家庭の福祉 に配慮をしなければならない。 2

国及び地方公共団体は、児童虐待を受けた児童がその年齢及び能力に応じ充分な教育

が受けられるようにするため、教育の内容及び方法の改善及び充実を図る等必要な施策を 講じなければならない。 3

国及び地方公共団体は、居住の場所の確保、進学又は就業の支援その他の児童虐待を

受けた者の自立の支援のための施策を講じなければならない。 (親権の行使に関する配慮等) 第十四条

児童の親権を行う者は、児童のしつけに際して、その適切な行使に配慮しなけ

- 223 -


ればならない。 2

児童の親権を行う者は、児童虐待に係る暴行罪、傷害罪その他の犯罪について、当該

児童の親権を行う者であることを理由として、その責めを免れることはない。 (親権の喪失の制度の適切な運用) 第十五条

民法(明治二十九年法律第八十九号)に規定する親権の喪失の制度は、児童虐

待の防止及び児童虐待を受けた児童の保護の観点からも、適切に運用されなければならな い。 (大都市等の特例) 第十六条

この法律中都道府県が処理することとされている事務で政令で定めるものは、

地方自治���(昭和二十二年法律第六十七号)第二百五十二条の十九第一項の指定都市(以 下 「 指 定 都 市 」 と い う 。) 及 び 同 法 第 二 百 五 十 二 条 の 二 十 二 第 一 項 の 中 核 市 ( 以 下 「 中 核 市 」 と い う 。) 並 び に 児 童 福 祉 法 第 五 十 九 条 の 四 第 一 項 に 規 定 す る 児 童 相 談 所 設 置 市 ( 以 下 「 指 定 都 市 等 」 と い う 。) が 処 理 す る も の と す る 。 こ の 場 合 に お い て は 、 こ の 法 律 中 都 道府県に関する規定は、指定都市等に関する規定として指定都市等に適用があるものとす る。 (罰則) 第十七条

第十二条の四第一項の規定による命令(同条第二項の規定により同条第一項

の 規 定 に よ る 命 令 に 係 る 期 間 が 更 新 さ れ た 場 合 に お け る 当 該 命 令 を 含 む 。) に 違 反 し た 者 は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。

- 224 -


児童虐待の防止等に関する法律施行規則 (平 成 二 十 年 三 月 十 一 日 ) (厚 生 労 働 省 令 第 三 十 号 )

児 童 虐 待 の 防 止 等 に 関 す る 法 律 (平 成 十 二 年 法 律 第 八 十 二 号 )第 八 条 の 二 第 二 項 (第 九 条 の 二 第 二 項 に お い て 準 用 す る 場 合 を 含 む 。 )、 第 十 二 条 の 四 第 一 項 、 第 四 項 及 び 第 六 項 、 第 十三条並びに第十三条の四の規定に基づき、児童虐待の防止等に関する法律施行規則を次 のように定める。

児童虐待の防止等に関する法律施行規則 (出 頭 要 求 等 ) 第一条

都 道 府 県 知 事 は 、 児 童 虐 待 の 防 止 等 に 関 す る 法 律 (平 成 十 二 年 法 律 第 八 十 二 号 。

以 下 「 法 」 と い う 。 )第 八 条 の 二 第 一 項 の 規 定 に 基 づ き 児 童 (十 八 歳 に 満 た な い 者 を い う 。 以 下 同 じ 。 )の 保 護 者 (親 権 を 行 う 者 、 未 成 年 後 見 人 そ の 他 の 者 で 、 児 童 を 現 に 監 護 す る も の を い う 。 以 下 同 じ 。 )の 出 頭 を 求 め よ う と す る と き は 、 当 該 保 護 者 に 対 し 、 出 頭 を 求 め る理由となった事実の内容、出頭を求める日時及び場所、当該保護者の氏名、住所及び生 年月日、同伴すべき児童の氏名及び生年月日その他必要な事項を記載した書面により行う ものとする。 2

前項の規定は、法第九条の二第一項の規定に基づき児童の保護者の出頭を求めようと

する場合について準用する。 (面 会 等 の 制 限 ) 第二条

児 童 相 談 所 長 及 び 児 童 虐 待 を 受 け た 児 童 に つ い て 児 童 福 祉 法 (昭 和 二 十 二 年 法 律

第 百 六 十 四 号 )第 二 十 七 条 第 一 項 第 三 号 の 措 置 (以 下 「 施 設 入 所 等 の 措 置 」 と い う 。 )が 採 られている場合における当該施設入所等の措置に係る同号に規定する施設の長は、当該児 童虐待を行った保護者について、法第十二条第一項の規定に基づき当該児童との面会又は 通信の全部又は一部を制限しようとするときは、当該保護者に対し、当該児童との面会又 は通信の全部又は一部を制限する旨、制限を行う理由となった事実の内容、当該保護者の 氏名、住所及び生年月日、当該児童の氏名及び生年月日その他必要な事項を記載した書面 により行うものとする。

- 225 -


児童相談所長は、法第十二条第一項の規定による制限を行った場合又は行わなくなっ

た場合は、その旨を都道府県知事に通知するものとする。同条第二項の規定に基づき前項 に規定する施設の長から通知を受けた場合についても、同様とする。 (接 近 禁 止 命 令 ) 第三条

都道府県知事が法第十二条の四第一項の規定に基づき命令をする場合における期

間は、初日を含めて六月を超えない期間とする。 2

都道府県知事は、法第十二条の四第一項の規定による命令をしたときは、その旨を児

童相談所長に連絡するものとする。 第四条

法第十二条の四第四項に規定する厚生労働省令で定める事項は、同条第一項の規

定による命令をする理由となった事実の内容、当該命令を受ける保護者の氏名、住所及び 生年月日、当該命令に係る児童の氏名及び生年月日その他必要な事項とする。 (接 近 禁 止 命 令 の 取 消 し ) 第五条

都道府県知事は、法第十二条の四第六項の規定に基づき同条第一項の規定による

命令を取り消そうとするときは、命令を受けた保護者に対し、当該命令を取り消す理由と なった事実の内容、当該保護者の氏名、住所及び生年月日、当該命令に係る児童の氏名及 び生年月日その他必要な事項を記載した書面により行うものとする。 2

都道府県知事は、法第十二条の四第六項の規定に基づき同条第一項の規定による命令

を取り消したときは、その旨を児童相談所長に連絡するものとする。 (施 設 入 所 等 の 措 置 の 解 除 ) 第六条

法第十三条に規定する厚生労働省令で定める事項は、施設入所等の措置を解除し

ようとする児童及びその保護者の心身の状況、当該児童の家庭環境、現に当該児童の保護 に 当 た っ て い る 里 親 (児 童 福 祉 法 第 六 条 の 三 に 規 定 す る 里 親 を い う 。 )又 は 児 童 福 祉 施 設 の 長の意見その他必要な事項とする。 (都 道 府 県 児 童 福 祉 審 議 会 等 へ の 報 告 ) 第七条

法第十三条の四に規定する厚生労働省令で定める事項は、法第八条第一項第二号

又は児童福祉法第二十五条の七第一項第三号若しくは同条第二項第四号の規定による通知 に 係 る 措 置 の 実 施 状 況 、法 第 九 条 第 一 項 の 規 定 に よ る 立 入 り 及 び 調 査 又 は 質 問 の 実 施 状 況 、 法第九条の六に規定する臨検等の実施状況、児童虐待を受けた児童に行われた児童福祉法 第三十三条第一項又は第二項の規定による一時保護の実施状況、児童の心身に著しく重大 な被害を及ぼした児童虐待の事例その他必要な事項とする。

- 226 -


(指 定 都 市 の 特 例 ) 第八条

児 童 虐 待 の 防 止 等 に 関 す る 法 律 施 行 令 (平 成 十 二 年 政 令 第 四 百 七 十 二 号 。 以 下

「 令 」 と い う 。 )第 一 条 の 規 定 に よ り 地 方 自 治 法 (昭 和 二 十 二 年 法 律 第 六 十 七 号 )第 二 百 五 十二条の十九第一項の指定都市が児童虐待の防止等に関する事務を処理する場合において は 、 こ の 省 令 の 規 定 中 「 都 道 府 県 知 事 」 と あ る の は 、「 指 定 都 市 の 長 」 と 読 み 替 え る も の とする。 (児 童 相 談 所 設 置 市 の 特 例 ) 第九条

令第二条の規定により児童福祉法第五十九条の四第一項の児童相談所設置市が児

童虐待の防止等に関する事務を処理する場合においては、この省令の規定中「都道府県知 事 」 と あ る の は 、「 児 童 相 談 所 設 置 市 の 長 」 と 読 み 替 え る も の と す る 。 附

この省令は、平成二十年四月一日から施行する。

- 227 -


民法抜粋

第四章

親権

第一節

総則

(親権者) 第八百十八条

成年に達しない子は、父母の親権に服する。

子が養子であるときは、養親の親権に服する。

親権は、父母の婚姻中は、父母が共同して行う。ただし、父母の一方が親権を行う

ことができないときは、他の一方が行う。 (離婚又は認知の場合の親権者) 第八百十九条

父母が協議上の離婚をするときは、その協議で、その一方を親権者と定

めなければならない。 2

裁判上の離婚の場合には、裁判所は、父母の一方を親権者と定める。

子 の 出 生 前 に 父 母 が 離 婚 し た 場 合 に は 、親 権 は 、母 が 行 う 。た だ し 、子 の 出 生 後 に 、

父母の協議で、父を親権者と定めることができる。 4

父が認知した子に対する親権は、父母の協議で父を親権者と定めたときに限り、父

が行う。 5

第一項、第三項又は前項の協議が調わないとき、又は協議をすることができないと

きは、家庭裁判所は、父又は母の請求によって、協議に代わる審判をすることができる。 6

子の利益のため必要があると認めるときは、家庭裁判所は、子の親族の請求によっ

て、親権者を他の一方に変更することができる。 第二節

親権の効力

(監護及び教育の権利義務) 第八百二十条

親権を行う者は、子の監護及び教育をする権利を有し、義務を負う。

(居所の指定) 第八百二十一条

子は、親権を行う者が指定した場所に、その居所を定めなければなら

ない。 (懲戒) 第八百二十二条

親権を行う者は、必要な範囲内で自らその子を懲戒し、又は家庭裁判

- 228 -


所の許可を得て、これを懲戒場に入れることができる。 2

子 を 懲 戒 場 に 入 れ る 期 間 は 、六 箇 月 以 下 の 範 囲 内 で 、家 庭 裁 判 所 が 定 め る 。た だ し 、

この期間は、親権を行う者の請求によって、いつでも短縮することができる。 (職業の許可) 第八百二十三条 2

子 は 、親 権 を 行 う 者 の 許 可 を 得 な け れ ば 、職 業 を 営 む こ と が で き な い 。

親権を行う者は、第六条第二項の場合には、前項の許可を取り消し、又はこれを制

限することができる。 (財産の管理及び代表) 第八百二十四条

親権を行う者は、子の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行

為についてその子を代表する。ただし、その子の行為を目的とする債務を生ずべき場合に は、本人の同意を得なければならない。 (父母の一方が共同の名義でした行為の効力) 第八百二十五条

父母が共同して親権を行う場合において、父母の一方が、共同の名義

で、子に代わって法律行為をし又は子がこれをすることに同意したときは、その行為は、 他の一方の意思に反したときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、 相手方が悪意であったときは、この限りでない。 (利益相反行為) 第八百二十六条

親権を行う父又は母とその子との利益が相反する行為については、親

権を行う者は、その子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければ ならない。 2

親権を行う者が数人の子に対して親権を行う場合において、その一人と他の子との

利益が相反する行為については、親権を行う者は、その一方のために特別代理人を選任す ることを家庭裁判所に請求しなければならない。 (財産の管理における注意義務) 第八百二十七条

親権を行う者は、自己のためにするのと同一の注意をもって、その管

理権を行わなければならない。 (財産の管理の計算) 第八百二十八条

子が成年に達したときは、親権を行った者は、遅滞なくその管理の計

算をしなければならない。ただし、その子の養育及び財産の管理の費用は、その子の財産 の収益と相殺したものとみなす。

- 229 -


第八百二十九条

前条ただし書の規定は、無償で子に財産を与える第三者が反対の意思

を表示したときは、その財産については、これを適用しない。 (第三者が無償で子に与えた財産の管理) 第八百三十条

無償で子に財産を与える第三者が、親権を行う父又は母にこれを管理さ

せない意思を表示したときは、その財産は、父又は母の管理に属しないものとする。 2

前項の財産につき父母が共に管理権を有しない場合において、第三者が管理者を指

定しなかったときは、家庭裁判所は、子、その親族又は検察官の請求によって、その管理 者を選任する。 3

第三者が管理者を指定したときであっても、その管理者の権限が消滅し、又はこれ

を改任する必要がある場合において、第三者が更に管理者を指定しないときも、前項と同 様とする。 4

第二十七条から第二十九条までの規定は、前二項の場合について準用する。

(委任の規定の準用) 第八百三十一条

第六百五十四条及び第六百五十五条の規定は、親権を行う者が子の財

産を管理する場合及び前条の場合について準用する。 (財産の管理について生じた親子間の債権の消滅時効) 第八百三十二条

親権を行った者とその子との間に財産の管理について生じた債権は、

その管理権が消滅した時から五年間これを行使しないときは、時効によって消滅する。 2

子がまだ成年に達しない間に管理権が消滅した場合において子に法定代理人がない

ときは、前項の期間は、その子が成年に達し、又は後任の法定代理人が就職した時から起 算する。 (子に代わる親権の行使) 第八百三十三条

親権を行う者は、その親権に服する子に代わって親権を行う。

- 230 -


措置費の支弁とは 平成11年4月30日発、 「児童福祉法による児童入所施設措置費等国庫負担金について」 より抜粋

第一

用語の意義

次に掲げる用語の意義は、それぞれ各号に定めるところによること。 一

「措置費等」とは、都道府県、指定都市、中核市、市町村又は児童相談が児童福祉法

(昭 和 二 二 年 法 律 第 一 六 四 号 。以 下「 法 」と い う 。)第 二 七 条 第 一 項 第 三 号 に 規 定 す る 措 置 、 第二二条第一項に規定する助産の実施、第二三条第一項に規定する母子保護の実施又は第 一五条の二第一項第四号に規定する児童の一時保護業務を行った場合における法第五〇条 第六号、第六号の三、第七号及び第八号又は第五一条第三号に規定するその児童等の入所 後 又 は 委 託 後 の 保 護 又 は 養 育 に つ き 法 第 四 五 条 の 最 低 基 準 を 維 持 す る た め の 費 用 (別 に 定 めるところにより助産施設におけると同様の取扱いをする厚生労働大臣が設置する国立病 院 (以 下「 国 立 病 院 」と い う 。)に つ い て は 、入 所 後 の 助 産 に 要 す る 費 用 と す る 。)を い い 、 これを次の費目に分けるものとする。 (一 )

事務費

児 童 福 祉 施 設 (以 下 「 施 設 」 と い う 。 )及 び 児 童 相 談 所 が 設 け る 一 時 保 護 所

を運営するために必要な職員の人件費その他事務の執行に伴う諸経費をいう。 (二 )

事業費

事務費以外の経費であって、施設に入所し、又は里親���委託されている児

童 等 (た だ し 、 措 置 が 停 止 さ れ て い る 児 童 を 除 く 。 )若 し く は 一 時 保 護 所 に 一 時 保 護 さ れ て いる児童等に直接必要な諸経費を総称したものをいう。 二

「定員」とは都道府県、指定都市、中核市及び市町村以外の者が設置する施設にあっ

て は 、 都 道 府 県 知 事 又 は 指 定 都 市 若 し く は 中 核 市 の 市 長 が 認 可 し た 定 員 (母 子 生 活 支 援 施 設 に つ い て は 世 帯 数 と す る 。 こ の 項 に お い て 以 下 同 じ 。 )を い い 、 都 道 府 県 立 、 指 定 都 市 立 、 中 核 市 立 及 び 市 町 村 立 (指 定 都 市 及 び 中 核 市 を 除 く 。 以 下 同 じ 。 )の 施 設 に あ っ て は 、 その都道府県、指定都市、中核市及び市町村の条例等で定めた定員をいう。 ただし、都道府県知事又は指定都市若しくは中核市の市長が暫定定員を定めたときは、そ の暫定定員をいう。 三

「 保 護 単 価 」 と は 、 措 置 児 童 等 の 一 人 当 た り の 事 務 費 及 び 事 業 費 の 月 額 (一 時 保 護 所

に あ っ て は 、 そ の 一 時 保 護 所 の 運 営 に 必 要 な 事 務 費 及 び 事 業 費 の 年 額 )そ の 他 の 単 価 で あ

- 231 -


って、第三に定めるところにより都道府県知事又は指定都市若しくは中核市の市長がその 施設、里親、保護受託者及び一時保護所について設定したものをいう。 四

「支弁額」とは、保護単価に、その月の定員、措置人員その他の員数を乗じて得た値

であって、第四に定めるところにより施設、里親又は保護受託者に対し各月算定して支弁 しなければならないもの及び一時保護諸費をいう。

第二 一

国庫負担額 国庫負担の基本額

こ の 国 庫 負 担 金 は 、 各 年 度 に お い て そ の 地 方 公 共 団 体 に お け る 支 弁 総 額 (個 々 の 施 設 等 に 対する各月の支弁額の年間の合計額の全施設等の合計額をいい、その額が、その地方公共 団 体 が 児 童 等 の 措 置 等 の た め に 要 し た 実 支 出 額 (当 該 費 用 の た め の 寄 付 金 が あ る と き は 、 そ の 寄 付 金 の 額 を 控 除 す る も の と す る 。 )を 超 え る と き は 実 支 出 額 と す る 。 )か ら 当 該 年 度 における第五に定める徴収金基準額を控除した額を基本額として負担するものであるこ と。 二

負担額及び負担区分

国は、一により算定した国庫負担の基本額に対し、法第五三条の規定によりその二分の一 に相当する額を負担するものであること。

事務費(管理費含) 施設等を運営するために必要な職員の人件費その他事務の執行に伴う諸経費 一般分 1・2歳児児加算 年少児加算 特別指導費加算 学習指導加算 個別対応職員雇上費加算 家庭支援専門相談員加算 心理療法担当職員雇上費加算 施設機能強化推進費

- 232 -


一般生活費 その児童の給食に要する材料費等及び日常生活に必要な経常的諸経費 教育費 次に掲げる経費 (1)

そ の 児 童 の 義 務 教 育 (盲 学 校 、 ろ う 学 校 又 は 養 護 学 校 高 等 部 の 教 育 を 含 む 。 )に 必 要

な学用品費等 (2)

教材代

(3)

通学のための交通費

(4)

児童自立支援施設の教材費

(5)

その児童の盲学校、ろう学校又は養護学校高等部入学に必要な学用品費等

学校給食費 その児童のその学校給食に必要な経費 見学旅行費 その児童の見学旅行に直接必要な交通費、宿泊費等 入進学支度費 その児童の入進学に際して必要な学用品等の購入費 特別育成費 次に掲げる経費 (1)

そ の 児 童 の 高 等 学 校 在 学 中 に お け る 教 育 に 必 要 な 授 業 料 、ク ラ ブ 費 等 の 学 校 納 付 金 、

教科書代、学用品費等の教科学習費、通学費等 (2)

その児童の高等学校入学に際し必要な学用品費等

夏季等特別行事費 その児童の夏季等特別行事に参加するために必要な交通費等 期末一時扶助費 その児童の年末における被服等の購入費 医療費 その児童等の医療に必要な経費 職業補導費 次に掲げる経費 (1)

その児童の交通費

- 233 -


(2)

その児童に係る教科書代等

児童用採暖費 その児童の冬期の採暖に必要な経費 就職支度費 (1)

その児童の就職に際し必要な寝具類、被服類等の購入費

(2)

その児童の就職に際し必要な住居費、生活費等

葬祭費 その死亡児の火葬又は埋葬納骨その他葬祭のために必要な経費

児童養護施設等における適切な処遇の確保について (平 成 九 年 一 二 月 八 日 ) (児 家 第 二 八 号 ) (各 都 道 府 県 ・ 指 定 都 市 民 生 主 管 部 (局 )長 あ て 厚 生 省 児 童 家 庭 局 家 庭 福 祉 課 長 通 知 )

児童養護施設、情緒障害児短期治療施設及び児童自立支援施設における入所児童の処遇に 当たっては、個々の児童の態様に応じた適切な処遇が図られることが重要である。近年、 施設における体罰事件が跡を絶たない状況については、誠に遺憾であり、貴管下の施設に ついて、改めて児童処遇の全般的状況の掌握に努められたい。 また、施設の指導に当たっては特に左記の事項に留意し、運営指導・指導監査及び児童相 談所を通じ、入所児童の適切な処遇の確保について指導するほか、施設長・職員の研修の 充実を図られたい。 なお、事件発生の際には、本庁と児童相談所との連携を密にし、迅速かつ適切な対応が図 られるよう心掛けるとともに、当職に対し速やかに連絡するよう配慮されたい。 おって、入所児童の権利擁護と懲戒権濫用の禁止について施設職員研修プログラムの中に 取り入れている事例、または、パンフレットを作成して児童・職員に配布している等の事 例があれば、その資料を当課まで送付願いたい。 記 一

運営指導・指導監査等を通じた施設処遇の実情把握と指導

施設の運営指導・指導監査の際は、必要に応じ児童相談所の職員を同行する等十分な連携

- 234 -


を図り効果的な実施に努めるとともに、場合によっては児童本人から聞き取りをする等の 方法で、各施設の処遇の実情把握と適切な指導に努められたい。 なお、以下は施設入所児童の処遇に関わる基本的な事項として広く受け入れられていると ころであり、施設への指導に当たって改めて留意願いたい。 (一 )

児童を懲戒する際に身体的苦痛を与えたり、人格的辱めを加える等懲戒権の濫用に

及ぶ行為を行ってはならないこと。 (二 )

児童に対する受容的・支持的関わりを心がけ、個々の児童の気持ちを汲み取るよう

努めること。 (三 )

児童が規律違反をした際に、単にその行為を取り上げて叱責するだけでなく、背景

にある児童の心理的問題を把握するよう努めること。 (四 )

児童の意向を可能な限り尊重し、自主性を育てるよう努めること。

(五 )

児 童 の 処 遇 を 検 討 す る 会 議 を 定 期 的 に 開 催 す る こ と 。処 遇 が 困 難 な 児 童 に つ い て は 、

必要に応じ児童相談所・学校等の当該会議への参加を求めるなど、連携した指導を行うこ と。 (六 )

保護者から虐待を受けた児童、長期にわたって保護者が監護を怠った児童について

は特に処遇困難な場合が多いので、こうした被虐待児の心理・行動特性に充分留意して処 遇に当たるとともに、研修、事例研究等処遇技術の研鑽に努めること。 二

事件発生の際の迅速な対応

管下施設において事件が発生した際には、速やかに現地に赴いて事実の詳細な把握に努め るとともに、保護者への説明等遅滞なく必要な措置をとるほか、当該児童のみならず他の 入所児童が動揺を起こすことなく適切な処遇が図られるよう、施設の指導に万全を期され たい。 三

児童福祉施設に対する研修・指導

児童福祉施設職員の研修では、児童の権利擁護と懲戒権濫用の禁止の観点についても十分 に踏まえるとともに、被虐待児等処遇が困難な児童に対する処遇のあり方を含めて、実効 性のある研修計画を策定するよう配慮されたい。また、一部都道府県で行われている、い わゆる「児童の権利ノート」等の配布についても参考にされたい。 四

児童福祉施設と児童相談所の連携

施設入所中の児童については、措置した児童の経過を把握するため、児童相談所が児童福 祉施設の長から当該児童の養育に関する報告を原則として年二回程度徴し、また、定期的

- 235 -


に訪問したり、合同で会議を行う等相互の連携を十分に図ることとされているところであ り、適切な処遇を確保する観点から、これらの機会を通じて十分に施設入所中の児童の状 況を把握するよう、改めて管下児童相談所に対する指導の徹底を図られたい。 最近児童養護施設等には、処遇が困難な場合が多い被虐待児童や非行傾向のある児童の入 所 が 増 加 し て い る が 、特 に こ れ ら 児 童 の 処 遇 に 当 た っ て は 、児 童 福 祉 司 を 始 め 心 理 判 定 員 、 精神科医等の専門職種が配置されている児童相談所と施設との連携が不可欠である。 児童の処遇を検討する施設の会議に児童相談所の職員が参加することや、心理・精神医学 的治療が必要な児童については施設を訪問する、児童相談所に通所させる等も含め、専門 的見地から児童相談所が施設職員の指導・助言等に努めるよう児童相談所の機能の積極的 な活用を図られたい。

児童福祉施設における施設内虐待の防止について (平 成 18 年 10 月 6 日 ) (雇 児 総 発 第 1006001 号 ) (各 都 道 府 県 ・ 各 指 定 都 市 ・ 各 中 核 市 民 生 主 管 部 (局 )長 あ て 厚 生 労 働 省 雇 用 均 等 ・ 児 童 家 庭局総務課長通知)

児 童 養 護 施 設 等 の 児 童 福 祉 施 設 に お け る 子 ど も の 権 利 擁 護 に つ い て は 、 こ れ ま で 、「 児 童 養 護 施 設 等 に 対 す る 児 童 の 権 利 擁 護 に 関 す る 指 導 の 徹 底 に つ い て 」 (平 成 11 年 10 月 22 日 児 家 第 60 号 厚 生 省 児 童 家 庭 局 家 庭 福 祉 課 長 通 知 )等 の 通 知 や 全 国 児 童 福 祉 主 管 課 長 会 議 等 の場において、積極的な取組をお願いしてきたところである。 ま た 、 平 成 16 年 12 月 に は 、 児 童 福 祉 施 設 最 低 基 準 (昭 和 23 年 厚 生 省 令 第 63 号 。 以 下 「 最 低 基 準 」 と い う 。 )を 改 正 し 、 児 童 福 祉 施 設 の 職 員 に よ る 入 所 児 童 に 対 す る 虐 待 等 の 禁 止 に つ い て 明 記 し た と こ ろ で あ る (平 成 17 年 1 月 1 日 施 行 )。 しかしながら、先般、埼玉県、大分県及び鹿児島県において、児童養護施設の職員が入所 児童に対し性的虐待等の行為を行っていたことが明らかとなった。このことは、子どもの 心身を深く傷つけ、その権利を大きく侵害するものであるばかりでなく、児童福祉施設に 対する社会の信頼を揺るがしかねない大きな問題であり、極めて遺憾である。 今後、児童福祉施設において、このような施設内虐待が生じることのないよう、下記の事

- 236 -


項について留意の上、貴管内の児童福祉施設に対し、適切な指導等を行うとともに、都道 府県等として、子どもの権利擁護のための取組及び体制の充実・強化を図られるようお願 いしたい。 な お 、 こ の 通 知 は 、 地 方 自 治 法 (昭 和 22 年 法 律 第 67 号 )第 245 条 の 4 第 1 項 の 規 定 に 基 づ く技術的助言である。 記 1

児童福祉施設の職員の資質向上のための体制の整備

児童福祉施設の職員の知識及び技能の向上等については、すでに最低基準第 7 条の 2 にお いて規定されているところであるが、改めてその趣旨を徹底するとともに、下記の事項に ついて留意すること。 ①

人事体制の見直し、改善等

各児童福祉施設において、他法人や他施設との人事交流を行うこと等により、職員が

広く児童福祉を含む社会福祉事業に関する知識及び経験を深め、かつ技能を修得する機会 を設ける体制づくりに努めるよう指導すること。 ・

施設によって職員の年齢、経験年数等に偏りが生じることのないよう、各児童福祉施

設において、職員の採用、異動、昇格等の基準について検討するよう周知すること。 ・

各児童福祉施設において、職員の適切な処遇や開かれた職場環境づくりに努めること

により、施設が一体となって子どもの権利擁護に取り組むことのできる体制を構築するよ う指導すること。 ②

職員の育成及び倫理観の確立

各 児 童 福 祉 施 設 に お い て 、 最 低 基 準 第 13 条 の 規 定 に 基 づ く 服 務 規 程 や 懲 戒 規 程 に つ

いて職員に徹底し、職業倫理の確立を図るよう周知すること。 ・

子どもの権利擁護に関する勉強会、研修会等については、都道府県等が主体となり、

各児童福祉施設の新任職員等に対する研修の実施や実習の導入を図るとともに、その内容 の充実について検討する等、積極的に取り組むこと。 ・

各児童福祉施設においては、職員が、子どもへの指導に行き詰まることのないよう、

支援が難しい子どもや、思春期を迎えた子ども等に対するケアの技術の向上に努めること とし、必要に応じて施設長等による指導、助言等を行うよう周知すること。 2

子どもの意見表明の機会及び施設運営の透明性の確保

各 児 童 福 祉 施 設 に お い て 、 最 低 基 準 第 14 条 の 3 に 規 定 す る 苦 情 へ の 対 応 に 関 す る 体 制 の

- 237 -


整備及び充実が図られ、子どもの意見表明の機会や施設運営の透明性が確保されるよう、 施設内外における連携体制を強化すること。 ①

子どもの意見表明の機会の確保

各児童福祉施設において、子どもが安心して意見表明の機会を活用できるよう、苦情

受付体制の整備状況にとどまらず、意見箱の使用状況や意見の取扱いについて実態を把握 するとともに、これらについて十分な活用がなされていない場合には、第三者委員等の意 見も踏まえ、当該実態を改善するよう指導すること。 ・

各 児 童 福 祉 施 設 に お い て 、子 ど も が い つ で も 相 談 や 意 見 表 明 を 行 う こ と が で き る よ う 、

いわゆる「児童の権利ノート」等の活用を図るとともに、子どもと施設の職員との間の信 頼関係の構築及び施設内の雰囲気づくりについて、日常より十分に配慮するよう周知する こと。 ②

児童相談所の取組

児童相談所の職員は、児童福祉施設を定期的に訪問し、子どもの生活状況の把握や、

必要に応じて子どもから直接意見を聴取する等、児童福祉施設を利用している子どもに係 る問題の把握に努めること。また、児童相談所と児童福祉施設との間で合同で事例検討会 議を行う等、相互の連携を図るよう十分に留意すること。 ③

施設内の職員間の連携及び情報の共有化

各児童福祉施設において、個々の子どもへの支援の透明性を確保するため、職員全体

による会議を開催する等、施設内の職員間の連携及び情報の共有化に努めるよう周知する こと。 ④

運営適正化委員会の活用

社 会 福 祉 法 (昭 和 26 年 法 律 第 45 号 )第 83 条 の 規 定 に 基 づ き 、 都 道 府 県 社 会 福 祉 協 議

会に設置されている運営適正化委員会が行う苦情解決のための相談、助言、調査等につい て、積極的な活用を図ること。 3

各児童福祉施設との連携体制の確保及び強化

都道府県等と各児童福祉施設との連携体制を確保し、迅速かつ適切な対応を行うことによ り、児童福祉施設における施設内虐待に係る事件及び事故の防止並びに早期解決に努める こと。 ①

報告体制の強化

各児童福祉施設において、施設内虐待や職員の不祥事等、重大な案件が発生した場合

- 238 -


には、都道府県等への報告が速やかに行われるよう、当該報告体制の強化について指導す ること。 ②

児童福祉行政指導監査の実施

都道府県等が児童福祉行政指導監査を実施する場合には、監査の実施方法や内容が形

骸化することのないよう留意するとともに、その児童福祉施設において、子どもの意向、 希望を尊重するよう配慮がなされているか等について把握し、施設内虐待に係る事件及び 事故の防止並びに早期発見に努めること。 ③

都道府県等による改善勧告、指導等

児童福祉施設における施設内虐待に係る事件及び事故に関し、都道府県等による改善

勧告、指導等が必要であると認められる場合には、子どもの安全確保や権利擁護等、子ど もの最善の利益を十分に勘案の上、迅速かつ適切に対応すること。

懲戒に係る権限の濫用禁止について 平成一〇年二月一八日障障第一六号・児企第九号 各 都 道 府 県 ・ 指 定 都 市 ・ 中 核 市 民 生 主 管 部 (局 )長 宛 厚生省大臣官房障害保健福祉部障害福祉課長、厚生省児童家庭局企画課長通知

児童福祉施設最低基準等の一部を改正する省令(平成一〇年厚生省令第一五号)は、平成 一〇年二月一八日をもって公布され、その留意事項等については、児童福祉法施行令等の 一部を改正する政令並びに児童福祉施設最低基準等の一部を改正する省令及び児童福祉法 施行規則等の一部を改正する省令の施行について(平成一〇年二月一八日障第七六号、児 発第八四号厚生省大臣官房障害保健福祉部長、厚生省児童家庭局長通知)により通知され たところである。 同省令による改正後の児童福祉施設最低基準(昭和二三年厚生省令第六三号。以下「最低 基 準 」 と い う 。) に お い て は 、 新 た に 児 童 福 祉 施 設 の 長 に 対 し 懲 戒 に 係 る 権 限 の 濫 用 を 禁 止する規定が設けられたところであるが、当該規定の施行に関して留意すべき事項は左記 のとおりであるので、御了知の上、管下の市町村、関係機関、関係団体等に対してその周 知徹底を図るとともに、適切な指導を行い、その運用に遺漏のないようにされたい。

- 239 -


第一

規定創設の趣旨

最低基準に、新たに第九条の二(懲戒に係る権限の濫用禁止)を設け、児童福祉施設の長 は、入所中の児童に対し懲戒を行うとき又は懲戒に関しその児童の福祉のために必要な措 置を採るときは、身体的苦痛や人格を辱める等その権限を濫用してはならないとされたと ころであるが、この規定は、施設における児童の権利を擁護するために創設されたもので あること。

第二

懲戒に係る権限の濫用に当たる行為について

児童福祉施設の長に対しては、児童福祉法(昭和二二年法律第一六四号)第四七条により 懲戒に係る権限が与えられているが、これは、児童を心身ともに健やかに育成することを 目的として設けられているものであるから、懲戒に係る行為の方法及び程度が、この目的 を達成するために必要な範囲を超える場合には懲戒に係る権限の濫用に当たるものである こと。 懲戒に係る権限の濫用に当たる具体的な例としては、例えば、殴る、蹴る等直接児童の身 体に侵害を与える行為のほか、合理的な範囲を超えて長時間一定の姿勢をとるよう求める こと、食事を与えないこと、児童の年齢及び健康状態からみて必要と考えられる睡眠時間 を与えないこと、適切な休息時間を与えずに長時間作業を継続させること、施設を退所さ せる旨脅かすこと、性的な嫌がらせをすること、当該児童を無視すること等の行為があげ られること。 な お 、個 別 具 体 の 行 為 が 懲 戒 に 係 る 権 限 の 濫 用 に 当 た る か ど う か に つ い て は 、児 童 の 年 齢 、 健康及び心身の発達の状況、当該児童と職員との関係、当該行為の行われた場所及び時間 的環境等の諸条件を勘案して判断すべきものであること。 また、強度の自傷行為や他の児童、職員等への加害行為を制止するなど、急迫した危険に 対し児童又は他の者の身体又は精神を保護するために当該児童に対し強制力を加える行為 は、懲戒に係る権限の濫用に当たらないものであること。

第三

関係者に対する周知徹底等について

懲戒に係る権限の濫用の禁止について、児童福祉施設職員を始めとする関係者に対し、改

- 240 -


めて周知徹底を図られたいこと。その際の具体的な方法の例としては、児童福祉施設職員 等に対する研修の機会を利用することや、最低基準第一三条に基づき定めることとされて いる児童福祉施設の規程に、懲戒に係る権限の濫用の禁止に係る規定を設けることなどが 考えられるものであること。

また、児童相談所運営指針(平成二年三月五日児発第一三三号厚生省児童家庭局長通知) により児童相談所が行うこととされている施設への訪問等の機会を利用すること等によ り、施設入所後の児童の状況を十分に把握するとともに、既に一部都道府県で行われてい るいわゆる「児童の権利ノート」の配布等の施策を通じて懲戒に係る権限の濫用の防止が 図られるよう努められたいこと。

養護施設等退所児童自立定着指導事業の実施について (平 成 九 年 四 月 九 日 ) (児 発 第 二 七 四 号 ) (各 都 道 府 県 知 事 ・ 各 指 定 都 市 市 長 あ て 厚 生 省 児 童 家 庭 局 長 通 知 )

児童自立支援対策については、その指導について従来から種々ご配慮を煩わしているとこ ろであるが、今般、養護施設等の退所児童の社会的自立を支援するために「養護施設等退 所児童自立定着指導事業実施要綱」を別紙のとおり定め、平成九年四月一日から適用する こととしたので、その適正かつ円滑な実施を期せられたく通知する。 なお、昭和六三年五月二〇日児発第四六五号厚生省児童家庭局長通知「児童福祉施設退所 児童指導実施要綱の適用について」は、廃止する。

(別 紙 ) 養護施設等退所児童自立定着指導事業実施要綱 第一

目的

養護施設等を退所した児童について、家庭や職場を訪問し適切な相談援助等を行ない、当 該児童の社会的自立を容易にするための支援を行うことを目的とする。 第二

実施主体

- 241 -


本 事 業 の 実 施 主 体 は 、 都 道 府 県 (指 定 都 市 を 含 む 。 以 下 同 じ 。 )と す る 。 第三

対象児童

対 象 児 童 は 、 児 童 福 祉 施 設 (養 護 施 設 、 教 護 院 等 )を 退 所 し て か ら 、 お お む ね 一 年 以 内 の 児 童 (一 八 歳 以 上 二 〇 歳 未 満 の 者 を 含 む 。 以 下 同 じ 。 )で あ っ て 、 児 童 福 祉 施 設 の 長 の 申 請 に 基 づ き 都 道 府 県 知 事 又 は 指 定 都 市 の 市 長 (以 下 「 実 施 主 体 」 と い う 。 )が 指 導 を 必 要 と 認 め た児童とする。 第四

事業の実施方法

児童福祉施設の長は、施設を退所した児童で「養護施設等退所児童自立定着指導事業」の 対象であると判断した場合、必要に応じて当該児童を措置した児童相談所の意見を付して 実施主体に申請するものとする。申請を受理した実施主体は、速やかに児童福祉施設の長 に承認の可否について通知することとする。 第五

指導内容

児童福祉施設が行う指導は次によるものとする。 1

本 事 業 に よ る 指 導 (以 下 「 指 導 」 と い う 。 ) は 、 対 象 児 童 の 居 住 先 や 職 場 を 訪 問 し て 行

うほか、必要に応じて施設において行うものとする。 2

指導に当たる者は、原則として、当該児童が入所中に直接指導の任に当たった者など

当該児童の指導を効果的に行うことができると認められる職員とする。 3

指 導 は 、当 該 児 童 の 状 況 に 応 じ 適 時 的 確 に 行 い 、そ の 期 間 は 措 置 解 除 後 概 ね 一 年 と し 、

必要と認められる時にはさらに一年の延長ができるものとする。 4

指導に当たっては、対象児童に対して、適切な助言、指導を行うことはもとより、雇

用主等に対しても、当該児童の福祉のための十分な配慮を要請し、その理解と協力が得ら れるようにする。 5

指導に当たっては、児童相談所、福祉事務所、公共職業安定所等の関係機関と密接な

連携をとって、指導の一貫性を保つように配慮する。 6

指導に当たる者は、当該児童の秘密保持について十分留意する。

第六 1

国の補助

国は、都道府県が本事業のために支出した費用を、別に定めるところにより、補助す

るものとする。 2

都 道 府 県 知 事 (指 定 都 市 の 市 長 を 含 む 。 )は 、 国 の 補 助 を 受 け よ う と す る と き は 、 別 に

定めるところにより、あらかじめ当省に協議しなければならない。

- 242 -


「養護施設入所児童早期家庭復帰促進事業」の実施について (平 成 七 年 七 月 二 五 日 ) (児 家 第 二 九 号 ) (各 都 道 府 県 ・ 各 指 定 都 市 民 生 主 管 部 (局 )長 あ て 厚 生 省 児 童 家 庭 局 家 庭 福 祉 課 長 通 知 )

昭和六二年五月二〇日付児発第四五〇号で都道府県知事及び指定都市市長あて厚生省児童 家庭局長通知「児童福祉施設等における施設機能強化推進費について」の別紙「施設機能 強 化 推 進 費 実 施 要 綱 」 (以 下 「 実 施 要 綱 」 と い う 。 )が 平 成 七 年 四 月 三 日 付 児 発 第 三 七 一 号 の 七 を も っ て 一 部 改 正 さ れ 、「 養 護 施 設 入 所 児 童 早 期 家 庭 復 帰 促 進 事 業 」 ( 以 下 「 家 庭 復 帰 促 進 事 業 」 と い う 。 )が 新 た に 追 加 さ れ た と こ ろ で あ る が 、 そ の 取 扱 い に つ い て は 次 の 事項に留意の上、その円滑な実施を図られたく通知する。 1

事業の趣旨

養護施設に入所している児童のうち、家庭環境等の調整を行うことにより家庭復帰が可能 なケースについて、施設入所後の早い時期から施設職員が家庭等を訪問し、これらの調整 ・援助を行うことにより児童の家庭復帰を促進し、もって児童の福祉の向上を図るもので ある。 2

事業の対象児童

(1 )

保護者の養育拒否により入所した児童

(2 )

保護者の放任及び怠惰により入所した児童

(3 )

(1)及 び (2)に 準 ず る 入 所 事 由 で あ っ て 、 保 護 者 と の 調 整 が 必 要 と 判 断 さ れ る 児 童

事業を実施する施設の指定

家 庭 復 帰 促 進 事 業 は 養 護 施 設 の う ち 、 次 に よ り あ ら か じ め 指 定 さ れ た 施 設 (以 下 「 指 定 施 設 」 と い う 。 )に お い て 実 施 す る も の と す る 。 (1 )

家庭復帰促進事業を実施しようとする施設は、毎年度、別紙様式 1 により申請書を

都 道 府 県 知 事 ま た は 指 定 都 市 市 長 (以 下 「 都 道 府 県 知 事 」 と い う 。 )に 提 出 し 、 そ の 指 定 を 受けるものとする。 (2 )

都道府県知事は、実施する施設の指定を行う場合には、当分の間、毎年度、別紙様

式 2 によりあらかじめ厚生大臣に協議し承認を得るものとする。

- 243 -


(3 )

事業の実績があがらない施設は次年度の指定をしない場合もあるので、これらのこ

とに留意の上協議されたい。 4

事業の実施

家庭復帰促進事業を実施する施設は、以下のことに留意して行うものとする。 (1 )

指定施設の施設長は児童相談所との連携を密にし、その意見等に基づき、対象児童

やその家庭が抱えている課題あるいは有効な社会資源等を把握するものとする。 (2 )

これらの現状把握に基づき、ケース会議等において、短期的又は中期的な目標を設

定するとともに、具体的な援助計画を策定するものとする。 (3 )

策定された援助計画に基づき、家庭訪問等を行い、必要に応じてケース会議等にお

いて援助計画の見直しや再検討を行うものとする。 (4 )

家庭復帰促進事業は経験豊かな児童指導員が行うものとし、これに伴い入所児童の

処遇に影響を及ぼさないよう代替職員を配置し、特別な配慮を行うものとする。 5

支出対象経費

職員俸給、職員諸手当、賃金、法定福利費、厚生経費、需要費、役務費、旅費、謝金、備 品購入費、使用料及び賃借料

養護施設入所児童等の高等学校への進学の実施について (平 成 元 年 四 月 一 〇 日 ) (児 発 第 二 六 五 号 の 六 各 都 道 府 県 知 事 ・ 各 指 定 都 市 市 長 あ て 厚 生 省 児 童 家 庭 局 長 通 知 )

要保護児童の福祉の向上については、かねてから格段の御協力を煩わしていると���ろであ るが、今般、養護施設入所児童等の高等学校への進学に係る特別育成費について、所要の 改善が行われたことに伴い、別紙のとおり「養護施設入所児童等の高等学校への進学実施 要領」を定め、平成元年四月一日から適用することとしたので通知する。 なお、昭和四八年五月一日児発第二七八号本職通知「養護施設入所児童等の高等学校への 進学の実施について」は廃止する。

別紙 養護施設入所児童等の高等学校への進学実施要領

- 244 -


1

目的

養護施設入所児童等が高等学校に進学することにより、豊かな教養と専門的技能を高め、 社会的自立を促進し、児童の福祉の向上を図ることを目的とする。 2

対象児童

児童福祉法第二七条の規定により、養護施設、肢体不自由児療護施設、教護院、虚弱児施 設 、 肢 体 不 自 由 児 施 設 (通 園 部 門 を 除 き 、 肢 体 不 自 由 児 を 入 所 さ せ る 指 定 国 立 療 養 所 等 を 含 む 。 )に 入 所 し 、 又 は 里 親 に 委 託 さ れ て い る 児 童 で あ っ て 、 高 等 学 校 に 進 学 し た 児 童 と する。 3

経費の内容

(1)

特別育成費について

高 等 学 校 に 進 学 し た 児 童 に 対 し て は 、「 児 童 福 祉 法 に よ る 入 所 施 設 措 置 費 国 庫 負 担 金 の 交 付 基 準 に つ い て (昭 和 四 八 年 厚 生 事 務 次 官 通 達 )」 の 第 四 に 定 め る 特 別 育 成 費 を 支 弁 す る も のとし、その内容は、高等学校の教育に必要な諸経費であって、授業料、クラブ費、生徒 会費等の学校納付金、教科書代、参考図書代、学用品等の教科学習費、交通費、通学用品 費等の通学費等であること。 なお、前記の特別育成費は月額平均基準額であり、年間を通して前記の所要経費を満たす ものとして算定されているものであるから、必要に応じて数月分をあわせて支弁する等配 慮願いたいこと。 (2)

特別育成費の加算について

高 等 学 校 へ 入 学 す る こ と に 伴 う 必 要 な 経 費 と し て 、特 別 育 成 費 加 算 分 を 支 弁 す る も の と し 、 その内容は、高等学校入学に際し必要な制服、鞄等の経費であること。 4

実施上の留意事項

(1)

児童の進学指導に当たっては児童の学習意欲を高めるよう継続的な指導を行うとと

もに、中学校との連携を密にし、児童の個性、能力、興味関心を尊重した適切な進路指導 を行うこと。 (2)

高等学校に進学した児童と他の入所児童との生活形態の差異等に留意し、その処遇

に十分配慮すること。 (3)

今回新たに教護院に入所している児童を特別育成費の支弁対象児童とし、その取扱

い に つ い て 、 本 職 通 知 「 教 護 院 入 所 児 童 の 高 等 学 校 進 学 の 取 扱 い に つ い て (平 成 元 年 四 月 一 〇 日 )」 に よ り 行 う こ と と し て い る の で 留 意 さ れ た い 。

- 245 -


子育て支援短期利用事業の実施について (平 成 七 年 四 月 三 日 ) (児 発 第 三 七 四 号 ) (各 都 道 府 県 知 事 ・ 各 指 定 都 市 市 長 あ て 厚 生 省 児 童 家 庭 局 長 通 知 )

近年、核家族化や都市化の進展、女性の社会進出等に伴い、家族や近隣社会における子 どもの養育機能が低下してきている。このため、今般、保護者の疾病等の事由により家庭 における養育を行うことが困難になった児童等を養護施設等において、一定期間、養育・ 保護することにより、児童及びその家庭の福祉の向上を図ることとし、別紙のとおり「子 育 て 支 援 短 期 利 用 事 業 実 施 要 綱 」を 定 め 、平 成 七 年 四 月 一 日 か ら 適 用 す る こ と と し た の で 、 本事業の適正かつ円滑な運営を図られたく通知する。 なお、本通知の施行に伴い、平成二年六月一八日児発第五一五号本職通知「家庭養育支 援 事 業 の 実 施 に つ い て 」、 平 成 三 年 四 月 一 八 日 児 発 第 三 八 五 号 本 職 通 知 「 父 子 家 庭 等 児 童 夜間養護事業の実施について」及び平成五年四月一日児発第三一八号本職通知「子育て支 援短期利用モデル事業の実施について」は廃止する。

別紙 「子育て支援短期利用事業実施要綱」 第一

目的

この事業は、児童を養育している家庭の保護者が疾病等の社会的な事由や父子家庭が仕事 の事由等によって、家庭における児童の養育が一時的に困難となった場合及び母子が夫の 暴力により緊急一時的に保護を必要とする場合等に、児童福祉施設等において一定期間、 養育・保護することにより、これらの児童及びその家庭の福祉の向上を図ることを目的と する。 第二

実施主体

こ の 事 業 の 実 施 主 体 は 、 市 町 村 (特 別 区 を 含 む 。 以 下 同 じ 。 )と す る 。 第三 一

子育て支援短期利用事業の種類及び内容 短 期 入 所 生 活 援 助 (シ ョ ー ト ス テ ィ )事 業

- 246 -


(一 )

趣旨

この事業は、児童を養育している家庭の保護者が疾病等の社会的な事由によって家庭にお ける児童の養育が一時的に困難となった場合や母子が夫の暴力により、緊急一時的に保護 を必要とする場合等に、児童福祉施設等において一時的に養育・保護することにより、こ れらの児童及びその家庭の福祉の向上を図ることを目的とする。 (二 )

利用対象者

この事業において対象となる者は、児童の養育が一時的に困難となった家庭の児童、又は 緊 急 一 時 的 に 保 護 を 必 要 と す る 母 子 等 で 市 町 村 長 (特 別 区 の 区 長 を 含 む 。 以 下 同 じ 。 )が 認 めた者とする。 (三 ) ア

事業の内容及び実施方法 市町村長は、一時的に養育・保護を必要とする児童等に対し適切な処遇が確保される

施 設 (以 下 「 実 施 施 設 」 と い う 。 )に お い て 養 育 ・ 保 護 を 行 い 、 又 は そ の 実 施 施 設 に そ の 養 育・保護を委託して行うものとする。 イ

こ の 事 業 は 、児 童 の 保 護 者 が 社 会 的 事 由 (疾 病 、 出 産 、看 護 、事 故 、災 害 、冠 婚 葬 祭 、

失 踪 、 転 勤 、 出 張 及 び 学 校 等 の 公 的 行 事 へ の 参 加 )に よ り 、 一 時 的 に 家 庭 に お い て 養 育 で きない場合及び母子が夫の暴力により緊急一時的に保護を必要とする場合等について実施 するものとする。 ウ

養育・保護の期間は七日以内とする。ただし、市町村長がやむを得ない事情があると

認めた場合には、必要最小限の範囲内で延長することができるものとする。 二 (一 )

夜 間 養 護 (ト ワ イ ラ イ ト ス テ ィ )事 業 趣旨

この事業は、児童を養育している父子家庭等が、仕事等の事由によって帰宅が恒常的に夜 間にわたるため、児童に対する生活指導や家事の面等で困難を生じている場合に、その児 童を児童福祉施設等に通所させ、生活指導、夕食の提供等を行うことにより、父子家庭等 の生活の安定、児童の福祉の向上を図ることを目的とする。 (二 )

利用対象者

この事業において対象となる者は、父等の仕事等が恒常的に夜間にわたる父子家庭等の児 童であって、この事業の対象として市町村長が認めたものとする。 (三 ) ア

事業の内容及び実施方法 市町村長は、対象児童を実施施設に通所させて生活指導、夕食の提供等を行い、又は

- 247 -


それを委託するものとする。 イ

この事業の実施に当たっては、生活指導等を行う者を充てること。

第四

実施施設

実施施設は、あらかじめ市町村長が指定した児童養護施設、母子生活支援施設、乳児院、 里親等とする。 第五

事業実施上の留意事項

市町村は、この事業の実施に当たっては、次の事項に留意するとともに、本制度の地域住 民への周知徹底を図るなど、事業の円滑かつ効果的な運営に努めるものとする。 一

利用の方法等の手続きについては、保護者の利便を考慮し、弾力的な運用を図るもの

とする。 二

市 町 村 長 は 、利 用 申 請 が あ っ た 場 合 に は 速 や か に 決 定 を 行 う も の と す る こ と 。た だ し 、

特に緊急を要する場合にあっては、利用申請等の手続きは事後であっても差し支えないも のとする。 三

短期利用の申請に的確かつ迅速に対応するため、あらかじめ利用を希望する者を把握

するとともに、実施施設の受け入れ体制等の実態を把握すること。 四

事 業 の 実 施 に 当 た っ て は 、他 の 関 連 在 宅 福 祉 サ ー ビ ス と の 十 分 な 調 整 を 行 う と と も に 、

児童相談所、福祉事務所、母子相談員、民生委員・児童委員等の関係機関と十分な連携を とること。 第六 一

費用 市町村は、本事業を実施するために必要な経費又はその委託に要する経費を実施施設

に支弁するものとする。 二

保 護 者 は 、 入 所 (通 所 )後 の 養 育 ・ 保 護 又 は そ の 養 育 ・ 保 護 の 委 託 に 要 す る 経 費 の 一 部

を負担する。ただし、生活保護世帯及びこれに準ずる世帯については、減免することがで きる。 第七

国の補助

国は、市町村が実施する事業に対して都道府県が補助する事業及び指定都市が実施する事 業について、別に定めるところにより補助するものとする。

- 248 -


中小規模調理施設における衛生管理の徹底について (平 成 九 年 六 月 三 〇 日 ) (衛 食 第 二 〇 一 号 ) (各 都 道 府 県 ・ 各 政 令 市 ・ 各 特 別 区 衛 生 主 菅 部 (局 )長 あ て 厚 生 省 生 活 衛 生 局 食 品 保 健 課 長 通知) 食中毒予防対策の推進には日頃から格別のご尽力を頂いているところであるが、食中毒 予 防 の 更 な る 徹 底 を 図 る た め 、 中 小 規 模 調 理 施 設 (同 一 メ ニ ュ ー を 三 〇 〇 食 以 上 又 は 一 日 七 五 〇 食 以 上 提 供 す る 調 理 施 設 以 外 の 施 設 )に お い て も 「 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マ ニ ュ ア ル 」 (平 成 九 年 三 月 三 一 日 衛 食 第 八 五 号 )の 趣 旨 を 踏 ま え た 衛 生 管 理 の 徹 底 を 図 る よ う 関 係 者に対する指導方お願いする。 この場合、別添の「児童福祉施設等における衛生管理の改善充実及び食中毒発生の予防 に つ い て 」 (平 成 九 年 六 月 三 〇 日 児 企 第 一 六 号 )の 参 考 資 料 Ⅰ を 参 照 し 、 中 小 規 模 施 設 の 人 員、施設設備に応じた工夫を行うよう指導すること。 な お 、 本 年 六 月 二 五 日 岡 山 市 に お い て 有 症 者 累 計 一 三 八 名 (六 月 三 〇 日 一 六 時 現 在 )に 及 ぶ腸菅出血性大腸菌 O 一五七の集団食中毒発生がみられたところであり、今後、夏期に 向けて食中毒が多発する時期を迎えることから、引き続き、食中毒の発生予防、原因究明 対策に万全を期するよう重ねてお願いする。

〔別添〕 児童福祉施設等における衛生管理の改善充実及び食中毒発生の予防について (平 成 九 年 六 月 三 〇 日

児企第一六号)

(各 都 道 府 県 ・ 各 指 定 都 市 ・ 各 中 核 市 児 童 福 祉 主 管 部 (局 )長 あ て 厚 生 省 児 童 家 庭 局 企 画 課 長通知) 児 童 福 祉 施 設 等 (認 可 外 保 育 施 設 を 含 む 。 )に お け る 衛 生 管 理 に つ い て は 、 か ね て か ら 適 正な指導をお願いしているところである。 し か し な が ら 、 本 年 の 食 中 毒 の 発 生 を み る と 、 昨 年 と 同 様 に 腸 菅 出 血 性 大 腸 菌 (O 一 五 七 )に よ る 食 中 毒 が 多 発 し て い る と こ ろ で あ る 。 特 に 乳 幼 児 は 、 腸 菅 出 血 性 大 腸 菌 (O 一 五 七 )等 に 感 染 し や す く 、 ま た 、 重 症 化 し や す い こ と か ら 、 児 童 福 祉 施 設 等 に お い て は 、 調 理従事者だけでなくすべての職員が連携を図りつつ、左記の点に留意し、感染の予防に努

- 249 -


めることが重要である。 また、社会福祉施設における衛生管理については、平成九年三月三一日社援施第六五号 により同一メニューを一回三〇〇食以上又は一日七五〇食以上を提供する調理施設以外の 施設においても可能な限り大量調理施設衛生管理マニュアルに基づく衛生管理に努められ るよう周知したところであるが、児童福祉施設等については、感染予防の実効を期するた め、大量調理施設衛生管理マニュアルを参考にするとともに、当面別添参考資料Ⅰを参照 するなどにより、管下の児童福祉施設等に対し、衛生管理を徹底するよう指導されたい。 記 1

感染症予防のためには、手洗いの励行が重要かつ有効であり、児童、職員ともに手洗

いの徹底を図ること。食事の直前及び排便又は排便の世話をした直後には、石鹸を使って 流水で十分に手指を洗うこと。 2

特に、下痢便の排泄後又は下痢便の排泄の世話をした後は、直ちに石鹸を使って流水

で十分に手指を洗った上で、消毒液で手指を消毒すること。 3

使用するタオルは、他人と共用しないこと。なお、タオルの個人専用化が難しい場合

には、使い捨てペーパータオル等の利用も有効であること。 4

ビニールプール等を使用して水遊びをする際には、水に入る前に腰等を中心に体をよ

く洗うとともに、こまめに水の入れ替えを行うなど水の汚染防止に努めること。特に、下 痢気味の児童等については、水に入れないよう十分注意すること。また、風呂で入浴する 場合も、同様の扱いとすること。 5

保育所等においては、児童の健康状態等について日頃から家族と緊密な情報交換を行

い、入所施設においても帰宅訓練時等に家族との情報交換に努めるとともに、嘱託医・保 健所等との連携を図り、児童の健康管理に努めること。

(参 考 資 料 Ⅰ ) 1

調理室等の汚染防止について 大 量 調 理 施 設 衛 生 管 理 マ ニ ュ ア ル (以 下 「 マ ニ ュ ア ル 」 と い う 。 )Ⅱ ― 3 ― (3)の と お り

汚 染 作 業 区 域 (検 収 場 、 原 材 料 の 保 管 場 、 下 処 理 場 )と 非 汚 染 作 業 区 域 (さ ら に 準 清 潔 作 業 区 域 (調 理 場 )と 清 潔 作 業 区 域 (放 冷 ・ 調 製 場 、 製 品 の 保 菅 場 )に 区 分 さ れ る 。 )を 明 確 に 区 分 す る こ と が ど う し て も 難 し い 場 合 に は 、 下 処 理 済 の も の (例 え ば 野 菜 に 付 い て い る 土 を 洗 い 落 と し た も の )を 購 入 す る な ど に よ り 、 食 材 を 通 し て 調 理 室 内 が 汚 染 さ れ る 危 険 性 の

- 250 -


高い作業の減少を図り、調理室等の非汚染作業区域の汚染を防止するよう工夫すること。 2

シンクの清潔確保について マ ニ ュ ア ル Ⅱ ― 3 ― (8)の と お り シ ン ク を 用 途 別 に 各 々 設 け る こ と が ど う し て も 難 し い

場 合 に は 、 調 理 工 程 を 汚 染 作 業 (食 材 の 検 収 ・ 保 管 ・ 下 処 理 )と 非 汚 染 作 業 (調 理 ・ 盛 り 付 け 等 )と に 分 け 、 汚 染 作 業 か ら 非 汚 染 作 業 に 移 る と き は 、 左 記 の 作 業 手 順 に よ り シ ン ク を 洗浄消毒すること。また、加熱調理用食材の洗浄作業から非加熱調理用食材の洗浄作業へ 移るときも、同様の方法でシンクを必ず洗浄消毒し、シンクを通じて食材が汚染されない ように十分注意するとともに、洗浄水等がシンク以外に飛散しないように留意すること。 (シ ン ク の 洗 浄 消 毒 作 業 手 順 ) ①

飲 用 適 の 水 (四 〇 ℃ 程 度 の 微 温 水 が 望 ま し い 。 )で 三 回 水 洗 い す る 。

スポンジタワシに中性洗剤又は弱アルカリ性洗剤をつけてよく洗浄する。

飲 用 適 の 水 (四 〇 ℃ 程 度 の 微 温 水 が 望 ま し い 。 )で よ く 洗 剤 を 洗 い 流 す 。

水分をペーパータオル等で十分拭き取る。

七〇%アルコール噴霧又はこれと同等の効果を有する方法で殺菌を行う。

3

汚染作業区域と非汚染作業区域の区別等について マ ニ ュ ア ル Ⅱ ― 5 ― (1)― ③ ④ に よ れ ば 調 理 室 内 に お い て 汚 染 作 業 区 域 と 非 汚 染 作 業 区

域を明確に区別し、手洗い施設、履き物の消毒施設を各区域の入口手前に設けることとあ るが、これがどうしても難しい場合には、調理工程の見直しを図り、汚染作業と非汚染作 業を明確に区分し、食材の相互汚染を防止すること。なお、洗浄消毒作業を行う際には、 洗浄水等が飛散しないように留意すること。 また、調理済食品が汚染されないように清潔作業区域を確保し、盛り付け・配膳後の食品 等にハエ等が触れることのないよう十分注意すること。 4

調理器具・食器等の衛生的な保管について マ ニ ュ ア ル Ⅱ ― 5 ― (1)― ⑧ の と お り 外 部 か ら 汚 染 さ れ な い 構 造 の 保 管 設 備 を 設 け る こ

とにより清潔な環境の保持及び作業の軽減が図られるところであるが、食器消毒保管庫等 を直ちに設置することがどうしても難しい場合には、調理器具・食器等の消毒を行い、乾 燥させた上で清潔な場所に保管すること。なお、ネズミ・ゴキブリ・ハエ等が調理器具・ 食器等に触れることのないよう十分注意すること。 5

原材料等の保管管理の徹底について 原材料等の保管管理については、左記の原材料等の保管管理手順に沿って行い、温度の

- 251 -


記録については、少なくとも①原材料の保管温度は適切であったか②調理が終了した食品 を速やかに提供したか③調理終了後三〇分を超えて提供される食品の保存温度が適切であ ったかを実施献立表等に点検項目を設け、その適否を記録しておくこと。 (原 材 料 等 の 保 管 管 理 手 順 ) (1) ①

野菜・果物 衛生害虫、異物混入、腐敗・異臭等がないか点検する。異常品は返品又は使用禁止と

する。 ②

各 材 料 ご と に 、 五 〇 g 程 度 ず つ 清 潔 な 容 器 (ビ ニ ー ル 袋 等 )に 密 封 し て 入 れ 、 マ イ ナ ス

二〇℃以下で二週間以上保存する。 (検 食 用 ) ③

専 用 の 清 潔 な 容 器 に 入 れ 替 え る な ど し て 、 一 〇 ℃ 前 後 で 保 存 す る 。 (冷 凍 野 菜 は マ イ

ナス一五℃以下) ④

流水で三回以上水洗いする。

中性洗剤で洗う。

流水で十分すすぎ洗いする。

必要に応じて、次亜塩素酸ナトリウム等で殺菌した後、流水で十分すすぎ洗いする。

水切りする。

専用のまな板、包丁でカットする。

(10)

清潔な容器に入れる。

(11)

清 潔 な シ ー ト で 覆 い (容 器 が ふ た 付 き の 場 合 を 除 く 。 )、 調 理 ま で 三 〇 分 以 上 を 要 す

る場合には、一〇℃以下で冷蔵保存する。 (2) ①

魚介類・食肉類 衛生害虫、異物混入、腐敗・異臭等がないか点検する。異常品は返品又は使用禁止と

する。 ②

各 材 料 ご と に 、 五 〇 g 程 度 ず つ 清 潔 な 容 器 (ビ ニ ー ル 袋 等 )に 密 封 し て 入 れ 、 マ イ ナ ス

二〇℃以下で二週間以上保存する。 (検 食 用 ) ③

専用の清潔な容器に入れ替えるなどして、食肉類については一〇℃以下、魚介類につ

い て は 五 ℃ 以 下 で 保 存 す る 。 (冷 凍 で 保 存 す る も の は マ イ ナ ス 一 五 ℃ 以 下 )。 ④

専用のまな板、包丁でカットする。

- 252 -


⑤ 6

速やかに調理へ移行させる。 加熱調理食品の加熱加工の徹底について 加熱調理食品の加熱加工については、中心部温度計を用いるなどして、中心部が七五℃

以上の温度で一分以上又はこれと同等以上まで加熱したかを確認し、実施献立表等に点検 項目を設け、その適否を記録しておくこと。

- 253 -


著者紹介

:工藤光穂 :児童養護施設・児童心理療育施設・知的障害者授産施設で直接処遇職員とし て働き職員のリーダーとして職員育成に力を注ぐ。 また、児童心理療育施設の新設事業及び児童養護施設改築事業に携わる経験 を有し、その後、事務長として施設経営の一端を担う。

- 254 -


水のように清らかな心 空のように広い心 角のない丸い心 そんな子どもたちに育ってほしい 染みのない純白の帯 やさしい心の帯と 厳しい心の帯が交わり 子どもたちを包みたい

愛してますか!子どもたちを … 児童養護施設で働くあなたへ …

- 255 -


愛してますか!子どもたちを