Page 1


KAITO SOEDA WORKS Architrcture portfolio 2012-2016 Works Academic Works / Competition Works / Other

Ω


PROFILE NAME ;

添田 魁人

AFFILIATION ; 日本大学大学院理工学研究科建築学専攻 古澤大輔・二瓶士門研究室 (M2)

SKILLS

KAITO SOEDA Nihon University,Graduate School of Science and Technology, Department of Architecture, Furusawa・Nihei Laboratory

AutoCAD

Microsoft Office

Vectorworks

Adobe illustrator

Sketchup

Adobe photoshop

Archicad

Adobe indesign

rhinoceros

Grasshopper

2014-2015

スーパージュリー ( 学部 )

superjuly(department)

2016

スーパージュリー

superjuly

AWARD 2015

卒業設計学内 7 選 ( 3位 )

2016

第 8 回ハーフェレ学生デザインコンペティション

2016

Design1 最優秀賞 (1 位 )(M1)

2016

一次選考通過

キルコス国際コンペティション (M1) 銀賞 畑友洋賞・山口陽登賞

Diploma design 7 campuses in the university(Third) Hafele international competition first round of selection 2016/『Sexy Sunroom』/First round of selection Design1Best award (First)(M1)

Circos International Architecture Competition (M1) Tomohiro Hata, Yo Ymaguchi Award


多層的文脈を写し込む表象 Representation imprinting multilayered context

Salvador Domènec Felip Jacint Dalí i Domènech A swan reflecting an elephant on the water surface

建築は文脈の表象である。それは社会性、歴史、敷地、「建築」 すべての文脈:コンテクストを読み解き、振る舞いによって、社会に投影する。 白鳥は水面に写り象に変わる。そのダリの「水面」に思考が宿る。 建築は同時に複数の文脈が宿る「水面」である。 Architecture is a representation of a context. It is sociality, history, premises, "architecture" All Contexts: Contexts are read and projected to society by behavior. Swans turn into elephants on the surface of the water. Thought dwells on the "water surface" of that Dali. Architecture is a "water surface" where multiple contexts live simultaneously.


Contents Academic Works

01. Diploma Design project(B4)

  " 移ろう群れのプラットホーム " " Platform to switch "

Program : Station , Elementary School , Gym ,

Site : Musashikosugi (Tokyu-Musashikosugi Station)

02. Design 1 Stadio(M1)

  " 時の流れを掲示・観測点としての美術館 " " Observation Point "

Program : Contemporary Museum

Site : Shibuya , Tobacco and the site of the salt museum

03. Design 1 Stadio(B1)   " 桜の息吹と住む "

" Living with the breath of cherry blossoms " Program : House

Site : Azabu , Roppongi

Competition Works

04. Circos International Architecture Competition 2016(M1) " - 記憶の徴、液体のなかの水晶を求めて - " " Superimpose Poche " Program : Park , Pavilion , arcade Site : Ginza , Tokyo , Japan

05. Plan B architecture competition:

The City Above the City - Metsä Wood 2016(M1) " - 自主プロジェクト / 移民の集合住宅 - " " Camouflage Infrastructure " Program : Housing complex Site : Southwork , London , UK

06. L'attrait competition 2016

  " 日常のキリトリセン " " Behavior cut line " Program : Apartment:1 room , Renovation Site : Setagaya , Tokyo

07. Hafele

competition 2016   " 愛しえぬ沈黙さえも " " The world of love and silence " Program : Sunroom Site : Quantitative events

Other Projects 08. Summer Work Shop/"- 二つで一つ - "

" One By Two " Program : Love Chair (with Ryota Takano)

09. FDL 2015 Seminar Travel

Booklet Design (trip in Shikoku) with Shinichiro Kosugi

10. Toride Art Project 2015 / Seminar Project

「小さな建築家」・取手アートプロジェクト・研究室プロジェクト Site : Toride Shopping Mall

11.

Photography/Europe Trip/Seminar Trip/Other


Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

09

  " 移ろう群れのプラットホーム " " Platform to switch "

Program : Station , Elementary School , Gym , Site : Musashikosugi (Tokyu-Musashikosugi Station)

02. Design 1 Stadio(M1)

  " 時の流れを掲示・観測点としての美術館 " " Observation Point "

Program : Contemporary Museum Site : Shibuya , Tobacco and the site of the salt museum

03. Design 1 Stadio(B1)

  " 桜の息吹と住む " " Living with the breath of cherry blossoms " Program : House Site : Azabu , Roppongi

Academic Works

Diploma Design/Platform for activity herds

01. Diploma Design project(B4)


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

Diploma Design/Platform for activity herds

010

Pieter Bruegel  − Children's Games − 1560 公共性の本質を私はこの絵画に見る。描かれている子供は、幼児から若者、そして老人である。様々な遊戯が細かく描き込まれて いる。単に子供の遊戯を百科事典的に寄せ集めて示すことではなく、遊戯に打ち込む子供の真剣さと、一見それよりも重要な仕事 に注ぐ大人の真剣さとを同列に並べることにあったと考えられる。神の目から見れば、子供の遊戯も大人の仕事も重要さでは変わ らないということである。ここでは各々の目的や振る舞い ( アクティビティ ) の拡張として、都市の余白で主体が等価に扱われ、 自由な振る舞いをしている。そんな建築を目指したい。 I see the essence of public nature in this painting. Children drawn are from young children to young people, and old people. Various games are detailedly drawn. It is thought that it was not merely to gather and show children's players encyclopedically, but to arrange the seriousness of the

child who drives into the game and the seriousness of the adult who pours into the more important work at the same time in the same line. From the perspective of God, children's games and adult jobs are not changing in importance. Here, as an extension of each objective and behavior (activity), subjects are treated equivalently in the margin of the city, and they behave freely. I want to aim such a construction.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

011

Program : Station , Elementary School , Gym , Site : Musashikosugi (Tokyu-Musashikosugi Station)

Academic Works

Diploma Diploma Design/Platform Design/Platform for for activity activity herds herds

01. Diploma Design project(B4)   " 移ろう群れのプラットホーム " " Platform to switch "


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

 縮退する社会の中で、駅周辺の人々のアクティビティが変化している。2 0 1 5 年、現在では東京駅の周辺の高層ビルに 小学校の入居計画があり、駅周辺を取り巻く環境が大きく変化し始めている。今後は再開発によって駅はさらに都市の中 心的な存在になり、多くのプログラムを内包し、人々が集う場になる。アクティビティを「群れ」として捉え、周期性を 把握することで余剰となる空間を把握し、時間によってプログラムが転換され空間がシェアされる駅を目指した。

Diploma Design/Platform for activity herds

012

- 移ろう群れのプラットホーム -

Academic Works


In the degenerating society, the activities of people around the station are changing. The environment surrounding the station is starting to change dramatically. In the future the station will become the center of the city by redevelopment, it becomes a place where people gather, including many programs. We grasp the activities as "flocks", grasp the periodicity, grasp the surplus space, aimed at the station where the program is switched and the space is shared by the time.

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

- Changing activity platform -

013

Diploma Design/Platform for activity herds

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

014

Design Fanction

station(inner) 東京オリンピック前夜の今、都心・郊外において都市の風景は再構成され始めている。断絶する都市の風景のエッジの存 在は社会の変化の証である。特に郊外ではコンパクトシティ化が進み、駅直結型のタワーマンションが多く建設されている。 また駅中ではコンテンツが集中し、駅にアクティビティが集約され、縮退化が進んでいる。膨大な床面積を建設している状 況に対して、縮退化が進む社会の矛盾に対して手法を考えなければならない。これからを人々のアクティビティに着目し、駅・ 駅前空間を構成するための設計手法を研究する。

周期性 /Periodicity Tine line

Diploma Design/Platform for activity herds

cityscape

断絶と矛盾 /Discontinuity and contradiction

6:00

18:00

12:00

Organization congestion

Annihilation

Organization congestion

Organization congestion

Annihilation

人々のアクティビティには「周期性」があると考えている。それは「生活リズム」という言葉があるように、都市のリズ ムとして現れる。しかしそこには「余剰」が存在する。その余剰を利用することができるのではないか。1 日・1週間・1 年の 3 つの時間軸から人々のアクティビティと使用される空間を記述することで、時間によるアクティビティのカタチの変 化を把握することができるのではないか。

アクティビティの種類・カタチ /Not program,Just activity sport

Classwork 9:00 ∼ 17:00

After school STOCK=Possibility

XL

XL

XL

classroom office

XS

strange

S

M

L

1 . 「アクティビティの群れの形」は空間の   スケールによって限定することができる。

2 . ストック化する時間を把握することで横断を行う。 各スケールに対して、余剰が存在するのではないか ?

 プログラムという概念は 2 0 世紀型の概念なのではないかと考えている。プログラムは場を占有させる。占有があるとい うということは余剰も存在する。プログラムではなく、アクティビティの種類もしくはカタチに着目する。プログラムとい う行為を形成するものではなく、出現するものとして捉え直すことで空間を横断することができるのではないか。

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

015

Reference

1. 小さな矢印の群れ・「ミース・モデル」を超えて / 小嶋一浩

The 20th-century box-type architecture "Meath Model" has been established and mass-produced anywhere regardless of regionality, as technology develops, since buildings can be separated from the outside and the environment of the interior space can be controlled. Mr. Kazuhiro Kojima raises the question of whether the sense of blockage of building is being strengthened in the present age and thinks that more "open space" is required for building. By looking at the flow of people as small flocks of small arrows ( → ), by considering the composition of the space, the external environment slides into the building and aims to realize such a space as to walk around in the forest. 小さな矢印の群れ・「ミース・モデル」を超えて / 小嶋一浩 ( T O T O 建築叢書 )

2. パラメーターシフト / 西沢大良

GRID GRID

SAME FORM School Classroom Office Set with cart

Shopping

supermarket

No cart

convenience store

Airport

人間のカタチに着目している。それは単独の人体の体型の話ではなく、人々のアクティビティが示すカタチ、人 間の一群が生み出すカタチに着目している。群れのカタチとは、あらゆるものを「空間的に」見ること、アクティ ビティであれ何であれ「空間的に」捉えること、そのカタチに着目した設計プロセスに対する定説。 Focusing on human form. It is not a story of a single human body type, but rather the shape represented by people's activities, focusing on the shape created by a group of human beings. The form of herd is to see everything "spatially", to grasp anything "spatially" whatever the activity, the theory of the design process focusing on its form. 新建築 2 0 0 9 年 1 月 : 連続企画論考 西沢大良 / 「パラメーターシフト」 - 群・カタチ・アクティビティー機能論に対する 9 つのメモ -

Academic Works

Diploma Design/Platform for activity herds

 2 0 世紀の箱型建築「ミース・モデル」は、建築を外部から切り離し、内部空間の環境をコントロールできるため、 技術の発達とともに、地域性に関わらずどこでも成立し、量産されてきた。小嶋一浩氏は現代において , 建築の 閉塞感を強めているのではないかとの疑問を投げかけ、より「開いた場」こそが建築に求められていると考えて いる。人などの流れを〈小さな矢印(→)の群れ〉としてとらえ空間の構成を考えることによって、外部環境が 建築内にすべり込み、まるで雑木林の中を散策するような空間の実現を目指している。


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

016

Site : 東急武蔵小杉駅

J R 南武線 東急武蔵小杉駅 J R 横須賀線 グランツリー

Diploma Diploma Design/Platform Design/Platform forfor activity activity herds herds

location

History

街道による宿場町 1717

  「工場都市駅」という駅名があったように、「武蔵小杉」駅の周辺エリアは戦前よ り工業地域として開発が進んでいた。昭和 3 0 年代には南武線と府中街道に挟まれ た街区はほとんどが工場になり、工業都市へとなった。川崎から府中、そして立川 を結ぶ J R 南武線沿線は電機産業の生産拠点として日本の高度成長期や「ジャパン・ アズ・ナンバーワン」の時代を支えて来た工業エリアだった。  その後工場の移転・閉鎖が相次ぎ、その工場跡地に建設されたのはタワーマンショ ンであった。行政が民間の開発を誘導することで、工業都市からマンション住宅街 への変化が促進された。

享保 2(1717)年 / 小杉・等々力村裁許絵図。 江戸と駿府(静岡)を結ぶ重要な路線として中原街道がつくら れ、宿場町として栄えた。

工業都市 1936

Townscape 昭和 11(1936)年 各工場の従業員の交通の便をはかるため、 東横線「工業都市」 駅が府中街道上に完成した。工業都市として栄えた。また日 本医科大学予科ができた。

工業都市の終焉 1985

1985 年の航空写真。 武蔵小杉は駅直の場所から広大な工場だった。工場がこの場所 から一斉に撤退した後に再開発が進んでいった。

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

017

Notation  プログラムに支配された 2 0 世紀的な建築・都市の中で、余剰を把握することで都市のアイデンティティを把 握する。居住エリアとしての駅、消費エリアの駅、ターミナルとしての駅など、駅を中心として都市を把握する。 プログラムを時間軸の変化によって「余剰」を把握する。 Understand the identity of cities by grasping the surplus among the 20th century architecture and cities dominated by the program. Grasp the city centering on the station, such as a station as a residential area, a station in a consumption area, a station as a terminal, and so on. Understand "surplus" by changing the program on the time axis.

記述方法 1day(24hour)

TIME LINE

DAY

SCHOOL

Time Line

Gymnasium

5

6

●:kid

building type 7

8

9

■:object −:speed

Edge of activity

program 10

11

朝礼のカタチ

12

13

14

昼休みのカタチ

15

16

17

18

19

20

Activities of the edge

Convertible area

Releasable area

Intervention available area

22

23

余剰 Stock

クラブ活動のカタチ

グリッド :GRID

region

21

記述凡例 TIME LINE

WEEK

SCHOOL

1week(7days) Gymnasium

MON

TUE

WED

THU

FRI

SAT

SUN

4

5

6

7

TIME LINE

YEAR

SCHOOL

1year(12month) Gymnasium

1

2

3

8

9

10

11

12

リサーチにより都市の中でのアクティビティを「カタチ」として捉え、時間経過による変化を記述したデータ ベース。都市のリズムをサンプリングし、構造を解き明かす。ここでは 1 日、1 週間、1 年の 3 つの時間軸によっ て余剰を発見することで、季節、風度なども捉えることが可能になる。 That database describing the change over time by capturing the activity in the city as a "shape" through research. Sampling the rhythm of the city and solving the structure. Here, it is possible to capture the season, wind, etc. by finding surplus by three time axes of 1 day, 1 week, 1 year.

Academic Works

24

Diploma Design/Platform for activity herds

sign ◀:adult


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

Diploma Design/Platform for activity herds

018

Academic Works TIME LINE

STATION

SHOP

Ofiice

SCHOOL

Nurseryschool

LIBRARY

GALLERY

Theater


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

019

STATION

SHOP

Ofiice

SCHOOL

Nurseryschool

LIBRARY

GALLERY

TIME LINE

STATION

SHOP

Ofiice

SCHOOL

Nurseryschool

LIBRARY

GALLERY

TIME LINE

STATION

SHOP

Ofiice

SCHOOL

Nurseryschool

LIBRARY

GALLERY

TIME LINE

STATION

SHOP

Ofiice

SCHOOL

Nurseryschool

LIBRARY

GALLERY

Academic Works

Diploma Design/Platform for activity herds

TIME LINE

Theater

Theater

Theater

Theater


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

020

Spatial relationship

アクティビティの周期性と境界の関係性

Within the boundaries

・Type of activities of the edge Design approach 1 転換可能な状態

Convertible area

Design approach 2 介入可能な状態

commuting to work Return home

Intervention possible area

Design approach 3 開放可能な状態 Openable area

・Figure of example ビルディングタイプ

単一スケール

building type

building Type プログラム

Station

Station

platform

Transfer space

Office

④ Gallery Exhibition space

y Da 24 -SCHOOL

SHOP

SCHOOL

Schoolyard

General office

Gymnasium

SCHOOL

Nursery school

special purpose room

playground

y DaSCHOOL 4-

-2

class room

y Da 4-2

Library

y Da Nursery 4- school -2 Indoor

closed stacks books

Nursery school

Many Books

Design approach 3 Information

data Art

Theater

Library

Gallery

Theater holl

Enlightenment books

Exhibition space

境界内

Station Market

境界外

Design approach 1

Program

program アクティビティのエッジの周期 ( 色 )

SHOP

SHOP

Convenience store

Activities of the Type and cycle

Diploma Design/Platform for activity herds

private

Design approach 2

Low cycle 短周期

Tower Mansion

Many Desk Education work

None

week

Day

Year

Traditional Market

city

TAXI Terminal

public

BUSS Terminal

Outside the bounds

High cycle 長周期

Occupancy

Move to another station

ノーティーションによって導き出した周期性をプログラムに本来備わってる境界 ( セキュリティーライン ) とともに再度 記述したもの。実空間での管理と思考をつなげるコンポーネントとしての図。 The periodicity derived by notation is described again together with the boundary (security line) inherent in the program. A diagram as a component connecting management and thought in real space.

Relationship of extracted programs 抽出されるプログラムの関係性 境界が強い領域 Boundary is a strong area 収納・バックヤード 小学校 普通教室 駅 プラットホーム 図書館 タワーマンションエントランス

時間軸によって変化する領域 Boundary that varies with time axis 小学校 体育館・校庭・特別教室 イベントスペース・オープンスペース

境界が弱い領域 Boundary is a weak area 商業施設・広場・都市軸

Three situation Design approach 1  転換可能な状態 9:00∼15:00

15:00∼18:00

Design approach 2  介入可能な状態

18:00∼

9

授業のカタチ

放課後のクラブ活動のカタチ

10

11

12

Design approach 3  開放可能な状態 SCHOOL

余剰

減少 9:00∼15:00

15:00∼18:00

FRI

介入

SAT

special purpose room

FRI

SAT

18:00∼

プラットホームのアクティビティの規模 ex) カフェのアクティビティの規模 授業のカタチ

放課後のクラブ活動のカタチ

フィットネスクラブとして、仕事

※モノがシェアすることができる状況

帰りのサラリーマンが使用する。

アクティビティのエッジがプログラムのエッジ になる。空間のスケールの一致している場合、 時間軸にしたがって転換される領域。

ピークが終わるとアクティビティが減少する。 アクティビティの減少に対して、新たなアクティ ビティの介入を図る。固有性・有限性があるア クティビティが出現する。

 境界内のプログラムのなかで従来から地域開放が行 われているプログラム ( 特別教室 ) が存在する。占有 空間であるが、1 日、1 週間、1 年の周期の中での開放 が可能である領域が出現する。

以上のリサーチから得られたデータの中に 3 つの空間の種類があることを発見した。境界の強さと時間軸での横断可能性 によってプログラムの本質的な時間との関係性を可視化させることが出来る。ここでの発見は時間軸によって変化する陵 域の存在である。時間軸によって床面積を横断した使い方は商業・利益をあげながら公共性を拡張する。 We discovered that there are three types of space in the data obtained from the above research. It is possible to visualize the relationship between the intensity of the boundary and the intrinsic time of the program depending on the traverse possibility on the time axis. The finding here is the existence of a ridge zone which varies with the time axis. Used across the floor area according to the time axis extends publicity while raising commercial and profits.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

021

Diploma Design/Platform for activity herds  明快で目的的なアクティビティのための動線と散策的な動線が設けられ、スラブは様々なレベルにズ レ会うことによって、視覚的な衝突とアクティビティの連鎖を誘発するプラットフォームを形成する。 ( ※スラブの色は、占有・時間による横断・解放を示している。) There is a flow line for clear and purposeful activities and a strollable flow line, and the slab forms a platform that triggers a visual collision and activity chain by shifting to various levels. (* The color of the slab shows occupancy, crossing by time, release)

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

022

Deployment process 周期性からの配置プロセス Step.1

Step.2

Arrangement of convertible state.

Arrangement of intervention possible state.

Step.4

Diploma Design/Platform for activity herds

Step.3

Step.5 

Border placement of strong space.

Arrangement of openable state.

Step.6 

Border placement of weak space.

It corresponds to the context.

3 つの領域 ( 占有領域、開放領域、時間軸によって変化する領域 ) とプログラムの関係性から生成される 配置計画。G L からではなく 5 F から配置計画が行われる。 A placement plan generated from the relationship between three areas (occupied area, open area, area varying with time axis) and program. Placement plans are done from 5F instead of from GL.

Space handling activities アクティビティを扱う空間性 Plan

3D

Plan

3D

3D

Plan

4方向への流動

6 方向への流動と滞留

3 方向への流動と滞留

対角と 2 方向への流動

6 方向への流動と滞留

1方向への流動と滞留

2 方向への流動

6 方向への流動と滞留

滞留

アクティビティを扱うための空間構成のパターン。流動と滞留の関係性である。開放的な形式をとる空間構成は n o d e ( アクティビティの交差点 ) を持つ。滞留する空間は c o r n e r を多く持つことがわかる。この構成により建築を構想する。 A pattern of spatial organization for handling activities. It is the relationship between flow and retention. The open form spatial structure has node (intersection of activities). It can be seen that there are many corners in the space to stay. This structure conceives building.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

023

Diploma Design/Platform for activity herds

オレンジ 境界が強い領域 グレー  境界が時間軸で変化する領域 青    境界が弱い領域

小学校の特別教室 ( 5 F ) などの プログラムを転換可能な領域の 近くに配置する。

Acquire overallity : Stady 全体性の獲得:スタディ

No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

 駅前空間という膨大な床面積をゾーニングするために記述で得た知見を空間の質に置き換えスタ ディを行った。ゾーニングは時間軸での横断がもっとも盛んに行われる体育館、校庭を中心に行った。 体育館のボリュームは都市軸に反応し、低層では広場と商業施設を小さなボリュームを配置した。

No.9

In order to zon the enormous floor area called the station front space, I made a study by replacing the knowledge gained by the description with the quality of the space. Zoning focused on gymnasiums and schoolyards where crossing on the time axis is most prominent. The volume of the gymnasium responded to the urban axis (the axis of the railroad), and in the low stratum the plaza and the commercial facility arranged small volumes.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

024

Sectional configuration A-A' Program 7F( + 28000, + 32000)

Gymnasium・ Tower apartment common area

6F( + 22000, + 24000)

School(1・2・3・Special classroom) Library・Gymnasium・Fitness club・ Pool・Lunch room

Diploma Design/Platform for activity herds

5F( + 18000, + 20000) School(4・5・6・Special classroom) Library・Schoolyard・Fitness club・ Nursery school 4F( + 14000)

Library・Shops・Restaurant Examination of tickets・Platform

3F( + 8000, + 10000)

Library・Shops・Restaurant Connection to the Nambu line

2F( + 4000, + 5000)

Library・Shops・Restaurant

1F(±0)

Examination of tickets・Library・Shops  Restaurant・Taxi Pool Tower Mansion Entrance

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

025

Activity

催す Hold

学ぶ Learn

借りる Rent

読む Read

くつろぐ Relax

見守る Watch

シェア Share

鑑賞する 食べる look Eating

集まる Meet

遊ぶ 買う Playing Shoping 運動 Exercise 乗る ride

働く Work

Diploma Design/Platform for activity herds 都市軸が交わる高架下は - 2 0 0 0 レベルの広場となっている。大きな流れを受け止める G L 。駅のプラットホーム、 乗り換え空間、体育館 ( 転換後の劇場になる場 ) は鉄道の軸に正対している。それ以外の空間を都市軸に反応し ている。上層に向かって内部空間を配置する。 The elevated under which the city axis crosses has become a square of -2000 level. GL to take a big flow.The platform of the station, the transfer space, the gymnasium (the place to become the theater after conversion) are facing the axis of the railway. Other space reacts to urban axis. Place the inner space towards the upper layer.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

1F Plan S=1/800

J

026

Placement diagram

都市軸 :Urban axis

Redeveloped city Tower apartments

Existing townscape elementary school

Tower Mansion Entrance

Existing townscape elementary school

Redeveloped city Many tower apartments Large-scale commercial building

School Entrance

 駅を中心にたすき掛けの都市計画が行われているの がこの街の特徴である。分断されている都市をつなぐ。

Diploma Design/Platform for activity herds

It is the characteristic of this city that the urban plan which is crowded around the station is being carried out. Connect the divided cities.

4 つの領域:Four regions TM entrance

Station New

OLD Library SHOP

1

Park

Taxi Pool

A

SHOP

Station School road  分けられた 4 つの領域は 4 つの性格が存在する。 4 つの領域とその関係性を調停する領域の配置。 There are four characteristics of the four divided areas. Arrangement of the four regions and the region that mediates the relationship.

地と図の視点から Figure - Ground 既存計画 Existing plan 既存の計画敷地内の様相。大きな 床面積が G L を占めている。内部 と外部が断絶している。大きな床 面積は単調な反復を続けている。

Statio

Aspects of the existing planning site. Large floor area occupies GL. The interior and the exterior are disconnected. The large floor area continues monotonically.

連続する内外 This proposal 床を分散することで敷地に連続性 を生み出す。内外に外部のポケッ トが存在し、多様な振る舞いが生 まれる。時間軸によって床面を シェアすることで面積を抑える。 Distributing the floor creates continuity on the site. There are external pockets inside and outside, and various behaviors are created. Sharing the floor surface by the time axis suppresses the area.

Existing shops

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

JR Nanbu Station

Station

Diploma Design/Platform for activity herds

on

027

3

Taxi Pool

A Square 2

School Entrance

4

School road

Academic Works 0

10

30

50


Diploma Design/Platform for activity herds

028

Academic Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

029

Diploma Design/Platform for activity herds

1/ 既存の街並みに対してはヒューマンスケールでありながら、小さな単位で商業・集会場などを構成し、 その間を立体動線が配置されている。 2/ 高架下は大きな都市の広場として振る舞い。街の特徴が高架下か らの景色から把握することができる。 3/ 閉鎖的である改札空間は、既存の列柱を可視化させ視線のつなが りと空間の特性を最大化し開放的にしている。 4/ 再開発に対する街並みは、小学校の校庭による大屋根の 下の空間として構成している。マッスと「間」によって構成される。 1/ Although it is a human scale for the existing cityscape, it constitutes a commercial / meeting place etc. in a

small unit, and a solid flow line is arranged therebetween.  2/ Under the elevated behaviors as a large city square. Characteristics of the city can be grasped from the view from under the elevated.  3/ The closed wicket space

visualizes existing column columns, maximizes the connection of gaze and the characteristics of space, making it open.  4/ The townscape for redevelopment is constructed as a space under the large roof by the elementary school garden. It consists of Masters and "between".

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

030

5F Plan S=1/800 School(classroom/library/Fitness/nursery/ground)

JR Musashikosugi Station Nanbu Line

Shinmaruko Station Tokyu Line

❹Fourth‐grade

closed-stack

Diploma Design/Platform for activity herds

Loading EV

❺Fifth‐grad

2

3 Open to the city

library

A

❻Sixth‐grad

platform

4

B

B

School road

1

Gym

Hatch

Schoolyard nursery school

School road Park

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

031

Gymnasium

de

A

de

Cafe

Part of section B-B' 断面的な構成で小学校と都市 ( 乗り換え空間 ) を再構築する。 Reconstruct elementary school and city (transit space) with a cross-sectional configuration.

JR Musashikosugi Station Yokosuka Line

 従来の計画では小学校の計画では低層が低学年、高層に高学年を配置 する。しかし、駅舎建築の上層にある小学校は低層に高学年、構造に低 学年と配置計画が反転する。小学校の低層では駅舎との関係はオープン スペースを介して構築される。従来の閉鎖的な小学校ではなく、断面的 に、都市と小学校の関係性を再考するオルタナティブを提案する。 According to the conventional plan, in the elementary school plan, low-ranking low grades, high-ranked grades are arranged. However, the elementary school 0

10

30

50

in the upper layer of the station building reverses the lower grade to the upper

grade, the structure to the lower grade and the arrangement plan reverses. In the lower layer of elementary school the relationship with the station building is built through open space. We propose alternatives to reconsider the relationship

between cities and elementary schools in cross section rather than conventional closed elementary schools.

Academic Works

Diploma Design/Platform for activity herds

Entrance foyer


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

032 1 1/ 5 階高学年の昇降口前のオープンスペー ス。階段から 6 階の体育館 ( 展開後、劇場 ) へとアクセスが可能。 2/ 高学年のための 回廊。プラットホームに開かれながら、ー プンスペースをつないでいく。 3/ 小学校 の図書館。地域にも解放され、地域図書館 との連帯によって運営される。 4/ 通学路 沿い、図書館の前のスペース。地域の人生 徒が使える外部オープンスペース。

1/Open space in front of the entrance to

the 5th floor high school year. Access to the

Diploma Design/Platform for activity herds

gymnasium on the 6th floor (after deployment, theater) from the stairs is possible. 2/Corridor for high school grade. While opening to the

platform, I will connect the gap pace. 3/

Elementary school library. It is released to the area and it is managed by solidarity with the local library. 4/Along the school road, the

space before the library. External open space that local students can use.

2

Academic Works


033 3

Diploma Design/Platform for activity herds

4

Academic Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

034

6F Plan S=1/800 School(classroom/gymnasium/pool/lunchroom)

JR Musashikosugi Station Nanbu Line

Shinmaruko Station Tokyu Line

❶First‐grade

3

Diploma Design/Platform for activity herds

Loading EV

❷Second‐grad Entrance hall

C 1

C

A

❸Third‐grade

Gymnasium

Pool

2

Schoolyard

School road Park

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

035

Gymnasium

corridor courtyard +18000

de

corridor +18000

Part of section C-C' 断面的な構成で小学校と都市 ( 乗り換え空間 ) を再構築する。 Reconstruct elementary school and city (transit space) with a cross-sectional configuration. A

Flow line to switch

JR Musashikosugi Station Yokosuka Line

Fitness club・Weekday

Theater / Public hall・Holiday

一般動線・General flow line 裏動線・Theater Uradosen 0

10

30

50

稼働壁・Movable wall Pocket

転換される領域・The area to be converted 平日と休日で転換されるプログラムが変化する。床面積を時間帯でシェアする。 Programs that are switched on weekdays and holidays will change. Share floor area by time zone.

Academic Works

Diploma Design/Platform for activity herds

Transit space +14000


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

Diploma Design/Platform for activity herds

036

1/6 階 5 年生教室前のオープンスペース:都市軸の斜めのバスと教室をつなぐ回廊によっ

1 2

3

て生まれた中庭が見える。  2/6 階の回廊の先には外部のヴィオトープ。展開された時 には劇場・集会場になった時の外部のオープンスペースになる。 3/ 高学年用の昇降 口前のエントランスホール。転換された時の劇場のメインエントランスになる。劇場と してのメインエントランスとして、木材ではなく、メタルを使用している。

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

037

Diploma Design/Platform for activity herds

1/ 6th Floor 5th grade Open space in front of the classroom: Student can see the courtyard created by the corridor

connecting the umbrella bus of the city axis and the classroom.  2/ Exterior biotope at the end of the corridor on

the 6th floor. When it is expanded it becomes an open space outside when it becomes a theater / meeting place of

the city.  3/ Entrance hall in front of the entrance for high school year. Become the main entrance of the theater when converted. As the main entrance as a theater, we use metal instead of wood.

Academic Works


Diploma Design/Platform for activity herds

038

Academic Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

6F Transformation of gymnasium

039 体育館の転換

Gymnasium

Diploma Design/Platform for activity herds

平日:小学校の授業で使われる。( 8 : 0 0 から 1 7 : 0 0 ) Weekdays: Used in elementary school classes.

Theater

休日・放課後:市民のための集会場・音楽ホールとして使われる。 After holiday・after school: Used as a meeting place for music citizens · Music hall.

6F Transformation of Schoolyard

平日:小学校の授業で使われる。( 8 : 0 0 から 1 7 : 0 0 ) Weekdays: Used in elementary school classes.

校庭の転換

休日・放課後:市民のための運動場として開放される。 After school / after school: It is opened as a playground for citizens.

Academic Works


Diploma Design/Platform for activity herds

040

Academic Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

041

Diploma Design/Platform for activity herds  " ルーム " の集合体は他のアクティビティを誘発し合い、他の発見を生む。都市は呼吸を続ける生命体で ある。ユーザーが変化すれば、プログラムは変化する。縮退する社会において転用はもはや必然となってい る。アクティビティのスケールによって作られた " ルーム " は終わりのない「時間」によって常に流動的に 可変される。 Aggregations of "rooms" induce other activities and produce other discoveries. Cities are life forms that keep breathing. If the user changes, the program will change. Diversion is no longer necessary in a degenerating society. A "room" made by the scale of an activity is always fluctuated by an endless "time".

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO  高層マンションというプライベート性が高い建築

042

の乱立により変容し続ける武蔵小杉を題材に、これ までの駅前開発手法に対するオルタナティブを提案 しようとした作品である。人々の多様なアクティビ ティの " カタチ " には一定の周期性があることを発 見したうえで、時間軸上に現れる空間的な余白に対 し、建築を積極的に介入させていくオリジナルな設 計プロセスの構築が試みられている。複雑な事象の 本質をノーテーションにより解き明かし、駅という 都市空間を、持続的な公共性を担保しうる。" 土台 " として整備しようとした意欲的な作品である。                指導教員  建築家 古澤大輔

It is a work that tried to propose alternatives to the

station front development method so far with Musashi Kosugi continuing transformation due to the high

Diploma Design/Platform for activity herds

level of privacy of high-rise apartment buildings. After

discovering that there is a certain periodicity in the "form" of people's diverse activities, the original design

process which actively intervenes in building space against the spatial margin appearing on the time axis

Construction is attempted. We can unravel the essence of complicated event by notation, and we can secure sustainable publicity in urban space of station. It is an ambitious work which tried to maintain as "foundation".

            Associate Professor Architect/Daisuke Furusawa

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

043

Program : Contemporary Museum Site : Shibuya , Tobacco and the site of the salt museum

Academic Works

SHIBUYA SHIBUYACONTEMPORARY CONTEMPORARYMUSE UMUM MUSE

02. Design 1 Stadio(M1)   " 時の流れを掲示・観測点としての美術館 " " Observation Point "


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

 渋谷には最先端のカルチャーと、とめどない断絶も存在しているように思える。それは「街並み」をパッチワーク状に し、「流行」は目まぐるしく変化し、得意な文化を生み出している都市である。現代アートにおいてはムーブメントを生 み出す「渋谷パルコ」に対して、日本の現代アートを歴史とともに提示し、渋谷の観測点となる。消費が作り出した渋谷 性に対し、更新という新たな姿を与える建築を提案した。

SHIBUYA CONTEMPORARY

MUSEUM

044

- 時の流れを掲示・観測点としての美術館 -

Academic Works


It seems that Shibuya has a cutting-edge culture and a ruptured discontinuity. It is a city that makes "cityscape" a patchwork shape, "fashion" is rapidly changing, creating a good culture. In contemporary art, she presents Japanese contemporary art with history, "Shibuya Parco" which creates movement, and it becomes the observation point in Shibuya. Proposing a building that gives a new form of renewal to Shibuya nature produced by consumption.

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

- Posting the flow of time ¡ Museum as observation point -

045

SHIBUYA CONTEMPORARY

MUSEUM

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

046

Context 文脈

消費の先にあった「断絶」と「連続」 1 . 時の流れを掲示する美術館

SHIBUYA CONTEMPORARY

MUSEUM

 1 9 7 3 年(昭和 4 8 年)6 月に開店した渋谷パルコはセゾン グループの文化戦力により、若者カルチャーやアートとク ロスオーバーした。渋谷の文化形成をになっているパルコ の登場により「渋谷性」が骨格を形成していった。  渋谷には常に最先端のカルチャーが存在する。しかし、 そこにはとめどない断絶も存在しているように思える。そ れは街並みをパッチワーク状にし、流行は目まぐるしく変 化する。消費を素直に表した街である。

2 . メイド イン 「サブカルチャー」  消費社会が素直に表された街である渋谷では、サブカル チャーを発端として村上隆、中村政人、会田誠らを中心と した「シュミレーショニズム」と言った運動も生まれてい る。シュミレーショニズムはパルコの商品を作品に取りん だアートを作り出していった。( パルコ展 ) データベース 型の消費に移り変わっていったのが日本独自の文化形成を 作り出していった。

3 . ハイカルチャーの受け皿 P A R C O はサブカルチャーの発展を促し、 「渋谷らしさ」を保っ ている。しかし、渋谷の特徴である断絶が現れている。サ ブカルチャーの発信地が P A R C O ミュージアムだとするなら ば、それらがハイカルチャーになった時の受け皿が、同時 に必要だと考えた。

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

047

Translate the break of the city 都市の断絶を翻訳する

SHIBUYA CONTEMPORARY

MUSEUM  渋谷の中には、今の渋谷のアイデンティティを培ってきた歴史的な建物 ( アノニマス ) が存 在する。しかし、その背後には人々の日常における「記憶」と「歴史」から生まれる「都市の イメージ」が存在する。それは「徴」であり、それを手がかりに都市を歩き楽しむ。しかし消 費の波には街も対抗する術がなくパッチワーク状に歴史が錯綜している。 In Shibuya there is a historical building (anonymous) that has cultivated the identity of Shibuya now. However, behind it there is a "city image" that is born from "memories" and "history" of people's daily lives. It is a "signature", enjoy walking around the city with it as a clue. However, the wave of consumption has no way to compete with the city, and the history is complicated in the form of patchwork.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

048

SHIBUYA CONTEMPORARY

MUSEUM

Façade to translate urban breaks 都市の断絶を翻訳する 「虚構ファサード」 本来、都市のコンテクストから 見れば建築がもつ印象は刹那的とも言える。 本提案における既存建築の レンガ造ファサードを引き継ぐことは、 ”断絶の渋谷”がもつ過去の街並み と相対するに等しい。

Originally from the context of the city

It can be said that the impression that architecture has is a moment when looking at it.

Existing construction in this proposal To take over brick facade,

Past streets of "Shibuya of discontinuance" It is equal to opposite.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

049

Existing building 渋谷における断絶は決して

SHIBUYA CONTEMPORARY

止まることはない。 しかし記憶の中にある 印象を「プリント」 して継承することで 消費的都市を アイロニカルに表現した。

The discontinuity in Shibuya is never

MUSEUM

There is no stop.

But it is in memory "Print" impression By inheriting it

Consumption city

I expressed it aronically.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

050

Contemporary Japanese art research

45

Contemporary Japanese art skeleton after World War II

50

55

60

65

70

High economic growth

1954

75

1972

1953

NHK TV

1954

1956

SHIBUYA CONTEMPORARY

MUSEUM

WORLD WIDE

GUTAI

1970

1960

中国文化革命 1966 Tokyo Olympic Games 全共闘運動

大阪万博

学生運動

Tokyo Olympic Games

1954

1966

安保闘争 Paris May Revolution

Treaty of Peace with Japan 1954

具体:Gutai

1960

Neo Dadaism Organizers 1956

Kyusyuha performance Artinformel

Vietnam war

1968

「1964 年の生殖をいかに夢想しようとも一発のアトムが気軽に解決してくれる ようにピカソの闘牛もすでにひき殺された野良猫の血しぶきほどに、我々の心を 動かせない。真摯な芸術作品を踏みつぶしていく 20.6 世紀の真赤にのぼせあがっ た地球に登場して我々が虐殺をまぬがれる唯一の手段は殺戮者にまわることだ」。

1964 1970 1964

HIGH RED CENTER

絵画回帰 1968

美共闘

1969 1964

1962

1970

アンデパンダン展廃止 1964

ヤング・セブン展

Superstudio Quaderna

Make the exhibited art a modern Japanese art. Most of the contemporary art in Japan is defined as after the Second World War. However,

contemporary art has become a wide variety of expressions that can not be classified since the "micro pop declaration". So he conducted research based on "the history of Japanese contemporary art". So I focused on the time (time axis). It is necessary to reposition the contemporary art that reacts with history, ideology, incidents, etc. In the case of

So he conducted historical research. Historical research has a tendency to grasp the tendency and is much related to cultural formation. Rebuild the historical skeleton of the Tokyo Olympic Games, Super Flat, Sub Culture, and "Simuray Shinisumu" and the current art.

Academic Works

P M

PO Co

ゼロ次元

1963

芸術は爆発だ

MONOH

首都高開通

1960

1960

1956

1970

よど号事件

1960

1962

JAPANESE-POP Japanese Conceptualists

「世界・今日の美術展」

1966

1964

197


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

051 現代アートの通史的なリサーチ 第二次世界大戦以降の現代アートの通史的なリサーチ

80

85

90

1978

1976 oil SHOCK

1987

赤報隊事件

1970 1980

1989

1991

1994

ソ連崩壊

1991

バブル崩壊

95

00

松本サリン事件

2005

1995

2011

ベルリンの壁の崩壊

Iraq War

1989

now

マルタ会議 阪神淡路大震災 1995

1974 PARCO MUSEUM サブカルチャー

1991

1995

OST Japanese onceptualists

80s avant-garde

superflat

1992

Chim Pom

関西ニューウェーブ スタジオ食堂

1985

2004

1992

Benesse Art Site Naoshima

昭和 40 年会

75

1978

1997 Guggenheim Bilbao Museoa

 展示するアートを日本の現代アートとする。日本の現代アートは第二次世界大戦後と定義されているのが大半である。しかし、現 代アートは「マイクロポップ宣言」以降分類が不可能なほど多種多様な表現になっている。そこで「日本の現代アートの歴史」を基 軸にリサーチを行った。そこで着目したのは時代 ( 時間軸 ) である。歴史・イデオロギー・事件などと反応する現代アートを再度位 置付けることが必要である。   そこで通史的なリサーチを行った。通史的なリサーチは傾向を把握し、文化形成に多く関係している。東京オリンピック、スーパー フラット、サブカルチャー、そして「シュミレーショニスム」と現在のアートの歴史的な骨格を再構築する。

Academic Works

MUSEUM

POST MONOHA

Micro Pop declaration 2000

SHIBUYA CONTEMPORARY

HA

地下鉄サリン事変

TOKYO simulationIZM


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

052

Sequence of history

Museum as an observation

01

? WHITE CUBE/STYLE

WHITE CUBE/STYLE

 一般的な美術館では展示室を繋ぎあわせる背景が可視化されていない。 アートにはイデオロギー・思想があり、それは社会背景によって変化する。

SHIBUYA CONTEMPORARY

MUSEUM

「ホワイトキューブ」は「断切」であり似つかわしくないものではないか。

02 History Back graund

IZM・THOUGHT

IZM・THOUGHT

 展示室の計画をイズム・思想で分類することが有効なのではないか。 思想は作品のアウトプットに大きく関係してきている。作品の 「スケール」 や「種類」によって空間を差異化することが出来る。そうなると、その 背景にあるものが必要なのではないか。

03

? WHITE CUBE/STYLE

WHITE CUBE/STYLE

 繋ぎ合わせるプログラムとして「歴史展示室」を提示する。各展示室は 思想や運動によって分類された空間になっている。この関係を都市型美術 館である特徴の「縦動線」に翻訳され実空間に現れる。 History Back graund

IZM・THOUGHT

IZM・THOUGHT

HISTORY GALLERY

IZM・THOUGHT

HISTORY STAIR Back graund + ELEVATOR

=

HISTORY GALLERY

IZM・THOUGHT

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

053

n point

観測点としての美術館

SHIBUYA CONTEMPORARY

MUSEUM

Image collage : 歴史背景とともに現代アートを展示する。  美術館とは作品を展示するためだけのプログラムなのか ? 都市軸である「渋谷公園通り」に面した美術館の 姿とはどのようなものなのかという疑問が浮かび上がる。代々木公園、そして代々木体育館までの軸には敗戦 から立ち上がった日本の時の流れが存在している。通史的な展示計画のシークエンスや、継承される建物の風 景として、渋谷の時の流れを掲示・観測点としての美術館の姿を目指す。

Image collage : Exhibiting contemporary art with historical background.

This museum a program only for exhibiting works? It raises the question of what kind of art museum is facing the urban

axis "Shibuya Koen-dori". At Yoyogi Park, and to the Yoyogi gymnasium there is a flow of Japan that stood up since the defeat. Posting a flow of time in Shibuya as a sequence of historical exhibition plans and the landscape of the building to be succeeded · Aim at the museum as observation point.

Academic Works


CREATION CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

054 054

Site : タバコと塩の博物館跡地

SITE

SHIBUYASHIBUYA CONTEMPORARY MUSE CONTEMPORARY MUSE UM UM

PARCO

Edge of city

渋谷公園通りに置ける都市のパッチワーク ( 風景のエッジ )

渋谷のサブカルチャーの歴史を作ってきたパルコ

1 9 8 5 年と 2 0 1 5 年での都市の風景的境界性

Model

 裏路地の低層部との関係。オブジェクト・レディメイドの アートに自然光が入り、パブリックコートは都市に開かれる。

 歴史展示室が視覚的に都市に対して開いている。虚構の ファサードにより展示が見えがくれし、夜には光が溢れる。

Academic Works Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

055

Overall composition 8F Restaurant

RF GL= + 36500 ▼ 8F Plan

ミュージアムのレストランは最上階で一般 動線からもダイレクトにアクセスすること

GL= + 32000 CH=3500

が出来る。都市的な視点の獲得。

7F Sky Entrance

▼ 7F Plan

企画展から美術館を楽しみたい人は上階か

GL= + 28000 CH=3000

らアクセスする。動線計画を分けながら、 空間の楽しみに差異をつけることが出来る。

6F Special Exhibition Room

▼ 6F Plan

企画展示が可変して通常ギャラリーと連動 した展示が可能。現在の現代アートを文脈

GL= + 23500 CH=4500

の中で見ることが出来る。

5F Libray/Cafe/Public Court

▼ 5F Plan

企画展示が可変して通常ギャラリーと連動

の中で見ることが出来る。

4F Exhibition Room

▼ 4F Plan

ポストもの派の展示室。ポストもの派では 外部展示室がある。

GL= + 15000 CH=3500

HISTORY GALLERY

3F Exhibition Room

▼ 3F Plan

「もの派」と「日本のポップアート」の展示室。 断面的に連続する空間構成。

HISTORY GALLERY 2F Exhibition Room

▼ 2F Plan

日本の現代アートの出発点である「具体」 と「ネオダダ」の展示室。

GL= + 5000 CH=4000

HISTORY GALLERY 1F  Main Entrance/Museum Shop 歴史展示室 Event Holl Entrance/Cafe 豊かな歩行空間からダイレクトにアクセス

▼ 1F Plan

することの出来るエベントスペースがある。 文化やアクティビティが豊かな G L に答える

GL=±0 CH=4000

構成となっている。

B1F lecture Holl/Curator Office

▼ B1F Plan

レクチャーホールとキュレーターオフィスがあ り、管理と運営の連想性を担保する。

GL=-4600 CH=3600

B2F Museum Strange/maintenance

▼ B2F Plan

収蔵・補修作業スペースが配置されている。

GL=-10000 CH=5600

Academic Works

MUSEUM

GL= + 10000 CH=4000

SHIBUYA CONTEMPORARY

した展示が可能。現在の現代アートを文脈

GL= + 19000 CH=3500


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

056

1F Plan S=1/200

6500

8000

Cafe space

6000

Cafe Lecture hall reception

storage

Security Office locker

Public EV

MUSEUM

Y4

7300

Cafe kitchen

Unpacking room

room

Y3

WC

Lecture hall

Carrying EV

WC

Staff for the stairs

locker space

history gallery

Museum entrance lobby

15000

SHIBUYA CONTEMPORARY

HWC

EV for the museum

Museum shop storage

Museum reception storage

Y2

7300

Museum reception

Museum shop Museum shop reception office

Emergency stairs Y1

Box office

X1

X2

X3

X4

N

崩すための図式 「渋谷公園通り」から文化が豊かな「裏通り ( プチ公園通り ) 」への隣接する通りに対し「歴史展示」が開く ような構成をとっている。美術館のエントランスを大通りに配置した。裏路路にはダイレクトにアクセスで きるレクチャールーム、パブリック動線のエレベーターを配置し豊かな歩行空間に答える。

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

057

The historic exhibition room / lecture hall is open to the narrow alley space peculiar to Shibuya.

SHIBUYA CONTEMPORARY

渋谷特有の細い路地空間に対して歴史展示室・レクチャーホールは開いた構成になっている。

MUSEUM

具体アートの展示室は、絵画とレディメイドを両立できる空間でありながら断面的な連続が生まれている。 The art exhibition room is a space where both painting and readymade can be reconciled but a cross-sectional continuation is born.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

058

6500

8000

6500

6000

8000

6000

Y4

Y4

storage

Repair room Direct Repair storage

「GUTAI」 Art gallery space

7300

Curator office

Director room

7300

Reference room

Y3

Y3

Garden for staff to refresh

gallery storage

15000

history gallery 「Post-war reconstruction」

Lecture hall

Lecture hall lobby

Elevator machine room

history gallery 「ZeroGigen」

history gallery 「High Red center」

Y2

history gallery 「kyusyuha」

15000

meeting room reception room

history gallery 「High Red center」

Y2

WC

Museum Storage

7300

Irregular Art Space (margin)

HWC

「Neo Dadaizm oganizers」 Art gallery space

Emergency stairs

HWC WC

Y1

Y1

machine space

X1

X2

X3

WC

X1

X4

B1F Plan

X2

X3

X4

2F Plan

6500

8000

6500

6000

Y4

8000

6000

Y4

7300

「POST MONOHA」 Art gallery space

Y3

Mannierism & Diversity 1995-2009 Art gallery space

7300

Public court

Y3

15000

history gallery 「ZERO ZIGEN」

Direct loading

exhibition reception

history gallery 「High Red center」

Elevator machine room

15000

Temporary storage

Elevator machine room

Exhibition Art gallery

Y2

Y2

Y1

POST MONOHA Outside gallery space

POST MONOHA Water gallery space

HWC WC

7300

7300

SHIBUYA CONTEMPORARYMUSE UM MUSEUM SHIBUYA CONTEMPORARY

WC

7300

Lecture hall storage backstage

Emergency stairs

POST MONOHA Water galleryspace

Y1

WC

X1

4F Plan

X2

X3

X4

X1

6F Plan

Academic Works

POST MONOHA Outside galleryspace

X2

HWC WC

Emergency stairs

WC

X3

X4


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

059

Interior view of the history exhibition room. The longitudinal movement plays the role of education.

SHIBUYA CONTEMPORARY

歴史展示室の内観。縦動線はエデュケーションの役割を担い、断片化されたアートを通じ的に捉えることができる。

MUSEUM

もの派の展示室は周辺の建築の高さが低く自然光を取り入れることが可能な配置。 The arrangement room where the height of the surrounding building is low and the natural light can be taken in the exhibition room of the monarchy.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

060

Sectional configuration

SHIBUYA CONTEMPORARY

MUSEUM

断面構成

この建築の最大の特徴は、展示室 ( ホワイトキューブ ) を解体するよりも、むしろ膨張することである。展示作品を鑑賞する ためのスペースは自律的であるが、移動空間が文脈を担保し拡張する。 これは渋谷の不連続とサブカルチャーの断絶をつな ぐ姿を渋谷の都市に示すものである。 It is the greatest feature of this building that it expands rather than dismantling the exhibition room. Although the space to appreciate the art is autonomous, it keeps context in the moving space. This shows the figure to the city as connecting the discontinuity of the city of Shibuya and the break of subculture.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

061

Sectional detail drawing

4000

詳細断面

金物 (500×2000) ガラス+フィルム

上階エントランスホール

4500

立体的に連続する外部空間。 都市の中での居場所。

下地合板、フローリング

4500

釣り天井 天井仕上げ:パンチングメタル

カフェテリア

パブリックコート

SHIBUYA CONTEMPORARY

7850

企画展示室

MUSEUM

History exhibition composition Axonometry

歴史展示室構成

Plan

Section Gallery

ガラスにより、展示室からも 都市からも内部空間が見える 歴史展示を見ることができる。

折り重なるように配置されること によって、参照しながら展示空間

History Gallry

を進んでいく。

Gallery History Gallry

Sequence 都市に開き日常的に美術館を認識する。

Sequence

Gallery

HISTORY

History Gallry

HISTORY

縦動線が展示室になり、歴史背景が 展示室と展示室を繋ぐ。

折り重なるように配置されることによって、参照しながら展示空間を進んでいく。

By arranging so as to fold over, we will advance through the exhibition space with reference.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

SHIBUYA CONTEMPORARY

MUSEUM

062

1. 北側断面模型。左手ファサードは都市の開放的なパブリック空間を演出し、右手ファサードは都市に開いた展示室としての役割を担う。 都市型でありながら渋谷から生まれた文化と呼応する。 2. 歴史展示によって生まれた構成的なルールによって空間が規定されている。 地下は都市の文化を受け止めるホールとなっている。 3. 企画展示室は上階に設けられている。レストランと近い配置となっている。  4. レンガのプリントされたファサードが展示室から少し垣間見れ、記録と創造の境界を生きていることを示してくれる。 1. North cross section model. The left-hand facade creates an open public space of the city and the right-hand facade serves as an exhibition room open to the city. It corresponds to the culture born from Shibuya although it is an urban type.  2. Space is prescribed by constitutive rules born by history

exhibition. Underground is a hole to catch the culture of the city.  3. The exhibition room is located on the upper floor. It is arranged close to the restaurant.  4. The printed facade of the brick shows a little glimpse of the exhibition room and shows that he is living the boundary between record and creation.

Academic Works


063

SHIBUYA CONTEMPORARY

MUSEUM

2

1

3

4

Academic Works CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

現在の渋谷の文化と街並みは渋谷 P A R C O が作り上げたと いっても過言ではない。渋谷を埋め尽くす P A R C O 模倣群 体は、カウンターカルチャーの精神を引き継ぐことなく 相対主義に陥った。結果的に渋谷はバラついた街並みを 巨大開発が無理に縫い合わせることでパッチワーク状に なった。本提案は P A R C O ミュージアムという、カウンター カルチャーの精神を象徴する存在を再定義するものであ る。構成として P A R C O ミュージアムが先見の目をもって 見出した各時代の先進的な美術運動を時系順に展示し、 空間のシークエンスの中で近年の美術が辿ってきた流れ を時間旅行するようになっている。今ではありきたりに なっているものを見直し、その価値を再確認することに は大きな意義があるだろう。中央の吹き抜けに浮かぶ階 段は展示空間の一部であり、時間と時間をつなぐさなが らタイムマシンである。既存建築の立ち振る舞いをフィ ルムシートでファサードに転写することは、そこに渋谷 の時間軸を引き継いでいるという意思表明とも取れる。

064

SHIBUYA CONTEMPORARY

MUSEUM

飯嶋貫太

It is not an exaggeration to say that Shibuya PARCO created the present Shibuya culture and townscape. The PARCO imitation group that fills Shibuya fell into relativism without taking over the spirit of counter culture. As a result, Shibuya became a patchwork shape by forcibly sewing the roughly streetscapes with huge development. This proposal redefines the existence symbolizing the spirit of counter culture called PARCO museum. As a composition, the PARCO Museum exhibits advanced art movement at each age found with the foresighted eyes in chronological order, and time travel of the flow which recent art has been pursuing in the sequence of the space has come to time. It will be of great significance to reconsider what is nowadays and reaffirm its value. The staircase floating in the center colonnade is part of the exhibition space and is a time machine as connecting time and time. Transfering the behavior of the existing building to the facade with a film sheet can be taken as a manifestation of intention to inherit the time axis of Shibuya there.

Kanta Iijima

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

065

Program : House Site : Azabu , Roppongi , Tokyo

Academic Works

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

03. Design assignment 1(B1)   " 桜の息吹と住む " " Living with the breath of cherry blossoms "


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

 計画敷地は麻布の小さな公園の一角である。そこには桜の木がある。その桜の木を残した状態でありながら、公園との 連続性を生み出すことを考えた。道路の形状に対して対照的な L 字の配置をとっている。また家型という記号性を G L か ら切り離し、G L はコンクリートブロックで構成している。S 造の柱とコンクリートブロックの壁の思考により、1 F と 2 F の質の構成に差異をつけながら公園という開かれたものとの共存を目指した。

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

066

- 桜の息吹と住む -

Academic Works


The planning site is a corner of Azabu's small park. There is a cherry tree. Despite the cherry blossoms left, I thought about creating continuity with the park. It adopts a symmetrical L-shaped arrangement with respect to the shape of the road. Also, the signature of home type is separated from GL, and GL is composed of concrete blocks. Thinking of the wall of the S structure and the wall of the concrete block aimed at coexistence with the open thing called a park while making a difference in the composition of the quality of 1F and 2F.

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

- Living with the breath of cherry blossoms -

067

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

068 Program

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

House

Atelier

Park

公園に隣接する敷地であることから公園を一つのプログラムとして捉えた住宅を計画することを考えた。 またアトリエ付きの住宅を計画した。アトリエはセカンドリビングでありながら、公園に開いていく。 I thought about planning a house that saw the park as one program because it is a site adjacent to the park. I also planned a house with an atelier. Although the atelier is a second living room, it opens to the park.

Composition

Volume

1F Plan

二方向からのアクセスを可能にし、交点にリビング がある。L 字の構成は 2 つの性格の公園を作る。

二つの性格の性格は開かれたアトリエによって繋がる。 アトリエでの仕事は公園に開かれる。

Allow access from two directions, there is a living at the intersection. The composition of the letter L makes a park of two personality.

The character of two persons is connected by an open studio. Work in the atelier is held in the park.

Form

異なる家型という「記号」をモーフィングす ることによって形を生成している。記号性を 地面から切り離し、レベル差をつなぐような 構成を獲得する。強い記号を切り離し、なが ら全体性を獲得する。 We generate shapes by morphing "sign" of different house types. Separate the signature from

the ground and gain a configuration that connects the level difference. Separate strong symbols, while acquiring overallity.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

069

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

Plot Plan S=1:500 計画敷地は麻布であり、都心の中では比較的静かな住宅地である。敷地は公園に隣接する角地であり、桜の木がある。 その桜の木をきっかけとして公園とのつながりを生み出すアトリエ付きの住宅を設計した。 The planning site is Azabu and it is a relatively quiet residential area in the city center. The site is a corner lane adjacent to the park, and there is a cherry tree. Designed a house with an atelier that creates connections with the park with the cherry blossoms as a trigger.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

+2000

B

+1500

P.S.

+1000

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

C

070

Studio storage

Studio

±0

+500

+3000

Storage

WC

court

+2500

Park ±0

Dining Entrance

Living

A

Storage

A

C

WC

B

±0

−1000

1F Plan S=1:150 0

Academic Works

5

10


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO Inner court

Entrance

2500

+2500

7900

2800

Children's room

±0

-1500

Second Living

WC 800

Parking ±0

Children's room

2500

Children's room

2800

Loft

1500

A-A' Section S=1:200

B-B' Section S=1:200

Academic Works

Park ±0

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

balcony

6800

1500

071


Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

072

1

2

Academic Works

3

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

073

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

1/ 公園とのレベル差がついたリビングはハイサイドによって光が注がれる。 2/ 公園からアトリエ越しにインナーコートが見 える。カーテンで視線を遮ることが可能。 3/ エントランスは中庭に面している、都市との間に一息をつくためのシークエンス。 自然と連続的な関係性を作り出す。 1 / Light is poured by the high side in the living room with the level difference with the park. 2/ You can see the inner court through the atelier from the park. It is possible to block the line of sight with a curtain. 3/ Entrance facing the courtyard, a sequence to take a breath away with the city. It creates a continuous relationship with nature.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

074

+1000

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

+3000

+2500

C

+2000

B

+1500

Entrance +2500

Bed room

court ±0

+500

Studio

Storage

Children's room

Sub Living

A

C

Children's room

B

A

WC Bath room

Balcony

±0

Park ±0

−1000

2F Plan S=1:150 0

Academic Works

5

10


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

075

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

西側立面 S=1:200 West side elevation

北側立面 S=1:200 Nouth side elevation

東側立面 S=1:200 East side elevation

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

076

1/ セカンドリビングでは、学習空間は + 1 6 0 0 レベルのレベルにあり、断面視認性を作り出す。 2 / 子供の裸から、インナーコー トと多層視界が生まれました。窓に 2 つの意味が生まれる。 3 / 異なるの家型が作り出す屋根は、幾何学的に織られロフト空間 を作り出す。 パンチングメタルで明るい空間を演出しながら、トップライトはアトリエまで落ちる。 1 / second living, the study space is at the level of +1600 level, creating cross-sectional visibility.  2 / From child bare, inner coat and multilayered visibility are born. It has two meanings in the window.  3 / The outline of a different house type creates a geometrically broken loft space. While being a bright space by the punching metal, the top light falls down to the atelier.

Academic Works


077

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

3

1

2

Academic Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

078

Academic Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

079

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

C-C' Section : Construction drawing プライバシーが必要な個室 ( 寝室 ) は閉じた状態でありながら、アトリエとリビング、廊下、屋根 裏空間は一体の空間となっている。連続しながら、屋根からの光が住居共有部に降り注ぐ。断面的 な連続により家族としての一体感を生み出すことを考えた。 While the private room (bedroom) that needs privacy is in a closed state, the atelier and the living room, the corridor and the attic space are integrated space. Continuously, the light from the roof rushes down to the dwelling share. I thought that creating a sense of unity as a family by cross-sectional continuation.

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

080

Design assignment 1 / Living with the breath of cherry blossoms

Competition Works 04. Circos International Architecture Competition 2016(M1) " - 記憶の徴、液体のなかの水晶を求めて - " " Superimpose Poche "

Program : Park , Pavilion , arcade Site : Ginza , Tokyo , Japan   With : Ryo Yoshimura, HIrono Yota

05. Plan B architecture competition:

The City Above the City - Metsä Wood 2016(M1) " - 自主プロジェクト / 移民の集合住宅 - " " Camouflage Infrastructure "

Program : Housing complex Site : Southwork , London , UK   With : Ishida Takayuki , Iijima Kanta Ono Yoshiki , Ayuka Nakamura Ryo Yoshimura, HIrono Yota

06. L'attrait competition 2016   " 日常のキリトリセン " " Behavior cut line "

Program : Apartment:1 room , Renovation Site : Setagaya , Tokyo   With : Ishida Takayuki

07. Hafele

competition 2016   " 愛しえぬ沈黙さえも " " The world of love and silence " Program : Sunroom Site : Quantitative events   With : Ryo Yoshimura, HIrono Yota

Academic Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

081

Program : Park , Pavilion , arcade Site : Ginza , Tokyo , Japan

Competition Competition Works Works

Superimpose Poche

04. Circos International Architecture Competition 2016(M1) " - 記憶の徴、液体のなかの水晶を求めて - " " Superimpose Poche "


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

Superimpose Poche

082

Ⅰ . 「更新を観測する建築 ( =液体 ) / Vertical」 Ⅱ . 「物質として記憶を持つ建築 ( =水晶 ) / Horizontal」 Ⅲ . 「過去の投影による拡張認識としての建築/ Superimpose」

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

Ⅰ .「Architecture to observe updates( = liquid) / Vertical」 . with memory as a substance( = crystal) / Horizontal」 Ⅱ 「Architecture Ⅲ .「Architecture as extended recognition by past projection / Superimpose」

083

Superimpose Poche

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

084 Ginza's "sign of memory" 銀座が持つ「記憶の徴」 構成:Configuration

出来事の界層 文明開花 civilization and enlightenment

16m×16m の正方 (1F) 関東大震災 Great Kanto Earthquake

大梁

8m×8m の正方

Superimpose Poche

第二次世界大戦 World War 2

4m×4m の正方 立体トラス

大梁 今:Progress now   Notopography syndrome

時を刻む建築

Inspiration model

 「都市」や「建物」は不動産的価値、用途の変化に従って「カタチ」造られる。 東京オリンピック前夜の今、銀座の光景も再開発による変容を見せる。  その反面「建築」は永久の原型を目指す。過去の界層をポシェに焼き込み、 記憶とともに「建築化」する。地盤面の現実に対し、過去の記憶をインポーズし 拡張現実的空間体験によって、銀座という町を観測する構成。 "Cities" and "buildings" are built "according to real estate value and change in application" shape ". Now that the night before the Tokyo Olympics, the scenery of Ginza also shows transformation through redevelopment. On the other hand, "architecture" aims at permanent prototype. Burn past world bodies to Poche and "architect" it with memory. Construction to measure the town called Ginza by imposing memory of the past against the reality of the ground surface and augmented reality space experience.

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

085 Blueprint of sign 徴の青焼き

The "signature" of memory generated from the rule of a solid truss.

平面的・鳥瞰的視点からもシンボルを獲得する。 It also acquire signatures from a planar and bird's-eye viewpoint.

Competition Works

Superimpose Poche

立体トラスのルールから生成される記憶の「徴」。


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

086

Horizontal storage of hundred-fold limit

Superimpose Poche

百尺制限の水平による記憶

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

087

Superimpose Poche アノニマスな建物であるが、銀座 ( 都市 ) の「出来事の徴」は、都市的財産であり , インポーズし建築化する。 この銀座という街には歴史の渦の中でも生き残り、百尺制限の規制を受けた建物が多く存在する。百尺制 限という歴史的水平をトレースするように記憶化を行う。 Although it is an anonymous building, "God of events" in Ginza (city) is urban property, imposing and building. In this city called Ginza, there are many buildings that survive even in the history of history and have been restricted by hundreds of yen limit. We will remember to trace the historical horizon of hundreds of yen limit.

Competition Works


Superimpose Poche

088

Competition Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


089

Superimpose Poche

Competition Works CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

090

Superimpose pose / architecture as extended recognition

Superimpose Poche

‒ スーパーインポーズポシェ / 拡張認識としての建築 ‒

町並みと過去の記憶がインポーズされる。/ 界層を貫通するのはメディアの情報。 The townscape and past memories are imposed. / Information penetrating the world is media information.

水晶内つまりポシェに、出来事の界層をオーバープリントを行い、「青焼き」を行った地上面では現在の都市が、水晶内・ 上空には過去の都市が現れる。都市の断片的な記憶として重ね合わせると、各界層で様々な「ズレ」が生じる。そこでは、 人々が「徴」を頼りに銀座 ( 都市 ) の記憶をしていく。拡張認識によって歴史の痕跡を「スーパーインポーズ」によって 描き出し、現在と対比させる建築の姿が「水晶」としての建築の姿ではないだろうか。 それは東京の街を問いただし、「出来事の徴」を相対化し、 多層的な文脈の中に問いただすことを意味しているのである。

Overprinting the border layer of events in quartz, that is, in Poche, "Blue Bake" was done on the ground surface, the current city, in the

crystal, the past city appears. If it is superimposed as a fragmentary memory of a city, various "deviations" will occur in each layer of the world. There, people rely on "signature" to memorize Ginza (city). Will not it be the appearance of architecture as "crystal" that the architectural figure which contrasts with the present by depicting traces of history by "superimpose" by extended recognition? It queries the streets of Tokyo, relativizes "signs of events"It means to ask questions in a multilayered context.

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

091

The sign of the sign ‒ 徴のゆくえ ‒  

Superimpose Poche

建物 ( 垂直 ) が観測する屋根 ( 水平 ) を貫通する。都市の変化 に時間的文脈が宿り、観測点となる。 It penetrates the roof (horizontal) observed by the building (vertical). Temporal context dwells in urban change.

 水晶を規定する存在として「徴」に赴きを置く。敷地である「銀座」は、和光本店を はじめとする歴史の徴が多く点在しており固有性・持続性があるものの、他エリア・境 界エリアでは大規模な再開発が始まっている。「徴」は都市の時間・記憶が表現機構と して昇華された姿である。

I will visit the "signature" as an existence prescribing the crystal. Although the site "Ginza" is dotted with many signs of history including the Wako head office and has uniqueity and sustainability, large-scale redevelopment has started in other areas · boundary area. "Symbol" is a figure in which city time and memory is sublimated as an expression mechanism.

Competition Works


Superimpose Poche

092

Competition Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

093

Program : Housing complex Site : Southwork , London , UK

Competition Works

Plan B architecture competition // Camouflage Camouflage Infrastructure Plan B architecture competition Infrastructure

05. Plan B architecture competition: The City Above the City - Metsä Wood 2016(M1)   " - 自主プロジェクト / 移民の集合住宅 - " " Camouflage Infrastructure "


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

 イギリスが E U を脱退した現在、ヨーロッパでは多くの移民受け入れ問題が浮き彫りとなっている。そこで移民の居場 所を都市空間の空白である屋上空間に見出した。既存の組積造建築に木造で集合住宅を増築した。木造の形式はストラク チャーとインテリアを横断したものになっている。それは様々な宗教・文化の違いを受け入れ、可変する移民の人口に対 応することを考えた。屋上は都市空間の共有財産として都市に開放される。

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

094

- 移民のための集合住宅 -

Competition Works


Now that England has withdrawn from the European Union, many European immigration acceptance problems are highlighted. I found the location of immigrants in the rooftop space, which is a blank space of urban space. We have extended the housing complex to existing masonry construction with wooden construction. The wooden form has been crossed the structure and the interior. It accepted the various religious and cultural differences and thought about responding to the variable population of immigrants. The rooftop is open to the city as a shared property of urban space.

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

- Camouflage Infrastructure -

095

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

096

DIVERSIFICARION of THE WORLD Population growth 人口増加

世界的に人口増加が起こっている。現在約 7 億人 の人口は 1 0 0 年後には 1 0 億人を超えると言われ ている。

人口増加・Population growth

Population density 人口密度

世界的に人口増加が起こっている。現在約 7 億人 の人口は 1 0 0 年後には 1 0 億人を超えると言われ ている。 年々人口増加率はあがっていっている。 Population growth is happened.Bad human habitable land never increase.Population density seem to be on the increase.And, where the people live is eliminated. 世界の人口密度分布・Demographic distribution of the world

Russia 11,643,276

CANADIAN ENGKISH 8,095,126

GERMANY 12,005690 FRANCE 7,784,418

Spain 5,852,953

46,627,102

SAUDI ARABIA 10,185,945 UNITED ARAB EMIRATES 8,095,126

Australian English 6,763,663

h

Drink reading

Meal Going to bed clean up Washing

2 4 / 7 ・Rhythm in London

Competition Works

The Catholic Church Islam

Bangladesh system Other Asian

Christianity Judaism

Indian

Pakistan-based

Hinduism Buddhism

itis Br

Caucasian Whi te Iri sh

Arab

FeMa m le al e

h As

ut

So

ce ra ed se ix e M Chin

OldAge le up Co ingleily S am F

rib

Ca

Other Caucasian

ge

bathing

ed as -b k an ac be r bl he Ot ian

Bla ck Afr

ult

MiddleA

praying

playing

Ad

ic an

ne

the pho il Answeran ema e Writ g Filin

ing

work

d Chil h ut Yo

Information networks, such as the Internet to give the cultural diversity to the world. Transportation network such as on an airplane or in the ship maximize the fluidity of people and goods. The world goes to diversification. And there is the fact that worldwide this liquidity is exacerbating the social problems of immigration. Immigration problem is especially serious in particular the European bloc. United Kingdom is one of the most country where immigration has flowed in the past 10 years.

ce ndan Atte in Taik

移民居住分布・Immigration habitation distribution

Music appreciation Party

 インターネットをはじめとする情報ネット ワークは文化的多様性を世界に教授し、飛行機や 船などの交通ネットワークは人或るいは物の流 動性を最大限に引き上げ、世界は今よりも多様化 してゆく。  そして世界的なこの流動性が移民という社会 問題を深刻化させているという事実がある。とく にヨーロッパ圏において移民問題は特に深刻だ。 イギリスはここ 1 0 年で最も移民流入が多かった 国の一つである。

UNITED KINGDAM 8,543,120

ce eren Conf tation en pres

ネットワークと移民

living

Network and Immigration

Go out Internet surfing

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

Nowadays world population growth is happening . It is said that about 700 million people of the population is to be more than 10 million people hundref one hundred years later.


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

097

UNITED KINGDAM Immigration increase

00

200

300

2007 2008 2009 2010 2011 2012

Incre

ase

2013 2014 2015

イギリスにおける移民増加・Immigration increase in the UK Net Migration(thousan

United Kingdom suffer from chronic housing shortage from the previous.Homeownership number per household is clearly lower than in other countries.This problem, of course is the influx of explosive immigration was serious.London has not been able to correspond to a variety of residential culture that can not speak unambiguously and the rapidly growing population. First of all, London is a uniform rent of distribution of rental housing.In general, rental housing in the middle price range is large.In contrast,Nearly equal cheap number of rental housing and the high rental housing in London.London does not have a sufficient number of houses, a small low-cost rental housing among them.So it has fallen into a chronic housing shortage.

01 2006

700 600 500 400

immigration

Emigration

300 200

2006

2007

2008

2009

2010

2011

2012

2013

2014

2015

イギリス人と移民の割合・Percentage of immigrants and British

1.20

1.14

Housing shortage

1.13 1.02

人口増加による住宅不足

UNITED

 KINGDAM  

U.S.A.

人口と住戸の割合・Percentage of population and house (%) 40

30

o) ky To n( pa Ja

(N

Y)

aris) France(P 20

ic a

London is made up a group of distinctive regions.It can be seen that the rooted already diverse area in the city if you look at the ethnic composition of each areas.And history with these regions is old, history forms the cityscape of the current London. We can not break the beautiful London cityscape and regional characteristics.If we can build a habitat of immigration on the roof, it is possible to create a saucer of a new diversity,without breaking the existing regional.By focusing on the roof, it is possible to mass produce inexpensive housing which can tolerate diversity immigrants.

Japan

France

Am er

イギリスは以前から慢性的な住宅不足に悩まされている。 一世帯あたりの持ち家数は他の国に比べて明らかに低い。 この問題を、爆発的な移民の流入が深刻化させたのは言う までもない。ロンドンは急激に増えた人口と一義的に語る ことのできない多様な居住文化に対応できていない。そも そも、ロンドンは賃貸住居の賃料の分布が均一である。一 般には中価格帯の賃貸住宅が多い。それに対しロンドンで は安い賃貸住宅と高い賃貸住宅の数がほぼ等しいのであ る。よって裕福でない人々が住む賃貸住宅が不足している のだ。ロンドンは十分な数の住宅を持っておらず、その中 でも低価格賃貸住宅が少ない。だから慢性的な住宅不足に 陥っている。これを解決するために、こう考えてみる。既 存建築の屋上は、明日の住処 になり得る。

10

0

UNITED KINGDAM(London) <450 450-630

630-900

900-1080 1080- 1350 1350-2000

2000<

人口増減と住戸の割合・Percentage of population increase and decrease

Competition Works

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

イギリスにおける移民人口は、ここ数年で急激に増加して いる。イギリスの十分な移民手当を求めて、世界各国の人々 が押し寄せたのだ。 移民人口は特に 2 0 1 2 年以降急激な増 加をしている。 これはイギリスが E U を脱退した原因の一 つである。イギリスにおける移民人口は、ここ数年で急激 に増加している。イギリスの十分な移民手当を求めて、世 界各国の人々が押し寄せたのだ。 移民人口は特に 2 0 1 2 年 以降急激な増加をしている。 これはイギリスが E U を脱退 した原因の一つである。 イギリス国内で爆発的に増えた移民は、ロンドンという 都市に混乱と多様性をもたらしている。 新たな多様性は ロンドンの街をどう変えるのだろうか。きっと、ロンドン は多様さを許容するだろう。ロンドンと移民が生んだ多様 性を、街は、建築は、どのように受け止めることができる のか。

Net Migration Revised Net Migrati

移民増加


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

098

PLAN to LONDON

The new Architecture of immigrants

30.Enfield

31.Barnet 32.Harrow 29.Haringey 26.Redbridge

28.Waltham Forest

12. Brent

11.Camden

9.Hackney 10.Islington

24.Havering 25.Barking and Dagenham

33.Hillingdon

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

13.Ealing

2.City of Westminster 8.Tower Hamlets 1.City of London

27.Newham

3.Kensington and Chelsea 4.Hammersmith and Fulham 7. Southwark 22.Greenwich 14.Hounslow 5. Wandsworth

6.Lambeth

15.Richmond upon Thames

23.Bexley 21.Lewisham

17.Merton

16.Kingston upon Thames 20.Bromley 18.Sutton 19.Croydon

British people

India

African Mixed

un-British people

Pakistani

Asian Mixed

White Other

Other Asian

Other Black people

Irish

Caribbean-based black

Other

African Caribbean-based human

African black

Other Mixed

Chinese

South Asian

Caribbean-based Mixed

Bangladeshi people

ロンドンは特徴的な地域の集まりでできている。各地域の民族構 成を見れば、市内には既に多様なエリアが根付いていることがわか る。そしてこれらの地域が持つ歴史は古く、その歴史は現在のロン ドンの街並みを形成している。 もし屋上に移民の住処を建てるこ とができれば、既存の地域を壊すことなく、新たな多様性の受け皿 を創出することができる。屋上に着目することで、移民の多様性を 許容できる安価な住宅を大量生産することができるのではないだろ うか。私たちは、移民人口が多い都市部である「サウスウォーク地 区」を選定する。

Southwark

London is made up a group of distinctive regions.It can be seen that the rooted already diverse area in the city if you look at the ethnic composition of each areas.And history with these regions is old, history forms the cityscape of the current London.We can not break the beautiful London cityscape and regional characteristics.If we can build a habitat of immigration on the roof, it is possible to create a saucer of a new diversity,without breaking the existing regional.By focusing on the roof, it is possible to mass produce inexpensive housing which can tolerate diversity immigrants.

Competition Works


099

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

Competition Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

Location:Southwark Area Blackfriars Bridge

0100

River Thames

City of London Nomura International Plc

Millennium Bridge

Monumen Fire o

Southwark Bridge

Tate Modern

Shakespeare's Globe

London Bridge

The Clink Prison Museum

iris London New Philanthropy Capital

Golden Hinde II LSE Bankside House

Blue Fin Venue

Southwark Cathedral

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

TBWA Hotel Novotel London City South

Site

London Bridge St

Leicester Squ Menier Chocolate Factory

Mint Street Park

Site : rooftop

Next Target

Next Target

Next Target

Next Target

Next Target

ロンドン近郊の地区には日本の「団地」と類似する形式の集合住宅が多く存在する。この形態 の多くは R C 像でありながら、5 階立て程度のものである。またこの形式の反復は都市に多く 存在し、その屋上に寄生しながら連鎖する関係性をつくることができるのではないか。 There are many collective houses of a type analogous to the Japanese "housing complex" in the suburbs of London. Although most of this form is an RC image, it is about 5 stories in height. Also, there are many iterations of this form in cities, and it is possible to create a relationship that links chains while parasitizing the rooftops.

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0101

Overall structure 全体構成

02.Tatedosen

01.Wood Structure

4×4 1×1

2×2

規格材で構成された部材で既存の両端に縦動線を計画し、地上を 結ぶ。階段やエレベーターなどの縦動線が挿入され、中心には屋 上から伸びる縦動線が存在する。

New habitat for our proposed immigration is, straight portion 100 millimeters has beenstandardized Constituted by the wood. Lightweight, can be realized in any roof for transportation is easy.

The dimensional lumber volume links the ground to the roof. The lines of flow such as stairsor the elevator long are inserted there, and there is a line of flow lengthening from the roof long in the center.

03.Variety of housing

04.Rooftop skin

framework

建物の構成は、ここに住戸が挿入されることで成り立つ。バリエー ションにとんだ住戸は不均一に配置され、住人の多様性を受け止 めながら、建築に多様な様相を与える。

屋根が架かることで新たな建物上部に新たな空間を創出する。特 徴的でありながら、普遍的な魅力をもつ建築の全体は、ロンドン への汎用性が極めて高い。

The configuration of the building, holds in that dwelling unit is inserted here. It jumped to variation dwelling unit is.It is non-uniformly arranged, while receiving the residents of diversity, provide a variety of aspects to the building.

To create a new space in the new building top by roof spans. Yet distinctive, universalSpecific overall architecture with the charm, very high versatility to London.

Construction Diagram 構法ダイアグラム

 標準的な材料、柱と梁による構造は、各柱や梁の伝統的な 1 することで、この 4 構造で構成されている。それだけの構成で は、このような斜材などの標準から逸脱する意志アウトメン バー、困難です。複数であって、1 つだから薄い。建設は 2 本 で構成することが可能と考えられるが、不均一の領域が機械的 に出てきている。これが 4 本である場合、構造安定性、標準化、 軽量化、及びすべての美しさを得ることが可能。

江川家住宅 静岡 / 韮山 / 日本 Egawake House Shizuoka/Japan

4×4 1×1

Structure according to standard materials, columns and beams are each composed of this 4. Structure by the traditional one of the pillars and beams, it only configuration is difficult in, will out member to deviate from the standard, such as the diagonal members. So thin the one that, and was in multiple. Construction be configured by two is considered possible, but comes out mechanically areas of nonuniform. If this is four, it is possible to obtain structural stability, standardization, lighter, and all the beauty.

Competition Works

2×2

構法・Construction

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

 移民のためのあらたな住戸は、規格化された直線部材によって 構成される。軽量で、運搬が容易なためどんな屋上にも実現可能。


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0102

How to Use

木軸と振る舞い カスタマ椅子することができるため、ユーザーが独自の振る舞いを開発する。 それは移民の多様性を受け止めるものとなる。しかし建築としての骨格は存続する。

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

As customers can chair, users develop their own behaviors. It will catch the diversity of immigrants. But the framework as architecture will survive.

Sleep

Siting

planter

Stading

Book Shelf

Cloak・Closet

増築部分のストラクチャーである木軸は独自の構法である。そのために振る舞いが生まれる。その 振る舞いは多様な移民の人々の振る舞い文化とチューニングをしてくれる。窓越しから見える景色 は変われど、文化や風習振る舞いはアイデンティティに組み込まれた証である。それを消さないた めに振る舞いを継承する。ストラクチャーでありながら、インフィルであるものを提案した。 The tree axis which is the structure of the extension part is a unique construction method. Therefore, behavior is born. Its behaviors do a variety of immigrants' behavior, culture and tuning. As the landscape seen through the window changes, cultural and custom custom behavior is a proof of incorporation into identity. Inherit behavior in order not to erase it. While being a structure, I proposed what is infill.

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0103

Kind of Room 木軸と振る舞い

flat room for one person

flat room for two person

flat room for two person

flat room for one person

maisonnette room for family

flat room for two person

maisonnette room for family

様々な人種・生活レペルに合わせた組み合わせを可能にする住戸の種類。それはロンドン近郊での家賃相場 などにも対応してどの組み合わせでも作ることを可能にしている。日本的な柱・梁という思考は可変可能で ありながら、アイデンティファイすることを可能にする。 The kind of dwelling unit that makes it possible to combine to various racial / life lapels. It makes it possible to make any combination in response to rent prices in the suburbs of London. Thoughts of Japan's pillars and beams are variable, it is possible to identify themselves.

Competition Works

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

flat room for one person


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

0104

2 人暮らしの住戸・中庭をはさんで寝室がある。

There is a bedroom with a dwelling unit / courtyard of two people living.

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0105

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure 1 人暮らしの住戸・ワンルームを木軸に寄り添って住まう。 Dwelling unit living alone · Dwell a studio close to the wooden axis.

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0106 X1

X2

X3

X4

X5

X6

X1

X2

X3

X4

X5

X6

Y27

3600

3600

Y27

Y26

Y26

2150

Y25

2150

Y25

2000

Y24

2000

Y24

2500

Y23

2500

Y23

2500

Y22

2500

Y22

-200

2500

Y20

2500

Y20

2500

Y19

2500

Y19

2500

Y18

2500

Y18

2500

Y17

2500

Y17

2500

Y16

2500

Y16

Y14 2500

2500

Y14

60500

60500

2500

Y15

2500

Y15

Y13 2500

2500

Y13

Y12 2500

2500

Y12

Y11 2500

2500

Y11

Y10 2500

2500

Y10

Y9 2500

2500

Y9

Y8 2500

2500

Y8

Y7 2500

2500

Y7

Y6 2500

2500

Y6

Y5 2000

2000

Y5

Y4 2150

2150

Y4

Y2

Y3

3600

Y3

3600

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

2500

Y21

2500

Y21

Y2

Y1

2000

2500

2500

2500

2000

2000

11500

1F(publi floor) S=1/300

Y1

2500

2500

2500

2000

11500

N

Competition Works

2F(Dwelling unit of floor) S=1/300

N


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0107 X1

X2

X3

X4

X5

X6

X1

X2

X3

X4

X5

X6

Y27

3600

3600

Y27

Y26

Y26

2150

Y25

2150

Y25

2000

Y24

2000

Y24

2500

Y23

2500

Y23

2500

Y22

2500

Y22

2500

Y21

2500

Y21

2500

2500

Y20

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

Y20

2500

Y19

2500

Y19

2500

Y18

2500

Y18

2500

Y17

2500

Y17

2500

Y16

2500

Y16

60500

60500

2500

Y15

2500

Y15

Y14 2500

2500

Y14

2500

Y13

2500

Y13

2500

Y12

2500

Y12

2500

Y11

2500

Y11

2500

Y10

2500

Y10

2500

Y9

2500

Y9

2500

Y8

2500

Y8

2500

Y7

2500

Y7

2500

Y6

2500

Y6

2000

Y5

2000

Y5

2150

Y4

2150

Y4

Y3

3600

3600

Y3

Y2

Y2

Y1

2000

2500

2500

2500

Y1

2000

2000

11500

3F(Dwelling unit of floor) S=1/300

2500

2500

2500

2000

11500

N

RF(Public floor) S=1/300

Competition Works

N


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

0108

屋上・屋内と屋外の連続屋上 マンションの屋上は、住民のコミュニケーションを確保する場所です。 共用キッチンと会 議場があります。 屋上は都会の財産です。 ロンドンの街にオープンしている場所です。 時間帯によって地域に解放された公園のような場所になります。 Roof top · Continuous rooftop inside and outside The rooftop of the apartment house is a place to secure the communication of residents. There is a shared kitchen and meeting place. The rooftop is a urban property. It is a place open to the city of London. It becomes a place like a park released to the area by the time zone.

Competition Works


0109

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

Competition Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

0110

Daylight Daylight

Daylight

Competition Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0111

Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

上:屋上の居住者のための集会場 下:2 F / 共用廊下 Above: Meeting place for rooftop residents Bottom:2F / common hallway

Competition Works


Plan B architecture competition / Camouflage Infrastructure

0112

Competition Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0113

Program : Apartment:1 room , Renovation Site : Setagaya , Tokyo

Competition Works

L'attrait competition 2016 / Behavior cut line

06. L'attrait competition 2016   " 日常のキリトリセン " " Behavior cut line "


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0114

Behavior cut line - 日常のキリトリセン -

L'attrait competition 2016 / Behavior cut line

competition/L'attrait 2016/Apartment:1 room , Renovation

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0115

L'attrait competition 2016 / Behavior cut line

1. 新規に挿入した壁によって空間が切り取られ、視線の先から光が差し込む。 2. 玄関からの複層的な視線の抜け。

3. キッチンよりメインスペースとインナーコートを見る。 1. The space is cut off by the newly inserted wall and light is inserted from the tip of the line of sight. 2. Missing multi-layered gaze from the entrance.

3. Look at the main space and the inner court from the kitchen.

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0116

Configuration diagram: Proposal of method 構成ダイアグラム:手法の提案

既存梁

仕上げの境界

新規挿入壁

L'attrait competition 2016 / Behavior cut line

テーブル

既存壁

隣地との界壁

 対象の物件は「1階の部屋」であり、空間の事象は既存躯体によって決定づけられている。リノベーションを するにあたり、単なるインテリアの更新や既存に対する尊重を欠くような更新は、今回のような汎用性の高い平 面形式を持つ部屋には相応しくないと考えた。そこで、既存躯体を頼りに、諸室のせめぎ合いの中で生まれた輪 郭 ( 切り取り線 ) によって既存壁、梁を相対化しつつも、普遍的な物件に対して柔軟な構成ができる手法を提案 する。輪郭は、既存躯体、開口の位置、広さによって様々な「エレメント」に変容する。例えば仕上げの切り替え、 諸室を有機的に繋ぐ壁、家具などの「日常を切り取るエレメント」として空間に存在する。この手法により既存 を尊重しながら住空間と外部、視線を緩やかに切りとっていくことによって、複層的な「1 階の部屋」を実現する。

Re-editing of rooms 諸室の再編集

既存のスケルトン は、空間のレイアウ トを規定してしま う。単純な部屋の構 成では諸室、空間の 関係性が乏しい。

エレメントへ還元。

Competition Works

既存スケルトンにと らわれない諸室、 空間のせめぎ合いに よってできる輪郭 ( 切 り 取 り 線) に よって従空間と外部 を有機的に緩く繋い でいく。


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0117

Plan S = 1 / 5 0 洗面室と一体的な クローゼット

洗濯機

浴室

玄関

W.I.C

洗面台

ホール

トイレ 1 つの窓から 2 つの

領域、仕上げの境界となる

南面向きのテーブル

隣地との界壁

L'attrait competition 2016 / Behavior cut line

内部空間に対して 採光を取ることが 可能になる。

冷蔵庫

リビング

インナーコート

拡張された半外部空間 バルコニー

N

700

Section S = 1 / 5 0

メインスペース

250

1800

インナーバルコニー

Competition Works

バスルーム


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

L'attrait competition 2016 / Behavior cut line

0118

1. 東側の開口よりベッドスペースと浴室を見る。 2. 二つの窓から見える対比的な内部空間。

1. I see the bedspace and the bathroom from the opening on the east side. 2. A contrasting internal space visible from the two windows.

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0119

Program : Sunroom Site : Quantitative events

Competition Works

HafeleL'attrait competition 6 / The of lovecutand competition 2016world / Behavior linesilence

07. Hafele competition 2016   " 愛しえぬ沈黙さえも " " The world of love and silence "


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0120

The world of love and silence

- 愛しえぬ沈黙さえも -

competition/Hafele 2016/Sexy sunroom

- 投影と還元  主として、境界は現象の投影によって構築される。

competition 2016world / Behavior linesilence HafeleL'attrait competition 6 / The of lovecutand

 加速する情報社会において認識は、異なる現実、 物理的現実、形而上的現実、そして非物質的現実の 中に同時に存在している。現代において、現実の物 理の基礎となっているのは、岩や石ではなく、雲の ようなものであるのではないだろうか。非物質的な 物質を認識することを、建築を物質化することにお いて深く考えなければならないのである。ブラック ボックスによる空間は、極めて建築であり、私たち を収容するに過ぎない。私たちは境界を限定せず、 境界を粒子へと還元する。

Competition Works


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

S i t e : 定量化しえぬ事象

0121

- 矩形の行方 空間を規定する平面形式として矩形を選ぶ。矩形に よって区切られたのは、物質としの存在する自然の 一部ではなく、人間の眼差しの作用、その枠組みの 強調である。だから、その自然を切り取った空間の 枠組みとしての眼差しは、無限に増殖して、グリッ ドになって自動的に空間を構成していく。矩形の選 定は空間の無限発展を意味する。

- 身体・共生・沈黙  身体とは自由をあらわす道具である。例えば運動 選手の足や腕のあらわな姿、バレリーナの裸の背、 そこでは身体が自由を表現しており、動きが影像の べての根源的な現象に先立つもの。沈黙はそれらに 先立ち、その内在する。沈黙は空間や人間の最も根 人間の衰えた身体性は幾何学に

源的な構造に属している。男と女は建築の中心的存

頼ることで保たれている。

在として、物質と共生し、新たな知覚と共に安らぎ を得るサンルームとなる。

自然、都市、建築、空間には粒子が満ち溢れ、 それらが情報 = 物質を形成している。

湖の表面に風景が投影される。 それらは粒子の存在を意味する。 沈黙の矩形により粒子が知覚され、 空間へと還元されていく。

Section: 物質との共生

Competition Works

HafeleL'attrait competition 6 / The of lovecutand competition 2016world / Behavior linesilence

中で沈黙をもたらす。人生や、愛や、死のようなす


Summer Work Shop/Love Chair/One By Two

0122

Other Works

Other Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0123

" One By Two " Program : Love Chair (with Ryota Takano)

09. FDL 2015 Seminar Travel

Booklet Design (trip in Shikoku) (with Shinichiro Kosugi)

10. Toride Art Project 2015 / Seminar Project

「小さな建築家」・取手アートプロジェクト・研究室プロジェクト Site : Toride Shopping Mall

11.

Photography/Europe Trip/Seminar Trip/Other

Other Works

Summer Work Shop/Love Chair/One By Two

08. Summer Work Shop/"- 二つで一つ - "


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

08.One By Two - 二つで一つ -

0124

Summer Work Shop/Love Chair

Raw materials ダンボール 3 尺× 6 尺 ( 1 8 0 0 × 9 0 0 ) × 2 0 枚 , 紙紐  ※接着剤なし Cardboard 3 x 6 x 6 (1800 x 900) x 20, paper cord ※ no glue

Summer Work Shop/Love Chair/One By Two

Work situation

“LOVE” のあり方を考える。 Time

family

couple

meet

Time

family

couple

meet

 “ラブチェアー”と聞くと 2 人の“愛”を育むための椅子というイメージがある。 2 人が愛を育んでいくと”結婚”があり、家族が増えていく。 2 人から始まった“l o v e ”から家族になったときの“L O V E ”のあり方を考えた。 When asked "Love Chair" there is an image called a chair for nurturing the two "love". As they develop love, there is "marriage", and families are increasing. I thought about the way of "LOVE" when I became a family from "love" which started from two p e o p l e .

Diagram

LOVE LOVE

+

+

LOVE LOVE

1つになる

凸 : 切り抜いたパーツ

凹 : 切り抜かれたパーツ

+

LOVE LOVE 1つになる

凸 : 切り抜いたパーツ

凹 : 切り抜かれたパーツ

=

+ 凹凹: 切り抜かれた椅子 : 切り抜かれた椅子

=

=

= 凸 : 切り抜いた椅子

凸 : 切り抜いた椅子

Other Works

段ボールの大きさ

段ボールの大きさ

3尺 尺 (900mm × 1800mm) 3尺 ×6×6 尺 (900mm × 1800mm)


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0125

In one case it becomes a desk.

子供のスケールは身体的な状態を生み出す。 A child's scale creates a physical condition.

In one case it will be a family chair.

父親と母親のワークスペースにもなる。 It also becomes a work space for father and mother.

Plan S=1/10

◆Plan

Design : 添田魁人 Structure & Method : 高野凌太   Teacher : 横河健、井手孝太郎、安藤勢津子、高橋真奈美

Other Works

Summer Work Shop/Love Chair/One By Two

二種類の椅子は2つで一つの関係をつくる。 Two kinds of chairs make one relationship with two.


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0126

09.FDL 2015 Seminar Travel Booklet Design

KONPIRAGU RYOKUTAIDEN

金刀比羅宮緑黛殿

FDL 2015 Seminar Travel /Booklet Design

Page format

1F PLAN 設計:鈴木了二建築計画事務 所 施工:清水建設 構造:オーク構造設計

CONCEPT

建築面積:623.42m2

ー山の考古学

構造:鉄骨造 + 木造(和小屋) 、

金比羅宮の中枢、すなわち本宮をはじめとする伝統的な建築の建ち並ぶ神殿ゾーンと呼

鉄筋コンクリート(擁壁)

ばれる領域に到達する。象頭山の中腹に、海抜 240mあたりの等高線にそって少しずつ切

竣工:2004

り開かれ、幅は狭いが、長さは人工地盤を含めると 200m以上にも達する細長いしかもフ ラットな敷地である。南東は絶壁に近い断崖で、縁の山の重なりが眼下に広がり、遠く には瀬戸内海が望まれるが反対に北西は急激に上昇する山肌が迫り、沸き出すような樹 木が覆いかぶさる。そんな場所で、既存授与所と斎館を建て替え、同時に社務所を始め とする事務や執務の諸機能を新に加えることが求められた。あくまでも原風景を維持す ること、樹木を切らないこと、山を壊さないことが条件である。青木石 ー少しも傾い ていない完全な垂直の擁壁は、日本はもちろん世界でも類例を見ないが、金比羅宮にとっ てはこれ以外ない。なぜなら絶対垂直は、金比羅宮の原風景の中に見え隠れしていた性 質であったからだ。 (中略)船 ー神殿ゾーンは絶対水平である。これもまたフラットな

B1F PLAN

敷地の中に隠れていた性格だ。水平性を引き出し、顕在化させるもの。それは世界を上 と下とに切り分ける結界でもあった。そこに鉄が現れる。厚み 12-24mm の鋼板を全溶接 して文字通りフラットスラブと壁柱による人工地盤だが、それは建物というより鋼鉄の 船だ。屋根 ー地上と地下は絶対水平と結界を挟んで全く世界が違う。すべてが切り離 されて、構造ですら切り替わり、柱の断面違うし位置もズレる。地上が伝統的な建築群 に出会う場所であるなら、地下は光と闇が出会う場所だ。地上での主題は古典性であり、 地下での主題は地質学である。

2015.9. 24.25.26.27

延床面積:1727.39m2

 風景 ー門前町である琴平から多様な起伏と屈折を持つ参道の 785 段を上り詰める。

SECTION

Page 24-14

Other Works

Page 24-15


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0127 TIME SCHEDULE TIME SCHEDULE day

24/thu 24/thu

Time

25/fri 25/fri

宇多津グランドホテル

9:00

宇多津町 ( チェックアウト ) 9:50

香川県庁舎

KAGAWA CITYHALL

香川県体育館

KAGAWAGYMNAISUM

百十四銀行本店 HYAKUZYUYON BANK

坂出人工土地

SAKAIDEZINKOTOCHI

猪熊弦一郎美術館

INOKUMAGENICHIRO MUSEUM

KONPIRAGU RYOKUTAIDEN

金刀比羅宮緑黛殿

SWADA MANSION

沢田マンション

TOMTAROMAKINO MUSEUM

牧野富太郎記念館

やなせたかし記念館 TAKASHIYANASE MUSEUM

鳴門文化会館

NARUTO CULTUAL HALL

園内のレストランで昼食

香川県体育館 13:30−13:50

lunch 手打ちうどんつづみ ( うどん ) やなせたかし記念館

金刀比羅宮 13:30−15:00

香川県文化会館 14:00−14:30

15:00

( アンパンマンミュージアム ) 13:30−14:30

田所さん一押し !!!!! lunch 麺王川内店

The

week 神山と鳴門までの間

鳴門市役所 市民会館 文化会館 設計:丹下健三 13:00−14:30

Architecture

百十四銀行本店 14:40−15:10

16:00 坂出人口土地 設計 16:10−17:40

17:00

沢田マンション 16:30−17:00

WEEK 神山 神山町 ( 泊 ) 18:00

16:30-17:30

宇多津グランドホテル 宇多津町 ( 泊 )

高松駅 16:00

高松空港 17:00

ホテル楽家櫻館 高松市 ( 泊 )

18:00 18:00  DOCOMOMO20 選に選ばれた丹下健三の初期の傑作。設計は、当時の金子正則知事が

香 川県丸亀市出身の洋画家・猪熊弦一郎から紹介されて丹下健三に出会い、 「民主主義時 dinner dinner

dinner

吾割食堂 ( 居酒屋 ) 代に 相応しい庁舎を設計してほしい」と依頼したことから始まる。この依頼を実現する week 神山内 ひろめ市場

ために 丹下健三は明快な平面計画とセンターコアシステムの採用による「無限定空間」や、

Page 24-2

サッ シ・家具配置・パーティションの合理的配置のためのモデュラー・コーディネーショ ンが 徹底的に追求されるなど、当時では新しい建築計画が数多く盛り込まれている。意 小梁と も梁幅を極限まで小さくして木造建築の垂木を連想させるなどして、木造建築の 伝統美を 鉄筋コンクリートで再現させるなど、日本の伝統的な建築の様式を意識した設 計となって いる。また、丹下健三が高校時代から尊敬していたル・コルビュジェに影響 されている部 分が数多く見受けられ、ル・コルビュジェが提唱した「近代建築の五原則」 総てが織り込 まれている。

設計者 : 丹下健三 構造設計 : 坪井善勝 施工 : 大林組 竣工 :1958 年 5 月

CONCEPT  国立代々木競技場第一体育館と同時期に建てられ、第 7 回 BCS 賞を受賞した丹下健三 氏 の作品。精緻に計算された HP 曲面の吊り屋根構造と船型の形状、梁を支える巨大な 4 本 の脚と下部の大きく反り返ったワッフルスラブが特徴。ピロティを多用した丹下氏は、 2015.9. 24.25.26.27 こ の体育館でも 4 本足で全体的に浮いたようにデザインし、大胆な迫り出しはその浮遊

Page 24-5

Page 24-4

感を 一層強調している。1 階ロビーには、西洋のモダンな家具に「和」の感覚を生かし た「ジ ャパニーズ・モダン」の提唱者・剣持勇氏デザインのインテリアが採用されている。

設計者 : 丹下健三 構造設計 : 岡本剛構造設計事務所 施工 : 清水建設 竣工 :1964 年 8 月

CONCEPT  建築時、西日本で一番高い 16 階建ての本館と 5 階建ての別館を、道路を挟み高架通路

1F PLANPage 24-6

2015.9. 24.25.26.27 で結んだ作品です。第 9 回BCS賞を受賞し、DOCOMOMO100 選にも選ばれていま

Page 24-7

す。正面には鉄筋コンクリート柱と日本初の緑青仕上げのブロンズ板で覆われた壁面が そびえ、側面のガラス張りの壁面との対比が印象的です。内装は、彫刻家・流政之氏監 修によるもので、木のような温かみを感じさせる大理石トラバーチンの壁や瀬戸の色と

SECTION

りどりの石によるミカゲモザイクの床など、彫刻家としての専門的な技術経験を建築デ ザインに反映させたものになっています。本館東にある駐車場の壁面も流氏の監修で、

12 種類のツタでつつみ、時とともに育ち色と形をつくり続けていく「草壁画」を描いて います。 ( 日建設計工務株式会社 1966 年 )

STANDARD PLAN

3F PLAN

国で最初に人工地盤を設けた住宅団地」で、コンクリートの人工地盤(1ha) をつくるこ とによって「都市空間を生み出しその空間を効率的に最大限に活用する」「自然の土地を 立体的に利用する」ものです。

5F PLAN

当時はまだ木造家屋が立ち並び瓦屋根の風景が美しい市街地に、がっちりした四角いコ 2015.9. 24.25.26.27

ンクリート地盤がつくられ、そのうえに住宅団地が建設されました ( 住宅 143 戸、集会所、 子どもの遊び場、緑地) 。地上の、街路に面するところは商店街とし、一部に坂出市民ホー

Page 24-8

Page 24-9

PLAN

ルが入り、それ以外は駐車場に使われています。  地上を自動車に、空中のコンクリート・デッキの上に歩行者のエリアを配置するという、 そう、スミッソン夫妻の思想・手法の発展形が、ここに実現しているのです。スミッソ ン夫妻にとっては、 「街路」は昔からヒューマン・アソシエーション、すなわち人と人の 出会い・連帯・交歓の場であって、いつの時代にも無くてはならないものでした。だから、 ゴールデン・レーン計画(1952 年)、シェフィールド大学増築計画 (53 年 ) などに、その 具体的な姿が示されました。 大高正人

CONCEPT  正面には、猪熊弦一郎の巨大な壁画《創造の広場》やオブジェの設置されたゲートプ

PLOT PLAN

ラザがあり、その伸びやかなファサードは、駅前広場と内部空間をゆるやかに結びつけ 2015.9. 24.25.26.27 ています。設計は、数々の美術館建築を手がけ、現在、世界で最も美しい美術館をつく

Page 24-11

Page 24-10

る建築家と評される谷口吉生。猪熊弦一郎との対話によって、アーティストと建築家の 理念が細部に至るまで具現された建築となっています。 自然光をふんだんに取り込んだ、軽やかで開放的な空間が広がる館内は、1 階から 3 階ま での 3 層構造となっており、1 階にはオリジナルグッズやカタログを販売するミュージア ムショップ、2 階には対照的なプロポーションをもつ 2 つの展示室があり、さらに 3 階に は天井高約 7m の豊かなスケール感をもつ展示室を配しています。 また当館は、作品鑑賞だけでなく芸術へのさまざまなアプローチを可能にする施設です。 2 階のアートセンターは、美術に関連する書籍・雑誌が閲覧できる美術図書室、講演会や コンサートの会場となるミュージアムホール、そしてワークショップ等を行う造形スタ

1F PLAN

ジオを備えており、3 階最奥部にあるカスケードプラザとカフェレスト MIMOCA もまた 皆様に心地よいひとときをご提供します。

ー山の考古学

敷地面積

5,974.53 ㎡

規模構造

鉄骨鉄筋コン

クリート構造/地下 1

設計:鈴木了二建築計画事務

階、地上 3 階

建築面積

3,603.92 ㎡

延床面積

8,000.04 ㎡

施工:清水建設 構造:オーク構造設計 建築面積:623.42m2 延床面積:1727.39m2

 風景 ー門前町である琴平から多様な起伏と屈折を持つ参道の 785 段を上り詰める。 金比羅宮の中枢、すなわち本宮をはじめとする伝統的な建築の建ち並ぶ神殿ゾーンと呼 2015.9. 24.25.26.27 ばれる領域に到達する。象頭山の中腹に、海抜 240mあたりの等高線にそって少しずつ切

構造:鉄骨造 + 木造(和小屋)、 鉄筋コンクリート(擁壁)

Page 24-12

竣工:2004

り開かれ、幅は狭いが、長さは人工地盤を含めると 200m以上にも達する細長いしかもフ ラットな敷地である。南東は絶壁に近い断崖で、縁の山の重なりが眼下に広がり、遠く には瀬戸内海が望まれるが反対に北西は急激に上昇する山肌が迫り、沸き出すような樹 木が覆いかぶさる。そんな場所で、既存授与所と斎館を建て替え、同時に社務所を始め とする事務や執務の諸機能を新に加えることが求められた。あくまでも原風景を維持す ること、樹木を切らないこと、山を壊さないことが条件である。青木石 ー少しも傾い

B1F PLAN ELEVATION SECTION

Page 24-14

Page 24-15

で岩盤に到達。その上に柱を打った。作業は、敷地内の西から東へと建て増すかたちで 進行。鉄筋を配置した後のコンクリート打ち込みには、小学生の娘まで動員し「届かな い足でレッカー車を運転して」生コンクリートを運び、 セメントの練り込みをしたという。

「設計図はわしの頭の中にある」として、きちんとした図面もなく独自に工事をしていっ た。屋上には夫妻自作のクレーンや製材所が設けられた。当初は「10 階建て・戸数 100 戸」

4F PLAN

2F PLAN

という壮大な構想だったが、現況は地上 5 階建て・戸数約 60 戸(一部 6 階建て)となっ ている。家賃は 2 万円程度から 5 万円程度。面積や日照条件、 備品状況(クーラーの有無、 改装の有無など)などを勘案した家賃設定となっている。  沢田マンションの形容として「違法建築」 「違法建築スレスレ」などとよく言われる。

3F PLAN

1F PLAN

この真ん中の空洞には展示物を置かない。いろいろな人々が行き交うだけである。床の傾きにそって奥を見やれば、 Page 24-16 四季折々に変化する山の木立が目に入る。また、大きな階段から後ろを振り返れば、山あいに広がる集落の中心が 見渡せる。この場所を「屋根のかかった公園」だと考えている。人が生まれて初めての人に会う場所である。この 空洞には、その裏側にある何かが感じられるように、壁や床や天井に大小さまざまな「穴」がある。これらの穴の

向こう側の空間の形態がにじみ出す様に考えた。  建築家 内藤廣氏設計のこの牧野富太郎記念館は、サスティナビリティー(持続性)と

牧野富太郎記念館(1999 年

Page 24-17

 内藤廣) 所在地 高知県高知市五台 山 4200-6 主用途 博物館

いう考え方がひとつのテーマになっています。自然と人間が共生している仕組みを壊さ

地域・地区 市街地化調整

ず持続させていくための工夫が構造や設備などに生かされています。最新のコンピュー

区域、防火無指定建ぺい率

ター解析技術と土佐の伝統技術との共同作業でつくられたこの建物は、景観に配慮した

16.47%( 許容 70%)、容積率

環境保全型建築の方向性を示す優れた建築物として全国的な評価を受け、第 13 回村野藤

12.74%( 許容 400%)

吾賞をはじめ数々の賞を受賞しました。

敷地面積 4万4596㎡

木の温もりを生かし入園者を優しく包み込み、自らを「草木の精」と呼んだ牧野富太郎

建築面積 5638㎡

人が人に会う場所 にふさわしい空間をつくりだしています。

延べ面積 7362㎡

この牧野富太郎記念館は、本館と展示館の2つの建物からできています。本館には、植  建築は見知らぬ人と人を引き合わし、また、人を未知の風景に引き合わすためにある 物標本室や実験室といった植物学の研究施設、あるいは植物関係の図書を収めた図書室、 のではないだろうか。ひとつの川の流れは変わらなくても、同じ水には二度と足が浸せ 牧野博士が収集した蔵書、直筆の原稿、植物画など 58000 点を収蔵した牧野文庫があり ないのと同様に、建築を訪れてそこに行き交う人々は絶えず入れ替わり、二度とふたたび、 ます。周りの植物の成長により、さらに周辺の自然と調和した空間になっています。 同じ組み合わせの人物が登場することはない。 建築が初期の目的を果たすためだけにあり、機能の充足だけが使命だとするなら、美術 2015.9. 24.25.26.27 館では展示作品を干渉すること、つまり作品の前に立つことがすべてである。全部の作

Of

牧野富太郎記念館 設計:丹下健三 10:30−12:30

匠計画 では、鉄筋コンクリート構造の柱梁を外周に沿って廻らせながら露出させ、大梁・

建築基準法における集団規定、単体規制への適合は別途検討の余地があるが、建築確認  つまり一見すると「ほかの何か」だけが充満しているようにできないか。求められた本来の中身は3つあった。 申請が出ていないというのは建築基準法第 6 条(建築物の建築等に関する申請及び確認) 30号30点のオリジナル原画を展示するギャラリー、延200本のアニメーションを日替わりで上映するシア の規定に違反しているため、建築基準法第 9 条(違反建築物に対する措置)における違 ター、子供向けのジオラマのある展示室。いずれも基本的には無窓となるものである。普通に設計していれば、建 反建築物に該当する。しかし、いわゆる違反建築物と同様に、私有財産権の問題、入居 築全体も窓のないただの箱のようなかたちになっただろう。 者の居住権の問題などから、高知市役所建築指導課の努力にも関わらず、有効な指導が ここで固い箱にそれらを詰め合わせる代わりに真ん中に大きな空洞を置き、身の部分をそのまわりに埋め込んだ。 難しいのが現状である。 ギャラリーはさし渡された屋根の中に、シアターは大きな階段の奥に、ジオラマは全体に緩く傾斜した床の下だ。

Page 24-19

Page 24-18

品が順路上に能率的な方法で陳列され、ほかの観客はわずらわしいからできればいない ほうがよい。では同じように一流のレストランでは心いくまで料理を堪能するために、 他の客はいっさいいないほうがよいのだろうか。どうもそうではない。僕たちは明らか に料理以外にも、ほかの何かを求めてその店に訪れている。たとえば、それはよく知っ

3 Day

時として、街の雑踏で突如として未知に出会う。A・ブルトンの『ナジャ』のような邂逅

が起こりえる。 1982 年(昭和 57 年)5 月 15 日 - 市制 35 周年の記念事業として鳴門市文化会館を建築。  敷地は高知空港から市内とは反対方向に、車で30分ほどの香北町の中心部にある。 京都大学の増田友也研究室が設計。 アンパンマンの作者やなせたかしの生まれ故郷だ。ミュージアムはやなせさんの援助を 1998 年(平成 10 年)9 月 25 日 - 公共建築百選に選定される。 得て、町が建設した。この場所に初めて立ったとき、僕は即座にこの建築を「がらんどう」 これまでに GLAY・タッキー & 翼・サザンオールスターズ・いきものがかり・山下達郎・ なものにできないかと思った。山の木立を背景にして、美術館の中身に当たる部分を何 ゴスペラーズ・関ジャニ∞等といったアーティストのコンサートが催された。 とか隠れさせたいと考えた。

Page 24-20

Page 24-22

lunch 川福本店 ( うどん )

香川県庁と香川県体育館の間

14:00

ている誰かと共に過ごす時間であり、あるいは見知らぬ、そしてたぶんふたたび会うこ 鳴門市文化会館(なるとしぶんかかいかん)は、 徳島県鳴門市撫養町南浜にある多目的ホー とのないだろう誰かと隣り合わせたりする空間である。展示作品や料理を「図」である ルを中心とした文化施設。公共建築百選選定。 とするなら、 ほかの何かとは「地」のことである。しかし、 まったく予期しないところにも、 沿革

猪熊弦一郎美術館 丸亀商店街 10:00−13:00

香川県庁 設計:丹下健三 11:30−12:30

地上の道路が自動車に占められるならば、人は空中に住み、街路もまた空中につくられる。

2015.9. 24.25.26.27  30 トンブルドーザーと大型パワーショベルを借り、地下 6m 以上を掘り抜き約 10 日間

2015.9. 24.25.26.27

Overview

 坂出人工土地(清浜亀島住宅地区改良事業)は、当時の市長の言葉を借りれば「わが

ていない完全な垂直の擁壁は、日本はもちろん世界でも類例を見ないが、金比羅宮にとっ  沢田マンションは、高知県高知市薊野(あぞうの)北町に建設された、集合住宅である。 てはこれ以外ない。なぜなら絶対垂直は、金比羅宮の原風景の中に見え隠れしていた性 鉄筋コンクリート建築を専門職として手掛けたことのない者が、夫婦二人で(のちには 質であったからだ。 (中略)船 ー神殿ゾーンは絶対水平である。これもまたフラットな その子も加わって)造りあげた。現況は、鉄骨鉄筋コンクリート構造、敷地 550 坪、地 敷地の中に隠れていた性格だ。水平性を引き出し、顕在化させるもの。それは世界を上 下 1 階地上 5 階建て(一部 6 階) 、入居戸数約 70 世帯、約 100 人居住。増築に増築を重 と下とに切り分ける結界でもあった。そこに鉄が現れる。厚み 12-24mm の鋼板を全溶接 ねた外観から、軍艦島とともに並んで「日本の九龍城」とも呼ばれ、建築物探訪の名所 して文字通りフラットスラブと壁柱による人工地盤だが、それは建物というより鋼鉄の のひとつとして知られる。 船だ。屋根 ー地上と地下は絶対水平と結界を挟んで全く世界が違う。すべてが切り離  1971 年、沢田嘉農が 44 歳の時、高知市薊野(あぞうの)に土地 550 坪を買い、沢田 されて、構造ですら切り替わり、柱の断面違うし位置もズレる。地上が伝統的な建築群 マンションの建設に着手。素人なため建築確認は取らないまま着工するが、当時の役所 に出会う場所であるなら、地下は光と闇が出会う場所だ。地上での主題は古典性であり、 の対応は「強度に文句は言わないが、手数料の用意が出来たら許可は取ってくれ」とい 地下での主題は地質学である。 う程度の、非常に大らかな時代だったという。

CONCEPT

神山町

11:30

集合:高松駅 11:00

12:00

CONCEPT

WEEK 神山

ホテル近郊・散策

Page 24-21

Page 24-23

Other Works

Page 24-13

2 Day

FDL 2015 Seminar Travel /Booklet Design

2015.9. 24.25.26.27

概要

CONCEPT

CONCEPT

10:00

集合−高松空港 10:00

11:00

13:00

27/sun 27/sun

( チェックアウト )

10:00

1 Day

26/Sat 26/Sat

ホテル楽家櫻館 高松市 ( チェックアウト )


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0128

10.Kinds Architect 「小さな建築家」

Kinds ArchitectToride Art Project 2015/Seminar Project

Toride Art Project 2015/Seminar Project

1 . 最終成果物 2 , 3 . 作業風景

1

1. Final product

2, 3. Work scenery

2

Other Works

3


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0129 Materials Used

使用材料

· Existing furniture · Reinforcement material 1 × 4 (19 mm × 89 mm × 1880 mm) 8 pieces Wool (Cyan, Magenta, Yellow) · Hook (Cyan, Magenta, Yellow) · A1 (for posters)

・既存の什器 ・補強材 1 × 4 ( 1 9 m m × 8 9 m m × 1 8 8 0 m m )  8 本 ・毛糸 ( シアン・マゼンタ・イエロー ) ・フック ( シアン・マゼンタ・イエロー ) ・A 1 ( ポスター用 )

2500

1. 計画範囲と既存の廃棄予定であったインテリア  切り離しながら安全性を確保するために補強する。

2. 3 色のフックをランダムに配置する。フックに糸を かけていくことによってアート作品を作る。フック   と糸の色という単純なルールによって構築していく。

1. Scope of planning and interior that was planned to be     disposed of Reinforce to secure safety while detaching.

2. Randomly arrange the three color hooks. Thread to hook make a work by playing. hook And the color of the thread.

Planing 100 円ショップ ダイソー

2500 750

1200

使用可能範囲

540

カメラ位置

CH

補強材

350

1250

250

450

1350

600 B

Plan S=1/50

600

250

1380

250

1200

1880

A-A Section S=1/50

B-B Section S=1/50

Other Works

1950

300 300

1380

1880

300

平均身長

250

小学生の

350

A

A

89 172 89

250

B

3200

1250

1×4 (19mm×89mm×1880mm) 8 本

FL

Kinds ArchitectToride Art Project 2015/Seminar Project

3500


Kinds ArchitectToride Art Project 2015/Seminar Project

0130

Other Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0131

This project took place in a degenerate suburban shopping mall. In modern society, the commercial space has changed significantly due to the birth of mail order such as Amzaon. The shopping area declined due to the appearance of a roadside store due to the appearance of a car. Roadside stores declined by shopping centers. People's lives change as a result of such commercial changes, and many building formats are being modified. Commercial building has produced many buildings that are not used due to "form of consumption". And the shopping mall is one of them. However, I have discovered this project. That is to say that in suburban commercial buildings it guarantees the function of inducing, adsorbing and sustaining community communication. From the coming of the Iot era it may be important to keep the hard by such software from now on.

Other Works

Kinds ArchitectToride Art Project 2015/Seminar Project

 このプロジェクトは縮退する郊外のショッピングモール で行われた。現代社会では A m z a o n などの通信販売の誕生 によって商業空間が大きく変化している。これは商店街は 車の登場によってロードサイド店舗の登場によって減衰し ていった。ロードサイド店舗はショッピングセンターに よって衰退した。このような商業の変遷によって人々の暮 らしは変わり、多くの建物の形式は改変されていってい る。商業建築は「消費の形」によって使われない建物を多 く生み出してきた。そしてショッピングモールもその一つ である。しかしこのプロジェクトを行って発見したことが ある。それは郊外の商業建築には地域のコミュニケーショ ンを誘発・吸着し、持続させる機能を担保しているという ことである。これから I o t 時代の到来以降このようなソフ トによってハードを維持させることが大切になってくるの ではないか。


Photography / Seminar Trip /blossoms Other Design assignment/ 1Europe / LivingTrip with the breath of cherry

0132

Stairway railing Yoshio Taniguchi Marukame Museum of Art (MIMOCA)-1991 Japan - Kagawa - Marukame

Academic Works

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


0133

photograph

Academic Works

Photography / Seminar Trip /blossoms Other Design assignment/ 1Europe / LivingTrip with the breath of cherry

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0133

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


Photography / Europe Trip / Seminar Trip / Other

0134

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0135

Photography / Europe Trip / Seminar Trip / Other

Europe Trip 2014 L’abbaye Du Thoronet-1147 France− La Provence− Var


Photography / Europe Trip / Seminar Trip / Other

0136

Europe Trip 2014

Le Corbusier

Unité d'Habitation-1952

France− Marseille

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


0137

Photography / Europe Trip / Seminar Trip / Other CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

Photography / Europe Trip / Seminar Trip / Other

0138

Europe Trip 2014 Le Corbusier

Couvent de la Tourette

(Couvent Sainte-Marie de La Tourette)1960 Route de la Tourette, 69210 Ã&#x2030;veux


0139

Photography / Europe Trip / Seminar Trip / Other CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


Photography / Europe Trip / Seminar Trip / Other

0140

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0141

SANAA LOUVRE LENS-2012 France− 99 Rue Paul Bert, 62300 Lens Frank Owen Gehry Museo Guggenheim Bilbao-1997 Abandoibarra Etorb , Bilbo, Bizkaia Herzog & de Meuron Vitra House-2010 Müllheimer Straße 59, 79576 Weil am Rhein, Germany OMA The Casa da Música (literally the House of Music)-2006 Porto, in northern Portugal

Photography / Europe Trip / Seminar Trip / Other

Europe Trip 2014


Photography / Europe Trip / Seminar Trip / Other

0142

CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

0143

Photography / Europe Trip / Seminar Trip / Other

Seminar Trip 2016 Yoshio Taniguchi Toyota Municipal Museum of Art-1995 Japan - Aichi - Toyuta Yoshio Taniguchi Marukame Museum of Art (MIMOCA)-1991 Japan - Kagawa - Marukame


CREATION ARCHITECTURE PORTFOLIO

Photography / Europe Trip / Seminar Trip / Other

0144

Europe Trip 2014 Le Corbusier Villa Savoye-1931 82 Rue de Villiers, 78300 Poissy


Ω

Architectural portfolio Vol.1 2012-2016  

#01 #architecture #portfolio #academic #diploma #competition #works #project #design #product

Architectural portfolio Vol.1 2012-2016  

#01 #architecture #portfolio #academic #diploma #competition #works #project #design #product

Advertisement